アプリコットフィズ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2007年1月26日生
調教師小島太(美浦)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績23戦[4-3-2-14]
総賞金18,973万円
収得賞金5,150万円
英字表記Apricot Fizz
血統 ジャングルポケット
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ダンスチャーマー
マンハッタンフィズ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
兄弟 ダービーフィズコロンバスサークル
前走 2013/02/24 阪急杯 G3
次走予定

アプリコットフィズの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
13/02/24 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 1648110.5127** 牝6 54.0 四位洋文小島太442(0)1.21.5 0.533.9⑭⑯ロードカナロア
13/01/19 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 1471230.796** 牝6 56.0 武豊小島太442(0)1.34.8 0.534.7⑨⑦ハナズゴール
12/12/22 中山 11 ラピスラズリ OP 芝1200 144529.3113** 牝5 56.0 田中勝春小島太442(-4)1.09.2 0.534.5⑫⑪サクラゴスペル
12/11/25 東京 9 キャピタルS OP 芝1600 185919.0715** 牝5 54.0 蛯名正義小島太446(+4)1.33.4 1.335.2ヤマニンウイスカー
12/10/27 京都 11 毎日スワンS G2 芝1400 163546.51413** 牝5 54.0 M.デムー小島太442(-2)1.21.3 0.834.2⑥⑨グランプリボス
12/10/13 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 172319.2710** 牝5 54.0 田中勝春小島太444(+2)1.46.1 0.633.3⑪⑩⑩マイネイサベル
12/05/13 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1861111.7618** 牝5 55.0 田中勝春小島太442(+2)1.34.1 1.735.0⑬⑪ホエールキャプチャ
12/04/01 中山 11 ダービー卿T G3 芝1600 166125.826** 牝5 55.0 田中勝春小島太440(-4)1.33.8 0.334.6④⑤⑥ガルボ
12/03/11 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 16364.418** 牝5 55.0 田中勝春小島太444(+8)1.51.4 0.836.8⑧⑦⑥⑥レディアルバローザ
11/11/26 東京 11 キャピタルS OP 芝1600 15352.411** 牝4 54.0 田中勝春小島太436(-4)1.32.9 -0.134.4ガルボ
11/10/22 東京 11 富士S G3 芝1600 174811.162** 牝4 54.0 田中勝春小島太440(+2)1.35.0 0.035.1エイシンアポロン
11/09/11 中山 11 京成杯AH G3 芝1600 1481418.272** 牝4 54.0 田中勝春小島太438(-12)1.32.0 0.134.6⑨⑨⑦フィフスペトル
11/08/14 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 1481325.1812** 牝4 55.0 四位洋文小島太450(+22)1.48.1 1.537.4アヴェンチュラ
11/05/15 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1781533.2517** 牝4 55.0 武豊小島太428(-4)1.34.4 2.537.3アパパネ
11/04/02 阪神 12 中山牝馬S G3 芝1800 185107.0418** 牝4 56.0 武豊小島太432(+2)1.47.4 2.036.8⑤⑤レディアルバローザ
11/01/30 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 166124.7214** 牝4 55.0 安藤勝己小島太430(+2)1.35.2 1.535.4ショウリュウムーン
10/10/17 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 18247.123** 牝3 55.0 武豊小島太428(-4)1.58.6 0.234.4④④⑤④アパパネ
10/08/15 札幌 9 クイーンS G3 芝1800 147124.021** 牝3 52.0 武豊小島太432(+10)1.47.6 -0.235.0プロヴィナージュ
10/05/23 東京 11 優駿牝馬 G1 芝2400 18236.846** 牝3 55.0 四位洋文小島太422(-4)2.30.5 0.636.0⑪⑦⑧⑧アパパネサンテミ
10/04/11 阪神 10 桜花賞 G1 芝1600 18235.125** 牝3 55.0 横山典弘小島太426(-4)1.33.6 0.334.4アパパネ

