高松宮記念2017

2017年3月26日(

高松宮記念 G1

中京競馬場/芝/1200m

攻略
メニュー

最新出走予定馬情報 〜高松宮記念2017〜

  • 新着ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 次走の高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)で連覇を目指していたビッグアーサー(牡6歳、栗東・藤岡健一厩舎)が、筋挫傷のため同レースを回避することが2月24日、分かった。藤岡調教師は「火曜(21日)の調教後に、右前肢上腕の筋挫傷で歩様が悪くなった。競馬までの時間を考えて、見送ることにしました」と説明。今後については「残念ですが、サマースプリントシリーズ以降の復帰を目指します」と見通しを語った。

 前走の香港スプリントは、海外GI初挑戦で10着。ぶっつけ本番での連覇を目指していたが、GI・2勝目は秋以降にお預けとなった。

ビッグアーサーの競走成績はこちら

ダンスディレクター骨折、高松宮記念に今年も挑戦できず2月23日(木) 18:51

 JRAは2月23日、今年のシルクロードSを勝ったダンスディレクター(栗東・笹田和秀厩舎、牡7歳)の左第1指骨剥離骨折が判明したと発表した。

 笹田調教師は「まだ細かな検査があるので、正式な診断を待って手術をするか決めます」と説明した。

 ダンスディレクターは昨年もシルクロードSを勝ち、高松宮記念に出走する予定だったが、直前に歩様の乱れで回避している。

[もっと見る]

【古馬次走報】ダンスディレクター、高松宮記念へ2月8日(水) 05:00

 ★東京新聞杯2着プロディガルサン(美・国枝、牡4)は中山記念(26日、中山、GII、芝1800メートル)や金鯱賞(3月11日、中京、GII、芝2000メートル)などを視野に。同厩で初音Sを勝ってオープン入りしたフロンテアクイーン(牝4)は中山牝馬S(3月12日、中山、GIII、芝1800メートル)などが選択肢。

 ★東京新聞杯3着エアスピネル(栗・笹田、牡4)はマイラーズC(4月23日、京都、GII、芝1600メートル)に向かう。同厩でシルクロードSを連覇したダンスディレクター(牡7)は浜中騎手とのコンビで高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)へ。

 ★川崎記念8着バスタータイプ(栗・佐藤正、牡5)は総武S(2月25日、中山、OP、ダ1800メートル)へ。

[もっと見る]

ネロ、ドバイと高松宮記念で両にらみ2月4日() 05:01

 1日にドバイゴールデンシャヒーン(3月25日、メイダン、GI、ダ1200メートル)の招待状が届いたネロ(栗・森、牡6)は、出否を保留している。清永助手は「今後は未定です。同じ週には高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)がありますからね。ドバイの場合は、第1希望はアルクオーツスプリント(同、芝1200メートル)です」と説明した。同馬はシルクロードS11着後、放牧に出ている。

ネロの競走成績はこちら

[もっと見る]

昨秋GI初制覇のレッドファルクス、高松宮記念直行2月3日(金) 05:09

 昨秋のスプリンターズSでGI初制覇を飾ったレッドファルクス(美・尾関、牡6)は2日、高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)に直行する予定であることが分かった。

 尾関調教師は「(香港スプリント12着から)帰国後の疲れが思っていたよりも残っていたので、じっくりとケアしながら進めてきました。3月のはじめぐらいに帰厩させる予定です」と今後のプランを語った。

[もっと見る]

【古馬次走報】ソルヴェイグ、高松宮記念へ2月2日(木) 05:01

 ★根岸S3着エイシンバッケン(栗・中尾、牡5)、4着キングズガード(栗・寺島、牡6)、7着ブライトライン(栗・鮫島、牡8)はフェブラリーS(19日、東京、GI、ダ1600メートル)を視野に入れる。12着ベストマッチョ(美・手塚、牡4)は、バレンタインS(12日、東京、OP、ダ1400メートル)。14着タールタン(栗・吉村、牡9)は、放牧を挟んでポラリスS(3月5日、阪神、OP、ダ1400メートル)へ。

