レッドヴェイロン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2015年4月21日生
調教師石坂正(栗東)
馬主株式会社 東京ホースレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 3戦[0-2-0-1]
総賞金530万円
収得賞金0万円
英字表記Red Veyron
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
エリモピクシー
血統 ][ 産駒 ]
ダンシングブレーヴ
エリモシユーテング
兄弟 クラレントレッドアリオン
前走 2017/12/16 2歳未勝利
次走予定

レッドヴェイロンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/12/16 阪神 3 2歳未勝利 芝1600 156102.312** 牡2 55.0 M.デムー石坂正474(-2)1.35.5 0.233.5⑫⑫オメガラヴィサン
17/11/25 京都 4 2歳未勝利 芝1800 15592.115** 牡2 55.0 武豊石坂正476(-4)1.50.5 0.335.2⑤⑤ドラセナ
17/10/28 京都 5 2歳新馬 芝1800 168165.132** 牡2 55.0 武豊石坂正480(--)1.50.6 0.036.7スーパーフェザー

レッドヴェイロンの関連ニュース

 10月28日の京都5R・2歳新馬(芝・外1800メートル)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の1番人気スーパーフェザー(牡、栗東・友道康夫厩舎)が中団追走から直線は大外を伸びてデビュー勝ち。タイムは1分50秒6(稍重)。

 クビ差の2着には3頭雁行の外を逃げて直線は馬場の真ん中を伸びたレッドヴェイロン(3番人気)、さらに2馬身半差遅れた3着に外めを追い込んだアドベントサンデー(10番人気)。

 スーパーフェザーは、父ディープインパクト、母オーサムフェザー、母の父オーサムオブコースという血統で、2016年のセレクトセールで、1歳最高額の2億8080万円(税込)で落札された。母は2010年BCジュベナイルフィリーズなど米GIを2勝。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手(1着 スーパーフェザー)「高い馬なので緊張しました。強かったですね。おとなしくて、賢く、とてもいい馬です。まだ子供ですが、調教もレースも一生懸命です。距離もこれくらいが合っていると思います」

★28日京都5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

【めざせクラシック】ダイワメモリー、百日草特別へ 2017年10月18日(水) 05:01

 デスク 栗東でスタンバイしている有力新馬を教えてくれ。

 長田 まずはレッドヴェイロンを。

 デスク 重賞6勝の半兄クラレントなど活躍馬が多数出ている血統だな。

 長田 和田助手は「バネがあってゲートも速いし、素直でコントロールの利く馬。水準以上にはあると思います」と期待。28日の京都芝1800メートル、武豊騎手で初陣の予定です。

 デスク ほかには?

 長田 須貝厩舎のソーグレアですね。

 デスク ダートGI4勝のゴールドアリュールや、富士Sに出走予定のペルシアンナイトの近親だな。

 長田 体質の弱さがあったようですが、「ようやく(体が)しっかりしてきた。幼いところはあるけど、だんだんと力をつけてきている」と須貝調教師。11月3日の京都芝1600メートルに横山典騎手でデビュー予定です。

 デスク 美浦からもよろしく。

 片岡 9月24日の中山新馬(芝2000メートル)を勝ったダイワメモリーは、百日草特別(11月5日、東京、500万下、芝2000メートル)へ。「大きな反動もなく、減った体も少しずつ戻っている。前走はいい切れ味を見せてくれたので楽しみ」と佐藤助手は無傷の連勝を期待しています。

 デスク 有馬記念などGI4勝を挙げたダイワスカーレットの子供で注目度は大きいな。

 片岡 他では田村厩舎のギャラッドも楽しみ。「体つきなどはまだ子供っぽいけど、身のこなしが柔らかい」と町田助手。29日の東京芝1800メートルをルメール騎手で予定しています。

[もっと見る]

