サトノアレス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
サトノアレス
サトノアレス
サトノアレス
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2014年2月25日生
調教師藤沢和雄(美浦)
馬主里見 治
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 9戦[4-2-0-3]
総賞金12,362万円
収得賞金5,600万円
英字表記Satono Ares
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
サトノアマゾネス
血統 ][ 産駒 ]
Danehill
Prawn Cocktail
兄弟 サトノフェラーリサトノヒーロー
前走 2017/07/16 函館記念 G3
次走予定

サトノアレスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/07/16 函館 11 函館記念 G3 芝2000 16113.816** 牡3 54.0 C.ルメー藤沢和雄510(0)2.01.6 0.435.8⑩⑧⑨⑧ルミナスウォリアー
17/07/02 函館 11 巴賞 OP 芝1800 8661.511** 牡3 54.0 C.ルメー藤沢和雄510(+10)1.46.5 -0.034.1④④④アングライフェン
17/04/16 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1871319.8811** 牡3 57.0 戸崎圭太藤沢和雄500(0)1.58.4 0.633.9⑱⑰⑱⑭アルアイン
17/03/19 中山 11 スプリングS G2 芝1800 11793.214** 牡3 56.0 戸崎圭太藤沢和雄500(0)1.48.7 0.335.5⑪⑪⑩⑨ウインブライト
16/12/18 阪神 11 朝日杯FS G1 芝1600 1881714.261** 牡2 55.0 四位洋文藤沢和雄500(+4)1.35.4 -0.134.1⑬⑫モンドキャンノ
16/11/27 東京 7 ベゴニア賞 500万下 芝1600 13684.121** 牡2 55.0 R.ムーア藤沢和雄496(+6)1.35.6 -0.233.8⑦⑦エトルディーニュ
16/09/11 中山 2 2歳未勝利 芝1800 15582.211** 牡2 54.0 柴山雄一藤沢和雄490(-10)1.50.2 -0.034.8④⑤④④レッドローゼス
16/08/28 札幌 1 2歳未勝利 芝1800 9331.212** 牡2 54.0 C.ルメー藤沢和雄500(+4)1.51.8 0.235.3サングレーザー
16/08/14 札幌 5 2歳新馬 芝1800 7772.922** 牡2 54.0 柴山雄一藤沢和雄496(--)1.52.8 0.034.6⑥⑥⑥⑤コリエドール

サトノアレスの関連ニュース

 第53回函館記念(16日、函館11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走16頭)柴山雄一騎乗の5番人気ルミナスウォリアーが中団追走から直線で抜け出し、重賞初V。大事に使われてきた素質馬が晩成の血を開花させた。タイム2分1秒2(重)。1馬身1/2差の2着には14番人気のタマモベストプレイが入り、3連単の配当はレース史上最高の91万5320円。今年も波乱の伝統は受け継がれた。1番人気サトノアレスは6着だった。

 雨上がりの函館で“善戦マン”を返上だ。ルミナスウォリアーが重く湿った洋芝をものともせず、直線入り口で先頭に並びかける強気の競馬で快勝。待望の重賞タイトルをゲットし、その名の通り力強く輝いた。

 「いつもより前につけられたし、少し強引な競馬になったけど、小回りの競馬を。返し馬では馬場も気にならなかったし、とにかく中間の状態が良かったので何とか勝たせたかった」

 2週間の騎乗停止期間が明け、いきなり積極的な騎乗で魅了した柴山騎手。コンビ15戦目の相棒を重賞初制覇に導き、爽やかな笑みを浮かべた。

 この中間、鞍上はルミナスウォリアーと多くの時間をともにした。函館入厩後、普通キャンターから追い切りまで入念にコンタクト。パートナーの具合の良さをひしひしと感じ取っていた。

 「この馬の調教に、これだけ多く乗ったことはなかった。厩舎スタッフと一緒に仕上げていき、その中で馬が頑張って勝ってくれた。本当にこの勝利はうれしい」

 自身にとっては2015年12月の金鯱賞ミトラ)以来となるJRA重賞勝ちだが、それ以上に「JRAに移籍して最初に所属した畠山厩舎で一緒だった厩務員(町田助手)の担当馬で重賞を勝てたことがうれしい」と喜びをかみしめた。

 障害GI馬オジュウチョウサンを管理する和田郎調教師にとっては初の平地重賞V。能力を感じながらも体質の弱さが残る愛馬を、無理せずじっくりと育ててきた。「馬の能力をつぶさないようにやってこられた。きょうは気持ちも乗っていたし、力をつけているのも確か」と感慨深げだ。

 トップに並んだサマー2000シリーズ制覇に向け、次走は昨年5着だった新潟記念が候補。6歳でようやく本格化を迎えたルミナスウォリアーが、まだまだ続く夏競馬をさらに熱く盛り上げる。 (板津雄志)

