トリオンフ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 セ4 黒鹿毛 2014年4月21日生
調教師須貝尚介(栗東)
馬主株式会社 KTレーシング
生産者レイクヴィラファーム
生産地洞爺湖町
戦績11戦[4-3-0-4]
総賞金6,320万円
収得賞金2,400万円
英字表記Triomphe
血統 タートルボウル
血統 ][ 産駒 ]
Dyhim Diamond
Clara Bow
メジロトンキニーズ
血統 ][ 産駒 ]
ダンスインザダーク
メジロクロヒメ
兄弟 シルクリバーグローリアスレイ
前走 2018/01/07 寿ステークス
次走予定

トリオンフの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/07 京都 10 寿ステークス 1600万下 芝2000 9774.131** セ4 56.0 川田将雅須貝尚介540(+6)1.59.1 -0.634.8エアウィンザー
17/11/18 京都 8 3歳以上1000万下 芝2000 10444.221** セ3 55.0 C.デムー須貝尚介534(0)2.02.8 -0.634.2エアウィンザー
17/11/03 京都 9 近江特別 1000万下 芝1800 13227.942** セ3 54.0 和田竜二須貝尚介534(+24)1.47.7 0.235.6ナリタエイト
17/09/03 小倉 9 若戸大橋特別 500万下 芝1800 118103.521** セ3 54.0 和田竜二須貝尚介510(0)1.48.3 -0.135.2④④エルビッシュ
17/08/13 小倉 9 筑後川特別 500万下 芝1800 13442.112** セ3 54.0 和田竜二須貝尚介510(-2)1.48.1 0.034.2⑦⑦④セイントバローズ
17/06/25 阪神 8 城崎特別 500万下 芝1800 10444.134** セ3 54.0 和田竜二須貝尚介512(-2)1.48.0 0.233.9⑨⑩ラヴアンドドラゴン
17/06/10 阪神 12 3歳以上500万下 芝1800 11335.632** セ3 54.0 和田竜二須貝尚介514(-2)1.45.8 0.033.5ロードプレミアム
17/05/28 京都 11 白藤賞 500万下 芝1600 154658.6124** セ3 56.0 和田竜二須貝尚介516(-18)1.33.9 0.434.1⑦⑨ラプソディーア
17/02/12 京都 9 こぶし賞 500万下 芝1600 85551.377** 牡3 56.0 川田将雅須貝尚介534(+10)1.37.4 1.236.1⑤⑤マイスタイル
16/09/03 札幌 11 札幌2歳S G3 芝1800 134411.9611** 牡2 54.0 浜中俊須貝尚介524(+4)1.51.5 1.636.2⑫⑬⑬⑬トラスト
16/07/17 函館 5 2歳新馬 芝1800 9118.941** 牡2 54.0 浜中俊須貝尚介520(--)1.52.4 -0.134.8ボナパルト

トリオンフの関連ニュース

【札幌2歳S】追って一言

2016年9月1日(木) 05:05

 ◆アドマイヤウイナー・須貝師 「おとなしいタイプだからね。(手応えで劣ったが)本番になるとピリッとするよ。上積みはある」

 ◆アンノートル・松岡騎手 「今回は少しトモ(後肢)の緩さを感じる。ゴーサインを出してからもたついたりとまだ課題がある」

 ◆インヴィクタ・友道師 「落ち着いていい雰囲気。馬体も仕上がっている。きょうくらいのソフトな馬場がいいね」

 ◆エトルディーニュ・原田騎手 「3戦目で体は良くなっているけど、まだ気持ちに幼い面がある」

 ◆コパノカーニバル・古川騎手 「調教では幼さがある。重賞挑戦がいい経験になれば」

 ◆コリエドール・福永騎手 「促せば集中してくれた。走らせたら素軽いし馬格もしっかりしている。スタート練習の反応も良かった」

 ◆ジャコマル・横山和騎手 「怖がりな面があるが、折り合いもついて3頭併せの真ん中でいい感じで走れていた」

 ◆ディープウォーリア・池添騎手 「しっかり反応したので最後まで馬なりで。いいバネをしていてディープ産駒という感じ」

 ◆トラスト・河津師 「最後までいいストライドで走れていた。走りに集中できている。前走とは全然違うよ」

 ◆トリオンフ・浜中騎手 「使ってテンションが上がらないか心配したけど、むしろ落ち着きが出ている。乗り味が良く馬っぷりもいいし、将来性を感じる」

 ◆ブラックオニキス・加藤助手 「体調は維持できている。馬場が湿るとノメるので良馬場でやりたい」

 ◆フラワープレミア・寺本助手 「順調に来ている。札幌に来ても落ち着いている」

札幌2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【札幌2歳S】レース展望 2016年8月29日(月) 17:47

