会員登録はこちら
朝日フューチュリティ G1   2017年12月17日()  阪神/芝1600m

朝日フューチュリティのニュース&コラム

【朝日杯FS】ダノンプレミアム“無敗V3”決めるぞ!
 今週もGIの舞台は阪神。2歳マイル王者決定戦「第69回朝日杯FS」(17日、GI、芝1600メートル)が行われる。阪神JFでは無敗の3連勝女王が誕生したが、こちらも注目を集めるのは無傷の重賞ウイナー。サウジアラビアRCを制したダノンプレミアムだ。 ダノンプレミアムは阪神9Fのデビュー戦をスピードの違いで4馬身差押し切って、前走の東京マイル・サウジアラビアRCも2番手追走から危なげなく抜け出した。 「初戦はビッシリ仕上げていなかったから、前走はいくらか上積みがあった。競馬にいくとしっかり走る。これから出てくる課題を修正しながら育てていきたい」と、中内田調教師は実戦向きをアピールする。 やや間隔は空いたが、動きは絶品。先週はCWコース3頭併せでラスト1F11秒4の強烈な切れ味を発揮し、ともに出走する新潟2歳S馬フロンティアを3馬身、2歳未勝利ノーブルスピリットを1秒1突き放した。 「思っていた感じ。いい状態でレースに向かえそうだ。そう大きな変化はなく、レースまでに急いでやらなければならないこともない。一戦ごとに力をつけているようだね」とドッシリ構える。 今年から年末のホープフルS(28日、中山、芝2000メートル)がGIに昇格。クラシックにつながる意味では朝日杯の存在感が薄れる恐れもあるが、勝てば来春も注目されるであろうディープインパクト産駒。無敗V3を決め、スターダムにのし上がるか。(夕刊フジ)★朝日杯FSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年12月11日(月) 11:38 NEW!

 851

【朝日杯FS】プレミアム11秒4、フロンティア12秒0
 《栗東》中内田厩舎のダノンプレミアム(牡)とフロンティア(牡)が、CWコースで3頭併せを敢行。ダノンが強めに追われてラスト1ハロン11秒4(6ハロン84秒4)をマークし、中フロンティアに3馬身、外の僚馬に5馬身半先着を果たした。フロンティアは一杯に追われて6ハロン85秒4−12秒0。「2頭とも予定通りです。思っていた調教ができました」と中内田調教師。
2017年12月8日(金) 05:01

 1,530

【阪神JF】オルフェ産駒GI初出走初VへロックON!
 2歳女王決定戦の阪神ジュベナイルフィリーズの追い切りが6日に行われ、札幌2歳Sの覇者で2戦2勝のロックディスタウン(美浦・二ノ宮敬宇厩舎、牝2歳)が美浦トレセンで態勢を整えた。Wコースで追いかけた古馬に半馬身遅れたが、しっかりとした末脚を披露。新種牡馬オルフェーヴルが送り出す大物が無敗で2歳女王の座に就く。 ピンと張り詰めた冬の冷たい空気の中、父オルフェーヴルと同じ黄金の馬体が輝きを増した。気温0度の美浦トレセンの朝。Wコースでロックディスタウンが躍動した。 「先週、しっかり追い切ったけど、GIを使うならもう一段階ほしい。(二ノ宮)先生がそう考えて、今週も少し(強い調教を)やりました」 緩めることなく併せ馬で負荷をかける最終追い。担当の佐竹調教助手が理由を説明した。 ゴールドスミス(3歳500万下)をゆったり追走し、残り4ハロンあたりでピッチが上がる。3〜4コーナーで内に入って直線に向くと、調教駆けする古馬に手応えは劣勢だったが、食らい付いて半馬身遅れでフィニッシュした。4ハロン52秒4−13秒1。ウッドチップを入れ替えたばかりで時計がかかるタフな状態だけに、合格点の動きだ。 「先週は行きたがるところがありましたが、ガス抜きになったのか、馬の後ろで折り合えましたね。全体的な時計は速いし、これだけやれるのは順調にきている証拠。遅れは気になりません」 佐竹助手が状態面に自信をみせる。新潟の新馬戦(芝1800メートル)は強烈な末脚で快勝。上がり3ハロン32秒5は父も出したことがない数字(父は32秒8が最速)だった。札幌2歳Sは早めに動いて、来週の朝日杯FSで有力視されるファストアプローチを楽々と差し切った。今回は約3カ月ぶりになるが「体に幅が出て成長しています」とパワーアップを強調する。 オルフェ産駒で最初の重賞ウイナー。父は2歳時、GIは出走しておらず重賞は京王杯2歳Sの10着だけ。同じ栗毛だが、父の2歳時は450キロ前後。娘は前走時490キロと馬格があり、前後肢の筋肉量も豊富。2歳時の完成度では娘の方が上かもしれない。 「フットワークが大きいから小回りより広いコースの方が合う。阪神外回りのマイルは、いいイメージでいけます」 佐竹助手が期待を寄せる。長距離輸送もデビュー戦の新潟で経験済み。1981年に発表されたロックの名曲から命名されたロックディスタウン。その名の通り、「街を揺さぶる」圧巻の走りで2歳牝馬の頂点に立つ。 (柴田章利)★阪神JFの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年12月7日(木) 05:13

