ヤマカツエース(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ヤマカツエース
ヤマカツエース
ヤマカツエース
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2012年3月22日生
調教師池添兼雄(栗東)
馬主山田 和夫
生産者岡田牧場
生産地新ひだか町
戦績30戦[7-1-4-18]
総賞金44,465万円
収得賞金9,975万円
英字表記Yamakatsu Ace
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
ヤマカツマリリン
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
イクセプトフォーワンダ
兄弟 ヤマカツグレースヤマカツサファイヤ
前走 2018/04/01 大阪杯 G1
次走予定

ヤマカツエースの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/04/01 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 162338.5104** 牡6 57.0 池添謙一池添兼雄518(-4)1.58.6 0.433.7⑨⑧⑬⑭スワーヴリチャード
18/03/11 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 9118.534** 牡6 57.0 池添謙一池添兼雄522(+12)2.02.3 0.734.4スワーヴリチャード
17/12/24 中山 11 有馬記念 G1 芝2500 161124.6610** 牡5 57.0 池添謙一池添兼雄510(+4)2.34.4 0.835.8キタサンブラック
17/11/26 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 17816116.5128** 牡5 57.0 池添謙一池添兼雄506(+2)2.25.0 1.335.5⑩⑪⑨⑪シュヴァルグラン
17/10/29 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 183515.9711** 牡5 58.0 池添謙一池添兼雄504(-4)2.10.8 2.540.6⑦⑨⑩キタサンブラック
17/08/20 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 13332.713** 牡5 57.0 池添謙一池添兼雄508(-6)2.00.6 0.235.4⑥⑤⑤④サクラアンプルール
17/04/02 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 1481310.243** 牡5 57.0 池添謙一池添兼雄514(-2)1.59.1 0.233.8⑩⑩⑨⑦キタサンブラック
17/03/11 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 16363.611** 牡5 57.0 池添謙一池添兼雄516(+8)1.59.2 -0.234.7⑧⑧⑧⑥ロードヴァンドール
16/12/25 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 162432.684** 牡4 57.0 池添謙一池添兼雄508(+4)2.32.9 0.335.1⑨⑩⑬⑫サトノダイヤモンド
16/12/03 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 138139.941** 牡4 56.0 池添謙一池添兼雄504(+20)1.59.7 -0.033.1⑥⑧⑧⑦パドルウィール
16/10/30 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 15713167.81315** 牡4 58.0 池添謙一池添兼雄484(-4)2.00.8 1.535.6モーリス
16/08/21 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 16478.435** 牡4 57.0 池添謙一池添兼雄488(-10)2.02.4 0.737.1④④ネオリアリズム
16/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 17817104.31513** 牡4 58.0 池添謙一池添兼雄498(-4)2.14.4 1.637.6⑯⑯⑭⑬マリアライト
16/06/04 阪神 11 鳴尾記念 G3 芝2000 146102.816** 牡4 56.0 池添謙一池添兼雄502(-2)1.58.0 0.435.2⑥⑤サトノノブレス
16/02/14 京都 11 京都記念 G2 芝2200 15114.925** 牡4 56.0 池添謙一池添兼雄504(+12)2.18.3 0.636.9⑧⑧⑧⑦サトノクラウン
16/01/05 中山 11 日刊中山金杯 G3 芝2000 14454.931** 牡4 56.0 池添謙一池添兼雄492(+6)2.01.2 -0.133.0⑤⑤④マイネルフロスト
15/11/15 福島 11 福島記念 G3 芝2000 16115.521** 牡3 54.0 津村明秀池添兼雄486(+8)2.02.5 -0.237.4⑨⑨⑥ミトラ
15/10/24 東京 11 富士S G3 芝1600 164815.6713** 牡3 56.0 池添謙一池添兼雄478(+4)1.33.6 0.934.1⑨⑨ダノンプラチナ
15/08/23 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 155835.3104** 牡3 54.0 池添謙一池添兼雄474(-4)1.59.1 0.135.5⑦⑦⑦⑧ディサイファ
15/07/19 函館 11 函館記念 G3 芝2000 161116.573** 牡3 53.0 池添謙一池添兼雄478(-10)1.59.7 0.636.6ダービーフィズ

⇒もっと見る


ヤマカツエースの関連ニュース

ヤマカツエース、香港GIを辞退

2018年4月11日(水) 05:00

 大阪杯4着で香港・クイーンエリザベス2世Cの招待を受諾したヤマカツエース(栗・池添兼、牡6)は、脚元に不安が出たため、同レースへの出走を見合わせることになった。池添兼調教師は10日、「日曜日の朝に獣医師に診てもらったら、右前の球節に骨膜炎が出ていた。今後は放牧に出して、札幌記念(8月19日、札幌、GII、芝2000メートル)で始動します」と語った。



ヤマカツエースの競走成績はこちら

【NZT】カツジ、追い込んで重賞初V 2018年4月8日() 05:04

 第36回ニュージーランドトロフィー(7日、中山11R、GII、3歳オープン国際(指)、セン馬不可、馬齢、芝・外1600メートル、1着本賞金5400万円、1~3着馬にNHKマイルCの優先出走権 =出走15頭)松山弘平騎乗で2番人気のカツジが後方待機からゴール前で差し切り、重賞初勝利。新境地を開拓して、NHKマイルC(5月6日、東京、GI、芝1600メートル)の有力候補に名乗りを上げた。タイム1分34秒2(良)。アタマ差2着が1番人気のケイアイノーテックで、3着のデルタバローズまでがNHKマイルCの優先出走権を獲得した。