★16日函館11R「函館記念」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

【函館記念】道悪と距離に泣く…6着アレス放牧へ2017年07月17日(月) 05:08

 第53回函館記念(16日、函館11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走16頭)巴賞を勝ち、1番人気に支持されたサトノアレスは、6着と期待を裏切った。中団のインを追走したが、直線はこの馬らしい伸びが見られず。ルメール騎手は「軟らかい馬場で持ち味が生きなかった。道悪では2000メートルは長かった」と唇をかみしめた。藤沢和調教師も「よく頑張ったが、この枠((1)番)ではね。良馬場だったら違った結果が出たかも」と残念そう。今後は放牧に出され、秋に備える。

★16日函館11R「函館記念」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

[もっと見る]

【函館記念】ルミナスウォリアーがまくり作戦で重賞初V 2017年07月16日() 15:33

 7月16日の函館11Rで行われたサマー2000シリーズ(全5戦)の第2戦、第53回函館記念(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、柴山雄一騎手騎乗の5番人気ルミナスウォリアー(牡6歳、美浦・和田正一郎厩舎)が快勝。重賞初制覇を果たした。タイムは2分1秒2(重)。

 雨は上がったものの、馬場は道悪。ヤマカツライデンがハナを主張した。2番手にパリカラノテガミタマモベストプレイマイネルミラノケイティープライドステイインシアトルアングライフェンなどが続いた。サトノアレスの外の8〜9番手にいたルミナスウォリアーは3〜4コーナーにかけてまくっていき、直線入り口ではヤマカツライデンマイネルミラノアングライフェンとほぼ横一線の位置取り。そこからグングンと脚を伸ばして抜け出すと、激しい2着争いを尻目にトップでゴールを駆け抜けた。1馬身1/2差の2着はタマモベストプレイ(14番人気)で、さらにアタマ差の3着にヤマカツライデン(7番人気)が入り、3連単は91万5320円の好配当となった。

 1番人気サトノアレスは6着。2番人気ステイインシアトルは15着に終わった。

 ルミナスウォリアーは、父メイショウサムソン、母ルミナスハッピー、母の父アグネスタキオンという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は22戦6勝。函館記念和田正一郎調教師、柴山雄一騎手ともに初勝利。

 ◆柴山雄一騎手「(4カ月ぶりの実戦でも)いい状態でした。中団か中団より前にいたいと思っていたので、理想通りでしたね。(まくっていったのは)狭いところで窮屈な思いをさせるより、リズムよく運びたいと思ったから。(未経験だった重馬場や洋芝は)返し馬のときに気にしている感じはなかったですね。小回りで強い競馬ができました。まだ成長している馬なので、(これからも)本当に楽しみです」

★16日函館11R「函館記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【函館記念】大駆け再びケイティープライド2017年07月15日() 11:37

 不朽の3連覇を飾ったエリモハリアーを筆頭に“名物リピーター”が乱舞するGIII。昨年2着のケイティープライドが再び大駆けを決める。

 今年の3戦は見せ場なく終わっているが、いずれも外枠でなし崩しに脚を使わされる展開がこたえた。「いいときはいいし、ダメなときはダメとはっきりしているタイプ。7歳でも使い減りしていないし、カイ食いもいい。一発を期待してるよ」と、早稲田厩務員は意気軒昂だ。

 函館の芝は少雨の影響で希に見る高速決着が続いているうえ、今週から幅員の狭いBコースでの施行となる。各陣営から「内枠、(8)番以内じゃないと厳しい」という声が上がるなか、前年の(8)番に続いて(4)番をゲットした。「ハミを噛む癖があるので、とにかく内を引いて脚をためたい」と連発していた角田調教師にとっては、まさしく“僥倖”だろう。

 12日のWコースではラスト1F12秒0と上々の切れ味を披露。「しっかり動けていたし、硬さもなくフレッシュな状態。きれいな軽い馬場での高速決着はこの馬にとってピッタリですね」と、重賞初Vを狙うデビュー3年目の鮫島駿騎手も好感触を伝えている。

 前年の1〜3着馬がそろって出走してきたが、1着マイネルミラノ、3着ツクバアズマオーがハンデ2キロ増になるのに対し、本馬は据え置き。逆転Vへのお膳立ては完璧に整っている。

 “究極の3連単”で相手に指名するのはGI馬サトノアレス。他陣営からブーイングが上がったハンデ54キロに加え、絶好の(1)番枠と好走材料がズラリとそろった。◎○の1・2着折り返しで、3着候補に6頭を置いた計12点で勝負する。(夕刊フジ)

函館記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【水戸万助はるばるきたぜ函館へ】ライデン北の大地で逃走V再び 2017年07月14日(金) 05:08