⇒もっと見る


アプリコットフィズの関連ニュース

関連ニュースはありません。

アプリコットフィズの関連コラム

閲覧 248ビュー コメント 0 ナイス 7

第246話 「クイーンS


08年 36.2-36.4-35.5 =1.48.1 △1▼3△7 平坦戦
09年 35.5-36.8-35.9 =1.48.2 ▼3±0△2 平坦戦
10年 36.2-36.4-35.0 =1.47.6 ▼2▼6△8 瞬発戦
11年 35.1-35.2-36.3 =1.46.6 △2▼1△2 平坦戦
12年 35.8-36.3-35.1 =1.47.2 ▼3△1△1 平坦戦

10年以前は8月開催だったこのレースですが昨年は7月の2週目開催に変更となりました。
今年は更に早くなって開幕週の開催に変更となりました。
単純に内枠先行有利にはなるでしょう。

(注)
【追記】
今年は函館開催でした。
ちょっと考え直して出直してきます。
すいません。

過去5年では平坦戦4回で瞬発力はあまり問われないレース。
やはり小回り平坦向きのレースになるのでしょうか。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ヤマニンメルベイユ 【瞬3平4消1】
ピエナビーナス   【瞬1平3消1】
アプリコットフィズ 【瞬1平2消0】
アヴェンチュラ   【瞬2平1消0】
アイムユアーズ   【瞬2平2消1】
2着馬
レジネッタ     【瞬1平2消0】
ザレマ       【瞬6平3消0】
プロヴィナージュ  【瞬2平5消1】
コスモネモシン   【瞬3平2消0】
ラブフール     【瞬5平2消1】

やはり瞬発戦平坦戦両方に実績のある馬というのが狙い目となります。
札幌コースはローカルの中でもコーナーのRが緩いので小回り適性よりも平坦戦実績を重視したい感じです。

あとは(開幕週とはいえ)札幌の洋芝なのでパワーは必要でしょう。
上記の連対馬10頭中アプリコットフィズザレマコスモネモシン以外の7頭には札幌or函館or福島コースでの勝利経験がありました。
ザレマも勝利経験はありませんが福島牝馬S3着の実績がありましたし、アプリコットフィズコスモネモシンの2頭に関しては札幌or函館or福島コースでの出走経験がありませんでした。
この辺りは注意が必要でしょう。
今年の登録メンバーで札幌or函館or福島コースで勝利経験がある馬は
アイムユアーズオールザットジャズスピードリッパークィーンズバーンキャトルフィーユ
の5頭です。
マイファーストラヴコスモネモシン
の2頭には2着の経験があります。
ということで多くの馬がこの条件をクリアしてしまうので他のファクターをみてみましょう。

【年齢別成績】
3歳   3-1-1-10 勝率20.0% 連対率26.7% 複勝率33.3%
4歳   0-1-2-16 勝率 0.0% 連対率 5.3% 複勝率15.8%
5歳   1-3-2-19 勝率 4.0% 連対率16.0% 複勝率24.0%
6歳   1-0-0- 8 勝率11.1% 連対率11.1% 複勝率11.1%
7歳以上 0-0-0- 1 勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率 0.0%

3歳馬が優勢という傾向です。
斤量が軽いことが要因だと思います。
但し、3歳馬優勢とはいえ馬券になったのは4番人気以内だった馬(連対となれば2番人気以内)というのは注意が必要でしょう。
(今年の3歳馬は人気はあまりなさそうだが…)

あと、開幕週を重視するなら昨年の1レースだけを参考にすると
・母父キングマンボ系(ワンツーはエルコンドルパサー
・中央では阪神中山の急坂コース勝利経験あり
という馬が1〜3着となっていました。

