注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ロードカナロア(競走馬)

注目ホース
ロードカナロア
写真一覧
抹消  鹿毛 2008年3月11日生
調教師安田隆行(栗東)
馬主株式会社 ロードホースクラブ
生産者ケイアイファーム
生産地新ひだか町
戦績19戦[13-5-1-0]
総賞金66,995万円
収得賞金36,525万円
英字表記Lord Kanaloa
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
レディブラッサム
血統 ][ 産駒 ]
Storm Cat
サラトガデュー
兄弟 ロードバリオスロードガルーダ
前走 2013/12/08 香港スプリント G1
次走予定

ロードカナロアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
13/12/08 香港 5 香港スプリン G1 芝1200 14--------1** 牡5 57.0 岩田康誠安田隆行491(--)1.08.2 -0.8----SOLE POWER
13/09/29 中山 11 スプリンタS G1 芝1200 165101.311** 牡5 57.0 岩田康誠安田隆行494(-6)1.07.2 -0.133.8⑦⑤ハクサンムーン
13/09/08 阪神 11 セントウルS G2 芝1200 13691.412** 牡5 58.0 岩田康誠安田隆行500(0)1.07.5 0.033.4ハクサンムーン
13/06/02 東京 11 安田記念 G1 芝1600 185104.011** 牡5 58.0 岩田康誠安田隆行500(+2)1.31.5 -0.033.3⑧⑧ショウナンマイティ
13/03/24 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 176111.311** 牡5 57.0 岩田康誠安田隆行498(-4)1.08.1 -0.233.2⑨⑦ドリームバレンチノ
13/02/24 阪神 11 阪急杯 G3 芝1400 16231.611** 牡5 58.0 岩田康誠安田隆行502(+8)1.21.0 -0.134.5⑤⑤マジンプロスパー
12/12/09 香港 5 香港スプリン G1 芝1200 12--------1** 牡4 57.0 岩田康誠安田隆行494(--)1.08.5 -0.3----CERISE CHERRY
12/09/30 中山 11 スプリンタS G1 芝1200 168164.421** 牡4 57.0 岩田康誠安田隆行494(-6)1.06.7 -0.133.4⑧⑨カレンチャン
12/09/09 阪神 11 セントウルS G2 芝1200 16592.212** 牡4 56.0 岩田康誠安田隆行500(-2)1.07.3 0.033.7エピセアローム
12/06/17 函館 11 函館SS G3 芝1200 11111.312** 牡4 56.0 福永祐一安田隆行502(+2)1.09.5 0.134.9④④ドリームバレンチノ
12/03/25 中京 11 高松宮記念 G1 芝1200 18112.413** 牡4 57.0 福永祐一安田隆行500(0)1.10.4 0.135.4④④カレンチャン
12/01/28 京都 11 シルクロード G3 芝1200 16471.411** 牡4 57.0 福永祐一安田隆行500(+2)1.08.3 -0.433.6⑨⑨エーシンダックマン
11/11/26 京都 11 京阪杯 G3 芝1200 15231.611** 牡3 55.0 福永祐一安田隆行498(+2)1.08.1 -0.233.3グランプリエンゼル
11/11/06 京都 10 京洛S OP 芝1200 177142.911** 牡3 55.0 福永祐一安田隆行496(+10)1.08.0 -0.232.7⑥⑦キョウワマグナム
11/05/14 京都 10 葵ステークス OP 芝1200 14332.411** 牡3 56.0 北村友一安田隆行486(+6)1.09.3 -0.234.4サクラベル
11/04/16 小倉 10 ドラセナ賞 500万下 芝1200 16241.311** 牡3 56.0 北村友一安田隆行480(-2)1.08.3 -0.634.1アスターウィング
11/01/29 京都 7 3歳500万下 芝1400 14221.812** 牡3 56.0 福永祐一安田隆行482(+2)1.22.1 0.134.1ラトルスネーク
11/01/05 中山 9 ジュニアC OP 芝1600 138122.112** 牡3 56.0 蛯名正義安田隆行480(-6)1.35.1 0.134.7デルマドゥルガー
10/12/05 小倉 4 2歳新馬 芝1200 16231.211** 牡2 55.0 古川吉洋安田隆行486(--)1.08.4 -1.034.9シェルエメール

ロードカナロアの関連ニュース

 2014年のオークスヌーヴォレコルト(美・斎藤誠、牝6、父ハーツクライ)が引退、繁殖入りすることが15日、明らかになった。今年の交配相手にはロードカナロアが挙がっており、受胎後はスタセリタ(ソウルスターリングの母)とともに英国に渡り、来年にフランケル(9歳)と種付けするプランが挙がっている。

 金鯱賞10着が最後のレース。斎藤誠調教師は「余力を残したまま引退させることにしました。クラシックを勝って、海外でも勝って、多くのいい経験をさせてもらいました。僕の中では、もうこれほどの馬は出てこないと思います」と語った。

 海外にも積極的に挑戦し、15年のGI香港カップで2着、16年には米GIIIのレッドカーペットHを制した。戦績は23戦6勝(うち海外5戦1勝)で重賞はほかに14年ローズS、15年中山記念を加えた4勝。総獲得賞金は5億6958万2000円(うち海外1億1286万6000円)。

 16日に宮城県の山元トレセン経由で、北海道千歳市の社台ファームに向かう。

ヌーヴォレコルトの競走成績はこちら

【阪急杯】レース展望 2017年02月20日(月) 17:42

 開幕週の阪神日曜メインは、第61回阪急杯(26日、GIII、芝1400メートル)。1着馬に高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)の優先出走権が与えられる重要ステップレースだ。2013年のロードカナロア、14年のコパノリチャードはここを制し、本番も連勝。昨年の覇者ミッキーアイルも本番で2着に好走している。今年はフルゲート18頭のところ、登録は14頭と少ないが、開幕を待ち望んだファンの期待に応える熱戦が期待できそうだ。

 シュウジ(栗東・須貝尚介厩舎、牡4歳)は古馬相手の重賞で惜敗が続いていたが、前走で今回と同舞台のGII阪神Cを制覇。中団から鋭く伸びて、先に抜け出した皐月賞イスラボニータをゴール前で捕らえ、アタマ差で小倉2歳S以来の勝利を飾った。少し間隔はあいたが、乗り込みは十分で、川田将雅騎手とのコンビ継続も魅力。開幕週のスピード勝負は歓迎で、中心の座は揺るがない。

 ロサギガンティア(美浦・藤沢和雄厩舎、牡6歳)は連覇がかかっていた前走の阪神Cで5着に終わったが、シュウジとは0秒2差。ともに上がり3ハロンはメンバー最速の34秒8で、位置取りの差が出たレースだった。前走後は在厩で調整し、十分に動ける態勢。今回は、前走でシュウジより1キロ重かった斤量面が逆転する。四位洋文騎手とは初コンビになるが、ダービー2勝のベテランなら何ら不安はない。

