エアウィンザー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡3 黒鹿毛 2014年2月15日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主株式会社 ラッキーフィールド
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 8戦[2-4-1-1]
総賞金2,500万円
収得賞金900万円
英字表記Air Windsor
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
エアメサイア
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
エアデジャヴー
兄弟 エアスピネルエアワンピース
前走 2017/11/18 3歳以上1000万下
次走予定

エアウィンザーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/18 京都 8 3歳以上1000万下 芝2000 10111.712** 牡3 55.0 M.デムー角居勝彦496(+4)2.03.4 0.634.6--トリオンフ
17/09/23 阪神 12 3歳以上500万下 芝2000 165101.811** 牡3 54.0 M.デムー角居勝彦492(0)2.02.5 -0.233.8⑤⑤⑤ナリタエイト
17/09/09 阪神 12 3歳以上500万下 芝2000 118111.612** 牡3 54.0 M.デムー角居勝彦492(-8)1.59.9 0.034.9⑤⑦⑤マイネルアトゥー
17/07/30 札幌 9 北辰特別 500万下 芝2000 9111.613** 牡3 54.0 福永祐一角居勝彦500(-2)2.00.5 0.234.4⑧⑨⑧マイネルヴンシュ
17/02/12 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 11554.036** 牡3 56.0 武豊角居勝彦502(+2)1.48.1 0.634.5④⑦⑧スワーヴリチャード
17/01/07 京都 9 福寿草特別 500万下 芝2000 9441.612** 牡3 56.0 武豊角居勝彦500(+10)2.00.4 0.134.4⑧⑧⑧⑦サトノリュウガ
16/10/22 京都 3 2歳未勝利 芝2000 10221.111** 牡2 55.0 武豊角居勝彦490(-4)2.01.7 -0.133.9⑦⑦⑦⑦グラットシエル
16/09/25 阪神 5 2歳新馬 芝1800 10331.312** 牡2 54.0 武豊角居勝彦494(--)1.47.8 0.034.0⑥④ムーヴザワールド

エアウィンザーの関連ニュース

 第51回共同通信杯(12日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金3800万円 =出走11頭)3番人気エアウィンザーは6着。中団をリズムよく追走していたものの、直線ではジリジリとしか伸びず。最後までギアが変わらず消化不良の内容に終わった。「道中もこのペースでついていくのに精いっぱい。(直線も)伸びそうで伸びなくて、攻め馬のよさが出せない。何か工夫が必要だね」と武豊騎手は期待外れの結果に首をかしげた。

★12日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら

【共同通信杯】エアウィンザー“秘密兵器”で目覚める!2017年2月11日() 11:44

 “秘密兵器”で良血馬がついに全貌を現す。エアウィンザーが重賞初挑戦Vだ。

 昨年の3冠ロードで(4)(4)(3)着と善戦して、先週の東京新聞杯(3着)にも出走した重賞2勝馬エアスピネルデイリー杯2歳S、京都金杯)の全弟。デビューからの(2)(1)(2)着はさすがの足跡と思わせるが、2歳の時点ですでに重賞を勝っていた兄の背中を知る武豊騎手にとっては物足りなさが残るようだ。

 「3戦とも、力を出し切れていない気がする。この時期の完成度は兄のほうが上だったけど、こっちもかなりのギアを秘めていそうだから。クラシックに間に合わなくなってしまうし、そろそろ目覚めてくれないと…」と奮起を促す。

 そこで中間から陣営はひと工夫。鼻の上に黒色のバンド、すなわちシャドーロールを着けてきたのだ。下方への視界が遮断されるため、首の高い走法が改善されたり、集中力がアップするなどの効果が見込める。かつては“怪物”ナリタブライアンが着用して、3冠制覇の原動力ともなった霊験あらたかな馬具だ。

 今週8日の追い切りには、その効果がさっそく表れた。CWコースでラスト1F11秒6を叩き出し、重賞ウイナーのフルーキーに2馬身、準OPザマンダ(門司S出走)に1馬身先着した。

 「これまでは他馬を抜こうとしない面もあったけど、反応が良くなったし、上積みはありそう。スピードと持久力を兼ね備えているし、きっかけひとつでガラッと変わっていい」と、辻野助手もニンマリ。先週4勝の固め打ちでリーディングトップに浮上した名門・角居厩舎が、クラシック戦線でも存在感を見せつけそうだ。

 “究極の3連単”はウィンザーを1着に固定。同舞台の東スポ杯2歳Sで好勝負したムーヴザワールドスワーヴリチャードを2着に据えた8点で勝負する。もちろん、(5)(4)(1)と(5)(1)(4)が大本線だ。(夕刊フジ)

共同通信杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【共同通信杯】エアウィンザー武豊「賞金加算を」2017年2月8日(水) 11:50

