注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ハーツクライ(競走馬)

注目ホース
ハーツクライ
ハーツクライ
写真一覧
抹消  鹿毛 2001年4月15日生
調教師橋口弘次郎(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績19戦[5-4-3-7]
総賞金55,573万円
収得賞金21,330万円
英字表記Heart's Cry
血統 サンデーサイレンス
血統 ][ 産駒 ]
Halo
Wishing Well
アイリッシュダンス
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ビユーパーダンス
兄弟 エメラルドアイルアグネスシラヌイ
前走 2006/11/26 ジャパンカップ G1
次走予定

ハーツクライの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
06/11/26 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 11115.8210** 牡5 57.0 C.ルメー橋口弘次500(--)2.27.7 2.636.4ディープインパクト
06/07/29 イギ 5 キングジョー G1 芝2400 6--------3** 牡5 60.5 C.ルメー橋口弘次---- ------HURRICANE RUN
06/03/25 アラ 5 ドバイシーマ G1 芝2400 14--------1** 牡5 56.0 C.ルメー橋口弘次--2.31.8 ------COLLIER HILL
05/12/25 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 1651017.141** 牡4 57.0 C.ルメー橋口弘次498(+2)2.31.9 -0.135.0④④ディープインパクト
05/11/27 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 188167.222** 牡4 57.0 C.ルメー橋口弘次496(+6)2.22.1 0.034.4⑯⑯⑮⑬アルカセット
05/10/30 東京 10 天皇賞(秋) G1 芝2000 185106.726** 牡4 58.0 C.ルメー橋口弘次490(-6)2.00.4 0.332.8⑧⑩⑩ヘヴンリーロマンス
05/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 153418.332** 牡4 58.0 横山典弘橋口弘次496(+4)2.11.5 0.035.2⑬⑬⑬⑫スイープトウショウ
05/05/01 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1881613.785** 牡4 58.0 横山典弘橋口弘次492(+2)3.17.1 0.634.5⑭⑪⑬⑯スズカマンボ
05/04/03 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 9895.342** 牡4 58.0 横山典弘橋口弘次490(+18)1.59.2 0.234.2⑨⑨⑨⑧サンライズペガサス
04/12/26 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 153543.5109** 牡3 55.0 横山典弘橋口弘次472(-8)2.30.5 1.034.2⑮⑮⑮⑮ゼンノロブロイ
04/11/28 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 16236.5310** 牡3 55.0 武豊橋口弘次480(-12)2.25.7 1.535.2⑯⑯⑮⑭ゼンノロブロイ
04/10/24 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 185102.717** 牡3 57.0 武豊橋口弘次492(+6)3.06.2 0.535.3⑮⑮⑭⑩デルタブルース
04/09/26 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2000 8882.423** 牡3 56.0 武豊橋口弘次486(+4)1.59.4 0.433.8⑦⑦⑦⑦キングカメハメハ
04/05/30 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 183517.152** 牡3 57.0 横山典弘橋口弘次482(+6)2.23.5 0.234.3⑰⑰⑰⑰キングカメハメハ
04/05/08 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 118113.821** 牡3 56.0 安藤勝己橋口弘次476(-4)2.11.9 -0.133.4⑩⑩⑩⑩スズカマンボ
04/04/18 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1881614.0514** 牡3 57.0 安藤勝己橋口弘次480(-4)2.00.0 1.434.3⑯⑯⑫⑪ダイワメジャー
04/03/20 阪神 11 若葉S OP 芝2000 14222.621** 牡3 56.0 安藤勝己橋口弘次484(-4)2.00.2 -0.034.2⑨⑨⑩⑧スズカマンボ
04/02/15 京都 11 きさらぎ賞 G3 芝1800 145816.753** 牡3 56.0 幸英明橋口弘次488(-4)1.48.6 0.635.2⑩⑩マイネルブルック
04/01/05 京都 4 3歳新馬 芝2000 10891.711** 牡3 56.0 武豊橋口弘次492(--)2.06.0 -0.235.3ミヤタイセン

ハーツクライの関連ニュース

 【中山】9Rミモザ賞(牝馬500万下、芝・内2000メートル)=ルヴォワール(美・手塚、父ハーツクライ

 ◆石川騎手 「余力を残して勝ちたかったので、負担をかけずに競馬をできたのはよかった。レースに関しては言うことなし」

 *サンスポ賞フローラS(4月23日、東京、GII、芝2000メートル)を視野に入れ、オークス(5月21日、東京、GI、芝2400メートル)出走を目指す。

 【阪神】9R君子蘭賞(牝馬500万下、芝・外1800メートル)=カワキタエンカ(栗・浜田、父ディープインパクト

 ◆池添騎手 「もう少しリラックスできれば、距離ももつと思います。いいものを持っています」

 *桜花賞(4月9日、阪神、GI、芝1600メートル)に登録はするが、賞金面で出走は難しそうなので、オークストライアルを視野に。

 【中京】10R大寒桜賞(500万下、芝2200メートル)=アドマイヤウイナー(栗・須貝、牡、父ワークフォース)