 ★シルクロードS6着ソルヴェイグ(栗・鮫島、牝4)は、高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)の予定。

 ★香港ヴァーズ4着のヌーヴォレコルト(美・斎藤誠、牝6)は、中山記念(26日、中山、GII、芝1800メートル)で始動し、金鯱賞(3月11日、中京、GII、芝2000メートル)か中山牝馬S(3月12日、中山、GIII、芝1800メートル)へ。2戦の結果次第でクイーンエリザベス2世C(4月30日、シャティン、GI、芝2000メートル)に参戦するか検討される。

 ★白富士Sを制したスズカデヴィアス(栗・橋田、牡6)は、小倉大賞典(19日、小倉、GIII、芝1800メートル)に登録。2着サクラアンプルール(美・金成、牡6)は、中山記念などが選択肢。12着スーパームーン(美・藤沢和、牡8)は、日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)。13着フェスティヴイェル(美・畠山、牡6)は、ダイヤモンドS(18日、東京、GIII、芝3400メートル)、小倉大賞典などが視野。

 

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 0ビュー

⇒もっと見る

閲覧 18ビュー

それでは、今週の競馬を時系列順に感想書いていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

☆アーリントンCの感想☆
1着ペルシアンナイト
開幕週の良馬場なのに後方追走から外回る競馬してたんで、やばいのかな〜と思ったら、メンバー中最速の上がり3F34.0で直線もしっかり伸びて3馬身差の快勝!
ハービンジャー産駒なのにディープインパクト産駒みたいな勝ち方する馬ですね〜。
この馬がどれぐらい強いかはまだよくわからないけど、少なくとも今日のメンバー相手なら何回やっても勝てるぐらいの力差は感じました。

☆アーリントンC 馬券結果☆
宣言通り、3連複 11−12−2・7・8・9を買いましたが、2頭軸が2・4着でハズレ・・・。

収支は−2000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆総武Sの感想☆
1着モンドクラッセ
58kg背負っての逃げ切り勝ち!!
重賞以上だと善戦止まりですけど、OP特別なら58kgでもやれるぞ!ってところを見せてくれました。
能力ある馬だと思うんで重賞以上でも勝ってほしいです。

2着ピオネロ
負けたけど、58kg背負ってよく頑張ってたし、増え続けてた馬体重が−18kgとようやく絞れてくれたんで、次走以降ますます楽しみです。

14着バスタータイプ
OPの壁というよりは力出せる状態じゃなかったように見えました。
OPでもやれる力あると思うから、次走以降も温かい目で見つつ狙っていきたいです。

☆総武S 馬券結果☆
宣言通り、馬連 5−12、ワイド 5−12を買いましたが、3・14着でハズレ・・・。

収支は−3000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆すみれSの感想☆
1着クリンチャー
3番手追走から、2着に4馬身つける楽勝でしたが・・・。
重賞とかで強い相手と戦ったらどうなのかな〜?
時計面でもう少し説得力あれば高評価できたんですけどね〜。

☆すみれS 馬券結果☆
宣言通り、3連単 5−6−1・2・3・4・7を買いましたが、2頭軸が3・5着でハズレ・・・。

収支は−500Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆阪急杯の感想☆
1着トーキングドラム
後方追走して、内ピッタリ回る競馬してたけど、先行勢がバテる流れもおいしかったし、何よりも最内から抜けてこられたのが最高においしかったです。
12頭立てとはいえ、よくあのまま内から抜けてこれましたね〜。
ごちそうさまでした!!という声が聞こえてきそうなおいしい勝ちっぷりでした。

8着シュウジ
この相手に8着とか嘘でしょ〜。
ここ使った後の高松宮記念ではパフォーマンス上げてくるとは思うけど、これだけ負けられると馬体重+8kgで過去最高馬体重や仕上がり状態の他に何か敗因あるのかな?と少し心配になりました。

