注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ショウナンパンドラ(競走馬)

注目ホース
ショウナンパンドラ
ショウナンパンドラ
写真一覧
抹消  鹿毛 2011年3月10日生
調教師高野友和(栗東)
馬主国本 哲秀
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績18戦[5-4-3-6]
総賞金60,768万円
収得賞金20,925万円
英字表記Shonan Pandora
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
キューティゴールド
血統 ][ 産駒 ]
フレンチデピュティ
ゴールデンサッシュ
兄弟 スピアザゴールドイルミリオーネ
前走 2016/05/15 ヴィクトリアマイル G1
次走予定

ショウナンパンドラの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/05/15 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 187154.423** 牝5 55.0 池添謙一高野友和446(-10)1.31.9 0.433.5⑬⑭ストレイトガール
16/04/03 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 11785.943** 牝5 56.0 池添謙一高野友和456(+14)1.59.5 0.233.3⑤⑤⑤アンビシャス
15/11/29 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 187159.241** 牝4 55.0 池添謙一高野友和442(+4)2.24.7 -0.033.9⑨⑨⑧⑪ラストインパクト
15/11/01 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 187159.054** 牝4 56.0 池添謙一高野友和438(-2)1.58.6 0.233.4⑭⑭⑫ラブリーデイ
15/09/27 中山 11 オールカマー G2 芝2200 15237.631** 牝4 55.0 池添謙一高野友和440(-6)2.11.9 -0.234.1⑩⑩⑨⑧ヌーヴォレコルト
15/06/28 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 161199.2113** 牝4 56.0 池添謙一高野友和446(+4)2.14.6 0.234.7⑦⑥⑥⑦ラブリーデイ
15/05/17 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1881716.278** 牝4 55.0 浜中俊高野友和442(-10)1.32.8 0.933.5⑨⑨ストレイトガール
15/04/05 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 1461021.879** 牝4 55.0 浜中俊高野友和452(+6)2.04.8 1.938.4⑦⑦⑦⑦ラキシス
14/11/16 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 186128.946** 牝3 54.0 浜中俊高野友和446(+6)2.12.7 0.433.3⑬⑬⑫⑫ラキシス
14/10/19 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 183610.131** 牝3 55.0 浜中俊高野友和440(0)1.57.0 -0.034.3⑨⑨⑨⑤ヌーヴォレコルト
14/09/13 新潟 11 紫苑S OP 芝2000 18472.812** 牝3 54.0 岩田康誠高野友和440(+2)2.03.3 0.035.7⑭⑥レーヴデトワール
14/08/16 新潟 9 糸魚川特別 500万下 芝2000 14222.011** 牝3 52.0 岩田康誠高野友和438(+8)2.00.1 -0.433.6⑦⑥メイクアップ
14/05/24 東京 9 カーネーショ 500万下 芝1800 178175.532** 牝3 54.0 C.ウィリ高野友和430(-6)1.47.7 0.033.0⑯⑭⑫ヘイジームーン
14/05/04 東京 11 スイートピー OP 芝1800 165102.815** 牝3 54.0 川須栄彦高野友和436(+8)1.47.8 0.533.6⑩⑩⑩シャイニーガール
14/03/21 中山 11 フラワーC G3 芝1800 16353.915** 牝3 54.0 浜中俊高野友和428(+2)1.51.8 0.536.6⑬⑬⑨⑦バウンスシャッセ
14/02/08 京都 10 エルフィンS OP 芝1600 12332.912** 牝3 54.0 浜中俊高野友和426(-4)1.38.0 0.334.0⑦⑦シャイニーガール
14/01/05 京都 5 3歳未勝利 芝2000 168152.811** 牝3 54.0 浜中俊高野友和430(-10)2.01.0 -0.234.9⑮⑩⑦アイスブレイク
13/12/08 阪神 5 2歳新馬 芝1800 9773.322** 牝2 54.0 浜中俊高野友和440(--)1.49.2 0.133.4⑥④ブルーフラッシュ

ショウナンパンドラの関連ニュース

 ついに歴史が動くか。16日に中山競馬場で行われる牡馬クラシック第1冠「第77回皐月賞」(GI、芝2000メートル)で、牝馬として69年ぶりの優勝を目指すファンディーナが12日朝、栗東トレーニングセンター(滋賀県)の坂路で落ち着き払った姿を見せた。5馬身差圧勝したフラワーCから中3週、気持ちの高ぶりを見せない女傑候補は悠々と牡馬斬りに挑む。

 69年ぶりとなる牝馬による皐月賞Vが、いよいよ現実味を帯びてきた。それほどファンディーナの最終追いは、“3歳牝馬=危ういテンション”とは一線を画す、ベテラン牡馬のような隙のないものだった。

 いつものように栗東の坂路で2本。滑らかだった1本目(4F77秒4)のあと、2本目はインヘリットデールを目標にインからスタートした。力む素振りはこれっぽっちもなく、4F手前で早くも射程圏内に入れた。

 誰が見てもひと目で分かる雄大なフットワークは流麗そのもの。最後に少し仕掛けられると、楽に3馬身突き放した。4F54秒5、ラスト1F13秒1は平凡だが、前日の雨が残った重い馬場だけに、ネガティブなイメージはない。調教チェッカーズも満足のA評価だ。

 「馬場が酷い状態なので正直、安全に乗ってほしかった。無理なく、いい内容。調教で能力アップを考えずに保つ感じです」と高野調教師。加えて、情緒が不安定になりやすいこの時季の牝馬を思えば、「出そうと思えばとんでもない時計が出る」タイプをそこまで時計にこだわらせないのも当然のこと。さらに別の理由もあった。

 「先週の坂路は2Fまで新しいチップに切り替わっていたが、今週はそれが4Fまで新しくなった。滑るのが嫌だったので、無理をしたくなかった。穏やかにコトを運びたかったので」と笑み。

