ムードインディゴ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  栗毛 2005年1月19日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主金子真人ホールディングス 株式会社
生産者(有)社台コーポレーション白老ファーム
生産地白老町
戦績24戦[3-2-0-19]
総賞金13,420万円
収得賞金4,050万円
英字表記Mood Indigo
血統 ダンスインザダーク
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ダンシングキイ
リープフォージョイ
血統 ][ 産駒 ]
Sharpo
Humble Pie
兄弟 チャペルコンサートラストリゾート
前走 2010/12/19 愛知杯 G3
次走予定

ムードインディゴの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
10/12/19 小倉 11 愛知杯 G3 芝2000 181226.71017** 牝5 54.0 C.ウィリ友道康夫466(-6)2.16.9 17.451.9⑩⑨⑪⑰セラフィックロンプ
10/11/14 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 18715158.51510** 牝5 56.0 川田将雅友道康夫472(+2)2.14.2 1.735.2⑭⑬⑫⑬スノーフェアリー
10/10/17 東京 11 府中牝馬S G3 芝1800 1781624.81114** 牝5 55.0 津村明秀友道康夫470(-8)1.47.3 0.933.1⑰⑰⑰テイエムオーロラ
10/08/15 札幌 9 クイーンS G3 芝1800 1461067.31311** 牝5 55.0 上村洋行友道康夫478(+16)1.48.8 1.235.1⑬⑭⑭⑬アプリコットフィズ
10/06/20 阪神 10 マーメイドS G3 芝2000 1661230.3106** 牝5 55.0 C.ウィリ友道康夫462(0)2.00.1 0.635.1⑩⑩⑪⑫ブライティアパルス
10/05/16 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 18816171.61618** 牝5 55.0 上村洋行友道康夫462(0)1.33.6 1.234.5⑮⑮ブエナビスタ
10/04/24 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 1651016.9814** 牝5 55.0 上村洋行友道康夫462(+2)1.50.4 1.537.5⑩⑦⑥⑥レジネッタ
09/12/19 中京 11 愛知杯 G3 芝2000 18486.2211** 牝4 56.0 M.デムー友道康夫460(-2)2.00.6 0.934.5⑱⑱⑭⑭リトルアマポーラ
09/11/15 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1881723.6812** 牝4 56.0 田中勝春友道康夫462(+12)2.15.3 1.733.6⑰⑰⑮⑰クィーンスプマンテ
09/10/18 東京 11 府中牝馬S G3 芝1800 182418.571** 牝4 55.0 田中勝春友道康夫450(-12)1.44.6 -0.333.7⑱⑰⑮ベッラレイア
09/08/16 札幌 9 クイーンS G3 芝1800 148147.044** 牝4 55.0 藤岡佑介友道康夫462(-4)1.48.5 0.335.4⑤⑥⑥⑥ピエナビーナス
09/06/21 阪神 10 マーメイドS G3 芝2000 168159.858** 牝4 55.0 岩田康誠友道康夫466(+10)2.01.0 0.835.0⑫⑫⑫⑪コスモプラチナ
09/05/17 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1851036.4811** 牝4 55.0 内田博幸友道康夫456(-18)1.34.1 1.734.2⑫⑯ウオッカ
09/04/25 京都 10 オーストラT OP 芝1800 11789.769** 牝4 55.0 武豊友道康夫474(+22)1.51.0 3.037.8⑥⑨ドリームサンデー
08/11/16 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1861116.356** 牝3 54.0 福永祐一友道康夫452(-4)2.12.9 0.834.7⑩⑩⑩⑪リトルアマポーラ
08/10/19 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 181116.782** 牝3 55.0 福永祐一友道康夫456(0)1.58.5 0.134.4⑬⑫⑪⑪ブラックエンブレム
08/09/21 阪神 10 ローズS G2 芝1800 1851029.092** 牝3 54.0 福永祐一友道康夫456(-18)1.47.3 0.035.0⑭⑪マイネレーツェル
08/08/17 札幌 9 クイーンS G3 芝1800 145750.8118** 牝3 52.0 田中勝春友道康夫474(+22)1.48.6 0.535.1⑨⑨⑫⑫ヤマニンメルベイユ
08/05/25 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 183517.7710** 牝3 55.0 福永祐一友道康夫452(-4)2.29.6 0.836.0⑥⑦⑧⑧トールポピー
08/04/13 阪神 9 忘れな草賞 OP 芝2000 16475.721** 牝3 54.0 福永祐一友道康夫456(+6)2.02.2 -0.135.8⑥⑦⑥⑤プティマカロン