今年の登録メンバーは適性のある馬ばかりという印象。
今年の一番のポイントはマルセリーナの取捨選択ではないかと思います。
札幌or函館or福島コースでの出走経験がない馬で外回りコースの桜花賞を勝った馬。
普通に考えて軽視したいところですが前走マーメイドSで久々の勝利。
内回りコースの▼4△3△2の平坦戦でした。
桜花賞馬ではありますが古馬になって中距離の内回り向きにシフトしている可能性も考えられます。
(というよりも本来の適性がこっち向きだったかもということ)
マルセリーナは4勝のうち3勝は阪神コース。
しかも勝利した桜花賞は11.8-11.3-12.0-12.1と上がりの掛かるレースでした。
半弟のグランデッツァ(父タキオン)が札幌2Sの覇者という血統構成などからするとパワーは十分あるはずでこの舞台は向いているかも。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
クィーンズバーンマルセリーナアイムユアーズ
これだけマルセリーナのことを書いておきながら本命はクィーンズバーン(汗)
逃げ切りを期待。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2012年5月7日(月) 00:00 河内一秀
河内一秀の「カツラギ的」ヴィクトリアマイル2012前走分析
閲覧 114ビュー コメント 0 ナイス 7

同じ条件のNHKマイルカップはマイル以上での実績が重要なレースだが、ヴィクトリアマイルはマイル以下での実績が重要なレースとなっている。

以下は、過去5年の優勝馬と1400〜1600mのレースで最高指数を記録したレースの一覧である。

■2011年 アパパネ
56.5 読売マイラーズカップ(4着)

■2010年 ブエナビスタ
55.2 桜花賞(1着)

■2009年 ウオッカ
60.0 安田記念(1着)

■2008年 エイジアンウインズ
56.9 阪神牝馬ステークス(1着)

■2007年 コイウタ
55.5 桜花賞(3着)

以上より、過去1年以内の古馬混合の重賞で56.5以上の指数を記録しているか、桜花賞で55.2以上の指数を記録していることが条件と言える。

それでは、今年の出走予定馬の中から、上記の条件を満たしている馬をピックアップしてみよう。

アスカトップレディ
57.1 京都金杯(3着)

アパパネ
57.5 安田記念(6着)

アプリコットフィズ
57.8 富士ステークス(2着)

クィーンズバーン
57.3 阪神牝馬ステークス(1着)

スプリングサンダー
56.5 阪急杯(2着)

フミノイマージン
56.8 阪神牝馬ステークス(3着)

マルセリーナ
57.3 阪神牝馬ステークス(2着)
57.1 マイルチャンピオンシップ(6着)

条件を満たしているのは以上の7頭で、特に1600mの牡馬混合戦での実績がある4頭(アスカトップレディアパパネアプリコットフィズマルセリーナ)の中から今年の勝ち馬が出る可能性が高い。

なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。

[もっと見る]

2011年9月9日(金) 16:58 上海こうぞう
コウゾウメン〜今週末の調教注目馬〜 9月10・11日分
閲覧 139ビュー コメント 0 ナイス 3

みなさん、こんにちは!

入院生活も残り僅かですが、日曜は外出許可が出たので、中山競馬場へ出陣です!

今週の重賞は荒れないかな!?
本命サイドの予想になりそうです(T_T)

1.重賞予想

(朝日チャレンジC
アドマイヤメジャー
レディアルバローザ
ミッキードリーム
ヤマニンキングリー
いつも調教動くので騙される可能性もありますが、アドマイヤメジャー本命で。
相手は上積み見込めるレディアルバローザ
単穴は人気ですが坂路で仕上げたミッキードリーム
あとは斤量不安だがそろそろ調教の動きから一発ありそうなヤマニンキングリー

京成杯オータムハンデ
フィフスペトル
エアラフォン
アプリコットフィズ
レインボーペガサス
本命は美浦ウッドで好時計だったフィフスペトル
函館経由組もサンプルは少ないが馬券になっているのも強み。
相手は栗東坂路組からエアラフォンレインボーペガサス
美浦坂路で猛時計を出したアプリコットフィズが単穴。馬体重増は成長分のはず。

