注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

パッションダンス(競走馬)

注目ホース
パッションダンス
写真一覧
抹消  鹿毛 2008年4月9日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績22戦[7-0-0-15]
総賞金19,707万円
収得賞金8,250万円
英字表記Passion Dance
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
キッスパシオン
血統 ][ 産駒 ]
ジェイドロバリー
レツツキツス
兄弟 アドマイヤキッスプラズマ
前走 2016/06/04 鳴尾記念 G3
次走予定

パッションダンスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/06/04 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝2000 14576.344** 牡8 56.0 M.デムー友道康夫516(-2)1.57.8 0.235.1サトノノブレス
16/05/08 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 165919.4101** 牡8 57.0 津村明秀友道康夫518(0)1.57.8 -0.334.5フルーキー
16/02/21 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1611144.81416** 牡8 57.0 三浦皇成友道康夫518(0)1.40.9 6.941.1⑫⑭モーニン
16/01/27 川崎 11 川崎記念 G1 ダ2100 13--------10** 牡8 57.0 M.デムー友道康夫518(--)2.20.9 6.8----ホッコータルマエ
15/12/05 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 127913.077** 牡7 56.0 M.デムー友道康夫522(+10)1.59.2 0.435.1ミトラ
15/09/06 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 18239.161** 牡7 56.0 M.デムー友道康夫512(+2)1.58.2 -0.034.3マイネルミラノ
15/08/09 小倉 11 小倉記念 G3 芝2000 17117.346** 牡7 56.0 藤岡佑介友道康夫510(-8)1.58.4 0.436.2⑥⑦⑨⑤アズマシャトル
15/05/10 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 166118.747** 牡7 56.0 丸山元気友道康夫518(+2)2.00.0 0.433.7ダコール
15/03/14 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 184716.974** 牡7 56.0 松田大作友道康夫516(-2)2.01.7 0.536.2ディサイファ
15/01/25 中山 11 AJCC G2 芝2200 172424.768** 牡7 56.0 戸崎圭太友道康夫518(+4)2.14.1 0.534.3⑤⑥⑩⑦クリールカイザー
15/01/04 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 1781794.4154** 牡7 56.0 内田博幸友道康夫514(-4)1.58.3 0.534.7⑦⑦⑥⑦ラブリーデイ
14/12/06 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 17815145.31714** 牡6 56.0 内田博幸友道康夫518(+10)2.00.9 2.137.2ラストインパクト
13/06/01 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝2000 167143.516** 牡5 56.0 C.ウィリ友道康夫508(+2)1.59.2 0.334.9トウケイヘイロー
13/05/05 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 1661112.261** 牡5 55.0 藤岡康太友道康夫506(-6)1.56.9 -0.034.3アドマイヤタイシ
13/03/09 中京 11 中日新聞杯 G3 芝2000 18238.244** 牡5 55.0 川田将雅友道康夫512(0)2.00.0 0.435.5⑥⑥⑤⑤サトノアポロ
13/02/17 小倉 11 小倉大賞典 G3 芝1800 16113.515** 牡5 55.0 川田将雅友道康夫512(+2)1.46.7 0.335.2⑤④④ヒットザターゲット
12/12/23 阪神 11 サンタH 1600万下 芝2000 14573.111** 牡4 56.0 川田将雅友道康夫510(0)2.02.8 -0.035.5ミルドリーム
12/12/01 阪神 10 再度山特別 1000万下 芝2000 12672.311** 牡4 56.0 C.ウィリ友道康夫510(-4)2.00.0 -0.235.8コンカラン
12/07/29 新潟 7 3歳以上500万下 芝2400 18241.911** 牡4 57.0 内田博幸友道康夫514(+4)2.26.2 -0.435.2エイダイポイント
12/06/30 中京 8 3歳以上500万下 芝2200 15226.645** 牡4 57.0 小牧太友道康夫510(+26)2.11.6 0.134.7⑦⑦⑧⑧ラニカイツヨシ

⇒もっと見る


パッションダンスの関連ニュース

 新潟大賞典(2013、16年・GIII)、新潟記念(15年・GIII)を勝ったパッションダンス(牡9歳、栗東・友道康夫厩舎)が17日付で競走馬登録を抹消した。通算成績22戦7勝(うち地方通算1戦0勝)、獲得賞金は1億9707万7000円。今後は北海道苫小牧市のノーザンホースパークで乗馬となる予定。

パッションダンスの競走成績はこちら

【新潟記念】好位で粘れるディープ産駒エキストラ2016年09月03日() 13:19

 ヒントはマイネルミラノの好走。ミラノが走ればエキストラエンドがセットでついてくる。

 手がかりが少ない超難解な夏競馬の総決算。そんな状況でもまず思い浮かぶのが、ミラノだけは崩れないということ。逃げ馬ながら重賞の近2走で(3)(1)着。ここ新潟でも昨年の新潟記念で2着、今年の新潟大賞典でも5着と大崩れしなかった。

 ただ、大回りで直線の長い新潟で“1”となると、現に(2)(5)着止まりとあり、さすがにイメージは沸かない。そこで注目したいのはその勝ち馬。実はいずれも同じ馬、そうパッションダンスに敗れているのだ。しかも、道中3番手から目標にされる形まで一緒で、要するに、ミラノの“マンマークホース”を探せばOK、という理屈が難なく成立する。

 そこで、10Fならスピードが違うエキストラエンドの出番だ。今春のマイラーズCなどでも楽に好位をキープできているように、中距離路線に入るとよりこの機動力は際立つ。

 前走・小倉記念は浜中騎手の判断で直線勝負を選択したが、(2)番枠をゲットし有力な逃げ馬も存在とくれば、むしろ前が自然だろう。現に岩田騎手は同じ内枠((3)番)だった東京新聞杯で好位3番手を選択している。