 ◆秋山騎手 「うまくハミも抜けて、自分のリズムで走れた。上のクラスでもやれると思う」

【ミモザ賞】底見せぬ強さでルヴォワールが無傷V2 2017年03月25日() 14:51

 3月25日の中山9R・ミモザ賞(3歳500万下、牝馬、芝・内2000メートル)は、石川裕紀人騎手騎乗の1番人気ルヴォワール(美浦・手塚貴久厩舎)が4番手追走から、直線で楽に前をとらえて快勝した。タイムは2分4秒3(良)。これで無傷の2連勝。520キロを超す雄大な馬格、抜群の操縦性はA級牝馬のそれ。ゴール前もまだまだ余裕たっぷりの勝ちっぷりで、オープン入りを決めた。

 1馬身半差の2着には逃げ粘ったウォーブル(3番人気)、さらに1馬身半遅れた3着に7頭立ての7番手追走から直線大外を追い込んだジュリエットベール(4番人気)。

 ミモザ賞を勝ったルヴォワールは、父ハーツクライ、母リュヌドール、母の父グリーンチューンという血統。通算成績は2戦2勝。

 ◆石川裕紀人騎手(1着 ルヴォワール)「強かったですね。きょうは余力残しで勝ちたいと思っていましたが、負担をかけずに勝てて良かったです。初戦と比べて行きっぷりや反応が良くなりましたが、それでいて掛かることもありませんでした。レースに関しては言うことがありませんし、これからも順調にいってほしいですね」

★25日中山9R「ミモザ賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【若葉S】アダム、オープン連勝!皐月賞切符ゲット2017年03月19日() 05:03

 若葉ステークス(18日、阪神11R、3歳オープン(混)(指)、馬齢、芝・内2000メートル、1着本賞金1900万円、1、2着馬に皐月賞の優先出走権=出走11頭)4番人気アダムバローズ(栗・角田、牡、父ハーツクライ)が2番手から抜け出し、前走の若駒Sに次いでオープン特別連勝を飾った。タイム2分0秒3(良)。6戦3勝。ハナ差2着の2番人気エクレアスパークルとともに皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。1番人気インヴィクタは3着だった。

 ◆池添騎手(アダムバローズ1着) 「最後はよく踏ん張ってしのいでくれました。本当にしぶといですね。本番でも自分の競馬ができれば」

 ◆川田騎手(エクレアスパークル2着) 「4角の手応えを考えれば、よく伸びてくれたと思います。これから成長してくれると思います」

 ◆ルメール騎手(インヴィクタ3着) 「内回りは忙しかった。4コーナー手前から反応し、ゴールまで伸びたが、前が止まらなかった」

 ◆シュタルケ騎手(シロニイ4着) 「久々の芝でよく頑張った。タフでスタミナがあるので、(次走から戻る予定の)ダートなら強いレースを見せてくれると思う」

★18日阪神11R「若葉ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【若葉S】アダムバローズが早め先頭から押し切る 2017年03月18日() 15:54

 3月18日の阪神11Rで行われた若葉ステークス(3歳オープン、芝・内2000メートル、馬齢)は、池添謙一騎手騎乗の4番人気アダムバローズ(牡、栗東・角田晃一厩舎)がV。若駒Sに続くオープン連勝を飾り、2着エクレアスパークル(2番人気)とともに皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは2分0秒3(良)。

 レースはタガノアシュラが引っ張った。2番手を進んでいたアダムバローズは直線で早め先頭から粘り腰を発揮。4〜5番手から急追してきたエクレアスパークルをハナ差で退けた。1番人気インヴィクタはさらに2馬身離れた3着。白毛馬シロニイ(8番人気)は4着だった。

 アダムバローズは、父ハーツクライ、母チャチャリーノ、母の父アンブライドルズソングという血統。北海道新ひだか町・服部健太郎氏の生産馬で、馬主は猪熊広次氏。通算成績は7戦4勝。

 ◆池添謙一騎手「タガノアシュラが(ハナを)主張したので、あまり絡むときつくなると思って控えました。少し力んでいましけど、タガノの後ろで我慢してくれて、最後もよくしのいでくれました。しぶとい馬なので、本番(皐月賞)でも自分の競馬ができればと思っています」

★18日阪神11R「若葉ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

重賞2勝マジックタイムが引退、繁殖入り 2017年03月16日(木) 17:58

 2016年のダービー卿CTなどに優勝したマジックタイム(牝6歳、美浦・中川公成厩舎、父ハーツクライ、母タイムウィルテル、母の父ブライアンズタイム)が3月15日付でJRAの競走馬登録を抹消した。今後は北海道苫小牧市のノーザンファーム空港で繁殖牝馬になる予定。

 マジックタイムは通算成績23戦6勝、獲得賞金は2億1953万9000円。重賞は2016年ダービー卿チャレンジトロフィー・GIII、ターコイズS・重賞の2勝。先週の中山牝馬S(2着)がラストランになった。

マジックタイムの競走成績はこちら

[もっと見る]