 毎年、夏の風物詩となっている水戸正晴記者(68)の函館記念取材。連載最終回の13日は、逃げ馬ヤマカツライデンに目星を付けた。有力馬2頭と同じ先行タイプだが、デキの良さと洋芝適性は見逃せない。陣営に再三の取材を敢行した“万助”は、徹底先行タイプのダークホースに心を動かされた。

 この函館記念。展開がひとつの、あるいは大きな鍵を握っているのでないか。昨年のマイネルミラノは、逃げ切り勝ち。ハナにこだわらないが、前々で流れに乗る競馬が理想だ。鳴尾記念で重賞初Vを果たしたステイインシアトルも、全5勝が逃げ切り。ともに有力候補であり、競り合う愚は避けたいところだろう。

 しかし、できれば主導権を奪いたい両馬にとって難題は、“目の上のたんこぶ”といえる馬がいることだ。ヤマカツライデンである。何が何でも逃げたい馬で、前記2頭にとっては“邪魔”であるに違いない。が、なんとも不気味さが漂う。ここ何戦かと比べて緩みがなく、シャープなつくりの馬体に映るのだ。

 12日の追い切りは意欲的で、手綱を取った池添騎手は、「きょうは指示通り目一杯にやった。最後までしっかり動いたし、息はできた。これで仕上がってくれるはず」と納得の表情。池添兼調教師も「ここを目標にしっかり乗り込めた。問題はない」と動きの良さに何度もうなずいていた。

 タマモベストプレイを寄せつけず逃げ切った昨夏の丹頂Sの映像が頭をよぎる。洋芝の北海道は間違いなく合う−。そうにらんだからには、厩舎へ突撃だ。この馬を手掛ける岡富調教助手が快く応対してくれた。

 「多少重いけど、当日はプラス6キロ程度の体重ではないでしょうか。増えてはいるけど、あばら骨が浮いて、締まって見えるのは事実です」

 抜かりない仕上がりを強調したうえで、「もっと距離が長い方がいいと言われるけど、ポケット(4コーナーの奥)からのスタートで、最初のコーナーまで距離がある。案外楽にハナに立てるかも」と見通しを口にした。

 一見、無謀と思える逃げを打つ馬だが、ハイラップを踏んでも頑張れるのが持ち味。他馬に脚を使わせてでも…が恐らく池添騎手のもくろみだろう。一発があって不思議はない。

 連載はこれにてひとまず終了だが、前日まで取材と検討を重ねて、結論を導き出すとしよう。乞うご期待−。

★前日までのおさらい

 取材開始より2日も早く函館入りした水戸記者は、海の幸と銘酒でたっぷりと充電して、連載をスタート。初日は巴賞2着のアングライフェンサトノアレスを逆転する可能性を見いだし、2日目はナリタハリケーンカムフィーの8歳馬2頭が自身と同じように(?)夏場を得意とすることを指摘した。夜には須貝彦三元調教師と旧交を温めるなど、充実の日々を過ごしている。

函館記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【函館記念】さらに良化!サトノアレス再び古馬斬り 2017年07月14日(金) 05:06

 函館記念の追い切りが13日、函館競馬場で行われた。昨年の2歳王者で前哨戦の巴賞を勝ったサトノアレスは、芝コースで併せ馬を消化。派手さこそなかったが、確かなフットワークで前走からの上積みをアピール。鳴尾記念を勝ったステイインシアトルは、Wコースでシャープな動きを見せた。

 津軽海峡がはっきりと見えるほど晴れ渡った函館競馬場で、昨年の2歳王者サトノアレスが青々と輝くターフを弾むように駆け抜けた。同じレースに出走する僚馬スーパームーンを3馬身追走。ゆったりとしたペースにもピタリと折り合い、直線では外から余力たっぷりの脚いろで並んだ。

 5ハロン70秒6、1ハロン12秒6の時計も、見た目も派手さはなかったが、「中1週だから、そんなに(速い時計は)いらない。しまい併せる程度で十分。前走を使った上積みはあるよ」と藤沢和調教師。腕を組みながら、じっくりと動きをチェックした指揮官は、確かな良化を感じていた。

 春のスプリングS4着、皐月賞11着はともにスタートがひと息で、2歳王者としては物足りない結果に終わったが、前を射程圏に入れる競馬で初対戦の古馬を撃破した前走の巴賞で光が見えた。「ああいう競馬ができたのは良かった。やっぱり中団くらいにはつけられないと。後方からの競馬だけじゃ、うまくいかないから」とトレーナーは収穫を語った。

