注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ルミナスウォリアー(競走馬)

注目ホース
ルミナスウォリアー
写真一覧
現役 牡6 鹿毛 2011年2月9日生
調教師和田正一郎(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績22戦[6-8-1-7]
総賞金16,504万円
収得賞金4,500万円
英字表記Luminous Warrior
血統 メイショウサムソン
血統 ][ 産駒 ]
オペラハウス
マイヴィヴィアン
ルミナスハッピー
血統 ][ 産駒 ]
アグネスタキオン
リアリーハッピー
兄弟 デコラスピーエムデメテル
前走 2017/07/16 函館記念 G3
次走予定

ルミナスウォリアーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/07/16 函館 11 函館記念 G3 芝2000 166129.051** 牡6 55.0 柴山雄一和田正一478(+2)2.01.2 -0.235.6⑨⑧⑦タマモベストプレイ
17/03/11 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 162439.795** 牡6 56.0 柴山雄一和田正一476(-6)1.59.5 0.334.8⑨⑨⑨⑨ヤマカツエース
17/01/22 中山 11 AJCC G2 芝2200 173610.554** 牡6 56.0 柴山雄一和田正一482(0)2.12.5 0.636.2⑭⑭⑩⑥タンタアレグリア
16/12/18 中山 11 ディセンバー OP 芝2000 14347.432** 牡5 56.0 柴山雄一和田正一482(+8)2.01.0 0.135.0⑫⑪⑪⑪ツクバアズマオー
16/09/04 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 18487.445** 牡5 55.0 柴山雄一和田正一474(-4)1.57.8 0.333.6⑫⑪アデイインザライフ
16/07/10 福島 11 七夕賞 G3 芝2000 165105.928** 牡5 55.0 柴山雄一和田正一478(+4)1.59.7 1.336.7⑬⑬⑪⑬アルバートドック
16/06/18 東京 11 ジューンS 1600万下 芝2000 13576.541** 牡5 57.0 柴山雄一和田正一474(+2)1.58.1 -0.234.8⑧⑦⑧エアアンセム
16/03/05 阪神 9 千里山特別 1000万下 芝2000 13332.311** 牡5 57.0 戸崎圭太和田正一472(-10)1.59.3 -0.334.8⑨⑨⑨⑤ヒルノドンカルロ
16/02/06 東京 9 箱根特別 1000万下 芝2400 13453.112** 牡5 57.0 戸崎圭太和田正一482(+10)2.26.9 0.133.8⑧⑧⑧⑨ジュンスパーヒカル
15/12/20 中京 11 名古屋日刊S 1000万下 芝2200 10332.612** 牡4 57.0 津村明秀和田正一472(0)2.15.2 0.235.3⑧⑨ザトゥルーエアー
15/10/24 東京 8 3歳以上1000万下 芝2400 10893.313** 牡4 57.0 柴山雄一和田正一472(+2)2.26.2 0.234.5⑤⑤④④トルークマクト
15/09/05 新潟 9 燕特別 500万下 芝2200 18592.711** 牡4 57.0 戸崎圭太和田正一470(+2)2.12.2 -0.535.0⑩⑩⑩⑦トレジャーマップ
15/05/31 東京 8 青嵐賞 1000万下 芝2400 187139.262** 牡4 57.0 柴山雄一和田正一468(+2)2.25.6 0.234.6⑭⑬⑪⑦グランドサッシュ
15/04/19 中山 9 鹿野山特別 1000万下 芝2000 186123.317** 牡4 57.0 柴山雄一和田正一466(+6)2.00.4 0.334.9⑬⑬⑦⑤ライズトゥフェイム
15/03/14 中山 9 館山特別 1000万下 芝2000 8223.522** 牡4 57.0 柴山雄一和田正一460(-8)2.01.1 0.235.5⑥⑥ロードエフォール
15/01/17 中山 12 4歳以上1000万下 芝2200 13334.322** 牡4 56.0 柴山雄一和田正一468(-4)2.14.7 0.035.6⑧⑧⑧⑦ブライトボーイ
14/12/27 中山 12 3歳以上500万下 芝2000 18352.911** 牡3 56.0 柴山雄一和田正一472(+6)2.01.3 -0.235.7⑤④④ドラゴンレジェンド
14/10/26 東京 6 3歳以上500万下 芝2000 173538.3102** 牡3 55.0 柴山雄一和田正一466(+10)2.00.4 0.233.9⑪⑩⑩アルバート
14/05/04 新潟 2 3歳未勝利 芝2000 15583.011** 牡3 56.0 柴山雄一和田正一456(+2)2.02.2 -0.236.5⑦⑦テイエムリキオー
14/03/08 中山 6 3歳未勝利 芝2000 168158.555** 牡3 56.0 後藤浩輝和田正一454(-10)2.04.2 0.536.2⑨⑦⑦⑥ストーミング

