注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ハーツクライ(競走馬)

注目ホース
ハーツクライ
ハーツクライ
写真一覧
抹消  鹿毛 2001年4月15日生
調教師橋口弘次郎(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績19戦[5-4-3-7]
総賞金55,573万円
収得賞金21,330万円
英字表記Heart's Cry
血統 サンデーサイレンス
血統 ][ 産駒 ]
Halo
Wishing Well
アイリッシュダンス
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ビユーパーダンス
兄弟 エメラルドアイルアグネスシラヌイ
前走 2006/11/26 ジャパンカップ G1
次走予定

ハーツクライの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
06/11/26 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 11115.8210** 牡5 57.0 C.ルメー橋口弘次500(--)2.27.7 2.636.4ディープインパクト
06/07/29 イギ 5 キングジョー G1 芝2400 6--------3** 牡5 60.5 C.ルメー橋口弘次---- ------HURRICANE RUN
06/03/25 アラ 5 ドバイシーマ G1 芝2400 14--------1** 牡5 56.0 C.ルメー橋口弘次--2.31.8 ------COLLIER HILL
05/12/25 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 1651017.141** 牡4 57.0 C.ルメー橋口弘次498(+2)2.31.9 -0.135.0④④ディープインパクト
05/11/27 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 188167.222** 牡4 57.0 C.ルメー橋口弘次496(+6)2.22.1 0.034.4⑯⑯⑮⑬アルカセット
05/10/30 東京 10 天皇賞(秋) G1 芝2000 185106.726** 牡4 58.0 C.ルメー橋口弘次490(-6)2.00.4 0.332.8⑧⑩⑩ヘヴンリーロマンス
05/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 153418.332** 牡4 58.0 横山典弘橋口弘次496(+4)2.11.5 0.035.2⑬⑬⑬⑫スイープトウショウ
05/05/01 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1881613.785** 牡4 58.0 横山典弘橋口弘次492(+2)3.17.1 0.634.5⑭⑪⑬⑯スズカマンボ
05/04/03 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 9895.342** 牡4 58.0 横山典弘橋口弘次490(+18)1.59.2 0.234.2⑨⑨⑨⑧サンライズペガサス
04/12/26 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 153543.5109** 牡3 55.0 横山典弘橋口弘次472(-8)2.30.5 1.034.2⑮⑮⑮⑮ゼンノロブロイ
04/11/28 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 16236.5310** 牡3 55.0 武豊橋口弘次480(-12)2.25.7 1.535.2⑯⑯⑮⑭ゼンノロブロイ
04/10/24 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 185102.717** 牡3 57.0 武豊橋口弘次492(+6)3.06.2 0.535.3⑮⑮⑭⑩デルタブルース
04/09/26 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2000 8882.423** 牡3 56.0 武豊橋口弘次486(+4)1.59.4 0.433.8⑦⑦⑦⑦キングカメハメハ
04/05/30 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 183517.152** 牡3 57.0 横山典弘橋口弘次482(+6)2.23.5 0.234.3⑰⑰⑰⑰キングカメハメハ
04/05/08 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 118113.821** 牡3 56.0 安藤勝己橋口弘次476(-4)2.11.9 -0.133.4⑩⑩⑩⑩スズカマンボ
04/04/18 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 1881614.0514** 牡3 57.0 安藤勝己橋口弘次480(-4)2.00.0 1.434.3⑯⑯⑫⑪ダイワメジャー
04/03/20 阪神 11 若葉S OP 芝2000 14222.621** 牡3 56.0 安藤勝己橋口弘次484(-4)2.00.2 -0.034.2⑨⑨⑩⑧スズカマンボ
04/02/15 京都 11 きさらぎ賞 G3 芝1800 145816.753** 牡3 56.0 幸英明橋口弘次488(-4)1.48.6 0.635.2⑩⑩マイネルブルック
04/01/05 京都 4 3歳新馬 芝2000 10891.711** 牡3 56.0 武豊橋口弘次492(--)2.06.0 -0.235.3ミヤタイセン

ハーツクライの関連ニュース

 《戦評》抜群のスタートを決め、1000メートル65秒1のスローペースにも折り合いを欠くことなく3番手を追走。馬なりで先頭に並びかけると残り1ハロンで抜け出し、ダイナミックなフットワークで2馬身半差をつけて快勝した。

 《血統》兄アンタラジー4勝、姉アグレアーブル2勝と、どちらも現役で活躍中。叔母ラヴアンドプライドは米GIを2勝した。近親に種牡馬としても活躍するバーナーディニがいる。ハーツクライ×シーキングザゴールドの配合は秋華賞2着のキョウワジャンヌと同じ。芝の中距離向きだ。

 《将来性》流れが遅いため勝ちタイムは平凡だが、走りにはスケールの大きさが表れていた。マカオ競馬の最高経営責任者である李柱坤オーナーは、所有馬のJRA初出走初勝利。デビューは遅れたが、順調に育てば先々はかなりの出世が見込める器だ。