 しかし、復活Vに全くうかれてはいない。今回は古馬相手の重賞だ。ハンデは前走と同じ54キロと恵まれた印象だが、「たとえGII、GIIIでも3歳馬が古馬と戦うのは大変なんだ。いくら2歳、3歳限定のGIを勝った馬でも、なかなか通用しない」と藤沢和調教師は気を引き締め、「そのためにも、どの条件が合うのかを見極めてあげないといけない」と続ける。

 今回は1ハロンの距離延長がポイント。トレーナーは「(マイルの)朝日杯FSが強い競馬で、スプリングSは伸びそうで伸びなかったから距離は短い方がいいとも思った」と振り返るが、「前走を勝った後、ルメールが『2000メートルに何の問題があるんだ?』と言っていたよ」と笑う。サトノアレスにとって、この函館での結果が新たな道標になる。 (板津雄志)

函館記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノアレスの関連コラム

閲覧 653ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、16(日)に函館競馬場でG3函館記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3函館記念は、当日降ったどしゃ降りの雨によって重馬場まで悪化しスタートの時を迎えます。まず外からヤマカツライデンタマモベストプレイがハナへ立とうと併せ馬の形で前へ。パリカラノテガミもこれに絡み、マイネルミラノは4番手の位置取りとなって1コーナーを通過。2番人気に推されたステイインシアトルはその直後の5番手、1番人気サトノアレスは中団の内々を追走します。ヤマカツライデンが単独先頭となったほぼ一団の隊列の中から3角手前でマイネルミラノがじわじわと進出を開始すると、内からはタマモベストプレイ、外からはアングライフェンルミナスウォリアーといったところも連れて仕掛けていきます。迎えた直線、内で粘るヤマカツライデンに、アングライフェンルミナスウォリアーが横並びとなり、マイネルミラノは脚色が鈍り苦しい態勢。残り100mを切ったところでこの争いから力強く抜け出したのはルミナスウォリアーでした。ゴール前で脚を伸ばしたタマモベストプレイケイティープライドも加わっての熾烈な2着争いを尻目に、ルミナスウォリアーが1馬身1/2差の完勝で重賞初制覇を飾っています。2着には最後に14番人気タマモベストプレイが上がり、そこからアタマ差の3着には逃げてゴール前盛り返しを見せた7番人気ヤマカツライデンが入っています。
 
公認プロ予想家では☆まんでがんプロセイリュウ1号プロマカロニスタンダーズプロ【U指数】馬単マスタープロサラマッポプロスガダイプロら6名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
16(日)函館9Rで◎ケルベロスを頭固定、2、3着に○サフランハートを添えた3連単勝負!2着に△ペイシャマリヤが入り、3連単364.1倍を2500円的中!91万250円を払い戻しました!同日の福島5Rでも3連単148.8倍を1000円的中させ、14万8800円を払い戻しました!週末トータル回収率161%、収支プラス44万480円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
15(土)函館9Rで『ダートに替えてから好内容続き。1700も良さそうで勝負になる。』と狙った◎プティットクルール(32.8倍)の単複を的中!4万7200円を払い戻しました!勝負レースに選んだ翌日の函館12Rでは『この舞台で全2勝を上げている洋芝長距離巧者。今回も好枠を引いた。ここ2走はブービー、シンガリと散々だが得意舞台で別馬の様な走りを見せてくれることを望む。』と狙ったクラシックエースの単複を的中!7万180円を払い戻しました!週末トータル回収率118%、収支プラス4万4150円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
16(日)函館11R函館記念G3で◎タマモベストプレイの複勝15.3倍を3500円を的中させ、5万3550円を払い戻しました!16(日)中京12Rでは◎リッパーザウィンの単複を的中!3万100円を払い戻しました!週末トータル回収率139%、収支プラス5万7500円をマークしています。
 
この他にもろいすプロ岡村信将プロおかべプロ伊吹雅也プロきいいろプロkmプロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年07月16日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第283回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜函館記念 G3
閲覧 764ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は函館11R「函館記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)はマイネルミラノから1.0ポイント差(約1馬身差)内のケイティープライドアングライフェンタマモベストプレイステイインシアトルまでの5頭。
第2グループ(黄)は、サトノアレスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のルミナスウォリアーツクバアズマオーナリタハリケーンパリカラノテガミまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、ヤマカツライデンから同差内のレッドソロモンサクラアンプルールカムフィーまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、全体を通してもほとんど大きな差は生じず、最大でも【厩舎評価】マイナスが大きく響いた格好の最下位ダンツプリウスが少し離されて1.1ポイント差、という大混戦の状況です。
今年もBコース替わり2日目で迎える実力拮抗のメンバー構成となった印象の函館記念。それだけに、展開・状態面や近年傾向としても顕著な“外不利”など上記評価に含まれない部分の精査が、今年も予想のポイントになってくるとみています。