セントウルS
トウカイミステリー
エーシンホワイティ
ダッシャーゴーゴー
エーシンヴァーゴウ
本命は引き続き坂路で動いているトウカイミステリー
馬体増は成長と見込んで、斤量増も坂のあるコースも問題ないと判断。
相手は中間の坂路の動きが目立つエーシンホワイティ
ダッシャーゴーゴーは坂路で好時計連発だが、人気になりそうなので単穴で。
あとは使い込んでるが調教は引き続き動いているエーシンヴァーゴウ

2.今週の新馬戦POG指名馬
土曜が中山のバウンダリーワン、阪神のアンチュラス、日曜は阪神のオリービン
全部1番人気かな!? 勝ち上がりますように(祈)


秋競馬が始まりますが、今週末も競馬を楽しみましょう〜

[もっと見る]

2010年10月22日(金) 18:00 ウマニティ編集長
予想のメキキ 〜2010年 菊花賞〜
閲覧 128ビュー コメント 0 ナイス 6

先週登場してもらった河内プロがイチオシしてくれたワイルドラズベリーは惜しくも4着。しかし、最終見解では1着のアパパネに◎、2着のアニメイトバイオに△、3着のアプリコットフィズに▲を打っており、さすが安打製造機というところを見せてくれましたね。河内プロの予想は今週も要注目。菊花賞をはじめ、多くのレースでの的中ラッシュに期待が集まります。

今週ピックアップするプロ予想家は、生粋の現場派として知られる古澤秀和プロです。すべての開催日で朝からパドックに陣取り、精度の高い直前予想を提供してくれている古澤プロは、秋競馬に入ってから絶好調。9月2週目以降の6週間で約150レースを予想し、的中率25%、回収率117%という優秀な数字を叩き出しています。しかも、先週の秋華賞アパパネ(◎)、アニメイトバイオ(▲)、アプリコットフィズ(○)というほぼ完璧な印で、馬連と3連複をバッチリ的中させました。自ずと「もう一丁」といいたくなってしまいますよね。さあ、そんな絶好調男は、今年の菊花賞をどうみているんでしょうか?

ダービー馬のエイシンフラッシュが直前で回避してしまいました。

「ダービー馬が菊花賞に出ないのは残念ですが、予想の面ではちょっとホッとした部分があります。あの馬は馬体的に距離は問題ないものの、気性面の心配があったので、取捨に迷っていたんですよ。だからちょっとは楽になりましたね。ただ、今年の菊花賞は例年に比べ混戦で、予想は難しいと思います」

1番人気が予想されるローズキングダムはいかがでしょう?

「実績的にも無印にはできませんが、不安な部分は多少あります。新聞等では調教の動きが絶賛されていましたが、僕はやや動きが重たいように感じました。しっかり体がデキているのかどうか、当日のパドックで見極めたいですね」

春の既成勢力と夏の上がり馬を比較すると?

「春にクラシックに出た組のほうが強いと思います。上がり馬で挙げるとしたら、トウカイメロディでしょうか。タフな北海道の馬場で結果を残した馬なので、軽い京都の馬場に対する適性面の不安は若干ありますが、能力的には十分に足りるとみています」

面白そうな穴馬は?

ゲシュタルトですね。前走時は見た目にも重かったんですけど、今回は明らかに絞れてきました。調教の動きは良く、京都コースも好相性。ツナギが長く、馬体的に距離はこなせるので、一発があってもおかしくないと思います」

人気どころで、これはいらないというのがあれば教えてください。

クォークスターです。馬体のつくりと血統構成から、3000メートルという距離はちょっと厳しいと判断しました」

混戦で予想は難しいとのことでしたが、「パドックを見ればなんとかなると思います」と最後に力強く宣言してくれた古澤プロ。返し馬まで見てから最終結論を出すスタイルですので、予想のアップは発走時刻の10〜15分前になってしまいますが、直前予想だけに価値は大きいです。今週はぜひとも古澤プロの予想に注目してみてください!


【ウマニティからのオススメ♪】
右上写真は、岡田編集長の著書『馬券のメキキ』です。
「大ちゃんのこの本は、絶対に読んでおいたほうがいい」です!
まだ読んでいない人はぜひ!

