会員登録はこちら
中山牝馬ステークス G3   2017年3月12日() 15:45 中山/芝1800m

中山牝馬ステークスのニュース&コラム

【古馬次走報】クインズミラーグロ、福島牝馬Sへ
 ★中山牝馬S3着のクインズミラーグロ(美・和田道、牝5)、8着フロンテアクイーン(美・国枝、牝4)は福島牝馬S(4月22日、福島、GIII、芝1800メートル)に向かう。東風S9着のウインファビラス(美・畠山、牝4)も同レースへ。 ★中山牝馬Sで10着に敗れたビッシュ(美・鹿戸、牝4)は放牧を挟んでヴィクトリアマイル(5月14日、東京、GI、芝1600メートル)を目指す。 ★東風S2着のダイワリベラル(美・菊沢、牡6)、3着のロジチャリス(美・国枝、牡5)はダービー卿CT(4月1日、中山、GIII、芝1600メートル)に進む。東京新聞杯9着ロイカバード(栗・松永幹、牡4)も同レースへ。 
2017年3月16日(木) 05:00

 2,258

【中山牝馬S】武で良血開花!ビクトリー重賞初V
 第35回中山牝馬ステークス(12日、中山11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・内1800メートル、1着本賞金3600万円=出走16頭)武豊騎乗の5番人気トーセンビクトリーが、好位から直線で抜け出して重賞初制覇。母トゥザヴィクトリーの超良血馬がようやくタイトルを手にした。この春はヴィクトリアマイル(5月14日、東京、GI、芝1600メートル)が目標になる。タイム1分49秒4(良)。ラストランだった1番人気のマジックタイムは2着に敗れた。 レディーになった良血が遅まきながら重賞初Vを成し遂げた。2001年のエリザベス女王杯を勝ったトゥザヴィクトリーの子、トーセンビクトリーが中山牝馬Sを制して牝馬路線の有力候補に名乗りを上げた。 「血統のいい馬で早くから期待していましたからね。あのポジションで我慢できたのは以前とは違いました」 母にも騎乗していた武豊騎手は一昨年の秋華賞(8着)以来のコンビだったが、成長した姿に笑みを浮かべた。以前は気性の激しいやんちゃ娘だったが、この日は鞍上に従順。好スタートから3番手の位置を取ると、スローペースでも行く気をグッとこらえて直線へ。外から来たパールコードを先に行かせ、名手はチラッと横を確認して巧みな手綱さばきで馬群の外へ導く。余裕を持って前の馬をとらえ、マジックタイムの追撃も楽々と退けた。 「行く馬がいなければハナへ行くことも考えたけど、あの位置取りで。思ったより折り合いもついたし、直線もスムーズに外に出せましたね」 武豊騎手もけちの付けようがない完勝。エ女王杯勝ちにドバイワールドC2着と母の輝かしい成績ばかりが注目されるが、ようやくタイトルを手に入れた。 角居調教師は「ここまで成長を我慢したというより寝て待っただけ」と笑うが、13年のセレクトセールで1億1025万円(税込み)で落札されただけに重圧から解放されてホッとした表情だ。 この後はオーナーと相談して決められるが、ヴィクトリアマイルが当面の目標。開花した良血トーセンビクトリーの輝かしい将来はこれから始まりそうだ。 (柴田章利)★12日中山11R「中山牝馬S」の着順&払戻金はこちら
2017年3月13日(月) 05:07

 1,763

【中山牝馬S】マジック有終飾れず2着
 第35回中山牝馬ステークス(12日、中山11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・内1800メートル、1着本賞金3600万円=出走16頭)ラストランだった1番人気マジックタイムは2着。中団の外を追走し、最後は上がり3ハロン33秒7の末脚で迫ったが、クビ差で涙をのんだ。ルメール騎手は「コンディションは完璧でした。いい走りはできたが、勝った馬は内で、外を回らされたからね」と悔しげな表情を浮かべた。中川調教師も「最後はよく伸びているんですが…勝ちたかったですね。でも、これまでよく頑張ってくれました。子供に期待したい」と、無念さをにじませつつ、繁殖入り後の活躍を祈っていた。★12日中山11R「中山牝馬S」の着順&払戻金はこちら
2017年3月13日(月) 05:06

 1,139

【中山牝馬S】地力強化3着、クインズミラーグロ
 第35回中山牝馬ステークス(12日、中山11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・内1800メートル、1着本賞金3600万円=出走16頭)7番人気のクインズミラーグロは、内枠を最大限に生かし、勝ち馬のすぐ後ろでロスのない競馬を展開。直線は残り1ハロンからジワジワと伸びて3着を確保した。昨年のこのレースは16着に惨敗したが、この1年での地力強化と成長をうかがわせる好内容だった。「(追い出すと)突き抜けそうな雰囲気だったけどね。体が増えてよくなっている途中だし、幅も出てきた」と蛯名騎手は納得の表情を見せていた。★12日中山11R「中山牝馬S」の着順&払戻金はこちら
2017年3月13日(月) 05:06

