注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

マンハッタンカフェ(競走馬)

注目ホース
マンハッタンカフェ
マンハッタンカフェ
写真一覧
抹消  青鹿毛 1998年3月5日生
調教師小島太(美浦)
馬主西川 清
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績12戦[6-0-1-5]
総賞金52,283万円
収得賞金11,300万円
英字表記Manhattan Cafe
血統 サンデーサイレンス
血統 ][ 産駒 ]
Halo
Wishing Well
サトルチェンジ
血統 ][ 産駒 ]
Law Society
Santa Luciana
兄弟 ニューヨークカフェサトルスマイル
前走 2002/10/06 凱旋門賞 G1
次走予定

マンハッタンカフェの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
02/10/06 フラ   凱旋門賞 G1 芝2400 16--------13** 牡4 59.5 蛯名正義小島太---- ------MARIENBARD
02/04/28 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 11442.921** 牡4 58.0 蛯名正義小島太504(-6)3.19.5 -0.034.1⑤⑤⑤⑤ジャングルポケット
02/03/23 中山 11 日経賞 G2 芝2500 8881.216** 牡4 58.0 蛯名正義小島太510(+6)2.37.5 0.534.9⑤⑤④⑥アクティブバイオ
01/12/23 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 13447.131** 牡3 55.0 蛯名正義小島太504(+10)2.33.1 -0.233.9⑦⑧⑪⑨アメリカンボス
01/10/21 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 152217.161** 牡3 57.0 蛯名正義小島太494(+4)3.07.2 -0.134.0⑩⑨⑦⑥マイネルデスポット
01/09/16 中山 11 セントライト G2 芝2200 167145.334** 牡3 56.0 二本柳壮小島太490(-10)2.13.8 0.736.3⑥⑤シンコウカリド
01/08/26 札幌 10 阿寒湖特別 1000万下 芝2600 12331.811** 牡3 54.0 蛯名正義小島太500(-2)2.43.1 -0.135.8④④⑧トーセンサンダー
01/08/04 札幌 12 富良野特別 500万下 芝2600 12562.011** 牡3 54.0 蛯名正義小島太502(+46)2.43.5 -0.335.6⑪⑨⑧シュプリンゲン
01/04/07 阪神 9 アザレア賞 500万下 芝2000 165104.0211** 牡3 55.0 河内洋小島太456(-16)2.03.7 1.235.9⑬⑭⑩⑦シノグラフィー
01/03/04 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 87721.454** 牡3 55.0 蛯名正義小島太472(-20)2.06.8 1.138.4⑥⑥⑤④アグネスタキオン
01/02/11 東京 5 3歳新馬 芝1800 16351.711** 牡3 55.0 蛯名正義小島太492(-6)1.49.8 -0.335.5イサオヒート
01/01/29 東京 6 3歳新馬 芝2000 16594.023** 牡3 55.0 蛯名正義小島太498(--)2.06.5 0.234.9⑨⑧⑦トレジャー

マンハッタンカフェの関連ニュース

【3歳戦結果】イブキ、水仙賞V

2017年02月26日() 05:01

 【中山】9R水仙賞(500万下、芝・外2200メートル)=イブキ(美・奥村武、牡、父ルーラーシップ

 ◆田辺騎手 「流れ次第でハナへと思っていた。(昨夏の)新潟のときよりも落ち着いていて、馬にプレッシャーをかけずに逃げられた」

 *青葉賞(4月29日、東京、GII、芝2400メートル)を視野に調整。

 6R新馬(芝・内2000メートル)=ストロングレヴィル(美・堀、牡、父ハーツクライ

 ◆内田騎手 「まだ本気で走っていないね。きょうはペースが遅くてよかった。まだこれから良くなっていく馬」

 7R500万下(牝馬、芝・内1800メートル)=デアレガーロ(美・大竹、父マンハッタンカフェ

 ◆フォーリー騎手 「道中は他の馬を気にするところがあったが、最後はしぶとく伸びてくれた。千八より二千の方が自分のリズムで走れるし、もっと切れる脚が使えると思う」

 【阪神】3R新馬(ダ1200メートル)=スズカモナミ(栗・吉村、牝、父キンシャサノキセキ

 ◆松若騎手 「スピードがあっていい位置につけられました。まだ(体質が)弱い馬なので、良くなる余地はあります」

 6R500万下(ダ1400メートル)=ファッショニスタ(栗・安田、牝、父ストリートセンス)

 ◆川田騎手 「ゲートに課題は残っていますが、直線では馬が自ら動いていって、いい内容だったと思います」

 【小倉】10Rくすのき賞(500万下、ダ1700メートル)=シロニイ(栗・池江、牡、父キングカメハメハ

 ◆秋山騎手 「今までスローでためるレースをしていたので、向こう正面で少し戸惑う面がありましたが、きょうは積極的にとの指示もありましたから。力が上なので、いいときに乗せてもらいました」

