会員登録はこちら
高松宮記念 G1   日程:2018年3月25日() 15:40 中京/芝1200m

高松宮記念データ分析

コース図中京芝1200m

毎年3月下旬に行われる春のスプリント王者決定戦。短距離戦では「大型馬が強い」と言われがちだが、このレースも例外ではない。前走の馬体重が460キロ未満だった馬の好走例は、新中京で施行された2012年以降、2014年3着のストレイトガール(1番人気)の1頭だけ。連対馬は旧中京施行の2004年の1~2着馬を最後に出ていない。性別に関係なく小柄な馬は、それだけで大きな減点材料になる。あとは、前走の着順も重要なポイントのひとつ。2012年以降の連対馬はすべて前走5着以内。前走で大きく崩れていた馬は、たとえ実力馬だとしても「あって3着まで」と決めつけてもいいぐらいと言える。(各種データ、原稿は本年のレース発走前のものとなります)

【人気】
別表を見ると、1番人気の成績は好水準。中京リニューアル以降に限定しても【2.0.3.1】と、勝ちきれないまでも抜群の安定感を見せつけている。2012年以降の勝ち馬はすべて5番人気以内かつ当日単勝オッズ1桁であり、2~3番人気もトータル【2.4.2.4】という高値安定の成績。ゆえに、人気サイドが相応の結果を残していると考えていいだろう。対照的に2桁人気の馬券絡みは2013年3着のハクサンムーン(10番人気)1頭のみで、2着連対はいまだ果たしていない。1~2番人気のワンツーフィニッシュや、1~3番人気の上位独占も珍しくなく、順当決着の傾向はかなり強い。

◆人気別成績(過去20年)

人気着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1番人気 5-3-5-7 25.0% 40.0% 65.0% 81.5% 101.0%
2番人気 3-6-2-9 15.0% 45.0% 55.0% 65.5% 93.0%
3番人気 5-2-4-9 25.0% 35.0% 55.0% 182.5% 120.0%
4番人気 5-1-1-13 25.0% 30.0% 35.0% 237.0% 100.0%
5番人気 1-1-1-17 5.0% 10.0% 15.0% 43.5% 40.0%
6~9番人気 1-6-2-71 1.3% 8.8% 11.3% 23.3% 50.1%
10番人気以下 0-1-5-166 0.0% 0.6% 3.5% 0.0% 48.5%

◆単勝オッズ別成績(過去20年)

単勝オッズ着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1.9倍以下 1-0-1-1 33.3% 33.3% 66.7% 43.3% 80.0%
2.0~2.9倍 1-0-4-4 11.1% 11.1% 55.6% 32.2% 76.7%
3.0~4.9倍 7-7-3-6 30.4% 60.9% 73.9% 129.1% 123.9%
5.0~7.9倍 5-2-3-24 14.7% 20.6% 29.4% 104.4% 65.3%
8.0~14.9倍 5-6-2-26 12.8% 28.2% 33.3% 134.9% 96.2%
15.0~19.9倍 1-2-0-17 5.0% 15.0% 15.0% 93.0% 68.0%
20.0~49.9倍 0-2-3-76 0.0% 2.5% 6.2% 0.0% 31.7%
50.0倍以上 0-1-4-138 0.0% 0.7% 3.5% 0.0% 54.2%

◆配当(過去10年)

馬券種最高配当最低配当平均配当
単勝 870円 130円 549円
複勝 1,380円 110円 308円
枠連 2,860円 480円 1,402円
馬連 10,400円 470円 3,376円
ワイド 8,340円 230円 1,722円
馬単 17,030円 560円 5,817円
3連複 35,840円 1,070円 11,813円
3連単 191,140円 5,930円 59,932円

【脚質】
脚質面では、先行勢が優勢を誇っている。2012年以降の勝ち馬6頭中5頭が4角で4番手以内に位置していた。2013年の優勝馬ロードカナロア(1番人気・4コーナー7番手)だけが例外だが、同馬は日本調教馬で初めて香港スプリントを制した別格とも言える存在。ある程度は前めのポジションを取れないと、勝ち切るまでには至らないと考えていい。ただし、逃げ馬&4角先頭馬は分が悪い。中京リニューアル以降の好走馬は2013年3着のハクサンムーンただ1頭。好位で競馬をしたいタイプにとって、逃げ馬&4角先頭馬は格好の目標になる。基本的には割り引いて考えるべきだろう。

◆脚質別成績(過去20年)

脚質着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
逃げ 2-0-2-16 10.0% 10.0% 20.0% 71.0% 98.0%
先行 9-6-5-57 11.7% 19.5% 26.0% 89.4% 89.0%
差し 9-12-11-123 5.8% 13.5% 20.6% 37.2% 74.9%
追込 0-2-2-96 0.0% 2.0% 4.0% 0.0% 10.1%

