会員登録はこちら
中山牝馬ステークス G3   日程:2018年3月10日() 15:45 中山/芝1800m

レース結果

中山牝馬ステークス G3

2018年3月10日() 中山/芝1800m/14頭

本賞金:3,600万 1,400万 900万 540万 360万


レコード:1分44秒9
天候:
馬場:稍重



馬名 性齢 負担
重量
騎手 調教師 馬体重 タイム 着差 オッズ 人気
1 8 14

カワキタエンカ

牝4 53.0 池添謙一  浜田多実 460(-8) 1.49.0 8.2 6
2 4 6

フロンテアクイーン

牝5 54.0 北村宏司  国枝栄 474(+4) 1.49.1 1/2 5.5 2
3 6 10

レイホーロマンス

牝5 52.0 岩崎翼  橋田満 408(-12) 1.49.3 1 1/2 18.8 9
ラップタイム 12.5-12.1-12.3-12.3-12.1-12.3-12.0-11.5-11.9
前半 12.5-24.6-36.9-49.2-61.3
後半 59.8-47.7-35.4-23.4-11.9

■払戻金

単勝 14 820円 6番人気
複勝 14 280円 6番人気
6 190円 1番人気
10 510円 10番人気
枠連 4-8 1,740円 9番人気
馬連 6-14 1,940円 6番人気
ワイド 6-14 890円 8番人気
10-14 2,810円 37番人気
6-10 1,250円 15番人気
馬単 14-6 4,260円 17番人気
3連複 6-10-14 11,120円 42番人気
3連単 14-6-10 50,360円 181番人気

中山牝馬ステークスのニュース&コラム

【中山牝馬S】エンカの独り旅!重賞初制覇
 第36回中山牝馬ステークス(10日、中山11R、GIII、4歳上牝馬オープン国際、ハンデ、芝・内1800メートル、1着本賞金3600万円 =出走14頭)ハンデ53キロの6番人気カワキタエンカが、マイペースの逃げで後続を完封。浜田多実雄調教師(45)=栗東=とともに、重賞初制覇を飾った。タイム1分49秒0(稍重)。次走は未定だが、春はヴィクトリアマイル(5月13日、東京、GI、芝1600メートル)が大目標だ。2着は2番人気のフロンテアクイーンで、引退レースだった1番人気のマキシマムドパリは12着に終わった。 豪快な追い込みを武器とした父とは違う才能を見せつけた。異色のディープインパクト産駒カワキタエンカが、堂々の逃げ切りで重賞初制覇だ。 「久々を1回使ってガス抜きができていたし、厩舎がソフトに仕上げてくれたことも生きた」 昨年の君子蘭賞1着以来のコンビだった池添騎手が笑みを浮かべた。 イレ込みがきつく10着に敗れた前走の洛陽Sを教訓にした。陣営は調教を軽めにし、レース前も先に馬場入りするなど工夫をこらした。 その効果が実戦で表れた。抜群のダッシュ力で先手を奪いながら、制御も利いて5ハロン通過が1分1秒3と久しぶりに楽なペースに持ち込めた。直線でフロンテアクイーンが猛追してきても、もうひと粘り。最後は余力がものをいった。 「障害戦を含めて重賞では2着が9回もあったのでまた2着か…と思ったけど…、ジョッキーがうまく乗ってくれました。馬のポテンシャルはもともと高いですから」 浜田調教師は開業6年目のJRA重賞初制覇。喜びひとしおだ。 意外にも良馬場の経験が3戦と少ないカワキタエンカ。それでもトレーナーは「本当は良馬場でスピードを生かした競馬がしたい」と自信を見せる。速力勝負は望むところ。春の大目標であるヴィクトリアマイルでも鮮やかな逃走劇を見せてくれそうだ。 (板津雄志)★10日中山11R「中山牝馬S」の着順&払戻金はこちらカワキタエンカ 父ディープインパクト、母カワキタラブポップ、母の父クロフネ。鹿毛の牝4歳。栗東・浜田多実雄厩舎所属。北海道新ひだか町・木田牧場の生産馬。馬主は川島吉男氏。戦績10戦3勝。獲得賞金9646万6000円。重賞初勝利。中山牝馬Sは浜田多実雄調教師、池添謙一騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+演歌」。
2018年3月11日() 05:05

