注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

マリアライト(競走馬)

注目ホース
マリアライト
マリアライト
マリアライト
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2011年2月19日生
調教師久保田貴士(美浦)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績20戦[6-2-5-7]
総賞金41,395万円
収得賞金15,050万円
英字表記Marialite
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
クリソプレーズ
血統 ][ 産駒 ]
エルコンドルパサー
キャサリーンパー
兄弟 リアファルクリソライト
前走 2016/12/25 有馬記念 G1
次走予定

マリアライトの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/12/25 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1681619.3610** 牝5 55.0 蛯名正義久保田貴436(+4)2.33.6 1.036.2⑦⑦⑧⑪サトノダイヤモンド
16/11/13 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 15223.116** 牝5 56.0 蛯名正義久保田貴432(-8)2.13.5 0.633.9⑧⑦⑧⑦クイーンズリング
16/09/25 中山 11 オールカマー G2 芝2200 12672.925** 牝5 56.0 蛯名正義久保田貴440(+2)2.12.2 0.334.5⑦⑦⑦⑦ゴールドアクター
16/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 1781625.181** 牝5 56.0 蛯名正義久保田貴438(0)2.12.8 -0.036.3⑪⑪⑩⑥ドゥラメンテ
16/05/29 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 18363.012** 牝5 56.0 蛯名正義久保田貴438(0)2.30.6 0.034.4⑧⑧⑧⑦クリプトグラム
16/03/26 中山 11 日経賞 G2 芝2500 9226.643** 牝5 55.0 蛯名正義久保田貴438(+4)2.37.1 0.333.9④④④⑤ゴールドアクター
15/12/27 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1681641.5124** 牝4 55.0 蛯名正義久保田貴434(+4)2.33.1 0.135.0ゴールドアクター
15/11/15 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1861215.261** 牝4 56.0 蛯名正義久保田貴430(-10)2.14.9 -0.034.7⑨⑨⑥⑥ヌーヴォレコルト
15/09/27 中山 11 オールカマー G2 芝2200 1581411.145** 牝4 54.0 蛯名正義久保田貴440(+12)2.12.7 0.834.8⑪⑪⑩⑧ショウナンパンドラ
15/06/14 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 166123.512** 牝4 53.0 蛯名正義久保田貴428(+2)2.00.6 0.134.4⑩⑪⑦⑤シャトーブランシュ
15/05/09 東京 10 緑風S 1600万下 芝2400 18244.421** 牝4 53.0 蛯名正義久保田貴426(-4)2.25.4 -0.235.3⑩⑩⑩⑨サムソンズプライド
15/03/08 中山 9 潮来特別 1000万下 芝2500 11793.721** 牝4 54.0 蛯名正義久保田貴430(+4)2.39.6 -0.535.5⑥⑥⑥ディスキーダンス
15/02/14 東京 12 4歳以上1000万下 芝1800 16354.413** 牝4 54.0 蛯名正義久保田貴426(+10)1.47.3 0.233.7⑧⑦⑧レッドオリヴィア
14/11/16 東京 9 tvk賞 1000万下 芝2000 147125.535** 牝3 53.0 大野拓弥久保田貴416(-10)2.00.8 0.233.8⑫⑪⑩ルファルシオン
14/10/11 東京 9 山中湖特別 1000万下 芝1800 14463.213** 牝3 53.0 蛯名正義久保田貴426(+14)1.46.8 1.133.4⑦⑦⑦セキショウ
14/08/03 新潟 10 三面川特別 1000万下 芝1800 15474.323** 牝3 52.0 蛯名正義久保田貴412(-6)1.46.6 0.032.6⑤⑤フレイムコード
14/06/29 東京 7 3歳以上500万下 芝1800 13452.111** 牝3 52.0 蛯名正義久保田貴418(+4)1.48.9 -0.235.2④⑦⑤フライングスキップ
14/05/04 東京 11 スイートピー OP 芝1800 166117.636** 牝3 54.0 幸英明久保田貴414(-6)1.47.8 0.533.4⑪⑫⑪シャイニーガール
14/03/02 中山 6 3歳500万下 芝1800 148148.953** 牝3 54.0 三浦皇成久保田貴420(0)1.51.6 0.336.8⑬⑫⑪⑧マイネオーラム
14/01/11 中山 6 3歳新馬 芝2000 16235.731** 牝3 54.0 三浦皇成久保田貴420(--)2.04.8 -0.435.2⑫⑫⑩⑧リムーブアゲン

マリアライトの関連ニュース

 宝塚記念の枠順が22日に確定した。大阪杯、天皇賞・春とGI連勝中のキタサンブラックは、〔8〕枠(10)番に決定。キタサン自身はダービー以来の〔8〕枠だが、ピンク帽子の〔8〕枠は4年連続Vだけに追い風といえる。史上初の上半期GI3勝目に向けて、視界は良好だ。馬券は24日から発売される。

 どこからでもかかって来い。運命の枠順が決まってから30分後、キタサンブラックを管理する清水久調教師が、全陣営の大トリで栗東トレセンの投票所に登場。「(10)番ですよね」と自ら切り出した言葉には、揺るぎない自信がにじみ出ていた。

 「枠はどこでもいいと思っていました。外なのも気になりません。ゲートセンスも二の脚もありますからね。少し駐立でソワソワするところがあるので偶数枠が欲しかった。希望通りですね」

 笑顔の指揮官とは対照的に、ライバル勢からはため息がもれた。舞台は内回りの芝2200メートル。通算では(1)、(3)、(5)、(9)番枠が最多タイの6勝をマークするなど内枠有利の傾向だが、近年は正反対だ。2013、14年ゴールドシップ(〔8〕枠(10)番、同(11)番)、15年ラブリーデイ(同(16)番)、16年マリアライト(同)と“ピンク帽”が4連勝中。内回りのセオリー通りなら外めの枠は不利のはずが、春のグランプリ戦では歓迎材料になる。

 追い切り翌日の22日は、厩舎周りで約60分の引き運動を消化。担当の辻田厩務員は「いつものように気持ちが内からわき上がってくるところがないんですよね。少し落ち着き過ぎている感じもする。ただ、競馬に行けばスイッチが入るタイプですから」と期待を寄せた。