 1,017

中山牝馬ステークスのニュースをもっと見る >

【中山牝馬S】マジック、納得の現役最終追い!
 中山牝馬ステークスの追い切りが8日、東西トレセンで行われた。美浦ではラストランを迎えるマジックタイムが、Wコースで併入して態勢を整えた。陣営も驚く充実ぶりで、有終の美を飾る。栗東では昨年のエリザベス女王杯4着以来のパールコードが、シャープな伸びを見せて、サンケイスポーツ調教評価『S』となった。 気温0度。霜が降りた美浦Wコースへ、ラストランに臨むマジックタイムが駆け出した。道中は闘志をため込むように首を丸め、5馬身先行したマシェリガール(1600万下)との差を詰めていく。内へ潜り込んだ直線での脚取りは最後まで軽快そのもの。5ハロン69秒5、3ハロン40秒1−13秒3の併入フィニッシュで態勢を整えた。 「予定より少し時計は遅くなったけど、最後の反応が良かったし、状態面は問題ないですね」 見届けた中川調教師は静かにうなずいた。追い切りに騎乗したのはデビュー戦(2着)で手綱を取った宮崎騎手で「(追い切りも)何度か乗せてもらっていますが、相変わらず具合はいい。今が一番いい時期じゃないでしょうか」とデキに太鼓判を押す。 馬主のサンデーレーシングの規定で、牝馬は6歳3月で引退となる。「まだまだ成長しているし、引退するのが惜しいくらい」と話すのは担当の石田助手。マジックタイムは過去に追い切りに向かう途中で騎手を振り落としたり、新潟で馬場入場後にラチへ突っ込んで競走除外になったりと激しい一面を持っていたが、精神面も成長してダービー卿CT、ターコイズSと重賞2勝を挙げるまでに躍進した。「心と体がうまくかみ合って古馬らしくなった。自分で体をつくるようになったし、調子にも波がない」と最後も万全の状態だ。 「中山で重賞を勝っているし、ハンデ56キロも妥当なところ。完成度としても今がいい時だと思う」と中川調教師。6歳で完成の域に入ったマジックタイムが、集大成となる最後の一戦で有終の美を飾る。 (板津雄志)★中山牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年3月9日(木) 05:06

 2,341

【中山牝馬S】追って一言
 ◆ウインリバティ・飯田雄師 「今回も控える競馬で」 ◆ウキヨノカゼ・菊沢師 「体の使い方が良くなっている」 ◆クインズミラーグロ・和田道師 「状態は高いレベルで安定」 ◆シャルール・松永幹師 「動きはいい。しっかりけいこをやっている」 ◆デニムアンドルビー・前川助手 「デキはいいし、牝馬限定戦なら」 ◆トーセンビクトリー・前川助手 「不安定さがなくなってきた」 ◆ハピネスダンサー・高野師 「使って良くなっている」 ◆ヒルノマテーラ・藤野助手 「体調は持ち直してきた」 ◆メイショウマンボ・飯田祐師 「予定どおりの時計。馬体が見映えして、いい状態です」 ◆リーサルウェポン・武市師 「転厩初戦。少し急仕上げだけど、よさそうな印象」★中山牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年3月9日(木) 05:05

 2,538

【中山牝馬S】ビッシュに戸崎も好感触
 ビッシュはWコースで僚馬ウインオリアート(1600万下)の外に馬体を並べて追われ、5ハロン65秒0、3ハロン38秒0−13秒0の好タイムで併入した。騎乗した戸崎騎手は「少し反応の鈍さを感じたが、相変わらず軽いフットワークだった。もともといい馬だったのでガラッと変わってはいないが、多少なりとも力をつけていると思う」と好感触を伝えた。★中山牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年3月9日(木) 05:05

 1,631

【中山牝馬S】フロンテアクイーンに国枝師「順調」
 初音Sを快勝して挑むフロンテアクイーンは、北村宏騎手が騎乗して坂路4ハロン52秒4−12秒7をマーク。国枝調教師は「動きはよかったし、変わりなく順調だよ」と笑顔をみせた。昇級となるが昨年のクイーンC2着、紫苑S3着の実力馬。「そんなに差はない」と重賞取りに意欲をみせていた。★中山牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年3月9日(木) 05:05

 1,376

中山牝馬ステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

中山牝馬ステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月12日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv119 

2,240円
1,250円
124,500円
Lv110 
2,240円 26,880円
Lv109 
6,300円 6,300円
Lv107 
1,250円 125,000円
Lv105 
2,240円 11,200円

的中情報をもっと見る >

中山牝馬ステークス過去10年の結果

2016年3月13日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2015年3月15日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2014年3月16日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
1着 フーラブライド 酒井学 1:48.5 4.5倍 98.2
2着 ケイアイエレガント 吉田豊 1 1/4 26.4倍 96.9
2着 キャトルフィーユ 後藤浩輝 同着 8.0倍 96.9

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

中山牝馬ステークスの歴史と概要

中山牝馬ステークスは、1983年に5歳(現4歳)以上の牝馬限定ハンデキャップ重賞競走、中山牝馬ステークスとして創設された。第1回中山牝馬Sから現在と同じ中山競馬場芝1800mで施行された。

1984年からグレード制施行によりGIIIに格付け、1988年のみ中山競馬場の改修工事により東京競馬場の芝1800mで施行された。

数少ない古馬・牝馬限定の重賞競走であり、2006年に新設されたGIヴィクトリアマイルの前哨戦に位置付けされている。しかしながら、ハンデキャップ競走であるがゆえ、GI優勝馬及び上位クラスの牝馬は重ハンデを課せられ、やむを得ず中山牝馬ステークスを回避して牡馬混合戦へ出走するというケースも多い。

GIII格付け以後の優勝馬には、スカーレットブーケダイヤモンドビコーレディパステルヤマニンメルベイユキストゥヘヴンニシノブルームーンレディアルバローザなどがいる。

中山牝馬ステークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月16日(
ターコイズステークス G3
2017年12月17日(
朝日フューチュリティ G1

競馬番組表

2017年12月16日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2017年12月17日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る