ニホンピロアワーズ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ニホンピロアワーズ
写真一覧
抹消  青鹿毛 2007年5月3日生
調教師大橋勇樹(栗東)
馬主小林 百太郎
生産者片岡牧場
生産地新ひだか町
戦績42戦[13-10-5-14]
総賞金41,262万円
収得賞金24,400万円
英字表記Nihonpiro Ours
血統 ホワイトマズル
血統 ][ 産駒 ]
Dancing Brave
Fair of the Furze
ニホンピロルピナス
血統 ][ 産駒 ]
アドマイヤベガ
ニホンピロタイラ
兄弟 ニホンピロシナバーニホンピロプアラニ
前走 2015/12/23 名古屋グランプリ G2
次走予定

ニホンピロアワーズの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/12/23 名古 10 名古屋GP G2 ダ2500 12--------2** 牡8 58.0 酒井学大橋勇樹549(--)2.45.9 0.2----アムールブリエ
15/12/06 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 1635218.91511** 牡8 57.0 酒井学大橋勇樹544(+10)1.51.6 1.238.9サンビスタ
15/11/03 大井 10 JBCクラシ G1 ダ2000 16--------8** 牡8 57.0 酒井学大橋勇樹534(--)2.06.6 2.2----コパノリッキー
15/10/03 阪神 11 シリウスS G3 ダ2000 124423.386** 牡8 58.5 酒井学大橋勇樹538(+18)2.05.6 1.038.0④④アウォーディー
15/06/24 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 12--------5** 牡8 57.0 酒井学大橋勇樹520(--)2.04.4 1.7----ホッコータルマエ
15/05/23 京都 11 平安S G3 ダ1900 164742.8118** 牡8 58.0 酒井学大橋勇樹522(-18)1.55.9 0.837.1④④④④インカンテーション
15/01/25 中京 11 東海S G2 ダ1800 144517.3513** 牡8 57.0 和田竜二大橋勇樹540(-7)1.52.9 2.039.5コパノリッキー
14/12/23 名古 10 名古屋GP G2 ダ2500 10--------2** 牡7 58.0 酒井学大橋勇樹547(--)2.43.6 0.1----エーシンモアオバー
14/12/07 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 1651033.31213** 牡7 57.0 酒井学大橋勇樹538(-2)1.52.4 1.437.5⑦⑦ホッコータルマエ
14/11/09 京都 11 みやこS G3 ダ1800 16476.537** 牡7 58.0 酒井学大橋勇樹540(+10)1.50.8 0.636.8⑥⑤⑦⑥インカンテーション
14/06/25 大井 12 帝王賞 G1 ダ2000 11--------4** 牡7 57.0 酒井学大橋勇樹530(--)2.04.6 1.1----ワンダーアキュート
14/04/19 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 166121.813** 牡7 58.0 酒井学大橋勇樹534(+7)1.51.5 0.036.4⑥⑤⑤ナムラビクター
14/03/19 船橋 11 ダイオライト G2 ダ2400 14--------1** 牡7 56.0 酒井学大橋勇樹527(--)2.34.6 -0.4----トウショウフリーク
14/02/23 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16477.848** 牡7 57.0 酒井学大橋勇樹528(-16)1.36.7 0.735.5⑩⑧コパノリッキー
14/01/26 中京 11 東海S G2 ダ1800 167141.611** 牡7 57.0 酒井学大橋勇樹544(+9)1.50.4 -0.337.5⑤⑥④④グランドシチー
13/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 9--------3** 牡6 57.0 酒井学大橋勇樹535(--)2.07.4 0.8----ホッコータルマエ
13/12/01 阪神 11 JCダート G1 ダ1800 1671413.455** 牡6 57.0 酒井学大橋勇樹540(+8)1.51.2 0.837.2ベルシャザール
13/06/26 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 12--------2** 牡6 57.0 酒井学大橋勇樹532(--)2.03.2 0.2----ホッコータルマエ
13/05/18 京都 11 平安S G3 ダ1900 16111.411** 牡6 59.0 酒井学大橋勇樹538(+6)1.56.9 -0.136.4ナイスミーチュー
13/04/13 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 16482.922** 牡6 59.0 酒井学大橋勇樹532(-4)1.49.8 0.135.9ホッコータルマエ

⇒もっと見る


ニホンピロアワーズの関連ニュース

関連ニュースはありません。

ニホンピロアワーズの関連コラム

関連コラムはありません。

ニホンピロアワーズの口コミ


口コミ一覧

ナナコのタルマエの思い出

 絵馬 2016年12月1日(木) 13:22

閲覧 114ビュー コメント 5 ナイス 39

ヒルマエ(昼前)に投稿するつもりが昼過ぎになりました。
いや、朝に投稿するはずでした。

ホッコータルマエ左前肢跛行で引退
優駿SSで種牡馬に
[ウマニティより 提供元:SANSPO.COM 12月1日(木) 05:01]
http://umanity.jp/racedata/race_newsdet.php?nid=3926876