 「乗り方は鞍上にお任せ」と、前川助手は前置きしつつ、「使ったことで気持ちが乗っている。追い切りでもだいぶピリピリしてきた」と、いかにもミラノを追いかけそうな雰囲気なのだ。

 さらに、“ミラノキラー”パッションダンスとの共通点がもうひとつある。“好位からでもしぶとく粘れるディープインパクト産駒”がそれで、ここまでキャラクターが似通っていれば、人気薄でも手を出したくなる。

 “究極の3連単”は1着エキストラエンド、2・3着にはもちろんマイネルミラノをマーク。計12点でオーラスサマーをド派手な配当で締めくくりといく。(夕刊フジ)

★新潟記念の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【鳴尾記念】レースを終えて…関係者談話2016年06月05日() 05:01

 ◆戸崎騎手(ステファノス2着) 「手応えよく回ってこれたし、直線でもよく伸びた。ただ、休み明けのぶんか、最後はジリっぽくなった」

 ◆幸騎手(プランスペスカ3着) 「強い馬と同じ脚で伸びたし、いい競馬でした。距離も合います」

 ◆Mデムーロ騎手(パッションダンス4着) 「道中で後ろ脚を落鉄していた。勝ち馬は強かったし、その馬に早めに来られたことも響いた」

 ◆森一騎手(マジェスティハーツ5着) 「阪神は合います。ハミを替え、これまでより推進力があった」

 ◆池添騎手(ヤマカツエース6着) 「4コーナーを回るときもよかったが、追い出してもたもたした。休み明けのぶんかな」

★4日阪神11R「鳴尾記念」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【鳴尾記念】追って一言2016年06月03日(金) 05:00

 ◆アクションスター・音無師 「相手が強い。しまいを生かして」

 ◆アズマシャトル・加用師 「大型馬で叩き良化型だけに」

 ◆クランモンタナ・音無師 「もう少し走っていいし、阪神の2000メートルは合う」

 ◆サトノノブレス・池江師 「前走は距離が長かった。2000メートルはベスト」

 ◆ステファノス・藤原英師 「休ませてリフレッシュ。馬も成長している。宝塚記念につながる競馬を」

 ◆トラストワン・庄野師 「年齢的に大きな上積みはないが、展開次第では」

 ◆パッションダンス・Mデムーロ騎手 「元気がいい。阪神は合う」

 ◆フラガラッハ・松永幹師 「追い切りはテンで行きたがったが、全体の時計は出ている」

 ◆プランスペスカ・松永昌師 「クラス慣れして、前走以上の期待をしている」

 ◆フレージャパン・平野助手 「動きはよくなっている。うまく流れに乗れれば」

 ◆マジェスティハーツ・松永昌師 「休み明けを1回使って上積みはある」

 ◆メイショウカンパク・佐藤助手 「もう少し使っていった方がいい」

 ◆メイショウナルト武豊騎手 「開幕週の馬場で先行力を生かしたい」

 ◆ヤマカツエース・池添兼師 「筋肉がついてリフレッシュ効果がある。宝塚記念に出したいし、ここでいい競馬を」

★鳴尾記念の出馬表はこちら!調教タイムも掲載

[もっと見る]

【鳴尾記念】追って一言2016年06月02日(木) 05:05

 ◆アクションスター・音無師 「動きは悪くないが、相手が強い。気まぐれでいつ走るか、分からないけど」

 ◆アズマシャトル・加用師 「大型馬で叩き良化型。休む前に勝った小倉記念を10とすれば7ぐらいかな」

 ◆クランモンタナ・音無師 「先着したように動きはいい。もう少し走っていいし、阪神の2000メートルは合う」

 ◆サトノノブレス・池江師 「相手が動きすぎて遅れたが、この馬の動きもよかった。前走は距離が長かった。2000メートルはベスト」

 ◆パッションダンス・Mデムーロ騎手 「元気がいい。よく食べて太るので、ゴールを過ぎても追った。阪神は合う」

 ◆フラガラッハ・松永幹師 「ラストが良くなるよう指示したが、テンで行きたがった。でも全体の時計が出ているのでいい」

 ◆プランスペスカ・松永昌師 「動きは悪くなかった。このクラスに慣れてきたし前走以上の期待をしている」

 ◆フレージャパン・平野助手 「放牧から帰ってきて順調。動きもよくなっている。うまく流れに乗れれば」

 ◆マジェスティハーツ・松永昌師 「休み明けを1回使って上積みはある。力はあるので楽しみ」

 ◆メイショウカンパク・佐藤助手 「しっかり伸ばした。もう少し使っていった方がいいが、流れ次第で」

 ◆メイショウナルト武豊騎手 「もともと、攻めは動く馬だけど動きはよかった。開幕週の馬場で先行力を生かしたい」

★鳴尾記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら!調教タイムも掲載

[もっと見る]

【鳴尾記念】レース展望 2016年05月30日(月) 18:35

 関西は今週から舞台が京都から阪神に替わり、土曜メインに鳴尾記念(6月4日、GIII、芝2000メートル)が行われる。2012年には、12月からこの時期に移設され、宝塚記念(6月26日、阪神、GI、芝2200メートル)の前哨戦となった。同年2着ショウナンマイティは宝塚記念で3着、13年3着のダノンバラードは2着、昨年の覇者ラブリーデイは本番で優勝しており、今年も上半期最後のGIに向けて重要なレースになりそうだ。