⇒もっと見る


ルミナスウォリアーの関連ニュース

 ★函館記念を制したルミナスウォリアー(美・和田郎、牡6)は新潟記念(9月3日、新潟、GIII、芝2000メートル)で重賞連勝に挑む。僚馬で右第1指骨剥離(はくり)骨折で休養中のオジュウチョウサン(牡6)はすでに千葉県・和田牧場で乗り運動を開始。9月上旬に美浦へ帰厩して東京ハイジャンプ(10月15日、東京、J・GII、芝3110メートル)で戦列復帰の予定。

 

【函館2歳S】レース展望 2017年07月17日(月) 17:52

 6月17日から行われてきた函館競馬は今週でフィナーレを迎える。日曜メインは現2歳世代でJRA最初の重賞レースとなる函館2歳S(23日、GIII、芝1200メートル)が行われる。この時期の2歳の6ハロンの重賞勝ち馬は早熟なイメージがあるが、過去10年の1、2着馬を見ると、2008年1着フィフスペトル京成杯AH1着、マイルCS2着、朝日杯FS2着)、11年2着アイムユアーズクイーンS連覇、ファンタジーS、フィリーズレビュー1着、阪神JF2着)、14年1着アクティブミノルセントウルS1着)、15年1着ブランボヌールキーンランドC1着)、16年2着モンドキャンノ京王杯2歳S1着、朝日杯FS2着)とその後も活躍している馬が多い。今年はどの馬が2歳重賞初勝利を挙げるのか、大いに注目される。

 カシアス(栗東・清水久詞厩舎、牡)は初戦(函館芝1200メートル)は逃げて2着に敗れたが、同じ舞台だった続く未勝利戦を好位から楽に抜け出して圧勝。タイム1分9秒4(良)は初戦から0秒4短縮し、今回のメンバーの中では一番速い。引き続き函館競馬場で調整され、12日のWコースでの1週前追い切りでも軽快な脚さばきを披露。いい状態で出走できそうだ。

 ナンヨープランタン(栗東・松永幹夫厩舎、牡)はデビュー戦でカシアスを頭差で退けて勝ち上がった。ルーラーシップ産駒の割に難しい面がなく、素直な気性がセールスポイントだ。同じ初戦で3着だったリンガラポップスも2戦目を逃げて快勝しており、この馬の素質の高さがレベルの高さが分かる。好勝負必至だろう。

 芝1200メートルの勝ちタイム2位となる1分9秒7をマークしているのがパッセ(美浦・蛯名利弘厩舎、牝)、アリア(栗東・沖芳夫厩舎、牝)、ダンツクレイオー(栗東・本田優厩舎、牝)の3頭で、いずれも注意が必要だ。パッセは福島からの転戦になるが、勝ち方には余裕があっただけに、注意しておきたい。また、ダンツクレイオー池添謙一騎手はレース当日が38歳の誕生日。バースデーVも十分にありそうだ。

 モルトアレグロ(美浦・武井亮厩舎、牝)はダート1000メートル戦でV。余力残しで勝っているので、ひと叩きした上積みは十分に見込める。12日の1週前追いは函館芝で5ハロン64秒0をマーク。パワーがあるので洋芝にも不安はなく、1ハロンの距離延長も問題はない。芝デビュー組をまとめて負かすだけの能力はある。吉田隼人騎手は函館開催のリーディングがかかっているだけに、注目したい。

 芝1000メートル戦で出負けしながら巻き返して勝ち、今年の函館一番星に輝いたのがベイビーキャズ(美浦・矢野英一厩舎、牡)。今回はクリストフ・ルメール騎手とのコンビで出走するだけに、陣営の意気込みが伝わってくる。

 地元馬主(河内孝夫氏)で注目が集まるキタノユウキ(美浦・相沢郁厩舎、牡)は、芝1000メートルの新馬戦で逃げ切り勝ち。同型馬との兼ね合いが鍵になるが、今回は函館記念ルミナスウォリアーで制して勢いに乗る柴山雄一騎手とコンビを組む点が強調材料になる。