レッドヴェイロンの関連コラム

閲覧 1,588ビュー コメント 0 ナイス 6

 今年も残すところあと1か月。今月は12月10日の阪神ジュベナイルフィリーズ(2歳GI・阪神芝1600m外)、12月17日の朝日杯フューチュリティステークス(2歳GI・阪神芝1600m外)、12月28日のホープフルステークス(2歳GI・中山芝2000m内)と、各路線の2歳チャンピオン決定戦が立て続けに施行されます。今年からホープフルステークスがGIに昇格したので、JRA賞最優秀2歳牡馬ならびに牝馬のタイトル争いがどうなるかも興味深いところですね。

 個人的に、JRA賞は「当該カテゴリーでもっとも“頑張った”馬=当該カテゴリーにおいてもっとも多くの賞金を獲得した馬」が受賞すべきだと考えているものの、実際は「出走数の少ない馬ほど強く見えがち」「施行時期の遅いレースほど高く評価されがち」「距離の長いレースほど格上に見られがち」などといった傾向がありますから、おそらくホープフルステークスの勝ち馬は(牡牝を問わず)ほぼ無条件でタイトルを獲得することになるでしょう。例外として考えられるのは、ホープフルステークスを超人気薄の馬が勝った場合、すなわち投票者の大半がその馬の潜在能力を見誤っているケースくらい。客観的な指標とは関係なく決まる賞だからこそ、結果がどうなるか楽しみで仕方ありません。

 2017年の当コラムは本稿が最終回で、ウマニティPOGも仮想オーナー募集枠の開放は12月4日が最後。“総括”的な意味合いを込め、今回はウマニティ独自のスピード指数「U指数(結果U指数)」をベースに、既出走馬がこれまでのレースで見せたパフォーマンスをランキング化してみました。入札の検討材料として、さらには2歳GI3競走のヒントとして、ぜひご活用ください。

 まずは単純な「U指数」のトップ10をご覧いただきましょう(11月19日終了時点。以下同)。

●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m アンヴァル 96.7
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ダノンプレミアム 95.2
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m タワーオブロンドン 95.2
●09月03日 札幌10R すずらん賞 芝1200m リュウノユキナ 94.1
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ステルヴィオ 92.9
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m ワグネリアン 92.7
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m ハヤブサマカオー 92.6
●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m リュウノユキナ 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m カシアス 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m アサクサゲンキ 91.7

 トップは11月12日の福島2歳ステークス(2歳オープン・福島芝1200m)を圧勝した牝馬のアンヴァルアルーリングボイスの2015)。高いU指数が出やすいレースではあるものの、見た目の派手さに見合うだけの価値はあります。年内は休養予定とのことですが、マイル前後の距離も問題なくこなせるようであれば今後が楽しみです。
 2位タイは10月7日のサウジアラビアロイヤルカップ(2歳GIII・東京芝1600m)をレコード勝ちしたダノンプレミアム(インディアナギャルの2015)と、11月4日の京王杯2歳ステークス(2歳GII・東京芝1400m)を制したタワーオブロンドン(スノーパインの2015)。どちらも朝日杯フューチュリティステークスに出走を予定しているそうで、おそらく人気の中心となるでしょう。
 個人的に注目しているのはリュウノユキナ(ネオカラーの2015)。9月3日のすずらん賞(2歳オープン・札幌芝1200m)に加え、2着だった福島2歳ステークスのU指数もベスト10入りを果たしました。なお、前走までは北海道の桑原義光厩舎に所属していましたが、現在は船橋の齊藤敏厩舎に移籍しています。再度のJRA挑戦に期待して指名するのも面白そうです。

 ここから先は、クラス(新馬、未勝利、500万下から上のクラス)とトラックおよび距離(芝1600m以下、芝1700m以上、ダート)ごとに集計したランキングをご覧いただきましょう。U指数は上級条件のレースほど高い数字が出やすい指標ですし、ここから先の番組は路線もより明確になってくるので、ご自身の指名戦略に合わせてご活用いただければと思います。なお、世代限定戦のU指数には「遅い時期のレースほど高い数値が出やすい」という傾向もありますので、付記してある日付にもぜひご注目ください。

