会員登録はこちら
毎日王冠2017

2017年10月8日(

毎日王冠 G2

東京競馬場/芝/1800m

最新出走予定馬情報 〜毎日王冠2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【毎日王冠】リアル復活V!超豪華決戦差し切った
 第68回毎日王冠(8日、東京11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権=出走12頭)ミルコ・デムーロ騎乗で3番人気のリアルスティールが中団追走から鋭く伸びて差し切り勝ち。7カ月半ぶりの実戦を克服して3度目の重賞勝ちを飾り、天皇賞・秋(29日、東京、GI、芝2000メートル)の優先出走権を獲得した。タイム1分45秒6(良)。クビ差2着は5番人気サトノアラジン。単勝2・0倍の支持を受けたオークス馬ソウルスターリングは先手を取ったものの8着に沈んだ。 歴戦の古馬が復活ののろしを上げた。7カ月半の休養明けだったリアルスティールが力強く差し切り、昨春のGIドバイターフ以来となる重賞3勝目。引き揚げてきたM・デムーロ騎手は相棒の肩を7回叩き、快走をたたえた。 「スタートからペースが良くて、ずっと馬なりで手応えは十分。すごくきれいな勝ち方だった」 3つの集団に分かれた道中。逃げたソウルスターリングをマークする先行勢に加わることなく、中団でじっくりと脚をためた。抜群の手応えで直線へ。断然人気の3歳女王が失速してスタンドがどよめく中、残り200メートルで先頭に立ち、外から伸びたサトノアラジンをクビ差振り切った。 これまで休み明けに勝利がなかったが、陣営の復活にかける思いが1週前追い切りに表れていた。栗東坂路で自己ベスト(4ハロン49秒6)をマーク。昨秋の天皇賞(2着)以来のコンビとなったジョッキーも「追い切りで去年と比べてすごくいい状態と感じていた。自信があった」。自身もメインの前まで3戦全勝と勢いに乗る中、約1年半ぶりのVにつなげた。 「ようやく好調時の状態に戻ったと思っていたから、自信があった。値打ちのある勝ち方だね」 手応え通りの勝利に、矢作調教師も鼻息が荒い。春はドバイターフ連覇を狙ったが、現地で外傷性鼻出血を発症して回避。無念の帰国となっただけに、待望の勝利に喜びもひとしおだ。 輝きを取り戻した今、次なる目標はGIの大舞台。視界には天皇賞・秋とブリーダーズCマイル(11月4日、米デルマー、GI、芝1600メートル)が入る。「選択肢は2つ。(BCが行われる)デルマーに向けても準備を水面下で進めてきた」とトレーナー。「GIみたいなメンバーで、この勝ち方は自信になる。また乗りたい」と熱望するM・デムーロ騎手には、天皇賞で始動するサトノクラウンというお手馬もいるだけに、今後の動向から目が離せなくなった。いずれにせよ、GIの舞台に向けて大きく弾みがついたことは間違いない。 (千葉智春)★8日東京11R「毎日王冠」の着順&払戻金はこちら★サンスポe−shopで黒色木製枠付き写真パネルを発売します!リアルスティール 父ディープインパクト、母ラヴズオンリーミー、母の父ストームキャット。鹿毛の牡5歳。栗東・矢作芳人厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)サンデーレーシング。戦績14戦4勝(うち海外1戦1勝)。獲得賞金8億2713万6200円(うち海外4億3336万8200円)。重賞は2015年GIII共同通信杯、16年GIドバイターフに次いで3勝目。毎日王冠は、矢作芳人調教師が08年スーパーホーネットに次いで2勝目、ミルコ・デムーロ騎手は初勝利。馬名は「アメリカのSFアクション映画名」。
2017年10月9日(月) 05:05