 ホッカイドウ競馬からはヤマノファイト(道営・村上正和厩舎、牡)が参戦。通算4戦2勝、2着1回、3着1回と安定している。函館2歳Sで道営馬は1999年エンゼルカロ、2005年モエレジーニアス、07年ハートオブクィーンと3勝。この3頭はいずれも芝のラベンダー賞を勝っていたのに対し、ヤマノファイトはダートしか経験がなく、血統的にもエスポワールシチー×フォーティナイナーとダート向きだが、道営馬特有の仕上がりの早さとキャリアの豊かさで一発を狙う。

 新種牡馬ストロングリターン産駒のジェッシージェニー(栗東・牧浦充徳厩舎、牝)、2戦目でレースぶりが良化したリンガラポップス(栗東・西園正都厩舎、牡)も争覇圏内だ。続々と勝ち上がっている新種牡馬ロードカナロア産駒のスズカマンサク(栗東・橋田満厩舎、牝)も出走予定。今週から短期免許で騎乗するカリス・ティータン騎手の手綱さばきに期待が集まる。

函館2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【函館記念】ウォリアー重賞初V!柴山と人馬一体ようやく開花 2017年07月17日(月) 05:09

 第53回函館記念(16日、函館11R、GIII、3歳上オープン国際(特指)、ハンデ、芝2000メートル、1着本賞金4100万円 =出走16頭)柴山雄一騎乗の5番人気ルミナスウォリアーが中団追走から直線で抜け出し、重賞初V。大事に使われてきた素質馬が晩成の血を開花させた。タイム2分1秒2(重)。1馬身1/2差の2着には14番人気のタマモベストプレイが入り、3連単の配当はレース史上最高の91万5320円。今年も波乱の伝統は受け継がれた。1番人気サトノアレスは6着だった。

 雨上がりの函館で“善戦マン”を返上だ。ルミナスウォリアーが重く湿った洋芝をものともせず、直線入り口で先頭に並びかける強気の競馬で快勝。待望の重賞タイトルをゲットし、その名の通り力強く輝いた。

 「いつもより前につけられたし、少し強引な競馬になったけど、小回りの競馬を。返し馬では馬場も気にならなかったし、とにかく中間の状態が良かったので何とか勝たせたかった」

 2週間の騎乗停止期間が明け、いきなり積極的な騎乗で魅了した柴山騎手。コンビ15戦目の相棒を重賞初制覇に導き、爽やかな笑みを浮かべた。

 この中間、鞍上はルミナスウォリアーと多くの時間をともにした。函館入厩後、普通キャンターから追い切りまで入念にコンタクト。パートナーの具合の良さをひしひしと感じ取っていた。

 「この馬の調教に、これだけ多く乗ったことはなかった。厩舎スタッフと一緒に仕上げていき、その中で馬が頑張って勝ってくれた。本当にこの勝利はうれしい」

 自身にとっては2015年12月の金鯱賞ミトラ)以来となるJRA重賞勝ちだが、それ以上に「JRAに移籍して最初に所属した畠山厩舎で一緒だった厩務員(町田助手)の担当馬で重賞を勝てたことがうれしい」と喜びをかみしめた。

 障害GI馬オジュウチョウサンを管理する和田郎調教師にとっては初の平地重賞V。能力を感じながらも体質の弱さが残る愛馬を、無理せずじっくりと育ててきた。「馬の能力をつぶさないようにやってこられた。きょうは気持ちも乗っていたし、力をつけているのも確か」と感慨深げだ。

 トップに並んだサマー2000シリーズ制覇に向け、次走は昨年5着だった新潟記念が候補。6歳でようやく本格化を迎えたルミナスウォリアーが、まだまだ続く夏競馬をさらに熱く盛り上げる。 (板津雄志)

★16日函館11R「函館記念」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!

[もっと見る]

【函館記念】ルミナスウォリアーがまくり作戦で重賞初V 2017年07月16日() 15:33

 7月16日の函館11Rで行われたサマー2000シリーズ(全5戦)の第2戦、第53回函館記念(3歳以上オープン、GIII、芝2000メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=4100万円)は、柴山雄一騎手騎乗の5番人気ルミナスウォリアー(牡6歳、美浦・和田正一郎厩舎)が快勝。重賞初制覇を果たした。タイムは2分1秒2(重)。

 雨は上がったものの、馬場は道悪。ヤマカツライデンがハナを主張した。2番手にパリカラノテガミタマモベストプレイマイネルミラノケイティープライドステイインシアトルアングライフェンなどが続いた。サトノアレスの外の8〜9番手にいたルミナスウォリアーは3〜4コーナーにかけてまくっていき、直線入り口ではヤマカツライデンマイネルミラノアングライフェンとほぼ横一線の位置取り。そこからグングンと脚を伸ばして抜け出すと、激しい2着争いを尻目にトップでゴールを駆け抜けた。1馬身1/2差の2着はタマモベストプレイ(14番人気)で、さらにアタマ差の3着にヤマカツライデン(7番人気)が入り、3連単は91万5320円の好配当となった。