【枠順】
枠順については、いかんせんリニューアル後の施行回数が少ないため、評価が難しい。内枠では2~3枠が好調。4頭の勝ち馬を含め、連対馬を6頭輩出し、毎年のように馬券に絡んでいる。一方、外枠である7~8枠は未勝利だが、6番人気以下で3着以内に入った馬はすべて該当しており、軽視できない存在だ。視点を変えて、当日単勝オッズ3番人気以内の馬が内枠(1~3枠)を引いた場合の結果を検証してみると【2.2.1.0】で複勝率100%。対照的に外枠(6~8枠)は【1.2.1.4】。複勝率こそ50%を確保しているが、内枠と比較して大きく見劣る感は否めない。つまり、「人気サイドが内枠に入れば信頼度が上昇、外枠の場合はアテにならない」ととらえればいいということである。

◆枠順別成績(過去20年)

枠順着別度数勝率連対率複勝率単勝回収率複勝回収率
1枠 1-2-3-34 2.5% 7.5% 15.0% 25.3% 52.0%
2枠 6-2-1-31 15.0% 20.0% 22.5% 112.3% 59.8%
3枠 4-1-2-32 10.3% 12.8% 17.9% 68.5% 65.4%
4枠 2-3-2-33 5.0% 12.5% 17.5% 23.5% 41.8%
5枠 1-2-1-36 2.5% 7.5% 10.0% 9.8% 18.0%
6枠 3-1-2-34 7.5% 10.0% 15.0% 33.8% 25.8%
7枠 2-4-3-45 3.7% 11.1% 16.7% 37.6% 73.0%
8枠 1-5-6-47 1.7% 10.2% 20.3% 20.0% 119.5%

【血統】
2012年以降の好走馬を振り返ると、キングカメハメハ、サクラバクシンオー、アドマイヤコジーン、フジキセキ、タイキシャトル、クロフネなど、芝のマイル以下のG1を制している種牡馬を父もしくは母父に持つ馬の活躍が目立つ。大系統では、サクラバクシンオーやアドマイヤコジーン、トニービンなどが属するナスルーラ系を父もしくは母父に持つ馬の相性が良く、毎年必ず1頭は馬券に絡んでいる。5番人気以下で3着以内に入った馬はすべてこれらの条件に該当。人気の有無に関わらずマークすべきだろう。なかでも妙味があるのは、アドマイヤムーン(ミスプロ系)×ナスルーラ系の組み合わせを持つ馬である。具体例を挙げると、2013年10番人気3着&2015年6番人気2着のハクサンムーン(アドマイヤムーン×サクラバクシンオー)と、2017年5番人気1着のセイウンコウセイ(アドマイヤムーン×カポーティ)が低評価を覆す奮闘を見せており、適性の高さは疑いようがない。同様のタイプが出走してくれば、積極的に狙うべきだ。

◆同コース種牡馬別成績(中京競馬場/芝/1200m/過去5年)集計期間:2013/03/18~2018/03/18

種牡馬着別度数勝率連対率複勝率単勝
回収率
複勝
回収率
1 サクラバクシンオー 8-3-3-53 11.9% 16.4% 20.9% 69.4% 55.4%
2 ダイワメジャー 7-6-7-88 6.5% 12.0% 18.5% 35.6% 63.5%
3 ディープインパクト 6-10-3-46 9.2% 24.6% 29.2% 58.5% 70.6%
4 キングカメハメハ 6-3-3-34 13.0% 19.6% 26.1% 75.7% 58.7%
5 アドマイヤムーン 5-5-5-49 7.8% 15.6% 23.4% 110.0% 83.3%
6 タイキシャトル 5-2-2-48 8.8% 12.3% 15.8% 72.8% 46.0%
7 フジキセキ 4-1-7-20 12.5% 15.6% 37.5% 67.5% 109.4%
8 ヨハネスブルグ 3-2-1-24 10.0% 16.7% 20.0% 138.3% 84.0%
9 シンボリクリスエス 3-2-0-16 14.3% 23.8% 23.8% 131.9% 60.0%
10 グラスワンダー 3-0-3-19 12.0% 12.0% 24.0% 117.6% 102.0%
会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2018年6月24日(
宝塚記念 G1

競馬番組表

2018年6月23日(
1回函館3日目
3回東京7日目
3回阪神7日目
2018年6月24日(
1回函館4日目
3回東京8日目
3回阪神8日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 シュヴァルグラン 牡6
87,022万円
2 サトノダイヤモンド 牡5
79,728万円
3 ゴールドアクター 牡7
74,324万円
4 オジュウチョウサン 牡7
53,307万円
5 レイデオロ 牡4
51,492万円
6 サトノクラウン 牡6
48,604万円
7 スマートレイアー 牝8
47,984万円
8 レッドファルクス 牡7
46,924万円
9 スワーヴリチャード 牡4
46,503万円
10 サウンズオブアース 牡7
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 アーモンドアイ 牝3
31,342万円
2 ワグネリアン 牡3
30,614万円
3 エポカドーロ 牡3
26,206万円
4 ラッキーライラック 牝3
23,653万円
5 ケイアイノーテック 牡3
16,998万円
6 ダノンプレミアム 牡3
16,651万円
7 リリーノーブル 牝3
13,810万円
8 ステルヴィオ 牡3
13,669万円
9 タワーオブロンドン 牡3
12,474万円
10 タイムフライヤー 牡3
11,016万円
» もっと見る