 1,298

【毎日王冠】ソウルまさか8着、藤沢和師「古馬強かった」
 第68回毎日王冠(8日、東京11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権=出走12頭)直線半ばで、5万人を超す観衆の間からどよめきが漏れた。先手を取った1番人気ソウルスターリングが、抵抗することなく馬群にのまれる。結果はまさかの8着。終始後ろからプレッシャーをかけられる厳しい展開とはいえ、後続に次々とかわされるシーンに春の強さは見られなかった。 「スタート前はテンションが高かったけど、レースに行ったら、リラックスして走れていました。ただ、長く脚を使うタイプなので、距離が少し短かったのかもしれません。きょうは最内枠、1800メートルという距離での競馬。いい経験になったと思います」とルメール騎手は悔しげな表情ながらも前を向いた。 藤沢和調教師も「やっぱり古馬は強かった。まあ、仕方がない。競馬だからね。様子を見て、状態が良かったら天皇賞へ」と中2週でのリベンジを見据えていた。★8日東京11R「毎日王冠」の着順&払戻金はこちら
2017年10月9日(月) 05:04

 1,359

【毎日王冠】サトノアラジン豪脚届かず2着
 第68回毎日王冠(8日、東京11R、GII、3歳上オープン国際(指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金6700万円、1着馬に天皇賞・秋の優先出走権=出走12頭)安田記念勝ち馬で5番人気サトノアラジンは、中団の後ろでじっくりと末脚を温存。直線はリアルスティールを目がけて懸命に脚を伸ばしたが、クビ差及ばず2着に惜敗した。「1800メートルでも上手に走ってくれました。勝ち馬はドバイでGIを勝っているし、こちらは58キロで(リアルより)1キロ背負っていましたからね。GI馬として恥ずかしくないレースをしてくれました」と川田騎手は健闘をたたえた。★8日東京11R「毎日王冠」の着順&払戻金はこちら
2017年10月9日(月) 05:03

 699

【毎日王冠】レースを終えて…関係者談話
 ◆田辺騎手(グレーターロンドン3着)「間隔はあいていたが、追い切りの動きも良くて息もちだけだと思っていた。最後までよく頑張っていたし、次はもっと上積みがあると思う」 ◆北村宏騎手(ダイワキャグニー4着) 「テンションは高かったが、リズム良く走れた。直線は内にササりながらも頑張った」 ◆石橋騎手(ヤングマンパワー5着) 「みんな出していったので4番手から。最後もしぶとく脚を使っていた」 ◆内田騎手(マカヒキ6着) 「内枠を利用して折り合いも良かったが、4コーナーで手が動いた。使って良くなると思う」=天皇賞・秋へ ◆橋口師(ワンアンドオンリー7着) 「だいぶ走る気を取り戻して、最後まで集中力も続いていた。復活の兆しが見えてきた」 ◆田中勝騎手(ヒストリカル9着) 「この上がりでは仕方がない」 ◆松岡騎手(ウインブライト10着) 「具合は良かったけど、古馬の壁かな」 ◆戸崎騎手(アストラエンブレム11着) 「ゲートの中からうるさかった。最後は内にササった」 ◆吉田隼騎手(マッチレスヒーロー12着) 「勝負どころでついていけなくなった」★8日東京11R「毎日王冠」の着順&払戻金はこちら
2017年10月9日(月) 05:03

 1,242

【毎日王冠&京都大賞典】東西調教ウオッチャー
 今週の東西調教ウオッチャーは毎日王冠、京都大賞典が対象レース。美浦トレセンからは東京サンスポの柴田記者、栗東トレセンからは大阪サンスポの正木、佐藤将美記者が参戦して好調教馬をピックアップした。 正木 今週は東西でGIの前哨戦がメイン。毎日王冠の美浦組から頼むわ。 柴田 安田記念4着以来ですが、グレーターロンドンの動きが先週より格段にアップ。時計のかかったWコースでも、グンと素軽さが増してきました。栗東では? 正木 マカヒキの良化ぶりが目につくな。CWで先々週、先週と長めからしっかり追われたことで今週は正味4ハロン追いやけど、春とは雲泥の差で躍動感が全然違う。毛づやも良くて、体の使い方もえらく柔らかいわ。リアルスティールもわずかな仕掛けに鋭く反応。先週の自己ベスト(4ハロン49秒6)同様、今週も坂路で軽快。本来の状態を取り戻しとるで。 柴田 美浦からもう一頭。ウインブライトはWコースで馬なりでしたが、ラストの伸びも目立ったし、穴で注意ですね。京都大賞典の方はどうですか? 将美 雰囲気が良かったのはスマートレイアー。今週は余裕残しやけど、それでも坂路で4ハロン52秒7の好時計や。最後まで集中した走りやったね。カレンミロティックは久々でも、デキは悪くないで。坂路で余裕十分に4ハロン53秒6。9歳馬でも侮れんわ。★毎日王冠の出馬表はこちら 調教タイムも掲載★京都大賞典の出馬表はこちら 調教タイムも掲載
2017年10月6日(金) 05:07