 エアウィンザーは栗東CWコースで古馬との3頭併せ。真ん中からフルーキーに2馬身、ザマンダに1馬身先着し、重賞獲りへのやる気をアピールした。「動き、感触とも良かった。調教では集中しているし、いつも時計は出る。あとはレースで力を出し切れるかどうかだけ」と、手綱を取った武豊騎手。

 ただ、ここまで3戦の内容は「うーん」と今ひとつ。「(全兄の)エアスピネルとはまた違った感じだけど、落ち着きはあるし乗り味もいい。でも、力を全部出し切れていない。東京は合っているし、前走で痛い星を落としているから。賞金を加算したいここで目覚めてほしいね」。ジョッキーの“やる気にさせる”手綱さばきにも注目だ。(夕刊フジ)

共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【共同通信杯】エアウィンザー、メンタル面に課題2017年2月8日(水) 05:08

 秋華賞エアメサイアの子エアウィンザーは3戦して2、1、2着。素質は示しているがワンパンチ足りない印象がある。角居調教師は「精神的なものなのか、相手を抜かそうとしないようなところがある。中間からシャドーロールを着けているけど、効果は見られないし、レースで着けるかどうか…。気持ちが入って、真面目に走ってくれればいいんだが」と慎重だった。

共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

エアウィンザーの関連コラム

閲覧 499ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「共同通信杯 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、タイセイスターリーのみ1頭。
第2グループ(黄)は、ビルズトレジャーディアシューターエトルディーニュの3頭。
第3グループ(薄黄)は、アサギリジョーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のムーヴザワールドまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位勢では総合トップのタイセイスターリービルズトレジャー間に2.1の溝があるぐらいでほぼ横一線と言える分布となっています。

私の本命は◎チャロネグロとします。昨日のクイーンカップと比べるとメンバーレベルが高くなく、500万下を戦える能力さえあれば通用しそうなイメージ。オッズは4強となっていますが、正直そこまで抜けているとは思えませんので1頭ぐらい割って入れる可能性も!?と思っています。

◎チャネグロは前走内容が秀逸、先行馬が止まらない前有利の流れを大外一気で撫で切る強烈な内容。2戦目で一気にパフォーマンスを跳ね上げました。まだまだ粗削りですが、更なる伸びしろを期待したいと思います。以下、○ムーヴザワールド、▲スワーヴリチャード、▲エアウィンザーと印を打ちます。

【3連複流し】
9

1,4,5

【ワイド流し】
9

1,4,5

計6点


登録済みの方はこちらからログイン

2016年9月6日(火) 11:22 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) 〜第6回各ワールド上位者まとめ&注目馬ランキング上位馬の近況
閲覧 1,973ビュー コメント 0 ナイス 9

 8月28日に新潟2歳ステークス(2歳G掘新潟芝1600m外)、9月3日に札幌2歳ステークス(2歳G掘札幌芝1800m)、9月4日に小倉2歳ステークス(2歳G掘小倉芝1200m)と3開催日連続で2歳重賞が施行され、「ウマニティPOG 2016」の獲得賞金ランキングにも動きが出てきました。夏季競馬が終了したキリの良いタイミングですし、ここで各ワールドの戦況をまとめておきましょう。

 1頭あたりの仮想オーナー数が1枠しかないスペシャルワールドは、7月24日の函館2歳ステークス(2歳G掘θヾ杣1200m)を勝ったレヴァンテライオンを指名しているmizumizuさんがトップ。2位はヴゼットジョリーを指名しているたけぼう54さん、3位はレーヌミノルを指名しているサウスさん、4位はトラストを指名しているddb1c93afaさんと、重賞ウイナーを落札した4人がそのまま上位グループを形成しています。もっとも、複数の指名馬が重賞を勝ったプレイヤーはまだいないということでもあり、混線模様と言って良さそう。次週以降も目まぐるしく順位が入れ替わりそうです。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大11頭のGIワールドは、ソールさんが9660万円で1位、DSさんが9584万円で2位。それぞれ重賞ウイナーの4頭こそ指名していませんが、函館2歳ステークス2着のモンドキャンノをデビュー前に落札していました。スペシャルワールドと同じく、こちらも次週以降の結果次第で大きくランキングが動くかもしれません。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大16頭のGIIワールドでトップに立っているのは、俺の名を言ってみろぉさん。すべての指名馬をデビュー前に落札していますが、レーヌミノルをはじめ既に7頭が勝ち上がっています。これらの馬が順調に獲得ポイントを伸ばしてくるようだと、しばらくは首位争いをリードしていけそうですね。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大26頭のGIIIワールドは、キタノかちどきさん(1億1558万円)、サードインパクトさん(1億1430万円)と、1億円以上のポイントを獲得したプレイヤーが2名いらっしゃいました。キタノかちどきさんは8月6日のダリア賞(2歳オープン・新潟芝1400m内)を勝ったリンクスゼロ、9月4日のすずらん賞(2歳オープン・札幌芝1200m)を制したリエノテソーロらをデビュー前に獲得。サードインパクトさんもヴゼットジョリーリエノテソーロに加えて7月23日の中京2歳ステークス(2歳オープン・中京芝1400m)を勝ったディーパワンサらを揃えており、それぞれここまでの戦績はお見事というほかありません。これからデビューする予定の良血馬もラインナップにいますから、今後もお二方を中心とした争いになるでしょう。