ヌーヴォ引退 来年フランケルと種付けプラン 2017年03月16日(木) 05:03

 2014年のオークスヌーヴォレコルト(美・斎藤誠、牝6、父ハーツクライ)が引退、繁殖入りすることが15日、明らかになった。今年の交配相手にはロードカナロアが挙がっており、受胎後はスタセリタ(ソウルスターリングの母)とともに英国に渡り、来年にフランケル(9歳)と種付けするプランが挙がっている。

 金鯱賞10着が最後のレース。斎藤誠調教師は「余力を残したまま引退させることにしました。クラシックを勝って、海外でも勝って、多くのいい経験をさせてもらいました。僕の中では、もうこれほどの馬は出てこないと思います」と語った。

 海外にも積極的に挑戦し、15年のGI香港カップで2着、16年には米GIIIのレッドカーペットHを制した。戦績は23戦6勝(うち海外5戦1勝)で重賞はほかに14年ローズS、15年中山記念を加えた4勝。総獲得賞金は5億6958万2000円(うち海外1億1286万6000円)。

 16日に宮城県の山元トレセン経由で、北海道千歳市の社台ファームに向かう。

ヌーヴォレコルトの競走成績はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハーツクライの関連コラム

閲覧 428ビュー コメント 0 ナイス 0

今年のドバイシーマクラシック(G1)はこれまでで最少出走頭数となる7頭立て。凱旋門賞(G1)を凌ぐほどの高額賞金レースでありながら、この頭数はなんとも寂しい限りだが、昨年のワールドベストレースホースランキングにおいて、芝2101m〜2700mで1位タイだったポストポンド(124ポンド)と3位タイのハイランドリール(123ポンド)が昨年に続いて顔を揃えたのは何よりか。同部門での1位タイのもう1頭が昨年一杯で引退した凱旋門賞馬ファウンドゆえ、この2頭が現時点でのこの路線の欧州No.1とNo.2と言っていいだろう。

ポストポンドは昨年の優勝馬で、その他にもコロネーションC(G1)、英インターナショナルS(G1)に優勝しており、G1は通算4勝。昨年のドバイシーマクラシックで4着だったハイランドリールもその後にキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1)とBCターフ(G1)を制して、こちらもG1は4勝となった。その両雄が再びメイダンのターフの上で相まみえる。

レース展開はこの少頭数ならば、昨年も逃げたハイランドリールが楽に先手を取ることが予想される。ポストポンドも相手をハイランドリールと決めて好位グループの一角を占めるだろう。2015年の愛ダービー(G1)を制したジャックホブスは昨年10月の英チャンピオンS(G1)ではスタートがあまり良くなく後方からの競馬になったが、愛ダービーや英ダービー(G1)2着のときには好位から中位につけてレースをしたように、むしろそれが理想のかたち。昨年の愛オークス(G1)とヨークシャーオークス(G1)を連勝したセブンスヘブン、前走のドバイシティオブゴールド(G2)でポストポンドに勝ったプライズマネーは末脚を活かすべく後方待機策となりそうだ。また、2100mを超える距離のレースが初めてになるアーンショーも、前走のジェベルハッタ(G1)のように後方に控える公算が高いとみる。日本のサウンズオブアースはこれまでのG1好走例を見ても中位かそれより前目につけてほしいところ。初騎乗となるC.ルメール騎手ならば、2006年のハーツクライの再現を狙って、思い切ってハナに行かせてみる手も面白いかもしれない。

★藤田将大のドバイワールドカップデー展望コラム一覧
―――――――――――――――――――
バイワールドカップ〜展望コラム
バイターフ〜展望コラム

―――――――――――――――――――


===================
★2016年凱旋門賞38万馬券を的中させた海外馬券のエキスパート藤田将大プロ。ドバイターフドバイシーマクラシックドバイワールドカップ3レースの予想公開中!予想はこちらから。

★”2016年香港カップも的中!”藤田将大プロ、過去の海外競馬予想はこちら
===================

■藤田将大(ふじた・まさひろ)プロフィール
某大手商社に勤める現役の商社マン。仕事以外の時間はほぼ競馬に費やし、国内外の馬やレースの情報をくまなくチェックする日々を送る。
ヨーロッパ、アメリカ、オセアニア、アジアの競馬主要国におけるビッグレース観戦歴は豊富で、その前後に行われる一般レースや平開催でも馬券勝負には余念がない。
「名勝負を見て得られる感動と、馬券を獲って得られる感動は別物」を理念に掲げ、国内外を問わず「いかにして馬券で勝つか」を常に研究している。
国内での海外レースの馬券発売開始を機に、雑誌『競馬最強の法則』で華々しくメディアデビュー。海外馬券発売レースの第一弾となった凱旋門賞で3連単38万馬券をいきなり的中させ、競馬ファン・関係者の度肝を抜いた。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年02月17日(金) 20:09 横井顕
【徹底攻略36】ウォーフロントを生かす配合(1)
閲覧 8,545ビュー コメント 0 ナイス 1



