ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2017

2017年3月12日(

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス G3

中山競馬場/芝/1800m

最新出走予定馬情報 〜ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2017〜

  • 新着ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 第35回中山牝馬ステークス(12日、中山11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・内1800メートル、1着本賞金3600万円=出走16頭)武豊騎乗の5番人気トーセンビクトリーが、好位から直線で抜け出して重賞初制覇。母トゥザヴィクトリーの超良血馬がようやくタイトルを手にした。この春はヴィクトリアマイル(5月14日、東京、GI、芝1600メートル)が目標になる。タイム1分49秒4(良)。ラストランだった1番人気のマジックタイムは2着に敗れた。

 レディーになった良血が遅まきながら重賞初Vを成し遂げた。2001年のエリザベス女王杯を勝ったトゥザヴィクトリーの子、トーセンビクトリー中山牝馬Sを制して牝馬路線の有力候補に名乗りを上げた。

 「血統のいい馬で早くから期待していましたからね。あのポジションで我慢できたのは以前とは違いました」

 母にも騎乗していた武豊騎手は一昨年の秋華賞(8着)以来のコンビだったが、成長した姿に笑みを浮かべた。以前は気性の激しいやんちゃ娘だったが、この日は鞍上に従順。好スタートから3番手の位置を取ると、スローペースでも行く気をグッとこらえて直線へ。外から来たパールコードを先に行かせ、名手はチラッと横を確認して巧みな手綱さばきで馬群の外へ導く。余裕を持って前の馬をとらえ、マジックタイムの追撃も楽々と退けた。

 「行く馬がいなければハナへ行くことも考えたけど、あの位置取りで。思ったより折り合いもついたし、直線もスムーズに外に出せましたね」

 武豊騎手もけちの付けようがない完勝。エ女王杯勝ちにドバイワールドC2着と母の輝かしい成績ばかりが注目されるが、ようやくタイトルを手に入れた。

 角居調教師は「ここまで成長を我慢したというより寝て待っただけ」と笑うが、13年のセレクトセールで1億1025万円(税込み)で落札されただけに重圧から解放されてホッとした表情だ。

 この後はオーナーと相談して決められるが、ヴィクトリアマイルが当面の目標。開花した良血トーセンビクトリーの輝かしい将来はこれから始まりそうだ。 (柴田章利)

★12日中山11R「中山牝馬S」の着順&払戻金はこちら

【中山牝馬S】マジック有終飾れず2着3月13日(月) 05:06

 第35回中山牝馬ステークス(12日、中山11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・内1800メートル、1着本賞金3600万円=出走16頭)ラストランだった1番人気マジックタイムは2着。中団の外を追走し、最後は上がり3ハロン33秒7の末脚で迫ったが、クビ差で涙をのんだ。ルメール騎手は「コンディションは完璧でした。いい走りはできたが、勝った馬は内で、外を回らされたからね」と悔しげな表情を浮かべた。中川調教師も「最後はよく伸びているんですが…勝ちたかったですね。でも、これまでよく頑張ってくれました。子供に期待したい」と、無念さをにじませつつ、繁殖入り後の活躍を祈っていた。

★12日中山11R「中山牝馬S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【中山牝馬S】地力強化3着、クインズミラーグロ3月13日(月) 05:06

 第35回中山牝馬ステークス(12日、中山11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・内1800メートル、1着本賞金3600万円=出走16頭)7番人気のクインズミラーグロは、内枠を最大限に生かし、勝ち馬のすぐ後ろでロスのない競馬を展開。直線は残り1ハロンからジワジワと伸びて3着を確保した。昨年のこのレースは16着に惨敗したが、この1年での地力強化と成長をうかがわせる好内容だった。「(追い出すと)突き抜けそうな雰囲気だったけどね。体が増えてよくなっている途中だし、幅も出てきた」と蛯名騎手は納得の表情を見せていた。

★12日中山11R「中山牝馬S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【中山牝馬S】レースを終えて…関係者談話3月13日(月) 05:05