 圧勝したフラワーCから中2週の桜花賞ではなく、中3週の皐月賞を選択したローテーションも追い風となっている。

 「中2週と中3週ではまるで違う。最初の1週間を回復期に充てられ、2週目からリスタートできる。牝馬は特にそう」とプラス1週の恩恵を噛みしめる。中山への長距離輸送を再度挟むことになっても、最も可能性のある臨戦過程だろう。

 「潜在能力はすごいものを感じる。牝馬なので完成はまだ、素質だけで勝っているが、パンとしてきたらどれだけすごくなるのか。能力があっても競馬で出せない馬はごまんといるが、この馬は素直に走れて自分の能力を出せると新馬戦で分かった。輸送を心配した前走も馬房で落ち着いていた。それで“大丈夫かな”と。乗り役の意のままに動けるので、どんなペースでも大丈夫」

 高野調教師は一昨年のジャパンCを14年秋華賞ショウナンパンドラで勝った実績もある。「牡馬相手で不確定要素はあるが、そこでも堂々としていたらたいしたものだね」。正真正銘の“化け物”牝馬誕生へ−刻々と時計の針が動きだした。

皐月賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【東西現場記者走る】ファン、中3週に高野師「大きい」 2017年04月12日(水) 05:09

 今週は中央競馬の牡馬クラシック第1弾となる皐月賞(16日、中山、GI、芝2000メートル)が行われる。東西サンスポの精鋭記者が、1週間の密着取材で皐月賞の勝ち馬を探る企画『東西現場記者走る』は、連載2日目。担当の大阪サンスポの山口大輝記者(25)は、牝馬ながら主役級の注目を集めるファンディーナ高野友和調教師(41)を直撃。69年ぶりの牝馬Vを目指す理由に迫った。

 天気予報通りの雨音にうんざりしながら2日目がスタート。この日のターゲットは最も重要な存在だけに、雨ごときに負けてはいられない。

 1948年ヒデヒカリ以来69年ぶりの牝馬の優勝を目指すファンディーナは、3戦3勝の戦績もすばらしいが、新馬戦が9馬身差、前走のGIIIフラワーCが5馬身差の圧勝と強さも破格だ。

 厩舎を訪ねると、高野調教師が快く取材に応じてくれた。牡馬相手の皐月賞参戦の意図は? 一番の理由はローテーションだ。フラワーCから桜花賞は中2週、皐月賞は中3週となる。「調整がしやすくなりましたよ。中3週だと、レース後の1週間を回復に充てることができます。牝馬ですから、特にそこは大きいです」。牝馬は一般的に繊細な面があるだけに、体力の回復に向け、この1週間の差は大きい。

 実際に、先週5日の1週前追い切りは、坂路の併せ馬でビッシリと追うことができた。4ハロン(800メートル)54秒1−12秒4で、ナッシングエルス(未勝利)に2馬身先着。「やろうと思えばいくらでも時計は出ますが、今週は軽めです」。1週前にしっかりと追って、12日に予定している追い切りを軽めにするのは、フラワーCと同じパターン。今回も能力はしっかりと出し切れそうだ。

 高野調教師は当然、能力にも手応えを感じている。「もともと能力を感じてはいましたが、競馬で出せるかは別の話になります。思っている以上に本番で力を出せる馬でしたね」。デビュー前はゲートに不安を抱えていたが、過去3走はすべてスタートに問題はなかった。道中で折り合いを欠くこともなく、ラストもしっかりと伸びる。そういったレースセンスのよさも、大きな武器だ。

 牡馬相手より、最後は自分との戦いだと高野調教師はみている。「不安は牝馬だということに尽きる」。かりかりした気性で、カイバ食いが細い面も。だがトレーナーは、牡馬相手に2015年ジャパンCを勝ったショウナンパンドラを手掛けた実績がある。追加登録料200万円を払っての参戦でもあり、力を発揮できる態勢さえ整えれば、通用するという自信を持っているように思えた。

 歴史を塗り替える名牝になるのかも…。その可能性も頭に浮かんだが、まだまだ序盤戦。男の意地をみせる馬を探りたい。(山口大輝)

[もっと見る]

【2歳戦結果】ディオスコリダー、冬桜賞V2016年12月25日() 05:01

 【中山】9R冬桜賞(500万下、ダ1200メートル)=ディオスコリダー(栗・高橋忠、牡、父カネヒキリ

 ◆和田騎手 「直線に向いてからも楽だった。ムキになる面が抜けてくれば、いい馬になるよ」

 5R新馬(牝馬、ダ1200メートル)=サクセスライン(美・菅原、父トーセンファントム)

 ◆菅原騎手 「流れに乗って運べ、直線では手応え良く抜け出せた」

 6R新馬(芝・外1600メートル)=サウンディングベル(美・南田、牡、父スクリーンヒーロー

 ◆勝浦騎手 「スッと折り合えて、追ってからの反応も良かった。センスがいい」

 2R未勝利(牝馬、ダ1800メートル)=ブルビネラ(美・木村、父ヴィクトワールピサ

 ◆石川騎手 「もう少し行き脚がつくようになればいいと思います」

 *半姉に秋華賞ジャパンCを制したショウナンパンドラ(父ディープインパクト

 【阪神】5R新馬(芝・外1800メートル)=インウィスパーズ(栗・音無、牡、父ディープインパクト

 ◆ルメール騎手 「2番手でリラックスして走れた。長くいい脚を使ってくれた」

 6R新馬(ダ1400メートル)=タガノカトレア(栗・岡田、牝、父エンパイアメーカー)

 ◆菱田騎手 「ゲートが誤算だったけど、予想以上の脚を使ってくれました」

 *来春は芝のレースに出走する可能性もある。

 1R未勝利(ダ1400メートル)=アディラート(栗・須貝、牡、父ルーラーシップ

 ◆武豊騎手 「すんなり先手を取れたし、強い競馬。ダート適性はかなり高いんじゃないかな」

 *タイム1分23秒0(重)は2005年プラタナス賞(東京)でユーワハリケーンがマークした1分23秒1(重)を更新する2歳日本レコード。

[もっと見る]

