報知杯フィリーズレビュー2017

2017年3月12日(

報知杯フィリーズレビュー G2

阪神競馬場/芝/1400m

最新出走予定馬情報 〜報知杯フィリーズレビュー2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
【3歳次走報】ランガディア、ニュージーランドTへ
 ★クイーンC3着フローレスマジック(美・木村、牝)は、サンスポ賞フローラS(4月23日、東京、GII、芝2000メートル)へ。2月19日の東京500万下を勝った僚馬ランガディア(牡)はニュージーランドT(同8日、中山、GII、芝1600メートル)に向かう。同じく僚馬ベストリゾート(牡)は26日の中山500万下(芝1800メートル)、バルデス(牡)は山藤賞(4月15日、中山、500万下、芝1800メートル)へ。 ★フィリーズレビュー14着タガノカトレア(栗・岡田、牝)は、端午S(4月30日、京都、OP、ダ1400メートル)へ。
3月17日(金) 05:00

 1,481

【3歳次走報】カラクレナイ、田辺騎手と桜花賞へ
 ★フィリーズレビュー1着カラクレナイ(栗・松下、牝)は、田辺騎手との新コンビで桜花賞(4月9日、阪神、GI、芝1600メートル)に向かう。 ★美浦・奥村武厩舎のオープン馬は以下の通り。アネモネS快勝のライジングリーズン(牝)は予定通り桜花賞へ。水仙賞1着後、放牧に出されているイブキ(牡)は青葉賞(4月29日、東京、GII、芝2400メートル)へ。寒竹賞1着のホウオウパフューム(牝)は11日に帰厩し、サンスポ賞フローラS(4月23日、東京、GII、芝2000メートル)に向けて調整中。12日の中山500万下(芝2000メートル)でデビュー2戦2勝としたリカビトス(牝)は今後の状態を見極めてから、オークストライアルを目指すかどうかを決められる。 
3月16日(木) 05:00

 2,250

【ファルコンS】レース展望
 土・月曜の飛び石開催となる中京は、土曜メインで3歳馬によるファルコンS(18日、GIII、芝1400メートル)が組まれている。過去10年の優勝馬では2009年のジョーカプチーノがNHKマイルCを制し、13年インパルスヒーローは同2着と活躍。今年も好メンバーがそろい、NHKマイルC(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)に向けて注目したい一番だ。 ボンセルヴィーソ(栗東・池添学厩舎、牡)は初勝利に3戦かかったが、その後はデイリー杯2歳S2着、朝日杯フューチュリティS3着と素質の高さをアピールしている。未勝利勝ちは1400メートルだったので、距離短縮は歓迎。デビュー当時は幼さを見せていたが、だいぶ心身とも成長してきた。初めての左回りとなるが、前に行けるスピードに加え、馬場状態も不問。3カ月ぶりの実戦でも調教量が豊富で太め感なく仕上がりそうだ。オーナーが、地元の名古屋友豊(株)でもあり、陣営にとって力が入る一戦だ。 ナイトバナレット(栗東・矢作芳人厩舎、牡)はジュニアCで直線一気の脚を発揮して優勝。まだ、発馬が不安定で出遅れの懸念があるが、展開がはまれば差し切っていい。関西に拠点を移してから成績が上昇している中谷雄太騎手にとって、待望の重賞初勝利もかかるだけに注目したい。 ジャッキー(美浦・高橋祥泰厩舎、牡)は新馬、500万下と連勝中。中京は初めてだが、新馬戦は同じ左回りの1400メートルだったので条件はいい。勝ち方は地味だが、勝負強さが光るタイプ。引き続き内田博幸騎手が騎乗するだけに期待は大きい。 コウソクストレート(美浦・中舘英二厩舎、牡)は新馬、500万下・くるみ賞と連勝後、京王杯2歳Sで4着と上位に入ったが、続くシンザン記念で14着に惨敗。道悪で大外枠と不利な条件が重なったうえ、道中も折り合いを欠いて消化不良の結果となった。中京コースは未経験だが、2勝は新潟、東京とともに左回り。さらに今回は鞍上が、乗り慣れた戸崎圭太騎手に戻る。冬場に絞れなかった体も、ここ2週のハード調教でシェイプアップ。うまく流れに乗れれば、好勝負できる。 ジョーストリクトリ(栗東・清水久詞厩舎、牡)は2走前に中京芝1400メートルの500万下・なずな賞を勝利。初めてのマイル戦だった前走のアーリントンCは離された5着に終わったが、舞台替わりで見直せる。父がファルコンSの覇者ジョーカプチーノという点も強調材料。前走からコンビを組む武豊騎手が先週の中山牝馬Sをトーセンビクトリーで制しているのも心強い。 デスティニーソング(栗東・松下武士厩舎、牝)は、2走前のなずな賞で1/2馬身差の2着に入り、前走のかささぎ賞で2勝目をマーク。ジョーストリクトリを物差しにすれば、互角の戦いが可能だ。松下厩舎は先週のフィリーズレビューをカラクレナイで制して勢いもある。 メイソンジュニア(栗東・渡辺薫彦厩舎、牡)は福島2歳Sを快勝。初ダートだった前走の全日本2歳優駿は、距離も長かったため離された5着に終わったが、馬体減も敗因として考えられる。距離短縮で輸送距離も短くなり、福島2歳Sと同じ菱田裕二騎手の騎乗。巻き返しの材料は十分にある。 ジョーストリクトリと同じジョーカプチーノ産駒のマイネルバールマン(美浦・栗田博憲厩舎、牡)、東京芝1400メートルの500万下・春菜賞を制しているライズスクリュー(美浦・小野次郎厩舎、牝)など伏兵陣も多士済々だ。★ファルコンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
3月13日(月) 18:37