 ◆川田騎手(パールコード4着) 「休み明けで力みがあって、動けませんでした。これで変わってくると思います」

 ◆シュタルケ騎手(デニムアンドルビー5着) 「ゲートが速くないので後ろから。ペースが遅かったので、あそこ(5着)までだったが、最後までファイトしてくれた」

 ◆田辺騎手(ウキヨノカゼ6着) 「ペースが流れていれば、もう少し違っていたかも。最後はいい脚を使っているし、距離も大丈夫そう」

 ◆津村騎手(サンソヴール7着) 「行き脚は付かなかったが、その後はリズムよく走れた。切れ味のある馬にやられましたが、よく頑張っています」

 ◆北村宏騎手(フロンテアクイーン8着) 「前回よりもテンションが高くて、道中も力むところがあった」

 ◆松永幹師(シャルール9着) 「我が強くて乗り難しい馬。着順は悪かったが、レース内容はよかった」

 ◆戸崎騎手(ビッシュ10着) 「いい感じで包まれないで走れた。最後は外に出せたけど、伸びませんでした」

 ◆岩田騎手(ヒルノマテーラ11着) 「(最後も)来ているんだけど、もう少しペースが流れてくれればよかった」

 ◆石川騎手(プリメラアスール12着) 「マイペースで行けて、自分の競馬はできた」

 ◆内田騎手(ハピネスダンサー13着) 「勝ち馬と同じ位置にいたが、(直線で)離された」

 ◆柴田善騎手(メイショウマンボ14着) 「道中はリズムよくリラックスして走れていたが、ゴーサインを出しても反応してくれなかった」

 ◆松岡騎手(ウインリバティ16着) 「積極的に競馬をして、力は出している」

★12日中山11R「中山牝馬S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【中山牝馬S】トーセンビクトリーが待望の重賞初制覇! 3月12日() 15:56

 3月12日の中山11Rで行われた第35回中山牝馬ステークス(4歳以上オープン、牝馬、GIII、芝・内1800メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=3600万円)は、武豊騎手騎乗の5番人気トーセンビクトリー(5歳、栗東・角居勝彦厩舎)が重賞初制覇を果たした。タイムは1分49秒4(良)。クビ差の2着はマジックタイム(1番人気)で、さらに3/4馬身離れた3着にクインズミラーグロ(7番人気)が入った。

 ハナを切ったのはプリメラアスール。内の2番手につけたトーセンビクトリーは折り合いもつき、3コーナーから向こう正面ではジッと我慢。勝負どころでペースが上がっても慌てることなく直線へ。仕掛けられてからは一気に抜け出し、外から強襲したマジックタイムがクビ差まで迫ったところがゴールだった。2番人気のパールコードは4着、3番人気ビッシュは10着に終わった。

 トーセンビクトリーは、父キングカメハメハ、母トゥザヴィクトリー、母の父サンデーサイレンスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は島川隆哉氏。通算成績は16戦6勝。重賞は初制覇。中山牝馬Sは、角居勝彦調教師は初勝利。武豊騎手は1997年ショウリノメガミに次いで2勝目。

 ◆武豊騎手「行く馬がいなければハナも考えていたけど、スタートがよくて思ったより折り合いがつきました。いい手応えで直線に向いたし、スムーズに外にも出せましたからね。あのポジションで我慢できたのは成長。血統のいい馬で早くから期待していたので勝てて良かった」

★12日中山11R「中山牝馬S」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【中山牝馬S】ビッシュ充電完了3月11日() 11:51

 ビッシュの馬体は410キロ台と超コンパクト。大外(18)番枠から快勝した紫苑Sも約3カ月半ぶりだったことを思えば、休み明けこそロックオンすべき典型的なキャラクターなのかもしれない。

 充電完了とばかりにWコースの最終追いは、外を回って5F65秒6の快時計。見た目は相変わらず小兵そのものだが、「フットワークがいいので体が大きく見える」と、鹿戸調教師のコメントは振るっている。

 「昨年はGIを勝ち切る力がなかったということ。きつい結果だったけど、いい勉強になった。牝馬同士のGIIIなら、いい競馬をしてもらわないと」。振り返れば新馬戦も5馬身差の圧勝。“初戦”こそ全力買いといきたい。

 “究極の3連単”は悔いのない仕上げのマジックタイムを2・3着に固定した計12点。(夕刊フジ)