中央、地方を含め、日本で史上初めてGI10勝を挙げた
ホッコータルマエ(栗・西浦、牡7、父キングカメハメハ)が30日、
チャンピオンズCを回避。そのまま引退することが決まった。
============================================================
■明日に書こうと思いましたが

急なニュースだったので
ソッコーでタルマエの話題を書きました。

まだ他の話題を日記にと思ってたのに
ホッコータルマエが引退というニュースを見たので
画像も急いで描きました。

■いつも日記を書く話題ばかりなので

たまには競馬の話でも書きましょう。

他の方の日記のコメントだとまじめに調べて
書いていますが、自分の日記になると
まともな文章が出てきません。

コメントを書くつもりでホッコータルマエを
調べました。

★タルマエというと

ドバイに行って、いい成績残せなかったというのは
おいといて、国内での思い出というと

ジャパンカップダートが結構印象に残ってます。

■ここ数年のこと

2012年の時は、
9番人気でまだ、人気はなかったんですね。
この時、ローマンレジェンドがデムーロ騎手に
乗り替わりで(岩田騎手が騎乗停止?)
でも勝ったのは酒井学騎手のニホンピロアワーズ。
この時は、ローマンレジェンドを軸にしていた?
ので馬券はハズしたような。

2013年のジャパンカップダート。
この時はタルマエは1番人気になってました。
たしかここで幸騎手のダンス?だったかな
ネットのニュースにもなってたような
ていうかこのレースだったかな…
3連単のアタマにホッコータルマエを選んでいただけに
これまた馬券をとってないような。

2014年、ホッコータルマエは、ここでは2番人気
ついに、タルマエが勝ちました。
ただ、コパノリッキーが出遅れた?のかな?
12着で、これまた馬券が…。

と、タルマエよりも、他に選んだ馬や
ジャパンカップダートの話になってしまいましたね。

■タルマエの馬券の記憶は

2013年の4月のアンタレスSか
2012年の11月のみやこS

2013年アンタレスS

【アンタレスS】
ホッコータルマエ(1番人気
ニホンピロアワーズ(2番人気
ハートビートソング(3番人気

2012年 みやこS

【みやこS】
ローマンレジェンド(1番人気
ニホンピロアワーズ(3番人気
ホッコータルマエ(5番人気

比較的、人気決着でしたが、
ここらくらいがうっすらと記憶に。

その他は、買ってないか、
3連系であと1頭が選びきれずにとれなかった。

■と、まじめに書いてしまいました

こういう日記は
競馬歴長い方や熱心なファンの方に
まかせて、画像の方のことを。

■タルマエの思い出

ナナコさんの思い出といっても
ありえない話ですので。

ナナコさんがタルマエのことを語るのですが
なんかタルマエのようでタルマエでない?
てな話です。なつかしい話題になってます。

■では、最後に

タルマエの話がオワルマエ(終わる前)に。

タルマエは2月に引退かなって思いました。

「タルマエの引退は、ハルマエ(春前)?」

すいません
タルマエが、サルマエ(去る前)に
どうしようもない長文になってしまって。

失礼しました。

 山崎エリカ 2016年3月9日(水) 10:54
ダイオライト記念の予想
閲覧 132ビュー コメント 1 ナイス 10

地方勢が活躍の重賞
_________

船橋2400mで行われるダイオライト記念は、主にフェブラリーS(1600m)では、距離不足の実績馬が集います。また、交流重賞と言えば、総体的に堅く収まる傾向にありますが、ダイオライト記念は、過去10年で馬連4000円を越える配当が3回(1度は万馬券)、3連単万馬券が7回と中波乱が期待できるレースです。あわよくば高配当ゲットも夢ではありません。

しかしながら、実績馬が連対しないレースというわけでもありません。近1年以内に2000m以上の交流G1で勝利実績があった馬の連対は、全20頭中5頭、近1年以内に2000m以上の交流G1で連対実績があった馬の連対は9頭と、基本的には実績馬が活躍しています。該当馬は、2007年クーリンガー(2着)、2008年フリオーソ(1着)、ボンネビルレコード(2着)、2009年フリオーソ(1着)、2011年スマートファルコン(2着)、2012年ランフォルセ(1着)、2013年ハタノヴァンクール(2着)、2014年ニホンピロアワーズ(1着)、2015年クリソライト(1着)です。

また、残る連対馬11頭中、近1年以内に交流G2で連対実績のあった馬は5頭。該当馬は、2006年ヴァーミリアン(1着)、パーソナルラッシュ(2着)、2010年マイネルアワグラス(2着)、2013年オースミイチバン(1着)、2014年トウショウフリーク(2着)です。特に2400m以上の前年のダイオライト記念や名古屋GPの連対馬が、この舞台での活躍を見せています。パーソナルラッシュやフリオーソ、マイネルアワグラスがこのレースで2年連続連対しているように、比較的リピーターが多いというのが、ステイヤー適性も問われる何よりの証拠です。