 清水久師は「どの馬から目標にされても結果を出していますからね。小細工なしで乗ってくれるでしょう。あとは武豊騎手に任せます」ときっぱり。史上初の上半期GI3勝へ、おぜん立ては着々と整いつつある。(川端亮平)

宝塚記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

【宝塚記念】ミッキークイーン巻き返しへクビ先着 2017年06月21日(水) 10:25

 昨年のマリアライトに続く牝馬制覇を狙うミッキークイーンは、栗東CWコースで併せ馬。半マイルからペースアップし、道中、ゴール前とも十分に余力を残しながらビートフォーセールにクビ先着した。

 「先週、先々週とやっているので、半マイルから反応を確かめた。気持ちも乗ってきているので、それを邪魔しないようにした」と跨った浜中騎手。

 1番人気の前走・ヴィクトリアマイルは、「手前を替えてばかりいた。(敗因には)左回りもあったのかも」と伸びを欠いて7着。メンバーはいっそう強くなるが、「相手に合わせるのではなく、自分のリズムで競馬をすること。内回りだし、ゲートにも気を配りたい」とシミュレートしていた。

宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【東西現場記者走る】クイーン、阪神ならトラえる 2017年06月21日(水) 05:06

 3連勝中の絶好調連載『東西現場記者走る』で、東京サンスポの板津雄志記者(37)が栗東トレセンで密着取材中だ。2日目は一昨年のオークス秋華賞を制したミッキークイーンに注目した。前走のヴィクトリアマイルで7着と不可解な負けを喫したが、ショックは引きずっていない様子。調整過程は今までで最も順調で、舞台も得意の阪神へ。4年連続で5頭が馬券に絡んでいるディープインパクト牝馬でもあり要注意だ。

 紅一点のミッキークイーンが栗東坂路を軽やかに駆け上がっていった。筋肉量が増え、馬体の張りが良くなったように見えるのは気のせいか。担当の齊藤助手に聞いてみた。

 「確かに前回(440キロ)より体つきはいい。今は450キロ。4歳時よりカイバ食いがいいので調整もしやすい。前回さえなければ、今が一番いいと自信を持っていえるくらい」

 前回とは1番人気で7着に敗れたヴィクトリアマイル。直線で伸びあぐね、“らしさ”が感じられなかった。敗因については「左回りが影響したのかも」と池江調教師。昨年に左前繋靱帯炎(今は完治)を発症した影響から、左回りでは脚をかばって走っていたという見立てで、齊藤助手も「実際、終わった後もケロッとして全然走っていない感じ。反応が速い方ではないから、東京マイルもベストではなかったと思う」と説明した。

 敗戦のショックが気になるところだが、齊藤助手は「相変わらず動きは抜群」だという。15日の1週前追い切りではCWコース6ハロン82秒4−11秒5で併走馬2頭に3馬身先着した。全休日明けの20日も「適度に気合が乗っていい雰囲気」で闘争心を失っていない。

 長い休みを挟まず3戦連続で使われるのは珍しい。3歳時のジャパンC(8着)以来だが、「秋華賞をレースレコード勝ちした後で体を戻すのが大変だった。当時と今回では全然違う。2週前、1週前と長めからやったことは最近ではないし、それだけ状態がいい」と仕上がりに自信を持つ。

 ちなみに記者は昨年の有馬記念ミッキークイーンに◎を打った。結果は2着のキタサンブラックから0秒4差の5着だったが、「(けがからの)復帰2戦目でまだ良化途上だったね。あのときより前進できるはず」という齊藤助手の言葉は頼もしい。

 「中距離が合うし、キタサンブラックと一番いい勝負ができるとしたら今回だと思う」

 阪神コースは【3・3・0・0】と得意。ディープインパクト牝馬も昨年勝ったマリアライトなど、宝塚記念では4年連続で5頭が馬券に絡む活躍だ。条件がそろい、データの後押しもある一昨年の2冠牝馬は侮れない。

宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【宝塚記念】レース展望 2017年06月19日(月) 20:11

 今週の阪神日曜メインは、上半期最後のGI・宝塚記念(25日、芝・内2200メートル)。今年のサマーグランプリは登録こそ11頭と少ないが、GIホース4頭を含む重賞ウイナー9頭が名を連ねており、ハイレベルな熱戦が繰り広げられることは間違いない。

 主役は2年連続ファン投票1位のキタサンブラック(栗東・清水久詞厩舎、牡5歳)。昨年を約1万9500票上回る10万1621票を獲得した現役屈指のスターホースだ。先手を取った昨年のこのレースは、終始後続にプレッシャーをかけられる流れの中、最後まで激しく抵抗。マリアライトドゥラメンテにとタイム差なしの3着に粘った。その後は、ジャパンC大阪杯、天皇賞・春と3勝を積み上げ、現在GIは5勝。特に前走の天皇賞・春は、勝ちタイム3分12秒5で、ディープインパクトが2006年にマークしたタイムを0秒9更新する日本レコードだった。

 14日の栗東での1週前追い切りではCWコースで6ハロン78秒9の好時計を馬なりでマーク。辻田厩務員も「このままの感じなら、馬体重は540キロ前後(天皇賞・春時536キロ)でレースに出走できると思います。心配事は何もないです」と順調さをアピールする。GI愛チャンピオンステークス(9月9日、レパーズタウン競馬場、芝2000メートル)と仏GI凱旋門賞(10月1日、シャンティイ競馬場、芝2400メートル)に登録を済ませており、秋には世界デビューのプランもあるだけに、ここは負けられない一戦だ。

 ファン投票3位のシュヴァルグラン(栗東・友道康夫厩舎、牡5歳)は、GI・6度目の挑戦で悲願の初勝利を狙う。前走の天皇賞・春は2着で、GIで初めての連対を果たした。阪神大賞典ではサトノダイヤモンド、天皇賞・春ではキタサンブラックを相手にともに0秒2差に迫っているが、内容的には完敗。それでもこの2戦は機動力に磨きがかかってきた。昨年の宝塚記念は9着で、「昨年は疲れが残っていたが、今年は違うよ」と友道調教師は状態面の良さを強調する。成長力豊かなハーツクライ産駒。父が2005年の有馬記念で大本命のディープインパクトを負かしたように、息子がこの宝塚記念で大本命のキタサンブラックを負かしても不思議はない。