 1番人気サトノアレスは6着。2番人気ステイインシアトルは15着に終わった。

 ルミナスウォリアーは、父メイショウサムソン、母ルミナスハッピー、母の父アグネスタキオンという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は22戦6勝。函館記念和田正一郎調教師、柴山雄一騎手ともに初勝利。

 ◆柴山雄一騎手「(4カ月ぶりの実戦でも)いい状態でした。中団か中団より前にいたいと思っていたので、理想通りでしたね。(まくっていったのは)狭いところで窮屈な思いをさせるより、リズムよく運びたいと思ったから。(未経験だった重馬場や洋芝は)返し馬のときに気にしている感じはなかったですね。小回りで強い競馬ができました。まだ成長している馬なので、(これからも)本当に楽しみです」

★16日函館11R「函館記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【農林水産省賞典 函館記念】入線速報(函館競馬場)2017年07月16日() 15:29

函館11R・農林水産省賞典 函館記念(2回函館4日目 函館競馬場 芝・右2000m サラ系3歳以上オープン)は、1番手12番ルミナスウォリアー(単勝9.0倍/5番人気)、2番手14番タマモベストプレイ(単勝69.1倍/14番人気)、3番手15番ヤマカツライデン(単勝17.9倍/7番人気)で入線しています。

想定オッズは以下の通り。

馬連12-14(351.3倍) 馬単12-14(531.6倍) 3連複12-14-15(1523.3倍) 3連単12-14-15(9153.2倍)

更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017071602020411
※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。

(注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)

[もっと見る]

【函館記念】東西調教ウオッチャー2017年07月14日(金) 05:04

 今週の東西調教ウオッチャーは函館記念が対象レース。東京サンスポの板津記者、大阪サンスポの山口記者、関東エイト佐藤圭トラックマンが、現地・函館競馬場で追い切りを入念にチェック。それぞれ狙える馬を推奨した。

 

 山口 今週の重賞は函館記念のみ。早速、現地から報告しましょう。板津さんはどの馬がよく見えました?

 板津 ルミナスウォリアーを推奨したい。調教ではいつも動かない馬だけど、今回は行きっぷりが抜群。最後も馬なりで併走馬を圧倒していた。こっちの気候が合うのか、馬に活気があって、過去最高の雰囲気に見えたよ。

 山口 僕は、3カ月半ぶりでもツクバアズマオーの復活がある気がします。Wコースで、楽々と5ハロン65秒3−12秒2をマーク。昨年の3着馬で、陣営の話から休み明けもむしろよさそうです。ステイインシアトルは栗東で、しっかり乗り込まれてから函館に入厩。態勢は万全でしょう。関東エイトの佐藤圭さんは?

 佐藤圭 僕は、マイネルミラノがよく見えたよ。Wコースの外ラチ沿いを通って、5ハロン67秒7−12秒2の好タイム。いつになく動けていたんじゃないかな。

 板津 あとはサクラアンプルールも挙げておこうかな。併走で遅れたけど、前に出た瞬間に気を抜いてしまっただけ。乗り難しさはあるのだろうけど、僚馬に並びかけるまでの反応は上々だった。

函館記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルミナスウォリアーの関連コラム

閲覧 194ビュー コメント 0 ナイス 5

先週は、16(日)に函館競馬場でG3函館記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3函館記念は、当日降ったどしゃ降りの雨によって重馬場まで悪化しスタートの時を迎えます。まず外からヤマカツライデンタマモベストプレイがハナへ立とうと併せ馬の形で前へ。パリカラノテガミもこれに絡み、マイネルミラノは4番手の位置取りとなって1コーナーを通過。2番人気に推されたステイインシアトルはその直後の5番手、1番人気サトノアレスは中団の内々を追走します。ヤマカツライデンが単独先頭となったほぼ一団の隊列の中から3角手前でマイネルミラノがじわじわと進出を開始すると、内からはタマモベストプレイ、外からはアングライフェンルミナスウォリアーといったところも連れて仕掛けていきます。迎えた直線、内で粘るヤマカツライデンに、アングライフェンルミナスウォリアーが横並びとなり、マイネルミラノは脚色が鈍り苦しい態勢。残り100mを切ったところでこの争いから力強く抜け出したのはルミナスウォリアーでした。ゴール前で脚を伸ばしたタマモベストプレイケイティープライドも加わっての熾烈な2着争いを尻目に、ルミナスウォリアーが1馬身1/2差の完勝で重賞初制覇を飾っています。2着には最後に14番人気タマモベストプレイが上がり、そこからアタマ差の3着には逃げてゴール前盛り返しを見せた7番人気ヤマカツライデンが入っています。
 