BCの報酬でもらえる種牡馬の活用編です。今回はウォーフロントの活用方法を探ります。

ウォーフロントは★4の中では貴重な実績Aの種牡馬で、BCの報酬としてはなかなかの馬です。

この馬をはじめ、BC報酬でもらえる種牡馬は交換レートが低い(他の種牡馬の種付け権補充用に使うと交換ptが非常に低い)ため、そのまま配合に用いるのがいちばんでしょう。





とは言え、ウォーフロントは配合理論の面では完璧な配合ができず、見事な配合もごく限られた組み合わせでしか実現できません。

ここは【徹底攻略31】で紹介したダイワメジャーと同じように、いったんウォーフロントから自家製種牡馬を生産して、その馬で完璧な配合を狙うのが得策かと思います。



ウォーフロントの仔で完璧な配合を作るには

ウォーフロント産駒の自家製種牡馬ということで、ウォーフロントは父父の位置に入ることになります。

すると、以下のようにTeddy系とHampton系が見事系統になります。この2系統を母側の面白系統に配置します。



Teddy系やHampton系に属する馬は少ない(繁殖牝馬はそこそこいますが種牡馬はほとんどいない)ため、とりあえず影響の少ない先祖の代のほうに置いておきます。

どちらが先の代に入ってもかまいません。ここではセールに出てきた繁殖牝馬の都合上、Teddy系のほうからスタートする形にしました。



つぎに、残りの見事系統を決めます。

ここにRoyal Charger系を入れれば、母側をRoyal Charger系で血統構築できるという王道のパターンになります。



もう1ヶ所にはNasrullah系を入れてみました。こうすると母父はRoyal Charger系×Nasrullah系という血統構成になります。

この血統の種牡馬はけっこういますので、母父選びに幅ができますね。

★5のハーツクライをはじめ、★4ならキタサンブラックシンボリクリスエス、★3でもトウケイヘイローなど、パラメータのいい種牡馬が揃っています。



最後に、残った面白系統を埋めます。



ここまでで面白系統は6種類ありますから、これらと別の系統を「系統1」か「系統2」のどちらかに入れれば計7系統になり、完璧な配合の条件を満たせます。



こういうときは、【徹底攻略35】で紹介したHimyar系のノボトゥルーやSwynford系のノヴェリストの出番です。



まあ父側は最終的に種牡馬入りできる仔ができればいいので、他のマイナー系統種牡馬でもかまいません。次の代で付けるウォーフロントが優秀なので、重賞を勝てる仔はほぼ間違いなく生まれます。

とりあえず、上に挙げたHimyar系を入れておきます。



「系統2」のほうは、既に面白系統が7系統あるので、何の系統を入れてもOKです。

ここでは牧場にいたNative Dancer系×Royal Charger系という牝馬を用いることにしました。



次回は、実際に配合を行なった模様を紹介します。



★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオン供戮慮式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオン形棺顱戞淵▲好ー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。

[もっと見る]

2017年02月16日(木) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年02月16日号】コース別「大全奥義! 全買いデータ」分析編(34) 小倉芝1800〜2600m
閲覧 893ビュー コメント 0 ナイス 3

週末使える強力データを、伊吹雅也プロ監修の「大全奥義! 全買いデータ」プロジェクトからご紹介するコーナー。取り上げるデータは馬券内率は勿論、その回収率も垂涎のデータとなっているため、ウマニティVIPクラブ会員限定公開とさせて頂いております。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<コース別「大全奥義! 全買いデータ」>

今開催も開幕週から大波乱を演出! 小倉芝中長距離、かつ古馬のレースは○○○○○○産駒を狙い続けるべし

【対象コース】
小倉芝1800〜2600m

【集計期間】
2014年02月01日〜2017年01月22日

【条件】

[もっと見る]

2016年12月22日(木) 23:00
【濃霧注意報DX】〜有馬記念(2016年)展望〜
閲覧 3,490ビュー コメント 0 ナイス 7

 今週のメインは、今年最後の大一番・有馬記念
 毎年この時期になると、「有馬を当てなければ年が越せねぇ!」と気合が入る一方で、「もう今年の競馬も終わりかぁ」という若干の寂しさが心の中に現れます。年が明けて1月5日になればまた新たな開催が始まるのですが、それまでの1週間ちょっとが凄く長く感じるのですよね。何か物足りないというか、落ち着かないというか。
 きっとそれは、私が長いこと有馬記念を的中させていないから……という気がしています。振り返れば、最後の大一番で大きな花火を打ち上げたかったのか、ここ数年の有馬記念の◎はほとんどが人気薄の馬。期待を託しては裏切られ、不完全燃焼な気持ちで1年を締めくくってしまっているのですよね。
 だからこそ、今年の有馬記念における個人的なテーマは”完全燃焼”。
 有馬記念であるということを変に意識せず、この秋順番に触れてきた”数あるG1レースのうちの1つ”と考え、同じように有力馬を掘り下げていきたいと思います。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807