 ファン投票5位のゴールドアクター(美浦・中川公成厩舎、牡6歳)は一昨年の有馬記念を制したグランプリホース。昨年の有馬記念でもサトノダイヤモンドキタサンブラックから差のない3着に入ったように、その実力は現役でも指折りだ。今年2戦目だった天皇賞・春は出遅れが響いての7着。前走に引き続き横山典弘騎手が手綱を取り、巻き返しを図る。阪神は初めてだが、同じような急坂がある中山は得意。コース替わりがプラスに出れば、一変の可能性は十分ある。

 ファン投票6位のミッキークイーン(栗東・池江泰寿厩舎、牝5歳)は、前走のヴィクトリアマイルは1番人気を裏切って7着。マイルでも実績を残しているが、オークスを制しているように、やはり最も高いパフォーマンスを発揮するのは中距離なのだろう。牝馬はエイトクラウン(1966年)、スイープトウショウ(2005年)、マリアライト(16年)と過去に3頭がこのレースを制覇している。今年のメンバーの中で唯一の牝馬。能力、実績は前記の3頭と比べても遜色なく、史上4頭目の快挙を成し遂げても不思議はない。

 ファン投票8位のサトノクラウン(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)は、昨年の香港ヴァーズでGI初制覇。能力を見事に開花させた。芝2200メートルは【2・0・0・1】と好成績を残しているが、2勝はともに京都外回りの京都記念で、着外の一戦は昨年の宝塚記念6着。前走の大阪杯も直線の短い内回りで、コース適性には疑問符をつけざるを得ない。ただし、重馬場だった昨年の京都記念を3馬身差で圧勝しているように、渋った馬場は得意中の得意。梅雨どきで週末の天気が崩れるようなら、逆転のチャンスは出てくる。

 昨年6月に阪神で未勝利戦を勝ち上がったシャケトラ(栗東・角居勝彦厩舎、牡4歳)は瞬く間に出世を遂げ、デビュー6戦目でGIIの日経賞を制した好素材だ。前走の天皇賞・春がGI初出走で、歴戦の強者たちを前になすすべもなく9着に敗れたが、阪神は3戦3勝(内回りで2勝)とコース適性が高い。今回は同じ阪神内回り芝2200メートルの境港特別を勝ったときのクリストフ・ルメール騎手と2度目のコンビを組む。2度目のGIでもあり、侮れない存在だ。

 レインボーライン(栗東・浅見秀一厩舎、牡4歳)は、このレースで5勝と相性抜群のステイゴールド産駒。ネオリアリズムモーリスを相手に3着に好走した札幌記念や、サトノダイヤモンドの2着だった菊花賞での末脚は目を引いた。ラストの爆発力にかけるスタイルのため、展開に左右されるが、注意しておきたい。

 ミッキーロケット(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)も、レインボーライン同様、直線での追い比べにかけるタイプ。こちらは、神戸新聞杯サトノダイヤモンドのクビ差2着の実績があり、上位争いする可能性はある。

宝塚記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【宝塚記念】キタサンブラック、2年連続トップ当選 2017年06月09日(金) 05:04

 上半期のグランプリ宝塚記念(25日、阪神、GI、芝2200メートル)のファン投票最終結果が8日、JRAから発表された。昨年の年度代表馬キタサンブラック(栗・清水久、牡5)が、10万1621票を獲得して2年連続のトップ。多くのファンの夢を背負って、GI3連勝で上半期を締める。

 上半期の主役は、やはりこの馬だ。キタサンブラックが2年連続、昨年の有馬記念を含めればグランプリで3回連続のファン投票1位。多くのファンが、大阪杯、天皇賞・春に次ぐGI3連勝を後押しする。

 「ありがたいですね。また1位に選んでもらって、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にファンが多い馬ですね」

 清水久調教師が感謝した。昨年の8万2121票を大きく上回る10万1621票を獲得。宝塚記念で10万票以上を集めてトップとなったのは、2009年のウオッカ(13万9507票)以来、8年ぶりとなる。「『ファンのためにもいい勝負を』という思いは当然、あります」と指揮官が力を込めた。

 中間の調整も順調そのもの。天皇賞・春をJRAレコードで勝った反動も感じられない。今年導入された褒賞金(春の中長距離古馬GI3連勝で2億円)をゲットするチャンスでもある。

 「体は競馬モードですが、精神的にリラックスしているのがいいですね。自分で体を作る馬なので、当日はいい仕上がりで臨めると思っています。『このまま無事に』という思いだけですよ」

 指揮官の言葉から、最高の態勢が整いつつあることは間違いない。大きな夢を抱いて挑む上半期の総決算。昨年はマリアライトドゥラメンテに次ぐ3着に終わったが、今年はきっちりと結果を残す。 (宇恵英志)

キタサンブラックの競走成績はこちら

[もっと見る]

【目黒記念】レース展望 2017年05月22日(月) 19:21

 日本ダービーと同日の東京12Rで実施されることが恒例となった伝統のハンデGII、第131回目黒記念(28日、芝2500メートル)。昨年の2着馬マリアライトは、続く宝塚記念ドゥラメンテをはじめとする強豪牡馬を蹴散らし、11年ぶり3頭目の牝馬制覇を果たした。サマーグランプリの前哨戦として重要なレースだ。

 前年覇者のクリプトグラム(栗東・藤原英昭厩舎、牡5歳)はそれ以来1年ぶりの出走となる。左前のトウ骨遠位端骨折で休養を余儀なくされ、調教でのアクシデントや熱発などもあって復帰がここまで延びた。それでも栗東での17日の1週前追い切りではCWコースでステファノスと併せて一杯に追われ、6ハロン80秒0、3ハロン37秒1−11秒8の好時計をマーク。今週のひと追いで十分な仕上がりにもっていけそうだ。「ずっと乗り込んでいるので状態はいい。あとは久々なので実戦勘がどうかだけ」と荻野調教助手も動きには合格点を与えている。前年より2キロ重い56キロのハンデを克服できるかがポイントになる。