 1頭あたりの仮想オーナー枠が最大36頭のオープンワールドはシンガリルドルフさんがトップ。前出のリンクスゼロモンドキャンノ、そして九州産馬で既に本賞金が3520万円に達しているカシノマストらを指名されていました。

 もっとも、シーズン全体から見ると「ウマニティPOG 2016」はまだまだ序盤戦。入札や仮想オーナー募集枠の開放は今後も続いていきますから、これから参加するプレイヤーにも上位進出の目は残っています。
 実際、執筆時点(2016年09月05日17:00現在。以下同)の「注目POG馬ランキング」上位40頭を見ても、既にデビューを果たしているのは下記の8頭だけです(末尾は「注目POG馬ランキング」における順位)。

ヴァナヘイム(牡/父キングカメハメハ×母グルヴェイグ) ※3位
フローレスマジック(牝/父ディープインパクト×母マジックストーム) ※4位
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ) ※15位
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス) ※20位
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト) ※26位
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ) ※35位
モンドキャンノ(牡/父キンシャサノキセキ×母レイズアンドコール) ※36位
インヴィクタ(牡/父ハービンジャー×母ラスティングソング) ※38位

 なお、上記の8頭を除いた32頭のうち下記の10頭は、JRA-VANを確認したところ執筆時点で在厩中となっていました。

サトノアーサー(牡/父ディープインパクト×母キングスローズ) ※6位
モクレレ(牡/父ディープインパクト×母アパパネ) ※9位
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン) ※13位
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ) ※17位
ザウォルドルフ(牡/父ディープインパクト×母ウィーミスフランキー) ※19位
クリアザトラック(牡/父ディープインパクト×母クロウキャニオン) ※24位
アドミラブル(牡/父ディープインパクト×母スカーレット) ※30位
リナーテ(牝/父ステイゴールド×母マルペンサ) ※32位
ジュンテオドーラ(牝/父ディープインパクト×母アートプリンセス) ※33位
エアウィンザー(牡/父キングカメハメハ×母エアメサイア) ※39位

 今後の調整過程にもよりますが、近日中にデビューする可能性は比較的高いと見ていいんじゃないでしょうか。
 執筆時点で未出走、かつ入厩していない馬は下記の22頭ということになります。

トゥザクラウン(牡/父キングカメハメハ×母トゥザヴィクトリー) ※1位
アルアイン(牡/父ディープインパクト×母ドバイマジェスティ) ※2位
コロナシオン(牝/父キングカメハメハ×母ブエナビスタ) ※5位
ラボーナ(牡/父ルーラーシップ×母ハッピーパス) ※7位
ダブルバインド(牡/父ディープインパクト×母ラッシュラッシーズ) ※8位
ヘリファルテ(牡/父ディープインパクト×母シユーマ) ※10位
グローブシアター(牡/父キングカメハメハ×母シーザリオ) ※11位
ベルダム(牝/父ディープインパクト×母ドナブリーニ) ※12位
サトノヴィクトリー(牡/父ディープインパクト×母ジョコンダ2) ※14位
ミリッサ(牝/父ダイワメジャー×母シンハリーズ) ※16位
●カデナダムール(牝/父ディープインパクト×母ラヴズオンリーミー) ※18位
●オーロラエンブレム(牝/父ディープインパクト×母ブラックエンブレム) ※21位
ヴィニー(牝/父ディープインパクト×母コケレール) ※22位
オルファン(牝/父ステイゴールド×母オリエンタルアート) ※23位
ハリーレガシー(牡/父ヴィクトワールピサ×母バルドウィナ) ※25位
ヒシマサル(牡/父ルーラーシップ×母シェリール) ※27位
アドマイヤエスパー(牡/父ディープインパクト×母アゼリ) ※28位
ダノンディスタンス(牡/父ルーラーシップ×母アゲヒバリ) ※29位
レッドオルガ(牝/父ディープインパクト×母エリモピクシー) ※31位
バリングラ(牡/父Fastnet Rock×母Sweet Dreams Baby) ※34位
ディヴァインハイツ(牝/父ハーツクライ×母ドバウィハイツ) ※37位
アスティル(牝/父ステイゴールド×母ヒストリックスター) ※40位