中山牝馬Sの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 506ビュー

競馬プロ予想MAX

 2017年は先週時点で624Rを予想し、回収率148%というとんでもない数字を記録。本日は、ウマニティ公認プロ予想家陣きっての長距離砲で、今シーズン絶好調のいっくんさんに、中山牝馬ステークスの予想を提供してもらいます。
 いっくんさんは「瞬発力よりも持続力のある馬が上位に来る印象のレース。混戦ムードで高配当が期待できる」と分析。マジックタイムに本命を打ちました。「今回が引退レースなので目一杯に仕上げてきたはず。高いコース適性に加え持続力のある末脚も持っており、このメンバーなら、まず負けないとみる」と力強く評価しています。
 対抗は「初距離だが、中段より前目で競馬をして折り合いがつけば、差して来られる」ウキヨノカゼ。単穴は「全盛期は過ぎたが、このメンバーなら力上位」のデニムアンドルビー。以下、きЛ阿僚腓鵬,気┐泙后G老瑤錬穫単FM→⇔きЛ阿脳”蕕任后K椒譟璽弘奮阿いっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

03月08日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年03月08日号】
閲覧 3,170ビュー

伊吹雅也

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年03月11日(土) 中京11R 金鯱賞
【前走の4コーナー通過順別成績(2014〜2016年の中日新聞杯)】
●5番手以内 [3-2-2-13](複勝率35.0%)
●6番手以下 [0-1-1-32](複勝率5.9%)
→この時期に中京芝2000mで施行されていた2014〜2016年の中日新聞杯は、前走で先行していた馬が優勢。昨年までとは格が異なるものの、極端に先行力が低い馬は評価を下げるべきかもしれません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
中京芝2000m×キングカメハメハ×前走12着以内
→複勝率37.5%


▼2017年03月11日(土) 阪神11R 仁川ステークス
【前走が“国内のレース”だった馬の、前走の馬体重別成績(2009年以降)】
●480kg未満 [0-0-1-16](複勝率5.9%)
●480〜499kg [0-2-3-33](複勝率13.2%)
●500kg以上 [8-6-4-34](複勝率34.6%)
→馬格を重視したい一戦。また、馬齢が7歳以上だった馬は2009年以降[1-0-1-33](複勝率5.7%)と安定感を欠いています。

<<さらにプラス1!>>

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 31ビュー

今週も武豊の穴馬にビッグチャンス到来!重賞穴馬データ公開中〜阪神大賞典・スプリングステークス・ファルコンステークス・フラワーカップ〜─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年3月18日 15時30分 http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2884.html


先週は金鯱賞でスズカデヴィアスが13番人気3着、中山牝馬ステークスでトーセンビクトリーが5番人気1着、クインズミラーグロが7番人気3着と推奨した4頭の内3頭が馬券圏内に好走。そして、中山牝馬ステークスはなかなかの好配当となり美味しいレースだった。今週も過去の傾向をしっかりチェックし、激走馬を見極めたい。

■阪神大賞典

 現在4年連続で1番人気が勝利しており、人気通りで決着する傾向にあるこのレース。天皇賞(春)の前哨戦であることと、古馬最強クラスの馬が復帰戦に選ぶ傾向にあるのが、その理由としてあげられるだろう。
 過去の優勝馬もディープインパクト、ゴールドシップ、ナリタブライアン、スペシャルウィーク、テイエムオペラオーなど時代を代表する馬がズラリと並ぶ。今年はサトノダイヤモンド、シュヴァルグランといった実績馬が出走するものの、3着争いは混戦模様。今回は過去10年、5番人気以下で3着以内に飛び込んだ8頭の傾向から、その可能性を持つ激走馬をしっかり探したい。

・騎手は関西所属が優勢で関東所属騎手は除外
・調教師は関西所属のみ
・激走年齢は4〜8歳
・馬体重は452-552kgと軽量馬は軽視
・前走人気は1〜9番人気の馬に注目
・前走着順は5〜16着で4着以内の馬は除外
・前走のレースは重賞のみ
・前走の距離は2000m以上
・重賞で勝利実績が必要

 以上の項目から浮上する今年の穴馬候補は以下の2頭だ。

次のページ 阪神大賞典の狙い目!?