 実績では休み明けの2頭がリードしているが、ほかの馬には順調に使っている強みがある。シュウジと同厩で昨年の3着馬ブラヴィッシモ(牡5歳)も、得意舞台で一変を狙う一頭だ。阪神芝1400メートルでは【2・1・2・1】で複勝率は8割を超える。近3走の京都では振るわなかったが、このコースでは見直しが必要だろう。逃げ差し自在の脚質で、道悪も苦にしない。今回は武豊騎手との初コンビ。先週までに17勝を挙げ、連対率.370、複勝率.478を誇る名手の手綱は魅力だ。

 ミッキーラブソング(栗東・橋口慎介厩舎、牡6歳)も侮れない。昨年のこのレースは4着で、その前の京都金杯でも3着に好走している実力馬。昨年5月のオープン特別・安土城Sを1番人気に応えて1馬身半差で快勝した後の4戦は、好結果が出ていないが、安土城Sを制したときの鞍上、松若風馬騎手に戻るのは好材料だ。馬群の外めで流れに乗れれば好走できるタイプで、開幕週の絶好馬場も悪くない。全6勝中4勝をマークする得意距離で、変わり身に注意したい。

 トーキングドラム(美浦・斎藤誠厩舎、牡7歳)は、堅実な走りが魅力。徐々に力をつけ、デビュー21戦目で初の重賞挑戦だ。オープン初挑戦だった前走の洛陽Sも、早めに動く形になったにもかかわらず、しぶとく粘って0秒4差の4着。美浦に戻ってから中1週の競馬となるが、状態面は申し分ない。幸英明騎手の騎乗も2度目。全8連対中5連対の芝1400メートル戦で、上位争いが期待できる。

 他にも、祖母がトゥザヴィクトリーという良血で「オープンで通用する馬」とシェーン・フォーリー騎手が評価するメドウラーク(栗東・橋田満厩舎、牡6歳)、前走のGIIIシルクロードS(4着)で最後方から鋭い末脚を見せていたヒルノデイバロー(栗東・昆貢厩舎、牡6歳)も、【1・1・0・0】と好相性の古川吉洋騎手とのコンビで上位を狙う。阪神で5勝を挙げているコース巧者テイエムタイホー(栗東・鈴木孝志厩舎、牡8歳)にも注意を払いたい。

阪急杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【東西現場記者走る】キャンノ末恐ろしい!陣営「GI級」 2016年12月13日(火) 05:05

 1週間の密着取材で勝ち馬を探し出すGI企画『東西現場記者走る』。朝日杯FSは大阪サンスポのルーキー・山口大輝記者(25)が担当する。連載初日は、京王杯2歳Sを制したモンドキャンノ陣営を直撃。「先々は短距離でGI級になる馬」と評価する素質馬が、果たしてマイル戦でも持ち味を発揮できるのか。新人競馬記者は率直な疑問をぶつけた。

 阪神JFは単勝1〜3番人気の3頭で決着。◎リスグラシューの1着固定で勝負して苦杯をなめたが、すでに頭は切り替えている。初日の栗東トレセンは気温2度。メモを取る手もかじかむ寒さだったが、意気揚々とモンドキャンノ陣営にアタックした。

 前走の京王杯2歳Sを豪快な末脚でV。阪神の外回りなら、あの脚を再現しても不思議はない。安田景助手からも、「持っている能力は先々、短距離ならGI級になれるぐらい」と力強いコメントが返ってきたが、気になる点は2つある。引き続き質問をぶつけた。

 まずは初のマイル戦。これについては「将来的には、1200メートル、1400メートル(向きの馬)になってくると思う」との返答。短距離王ロードカナロアを育てた厩舎の発言だけに聞き逃せないが、本質はスプリンターという見立てで、判断に悩むところだ。

 気性面に幼さが残り、バルザローナ騎手が初めて乗る点も微妙では? と尋ねると「追い切りで癖を知ってもらえたら。勝ちにいく競馬じゃなくて掲示板に載ればいいや、ぐらいの感じで。後ろから、末脚にかけてもらいたいですね」と話してくれた。いかにも、無欲の挑戦という感覚だ。

 では、勝負気配はないのか? というと、中間の調整はいたって順調。1週前追い切りではCWコースで6ハロン84秒9−11秒9をマークしている。あまり考えすぎなくていいのかもしれない。「まだ馬体が緩い。この緩さでこれだけ動けるわけですから。まだまだ、良くなりますよ」という言葉を素直に信頼しよう。

 タガノアシュラボンセルヴィーソなど前に行きたい馬がおり、展開が向く可能性は高い。ある程度の人気は背負いそうだが、週末まで注意を払わなければいけない一頭だ。(山口大輝)

朝日杯FSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

東西現場記者走る

 一昨年の春に始まったGI限定の連載企画。東西サンスポが誇る精鋭記者たちが、トレセンで1週間の密着取材を行い、勝ち馬に迫る。結論を出すのはレース当日。山口記者は初めて担当したエリザベス女王杯を◎○▲で仕留め、3連単15万8930円の高配当を大本線で的中した。

[もっと見る]

【香港スプリント】電撃王逆襲ビッグアーサー2016年12月10日() 13:30

 日本から春秋のスプリント王が参戦する。

 高松宮記念馬のビッグアーサーは、落馬負傷の福永騎手に替わってR・ムーアを鞍上に迎えた。地元メディアにロードカナロア(12年&13年連覇)との比較を尋ねられた藤岡調教師は、「カナロアはマイルでも走れるタイプだったが、ビッグアーサーは1200メートルのスペシャリスト。この距離なら勝てるだけの力があると思う」と力強く返答した。前走・スプリンターズSは前が詰まって追えないままの12着。まったく力を出せなかっただけに「馬体もすっきりしていい状態」の今回、能力を世界にアピールしたい。

 レッドファルクスは3連勝で、スプリンターズSを制覇した。「デムーロ騎手が乗ったとき(3戦3勝)と、1200メートル(4戦4勝)では負けていないので、今回もそうなればいいね」と尾関調教師。任されたミルコも、「すごく状態が良さそう。息も合っているしハッピーだね」と勝つ気満々だ。

 過去10年で7勝している地元勢は今年も層が厚い。ラッキーバブルズは6F重賞で6戦連続連対中。前哨戦のJクラブスプリントは2着も、「落胆してはいない。ここへ向けての準備はすっかり整っている。GI初勝利を期待したい」と、ルイ調教師は自信を見せる。

 そのJクラブスプリントを制したノットリスニントゥーミーは昨年、1馬身差3着。「メンコを再着用した前走がいい勝ち方だった。ボウマン騎手とも手が合うようなので楽しみ」とムーア調教師。一昨年の覇者で昨年の高松宮記念を勝ったエアロヴェロシティ、昨年V&一昨年2着のペニアフォビアも健在だ。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【香港国際競走】池江師「アラジン自信ある」2016年12月10日() 05:02

 9日、シャティン競馬場で香港国際競走の公式会見が行われ、藤岡、尾関、池江調教師が出席した。ビッグアーサー香港スプリントに送り出す藤岡師は、地元メディアから2012、13年に連覇したロードカナロアとの力関係の比較を問われ「カナロアはマイルでも走れるタイプだったけど、ビッグアーサーは1200メートルのスペシャリスト。この距離なら勝てるだけの力があると思う」と6ハロンでの戦歴に自信を示した。