 どの馬も現2歳世代を代表する良血馬ですし、デビューが近付いたら多少なりとも話題を集めそう。指名を考えているのであれば、仮想オーナー募集枠の開放に合わせ、早めに入札しておきましょう。


※次回のコラムは10/4(火)頃の予定になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

2016年7月5日(火) 11:44 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2016) 〜第4回早期デビューの未出走馬
閲覧 2,693ビュー コメント 0 ナイス 8

 早いもので「ウマニティPOG 2016」も既に5週が経過。JRAだけで421頭の2歳馬がデビューを果たし、各ワールドのランキングにも少しずつ動きが出てきました。7月24日には函館2歳ステークス(2歳G掘θヾ杣1200m)が行われ、世代最初のJRA重賞ウイナーが誕生する見込み。今シーズン最初の山場と言っていいかもしれません。

 もっとも、この時期の当コラムで再三繰り返しているように、「ウマニティPOG 2016」はまだまだ長い戦いが始まったばかり。仮想オーナー募集枠の開放スケジュールに合わせて有力馬を指名することができれば、上位進出は十分に可能です。そこで今回は、デビュー間近と思われる馬、すなわち現時点で未出走、かつ東西のトレーニングセンターに入厩している馬の中から、有力と思しき馬を紹介します。今週以降も続いていく入札の参考としていただければ幸いです。

 本稿を制作するにあたり、私はまずJRA-VANのデータから「7月3日の時点で入厩している未出走の2歳馬」「6月27日〜7月3日の間に東西のトレーニングセンターで坂路調教を行った未出走の2歳馬(競走馬として未登録の馬を含む)」を抽出。その中から、注目すべきファクターごとに該当馬をピックアップし、一覧としてまとめました。それぞれの一覧には重複もありますがご了承ください。

 まずは「注目POG馬ランキング(2016/07/03 23:00更新)」で100位以内に入っていた該当馬を紹介します。この項のみ、各馬の末尾に「注目POG馬ランキング」の順位を付記しました。なお、以下の一覧を含め、並び順は父名順→母名順です。

マジカルスペル(牡/父Creative Cause×母プラウドスペル) ※75位
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ) ※20位
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ) ※17位
エアウィンザー(牡/父キングカメハメハ×母エアメサイア) ※37位
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ) ※78位
ビッグディザイア(牡/父キングカメハメハ×母レッドディザイア) ※87位
コリエドール(牡/父クロフネ×母レクレドール) ※64位
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス) ※27位
オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス) ※51位
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン) ※45位
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール) ※25位
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド) ※86位
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ) ※35位
マイティドリーム(牡/父ディープインパクト×母ラグジャリー) ※62位
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン) ※13位
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン) ※57位
ピスカデーラ(牝/父ブラックタイド×母ドリームスケイプ) ※82位
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト) ※39位

 該当馬のうち「注目POG馬ランキング」の順位がもっとも高かったのはムーヴザワールド(リッスンの2014)。先週6月29日に入厩したばかりで、ゲート試験合格を目指していくとのことでした。個人的に指名候補として注目していたこともあり、「思ったよりも早かったな」という印象を受けたものの、順調そうなのは何より。このままデビューするのか、それともゲート試験合格後に一旦放牧を挟むのかはわかりませんが、引き続き注目しておきたいと思います。

 ここから先は、当コラムの今シーズン第1回「入札へ向けてのデータ分析」を参考に、有力と思われる馬を紹介しましょう。
 1頭あたり本賞金が900万円を超えていた調教師の管理馬は下記の通りです。

池江泰寿調教師>
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ)
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ)
ソーグリッタリング(牡/父ステイゴールド×母ソーマジック
クライムメジャー(牡/父ダイワメジャー×母クライウィズジョイ)
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン)
ビートフォーセール(牝/父ハーツクライ×母ライフフォーセール)

堀宣行調教師>
コリエドール(牡/父クロフネ×母レクレドール
オメガドラクロワ(牡/父ステイゴールド×母カチバ)

友道康夫調教師>
ラブフルーツ(牝/父キングカメハメハ×母アドマイヤトパーズ)
クラリティダイヤ(牝/父キングズベスト×母タイキダイヤ
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス)
ユアスイスイ(牝/父ダイワメジャー×母ケイティーズベスト)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
アドマイヤミヤビ(牝/父ハーツクライ×母レディスキッパー)
ルタンデュボヌール(牡/父マンハッタンカフェ×母アドマイヤハッピー