⇒もっと見る


ムードインディゴの関連ニュース

 愛知杯17着のムードインディゴ(栗・友道、牝5)は近日中に競走馬登録を抹消する。通算24戦3勝。重賞勝利は09年府中牝馬S。今後は繁殖入りする予定。

【愛知杯】ムードインディゴが巻き返す2009年12月19日() 05:04

 《本紙の狙い》ムードインディゴが◎。展開がまるで向かなかったエリザベス女王杯(12着)は度外視していい。前走後はここを目標に乗り込まれ、動きも軽快。圧勝した府中牝馬S時とそん色ない状態に仕上がっている。平坦の中京ならば、持ち味の切れ味はさらに生きるはずだ。54キロが魅力なメイショウベルーガが相手の筆頭。実力馬リトルアマポーラが▲。使われつつ調子を上げてきた。

確定枠順へ

[もっと見る]

【エ女王杯】悲願戴冠へ凄くいい“ムード” 2009年11月11日(水) 05:05

 前哨戦の府中牝馬Sをレースレコードで快勝したムードインディゴが、エリザベス女王杯で強い3歳世代に立ち向かう。秋華賞2着から挑んだ昨年は6着に終わったが、毎日王冠より速い時計で重賞初Vを果たすなど4歳を迎えた今年は一段とパワーアップした。武器の末脚を生かして、2冠馬ブエナビスタにどこまで肉薄できるか。

 府中牝馬Sをレコードで優勝し、重賞初制覇のムードインディゴ。管理する友道調教師も愛馬の走りを称賛する。

 「タイム(1分44秒6)は速いし、上がり3ハロンも33秒7。文句ない内容だったよね」。レースは、前に行った2頭が引っ張り、前半1000メートルが58秒1と淀みない流れ。後方待機馬が上位を独占し、展開が向いた面は否定できないが、ムードにも力があったからこその結果だ。

 東京芝1800メートルの1分44秒6は、コースレコード(07年毎日王冠チョウサン=1分44秒2)に0秒4差。府中牝馬Sの前週に行われた毎日王冠の勝ちタイムは1分45秒3。優勝したカンパニーは天皇賞も制覇。単純な時計の比較はできないが、牝馬同士のGIならムードにもチャンスはあるはずだ。

 友道師は昨年以上にパワーアップしていることも強調する。「去年とはカイバを食べる量が違っています。それだけ調教をビシビシできますし、成長を感じます」。ダンスインザダーク産駒らしく、4歳秋を迎えて食べたものが実になり、思い通りの成長曲線を描いている。DD産駒は菊花賞でワンツーフィニッシュ(1着スリーロールス、2着フォゲッタブル)。京都のGIで強いことも後押しする。

 さらに、「今の時季がいいのかな」と季節を口にする。ムードは2歳12月の新馬戦を1番人気でV。昨年も秋のローズS秋華賞とも2着。9~12月は【2・2・0・1】で連対を外したのが昨年のエリザベス女王杯で6着。ただ、今年は重賞馬の仲間入りを果たし、昨年より数段レベルアップしている。

 「3歳世代は強いけど、こちらも順調に調整できています。今回も前走同様に末脚を生かしてどこまでこれるか」。ブエナビスタを筆頭にひとつ下の世代の強さは認めつつも、虎視眈々と上位を狙っている。(高尾幸司)

[もっと見る]

【府中牝馬S】ムード、レコードで重賞初V2009年10月19日(月) 05:03

 第57回府中牝馬S(18日、東京11R、GIII、3歳上牝馬オープン国際、別定、芝1800メートル、1着本賞金3900万円=出走18頭)後方から進んだ7番人気のムードインディゴが、直線で一気に突き抜けて重賞初制覇。タイム1分44秒6(良)はレースレコード。昨年の秋華賞2着馬が、因縁の日にタイトルを奪取。次走のエリザベス女王杯(11月15日、京都、GI、芝・外2200メートル)で悲願のGI制覇に挑む。

 1年前に京都のGIで見せた末脚は、4歳秋にパワーアップして府中で甦った。昨年の秋華賞で2着に追い込んだムードインディゴが、メンバー最速の上がり3ハロン33秒7で2馬身差の完勝。実績馬が重賞初Vを決めて復活をアピールだ。

 「末脚を生かそうと思って直線に賭けるつもりでした。思い通りだったとしても、本当に凄い脚でした」。田中勝春騎手が舌を巻く。スタートして最後方待機。自分のペースで進み、直線で馬群の開いたところへ持ち出すという、描いていた通りのレース。昨夏のクイーンS8着以来3度目の騎乗だったカッチーは「だいぶ体がしっかりした」と成長を実感した。

 昨秋はカイバ食いが細く調整に苦労したが、今ではしっかり食べるようになり、調教量を増やすことができるようになった。秋華賞時より6キロ軽い体重でも中身が違う。前走からの12キロ減も「昨年はこのぐらいの馬体重で走っていたので」と友道康夫調教師が調教で攻めてきたものだ。