 夏の札幌開催最終週は、土曜メインで札幌2歳S(9月3日、札幌、GIII、芝1800メートル)が行われる。過去の優勝馬から、ジャングルポケット(2001年ダービー、ジャパンC)、アドマイヤムーン(07年ドバイデューティフリー、宝塚記念ジャパンC)、ロジユニヴァース(09年ダービー)といったGI馬が出ている出世レース。今年はJRA馬13頭、地方馬1頭で、フルゲートと同じ14頭が登録してきた。

 過去3年で13年レッドリヴェール、15年アドマイヤエイカンと2頭の優勝馬を出している須貝尚介厩舎(栗東)は今年、2頭出しで臨む。近藤利一オーナー、岩田康誠騎手と3者での連覇がかかるアドマイヤウイナー(牡)は、7月の函館芝1800メートルでデビュー勝ち。中団から馬群をさばいて抜け出す大人びたレースぶりだった。500キロ超と馬格にも恵まれている。父ワークフォースに初の重賞タイトルをプレゼントするか。

 須貝厩舎のもう1頭、トリオンフ(牡)は、新種牡馬タートルボウルの産駒。こちらも520キロの雄大な馬体を誇り、函館での初陣(芝1800メートル)を好位からそつのない競馬で快勝した。須貝調教師は「2頭とも能力が高いし、楽しみ」とワンツーフィニッシュをもくろむ。

 タガノアシュラ(栗東・五十嵐忠男厩舎、牡)も前評判はかなり高い。函館新馬(芝1800メートル)を2歳コースレコードとなる1分49秒9で逃げ切り勝ち。4馬身差の2着に負かしたサトノアリシアがその後、未勝利、コスモス賞と連勝したことからも評価は急上昇している。近親にステイゴールド香港ヴァーズ)、サッカーボーイマイルCS)、ショウナンパンドラジャパンC)がいる一族の出身。鞍上も中央、地方、海外通算4000勝(JRA所属馬の騎乗のみ)まであと2勝と迫る武豊騎手で、注目度はさらに増している。

 ブラックオニキス(美浦・加藤和宏厩舎、牝)はクローバー賞の勝ち馬で、実績なら最上位。一戦ごとに内容が良くなっており、キャリア5戦はメンバー最多だ。410キロ弱の小柄な馬なので、中1週続きのローテが鍵となるが、鞍上の城戸義政騎手にとっても重賞初Vがかかる。人気にならないタイプだが、軽視は禁物だろう。

 そのクローバー賞で2着だった公営・川崎所属のトラスト河津裕昭厩舎、牡)は、サンケイスポーツのGIコラム「相馬眼」でおなじみ、ビックレッドファームグループ代表の岡田繁幸オーナーが惚れ込む素質馬。前走は競馬場、芝、右回り、距離と初物づくしで、力を出し切れない中での2着なら悪くない。スピードが豊富なぶん、300メートルの距離延長で折り合いがポイントとなるが、今回は上積みの方がはるかに大きいだろう。

 また、 中京2歳Sで3着だったアンノートル(美浦・池上昌弘厩舎、牡)も岡田総帥の評価が高い。注目の新種牡馬アイルハヴアナザー産駒でもあり、タイトル奪取が期待される。

 プロ野球、大リーグで活躍した“魔神”こと佐々木主浩オーナーの所有馬でヴィルシーナヴィクトリアマイル連覇)の近親にあたるインヴィクタ(栗東・友道康夫厩舎、牡)、タガノアシュラと同じ一族の出身で母がローズSクイーンSの重賞2勝馬というコリエドール(美浦・堀宣行厩舎、牡)は、同じ札幌芝1800メートルの新馬を勝ち上がってきたアドバンテージがある。地味でも着実に走るエトルディーニュ(美浦・小桧山悟厩舎、牡)も注意が必要だろう。

札幌2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【札幌2歳ステークス】特別登録馬2016年8月28日() 17:30