藤沢和雄調教師>
ソウルスターリング(牝/父Frankel×母スタセリタ)
アルトリウス(牡/父キングカメハメハ×母レジネッタ
サトノアレス(牡/父ディープインパクト×母サトノアマゾネス)
ペイドメルヴェイユ(牝/父ローエングリン×母ミスティックリバー

 各馬の「注目POG馬ランキング」を確認したところ、ミスエルテ(ミスエーニョの2014)が17位、ソウルスターリング(スタセリタの2014)が20位と、Frankel産駒の2頭が上位にランクインしていました。先週7月2日の中京5R(2歳新馬・芝1400m)では同じFrankel産駒のライズイーグル(Rose of Summerの2014)がデビューし、単勝オッズ1.7倍の1番人気に支持されるなど、かなりの注目を集めていましたね。残念ながらライズイーグルは5着に敗れてしまったものの、この2頭の初陣も話題となりそうです。

 種牡馬別成績でダントツの数字をマークしていたのはディープインパクト。デビューが近いと思われる産駒は16頭います。

オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
サトノシャーク(牡/父ディープインパクト×母オジャグワ)
ワラッチャウヨネ(牝/父ディープインパクト×母クリームパフ)
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール)
サウンドラブリー(牝/父ディープインパクト×母サウンドバリアー
サトノアレス(牡/父ディープインパクト×母サトノアマゾネス)
クールデザイン(牝/父ディープインパクト×母シンディ)
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド)
ナンヨープルートー(牡/父ディープインパクト×母ハイカックウ)
サングレーザー(牡/父ディープインパクト×母マンティスハント)
メイショウテンシャ(牡/父ディープインパクト×母メイショウベルーガ
ワンフォーオール(牡/父ディープインパクト×母ラヴェリータ
マイティドリーム(牡/父ディープインパクト×母ラグジャリー)
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン)
ダノンオブザイヤー(牡/父ディープインパクト×母レディジョアン)

 前述のムーヴザワールドを除くと、「注目POG馬ランキング」最上位はコケレールの2014。母がサンタラリ賞(仏G機砲鮠,辰討い詢彪貲呂任后83歳の全兄ラヴィエベールが6月11日の東京7R(3歳以上500万下・芝2400m)で2勝目をマークしたこともあり、指名した皆さんの期待度はますます高まっているはず。馬名はまだJRA-VANに登録されていないものの、今後の動向が楽しみな一頭と言えるでしょう。

 生産者別成績はノーザンファームの“一強”でしたが、こちらは該当馬が69頭もいるため、「注目POG馬ランキング」で1000位以内にランクインした馬のみを列挙しておきます。まぁ、それでも44頭ほどおり、注目度の高さを改めて実感しましたが……。気になる血統を見かけたら、ぜひチェックしてみてください。

マジカルスペル(牡/父Creative Cause×母プラウドスペル)
ランニングウインド(牡/父Discreetly Mine×母ランニングボブキャッツ)
ミスエルテ(牝/父Frankel×母ミスエーニョ)
フィアマロッサ(牝/父アイルハヴアナザー×母フィロンルージュ)
バレーロ(牡/父ヴィクトワールピサ×母ベルベットローブ)
ヴァンクールシルク(牡/父ヴィクトワールピサ×母ルシルク)
プレスト(牡/父キングカメハメハ×母ポップコーンジャズ)
バルコラベーロ(牡/父クロフネ×母アペラシオン)
クルークハイト(牝/父クロフネ×母ヴァイスハイト)
ハッシュタグ(牡/父クロフネ×母サンデースマイル2)
ジューヌエコール(牝/父クロフネ×母ルミナスポイント
シャープシューター(牡/父ゴールドアリュール×母シャーペンエッジ)
クインズゴールド(牝/父ステイゴールド×母ストールンハート)
ディアマイラブ(牝/父ステイゴールド×母ディアジーナ
トリコロールブルー(牡/父ステイゴールド×母ペンカナプリンセス)
サトノマサムネ(牡/父ゼンノロブロイ×母エリドゥバビロン)
デクレアビクトリー(牡/父ゼンノロブロイ×母クーデグレイス
ラバピエス(牡/父タートルボウル×母サルスエラ)
シェルブルック(牡/父タートルボウル×母シャルルヴォア)
シャプレドサクレ(牝/父タートルボウル×母ピュアチャプレット)
ピンクスター(牝/父タートルボウル×母レアクラシック)
ミッキークルソラ(牝/父ダイワメジャー×母クルソラ)
ユアスイスイ(牝/父ダイワメジャー×母ケイティーズベスト)
オールポッシブル(牝/父ダイワメジャー×母シーズインポッシブル)
ピンクブリザード(牝/父ダイワメジャー×母ピンクリップス)
●マイティーキュート(牝/父ダイワメジャー×母マイティースルー
ポールヴァンドル(牝/父ダイワメジャー×母レディドーヴィル)
オンリートゥモロー(牝/父ディープインパクト×母アコースティクス)
アドマイヤラッシュ(牡/父ディープインパクト×母アドマイヤマリン)
●馬名未定(牝/父ディープインパクト×母コケレール)
エイプリルミスト(牝/父ディープインパクト×母スターダムバウンド)
ムーヴザワールド(牡/父ディープインパクト×母リッスン)
カトリーヌ(牝/父ハーツクライ×母デビルズコーナー)
バラダガール(牝/父ハーツクライ×母バラダセール)
ビートフォーセール(牝/父ハーツクライ×母ライフフォーセール)
アドマイヤミヤビ(牝/父ハーツクライ×母レディスキッパー)
アドマイヤゲーム(牝/父ハービンジャー×母アドマイヤテンバ
●サンキューゴッド(牡/父ハービンジャー×母アンナヴァン)
キュイキュイ(牝/父ハービンジャー×母スナップショット)
ピスカデーラ(牝/父ブラックタイド×母ドリームスケイプ)
ルタンデュボヌール(牡/父マンハッタンカフェ×母アドマイヤハッピー
アトラーニ(牡/父ルーラーシップ×母アマルフィターナ)
ダンビュライト(牡/父ルーラーシップ×母タンザナイト)
アドマイヤウイナー(牡/父ワークフォース×母ソングバード)