☆阪急杯 馬券結果☆
宣言通り、ワイド 7−8を買いましたが、6・8着でハズレ・・・。

こんなの予想外の決着すぎて、日曜の昼間にナイトメア(悪夢)見たのかと思いましたよ〜。

収支は−2000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆中山記念の感想☆
1着ネオリアリズム
+15kgや香港マイル以来の実戦でこの相手関係でどうかな〜と思ったら、先行してスムーズな競馬して上がり3Fも34.3でまとめてきっちり勝ってて驚きました。
そして、デムーロまた重賞勝った!相変わらずすごいな〜と尊敬しました。

2着サクラアンプルール
後方から外に出さず、内から抜けてきましたけど、11頭立てとはいえよく抜けてこれたし、よくこの馬で2着に持ってきましたね〜。
相変わらず横山典は買っても消しても怖い騎手です。

3着ロゴタイプ
勝てなかったけど、このメンバーで3着は立派!
お父さんのローエングリンも中山大好きっ子でしたけど、息子も中山大好きですね〜。
こういうの見ると、微笑ましい気分になります。

4着アンビシャス
好位集団の馬達でも楽な流れの中、後方追走から4コーナー大外ぶん回して、メンバー中最速の上がり3Fを出しながら脚を余らせ気味にゴール。
おいおいおい!いくらなんでも開幕週の中山でその競馬はないやろ〜というぐらい、ルメールがド下手に乗ってただけなんで、馬は悪くないから次走での巻き返し期待したいです。

☆中山記念 馬券結果☆
宣言通り、単勝 4(リアルスティール)を買いましたが、8着でハズレ・・・。

リアルスティールもアンビシャスも着外とか、日曜の昼間に2度寝してもう1回ナイトメア(悪夢)見たのかと思いましたよ〜。

収支は−5000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
中山記念 リアルスティール・・・8着

11頭立ての8着て嘘でしょ〜。
勝負所で戸崎がかなり押してたのに馬が反応せず、スーーッと上がっていけませんでしたし、直線でも伸びず・・・。

めちゃめちゃ自信あったし、勝ってくれると思ってたんで、レース後は放心状態になりましたが、ドバイでは頑張ってきてほしいです。

投資1000Pが0Pになっちゃいました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会


どちらの企画も枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
2月4日の大和Sを当てた後、JRAは16連敗継続中って・・・。
これは相当ひどいですね〜。

水曜日に、川崎で地方交流重賞のエンプレス杯がありますが、いくら今年の地方競馬無敗で回収率290%のぼくでも、今のひどい調子では当たらない気がしますが、また予想頑張ります。

ぐらんさん 2月26日() 19:59
17年2月26日の結果 
閲覧 12ビュー

今日いっぱいで4人の調教師と2人の騎手が引退。
武幸四郎JはG1・6勝の実績はもちろん、ジャンクSPORTSなどのテレビ番組でも活躍。
長身でスリムな体型に飄々としたキャラクターで、存在感のあるジョッキーでした。
個人的には菊花賞、ソングオブウインドを駆っての後方一気が印象深いですね。
ユタカJとの兄弟コンビでウィナーズサークルに立つ日が楽しみです。

田中博康Jはクイーンスプマンテとともにエリザベス女王杯を勝利。
テイエムプリキュアとのワンツーで大波乱となったこともあり、今後も記憶に残り続けるでしょう。
そのエリ女で見せた大逃げ同様、31歳での調教師転身はかなり思い切った判断。
その分たくさんの経験を蓄積して、成功を収めて欲しいなと思います。

では今日の結果を振り返っていきましょう。右の表をご覧ください。

本日計 【0-0-1-9】 単回率 0%
年間計 【5-12-17-109】 単回率 41%

どうにも勝ち切れない流れを断ち切れないまま2月が終了。
2ヶ月連続のマイナスはよくあることなので気にしていませんが、
こうも惜しいのばかりが続くと精神的に堪えますね。