 前走のメトロポリタンSでオープン初勝利を挙げて勢いに乗っているのがヴォルシェーブ(栗東・友道康夫厩舎、牡6歳)だ。重賞未勝利とはいえ、3着に入った昨秋のアルゼンチン共和国杯ではシュヴァルグランアルバートと僅差の勝負をしてGIIレベルの能力は示している。当時より1.5キロ重い56.5キロのハンデが鍵だが、東京で【3・1・1・0】、2400〜2500メートルで【3・1・2・1】という好成績からも東京芝2500メートルはベストといえる舞台で、元大リーガーの佐々木主浩オーナーの所有馬から新たな重賞馬が誕生するかもしれない。

 モンドインテロ(美浦・手塚貴久厩舎、牡5歳)は重賞で【0・0・2・4】だが、昨年のステイヤーズS、今年の日経新春杯でともに3着と、GIIに手が届くところまできている。ハンデは昨秋のアルゼンチン共和国杯(4着)と同じ56.5キロで、ヴォルシェーブとの比較では優位に立っているといえるかもしれない。前走の大阪杯で初めてGIを経験したことでひと皮向ければ、最後のもうひと押しが利くはずだ。

 実績ではメンバー唯一のGIホースで、3年前のダービー馬ワンアンドオンリー(栗東・橋口慎介厩舎、牡6歳)がトップ。2014年の神戸新聞杯を最後に勝ち星から見放されているが、2400〜2500メートルのレースでは着順は悪くても、大きくは負けていない。ここ2戦の阪神大賞典(7着)、天皇賞・春(11着)は距離が長すぎた。トップハンデタイの58キロでも、適距離なら目が離せない。

 もう1頭の58キロが重賞4勝のフェイムゲーム(美浦・宗像義忠厩舎、セン7歳)。昨夏に去勢してから成績がひと息だが、そろそろ走れる状態に戻ってくる頃。東京芝2500メートルは14年にアルゼンチン共和国杯を勝った舞台。2週連続GI制覇と絶好調モードのルメール騎手と新コンビを組む点も注目される。

 3番目に重い57.5キロが一昨年の覇者ヒットザターゲット(栗東・加藤敬二厩舎、牡9歳)。重賞4勝は5番人気、6番人気、11番人気、11番人気と意外性のある馬だ。目黒記念は15年以外にも13年4着、16年3着と好走しているように、時期も舞台もぴったりなのだろう。ここ3戦連続2桁着順で人気落ち必至だが、侮れない存在だ。

 今回のメンバーで最も気になるのはラニ(栗東・松永幹夫厩舎、牡4歳)=56キロ=かもしれない。ダートを主戦場にUAEダービー制覇、ベルモントS3着など世界でも知られる存在になった馬が、デビュー戦(4着)以来となる芝レース挑戦だ。2走前のドバイワールドC8着後、ムーア騎手は「重賞を勝てる力はある。2400メートル以上あった方がいい」と言っていた。母ヘヴンリーロマンスが2005年の秋の天皇賞馬で、芝適性を備えていても不思議はない。

 前走で1600万下を勝ち上がったアルター(美浦・古賀慎明厩舎、セン5歳)=55キロ、ウムブルフ(美浦・堀宣行厩舎、牡4歳)=55キロ、サラトガスピリット(栗東・友道康夫厩舎、牡5歳)=54キロ=や、日経新春杯5着、ダイヤモンドS3着と重賞で掲示板に載っているカフジプリンス(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳)=55キロ、つかみどころがないが、13年の優勝馬ムスカテール(栗東・友道康夫厩舎、牡9歳)=56キロ=も上位争いは可能だ。

 ホームストレッチの坂下からのスタートで2度の坂越えが要求されるタフな東京芝2500メートル。名物のハンデ重賞を制するのはどの馬か−。

目黒記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

マリアライトの関連コラム

閲覧 640ビュー コメント 0 ナイス 4



みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝ち馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を”データブレイカー”と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします。
データ競馬全盛期の今だからこそ、”逆張り”が効果的です。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


G1データブレイカー
宝塚記念

・前走3人気以下【0.2.2.36】

クラリティシチー→前走12人気
ゴールドアクター→前走5人気
サトノクラウン→前走3人気
シャケトラ→前走3人気
シュヴァルグラン→前走4人気
ミッキーロケット→前走6人気
レインボーライン→前走7人気

上半期を締めくくるグランプリを謳う宝塚記念ですから、チャンピオンに相応しい馬が勝ちます。
今年もキタサンブラックが王座を狙っていますから、チャレンジャーには厳しい闘いが待っています。
そのキタサンブラックシュヴァルグラン以下を圧倒した天皇賞(春)。どのような内容だったか覚えていますか?
1000m58秒台で逃げるヤマカツライデンの遥か後方をマイペースで走るキタサンブラック。それを淀の坂を越えて悠々と加速し終えるまでどの馬も追いかけなかった(追いかけられなかったとも言えますが)ら結果は判りきっていますよね。
阪杯を快勝したことで阪神内回りをも克服してしまったキタサンブラック。今回は少頭数でマークが厳しくなります。春古馬3冠を達成する姿を見たい気持ちはもちろんありますが、やる気のある伏兵馬が揃った宝塚記念は平穏決着とはならないでしょう。
近5年で宝塚記念勝ち馬を出している種牡馬は、ステイゴールドディープインパクトキングカメハメハの3頭のみ。いぶし銀レインボーライン、男勝りのミッキークイーン、人気がないと好走するクラリティシチーあたりが面白そうです!