 また、同レースにレッドファルクスを出走させる尾関師も「デムーロ騎手が乗ったとき(3戦3勝)と1200メートル戦(4戦4勝)では負けていないので、今回もそうなれば」と抜群の相性を誇る鞍上と距離で金星を狙う構えだ。

 2頭を香港に連れてきた池江調教師は「香港カップラブリーデイは、当日がいい天気ならいい結果が出る。香港マイルサトノアラジンは、(8)番枠を引けた今回は自信があります」とそろって上位争いを期待。自身初の海外GI制覇に向けて意欲を燃やしていた。

[もっと見る]

【京阪杯】レース展望 2016年11月21日(月) 16:28

 ジャパンC当日、27日の中央競馬は変速的な番組構成となる。東京は全11レース制で、ジャパンCが最終レース。そして京都は、最終12RにGIII京阪杯(芝1200メートル)が組まれている。ロードカナロア(2011年1着)やビッグアーサー(昨年2着)が出世の足がかりとした一戦で、JRAでは年内最後の芝1200メートル重賞。GI経験馬と上がり馬の対決が見ものだ。

 一連の戦績から人気の中心になりそうなのはネロ(栗東・森秀行厩舎、牡5歳)。スプリンターズSは6着に終わったが、勝ったレッドファルクスとは0秒1差にすぎない。京都の芝は【1・0・0・6】と案外な成績だが、昨秋のオープン特別・京洛Sを3馬身半差で快勝しており、適性はあるはずだ。1週前追い切りでは、坂路で4ハロン48秒5(!)と相変わらず豪快な動きを披露。使い詰めでも疲れは感じられない。ミカエル・バルザローナ騎手と約2年ぶりのコンビで、悲願の重賞初制覇に挑む。

 5カ月半ぶりの実戦となったスワンSで果敢にハナを奪い、3着に粘ったのがエイシンスパルタン(栗東・藤岡健一厩舎、牡5歳)。5歳馬ながら、まだキャリア12戦と伸びしろを感じさせる素質馬だ。ひと叩きされて動きも良化。【3・0・1・1】と得意にしている京都コースで、今年の高松宮記念を制した僚馬ビッグアーサーにもヒケを取らないと陣営が高く評価するスプリント能力を見せたいところだろう。

 オープン昇級後は全くの頭打ちと思われていたラインスピリット(栗東・松永昌博厩舎、牡5歳)が、夕刊フジ杯オパールS、ルミエールオータムダッシュと堂々の2連勝。440キロ台に馬体が増えてから、見違えるような走りを披露している。前走は57キロを背負っての完勝。別定の56キロで臨めるのも有利な材料だ。

 1000万下−1600万下を連勝して勢いに乗る上がり馬メラグラーナ(栗東・池添学厩舎、牝4歳)も侮れない。遅生まれの豪州産馬で、ここに来てようやく本格化してきた印象。決め手を生かす戦法も板に付いてきた。先行脚質の馬が多く、展開も向きそうな顔触れ。今の充実ぶりなら重賞の壁を一気に突破しても不思議はない。

 2歳時に函館2歳Sを制したクリスマス(美浦・伊藤大士厩舎、牝5歳)もすっかり安定感を取り戻した。TVh杯、UHB賞と夏場に2連勝。今回は休み明けで輸送競馬となるだけに当日の気配がポイントだが、5戦連続で3着以内とスプリント戦では抜群の安定感を誇る。久々の重賞Vも十分だ。

 3年前の覇者で昨年は3着だったアースソニック(栗東・中竹和也厩舎、牡7歳)も衰えはない。前走のセントウルSビッグアーサーと0秒3差の4着。10〜12月は【4・1・2・7】と得意な季節でもあり、昨年に続くアンドレア・アッゼニ騎手とのコンビで一発を狙う。

 このほかにも、スプリンターズS、スワンSと着順ほど負けていないティーハーフ(栗東・西浦勝一厩舎、牡6歳)や、僚馬で桂川Sを鮮やかに差し切ったフミノムーン(牡4歳)、スムーズに先行できればしぶといセカンドテーブル(栗東・崎山博樹厩舎、牡4歳)などがスタンバイ。底力上位のアクティブミノル(栗東・北出成人厩舎、牡4歳)は登録段階で補欠1番手だが、出走できれば当然、ノーマークにはできない。ジャパンCの余韻が残る中で、見応えある電撃戦が繰り広げられそうだ。

京阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロードカナロアの関連コラム

閲覧 1,506ビュー コメント 0 ナイス 1


中京芝1200mの高松宮記念は、逃げ馬の枠番がペースを決める!
__________________________

昨年の高松宮記念で上位のビッグアーサーの戦線離脱、ミッキーアイルの電撃引退により主役不在の高松宮記念。昨夏の北海道で台頭した新星4歳馬シュウジソルヴェイグもそれそれ前哨戦で1番人気、2番人気を裏切り、混戦の様相となりました。

 さらに、昨年のようにBコース替わりで、いきなり超高速馬場で決着タイムが1分06秒7のレコードタイムが飛び出したように、1分06秒差の決着まで高速化となれば、大波乱の可能性も…。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


 昨年は、大外18番からハクサンムーンを押して押して前に出して行った酒井騎手から「この1週間で馬場がガラっと変わってしまったので、大外枠は不利でしたね」、大外17番からヒルノデイバローで直線一気の競馬をした太宰騎手から「この時計の速い馬場では、外枠は厳しかったですね。先週は外が伸びていたんですが…」という端的なコメントが示すように、馬場高速化で外差し有利の前週から一転して、内枠有利となりました。

 昨年はそのことが予想するものを困らせ、後に競馬関係者の物議を醸しだしたほど。ただ、昨年は前週までは雨の影響を受けて、一度もパンパンの良馬場で行われていなかったことが盲点となり、さらにBコース使用で、馬場が恐ろしいほど高速化してしまったことも事実。今年の中京は、開催週から高速馬場なので、Bコース替わりでさらに高速馬場になったとしてもたかが知れているし、天気予報によると日曜日はひと雨降る可能性もあるとのこと。

 しかし、Bコース使用により、馬場の悪い内側が使われなくなるので、昨年のように先週は外差しが届いていても、今週は届かなくなる可能性も視野に入れなければなりません。先週日曜日の最終12レース(中京芝1400m)で、直線で内から外に進路を切り替えたオメガタックスマンの位置、内から5頭目くらいが一番伸びていたので、良馬場ならば、内枠有利の可能性もあると見ています。(オメガタックスマンは、苦しい展開になったわりに、もうひと伸び出来ている)

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月09日(金) 17:55 甘粕代三
【香港国際競走】レース展望対談〜現地競馬記者”文傑(ぶん・けつ)”氏とHKIR4レースを斬る
閲覧 826ビュー コメント 0 ナイス 4

◆プロフィール
文傑(ぶん・けつ)
香港最大の日刊紙『蘋果日報(アップルディリー)』首席競馬記者を務め、今秋より同じく大手日刊紙『星島日報』に移籍。競馬記者経験は20年以上。香港で最も経験と知識を有する競馬記者の一人。

甘粕代三(あまかす・だいぞう)
東京新聞記者、テレビ朝日記者、同ディレクター、同台北開設支局長などを務める。94年ミッドナイトベット香港カップ制覇に立ち会ったことから香港の競馬にのめり込む。現在、新報馬業(『新報馬簿』『新報馬経』)駐日代表、北京市馬術運動協会高級顧問。


甘粕 さあ、いよいよHKIR(香港国際競走)だね。

文傑 一緒に香港で競馬を見るようになって10年?それじゃきかないね。ずいぶん長く一緒に競馬を見てきたもんだ。今年は日本から13頭の出走頭数レコード、びっくりだよ。よほど日本に使うレースがないんじゃないか?