 モデルチェンジでど派手な差し切りだ。2番人気のカツジが、それまでの好位差しから一転、後方2番手から追い込んでNHKマイルCの優先出走権をトップ通過でゲットした。

 「スタートは五分でしたが、自分から進んで行かなかったので、焦らずにリズムを大事に乗りました。最後は接戦だったけど、馬が強くて、勝ててよかった」

 松山騎手が振り返るように道中は後方。淡々と流れる平均ペースになったが、3~4コーナーでも動くことなく、直線でスムーズに外へ。先に抜け出した1番人気のケイアイノーテックをめがけて追撃すると、ラスト3ハロンは33秒9の切れ味できっちりアタマ差抜け出した。

 レース後、「次(騎乗するか)は相談して決まると思うので」と、ジョッキーは控えめだったが、師匠の池添兼調教師は「勝ってくれたのに替えるわけない」と継続騎乗を明言。「しまいは伸びてきたし、どんな競馬でもできそうだね」と、戦法に幅が出たことを喜んだ。馬名は、馬主のカナヤマホールディングス会長の一昨年に亡くなった親友の名から付けられた。オーナー、厩舎、騎手の夢を乗せて、3歳マイル王の戦いに挑む。 (柴田章利)

カツジ 父ディープインパクト、母メリッサ、母の父ホワイトマズル。鹿毛の牡3歳。栗東・池添兼雄厩舎所属。北海道新ひだか町・岡田スタツドの生産馬。馬主は(株)カナヤマホールディングス。戦績4戦2勝。獲得賞金8099万8000円。重賞初勝利。ニュージーランドTは、池添兼雄調教師が2015年ヤマカツエースに次いで2勝目。松山弘平騎手は初勝利。馬名は「人名より」。

[もっと見る]

【NZT】大外強襲!カツジが重賞初V 2018年4月7日() 15:56

 4月7日の中山11Rで行われた第36回ニュージーランドトロフィー(3歳オープン、牡・牝、GII、芝・外1600メートル、馬齢、15頭立て、1着賞金=5400万円)は、松山弘平騎手騎乗の2番人気カツジ(牡、栗東・池添兼雄厩舎)が大外一気の差し切り勝ちで重賞初制覇。タイムは1分34秒2(良)。

 アタマ差の2着には中団追走から早めに動き直線で一旦は先頭に立ったケイアイノーテック(1番人気)、さらに3/4馬身差遅れた3着に好位から内めを伸びたデルタバローズ(9番人気)が入り、上位3頭がNHKマイルC(5月6日、東京、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。

 ニュージーランドトロフィーを勝ったカツジは、父ディープインパクト、母メリッサ、母の父ホワイトマズルという血統。北海道新ひだか町・岡田スタッドの生産馬で、馬主は(株)カナヤマホールディングス。通算成績は4戦2勝。重賞初制覇。ニュージーランドTは、池添兼雄調教師は2015年ヤマカツエースに次いで2勝目、松山弘平騎手は初優勝。

 ◆松山弘平騎手(1着 カツジ)「スタートは五分でしたが、自分から進んで行かなかったので、焦らずにリズムを大事に乗りました。最後は接戦だったけど、馬が強くて、勝ててよかった」



★【NZT】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

アルアインなど3頭に香港から招待状 2018年4月5日(木) 05:00

 昨年の皐月賞馬で、大阪杯で3着に敗れたアルアイン(栗・池江、牡4)は、クイーンエリザベス2世C(4月29日、香港・シャティン、GI、芝2000メートル)の招待を受諾して出走を目指すことが4日、分かった。所属するサンデーサラブレッドクラブのホームページで発表された。騎手は未定。

 大阪杯4着のヤマカツエース(栗・池添兼、牡6)もクイーンエリザベス2世Cの招待を受諾した。池添兼調教師が明かしたもので、池添騎手とのコンビで挑む。

 サンスポ杯阪神牝馬Sに出走を予定しているアドマイヤリード(栗・須貝、牝5)は、チャンピオンズマイル(同、芝1600メートル)に招待されたが、須貝調教師は「受諾するかは、今回の結果と内容を見て判断したい」と話すにとどめた。





アルアインの競走成績はこちら

[もっと見る]

【クイーンエリザベス2世カップ】アルアインなど3頭に香港から招待状 2018年4月5日(木) 05:00

 昨年の皐月賞馬で、大阪杯で3着に敗れたアルアイン(栗・池江、牡4)は、クイーンエリザベス2世C(4月29日、香港・シャティン、GI、芝2000メートル)の招待を受諾して出走を目指すことが4日、分かった。所属するサンデーサラブレッドクラブのホームページで発表された。騎手は未定。

 大阪杯4着のヤマカツエース(栗・池添兼、牡6)もクイーンエリザベス2世Cの招待を受諾した。池添兼調教師が明かしたもので、池添騎手とのコンビで挑む。

 サンスポ杯阪神牝馬Sに出走を予定しているアドマイヤリード(栗・須貝、牝5)は、チャンピオンズマイル(同、芝1600メートル)に招待されたが、須貝調教師は「受諾するかは、今回の結果と内容を見て判断したい」と話すにとどめた。





アルアインの競走成績はこちら

[もっと見る]

【古馬次走報】スワーヴリチャード、宝塚記念に向かう 2018年4月4日(水) 05:01

 ★大阪杯1着スワーヴリチャード(栗・庄野、牡4)は、宝塚記念(6月24日、阪神、GI、芝2200メートル)に向かう。4着ヤマカツエース(栗・池添、牡6)は、クイーンエリザベス2世C(29日、香港・シャティン、GI、芝2000メートル)に招待されない場合は、安田記念(6月3日、東京、GI、芝1600メートル)などが視野に入る。

