ドリームジャーニー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2004年2月24日生
調教師池江泰寿(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績31戦[9-3-5-14]
総賞金84,797万円
収得賞金30,350万円
英字表記Dream Journey
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
オリエンタルアート
血統 ][ 産駒 ]
メジロマックイーン
エレクトロアート
兄弟 オルフェーヴルリヤンドファミユ
前走 2011/06/26 宝塚記念 G1
次走予定

ドリームジャーニーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
11/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1651015.6710** 牡7 58.0 池添謙一池江泰寿424(-18)2.11.5 1.435.4⑭⑮⑯⑮アーネストリー
11/04/03 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 15475.549** 牡7 58.0 池添謙一池江泰寿442(+8)1.58.9 1.134.9⑬⑬⑬⑫ヒルノダムール
10/12/26 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1661212.1413** 牡6 57.0 池添謙一池江泰寿434(+12)2.33.8 1.234.7⑬⑬⑬⑬ヴィクトワールピサ
10/09/26 中山 11 オールカマー G2 芝2200 10332.412** 牡6 59.0 池添謙一池江泰寿422(-6)2.11.4 0.034.5⑧⑧⑥⑥シンゲン
10/06/27 阪神 10 宝塚記念 G1 芝2200 188187.844** 牡6 58.0 池添謙一池江泰寿428(-6)2.13.3 0.335.9⑪⑪⑫⑫ナカヤマフェスタ
10/04/04 阪神 10 産経大阪杯 G2 芝2000 12681.213** 牡6 59.0 池添謙一池江泰寿434(-4)1.59.6 0.134.6⑪⑩⑪⑧テイエムアンコール
10/02/20 京都 11 京都記念 G2 芝2200 13573.523** 牡6 59.0 池添謙一池江泰寿438(+12)2.14.7 0.333.3⑧⑧⑦⑥ブエナビスタ
09/12/27 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 16594.021** 牡5 57.0 池添謙一池江泰寿426(+4)2.30.0 -0.135.2⑮⑮⑭⑧ブエナビスタ
09/11/01 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1861210.746** 牡5 58.0 池添謙一池江泰寿422(0)1.58.0 0.833.4⑰⑮⑭カンパニー
09/09/27 中山 11 オールカマー G2 芝2200 15592.612** 牡5 59.0 池添謙一池江泰寿422(-2)2.11.7 0.333.6⑦⑧⑦⑥マツリダゴッホ
09/06/28 阪神 10 宝塚記念 G1 芝2200 14697.121** 牡5 58.0 池添謙一池江泰寿424(-2)2.11.3 -0.334.3⑨⑩⑩⑩サクラメガワンダー
09/05/03 京都 10 天皇賞(春) G1 芝3200 186128.653** 牡5 58.0 池添謙一池江泰寿426(-2)3.14.7 0.334.9⑫⑫⑪⑦マイネルキッツ
09/04/05 阪神 10 産経大阪杯 G2 芝2000 12686.931** 牡5 57.0 池添謙一池江泰寿428(0)1.59.7 -0.034.0⑧⑧⑦⑥ディープスカイ
09/03/01 中山 11 中山記念 G2 芝1800 10556.242** 牡5 57.0 池添謙一池江泰寿428(-6)1.49.2 0.034.2⑨⑦⑧⑦カンパニー
09/01/25 中山 11 AJCC G2 芝2200 137113.218** 牡5 57.0 池添謙一池江泰寿434(+4)2.15.2 1.335.8⑬⑫⑩⑩ネヴァブション
08/12/28 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1471124.174** 牡4 57.0 池添謙一池江泰寿430(+10)2.31.9 0.435.9⑪⑬⑬⑨ダイワスカーレット
08/11/02 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 1781714.6410** 牡4 58.0 池添謙一池江泰寿420(+6)1.58.0 0.834.2⑰⑰⑯ウオッカ
08/09/15 阪神 10 朝日CC G3 芝2000 13571.711** 牡4 57.0 池添謙一池江泰寿414(-8)1.58.5 -0.134.2⑪⑨⑥⑤トーホウアラン
08/08/03 小倉 10 小倉記念 G3 芝2000 15234.221** 牡4 57.0 池添謙一池江泰寿422(+8)1.57.9 -0.534.4⑫⑫⑫ダイシングロウ
08/06/08 東京 11 安田記念 G1 芝1600 1881842.31110** 牡4 58.0 池添謙一池江泰寿414(-12)1.33.9 1.234.3⑰⑯ウオッカ

⇒もっと見る


ドリームジャーニーの関連ニュース

関連ニュースはありません。

ドリームジャーニーの関連コラム

関連コラムはありません。

ドリームジャーニーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 47ビュー コメント 0 ナイス 3

これまで4つの重賞を制している馬☆

ヤマカツエース♪

ニュージーランドT・福島記念・中山金杯・金鯱賞!!