 菊花賞で2冠を狙う同じ厩舎のアンライバルドに「弾みがつきました」と笑顔の友道師は「外回りは魅力ですね」とエリザベス女王杯に意気込む。1つ上の先輩が、秋華賞でしのぎを削った上位馬に貫禄を見せるつもりだ。(下村静史)

[もっと見る]

【府中牝馬S】ムードインディゴ重賞初V2009年10月18日() 15:53

 18日、東京競馬場で「第57回府中牝馬S」(GIII、芝1800メートル)が行われ、昨年の秋華賞2着馬で7番人気のムードインディゴ(牝4歳、栗東・友道康夫厩舎)が直線で抜け出し、重賞初制覇。タイムは1分44秒6(良)。GI2勝馬カワカミプリンセスは直線で一旦先頭に立ったが、6着に終わった。

 ムードインディゴは、父ダンスインザダーク、母リープフォージョイ、母の父シャーポ。JRA通算15戦3勝で、重賞は初制覇。田中勝春騎手は府中牝馬S初勝利。

 2着は外から伸びたベッラレイア(牝5歳、栗東・平田修厩舎)、3着は昨年の桜花賞レジネッタ(牝4歳、栗東・浅見秀一厩舎)。

 1番人気カワカミプリンセス(牝6歳、栗東・西浦勝一厩舎)は6着に敗れた。

[もっと見る]

【クイーンS】ムード盛り上がる!重賞初制覇だ 2009年8月16日() 05:05

 《本紙の狙い》ムードインディゴは、昨年のこのレースで8着だったが、この1年で心身ともに大きく成長した。体がしっかりしてきて、強い追い切りをこなすことができている。追い切り後も落ち着いた姿で、ここに向けて万全の仕上がりと言っていい。大外枠となったが、ポンとスタートを切って好位に取りつくことができれば何ら問題ない。昨年秋はローズS秋華賞とも2着と力のあるところを見せており、メンバーが手薄な今回は重賞制覇のチャンスだ。ザレマはマイル前後がベストで、前走は少し距離が長かった。1ハロンでも距離が短縮されるのは好材料で、巻き返しは十分可能だ。格上挑戦でも素質は見劣らないスペルバインドが▲。

★最新ナマ情報

 抜群の追い切りを披露した(14)ムードインディゴが、待望の重賞初制覇を狙う。追い切り後もテンションが上がらず、落ち着いた姿を見せてきた。前日も角馬場でじっくり体をほぐして調整を終え、山田了調教助手は「体は柔らかいけど、芯が入ってきています。去年(8着)よりも状態はいいと思うし、仕上がりもいいですよ」と好仕上がりをアピール。昨年4月の忘れな草賞以来の勝利へ態勢は整った。

 先週の関屋記念に続き、2週連続の重賞Vを狙う三浦騎手が騎乗する(1)マイネカンナは、国分優騎手が騎乗してダートコースをキャンターで1周。「ここまで順調に来ています。先週けいこに乗った(三浦)ジョッキーもいい感じと言ってくれた。何とかしてほしいね」と菅野厩務員は勢いのある鞍上の手綱に期待を寄せている。

 昨年の覇者(4)ヤマニンメルベイユが、ここにきて調子を上げている。金曜に続いて土曜も柴山騎手が騎乗して、時間をかけて角馬場で体をほぐした後、ダートコースで終いをやや伸ばした。「少し重い気がしたので、直線伸ばしました。いい感じに仕上がったと思います」とジョッキーは好感触。札幌芝コースは相変わらずいい状態で、内外の差がなく外を回すと厳しい。柴山も土曜の騎乗でこの状況を十分承知しており、「(ハナに)行かないとアカンな」と昨年同様の逃げ切りを狙っている。

 牝馬限定重賞では上位を争ってきた(6)ザレマ。函館から木曜日に輸送して、前日は札幌競馬場で調整。角馬場からダートコースを軽いキャンターで1周し、「いい感じでした。変わりなく順調にきていますよ」と竹中調教助手は仕上がりに自信を持つ。前走のマーメイドS(10着)は、2000メートルの距離に跳ね返された。「2000メートルより1800メートルの方がいいし、できれば前々で競馬をしてほしいですね」と距離短縮は歓迎ムードだ。

 連闘で挑む(9)レッドアゲートが意欲的な前日調整を行った。ダートコースで終い1ハロン13秒0を馬なりでマークした。久川調教助手は「きょうは反応を見る程度で、ラスト1ハロンを伸ばしました。連闘でもダメージはないし、体もいくらか減って出せそうです」と12キロ増だった前走よりも絞れてきそうだ。3歳時にはサンスポ賞フローラSを勝っている実力があるだけに、ガラリ一変も十分見込めそうだ。