高松宮記念へのステップレース、阪急杯は7番人気のトーキングドラムが勝利。
長らく勝てなかった準OPを今年になってようやく突破すると、その勢いで重賞初勝利。
年齢こそ7歳ですが、2年近くの休養を差し引くと、今が充実期であっても驚けませんね。

4番人気のヒルノデイバローが2着。
2年連続シルクロードS→阪急杯というローテで、昨年は7着8着でしたが今年は4着2着。
こちらも6歳と決して若くはありませんが、確かに力を付けてきています。

1番人気のシュウジは直線の伸び案外で8着。
序盤行きたがったことでスタミナをロスしたのか、あるいは太め残りだったのか敗因は分かりませんが、
ビッグアーサー、ダンスディレクターの回避に続くこの馬の大敗で、高松宮記念は混迷を極めそうですね。

こちらは新設G1大阪杯へのトライアル、中山記念は3番人気のネオリアリズムが勝利。
前後半でまるで別の流れとなったレースでも好位のインで落ち着いて対応。
16勝、勝率3割超と絶好調だったこの1ヶ月を象徴するようなデムーロJの手綱捌きでした。
これで2つめのG2タイトル、昨年のマイルCSも不利さえなければというレースでしたし、
もう十分にG1を狙える立場と言えるでしょう。

8番人気のサクラアンプルールが2着と好走。
得意の中山コースとはいえOP入り2戦目にしてこのメンバー相手の別定戦。
さすがに厳しいかと思いましたが、横山典Jが見事にロスなく運んだこともあり、大健闘を見せました。

1番人気のアンビシャスは追い込み及ばず4着まで。
上手く乗った上位2頭に対し、こちらは終始外々を回す競馬。
最後は脚を余し気味でもありましたし、展開負けと言って良いでしょう。

ではまた来週。

[もっと見る]

グリーンセンスセラさん 2月26日() 18:46
不運の馬・ダンスディレクター 
閲覧 5ビュー

ダンスディレクターが故障で高松宮記念を回避! 不運すぎる馬は再度復活することができるのか?─GamblingJournal ギャンブルジャーナル /2017年2月25日 8時00分 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2676.html

 昨年の悲劇が繰り返されてしまった。

 シルクロードS(G3)を連覇したダンスディレクター(牡7歳/栗東・笹田厩舎)が、左第1指骨剥離骨折したことがJRAから発表された。休養期間は未定ながら、この故障で次走に予定されていた高松宮記念(G1)を回避すると見られている。

 ダンスディレクターは昨年もシルクロードSを制覇後に左前脚の筋肉痛を発症。予定されていた高松宮記念を回避している。

 重賞制覇後、2年連続で故障が発覚したダンスディレクター。同馬はデビュー時から、なにかとツキに見放されていた印象を受ける。13年の3歳未勝利戦から競走馬人生をスタートさせたダンスディレクターは、2戦目から11戦連続で1人気に押されていた。だが多くの期待を寄せられつつも、そのうち勝利を収めたのは4戦のみ。実力があると周囲に見られていたにもかかわらず、勝ちきれないレースを多く繰り返した。

 結局ダンスディレクターがオープンクラスを走ったのは、初出走から2年近くが経った15年の京王杯スプリングC(G2)のことだった。レースの事前オッズでは、4番人気に押されていたものの12着と惨敗。それでもその後はCBC賞(G3)、阪神C(G2)をそれぞれ2着で終えるなど、じょじょに実力を発揮。そして16年のシルクロードSでは、2着に1馬身半差をつけ重賞初制覇を飾った。期待馬がついに開花した瞬間だった。

 だが重賞初制覇後に故障。復帰まで約7カ月を要することになる。復帰後はレースに出走するも勝ち負けにまで絡むことはなく、ファンには引退の二文字も頭をよぎっていた。そんな状況の中、ダンスディレクターはシルクロードSを連覇。同レースで騎乗した武豊騎手はレース後、「一瞬の脚のいいスプリンターで、7歳ですがまだまだやれますね」と、年齢から来る力の衰えを感じさせないと評していた。不遇の馬が、完全復活した......かに思われていた。