甘粕 確かに。日本ではスプリンター、マイラー、2000mのビッグレースはもう終わっているからね。その後、香港を目標にする馬が年々増えてるってことさ。それじゃあ、ヴァーズ、スプリント、マイル、カップの順番で検討していこうか。

香港ヴァーズ 第4R 芝2400m 日本時間15:00発走予定
ハイランドリール連覇へ視界良好
相手はフランス馬、ヌーヴォレコルトに厳しいローテ


甘粕 香港はマイル以下のレースが80%以上。中長距離は手薄と認めざるを得ないね。過去10年でも香港馬は1頭しか勝っていない。

文傑 それは仕方ないよ。そういうレース体系なんだから。1シーズンで2400mのG1が2レース、G3が1レースしかないんだから。香港はこれまで長距離レースを重視してこなかったからね。今回は4頭が出走しているけど、気になるのはイースタンエクスプレス1頭だけかな。状態はいいし、2400向きでもある。ただ、格下感はどうしても否めない。プレース(複勝)がいいところだろう。どうしても、もう1頭というのなら、アンティシペーションかな。

甘粕 確かにそうだね。今年の外国馬をどう見る?

文傑 強すぎるよ。香港馬じゃあ全く相手にならないよ。最近10年間でヨーロッパ国が8勝してるだろ。今年のハイランドリールはこれまでのヨーロッパ遠征馬の中でも飛び抜けて強い。

甘粕 去年はこのレースであのフリントシャー負かしてるしね。

文傑 その後も、イギリス、アメリカで最高レベルの2400m戦を勝ってきてるだろ。去年の状態を維持できていれば、連覇の可能性はかなり高いよ。

甘粕 そうだね。これまで香港ヴァーズに出走してきたヨーロッパの馬の中でも飛び抜けている。その他に気になる馬は?

文傑 良績を残しているフランス馬が3頭出走するけれど、この中から2頭。シルバーウェーヴ、ワンフットインヘブンを押しておこうか。

甘粕:同感だね。

文傑 ところで日本勢はどうなの?

甘粕 3頭の中では去年の香港カップ2着馬、ヌーヴォレコルトが筆頭だろう。オークス馬で2400も問題ないし、香港も経験済み。力的にはハイランドリールに肩を並べることはできる。

文傑 確かに香港カップはいいレースだった。

甘粕 今年は日本勢が13頭とレコードを作った。ヌーヴォの中国語馬名は「新紀録」。新記録を作ってもらいたいものだけどね。


香港スプリント第5R 芝1200m 日本時間15:40発走予定
香港馬の独壇場!
ラッキーバブルズ、ペニアフォビア、エアロヴェロシティ


甘粕 香港スプリントは香港馬の独壇場。ロードカナロア連覇とジェイジェイザジェットプレーンの3年を除いて過去10年で7頭の香港馬が勝っている。今年も香港勢が優勢だね。

文傑 今年の香港勢は飛び抜けた馬はいないけれど、平均して高いレベルにある、と言える。よほどのことがなければ今年も香港馬で行けるだろう。

甘粕 その通りだ。サイレントウィットネス、セイクリッドキングダムといった大看板はいないが、一昨年の覇者エアロヴェロシティ、昨年の覇者、ペニアフォビアが揃った上に、新星も台頭している。

文傑 香港馬の中ではラッキーバブルズだろう。安定感抜群。1200では10戦して連を外していない。

甘粕 トライアルのジョッキークラブ・スプリントは明らかに本番を意識した仕上げとレースぶり。後方から自分の脚を確かめるようにきっちりと2着。F.ルイ調教師に話を聞いたが、中間も順調。枠順も内過ぎず外過ぎず絶好の5番枠。視界良好だね。まだ5歳と若いし、香港短距離界に新たなスターが生まれる予感がする。世代交代、新旧対決が香港スプリント、マイル界の現状ではないかと思うけれど、既成勢力はどうかね?

文傑 昨年の覇者、ペニアフォビアは昨季も本番まで勝ち星がなかったが、本番ではきっちりと結果を出した。今季も同じように3戦して負けているが、着差はそれほどでもない。どう仕上げてくるか注目だね。

甘粕 去年は大外枠から果敢にハナを奪って逃げきったが、今年は1枠を引いた。これは有利だね。最内から逃げたら相当しぶといはず。エアロは2枠を引いた。既に8歳馬だが、今季は2戦して3着2回。去年は香港スプリントを前に心房細動、そして、立て直して高松宮記念連覇に向けて日本に着いてレース直前に疝痛と散々なシーズンだったが、今季は順調だね。8歳とはいえセン馬だし、まだまだ老け込む歳ではない。ハナを切らなくてもレースができるしここは要注意だよ。

文傑 トライアル勝ちのノットリスニントゥーミーはいかにもハンディキャップホース。本番ではどこまではまるか。

甘粕 遠征馬をどう見る?

文傑 ヨーロッパ組は全く良績を残していないし、オーストラリア勢だってレベルデインが7歳、テイクダウンは4歳で、まだここでは家賃が高いだろう。それなら日本馬、ビッグアーサーに魅力を感じる。

甘粕 ビッグアーサーはライアン・ムーアに乗り替わったね。ただ、枠が外過ぎる。

文傑 世界のライアンが絶対的不利のシャティン1200mの外枠をどうさばくか、それも見どころだね。それと格下、オールウェザー馬と見られてるけど、香港馬スーパージョッキーには要注意だよ。とてつもない鉄砲馬だ。

甘粕 それはいい穴馬情報だね。ありがとう。


香港マイル第7R 芝1600m 日本時間16:50発走予定
ビューティーオンリーにヘレンパラゴン
サンジュエリーが世代交代実現?