※次回のコラムは8/2(火)になります。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。主な著作に『コース別 本当に儲かる血統大全』(ガイドワークス)、『コース別 本当に儲かる騎手大全』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

エアウィンザーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 306ビュー コメント 0 ナイス 4

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
川島 信二≪騎手≫〔現在299勝〕
伊藤 工真≪騎手≫〔現在99勝〕
高倉 稜≪騎手≫〔現在199勝〕
牧田 和弥≪調教師≫〔現在99勝〕
栗田 徹≪調教師≫〔現在99勝〕
近藤 利一≪馬主≫〔現在699勝〕
島川 隆哉≪馬主≫〔現在499勝〕

名物オーナーが揃いましたね^^;
川島くんは復帰初日でダート代わりのスーサンドン、
高倉くんも明日はイケるんじゃないの?そろそろ達成して欲しいな^^
///////////////

【土曜の格上馬】
東京3R…ニシノマメフク
京都8R…スズカヴァンガード
福島10R…マイネルネッツ
東京10R…フロンテアクイーン

【厩舎&騎手】高確率メソッド
東京1R:◆アイキャンフライ ルメ&手塚〔複勝率〕51.6%
東京3R:◆カーロバンビーナ ルメ&戸田〔複勝率〕58.1%
東京5R:◆ネコビッチ 戸崎&堀井〔複勝率〕46.5%
東京6R:◆エルディアマンテ ルメ&国枝〔複勝率〕64.5%
東京7R:◆ヴァルディノート ルメ&音無〔複勝率〕53.2%
東京7R:◆ムスコローソ 戸崎&手塚〔複勝率〕45.2%
東京10R:◆マローブルー ムーア&堀〔複勝率〕50.5%
東京10R:◆レッドアヴァンセ ルメ&音無〔複勝率〕53.2%
東京11R:◆ルーカス ムーア&堀〔複勝率〕50.5%
東京11R:◆ワグネリアン 福永&友道〔複勝率〕53.6%
東京12R:◆ハウメア ルメ&藤沢〔複勝率〕61.1%
京都5R:◆サトノワルキューレ デム&角居〔複勝率〕54.8%
京都8R:◆エアウィンザー デム&角居〔複勝率〕54.8%
京都10R:◆プロフェット 川田&池江〔複勝率〕48.4%
京都11R:◆ヴォージュ 川田&西村〔複勝率〕58.2%
京都12R:◆サプルマインド 川田&藤原〔複勝率〕49.3%

意外とルメ&藤沢が少ない日ですね。明日は東京ムーア・京都は川田の日?(。・`ω・。)q(笑)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【東スポ2歳S】東京1800m

≪指数≫※2歳戦はナシ
≪上げ幅補正≫
1位:〔10〕ワグネリアン
2位:〔6〕ルーカス
3位:〔4〕.灰好皀ぅ哀福璽帖´ゥ轡礇襯襯沺璽縫

※11/14≪攻略ポイント≫更新しています。
みんなワグネリアン・ルーカスを避けたのか、7頭立てって(≧◇≦)
今まで1番人気⇔2番人気のワンツーが無いのがせめてもの救い♪
「絶対」と思っている方、全ツッパ危険かも。(〃´∀`゚〃)。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