[もっと見る]

【2歳戦結果】キングズラッシュ、新馬戦V2016年7月25日(月) 05:02

 【福島】5R新馬(芝2000メートル)=キングズラッシュ(美・久保田、牡、父ルーラーシップ

 ◆柴田善騎手 「けいこでも気難しい面を見せていたので気をつけていたが、急にやられた(放馬)。まだ競馬が分かっていないので、現時点ではこういう(後方からの外を回る)競馬でいい。走る馬だし、これから教えていけば」

 1R未勝利(芝1200メートル)=ダイイチターミナル(美・高市、牡、父コンデュイット)

 ◆内田騎手 「うまく2番手でハミを抜いて走れた。落ち着いて走れれば、もう少し距離が延びても大丈夫」

 2R未勝利(芝1800メートル)=フラワープレミア(美・池上弘、牡、父アンライバルド

 ◆江田照騎手 「自分のペースで運んで道中はリラックスして走れたし、追ってからも伸びてくれた」

 【中京】5R新馬(芝1600メートル)=クライムメジャー(栗・池江、牡、父ダイワメジャー

 ◆Mデムーロ騎手 「賢い。(道中は)ずっと遊んでいたね。楽だった」

 *半兄に2014年日経新春杯など重賞4勝のサトノノブレス(父ディープインパクト)。次走は未定だが、今年の目標を朝日杯フューチュリティS(12月18日、阪神、GI、芝1600メートル)において調整される。

 1R未勝利(ダ1200メートル)=アードラー(栗・音無、牡、父シニスターミニスター)

 ◆松若騎手 「ゲートセンスが良く、前を見ながらいいところで流れに乗れました。最後はまだ余裕がありました」

 【函館】5R新馬(芝1800メートル)=アドマイヤウイナー(栗・須貝、牡、父ワークフォース)

 ◆須貝調教師 「強かったね。先週勝ったトリオンフと同等に動いていたし、ゴチャついたところを割って出たように根性もある。洋芝も合っている」

 1R未勝利(芝1200メートル)=ソレイユフルール(美・和田雄、牝、父マツリダゴッホ

 ◆原田騎手 「うまく先手を取れました。経験を積みながら、さらに良くなってくる馬だと思います」

[もっと見る]

【今日のキラ星】アドマイヤウイナー2016年7月24日() 05:04

 【函館5R】厩舎では先週勝ち上がった僚馬トリオンフと素質は互角と評価している好素材。5月下旬の栗東に始まり、軽めのものも含めて調教時計は20本を誇る。「物見もしないし、びっくりするぐらい素直な馬です。調教でも動いていますし、期待感はあります」と北村助手。伯母にGIマイルチャンピオンシップを制したブルーメンブラットがいる血統も魅力だ。

[もっと見る]

【2歳戦結果】サルヴェレジーナ、新馬戦V 2016年7月18日(月) 05:02

 【福島】5R新馬(芝1800メートル)=サルヴェレジーナ(美・栗田博、牝、父スクリーンヒーロー

 ◆柴田大騎手 「けいこでは周りを気にするところがあって、レースではどうかと思いましたが、素直でスタートも良かったです。まだ非力なので、もう少しパワーアップすれば、さらに良くなると思います」

 1R未勝利(芝1200メートル)=スズカゼ(美・伊藤正、牝、父ディープブリランテ

 ◆大野騎手 「思っていたよりも、スムーズな競馬ができました。ディープブリランテ産駒はパワー型なので、軟らかくなった馬場も合っていたようです」

 【中京】5R新馬(芝2000メートル)=トリコロールブルー(栗・友道、牡、父ステイゴールド

 ◆福永騎手 「素直で乗りやすく、競馬がしやすい。距離が延びていいし、楽しみ」

 6R新馬(芝1200メートル)=オールポッシブル(栗・高橋亮、牝、父ダイワメジャー

 ◆松若騎手 「途中で息を入れられたし、最後はしっかり反応して、いい内容で勝ってくれた。距離はもう少しあってもいい。こういう(力の要る)馬場も気にしなかった」

 1R未勝利(芝1400メートル)=アカカ(栗・音無、牝、父クロフネ

 ◆Mデムーロ騎手 「初戦の1800メートルは少し長かったが、悪い馬場を経験したことがいい勉強になったと思う。まだ馬が子供だけど、よく頑張ってくれた」

 【函館】5R新馬(芝1800メートル)=トリオンフ(栗・須貝、牡、父タートルボウル)