公認プロ予想家では☆まんでがんプロセイリュウ1号プロマカロニスタンダーズプロ【U指数】馬単マスタープロサラマッポプロスガダイプロら6名が的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
16(日)函館9Rで◎ケルベロスを頭固定、2、3着に○サフランハートを添えた3連単勝負!2着に△ペイシャマリヤが入り、3連単364.1倍を2500円的中!91万250円を払い戻しました!同日の福島5Rでも3連単148.8倍を1000円的中させ、14万8800円を払い戻しました!週末トータル回収率161%、収支プラス44万480円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
15(土)函館9Rで『ダートに替えてから好内容続き。1700も良さそうで勝負になる。』と狙った◎プティットクルール(32.8倍)の単複を的中!4万7200円を払い戻しました!勝負レースに選んだ翌日の函館12Rでは『この舞台で全2勝を上げている洋芝長距離巧者。今回も好枠を引いた。ここ2走はブービー、シンガリと散々だが得意舞台で別馬の様な走りを見せてくれることを望む。』と狙ったクラシックエースの単複を的中!7万180円を払い戻しました!週末トータル回収率118%、収支プラス4万4150円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
16(日)函館11R函館記念G3で◎タマモベストプレイの複勝15.3倍を3500円を的中させ、5万3550円を払い戻しました!16(日)中京12Rでは◎リッパーザウィンの単複を的中!3万100円を払い戻しました!週末トータル回収率139%、収支プラス5万7500円をマークしています。
 
この他にもろいすプロ岡村信将プロおかべプロ伊吹雅也プロきいいろプロkmプロが回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年07月16日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第283回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜函館記念 G3
閲覧 706ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は函館11R「函館記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)はマイネルミラノから1.0ポイント差(約1馬身差)内のケイティープライドアングライフェンタマモベストプレイステイインシアトルまでの5頭。
第2グループ(黄)は、サトノアレスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のルミナスウォリアーツクバアズマオーナリタハリケーンパリカラノテガミまで5頭。
第3グループ(薄黄)は、ヤマカツライデンから同差内のレッドソロモンサクラアンプルールカムフィーまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、全体を通してもほとんど大きな差は生じず、最大でも【厩舎評価】マイナスが大きく響いた格好の最下位ダンツプリウスが少し離されて1.1ポイント差、という大混戦の状況です。
今年もBコース替わり2日目で迎える実力拮抗のメンバー構成となった印象の函館記念。それだけに、展開・状態面や近年傾向としても顕著な“外不利”など上記評価に含まれない部分の精査が、今年も予想のポイントになってくるとみています。

そんななか今回の私の本命は◎スーパームーンとしました。まさか自分でも、よりにもよって2頭しかいない第4Gから本命馬を選ぶことになるとは思いませんでしたが(^^;、先にも書いたようにこの馬とダンツプリウス間の1.1ポイント差以外は大差ないメンバー構成です。巴賞で負けてここで人気を落として好走というパターンに合致し、この馬より内を引いた馬で☆マイネルミラノらが作る後半長く脚を使う流れが合い且つ強調材料の多い馬があまり見当たらなかったことから狙いを定めました。久しぶりに叩き2戦目で使える点と前走から2キロ減の55キロ斤量にも好感。洋芝実績もありますし、新馬戦含め中10週以上ローテを除けば国内通算(3-6-4-6)とその大半が馬券圏内という戦績のこの馬に、今回一発を期待してみたいと思っています。前走からすると、後方から外を回す形となってしまいそうな鞍上乗り替わりには若干不安もありますが、1ハロン延長と過去一度だけ騎乗した際に札幌で差し切り勝ちを決めたことをプラスと捉えてその点には目を瞑ります。あとは、願望になりますが当日ひと雨あってラスト1Fが掛かってくれれば......。