今回も鞍上には心強いジョッキーが(^^♪

池添騎手〜〜〜

これまでグランプリと言われる宝塚記念と有馬記念を計6勝もしています♪

スイープトウショウでの宝塚記念☆

ドリームジャーニーでの宝塚記念☆

ドリームジャーニーでの有馬記念☆

オルフェーヴルでの宝塚記念☆

オルフェーヴルでの有馬記念×2回☆

『グランプリ男を背に』今年は下剋上を虎視眈々と狙っています(*^-^*)

 今崎ホセ 2016年10月21日(金) 18:31
菊花賞_全馬考察
閲覧 87ビュー コメント 0 ナイス 3

風邪が治りません…。

---------------------------------------

1.カフジプリンス ハーツクライ×(シンボリクリスエス)評価…6/10

前走は最後の最後でようやくエンジンがかかったような感じで、
まだまだここから伸びて行きそうな感じでした。
2走前も位置取りに難があった一戦ですし度外視可能でしょう。

前走のレースぶりや父ハーツクライということから考えると
距離延長は歓迎のように見えます。

じっくり溜められる最内枠もゲット出来たのも追い風でしょう。
適正は高いと見るので確実に買い目には入れておきたい一頭という印象です。


2.ジョルジュサンク ヴィクトワールピサ×(ラムタラ) 評価…7/10

前走は内目から上手く運んだように見えましたが、
終いは後続の脚に屈する形となってしまいました。

重賞でもそこそこ走ってはいますが、
当該条件に変わることによって取り立てて強調材料があるわけでもありません。

この相手関係では見劣りしてしまう感は否めませんし、
今走は見送りが賢明かもしれません。


3.サトノダイヤモンド ディープインパクト×(Orpen)評価…8/10

前走は着差ことわずかではありましたが、
3着以下は千切れていたし休み明けであったのも考慮すれば及第点とは言えるかもしれません。

血統的には母系がややスピード寄りで、
父もこの距離が合うという感じではないので多少割引は必要そうです。

能力的にはこの世代ではトップクラスですし、
菊花賞も昔ほど血統の影響もない感じもするので、
力の違いだけで押し切ってしまうことも重々考えられます。

京都では2戦して圧倒的な競馬を見せていますし、
中心となる一頭であることに間違いはなさそうです。


4.シュペルミエール ステイゴールド×(クロフネ) 評価…5/10

ここ2走はロングスパートで進出し、
じわりじわりと脚を伸ばしての連勝となりました。

レースぶりからは距離延長にも対応できそうですし、
いかにもステイヤーといった感じが漂っています。

ただ、高速馬場になってしまうとスピード不足で分は悪くなりそうです。
内でロングスパートをかけられない様な展開も厳しいですし、
騎手も剛腕の内田騎手の方が合っているような感じもします。

時計が若干かかる様な馬場になるのであれば、
スタミナを活かして上位食い込みがあるかもしれません。


5.ミライヘノツバサ ドリームジャーニー×(シルバーチャーム)評価…4/10

前走は古馬相手に1000万下を快勝していますが、
展開に恵まれた面も強く、評価できるかは疑問の一戦になります。

これまで全3勝をあげているのは中山ですし、
血統的にもこの距離は未知数なところもあるので
当該コースへの対応力は微妙と言えるのではないでしょうか。

ここは様子を見て、中山で改めて買いたい一頭かもしれません。


6.ディーマジェスティ ディープインパクト×(ブライアンズタイム)評価…8/10

皐月賞での圧倒的なパフォーマンスから前走も期待していましたが、
相手関係や勝ち方を考慮すると正直物足りない一戦になってしまいました。

血統的には母父ブライアンズタイム、母母父サドラーズウェルズとスタミナ色たっぷりで
距離への対応力は十分兼ね備えていそうです。

血統面も大丈夫そう、実績も十分なのでやはり不安があるならば前走内容くらいでしょうか。
一叩きしての上昇分があれば上位争いに必要な要素は内包しているはずです。


7.レッドエルディスト ゼンノロブロイ×(ダルシャーン)評価…6/10

母系にダルシャーンやアルザオといった血統構成になっており、
スタミナは兼ね備えていそうなイメージはあります。

前走は外を回った影響もあったので勝ち馬との差は縮まる可能性は十分でしょう。
やや早めにスパートをかけていたので今走でも同様、もしくはさらに早い仕掛けなら面白そうです。