甘粕 マイルも香港の独壇場だ。ここ10年で去年のモーリス以外は香港馬が9勝だよ。今年も香港勢で仕方ない。

文傑 これまでに比べると最強とは言えないが、十分勝負になるんじゃないか。

甘粕 本当にそうだね。まずは香港馬から行こう。期待の香港馬を上げてほしい。

文傑 まずはトライアル勝ちのビューティーオンリーとヘレンパラゴン。オンリーは今季さらに進歩、1600mなら上位3頭に入る可能性は高い。ヘレンパラゴンはトライアル後に状態急上昇。前走は直線で大きな不利があったが、今回はあんなことはないだろう。

甘粕 J.ムーア調教師の話だと、期待の3頭の中にヘレンパラゴンをあげていた。まだ4歳だし、香港には珍しくセン馬ではなく牡馬。この馬の種馬としての将来を考えているんじゃないか、と感じざるを得ない。

文傑 そうだろ。

甘粕 それはそれとして、問題はエイブルフレンドの扱いだよ。引退の危機までささやかれていたが、復活を遂げ前走のトライアルは1600ではなく1200を使って3着。

文傑 それは香港ではよくあることで、長期休養していた馬の眼を覚ますために敢えて短い距離を使うんだよね。4着は立ち直ってきた証拠ではあるけれども。

甘粕 2日のバリアトライアル(注:模擬レース)ではモレイラ騎手が持ったままの2着。相当戻ってきているように見えた。ただ、調教で実際に見た馬体は往年のような張りが感じられなかったのが気になる。

文傑 完全復活は難しいんじゃないか。エイブルは既に往年のエイブルにあらず、だよ。

甘粕 まだ争覇圏内にはいると思うんだけどねえ。香港勢ではサンジュエリーに無限の可能性を感じている。トライアルはスプリントのラッキーバブルズ同様、明らかに本番を意識した作りとレース。後方から自分の脚を測ってきっちりと3着。

文傑 要注意であることは間違いないね。

甘粕 J.サイズ調教師に話を聞いたんだが、1800までは昨季の香港馬王、ワーザーよりも強いというんだよ。確かに春の4歳三冠戦で2冠、1800まではワーザーを負かしているしね。

文傑 うん、ワーザーを負かしているのは確かだ。

甘粕 香港マイル界もスプリント界と同様、世代交代、新旧対決がキーワード。新興勢力の筆頭はサンジュエリーと見ている。頭まであってもおかしくない。

文傑 日本馬はどうなの? 今年は3頭も来たよね。ロゴタイプ以外は勝負になるとみてるんだけど。ネオリアリズム札幌記念モーリスを負かしているし、サトノアラジンだって前走のマイルCSは直線で不利があったんだろ。十分争覇圏内だ。

甘粕 ロゴタイプはシャティンの馬場を隅から隅まで知り尽くしたミルコ(・デムーロ)が騎乗する。ハナに立たなくてもいいタイプで、ビューティーフレームが引っ張る中、番手から早めに抜けだす競馬ができればひょっとするぜ。


香港カップ第8R 芝2000m 日本時間17:30発走予定
モーリス鉄板、相手も日本馬?
香港勢ではブレイジングスピード


甘粕 かつては遠征組に馬場を貸すだけの香港勢だったが、春の4歳クラシック三冠を整えたことをはじめ、距離体系を重視。この10年で4勝をあげている。

文傑 しかし、今年は近年でも最弱と言ってもいい。主力の高齢化とピークアウトは目を覆うばかりだ。

甘粕 デザインズオンロームのことだね。今季初戦は距離不向きの1600を勝って、トライアルも期待したんだけど、予想外の殿負け。一体どうしたんだろう? あのエピファネイアにあっさり勝った時の力には舌を巻いたもんだったが。

文傑 ドバイ遠征帰りの香港馬は大概、復調に失敗するんだ。この馬もその一頭。

甘粕 J.ムーア調教師は“ペースが全て。調整は万全。100%”と言っていたが。

文傑 100%は今の100%で、往年のデザインの100%であるはずがない。3着までに入れば上出来ってところだ。

甘粕 そうだね。おまけに今年はモーリスが秋の天皇賞で2000mを克服、ここはラストランなのでメイチの仕上げでくる。天皇賞の後、マイルかカップか直前まで明らかにしなかったのはライアン・ムーアが乗れるどうか、返事を待っていたんだ。

文傑 それは心強いね。ライアンが乗るんならモーリスは不動の軸馬だよ。相手も日本馬で仕方ないね、エイシンヒカリは去年の香港カップ勝馬だし、今回もハナを切って逃げればモーリスを負かせるんじゃないか?

甘粕 去年は人気薄だったから、あの芸当もできたけど、今回はモーリスにライアン。そうは問屋が卸さないだろう。ただ、この馬もラストランでメイチの仕上げ。日本の超高速馬場では時計が一つか一つ半足りない馬だが、同じオーナーのエイシンプレストンのようにここの馬場が抜群に合う。ただ、1着以外は馬券にならない馬だから、そこが要注意だよ。

文傑 単勝を買って見てればいいってことか。モーリス頭のヒモには考えにくいんだね。

甘粕 そう。日本勢の相手には既に香港で経験があるステファノスラブリーデイクイーンズリングは外枠を引いたのが痛いね。香港勢では何がおすすめ?

文傑 ブレイジングスピードだね。2000mでは11戦して3着以内が6回と安定感抜群。去年の香港カップだっていいレースをしている。香港勢で先着するのは間違いなくこの馬だ。

甘粕 T.クルーズ調教師も自信満々だったよ。トライアル勝ちのシークレットウェポン、ホースオブフォーチュンはどうだろう?

文傑 ハンディキャップホースというか、国際G1の定量戦で戦うにはまだ力が足りないんじゃないか?

甘粕 ここはモーリスから大勝負かけてみたい。1着固定の3連単でもいいと考えている。ルーラーシップのクイーンエリザベスII世カップの時よりも自信あり、だな。


「当てるぞ〜」シャティン競馬場で決意のガッツポーズを決める文傑氏(写真・右)と甘粕氏

★12/10(土)22:15より文傑、甘粕両氏が現地メディアracing.dimbo.tvに生出演!
こちらからご覧いただけます(外部サイトへ移動します)

★今回登場した文傑(ぶん・けつ)氏が香港国際競走で海外プロとして電撃デビュー!
文傑氏の香港国際競走予想はこちらからご覧いただけます。

★日本と香港を股にかけて活躍する甘粕代三(あまかす・だいぞう)氏の香港国際競走予想はこちらからご覧いただけます。

[もっと見る]

2016年12月06日(火) 11:52 甘粕代三
【香港国際競走】香港有力調教師インタビュー F. ルイ『ラッキーバブルズ、状態は95%、これでちょうどいい』初のG1制覇へ静かな闘志
閲覧 399ビュー コメント 0 ナイス 3

遠くはサイレントウィットネス、アブソリュートチャンピオン、セイクリッドキングダム、ラッキーナイン……。香港は世界に名だたるスプリンターを輩出してきた。そして、香港スプリントはこの10年間、香港勢が7勝と遠征馬を圧倒。今年も昨年の覇者、ペニアフォビア、一昨年の覇者で昨年は高松宮記念、最後のクリスフライヤー国際スプリントまで総なめにしたエアロヴェロシティが世界最強スプリンターの頂に再び登りつめるべく、ここに駒を進めてきた。今年は香港の新星、ラッキーバブルズが挑戦状を叩きつけてきた。人馬とも初のG1制覇を目指すF.ルイ調教師に自信のほどを聞いた。(インタビュー/文・甘粕代三)