○はツクバアズマオー。北海道では全て掲示板の安定感を誇り、直線が短いコースも向くタイプ。またハイレベルだったとみている中山記念での戦歴も光ります。その中山記念では、1番人気に推されたアンビシャスよりもさらに後方から大外を回して追い込んで勝ち馬ネオリアリズムから0.5秒差6着なら、ここでは57キロでも上位評価妥当ではないでしょうか。1週前から状態の良さが伝わってくる出来で昨年以上の走りを期待。
▲はルミナスウォリアー。○ツクバアズマオーとは同斤で接戦歴があり、こちらも状態は良さそう。展開の助けは必要になりそうですがいつもよりも積極策で運ぶことが出来れば。○▲いずれももう少し内なら本命もと目論んでいた馬たちですが、この枠を考慮しての2、3番手評価。
☆はマイネルミラノ。気温の上昇と追い切りの動きが結果に直結するタイプのイメージがあり、いずれも条件は揃った印象なのですが、今年は昨年よりも展開面で厳しくなるとみて一枚割引き4番手評価としました。
そして△1番手に昨年の当コラムで的中に貢献してくれた△ケイティープライド。その昨年のレースでは鞍上と馬場にも助けられた印象で、今年は鮫島克騎手での参戦。期待しつつも今年は鞍上面で半信半疑な部分もありこの評価に止めました。

以下、△サクラアンプルールサトノアレスダンツプリウスステイインシアトルアングライフェンナリタハリケーンレッドソロモンタマモベストプレイヤマカツライデンと混戦だけに手広く押さえます。
今回の私の馬券はおそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎からの3複で勝負です。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
9=7,11,12=1,2,3,4,5,6,7,10,11,12,14,15,16(33点)

[もっと見る]

2017年07月09日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年07月09日号】特選重賞データ分析編(55)〜2017年函館記念〜
閲覧 2,534ビュー コメント 0 ナイス 10



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 函館記念 2017年07月16日(日) 函館芝2000m


<ピックアップデータ>

【前走の着順別成績(2010年以降)】
○6着以内 [7-4-4-37](複勝率28.8%)
×7着以下 [0-3-3-54](複勝率10.0%)

 基本的に前走好走馬が強いレース。特に前走が“JRAの重賞”、かつ前走の着順が6着以内だった馬は2010年以降[6-1-1-7](複勝率53.3%)と安定しています。今年は出走メンバーの大半が前走で大敗を喫していますから、大胆に絞り込んでいいんじゃないでしょうか。

主な「○」該当馬→サトノアレスステイインシアトルルミナスウォリアー
主な「×」該当馬→サクラアンプルールツクバアズマオーマイネルミラノ


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【向かい風データ】

×「“同年の巴賞”において連対経験がある」馬は2010年以降[0-0-0-9](複勝率0.0%)
主な該当馬→アングライフェンサトノアレス

[もっと見る]

2017年01月24日(火) 17:23 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(1/21〜1/22)勢い止まらず!いっくんプロが月間プラス404万超を達成!
閲覧 1,076ビュー コメント 0 ナイス 8

先週は22(日)に中山競馬場でG2アメリカジョッキークラブカップが中京競馬場でG2東海ステークスがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。

G2アメリカジョッキークラブカップクリールカイザーが先頭で直線コースへ。直線に入るとすぐさまミライヘノツバサクリールカイザーを交わして先頭、後続はゼーヴィントルミナスウォリアーが外からまくり気味に進出、内からはタンタアレグリアも脚を伸ばしてきます。残り200mを通過、ここでルミナスウォリアーは置かれて内タンタアレグリア、中ミライヘノツバサ、外ゼーヴィントの3頭が後続を離しての叩き合い!坂を上ってミライヘノツバサが下がるとタンタアレグリアがグイッとひと伸び!外ゼーヴィントの追撃を凌いで初重賞制覇を飾りました!半馬身差の2着にゼーヴィント、そこから1馬身1/4差の3着にミライヘノツバサが入っています。

公認プロ予想家ではkmプロ馬っしぐらプロが的中しています。

G2東海ステークスショウナンアポロンが先頭で直線コースへ。逃げるショウナンアポロンのリードは1馬身、その後ろにピオネロモルトベーネリッカルド、1番人気のグレンツェントは中団外目から追い込み態勢。残り200mを通過、逃げるショウナンアポロンモルトベーネが競りかけて2頭の激しい叩き合い、これに外からグレンツェントが徐々に差を詰めて3頭がやや抜ける形。残り50m、ショウナンアポロンを競り負かしたモルトベーネが粘り込みを図るところをグレンツェントが強襲!ゴール前でしっかり捉えて重賞初制覇を飾りました!半馬身差の2着にモルトベーネ、そこから半馬身差の3着にメイショウウタゲが入っています。

公認プロ予想家ではシムーンプロ他3名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
21(土)京都4Rで◎ビップキャッツアイ×バンダイクブラウンメイショウツムギの3連単2151.5倍を500円的中させ、107万5750円のビッグヒット!さらには勝負レースに指定した中京11Rで◎○▲のパーフェクト予想を披露し、75万8800円を払い戻しました!週末トータル回収率319%、収支プラスは158万2850円をマーク!月間収支は驚愕の404万超プラスとなっています!