 ★日経賞9着キセキ(栗・角居、牡4)は、天皇賞・春には参戦せず、宝塚記念を目指す。

 ★ドバイWC6着アウォーディー(栗・松永幹、牡8)は、帝王賞(6月27日、大井、交流GI、ダ2000メートル)を目標にする。



★スワーヴリチャードの競走成績はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヤマカツエースの関連コラム

閲覧 818ビュー コメント 1 ナイス 14



先週は、1(日)に阪神競馬場でG1大阪杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1大阪杯は、最終的に単勝3.5倍の1番人気にスワーヴリチャードが推され、以下アルアイン(3.6倍)、サトノダイヤモンド(4.0倍)、シュヴァルグラン(9.2倍)と3頭が単勝ひとケタ台で続く形で発走の時を迎えます。
先頭に立ったのは、大方の見立て通りヤマカツライデン。2番手にダンビュライトが続き、スマートレイアーウインブライトサトノダイヤモンドアルアインシュヴァルグランといったところが先団ひと塊で追走。サトノノブレスゴールドアクターも差なく続き、ヤマカツエースペルシアンナイトメートルダールもこの一角。トリオンフミッキースワローが後方にかけて続き、スワーヴリチャードは後方2番手。最後方にポツンとマサハヤドリームの態勢で1~2コーナーにかけて通過していきます。
向こう正面を迎えるところで、ゴールドアクターが外を回って押し上げ一気に先団へ。さらにトリオンフが同じように早めの進出を目論むと、その後ろからスワーヴリチャードもこれを追うようにポジションを上げ始めます。レース中盤で早くも隊列に動きがみられる中、逃げるヤマカツライデンのペースは前半1000mを61秒1(推定)で通過のスロー。
ここから手綱を緩めることなくさらに加速していくスワーヴリチャードが、3コーナーまでに先頭を奪って、2番手トリオンフヤマカツライデンと3頭が後続を引き連れる形でコーナーを回って直線を目指します。アルアインは直後の好位のイン、シュヴァルグランは中団の外目、サトノダイヤモンドは徐々にポジションを下げ後方馬群の中から追い出される形となって、直線勝負へ。
1馬身のリードで直線を向いたスワーヴリチャードを、トリオンフとその内に入ったアルアインが追う展開。外からはダンビュライトペルシアンナイトが伸びてきて、大外からはミッキースワローも徐々に差を詰めて残り200mを通過。トリオンフダンビュライトは苦しくなって後退。この時点で、スワーヴリチャードはほぼ勝利を手中に収めるリードとなって、観衆の視線は自ずと2番手争いへ。その2着争いも、アルアインに外から襲い掛かるペルシアンナイトの2頭に絞られる格好で、後続からこれを脅かす伸び脚は見られず。ペルシアンナイトがゴール前でアルアインをとらえて2番手に浮上しますが、横綱競馬のスワ-ヴリチャードはこれを尻目に悠々先頭でゴール。並みいるG1馬を押しのけ1番人気に推されたスワ-ヴリチャードが、その支持に応えてG1初制覇を挙げています。3/4馬身差の2着に6番人気ペルシアンナイト、そこから1/2馬身差の3着に2番人気アルアインで決着しています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロはははふほほほプロマカロニスタンダーズプロ河内一秀プロろいすプロ馬侑迦プロほか、計11名が的中しています。

 
 
 
----------------------------------
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
31(土)の中山10Rでは◎×○の印で、3連単2184.9倍を的中。1,000円分の購入で218万払戻しのホームランとなりました!3連単ミリオン払戻しはこれで9年連続をマーク!1(日)にも阪神2Rでの◎▲○パーフェクト的中(16万3,900円払戻し)などの活躍を見せた先週は、週末トータル回収率531%、収支207万1,300円のトップ成績をマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →豚ミンCプロ
プロデビュー初週となった先週は、31(土)を阪神12Rの▲◎○的中で締め括り、初日プラスを計上。迎えた1(日)は更なる快進撃を見せ、阪神1R(○◎的中)、中山3R(単勝56.0倍◎グットクルサマー)、阪神9R(単勝13.2倍◎サトノグラン)、中山11R(単勝21.5倍◎ライトフェアリー)等々......随所に好調◎を披露!土日トータル回収率299%、収支20万7,110円プラスの好結果で“初陣”を飾っています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
31(土)の中山4R中山10Rなどで好調予想を披露。1(日)には中山3Rで10万6,400円払戻しのスマッシュヒットなどを記録し、週末トータル回収率154%、収支18万4,130円のプラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →KOMプロ
31(土)は勝負レース阪神6Rなどの的中で回収率137%を記録。1(日)には阪神4R阪神6Rなどで的中をマークし2日連続のプラスを達成。週末トータル回収率143%、収支13万10円プラスをマークしています。
 
 
 
この他にも、エース1号プロ(125%)、サラマッポプロ(123%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(117%)、おかべプロ(107%←9週連続週末プラス)、サウスプロ(106%)、マカロニスタンダーズプロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
----------------------------------
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も、競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年4月1日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第348回『凄馬出馬表分析&馬券検討』~大阪杯 G1
閲覧 832ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「大阪杯 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「-1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「-1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、サトノダイヤモンド1頭。
第2グループ(黄)は、スワーヴリチャード1頭。
第3グループ(薄黄)は、ヤマカツエースから1.0ポイント差(約1馬身差)内のシュヴァルグランスマートレイアーサトノノブレスアルアインまで5頭となっていて、以下は第4Gとなっています。

