会員登録はこちら
東海ステークス G2   2017年1月22日() 15:25 中京/ダート1800m

東海ステークスのニュース&コラム

【古馬次走報】モルトベーネ、フェブラリーS視野
 ★AJCCを制したタンタアレグリア(美・国枝、牡5)は、阪神大賞典(3月19日、阪神、GII、芝3000メートル)か日経賞(同25日、中山、GII、芝2500メートル)へ。5着ワンアンドオンリー(栗・橋口、牡6)は、ドバイシーマクラシック(3月25日、メイダン、GI、芝2410メートル)、ゴールドC(同、GII、芝3200メートル)か、国内の場合は阪神大賞典から天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)を予定。12着クリールカイザー(美・相沢、牡8)は中山記念(2月26日、中山、GII、芝1800メートル)か小倉大賞典(同19日、小倉、GIII、芝1800メートル)。16着ホッコーブレーヴ(美・松永康、牡9)は放牧後、日経賞を視野に。 ★東海S2着モルトベーネ(栗・松永昌、牡5)、6着ピオネロ(栗・松永幹、牡6)、12着インカンテーション(栗・羽月、牡7)は、フェブラリーS(2月19日、東京、GI、ダ1600メートル)を視野。3着メイショウウタゲ(栗・安達、牡6)は、アルデバランS(2月12日、京都、OP、ダ1900メートル)かフェブラリーS。16着リッカルド(美・黒岩、セン6)は、引き続き北村宏騎手で佐賀記念(2月7日、佐賀、交流GIII、ダ2000メートル)が視野に入っている。 ★カーバンクルSを勝ったナックビーナス(美・杉浦、牝4)は京都牝馬S(2月18日、京都、GIII、芝1400メートル)。石清水S1着ムーンエクスプレス(栗・鈴木孝、牝5)も同レースを視野。 ★ポルックスS3着タムロミラクル(栗・西園、牡5)は、M・デムーロ騎手で佐賀記念へ。東海S7着ロンドンタウン(栗・牧田、牡4)も同レースへ。 ★雅S1着コクスイセン(栗・寺島、牡4)は、仁川S(3月11日、阪神、OP、ダ2000メートル)からアンタレスS(4月15日、阪神、GIII、ダ1800メートル)。 ★すばるS1着スマートアヴァロン(栗・西園、牡5)は、バレンタインS(2月12日、東京、OP、ダ1400メートル)。6着ナガラオリオン(栗・大根田、牡8)は、大和S(2月4日、京都、OP、ダ1200メートル)へ。 
2017年1月25日(水) 05:00

 1,126

【東海S】グレンツェント快勝で重賞2勝目!
 第34回東海ステークス(22日、中京11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1800メートル、1着本賞金5500万円、1着馬にフェブラリーステークスの優先出走権=出走16頭)横山典弘騎乗で1番人気に推された関東馬グレンツェントが差し切って快勝。2度目の重賞勝ちを果たし、フェブラリーステークス(2月19日、東京、GI、ダ1600メートル)の優先出走権を獲得した。タイム1分53秒2(良)。横山典騎手は23年連続のJRA重賞勝ちを果たし、東海Sは27年ぶりの勝利となった。1/2馬身差の2着が12番人気のモルトベーネ。さらに1/2馬身差の3着が10番人気メイショウウタゲだった。 ダート界でも明け4歳馬が大暴れだ。ほおを刺すような冷たい逆風の中を力強く伸びたグレンツェントが、年上のライバルを撃破し重賞2勝目。初コンビの横山典騎手が笑顔で相棒をねぎらった。 「余裕はあった。着差はわずかだったけど、よく頑張ってくれました。オンオフがはっきりしている賢い馬。自由自在でした」 前半1000メートル通過が1分3秒7と緩いペースのなか、先団の後ろで流れに乗る。4コーナーは外を回る形になったが、手応え良く最後の直線に向いてスパート開始。前を射程圏に入れ、鞍上の右ムチに呼応してぐんぐん加速した。最後は内から先に抜け出していたモルトベーネをきっちり捕らえ、昨夏のレパードSに続いて2つ目の重賞タイトルをゲット。これで明け4歳馬は、京都金杯のエアスピネル、日経新春杯のミッキーロケットと3週連続の重賞Vだ。 JRA通算10度目の重賞勝利となった加藤征調教師は「力をつけたというより、競馬が上手になった。以前は砂をかぶると何馬身か下がるところがあったけど、キャリアを積んで慣れたぶん、レース運びが良くなった」と成長ぶりに目を細めた。今後については「体調をよく見ながら、オーナーに決めてもらう」と明言を避けたが、フェブラリーSでのGI制覇に期待は膨らむばかりだ。 23年連続のJRA重賞Vを飾った48歳の横山典騎手は「今年もけがなく無事に乗れるように。僕も馬も平和に一年を過ごせるようにしたい。(グレンツェントは)若い馬なのでまだまだ良くなる。順調にいってほしいです」と締めくくった。 ダート路線で最強世代の一角を担うグレンツェント。次の大一番でも、目が離せない存在になりそうだ。 (川端亮平)★22日中京11R「東海ステークス」の着順&払戻金はこちら
2017年1月23日(月) 05:02