【3歳戦結果】タケデンサンダー、新馬戦V2017年02月27日(月) 05:00

 【中山】3R新馬(ダ1200メートル)=タケデンサンダー(美・武市、牡、父グラスワンダー

 ◆武市師 「いいスピードは見せてくれた。まだ伸びしろはありそう」

 4R500万下(ダ1800メートル)=ローズプリンスダム(美・畠山、牡、父ロージズインメイ)

 ◆田辺騎手 「ハナに行く馬の外で、うまく脚をためられたのがよかった」

 7R500万下(芝・外1200メートル)=ジャッキー(美・高橋祥、牡、父サムライハート)

 ◆内田騎手 「いいスピードがあって、いい感じで走れていた。最後は外から来られるとまた伸びた」

 *ファルコンS(3月18日、中京、GIII、芝1400メートル)へ。

 【阪神】9RすみれS(OP、芝・内2200メートル)=クリンチャー(栗・宮本、牡、父ディープスカイ

 ◆藤岡佑騎手 「すごく良くなっていました。控えても折り合って、内容のある競馬で勝てました」

 *順調なら皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)へ直行。

 6R新馬(芝・内2000メートル)=エクレアスパークル(栗・中内田、牡、父ハーツクライ

 ◆川田騎手 「まだまだ幼い部分もありますが、これから徐々に成長していってくれればと思います」

[もっと見る]

【3歳新馬】阪神6R エクレアスパークルが楽々抜け出す!  2017年02月26日() 13:20

 2月26日の阪神6R・3歳新馬(芝2000メートル)は、川田将雅騎手騎乗の1番人気エクレアスパーククル(牡、栗東・中内田充正厩舎)が好位から楽々と抜け出して単勝1.5倍の圧倒的な支持に応えた。タイムは2分5秒3(良)。しぶとい末脚を見せたゲイルバローズ(3番人気)が2馬身1/2差の2着に入り、レディアリエッタ(3番人気)がさらに2馬身1/2遅れた3着だった。

 エクレアスパークルは、父ハーツクライ、母プリティカリーナ、母の父シーキングザゴールドという血統。近親にプリークネスS・GIなどを勝ったバーナーディニがいる。

 ◆川田将雅騎手「除外で延びたぶん、動けましたね。まだまだ幼い面がありますが、徐々に成長していってくれればいいと思います」

★26日阪神6R「3歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【3歳戦結果】イブキ、水仙賞V2017年02月26日() 05:01

 【中山】9R水仙賞(500万下、芝・外2200メートル)=イブキ(美・奥村武、牡、父ルーラーシップ

 ◆田辺騎手 「流れ次第でハナへと思っていた。(昨夏の)新潟のときよりも落ち着いていて、馬にプレッシャーをかけずに逃げられた」

 *青葉賞(4月29日、東京、GII、芝2400メートル)を視野に調整。

 6R新馬(芝・内2000メートル)=ストロングレヴィル(美・堀、牡、父ハーツクライ

 ◆内田騎手 「まだ本気で走っていないね。きょうはペースが遅くてよかった。まだこれから良くなっていく馬」

 7R500万下(牝馬、芝・内1800メートル)=デアレガーロ(美・大竹、父マンハッタンカフェ

 ◆フォーリー騎手 「道中は他の馬を気にするところがあったが、最後はしぶとく伸びてくれた。千八より二千の方が自分のリズムで走れるし、もっと切れる脚が使えると思う」

 【阪神】3R新馬(ダ1200メートル)=スズカモナミ(栗・吉村、牝、父キンシャサノキセキ

 ◆松若騎手 「スピードがあっていい位置につけられました。まだ(体質が)弱い馬なので、良くなる余地はあります」

 6R500万下(ダ1400メートル)=ファッショニスタ(栗・安田、牝、父ストリートセンス)

 ◆川田騎手 「ゲートに課題は残っていますが、直線では馬が自ら動いていって、いい内容だったと思います」

 【小倉】10Rくすのき賞(500万下、ダ1700メートル)=シロニイ(栗・池江、牡、父キングカメハメハ

 ◆秋山騎手 「今までスローでためるレースをしていたので、向こう正面で少し戸惑う面がありましたが、きょうは積極的にとの指示もありましたから。力が上なので、いいときに乗せてもらいました」

 *半姉に交流GII関東オークス優勝馬ユキチャン(父クロフネ)、全姉にブチコなどがいる白毛一族。

[もっと見る]

【3歳新馬】中山6R 外強襲のストロングレヴィルがV 2017年02月25日() 13:19

 2月25日の中山6R・3歳新馬(芝・内2000メートル)は、内田博幸騎手騎乗の2番人気ストロングレヴィル(牡、美浦・堀宣之厩舎)が中団追走から、直線は大外を伸びてデビュー勝ち。タイムは2分7秒6(良)。

 ハナ差の2着には好位から伸びたドンリッチ(8番人気)、さらに半馬身遅れた3着に2番手から粘り込んだタマモアーサー(3番人気)。

 ストロングレヴィルは、父ハーツクライ、母アドマイヤダンサー、母の父エルコンドルパサーという血統。おじに2006年JCダート・GIの勝ち馬アロンダイト、いとこに2016年宝塚記念・GIの勝ち馬マリアライトがいる活力のある母系。