――オーストラリアで2戦1勝の後香港に移籍し、一昨年4月19日にデビュー。1年後の昨年4月には重賞初制覇(スプリント・カップ=HKG2・2015/4/3・シャティン・芝1200m)と、とんとん拍子の出世ですね。

F.ルイ調教師(以下「ルイ」) 移籍時から期待の高い馬だったけれども、ここまで出世してくれるとは予想を超えていましたよ。

――シンガポール・ターフクラブがクリスフライヤー国際スプリントを廃止したことに伴って、昨季からG1に昇格したチェアマンズ・スプリント(5/1・シャティン・芝1200m)ではオーストラリアの怪物、シャタクワの2着、香港勢では最先着と急上昇を印象つけましたね。

 あれで一線級と十分戦える自信がつきました。あの後、休養に入りシーズンオフをしっかりと休養して更に地力がアップした感じがあります。

――前走のトライアル、ジョッキークラブ・スプリントではエアロ、ぺニアの香港スプリント覇者、年度代表馬のエイブルフレンドを向こうに回して堂々の1番人気に支持されました。

 今季使い始めのプレミア・ボウル(G2・10/23・シャティン・芝1200m)を快勝していましたし、他の馬に比べると順調に来ていましたから。

――レースは後方2番手から直線大外を回っての2着。本番に向けて足を測ったようにも見えました。仕上げもトライアル仕様と拝見しましたが?

 大目標は香港スプリントですから、85%程度の仕上げでした。直線での伸び脚は予想通りでした。

――トライアルから2週以上がたちました。現在は100%ですか?

 95%くらいでしょうか。

――あと5日で残りの5%を仕上げて、本番には100%で臨めるということですか?

 95%の仕上げで丁度いいのです。100%まで仕上げては、馬によくないのですよ。

――95%でも十分勝負になる?

 そう願っています。自在性のある馬ですので枠は問いませんが、レースがしやすい真ん中近くを引きたいですね。

――さて、どの馬が相手とお考えですか?

 日本の馬はどうなの? ロードカナロアのような馬が来たら敵わないよねえ。地元馬ではやはりエアロヴェロシティを最も警戒しているよ。トライアルでもラッキーと差のない3着だったし、2戦叩いて3着。今回は仕上げてくるだろうし。

――香港スプリンター陣は世代交代の時期に差し掛かっているように思えます。ラッキーバブルズがその主役にとってかわるのは確実ではないでしょうか?

 そうであってほしいですね。早晩そうなることを楽しみにしていますよ、その力は十分にあります。

HKIR2016 F.ルイ厩舎出走馬
ラッキーバブルズ/セン5 /B.プレブル騎手/香港スプリント


フランシス・ルイ=呂健威 調教師
香港見習騎手学校を卒業し1975年から82年まで騎手として36勝をあげる。96年に開業。成績は地味だが香港競馬界随一の誠実で温厚な性格で知られ、昨季ラッキーバブルズで06年以来2度目のG2勝ち。香港スプリントで悲願のG1制覇を狙う。57歳。



甘粕の眼
 F.ルイ調教師は騎手時代から目立たぬ存在だったが、温厚で誠実な人柄からオーナー、記者から「威哥(ワイゴー、ワイ兄さん)」と慕われている。その威哥に遂にG1制覇のチャンスが到来した。インタビューでは相変わらず言葉少なく、強気の発言を耳にすることはなかったが、落ち着いたやり取りの中から静かな闘志が確実に伝わってきた。世代交代を迎えている香港スプリント陣に新たな主役が現れる予感がしてならない。
(12月5日午前、シャティン競馬場にて)

※次回(12/7)はJ.ムーア、T.クルーズ両調教師インタビューになります。お楽しみに。


===================
★こちらもあわせてお読み下さい。
日本と香港を股にかけて活躍する「香港競馬のスペシャリスト」が海外プロ予想家第2弾としてデビュー決定!
===================

■甘粕代三(あまかす・だいぞう)プロフィール
1960年、東京生まれ。高校時代から競馬にのめりこむ。
早稲田大学第一文学部卒。在学中に中国政府官費留学生。
卒業後、東京新聞記者、テレビ朝日記者、同ディレクター、
同台北開設支局長などを務める。中国留学中に香港競馬を初観戦、
94年ミッドナイトベット香港カップ制覇に立ち会ったことから
香港の競馬にものめりこみ、2010年、売文業に転じた後は軸足を
日本から香港に。香港の競馬新聞『新報馬簿』『新報馬経』に執筆、
テレビの競馬番組にも出演。現在、新報馬業(『新報馬簿』『新報馬経』)
駐日代表、北京市馬術運動協会高級顧問を務める。

[もっと見る]

2016年11月18日(金) 11:00 岡村信将
【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】〜2016マイルチャンピオンシップ〜
閲覧 1,568ビュー コメント 0 ナイス 2

2012年スプリンターズS勝ち馬 ロードカナロア
2013年スプリンターズS勝ち馬 ロードカナロア
2014年スプリンターズS勝ち馬 スノードラゴン

2012年マイルCS勝ち馬 サダムパテック
2013年マイルCS勝ち馬 トーセンラー
2014年マイルCS勝ち馬 ダノンシャーク

さらには安田記念リアルインパクトヴィクトリアマイル・ホエールキャプチャフェブラリーSでのグレープブランデー。これらG1勝ち馬の共通点をご存知だろうか? 年齢を付け加えればピンと来る方もいるかも知れない。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807



2012年スプリンターズS勝ち馬 ロードカナロア(牡4)
2013年スプリンターズS勝ち馬 ロードカナロア(牡5)
2014年スプリンターズS勝ち馬 スノードラゴン(牡6)

2012年マイルCS勝ち馬 サダムパテック(牡4)
2013年マイルCS勝ち馬 トーセンラー (牡5)
2014年マイルCS勝ち馬 ダノンシャーク(牡6)

これらのG1ホースは、すべて2008年生まれ、同一世代の短距離G1勝ち馬だったのだ。

[もっと見る]

2016年09月29日(木) 18:00 覆面ドクター・英
【覆面ドクター・英のG1プレ診断】〜2016スプリンターズS〜
閲覧 954ビュー コメント 0 ナイス 4



秋競馬も、いよいよ楽しみなG汽掘璽坤鵑到来しました。G気賄たるとより嬉しいものです。レース直前まであれこれ考える楽しみを増幅させつつ、おいしい馬券的中に近づけるよう、独自の見解である当コラムを今秋連載させていただきます。

■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807

第一弾はスプリンターズSです。ある程度のキャリアのある競馬ファンは、有馬記念の前の週のレースというほうがなじみがあるでしょう。かつては「マイルCSからの本質マイラー」と「純粋なスプリンター」の激突という図式でしたが、現在はサマースプリントとの関連性も強くなり、夏に使われた馬の余力の有無の判断が重要になりました。このレースのあと、香港を目指すローテが主流になり、マイラーはあまり使ってこないレースに様変わりしましたね。日本の馬産が強いスプリンターを作ることを目標としていないので、近年は香港やオーストラリアのマッチョなセン馬(多くはノーザンダンサー系)にやられていましたが、今年は日本馬だけで力関係もわりとはっきりしており、当てやすいとみています。