 格上挑戦で重賞に挑戦する(11)スペルバインドは、角馬場調整でレースに向けて息を整えた。中西調教助手は「追い切り後も変わりなくカイバを食べています」と木曜日の追い切り後も順調にきている。「状態に関しては、今までで一番いいと思います」と最高のデキであることを強調した。新コンビを組む横山典騎手は土曜日に3勝を挙げ好調なだけに、スペルバインドも上位争いに導きたい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ムードインディゴの関連コラム

閲覧 248ビュー コメント 0 ナイス 6

第254話 「秋華賞


08年 35.0-48.0-35.4 =1.58.4 ▼4△3△3 平坦戦
09年 34.0-49.0-35.2 =1.58.2 ▼2▼4±0 平坦戦
10年 34.8-49.8-34.6 =1.58.4 ▼9▼4△6 瞬発戦
11年 34.6-47.8-35.8 =1.58.2 △2▼4△3 平坦戦
12年 36.5-48.7-35.2 =2.00.4 ▼1△2△9 平坦戦

過去5年で4度の平坦戦というのがやはり秋華賞のポイントでしょう。
阪神JF→(チューリップ賞)→桜花賞オークスローズS
と王道ローテは外回りで直線が長いコースばかりで秋華賞が唯一内回りで行われるレース。
とはいえ4年連続1&2番人気が馬券になってるので「格の違い」があるのも確か。
今年はどうなる?というレースです。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ブラックエンブレム 【瞬1平2消0】
レッドディザイア  【瞬4平0消1】
アパパネ      【瞬5平1消1】
アヴェンチュラ   【瞬2平2消0】
ジェンティルドンナ 【瞬4平2消0】
2着馬
ムードインディゴ  【瞬1平1消1】
ブエナビスタ    【瞬5平1消0】※2番手入線→3着に降着
アニメイトバイオ  【瞬2平3消1】
キョウワジャンヌ  【瞬1平1消1】
ヴィルシーナ    【瞬5平1消0】

レッドディザイア以外の連対馬には平坦戦実績がありました。
瞬発タイプの馬でも平坦戦実績が1度でもあれば問題ないと言えるかもしれません。
つまり平坦戦がポイントになるレースですが平坦戦特化した馬が決して有力という訳ではないということ。
…んがしかし。
過去5年の牝馬路線のレース結果を見てみると

【08年】
阪神JF 1着トールポピー    2着レーヴダムール
桜花賞  1着レジネッタ     2着エフティマイア
オークス 1着トールポピー    2着エフティマイア
ローズS 1着マイネレーツェル  2着ムードインディゴ
【09年】
阪神JF 1着ブエナビスタ    2着ダノンベルベール
桜花賞  1着ブエナビスタ    2着レッドディザイア
オークス 1着ブエナビスタ    2着レッドディザイア
ローズS 1着ブロードストリート 2着レッドディザイア
【10年】
阪神JF 1着アパパネ      2着アニメイトバイオ
桜花賞  1着アパパネ      2着オウケンサクラ
オークス 1着アパパネ      1着サンテミリオン
ローズS 1着アニメイトバイオ  2着ワイルドラズベリー
【11年】
阪神JF 1着レーヴディソール  2着ホエールキャプチャ
桜花賞  1着マルセリーナ    2着ホエールキャプチャ
オークス 1着エリンコート    2着ピュアブリーゼ
ローズS 1着ホエールキャプチャ 2着マイネイサベル
【12年】
阪神JF 1着ジョワドヴィーヴル 2着アイムユアーズ
桜花賞  1着ジェンティルドンナ 2着ヴィルシーナ
オークス 1着ジェンティルドンナ 2着ヴィルシーナ
ローズS 1着ジェンティルドンナ 2着ヴィルシーナ

過去5年では09年、10年、12年にはブエナビスタレッドディザイアジェンティルドンナヴィルシーナという格がワンランク上と思われる実績馬の存在が大きい秋華賞だったと思います。
08年に関してはトールポピーがGⅠ2勝しているものの好走の幅が狭く凡走も多い馬でしたし、桜花賞レジネッタも押し出された人気馬でいわゆる混戦模様の世代でした。
混戦模様となると展開一つで着順が大きく変わる可能性もあるし適性でも大きく左右することになります。
結局、この08年は3連単1000万オーバーの大波乱となった訳です。
11年も実は混戦模様で波乱となる可能性も十分ありました。
大波乱とならなかった大きな要因は春のクラシック不出走だった2番人気アヴェンチュラの存在でしょう。
内回りコース&平坦戦実績も十分あって適性的には問題ありませんでした。
そして今年です。

かなりの混戦模様になってると感じます。
これまでのGⅠで2回以上馬券になった馬は1頭もいません。
オークス3着→ローズS1着のデニムアンドルビーがおそらくは1番人気になると思われますが09年10年12年の先輩達には及ばない実績なのは明らか。
ならば今年は08年の再現あるとみて予想してもいいかもしれません。
08年のポイントになったのは何か?
・平坦戦実績
・内回り(小回り)コース実績
・内枠(内ラチ沿い)
・OP以上のクラスでの実績
この4点にあると思われます。