 ◆内田博幸騎手(1着 ストロングレヴィル)「まだフワフワしていて本気で走っていないような面があるので、きょうはペースが遅かったのも良かったですね。これから良くなっていく馬ですし、このくらいの距離も合っていそうです」

★25日中山6R「3歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ヒヤシンスS】エピカリスがケンタッキーダービーの切符獲得 2017年02月19日() 14:46

 2月19日の東京9R・ヒヤシンスステークス(3歳オープン、ダート1600メートル、別定)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気エピカリス(牡、美浦・萩原清厩舎)が内の4番手から直線で抜け出し、デビューから無傷の4連勝を飾った。タイムは1分37秒8(良)。逃げたアディラート(2番人気)が3/4馬身差の2着に粘り、さらに1馬身3/4差の3着に中団から伸びたハイパーノヴァ(8番人気)が入った。

 エピカリスは、父ゴールドアリュール、母スターペスミツコ、母の父カーネギーという血統。半兄に2013年の小倉記念・GIII、14年の七夕賞・GIIIを制したメイショウナルト(父ハーツクライ)がいる。

 ヒヤシンスSは、昨年11月26日のカトレア賞(1〜4着馬に40、16、8、4の各ポイントを付与)とともに、今年のケンタッキーダービー(5月6日、米チャーチルダウンズ競馬場、GI、ダート2000メートル)の出走馬選定ポイントシリーズである「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」に組まれており、1〜4着馬に50、20、10、5の各ポイントが与えられる。この結果、エピカリスが50ポイントでトップとなり、ケンタッキーダービーの挑戦権を獲得した。なお、2位はカトレア賞を制して40ポイントを獲得していたモンサンレガーメで、3位は今回2着で20ポイントのアディラート。3位馬までは、上位の馬の辞退により繰り上げでケンタッキーダービーに出走できる。

 ◆クリストフ・ルメール騎手「ユタカさんの馬(アディラート)が逃げると思っていたし、その後ろでベストポジション。ペースが速くなくて少し掛かったけど、直線はいい反応をしてくれた」

★19日東京9R「ヒヤシンスS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハーツクライの関連コラム

閲覧 5,637ビュー コメント 0 ナイス 1



BCの報酬でもらえる種牡馬の活用編です。今回はウォーフロントの活用方法を探ります。

ウォーフロントは★4の中では貴重な実績Aの種牡馬で、BCの報酬としてはなかなかの馬です。

この馬をはじめ、BC報酬でもらえる種牡馬は交換レートが低い(他の種牡馬の種付け権補充用に使うと交換ptが非常に低い)ため、そのまま配合に用いるのがいちばんでしょう。





とは言え、ウォーフロントは配合理論の面では完璧な配合ができず、見事な配合もごく限られた組み合わせでしか実現できません。

ここは【徹底攻略31】で紹介したダイワメジャーと同じように、いったんウォーフロントから自家製種牡馬を生産して、その馬で完璧な配合を狙うのが得策かと思います。



ウォーフロントの仔で完璧な配合を作るには

ウォーフロント産駒の自家製種牡馬ということで、ウォーフロントは父父の位置に入ることになります。

すると、以下のようにTeddy系とHampton系が見事系統になります。この2系統を母側の面白系統に配置します。



Teddy系やHampton系に属する馬は少ない(繁殖牝馬はそこそこいますが種牡馬はほとんどいない)ため、とりあえず影響の少ない先祖の代のほうに置いておきます。

どちらが先の代に入ってもかまいません。ここではセールに出てきた繁殖牝馬の都合上、Teddy系のほうからスタートする形にしました。



つぎに、残りの見事系統を決めます。

ここにRoyal Charger系を入れれば、母側をRoyal Charger系で血統構築できるという王道のパターンになります。



もう1ヶ所にはNasrullah系を入れてみました。こうすると母父はRoyal Charger系×Nasrullah系という血統構成になります。

この血統の種牡馬はけっこういますので、母父選びに幅ができますね。

★5のハーツクライをはじめ、★4ならキタサンブラックシンボリクリスエス、★3でもトウケイヘイローなど、パラメータのいい種牡馬が揃っています。



最後に、残った面白系統を埋めます。



ここまでで面白系統は6種類ありますから、これらと別の系統を「系統1」か「系統2」のどちらかに入れれば計7系統になり、完璧な配合の条件を満たせます。



こういうときは、【徹底攻略35】で紹介したHimyar系のノボトゥルーやSwynford系のノヴェリストの出番です。



まあ父側は最終的に種牡馬入りできる仔ができればいいので、他のマイナー系統種牡馬でもかまいません。次の代で付けるウォーフロントが優秀なので、重賞を勝てる仔はほぼ間違いなく生まれます。