凄馬出馬表を見渡すと、上位2頭がそれぞれやや次点を引き離す構図。そして、その下は1ポイント程度の差こそあれどその中に4歳勢も多く含まれていることを鑑みると、下位にも警戒が必要なメンバー構成と言えそうです。

そんななか今回の◎はウインブライトに期待しました。依然ここ一連の状態の良さはキープできているようで、このメンバーに入ってもその点では随一の存在とみています。加えて、右回り内回りコースが合うのはもちろん、阪神2000mと非常に似たラップ構成となる(リンクしやすい)条件である福島2000mと中山2000mの両方に実績がある点も強み。
初コースや初の関西圏への輸送、これまで戦ってきたメンバーレベルや、地味に57キロに斤量増となる点など、乗り越えなければならない壁は高いとは思いますが、△サトノダイヤモンドは本調子には遠い中でこの大阪杯ではあまり良い印象のない極端な内枠、△スワーヴリチャードには右回りと外枠、△シュヴァルグランには休み明けと距離不足、その他にも年齢や脚質面、状態面などで不安を残すメンバーも多い中にあって、◎ウインブライトはまだまだ伸び盛りの好調4歳馬。ここに向けての充実度は一歩リードとみて、今回はこの馬に賭けたいと思います。原稿執筆段階の前売り最終オッズは20倍台でこれなら十分許容範囲。出来れば最終追い切りを見て最終判断したかったところですが、濃霧のため映像・時計がヘタに出回らなかったことも1週前から狙っていた身としては余計な人気を集めてくれなくて良かったと、むしろプラスに捉えたいと思っています。
以下、時計の出る今の馬場状態から持ち時計のある1800m寄りのタイプから○アルアインペルシアンナイトトリオンフヤマカツエースあたりを上位評価とし、今回の私の馬券は◎から○▲☆への3複で勝負とします。


【3連複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
11=5,8,9=1,2,3,4,5,8,9,11,14,15(21点)

[もっと見る]

2018年4月1日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/大阪杯 G1(霧プロ)
閲覧 816ビュー コメント 0 ナイス 2



 先週のこのコラムで披露したウマニティ公認プロ予想家・霧さん高松宮記念予想が大的中。印を打った5頭が掲示板を独占し、3連複万馬券が見事に炸裂しました。その勢いに乗って、今週の大阪杯霧さんに予想してもらいます。実は霧さん、G2時代も含め大阪杯を5年連続的中させている超スペシャリスト。今年もバッチリ決めてもらいましょう。
 本命は①ミッキースワロー。「前走は仕上がり途上、2走前は極悪馬場で敗れたが、3走前のセントライト記念勝ちの内容が秀逸だった。父系は典型的な晩成血統で、4歳になってさらなる上積みが期待できそう。中間の調教の動きも良かった」と力強くコメントしてくれました。対抗は②サトノダイヤモンド。単穴は⑮スワーヴリチャード。以下、③ヤマカツエース、⑨トリオンフまで押さえ、馬券は単勝①、馬連・3連複流し①→②③⑨⑮、馬単流しマルチ①→②③⑮で勝負します。本レース以外の霧プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢30名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2018年4月1日() 11:00 ROBOTIPプロジェクトチーム
~重賞予想~かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(大阪杯 G1)
閲覧 646ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『大阪杯 G1』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




本命◎サトノダイヤモンドが勝率20%強でやや抜け出した格好。同時に3番手▲アルアイン以下にも同じような勝率の差があり、“1+2”といった状況のようです。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】


<勝率&印>



<買い目>




こちらは本命は入れ替わって◎アルアイン。買い目的には、ここでも4番手に挙がっている△ヤマカツエースに高配を期待といったところですね。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>




こちらも本命は◎アルアイン。あまり差がなく○サトノダイヤモンド、▲スワ―ヴリチャードが続き、ここでも4番手には△ヤマカツエースとなっていますね。


【まとめ】
今回は本命◎2票のアルアインが当コラムの一応の中心となりましたが、サトノダイヤモンドスワーヴリチャードも含め人気馬3頭による拮抗状態で以下は少し離されたグループという見方が正しいのかな、との印象。ただ、いずれもポカがあってもおかしくなさそうな人気馬だとみていますし、妙味的にはヤマカツエースも面白そう......。本来の出来にあるかどうか少々疑念はあり判断の難しいところですが、昨年は強い内容だったのは事実。うーん悩ましいですが、この馬の扱いについては直前まで迷いたいと思っています。いずれにしても、騎手の顔ぶれも含めて非常に興味深い一戦の幕開けを、今から心待ちにしています(^^♪



--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2018年3月28日(水) 15:30 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2018大阪杯
閲覧 1,030ビュー コメント 0 ナイス 10



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われる重賞競走の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。


【優先出走馬】

ウインブライト(A)
この馬は好走している時には調教でも良い動きを見せる馬で、調子の良し悪しが分かりやすい馬。近走は好調が続いているようで、追い切りでも持ったままスッと伸びる脚を見せている。今回は初めての関西遠征になるので直前はそれほど強く追うことはないだろうが、1週前に併せ馬の外を持ったまま楽に先着していて引き続き好調をキープできている印象。