自サイトにてマイルCS≪データ攻略ポイント≫その2更新しました。

 銀色のサムライ 2017年9月25日(月) 18:15
馬券メモ(2017/9/23・24)
閲覧 69ビュー コメント 2 ナイス 8

先週行われたレースの本命馬回顧をしていきます。


【4回阪神6日】

■5R ヘヴンリーブライド 3人気6着

ゲートが上手じゃない、というコメントが陣営から出ていたんですが、
抜群のスタートではなかったものの、まずまずのスタートを切っていました。
中団待機から脚を使えなかったですし、次走以降の変わり身に期待したいです。

■7R ミッキーグッドネス 1人気7着

好スタートを切ったんですけど、すんなり控えてしまったのが裏目に出てしまいました。
もっと積極的なレースをしてほしかったんですが、
人気を背負っていましたし、慎重な競馬になってしまうのは仕方ないのかもしれません。

■9R タワーオブロンドン 1人気1着

今回もスタートが良くなかったんですが、後方待機から楽な形で差し切り勝ちを決めました。
1500mの前走は脚が止まっていたので、1400mが距離の限界のように思います。

■10R ラヴアンドドラゴン 1人気12着

課題のスタートは決まったんですけどね…。
直線でスムーズさを欠いたとはいえ、終いがバタバタになったのはいただけません。

■11R サトノファンタシー 1人気1着

スタートで出遅れてヒヤヒヤさせられましたが、
相手関係が楽だった事もあり、しっかりと勝ち切る事ができました。

■12R エアウィンザー 1人気1着

オープンまでいっても不思議ないくらいの良血馬ですからね。
500万下はあっさりと突破してもわらなきゃいけませんし、
ようやく勝ち上がったか…という印象です。


【4回中山6日】

■5R グランドピルエット 1人気1着

圧倒的1番人気にふさわしい、堂々たる勝ちっぷりでした。
レースセンスも高そうで、瞬発力勝負に対応できる脚があれば、重賞でも勝負になると思います。

■8R スズカプレスト 1人気1着

いつもよりも道中の位置取りが後方で、差し切れるかどうか心配だったんですけど、
直線での脚比べでは格の違いを見せてくれました。
寒い時期の方が良いタイプなので、次走以降はもっとパフォーマンスを上げてくれるはずです。

■9R チャロネグロ 2人気3着

休み明け初戦+前残り濃厚な展開、
という厳しい条件であっても勝ち負けしてくれると思っていたんですが…。

■10R クラシコ 2人気2着

好位で控える競馬から、最後の最後に脚を伸ばして、なんとか2着を確保。
ハナを奪う形がベストだと思いますが、控える競馬で好結果が出たので脚質に幅が出たともいえますね。

■11R タマモブリリアン 2人気1着

テンコウウノと先行争いをする形になりましたけど、
直線でしっかりとした末脚を見せて、アドマイヤナイトの追撃を振り切りました。

■12R キャリアベスト 7人気2着

柴田大騎手のウォーブルが遅い流れをかき回してくれた事もあり、
キャリアベストが得意とする脚比べの展開に持ち込む事ができました。


【4回阪神7日】

■7R ゴールドハット 1人気10着

直線で不利を受けていますけど、
スタートで出遅れて、ポジションを取るために脚を使ってしまった事が最大の敗因だと思っています。

■8R キングズアフェアー 3人気7着

好位の内で構えていましたが、
馬群の中に包まれる形になってしまい、追い出すタイミングがかなり遅くなってしまいました。
力負けではないと思うので、次走以降の巻き返しに期待したいです。

■9R ムーンクエイク 1人気1着

実質トップハンデのカイザーバルを前に見ながらの競馬。
少頭数で楽な競馬になったとはいえ、強い勝ちっぷりだったと思います。

■10R ラヴィエベール 1人気2着

格上挑戦でも勝ち切れる器だと思っていましたが、そこまで甘くなかったですね。
距離ももっと伸びた方が良いかも。

■11R(神戸新聞杯)キセキ 2人気2着

レイデオロが強すぎましたね。
キセキ自身はクラスにメドを立てる走りを見せましたから、
菊花賞に出走した場合も上位視したいと思います。

■12R ヴェンジェンス 3人気2着

久しぶりに1400mを走った分、レース前半で加速がつきませんでした。
1000万下でも互角に戦える事を証明しましたので、近いうちに勝ち上がれるのではないでしょうか。