とりあえず、上に挙げたHimyar系を入れておきます。



「系統2」のほうは、既に面白系統が7系統あるので、何の系統を入れてもOKです。

ここでは牧場にいたNative Dancer系×Royal Charger系という牝馬を用いることにしました。



次回は、実際に配合を行なった模様を紹介します。



★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオン供戮慮式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオン形棺顱戞淵▲好ー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年02月16日(木) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年02月16日号】コース別「大全奥義! 全買いデータ」分析編(34) 小倉芝1800〜2600m
閲覧 853ビュー コメント 0 ナイス 3

週末使える強力データを、伊吹雅也プロ監修の「大全奥義! 全買いデータ」プロジェクトからご紹介するコーナー。取り上げるデータは馬券内率は勿論、その回収率も垂涎のデータとなっているため、ウマニティVIPクラブ会員限定公開とさせて頂いております。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<コース別「大全奥義! 全買いデータ」>

今開催も開幕週から大波乱を演出! 小倉芝中長距離、かつ古馬のレースは○○○○○○産駒を狙い続けるべし

【対象コース】
小倉芝1800〜2600m

【集計期間】
2014年02月01日〜2017年01月22日

【条件】

[もっと見る]

2016年12月22日(木) 23:00
【濃霧注意報DX】〜有馬記念(2016年)展望〜
閲覧 3,439ビュー コメント 0 ナイス 7

 今週のメインは、今年最後の大一番・有馬記念
 毎年この時期になると、「有馬を当てなければ年が越せねぇ!」と気合が入る一方で、「もう今年の競馬も終わりかぁ」という若干の寂しさが心の中に現れます。年が明けて1月5日になればまた新たな開催が始まるのですが、それまでの1週間ちょっとが凄く長く感じるのですよね。何か物足りないというか、落ち着かないというか。
 きっとそれは、私が長いこと有馬記念を的中させていないから……という気がしています。振り返れば、最後の大一番で大きな花火を打ち上げたかったのか、ここ数年の有馬記念の◎はほとんどが人気薄の馬。期待を託しては裏切られ、不完全燃焼な気持ちで1年を締めくくってしまっているのですよね。
 だからこそ、今年の有馬記念における個人的なテーマは”完全燃焼”。
 有馬記念であるということを変に意識せず、この秋順番に触れてきた”数あるG1レースのうちの1つ”と考え、同じように有力馬を掘り下げていきたいと思います。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807




 今年の有馬記念を考えるにあたって触れないわけにはいかないのが、やはりキタサンブラック
 舞台不向きと思われた前走のジャパンカップも自らレースを作っての逃げ切りと、その勢いは増すばかり。能力的にも脚質的にも、あらゆる点でレースの鍵を握る1頭だと言えます。
 私が本馬に関して抱いているイメージは、”自分でペースを作ると本当に強い”というもの。
 本馬が初めて逃げ戦法に出たのは昨年の当レースからでしたが、今年に入ってからは5戦中4戦で逃げを打ち、非常にハイレベルな走りを見せています。今回も同様の形が取れるならば、並び立てる相手はそう多くないでしょう。
 しかし、ここで注目したいのが・・・

[もっと見る]

2016年12月09日(金) 16:00 km
【kmのG1データブレイカー】〜2016阪神ジュベナイルフィリーズ〜
閲覧 1,005ビュー コメント 0 ナイス 0

みなさん、こんにちは。ウマニティ公認プロ予想家のkmです。
今週は、最強2歳牝馬決定戦『阪神ジュベナイルフィリーズ』を中心にお届けしていきます。注目の香港国際競走各レースの見解も、コラムの後半でご紹介していますのでぜひご参考になさってください。

このコラムでは、決め撃ち穴馬ハンターのkmが、『過去5年で勝ち馬を出していないデータから今年破られそうな項目』を”データブレイカー”と称し、ウマニティ会員の方だけに独自の見解を交えてお伝えします。
データ競馬全盛期の今だからこそ、”逆張り”が効果的です。データ派の意表を突く、過去の傾向を覆す可能性の高いポイントにズバッと斬り込んでいきますので、ぜひご活用ください。
また、以前コラムとして連載し好評をいただいていた”次走の狙い馬”につきましては、後半部分でご紹介いたします。さらに、おまけコーナーとして”血統診断”も追加しましたので、合わせてお楽しみください。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


G1データブレイカー
阪神ジュベナイルフィリーズ

サウンドトゥルーの豪脚で幕を閉じたチャンピオンズカップの余韻が残る中、競馬はまだまだ続きます。
今週は、阪神ジュベナイルフィリーズが行われます。
阪神ジュベナイルフィリーズは2006年の外回りコース新設以後、翌年のクラシックに直結するレースになりました。
今年は、欧州の歴史的名馬Frankelの仔ソウルスターリングアルテミスステークス勝ち馬のリスグラシュー、3連勝中のジューヌエコールなどが出走を予定しています。

・前走11頭立て以下【0.1.1.12】

この時期の若駒は素質重視で評価されるのですが、正確な比較がなされているとは思えないケースが多く見受けられます。また、評判馬が出るレースは少頭数になる傾向があります。多頭数で厳しい競馬をしてきた馬に分があるのも当然でしょう。
とは言え、他厩舎が怖れるほどの評判馬の中に綺羅星の如き才能を持った馬がいる気がしてなりません。
今年の該当馬では、ソウルスターリングに魅力を感じます。多頭数で被る不利よりも、溢れ出さんばかりの潜在能力が最大限発揮されたらどれだけ強いのだろうかと考えるだけで胸の高まりが治まりません!