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年06月22日(木) 18:00 岡村信将
【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】〜2017宝塚記念〜
閲覧 1,227ビュー コメント 0 ナイス 4



宝塚記念は脚の遅い馬が有利。

競馬は脚の速さを競う競技であり、奇異に感じることもあるかもしれないが、そういうレースは確かに存在する。その代表的な例が、“1〜3着馬の上がり3ハロンタイム平均”が35秒3の有馬記念。そして同35秒7の宝塚記念だ。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


宝塚記念(過去10年)1〜3着馬の上がり3ハロンタイム
2007年 1着 アドマイヤムーン  36秒2
2007年 2着 メイショウサムソン 36秒6
2007年 3着 ポップロック    36秒5
2008年 1着 エイシンデピュティ 37秒3
2008年 2着 メイショウサムソン 36秒9
2008年 3着 インティライミ   37秒2
2009年 1着 ドリームジャーニー 34秒3
2009年 2着 サクラメガワンダー 35秒0
2009年 3着 ディープスカイ   34秒8
2010年 1着 ナカヤマフェスタ  35秒8
2010年 2着 ブエナビスタ    36秒3
2010年 3着 アーネストリー   36秒6
2011年 1着 アーネストリー   35秒1
2011年 2着 ブエナビスタ    34秒5
2011年 3着 エイシンフラッシュ 34秒7
2012年 1着 オルフェーヴル   34秒7
2012年 2着 ルーラーシップ   35秒4
2012年 3着 ショウナンマイティ 35秒0
2013年 1着 ゴールドシップ   35秒2
2013年 2着 ダノンバラード   36秒2
2013年 3着 ジェンティルドンナ 35秒9
2014年 1着 ゴールドシップ   35秒2
2014年 2着 カレンミロティック 35秒8
2014年 3着 ヴィルシーナ    36秒3
2015年 1着 ラブリーデイ    34秒8
2015年 2着 デニムアンドルビー 34秒0
2015年 3着 ショウナンパンドラ 34秒7
2016年 1着 マリアライト    36秒3
2016年 2着 ドゥラメンテ    36秒1
2016年 3着 キタサンブラック  36秒8


脚が遅いというのは必ずしも欠点ではない。たしかに上級クラスの馬は大抵速い脚を持つものなのだが、それがすべてだと言うのなら、その平均が35秒3であったゴールドシップの強さはどうだ。

“脚が遅い馬”は速い上がりには対応できないし、“脚の速い馬”は上がりのかかるタフな競馬には音を上げてしまう。だからこそ、二極化した現在の競馬において、適性考察が重要になってくるのだ。

ちなみに天皇賞(秋)やジャパンカップの“1〜3着馬の上がり3ハロンタイム平均”は34秒1。これらと宝塚記念は対極に位置するレースだと考えられる。ゴールドシップ宝塚記念を得意とし、東京コースを苦手としていた解はここに求めるべきだろう。

これは宝塚記念のレベルが低いという意味ではなく、そういった質のレースであると考えてほしい。上がり3ハロン33秒台で勝つような馬ではなく、35秒で勝てるような馬に有利なレースであるということ。つまりは“脚の遅い馬が有利”なレースであるということだ。



では今年、1番人気が確実となっているキタサンブラックはどうなのだろう。同馬の“1〜3着時の”上がり3ハロンタイム平均”は現在のところ34秒8。これだけを見れば、キタサンブラックは34秒を切るようなタイムでビュッと上がってくる馬ではないことが分かる。逃げ・先行馬がある程度上がりがかかるのは当然のことではあるのだが。

しかし、さらにもう一段階、細分化してみると少し違ったモノも見えてくる。

[もっと見る]

2017年06月20日(火) 18:00 競馬プロ予想MAX
最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.29・G1宝塚記念2017編〜
閲覧 2,686ビュー コメント 0 ナイス 7



前回の〜安田記念編〜では、その他の特注馬として「コース適性が高く、年齢による衰えは感じられない。狙う価値はある。」(kmプロ)とのコメントをご紹介したロゴタイプが8番人気で2着に好走。また、2番人気で5着に敗れたエアスピネルに対する「父ディープインパクトキングカメハメハのような切れ味のあるクラシック血統より、もっと地味な種牡馬のほうが好勝負しているレースでここへの適性どうか」(加藤拓プロ)といった声を掲載した当コラム。貴重なプロの事前見解を、是非今週末のG1予想にお役立てください。それでは、今週も馬券的中へのヒントを探しにプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125


本日のターゲットは、6/25(日)G1宝塚記念
ウマニティ公認プロ予想家のスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓のオリジナルメンバーに加え、新たにkmを加えた6人の中から5人に登場してもらい、アノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て6/19(月)時点のものです。

●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近10年中9年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
加藤拓プロ・・・血統予想。血統的データを中心に、前回よりも今回の馬場に適性が向く馬を狙う予想スタイル。


●各馬へのコメント
キタサンブラック
 サラマッポ 能力が高く操縦性抜群の馬に、ペース判断に長けた武騎手騎乗となれば、崩れることは考えにくいですね。大型馬で前さばきの硬さがあり、パワーも豊富です。仮に道悪になっても、問題ないでしょう。
 河内一秀 前走は、サトノダイヤモンドとの2強対決と騒がれたけど、終わってみれば完勝だったね。しかも、大阪杯で記録した自己最高には及ばなかったものの、昨年の天皇賞・春を上回るハイレベル指数という好内容でのもの。最早、現役最強馬であることは疑う余地はなく、ここは不安を持たずに海外遠征に向かうためにも負けられない一戦だろう。
 加藤拓 血統面からは、父ブラックタイドの全弟ディープインパクトの話になってしまいますが、このレースはキレ特化型のディープ産駒より、先行して粘ったり、じわじわと伸びたりするようなタイプのディープ産駒が上位に来るレースです。そういう地力型のディープ産駒≒ブラックタイド産駒というイメージを持っています。その意味で、ブラックタイド産駒のキタサンブラックはここでも普通に走れば馬券外に崩れそうにありませんね。
 くりーく 調教面では、この中間は昨年と同じような時期から時計を出し始め、併せ馬でも昨年と同じように毎回外に併せての調教内容。1週前追い切りの動きを見ると、鞍上の黒岩騎手の肩ムチを入れるタイミングが春2戦と比較して早く、動きも少し重いというか鈍い感じにも見えます。ただ、長めからしっかり乗り込まれているので、あとは最終追い切りで少し気合いを入れる程度で仕上がるのではないかとみています。
 スガダイ 天皇賞・春もキタサンブラックに勝たれてしまったな。そろそろキタサンブラックに謝った方がいいような気もするけど(笑)、俺はまだ諦めないぞ。天皇賞・春はレコード決着だったから「ディープインパクトを超えた」なんて見出しも踊っていたけど、離された5着のアルバートでもディープインパクトの持っていた従来のレコードタイムより速く走っていたわけだからな。馬場と風のマジックで、時計自体には大した価値はないよ。キタサンブラックは脚質的な有利さと内枠からコースロスなく走れるアドバンテージをフルに生かしての勝利だったわけで、俺は負けた2、3着馬のほうが強いレースをしていたと思うよ。あの日の馬場で内を回った有利さについては、前半のレースやキタサンブラックと同じく内々をロスなく運んで4着に頑張ったアドマイヤデウスを見ても分かると思う。今回はサトノダイヤモンドとかヤマカツエースもいなくてライバルが手薄だし、勝つ可能性のほうが高いとは思うけどさ、ヘタしたら単勝1.1倍とかだろ。俺は今回も本命にするつもりはないな。負ける可能性も全然あると思うよ。