そんななか今回の私の本命は◎スーパームーンとしました。まさか自分でも、よりにもよって2頭しかいない第4Gから本命馬を選ぶことになるとは思いませんでしたが(^^;、先にも書いたようにこの馬とダンツプリウス間の1.1ポイント差以外は大差ないメンバー構成です。巴賞で負けてここで人気を落として好走というパターンに合致し、この馬より内を引いた馬で☆マイネルミラノらが作る後半長く脚を使う流れが合い且つ強調材料の多い馬があまり見当たらなかったことから狙いを定めました。久しぶりに叩き2戦目で使える点と前走から2キロ減の55キロ斤量にも好感。洋芝実績もありますし、新馬戦含め中10週以上ローテを除けば国内通算(3-6-4-6)とその大半が馬券圏内という戦績のこの馬に、今回一発を期待してみたいと思っています。前走からすると、後方から外を回す形となってしまいそうな鞍上乗り替わりには若干不安もありますが、1ハロン延長と過去一度だけ騎乗した際に札幌で差し切り勝ちを決めたことをプラスと捉えてその点には目を瞑ります。あとは、願望になりますが当日ひと雨あってラスト1Fが掛かってくれれば......。

○はツクバアズマオー。北海道では全て掲示板の安定感を誇り、直線が短いコースも向くタイプ。またハイレベルだったとみている中山記念での戦歴も光ります。その中山記念では、1番人気に推されたアンビシャスよりもさらに後方から大外を回して追い込んで勝ち馬ネオリアリズムから0.5秒差6着なら、ここでは57キロでも上位評価妥当ではないでしょうか。1週前から状態の良さが伝わってくる出来で昨年以上の走りを期待。
▲はルミナスウォリアー。○ツクバアズマオーとは同斤で接戦歴があり、こちらも状態は良さそう。展開の助けは必要になりそうですがいつもよりも積極策で運ぶことが出来れば。○▲いずれももう少し内なら本命もと目論んでいた馬たちですが、この枠を考慮しての2、3番手評価。
☆はマイネルミラノ。気温の上昇と追い切りの動きが結果に直結するタイプのイメージがあり、いずれも条件は揃った印象なのですが、今年は昨年よりも展開面で厳しくなるとみて一枚割引き4番手評価としました。
そして△1番手に昨年の当コラムで的中に貢献してくれた△ケイティープライド。その昨年のレースでは鞍上と馬場にも助けられた印象で、今年は鮫島克騎手での参戦。期待しつつも今年は鞍上面で半信半疑な部分もありこの評価に止めました。

以下、△サクラアンプルールサトノアレスダンツプリウスステイインシアトルアングライフェンナリタハリケーンレッドソロモンタマモベストプレイヤマカツライデンと混戦だけに手広く押さえます。
今回の私の馬券はおそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎からの3複で勝負です。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
9=7,11,12=1,2,3,4,5,6,7,10,11,12,14,15,16(33点)

[もっと見る]

2017年07月16日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/函館記念 G3(いっくんプロ)
閲覧 824ビュー コメント 0 ナイス 0



 本日は「荒れるハンデ重賞」でおなじみの函館記念が行われます。まさに穴党の出番ですので、ウマニティ公認プロ予想家陣きっての長距離砲として数々の大穴馬券を仕留めてきた実績を持つ、いっくんさんに予想を披露してもらいましょう。
「圧倒的に内枠先行有利のレースなので、高配当を狙うべく、思いきって外枠勢をバッサリ切って臨みたい」と大胆なプランを表明したいっくんさんが本命を打ったのはマイネルミラノです。「昨年の勝ち馬で、今年もいい枠に入り、ロスなく先行できそう」と2連覇達成に期待しました。
 対抗は「道中マイネルミラノをマークし、一緒に直線で粘り込む姿がイメージできるステイインシアトル。単穴は「人気馬ゆえに飛んでほしいが、実績的にこれ以下には落とせないサトノアレス。以下、ァ↓、◆↓い僚腓鵬,気─馬券は3連単Б⇔´↓きキの10点で勝負します。本レース以外のいっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年07月09日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年07月09日号】特選重賞データ分析編(55)〜2017年函館記念〜
閲覧 2,614ビュー コメント 0 ナイス 10



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 函館記念 2017年07月16日(日) 函館芝2000m


<ピックアップデータ>

【前走の着順別成績(2010年以降)】
○6着以内 [7-4-4-37](複勝率28.8%)
×7着以下 [0-3-3-54](複勝率10.0%)

 基本的に前走好走馬が強いレース。特に前走が“JRAの重賞”、かつ前走の着順が6着以内だった馬は2010年以降[6-1-1-7](複勝率53.3%)と安定しています。今年は出走メンバーの大半が前走で大敗を喫していますから、大胆に絞り込んでいいんじゃないでしょうか。