アリンナ→前走11頭立て(秋明菊賞1着)
ゴールドケープ→前走11頭立て(白菊賞1着)
ジューヌエコール→前走10頭立て(デイリー杯2歳ステークス1着)
ソウルスターリング→前走9頭立て(アイビーステークス1着)
ディーパワンサ→前走10頭立て(中京2歳ステークス1着)

[もっと見る]

2016年12月08日(木) 12:00
【濃霧注意報DX】〜阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年)展望〜
閲覧 1,736ビュー コメント 0 ナイス 6

 いつもコラムや日記で色々な条件、レースに触れては「苦手だ苦手だ」と弱音ばかり吐いている私。根がネガティヴなものですから、なかなか自分に自信が持てないのですよね。
 そんな私が競馬において、唯一「得意かも?」と思えるのが、実は2歳戦なのです。
 2歳戦と言えばまず新馬戦が思い浮かびますが、その後の500万条件戦、オープン特別、重賞、G1……そのいずれもがキャリアの浅い馬達同士の戦い。そのため、3歳馬や古馬のレースに比べて力関係が分かりにくく、苦手意識を持つ方も多くいらっしゃると思います。
 しかし、少し視点を変えれば、出走全馬のキャリアが浅い2歳戦というのは、”将来G1や重賞の常連になる馬”と”将来条件戦でうろうろし続ける馬”が同時に走っている――と考えることができます。そしてこのことは、G1においても例外ではありません。一線級まで駆け上がる馬と言うのは、調教の動きやレースにおける走りに少なからず光るものを見せている可能性が高いですから、そうした輝きを見逃さずに狙えるかが的中の分かれ目となってくると思います。
 特に今週の阪神ジュベナイルフィリーズは、後のクラシックホースを量産している出世レース。
 来春まで楽しみを持たせてくれる馬がいるかどうか、何頭かに触れつつ、考えていきたいと思います。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807




 ……と、その前に、当レースについて考える上で持っておきたいイメージが一つ。
 それは、”好走馬のタイプが2種類ある”ということです。
 言い換えれば、”桜花賞オークスでも好走できそうな王道タイプ”と、”将来スプリント路線に転向しそうなスピードタイプ”と言えるでしょうか。
 ここ3年の好走馬で例えるなら、前者に該当しそうなのはメジャーエンブレムレッドリヴェールハープスター辺り。いずれも桜花賞の頃まで世代1、2位を争うと目されていた素質馬です。

 一方、後者に該当しそうなのはブランボヌールレッツゴードンキ、フォーエバーモア辺り。いずれもキャリアを重ねるごとにスプリント色が濃くなり、短距離の重賞やOP特別で結果を出した馬達です。とは言え、スタートからガンガン飛ばしていくような純スプリンターではなく、いずれも”溜めの利くスプリンター”であるというのがポイント。
 前者に該当するのは誰が見ても能力上位な馬であることが多く、配当妙味はあまりありませんが、後者の”溜めが利くスプリンター”はそこそこ美味しいオッズがついている時があります。能力上位の馬に絞って小点数で仕留めるか、スプリンターの香りを漂わせる差し馬を織り交ぜて配当妙味を狙うか、いずれかの戦法が考えられます。

 こうした考えを踏まえて有力馬達に触れていくと、”王道タイプ”として真っ先に目が行くのがハーツクライ産駒のリスグラシュー
 新潟の新馬戦こそ2着でしたが、その後の未勝利戦で圧巻のレコード勝ちを決め、続くアルテミスSでは良血馬フローレスマジックを抑えての完勝。相手が強くなる重賞でありながら、刻んだラップは最後まで加速し続けており、まだまだ余裕があったことを窺わせます。
 相手関係に恵まれ続けている印象はありますが、未勝利勝ち、そして前走共にレースレベルは合格点が付けられるもので、前述のラップも併せて考えると価値は更に上がります。
 母父が欧州のマイラーであるという点から、同じハーツクライ産駒であるヌーヴォレコルトに近いイメージを感じますし、今回に限らず来年になってもその走りに注目したい1頭と言えます。

 一方・・・

[もっと見る]

2016年12月07日(水) 15:10 横井顕
【徹底攻略5】種牡馬の運用方法を考える
閲覧 12,636ビュー コメント 0 ナイス 4



好きな種牡馬と繁殖牝馬を使って配合をできるのが『ダビスタ』シリーズの楽しみです。作品によっては、高額種牡馬が「BOOKFULL」だったり一定条件を満たさないと種付けできなかったりとさまざまな制約があったものの、最終的にはすべての種牡馬を開放して自由に配合ができました。