☆☆☆注目プロ →夢月プロ
22(日)中山1Rで▲アースミステリーセイウンチャームの馬連57倍を4900円的中させ、27万9300円の払い戻し!21(土)京都10Rでは最低人気の◎アダムバローズの単勝を1万円的中させ、10万1000円を払い戻しました!週末トータル回収率140%、収支プラス14万7530円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
勝負レースに指定した22(日)京都10Rで◎ニットウスバルゴルゴバローズゼンノサーベイヤーの3連複13.4倍を3600円的中させ、4万8240円を払い戻しました!この他にも京都9Rで◎×▲の印で3万9600円を払い戻し、21(土)京都11Rでも◎×○で3万7840円を払い戻しました!週末トータル回収率174%、収支プラス5万9360円をマークしています。

この他にもマカロニスタンダーズプロサウスプロ河内一秀プロ☆まんでがんプロサラマッポプロおかべプロが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
    
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年01月22日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第241回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜アメリカジョッキークラブカップ G2
閲覧 565ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日はアメリカジョッキークラブカップG2の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、リアファル1頭。
第2グループ(黄)は、クリールカイザーワンアンドオンリーゼーヴィントの3頭。
第3グループ(薄黄)は、マイネルフロストタンタアレグリアまでの5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと総合トップのリアファルクリールカイザー間に1.7の溝があり、その他に大きな溝が発生していません。

私の本命は◎リアファルとします。ここ数週の中山芝はやや差し馬向きの傾向ではありますが、正直のこのメンバー構成では能力・性能が1枚上の印象を持っていますので期待したいと思います。距離延長は好材料ですし、懸念材料は2走ボケくらいでは!?という評価です。問題は相手探しですが、対抗にはここに向けて明らかに仕上げてきた○クリールカイザー、▲には中山は崩れないショウナンバッハ、以下△ヤマニンボワラクテタンタアレグリアルミナスウォリアーゼーヴィントミライヘノツバサと印を打ちます。

【3連複1頭軸ながし】
13

1,6,8,10,12,15,17

計21点

[もっと見る]

2017年01月15日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年01月15日号】特選重賞データ分析編(30)〜2017年アメリカジョッキークラブカップ〜
閲覧 2,907ビュー コメント 0 ナイス 5

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 アメリカジョッキークラブカップ 2017年01月22日(日) 中山芝2200m外


<ピックアップデータ>

【“前年か同年、かつJRAのG1かG2”において5着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
○あり [5-2-4-25](複勝率30.6%)
×なし [0-3-1-32](複勝率11.1%)

 格の高いレースで好走してきた馬を重視したい一戦。2012年以降の優勝馬5頭は、いずれも“前年か同年、かつJRAのG2”において連対経験があった馬です。一方、G3やオープン特別、条件クラスのレースを主戦場としてきた馬は安定感を欠いています。近走の勢いだけで支持されている馬を信頼し過ぎないようにしましょう。

主な「○」該当馬→

[もっと見る]

⇒もっと見る

ルミナスウォリアーの口コミ


口コミ一覧

【回顧】函館記念

 kt 2017年07月18日(火) 19:56

閲覧 33ビュー コメント 0 ナイス 4

家庭事情で当日に馬券検討は出来ず、前日予想での購入。そしたら重馬場になってた。

サクラアンプルール、ナリタハリケーン、ヤマカツスズランの単勝を購入。

サクラはオッズがついたんで怪しい感じがしました。パドック組の皆さんの評価が低かったのかな。ナリタは力不足か。キンカメ産駒の重賞初挑戦で内枠だったんで狙って見たけどまだまだでした。ヤマカツは期待した走り。サクラもそうなんだけど、外枠で弱気になってしまった。まあ、内枠だったら着外かもしれないからここはしょうがないか。ヤマカツ一頭に絞れていたら複勝も買えたオッズだっただけに、やや悔しい。