ブラックエンブレムの再現となればウォーエンブレム産駒で岩田J騎乗予定のローブティサージュか…?
いや、これは罠なんじゃないかと…。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
セキショウサクラプレジールローブティサージュ
紫苑S組がイマイチなのは重々承知ですがセキショウは逃げたら2戦2勝でハナ切れそうなメンバー構成。
結構シブトイ気がします。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2012年9月12日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第203話ローズS(謎解き編)~
閲覧 208ビュー コメント 0 ナイス 5

第203話 「ローズS


07年 35.6-36.9-33.6 =1.46.1 ▼ 9▼3△ 4 瞬発戦
08年 34.4-36.7-36.2 =1.47.3 △ 1▼5△ 6 瞬発戦 重
09年 34.5-35.0-35.2 =1.44.7 ± 0△2△ 6 消耗戦
10年 34.1-37.4-34.3 =1.45.8 ▼ 8▼6△ 7 瞬発戦
11年 36.7-37.3-34.1 =1.48.1 ▼11▼3△11 瞬発戦

09年は短距離路線のメモリーパフィアが中盤ぶっ飛ばす展開でハイペース消耗戦となりましたが、これはレアケースと考えていいでしょう。
(実際はどちらかといえば幸Jの意図した逃げだったと思います)
基本的には他の年の様に瞬発戦という可能性が高いでしょう。
重馬場だった08年以外は
・ラスト4F目→3F目で大きな加速
・連続加速
というのが共通点で阪神外回りらしいレースで瞬発力と長く使える脚というのがポイントになると思われます。
では過去5年の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ダイワスカーレット 【瞬4平1消0】
マイネレーツェル  【瞬0平2消2】
ブロードストリート 【瞬2平2消0】
アニメイトバイオ  【瞬1平3消1】
ホエールキャプチャ 【瞬5平1消0】
2着馬
ベッラレイア    【瞬4平0消0】
ムードインディゴ  【瞬0平1消1】
レッドディザイア  【瞬4平0消0】
ワイルドラズベリー 【瞬2平2消0】
マイネイサベル   【瞬2平1消0】

違和感があるのは08年の連対馬2頭、マイネレーツェルムードインディゴ
2頭とも瞬発戦実績なしの馬でしたがこのレースでは連対しました。
他の年と異なるのは重馬場で上がりが36.2秒とかなり時計の掛かる前傾ラップだったこと。
瞬発戦にはなりましたがタフで厳しいレース内容で消耗戦テイストなものが問われたのだと思われます。
3着は平坦戦の桜花賞を制したレジネッタで4着馬オディール5着馬メイショウベルーガには消耗戦実績がありました。
とはいえその2頭を省いてもなんとなくしっくりこない名前が多いですね。
大きな加速+連続加速がポイントでこれはオークスにも直結するレース質のはずなのですがそのオークスの上位馬がここで敗退するケースも少なくないからなのだと思います。
実際オークス馬のトールポピーアパパネエリンコートはここでは3着にすら入っていません。
これはオークスとは距離が異なること(長距離と中距離、根幹距離と非根幹距離)、秋華賞トライアルであり仕上げの問題、の2点が要因だと思われます。
若い3歳牝馬ということもあるでしょう(>牡馬ほどあてに出来ないから)

では買える馬買えない馬のポイントはどこにあるのかというと「上がりが使える馬か否か」だと思われます。
前走オークスだった馬の成績は4-3-1-15(勝率17.4%、連対率30.4%)となっていますが上がり5位以内の馬に限定すると4-3-0-7(勝率28.6%、連対率50.0%)になります。
これは前走GⅠではない馬にも同じことが言えて「前走1800m戦で上がり2位以内で2着以内」という条件の馬が馬券になっています。
例外はクイーンS(1800m戦)上がり3位で8着だったムードインディゴのみとなっています。

前走GⅠで上がり5位以内、他のレースでは1800m戦上がり2位以内2着以内、という条件にあてはまる馬は
ジェンティルドンナヴィルシーナ
の2頭のみ…。
次点の馬は
サトノジョリー (上がりは常に上位だが前走は関東オークス(川崎ダ21)2着)
ハナズゴール (前走は札幌記念(札幌芝20)上がり2位で4着)
ハワイアンウインド (前走小倉芝20、上がり2位で1着)
ラスヴェンチュラス (前走新潟芝18、上がり2位で3着)
となっています。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
ラスヴェンチュラスサトノジョリーヴィルシーナ
ジェンティルドンナヴィルシーナが抜けて強いのは重々承知ですがここはあくまでトライアル。
取りこぼしても不思議はないとみてこれで勝負。
ラスヴェンチュラスは斬れる馬で1800m戦で連続好走してるので条件に合いそう。
サトノジョリーは時計の速い芝に対応出来るかどうか。
とりあえずフォトパドックがかっこいいー(笑)
もちろん2強で決まっても全然不思議ありません。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2010年5月15日() 10:06 鈴木和幸
【鈴木和幸G1コラム】 ヴィクトリアマイルの最終予想
閲覧 179ビュー コメント 0 ナイス 0