シャケトラ
 河内一秀 3番人気で9着敗退の前走天皇賞・春は、出遅れや前半で折り合いを欠いた影響もあるんだろうけど、最後は流れ込むだけの競馬だった。ただ、阪神・中山で全勝していることから、小回り急坂コースで瞬発力を活かすことが出来れば要注意だと思うよ。
 サラマッポ 前走は、やはり道中で引っかかったことでスタミナ切れを起こしたというのが主な敗因だと思いますね。前向きな気性で、2200mへの距離短縮はプラスに働くはずです。ただ、日経賞勝ちは展開に恵まれた面があり、G1の舞台ではまだ力不足の印象です。
 スガダイ 前走はちょっと案外な走りだったね。2人も言っている通り、出遅れて、序盤にかなり行きたがっていたから仕方がない面はあると思うけど、もっとやれるかと思っていた。距離や超高速決着に対する適性の差が出たのか、それとも・・・

[もっと見る]

2017年06月01日(木) 12:00
【濃霧注意報DX】〜安田記念(2017年)展望〜
閲覧 2,828ビュー コメント 0 ナイス 4



 大波乱の皐月賞から一転、2番人気、3番人気、1番人気の馬達で決着した先週の日本ダービー。皐月賞の結果が結果だっただけに、例年以上に様々な視点による様々な結論の予想が生まれると思っていましたが、蓋を開けてみれば多くの方の考え通りな結果になったと言えます。競馬ファンの見る目が洗練されてきているという証拠なのでしょうね。
 とは言え、ダービー史上に残る超スローペースになったことで力を出し切れなかった馬も多数いた印象で、今回の結果をもって勢力図が固まったという印象はあまりありません。ひと夏を越して大きく成長を遂げる馬もいるでしょうし、まだまだこの3歳牡馬世代には頭を悩まされそうな気がします。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 さて、“悩まされる”と言えば今週のメインである安田記念も同じ。
 ここ5年で1番人気馬が3勝、2着1回と書くと非常に堅いレースのように映るのですが、その一方で毎年のように低人気の伏兵の台頭があり、二桁人気馬も当たり前のように馬券に絡んでいます。人気通りに走ってくる馬と、人気以上に走ってくる馬の両方を正確に見出さなければならないというのは意外と難しいもの。今回もコラム執筆を通して、週末の好結果へと繋げていければと思っています。
 というわけで早速……安田記念展望、まいります。



 安田記念の舞台と言えば、お馴染み東京の芝1600m。
 私がこの舞台に対して抱いているのは、”好走馬の血統が独特”ということです。
 直線が長く、軽いスピードが生きやすい東京競馬場が舞台ということで、ディープインパクト産駒に代表される、瞬発力に秀でた血統馬が強いイメージがありますが、この芝1600mという舞台……特にG1に関してはだいぶ違う傾向があるように感じられるのです。
 その独特の傾向が最も顕著に出ていたのが数週前に行われた同舞台のG1・ヴィクトリアマイル。
勝ったアドマイヤリードはサンデー系の中でも馬力や底力に秀でたステイゴールド産駒で、2着のデンコウアンジュも父メイショウサムソン×母父マリエンバードという1600mとは縁薄そうな欧州色の濃い血統馬でした。こうした血統の馬達が、ディープインパクト産駒の切れ者ミッキークイーンスマートレイアージュールポレールらに先着を果たしているというのは非常に興味深い点です。
 振り返れば、昨年の当レースでワンツーを果たしたロゴタイプモーリスも欧州色を感じさせる血統構成の持ち主でしたし、“そこそこの切れ味と重厚感のある血統を兼ね添えた馬”というのが狙い目なように感じます。

[もっと見る]

2017年05月26日(金) 10:45
【濃霧注意報DX】〜日本ダービー(2017年)展望〜
閲覧 1,608ビュー コメント 0 ナイス 7



 皆さんは、東京競馬場に行かれたことがあるでしょうか。
 私のような地方民にはなかなか縁遠い場所ではありますが、それでも20年以上競馬ファンでいると、足を運ぶ機会は何度もありました。G1の開催日を狙って遠征してみたり、お目当てのレースはなくとも、首都圏に住む旧友達と会うための場所として利用してみたり、近くまで用事があった際にぶらりと立ち寄ってみたり……などなど、私なりに色々な表情の東京競馬場を見てきたつもりです。
 そんな中でも最も印象に残っているのが、2002年、タニノギムレットが勝ったダービーの日。この日が私にとって初めての”生ダービー”だったのですが、何というか……朝からもう雰囲気が違ったのですよね。人の数が普通の開催とは段違いでしたし、1レース発走前にも関わらず、メイン前後かと錯覚するようなファンの熱気。メインが近づくに連れて熱量は増していき、お目当てのダービーの直線では十数万人の興奮や歓声に当てられ、いつしか私もこれでもかと言わんばかりに叫んでいました。
 そして思いました。これがダービーか、と。
 それから随分と年を重ねましたが、あの日以降もずっと、ダービーというレースからは上手く言葉では表現できない”特別な何か”を感じています。恐らく同じ経験や感覚を持つ方も少なくないと思うのですが、そんな特別なレースで予想も的中できたら最高ですよね。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 まだ発走までは2日あります。興奮や緊張は抑えて、今は冷静に予習を繰り返しておきたいところ。私もこのレースは毎年毎年冷静さを欠いた予想を披露してしまっていますので、コラム執筆を通しながらしっかりと自分の予想も組み上げていきたいですね。
 それでは、前置きが長くなりましたが……日本ダービー展望、まいります。