 5,957

ソウルスターリング、古馬王道ローテに挑戦へ
 ソウルスターリングは宮城・山元トレセンで夏場を過ごしている。オークスでは未知の2400メートルを見事に克服したが、秋は毎日王冠(10月8日、東京、GII、芝1800メートル)で始動して、天皇賞・秋(同29日、東京、GI、芝2000メートル)と中距離路線を歩むことになった。「本来は2000メートルくらいがベター。広いコースがいいことも間違いない」と藤沢和調教師。今月中に帰厩予定で、古馬の王道路線に挑む。
2017年8月8日(火) 05:04

 4,337

【毎日王冠】大器完成!グレーターロンドンの乱
 豪華メンバーがそろった東京メインの毎日王冠(8日、GII、芝1800メートル)で、重賞未勝利ながらも注目されるのが8戦6勝の戦歴を誇る良血馬グレーターロンドンだ。管理する大竹正博調教師(47)=美浦=は昨年のルージュバックに続く連覇がかかる一戦。体質の弱さに悩まされてきた未完の大器が、大金星を挙げてGI戦線に名乗りを上げるか−。 眠れる大器がいよいよ目覚めるときがきた。一昨年の500万下から5連勝でオープン勝ち。安田記念も4着のグレーターロンドンが、飛躍の秋初戦を迎える。 「万全で走れば、能力的にこの相手でも差はないと思います」 手綱を取る田辺騎手がGI馬5頭が顔をそろえたメンバーを見ながら、能力の高さを断言した。問題は万全かどうか…に尽きる。4日の美浦Wコースでの追い切りは4ハロン53秒4−12秒9。馬なりでナイトフォックス(1600万下)と併入だった。1週前には500万下の僚馬に2馬身遅れていただけに、格段に良化したのは明らか。コンビを組んで4戦全勝の田辺騎手も「放牧に出していないといっても休み明け。折り合いより気合をつけようと思った。思ったほど悪くない」と、手応えを感じた様子だ。 母は桜花賞2着馬、姉ダイワエルシエーロはオークス馬という血統。デビュー当初から期待されていたが、体質の弱さ、特に蹄の弱さ(蹄葉炎)があって長期休養を余儀なくされてきた。大竹調教師はほとんど放牧に出さず、目の届く自厩舎などでケア。軌道に乗ったのは昨年だった。初のGI挑戦だった前走も、蹄の不安との戦いがあったが、サトノアラジンと0秒1差の4着に好走。キャリアを考えると、GIでも通用するめどが立つ収穫の多い内容だった。 「この中間も蹄のケアをしながら自厩舎で調整してきた。今週、ジョッキーが乗って追い切ったことでスイッチが入ったね。安田記念より肉体面では良くなっている」 調教師も今週のひと追いで態勢が整ったことを確信したようだ。昨年はルージュバックで制した一戦で、厩舎にとっては連覇がかかる。「この内容で今後の路線、天皇賞・秋かマイルCSかを決めたい」とビッグタイトルを意識する逸材。秋のGIを盛り上げるためにも、このレースで結果が求められる。 (柴田章利)
2017年10月6日(金) 05:08