完調したダンスディレクターは高松宮記念に出走すれば有力馬の1頭であると目され、その活躍にも注目が集まっていた。それだけにこのタイミングでの故障発生に、陣営は頭を抱えていることだろう。

「ダンスディレクターは今年7歳。競走馬としてはベテランの域に入っていることもあり、この故障をきっかけに引退するのではないかという声もネット上では上がっています。陣営がどのような決断を下すのか、注目が集まっています」(競馬記者)

 G1出走を目前にしながらも、2年連続で故障してしまったダンスディレクター。願わくは、復帰して秋のG1レースで武豊騎手を鞍上に乗せ、ターフを駆けてもらいたいものだが...。

[もっと見る]

グリーンセンスセラさん 2月26日() 18:34
「まるでG3」の高松宮記念 
閲覧 17ビュー

JRAも頭を抱える!? 「まるでG3」の高松宮記念に悲嘆の声続々。有力馬の相次ぐ故障で......─GamblingJournal ギャンブルジャーナル / 2017年2月24日 16時00分
http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2681.html


  これがG1といえるのだろうか。

 3月末に開催される春のスプリント王決定戦・高松宮記念(G1)。ここ数年ではロードカナロアやカレンチャン、キンシャサノキセキが勝利するなど、年によって偏りはあるものの多くのファンが注目するレースである。

 しかし、今年の注目度は、近年でも最低になりそうな雰囲気だ。

 23日、前哨戦であるシルクロードSを連覇したダンスディレクターの骨折が判明し同レースを回避。さらに25日には、昨年覇者のビッグアーサーが脚部不安で回避を発表。海外馬の出走可能性もなく、いきなりの「飛車角落ち」の状況である。

 残るは、昨年のスプリンターズSを制したレッドファルクス、最強4歳世代のスプリント代表シュウジなどが主だったところだが、やはり今一つパンチに欠ける印象は否めない。

 一部では「これではG3だ......」「ロードカナロアの時代が懐かしい」など、ただでさえ主役不在の印象を受けるスプリント路線がさらにやせ細っていると感じた人は多い様子。

「スプリント路線は、それこそロードカナロア以降は明確な主軸がいませんね。ミッキーアイルはいましたが、マイルとの併用でしたし、勝利したG1もマイルのみ。これだけ地味なメンバーになってしまうと、馬券売上にも影響が出かねません。JRAも頭が痛いのでは」(競馬記者)

 頼みの綱は、それこそ「他路線」にしかないという声もある。

 最近はマイルを中心に走っているイスラボニータは、昨年末に1400mを走り一定の結果を残した。ヤングマンパワーは先の東京新聞杯(マイル)を惨敗したが、血統を見ればスプリントこそ真価を発揮できるのでは、という声もある。こういったところが集まれば、主役とまではいかずとも一定の層の厚さは確保できるのだが......。

 このままでは「なんちゃってG1」になってしまいそうな今年の高松宮記念。強豪の「サプライズローテ」に注目したいところである。

[もっと見る]

トーホーアマさん 2月26日() 18:17
阪急杯〜回顧〜 
閲覧 44ビュー

今日の総括 
負け。複勝転がしも終わった。トータル負けより複勝の負けのが落ち込む。4万払戻を2度受けても負けてるのだから競馬って本当に難しい。阪急杯で相殺されたけど結局中山記念のアンビシャス単勝と12Rで負けた養分でした。気を取り直して来週がんばります。

阪急杯
馬券は実馬券当たりと3連単は勿論ハズレ。小倉7R当たって早々に阪急杯ナガラオリオンのオッズなぜこんなにつくのか思って14時くらいにワイド全通りだけ買いだめ。レース終了後に終了後に初芝だったのかときづきました。まあキセキ。

12.1 10.7 11.0 11.7 11.7 12.0 12.2
12.1 22.8 33.8 45.5 57.2 69.2 81.4

ハイペースすぎるだろ。3F33,8秒はさすがにひどい。1200mだったらまだ許せるけど1400mのペースではない。幸四郎に文句でもつけたいけど、最後なので目立つパフォーマンスだろうし仕方なしか。とはいえそれについてった騎手が下手。本当に下手なレースを見せられた。