【新馬、かつ芝1600m以下のレースにおけるU指数トップ10】
●08月19日 小倉05R 芝1200m モズスーパーフレア 84.9
●10月21日 京都04R 芝1400m ナディア 84.6
●10月29日 新潟05R 芝1600m ノーブルアース 84.5
●11月19日 東京06R 芝1400m ロードライト 84.1
●11月19日 東京06R 芝1400m マートルリース 84.1
●08月06日 小倉06R 芝1200m サイエン 84.0
●08月19日 小倉05R 芝1200m ジャスパープリンス 83.9
●11月05日 京都06R 芝1400m サウンドキアラ 83.9
●10月01日 阪神05R 芝1400m アルモニカ 83.8
●08月05日 小倉05R 芝1200m バーニングペスカ 83.4
●08月05日 小倉05R 芝1200m ラブカンプー 83.4

 トップのモズスーパーフレア(Christies Treasureの2015)はデビュー2〜3戦目こそ7着、5着に敗れていますが、この2戦はどちらも重賞でしたし、展開にも恵まれなかった印象。それぞれ勝ち馬とのタイム差はわずかでしたから、これからまた地道に賞金を稼いでくれるかもしれません。

【未勝利、かつ芝1600m以下のレースにおけるU指数トップ10】
●11月19日 東京04R 芝1600m テトラドラクマ 89.6
●11月11日 京都03R 芝1600m パクスアメリカーナ 89.5
●08月19日 札幌02R 芝1200m リンシャンカイホウ 88.2
●11月11日 京都03R 芝1600m ラセット 88.0
●10月21日 東京03R 芝1400m ラストプリマドンナ 87.9
●08月26日 小倉01R 芝1200m ペイシャルアス 87.7
●09月03日 小倉01R 芝1200m アンヴァル 87.3
●08月13日 小倉01R 芝1200m アサクサゲンキ 87.2
●10月07日 京都02R 芝1600m レッドランディーニ 86.9
●10月09日 東京02R 芝1600m プリモシーン 86.6
●10月09日 東京02R 芝1600m テトラドラクマ 86.6

 リンシャンカイホウ(トリプルアクトの2015)は9月30日のカンナステークス(2歳オープン・中山芝1200m外)でも2着に好走。同等の指数をマークした馬は要注目です。

【500万下から上のクラス、かつ芝1600m以下のレースにおけるU指数トップ10】
●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m アンヴァル 96.7
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ダノンプレミアム 95.2
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m タワーオブロンドン 95.2
●09月03日 札幌10R すずらん賞 芝1200m リュウノユキナ 94.1
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m ステルヴィオ 92.9
●11月12日 福島10R 福島2歳S 芝1200m リュウノユキナ 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m カシアス 92.6
●11月04日 東京11R 京王杯2歳S 芝1400m アサクサゲンキ 91.7
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m カーボナード 91.4
●10月07日 東京11R サウジアラビアRC 芝1600m テンクウ 91.4
●11月11日 京都11R デイリー杯2歳S 芝1600m ジャンダルム 91.4

 サウジアラビアロイヤルカップ組は4着のテンクウ(ピサノドヌーヴの2015)までがランクイン。人気の中心だった上位2頭はもちろん、3着のカーボナード(ディアマンティナの2015)あたりも引き続き期待できるのではないかと思います。

【新馬、かつ芝1800m以上のレースにおけるU指数トップ10】
●10月08日 東京05R 芝2000m ブラゾンダムール 82.2
●06月25日 阪神05R 芝1800m ダノンプレミアム 81.0
●10月08日 東京05R 芝2000m ジェシー 81.0
●10月22日 京都05R 芝2000m グレイル 80.9
●10月22日 京都05R 芝2000m ストーミーバローズ 80.9
●10月28日 京都05R 芝1800m スーパーフェザー 80.8
●10月28日 京都05R 芝1800m レッドヴェイロン 80.8
●11月19日 東京05R 芝1800m ブラストワンピース 80.7
●07月16日 福島05R 芝1800m ノームコア 79.8
●10月09日 京都05R 芝1800m タングルウッド 79.7