[もっと見る]

2016年09月28日(水) 18:00 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2016スプリンターズS〜
閲覧 1,233ビュー コメント 0 ナイス 4



スプリンターズSは、昨年スローペースも…
____________________

■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807

 スプリンターズSが行われる中山芝1200mは、外回りの坂の頂上付近からスタートして、約4.5mもの坂を下って行くコースです。スタートから約250m地点のところに最初の3コーナーがありますが、皆さんもご存知のように中山の外回りはおむすび型。レース映像を見ていても「どこが3コーナーなの?」というくらいコーナーが緩いため、下り坂で加速がついたまま4角に突入というのが基本の乗り方。短距離戦ということもあり、へたに折り合いをつけようとはせず、ゲートを出たなりに下り坂でスピードに乗せて、そのまま行かせてしまうことが多いです。つまり、前傾ラップが基本でペースが上がりやすいコース形態ということ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ロードカナロアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 24ビュー コメント 0 ナイス 1

☆高松宮記念の過去5年の1着馬の傾向☆
過去5年の1着馬
2016年:1着ビッグアーサー(良)
2015年:1着エアロヴェロシティ(稍重)
2014年:1着コパノリチャード(不良)
2013年:1着ロードカナロア(良)
2012年:1着カレンチャン(良)
5頭中3頭が1200mのGI1着経験あり、5頭中4頭が1400m以下の重賞を2勝以上なんで、1400m以下の重賞を2勝以上してる馬がよさそう。
例外のビッグアーサーは重賞未勝利でしたが1200mの重賞で2着2回あったんで、1200mの重賞で連対経験あるかどうかが最低ラインかな?

過去5年の1着馬の前走と着順
2016年:シルクロードS 5着
2015年:チェアマンズスプリント 2着
2014年:阪急杯 1着
2013年:阪急杯 1着
2012年:オーシャンS 4着
1200mのGIだけあって、1着馬の前走は1200mか1400mの重賞かGI。
前走が1200mの重賞・GIの場合は5着以内でOKっぽいですけど、前走が1400mの重賞の場合は1着じゃないとダメっぽいのかな。

過去5年の勝ち時計
2016年:1.06.7(良)
2015年:1.08.5(稍重)
2014年:1.12.2(不良)
2013年:1.08.1(良)
2012年:1.10.3(良)
良馬場でも1分6秒台があったり、1分10秒台があったり大きく差が出てますけど、2012年の時は芝が長いかなにかで良馬場でも時計のかかる馬場だったんで道悪と同じ扱いでもいいのかも。
去年ほど速い時計が出るかどうかもわからないけど、1分7秒台前半ぐらいの決着には対応できる軽快さがあった方がいいのかも。

過去5年のレースの上がり3F
2016年:34.0(良)
2015年:34.5(稍重)
2014年:37.7(不良)
2013年:33.8(良)
2012年:35.8(良)
2012年を除く良馬場の上がり3Fを見ると、34.0と33.8なんで瞬発力がないとけっこう厳しいレースになってますね〜。
レースラップだけ見ると、前傾ラップからの持久力勝負にも見えるけど、実質的には瞬発力勝負での対応力が問われやすいレースです。

過去5年の1着馬の道中の位置取り
2016年:(4→4)(18頭立て・良)
2015年:(2→3)(18頭立て・稍重)
2014年:(2→2)(18頭立て・不良)
2013年:(9→7)(17頭立て・良)
2012年:(2→2)(18頭立て・良)
馬場状態に関係なく1着馬5頭中4頭が3・4コーナー4番手以内で競馬してた先行馬。
瞬発力勝負での対応力が問われやすいレースレースだけあって、良馬場の場合
唯一4コーナー5番手より後ろの位置から勝ったのは現役時代に日本・香港で1200mGI5勝した伝説級のスプリンターのロードカナロアだけなんで、直線長いコースの1200mですけど前めで競馬できる馬がよさそう。

過去5年の1着馬の上がり3F
2016年:33.4(良)
2015年:34.3(稍重)
2014年:37.2(不良)
2013年:33.2(良)
2012年:35.5(良)
良馬場の場合は、前めで競馬ができて33秒台前半の上がり3Fでまとめれるような瞬発力勝負向きがよさそう。

過去5年の1着馬の血統
2016年:父サクラバクシンオー(良)
2015年:父Pins(稍重)
2014年:父ダイワメジャー(不良)
2013年:父キングカメハメハ(良)
2012年:父クロフネ(良)
1着馬を2頭以上出してる種牡馬はいませんけど、短距離で強い馬をよく出すイメージのある種牡馬が多いかな〜。

過去5年の1着馬の年齢
2016年:5歳(良)
2015年:7歳(稍重)
2014年:4歳(不良)
2013年:5歳(良)
2012年:5歳(良)
7歳で勝ったのは香港馬のエアロヴェロシティで、日本馬に限定すると勝ってるのは4・5歳馬だけなんで、5歳馬を中心に4・5歳馬を優先するといいのかな。

過去5年の1着馬の性別
牝馬:1頭
牡馬:4頭
3着以内まで範囲を広げたら過去5年で牝馬も3頭いるんですけど、1着に限定すると1頭だけなんで牡馬中心でよさそう。

過去5年の1着馬の枠順
2016年:2枠(良)
2015年:2枠(稍重)
2014年:3枠(不良)
2013年:6枠(良)
2012年:5枠(良)
最近は2・3枠からよく1着馬出てるんで内枠が有利なのかな。

過去5年の1着馬の単勝人気
2016年:1番人気(良)
2015年:4番人気(稍重)
2014年:3番人気(不良)
2013年:1番人気(良)
2012年:2番人気(良)
4番人気以内の馬しか勝ってないんで、上位人気馬が強いレースですね。

高松宮記念の過去5年の1着馬の傾向のまとめ
実績:1400m以下の重賞を2勝以上してる馬がよさそう。
前走:1200mの重賞・GIだと5着以内、1400mの重賞だと1着が必要かも。
時計:1分7秒台前半の決着に対応できる方がよさそう。
展開:実質的には瞬発力勝負になりやすい。
脚質:1着馬5頭中、4頭が3・4コーナー4番手以内で競馬してた先行馬。
血統:短距離で強い馬をよく出すイメージのある種牡馬の産駒が多い。
年齢:1着馬5頭中、5歳が3頭、4・7歳が1頭ずつ。(7歳は香港馬)
性別:1着馬5頭中、牡馬が4頭なんで牡馬中心で良さそう。
枠順:1着馬5頭中、2枠が2頭。3・5・6枠が1頭ずつ。
人気:1着馬5頭中、1番人気馬が2頭。2・3・4番人気馬が1頭ずつ。
こんなところかな。