【東西現場記者走る】リアル16番に不安なし! 2016年11月25日(金) 05:07

 1週間の密着取材で勝ち馬を探し出すサンケイスポーツGI企画『東西現場記者走る』は、2週連続で的中と絶好調。ジャパンCは、東京サンスポの千葉智春記者(32)が担当する。4日目は栗東トレセンに場所を移してリアルスティールに密着した。ぶっつけの天皇賞・秋で2着と地力は上位。陣営はささやかれる距離不安を一掃し、〔8〕枠(16)番の枠順にも前向きな姿勢を見せている。

 栗東トレセンで迎えた24日朝、テレビに映る東京都内の雪景色に寒気がした。とはいえ栗東も気温5度の寒さ。冷気に顔をしかめながら、矢作厩舎へ自転車を走らせた。

 4日目の標的はリアルスティール。前走の天皇賞は上がり最速タイの末脚で2着と、5カ月ぶりでも地力を示した。秋の盾で上がり最速をマークしてジャパンCに臨んだ馬には2009年1着ウオッカ、昨年1着ショウナンパンドラなどがいる。見逃せない存在だ。

 追い切り翌日は1時間の引き運動。「雰囲気はいい」と担当の柿崎助手は笑みを浮かべる。火曜日に坂路で4ハロン57秒4と速めの時計を出し、陣営は“失敗した”ともらしたが、翌日に同54秒1−11秒9とラストを伸ばす形で態勢を整えた。「1週前にしっかりやって、できている(仕上がっている)。叩き2戦目で使えるのはいい流れ」と不安はなさそうだ。

 前向きな気性ゆえ距離延長が不安視されるが、3000メートルの菊花賞2着なら距離自体は問題ないはず。柿崎助手もうなずく。「ドバイでも3〜4コーナーでモタモタしていた。距離が延びていい気がする。あとはムーア騎手に任せるだけ」と、ドバイターフ制覇に導いた鞍上に期待していた。

 午後に決まった枠順は〔8〕枠(16)番。近2走も安田記念が〔8〕枠、天皇賞も〔7〕枠で「外枠に好かれているのかな」と安藤助手は苦笑いだが、「週末は雨予報。内側は見た目にも荒れているので、いいところを走れるんじゃないか」と前向きだ。

 一方、人気を背負うキタサンブラックは〔1〕枠(1)番。この連載を担当したスプリンターズSでも、〔1〕枠(1)番に人気のビッグアーサーが入ったことを思い出した。あのときは枠順も踏まえた結論で的中できたが…。悩みは増すばかりだ。

ジャパンカップの枠順はこちら 調教タイムも掲載★「ジャパンC」特集!馬柱&調教タイム&談話などを無料公開

[もっと見る]

【沢田康文の欧州リポート】仏で唯一買えるジャパンC 2016年11月23日(水) 05:03

 今年、凱旋門賞の勝馬投票券が日本国内のインターネット投票で約42億円を売り上げたことは、フランスでも話題となった。日本人の競馬好きは、凱旋門賞の応援に駆け付けるファンの姿を見て彼らも理解しているはずだが、本国の売り上げを倍以上も上回ってしまったのだから、日本人の競馬熱にフランス人が度肝を抜かれたのも無理はない。

 一方で、現在フランス国内で唯一、馬券発売が行われている日本のレースが今週末行われるジャパンCだ。街のいたるところにあるカフェなどに端末が設置されるPMUで馬券発売が取り扱われ、パリチュルフなどの大手専門紙は出馬表やレース展望を掲載。グリーンチャンネルに相当するEquidiaでは、当日生中継が行われる。

 ジャパンCの発走は日本時間午後3時40分で、これはフランスの同日午前7時40分という時刻。日曜日の早朝という時間帯で多くのカフェが閉まっているといった事情があるため、売り上げは数百万円規模程度に過ぎないが、テレビ中継を見るホースマンは数多い。

 日本馬は2006年のディープインパクトから昨年のショウナンパンドラまで10連勝中。近年は事実上、日本馬の祭典となり、国際競走としての盛り上がりに欠けるジャパンCだが、そのブランド力は無二。以前アイルランドの田舎で「ジャパンCは必ず見るよ」と話す競馬ファンの少年に出会い、感動したことがあった。ジャパンCは日本競馬が生んだ重要文化であり、未来を見通した抜本的な改革を期待したい。 (在仏競馬記者)

[もっと見る]

【ジャパンC】レース展望 2016年11月21日(月) 15:57

 8週間にわたる東京開催は今週末にフィナーレを迎える。日曜のメインは第36回ジャパンカップ(27日、GI、芝2400メートル)。日本馬はGI馬6頭を含む15頭、外国馬がすべてGI馬の3頭で、計18頭が出走を予定している。日本馬は2006年のディープインパクトから昨年のショウナンパンドラまで10連勝中。外国馬の勝利は05年のアルカセット(英国)を最後に出ていない。今年も日本馬がホームの利を生かして連勝を「11」に伸ばすのか、それとも外国馬がアウェーのハンディを克服して、一矢報いるのか。府中のチャンピオンコースで、寒さを吹き飛ばすような熱戦になることは必至だ。

 外国馬を迎え撃つ日本のエースは、キタサンブラック(栗東・清水久詞厩舎、牡4歳)が務める。今年は産経大阪杯で初の58キロを背負いながらクビ差2着と上々のスタートを切ると、続く天皇賞・春ではカレンミロティックとの約4センチ差の死闘を制し、昨年の菊花賞に続くGI・2勝目。ファン投票1位で臨んだ宝塚記念もハイペースでレースを引っ張り、1着マリアライト、2着ドゥラメンテとタイム差なしの3着に踏ん張った。秋初戦の京都大賞典は、着差はクビ差だったが、内容的には完勝。デビュー12戦目で初めての1番人気に見事、応えた。昨年の有馬記念から逃げる形が続いていたが、前走は2番手から抜け出してV。相手関係、距離、コース、展開を問わず、抜群の安定感を改めて印象づけた。ダービーで14着に敗れて以来の東京芝2400メートルだが、今の充実ぶりなら心配なし。「武豊騎手で、この京都大賞典ジャパンカップ有馬記念と予定している秋3戦すべて勝ちに行きたい」と話していた北島三郎オーナーの言葉通り、ここでGI・3勝目を狙う構えだ。