 ダノンプレミアムは6月25日の時点で81.0をマーク。次走のサウジアラビアロイヤルカップも優秀な内容でしたし、今後もしばらくは“主役”として君臨できるんじゃないでしょうか。

【未勝利、かつ芝1800m以上のレースにおけるU指数トップ10】
●10月22日 東京02R 芝2000m カフジバンガード 86.6
●09月02日 小倉02R 芝2000m シャルドネゴールド 85.7
●09月02日 小倉02R 芝2000m ウォルビスベイ 85.1
●11月11日 京都04R 芝1800m アイトーン 84.8
●11月18日 福島04R 芝1800m トーセンクリーガー 84.6
●09月30日 阪神03R 芝1800m ヘンリーバローズ 84.4
●09月23日 阪神03R 芝1800m マイスターシャーレ 84.3
●09月23日 阪神03R 芝1800m ムーンレイカー 84.3
●11月18日 東京03R 芝2000m エイムアンドエンド 84.2
●11月18日 東京03R 芝2000m ニシノマメフク 84.2

 トップは2000mのレースで86.6をマークしたカフジバンガード(エミリアの2015)。11月18日の東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳GIII・東京芝1800m)は4着どまりだったものの、2000m以上のレースが増える今後は楽しみです。

【500万下から上のクラス、かつ芝1800m以上のレースにおけるU指数トップ10】
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m ワグネリアン 92.7
●11月05日 東京09R 百日草特別 芝2000m ゴーフォザサミット 90.5
●11月05日 東京09R 百日草特別 芝2000m ナスノシンフォニー 89.9
●11月05日 東京09R 百日草特別 芝2000m ディロス 89.9
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m ジュンヴァルロ 89.5
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m ルーカス 89.3
●11月18日 東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800m シャルルマーニュ 89.3
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m ケイティクレバー 88.9
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m ドンアルゴス 88.9
●11月12日 京都09R 黄菊賞 芝2000m タニノフランケル 88.9

 ランキングを見る限り、11月5日の百日草特別(2歳500万下・東京芝2000m)はなかなかレベルの高い一戦だった模様。上位馬は引き続きマークしておくべきだと思います。

【新馬、かつダートのレースにおけるU指数トップ10】
●11月04日 東京05R ダ1300m ミスターメロディ 90.2
●10月28日 東京04R ダ1400m プロミストリープ 88.3
●10月15日 京都04R ダ1200m クレヴァーパッチ 88.2
●11月19日 京都06R ダ1200m ヌーディーカラー 84.6
●11月19日 京都06R ダ1200m ブライトエンパイア 84.6
●09月24日 中山04R ダ1200m デンコウケンジャ 84.5
●08月13日 新潟06R ダ1800m ルヴァンスレーヴ 83.4
●07月30日 札幌06R ダ1700m ハヤブサマカオー 83.3
●10月28日 京都04R ダ1200m ロードエース 83.2
●10月14日 東京04R ダ1400m ダークリパルサー 83.0

【未勝利、かつダートのレースにおけるU指数トップ10】
●09月16日 阪神01R ダ1200m ヤマニンレジスタ 89.5
●09月16日 阪神01R ダ1200m バイラ 88.8
●11月04日 福島01R ダ1150m スリーチェイサー 88.2
●09月02日 札幌01R ダ1700m ハヤブサレジェンド 87.8
●10月08日 京都01R ダ1400m マッスルマサムネ 87.2
●11月18日 東京02R ダ1600m ショーム 87.1
●11月04日 福島01R ダ1150m ソングオブファイア 86.8
●08月27日 新潟01R ダ1200m タマモアモーレ 86.5
●08月19日 小倉01R ダ1000m ニシノダンテ 86.2
●10月29日 東京02R ダ1600m ゴライアス 86.0