【賞金順】

サトノダイヤモンド(D)
海外遠征帰りの前走は直線だけ脚を使った感じで、今回に疲れを残さないような内容で明らかに叩き台のレースだった。とくれば、上積みを期待したいところだが、前走も今回も調教内容自体がいつもとは違っており、その時点で本来の調子ではないと思われる(いつも通りに戻している途中、というのが最もしっくりくる表現か)。今回は初めての中2週でのレースで、前走を調教代わりと捉えることもできるが、1週前に強めに追うことができていない時点で期待よりも不安が大きい。

ゴールドアクター(C)
前走は追い切りでも明らかに馬が動いていなかった。長期の休み明けで状態がまだ戻っていなかった印象。今回はさすがに一度使われていることもあり1週前追い切りでは変化が見られる動きだったが、まだまだ時計は出る馬なので本来の姿に戻ったとは言い難い。この中間は、日曜日にも速い時計を出すことができていて順調には調整されてきていると思うので、ここを使ってこの次あたりには本来の姿に近づくのではとみられる。

ペルシアンナイト(C)
前走時も今回も順調に乗り込まれてきているので状態面での不安はない。ただ、レースでは自在性がないので前走のような展開になってしまうと厳しく、弱点がモロに出てしまった印象。今回も前には行けないと思われるため、中途半端に乗るよりは直線一気ぐらいのつもりで乗ったほうが上位争いに加われるのでは。

スマートレイアー(E)
昨年は香港遠征後の初戦が京都記念(2着)で、当時は中間は毎週のように坂路で好時計を出していた。今回も同じ香港遠征後のレースではあるが、中間の調教内容が控えめというか物足りないものばかりで好走は厳しそう。

サトノノブレス(D)
昨年の海外遠征からサトノダイヤモンドと行動を共にしており、この馬も本来の状態には戻ってはいない状況。それでも前走時の追い切りではサトノダイヤモンドよりは良く動けていた中での2着。ただこの中間は中2週とはいえ、1週前追い切りが行われていないので上積みは期待薄。

マルターズアポジー(B)※ダービー卿CTへ出走予定
もともと追い切りでは速い時計の出る馬で、今回(1週前追い切り)も内を回ったとはいえかなり速い時計が出ており調子は良さそう。この馬が出るか出ないかでレース展開がかなり変わりそうなので、レースを盛り上げるためにもこちらに出てきてほしいところ。

ヤマカツエース(C)
昨年の3着馬で今年も金鯱賞からのローテーションになるが、追い切りの動きを見ても昨年のような勢いのある動きには見えず。今年はレースでも厳しい戦いになりそう。

ミッキースワロー(C)
久し振りの2000m戦ということでなのか1週前追い切りはPコースでの内容となった。動き自体は悪くはなく、良い状態で出走できそうな印象。

ダンビュライト(B)
この中間も前走と同じく1週前は強めに併せ馬で追われた。1週前の動きを見ると追い出されてからの反応がやや鈍い感じにも見えたので、最終追い切りに注目したい。そこで終いビシッと追われてしっかり伸び切れるようなら、前走のようなレースが期待できそうだ。

トリオンフ(B)
3週前、2週前と好時計が出ていて、先週は時計のかかる馬場のなか時計自体は物足りないものの水準以上の時計は出ていた。動きのほうも力強く見えて調子は引き続き良さそう。勢いがあるので先行したら注意が必要。

メートルダール(C)
前走時の追い切りでは南Wで追い切られ首の高い走りだった。今回の1週前追い切りはPコースで追われたこともあり、スピード感のある走りを披露。引き続き首の高い走りではあるものの、動き自体は良く変わり身がありそうな感じ。

マサハヤドリーム(E)
昔はもっと時計の出ていた印象の馬。近走は目立つ時計も出ておらず、この中間に関してもそれほど変わった感じはなく、相手も強くなるので厳しいレースになるだろう。

ヤマカツライデン(D)
前走は、追い切りでの動きは物足りなかったものの調整過程は悪くなかったので力は発揮しての結果だろう。能力が足りなかった結果で、今回は間隔も詰っていて相手もさらに強くなるため、前走以上を期待するのは厳しそう。


※なおスワーヴリチャードシュヴァルグランアルアインに関してはシューナカコラムにてコメントしていますのでそちらをご覧下さい。


今回は大阪杯編でした。
今週はドバイでも最も大きなレースが行われ、日本からも多くの馬たちが出走します。その中には、大阪杯に出走していてもおかしくないトップクラスの馬も何頭かいて、それらの馬たちがすべてこちらに出走していたらかなり豪華な顔ぶれになって盛り上がっただろうと思います。大阪杯はまだG1に昇格して2回目ということもありますが、昔から競馬を観ている人たちにとってはG2というイメージの方が強いと思いますし、特に今年のようにドバイと同じ週に行われるとドバイ=G1、大阪杯=G1?ということになってしまい何か損しているような感じがしてなりません。ドバイも大阪杯もそれぞれ豪華なメンバーで行われることが、最終的に売上にも繋がり、見ている人たちも楽しめるベストな設定だと思うのですがいかがでしょうか。個人的には、ドバイ遠征馬がステップレースに使う京都記念中山記念の中間ぐらいに大阪杯の時期を移せば、ドバイ遠征予定の馬たちの出走も期待できてメンバーは今よりも豪華になっていいんじゃないかなーと思わずにはいられません。
何はともあれ、今年もドバイでは日本馬には頑張ってもらい、一つでも多く勝ってくれることを期待しています。

それでは、また次回桜花賞編(予定)でお会いしましょう。


大阪杯出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2018年3月28日(水) 14:30 覆面ドクター・英
大阪杯2018
閲覧 933ビュー コメント 0 ナイス 12