実績面では一歩劣りますが条件変わりで逆転の可能性は秘めていそうです。
頭までは厳しいかもしれませんが、3連系の馬券を買うなら買い目には入れたいところです。


8.ミッキーロケット キングカメハメハ×(ピヴォタル)評価…5/10

前走ではあわやサトノダイヤモンド撃破というところまで迫り、
かつ3着以下を引き離した内容は十分評価が出来そうな一戦ではありました。

しかし血統面から考えれば、母父ピヴォタルはやや短距離向き。
母自体は1800M〜2000M辺りに実績がありますが、
全体的な血統の印象はマイル〜中距離向きに見えてしまいます。

距離延長がプラスになることはちょっと考えにくく、
休み明けですでに4戦を消化しているのもやや気になるところです。

確実に重賞級の能力がありそうですが当該条件への適正はやや疑問。
少し評価を下げる必要はありそうです。



9.イモータル マンハッタンカフェ×(アカテナンゴ)評価…3/10

血統的には父が菊花賞馬、母父にアカテナンゴとスタミナは十分ありそうです。

前走は出負けして後手を踏み、直線だけの競馬になってしまいましたがもう一つ伸びきれませんでした。
実績的に東京のマイル付近で良積があるので、
当該コースへの対応力は不明確なところです。

逆転に向けてのピースが揃っている感じもしないので、
この条件ならば見送りが賢明かもしれません。


10.ウムブルフ ディープインパクト×(モンズン) 評価…5/10

前走は早めに進出してあとは突き放す一方で圧勝でした。
休み明けで昇級戦をもろともしなかったのは好内容と言えそうです。

しかし、その圧勝した条件が洋芝でかつ重馬場という特異な条件なのは気になるところです。
この条件に非常に強かったという可能性もありますし、高速馬場への対応力も疑問です。

前走を額面通り評価すればここでも十分通用しそうですが、
どれだけ当該レースに繋がるかは難しいところなので、
雨が降りれば一考、というような感じでしょうか。


11.レインボーライン ステイゴールド×(フレンチデピュティ)評価…5/10

前走は古馬の一線級を相手に3着と健闘しました。
上がりも最速タイでモーリスまで迫ったのは十分評価出来そうです。

春先はマイル付近で活躍していましたが、
血統的には距離延長でもそんなに割り引く必要はないかもしれません。

高速馬場は歓迎するタイプではなさそうなので、
その点では若干マイナスにはなりそうですが、
全体的なイメージでは十分通用する可能性を秘めていそうではあります。


12.コスモジャーベ ソングオブウインド×(モルフェデスペクタ)評価…4/10

未勝利突破まで11戦を要しましたが、
以降は連対を続けておりようやく本格化してきた印象です。

血統的には非常に地味なので正直なんとも言えない面はありますが、
父は菊花賞馬ですし前走は2500Mで2着しているのでスタミナはそこそこあるのかもしれません。

とは言え前走の内容は鞍上が内を上手く突いたファインプレー。
相手関係を考慮してもそう高く評価できる内容とは思えません。

個人的には応援したくなってしまうような血統ではありますが、
出番はここではないような気はします。


13.エアスピネル キングカメハメハ×(サンデーサイレンス) 評価…5/10

前走は控える競馬を披露しましたが、
差し届かず5着と敗れてしまいました。

クラシックでは常に安定した実力を見せており、
大崩れしない競馬は魅力的ではあります。

京都でもデイリー杯で非常に強い内容を見せていたので、
問題はやはり距離だけでしょうか。

血統的にも実績的にもマイル付近がベストな気もしますし、
能力上位でも推しにくいのが正直なところです。


14.アグネスフォルテ ハービンジャー×(フレンチデピュティ)評価…4/10

前走は直線で窮屈になる場面があって後退してしまいましたが、
既に手ごたえはそこまでといった感じだったのでそんなに大きな影響はなかったかもしれません。

血統面からは距離自体はこなせそうですし、
京都で実績があるのもプラスでしょう。

通用する可能性は感じますが、
やや材料不足の感は否めないのが正直なところです。


15.サトノエトワール キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)評価…3/10

前走はやや展開に恵まれた感もあり2着に粘りこみました。
休み明けだったのは確かですが、それでも前走のレベルで押し切れなかったのには
やや能力的な疑問を感じてしまいます。