●第5回ヴィクトリアマイル(GⅠ)最終決断

 横山典=ブエナビスタ◎に迷いはない。勝つ。

 
今回のブエナは巷間、久しぶりのマイル戦になること、
ドバイ帰りの強行スケジュールによる体調が心配されているわけだが、
私にはそれは重箱の隅をほじくるようなものにしか映らない。

たとえば、確かにマイル戦は桜花賞以来、実に13ヶ月もの久々になる。

この間、2000~2500メートルの中、長距離ばかりを使ってきたのだから、
心配もわからぬではない。

しかし、いかにマイルは久々とはいえ、過去4戦して4勝ではないか。

1200のスプリント戦ならともかく、
直線長い東京コースでもあるのだし、
能力発揮に多大な影響を受ける距離短縮とは思えない。

杞憂に終わる。

 
体調については、最終追い切りがこれまでと変わりなく見えた。

それだけで十分である。

松田博調教師もいっている。

「いつも通りにできたんだからいいんじゃないの」

そうなのだ、
これは、すでに海外遠征の疲れが取れたことを示唆した発言と受け取っていい。

このレベルの馬は、疲れが取れて普通の状態であれば、、、。

絶好調はいらないと断言したい。

 
となると、牝馬同士のここでは役者が一枚も二枚も上だろう。

角度を変えていうなら、戦ってきたメンバーが違うではないか。

名だたる牡馬を相手に、互角以上の勝負をしてきたのが、
“女ディープインパクト”のブエナビスタである。

前々走の京都記念勝ちしかり、
外からかぶせられ通しの不利があった、
それでも2着した前走のシーマクラシックしかり。

今回のメンバーに牡馬相手にこれほどの勝負ができる馬なんて一頭もいまい。

どれほどのVパフォーマンスで、
次走になるであろう宝塚記念に向かうのか、それを東京競馬場に見に行く。


好敵手と目されているレッドディザイアは、
ドバイワールドカップの掛かり通しでの惨敗が気になる。

体も細くなっていたと感じた。

だから、帰国後の攻め馬が軽いのだろう。

実力はブエナに次ぐものはあっても、今回にかぎっては過信禁物と判断し、
“注”まで評価を落としたい。

○は当初からここ一本狙いだったラドラーダ

コース調教に切り換えて本気で仕上げてきた。

▲は前走勝ちからついに本格化なったとみる、
武豊も認めていた素質馬ミクロコスモス

他ではヒカルアマランサスブロードストリートムードインディゴプロヴィナージュ

この中ではまったくの人気薄ムードインディゴの一発に警戒を。

府中牝馬Sを勝ったときの上がり33秒7が忘れられない。

気楽な直線勝負で3着にでも突っ込んでくれば、3連複、3連単が好配当になる。

[もっと見る]

2010年4月21日(水) 13:34 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 ~第21話福島牝馬S(謎解き編)~
閲覧 153ビュー コメント 0 ナイス 0

第21話 「福島牝馬S

レース格としてはフローラSなのでしょうが馬券的には福島牝馬Sの方が面白いかなと思ってこちらにしました。

05年 37.4-37.4-34.6 =1.49.4 ▼4±0△4 平坦戦
06年 35.1-36.7-36.7 =1.48.5 ▼2△2△6 平坦戦
07年 33.8-36.7-36.1 =1.46.6 ▼2▼7△6 瞬発戦
08年 35.6-35.8-35.7 =1.47.1 △1△1△7 消耗戦
09年 38.0-38.5-37.2 =1.53.7 ▼2±0△9 平坦戦 不良

展開はもうバラバラでこれと決め打つのは困難かと思われます。
大雑把な傾向としては「3コーナーから(残り800m)のロングスパート戦になりやすい」でしょうか。
3コーナーから4コーナーにかけて若干の加速が生じるがその後はほぼ我慢比べ。
一瞬で脚が止まってしまうような馬は適性外で長く使える脚は必要でしょう。
07年はラスト2F目の区間で▼7の加速がありますがこれはテンの3Fが33.8秒というスプリント並みのハイペース。
なので逃げていた馬が直線待たずに後続とガラッと入れ替わったがための加速です。
とにかく瞬発力という武器はここではあまり発揮されない舞台なので瞬発特化タイプの馬というのは大きく割り引いてもいいでしょう。