 *半姉に交流GII関東オークス優勝馬ユキチャン(父クロフネ)、全姉にブチコなどがいる白毛一族。

【今日のキラ星】エリティエール2017年02月25日() 05:01

 【中山6R】毎日王冠など重賞3勝を挙げているルージュバック(父マンハッタンカフェ)の半妹。今週はWコース(4ハロン54秒1)の3頭併せで態勢を整えた。「追い切りの時計が遅くて派手さはないけど、除外で延びたぶんもあるので問題はない。調教を重ねるごとに動きも良くなっている。気性の難しさはあるが、入厩当初に比べて少しずつ不安点はなくなってきている」と大竹調教師。良血馬の初戦に注目だ。

[もっと見る]

【3歳新馬】京都6R テーオーフォルテが差し切りV 2017年02月12日() 13:12

 2月12日の京都6R・3歳新馬(芝・外1800メートル)は、4〜6番手につけていた城戸義政騎手騎乗の3番人気テーオーフォルテ(牡、栗東・藤岡健一厩舎)が、直線で外から一気に脚を伸ばして差し切り勝ちを収めた。タイムは1分51秒0(稍重)。中団の外から追撃してきたハートクレスト(8番人気)が3/4馬身差の2着に入り、3番手から直線で一旦抜け出していたソレイユドパリ(1番人気)がさらに1/2馬身差の3着だった。

 テーオーフォルテは、父ハービンジャー、母グッデーコパ、母の父マンハッタンカフェという血統。母は2008年に新馬戦を勝利で飾り、翌09年のフェアリーS・GIIIで3着に入っている。

 ◆城戸義政騎手「スタートは良かったけど、少しフワフワしていたので、ハナには行きませんでした。気が散りながら走っていましたが、直線で外に出してからの反応は攻め馬通りで、よく伸びてくれました」

★12日京都6R「3歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【新馬戦スター発見伝】オースミメテオール2017年02月10日(金) 05:02

 京都金杯2着など活躍している同厩舎のオースミナイン(父ディープインパクト)の半弟。550キロ近い大型馬だが、栗東CWと坂路で乗り込まれ、8日の坂路では4ハロン53秒9−12秒7で併走馬にクビ差先着した。「父がマンハッタンカフェに替わってナインとは馬格もタイプも違う。ただ、追うたびに体も絞れて走りそうなムードがある。パワーがあるから今の京都の力の要る芝も合うと思う」。松永昌調教師は将来性も含めて期待を寄せている。

[もっと見る]

【きさらぎ賞】アメリカズカップがクラシックの登竜門制す 2017年02月05日() 15:44

 2月5日の京都11Rで行われた第57回きさらぎ賞(3歳オープン、GIII、芝・外1800メートル、別定、8頭立て、1着賞金=3800万円)は、松若風馬騎手騎乗の6番人気アメリカズカップ(牡、栗東・音無秀孝厩舎)が制し、重賞初制覇を飾った。タイムは1分50秒1(重)。

 昨年のサトノダイヤモンド(のちの菊花賞覇者)など勝ち馬から13頭のクラシックホースを輩出してきたこのレース。タガノアシュラがハナに立ち、プラチナヴォイスマテラレックスが続く展開となった。直線に入ると、プラチナヴォイスが一旦抜け出したが、道中は4番手につけていたアメリカズカップがグングンと伸びてかわし、6番手の外から追撃してきた2着馬サトノアーサー(1番人気)を1馬身3/4差で退けた。さらにアタマ差の3着はダンビュライト(2番人気)。

 なお、〔8〕枠(8)番のスズカメジャーはスタート直後に外に逃避してバランスを崩し、福永祐一騎手が落馬したため、競走中止となった。

 アメリカズカップは、父マンハッタンカフェ、母ベガスナイト、母の父コロナドズクエストという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は谷掛龍夫氏。通算成績は4戦3勝。きさらぎ賞音無秀孝調教師、松若風馬騎手ともに初勝利。

 ◆松若風馬騎手「スタートが決まったのでいい位置が取れて、うまく流れに乗れました。(道悪でも)ノメることなく、しっかり走ってくれました。今後が楽しみです」

★5日京都11R「きさらぎ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【3歳戦結果】ダイワキャグニー、セントポーリア賞V2017年01月30日(月) 05:01

 【東京】9Rセントポーリア賞(500万下、芝1800メートル)=ダイワキャグニー(美・菊沢、牡、父キングカメハメハ

 ◆北村宏騎手 「少し燃えていたが、走りには影響がなかった。直線坂下からの加速で、(後続馬に)かわさせない感じだった。強かったです」

 *ジェニュイン皐月賞マイルCS)、ドゥラメンテ皐月賞、ダービー)などが勝っている出世レース。弥生賞(3月5日、中山、GII、芝2000メートル)とフジテレビ賞スプリングS(同19日、中山、GII、芝1800メートル)を視野に。