血統的に距離延長で輝くタイプでもなさそうですし、
プラス材料に乏しい感があります。
見送りが素直なところでしょうか。


16.プロディガルサン ディープインパクト×(ストームキャット)評価…4/10

前走は勝ち馬と接触する場面もあり、
そこからはやや伸びあぐねてしまい3着となりました。
もしスムーズだったらもっと差が詰まっていた可能性もあるので、
この3着自体はそれなりに評価できる内容であるのは間違いありません。

しかしながら気になるのはやはり血統構成でしょうか。
全兄にリアルスティール、ラングレーがいることから考えれば
活躍の舞台はやはりマイル付近ではないかと感じています。

能力自体は高いものがありそうなので、
今走は見送って、以後マイル付近に出てきたときに勝負したいところです。


17.ジュンヴァルカン ネオユニヴァース×(エンドスウィープ) 評価…5/10

前走で古馬OPのヤマカツライデンを破ったのは大きいところでしょう。
加えて2走前の500万下も楽勝、能力的には通用しても不思議ではない感はあります。

問題はぶっつけになるローテーション、強調できない血統面、大外枠、辺りでしょうか。
力はあると思うのでオッズ次第では買い目に入れても良さそうです。


18.マウントロブソン ゼンノロブロイ×(ミスターグリーリー) 評価…4/10

前走は仕上がり途上だったことを考えれば、そんなに評価を落とす必要もなさそうです。

だた、血統的には距離延長はプラスには感じられず、
大外枠も歓迎ではないでしょう。

能力は高いので格好は付けてくれそうではありますが、
適正としてはやや疑問があるので馬券的には手を出しにくいところです。

---------------------------------------

狙ってみたいのはカフジプリンスですが、
どうも人気になりそうで妙味はかなり薄くなるのではと予想しています。

まずはオッズを見てからになりそうですが、
おそらくあんまり金額的に買わないのは間違いなさそうです。

[もっと見る]

 TERAMAGAZI 2016年6月25日() 17:01
【宝塚記念】ドゥラメンテー鳴尾記念組ー天皇賞組で的中!!!
閲覧 381ビュー コメント 0 ナイス 14

【先週の回顧】

ユニコーンS
【3連単12→13→14】1,560円×300円(200円+100円)的中ですが、2番人気→1番人気→3番人気で決まってスゴいトリガミ…。
3着グレンツェンドとクビ差4着のビットボス(6番人気)が3着なら56,9倍だったのですが、競馬に『タラ、レバは無い』ので諦めます。
【馬連12-13】340円×700円をシブく的中させているので、7,060円は戻りました。安い焼き肉か回転寿司なら食べられます。
トリガミでも的中は大事だと主張している所以です。ゼロなら…牛丼になっちゃいますから…。
いや、牛丼でも十分ですが、ビール、卵、サラダが付けられないのはさびしいでしょ…(笑)

函館SS
【3連複1ー3ー16】4万3,840円×0円。イチ推しの洋芝得意のファルブラヴ産駒不発…。
勝ったのは大外16番、12番人気の3歳ソルヴェイグ。「え、何、その馬出てたの…?」と思った人も多いのでは…(笑)。自分もそうです。
でも成績をよくよく見ると桜花賞は17着惨敗ですが、1400mのG2Fレビュー(8番人気)では桜花賞3着馬アットザシーサイドを1馬身1/4突き放しているんですよね。
1200mの函館SSでは、生粋のスプリンターとして評価すべきでした。
こういうことは競馬が終わってから気づくものですねえ…(笑)。購入額3万800円。▲2万3,740円

【2016トータル(6月19日現在)+28万7,660円 回収率130%】

------------------------------------------------------------------------

【今週の競馬予想】

【第57回G1宝塚記念】

宝塚記念は57年の歴史がありながら『旧・八代競走』(皐月賞、ダービー、菊花賞、桜花賞、オークス、天皇賞春、天皇賞秋、有馬記念)に入ってなく、開催時期も3歳クラシックの頂点『日本ダービー』が終わって、ひと息ついて秋のG1路線と日本のホースマン全ての悲願と言っても良いフランスG1『凱旋門賞』遠征(今年から日本でも馬券を購入出来る予定)を目指して一流馬たちが休養に入る前、夏のローカル競馬に移行する前に開催されるG1です。