 キタサンブラックの最大の強敵は、ゴールドアクター(美浦・中川公成厩舎、牡5歳)で間違いない。昨年は負けなしの4連勝で有馬記念を制し、一気に頂点へと上り詰めた。今年は日経賞でV発進を決めたが、1番人気に支持された天皇賞・春では、レース前からテンションが高く、12着と思わぬ大敗。しかし、その後は放牧を挟んで立て直され、秋初戦の産経賞オールカマーを快勝した。東京では、1600万下・オクトーバーSとアルゼンチン共和国杯を勝っており、コース替わりの不安もない。父スクリーンヒーローは2008年の優勝馬。グランプリホースが史上5組目の父子制覇に挑む。また、鞍上の吉田隼人騎手はデビュー13年目でこのレース初騎乗。先週終了した今年最後の福島開催でリーディングに輝いており、その手綱さばきにも期待がかかる。

 今年の皐月賞ディーマジェスティ(美浦・二ノ宮敬宇厩舎、牡3歳)もチャンスは十分にある。中間に一頓挫あったダービーでも勝ったマカヒキから0秒1差の3着。初の関西圏への遠征となった菊花賞では、いつも以上にテンションが高く、レース中にも左前脚の蹄をぶつけるアクシデントがあった。それでも、勝ったサトノダイヤモンドから0秒5差の4着と、大崩れはしていない。古馬とは初対決となるが、斤量が2キロ軽い55キロで戦えるのはアドバンテージ。1998年にJRA所属の3歳馬で初制覇の快挙を成し遂げた厩舎の先輩で、同じ蛯名正義騎手が手綱を取ったエルコンドルパサーに続く勝利を狙う。

 天皇賞・秋でモーリスの2着に入って底力を見せたのがリアルスティール(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳)。昨年のクラシックでは皐月賞2着、ダービー4着、菊花賞2着と涙をのんだが、今年は3月のドバイターフでGI初勝利を果たした。帰国初戦の安田記念は外枠で壁を作れず、折り合いを欠いて12頭立ての11着と精彩を欠いたが、毎日王冠を自重して、ぶっつけで出走した前走の天皇賞・秋はきちんと折り合い、海外GI馬の実力を証明した。上積みが望める叩き2戦目で、ドバイで騎乗したライアン・ムーア騎手とのコンビ復活。国内GI初勝利を挙げるチャンスは十分ある。

 昨年はショウナンパンドラのクビ差2着だったラストインパクト(栗東・角居勝彦厩舎、牡6歳)は、今年3月のドバイシーマクラシックで、“キングジョージ”勝ちの英国馬ポストポンド、昨春の2冠馬ドゥラメンテに続く3着。その後の2戦(宝塚記念京都大賞典)はともに7着に敗れているが、帰国3戦目でどこまで状態が上向いてくるかが鍵となる。

 今年に入りメキメキと力をつけてきたのが、シュヴァルグラン(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)だ。今年3月の阪神大賞典で重賞ウイナーの仲間入りを果たし、天皇賞・春はキタサンブラックから0秒2差の3着。宝塚記念は9着に敗れたが、前走のアルゼンチン共和国杯で重賞2勝目をマークし、勢いに乗ってここへ駒を進める。2005年に2分22秒1の日本レコードで駆け抜けながらも、アルカセットのハナ差2着に敗れた父ハーツクライの無念を晴らすことができるか。元大リーガー・佐々木主浩オーナーゆかりの血統馬が、大仕事をやってのけても不思議はない。

 そのアルカセット以来11年ぶりの勝利を狙う外国馬は、GI馬3頭が出走予定。2年連続参戦のイラプト(フランス=フランシスアンリ・グラファール厩舎、牡4歳)は、3歳だった昨年は外国馬最先着の6着で、勝ったショウナンパンドラとは0秒3差。日本の高速馬場への適性は証明した。今年は上半期こそ不振だったが、カナディアンインターナショナルS(芝2400メートル)で、海外GI初勝利。フランス調教馬として、1987年のルグロリュー以来、29年ぶりの栄冠を目指す。なお、今回の鞍上はピエール・シャルル・ブドー騎手。2014年に短期免許で来日し、両足のブーツを脱いでソックス姿で騎乗したことで話題となったが、今年はフランスの年間最多勝利記録を塗り替え、さらに全欧最多勝利記録をも狙うなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍している。その騎乗ぶりにも注目したい。

 イラプト同様、2年連続の来日となるナイトフラワー(ドイツ=ピーター・シールゲン厩舎、牝4歳)。昨年は後方からレースを進めたが、直線で前が詰まり、11着だった。それでも勝ち馬とは0秒5差。日本の芝への適性は十分に感じさせた。今年は独GIオイロパ賞(芝2400メートル)で連覇を達成。父ディラントーマス、母の父パントレセレブルがともに凱旋門賞馬、母ナイトオブマジックはイタリアのオークス馬という血統で、底力はこのメンバーの中でも指折りの存在だ。距離適性も高く、昨年以上の結果を望める。早くからここに照準を定めてきたのは昨年と同じ。日本での経験も豊富な主戦アンドレアシュ・シュタルケ騎手とのコンビでスムーズな競馬ができれば、1989年ホーリックス以来となる外国牝馬のVもありそうだ。

 そのナイトフラワーを独GIバーデン大賞(芝2400メートル)で2着に下したのが、イキートス(ドイツ=ハンスユルゲン・グリューシェル厩舎、牡4歳)。父アドラーフルークは2007年の独ダービー馬で、母イリカは独で4勝をマークしている。ナイトフラワーともども、ドイツ調教馬が勝利すれば、1995年のランド以来21年ぶり2頭目。中間の計量で416キロという小兵だが、しぶとさが持ち味で、馬場が悪化すればチャンスが増えるだろう。鞍上のイアン・ファーガソン騎手は45歳のベテランで、バーデン大賞が初のGI制覇となった苦労人だ。