脚質的には先行馬が圧倒的に有利ですが前走で先行していた馬の成績がそれほど良くありません。
前走では後方からレースをした馬でも今回先行して好走するというパターンもあるということです。
これがこのレースを難しくしている要因の一つでしょう。

前走という点においては中山牝馬S愛知杯阪神牝馬Sという牝馬限定レースからの好走確率が高い。
しかし、過去5年でこれらの組から参戦した馬は80頭中40頭と半分もいたのでそれほどあてになるデータとは言えません。
今年の登録メンバーを見ても前走で牝馬限定以外の馬というのは20頭中たった2頭しかいません。

前走の距離という点では今回延長組が不振で1800~2000mというのがベター。
延長組でも馬券になった馬は06年のライラプスと08年のザレマの2頭だけ。
この2頭は前走はマイル以下のレースでしたが本来は中距離路線の馬でした。
なのでマイルまでの馬というのはマイナス材料ですね。

前走でもう1点。
前走平坦戦を使っていたという馬の成績が優秀です。
瞬発戦 1-0-2-25 勝率3.6% 複勝率10.7%
平坦戦 4-4-2-27 勝率10.8% 複勝率27.0%
消耗戦 0-1-1-10 勝率0.0% 複勝率16.7%
05年や08年は出走メンバーのほとんどが前走平坦戦だったので一概に重要視できるファクターではないかもしれませんがそれ以外の年に注目してみると

(開催年) (平坦戦からの出走頭数) (馬名と主な成績)
・06年 4頭 ロフティーエイム 1着/7人気
・07年 5頭 スプリングドリュー 1着/9人気 フラッグシップ2着/4人気
・09年 3頭 アルコセニョーラ 2着/11人気
と12頭中4頭が馬券になっていて波乱の立役者となっています。

今年の登録メンバーで前走平坦戦の馬は
ウエスタンビーナスキシュウグラシアショウナンラノビアダイワジャンヌフレンチノワール、ボンバルリーナ、ムードインディゴ
の7頭です。

ロングスパート適性と前走の距離というファクターを加えると
ダイワジャンヌムードインディゴ
が面白いかもしれません。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

ムードインディゴの口コミ


口コミ一覧
閲覧 58ビュー コメント 0 ナイス 1

土曜競馬はダメダメでした。今週は【WIN-5】が2回もあるので密かに燃えています!!

阪神5R【2歳新馬戦】に話題の2歳馬2頭が出走です。
天皇賞(秋)2着、マイルCS2着(2回)で桜花賞馬ダンスインザムードの息子シャドウダンサーとディープインパクト×シンボリクリスエスの天皇賞&有馬記念馬同士の配合で社台の「G1レーシング」のストームインパクト。
どっちが勝つでしょうね。楽しみな1戦です。


阪神11R【第31回 ローズS】G2

桜花賞馬アユサンの出走はないもののオークス馬メイショウマンボ、オークス2着馬エバーブロッサム、オークス3着馬デニムアンドルビー、桜花賞2着馬レッドオーヴァル、阪神JF馬ローブティサージュ、ディープインパクト妹トーセンソレイユ、牡馬混合の500万→OP特別と2連勝中のノボリディアーナ、2歳時代は一番の評判馬でアルテミスSで東京芝マイルの2歳レコード1分33秒8で圧勝したコレクターアイテムなどメンバーは揃いました。

■データ攻略■(阪神芝1800mになった07年以降6年が対象)
【人気】
1番人気→【3・1・1・1】
2番人気→【0・2・0・4】
3番人気→【0・0・2・4】
4番人気→【1・0・0・5】
5番人気→【1・0・1・4】

勝ち馬は、5番人気以内から出ています。

※例外は、7番人気の08年マイネレーツェル(桜花賞6着→オークス9着)のクラシック路線組

■前走■
G1  →【6・4・1・18】
G2  →【0・0・0・2】
G3  →【0・1・1・2】
OP特別→【0・1・0・3】
1000万下→【0・0・4・11】
500万下 →【0・0・0・22】

勝ち馬は、桜花賞かオークス組のみ。

2着馬は、桜花賞かオークス組が4頭で、G3、オープン特別が2頭。

3着馬は、桜花賞かオークス組が1頭で、G3と1000万特別が5頭。

※勝ち馬全てと2着馬4頭が前走、桜花賞かオークス組。

別路線組からは、08年2着ムードインディゴ(G3クイーンS8着)、10年2着ワイルドラズベリー(OP白百合S1着)が連対しているが、この2頭も桜花賞かオークスに出走していた。

※オークス馬は2冠馬を含めて→【1・0・0・5】

昨年のジェンティルドンナが勝つまで、3肝牝馬アパパネを含めて3着以内はゼロ。
メイショウマンボが、3歳でオルフェーヴルを破りジャパンカップを勝った歴史的名牝ジェンティルドンナレベルの馬ならば勝てるでしょうが、桜花賞10着惨敗してるし、そこまでの名牝ではないと見ます。

※オークス2着馬→【0・3・0・0】と勝ち切れないが、必ず2着に来ている。
ということは、エバーブロッサムは2着になる?