主な「○」該当馬→サトノアレスステイインシアトルルミナスウォリアー
主な「×」該当馬→サクラアンプルールツクバアズマオーマイネルミラノ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【向かい風データ】

×「“同年の巴賞”において連対経験がある」馬は2010年以降[0-0-0-9](複勝率0.0%)
主な該当馬→アングライフェンサトノアレス

[もっと見る]

2017年04月21日(金) 20:03 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(4/15〜4/16)いっくんプロが◎アルアイン1着固定で1060万超払い戻しの快挙!
閲覧 2,396ビュー コメント 0 ナイス 7

先週は、16(日)に中山競馬場でG1皐月賞が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1皐月賞ファンディーナが1番人気で2.4倍、2番人気がスワーヴリチャードで7.0倍、以下カデナ7.2倍、ペルシアンナイト8.1倍とここまでが10倍を切る形で人気を形成しました。
 
注目のスタートは各馬ほぼそろった出の中、アダムバローズが先手を主張して第1コーナーへ差し掛かります。先頭はアダムバローズでリードは1馬身、2番手にトラスト、続いて
クリンチャーアルアインファンディーナダンビュライトスワーヴリチャードプラチナヴォイスマイスタイルと先団を形成。中団からはウインブライトコマノインパルスアメリカズカップアウトライアーズキングズラッシュが追走。後方からはペルシアンナイトカデナレイデオロと続いて最後方にサトノアレスの態勢。
 
前半の1000m通過は59秒0(良)の平均ペース、第3コーナー過ぎに一気にペースが上がって直線コースへ。
 
直線に入るとすぐさまトラストアダムバローズに並びかけ、これを外からファンディーナが迫り3頭の叩き合い、その直後には内を突いて一気に前との差を詰めてきたペルシアンナイトアルアイン、外めからダンビュライトも脚を伸ばして前は大混戦!
 
残り200mを通過、ここでペルシアンナイトが内から抜けますが、アルアインも坂を上って一気に加速!ゴール前まで続く激しい叩き合いとなりましたが、僅かにアルアインペルシアンナイトを差し切ってV。G1初制覇を飾りました!勝ちタイムは1分57秒8(良)。クビ差の2着にペルシアンナイト、そこから3/4差の3着にダンビュライトが入っています。
 
公認プロ予想家では3連単的中で1000万超の払い戻しを達成したいっくんプロ他7名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
16(日)中山11R皐月賞で◎アルアインを1着固定、2、3着に◯ペルシアンナイトを添えた3連単10点で勝負!見事3連単10643.6倍を1000円的中させ、1064万3600円の超高額払い戻しの大記録を達成しました!続く福島12Rでも◎△◯の印で99万6200円を払い戻すなど絶好調!週末トータル回収率526%、収支プラス1207万300円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
勝負レースに選んだ16(日)中山5Rで『血統的にダート向きである可能性は高い。初ダートで砂を被りにくい大外枠も歓迎で一変を期待。』と狙った◎サクレエクスプレスの単勝、◯チリ―シルバーとの馬連を1点で仕留め、6万3300円を払い戻し!同日の阪神12Rでも◎×◯の印で単勝、馬連、ワイド、3連複を仕留め、5万390円を払い戻し!週末トータル回収率132%、収支プラス8万410円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サウスプロ
16(日)中山11Rで◯アルアインペルシアンナイトの印で馬単207.2倍、ワイド22.5倍を本線で仕留め、22万9700円を払い戻しました!この他にも福島3Rで19万2500円、阪神7Rで19万5200円を払い戻しました!週末トータル回収率131%、収支プラス22万5610円をマークしています。
 
この他にもジョアプロ(131%)、河内一秀プロ(119%)、スガダイプロ(115%)、KOMプロ(102%)、西野圭吾プロ(100%)が回収率100%超の活躍を見せています。
  
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年04月14日(金) 17:00 夢月
【各馬の前走と妙味】〜2017皐月賞〜
閲覧 3,319ビュー コメント 0 ナイス 7


中山芝2000m右回りで行われる皐月賞
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


■レースの特徴■
スタートしてからすぐに急坂があり、ゆったり運びたいコース。ここを落ち着いて走れないと後半スタミナが持たないので、逃げ先行馬は無理なく普段通りの位置を取れるのか推察する必要があります。
問題の急坂を越えると1コーナーからバックストレッチまでかなりの起伏があり、加速力に乏しい馬はここでスピードを乗せることが難しくなります。となると切れ味タイプの馬は良さが活かせないので、多少反応が悪くても長く脚を使えるようなタイプがコースの恩恵を受けられ穴を演出する可能性があると言えるでしょう。
枠は器用なタイプなら断然内枠有利。今年のような荒れ馬場ならまず馬群はばらけてくれそうなので内枠により不利を被ることは考えなくて良さそうです。
そして注意したいのは適性判断。この舞台の適性を推し量るため中山での実績を見る際、基本的には2000m以外のレースは参考にならないことが多いです。1800mと2000mでも求められるスタミナの質が全く違うので、単なる200mの距離延長と考えると脚が鈍ったりタレてしまうことが間々あります。初めてタフな競馬を経験する馬も多く、荒れやすいレースと言えるでしょう。