 525

【東海S】アスカノロマン、出脚がつかず8着
 第34回東海ステークス(22日、中京11R、GII、4歳上オープン国際(指)、別定、ダ1800メートル、1着本賞金5500万円、1着馬にフェブラリーステークスの優先出走権=出走16頭)勝ち馬と人気を分け合った2番人気アスカノロマンは8着止まり。連覇を飾ることはできなかった。「ゲートで出脚がつかなかった」(和田騎手)ため、道中はいつもより後ろの6、7番手。さらに、スローな展開も加わって万事休すだった。和田騎手は「瞬発力勝負は向いていない。ただデキは変わらず良かった。力を出し切れないレースでした」と力負けではないことを強調した。★22日中京11R「東海ステークス」の着順&払戻金はこちら
2017年1月23日(月) 05:01

 468

【東海S】レースを終えて…関係者談話
 ◆丸田騎手(ショウナンアポロン4着) 「ハナにはこだわらなかったけど、結果的にマイペースで逃げることができました」 ◆太宰騎手(カゼノコ5着) 「スローペースで、外を回った割には、よく伸びていた。もう少し流れてほしかったですね」 ◆川須騎手(ピオネロ6着) 「流れが遅かったので積極的に行った。位置取りは良かったけど、最後は伸び切れなかった」 ◆牧田師(ロンドンタウン7着) 「もう少しペースが流れていたら…」 ◆石橋騎手(ラストインパクト9着) 「初ダートでしたが、3、4コーナーの感じは良かった。(ダートに)慣れれば走れそう」 ◆中谷騎手(モズライジン11着) 「内枠でスローペースになり、あの(後方の)位置取り。切れない馬なので展開が厳しかった」 ◆藤岡康騎手(インカンテーション12着) 「気持ちが乗りすぎて、スムーズに進めなかった」 ◆加藤騎手(カラクプア13着) 「いい位置を取りに行こうとしましたが、外に回されてしまいました」 ◆浜中騎手(ロワジャルダン14着) 「展開がスロー。流れが向かなかった」 ◆酒井騎手(トウショウフリーク15着) 「うまく前でレースができましたが…」★22日中京11R「東海ステークス」の着順&払戻金はこちら
2017年1月23日(月) 05:01

 576

東海ステークスのニュースをもっと見る >

【東海S】モズライジン上々4F53秒4
 モズライジンは昨年暮れに東京大賞典にチャレンジ。大差6着に終わったが、GIでの経験を糧に’17初戦に臨む。 中谷騎手が跨り、栗東坂路で単走。14秒6−13秒2−12秒5とスムーズにラップを上げ、ラスト1Fもしっかり追われて13秒1。けいこでそう派手な動きはしないので、4F53秒4なら十分動けているほうだろう。 「もともと動くほうではないので、調子の良し悪しがつかみづらいところはある。前走も確かに相手は強かったが、少しフワフワした感じで走っていた。集中して走れれば」と安藤助手。2戦してともに2着の中京で見せ場を作りたい。(夕刊フジ)★東海Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年1月19日(木) 11:12