 ◆浜中騎手「3コーナーでペースが上がってからも、楽についていけました。まだ幼いけど、乗り味が良くて奥があります」

 1R未勝利(芝1200メートル)=ラッシュアウト(美・栗田徹、牡、父ケイムホーム)

 ◆原田騎手 「走ることに真面目な馬ですし、成長も感じました」

[もっと見る]

⇒もっと見る

トリオンフの関連コラム

閲覧 485ビュー コメント 0 ナイス 1

9月3日(土)に行われました札幌11Rの「札幌2歳ステークスG3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。




1着:総合ポイント【1位】△トラスト(9.7倍)
2着:総合ポイント【7位】ブラックオニキス(59.8倍)
3着:総合ポイント【8位】△アドマイヤウイナー(20.9倍)

第1グループ・総合ポイント1位のトラストが1着、第3グループ・総合ポイント7位のブラックオニキスが2着、第4グループ・総合ポイント8位のアドマイヤウイナーが3着という結果でした。

期待した◎トリオンフは、1〜2コーナーに掛けてだいぶケンカしちゃってましたね。。。結果、なだめているうちに最後方になってしまっては展開的にも厳しかった印象。
結果的に、凄馬出馬表1位△トラスト−第3Gのブラックオニキス決着で馬連181倍だったので勿体ないことをしてしまったと反省です。クローバー賞組をもう少し評価出来ていれば“答え”に辿り着けていた可能性もあったわけで、うーん......。

【馬単流しマルチ】
◎⇔印
4⇔3,5,7,8,9,10,12 (14点) 払い戻し0円


続いて9月4日(日)に行われました新潟11Rの「新潟記念G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。


1着:総合ポイント【17位】アデイインザライフ(6.1倍)
2着:総合ポイント【9位】アルバートドック(5.0倍)
3着:総合ポイント【8位】ロンギングダンサー(18.3倍)



第4グループ・総合ポイント17位のアデイインザライフが1着、第2グループ・総合ポイント9位のアルバートドックが2着、第2グループ・総合ポイント8位のロンギングダンサーが3着という結果でした。

デムーロ騎手(◎ダコール)は思い切った騎乗でしたが、結果的に外差し向きの馬場・展開に、、。枠順的に決め打ちの乗り方だと思いますし、仕方ないです。しかし、ディープインパクト産駒はこれで新潟記念3連勝、来年こそは外枠のディープを忘れずに本命にしたいと思います(笑)。


【3連複1頭軸流し】
3

2,5,7,8,10,11,12,14,17

36点 払い戻し0円


登録済みの方はこちらからログイン

2016年9月3日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第204回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜札幌2歳ステークス G3
閲覧 554ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は札幌11R「札幌2歳ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、トラストから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタガノアシュラディープウォーリアまで3頭。
第2グループ(黄)は 、アンノートルから1.0ポイント差(約1馬身差)内のトリオンフまでの2頭。
第3グループ(薄黄)は、エトルディーニュから同差内のブラックオニキスまでの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

2位以下には適度に開きがあり、第2G→第3Gには2ポイント以上の開きが見られます。しかし、この時期の2歳重賞なので当たり前と言えば当たり前ですがキャリア1〜2戦の馬同士のぶつかり合いとなる訳で、これまでの指数=その馬の能力という視点よりも今回どれだけ跳ね上げるかという視点がより重要になってくるのではないかと見ています(いつも言っていることですが^^;)。

そんな中今回の◎は総合5位評価のトリオンフとしました。初戦のレベルとしては微妙もこの馬自体の内容は悪くなかったと思いますし、1週前→最終追切りの内容も良く上昇が窺えるこの馬に期待。大型馬の2戦目という意味でも上積みは小さくないと見ています。ただ、このレース(過去10年)馬体重500kg以上の馬は(0-1-0-12)で、好走した1頭もゴールドシップで当時500kgちょうどだったのでその点は懸念材料ではありますが、状態の良さを買って本命視したいと思います。
○はタガノアシュラ。前走はレコード勝ちで新馬戦としては高い指数をマーク。人気してしまいそうな上に、初戦で覗かせたテンションの高さが気掛かりで評価を下げましたがこちらもチャンスは十分と見ています。
▲にディープウォーリア。前走は人気していませんでしたが、○同様デビュー戦としては上々の指数をマークしての勝利。さらに、2歳戦のこの条件ではディープ産駒が6割以上の複勝率を誇っていますのでそのあたりにも期待したいと思っています。
以下☆にコリエドール、△にアドマイヤウイナーインヴィクタアンノートルトラストと印を回します。
今回の私の馬券は、おそらく◎の単複勝負になると思いますが、当コラムでは◎からの馬単で勝負としたいと思います。