レーヴミストラル
----------------------
昨年の日経新春杯を勝利するなど重賞制覇経験がある同馬。不振が続くがここは激走条件が揃って注目の一頭。

ワンアンドオンリー
----------------------
不振が続いていた日本ダービー馬だが前走好走で復調気配も。各条件に合致しており2強以外なら十分に負かせるメンバー構成。

 この2頭にサトノダイヤモンド、シュヴァルグランを加えた馬券がオススメだ。

■スプリングステークス

 弥生賞同様に上位3着までに皐月賞の優先出走権が与えられるトライアルレース。過去にオルフェーヴル、メイショウサムソン、ロゴタイプといった馬が、ここを勝利して本番の皐月賞も優勝しているようにかなり関連性が高く重要なレースだ。過去10年、6番人気以下で3着以内に激走した8頭の傾向は以下の通り。

・騎手は関東所属が優勢
・馬体重は470-508kgと軽〜中量馬は軽視
・前走人気は1〜5番人気の馬
・前走着順は1〜7着まで
・前走のレースは500万クラス出走組が要注意。次いでオープン特別とG3戦出走馬
・前走の距離は1600〜1800m出走馬
・前3走以内に2着以内の好走実績がある馬のみ

 以上の項目から浮上する今年の穴馬候補は以下の2頭だ。

次のページ スプリングの狙い目!?

アウトライアーズ
----------------------
見事に各条件に合致する穴馬。重賞初挑戦だが期待は大!

ウインブライト
----------------------
こちらも各条件に合致する穴馬。前走快勝の中山1800m戦ならこの相手でも上位争いは可能。

 この2頭にサトノアレス、モンドキャンノ、エトルディーニュ、トリコロールブルーを加えた馬券がオススメだ。

■ファルコンステークス

 NHKマイルCを目指す馬とクラシックを断念した馬、そしてデビューから短距離路線を走る馬など様々な馬が出走し、その結果過去10年で1番人気はわずか2勝と難解なレースとなっている。特筆すべきは9〜14番人気の超人気薄馬が多く激走していることでその数8頭。今年はどんな激走馬が出走するのか、過去の傾向からその候補馬を洗い出したい。

・騎手は関西所属が優勢
・調教師は関西所属が優勢
・性別は牡馬が優勢
・馬体重は396-498kgに注目、500kg以上の馬は軽視
・前走人気は3〜10番人気に注目
・前走着順は1〜12着
・前走のレースは500万クラス、オープン特別とG3戦出走馬に注目
・前走の距離は1400〜1600m出走馬がほとんど
・前3走以内に勝利、最低でも3着以内の好走実績が必要

 以上の項目から浮上する今年の穴馬候補は以下の2頭だ。

次のページ ファルコンSの狙い目!?

ジョーストリクトリ
----------------------
減点はあるものの各条件に合致する穴馬。先週も重賞を勝利するなど勢いに乗る武豊騎手の騎乗も注目。父ジョーカプチーノは2009年のこのレースの優勝馬でもある。

マイネルバールマン
----------------------
こちらも減点はあるものの最小限で注目の穴馬。こちらも父ジョーカプチーノで面白い存在。

 この2頭にコウソクストレート、ボンセルヴィーソ、ナイトバナレットなどを加えた馬券がオススメだ。

■フラワーカップ

 桜花賞トライアルではないものの、桜花賞出走に必要な賞金の加算(2着以内)へ最後のチャレンジとなるこのレース。桜花賞の前哨戦の中では特に波乱傾向のある重賞で、現在6年連続で人気薄馬が馬券圏内に激走している。今年はどんな穴馬がいるのか、過去の傾向からしっかりチェックしたい。

・騎手は関東所属が優勢
・調教師は関東所属が優勢
・馬体重は396-498kgに注目、500kg以上の馬は軽視
・前走人気は1〜6番人気に注目
・前走のレースは3歳未勝利、500万クラス、G3戦出走馬に注目
・前走の距離は1600m戦出走馬が中心
・前3走以内に勝利、最低でも2着以内の好走実績がある馬
・重賞で3着以内の好走実績が無い馬に注目

 以上の項目から浮上する今年の穴馬候補は以下の2頭だ。


次のページ

ハナレイムーン
----------------------
各条件に合致する穴馬候補。人気になるかもしれないがぜひ抑えておいて欲しい。

サクレエクスプレス
----------------------
各条件に合致する注目の穴馬。かなり人気薄となるがぜひ注目して欲しい一頭だ。

 この2頭にファンディーナ、デアレガーロ、ディーパワンサを加えた馬券がオススメだ。

グリーンセンスセラさん 3月19日() 01:10
メイショウマンボついに引退へ 先週の日曜日中山牝 
閲覧 9ビュー

メイショウマンボついに引退へ! 「18連続惨敗」もG1競走3勝の栄光は消えず、ラストランの勇姿に期待─Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2017年3月16日 23時39分 http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2868.html