タマモベストプレイの走りは見事。こいつも小回り得意か。距離が短いと思ったけど、ヤマカツの単勝を買うなら、こっちの複勝もありだった。

勝ったルミナスウォリアーは買えない。道悪を理由にルミナス買うならレッドソロモンの方を買っちゃうと思う。

的中率向上の為に複勝の購入を検討します。うまく絞っていけるかなー。

 あらすぺ 2017年07月18日(火) 00:29
win5をまたやってみた
閲覧 17ビュー コメント 0 ナイス 2

先週のwin5がいいところまでいったので味をしめて?またやってみました。
買い目は全部で30点です。

中京10R 5頭選択→セーフ
福島10R 2頭選択→セーフ
函館11R 1頭選択→アウト
中京11R 1頭選択→アウト
福島11R 3頭選択→セーフ

やっぱり1レース1頭はよほど自信がないと無理かなあ。

本命◎に選んでいたのは、

函館11R サクラアンプルール(ルミナスウォリアー ○)
中京11R センチュリオン(オウケンワールド ○)

注:カッコ内は1着と印

買い目に買った馬をそれぞれ追加すると30点が120点になります。
払戻し金は117,940円ですが十分プラスですが、
なかなか1つの馬券で1万円越えは自分としてはハードルが高い…

いっそ日曜日はwin5一本に絞る手もありますが、どうもそれは違う。
やっぱりwin5を当てにいくからには普段の競馬資金がもっと必要になりそうです。

そうなるとこれは別方向の努力も必要になってきます。

自分はレートを上げれるまでwin5の購入はやめておいたほうがよさそうです(泣)

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年07月17日(月) 22:44
函館記念・名鉄杯・バーデンバーデンCの感想の巻
閲覧 13ビュー コメント 0 ナイス 4

それでは、時系列に沿って感想書いていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

☆函館記念の結果☆
収支は−2000Pでした。

宣言通り、ワイド 11−7・10・15・16を買いましたがハズレ・・・。
夏競馬が難しいのは十分わかってるんですけど、5番人気1着のルミナスウォリアーだけでも十分難しいのに、14番人気2着のタマモベストプレイが2着とか難しすぎですよ〜。
ぼくは、本命馬が10着やし、1・2着馬はノーマークやし、ひどい予想しちゃってましたね〜。
ぼくの実力では手が届かない超ハイレベルの難問で完敗でした。

1着ルミナスウォリアー
2着タマモベストプレイ
3着ヤマカツライデン

3コーナーで好位〜中団、4コーナーでは好位辺りにいる馬が上位独占でしたが、
・小回りでも中団より前めでスムーズに立ち回れる器用さ
・重馬場に対応できるパワー
・上がりのかかる流れに対応できる持久力
などが問われるレースだったと思うんで、不器用な馬や瞬発力勝負が得意な馬には辛いレースだったと思いますが、この結果は全然予測できませんでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆名鉄杯の結果☆
収支は−500Pでした。

宣言通り、単勝 3(コパノチャーリー)を買いましたがハズレ・・・。
全然自信なかったんですけど、マスクゾロの除外でコパノチャーリーに運が向いたかも?と期待してたら、終盤に捕まっちゃいましたがすごく頑張って粘って3着でした。
結果的には、1・2・3番人気の順で1・2・3着ですが、こんなすんなり決まるようなメンバーに思わなかったんで、難しいと思ったら人気通りにくるんかい!!と言いたくなりました(笑)

1着オウケンワールド
2着センチュリオン
3着コパノチャーリー

オウケンワールドは2着馬とはアタマ差の接戦でしたが、好位追走からきっちり勝ち切って、これで4連勝!
これからもっと強い馬達と戦った時にどれだけやれるか楽しみです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆バーデンバーデンCの結果☆
収支は−1000Pでした。

宣言通り、単勝 8(オウノミチ)を買いましたがハズレ・・・。
楽な流れで逃げてたんで、これはいけるかも!?と思ったんですけど直線で失速しちゃいました。
近走の成績もよくないし、去年勝った時と比べても程遠い感じがしたけど衰えてるのかな〜?

1着フミノムーン
2着コスモドーム
3着アルマワイオリ

9頭立てでレベルも低めだったと思うけど、フミノムーンはいつもと違って好位からの競馬で勝てたのは収穫大きかったかも。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
函館記念 ツクバアズマオー・・・10着

もうちょっとやれると思ってたんですけどダメでした・・・。

投資1100Pが0Pになっちゃいました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会
・2歳新馬戦予想対決


どの企画も、
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
今日、盛岡で行われたマーキュリーCはミツバが勝ちましたね〜。

馬券買えませんでしたが、馬券買ってたら2着馬選びを間違ってハズレだったと思うんで、買えなくて救われました。

[もっと見る]

ルミナスウォリアーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ルミナスウォリアーの写真

ルミナスウォリアー

ルミナスウォリアーの厩舎情報 VIP

2017年7月16日函館記念 G31着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ルミナスウォリアーの取材メモ VIP

2017年7月16日 函館記念 G3 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。