 そのほかの日本馬も駒がそろっている。昨年の有馬記念ゴールドアクターのクビ差2着だったサウンズオブアース(栗東・藤岡健一厩舎、牡5歳)や、復活にかける一昨年のダービー馬ワンアンドオンリー(栗東・橋口慎介厩舎、牡5歳)、同じく一昨年の菊花賞トーホウジャッカル(栗東・谷潔厩舎、牡5歳)、さらにこの舞台でオークス2着のルージュバック(美浦・大竹正博厩舎、牝4歳)、53キロの斤量が魅力のビッシュ(美浦・鹿戸雄一厩舎、牝3歳)、菊花賞2着レインボーライン(栗東・浅見秀一厩舎、牡3歳)など、伏兵陣も頂上決戦にふさわしい力量馬ばかり。週末が待ち遠しい。

★「ジャパンC」特集!馬柱&調教タイム&談話などを無料公開

[もっと見る]

⇒もっと見る

ショウナンパンドラの関連コラム

閲覧 8,063ビュー コメント 0 ナイス 0



『ダビマス』にはシナリオパートがあります。

『ダビスタ』シリーズとしては今までにない要素です。本編のゲーム進行とは直接関係はなく、シナリオを進めなくても普通に遊べますが、シナリオ中の「目標」を目指して馬を育成してみるのも楽しみ方のひとつです。

この目標は、ある条件に合った馬を生産したり、特定のレースで勝利したりと、さまざまなものが出されます。なかでもとくに難関な目標について、ここでは達成方法を紹介しようと思います。




第4話「毎日王冠(G供砲鮠〕しよう」

最初に詰まりやすい箇所です。毎日王冠は重賞の中でも比較的レベルの高いレースで、ライバルの層も厚め。マイルCSや安田記念を勝てるレベルの馬でないと厳しいでしょう。

距離的には短距離寄りのコースで、スピードが重要になります。毎日王冠限定でスピードが上がる才能「王冠」を付けると、だいぶ勝ちやすくなります。

この才能は、共同通信杯かエプソムCを勝つと特別調教師を獲得でき、最大でLv.10まで上がります。エプソムCは強敵も少なくけっこう勝ちやすいので、ここで特別調教師を狙うのがおすすめです。

あとは運ですね。どのレースでもそうですが、ライバルが多い年とほとんどいない年とがあります。毎年レース出走していれば敵薄で穴場の年もありますので、そこで勝ちを狙うのがいちばんです。


▲当牧場ではG5勝で殿堂入りした馬が毎日王冠を勝ってくれた。



第5話「産経大阪杯(G供砲鮠〕しよう」

次の難関です。大阪杯は毎日王冠よりさらに難易度の高い重賞で、エイシンフラッシュドリームジャーニーなど強力なライバルが毎年のように現れます。そこらへんのG気茲蠅困辰肇譽戰襪高いレースなので、かなり強い馬で挑まないとクリアは至難です。

2000mという距離は本来スタミナはそこまで必要ないと思うのですが、このレースではスタミナ豊富なライバルが多いためか、生半可なスタミナだと4コーナーで置いて行かれて直線で追いつけない……というケースがよくあります。

もちろんスピードも必要です。できればスピードB以上の馬で、大阪杯限定のスタミナアップ才能「酉杯」を付けて補強する……というのが対策法かと思います。


この才能は大阪城Sを勝つと特別調教師を獲得できますが、大阪城Sは勝ちやすいレースなので、容易に才能をMaxのLv.10まで上げられるでしょう。

あとは毎日王冠の場合と同じように、毎年出走してできるだけ敵薄の年を狙うのみです。


▲強敵がショウナンパンドラしかいない年も。この機を逃さず勝利できた。馬はスピードA、スタミナD。



第8話「芦毛で天皇賞(春)(G機砲鮠〕しよう」

こちらはちょっと長くなるので、次回の記事に分けます。





★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオン供戮慮式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオン形棺顱戞淵▲好ー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。


登録済みの方はこちらからログイン

2016年11月25日(金) 11:30 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2016ジャパンカップ〜
閲覧 2,263ビュー コメント 0 ナイス 4

近年のジャパンカップは、スローペース化で内枠・先行馬有利。
東京競馬場に在籍中の外国馬陣営が語る、今年の馬場傾向。

_________________________

 国際競走が今よりも少なく、インターネットが普及していなかった頃のジャパンカップは、日本にとっては黒船襲来のようなものでした。日本は各国の代表馬と戦うことが滅多になかった上に、外国馬の情報もほとんどなかったからです。逆にシリウスシンボリの凱旋門賞14着以降、日本馬の情報が途絶えた外国馬にとっては、賞金の高いジャパンカップは、ドリームレースでもありました。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


 よって、凱旋門賞の上位馬、BCターフの上位馬など世界の一流馬が次々と来日し、序盤から激しい攻防が繰り広げられ、レースはほとんど消耗戦になりました。各馬が相手の能力を知らないので他馬の出方を窺ったり、マークししたりせず、自分の能力を出し切る競馬をしたのです。当然、ジャパンカップを大目標にした真に強い馬(総合能力が高い馬)しか、勝つことが出来ませんでした。早い話が前走で能力を出し切れなかった各国トップクラスの馬の馬券を勝っておけば当たったのです。

[もっと見る]

2016年11月24日(木) 16:00 岡村信将
【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】〜2016ジャパンカップ〜
閲覧 1,763ビュー コメント 0 ナイス 4

一流半とも言われていた外国馬を相手に、国内最強級が束になっても手も足も出せなかった、開設当初のジャパンカップ。今年で36回目となるジャパンカップは、その立場が完全に逆転。現在は“国内古馬と3歳馬の比較”が焦点のレースとなっている。ジャパンカップという名称は名ばかりか。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