 2013年のオークスなどG1競走を3勝したメイショウマンボ(牝7 栗東・飯田厩舎)が、4月8日に開催される阪神牝馬S(G2)を最後に、現役引退することがわかった。
 デビュー3戦目からコンビを組んだ武幸四郎騎手とともにクラシックに挑んだ13年。桜花賞を惨敗した後、幸四郎騎手自ら希望しオーナを説得。追加登録でオークスに参戦し、見事勝利を収める。秋には秋華賞、エリザベス女王杯と連勝し、その年の最優秀3歳牝馬の栄誉に輝く。
 4歳春のヴィクトリアマイルでは、逃げるヴィルシーナを捉えられずも2着と、牝馬路線では実力上位の存在だった。
 しかし、夏の宝塚記念を11着惨敗してからは、18戦して一度も馬券に絡めないどころか、掲示板を確保することすらできなかった。まるで糸が切れたようにまったく結果を出せないまま現在に至っている。
 5歳になってからは「いつ引退するのか」という声も頻繁に叫ばれたのも当然か。もう走る見込みがないと判断されても仕方がない状況ではあった。


次のページ ターニングポイントは転厩?



「4歳の年、飯田明弘厩舎が引退し、新米調教師で息子の飯田祐史厩舎に転厩となりましたが、それが一つのターニングポイントだったようには思いますね。サラブレッドはデリケートですし、ある日突然走らなくなる時もあります。
はっきりとしたキッカケはわかりませんが、もう少し早く引退してもよかったような気はします」(競馬記者)
 先日引退した武幸四郎騎手とともにターフを退くのでは、ともいわれていたが、池添謙一騎手や柴田善臣騎手への乗り替わりなど、現役に未練があるようなそぶりもあった。しかし、結果的に幸四郎騎手の背中を追うように引退することとなる。繁殖シーズンも近づいており、時期的にはちょうどいいという部分もあるだろう。飯田祐調教師も「いい状態で送り出したいです」と意欲を口にしている。

 ラストランとなる阪神牝馬Sで、メイショウマンボはかつてのような鋭い走りを見せることができるのか。最後の挑戦に注目だ。

[もっと見る]

tntnさん 3月16日(木) 08:03
そりゃそうだいおらいと 
閲覧 140ビュー

昨日のダイオ”ライト”記念は、クリソ”ライト”の3連覇でした。ヾ(ーー )
 
昨日誕生日で48歳を迎えた、武豊会長。。。ダブルでおめでとうございます。
 
マイネルトゥランへのマークは強烈でした。
 
結果、そりゃそうだ。と言った印象です。。。f(^_^;

あっと言わせた中山牝馬Sなど、まだまだ健在だなぁーと思う今日この頃です。ね。
 
2017 重賞
 
京都金杯@エアスピネル
シルクロードS@ダンスディレクター
中山牝馬S@トーセンビクトリー
 
ダイオライト記念@クリソライト
 
中央成績 <ただ今全国6位>
 
131戦 20勝 2着20 3着14  .153 .305 .412
 

[もっと見る]

いぞうさん 3月13日(月) 18:40
ファルコンステークス G3 出目考察
閲覧 27ビュー

既にソースが揃っています。
このところ連動レース出目の調子が悪いです。
G3出目・同レース出目・前日メイン出目の主要3出目ソースがそれぞれ被っており、激アツ出目として被り出目を抽出しました。

たぶん、このレースは馬名オカルトでも何か引っかかる予感がします。
枠順確定を楽しみに待ちます^^


★G3出目・・・・・・・・04−13−01
 中山牝馬ステークスの出目です!「04」が4レースぶりに連チャンしました。

★同レース出目・・・・・・05−15−01
 「01」が2連チャン中です!連チャン率は比較的高いレースです。
 
★前日メイン出目・・・・・02−04−03
 4レースぶりに連チャンが途切れました。
 
★連動レース出目・・・・・16‐12‐06
 アルテミスSと5年連続連動中!


〜激アツ出目〜
◎=04
○=01

〜注意〜
出目の抽出には万全を期しておりますが、最終的には僕の好きな数字を選んでいたりますw
新月・満月の日、皆既月食・日食の日、彗星・流星群が観測される日、大安吉日、ゾロ目の日のご利用をお薦めいたします。

[もっと見る]

浪花のクマさん 3月12日() 22:27
今週の重賞予想結果 
閲覧 40ビュー

金鯱賞、馬単的中!