 4,076

【毎日王冠】厩舎の話
 ◆アストラエンブレム・小島茂師 「今回は脚をためる形で競馬を」 ◆ウインブライト・松岡騎手 「トモ(後肢)も良くなっているし、成長を感じている」 ◆サトノアラジン・兼武助手 「追うごとに体も動きもシャープになった」 ◆ソウルスターリング・藤沢和師 「体が大きくなっているし、先週と比べても変わりなくいい感じできているね」 ◆ダイワキャグニー・菊沢師 「活気がある。落ち着いているのはいい」 ◆ヒストリカル・音無師 「東京コースは外差しの利く馬場だし、実際、昨年3着だから」 ◆マカヒキ・友道師 「春より走りが軽い。見た目も、毛づやも春とは違いますね」 ◆マッチレスヒーロー・金成師 「久々の芝で相手も強いので…」 ◆ヤングマンパワー・手塚師 「このメンバーだし、逃げてもいいかなと思う」 ◆リアルスティール・安藤助手 「いい状態で出せる。東京1800メートルも合う」 ◆ワンアンドオンリー・橋口師 「1800メートルはベスト。最後まで集中して走ってくれれば」
2017年10月6日(金) 05:06

 3,810

毎日王冠のニュースをもっと見る >

毎日王冠の直前追い切り情報をもっと見る >

毎日王冠の口コミ情報をもっと見る >

●毎日王冠 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜毎日王冠2017〜

第68回 毎日王冠 G2

2017年10月8日()東京11R 芝1800m 12頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 6 8 99.2 リアルスティール 牡5 57.0 M.デムー 矢作芳人 栗東 506(+4) 5.8 3 1.45.6
2 8 12 101.3 サトノアラジン 牡6 58.0 川田将雅 池江泰寿 栗東 532(+4) 8.7 5 1.45.6 クビ
3 6 7 97.0 グレーターロンドン 牡5 56.0 田辺裕信 大竹正博 美浦 474(0) 6.9 4 1.45.8 1 1/2
4 3 3 92.8 ダイワキャグニー 牡3 54.0 北村宏司 菊沢隆徳 美浦 486(+2) 27.7 7 1.45.8 ハナ
5 7 9 97.9 ヤングマンパワー 牡5 56.0 石橋脩 手塚貴久 美浦 524(-8) 58.7 8 1.45.9 クビ
6 2 2 101.5 マカヒキ 牡4 57.0 内田博幸 友道康夫 栗東 502(0) 5.6 2 1.45.9 アタマ
7 7 10 97.1 ワンアンドオンリー 牡6 57.0 横山典弘 橋口慎介 栗東 492(-4) 105.8 10 1.46.0 クビ
8 1 1 94.8 ソウルスターリング 牝3 53.0 C.ルメー 藤沢和雄 美浦 480(+6) 2.0 1 1.46.1 1/2
9 5 5 98.4 ヒストリカル 牡8 56.0 田中勝春 音無秀孝 栗東 460(+2) 190.0 11 1.46.1 クビ
10 8 11 90.7 ウインブライト 牡3 55.0 松岡正海 畠山吉宏 美浦 468(-4) 87.3 9 1.46.2 クビ
11 4 4 98.0 アストラエンブレム 牡4 56.0 戸崎圭太 小島茂之 美浦 470(-4) 13.9 6 1.46.5
12 5 6 94.2 マッチレスヒーロー 牡6 56.0 吉田隼人 金成貴史 美浦 488(+2) 393.0 12 1.47.7
ラップタイム 12.8-11.0-11.8-12.2-12.2-12.1-11.1-10.7-11.7
前半 12.8-23.8-35.6-47.8-60.0
後半 57.8-45.6-33.5-22.4-11.7

■払戻金

単勝 8 580円 3番人気
複勝 8 200円 3番人気
12 260円 6番人気
7 210円 4番人気
枠連 6-8 1,180円 6番人気
馬連 8-12 2,340円 10番人気
ワイド 8-12 730円 9番人気
7-8 590円 7番人気
7-12 780円 11番人気
馬単 8-12 4,300円 17番人気
3連複 7-8-12 4,670円 17番人気
3連単 8-12-7 27,280円 98番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜毎日王冠2017〜