トーキングドラム
前走の評価はシュミノーがうまく乗った評価だけで10倍台と人気してたので消しにしたが、今回は前走0,4秒差の4着の評価で評価はあがる。まさか勝ちきるまでとはおもわなかったけど、能力はあるようにもおもう。とは言っても最内から抜け出して1番距離短縮出来たのでこの勝ちを今後どう評価するかはオッズ次第。今回単複買えた人は上手い。

ヒルノデイバロー
坂あるコースで、消耗戦は強いのだろう。前走も脚余して負けてたけど思ったより人気してたので3連系はいれずに。今回1番強い競馬したし、何より直線の抜け出し方は強かった。

ナガラオリオン
芝でもやれることはわかった。今回は展開の面もあるだろうが今のスプリンター路線のメンバーみるとあまり軽視はできなさそう。

シュウジ
掛かりすぎたとこもあるけど、負けすぎでもある。騎手と自分の馬券相性の悪さも露呈。ハッキリしたことは前に行ったら脚なくし、後ろに行ったらスプリンターSみたく届かずで高松宮記念でも力不足だろう。


言い方悪いかもしれないけど、今回の2着のヒルノディバローでも今年の高松宮記念足りると思う。それほど今のスプリンターのメンバ―は手薄状態。
自分の想像を超えた重賞になってしまいました。それが2度もつづくとは。。中山記念。

画像は阪急杯。あまり画像あげてもしょうがないのだけどシンガリ人気重賞ではなかなかとれないので記念に。

[もっと見る]

グリーンセンスセラさん 2月24日(金) 14:34
“持ってる男”武幸四郎の離れ業   
閲覧 15ビュー

【G3アーリントンC】武幸ミラアイトーンで有終V「栗東トレセン便り 薮中泰人」━
日刊大衆 / 2017年2月24日 13時30分 http://taishu.jp/detail/26696/

 阪神、中山に舞台を移して春競馬が開幕するが、競馬社会にとっては別れの季節でもある。ジョッキー界からは武幸、田中博の両名が今週を最後に調教師に転身する。

 引退騎手のラスト週で思い出すのは2006年の松永幹夫だ。最終日のメイン、阪急杯を11番人気(15頭立て)のブルーショットガンで制し、最終レースもフィールドルージュでV。この勝利が区切りの1400勝目。まさしく有終の美を飾る日になった。

 こうした事例はイメージほど多くはないのだが、ラスト週の武幸には期待感がある。というのも1997年の3月2日。騎手としてデビューした週に破天荒な勝利を挙げた“実績”があるからだ。なんとその週のメイン、マイラーズCをオースミタイクーンで優勝。初勝利が初重賞という離れ業だった。

 武幸は過去にG1勝ちが6つあるが、半数以上の4勝が8〜10番人気での優勝。意外性があり、“持ってる男”でもある。土曜阪神のメイン、アーリントンCはミラアイトーンに騎乗するが、重賞を勝てる能力の持ち主だから楽しみだ。

 デビューからコンビを組み、夏の小倉で新馬勝ち。一息入れた昨暮れの葉牡丹賞2000メートルは追い込み馬の展開になり4着に敗れたが、折り合い面を考慮して7F戦に出走した前走は中団から完勝。上がり3F33秒8で鋭く差し切った。

 垢抜けた馬体は見映えも非常にいいが、なにより鋭い末脚はマイル前後の距離がベストとアピールしている。レース2週間後の2月12日に坂路で初時計。重賞Vへ態勢も整っている。

 今週は日曜日にも東西で重賞が組まれている。まず阪神の阪急杯はシュウジが中心。暮れの阪神Cはベストから1F長い7F戦だったが、中団前の位置取りから直線で一気に抜けてきた。距離克服は本格化を感じさせる内容でもあった。