ただし、近1年以内の交流G1、G2の連対馬を狙うだけではそれほど高配当が狙えません。実績馬というカテゴリーに該当しない残る6頭に高配当ゲットのヒントが隠されています。


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=6972

ぜひ、高配当を引っ掛けちゃって下さいねぇ〜(*´∀`*)。


予想はこちら→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2016030919120311

[もっと見る]

 山崎エリカ 2015年12月29日(火) 10:23
東京大賞典の予想
閲覧 163ビュー コメント 0 ナイス 10

絶対王者不在の今年は?
___________

2015年のダート路線を締めくくる東京大賞典。ダートの王道路線は、秋は10月のJBCクラシックから始まり、続いて11月のチャンピオンズC、そして最終戦がこのレースとなります。例年、JBCクラシックやチャンピオンズCの上位馬が集うため、年によってはチャンピオンズC以上のハイレベルな戦いになることも少なくありません。

本来は、秋のG1戦ではもっとも賞金が高い中央のチャンピオンズCを大目標とし、東京大賞典は消化試合でもいいはずなのに、東京大賞典のほうが決着指数が高いハイレベル戦になることがある理由は大きく2つ。有終の美を飾りたがる日本人の国民性と、東京大賞典がもっとも実力どおりに決まると言われているチャンピオンディスタンス(コースの癖が少ない大井外回り2000m)で行われることです。

このレースを目標とする実績馬が意外と多く、実力どおりに決まりやすい舞台設定となれば、自然と中央馬優勢のイメージが出来上がります。確かに近年は中央勢が圧倒的ですが、2004年、2005年とアジュティミツオーが2連覇したこともあれば、2007年、2010年とフリオーソが2着したこともありました。ただ、アジュティミツオーもフリオーソも同年の中距離G1で連対実績のあった馬。両馬とも「中央勢=強い」のイメージからそこまで人気にならなかっただけで、もともとの実績を考えれば、順当な成績でした。

個人的に意外だったのは、昨年8番人気で3着に大健闘したサミットストーン。勝ったホッコータルマエには完敗でしたが、2着のコパノリッキーとは0.3秒差で、3連単万馬券の立役者となりました。サミットストーンは、同年の浦和記念勝ちの馬。前走の浦和記念を勝って、勢いもそれなりの能力もあるような馬は、トップクラスが低調の近年ならば穴メーカーになりうる可能性があることを、改めて思い知らされました。今年もそのタイプは、3着くらいまでなら考慮したいところです。

さて、逆に1着馬タイプはどのような馬なのかというと、同年のG1勝ち馬が圧倒的に活躍しています。過去10年の勝ち馬10頭中9頭が、同年のG1勝ちの実績馬で、唯一の例外は、2012年のローマンレジェンドのみです。ローマンレジェンドは、同年のダートの1000万下からジャパンカップダートの前哨戦のみやこステークスまで6連勝し、ジャパンカップダートでは1番人気に推されたほどの強烈な上がり馬でしたが、過去のこのレースの勝ち馬とローマンレジェンドがこのレースでマークした指数を比較すると、やや見劣りするものがありました。

ローマンレジェンドが勝った年は、スマートファルコンが同年のドバイワールドCの参戦を機に引退し、帝王賞の勝ち馬ゴルトブリッツが腸捻転で急死。フェブラリーSの勝ち馬テスタマッタやジャパンカップダートの勝ち馬ニホンピロアワーズは不出走という、東京大賞典にしては珍しい空き家の状態でした。列記した同年のG1馬が出走していたならば、勝てなかった可能性も十分あるだけに、ローマンレジェンドの勝利は例外と考えても良さそうです。今年はなかなかのメンバーが揃っているので、素直に王道路線のG1勝ちの実績馬を本命馬とするのが得策でしょう。


続きはこちら→http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=6747


ただ、今年はローマンレジェンドが勝った年のように、能力上位馬の番狂わせがあるかもしれません。なぜならばヴァーミリアンやカネヒキリ、スマートファルコンのように、何連勝も出来るような絶対王者不在だからです。ここ数年では一番の高配当が出現するかもしれません。


予想→http://nar.umanity.jp/coliseum/coliseum_view.php?user_id=3100000007&race_id=2015122920160210

[もっと見る]

⇒もっと見る

ニホンピロアワーズの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ニホンピロアワーズの写真

ニホンピロアワーズ

ニホンピロアワーズの厩舎情報 VIP

2015年12月6日チャンピオンズカップ G111着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ニホンピロアワーズの取材メモ VIP

2015年12月6日 チャンピオンズカップ G1 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。