出走馬はファン投票で選出される『グランプリG1』であり『非根幹距離』である2200m(根幹距離は400m単位の1600m、2000m、2400m、3200mでクラシック、天皇賞、JCなど格上G1)で開催されるため、G1・6勝馬ブエナビスタが2年連続2着、だったように『超』が付く一流馬は『適性が合わず』2着、3着に取りこぼしています。

(※非根幹距離は、例えるならオリンピックや世界選手権の陸上や水泳で、300m、500m、900m、1万2000mのレースをするようなもの)

結果、超一流馬が取りこぼし、フツーの一流馬が宝塚記念がG1初優勝、そのためG1優勝は宝塚記念だけという馬はかなり多いワケです。

有馬記念も非根幹距離(2500m)なので宝塚記念とリンクしていてメジロパーマー、ドリームジャーニーのG1・2勝はここ2レースだけ。

グラスワンダーは、98年有馬記念→99年宝塚記念→99年有馬記念と『グランプリ3連覇』を達成。
(この偉業は、1969年スピードシンボリ以来30年ぶりで、その後は2011年G1・7勝馬オルフェーヴルまで出ていません)

グラスワンダーは宝塚記念と有馬記念でスペシャルウィーク(ダービー、天皇賞春、天皇賞秋、ジャパンカップ)に2戦2勝なので、グラスワンダー最強説が出ていましたが、1999年の『年度代表馬』は日本で一度も出走しなかったのですが、凱旋門賞2着のエルコンドルパサーが選出されました。

(これは当時かなりの大問題となりましたが、長いのでいずれ…、あ、ボクの『2014年のJRA完全データ攻略本』に詳細を書いてますよ)


で、話は戻って、G1優勝は宝塚記念だけの馬は過去30年で、

アーネストリー、ナカヤマフェスタ、エイシンデピュティ、ダンツフレーム、メイショウドトウ、サイレンススズカ(涙)、マーベラスサンデー、ダンツシアトル、メジロパーマー、メジロライアン(2016.3,17老衰で死亡)、オサイチジョージです。

アーネストリーはG1・6勝馬ブエナビスタとダービー&天皇賞馬エイシンフラッシュに勝っているし、
ナカヤマフェスタもブエナビスタと昨年の優勝馬アーネストリー、ドリームジャーニーに勝っています。

エイシンデピュティはG1・4勝馬メイショウサムソンに、ダンツフレームは準3冠馬エアシャカールに、
メイショウドトウはG1で5連敗(全て2着)した宿敵テイエムオペラオーに宝塚記念でやっと勝ちました。

サイレンススズカはステイゴールド、天皇賞馬エアグルーヴ、G1・5勝馬メジロドーベル、有馬記念馬シルクジャスティスを6連勝目でまとめてブッチぎりました。次走の天皇賞秋もブッチぎって…まさか競走中に骨折…予後不良…(涙)

オサイチジョージは競馬ブームを巻き起こしたオグリキャップに勝っています。

メジロライアンは皐月賞3着、ダービー2着、菊花賞3着、有馬記念2着、天皇賞春4着後に、宝塚記念でG1初優勝。
今年の3月に29歳で死亡したメジロライアンの葬儀と納骨式が行われ、主線ジョッキーの横山ノリは自ら資金を提供して建立した墓前で手を合わせ

「今、僕がジョッキーでいられるのはライアンがいてくれたからこそ。今でもこれだけのファンがいる馬に携われたことを誇りに思い、感謝しています」
と声を震わせながら弔辞を読み上げました…。

アンビシャスに騎乗する横山ノリはライアンのために心に期するモノがあるのではないでしょうか。

アンビシャスもノリに応えるだけの実力は持っています。

中山記念では、現役最強ドゥラメンテより速い上がりでクビ差まで迫ってますし、
大阪杯では、逃げるG1・2勝馬キタサンブラックを2番手追走からキッチリ差し切っています。

----------------------------------------------------------------

先ほど、エルコンドルパサー、グラスワンダー、スペシャルウィークの話をアレだけ引っ張ったのは、
今回の宝塚記念には偶然とは思えない因縁があるからなのです。

アンビシャスの母父はフランス遠征で宝塚記念に出走しなかったエルコンドルパサー!!!
(マリアライトの自母父エルコンドルパサー)

ヤマカツエースの母父はエルコンドルパサーと最後まで対決が実現しなかったグラスワンダー!!!