 2R新馬(ダ1400メートル)=オーサムクイーン(美・竹内、牝、父クロフネ

 ◆丹内騎手 「スタートがいいし、センスもいいですね。乗りやすい馬で、伸びしろもあると思います」

 5R新馬(芝1800メートル)=インシュラー(美・宗像、牡、父マンハッタンカフェ

 ◆ルメール騎手 「(直線で)簡単にハナに立って物見をしたので、後ろの馬を待っていた。楽に勝ったし、余裕があった」

 4R未勝利(芝1600メートル)=アルトリウス(美・藤沢和、牡、父キングカメハメハ

 ◆シュミノー騎手 「道中は先行馬の後ろで構え、4コーナーで馬がエンジンをかける気配を感じた。最後の200メートルから伸びてくれた」

 *母は2008年桜花賞レジネッタ(父フレンチデピュティ)

 【京都】4R新馬(ダ1200メートル)=テンモース(栗・飯田祐、牝、父スパイツタウン)

 ◆武豊騎手 「心配していたスタートを五分に出て、いいスピードを見せてくれた。まだ子供っぽいけど、楽しみ」

 6R500万下(芝・外1400メートル)=ミラアイトーン(栗・池江、牡、父ロンロ)

 ◆武幸騎手 「レース以外が少し大変な馬だけど、競馬はスムーズに運べました。先々の見通しが明るくなりました」

[もっと見る]

⇒もっと見る

マンハッタンカフェの関連コラム

閲覧 2,709ビュー コメント 0 ナイス 6

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年02月25日(土) 阪神11R アーリントンカップ
【“中山か中京か阪神、かつ芝のレース”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-4-4-13](複勝率48.0%)
●なし [0-0-0-21](複勝率0.0%)
→ゴール前の直線に急坂があるコースへの適性がポイント。また“同年、かつJRAのレース”に出走経験がない馬は2013年以降[0-1-0-10](複勝率9.1%)なので注意しましょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
阪神芝1600m外×ハービンジャー×前走7着以内
→複勝率37.9%、複勝回収率160%


▼2017年02月25日(土) 中山11R 総武ステークス
【前走のコース別成績(2015年以降)】
●“ダ1800mのコース” [2-2-2-9](複勝率40.0%)
●“ダ1800mのコース”以外 [0-0-0-12](複勝率0.0%)
→オープン特別となった2015年以降は、前走もダ1800mのレースだった馬が優勢。距離が異なるレースを経由してきた馬は信頼できません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
中山ダ1800m×キングカメハメハ×前走馬体重500kg以上
→複勝率43.9%、複勝回収率153%


▼2017年02月26日(日) 阪神09R すみれステークス
【前走の馬体重別成績(2013年以降)】
●480kg未満 [1-1-0-12](複勝率14.3%)
●480坩幣 [3-3-4-10](複勝率50.0%)
→近年は馬格のない馬が不振。なお、今年の該当馬は多くありませんが、前走との間隔が中5週以上だった馬は2013年以降[0-0-0-8](複勝率0.0%)、前走の単勝人気順が5番人気以下だった馬は2013年以降[1-0-0-7](複勝率12.5%)、前走の4コーナー通過順が8番手以下だった馬は2013年以降[0-0-0-6](複勝率0.0%)、出走数が1戦だった馬は2013年以降[0-0-0-4](複勝率0.0%)と、それぞれ安定感を欠いています。


▼2017年02月26日(日) 阪神11R 阪急杯
【“前年か同年、かつ阪神芝1400m内の重賞”において4着以内となった経験がなかった馬の、馬齢別成績(2010年以降)】
●5歳以下 [4-2-4-31](複勝率24.4%)
●6歳以上 [0-0-0-50](複勝率0.0%)
→“前年か同年、かつ阪神芝1400m内の重賞”において4着以内となった経験があった馬は2010年以降[3-5-3-12](複勝率47.8%)と堅実。一方、この条件をクリアしていなかったにもかかわらず3着以内となったのは、いずれも5歳以下の若い馬でした。

<<さらにプラス1!>>

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年02月07日(火) 17:30 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(2/4〜2/5)河内プロが京都11R・△◎▲で3連複1820倍を的中!
閲覧 789ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は5(日)に東京競馬場でG3東京新聞杯が京都競馬場でG3きさらぎ賞がそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3東京新聞杯ブラックスピネルがハナを主張、前半の600m通過37秒2(参考)の超スローペースを刻んで直線コースへ差し掛かります。
 
逃げるブラックスピネルのリードは半馬身、2番手にピタッと馬体を併せる形でマイネルアウラート、その後方にはヤングマンパワー、内からはダイワリベラル、やや間が空いた中団にプロディガルサンエアスピネルの態勢。
 