【4回中山7日】

■7R ウィズアットレース 4人気8着

3kg減なら、もっと粘りが増すはず…と考えていましたが、
スタートで出遅れてしまい、本来の先行策を取る事ができませんでした。

■8R スプリングフット 4人気1着

変に前を意識する事なく、好位で脚を溜める事に専念したのが良かったですね。
井上騎手の好騎乗だったと思います。

■9R ファストアプローチ 2人気2着

トゥザフロンティアが怪しそうだったので、こちらに◎を打ちましたが、
上がりが速い馬場は不向きですね…。

■10R マイネルディアベル 7人気4着

好位の内から差す競馬で僅差の4着。
人気の割には頑張っていますので、今後も展開が向きそうなレースで狙ってみたいです。

■11R(オールカマー)ステファノス 1人気2着

内からルージュバックに差されたとはいえ、この馬なりの走りをしていると思います。
人気を背負っているので、慎重なレースになるのは仕方ないですし、
老け込んでいない事を証明できたのは良かったのではないでしょうか。

■12R バトルサンバ 3人気12着

逃げてナンボ、という馬ですからね。
逃げられなかった時点でジ・エンドでした。


神戸新聞杯はダービー馬・レイデオロの圧勝でしたね。

楽に好位のポジションを確保して、道中の折り合いもバッチリ。
このまま菊花賞に行ったら楽勝しちゃうのでは?と思ってしまうほどの勝ちっぷりでした。

同世代では抜けた存在なのは間違いないですし、
次走予定のジャパンカップでどんなレースを見せてくれるのか、
というところが本当に楽しみです。


一方、オールカマーはキャロットファームのワンツーとなり、
勝ったのは牝馬のルージュバックの方で、1番人気・ステファノスは2着どまりとなりました。

ルージュバックは牝馬限定戦だとイマイチなんですけど、
なぜか牡馬混合戦のG兇世販匹ちりを見せるんですよね。

今後どういう路線を歩むのかは分かりませんが、
良い形でG祇鐇に突入しますから、充実した状態でG気任眈”蕕任るのか、というところに注目です。

それにしても、オールカマーを中継したフジテレビの直線でのカメラマークは酷かった…。
人為的ミスなのかどうかは知りませんけど、
良いレースだっただけに、ああいう形で水を差されるのは困りますね。

[もっと見る]

 マリオおっさん 2017年9月23日() 16:52
予想したレースのその後(9/23版)
閲覧 70ビュー コメント 0 ナイス 0

今日も阪神だけ
1R→このメンバーならさすがに本命馬の力が違った印象。ダートで勝ち上がった馬の比較が難しくなってきた。2着以降は本命馬が強すぎたか。
2R→シグナライズは外回りを心配していたが、そこまで心配は必要なかった。勝ち上がりは近いか。対抗馬の敗因は外回りか。本命馬はいいペースで逃げられたことが大きい。
3R→本命馬はいい走りをしたが、脚を溜めた対抗馬を捕まえられなかった。ただ、このメンバーなら上位2頭の力が違ったか。
4R→本命馬は画面に映らないところで脚は使っていたみたい。コンテンポラリーは叩いて変わり身があった。でも、500万で足りるかは別。
5R→新馬戦。スローペースが結果を左右したか。メジャーレートはもう少し距離があってもいいか。
6R→スーパー未勝利だが、上位4頭の力が全く違った。本命馬は画面外で頑張っていたが、さすがに厳しかった。
7R→予想に反してそこまで上がらなかったペース。この結果も必然か。本命馬は本当にハイペースになっていたら圏内はあった。
8R→上位2頭はスピードに任せた感。アポロテキサスは次も狙えるか。ただ、メンバーレベルは疑問。
9R→勝ったタワーオブロンドンは全く力が違った。相手を考えると過大評価の可能性はあるが、それでもこの世代の勝ちっぷりで上位に入る。小倉2歳Sのレベルは例年通りか。
10R→例年3歳馬が強かったレースだが、今年はスローペースで、前で叩き合っていた3歳馬を含む各馬が外から来た馬にまとめて差された。勝ったレーヌドブリエを素直に評価するレースか。エマノンは内回りなら穴候補か。
11R→1番人気が強いレース。今年もメンバーにも恵まれた人気のサトノファンタシーが完勝。2・3着馬は今後も勝ちきれないレースが続きそう。
12R→エアウィンザーは勝ち上がりはできたが、競り合う形に持ち込むことが今後は必須になるか。あと、メンバーレベルに多少疑問。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エアウィンザーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  1b42b8bc8f   フォロワー:0人 2017年3月9日(木) 23:30:50
今週不出馬。残念。他騎手での走りっぷりを見たかった。
1:
  1b42b8bc8f   フォロワー:0人 2017年3月8日(水) 00:48:27
乗り替わりなら馬券必至か。楽しみ。

エアウィンザーの写真

投稿写真はありません。

エアウィンザーの厩舎情報 VIP

2017年11月18日3歳以上1000万下2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エアウィンザーの取材メモ VIP

2017年9月23日 3歳以上500万下 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。