※クイーンSで、桜花賞馬マルセリーナ、重賞4勝馬アイムユアーズ、重賞2勝馬オールザットジャズと対等に渡り合い、新潟記念を勝ったコスモネシンに先着しているセレブリティモデル(オークス出走、OP勝ちアリ)が、08年2着のムードインディゴに見えて仕方ないです。

ノボリディアーナは、同じOP白百合S勝ちの10年2着ワイルドラズベリーに見えます。

■血統診断■
07年の外回り芝1800mになってから、サンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系が6頭連対しています。

狙い目はディープインパクト×ディンヒルのエバーブロッサム。サンデー系でも軽快なスピードの持続力が優れているディープインパクトにND系でも快速血統のDanzig系ディンヒル。
姉にG1馬エイジアンウインズがいて、近親には欧州血統のサドラーズウェルズがいる底力あふれる配合。

コレクターアイテムは、サンデー系ハーツクライ×ND系ストームバード。
ストームバードはストームキャットの父であり、サンデー系×ストームキャットはダービー馬キズナ、桜花賞馬アユサンと同じ配合と言える。近親に2冠馬ベガ、ダービー馬アドマイヤベガがいる一流牝系。

デニムアンドルビーは、ディープインパクト×キングカメハメハ(ミスプロ系)というダービー馬同士の配合で、近親にトゥザヴィクトリー、トゥザグローリーがいる牝系。

レッドオーヴァルは、ディープインパクト×スマートストライク(ミスプロ系)で、デニムアンドルビーと同じ配合。安田記念馬ストロングリターンの妹なのでマイラー色が強く、オークスは距離が長く17着惨敗したが、桜花賞2着の実績があり、1800mはギリギリ持つかもしれない。

2歳女王ローブティサージュは、近親にドバイワールドカップ、有馬記念、皐月賞を勝ったヴィクトワールピサがいる。

■結論■
◎デニムアンドルビー
○エバーブロッサム
爆セレブリティモデル
爆ノボリディアーナ
▲リラコサージュ
△ローブティサージュ
△トーセンソレイユ
△コレクターアイテム


僕のJRAと地方競馬の全レースの予想と買い目を公開しています
↓↓↓↓
【サンスポ・競馬エイト】】ウマニティ】予想コロシアムにて「中央競馬・全レース」買い目公開中
http://umanity.jp/coliseum/profile.php

【サンスポ・競馬エイト】【ウマニティ】予想コロシアムにて「地方競馬・全レース」買い目公開中
http://nar.umanity.jp/coliseum/profile.php?user_id=35fe1fee66

Twitterやってます。
https://twitter.com/tera_chaaaaan

【TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想!】で競馬の予想をしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

 Hideki.S 2010年6月20日() 09:01
馬名ミスった~。これで何度目なのか・・・
閲覧 7ビュー コメント 0 ナイス 0

また馬名間違えました。
ごめんなさい。

今日の阪神10RマーメイドS。

本命は◎ムードインディゴなんですが
これがもう何度も同じ間違いしてしまって。
コメントにまたも『ムーンインディゴ』と表記
してしまった。

『ムーンインディゴ』というのは
今日の阪神4Rの新馬戦で
ゲートオープン待つアヴェンチュラの祖母の名前です。

つまり母アドマイヤサンデーの母であり
アヴェンチュラ自身はフサイチホウオーや
トールポピーの全妹で馴染みのある血筋なんだけども
どうも間違えてしまう。

ムードインディゴとムーンインディゴ。

・・・まあ、もうどっちでもよくなってきたかな。

[もっと見る]

 Hideki.S 2009年10月18日() 17:11
久々に的中…ムードインディゴに感謝^^
閲覧 11ビュー コメント 20 ナイス 0

今年の2月根岸S以来かな…
2度目の3連単的中~府中牝馬S。

寒いて暗くて長いトンネルでした…
素直に喜びたい♪

ノーマークの立場に立ってリラックスした田中勝春騎乗も
然ることながら、驚いたのは3着の桜花賞馬レジネッタ。
ほんとにくるとは!

後藤騎手の人気薄の実力馬への乗り替わりがたまにこんな
爆発を演出するような気がします。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ムードインディゴの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ムードインディゴの写真

投稿写真はありません。

ムードインディゴの厩舎情報 VIP

2010年12月19日愛知杯 G317着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ムードインディゴの取材メモ VIP

2010年11月14日 エリザベス女王杯 G1 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。