高松宮記念は危険な人気馬と綴ったファインニードルに差されてハナ差でWIN5を逃し、毎度お約束のWIN4止まりというパターン。今週末はきっちりG1もWIN5も当てたいと思っています。
さて、その今週末は大阪杯。昨年からG1となり、まだいまひとつG1という感じがしないレースではありますが、春の天皇賞は距離が長すぎるという中距離馬の使うレースとしてぴったりではあり、段々春のG1の王道路線として定着していくんでしょうね。


それでは恒例の全頭診断へ。

1番人気想定 スワーヴリチャード 左回りが得意で右回りだと有馬記念でも、最後の直線でかなりよれてシュヴァルグラン等を邪魔してしまった。ただ、今の競馬は邪魔したもの勝ちで、よほどなことが無い限り降着にはならずで、大一番ではヤンチャ騎乗のミルコ込みで特に減点する必要はないのでは。

2番人気想定 サトノダイヤモンド 有馬記念キタサンブラックを差した頃がピークで、ノドの問題など海外遠征を機に調子がおかしくなってしまった。前走は上り最速で3着まで来たとはいえ、僚馬でラビット役を務めてもらっていたサトノノブレスにも(楽逃げだったとはいえ)先着を許したように、全盛期とは別馬。人気になるだろうから消す手もありそう。

3番人気想定 アルアイン かなりの道悪だった菊花賞では崩れたが、2000m前後では崩れない安定の中距離馬。頭はなくても手堅く上位には来れるのでは。

4番人気想定 シュヴァルグラン 明らかに距離は足りないが、消耗してしまう阪神大賞典でなくこちらを選んだのは後のレースに向けて消耗を少なくするためでは。ここは叩き台か。春の天皇賞や宝塚記念で狙いたい。

5番人気想定 ミッキースワロー セントライト記念ではアルアインを豪快に差し切ったが、輸送が苦手でここも輸送が課題か。古馬になりそろそろ輸送慣れしてきそうでもあるが。ヒモには買いたい。

6番人気想定 ペルシアンナイト 前走は中山記念で1番人気で出遅れて5着と人気を裏切ったが、そもそもハービンジャー×ゴールドアリュールの全妹という血統背景からも純粋なマイラーでなく、距離はこのくらいあった方がいいはずで、巻き返しは十分ある。

7番人気想定 ダンビュライト 晩成のルーラーシップ産駒らしくクラシックではイマイチだったが、年末と年明け2連勝でG2のAJCCも制した。瞬発力不足なぶん、前で勝負することで補っておりそれなりにやれておかしくない。

8番人気以下想定 

トリオンフ 3連勝で小倉大賞典も制したが、昨年亡くなった種牡馬タートルボウルはほとんど上級馬を出さなかったようにG1では荷が重いのでは。

ウインブライト 中山記念でG2勝ちまで駆け上がってきたが、実績は中山と福島ばかりなように強敵相手の阪神2000m向きではないのでは。

ゴールドアクター 武豊騎手への乗り替わりで復活を期待されたAJCCでは、脚元ゴトゴトでまさかのシンガリ負け。関西への輸送も苦手で買えない。

ヤマカツエース 前走得意条件の中京2000mでも4着と以前ほどの力は無い。

マルターズアポジー 前走の中山記念ではヨシトミ先生への乗り替わりだったがいつも通り逃げて、自分の力はきっちり発揮しての3着。ただ、ローカルG3くらいがぴったりでここでは厳しい。

サトノノブレス サトノダイヤモンドのラビット役としての海外遠征などもあったが、前走の金鯱賞では楽逃げで久々に2着。高齢まで丈夫に走り続けているのはメジロ牝系だからか。ただその前回は、14年・15年・16年と3年連続で馬券に絡んだ得意の金鯱賞だったからで、ここは要らない。

スマートレイアー 昔は追い込みマイラーだったが、一昨年は逃げて活躍、昨年は中距離路線で活躍し年末には香港にも挑戦。たださすがに8歳で牡馬の一線級とやるのはきついのでは。

メートルダール 昨年12月に待望の重賞制覇(G3中日新聞杯)を果たしたが、ここ8戦は左回りばかり使ってきたように、あまり期待できない。追わせるタイプで福永騎手からの乗り替わりはいいのだろうが。

ヤマカツライデン 2年前の3月からが500万下からオープン勝ちまで、逃げて快進撃(6戦4勝)の時期だったが、最近は逃げれなかったり、終盤淡白だったりと買えない。

マサハヤドリーム オープン入り後はG3でも掲示板に載るのがやっとという状況で、スピードが足りないメイショウサムソン産駒だけに道悪にでもならないと出番なさそう。


<まとめ>
有力 スワーヴリチャード

ヒモに アルアインダンビュライトペルシアンナイトミッキースワロー

危険な人気馬 サトノダイヤモンドシュヴァルグラン

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヤマカツエースの口コミ


口コミ一覧
閲覧 238ビュー コメント 2 ナイス 5

おはようございます!(=^・^=)
いつの間にか葉桜の季節となってしまいましたね?
暖かくなると、黄砂が飛散し始めますよ!
年間の中で、4月に飛散する量が多いみたいです。

競馬は、いよいよクラシックが始まりますね?
我が懐からは、すでに飛散し始めています。
何か…!?