 今年の有馬記念を考えるにあたって触れないわけにはいかないのが、やはりキタサンブラック
 舞台不向きと思われた前走のジャパンカップも自らレースを作っての逃げ切りと、その勢いは増すばかり。能力的にも脚質的にも、あらゆる点でレースの鍵を握る1頭だと言えます。
 私が本馬に関して抱いているイメージは、”自分でペースを作ると本当に強い”というもの。
 本馬が初めて逃げ戦法に出たのは昨年の当レースからでしたが、今年に入ってからは5戦中4戦で逃げを打ち、非常にハイレベルな走りを見せています。今回も同様の形が取れるならば、並び立てる相手はそう多くないでしょう。
 しかし、ここで注目したいのが・・・

[もっと見る]

2016年12月09日(金) 16:00 km
【kmのG1データブレイカー】〜2016阪神ジュベナイルフィリーズ〜
閲覧 1,026ビュー コメント 0 ナイス 0

みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。
今週は、最強2歳牝馬決定戦『阪神ジュベナイルフィリーズ』を中心にお届けしていきます。注目の香港国際競走各レースの見解も、コラムの後半でご紹介していますのでぜひご参考になさってください。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝ち馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を”データブレイカー”と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします。
データ競馬全盛期の今だからこそ、”逆張り”が効果的です。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。
また、以前コラムとして連載し好評をいただいていた”次走の狙い馬”につきましては、後半部分でご紹介いたします。さらに、おまけコーナーとして”血統診断”も追加しましたので、合わせてお楽しみください。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


G1データブレイカー
阪神ジュベナイルフィリーズ

サウンドトゥルーの豪脚で幕を閉じたチャンピオンズカップの余韻が残る中、競馬はまだまだ続きます。
今週は、阪神ジュベナイルフィリーズが行われます。
阪神ジュベナイルフィリーズは2006年の外回りコース新設以後、翌年のクラシックに直結するレースになりました。
今年は、欧州の歴史的名馬Frankelの仔ソウルスターリングアルテミスステークス勝ち馬のリスグラシュー、3連勝中のジューヌエコールなどが出走を予定しています。

・前走11頭立て以下【0.1.1.12】

この時期の若駒は素質重視で評価されるのですが、正確な比較がなされているとは思えないケースが多く見受けられます。また、評判馬が出るレースは少頭数になる傾向があります。多頭数で厳しい競馬をしてきた馬に分があるのも当然でしょう。
とは言え、他厩舎が怖れるほどの評判馬の中に綺羅星の如き才能を持った馬がいる気がしてなりません。
今年の該当馬では、ソウルスターリングに魅力を感じます。多頭数で被る不利よりも、溢れ出さんばかりの潜在能力が最大限発揮されたらどれだけ強いのだろうかと考えるだけで胸の高まりが治まりません!

アリンナ→前走11頭立て(秋明菊賞1着)
ゴールドケープ→前走11頭立て(白菊賞1着)
ジューヌエコール→前走10頭立て(デイリー杯2歳ステークス1着)
ソウルスターリング→前走9頭立て(アイビーステークス1着)
ディーパワンサ→前走10頭立て(中京2歳ステークス1着)

[もっと見る]

2016年12月08日(木) 12:00
【濃霧注意報DX】〜阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)展望〜
閲覧 1,756ビュー コメント 0 ナイス 6

 いつもコラムや日記で色々な条件、レースに触れては「苦手だ苦手だ」と弱音ばかり吐いている私。根がネガティヴなものですから、なかなか自分に自信が持てないのですよね。
 そんな私が競馬において、唯一「得意かも?」と思えるのが、実は2歳戦なのです。
 2歳戦と言えばまず新馬戦が思い浮かびますが、その後の500万条件戦、オープン特別、重賞、G1……そのいずれもがキャリアの浅い馬達同士の戦い。そのため、3歳馬や古馬のレースに比べて力関係が分かりにくく、苦手意識を持つ方も多くいらっしゃると思います。
 しかし、少し視点を変えれば、出走全馬のキャリアが浅い2歳戦というのは、”将来G1や重賞の常連になる馬”と”将来条件戦でうろうろし続ける馬”が同時に走っている――と考えることができます。そしてこのことは、G1においても例外ではありません。一線級まで駆け上がる馬と言うのは、調教の動きやレースにおける走りに少なからず光るものを見せている可能性が高いですから、そうした輝きを見逃さずに狙えるかが的中の分かれ目となってくると思います。
 特に今週の阪神ジュベナイルフィリーズは、後のクラシックホースを量産している出世レース。
 来春まで楽しみを持たせてくれる馬がいるかどうか、何頭かに触れつつ、考えていきたいと思います。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807




 ……と、その前に、当レースについて考える上で持っておきたいイメージが一つ。
 それは、”好走馬のタイプが2種類ある”ということです。
 言い換えれば、”桜花賞オークスでも好走できそうな王道タイプ”と、”将来スプリント路線に転向しそうなスピードタイプ”と言えるでしょうか。
 ここ3年の好走馬で例えるなら、前者に該当しそうなのはメジャーエンブレムレッドリヴェールハープスター辺り。いずれも桜花賞の頃まで世代1、2位を争うと目されていた素質馬です。