☆おまけ☆
恥ずかしながら、今までプエルトリコって、プエル・トリコで区切るのかと思ってたんですが、プエルト・リコで区切るのが正しいというのを今日知りました。

明日の試合で日本がアメリカに勝ったら、WBC決勝は日本VSプエルトリコになりますね。

 グリーンセンスセラ 2017年03月15日(水) 18:47
ヌーヴォレコルト引退 
閲覧 17ビュー コメント 0 ナイス 0

岩田康誠騎手の「不遇」を支えた牝馬ヌーヴォレコルト引退。牡馬相手とも互角に戦った血は、次代へ─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/2017年3月15日 15時0分 http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2854.html

2014年のオークス(G1)を制し、重賞4勝(海外含む)の戦績を持つヌーヴォレコルト(牝6 美浦・斎藤厩舎)が引退することが15日、明らかになった。
 斎藤調教師は「スポーツ報知」の取材に対し「現役続行も考えましたが、引退する時期も大切なので、オーナーと相談した結果、やめることにしました」とコメント。6歳にしての引退を決め、繁殖に間に合わせる算段なのだろう。初年度はロードカナロアとの交配を予定という情報もある。
 デビューから大崩れすることなく着実な戦績を重ね、3歳時のオークスには、桜花賞で驚愕の末脚を見せた断然人気ハープスターを退ける快挙を成し遂げ、一気にG1ホースに。その後はG1戦線で勝ち切れないも、4歳になってからは中山記念でロゴタイプなど牡馬を相手に勝利。宝塚記念で掲示板、香港C2着などあらゆるカテゴリで一定の成績を残した。
 5歳時には成績が下降したものの、秋のアメリカ遠征でレッドカーペットH(G3)を勝利。いまだ実力が十分にあることを示した。6歳になって2戦は結果を残せず、引退となった。
 岩田康誠騎手とのコンビですべての重賞勝利を挙げるなど、このコンビの印象は強く、5歳春の香港遠征の際、武豊騎手に乗り替わりとなった時はファンから残念がる声も聞かれていた。
 岩田騎手といえば、昨年は1度も重賞勝利をすることができず、不振の中にあった。そんな中でコンビを続けていたヌーヴォレコルトへの思い入れは強かったことだろう。今後は母馬として、その産駒に岩田騎手が騎乗する未来もあるかもしれない。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年03月09日(木) 18:39
ステファノスが金鯱賞 
閲覧 23ビュー コメント 0 ナイス 3

ステファノス陣営が金鯱賞(G2)へ絶好調宣言も「最大の敵」は昨年大きな"物議"を呼んだ中京の馬場状態?─Gambling Journal ギャンブルジャーナル / 2017年3月9日 15時15分 http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2791.html

「6歳を迎えて完成期にある」
 8日、ステファノス(牡6歳、栗東・藤原英昭厩舎)の最終追い切りを見守った藤原調教師は『スポニチ』の取材にそう答えた。栗東のCウッドで川田将雅騎手を背に単走で追い切られた古豪は6ハロン77.8秒、ラスト12.1秒と香港遠征帰りを思わせない順調な仕上がり具合を披露している。
 1週前の2日にも同コースで併せ馬を行い83.7秒、ラスト12.0秒で先着を果たしていたステファノスだが、この最終追い切りでさらに調子を上げた様子。この動きに陣営も「最近では一番いい状態」と太鼓判を押している。
 この分であれば大阪杯(G1)の前哨戦となる11日の金鯱賞(G2)もいきなりのエンジン全開を期待したいところだ。だが、最近のステファノスの実績を振り返ると、どうにも「叩き良化型」のような気がしないでもない。
 香港の国際G1での活躍の他に、日本でも天皇賞・秋(G1)で2着と3着の実績があるが、共に10番人気、6番人気で"激走"を見せている。このような結果になっているのも、前哨戦の毎日王冠で良いところなく敗れているからだ。
 だからこそ、今回も目標はあくまで本番の大阪杯......この金鯱賞では期待薄なのではないだろうかと考えがちだが、どうやら毎日王冠には明確な敗因があるようだ。
「2年前の毎日王冠は東京の開幕週ということもあって、後ろの馬にはほぼノーチャンスの馬場状態でした。ステファノスも後方からアンビシャスに次ぐ上がり3ハロン33.2秒の脚で追い込んでいますが、逃げ切ったエイシンヒカリが34.0秒では前に追いつくのは至難の業......結局、上がり最速のアンビシャスと共に掲示板外に惨敗しています。2頭とも本番ではきっちりと巻き返しているだけに、あれが本来の走りでないことは明らかでした。
 昨年の毎日王冠は前年の反省を活かして、いつもより前目の競馬を試みたのですが、最後の直線で前が完全に塞がる不運。結局ゴールまで、ほぼ何もさせてもらっていません」(競馬記者)
 確かに毎日王冠の敗戦を除けば、宝塚記念(G1)の前哨戦の鳴尾記念(G3)では2着、香港のクイーンエリザベス2世C(G1)前の中山記念(G2)でも3着と、休み明けでもきっちりと結果を残しているステファノス。ならば今回も期待できそうだが、如何せん勝ち切れない点が......。
次のページ 昨年の高松宮記念で起きた「異変」

「先月16日から時計を出していますし、陣営も話している通り状態は良いですよ。マカヒキを降ろされてしまった川田騎手としては、大阪杯で何とか存在感を発揮したと思っているでしょうし、この馬に対するモチベーションは高いでしょうね。チャンスは充分あると思いますよ」(同)
 だが、今年の金鯱賞は中京競馬場の"開幕日"の開催となるだけに、毎日王冠のように前を捕らえ切れずということもあり得る。状態はすこぶる良いようだが、昨年のこの時期の中京には大きな物議を呼んだ"疑惑"があるから心配だ。
 昨年の高松宮記念(G1)はビッグアーサーが快勝したが、タイムは1:06.7という、中京競馬場改装後の高松宮記念レコードとなるロードカナロアの1.08.1を1.4秒も短縮するスーパーレコード。異常な高速決着に、観戦したファンは一時騒然となった。
 実は、高松宮記念の前日の岡崎特別(1000万下)で1200mのレコードがいきなり更新されたのだ。さらに、そのレコードが今度は高松宮記念当日の500万下でまたも塗り替えられる珍事。
 最終週の中京競馬で1200mのレースは、先述した岡崎特別とこのレース、そして高松宮記念の3鞍しかない。言い換えれば、最終週の中京競馬は「芝のスプリント戦が行われるたびに、レコードが塗り替えられ続けた」ということだ。
 これほどの高速馬場では当然、前の馬が大きく有利となり、後方から競馬をするほとんどの馬がお手上げといった状況だった。今週から開幕する中京競馬場だが、果たしてどのような馬場コンディションで開幕を迎えるのか。
 久々の勝利を目指す末脚自慢のステファノスにとっては、少なくとも"公平な"馬場でレースを迎えたいところだ。大阪杯を睨む好メンバーが集った一戦だけに"戦う"のはライバルだけにしたい。

[もっと見る]

ロードカナロアの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ロードカナロアの写真

ロードカナロア

ロードカナロアの厩舎情報 VIP

2013年9月29日スプリンターズS G11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ロードカナロアの取材メモ VIP

2013年9月29日 スプリンターズS G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。