【著者】岡田大/著
【価格】税込定価1365円
【発売】2010年5月20日
【出版社】東邦出版

[もっと見る]

2010年10月15日(金) 19:02 上海こうぞう
コウゾウメン〜今週末の調教注目馬〜 10月16・17日分
閲覧 129ビュー コメント 0 ナイス 14

みなさん、こんにちは!

多忙につき、新馬チェックが出来なかったので、今週はお休みします。


1.重賞の調教重視予想

<土曜・東京9R> 東京HJ
ギルティストライク
イコールパートナー
コウエイトライ
マイネルネオス

<土曜・京都11R> デイリー杯2歳S
レーヴディソール
アドマイヤサガス
メイショウナルト
グランプリボス

<日曜東京11R> 府中牝馬S
シングライクバード
テイエムオーロラ
ニシノブルームーン
コロンバスサークル
CWで好時計連発のシングライクバード本命。牡馬相手に戦ってきており、牝馬の重賞なら期待出来そう。
相手本線は中間栗東坂路で49秒台を出したテイエムオーロラ
単穴は坂路で乗り込んだニシノブルームーン。先週49秒台も出しており、好仕上がり。
あとはウッドで時計を出し、叩いた上積みが見込めるコロンバスサークル

<日曜京都11R> 秋華賞
ワイルドラズベリー
ショウリュウムーン
アプリコットフィズ
エーシンリターンズ
ワイルドラズベリーは休養して馬が変わった印象。終い重点の調教内容だが、末脚に期待。
相手本線は今週の坂路でラスト2F23.9、1F11.8という破格のラップを出したショウリュウムーン
単穴はCWで好時計連発のアプリコットフィズ。ラップも素晴らしい。
エーシンリターンズは中間坂路で50秒台、今週はCWで時計を出すという好走パターンなので、今回も力は出せそう。


2.新馬の注目馬
新馬調教ランキングはお休みしますが、調教が目立ってたのでPOG指名した馬をPickUp。

イングリッド、イクゼギンギラギン(日・東京3)
ゴールドラム(日・東京4)
ラインレグルス(日・京都4)


3.今週の幸くん
土曜の後半は期待出来そう。重い印連発の予定です!

<土曜京都7R> 
▲エーティーショパン
坂路で平凡でも無理のないローテで使われているこの馬にもチャンス有。

<土曜京都8R> 
○ピエナミッチー
Bコースで鋭い伸び。馬体が絞れれば期待大。ピサノユリシーズの相手本線で。

<土曜京都9R> 
ラインドリーム
出来は平行線だが、牝馬限定戦なら期待できる。

<土曜京都10R> 
キクカタキシード
引き続きポリトラックで好時計。中間の動きも加味するとシースナイプが上なので、相手本線で。

<土曜京都11R> 
メイショウナルト
ポリトラックで好時計連発。人気でしょうが、展開次第で頭もありそう。

<土曜京都12R> 
ハイローラー
坂路ではこの馬としては動いている。叩き2戦目で末脚炸裂期待の◎。

<日曜京都6R> 
◎ツルマルシルバー
叩いた上積みが見込めそうで、強敵も見当たらないので◎で勝負!

<日曜京都7R> 
◎ナムラアーガス
このレースで調教評価の高い馬はこの1頭だけだったので、◎で勝負!


今週も土日は仕事関係で拘束されますが、空いた時間を利用して競馬を楽しみたいと思います。
来週からは久しぶりに通常モードに戻れそうです♪

それでは、今週も競馬を楽しみましょう!