■前走の分析■

アウトライアーズ
●前走スプリングS G2 2着 (経由4頭)
勝負所で窮屈な場面があったが、競馬をやめずに長く脚を使った。
未勝利勝ち上がりの内容も良く適性は申し分ないだろう。
ただ伸び伸び走らせないと引っかかる馬なので、前走は少頭数に助けられたし未勝利戦は大外枠が良かった。能力は認めるが大舞台で悪い面が出るようだと厳しい戦いになる。

アダムバローズ
●前走若葉S OP 1着 (経由1頭)
逃げ馬を見る形で直線早め先頭から押し切る。
連勝して勢いがあるがここまでのレースレベルはそこまで高くない。
久々の多頭数のなか、さらに粘りが増すかというと難しいかもしれない。

アメリカズカップ
●前走きさらぎ賞 G3 1着 (経由4頭)
好位の外目でしっかりなだめて、早めのスパートから突き抜ける。
この勝ちっぷり自体は良いものだったが、・・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

サトノアレスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 93ビュー コメント 2 ナイス 8



アングライフェン

出脚が鈍く位置取りは中団から後ろになりがち。

ステイゴールド産駒らしく直線での反応の良さは見受けられるが、
そこからの伸び脚がもう一つ目立ってこない。

前々走の巴賞で
サトノアレスを交わすくらいの勢いで2着に入っていれば
ここでも3着候補として積極的に狙ってみたかったが。



エアスピネル

ゴール前で脚色が鈍るレースが多く、
外々を加速させるような展開になると最後は苦しくなる印象。

加速自体は悪くない馬だと思うので、
理想は好位の内目で脚を溜めて直線だけで前を交わす形。



サウンズオブアース

出脚が若干遅く引っ掛かる面もあるので、
2000mでの好位取りはイメージしにくい。

基本的にはコーナーで無理をさせず
直線だけの加速に徹して好走している馬なので、
位置取りが後ろすぎると3着争いが限界に映ってしまう。



サクラアンプルール

タイプ的には中盤から引っ張られて
周りがバテた所を加速の良さで差す形の馬なので、
各馬の仕掛けに付き合ってしまうと良さは出ない印象。

恐らく後方からだと思うし、
前が詰まったら仕方ないくらいの気持ちで
直線だけの着狙いに徹してくれるなら楽しみはある。



タマモベストプレイ

函館記念は雨の影響もあって
ジリ脚展開になり惰性で伸び続けるような形での2着。

トップスピードを問われない条件なら2000mでも戦えると思うが、
前走のような馬場と展開にならないと加速負けする印象。



ツクバアズマオー

過去の好走歴を見ると
周りがバテたり加速に手間取る流れを
中団の位置から差してくる競馬がほとんど。

戦績の通り、特殊な流れで
周りの末脚が鈍りやすい中山2000向きだとは思う。



ディサイファ

2年前の札幌記念は
トウケイヘイローが作る一貫した速い流れを
外目2番手から押し切る単純に強い競馬。

ただ、加速の悪さを見せるこの馬としては
2年前の展開がベストだった可能性はあり、

ある程度の加速を問われる例年通りの流れになると
持ち味が活きにくいように感じる。



ナリタハリケーン

函館記念は後方内目から直線だけの競馬で
前が狭くなりながらも脚色良く追い込んで7着。

内さえ取れれば今回も同じ競馬をしてくるだろうし、
もし有力所が外を回ってくるようなら
多少のチャンスはあってもいいのかなと思う。



マイネルミラノ

好走パターンは2角過ぎまでマイペースに運んで
向正面からペースを上げて押し切る形。

理想は今年の福島民報杯や
昨年の函館記念のレース運びになってくるが、
バックストレッチの短い札幌コースで
思い通りのペース作りはどうも難しい印象も。

この馬が強引に攻めるようなら
後半レースの流れが一気に変わってきそうだが
果たしてどうなるか。



マウントロブソン

福島テレビOPは恐らく苦手と思われる
コーナー加速勝負での勝利だがレースレベルとしては微妙。

今回は小回り得意のモレイラ騎手鞍上で人気を集めそうだが、
札幌のコース形態ではモレイラ騎手が得意とする
向正面で押し上げてコーナーを攻めたてない戦法が使いにくいので、
乗り替わりによる恩恵はあまり受けられない印象も。