 2,282

【朝日杯FS】ダノンスマッシュ、好調維持11秒6
 《栗東》もみじSを快勝したダノンスマッシュ(安田隆、牡)は、CWコースで6ハロン78秒8−11秒6の好時計。3頭併せで中、外に各1馬身先着した。「前走は一番いい内容でしたし、きょうの時計もよかった。順調に来ています」と安田隆調教師。 デイリー杯2歳S3着のケイアイノーテック(平田、牡)は、坂路で4ハロン55秒1−12秒6。馬なりで駆け上がった。「1週前としては上々の動きじゃないかな。思った通りに追い切りをできている」と平田調教師。 京王杯2歳S2着のカシアス(清水久、牡)は、CWコースで6ハロン78秒7−14秒1。3頭併せで遅れたが、騎乗した浜中騎手は「前回の調教の感じより、よくなっていますね」と前向きに語った。 ダブルシャープ(渡辺、牡)は、CWコースで6ハロン82秒6−12秒2。「動きは悪くないですよ。ゆったり歩いて落ち着きもあった」と渡辺調教師。 《美浦》京王杯2歳S勝ちのタワーオブロンドン(藤沢和)はWコースで単走。5ハロン70秒5−13秒4を馬なりでマークした。「いい動きだった。とにかく順調だね。近2走違うペースで勝ったのは価値がある。来週も楽しみ」と藤沢和調教師。僚馬で芙蓉S2着ファストアプローチは坂路で4ハロン54秒8−12秒9(馬なり)をマークした。「いたって順調。短い距離に戻して、はじけるかもしれない」と同調教師。 ムスコローソはWコースで5ハロン66秒4−13秒4の好時計をマーク。「すごく乗りやすく、操縦しやすい。パワーがあるの、阪神の馬場も合っていそう」と新コンビの池添騎手。★朝日杯FSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年12月7日(木) 05:05

 1,179

朝日フューチュリティのニュースをもっと見る >

ただ今の時間は追い切り情報はありません。

※更新時間の目安は水曜日05:00頃となります。
(年始やG1レースで異なる場合があります)

朝日フューチュリティ過去10年の結果

2016年12月18日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2015年12月20日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2014年12月21日() 阪神競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

朝日フューチュリティのデータ分析とレース傾向

コース図阪神芝1600m

2014年に中山から阪神に舞台を移した2歳G1レースだが、この時期のマイルG1であることに変わりはなく、中山開催時と比較して出走メンバーの質に大きな変化は見られない。強いて変わった点を挙げるならば、京都2000mの新馬戦を勝ち上がり、2戦目で当レースを制した2015年の優勝馬リオンディーズのようなタイプは、中山開催時であればその大半が朝日杯を見送っていたということ。おそらく「阪神外回りだからこそ」使ってきたのだろう。今後、同じようなケースが増える可能性もあり、押さえておきたいポイントのひとつである。レースが行われる阪神外回り1600mは、直線が長く急坂もあるため、高い瞬発力を求められる。速い上がりを確実に使えそうな馬を優先してチョイスしたい。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