先に外国馬について語っておこう。先に述べたとおり、1981年の開設から17年ほどは猛威を奮ってきた外国馬も、1998年以降は2002年ファルブラヴ(中山芝2200m施行)と2005年アルカセットの2勝だけ。とくに2006年ディープインパクトが走って以降は、延べ39戦して1度も馬券に絡めず、掲示板どころか、2桁着順(10着以下)でなければ健闘と言えてしまう部類。開設当初のジャパンカップとはまるで別レースのようになってきた。

[もっと見る]

2016年10月13日(木) 18:30 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2016秋華賞〜
閲覧 1,228ビュー コメント 0 ナイス 2


秋華賞は緩みないペースになりやすく、差し、追い込み馬が台頭の舞台
_____________________________

■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807

 京都内回り芝2000mは、スタートしてから1コーナーまでの直線距離が約300m。最初のコーナーまでの距離が短く、逃げや番手の馬が手薄の下級条件ならば1コーナーまでに並びが決まり、スローペースになることもよくあります。しかし、上級条件になると2コーナー過ぎまでハナ争いが持ち越されることもあり、そうなると緩みないペースが生まれます。

 なぜ、緩みないペースが生まれるのかというと、最後の直線が約328mと短い点が一番の理由です。短い直線ではまず、直線一気が通用しません。よって、後方勢は3コーナーの下り坂から仕掛けて行きます。2コーナー過ぎまでペースを上げていく逃げ、先行馬と、短い直線を意識して3コーナー過ぎから仕掛ける差し、追い込み馬との相関関係によって緩みないペースが生み出されるのです。

[もっと見る]

2016年10月13日(木) 14:00 岡村信将
【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】〜2016秋華賞〜
閲覧 925ビュー コメント 0 ナイス 2



本命、大穴、自由自在。特定のラップを得意とする馬だけを買っておけばOK。そんな夢のような時代が、秋華賞には存在した。拙作『ラップギア』で表現するならば、平坦ラップを得意とする馬のレース。

■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807

それは桜花賞やオークスで要求される適性とはまったくの別物であり、桜花賞やオークスのみならず、トライアルも含めた牝馬三冠戦線全体においても特異なレース。それが宝の山ともいえる、かつての秋華賞だった。

しかし、それも2011年までのこと。2012年以降、平坦ラップを得意とする馬は4年連続で戴冠できず、瞬発タイプの馬が4連勝。4年も続けば、そろそろ考えを変えねばなるまいか。・・・

[もっと見る]

2016年10月13日(木) 11:15 覆面ドクター・英
【覆面ドクター・英のG1プレ診断】〜2016秋華賞〜
閲覧 773ビュー コメント 0 ナイス 3



今週は秋華賞が行われます。自分のなかでは「まだ比較的新しいG1」という感覚があったのですが、第21回というのを見て、「もうそんなになるのか」と、ちょっとビックリしているところです(笑)。

■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807

まずは、レース全体の見どころや押さえておくべきポイントを整理していきましょう。

・前哨戦のローズSを完勝し、本来主役になっていたはずのオークス馬シンハライトが故障で戦線離脱。
→やや混戦模様に。
・そのライバルと目されていた桜花賞馬ジュエラーが骨折明けとなった秋初戦で期待外れの大敗。
→これを重馬場のせいとみるか、完調には程遠いとみるのかどうか。
・オークス3着馬のビッシュが紫苑Sを圧勝し、やや押し出された感はありながらも断然1番人気になりそう。
→低レベルのトライアルだったこのレースが重賞となり、一転してハイレベルな関西馬が集まったなかでのこの圧勝を、いかに評価するか。
ヴィルシーナの下である良血ヴィブロスや名牝ダンスインザムードの仔カイザーバルがトライアルで権利獲得。
→本番で潜在能力を爆発させることができるかどうか。

このあたりを踏まえつつ、各馬の診断を行っていきましょう。

ビッシュ
紫苑S出走時は420kgと春先よりも馬体重が少し増えていましたが、・・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

ショウナンパンドラの口コミ


口コミ一覧
閲覧 41ビュー コメント 1 ナイス 3

浜中俊騎手「再び」池添謙一騎手に美味しいところを......レーヌミノルの前に持っていかれたあの「JCホース」─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年4月10日 8時0分 
http://biz-journal.jp/gj/2017/04/post_3083.html


 9日の桜花賞を池添謙一騎手で制したレーヌミノル。同馬の主戦は、デビューから桜花賞前まで浜中俊騎手だった。
 デビュー2連勝、2戦目の小倉2歳S(G3)では6馬身差という短距離戦では異例の大差をつけて完勝。この時点で翌年の牝馬クラシックをすでに期待されており、浜中騎手も期待を口にしていた。
 しかしその後、京王杯2歳S2着、阪神JF3着、クイーンC4着と好走するも勝ち切れず、桜花賞前哨戦となったフィリーズレビューでは、直線で浜中騎手が斜行騎乗で制裁を喰らった上、最後の最後にカラクレナイに差し切られての敗戦。踏んだり蹴ったりの内容の末、乗り替わりとなってしまった。
 そして、乗り替わり初戦となった池添謙一騎手の手綱で、これまでの鬱憤を晴らすような快勝。
 ライバルはソウルスターリングにリスグラシュー、カラクレナイとハイレベルだっただけに、この勝利の価値は非常に高い。父ダイワメジャー、母父タイキシャトルという血統から、雨で重くなった馬場がプラスに働いた部分もあるだろう。
 無論、追い出しのタイミングや積極的な早め先頭など、大舞台に強い池添騎手の度胸が勝利に結びついた部分は否定できない。