残り200mを通過、以前逃げるブラックスピネルのリードは1馬身、ここでマイネルアウラートの脚色が一杯になるとエアスピネルプロディガルサンの2頭が追い込んで3頭が勝負圏内!残り50mを通過、エアスピネルが伸びきれず、粘るブラックスピネル、追い込むプロディガルサン2頭の叩き合い!僅かにブラックスピネルプロディガルサンの追撃を封じ込んで優勝しました!クビ差の2着にプロディガルサン、そこから半馬身差の3着にエアスピネルが入っています。
 
公認プロ予想家では☆まんでがんプロ他8名が的中しています。
 
G3きさらぎ賞タガノアシュラが先頭で直線コースへ。直線に入るとすぐさま2番手につけていたプラチナヴォイスタガノアシュラを交わして先頭、その外にアメリカズカップ、人気のサトノアーサーはこれを見る形で追い出しにかかります。
 
残り200mを通過、ここで先頭のプラチナヴォイスを捉えてアメリカズカップが単独先頭に立つと後続を引き離して抜け出す形、ゴール前でようやく内からダンビュライト、外からはサトノアーサーも追い込んできますが2番手まで!アメリカズカップが先行抜け出しの横綱競馬で初重賞制覇を飾りました!1馬身3/4差の2着にサトノアーサー、そこからアタマ差の3着にダンビュライトが入っています。
 
公認プロ予想家では岡村信将プロ他12名が的中しています。
 
------------------------------------------------------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
4(土)京都11Rで単勝143倍の大穴ウォータールルドを▲に抜擢!△◎▲の印で3連複を的中させ、18万2030円を払い戻しました!同日の東京9Rでも◎ダノンキングダムウインイクシード×レジェンドセラーの印で単勝4倍、3複17.4倍、3単142.6倍を本線的中!6万6580円を払い戻しました!週末トータル回収率157%、収支プラス12万3260円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →西野圭吾育成プロ
4(土)東京7Rで単勝56.2倍の◎ハットラヴからの馬連145.8倍、3連複389.9倍を仕留め、13万6300円を払い戻しました!翌日の東京2Rでは『久々にゲート出たエムオーグリッタは先手奪いにいって力んでしまった。ダートの走りは上々で、これなら差す競馬の方がよさそう。距離は芝のレースを見る限りOKのハズで』と狙った◎エムオーグリッタと▲クインズウィンダムの馬連22.6倍を1800円的中させ、4万680円を払い戻しました!週末トータル回収率138%、収支プラス8万3090円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
勝負レースに指定した5(日)京都11Rきさらぎ賞で『折り合いよーいドンの競馬になることは明白。京都1800mは差し・追込が有利なコースであり、ディープに続きマンハッタンカフェ産駒の活躍が目立つ』と▲にアメリカズトップを抜擢!馬連9.6倍を5000円仕留め、4万8000円を払い戻し!同日の東京8Rでは単勝21.2倍のハシカミを本命に抜擢し、3連複517.4倍を300円的中!15万5220円の高額払い戻しを達成しました!週末トータル回収率108%、収支プラス4万240円をマークしています。
 
この他にも蒼馬久一郎プロ(111%)、おかべ育成プロ(107%)、マカロニスタンダーズ(107%)が回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年01月18日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年01月18日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(30)
閲覧 2,856ビュー コメント 0 ナイス 7

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年01月21日(土) 京都10R 若駒ステークス
【“京都か阪神、かつ芝1600m以上のレースにおける優勝経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [5-3-4-7](複勝率63.2%)
●なし [0-2-1-15](複勝率16.7%)
→マイル未満やダートのレースはもちろん、関東圏やローカル場のレースを勝ち上がった馬も過信禁物。また、前走との間隔が中2週以内だった馬も2012年以降[1-1-1-14](複勝率17.6%)と安定感を欠いています。


▼2017年01月21日(土) 京都11R すばるステークス
【前走のレース別成績(2012〜2016年の大和ステークス)】
●“1400〜1600mのレース” [5-5-5-33](複勝率31.3%)
●“1400〜1600mのレース”以外 [0-0-0-31](複勝率0.0%)
→ほぼ同じ条件で施行されていた2012〜2016年の大和ステークスは、距離適性がポイントになっていた一戦。“前年か同年、かつ1600万下から上のクラス、かつ1400mのレース”において4着以内となった経験がなかった馬も[0-0-0-30](複勝率0.0%)と苦戦していました。


▼2017年01月21日(土) 中山11R カーバンクルステークス
【“中山芝1200m外のレース”における優勝経験の有無別成績(2016年)】
●あり [1-1-1-4](複勝率42.9%)
●なし [0-0-0-9](複勝率0.0%)
→昨年から施行されるようになったレース。その昨年は“中山芝1200m外のレース”で優勝経験のある馬が上位を独占しましたから、今年もコース適性が高そうな馬を重視すべきでしょう。