 3,892

【スプリングS】レース展望
 日・月曜開催の変則日程となる中山の日曜メインは、フジテレビ賞スプリングS(19日、GII、芝1800メートル)。上位3頭に皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権が与えられる、関東圏では最後のトライアルレースだ。過去10年の優勝馬では、2009年アンライバルド、11年オルフェーヴル、13年ロゴタイプの3頭が皐月賞を制覇。また、15年キタサンブラックは菊花賞をV、08年スマイルジャックはダービーで2着に好走しており、牡馬3冠レース全てにつながる重要な一戦と言っても過言ではない。大舞台での戴冠を狙う3歳馬の白熱した走りに注目だ。 2歳王者サトノアレス(美浦・藤沢和雄厩舎、牡)が、今年初戦で貫禄を見せる。札幌でのデビュー2戦はいずれも2着に敗れたが、3戦目で初勝利を挙げると、500万下・ベゴニア賞→朝日杯フューチュリティSと怒涛(どとう)の3連勝を飾った。前走の朝日杯FSは、前半1000メートル通過60秒6というスローペースの中、後方で折り合いに専念。直線で外に持ち出すとグイグイと差を詰め、力強い末脚で差し切った。3カ月の休み明けとなるが、2月下旬からWコースで入念に乗り込まれており、態勢は万全。今回は戸崎圭太騎手への乗り替わりになるが、3年連続リーディングの名手なら心配は無用だろう。ここで4連勝を飾り、皐月賞に向け好発進を決める。 アウトライアーズ(美浦・小島茂之厩舎、牡)は、中山で2戦2勝。小島茂之調教師とデビュー戦から手綱を取る田辺裕信騎手が、口をそろえて素質の高さを評価する期待馬だ。前走の500万下・ひいらぎ賞は、4コーナー後方3番手から目の覚めるような末脚で差し切り勝ち。エトルディーニュを0秒4差の4着に退けている。また、2走前の500万下・百日草特別は0秒1差の3着だったが、勝ったアドマイヤミヤビは直後にクイーンCをV、2着のカデナが京都2歳S→弥生賞を連勝しており、この馬にも一目置く必要があるだろう。ここで重賞初勝利を成し遂げて、クラシックの主役に躍り出るか。 ウインブライト(美浦・畠山吉宏厩舎、牡)は、ひいらぎ賞でアウトライアーズに1馬身半差をつけられての2着だったが、前走の500万下・若竹賞で2着に1馬身3/4差の完勝。舞台は今回と同じ中山芝1800メートルだっただけに、価値が高い2勝目だった。ステイゴールド産駒らしく、使われるごとにレースぶりが良くなっており、ここで勝ち負けに加わっても不思議はない。 モンドキャンノ(栗東・安田隆行厩舎、牡)は、京王杯2歳Sを勝ち、朝日杯FSで2着に入った実績の持ち主だが、父がキンシャサノキセキで、母の父もサクラバクシンオーとスプリント色が強い血統。さらに200メートル、距離が延びる点が気になるところだ。陣営は最大目標をNHKマイルCに置いているが、潜在能力の高さで上位争いに顔を出すことができるか。 エトルディーニュ(美浦・小桧山悟厩舎、牡)は1勝馬だが、キャリア9戦で全て掲示板内の堅実な走りが売りだ。前走の共同通信杯では、勝ったスワーヴリチャードに2馬身半離されたが、しぶとく盛り返して3、4着馬をアタマ、ハナ差で抑え、2着を死守した。豊富なキャリアとすんなり好位を取れる先行力は他馬を上回る大きなセールスポイント。サトノアレスとはベゴニア賞で対戦しており、1馬身半差の2着に敗れているが、持ち前の粘り強い走りで雪辱を果たしたいところだ。 トリコロールブルー(栗東・友道康夫、牡)は3戦2勝、2着1回のステイゴールド産駒。前走の500万下・フリージア賞は、上がり3ハロン33秒9の非凡な瞬発力を見せて快勝した。これまで中京、京都、東京と異なるコースで勝ち負けを演じており、初の中山もそのレースセンスの高さで対応できそうだ。初コンビとなるミルコ・デムーロ騎手は、東京新聞杯からフィリーズレビューまで6週連続で日曜メインを制しており、神がかり的な騎乗でVに導くか。 プラチナヴォイス(栗東・鮫島一歩厩舎、牡)は、京都の2歳未勝利戦を1分45秒9の2歳コースレコードで勝った快速馬だ。続くオープン特別の萩Sも制し、軌道に乗ったかに見えたが、その後は京都2歳S6着、きさらぎ賞4着と重賞の壁に阻まれた。しかし、自分のリズムで走れれば、スピードで押し切る可能性も十分。マークは必要だろう。
3月13日(月) 17:15