海外の種牡馬も使えました。

『ダビスタ(PS版)』や『ダビスタ64』では母父Danzig、『ダビスタ99』では父Rainbow QuestやHighest Honorなど、海外種牡馬を使った配合が猛威を振るいました。


▲当時“レイマル配合”と呼ばれた代表的な配合のひとつ。



残念ながら、2008年発売の『ダビスタDS』を最後に海外種牡馬は姿を消しています。最近は海外種牡馬どころか輸入種牡馬すら影が薄く、内国産種牡馬の独壇場ですしね。

そんなわけで、『ダビマス』ではディープインパクトキングカメハメハハーツクライが種牡馬トップの御三家。これらは★5という最高ランクのレア種牡馬で、当時の海外種牡馬に匹敵する存在です。



種牡馬のランク分け

種牡馬は入手難度から★1〜5の5段階にランク分けされています。種牡馬を使うための種付け権はガチャなどで手に入りますが、ランクの高い種牡馬ほど入手が困難で、その分パラメータも高くなっています。

『ダビスタ』はご存じのとおり、どんなにパラメータのいい種牡馬や繁殖牝馬でも、一発で大物産駒ができることは希です。何度も何度も配合を繰り返し、そのうち“当たり”の産駒に出会える……というゲームです。

容易に手に入る★3までの種牡馬で数多く生産するか、貴重な★4・★5で一発勝負に賭けるか。このあたり、これまでのシリーズにはなかった考えどころですね。


▲高ランク種牡馬と言っても1回付けたところで大物産駒が生まれる保証はない。



牧場経営には種付け権がたくさん必要

一方、牧場経営を考えると多頭数を走らせたほうが効率的で、そのためにはたくさんの種付け権が必要になります。普段は★3以下の種牡馬を使い、★4・★5の種付け権は「ここぞ」というときのために取っておく……というのが現実的な気がします。

★3以下で実績B以上の種牡馬を以下に挙げておきます。これらの種牡馬を使って配合を行なえば、比較的スピード・スタミナに恵まれた産駒が出やすいはずです。



エイシンアポロンのみ★2で、あとはすべて★3です。



種付け権は交換できる

種付け権は、他の種牡馬の種付け権に交換することができます。余っている種付け権と引き換えに、欲しい種牡馬の種付け権を入手できるわけです。

ただし下の表のように、交換は等価ではありません。たとえば★5の種付け権を得るために他の★5を交換に出す場合、10000pt=5000pt×2 なので2回分を出す必要があります。




高ランクの種付け権を交換で得るのはなかなかたいへんです。逆に、高ランクの種付け権を犠牲にして低ランクの種付け権を得るという方法もあります。

使わない★5を1回分(5000pt)犠牲にすれば、★3の種付け権(100pt)が50回分手に入ります。



なお、★2と★1は交換に必要なptと交換に出したときのptが等価です。これを利用し、下記のように中間貯蔵庫のような使い方をすると便利です。





★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオン供戮慮式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオン形棺顱戞淵▲好ー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハーツクライの口コミ


口コミ一覧
閲覧 12ビュー コメント 0 ナイス 3

社台スタリオンの影で「渋すぎる」アロースタッドの新種牡馬ラインナップ。愛された「出遅れ王」に「三冠弟」、そして「菊花賞馬」も─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル /2017年02月21日 15時00分00秒
http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2646.html

現在、日本の競馬界でもっとも有力な種牡馬が集まるスタリオンは、間違いなく社台スタリオンステーションだろう。ディープインパクト、キングカメハメハ、ハーツクライ、ダイワメジャーといったリーディングサイアー上位がズラリ。それだけでなく、オルフェーヴルにルーラーシップ、ドゥラメンテにモーリスと、新種牡馬も錚々たる顔ぶれだ。さすがは「天下の社台」である。

 当然、他のスタリオンのラインナップは社台と比較すると月とスッポンの状態ではあるのだが、だからといって何の希望もないわけではない。

 北海道日高郡新ひだか町静内田原にある「アロースタッド」の今年の新種牡馬が15日に発表されたが、そのラインナップが一部ファンの間で注目されている。実に渋い面々だと。

 繋養する前から注目されていたのが、2011年の三冠馬オルフェーヴルの全弟であるリヤンドファミユ。若駒Sを勝利するなどクラシック候補に名を連ねていたが、故障により思うような競走生活を送れず。インターネット上のオークションに出されて落札され、同馬を種牡馬にするための募金プロジェクトが発足。シンジケートが構築され、晴れて種牡馬となった。

 全兄であるドリームジャーニーの種牡馬成績が振るわない面を考えると不安だが、ここから大きく羽ばたけるかに注目ではある。

 一方、菊花賞を制したが、その後度重なるアクシデントによって好成績を収められなかったトーホウジャッカルもアロースタッドで種牡馬入り。先日種牡馬引退したスペシャルウィークの後継としての責務は決して軽いものではなく、菊花賞やその後の走りを見ても、順調にいっていれば大レースをもう1つ2つ勝利できたのではと思わせる逸材だ。