▼2017年01月22日(日) 中京11R 東海テレビ杯 東海ステークス

[もっと見る]

2017年01月04日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年01月04日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(28)
閲覧 3,236ビュー コメント 0 ナイス 5

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年01月07日(土) 中山11R ポルックスステークス
【前走の着順別成績(2014年以降)】
●5着以内 [2-3-2-10](複勝率41.2%)
●6〜8着 [1-0-1-10](複勝率16.7%)
●9着以下 [0-0-0-19](複勝率0.0%)
→前走の着順を素直に評価したい一戦。昨年のポルックスステークスを単勝オッズ36.6倍(12番人気)で制したサンマルデュークも前走の着順は1着でした。


▼2017年01月07日(土) 京都11R 淀短距離ステークス
【“前年10〜12月、かつJRA、かつ1200mの重賞かオープン特別”において連対経験がなかった馬の、馬番別成績(2011年以降)】
●1〜6番 [5-3-4-20](複勝率37.5%)
●7〜16番 [0-0-0-45](複勝率0.0%)
→“前年10〜12月、かつJRA、かつ1200mの重賞かオープン特別”において連対経験があった馬は2011年以降[1-3-2-5](複勝率54.5%)と堅実。一方、この条件をクリアしていなかったにもかかわらず3着以内となったのは、内寄りの枠を引いた馬だけです。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“消し”】
京都芝1200m内×オレハマッテルゼ×無条件
→複勝率11.1%、複勝回収率34%


▼2017年01月08日(日) 中山11R フェアリーステークス
【“JRA、かつ芝1500m以上のレース”における連対経験の有無別成績(2013年以降)】
●あり [4-4-4-30](複勝率28.6%)
●なし [0-0-0-22](複勝率0.0%)
→距離適性がポイント。ダートはもちろん、芝1400m以下のレースを主戦場としてきた馬も信頼できません。なお“中山のレース”において8着以内となった経験がある馬は2013年以降[0-0-2-25](複勝率7.4%)と期待を裏切りがちなので注意しましょう。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2016年12月15日(木) 18:00
【濃霧注意報DX】〜朝日杯フューチュリティステークス(2016年)展望〜
閲覧 1,596ビュー コメント 0 ナイス 4

 今週のメインレースは、牡馬の2歳王者決定戦となる朝日杯フューチュリティステークス。昨年はリオンディーズエアスピネル、上位人気馬同士の一騎打ちとなったのは記憶に新しいところですが、この2頭はデビュー時からスケールの大きな走りを見せており、実際に翌年のクラシックでも見せ場十分の走りを見せました。
 毎年これくらいの時期になると、こうした”スケールの大きそうな馬”が何頭か存在感を放っているものですが、なんだか今年はいつもと違った雰囲気を感じるのです。
 それを言葉で表現するならば……”牡馬の小粒さ”といった具合になるでしょうか。
 牝馬路線は先週の阪神ジュベナイルフィリーズでワンツーしたソウルスターリングリスグラシューなど、一級品の素質を感じさせる馬がいるのですが、牡馬路線はレースごとに好走馬がバラバラ。期待の良血馬もコロコロ敗れたりして、なかなか力関係が固まりません。
 唯一ブレスジャーニーが重賞を2勝していますが、例年に比べレースレベルはイマイチ。そのブレスジャーニーすらも不出走となる今年の当レースは、いわば”どんぐりの背比べ”状態。力関係が非常に接近している、非常に難しいメンバーが揃った印象があります。
 しかし、どんなメンバー構成であれ着順がつくのが競馬。力の優劣を見極めるためのヒントは必ずあるはず。今回も先週に引き続き有力と目される何頭かに触れ、キラリと光る買いポイントを見つけていければと思います。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807




 今回最大の鍵となるのは、牝馬ながら牡馬相手のここに回ってきたミスエルテの存在。
 2戦2勝という綺麗な戦績に加え、同じフランケル産駒のソウルスターリングが圧勝で2歳女王の座に着いたことで血統的にも人気を集めることとなり、1番人気を争うであろうことはほぼ確実。
 初戦はほぼ追うところなしの圧勝、2戦目のファンタジーSは出遅れて大外を回る形でも手応えの違いを見せ付けての圧勝と、底を見せない勝ち方を続けているのは確かで、そのスケール感に期待する声が多くあるのも頷けるところです。
 が、個人的には本馬はまだ半信半疑の状態。
 確かに勝ち方は鮮烈で印象に残るものなのですが、戦った相手のレベルが非常に低かった分、これだけの勝ち方ができたという印象が強くあります。特に前走のファンタジーSはここ数年と比べて最も低レベルと言って良く、そうしたメンバー構成の中での圧勝は、G1を見据える馬ならば至極当然のパフォーマンス。ここまでの内容だけでは数多くいる重賞級の能力の持ち主、という評価までしかできません。
 血統にも注目すると、同父のソウルスターリングが母系もバリバリの欧州血統なのに対し、本馬の母系は母父プルピット×母母父ヘネシーという典型的な米国血統。ソウルスターリングに比べると、かなり前向きなスピードを感じさせる構成となっています。
 実際、本馬はここまでの2戦で道中かなり力むような挙動を見せていますし、前走ではゲートの不安定さも露呈。米国血統馬らしく、強さと脆さが同居している印象を受けます。この血がいい方向に出れば、ここでもいい末脚を見せてくると思える反面、自滅に近い失速をするシーンも想像できるだけに、圧倒的人気で信頼するには少々勇気の要る存在と言えるかもしれません。
 しかしながら・・・