 サトノノブレス(栗東・池江泰寿厩舎、牡6歳)は2走前の中日新聞杯で重賞3勝目をマーク。前走の天皇賞・春は3200メートルで相手も強く11着に敗退したが、今回は7戦2勝、2、3着が各2回と実績のある2000メートルに戻る。ここ3走は58キロを背負っていたが、今回は56キロで戦えるだけに断然有利。ポイントは3、3、4着と連対を果たしていない阪神コースの克服だ。鞍上は先週のダービーを制した川田将雅騎手。2走前の中日新聞杯で同馬を勝利に導いており、日曜に行われる安田記念(サトノアラジン)ともども、ダービーで2着に破ったサトノダイヤモンドと同じ池江泰寿厩舎、里見治オーナーの馬で結果を出すか注目される。

 ヤマカツエース(栗東・池添兼雄厩舎、牡4歳)は昨年11月の福島記念と今年1月の中山金杯を連勝。前走の京都記念は5着だったが、GIIIに戻れば見直せる。3カ月半ぶりの実戦になるが、先週までに3本の強い追い切りを消化して仕上がりは上々だ。メンバー唯一の4歳馬だけに、ここを勝てば今後の中距離路線でさらに期待を集めることになるだろう。

 ステファノス(栗東・藤原英昭厩舎、牡5歳)は、前走の香港カップでエイシンヒカリに完敗して10着。今回はそれ以来5カ月ぶりの実戦になるが、早めに放牧先から帰厩して、しっかりと乗り込んできた。脚質的に前走のような前残りの展開だと苦しいが、一昨年の富士S(1着)や昨年の天皇賞・秋(2着)のように決め手勝負になれば、能力的に突き抜けていい。

 パッションダンス(栗東・友道康夫厩舎、牡8歳)は前走の新潟大賞典で同レース3年ぶり2勝目をマーク。高齢だが、衰えはまったくない。【7・0・0・14】という成績が示すように、堅実性に欠けるタイプだが、阪神は4戦3勝とコース実績がある。このメンバーに入っても軽視できない。

 アズマシャトル(栗東・加用正厩舎、牡5歳)は昨夏の小倉記念(1着)以来、10カ月ぶりのレースになる。昨年の鳴尾記念は3着と好走しているので能力は通用するが、まずは最終追い切りの動きに注目したい。

 ほかには前崩れになったときのフラガラッハ(栗東・松永幹夫厩舎、牡9歳)や、久々の新潟大賞典(15着)をひと叩きしたメイショウナルト(栗東・本田優厩舎、セン8歳)といった実績馬がどこまで変わってくるかがポイントになるだろう。

★鳴尾記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

パッションダンスの関連コラム

閲覧 2,007ビュー コメント 0 ナイス 4

今週は土日で3重賞が組まれるなど、いよいよ春競馬が始まったという感じですね。
先週のきさらぎ賞では音無厩舎+グリーンウッドで注目度◎を打ったアメリカズカップが6人気で見事に勝利。
今週もこの調子で馬券になる馬を推奨できればと思います。
また週末は降雪予報が出てるので、開催情報には注意しましょう。



◇2/11(土) 東京11R デイリー杯クイーンカップ 芝1600m

<外厩帰りの主な出走予定馬>

アドマイヤミヤビ (栗)友道 ノーザンFしがらき
コマノレジーナ (美)菊川 吉澤ステーブルWEST
ハナレイムーン (美)堀 山元トレセン
レーヌミノル (栗)本田 宇治田原優駿S


<注目の外厩―調教師コンビ>
(データは2016年以降 ※30例以上対象)

◆友道厩舎+ノーザンFしがらき
17-6-7-67(勝率17.5/複率30.9)
単回値 75円/複回値 60円

素質馬を多く預かっており、馬券でも人気になりやすい友道厩舎。
そのため回収値は低調ですが、しがらきとのコンビで17勝は調教師全体で2位。
更に東京開催に限っていえば、複勝率60%超えと良績です。
今回出走予定のアドマイヤミヤビも前走の百日草特別はしがらき帰りでの勝利でした。

【参考】
友道厩舎+ノーザンFしがらき+東京開催
2-0-3-3(勝率25.0/複率62.5)
単回値 123円/複回値 106円


<外厩―調教師コンビ評価順>
※印は注目度で付けています

アドマイヤミヤビ
レーヌミノル



◇2/12(日) 東京11R 共同通信杯 芝1800m

<外厩帰りの主な出走予定馬>

スワーヴリチャード (栗)庄野 ノーザンFしがらき
ムーヴザワールド (栗)石坂 ノーザンFしがらき


<注目の外厩―調教師コンビ>
(データは2016年以降 ※30例以上対象)

◆石坂厩舎+ノーザンFしがらき
16-12-5-69(勝率15.7/複率32.4)
単回値 226円/複回値 110円

先々週の根岸Sでも取り上げたこのコンビ。(※ベストウォーリアは2着)
好成績を残すコンビの上、ムーヴザワールドは戦歴からもクラシック戦線上位候補の素質馬。
ここは今後に向け賞金加算をしておく必要がある大事な一戦で、しがらき経由でしっかり仕上げていると思われます。


◆庄野厩舎+ノーザンFしがらき
7-3-3-24(勝率18.9/複率35.1)
単回値 281円/複回値 101円

NFしがらきで石坂厩舎以上にコンビ成績が良好なのが庄野厩舎。
人気でしっかり好走するコンビで、スワーヴリチャードは前走しがらき帰りで前述のムーヴザワールドに先着。
ここもしがらき経由での出走で当然有力候補です。


<外厩―調教師コンビ評価順>
※印は注目度で付けています

スワーヴリチャード
ムーヴザワールド



◇2/12(日) 京都11R 京都記念 芝2200m(外)

<外厩帰りの主な出走予定馬>

サトノクラウン (美)堀 ノーザンFしがらき
スマートレイアー (栗)大久保 吉澤ステーブルWEST
マカヒキ (栗)友道 ノーザンF天栄


<注目の外厩―調教師コンビ>
(データは2016年以降 ※30例以上対象)