【500万下から上のクラス、かつダートのレースにおけるU指数トップ10】
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m ハヤブサマカオー 92.6
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m オーロスターキス 88.7
●09月30日 阪神09R ヤマボウシ賞 ダ1400m ドンフォルティス 88.7
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m ビッグスモーキー 87.9
●10月22日 京都08R なでしこ賞 ダ1400m ユニオンローズ 87.6
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m サージュミノル 87.5
●11月11日 東京09R オキザリス賞 ダ1400m ダークリパルサー 87.4
●10月14日 東京09R プラタナス賞 ダ1600m ルヴァンスレーヴ 87.2
●11月11日 東京09R オキザリス賞 ダ1400m クレヴァーパッチ 86.8
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m サクラアリュール 86.7
●11月18日 京都09R もちの木賞 ダ1800m コマビショウ 86.7

 ダート路線の馬は今後の入札でもそれほど人気にならないはず。低額で落札できそうなポイントゲッターが欲しい場合は検討してみてください。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋〜2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。


登録済みの方はこちらからログイン

レッドヴェイロンの口コミ


口コミ一覧

若駒ステークス

 正義の魂 2018年1月17日(水) 07:18

閲覧 81ビュー コメント 0 ナイス 1

今週末1月20日(土)、京都競馬場にて、
3歳オープン戦の、若駒ステークスが
行われる予定である。

登録頭数が10頭と、少頭数になりそうであるが、
勝つのは人気ではあるが、スーパーフェザーで仕方がない。

スーパーフェザーと、新馬戦を競い合った馬たち
(レッドヴェイロン等)が、まだパッとしないのは、
スーパーフェザーのとんでもない強さに、
自信を喪失したからであろう。

相手は、前走の初芝で結果を出した、エルティグレ、
京都2歳ステークスで好走した、ケイティクレバー、
紫菊賞だけ走れば好走可の、マイハートビートの3頭。

スーパーフェザーから、この相手3頭への流し馬券、
すなわちその3点で馬券が獲れる。
馬券的には簡単なレースと言っておこう。

 マリオおっさん 2017年11月27日(月) 14:08
予想したレースのその後(11/25版)
閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 1

京都
1R→ラップはハイペースだが、序盤のリードがものを言ったか、2番手の馬が抜け出し勝ち、3番手の馬も3着に粘った。この結果はレースレベルに問題があるか。
2R→やや前傾ラップだが、上がりが40秒。ここもレースレベルが低いか。
3R→ほぼ平均ペース。最後は勝ち馬の脚が目立ったが、外差し馬場を考えるとインパクトほどの評価は不要か。逆に、4~6着馬は伸びにくい内を走っていただけに、次はこちらか。(特にエイシンテースティ)
4R→ややスローからの直線は追い比べ。メンバー的には評価していいレースだけに、メンバー次第で9着までは次走圏内の可能性があるか。特に人気を裏切ったレッドヴェイロンは直線で不利を受けただけに巻き返しか。
5R→超スローペース。時計的にレベルが低そうなレースだが、2着ラブトレックスは相手次第へ圏内へ
6R→だいたい平均ペースか。ただ、着差通りレベルがそこそこあるのは3着まで、4着以降は厳しそう。(人気どころのスモーキングガンは大幅な条件変更or気性面の成長が欲しいか)
7R→前後半比は前半の方が早いが、ダート短距離としてはこんなものか。勝ったメイショウサチシオは勝利の順番が回ってきたか。ただ上で通用するかは様子見か。サンキューはハイペースになれば頭まで。
8R→スローペース。勝ったインヘリッドデールは展開利があったが、休み明けだから次は叩いた上積みが入ったら昇級しても圏内はあるか。リリーモントルーの脚、伸びない内を走ったアッフィラートは次注目か(ただ、メンバーがやや疑問)
9R→平均ペース。直線は外差し馬場を象徴するかのような伸び方だった。ショパン、アグリッパーバイオは内目を通っただけに、上位3頭との差はほぼないか。
10R→少頭数もあってかなりのスローペース。この展開を後方から差しきったヒロブレイブは少頭数に恵まれた感もあるが、本格化か。カフェリュウジンも最低人気だが、フロックと言うのは危険かも。
11R→予想通りのスローペースだが、人気2頭の前後関係は予想と逆だった。その中差しきるグレイルは当然評価が必要。2着タイムフライヤーまでは評価が必要だが、3着以降は力負け。(3・4着は特に次走も恵まれる必要あり)
12R→遅めのペース。内を伸びたオブリゲーション、後方から追い込んだロライマは評価できるが、2着ソーグリッタリングは内容的には危険かも。