 今回も同じ舞台の7F戦だが、仕上がりを言えば前走以上。圧巻はレース2週前の坂路追い。追走して3馬身の先着は51秒7-2F23秒6の猛時計だった。勝てばG1高松宮記念が視野に入る戦い。メンバー的にも勝利の可能性は高い。

 中山の中山記念は好メンバーがそろう。関西からはアンビシャス、ヴィブロス、リアルスティールなどが参加予定だが、最も注目しているのはリアルだ。ドバイG1連覇に向けて大事な始動戦。昨秋より仕上がりも進んでいる。2月9日の坂路で52秒4-2F25秒5をマーク。前向きさが出ている点に好感を覚える。鞍上ムーアで好結果を期待だ。(日刊ゲンダイ大阪記者)

[もっと見る]

●高松宮記念 関連リンク

  • 特別登録
  • U指数新聞
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

ステップレース 〜高松宮記念2017〜

2017年1月29日(シルクロードS  京都 芝1200m 良 13頭

1着 7 ダンスディレクター 6.7倍(3人気) 武豊 1:07.8 102.6
2着 11 セイウンコウセイ 7.0倍(4人気) 松田大作 クビ 102.6
3着 9 セカンドテーブル 18.6倍(7人気) 水口優也 1 1/2 100.5
4着 4 ヒルノデイバロー 23.6倍(8人気) 四位洋文 クビ 99.5
5着 1 ラインスピリット 11.4倍(6人気) 森一馬 ハナ 99.5
⇒全着順を見る

2017年2月26日(阪急杯  阪神 芝1400m 良 12頭

1着 2 トーキングドラム 25.7倍(7人気) 幸英明 1:21.4 100.8
2着 4 ヒルノデイバロー 16.1倍(4人気) 古川吉洋 アタマ 100.8
3着 12 ナガラオリオン 96.2倍(12人気) 国分優作 98.2
4着 3 ブラヴィッシモ 7.9倍(3人気) 武豊 クビ 98.2
5着 9 メドウラーク 85.3倍(11人気) S.フォーリー 96.4
⇒全着順を見る

2017年3月4日()夕刊フジオーシャンS  中山 芝1200m

1着
2着
3着
4着
5着

マークは出走予定馬、タイムの右の数字は結果U指数

過去10年の結果 〜高松宮記念2017〜

2016年 高松宮記念 2016年3月27日() 中京11R 芝1200m 良 18頭

高松宮記念2016

1着 4 ビッグアーサー 3.9倍(1人気) 福永祐一 1:06.7 106.0
2着 6 ミッキーアイル 3.9倍(2人気) 松山弘平 3/4 105.0
3着 8 アルビアーノ 5.1倍(3人気) C.ルメール 1 3/4 101.9
単勝 4 390円(1人気) 3連複 4−6−8 1,740円(1人気)
馬連 4−6 890円(1人気) 3連単 4→6→8 6,690円(1人気)

2015年 高松宮記念 2015年3月29日() 中京11R 芝1200m 稍重 18頭

高松宮記念2015

1着 4 エアロヴェロシティ 6.5倍(4人気) Z.パートン 1:08.5 108.8
2着 15 ハクサンムーン 16.8倍(6人気) 酒井学 1/2 107.8
3着 16 ミッキーアイル 5.2倍(3人気) 浜中俊 ハナ 107.8
単勝 4 650円(4人気) 3連複 4−15−16 14,000円(48人気)
馬連 4−15 7,480円(34人気) 3連単 4→15→16 81,560円(281人気)