 一方、後者に該当しそうなのはブランボヌールレッツゴードンキ、フォーエバーモア辺り。いずれもキャリアを重ねるごとにスプリント色が濃くなり、短距離の重賞やOP特別で結果を出した馬達です。とは言え、スタートからガンガン飛ばしていくような純スプリンターではなく、いずれも”溜めの利くスプリンター”であるというのがポイント。
 前者に該当するのは誰が見ても能力上位な馬であることが多く、配当妙味はあまりありませんが、後者の”溜めが利くスプリンター”はそこそこ美味しいオッズがついている時があります。能力上位の馬に絞って小点数で仕留めるか、スプリンターの香りを漂わせる差し馬を織り交ぜて配当妙味を狙うか、いずれかの戦法が考えられます。

 こうした考えを踏まえて有力馬達に触れていくと、”王道タイプ”として真っ先に目が行くのがハーツクライ産駒のリスグラシュー
 新潟の新馬戦こそ2着でしたが、その後の未勝利戦で圧巻のレコード勝ちを決め、続くアルテミスSでは良血馬フローレスマジックを抑えての完勝。相手が強くなる重賞でありながら、刻んだラップは最後まで加速し続けており、まだまだ余裕があったことを窺わせます。
 相手関係に恵まれ続けている印象はありますが、未勝利勝ち、そして前走共にレースレベルは合格点が付けられるもので、前述のラップも併せて考えると価値は更に上がります。
 母父が欧州のマイラーであるという点から、同じハーツクライ産駒であるヌーヴォレコルトに近いイメージを感じますし、今回に限らず来年になってもその走りに注目したい1頭と言えます。

 一方・・・

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハーツクライの口コミ


口コミ一覧

オシャレな馬名です

 グラニースミス 2017年03月25日() 16:48

閲覧 30ビュー コメント 0 ナイス 14

土曜競馬お疲れさまでした\(^o^)/ 

今さっき聞きましたが
ファンディーナが皐月賞へ向かうようです
今の牡馬相手なら、かなり面白そうですね\(^o^)/

さて中山9Rミモザ賞で圧勝したルヴォワール

グリーンチャンネルの小堺翔太さんの話ですが・・・
父ハーツクライ と 母リュヌドール は
2004年のジャパンカップに出走していたそうです

ルヴォワールの馬名の意味はフランス語で「 再会 」だそうです

オシャレな名前です

今日はドバイもありますし、
明日は高松宮記念ですから

大変ですね


では

 グリーンセンスセラ 2017年03月19日() 01:27
ディープ産駒「非常事態」 
閲覧 16ビュー コメント 0 ナイス 2

データが示すサトノダイヤモンド、ファンディーナの致命的な「欠点」絶対王者ディープインパクト産駒に起こっている「非常事態」─Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2017年3月17日 8時0分 
http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2874.html

JRAの公式ホームページに掲載されている「リーディング情報」を何気なく眺めていて(ここは意外に、興味深い競馬ネタが隠されている)、あることに気が付いた。
 筆者が閲覧していたのは今年度のリーディングサイヤー(3月13日現在)、つまりは種牡馬成績である。上からディープインパクト、キングカメハメハ、ステイゴールド、ハーツクライ......ここ数年、いつ見てもあまり代わり映えのないランキングではある。 
 だが、興味がE.I(アーニング・インデックス)に移った時、強い違和感を覚えた。
 このE.Iとは全競走における競走馬1頭辺りの収得賞金に対する、ある種牡馬の産駒1頭あたりの収得賞金の比率を表したものであり、要するに「産駒1頭でどれだけ賞金を稼いでいるか」の目安になる数値だ。
 ちなみに近年のE.Iは、一頭の種牡馬によって完全に支配されている状況だ。今や日本競馬で押しも押されもせぬ大種牡馬ディープインパクトである。産駒成績が安定した2012年から現在、5年連続の首位。産駒は毎年のようにビッグレースで猛威を振るい、他の追随を許さない絶対的な存在となっている。
 しかし、今年に限ってはE.Iの首位に大種牡馬ディープインパクトがいない。
 本来いるはずの"指定席"に、お決まりの"王様"がいないというのは、まるで「競馬界の常識」が覆されたかのような違和感がある。特に筆者のように、たびたび「リーディング情報」に目を通すような暇人には、なおさら強烈なインパクトがあった。