[もっと見る]

2010年10月11日(月) 14:00 河内一秀
河内一秀の「カツラギ的」秋華賞2010前走分析
閲覧 113ビュー コメント 0 ナイス 29

春の二冠馬アパパネが三冠を達成できるのかどうかが注目される今年の秋華賞

阪神に外回りコースが出来て4年目になるが、桜花賞・ローズステークスが外回りコースに変わり、秋華賞の特異性が強くなっている一方で、桜花賞オークス・ローズステークスの関連性が強くなっている。

それでは、過去3年の各レースの上位馬とカツラギ指数を一覧してみよう。

■2009年 優勝馬:レッドディザイア
55.4 ローズステークス(優勝馬:ブロードストリート
55.4 ローズステークス(2着馬:レッドディザイア
56.0 オークス(優勝馬:ブエナビスタ
56.0 オークス(2着馬:レッドディザイア
55.8 桜花賞(優勝馬:ブエナビスタ
55.2 桜花賞(2着馬:レッドディザイア

■2008年 優勝馬:ブラックエンブレム
51.7 ローズステークス(優勝馬:マイネレーツェル
53.9 オークス(優勝馬:トールポピー
53.2 桜花賞(優勝馬:レジネッタ

■2007年 優勝馬:ダイワスカーレット
57.0 ローズステークス(優勝馬:ダイワスカーレット
58.7 ダービー(優勝馬:ウオッカ
54.7 オークス(優勝馬:ローブデコルテ
57.8 桜花賞(優勝馬:ダイワスカーレット

指数レベルが高かった2009年・2007年は、春の実績馬がローズステークスでの好走を経て秋華賞を制した。
一方で、指数レベルが低かった2008年は、各レースともに人気薄の馬が上位を占める大混戦であった。

次に、今年の各レースの上位馬とカツラギ指数を一覧してみよう。

■2010年
53.8 ローズステークス(優勝馬:アニメイトバイオ
52.6 ローズステークス(2着馬:アパパネ
53.8 オークス(優勝馬:アパパネ
54.5 桜花賞(優勝馬:アパパネ

各レースとも大きく荒れた結果とはなっていないが、二冠馬アパパネがローズステークスで4着に敗れ、指数的にも低いレベルで頭打ちとなっているので、アパパネが三冠を達成する可能性は低いと言わざるを得ない。

そこで、2008年の優勝馬であるブラックエンブレムの実績を振り返ってみると、クラシックでは結果が出なかったものの、クラシック直前のフラワーカップで重賞を制していることが分かる。

それでは、今年の出走馬で同じような過程を経ている馬をピックアップしてみよう。

54.9 ショウリュウムーンチューリップ賞優勝)
52.5 アプリコットフィズ(クイーンカップ優勝)

54.6 アプリコットフィズクイーンステークス優勝)
52.8 ショウリュウムーンクイーンステークス5着)

以上の2頭が該当するが、特にアプリコットフィズは、クイーンステークスで古馬を相手に優勝しており、アパパネの三冠を阻止する資格を十分に持ち合わせていると結論づけたい。

なお、ここで述べた見解はあくまでも、カツラギ指数をベースにした前走に関する一考察であり、カツラギの最終結論では無いことをお断りしておきたい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アプリコットフィズの口コミ


口コミ一覧
閲覧 34ビュー コメント 2 ナイス 1

皆様一度は聞いた事がある繁殖牝馬・マンハッタンフィズ!!

その血を受け継いだ子供達は現在4頭♪

コロンバスサークル(中山牝馬S4着・函館記念5着等)

アプリコットフィズ(クイーンC覇者・クイーンS覇者・秋華賞3着等)

クレスコグランド(京都新聞杯覇者・日本ダービー5着等)

シャンボールフィズ(未出走)

です(^_-)-☆

アプリコットフィズは9月11日に行われた京成杯AHで復活の兆しが見えた2着!!

そして今週は神戸新聞杯にクレスコグランドが、そしてオールカマーにはコロンバスサークルが続けて登場します(^-^)

お母さんであるマンハッタンフィズも我が子の走りをドキドキワクワクしながら応援しているでしょうね♪

ちなみにアプリコットフィズはクイーンC&クイーンSを制しているので、その弟であるクレスコグランドが神戸新聞杯を制したら、京都新聞杯に続いて『新聞杯キラー』になるかも(^-^)