毎日王冠のコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜毎日王冠2017〜

2016年 毎日王冠 2016年10月9日() 東京11R 芝1800m 稍重 12頭

毎日王冠2016

1着 10 ルージュバック 3.3倍(1人気) 戸崎圭太 1:46.6 104.2
2着 7 アンビシャス 4.5倍(3人気) C.ルメール クビ 104.2
3着 1 ヒストリカル 75.3倍(11人気) 横山典弘 100.8
単勝 10 330円(1人気) 3連複 1−7−10 18,540円(59人気)
馬連 7−10 800円(1人気) 3連単 10→7→1 61,710円(209人気)

2015年 毎日王冠 2015年10月11日() 東京11R 芝1800m 良 13頭

毎日王冠2015

1着 13 エイシンヒカリ 4.9倍(1人気) 武豊 1:45.6 102.8
2着 4 ディサイファ 6.7倍(4人気) 四位洋文 1 1/4 101.4
3着 6 イスラボニータ 9.2倍(7人気) 蛯名正義 クビ 101.4
単勝 13 490円(1人気) 3連複 4−6−13 6,720円(21人気)
馬連 4−13 1,880円(6人気) 3連単 13→4→6 28,200円(69人気)

2014年 毎日王冠 2014年10月12日() 東京11R 芝1800m 良 15頭

毎日王冠2014

1着 2 エアソミュール 13.1倍(8人気) 武豊 1:45.2 101.1
2着 6 サンレイレーザー 44.3倍(11人気) 田辺裕信 クビ 101.1
3着 8 スピルバーグ 8.3倍(5人気) 北村宏司 クビ 100.5
単勝 2 1,310円(8人気) 3連複 2−6−8 49,720円(136人気)
馬連 2−6 27,780円(54人気) 3連単 2→6→8 388,350円(905人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/10/06
毎日王冠
東京 11 エイシンフラッシュ 7.9倍 4 福永祐一 1:46.7 101.9
2012/10/07
毎日王冠
東京 16 カレンブラックヒル 3.5倍 1 秋山真一郎 1:45.0 103.8
2011/10/09
毎日王冠
東京 11 ダークシャドウ 2.0倍 1 福永祐一 1:46.7 100.0
2010/10/10
毎日王冠
東京 10 稍重 アリゼオ 15.8倍 6 福永祐一 1:46.4 101.6
2009/10/11
毎日王冠
東京 11 カンパニー 11.8倍 4 横山典弘 1:45.3 106.1
2008/10/12
毎日王冠
東京 16 スーパーホーネット 10.7倍 2 藤岡佑介 1:44.6 107.1
2007/10/07
毎日王冠
東京 14 チョウサン 44.4倍 8 松岡正海 1:44.2 104.8
会員登録はこちら

●毎日王冠 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜毎日王冠2017〜

毎日王冠は東京競馬場の芝2500m、4歳(現3歳)以上による重賞競走「毎日王冠」として1950年に施行されたのが始まり。

毎日王冠は第5回までは負担重量を定量とされ、毎日王冠で優勝した馬が翌年以降出走できない「勝ち抜け制」を採用していた。

1981年以降から東京競馬場に変更となり、1984年からは施行距離が現在と同様の芝1800mとなり、GIIに格付けされた。

春の安田記念宝塚記念後に夏シーズンを休養した有力馬が天皇賞(秋)マイルチャンピオンシップへ向けての始動戦として参戦するケースが多く、ハイレベルなGII競走として認知されている。


過去の優勝馬にはマグナーテン,バランスオブゲームテレグノシスサンライズペガサスダイワメジャーチョウサンスーパーホーネットカンパニーアリゼオダークシャドウカレンブラックヒルエイシンフラッシュなどが名を連ねる。

毎日王冠の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2017年10月21日(
富士ステークス G3
2017年10月22日(
菊花賞 G1

競馬番組表

2017年10月21日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2017年10月22日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 ディアドラ 牝3
20,361万円
6 アエロリット 牝3
18,391万円
7 リスグラシュー 牝3
17,854万円
8 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
9 モズカッチャン 牝3
13,758万円
10 アドミラブル 牡3
12,407万円
» もっと見る