次のページ 昨年ディープインパクト産駒が上げた年間重賞勝利数は

 ディープインパクトの現在のE.Iはわずか1.67と、首位キングカメハメハの2.24に大きく突き放されている状況だ。これはキンカメの健闘が目立つのではなく、明らかにディープが悪いといえる。実際にディープインパクトはE.I で首位に立った2012年以降、常に2点代後半の数値を叩き出してきた。アーニング・インデックス1.67というのは、はっきりいって「並みの種牡馬」の好調時程度の数値だ。
 では、ディープインパクト産駒が不調なのかといわれると、そんなことはない。JRAにおける勝利回数は49勝と、2位キングカメハメハの32勝を大きく突き放している。ディープ産駒全体は、相変わらず好調なのだ。
 その上でE.Iが著しく低い原因は、ひとえにディープインパクト産駒が賞金の高いレース、つまりは「重賞で勝てていない」ということだ。
 調べたところある意味では予想通り、だがそれでも想像を超える数字が出た。ディープインパクト産駒の今年の重賞成績は[1-5-6-36](平地のみ)。つまり未だ、重賞1勝という非常事態である。その1勝は弥生賞(G2)のカデナ。弥生賞史に残る超スローペースとなり、そのレベルが疑問視されている一戦だ。
 ちなみに昨年の同時期、ディープインパクト産駒は本当の意味で絶好調だった。2月初週のきさらぎ賞(G3)と東京新聞杯(G3)で東西重賞ジャックを達成したのを皮切りに、阪神大賞典(G2)のある同時期まで、怒涛の6週連続重賞制覇。なお、マウントロブソンがスプリングS(G2)を勝ったことで、記録は7週連続となっている。
 結果的に昨年ディープインパクト産駒が上げた年間重賞勝利38勝は、サンデーサイレンスと並ぶ最多記録を樹立。歴史的大種牡馬の記録に、その息子がまた一つ肩を並べた一年だった。
 そんなディープインパクト産駒が3月半ばで重賞1勝に留まっているのが、いかに異常な状況かは述べるまでもない。そして、筆者がこのタイミングでこのような駄文を書くに至ったのも、「今週の競馬」に大きな関係があるからだ。

次のページ 今週は本命党の人間にとって、まさに“天国”のような週だが

 今週は本命党の人間にとって、まさに"天国"のような週といわれている。
 特に、19日の阪神大賞典(G2)に出走するサトノダイヤモンドは「この春、No.1の鉄板」と言われるほど信頼性の高い馬だ。さらに翌日の20日に行われるフラワーC(G3)のファンディーナもまた「この春、No.2の鉄板」と述べても何ら過言ではない絶対的な存在。おそらく、2頭とも単勝が1倍代前半になることは間違いないだろう。
 だがあろうことか、この2頭が共にディープインパクト産駒なのである。
 繰り返しになるが、今年のディープインパクト産駒の重賞成績は[1-5-6-36]。この中には、京都記念(G2)で単勝1.7倍だったマカヒキ、きさらぎ賞(G3)で単勝1.4倍だったサトノアーサーも含まれている。
 この2頭に限って......という思いは当然あるが、やはり今年はディープインパクト産駒に「何かが起きている」と述べざるを得ないのも事実だ。
(文=江坂幸太(ギャンブルジャーナル・データ班))

[もっと見る]

 やすの競馬総合病院 2017年03月18日() 18:27
阪神大賞典・スプリングS・千葉Sの予想の巻
閲覧 15ビュー コメント 0 ナイス 0

☆阪神大賞典の予想☆
馬場状態
内回り3コーナー及び正面の内側に傷みがあります。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年の1着馬の傾向
時計:良馬場の場合は、3分5秒台の決着に対応できる方が無難かな。
展開:どちらかいえば持久力勝負になりやすい。
脚質:4コーナーで4番手以内にいれれば道中の位置取りはあまり問題なさそう。
人気:1着馬5頭中、1番人気馬が4頭。3番人気馬が1頭。
斤量:1着馬5頭中、55kg・58kgの馬が2頭ずつ。57圓稜呂1頭。

予想
過去5年の1着馬の傾向を見ると、
阪神内回りやし、長距離の3000mなんでスピード・瞬発力よりもスタミナ・持久力あった方が無難ですけど・・・。
過去5年の1着馬5頭中5頭がメンバー中2位以内の上がり3Fを出してるし、4コーナーで4番手以内。
なので、長距離こなせるスタミナあって、上がり3Fも34秒台後半〜35秒台中盤ぐらいでまとめれて、4コーナーでは中団よりも前めにいるような馬を本命にするといいのかな?

☆結論☆
◎サトノダイヤモンド
長距離がベストとは思わないけど、菊花賞1着、有馬記念1着なんで長距離ももちろん守備範囲。
能力の高さは現役最強だと思う馬やし、中団よりも前めで競馬ができて距離・コース・展開に関係なく安定して走るんで勝ち負け期待どころか、きっちりと勝ってほしいです。

本命馬がサトノダイヤモンドに決まったけど、
「単勝1点」は大金持ち専用のオッズなんで手が出せないし、
「相手を選んで馬連流し」も相手次第でオッズ的に無理・・・。

〇シュヴァルグラン
去年の1着馬やし、ハーツクライ産駒だけあって長距離得意やし、2400m以上の重賞・GIでの安定感を考えると、サトノダイヤモンド以外には負けないかな〜。

本命が圧倒的1番人気で、対抗が2番人気なら、「相手を選んで馬連流し」も無理ですね〜。
もう、当てても激安なんで買わずにもう見ておいた方がよさそうですけど、どうしても買うなら「3連単1・2着固定流し」しかないかな。

△トーセンバジル
△レーヴミストラル
距離適性とか相手関係を考えると、3着はこの2頭のどっちかかな〜?