次のページ 2015年のジャパンC馬ショウナンパンドラ

 しかし、主戦だった浜中騎手からすれば、やはりフリーズレビューでの乗り替わりは悔やんでも悔やみ切れないものではなかったのでは......。浜中騎手はサロニカで桜花賞出走予定だったが、直前で回避となりレースにも出られていない。
 昨年、マイルCSでのミッキーアイルの斜行騒動に続き、レーヌミノルでも同じミスをしてしまった浜中騎手。世間の風当たりは厳しく、今回桜花賞を逃したことに関しても「自業自得」の声は多い。
 実は以前も「浜中→池添」の乗り替わりで大レース勝利をしてしまった馬がいる。2015年のジャパンC馬ショウナンパンドラだ。
 ショウナンパンドラと浜中騎手は14年の秋華賞で、見事な騎乗ぶりを見せつけG1初制覇。ただ、その後3戦は掲示板に入ることもできず、夏のグランプリ宝塚記念で池添騎手に乗り替わってしまう。その後宝塚記念3着、オールカマー1着、天皇賞・秋4着、そしてジャパンC制覇と、かなりいい成績を収めてしまったのだ。無論、浜中騎手が騎乗していたのが本来の得意距離ではないマイルもあった点は否定できないのだが......。
 こうして池添騎手に美味しいところをとられたのは2度目。浜中騎手は今、何を思うのか......。

 ぐらん 2017年04月08日() 18:34
17年4月8日の結果 
閲覧 19ビュー コメント 0 ナイス 3

月イチのリーディング争いチェック企画を忘れてましたね。
3月の月間最多勝も16勝を挙げたデムーロJでした。
3/20の中京では、4鞍乗って全て1着という快挙を達成。
年間リーディングでも2位に10勝以上の差を付け、早くも独走態勢です。

これに1つ差の15勝を挙げた戸崎Jが月間2位。
1月6勝、2月9勝そして3月が15勝と、ようやくエンジンが掛かってきました。
月間3位の和田Jは好調の1月から一転、2月は3勝と急ブレーキでしたが、
3月は12勝を挙げて、再び存在感を示しました。

では今日の結果を振り返っていきましょう。右の表をご覧ください。

本日計 【2-0-0-9】 単回率 515%
年間計 【7-18-23-163】 単回率 54%

過去最長の連敗街道を、今日の朝イチでようやく脱出…。
ひとまず今日はこれで十分、ホッとひと息ついていたところへ
ニュージーランドTで50倍超の的中をゲット!
当たる時は得てしてこんな感じでポコポコ来るんですよねぇ。

阪神牝馬Sは1番人気のミッキークイーンが勝利。
一気の距離短縮も道悪も何のその、直線外から鮮やかに突き抜けました。
次走は昨年同様ヴィクトリアMでしょうか。
昨年屈したストレイトガール、ハナ差だったショウナンパンドラともに不在。
秋華賞以来となるG1タイトル奪取へ絶好のチャンスとなりそうですね。

3番人気のアドマイヤリードが2着。
クラシック路線ではこれでもかと跳ね返され続けた馬が、
条件戦を経て約半年でここまで力を付けてきました。
大外枠で出遅れたことを逆手に、インに潜り込んできたルメールJの手腕も光りましたね。

ニュージーランドTは、12番人気のジョーストリクトリが勝って今年も大波乱。
スローペースを好位のインで運ぶと、4角でポッカリ空いた最内を掬ってしぶとく差し切りました。
今回の短期免許でもトータルでは平凡な成績のシュタルケJですが、
今日も3勝を挙げたように中山コースは得意なようで、
特にこのマイル戦は【4-2-2-3】と相性は抜群。
明日も3鞍騎乗予定なので、要チェックかもしれません。

好発からマイペースで逃げた8番人気のメイソンジュニアが2着。
芝では初のマイル戦でしたが折り合いも問題なく、上手くペースを落としましたね。
マイルCはともかく今後の進路に幅が出る、明るい材料ではないでしょうか。

ではまた明日。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年02月06日(月) 18:12
【京都記念(G2)】マカヒキ 
閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 2

【京都記念(G2)】マカヒキ徹底考察 「『最強世代』のダービー馬が待望の復帰戦!気になる状態面を『3歳凱旋門賞』に挑んだ名馬と比較検証」監修=下田照雄(栗東担当)━Business Journalギャンブルジャーナル /2017年2月6日 11時40分 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2504.html


 砕け散った「夢」のかけらをもう一度拾い集めるために、最強世代のダービー馬が戦線に帰ってくる。
 昨年の10月2日。日本競馬の悲願とされているフランスの凱旋門賞(G1)は、またも大きな壁となって日本の至宝を、そして「希望」を粉々に打ち砕いた。ある者は我が目を疑い、ある者は悲鳴を上げ、ある者は涙した。
 あれから約4カ月。昨年「ディープインパクトの再来」とまで評された日本ダービー馬マカヒキが、今週の京都記念(G2)で復帰を果たす。
 遠いシャンティイの地で生涯初の大敗を喫した「傷」を癒している間、マカヒキに替わって世代最強の座に就いたのは、春2冠でいずれも負かしたはずのサトノダイヤモンドだった。それもこの秋には、日本を代表して凱旋門賞に挑むという。
 ならば例え復帰戦であろうとも、この馬が負けるわけにはいかないだろう。陣営は今回の京都記念に向け、世界No.1騎手R.ムーアを招集。昨年の凱旋門賞を制した世界最強の"助っ人"だ。
 相手には、最大のライバルと同じ「サトノ軍団」で双璧を成すサトノクラウンが立ちはだかる。昨年の香港ヴァーズ(G1)で、凱旋門賞2着馬のハイランドリールを倒したディフェンディングチャンピンオンだ。
 さらに昨年の神戸新聞杯(G2)でサトノダイヤモンドをあと一歩まで追い詰めたミッキーロケット。年明けの日経新春杯(G2)を制し、その走りがフロックでなかったことを証明。遅咲きの同世代がさらに力を付けている。
 だが、サトノダイヤモンドともう一度戦い、三度「最強」を証明するためには、まさに格好の相手といえるだろう。この2頭は確かに強い。率直に述べて「G1クラス」といえる実力者だ。
 しかし、最強世代のダービー馬がそれ以上の「大器」であることは述べるまでもないだろう。ここは"肩慣らし"といきたいところだ。