 788

【東海S】追って一言
 ◆インカンテーション・羽月師 「息の戻りがすごく良くて(使った)上積みは大きい」 ◆カゼノコ・野中師 「良化はスローだが、少しずつ変わってきている」 ◆カラクプア・松田師 「(調教は)動かない馬で、動いている方だと思う」 ◆ショウナンアポロン・古賀史師 「今回は絞れていると思う。状態はいいので気分良く走れれば」 ◆トウショウフリーク・今野師 「年齢的な衰えは感じない。自分の力を出し切れば」 ◆マイネルクロップ・飯田雄師 「時計が出過ぎているぐらいだから、調子はいいんだろうね」 ◆メイショウウタゲ・安達師 「動きは相変わらず、いつもと同じ感じ」 ◆ラストインパクト・前川助手 「ダートは未知数だが、長く脚を使う持ち味を出してくれれば」 ◆リッカルド・黒岩師 「ここ2戦は不発だったが、自分から動いていく競馬ができれば」 ◆ロワジャルダン・戸田師 「前走と同様にダートで気分良く走らせた。反応は良かったしピリッとしている」 ◆ロンドンタウン・牧田師 「いい状態だし、競馬でもリズムよく運べれば」★東海Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年1月19日(木) 05:03

 1,225

【東海S】アスカノロマン、連覇へ好気配
 昨年の覇者アスカノロマンが、ここに照準を合わせて上々の仕上がりを見せている。CWコースは雪解けで時計を要していたが、馬なりながら軽快な脚取りで6ハロン82秒8、3ハロン39秒6−13秒6を計時。前走のチャンピオンズC3着からの上積みを感じさせる。 「先週までしっかり負荷をかけて、今週は実質5ハロン(66秒5)から流した。去年と同じパターンの仕上げです」。川村調教師は充実ぶりに目を細め、「体重も安定して530キロぐらいで推移。今年も好位差しの競馬で」。連覇への手応えは十分にありそうだ。★東海Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年1月19日(木) 05:03

 661

【東海S】グレンツェント、状態文句なし!
 年末の師走Sを勝ったグレンツェントは初コンビの横山典騎手を背に、3頭併せの真ん中で一杯に追われてWコースで5ハロン68秒1、3ハロン39秒2−13秒2をマーク。外ランディングバース(1000万下)には手応えで見劣ったが、動きが地味なのはいつものこと。鞍上も「賢くてオンとオフがはっきりしている。調教とレースが違うと分かっている」と感触をつかんでいる。加藤征調教師も「前走を使ってここが目標だった。状態は文句なし」とデキに自信の表情。★東海Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年1月19日(木) 05:03

 756

東海ステークスの直前追い切り情報をもっと見る >

東海ステークスの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

1月22日 15:24更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv119 
260円 26,000円
Lv107 
260円 18,200円
Lv105 
12,560円 62,800円
Lv102 
910円 36,400円
Lv100 
12,560円 75,360円

的中情報をもっと見る >

東海ステークス過去10年の結果

2016年1月24日() 中京競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
1着 アスカノロマン 太宰啓介 1:51.9 6.7倍 104.2
2着 モンドクラッセ 田辺裕信 3.5倍 103.0
3着 ロワジャルダン 横山和生 3 1/2 3.3倍 100.5
2015年1月25日() 中京競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:
1着 コパノリッキー 武豊 1:50.9 2.5倍 105.3
2着 グランドシチー 津村明秀 46.0倍 102.3
3着 インカンテーション 大野拓弥 ハナ 4.8倍 102.3
2014年1月26日() 中京競馬場/ダ1800m 天候: 馬場:

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

東海ステークスの歴史と概要

東海ステークスは1984年に4歳(現3歳)以上の混合の別定重賞競走、ウインターステークスとして創設。第1回は中京競馬場のダート2200mで施行され、中央競馬のダート重賞路線を締め括る競走として位置付けられた。中央競馬で唯一のダートによるGII競走である。

1997年からはGIIに昇格すると共に名称を東海テレビ杯東海ウインターステークスに変更した。2000年からは施行時期を5月に変更した事に伴い、東海テレビ杯東海ステークスに変更、地方競馬の帝王賞の前哨戦としての位置付けとなる。

中京競馬場の改修工事などにより2010年・2011年・2012年は京都競馬場のダート1900mで施行され、2013年からは再度開催日割の見直しにより中京競馬場での開催に戻る。また施行時期も1月下旬に変更されてフェブラリーステークスの前哨戦となった。

先述の通り施行条件は度々変更されているが、ナリタハヤブサハギノハイグレイドサカラートメイショウトウコンワンダースピードシルクメビウスワンダーアキュートグレープブランデーといった馬が当レースで優勝している。

☆東海ステークスの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月16日(
ターコイズステークス G3
2017年12月17日(
朝日フューチュリティ G1

競馬番組表

2017年12月16日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2017年12月17日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る