 488

【中山牝馬S】レースを終えて…関係者談話
 ◆北村宏騎手(フロンテアクイーン2着) 「勝ち馬が相手だと思って乗り、いいリズムで運べた。迫るところまで行ったが、向こうは待ってから追い出しましたから…」 ◆岩崎騎手(レイホーロマンス3着) 「ハンデ重賞なら上位争いができます」 ◆田辺騎手(トーセンビクトリー4着) 「最後で踏ん張れなかったのは、ハンデ(56キロ)が微妙に影響したかも」 ◆松岡騎手(ブラックオニキス5着) 「テンションが上がらなければ、能力は高い馬だからね。もっと走れるよ」 ◆三浦騎手(エンジェルフェイス8着) 「直線で(馬場に)脚を取られて走り切れなかった」 ◆四位騎手(エテルナミノル10着) 「テンションも高かったし、ゲートのタイミングも合わなかった」 ◆戸崎騎手(ワンブレスアウェイ11着) 「最後伸び切れなかったのは、外を回ったぶんがあったかも」 ◆藤岡佑騎手(マキシマムドパリ12着) 「スタートから押していったが、あそこ(中団後ろ)まで。最後も伸び切れず、ジリジリだった」★10日中山11R「中山牝馬S」の着順&払戻金はこちら
2018年3月11日() 05:04

 431

【中山牝馬S】レイホーロマンスは3着 岩崎翼「ハンデ重賞なら上位争いできる」
 3月10日の中山11Rで行われた第36回中山牝馬ステークス(4歳以上オープン、牝馬、GIII、芝・内1800メートル、ハンデ、14頭立て、1着賞金=3600万円)は、池添謙一騎手騎乗の6番人気カワキタエンカが大外14番枠からハナを切り、直線もしぶとく粘り切って重賞初制覇を果たした。タイムは1分49秒0(稍重)。 岩崎翼騎手騎乗で9番人気だったレイホーロマンスは、外から鋭く伸びて3着に入った。 岩崎翼「今回は中山なので、残り400メートルまでにエンジンをかけた。思った通りの競馬はできた。ハンデ重賞なら上位争いができますね」★【中山牝馬S】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年3月10日() 19:08

 392

【中山牝馬S】トーセンビクトリーは4着 田辺「ハンデも影響したかも…」
 3月10日の中山11Rで行われた第36回中山牝馬ステークス(4歳以上オープン、牝馬、GIII、芝・内1800メートル、ハンデ、14頭立て、1着賞金=3600万円)は、池添謙一騎手騎乗の6番人気カワキタエンカが大外14番枠からハナを切り、直線もしぶとく粘り切って重賞初制覇を果たした。タイムは1分49秒0(稍重)。 田辺裕信騎手騎乗で3番人気だった昨年の覇者トーセンビクトリーは、内からじりじりとしか伸びず4着に終わった。 田辺裕「スタートは良かったですし、うまく立ち回れました。最後、踏ん張れなかったのは、最近の競馬と違ってポジションを取りに行ったぶんもあるでしょう。ハンデも影響したかもしれません」★【中山牝馬S】払い戻し確定!! 全着順も掲載
2018年3月10日() 19:06

 381

中山牝馬ステークスのニュースをもっと見る >

【中山牝馬S】厩舎の話
 エテルナミノル・本田調教師「1800メートルから2000メートルがいい。だいぶ力をつけてきた」 エンジェルフェイス・藤原英調教師「状態は変わりない。自分でペースを作る形がいい」 カワキタエンカ・浜田調教師「今回はセーブ気味の調整。当日のテンションがカギになる」 ゲッカコウ・高橋博調教師「動きはいつもどおり。中山は結果的に相性がいいので」 トーセンビクトリー・辻野助手「体調は安定。コース、距離は合うし、崩れず走ってくれそう」 バンゴール・尾関調教師「久々のほうが走れるタイプ。距離延長もいいが、雨は心配」 ブラックオニキス・加藤和調教師「暖かくなって柔らかみが出てきた」 フロンテアクイーン・国枝調教師「追い切りの遅れは気にならない。落ち着きが出て充実期だ」 マキシマムドパリ・金折助手「藤岡佑騎手の感触がすごく良かったみたい。順調で動きはいい」 レイホーロマンス・竹之下助手「順調。中山コースは問題ないと思うし、52キロもよさそう」 ワンブレスアウェイ・古賀慎調教師「ここ最近では一番順調。結果が出ている舞台で期待」(夕刊フジ)★中山牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年3月8日(木) 10:50

 1,659

【中山牝馬S】トーセンビクトリー、鋭伸11秒8!
 連覇に挑むトーセンビクトリーがCWコースで熱のこもった3頭併せを披露。ラスト1ハロン11秒8(5ハロン67秒6)のシャープな伸びで、ダブルフラット(3歳未勝利)に1/2馬身の先着を果たし、サトノワルキューレ(3歳500万下)と併入した。 「体調そのものは安定しています。今回も崩れずに走ってくれるんじゃないですかね。前回が牡馬相手にしっかりと走ってくれました。コース、距離は合うと思います」と、辻野助手は好レースを期待している。★中山牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年3月8日(木) 05:04