◆堀厩舎+ノーザンFしがらき
9-6-3-25(勝率20.9/複率41.9)
単回値 129円/複回値 82円

一番最初のコラムでも取り上げたこのコンビ。
ノーザンF生産の美浦所属馬は基本的に天栄を使用しますが、堀厩舎だけはスタッフや設備がより整っている滋賀県のしがらきを多用します。
西開催での出走は東開催に比べ勝率や複勝率では劣るものの、単回値が3倍以上も違います。

【参考】
東開催 7-5-1-17(勝率23.3/複率43.3)
単回値 82円/複回値 68円

西開催 2-1-2-7(勝率16.7/複率41.7)
単回値 257円/複回値 122円


★件数対象外も注目のコンビ★

◆友道厩舎+ノーザンF天栄
5-1-1-6(勝率38.5/複率53.8)
単回値 272円/複回値 113円

このコンビは堀厩舎の逆バージョン。
天栄を使用している栗東の調教師の中で、この成績は群を抜いています。
友道調教師がなぜ天栄を使用するのかは定かではありませんが、この成績が表すように何か秘密があるのかもしれません。
昨年の新潟記念(G3)を勝ったパッションダンスアルゼンチン共和国杯(G2)を勝ったシュヴァルグランも天栄経由でした。
トータル件数が13例と少ないですが、今後も大注目すべきコンビです。


<外厩―調教師コンビ評価順>
※印は注目度で付けています

マカヒキ
サトノクラウン


執筆者:もっしゅ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------


登録済みの方はこちらからログイン

2016年06月06日(月) 17:23 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』6/4〜6/5の結果(安田記念G1 鳴尾記念G3)
閲覧 567ビュー コメント 0 ナイス 0

6月5日(日)に行われました東京11Rの「安田記念G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【7位】 ロゴタイプ(36.9倍)
2着:総合ポイント【2位】○モーリス(1.7倍)
3着:総合ポイント【3位】 フィエロ(29.5倍)

第3グループ・総合ポイント7位のロゴタイプが1着、第2グループ・総合ポイント2位の○モーリスが2着、第2グループ・総合ポイント3位のフィエロが3着という結果でした。

期待した◎リアルスティールはスタートからひっかかり通しで自滅(+_+)今回は調教からもマイルを意識し、かなり積極的に出していく内容でしたので良い方、悪い方、どちらに転ぶか賭けでしたが、レース内容的には悪い方に出てしまったようです。能力は高い馬ですので巻き返しに期待したいところです!(^^)!

【馬連】
8-11

【馬単】
11→8

【3連単フォーメーション】
8,11

8,11

7,9

【3連複】
7-8-11
8-9-11


計8点 払い戻し0円


続いて6月4日(土)に行われました阪神11Rの「鳴尾記念G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】▲サトノノブレス(3.8倍)
2着:総合ポイント【3位】△ステファノス(3.3倍)
3着:総合ポイント【14位】 プランスペスカ(252.7倍)

第1グループ・総合ポイント1位のサトノノブレスが1着、第3グループ・総合ポイント3位のステファノスが2着、第4グループ・総合ポイント14位のプランスペスカが3着という結果でした。

こちらは、上位3頭中“唯一の外れくじ”の2位◎パッションダンスを選び撃沈。うーん、このメンバーで前半流れた展開といい、決着タイムの速さといい、ちょっと想定外でした。読みが甘かったですね。

【馬単流し】
◎→印(6点)
7→3,4,6,10,11,12

【3単フォーメーション】
◎→○→印
7→10→3,4,6,11,12(5点)
◎→印→○
7→3,4,6,11,12→10(5点)


計16点 払い戻し0円

[もっと見る]

2016年06月04日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第190回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜鳴尾記念 G3
閲覧 904ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「鳴尾記念 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、サトノノブレスのみ1頭。
第2グループ(黄)は 、パッションダンスのみ1頭。
第3グループ(薄黄)は、ステファノスのみ1頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

適度にメリハリが効いた配置になったことで、第3G内には3頭のみとなり、その下にも0.9ポイント→0.7ポイントの開きが生じていて上位と下位が比較的はっきりとした構図になっています。

今回の◎は、上位3頭の中からパッションダンスに期待します。前回までと比べて人気してしまう今回ですが、ダート戦を除く近走で常に安定して高い指数をマークしている点を評価。新潟2000m巧者の印象が強いですが、阪神2000mも3勝している得意舞台。また、これまでの戦績が示す通り頭あって紐なしのタイプですので、今回人気しても◎で狙ってこそと考えています。
○はヤマカツエース。このレースと相性の良い4歳馬で古馬との実績も十分。休み明けでも1週前、当週を見る限りしっかり仕上がっているとみています。
▲に56キロでこのメンバーならこれ以上評価を落とせない印象のサトノノブレス。☆に岩田騎手で先行した4走前のような競馬が出来れば、開幕週の馬場も手伝って穴で楽しませてくれそうなトラストワンとします。
以下△ステファノスアズマシャトルフラガラッハと印を回し、今回の私の馬券は◎からの馬単と◎アタマ固定の3単で勝負としたいと思います。


【馬単流し】
◎→印(6点)
7→3,4,6,10,11,12

【3単フォーメーション】
◎→○→印
7→10→3,4,6,11,12(5点)
◎→印→○
7→3,4,6,11,12→10(5点)


計16点

[もっと見る]