<黄砂(コウサ)とは?>
特に中国を中心とした東アジア 内陸部の砂漠または乾燥地域の砂塵が、強風を伴う砂塵嵐(砂嵐)などによって上空に 巻き上げられ、春を中心に東アジアなどの広範囲に飛散し、地上に降り注ぐ気象現象。

 
【週間スケジュール】

一週間の基本的なブログスケジュールは、下記参照。
(毎朝7時ごろ更新/競馬変則日程の場合は変更あり)

月曜日 : お休み
火曜日 : 週末の重賞(日刊馬番コンピ指数活用術予想篇)
水曜日 : 週末の重賞(TARGET frontier JV活用術予想篇)
木曜日 : 週末の重賞(インパクトデータ活用術予想篇)
金曜日 : 先週末重賞に関する回顧(日記)等
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
土曜日 : 土曜当日の重賞レースを回顧
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを予想(ハイブリッド指数活用術予想篇)
日曜日 : 日曜当日の重賞レースを回顧

ブログタイトル「~術はある~」へ変更しました。
だからといって、ブログの内容は今迄と変わりません。

※「人気ブログランキング」「にほんブログ村」「ウマニティ競馬ブログ」以上のブログランキングへ参戦中!応援クリックをよろしく、お願いします。

ブログのアドレス  http://89923493.at.webry.info/


【活用術予想 途中経過】
第04期(03月24日~04月15日)08日間(日経賞~アンタレスS:全12戦)

G1高松宮記念を当てて意気揚々とG1大阪杯へ挑んだ結果は…!?

土曜、G3ダービー卿CTでは、3頭を推奨。
(⑦ゴールドサーベラス、⑧ミュゼエイリアン、⑩ロジチャリス)
馬番コンピの予想では、5頭ボクッス(4,2,13,9,3)狙いを参考にして、
⑦ゴールドサーベラスを軸で勝負!
単勝⑦ゴールドサーベラス、 複勝(7,8,10)
結果は、ハズレ…。
推奨馬⑦ゴールドサーベラスが6着。
いきなり出遅れて最後方からでは…(ノД`)・゜・。
ちなみに、馬番コンピ予想が的中。(馬連¥3,890)


日曜、G1大阪杯では、2頭を推奨。(⑩サトノノブレス、③ヤマカツエース)
馬番コンピの予想では、(15→2,8,1,14,4,5)狙いを参考にして、
⑧アルアインを軸で勝負!
馬連、馬単(8→2,4,15)
結果は、ハズレ…。
推奨馬⑧アルアインが3着。
残り100㍍辺りで差されて…(ノД`)・゜・。
ちなみに、馬番コンピ予想が的中。(馬連¥2,930)


さすがに凹みましたよ…(ノД`)・゜・。アルアインがスワーヴリチャードに負けたことより、ペルシアンナイトに3/4馬身差で負けた事の方がショック!?さらに、追い打ちをかけたのが、馬番コンピ予想で2日連続(土曜、日曜)的中にショック!?

ちなみに、馬番コンピ予想が第4期に入り、6戦5勝1敗の好成績!(的中率83.3%)当然、回収率も198.5% とほぼ2倍!逆に、ハイブリッド予想は相変わらず低迷…。さらに、リアル馬券に関しては、何も言うことはありません。

いよいよ今週末から、3歳馬のG1「桜花賞」「皐月賞」が始まりますね!?無敗の馬が、一気に上り詰めるのか!?興味津々です。楽しみましょう!?(=^・^=)


先週ブログのなかで推奨した結果
ダービー卿CT=⑦ゴールドサーベラス(6着)、⑧ミュゼエイリアン(16着)、⑩ロジチャリス(12着)
大阪杯=⑩サトノノブレス(15着)、③ヤマカツエース(4着)


今週末の重賞レースの注目馬
ニュージーランドT=カイザーメランジェ、アンブロジオ
阪神牝馬S=ミエノサクシード、リスグラシュー、レッドアヴァンセ
桜花賞=アンコールプリュ

過去10年のレース傾向(1番人気の信頼度)
ニュージーランドT=71%(C)
阪神牝馬S=75%(B)
桜花賞=75%(B)

【雑談でいっぷく!】
多分、今週の予想は怪しいかも知れませんが、”日刊馬番コンピ指数活用術予想篇”で載せている予想をカキコしておきます。

(ニュージーランドトロフィ)<日刊(馬番)コンピ活用術(予想)>
2年連続で大波乱!?ただでさえ難解な傾向が強いレースは、今年も混戦レースと予想する。

ポイントは、馬番コンピ指数1位の取り捨て?
勝率30%では、軸馬として信頼出来ない為、今年も狙いから外す。
大差はないが、指数2、3位を軸馬推奨。
指数2位は過去10年間、3年連続で連対を外していない為、今年は狙い目か?
指数3位は、近4年間連対が無い為、そろそろ狙い目か?
相手は、手広く指数9位までを狙う!?

《コンピ勝負予想》 12点勝負レース!

【馬 連】で
馬番コンピ指数2、3位から
指数4~9位までの6頭へ流して12点。



(阪神牝馬S)<日刊(馬番)コンピ活用術(予想)>
過去、牝馬限定重賞レースの中でも、難解なレース傾向だったが、近年は人気上位馬が安定した成績を残しているため、今年は本命レースと予想する。

ポイントは、馬番コンピ指数1位の評価?
過去10年の勝率30%、連対率60%は、ギリギリ信頼できる!?
ちなみに、近5年だと勝率40%、連対率60%と若干アップ!軸馬推奨。
相手馬は、過去10年内で指数1位の連対時を参考に指数8位までを狙う!?

《コンピ勝負予想》 7点勝負レース!