データ分析をもっと見る >

朝日フューチュリティステップレース

2017年11月18日() 東京競馬場/芝1800m
天候: 馬場:
1着 3 ワグネリアン 福永祐一 1:46.6 1.4倍 92.6
2着 7 ルーカス R.ムーア 3.1倍 89.3
3着 5 シャルルマーニュ 戸崎圭太 クビ 14.4倍 89.3
4着 4 カフジバンガード 吉田豊 1/2 27.5倍 88.6
5着 2 ゴールドギア 北村宏司 1 3/4 15.3倍 86.6
2017年11月11日() 京都競馬場/芝1600m
天候: 馬場:
1着 3 ジャンダルム A.アッゼニ 1:36.3 7.3倍 91.4
2着 8 カツジ 松山弘平 1 1/4 5.4倍 89.8
3着 5 ケイアイノーテック 川田将雅 2 1/2 5.2倍 86.8
4着 2 フロンティア 岩田康誠 アタマ 2.4倍 86.8
5着 9 ナムラアッパレ 国分優作 2 1/2 277.9倍⑨ 83.8
2017年11月4日() 東京競馬場/芝1400m
天候: 馬場:
1着 1 タワーオブロンドン C.ルメール 1:21.9 1.8倍 95.2
2着 6 カシアス 浜中俊 13.9倍 92.5
3着 8 アサクサゲンキ 武豊 1/2 9.7倍 91.7
4着 10 ピースユニヴァース 内田博幸 1 1/4 18.1倍 89.9
5着 4 ニシノウララ 戸崎圭太 ハナ 42.3倍 89.9

マークは出走予定馬
※各馬の右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各ステップレースのレースレベルを簡単に比較することが出来ます

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

朝日フューチュリティの歴史と概要


2015年の優勝馬リオンディーズ

2歳牡馬・牝馬がマイルの舞台で、スピードと切れ味の完成度を競い合う。第45回(1993年)はナリタブライアンが、第49回(1997年)はグラスワンダーが、それぞれその後の活躍を約束する圧勝劇を演じている。第58回(2006年)はドリームジャーニーが豪快な末脚を繰り出して快勝。のちに有馬記念を勝つことになる同馬が、中山競馬場との相性の良さを早くも見せつけた。第67回(2015年)は、新馬戦を勝ったばかりの1勝馬リオンディーズが、断然人気のエアスピネルを差し切って勝利を飾り、このレースに勝てば「JRA平地G1完全制覇」(当時)だったエアスピネル鞍上・武豊の夢を打ち砕いた。

▼2015年はリオンディーズが勝利。エアスピネル鞍上・武豊の”JRA平地G1完全制覇”(当時)の夢を打ち砕いた。

歴史と概要をもっと見る >

朝日フューチュリティ昨年のBIGヒット予想家

去年の朝日フューチュリティを見事的中させた予想家です。
今年もBIGヒットが期待される予想家の無料予想を枠順確定から発走直前まで続々と公開します!
無料予想は 会員登録(無料)するだけでご覧頂けます。

今すぐ会員登録(無料)する!

2016年12月18日(日) 15:39更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv 102 

42,820円
5,980円
504,400円
Lv 84 

221,200円
910円
456,960円
Lv 106 
42,820円 428,200円
Lv 105 
42,820円 428,200円
Lv 95 
42,820円 428,200円
Lv 89 
42,820円 428,200円
Lv 86 
42,820円 385,380円
Lv 85 

221,200円
42,820円
376,840円
Lv 98 

42,820円
42,820円
341,600円
Lv 117 

221,200円
42,820円
332,600円
Lv 110 

221,200円
42,820円
274,040円
Lv 110 
42,820円 256,920円
Lv 102 

42,820円
5,980円
244,000円
 

221,200円
1,690円
238,100円
Lv 82 

221,200円
390円
222,370円
Lv 100 
221,200円 221,200円
Lv 100 
221,200円 221,200円
Lv 97 
221,200円 221,200円
Lv 96 
221,200円 221,200円
Lv 93 
221,200円 221,200円

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月16日(
ターコイズステークス G3
2017年12月17日(
朝日フューチュリティ G1

競馬番組表

2017年12月16日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2017年12月17日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る