 今年のダービーを考える上で最も大きなカギを握るのが、皐月賞組の評価。
 既に皆さんもご存知の通り、今年の皐月賞は9番人気−4番人気−12番人気という大波乱の結果となりましたが、ここでの上位陣がダービーでも存在感を発揮すると考えるのか、或いは着順を落とすと考えるかによって、買い目は全く違ってきます。
 今年の皐月賞で注目すべき点は、極めて速い時計での決着だったということ。
 上位陣が本当に強くて速い時計になったという可能性もありますが、この日の中山芝コースは異様なまでに速い時計の出る馬場に変貌しており、能力差というよりはこの特殊な馬場への適性差が勝負を分けたように思えてなりません。
 実際に、時計的にはかなりのハイレベルで走れているはずの10着馬プラチナヴォイス、12着馬アウトライアーズ、13着馬トラストは、メンバー的にはだいぶ落ちるはずのNHKマイルカップにおいても着順はほとんど上がらず、見せ場すらなく敗れています。
 指数などを見ても皐月賞というレース自体は高い数値を示していますが、それが”本当の強さ”を示しているのかは少し疑ってみるべきではないかと考えます。
 この観点を踏まえると、例年ならば真っ先に馬券圏内候補となる皐月賞上位組は、今年に限れば非常に悩ましい存在に映ってきます。
 順番に触れていくと……まずは皐月賞馬のアルアイン
 ここまで5戦4勝、敗れたシンザン記念は致命的な不利があってのもので、実質崩れていない馬ではありますが、皐月賞前までのレースレベルはかなり平凡。上がり上位の末脚を使うことも少なく、ダート寄りの母系を持つディープインパクト産駒という血統も考えると・・・

[もっと見る]

2017年05月18日(木) 16:00
【濃霧注意報DX】〜オークス(2017年)展望〜
閲覧 3,148ビュー コメント 0 ナイス 3



 皆様、お久しぶりです。公認コラムライター兼公認プロ予想家の霧です。
 昨秋のG1シーズンより”DX”という形で再開させて頂いていた当コラム”濃霧注意報”ですが、この春は個人的な事情によりお休みを頂いておりました。
ようやくある程度の態勢が整い、こうして筆を執っているわけですが、今回のお題はオークス
オークス、そして来週のダービーと言えば、いずれもクラシックレースの最高峰。正に今が、最も競馬が盛り上がる時期と言っても過言ではありません。
 そんな時期に当コラムはまさかの初回。若干盛り上がりの波に乗り損ねている感がありますが、その分、残されたG1レースの展望に200%の力を注いでいきたいと思っておりますので、またしばらくの間よろしくお付き合い下さいませ。
 それでは早速、オークス展望、まいります。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644




 オークスというレースの大きな特徴として挙げられるのは、やはり2400mという距離。
 一部の条件戦を除き、牝馬クラシックの主要ステップには2400mという条件のレースは存在しないため、例年ほぼ全馬が初めて経験する距離になるという難しさがあります。

[もっと見る]

⇒もっと見る

マリアライトの口コミ


口コミ一覧
閲覧 39ビュー コメント 0 ナイス 2

☆宝塚記念の過去5年の1着馬の傾向☆
過去5年の1着馬
2016年:1着マリアライト(稍重)
2015年:1着ラブリーデイ(良)
2014年:1着ゴールドシップ(良)
2013年:1着ゴールドシップ(良)
2012年:1着オルフェーヴル(良)
初GI制覇だったのはラブリーデイ1頭だけで、他の馬達は宝塚記念を勝つまでに2000m以上のGIを勝ってるんで、2000m以上のGI勝ち実績あった方がいいのかな?

過去5年の1着馬の前走と着順
2016年:目黒記念 2着(良)
2015年:鳴尾記念 1着(良)
2014年:天皇賞春 7着(良)
2013年:天皇賞春 5着(良)
2012年:天皇賞春 11着(良)
天皇賞春で1・2番人気という上位人気に支持されながら力を出せなかった馬が巻き返すパターン。
前走が重賞で連対していい勢いで宝塚記念を勝つパターン。
2パターンあるんで、上位人気で天皇賞春を凡走した馬か、前走重賞で連対した馬がよさそう。

過去5年の勝ち時計
2016年:2.12.8(稍重)
2015年:2.14.4(良)
2014年:2.13.9(良)
2013年:2.13.2(良)
2012年:2.10.9(良)
2分10秒台のように速い決着の年もあるけど、良馬場なのに稍重の去年より遅い決着の年も3回あるんで、時計面はあまり気にしなくてもいいのかな?

過去5年のレースの上がり3F
2016年:36.8(稍重)
2015年:35.0(良)
2014年:35.6(良)
2013年:38.0(良)
2012年:35.3(良)
阪神内回りで持久力勝負になりやすいのもあってか、レースの上がり3Fは5年とも35秒以上かかってますね。

過去5年の1着馬の道中の位置取り
2016年:(11→11→10→6)(17頭立て・稍重)
2015年:(2→2→2→2)(16頭立て・良)
2014年:(4→3→4→4)(12頭立て・良)
2013年:(4→4→3→4)(11頭立て・良)
2012年:(11→11→12→12)(16頭立て・良)
阪神内回りなんで好位ぐらいで器用に立ち回れる馬の方が有利な気はするんですけど、先行勢に楽な流れになりにくいのもあってか、力がある馬なら中団後方からでも勝ってるんで、脚質はあまり気にしなくてもいいかも?