2016年05月13日(金) 11:45 みんなの競馬コラム
【ヴィクトリアマイル】血統考察 byうまカレ
閲覧 2,023ビュー コメント 0 ナイス 9

学生団体うまカレの金沢ユウダイです。
先週のNHKマイルカップでは、フレンチデピュティとノーザンテーストの血に注目し、1着〜3着馬全てがどちらかの血を持っていました。また、12番人気3着のレインボーラインに至ってはどちらの血も持っていました。

今週先週と同じくマイル戦のヴィクトリアマイル
古馬牝馬戦線は中距離偏重の番組編成ということもあり、マイル戦でもペースは上がらず(昨年も2番手以下は緩い流れだった)、圧倒的な先行、内枠有利なレースが続いています。

過去5年の結果を簡単に並べてみると・・・

【2015年】
1着 ストレイトガール 5番手から差し切り(3枠5番)
2着 ケイアイエレガント 2番手から粘り込み
3着 ミナレット 逃げ粘り

【2014年】
1着 ヴィルシーナ 逃げ切り
2着 メイショウマンボ 内差し(2枠4番)
3着 ストレイトガール 内差し(1枠1番)

【2013年】
1着 ヴィルシーナ 2番手抜け出し
2着 ホエールキャプチャ 外差し(4枠8番)
3着 マイネイサベル 内差し(1枠1番)

【2012年】
1着 ホエールキャプチャ 3番手イン抜け出し(6枠12番)
2着 ドナウブルー 2番手抜け出し
3着 マルセリーナ 内差し(1枠1番)

【2011年】
1着 アパパネ 外差し (8枠16番)
2着 ブエナビスタ 外差し (7枠13番)
3着 レディアルバローザ 3番手抜け出し(2枠4番)

外目の枠から差しが決まったのは2011年のアパパネブエナビスタの時くらいで、それ以外の好相馬は2012年1着ホエールキャプチャを除けば(といっても横山典騎手がインの3番手を確保していた)、先行馬or内枠のみ。この時期の東京開催ですから当然といえば当然かもしれませんが、ヴィクトリアマイルは「先行・差しなら内枠有利」が特に顕著です。

このことを頭に入れながら、各馬について考察していきたいと思います。

人気を分け合うであろうディープ産駒、ミッキークイーンショウナンパンドラの比較でいえば、ショウナンパンドラの方に分があるのではないかと考えます。
ステイゴールドらでお馴染のゴールデンサッシュの牝系で、この距離は明らかに短いですが、ミッキークイーンより前目の位置を取れるという点が1つ。
そしてもう1 つは、この牝系は少し非力なところがある馬が多いのですが、昨年のオールカマーから馬体が明らかに変わり、「パワーが1番の武器」と思わせるほどになりました。非力さ、斬れが武器の血統ながら、真逆の「パワー」という要素が出て、血統から想像できる範囲を超えているというのは大物に共通することです。前走の大阪杯も、ペースと外目を追走していたことを考えれば相当のパフォーマンス。今の日本競馬は非常に粒が揃っていますが、一昔前なら名牝と言って良いほどの能力を持っていると思います。
ミッキークイーンもパンドラ同様にマイラーではないですから、マイル戦でパンドラが好走する流れであれば好走は可能です。だからこそ、パンドラが名牝と言って良いほどの能力を持っていると思っている中で、位置取りがパンドラより後ろになるわけですから、パンドラに先着することはないと考えています。

人気が予想されるもう1頭のディープ産駒スマートレイアーは、Lyphardのクロス。Lyphardのクロスを持っていたり、Lyphardが発現している馬は「粘り」が持ち味という馬になりやすいですから、ハーツクライ然り、スマートロビン然り、先週のパッションダンス然り「前受け」してこそ良さが活きます(スマートロビンパッションダンスはどちらもLyphardクロスのディープ産駒)。だから、米子Sで先行して勝利し、ここ2戦逃げて重賞を連勝したのは当然といえます。脚質からも無視はできません。

注目してみたいのはシャルールウインプリメーラ
シャルールは母が斬れを伝えるフランス血脈ですが、母のNever Bendと父の持つBuckpasserを通じてLa Troienneのクロス、そして母系にTom Foolも入るので「器用さのある中距離馬」といったとこころ。器用さがあるということは、瞬時に加速できるということとも似ていますから、緩い流れのマイル戦は好走しやすい条件といえます。
ウインプリメーラは苦手な重馬場で好走した京都牝馬Sでの走りが地力強化を感じさせました。ステイゴールド産駒でも軽い馬場と直線の長いコースが合うタイプ、期待できます。
器用さがあるタイプという意味では、レッツゴードンキカフェブリリアントも似ているといえるでしょう。外枠が残念ですが、レッツゴードンキ桜花賞同様にスローで逃げることができれば加速力(=トップスピードに乗る速さ)を活かして好走は可能でしょう。カフェブリリアントも巧く内のポケットに入ることができれば面白い1頭だと思います。

他の人気馬では、京都牝馬Sを制したクイーンズリングは、母がRiverman4×3、パワーを伴った斬れで、ローズSなどの先行力をみても1600−1800がベストで舞台も合いそうで有力です。
ダービー卿CTを制したマジックタイムは、段々と前受けできるようになった点など、ハーツクライ産駒らしい成長曲線を描いてきました。ハーツクライ×ブライアンズタイム×Sadler’s Wellsという字面以上に距離適性が短めに出たのは、スタミナと相似的なパワーの要素が発現されているからで、だからこそレッツゴードンキカフェブリリアントのようにパワーに因る加速力があり、条件戦で驚異的な上がりを使えたと考えられます。枠順と鞍上(ボウマン騎手)を考えると無視できません。

一方ルージュバックは、中距離馬は中距離馬でも、斬れるタイプの中距離馬ではありませんし、トップスピードに乗るのに時間がかかるタイプで内を突いたりできません。緩い流れが想定される今回のメンバーでは厳しそうです。