☆阪神大賞典 買い目☆
3連単 9−3−4・6 各1000P 合計2000P


--------------------------------------------------------------------------------

☆スプリングSの予想☆
馬場状態
3〜4コーナーの内側に傷みがありますが、その他の箇所は概ね良好な状態です。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年の1着馬の傾向
時計:1分48秒台の決着に対応できる方が無難かな。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:道中6番手以内で競馬できる方がよさそう。
人気:1着馬5頭中、3番人気馬が2頭。1・4・5番人気馬が1頭ずつ。

予想
過去5年の1着馬の傾向を見ると、
1800mでもコーナー4つある中山1800mなんで、1800mを問題なくこなせるスタミナ、持久力勝負での対応力に加えて、小回りコースでも中団より前めで競馬できる器用さがある馬を本命にするといいのかな?

☆結論☆
◎オールザゴー
通算成績が(2.2.0.1)で連対を外した1回は重馬場なんで良馬場なら安定してるし、1800m(1.2.0.0)やし、先行力あって持久力勝負向きなのもいいし、ステイゴールド産駒なんで中山も合ってそうやし、内めの3枠3番なのもいいんで、スムーズに先行して持久力勝負を粘って勝ち負け期待です。

本命馬がオールザゴーに決まったけど、
思ったより人気しなさそうで単勝がおいしそうなんで、「単勝1点」はまず買いましょう。
あとは、エトルディーニュも少し買ってみたいなと思ったけど、この馬1勝馬なんで3着以内あればいいかなってことで「おまけのワイド」も押さえておきましょう。

〇エトルディーニュ
1勝馬ですけど、強い馬達と戦って馬券圏内とかに善戦できてるし、先行力あるんで、3着以内ならチャンスあっていいかも?

☆スプリングS 買い目☆
単勝 3(オールザゴー) 2000P
ワイド 3−5 1000P 合計3000P


--------------------------------------------------------------------------------

☆千葉Sの予想☆
天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年の1着馬の傾向
時計:良馬場の場合は、1分10秒台後半の決着には対応できないと辛いかも。
展開:馬場状態に関係なく、持久力勝負になりやすい。
脚質:馬場状態に関係なく、3コーナー5番手以内の先行勢がよさそう。
人気:1着馬5頭中、1番人気馬が3頭。3番人気馬が2頭。
斤量:1着馬5頭中、56kgの馬が4頭。57圓稜呂1頭。

予想
過去5年の1着馬の傾向を見ると、
持久力勝負になりやすいんで、逃げ・先行勢が終盤辛くなるような流れですけど、先行勢の好走が多いんですよね〜。
なので、1200mを問題なくこなせるスピード・持久力勝負OK・好位辺りで競馬できる程度の先行力を満たしてるような馬を本命にするといいのかな?

☆結論☆
◎ペイシャモンシェリ
中山ダ(2.1.0.2)、ダ1200m(5.5.0.11)で中山ダ1200mはベストに近そうな条件やし、先行力もあって持久力勝負もOK。
2走前のジャニュアリーS(中山ダ1200m)は1番人気で0.2差5着で善戦してるし、その時より斤量1kg軽い55kgなのもいいんで狙ってみたいです。

本命馬がペイシャモンシェリに決まったけど、
「単勝1点」か、「相手を選んで馬連流し」かどうしようかな〜。
ハンデ戦で何があってもおかしくないとこあるし、相手絞りこむのも簡単じゃなさそうなんで、「単勝1点」だけにしておこうかな。

☆千葉S 買い目☆
単勝 5(ペイシャモンシェリ) 1000P



--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
阪神大賞典  シュヴァルグラン

長距離得意で去年の勝ち馬なのに、圧倒的人気馬が1頭いるから自分で勝ちに行く競馬しなくても許される気楽な立場。

勝つ確率は低くても、3000mで馬券圏内を確保する確率なら、この馬が1番高いかな?

☆買い目☆
複勝 3 1100P


--------------------------------------------------------------------------------
☆超おいしい単勝選手権☆
当日のオッズ見て、超おいしいと思う馬を見つけたら下のコメント欄に書いておきます。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会


どちらの企画も
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までまでの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄に書いてくださればOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆

今日のファルコンSで、
ジョーストリクトリとマンカストラップという決して出会ってはいけない危険な馬達による夢の競演が実現してましたね〜。

いつの日か、
ジョーストリクトリか、
マンカストラップか、
ジョーストリクトリ、マンカストラップ2頭の激しい追い比べ!!
お〜〜っと!外から一気にタマモベストプレイもやってきた!

ジョーストリクトリか、
マンカストラップか、
タマモベストプレイか、
わずかにタマモベストプレイか!という熱い実況と、

ジョーストリクトリ、マンカストラップの2頭がしぶとく粘るところをタマモベストプレイがまとめて面倒をみましたね。
最後も上手く外に出してましたし、という冷静な解説を聞くのが、

ぼくの夢の一つです。

夢か何か知らんけど、長いわ(笑)

[もっと見る]

ハーツクライの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ハーツクライの写真

ハーツクライ
ハーツクライ

ハーツクライの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ハーツクライの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。