トーホウジャカルの父スペシャルウィークはエルコンドルパサーが凱旋門賞2着の優勝馬モンジューをジャパンカップでブッチぎってるのに『年度代表馬』の座をエルコンドルに奪われました。

その上、スペシャルウィーク産駒ブエナビスタは、2011年の宝塚記念でグラスワンダー産駒アーネストリーに負けてるのです。
父スペシャルウィークの名誉回復のためにも昨年の菊花賞馬としての誇りのためにもトーホウジャッカルは勝たなくてはいけないでしょう。

1999年の『年度代表馬』問題が、17年後に仔の時代になって再戦。

これが競馬は『ブラッドスポーツ』と呼ばれる所以です。

サラブレッドはレースを勝つだけでなく、優れた仔を残していかなければならないのです。

-----------------------------------------------------------

菊花賞馬キタサンブラックは天皇賞春まで勝って既にG1・2勝馬。
さらに今回もまた運良く内枠を引いたので、芝の痛んでないBコースを内ラチ沿いに逃げれば粘り込める可能性大です。
デビューから1度も1番人気になったことのない馬がダントツのファン投票1位。

脇役からいきなりスポットライトの中心に躍り出ました。
全てが上手く行きすぎてるのが却って、怖い気がします。

ユタカさん騎乗なので気負いや緊張はないでしょうが、勝負事は何が起こるか分からない。

全成績【6・1・2・1】で、9戦して1回しか馬券圏外から外れていませんが、
それが1番重要なクラシック日本ダービーで14着大惨敗というのも実はずっと前から引っかかっているのです。

『いつか、惨敗するんじゃないか?』と。

ダイナカール→エアグルーヴ→アドマイヤグルーヴと続く日本を代表するG1牝系の2冠馬ドゥラメンテは間違いなく現役最強馬。

ドバイターフを優勝したリアルステールは安田記念で11着惨敗しました。

同じニックス配合のキズナ、エイシンヒカリもそうですが、ディープ×ストームキャットは強さと脆さが同居してるんじゃないかと。

その点、ドゥラメンテは全成績【5・3・0・0】で3着にもなったことがないパーフェクト連対。

ディープインパクト、オルフェーヴル以来、凱旋門賞優勝を狙える馬です。

--------------------------------------------

データから考察すると、
1〜3番人気で、6勝、2着6回、3着4回です。

前走は(開催時期が金鯱賞の替わりになった)鳴尾記念4着以内馬が、昨年の優勝馬ラブリーデイ始め、
直近の4年間で全て馬券になっています。

天皇賞春組は、過去10年でG1馬以外は好走組よりより負け組(昨年のデニムアンドルビーは10着→2着)
また天皇賞組は、過去10年で2010年以外は全て馬券に絡んでいて、例外の10年の3頭は全て前走1着でした。

------------------------------

それから、
いつも応援している『CRぱちんこ真・北斗無双』が超絶好調の『サトノ』の『セガサミーHD』の里見会長!

今年の宝塚記念は、G1初優勝して、会計ソフト『勘定奉行』の『オービック』の野田順弘会長(ダノン)&妻の野田みづき取締役(ミッキー)を見返す超ビッグチャンスだと思います。

鳴尾記念レコード勝ちのサトノノブレスと、ダービー3着はまぐれでは捕れない着順のサトノクラウン。

----------------------------------------------------

【鳴尾記念4着以内ー天皇賞組ー重賞馬でG1未勝利】

の組み合わせが1番可能性が高いでしょう。

サトノの冠を持つ緑,黄菱山形,袖黄縦縞の勝負服の和田か岩田がアタマでゴールに入って来る可能性は十分ありますよ!!


----------------------------------

◎2アンビシャス
○8ステファノス
▲9ドゥラメンテ
注12サトノノブレス
爆16マリアライト
△3キタサンブラック
△6ラストイアンパクト
△5シュヴァルグラン

[もっと見る]

⇒もっと見る

ドリームジャーニーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ふくふくたんたん   フォロワー:0人 2010年12月20日(月) 20:15:53
頑張りましたね!ありがとうございました!!

ドリームジャーニーの写真

投稿写真はありません。

ドリームジャーニーの厩舎情報 VIP

2011年6月26日宝塚記念 G110着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ドリームジャーニーの取材メモ VIP

2011年6月26日 宝塚記念 G1 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。