 1,018

【中山牝馬S】追って一言
 ◆エテルナミノル・本田師 「変わりなく順調にきている。1800メートルから2000メートルくらいがいい」 ◆エンジェルフェイス・藤原英師 「状態は変わりないよ。できれば自分でペースを作る形がいいね」 ◆カワキタエンカ・浜田師 「前回は返し馬でテンションが上がって…。今回はセーブ気味の調整をしています。当日のテンションが鍵」 ◆ゲッカコウ・高橋博師 「前走後は短期放牧へ。いい意味でおばさんになって、ドッシリしている。1800メートルは一番合っている」 ◆バンゴール・尾関師 「しっかり動けていた。休み明けの方がいい馬。東京の方が合うけど、1800メートルに替わるのはいい。天気が鍵」 ◆ブラックオニキス・加藤和師「前走とは一変。落ち着きが出て雰囲気がいい。力を出せる状態」 ◆マキシマムドパリ・金折助手 「(追い切りに騎乗した藤岡佑)ジョッキーの感触がすごく良かったみたい。中間も順調だし、動きはいいよ」 ◆レイホーロマンス・竹之下助手 「具合は悪くないし、調整も順調。中山コースは問題ないと思います。52キロもいいと思うので」 ◆ワンブレスアウェイ・古賀慎師 「最近の中では一番の仕上がり。上手に走れるタイプだし、小回りの1800メートルも悪くない条件」★中山牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年3月8日(木) 05:03

 1,189

【中山牝馬S】フロンテアクイーン、合格点12秒7
 ターコイズS2着のフロンテアクイーンはWコースで5ハロン68秒8、3ハロン38秒7-12秒7をマーク。ロジチャリス(OP)を先導し、最後は1馬身遅れだったが、国枝調教師は「相手にはジョッキーが乗っていたし、遅れは気にならない。動きとしては十分」と合格点を与えた。重賞で2着が3度の実力馬。「馬は充実期に入っているし、タイトルを取らせたい。そろそろ順番が回ってくるだろう」と指揮官は今回が重賞Vの好機と見ている。★中山牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2018年3月8日(木) 05:03

 618

中山牝馬ステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

中山牝馬ステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

3月10日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv110 
50,360円 50,360円
Lv108 
1,940円 1,940円
Lv107 
2,810円 56,200円
Lv105 
280円 28,000円
Lv105 
190円 19,000円

的中情報をもっと見る >

中山牝馬ステークス過去10年の結果

2017年3月12日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2016年3月13日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:
2015年3月15日() 中山競馬場/芝1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

中山牝馬ステークスのデータ分析とレース傾向

コース図中山芝1800m

東日本大震災の影響で4月開催となった2011年を除くと、2008年以降の勝ち馬は4頭が年内初戦で、残る5頭が年明け2戦目。前走レース別では愛知杯組が3勝、2着1回、3着1回で、2016年から施行時期が変わっても好相性を見せている。エリザベス女王杯組は2013年1着のマイネイザベルが唯一の好走例で、2012年のホエールキャプチャ、2017年のパールコードなどが人気を裏切る結果に。近年は前走で牡馬相手に敗れた馬の巻き返しが目立つようになっているので、牝馬重賞路線組にこだわる必要はなさそうだ。ハンデ別では53キロが5勝、2着2回、3着3回、54キロが3勝、2着4回、3着1回であり、ともに前走から斤量の増減が1キロ以内の馬の好走が顕著となっている。舞台となる中山芝1800mは直線の急坂からスタートし、小回りの内回りを1周するコースで、器用さを持ったタイプに向く。広いコースからの場所替わりによる激走に注意したい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

中山牝馬ステークスの歴史と概要


2016年の優勝馬シュンドルボン

35年以上の歴史を誇る牝馬限定のハンデ重賞。G1ホースが酷量を背負いながら貫禄を見せることもあれば、軽ハンデの伏兵の一発もある。第10回(1992年)は前年の牝馬クラシック戦線を沸かせたスカーレットブーケ京都牝馬ステークスに続き連勝。第16回(1998年)には牡馬のトップクラスと渡り合っていたメジロランバダが快勝した。2009年に開催された第27回には、3年前の桜花賞キストゥヘヴンが参戦。56.5キロのトップハンデを背負いながらも鮮やかな差し切り勝ちを決め、引退の花道を飾った。また、第29~30回(2011~2012年)にかけてはレディアルバローザが連覇を達成している。

歴史と概要をもっと見る >

中山牝馬ステークスの攻略メニュー

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年5月27日(
目黒記念 G2
東京優駿 G1

競馬番組表

2018年5月26日(
2回東京11日目
3回京都11日目
2018年5月27日(
2回東京12日目
3回京都12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
10 マカヒキ 牡5
45,466万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
3 エポカドーロ 牡3
17,421万円
4 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
5 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
6 リリーノーブル 牝3
13,810万円
7 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
8 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
9 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
10 サンリヴァル 牡3
9,338万円
» もっと見る