 さらに、競馬ファンにとって馴染み深いペルーサもスタッドイン。ゼンノロブロイの後継という位置づけだが、ファンからすれば高い能力と「出遅れ」で人気を誇った馬でもある。ハイレベルだった2010年クラシックでは青葉賞を勝利し日本ダービーでも2番人気に推されたその能力と、種牡馬として評価される早熟性は大きな武器だ。長い現役時代の果てにたどり着いた新たな舞台で、またファンを驚かせてくれるかどうか。

 他にもNAR年度代表馬ラブミーチャンの半弟ダブルスター、2歳時には新潟2歳S(G3)の1番人気に支持されたクリーンエコロジーと、なんとも渋い、かつクセの強そうなラインナップとなった今年のアロースタッド新種牡馬。昨年はここで産駒が大活躍したリーチザクラウンが、社台スタリオンステーションに"栄転"している。

 ド派手なスタリオンだけが主役ではない。ここから大きく羽ばたく種牡馬は現れるだろうか。

 やすの競馬総合病院 2017年02月17日(金) 21:30
京都牝馬S・ダイヤモンドSの予想の巻
閲覧 22ビュー コメント 0 ナイス 1

☆京都牝馬Sの予想☆
馬場状態
最終週を迎え、コース全体の内側に傷みが見られます。

天気予報
金曜に降った雨の影響がどの程度なのかわからないけど、明日は雨は降らなさそうなんで良馬場かな?

過去1年の1着馬の傾向
(2016年から1400mに変更)
時計:去年は、重馬場で1.22.9
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:好位辺りから競馬できるよさそう。
人気:去年は、1番人気馬が1着。
斤量:去年は、56kgの馬が1着。

予想
去年の傾向は道悪なんで、明日が良馬場だとしたら参考にならないかも。

牝馬限定で京都1400mで良馬場だったら、ゆったりした流れから瞬発力勝負になる可能性の方が高いのかな?

Mペース以上からの持久力勝負になるんだったらスピード能力の高さ(1200m・1400mでの実績)なども考慮するけど、Sペースからの瞬発力勝負になるんだったら短距離であまり実績のないマイラーっぽい馬でも問題ないかも。

なので、距離はあまり気にせず、好位〜中団後方ぐらいまでで競馬ができて、瞬発力勝負に対応できる馬を選ぼうかな。

☆結論☆
◎エテルナミノル
1400m未経験ですけど、直線長いコースのマイル付近での瞬発力勝負は得意なんで、ゆったりした流れになったら1400mでも対応できそう。
好位辺りからでも競馬できるのはいいし、4歳で伸びしろまだまだありそうやし、持ち味活かしにくい中山で負けて直線長い京都外回りで人気さらに下げるならお買い得かも。

☆京都牝馬S 買い目☆
予想オッズ見たら13番人気ってなってるんで、ここまで人気しなさそうなら、単勝だけでなく複勝も買っておきましょっか?

単勝 5 1000P
複勝 5 1000P  合計2000P


--------------------------------------------------------------------------------

☆ダイヤモンドSの予想☆
馬場状態
向正面から3〜4コーナーにかけて、内柵沿いに若干の傷みが見られますが、全体的に大きな傷みは無く概ね良好な状態です。

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年の1着馬の傾向
時計:3分31秒台の決着に対応できる方がよさそう。
展開:持久力勝負になりやすい。
脚質:中団後方でじっくり競馬してる方がよさそう。
人気:1着馬5頭中、1番人気馬が3勝。
斤量:1着馬5頭中、56kg以下が4頭。

予想
直線長い東京ですけど、3400mのレースっていうのもあって、上がり3F33秒台とかそういう瞬発力の質の高さは必要なさそう。

前めで競馬して勝ってる馬もいるんですけど、どっちかいうと道中はあまり無理せずスタミナをある程度温存して、直線でしっかり伸びるような馬を選んでいった方がいいのかな。

2400mから距離が伸びても問題ないスタミナ量の豊富な長距離向きの馬の中から、中団、中団やや後方辺りで競馬して直線でメンバー中上位の上がりで伸びてくるような馬を本命にしたいです。

☆結論☆
◎アルバート
2年連続でステイヤーズSを勝ってて長距離適性は文句ないし、脚質的にも中団後方で温存して直線でメンバー中上位の上がりで伸びてくるんで、直線長い東京での長距離戦は条件ピッタリかも。
堀厩舎が外人騎手乗せてきたんで本気度高そうやし、しかもムーアですからね〜。
斤量58kgでもここは勝ち負け期待したいです。

〇カフジプリンス
3000m以上での好走実績がないんで本命にはしなかったけど、ハーツクライ産駒は中・長距離得意な馬多いし、2500mや2600mで勝ってるのも見ても長距離適性ありそうな気がするんですよね〜。
脚質的にも中団・中団後方で温存して直線でメンバー中上位の上がりで伸びてくるんで、直線長い東京で良馬場の長距離戦なら持ち味を発揮できる条件かも。
4歳でこれからまだまだ強くなっていきそうやし、このメンバー相手で54kgっていうのもおいしいんで勝ち負け期待したいです。