【まとめ】
ミッキークイーンはやはり位置取りの不安があるから、超一流の中距離馬ショウナンパンドラか、舞台はパンドラよりも合っているクイーンズリングの争いとみる。しかし外差しがなかなか効かないというレースの特徴を考えれば、シャルールウインプリメーラが面白いのではないか。同じ内枠でいえばLyphardのクロスらしく先行して良さが出たスマートレイアーウリウリのディープ産駒2頭も無視できないし、レッツゴードンキカフェブリリアントも乗り方次第では上位に食い込むチャンスがある。



【参考】
日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

----------

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。


【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年02月24日(水) 17:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜(2/20〜2/21)いっくんプロが回収率275%、収支+126万超!
閲覧 524ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、21(日)に東京競馬場でGIフェブラリーステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
GIフェブラリーステークスの1番人気はノンコノユメで2.4倍、2番人気がモーニンで5.1倍、続いてベストウォーリア7.2倍、コパノリッキー7.9倍、ホワイトフーガ9.0倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました。
 
注目のスタートは中からコーリンベリーが先頭を奪うと2番手にモンドクラッセ、続いてコパノリッキースーサンジョイタガノトネールロワジャルダンベストウォーリアモーニンと先行集団を形成。中団からはパッションダンスホワイトフーガアスカノロマングレープブランデーが追走。そこから3馬身ほど間があいてノンコノユメローマンレジェンドサノイチと追走して最後方にマルカフリートの態勢。前半の600m通過は34.1(参考)の平均ペース、隊列変わらぬままコーリンベリーが先頭で直線コースへ差し掛かります。直線に入ると逃げるコーリンベリーに早々とモンドクラッセタガノトネールが並びかけて先頭争い、人気のノンコノユメは大外から追い出しにかかります。残り200mを通過、ここで前を行くモンドクラッセタガノトネールを一気に捉えたモーニンが抜け出して先頭、中からはロワジャルダンベストウォーリアも懸命に前を追います。ノンコノユメは依然先頭から8馬身ほど離された厳しい位置取り。残り100mを通過、ここでようやくエンジンかかったノンコノユメがグングン加速し、迫ってきますが2番手まで!結局、早々と抜け出したモーニンがそのまま押し切って優勝しました。勝ちタイムは1分34秒0のレコード!1馬身1/4差の2着にノンコノユメ、そこからアタマ差の3着にアスカノロマンが入っています。
 
公認プロ予想家ではきいいろプロ馬券生活プロdream1002プロサウスプロ河内一秀プロ蒼馬久一郎プロが的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →いっくん
20(土)小倉7Rで単勝13.6倍の◎クリッパールートを本命に抜擢し、3連単1着固定で勝負!2着に単勝45.6倍の大穴△マダムウルルが入り、75万400円を払い戻し!!さらに同日の京都9Rでは◎○▲のパーフェクト予想で3連単662.9倍を的中させました。翌日も勢い止まらず東京5Rで3連単(同着)831.4倍、605.6倍を各500円ずつ的中させ、71万8500円の払い戻し!週末トータル回収率275%、収支プラス126万1800円の大爆発となりました!
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
20(土)京都11R京都牝馬ステークスGIIIで『前走が好内容でしたし、コース替わりがプラス』と狙ったマジックタイムからの馬連35倍を1200円的中させ、4万2000円を払い戻し!勝負レースに指定した21(日)京都12Rでは『実績上位、テン乗り時の好走率が高い福永騎手で乗り替わりは問題ない』と◎トーカイセンスからの3連複×◎○の本線的中!3万2960円を払い戻しました!週末トータル回収率142%、収支プラス3万4080円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →蒼馬久一郎プロ
20(土)京都9Rで○◎▲の本線的中!3連複219.7倍、3連単662.9倍を仕留め、8万8260円を払い戻しました!21(日)東京4Rでは◎アオイサンシャインの単勝、馬連、3連単を仕留め、7万2190円を払い戻しました!週末トータル回収率124%、収支プラス7万1830円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
20(土)京都10Rで単勝85.7倍の大穴◎カリスマサンスカイの単複を的中!11万8300円を払い戻しました!21(日)京都6Rでは◎ソーディヴァインジープルメリアの本線決着!単勝6.1倍、馬連60.5倍、ワイド17.4倍を仕留め、3万3000円を払い戻しています!週末トータル回収率107%、収支プラス5万7280円をマークしています。
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2016年02月21日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第162回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜フェブラリーステークス GI
閲覧 970ビュー コメント 0 ナイス 4

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「フェブラリーステークス GI」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、モーニン1頭。
第2グループ(黄)は、ベストウォーリアコパノリッキーパッションダンスの3頭。
第3グループ(薄黄)は、グレープブランデーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のノンコノユメまでの計5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと総合1位モーニンベストウォーリア間の1.1の溝、総合8位ノンコノユメタガノトネール間に1.3の溝がありますが、決定的な差ではなく、全体を通してかなり混戦の分布となっています。

私の本命は◎ノンコノユメとしたいと思います。東京マイルでは常に圧倒的なパフォーマンスを続けていますし、このメンバーでも能力は抜けている評価です。展開的にもペースが緩むことは考えづらいので馬券の軸としての信頼度は高いと考えています。対抗には○コーリンベリー、昨年は出遅れ+不利が重なりながらも小差。水分を含んだ高速ダートで狙うならやはりスピード馬ということで狙いたいと思います。人気ほどノーチャンスな馬ではないはずです。以下、▲ローマンレジェンド、△ロワジャルダンタガノトネールアスカノロマンと印を打ちます。

【3連複フォーメーション】
7

4,6,8,13,16

2,3,4,5,6,8,13,14,16

計30点

[もっと見る]