【馬 連】で
馬番コンピ指数1位から
指数2~8位までの7頭へ流して7点。



(桜花賞)<日刊(馬番)コンピ活用術(予想)>
今年は、チューリップ賞を制した2歳女王ラッキーライラックが断然の主役!死角が見当たらない?ただ、近3年の傾向から、混戦レースと予想する。

ポイントは、馬番コンピ指数1位が近3年敗退中。
(15年ルージュバック9着=指数値86、
16年メジャーエンブレム4着=指数値88、
17年ソウルスターリング3着=指数値90)
過去10年の連対率40%は信頼できない為、狙いから外す。
ただ、偏った傾向もないので、指数上位をボックスで狙う!

《コンピ勝負予想》 10点勝負レース!

【馬 連】で
馬番コンピ指数2~6位までの5頭BOX 10点。

 やすの競馬総合病院 2018年4月4日(水) 21:40
桜花賞の単勝お買い得馬を消去法で調査1日目の巻
閲覧 304ビュー コメント 0 ナイス 3

桜花賞の出走馬を「netkeiba.comの想定単勝オッズ」・「馬」・「騎手」・「過去の傾向」など、いろんな面から消去法でどんどん消して、単勝のお買い得馬を1~3頭選んで当たるか外れるかを楽しむGI限定のお遊び企画です。

--------------------------------------------------------------------------------
前回の大阪杯は
2着ペルシアンナイト(6番人気 16.3倍)
4着ヤマカツエース(10番人気 38.5倍)
6着ダンビュライト(8番人気 20.1倍)
結果的に、1番人気のスワーヴリチャードに勝たれちゃって、あっという間に赤字収支に逆戻りでしたが、去年までのひどい成績に比べればまだ希望がありそうです。

前回までの収支は
・収支:-2500P
・投資額:5500P
・払戻額:8000P
・指名馬の着順(1.1.0.6)
・的中率:14%
・回収率:69%
で、 青汁のような苦い成績です。青汁飲んだことないんですけどね(笑)

--------------------------------------------------------------------------------
1.想定単勝オッズが4倍未満(1.0~3.9倍)の馬を単勝のお買い得馬とするには無理ある気がするんで消し。
ラッキーライラック(想定単勝オッズ 1.8倍)


2.騎手のキャリアとGI勝利数などを見て、GIでの単勝期待値が低そうな騎手が乗ってる馬は消し。
リバティハイツ(想定単勝オッズ 64.8倍)
北村友は10年以上の騎手キャリアでGI未勝利なので・・・。

アンコールプリュ(想定単勝オッズ 30.2倍)
藤岡康は、10年以上の騎手キャリアでGI1勝だけやし、2009年以降はGI勝ちがないので・・・。

アンヴァル(想定単勝オッズ 158.2倍)
藤岡佑は、10年以上の騎手キャリアでGI未勝利やし、なので・・・。

コーディエライト(想定単勝オッズ 435.2倍)
和田は2001年の天皇賞春を勝ってから長い間GI勝ててないし、そもそもテイエムオペラオーでしかGI勝ってない騎手なので・・・。

レッドサクヤ(想定単勝オッズ 84.8倍)
松山は、去年GI勝ってるとはいえ、騎手10年目でGIはまだ1勝のみやし、テン乗りなので・・・。

ツヅミモン(想定単勝オッズ 270.8倍)
秋山は、20年以上の騎手キャリアでGIは2勝だけやし、2012年の阪神JF以降はGI勝ててないので・・・。

--------------------------------------------------------------------------------
☆調査1日目の消去法で生き残った馬☆
マウレア 武豊
リリーノーブル 川田
デルニエオール 池添
ハーレムライン 大野
レッドレグナント デムーロ
アーモンドアイ ルメール
プリモシーン 戸崎
モルトアレグロ 田辺
アマルフィコースト 浜中
スカーレットカラー 岩田
の9頭+抽選突破組の2頭の合計11頭ですが、続きはまた明日。

--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、基本的にはこのブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」をご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。

--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
大阪桐蔭高校が春連覇を達成しましたね~。

ということは、桜花賞も池添が連覇というサインがあったりするのかな~?

[もっと見る]

 ☆コノホシカツ☆ 2018年4月4日(水) 12:41
桜花賞(G1)出目
閲覧 299ビュー コメント 0 ナイス 2

2018年4月8日(日)2回阪神6日
☆一白赤口『吉数』枠番1・4・7馬番1・4・7・11・14・17
11R(15:40)芝1600
第78回桜花賞(G1)
【時系列出目】
▼枠番
★5
☆4
▼馬番
★5
☆4
【demedas】
▼枠番
★2
☆3
*8
*5
▼馬番
★4
☆6
*5


先週の大阪杯(G1)出目結果
【時系列出目】
▼枠番
★1サトノダイヤモンド
☆6ウインブライト
▼馬番
★2サトノダイヤモンド
【demedas】
▼枠番
★1サトノダイヤモンド
☆2シュヴァルグラン
*3ペルシアンナイト◆2着
▼馬番
★1ミッキースワロー◆5着
☆2サトノダイヤモンド
*3ヤマカツエース◆4着

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヤマカツエースの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  おあしす   フォロワー:0人 2016年12月26日(月) 00:46:09
有馬記念、直線でミッキーがよれて その影響でシュバルグランもよれて
ヤマカツの進路が無くなった!いい足色だったのに残念。

ヤマカツエースの写真

ヤマカツエース
ヤマカツエース
ヤマカツエース

ヤマカツエースの厩舎情報 VIP

2018年4月1日大阪杯 G14着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヤマカツエースの取材メモ VIP

2018年4月1日 大阪杯 G1 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。