[もっと見る]

2016年12月14日(水) 11:00 覆面ドクター・英
【覆面ドクター・英のG1プレ診断】〜2016朝日杯フューチュリティステークス編〜
閲覧 1,094ビュー コメント 0 ナイス 5

今週は朝日杯FS。大方見立て通りの2強決着だった先週の阪神JFと同じ舞台、阪神マイルで行われるようになって3年目となります。直線が長く力通りの決着になりやすいため、チャンピオン決定戦としてはフェアなコース設定といえるのかもしれませんが、中山マイルの方が馬券を買う側としては面白く、朝日杯は移さないで欲しかったなあという思いも若干あります。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


朝日杯は、昔はクラシック展望の強豪も距離が短いと認識はしつつも使ってきて、中山の短い直線で届くのかハラハラしたものですが、次第にダービーを目指すような馬は使ってこなくなってしまいました。紛れの少ない阪神マイルに持ってきた一つの理由もそこにあるのでしょう。その効果か、昨年はリオンディーズエアスピネルというのちにクラシック路線の主役級となる大物2頭の決着となりました。4馬身離れた3着以下は、その後さほど活躍がみられていませんが、ここで圧勝するような馬は、先々も楽しみということで良さそうです。

クラシックを意識した本格派、NHKマイルCあたりが目標になるマイラー、将来は更に短いところ向きの本質スプリンター、先々はダートで活躍するかもしれないようなマル外など、多士済々のメンバーでの大一番という位置付けになりますが、コース的に瞬発力が無いと通用しないので主流血統で構成された馬が優勢でしょう。

では、各馬診断へ。

ミスエルテは、先週阪神JFを制したソウルスターリングに続いてのフランケル産駒の登場となり、俄然注目が集まります。その同産駒の2歳女王とは母系が全く違い、こちらはPulpit×ヘネシーとダート血統で固められています。そして・・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

マンハッタンカフェの口コミ


口コミ一覧
閲覧 16ビュー コメント 2 ナイス 12

写真は「タガノアシュラ」です


今週のmyPOG馬の出走馬は、

・ベストペット(牝)・筆頭オーナー・手塚貴久厩舎(美浦)
・タガノアシュラ(牡)五十嵐忠男厩舎(栗東)


※今週で26週連続myPOG馬が出走を達成!!(8月28日から続いています)
 

土曜日の出走

25日(土)中山競馬場1R3歳未勝利(ダート1,800)にベストペット・牝・筆頭オーナー・手塚貴久厩舎(美浦)が出走(キングズベスト産駒)鞍上は、松岡正海
近2走は
12/12中山競馬場 ダート1,800 2歳未勝利 11番人気9着  1着に3,9差 上り3F43,4 石橋修
12/ 4中山競馬場 芝1,800   2歳未勝利  8番人気11着 1着に1,3差 上り3F36,0 松岡正海



日曜日の出走

26日(日)阪神競馬場9Rすみれステークス(芝2,200)にタガノアシュラ・牡・五十嵐忠男厩舎(栗東)が出走(マンハッタンカフェ産駒)鞍上は、国分恭介
近2走は
 2/ 5京都競馬場 芝1,800 きさらぎ賞G掘。竿嵜裕ぁ。恵紂。叡紊2,8差 上り3F38,9 岩田康雄
12/18阪神競馬場 芝1,600 朝日杯FSG機。吉嵜裕ぃ隠潅紂。叡紊1,3差 上り3F35,2 武豊



今週は2頭が参戦・無事完走して掲示板に残る競馬をして貰いたいです 
・・・d(^ v●)bわくわくd(●v ^)bルンルン・・・

 昭島のよっちゃん 2017年02月19日() 17:09
今週の予想及びmyPOG馬の結果と次週特別登録のP 
閲覧 28ビュー コメント 0 ナイス 7

写真は、今週の「競馬でビンゴ」の私の成績です

今週の予想結果
(私の買目は、◎単勝と◎○▲△の馬連・3連単のBOXです)