2014年 高松宮記念 2014年3月30日() 中京11R 芝1200m 不良 18頭

高松宮記念2014

1着 5 コパノリチャード 7.7倍(3人気) M.デムーロ 1:12.2 111.2
2着 17 スノードラゴン 19.6倍(8人気) 大野拓弥 106.0
3着 9 ストレイトガール 2.6倍(1人気) 岩田康誠 1 1/4 104.0
単勝 5 770円(3人気) 3連複 5−9−17 7,990円(22人気)
馬連 5−17 10,400円(38人気) 3連単 5→17→9 71,040円(203人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/03/24
高松宮記念
中京 17 ロードカナロア 1.3倍 1 岩田康誠 1:08.1 105.4
2012/03/25
高松宮記念
中京 18 カレンチャン 3.9倍 2 池添謙一 1:10.3 105.1
2011/03/27
高松宮記念
阪神 16 キンシャサノキセキ 4.5倍 3 U.リスポリ 1:07.9 106.9
2010/03/28
高松宮記念
中京 18 キンシャサノキセキ 3.7倍 1 四位洋文 1:08.6 105.8
2009/03/29
高松宮記念
中京 18 ローレルゲレイロ 7.6倍 3 藤田伸二 1:08.0 107.0
2008/03/30
高松宮記念
中京 18 ファイングレイン 7.1倍 4 幸英明 1:07.1 109.4
2007/03/25
高松宮記念
中京 18 スズカフェニックス 4.5倍 1 武豊 1:08.9 111.6

●高松宮記念 関連リンク

  • 特別登録
  • U指数新聞
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜高松宮記念2017〜

高松宮記念は、1967年から1970年に施行されていた中京大賞典を前身とし、1970年に高松宮宣仁親王から優勝杯を賜与されたのを機に1971年に4歳(現3歳)以上の混合別定重賞競走高松宮杯として新設、中京競馬場の芝2000mで施行された。

1984年にはグレード制施行によりGIIに格付け、1996年からは中央競馬における短距離路線の再整備に伴い秋のスプリンターズステークスと対になる春の短距離最強馬を決める芝1200mのGI競走に昇格、中央競馬の主要4競馬場(東京競馬場・中山競馬場・京都競馬場・阪神競馬場)以外で初めてのGI競走となった。

1998年からは高松宮記念へと名称を変更。2000年からは短距離路線の見直しを図るため5月から3月の開催に繰り上げられ、それに伴い出走資格を5歳(現4歳)以上に変更した。2001年から国際競走に指定され、2011年よりグローバル・スプリント・チャレンジに参加、本競走は第2戦に組み込まれている。

GI格付け以後の優勝馬には、フラワーパークキングヘイロートロットスターショウナンカンプビリーヴサニングデールオレハマッテルゼスズカフェニックスローレルゲレイロキンシャサノキセキカレンチャンなど豪華な顔ぶれが並ぶ。
このうち、フラワーパークトロットスターローレルゲレイロビリーヴカレンチャンロードカナロアなどが当年のスプリンターズSとの春秋連覇または前年同レースとの秋春連覇を達成している。


☆高松宮記念の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

ダビマス
初めての方へ
会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年3月4日(
夕刊フジ賞オーシャンステークス G3
チューリップ賞 G3
2017年3月5日(
報知杯弥生賞 G2

競馬番組表

2017年3月4日(
2回中山3日目
1回阪神3日目
1回小倉7日目
2017年3月5日(
2回中山4日目
1回阪神4日目
1回小倉8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
106,750万円
2 ゴールドアクター 牡6
67,588万円
3 サトノダイヤモンド 牡4
67,496万円
4 イスラボニータ 牡6
59,751万円
5 ロゴタイプ 牡7
54,091万円
6 ヌーヴォレコルト 牝6
45,672万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 メイショウマンボ 牝7
43,520万円
10 ディサイファ 牡8
41,166万円
» もっと見る

3歳
1 サトノアレス 牡3
9,135万円
2 ソウルスターリング 牝3
8,950万円
3 モンドキャンノ 牡3
8,601万円
4 レイデオロ 牡3
8,477万円
5 レーヌミノル 牝3
7,515万円
6 ブレスジャーニー 牡3
7,350万円
7 ペルシアンナイト 牡3
7,176万円
8 リスグラシュー 牝3
6,381万円
9 タイムトリップ 牡3
6,176万円
10 ジューヌエコール 牝3
6,156万円
» もっと見る