[もっと見る]

 DEEB 2017年11月25日() 18:34
恥ずかしい馬予想2017.11.25[結果]
閲覧 49ビュー コメント 0 ナイス 3

東京11R キャピタルステークス 3歳以上オープン(国際)(特指)
◎ 2 サトノアレス…2着
○16 ダノンリバティ…9着
▲ 4 ダイワキャグニー …1着
△11 ロジチャリス…15着
×12 マイネルハニー …6着
☆ 5 オールザゴー …13着
☆ 6 ミュゼエイリアン…16着
☆18 サンライズメジャー …4着
[結果:アタリ○ 馬連2-4 930円]

京都 1R 2歳未勝利[指定]
◎ 9 ナリタミニスター …2着
○ 2 グランデミノル…4着
▲ 4 タガノタイト…1着
[結果:アタリ○ 馬連4-9 930円]

京都 2R 2歳未勝利(混合)[指定]
◎ 3 エルティグレ…1着
○ 7 タラニス…2着
▲16 エーティーマゼラン…6着
[結果:アタリ△ 馬連3-7 340円]

京都 3R 2歳未勝利牝[指定]
◎15 エイシンテースティ…5着
○ 3 エイカイマドンナ…6着
▲16 クロンヌデトワール…9着
△ 8 アオラニ…10着
[結果:ハズレ×]

京都 4R 2歳未勝利(混合)[指定]
◎ 9 レッドヴェイロン…5着
○13 メールドグラース…3着
▲ 6 インスピレーション…2着
△ 5 メラナイト…4着
[結果:ハズレ×]

京都 5R メイクデビュー京都 2歳新馬(混合)[指定]
◎15 サンラモンバレー …1着
○ 9 ラプトレックス…2着
▲ 2 アイネバーフェイル…5着
△ 1 タニオブスカイ…9着
×12 モズトルマリン…17着
[結果:アタリ△ 馬連9-15 420円]

京都 6R メイクデビュー京都 2歳新馬(混合)[指定]
◎15 サトノプライド…1着
○ 2 シンアンドケン…7着
▲ 9 キクノウェスター …2着
△14 アスターヒューズ…13着
×16 バーンフライ…3着
[結果:アタリ△ 馬連9-15 550円]

京都11R ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(G) 2歳オープン(国際)(指定)
◎ 2 タイムフライヤー …2着
○ 3 マイハートビート…7着
▲ 8 スラッシュメタル…8着
△ 7 シスターフラッグ…5着
× 6 グレイル…1着
[結果:アタリ△ 馬連2-6 760円]

京都12R 3歳以上1000万下(混合)[指定]
◎ 9 スズカメジャー …5着
○10 ドルチャーリオ…4着
▲12 ロライマ…3着
△ 6 ☆アドマイヤリアル…8着
× 2 ブランドベルグ…7着
[結果:ハズレ×]

一昨日、昨日と妻さんの実家、徳島の山奥に帰ってました。
今日は休みです。
明日は仕事なので、今日は、今年最後の京都に行ってこようかな。
リアルな京都に行こうかな。

[今日の結果:9戦2勝3敗4分]
京都は、いいですね。
ラウンジシートで、ゆっくりと競馬を楽しめました。
明日は仕事です。

[もっと見る]

⇒もっと見る

レッドヴェイロンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

レッドヴェイロンの写真

投稿写真はありません。

レッドヴェイロンの厩舎情報 VIP

2017年12月16日2歳未勝利2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レッドヴェイロンの取材メモ VIP

2017年12月16日 2歳未勝利 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。