⇒もっと見る

パッションダンスの口コミ


口コミ一覧

2017年新潟大賞典予想

 ウマ蔵 2017年05月03日(水) 00:17

閲覧 83ビュー コメント 2 ナイス 12

新潟大賞典(新潟左外回り2000m)の予想を開始します。
過去を振り返ります。
福島2000m 古馬OPEN
平均タイム1.58.3
平均前3F35.7、平均後3F34.7
平均前5F59.6、平均後5F58.7

2016年 晴良 16頭
タイム1.57.8
前3F35.4、後3F34.8
前5F59.5、後5F58.3

1着5枠9番パッションダンス8歳57kg
10番人気.津村騎手.栗東.友道調教師
ノーザン生産.金子馬主
ディープ産駒.通過3-3
G3レベルでは通用.新潟巧者
前走.フェブラリーS(G1)16着 東京ダ1600m 57kg
前々走.川崎記念(G1)10着 川崎ダ2100m 57kg
2015年新潟大賞典(G3)7着56kg
2015年新潟記念(G3)1着56kg
2013年新潟大賞典(G3)1着55kg

2着2枠3番フルーキー6歳57.5kg
1番人気.藤岡佑騎手.栗東.角居調教師
ノーザン生産.金子馬主
Redoute's Choice産駒.通過8-9
G2掲示板レベル.G3もなかなか勝ちきれない
前走.中山記念(G2)4着 中山1800m 56kg
前々走.中山金杯(G3)1着 中山2000m 57.5kg

3着6枠12シャイニープリンス6歳56.5kg
8番人気.幸騎手.美浦.栗田調教師
キングヘイロー産駒.通過4-5
G3でもなかなかきついレベル
前走.福島民報杯(OP)1着 福島2000m 57kg
前々走.東風S(OP)4着 中山1600m 57kg

2015年 晴良 16頭
タイム1.59.6
前3F37.2、後3F33.9
前5F61.5、後5F58.1

1着3枠6番ダコール7歳57kg
5番人気.小牧騎手.栗東.中竹調教師
ディープ産駒.通過7-7
前走.福島民報杯(OP)2着 福島2000m 58kg
前々走.小倉大賞典(G3)3着 小倉1800m 57kg
2014年新潟記念(G3)12着 58kg
2013年新潟記念(G3)4着 56kg
2013年新潟大賞典(G3)3着 56kg

2着2枠4番ナカヤマナイト7歳57kg
13人気.オールプレス騎手.美浦.二宮
ステイゴールド産駒.通過6-5
前走.中山記念(G3)8着 中山1800m 56kg
前々走.中山金杯(G3)9着 中山2000m 57kg
2013年新潟記念(G3)5着 58kg

3着3枠5番アルフレード 6歳56kg
6番人気.津村騎手.美浦.手塚調教師
ノーザン生産.キャロット馬主
シンボリクリスエス産駒.通過14-12
前走.東京新聞杯(G3)2着 東京1600m 56kg
前々走.ニューイヤーS(OP)9着 中山1600m 57kg

2014年 晴良 16頭
タイム 1.59.2
前3F 36.4、後3F 34.1
前5F 61.1、後5F 58.1

1着5枠10番ユールシンギング4歳56kg
3番人気.吉田騎手.美浦.勢司調教師
社台生産.社台レースホース馬主
シンボリクリスエス産駒.通過13-11
前走.中日新聞杯(G3)4着 中京2000m 55kg
前々走.中山記念(G2)9着 中山1800m 57kg

2着3枠5番マジェスティハーツ4歳55kg
2番人気.森騎手.栗東.松永調教師
ハーツクライ産駒.通過7-7
前走.大阪ハンブルク(OP)2着 阪神2400m
前々走.リゲルS(OP)14着 阪神1600m

3着8枠16番レッドレイヴン4歳56.5kg
1番人気.柴山騎手.美浦.藤沢調教師
Smart Strike産駒.通過11-11
前走.福島民報杯(OP)1着 福島2000m 56kg
前々走.中日新聞杯(G3)6着 中京2000m 55kg

まとめ
・リピートレースだと思いました
・新潟巧者がよくきています
・内枠有利
・スタートからコーナーまで直線長いのでペース落ち着く
・後3F瞬発力勝負になる、速い上がりの差し馬
・前走福島民報杯、中山記念がよくきている
・ハンデ戦なので荒れる
・ディープ産駒、シンボリクリスエス産駒
・1番人気信頼性はない
・2年連続津村騎手馬券内
・年齢、斤量はあまり気にしないようにする

注目馬
・フルーキー 7歳57.5kg
リピートレース
金子馬主、ノーザン生産
和田騎手が怪しい
・シャイニープリンス 7歳56.5kg
リピートレース
前走福島民報杯
津村騎手
・サンデーウィザード 5歳55kg
前走福島民報杯
速い上がり使える
・ロンギングダンサー 8歳 54kg
福島巧者
シンボリクリスエス産駒
・×マイネルフロスト 6歳57kg
福島良績あり
さすがに厳しいか
・×トルークマクト
前走福島民報杯
さすがに厳しいか
・×トーセンレーヴ 9歳57kg
ディープ産駒
さすがに厳しいか

また枠が出たら検討したいと思います。

 東海一 2017年05月01日(月) 23:45
1新潟3/1新潟4で100万円馬券が狙えるレース
閲覧 59ビュー コメント 0 ナイス 2

■新潟大賞典 2012年の3連単 306700円 
          2015年の3連単 945420円
          2016年の3連単 161790円
[過去の新潟大賞典高配当一因]
・3走前のG3を4着、2走前のG3を2着、前走のG2を不利を受けて11着で人気は下げたが2着に→2012年のダンツホウテイ:11番人気
・NHKマイルの裏で一流騎手が手薄なところをオールプレス騎手がハマって2着に→2015年のナカヤマナイト:13番人気
・新潟記念1着馬が芝G2とダートG1を経てリフレッシュ休養明けに人気薄を1着→2016年のパッションダンス:10番人気は低く過ぎる