【馬単流しマルチ】
◎⇔印
4⇔3,5,7,8,9,10,12 (14点)

[もっと見る]

トリオンフの口コミ


口コミ一覧
閲覧 26ビュー コメント 0 ナイス 3

趣味が競馬です。へたくそです。当たりません…。
恥ずかしい予想を…記録用に書きます。
今日も競馬を楽しみましょう。

中山10R ポルックスステークス 4歳以上オープン(混合)[指定]
◎16 センチュリオン…3着
○14 アドマイヤロケット…16着
×10 ☆アダムバローズ…10着
× 9 ☆リーゼントロック…7着
× 1 ☆デビルズハーツ…4着
[結果:ハズレ×]

中山11R フェアリーステークスG掘。該丱ープン(国際)牝(特指)
◎14 プリモシーン…1着
○ 7 トロワゼトワル…5着
▲13 レッドベルローズ…3着
△10 スカーレットカラー …2着
× 6 ジョブックコメン…9着
[結果:アタリ○ 馬連10-14 3,230円]

阪神10R 寿ステークス 4歳以上1600万下(混合)
◎ 4 クリノヤマトノオー…8着
○ 3 エアウィンザー …2着
▲ 6 レトロロック…4着
△ 7 トリオンフ…1着
× 5 ジャズファンク…7着
[結果:ハズレ×]

阪神11R 万葉ステークス 4歳以上オープン(混合)
◎ 5 タマモベストプレイ…6着
○ 2 プロレタリアト…3着
▲ 7 リッジマン…2着
△ 4 グランアルマダ…5着
× 9 ☆ラブラドライト…8着
[結果:ハズレ×]

今日の予定は、何もありません。
おとなしく競馬しときます。

[今日の結果:4戦1勝3敗0分]
おとなしく1勝だけでしたが、プラスで終了できました。

 『狙いゴロ』の穴単複 2018年1月7日() 18:55
1/7 回顧
閲覧 33ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさんこんばんは。

今日は予想がパッとしない1日でした…
自信のあった寿Sはアタマのみで勝負できたので、なんとかプラス収支でしたが…

予想コロシアムでは1日3レース的中率70パーセント以上を目標に掲げているので、反省の1日です。
(回収率はあとからついてくるということで…)

まずは京都9R舞鶴特別。
フォンターナリーリが4着になり、本命スペリオルシチーがアタマで、2.3着が人気薄と想定してましたが…

スペリオルシチーが4着になってしまいました。泣
どうも近年岩田ジョッキーは乗れてない気がします。

続いて中山10RポルックスS。
厳しい流れを指してくると、タガノヴェルテ、デビルズハーツが狙いゴロと読みましたが…

タガノヴェルテは後ろ過ぎて届かず6着…
デビルズハーツは離れて7着…

ん…流れが悪い…

次は自信の京都10R寿S。
日記にも書きましたが、エアウィンザーに前走圧勝しているトリオンフがなんと3番人気!

良馬場ではエアウィンザーのほうが強いと評価されたのか、ここは迷わずアタマから勝負!

ぶっちぎりの圧勝でしたね。

万葉Sのリッジマンも取り上げていましたが、過剰人気気味で見送ってしまいました…
高齢馬が多数を占める中、若い5歳馬は狙いゴロでしたね。

[もっと見る]

 『狙いゴロ』の穴単複 2018年1月7日() 15:18
寿S!
閲覧 31ビュー コメント 0 ナイス 0

エアウィンザーを完封していたトリオンフが謎の3番人気…
迷わず単で正解でした!

[もっと見る]

⇒もっと見る

トリオンフの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

トリオンフの写真

投稿写真はありません。

トリオンフの厩舎情報 VIP

2018年1月7日寿ステークス1着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トリオンフの取材メモ VIP

2018年1月7日 寿ステークス 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。