 Hideki.S 2010年10月15日(金) 22:55
秋華賞(2010)週末キリギリのアプローチ。
閲覧 5ビュー コメント 4 ナイス 9

秋華賞。
枠順が決まりました。

週の初めから登録馬を眺めていて
あれこれ思いは巡らせていたけども

コースの特殊性による
先入観なのか枠が決まるまで、
どうもイメージが湧かなかった。

アグネスワルツは5枠9番。
やはりハナを切るのはこの馬でしょうか。

ここで確認しなければいけないのは
アグネスワルツの直後でマークする
2番手3番手がどの馬か。

有力馬では人気を背負った
アプリコットフィズと
オークスから直行のサンテミリオン
この2頭と予測する。

今までの競馬から
絶好の内枠に入って
あえて後方に下げる
リスクは取らないと
決めてかかりましょうか。

そうすると
アパパネは7枠15番。
掛かる気性なだけに
アプリコットフィズとサンテミリオンの
後ろで控えられるか。
それとも離れた2番手まで押し上げるか。

ここで
アグネスワルツの「ジレンマ」
というのが発生する。

つまりスローに落とすと
直後のアパパネやアプリコットフィズが
4コーナーでもう迫ってくる。
並ばれてしまう可能性がある。
下手したら飲まれるかもしれない。
逆にハイで進めば京都の内回り2000は
必ず息切れする厳しいコース。
どちらにしてもワルツは踊りづらく・・・

こういうアグネスワルツの苦悩を思う時、
実は同時に8枠17番のワイルドラズベリーの
「ジレンマ」も発生しているのです。
同時的になんです。
前と後ろで。
想像してみてください。
外枠の後方待機馬としての危うい立場。

スローでいって4コーナー手前で馬群が
固まってしまえば外のコース取りしか
できなくなり、ロスが大きく
直線は伸びない。
かといって仮にハイに進んでいって

もし人気馬の集まった
先頭集団から離されていたら
内回りだけに直線が短いという
意識から4コーナー手前で
どうしても動かざる得ない
状況に陥り、直線は伸びない。

ナリタルナパークやローズバドの
ような競馬ができるかどうか。

そうなると最後の直線、
馬群の中段から突き抜けが
決まりそうなアニメイトバイオ。

でもでも勝ったTR、
ローズSの1:45.8のタイムは
翌週の牝馬限定1000万下条件
夕月特別の1:45.0よりも
どうしても見劣りがしてしまう。

だって去年のブロードストリートが
勝ったローズSの1:44.7は翌日の西宮S
牡牝混合1600万下よりも速かったのだから。

決して消去法ではない。

こういう妄想に近い思考の繰り返しを
続けていくと徐々に浮かび上がってくる
キャラが出現してくるんです。

内寄りの枠から
虎視眈々と経済コースで
ジッとできる実力馬。

前哨戦で重賞を勝ち取り
春の本番で惜敗していた
例えばショウリュウムーン。
前走は前が塞がる不利。
母父はこのレース相性の良い
ダンスインザダーク。

そしてオウケンサクラ。
内田博騎手だ。
2着だった今年の桜花賞は珍しく
持続力勝負で例年の秋華賞と
似たような流れだった。
しかも坂路での動きと時計は
前走時とは雲泥の差。

ベストクルーズだって
G戯綽JFの3着馬。
ワイルドラズベリーが勝った
白百合Sは前半34.0のペースで
道中3番手で踏ん張った。
ティコティコタックの再現。

でもでも
昨年の秋華賞
ブエナビスタとレッドディザイアの
YouTubeを観ちゃうと

直線2頭アパパネとアプリコットフィズの
Dead Heatという気もなくはないような…

ああ…

本命はギリギリまで
絞れない。

[もっと見る]

 ふれいず 2010年4月9日(金) 17:48
【今週のレース展望(裏)】〜桜花賞〜
閲覧 8ビュー コメント 0 ナイス 0

タイトルに何やら怪しげな (裏) なる文字がくっついておりますが、それほど大したものではございません。
オモテの展望は、あくまで真面目に予想に特化した展望のつもりで書いておりますが(口調も硬い)、こちらの裏展望は私情満載のぐだぐだ展望になる予定でおります。