フィリーズレビュー(G供
1 ー カラクレナイ
2 ○ レーヌミノル
3 △ ゴールドケープ
16 ◎ ベルカプリ
絶好のスタートから、中段外に構え、直線に
向くと先頭へ踊り出たレーヌミノルの競馬は
完璧でしたね・・それを外から差し切った
カラクレナイの末脚は凄かった!桜花賞が
面白くなってきました。


中山牝馬S(G掘
1 △ トーセンビクトリー
2 ○ マジックタイム
3 ー クインズミラーグロ
9 ◎ シャルール
前々に2,3頭置いて4角まで・・直線に向く
と開いたスペースから先頭へ、トーセン
ビクトリー後続の猛追を凌いで重賞初制覇
武豊J見事なアシストでした。

金鯱賞(G供貿話嬰中!
1 ▲ ヤマカツエース
2 ◎ ロードヴァンドール
3 ー スズカデヴィアス
17番枠から飛び出した、ロードヴァンドール
そのまま先頭で直線へ、中段外目から
徐々に差を詰めて来たマジックタイムが
ゴール手前で差し切って変則連覇達成!

[もっと見る]

あらすぺさん 3月12日() 21:52
ひとり反省会 金鯱賞
閲覧 15ビュー

先週からスランプである。
いやもっと前からかもしれない。

そのスランプからようやく脱出できそうである。
この土日にあった重賞のうちフィリーズレビューと中山牝馬ステークスは、
守りに入った馬券とはいえ当たったのでよしとする。これをきっかけに調子を上げていきたい。

問題は今回から開催時期が変わった金鯱賞である。

本命はヤマカツエースにした。
有馬記念で4着になったものの勝ち馬に0.3秒差に迫ったことを高く評価したものである。
ヤマカツエースは去年の秋の天皇賞まではパッとしなかったのに、
前回の金鯱賞から急に本格化したように思う。

対抗はステファノスにした。
これは同じ2000mで行われた秋の天皇賞をものさしにしたからである。
モーリスが1着でステファノスは3着で0.4秒差である。
ちなみに同じく出走したルージュバックは7着(8着)、ヒストリカル8着(14着)、サトノノブレス10着(11着)、ヤマカツエース15着(1着)である。 ※ ()内が今回の着順

3番手はプロディガルサンにした。
前走の東京新聞杯でエアスピネルにより先着し勝ち馬にクビ差の2着だったからである。

今回は難解だったが、あとでよく見たらどうして気がつかなかったのだろうと思うことはある。
まず2着のロードヴァンドールだが逃げるか先行するかで安定してよい成績を収めている。
問題は前走の小倉大賞典をどう評価するかである。
私はローカルのハンデ重賞だったこともあり重視していなかったが、それがまずかった。
マルターズアポジーが逃げて強い競馬をし、0.3秒差の2着につけたことが見えていなかった。

それから3着のスズカデヴィアスである。
前走の白富士ステークスでは1着になっているが、
注目すべきは2着がこの前の中山記念で2着につけたサクラアンプルールだということだ。
これは馬柱をよく見ていたら気づいていたはず。

重賞レースの常連を意識しすぎなのかもしれない。
過去のレースでの相手関係と強さの比較をしっかりしておかないと肝心なことを見過ごしてしまいそうである。

メモ:金鯱賞の「鯱」の字は「しゃちほこ」で変換すると出てくる。

[もっと見る]

●ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2017〜

  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 2 4 94.6 トーセンビクトリー 牝5 53.0 武豊 角居勝彦 栗東 476(+6) 12.5 5 1.49.4
2 7 13 98.9 マジックタイム 牝6 56.0 C.ルメー 中川公成 美浦 488(+2) 2.9 1 1.49.4 クビ
3 1 1 92.7 クインズミラーグロ 牝5 52.0 蛯名正義 和田正道 美浦 470(+10) 14.4 7 1.49.5 3/4
4 8 16 92.5 パールコード 牝4 55.0 川田将雅 中内田充 栗東 504(0) 4.5 2 1.49.6 クビ
5 5 9 98.6 デニムアンドルビー 牝7 55.5 A.シュタ 角居勝彦 栗東 454(+8) 12.5 6 1.49.6 ハナ
6 5 10 96.0 ウキヨノカゼ 牝7 55.0 田辺裕信 菊沢隆徳 美浦 488(-14) 28.5 10 1.49.6 クビ
7 6 11 94.6 サンソヴール 牝6 52.0 津村明秀 和田正一 美浦 460(+4) 40.7 11 1.49.7 クビ
8 7 14 91.0 フロンテアクイーン 牝4 53.0 北村宏司 国枝栄 美浦 462(0) 9.2 4 1.49.7 クビ
9 3 5 93.8 シャルール 牝5 54.0 横山典弘 松永幹夫 栗東 468(0) 24.8 8 1.49.8 1/2
10 2 3 93.1 ビッシュ 牝4 55.0 戸崎圭太 鹿戸雄一 美浦 416(-2) 6.0 3 1.49.9 1/2
11 6 12 92.9 ヒルノマテーラ 牝6 54.0 岩田康誠 昆貢 栗東 456(-10) 50.4 12 1.50.0 1/2
12 4 7 91.4 プリメラアスール 牝5 51.0 石川裕紀 鈴木孝志 栗東 498(-10) 27.6 9 1.50.2 1 1/4
13 1 2 94.4 ハピネスダンサー 牝6 52.0 内田博幸 高野友和 栗東 496(-12) 87.1 14 1.50.2 ハナ
14 4 8 92.6 メイショウマンボ 牝7 54.0 柴田善臣 飯田祐史 栗東 496(+8) 82.9 13 1.50.4 1 1/4
15 8 15 93.8 リーサルウェポン 牝6 49.0 木幡巧也 武市康男 美浦 434(+4) 183.9 16 1.50.5 3/4
16 3 6 92.7 ウインリバティ 牝6 50.0 松岡正海 飯田雄三 栗東 460(-4) 130.8 15 1.50.5 クビ
ラップタイム 12.9-12.3-12.6-12.4-12.2-12.1-11.8-11.3-11.8
前半 12.9-25.2-37.8-50.2-62.4
後半 59.2-47.0-34.9-23.1-11.8

■払戻金

単勝4 1,250円 5番人気
複勝4 350円 7番人気
13 150円 1番人気
1 320円 5番人気
枠連2-7 560円 2番人気
馬連4-13 2,240円 7番人気
ワイド4-13 820円 7番人気
1-4 1,550円 18番人気
1-13 730円 4番人気
馬単4-13 5,770円 19番人気
3連複1-4-13 6,300円 17番人気
3連単4-13-1 41,260円 114番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
詳しくはこちら

ツイてる奴の予想に乗れ!【的中情報】 〜ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!
会員登録(無料)すると無料でご覧いただける予想がたくさんあります。

  • すべて
  • 無料公開有りのみ
3月12日の勝ち組
3/12 16:33更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 ノラボウナ ノラボウナ Lv 99 23% 422% 548,040円 なし
2位 フウカa フウカa Lv 93 90% 141% 124,200円 なし
3位 corosu corosu Lv 22 33% 573% 136,240円 なし
4位 ぽーかー ぽーかー Lv 93 12% 182% 124,320円 なし
5位 棗 Lv 96 27% 136% 47,580円 なし
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
3月12日の勝ち組
3/12 16:33更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 ゴブリンred ゴブリンred Lv 24 42% 127% 38,550円
2位 takawamu takawamu Lv 99 26% 112% 18,000円
3位 impulse1993 impulse1993 Lv 116 19% 126% 96,000円
4位 ユキカゼ ユキカゼ Lv 78 41% 178% 94,560円
5位 うしうし2 うしうし2 Lv 91 26% 175% 113,070円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
新規会員登録

過去10年の結果 〜ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2017〜

2016年 中山牝馬ステークス 2016年3月13日() 中山11R 芝1800m 良 16頭

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2016

1着 16 シュンドルボン 8.3倍(4人気) 吉田豊 1:50.3 95.6
2着 15 ルージュバック 2.0倍(1人気) 戸崎圭太 クビ 95.6
3着 6 メイショウスザンナ 120.0倍(15人気) 大野拓弥 3/4 94.9
単勝 16 830円(4人気) 3連複 6−15−16 38,270円(108人気)
馬連 15−16 920円(2人気) 3連単 16→15→6 171,860円(488人気)