土曜メインレースの予想結果です     


小倉11R 和布刈特別 1000万下 芝ダート1,700


 ◎ エポック         6着(1番人気)          
 ○ タガノヴェリテ      3着(2番人気)
 ▲ トウケイワラウカド    7着(3番人気)
 △ ゥ灰好皀薀凜皀◆     。甲紂複携嵜裕ぁ
1着・スリーアローを外して当たり無し

ビンゴ馬:.魯奪圈璽瓮皀蝓璽此 。隠庵紂複隠業嵜裕ぁ烹隠庵絅泪垢鯏匹蠅弔屬掘   




京都11R 京都牝馬ステークス G掘ー1,400


 ◎ レッツゴードンキ     1着(1番人気)  
 ○ ▲▲奪肇競掘璽競ぅ鼻   。乎紂複家嵜裕ぁ
 ▲ ぅ▲襯咼◆璽痢     。隠恵紂複拡嵜裕ぁ
 △ 殴Εぅ鵐侫.咼薀后    。驚紂複業嵜裕ぁ
単勝(300円)が当たり

ビンゴ馬:ウリウリ      12着(10番人気)塗りつぶし無し
      



東京11R ダイヤモンドステークス G掘ー3,400


 ◎ アルバート        1着(1番人気)
 ○ ┘フジプリンス      3着(2番人気)
 ▲ .侫.織皀襯ーナ      着(4番人気)
 △ Д侫Дぅ爛押璽燹      |紂複拡嵜裕ぁ
単勝(210円)が当たり

ビンゴ馬:アルバート      1着(番人気)1着▲泪垢鯏匹蠅弔屬掘




日曜メインレースの予想結果です


小倉11R 小倉大賞典 G掘ー1,800


 ◎ ▲好肇蹈鵐哀織ぅ織鵝  。誼紂複曳嵜裕ぁ
 ○ ┘戰襦璽奸      。隠加紂複家嵜裕ぁ
 ▲ パドルウィール    15着(7番人気)
 △ Ε泪ぅ優襯魯法次   。隠驚紂複拡嵜裕ぁ
1着・マルターズアポジーを外して当たり無し

ビンゴ馬:スピリッツミノル  8着(13番人気)8着マスを塗りつぶし




京都11R 斑鳩ステークス 1600万下 芝1,400

京都芝1,400m(外)(JRA−VANより)
・好走枠
 フラット
・好走脚質
 逃げ:勝率17、2% 3着内率45、3%

 ◎ ゥ譽奪疋▲凜.鵐察   。乎紂複曳嵜裕ぁ
 ○ Ε謄薀離凜       。加紂複家嵜裕ぁ
 ▲ トーセンデューク    4着(4番人気)
 △ ▲縫轡離薀奪轡紂    。驚紂複拡嵜裕ぁ
1着・キングハートを外して当たり無し

ビンゴ馬:ダノンルージュ   10着(12番人気)塗りつぶし無し





東京11R フェブラリーステークス G機.澄璽1,600


 ◎ ゴールドドリーム   1着(2番人気)
 ○ カフジテイク     3着(1番人気)
 ▲ Ε癲璽縫鵝     。隠加紂複拡嵜裕ぁ
 △ ノンコノユメ     7着(4番人気)
単勝(500円)が当たり

ビンゴ馬:Д屮薀ぅ肇薀ぅ鵝。隠庵紂複隠業嵜裕ぁ謀匹蠅弔屬渓気

      



POG馬の出走結果



19日(日)京都競馬場3R未勝利(ダート1,800)にワンフォーオール・筆頭オーナー・牡が出走→9着
終始追われるも、伸びず・・・残念



★メインレースの予想は、6レース中、3レースで単勝が当たり


★「競馬でビンゴ」は3マス塗りつぶせ、ダブルリーチ!!
 

★myPOG馬は、1頭出走し、9着に終わる・・・残念
 

※ビンゴ馬については、下記の日記を参照下さい

http://umanity.jp/home/view_diary.php?id=b510e1dbcf&owner_id=2ec1608dab





★次週の特別登録

26日(日)阪神競馬場9Rすみれステークス(芝2,200)にタガノアシュラ・牡・五十嵐忠男厩舎(栗東)が登録(マンハッタンカフェ産駒)鞍上は、未定
近2走は
 2/ 5京都競馬場 芝1,800 きさらぎ賞G掘。竿嵜裕ぁ。恵紂。叡紊2,8差 上り3F38,9 岩田康雄
12/18阪神競馬場 芝1,600 朝日杯FSG機。吉嵜裕ぃ隠潅紂。叡紊1,3差 上り3F35,2 武豊

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年02月14日(火) 20:39
フェブラリーSの過去5年の1着馬の傾向の巻
閲覧 46ビュー コメント 0 ナイス 3