■三条特別 2015年の3連単 586380円
         2016年の3連単 221810円

[もっと見る]

 もっしゅ 2017年02月09日(木) 17:22
【外厩】今週の重賞レース(クイーンC、共同通信杯、
閲覧 150ビュー コメント 0 ナイス 7

今週は土日で3重賞が組まれるなど、いよいよ春競馬が始まったという感じですね。
先週のきさらぎ賞では音無厩舎+グリーンウッドで注目度◎を打ったアメリカズカップが6人気で見事に勝利。
今週もこの調子で馬券になる馬を推奨できればと思います。
また週末は降雪予報が出てるので、開催情報には注意しましょう。



◇2/11(土) 東京11R クイーンC 芝1600m

<外厩帰りの主な出走予定馬>

・アエロリット (美)菊沢 NF天栄
・アドマイヤミヤビ (栗)友道 NFしがらき
・コマノレジーナ (美)菊川 吉澤ステーブルWEST
・ハナレイムーン (美)堀 山元トレセン
・フローレスマジック (美)木村 NF天栄
・レーヌミノル (栗)本田 宇治田原優駿S


<注目の外厩―調教師コンビ>
(データは2016年〜 30例以上対象)

◆友道厩舎+NFしがらき
17-6-7-67(勝率17.5/複率30.9)
単回値 75円/複回値 60円

素質馬を多く預かっており、馬券でも人気になりやすい友道厩舎。
そのため回収値は低調ですが、しがらきとのコンビで17勝は調教師全体で2位。
更に東京開催に限っていえば、複勝率60%超えと良績です。
今回出走予定のアドマイヤミヤビも前走の百日草特別はしがらき帰りでの勝利でした。

【参考】
友道厩舎+NFしがらき+東京開催
2-0-3-3(勝率25.0/複率62.5)
単回値 123円/複回値 106円


<外厩―調教師コンビ評価順>
※印は注目度で付けています

◎アドマイヤミヤビ
○レーヌミノル



◇2/12(日) 東京11R 共同通信杯 芝1800m

<外厩帰りの主な出走予定馬>

・スワーヴリチャード (栗)庄野 NFしがらき
・ムーヴザワールド (栗)石坂 NFしがらき


<注目の外厩―調教師コンビ>
(データは2016年〜 30例以上対象)

◆石坂厩舎+NFしがらき
16-12-5-69(勝率15.7/複率32.4)
単回値 226円/複回値 110円

先々週の根岸Sでも取り上げたこのコンビ。(※ベストウォーリアは2着)
好成績を残すコンビの上、ムーヴザワールドは戦歴からもクラシック戦線上位候補の素質馬。
ここは今後に向け賞金加算をしておく必要がある大事な一戦で、しがらき経由でしっかり仕上げていると思われます。


◆庄野厩舎+NFしがらき
7-3-3-24(勝率18.9/複率35.1)
単回値 281円/複回値 101円

NFしがらきで石坂厩舎以上にコンビ成績が良好なのが庄野厩舎。
人気でしっかり好走するコンビで、スワーヴリチャードは前走しがらき帰りで前述のムーヴザワールドに先着。
ここもしがらき経由での出走で当然有力候補です。


<外厩―調教師コンビ評価順>
※印は注目度で付けています

◎スワーヴリチャード
○ムーヴザワールド



◇2/12(日) 京都11R 京都記念 芝2200m(外)

<外厩帰りの主な出走予定馬>

・サトノクラウン (美)堀 NFしがらき
・スマートレイアー (栗)大久保 吉澤ステーブルWEST
・マカヒキ (栗)友道 NF天栄


<注目の外厩―調教師コンビ>
(データは2016年〜 30例以上対象)

◆堀厩舎+NFしがらき
9-6-3-25(勝率20.9/複率41.9)
単回値 129円/複回値 82円

一番最初のコラムでも取り上げたこのコンビ。
ノーザンF生産の美浦所属馬は基本的に天栄を使用しますが、堀厩舎だけはスタッフや設備がより整っている滋賀県のしがらきを多用します。
西開催での出走は東開催に比べ勝率や複勝率では劣るものの、単回値が3倍以上も違います。

【参考】
東開催 7-5-1-17(勝率23.3/複率43.3)
単回値 82円/複回値 68円

西開催 2-1-2-7(勝率16.7/複率41.7)
単回値 257円/複回値 122円


★件数対象外も注目のコンビ★

◆友道厩舎+NF天栄
5-1-1-6(勝率38.5/複率53.8)
単回値 272円/複回値 113円

このコンビは堀厩舎の逆バージョン。
天栄を使用している栗東の調教師の中で、この成績は群を抜いています。
友道調教師がなぜ天栄を使用するのかは定かではありませんが、この成績が表すように何か秘密があるのかもしれません。
昨年の新潟記念(G3)を勝ったパッションダンスやアルゼンチン共和国杯(G2)を勝ったシュヴァルグランも天栄経由でした。
トータル件数が13例と少ないですが、今後も大注目すべきコンビです。


<外厩―調教師コンビ評価順>
※印は注目度で付けています

◎マカヒキ
○サトノクラウン

[もっと見る]

パッションダンスの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

パッションダンスの写真

パッションダンス

パッションダンスの厩舎情報 VIP

2016年6月4日鳴尾記念 G34着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

パッションダンスの取材メモ VIP

2016年6月4日 鳴尾記念 G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。