2015年 中山牝馬ステークス 2015年3月15日() 中山11R 芝1800m 良 15頭

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2015

1着 3 バウンスシャッセ 5.2倍(3人気) 田辺裕信 1:47.5 101.2
2着 8 アイスフォーリス 5.9倍(4人気) 三浦皇成 クビ 101.2
3着 15 パワースポット 7.1倍(5人気) 大野拓弥 99.9
単勝 3 520円(3人気) 3連複 3−8−15 4,410円(12人気)
馬連 3−8 1,410円(5人気) 3連単 3→8→15 20,190円(48人気)

2014年 中山牝馬ステークス 2014年3月16日() 中山11R 芝1800m 良 16頭

ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2014

1着 6 フーラブライド 4.5倍(1人気) 酒井学 1:48.5 98.2
2着 14 キャトルフィーユ 8.0倍(4人気) 後藤浩輝 1 1/4 96.9
2着 13 ケイアイエレガント 26.4倍(10人気) 吉田豊 1 1/4 96.9
単勝 6 450円(1人気) 3連複 6−13−14 12,480円(35人気)
馬連 6−13 2,970円(22人気) 3連単 6→13→14 33,610円(178人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/03/10
中山牝馬ステークス
中山 16 マイネイサベル 12.7倍 6 松岡正海 1:48.5 96.7
2012/03/11
中山牝馬ステークス
中山 16 レディアルバローザ 17.7倍 8 福永祐一 1:50.6 99.6
2011/04/02
中山牝馬ステークス
阪神 18 レディアルバローザ 19.5倍 10 福永祐一 1:45.4 101.1
2010/03/14
中山牝馬ステークス
中山 16 ニシノブルームーン 7.3倍 4 北村宏司 1:47.6 98.0
2009/03/15
中山牝馬ステークス
中山 16 稍重 キストゥヘヴン 8.1倍 4 横山典弘 1:49.1 97.7
2008/03/16
中山牝馬ステークス
中山 16 ヤマニンメルベイユ 14.7倍 6 柴山雄一 1:48.4 97.4
2007/03/11
中山牝馬ステークス
中山 16 マイネサマンサ 31.1倍 8 蛯名正義 1:50.2 102.0

●ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス2017〜

中山牝馬ステークスは、1983年に5歳(現4歳)以上の牝馬限定ハンデキャップ重賞競走、中山牝馬ステークスとして創設された。第1回中山牝馬Sから現在と同じ中山競馬場芝1800mで施行された。

1984年からグレード制施行によりGIIIに格付け、1988年のみ中山競馬場の改修工事により東京競馬場の芝1800mで施行された。

数少ない古馬・牝馬限定の重賞競走であり、2006年に新設されたGIヴィクトリアマイルの前哨戦に位置付けされている。しかしながら、ハンデキャップ競走であるがゆえ、GI優勝馬及び上位クラスの牝馬は重ハンデを課せられ、やむを得ず中山牝馬ステークスを回避して牡馬混合戦へ出走するというケースも多い。

GIII格付け以後の優勝馬には、スカーレットブーケダイヤモンドビコーレディパステルヤマニンメルベイユキストゥヘヴンニシノブルームーンレディアルバローザなどがいる。

☆中山牝馬ステークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年4月1日(
ダービー卿チャレンジトロフィー G3
2017年4月2日(
大阪杯 G1

競馬番組表

2017年4月1日(
3回中山3日目
2回阪神3日目
2017年4月2日(
3回中山4日目
2回阪神4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
106,750万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
74,266万円
3 ゴールドアクター 牡6
68,258万円
4 イスラボニータ 牡6
59,751万円
5 ロゴタイプ 牡7
54,091万円
6 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
7 ラストインパクト 牡7
44,359万円
8 メイショウマンボ 牝7
43,520万円
9 ディサイファ 牡8
41,166万円
10 ヒットザターゲット 牡9
40,466万円
» もっと見る

3歳
1 ソウルスターリング 牝3
12,494万円
2 カデナ 牡3
10,012万円
3 サトノアレス 牡3
9,945万円
4 レーヌミノル 牝3
9,653万円
5 モンドキャンノ 牡3
8,601万円
6 レイデオロ 牡3
8,477万円
7 ウインブライト 牡3
7,471万円
8 ブレスジャーニー 牡3
7,350万円
9 リスグラシュー 牝3
7,268万円
10 ペルシアンナイト 牡3
7,176万円
» もっと見る