☆フェブラリーSの過去5年の1着馬の傾向☆
過去5年の1着馬
2016年:1着モーニン(重)
2015年:1着コパノリッキー(良)
2014年:1着コパノリッキー(良)
2013年:1着グレープブランデー(良)
2012年:1着テスタマッタ(良)
良馬場の1着馬は4頭全てが1800m以上の重賞(JRAの重賞または地方交流重賞)を勝ってるんで、1600mのGIですけど良馬場の場合は中距離(1800m以上)での好走実績あった方がいいのかな。

過去5年の1着馬の前走と着順
2016年:根岸S 1着(重)
2015年:東海S 1着(良)
2014年:フェアウェルS 9着(良)
2013年:東海S 1着(良)
2012年:根岸S 3着(良)
東海S1着か、根岸Sで3着以内の馬がいいのかな。

過去5年の勝ち時計
2016年:1.34.0(重)
2015年:1.36.3(良)
2014年:1.36.0(良)
2013年:1.35.1(良)
2012年:1.35.4(良)
1分35秒台の決着に対応できる方が無難かな。

過去5年のレースの上がり3F
2016年:35.6(重)
2015年:36.3(良)
2014年:35.4(良)
2013年:36.5(良)
2012年:36.7(良)
どちらかいうと持久力勝負になりやすいです。

過去5年の1着馬の道中の位置取り
2016年:(4→4)(16頭立て・重)
2015年:(2→2)(16頭立て・良)
2014年:(2→2)(16頭立て・良)
2013年:(7→7)(16頭立て・良)
2012年:(13→13)(16頭立て・良)
近年は馬場状態に関係なく、先行勢が強いです。

過去5年の1着馬の上がり3F
2016年:35.2(重)
2015年:36.2(良)
2014年:35.3(良)
2013年:35.9(良)
2012年:35.7(良)
中団よりも前(できれば4番手以内)から35秒台か36秒台前半の上がり3Fでまとめられる馬がよさそう。

過去5年の1着馬の血統
2016年:父ヘニーヒューズ(重)
2015年:父ゴールドアリュール(良)
2014年:父ゴールドアリュール(良)
2013年:父マンハッタンカフェ(良)
2012年:父Tapit(良)
マンハッタンカフェ以外は、芝よりもダートで勝ち馬を出してる種牡馬なんで、ダートに強い種牡馬の産駒がよさそう。

過去5年の1着馬の年齢
2016年:4歳(重)
2015年:5歳(良)
2014年:4歳(良)
2013年:5歳(良)
2012年:6歳(良)
4・5歳が中心ですけど、6歳までは勝ち負けできそう。
連対馬で見ても7歳以上で連対したのは過去5年で1頭だけなんで、6歳までがよさそうです。

過去5年の1着馬の性別
牝馬:0頭
牡馬:5頭
牡馬から選べばよさそう。

過去5年の1着馬の枠順
2016年:7枠(重)
2015年:2枠(良)
2014年:7枠(良)
2013年:1枠(良)
2012年:8枠(良)
最初が芝スタートで芝部分を多く走れる外枠が有利なんで、7・8枠の馬が3勝してるのも納得ですけど、意外と1・2枠の馬が2勝してるんで、イメージほど大きな差はないのかな?

過去5年の1着馬の単勝人気
2016年:2番人気(重)
2015年:1番人気(良)
2014年:16番人気(良)
2013年:3番人気(良)
2012年:7番人気(良)
どちらかいうと上位人気馬が強いけど、人気薄の出番もそれなりにあるんで警戒必要ですね。

フェブラリーSの過去5年の1着馬の傾向のまとめ
前走:1着馬5頭中、東海S1着の馬が2頭、根岸Sで3着以内の馬が2頭。
時計:1分35秒台の決着に対応できると無難かな。
展開:どちらかいうと持久力勝負になりやすい。
脚質:近年は馬場状態に関係なく、先行勢が強い。
血統:1着馬5頭中、ゴールドアリュール産駒が2頭。
年齢:1着馬5頭中、4歳が2頭、5歳が2頭。(7歳以上の1着なし)
性別:1着馬5頭中、牡馬が5頭。
枠順:1着馬5頭中、7枠が2頭、1・2・8枠が1頭。
人気:どちらかいうと上位人気馬が強いけど、人気薄も警戒必要。
こんなところかな。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
バレンタインデーに渡したり、もらったりするものと言えば、「チ〇コ」ですが・・・。

3文字のたった1部分を隠すだけで、すごく卑猥な物に見えてしまったぼくの心はお風呂の排水溝ぐらい汚れています。

[もっと見る]

マンハッタンカフェの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

マンハッタンカフェの写真

マンハッタンカフェ
マンハッタンカフェ

マンハッタンカフェの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

マンハッタンカフェの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。