ヤマカツエース

昨年の札幌記念は3角過ぎから
外目を加速する形で最後はバテて失速。

この馬も基本的には
直線だけの加速に済ませたいので
あんまり勝気な攻め方をすると思ったほど伸びない可能性はありそう。



ロードヴァンドール

走りの大きな馬なので
加速の良さを問われにくい流れを作った金鯱賞と
一貫した流れで走れた小倉大賞典での好走は納得。

惰性で伸びるタイプだと思うので、
札幌との相性はそこまで良くないようにも。





今のところ買いたいのは
エアスピネル・ヤマカツエース・サクラアンプルール辺り。

中団から運んできそうなヤマカツエースは
乗り方次第で脚が止まる印象が強いので軸にしていいのかが悩み所。

 DEEB 2017年07月17日(月) 15:17
恥ずかしい馬予想2017.07.16[結果]
閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 3

福島11R バーデンバーデンカップ 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 1 ジャストドゥイング…9着
○ 7 フミノムーン…1着
▲ 9 アルマワイオリ…3着
△ 4 ナガラオリオン…5着
× 8 ☆オウノミチ…7着
[結果:ハズレ×]

中京 5R メイクデビュー中京 2歳新馬(混合)[指定]
◎ 2 ヘンリーバローズ…2着
○ 8 ワグネリアン…1着
▲ 9 スヴァルナ…3着
△ 6 ゼットジガンテ…6着
× 7 ブレイクスピアー …5着
[結果:アタリ△ 複勝2-8 270円]

中京 6R メイクデビュー中京 2歳新馬[指定]
◎ 5 ヴァルディノート…3着
○ 6 フランシスコダイゴ…4着
▲ 8 リリープリンセス…2着
△ 1 ロンリーボーイ…6着
× 7 デンコウシャフト…中止
[結果:ハズレ×]

中京 7R 3歳以上500万下牝[指定]
◎ 2 ミッキーグッドネス…2着
○15 チカリータ…3着
▲12 ボクノナオミ…10着
△11 クロースフレンド…4着
× 5 トラストマヴィア…8着
[結果:ハズレ×]

中京 8R 3歳以上500万下(混合)[指定]
◎13 ムイトオブリガード…3着
○14 ドルチェリア…7着
▲ 9 アオイテソーロ…11着
△10 テイエムグッドマン…6着
× 6 カレンカカ…5着
[結果:ハズレ×]

中京 9R タイランドカップ 3歳以上500万下(混合)(特指)
◎17 ★トウショウジャイロ…8着
○ 8 パーリオミノル…2着
▲15 ウインハートビート…5着
△13 ワンアフター …6着
× 1 タイムレスメロディ…4着
[結果:ハズレ×]

中京10R シンガポールターフクラブ賞 3歳以上1000万下(混合)(特指)
◎13 タニノアーバンシー …5着
○ 1 カラビナ…8着
×12 ☆ダノンキングダム…12着
[結果:ハズレ×]

中京11R 名鉄杯 3歳以上オープン(混合)(特指)
◎ 4 オウケンワールド…1着
○10 ストロングサウザー …9着
×16 ☆トラキチシャチョウ…10着
× 3 ☆コパノチャーリー …3着
×12 ☆デビルズハーツ…12着
[結果:アタリ△ 複勝3 220円、ワイド3-4 500円]

函館11R 農林水産省賞典函館記念(GIII) 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 1 サトノアレス…6着
○10 ステイインシアトル…15着
▲11 ツクバアズマオー …10着
△ 4 ☆ケイティープライド…5着
×15 ☆ヤマカツライデン…3着
[結果:アタリ△ 複勝15 670円]

今日は、自分探しの旅に行ってきます。
ハイウェイバスに乗って、名古屋に。
名鉄に乗って、中京競馬場に。

名古屋名物の美味しい物は、何でしょう?

[今日の結果:9戦0勝6敗3分]
自分を見失う旅となりました。
昨日の旅は、自分の歴史から抹消しました。

[もっと見る]

 にくまん 2017年07月17日(月) 14:08
函館記念ROBOTIP(すみおロボ)予想
閲覧 112ビュー コメント 1 ナイス 5

◎ケイティープライド
○サトノアレス
▲ナリタハリケーン
×ルミナスウォリアー

リアル馬券は10点の三連複5頭3・4・6・7・12の100円分今回は難解レースだったので度外視

[もっと見る]

サトノアレスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サトノアレスの写真

サトノアレス
サトノアレス
サトノアレス

サトノアレスの厩舎情報 VIP

2017年7月16日函館記念 G36着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サトノアレスの取材メモ VIP

2017年7月16日 函館記念 G3 6着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。