過去5年の1着馬の上がり3F
2016年:36.3(稍重)
2015年:34.8(良)
2014年:35.2(良)
2013年:35.2(良)
2012年:34.7(良)
1番速い上がり3Fを出して勝った馬でも34.7やし、切れ味鋭い末脚はあまり必要なさそう。
簡単にはバテなくて長くいい脚を使えるタフな競馬向きの馬がよさそうですね。

過去5年の1着馬の血統
2016年:父ディープインパクト(稍重)
2015年:父キングカメハメハ(良)
2014年:父ステイゴールド(良)
2013年:父ステイゴールド(良)
2012年:父ステイゴールド(良)
中・長距離のタフな競馬に強いステイゴールド産駒が3勝してるんで、持久力勝負に強いタフな血統の馬がいいのかな〜。
ディープインパクト産駒やキングカメハメハ産駒という今の日本の主流の血統も良さそうです。

過去5年の1着馬の年齢
2016年:5歳(稍重)
2015年:5歳(良)
2014年:5歳(良)
2013年:4歳(良)
2012年:4歳(良)
タフな競馬になりやすいのもあってか、6歳以上の馬だと上位争いまでは難しいのかな〜。
3着以内で見ても6歳以上の馬は過去5年で(0.1.0.23)と2着1回あるだけで他は着外なんで、基本的に4・5歳の中から選ぶのがよさそう。

過去5年の1着馬の性別
牝馬:1頭
牡馬:4頭
過去5年で牝馬で勝ったのは、マリアライトだけなんで1着という面では期待薄ですけど・・・。
2013年〜2016年の4年連続で牝馬が3着以内に1頭入ってるんで、3連系を買う場合は押さえておいてもます。

過去5年の1着馬の枠順
2016年:8枠(稍重)
2015年:8枠(良)
2014年:8枠(良)
2013年:8枠(良)
2012年:6枠(良)
スタートから1コーナーまで距離十分あるから枠順あまり関係ないのかな?と思ったら、4年連続で8枠から1着馬出てたりで外枠有利の傾向出てますね。

過去5年の1着馬の単勝人気
2016年:8番人気(稍重)
2015年:6番人気(良)
2014年:1番人気(良)
2013年:2番人気(良)
2012年:1番人気(良)
2014年までは上位人気馬が勝ってたのに、2015年以降は6番人気以下の馬が勝ってるんで、最近の傾向で行くと上位人気馬危険なのかな。

宝塚記念の過去5年の1着馬の傾向のまとめ
実績:2000m以上のGI勝ち実績あった方がよさそう。
前走:1着馬5頭中、天皇賞春が3頭。目黒記念・鳴尾記念が1頭ずつ。
時計:時計面はあまり気にしなくてもいいのかな。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:脚質はあまり気にしなくてもいいかも。
血統:1着馬5頭中、ステイゴールド産駒が3頭。ディープインパクト産駒・キングカメハメハ産駒が1頭ずつ。
年齢:1着馬5頭中、5歳が3頭、4歳が2頭。
性別:1着馬5頭中、牡馬が4頭。牝馬が1頭。
枠順:1着馬5頭中、8枠が4頭。6枠が1頭。
人気:1着馬5頭中、1番人気馬が2頭。2・6・8番人気馬が1頭ずつ。
こんなところかな。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
東京靴流通センターというお店で、スニーカーを買ったんですが、
他にも何かいい靴あるかな〜と店内を見てたら、なかなかいいのあるやん!と思って値札見たら490円という想像以上の安い値札で笑いました。

ということで、スニーカー2足買ってきました。

 automnenoc 2017年06月20日(火) 21:29
宝塚記念は1強なのか?
閲覧 75ビュー コメント 3 ナイス 17

こんばんわ!

順当にいけばキタサンブラックが1着になると思いますが、去年のような馬場状態になればどうなるか?
馬場状態が不良の場合に去年のマリアライトのような馬がいないか、もちろんいたとしても去年よりキタサンブラックも成長しているわけで、難しいですよね。
ただ、シャケトラの枠順次第ではシャケトラ本命にしようか悩みます。
うーんレースは日曜、それに枠順すら発表されていないのに研究を始めようとする僕でした。笑

[もっと見る]

 パトラッシュ 2017年06月20日(火) 17:15
ミッキークイーンの宝塚記念?
閲覧 71ビュー コメント 0 ナイス 8

宝塚記念は、キタサンブラックと武豊騎手という今シーズン、私と最も相性の悪い組み合わせが圧倒的な人気を集めてしまうことが確実ですが、先日も書いたと思いますが、買うしかないかと。
しかし、キタサンブラックから、となると、相手を絞らないということになります。
ということで言えば、まず、人気を集めそうなミッキークイーンですが、前走のヴィクトリアマイルは不発で、距離不向きなど、云々されています。阪神は、3.2.0.0、で、中距離もオークスをかっていることから、問題なし。さらに昨年マリアライトが勝ち、それ以前も牝馬が度々活躍してしていることから、けっこうな人気になりそうな気配です。
牝馬が活躍していることには、春のシーズンの古馬の番組構成の問題があることは間違いないように思います。
すなわち、秋シーズンには、中距離のG1として、国内で天皇賞、JCが組まれている一方、春のシーズンでは、古馬の一線級が目標とできるレースは海外にしかなく、国内に目標を置くとすれば、非常に特殊な、消耗するような春の天皇賞しかありませんでした。そのため、宝塚記念で人気になる一線級の牡馬は、海外か春の天皇賞で、一旦、ピークに持って行き、レースでも全力を尽くすことになります。
一方、牝馬の場合、矛先を国内中距離以外に置かなければならないということでは、牡馬と同様ですが、海外に行かなければ、多くは、マイルに矛先を向けるか、宝塚記念までピークに持って来ないという状況が影響しているように思います。
ミッキークイーンの場合もステップは、一昨年ゴールドシップの3着だったヴィルシーナと同じで、これまでの牡馬相手の戦績を考えると、かなり有力と言えるのではないでしょうか?春の一連のレースを見ると、この間、キタサンブラックと対戦した牡馬より、脈ありかもしれません。

[もっと見る]

マリアライトの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

マリアライトの写真

マリアライト
マリアライト
マリアライト

マリアライトの厩舎情報 VIP

2016年12月25日有馬記念 G110着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マリアライトの取材メモ VIP

2016年12月25日 有馬記念 G1 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。