☆ダイヤモンドS 買い目☆
アルバートとカフジプリンスの2頭だと馬連で1番人気か2番人気になると思うんで、馬連なら利益率考えると1点勝負するしかないかも?
当たっても安いし、1点で当てれる自信もそんなにないし、ハンデ戦なんで何あるかわからない面もあるから、外れても傷浅くすむように1000Pだけで。

馬連 8−12 1000P


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(土曜日分)☆
京都牝馬S エテルナミノル

先週失敗したから気楽に指名できるんで、人気薄の馬でも強気に狙ってみました。

☆買い目☆
複勝 5 1000P


--------------------------------------------------------------------------------
☆超おいしい単勝選手権☆
京都牝馬S エテルナミノル

アルビアーノが休み明け(0.0.0.3)なんで、他の馬の単勝もチャンスあるかな?


オッズもおいしくなりそうなんでこの馬指名で。


--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会


どちらの企画も
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
ドバイワールドカップ(GI ダ2000m)
アウォーディー
アポロケンタッキー

ドバイシーマクラシック(GI 芝2410m)
サウンズオブアース

ドバイターフ(GI 芝1800m)
ヴィブロス
リアルスティール

ゴドルフィンマイル(GII ダ1600m)
ラニ

この6頭がドバイ遠征行くみたいですね〜。
3月25日なんで1ヶ月ちょっと先ですが楽しみです。

[もっと見る]

 馬券のエース 2017年02月14日(火) 20:07
ダイヤモンドS≪データ攻略ポイント≫ 
閲覧 65ビュー コメント 0 ナイス 6

【ダイヤモンドS】東京3400m

1番人気【6-1-0-3】
2番人気【2-3-1-4】
近10年は´番人気どちらかが連対。θ嵜裕ぐ焚爾癸械案中12頭(40%)と波乱傾向ですが
この連対傾向を重視して´番人気どちらかから馬連というのが意外と手堅いかも。
3連単派の方は´着固定という手もありますね♪

≪好走条件≫
・ハーツクライ産駒【3-2-0-2】※5年連続連対中!といってもフェイムゲームが3年連続
・4歳〜6歳のダンスインザダーク産駒【3-2-2-6】
・前走3着以内の4歳馬【1-3-3-7】
・○前走からの斤量増【5-1-2-10】 同斤【2-3-3-45】 斤量減【3-5-6-66】斤量増が活躍の傾向

≪凡走材料≫
・ステイヤーズS4着以下【0-1-1-32】
・前走AJCC組【3-0-0-24】率は良くないのだが、1着3回は2014〜16年の最近。
 それまでは完全に消しのレースでしたが…AJCC3着以内なら警戒も。
・前走芝のOPクラスで5着以下【0-0-0-17】
・近2走ともに2200m以上のレース5着以下【0-0-2-45】
・7歳以上のうち前走0.6秒以上の負け【0-0-1-41】

≪斤量≫
ハンデ戦の長距離線だけに「軽量有利」とも思えるが
48キロ以下【0-0-0-8】
50・51キロ【0-0-3-14】
53キロ【2-2-0-21】
54キロ【1-0-2-23】
55キロ【2-2-2-16】
56キロ【1-3-1-19】
57キロ【2-0-0-5】
58キロ以上【1-2-0-3】
※勝ち馬は全て53キロ以上、率だけなら58キロ以上が50%と重くてもOK

【総評】

数少ない長距離戦だけに特定の種牡馬が活躍していますが、連続が途切れるまでは◎ハーツクライ
これからは昔活躍した種牡馬が母父になっていることもあります。
母父トニービン・エリシオ、これからは母父ダンスインザダークにも注目☆の時代ですね!

絞り込みで残った馬は
・アルバート(母父ダンスインザダーク)
・カフジプリンス(父ハーツクライ)
・サムソンズプライド
・ファタモルガーナ(母父エリシオ)
・プレストウィッグ
もう7歳ですけど3年連続でのリピーターなら外すわけにはいかない
・フェイムゲーム(父ハーツクライ)

長距離線は毎度同じ顔ぶれが並びますが、ステイヤーズS3600mに出走していた馬が6頭
1・2着馬が絞込みにも残り
1着アルバートが57kg→58kg
2着ファタモルガーナが56kg同斤量
この2頭に、対戦していない父ハーツクライ・カフジプリンス・フェイムゲーム
血統で挙げた4頭が中心になると思います。

ハーツクライ産駒が5年連続連対、´⊃裕で呂里匹舛蕕が10年連続連対から
データ的には・フェイムゲーム・カフジプリンスの´番人気になった方を◎

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://www.relax-myodani.jp/ 馬券Aで〔検索〕も可

=第2次永久会員募集=
データ☆能力指数☆タイムLAPの3面から、より『根拠』の強い理論で馬券力UP♪

[もっと見る]

ハーツクライの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ハーツクライの写真

ハーツクライ
ハーツクライ

ハーツクライの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ハーツクライの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。