そんなわけで、第一回目となる裏展望。
今年の桜花賞でいえば、アプリコットフィズ辺りが圧勝するようだと、今後が楽しみになりそうだなぁと思ってます。
もともと「未知の魅力」みたいな馬に惹かれがちなもので、前哨戦とはいえサクッと負けちゃってるような馬や、
底が見えかけているような馬よりは、フィズのような馬を応援したくなってしまいます。

自己紹介なんかにも書きましたが、ここ数年はあまり馬券も買わず、スポーツ観戦のように競馬と接してきました。
そんなワタクシですので、「勝ってほしい馬(応援する馬)」と「勝ちそうな馬(本命を打つ馬)」といった部分での折り合いをつけるのが、ひっじょ〜に難しいところです。

そこでアプリコットフィズの話に戻るわけですが、正直ちょっと厳しい気がしますよね。
初の関西遠征だし、クイーンCからの直行だし、キャリアだってまだ3戦だし…。
サンデーの肌にジャンポケというのも、いかにも府中で凄いパフォーマンスを発揮しそうな感じだし…。
下手したら2番人気とかになりかねない感じですし、馬券を買うとなるとリスクが高いなぁと。
要するに、外れるならこの馬に勝って欲しい! って感じです。
ちなみに4月11日、桜花賞当日はフトシ先生の誕生日だそうで。
食前酒といった趣の強いアプリコットフィズですが、花を添える勝利の美酒となるでしょうか!?

ちなみに今年のクラシック戦線では、大好きなフジキセキの産駒であるクロフォードに注目していたんですね。
新馬戦のパドックを観てその馬体の綺麗さに惚れ込み(グリーンチャンネルですが)、レースでのパフォーマンスに衝撃を受け、ずっと応援してきました…が。
ん? そんな馬いたっけ? と思った方は、新潟2歳Sあたりを見てみて下さいませ。
同じフジキセキ産駒のシンメイフジが桜花賞まで駒を進めたことは嬉しいことですが、できればクロフォードに頑張ってもらいたかった…。
そんな悲しげな想いとは関係なく、あと2日で桜花賞なのであります。

…ラナンキュラスが勝って母娘制覇ってロマンもありだよなぁ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

アプリコットフィズの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
3:
  かみなりおやじ   フォロワー:1人 2012年2月13日(月) 21:49:37
2011年の富士ステークス、キャピタルステークス
自信を持って予想した3連単が2本ともGETでした。
ウマ歴の短い私の中ではかなり応援しているウマです。田中Jとのコンビも抜群ですね。
最近は放牧なのかな?あまり名前を聞かないですね。
早くレースに出てほしいです!ガンガレ!
2:
  福招き猫(=゚ω゚=)   フォロワー:3人 2012年2月7日(火) 07:09:55
11/26キャピタルS
1着 アプリコットフィズ(田中勝騎手)
「いい位置に付けられ、直線も狭いところを割れた。ここで負けたら笑われる。勝たないといけない一戦だった。久々に緊張したなぁ。でも、馬は余裕がありすぎるくらい。だんだん精神面が落ち着き、成長を感じるね。もう言うことははないよ」

(小島太調教師)
「京成杯オータムH(2着)は、不利な中山の外枠。富士Sだってクビ差の2着だったし、勝ち馬(エイシンアポロン)がマイルCSでG?ウイナーとなっている。オープン特別とはいえ、きょうも非常に中身が濃いし、能力を再認識できたよ。内に入れて、じっと脚をためるかたちがいいね。来年が楽しみになった」
1:
  hironish   フォロワー:3人 2010年1月21日(木) 11:21:03
1/11は新馬の内容悪くなかったが今回も○。主力の1頭。

アプリコットフィズの写真

投稿写真はありません。

アプリコットフィズの厩舎情報 VIP

2013年2月24日阪急杯 G37着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

アプリコットフィズの取材メモ VIP

2013年2月24日 阪急杯 G3 7着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。