【血統診断】

 全姉に短距離重賞2勝のウリウリがいるが、ディープインパクト×フレンチデピュティという配合はジャパンCを勝ったショウナンパンドラがおり、カミノタサハラは弥生賞馬。本馬も本質的には中距離配合といえるだろう。
 ディープインパクト×フレンチデピュティに成功例が多い1つの理由として、大型馬を輩出する傾向にあるフレンチデピュティが、ディープインパクト産駒の馬格の無さを補っているという点がある。実際にマカヒキの母ウィキウィキも500圓鰺イ膨兇┐訛膩診呂如▲泪ヒキもディープインパクト産駒としては大型の部類に入る。
 また、祖母のリアルナンバーは南米の馬だが、アルゼンチンの大種牡馬サザンヘイローの血も入っており、これは同世代のライバル・サトノダイヤモンドと共通する。今後もサザンヘイローの血を持つディープインパクト産駒の活躍馬が出る可能性は、充分に高いといえるだろう。
 また、リアルナンバーにはリボーの5×5というクロスがあり、この辺りが大舞台で活躍できる底力を生み出しているようだ。爆発力がある反面、共通点の多いサトノダイヤモンドよりも気性的に激しさを内包した配合といえる。ディープインパクト産駒の中では成長力のある配合で、血統的には古馬になってもう一段高みへ登れるだけの器だ。

≪結論≫

 小頭数ながら、メンバーが揃った感のある今年の京都記念。確かに今のサトノクラウンとミッキーロケットを上回る現役馬は「本当に限られた領域」にしか存在しないだろうが、それでもマカヒキが負けるわけにはいかない。
 何故なら、もしここにマカヒキではなく、サトノダイヤモンドが出走すれば間違いなくそういった立場になるからだ。本馬が日本で残した軌跡を鑑みれば、サトノダイヤモンドとは互角。古馬になって再び現役王者に土を付けても、何らおかしくはないほどの存在といえる。
 ただ、それは本馬がサトノダイヤモンドと同様の成長曲線を描いていた場合だ。


それを推し量る上で今回の復帰戦は大きな材料となる。その上で、まず課題となるのは国内戦よりも遥かに負担の大きい海外遠征で喫した大敗劇から、完全に立ち直っているかという点だろう。

 例えば昨年のイスパーン賞(仏G1)を圧勝して、一時は世界No.1にまで登りつめたエイシンヒカリは、次走のプリンスオブウェールズ(英G1)で大敗。国内に復帰しても精彩を欠いたまま引退している。やはり海外遠征のリスクは、決して小さくはないということなのだろう。
 その上で、マカヒキの以前に3歳馬として凱旋門賞に挑んだ馬はヴィクトワールピサ、キズナ、ハープスターの3頭が該当する。いずれも本馬と同じ、春のクラシックホースだった。だが、これらの国内復帰戦はまちまちだ。
 2010年の皐月賞馬ヴィクトワールピサは、凱旋門賞では7着(8位入線)だった。その後、わずか約2カ月後にジャパンC(G1)で復帰している。1位入線のブエナビスタ(2着)からは0.3秒差をつけられたが、3着を確保した。
 次走で有馬記念(G1)を制している事実を考慮しても、凱旋門賞敗戦によるダメージはほぼなかったといえるだろう。
 2012年の日本ダービー馬キズナは、マカヒキと同じようにニエル賞(G2)を快勝して本番に挑んだが4着。だが、こちらは同年の有馬記念で復帰するプランもあったものの、ダメージが抜けきっていないという理由で回避。
 結局、復帰戦は約半年後の大阪杯(G2)となったが、このレースを快勝している。時間は掛かったが、きっちりと立て直せたということだろう。
 2013年の桜花賞馬ハープスターは6着。こちらも同年のジャパンCで復帰して5着だった。ただし3コーナーで多少の不利があり、上がり3ハロンの末脚自体は勝ったエピファネイアと互角の脚を使えている。
 2着で同年の天皇賞馬ジャスタウェイとは0.2秒差。ある程度の力は出し切れたといえるだろう。
 無論、これらはあくまで参考に過ぎない。だが、3頭の復帰戦を見た限り、少なくとも凱旋門賞のダメージが、その後の競走生活に大きく影響したということはなさそうだ。
 関西の名門・友道康夫厩舎(そして何よりも、世界最高のスタッフと設備を誇るノーザンファーム)に所属するマカヒキも、時間を掛けてしっかりと立て直しが図られた以上、能力を発揮できる状態にあると考えるのが妥当か。
 実際に年明けの先月7日に帰厩したマカヒキは、そこから順調に調整を消化している。栗東のCウッドで行なわれた1週前追い切りでは、3頭併せで7ハロンというハードな内容ながら全体96.4秒、ラスト11.5秒と抜群のキレを見せて最先着を果たしている。
 ただ、その上で重箱の隅を突くならば「精神面」のダメージか。
 確かに先述した3頭は、いずれも復帰戦で本来の一定の能力を発揮しているが、敗れた凱旋門賞でもある程度のパフォーマンスは見せていた。しかし、何の見せ場もなく14着に大敗したマカヒキに限っては、快勝したニエル賞を含めたこれまでの本馬の走りを見る限り、あまりにも不可解な敗戦だった。
 その上で気になるのは、やはり精神面だ。凱旋門賞で勝負どころを前にして早々に手応えが怪しくなった理由をあえて追求すれば、故障ではない以上「気持ちが切れた」と見るのが妥当だ。
 それが今後の競馬にどのような影響をもたらすのか。今回の復帰戦はそういった意味でも重要な試金石となる。

[もっと見る]

ショウナンパンドラの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ショウナンパンドラの写真

ショウナンパンドラ
ショウナンパンドラ

ショウナンパンドラの厩舎情報 VIP

2016年5月15日ヴィクトリアマイル G13着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ショウナンパンドラの取材メモ VIP

2016年5月15日 ヴィクトリアマイル G1 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。