 2,903

【エリザベス杯】クイーンズリングが差し切ってGI初制覇
 11月13日の京都11Rで行われた第41回エリザベス女王杯(3歳以上オープン・牝馬、GI、芝・外2200メートル、定量、15頭立て、1着賞金=9300万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の3番人気クイーンズリング(4歳、栗東・吉村圭司厩舎)が勝ち、待望のGI初制覇を果たした。タイムは2分12秒9(良)。 レースはプリメラアスールが逃げ、メイショウマンボ、パールコード、シングウィズジョイが続く展開。クイーンズリングはスタートの際にスムーズさを欠き、ミッキークイーンとマリアライトを前に見る形で中団のやや後ろの内めを追走した。直線で内から馬群を割って力強く伸びると、4番手から先に抜け出していたシングウィズジョイ(12番人気)をゴール寸前でクビ差で差し切った。中団から外を伸びた昨年の牝馬2冠馬ミッキークイーン(2番人気)が、さらに1馬身1/4離れた3着。連覇がかかっていたマリアライトは6着(同着)に終わった。 クイーンズリングは、父マンハッタンカフェ、母アクアリング、母の父アナバーという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は吉田千津氏。通算成績は13戦6勝。重賞は2015年フィリーズレビュー・GII、16年京都牝馬S・GIII、府中牝馬S・GIIに次いで4勝目。吉村圭司調教師、ミルコ・デムーロ騎手はともにエリザベス女王杯初勝利。 ◆ミルコ・デムーロ騎手「最高です。(自身は)京都のGIを勝つのは初めてで、うれしい。一番強い馬に乗っていましたしね。もうちょっと前に行ってほしかったけど、距離は2200メートルなので大丈夫だと思った。本当に強かった」★13日京都11R「エリザベス女王杯」の着順&払戻金はこちら
11月13日() 15:47

 8,095

【エリザベス杯】充実一途クイーンズリングGI初Vだ
 2200メートルもドンと来い! 充実一途のクイーンズリングが6度目の挑戦でGI奪取だ。 これまで2200メートル超はオークス9着、エリザベス女王杯8着。“中距離もこなせるマイラー”というレッテルを貼りたくなるが、それは早計だろう。オークスは休みなく使われての5戦目。フィリーズレビューで20キロの馬体減に見舞われていただけに、さすがに余力がなかった。女王杯は直線で2度3度と前が狭くなり、鞍上が腰を浮かす不利。それでも最後は0秒3差まで盛り返した。 「去年の経験が大きい。距離はギリギリかもしれないが、それほど心配していません」と吉村調教師が言えば、M・デムーロ騎手も「京都ならダイジョウブ!」とキッパリ。ロスなく運べる(2)番枠で、スタミナもしっかり温存できるはずだ。 ならば、府中牝馬Sを完勝した勢いに乗る一手。以前の出遅れ癖が解消し、好位から上がり3F33秒5で抜け出す横綱相撲だった。「体幹がしっかりして、いいところに筋肉がついてきた。反動もなく馬体に張りがある」とトレーナー。 栄冠へのラストピースは鞍上ミルコだ。騎乗予定だった桜花賞馬ジュエラーが回避したことで、【3・2・0・4】の名コンビが本番でも続行。 「ハートが強いし、成長を感じる。自信を持って乗りたい。京都ではまだGIを取ったことがないから勝ちたいね」とニヤリ。レッドファルクスでスプリンターズSを制し、先週のJBC(スプリント)ではダノンレジェンドで外国人ジョッキー初Vと、この秋もGIシリーズで大暴れ。大一番はイタリアからやってきた伊達男にお任せだ。(夕刊フジ)★エリザベス女王杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載
11月12日() 11:57

 6,085

【報知杯フィリーズレビュー】特別登録馬
2017年3月12日(日)に阪神競馬場で行われる報知杯フィリーズレビュー(GII)の登録馬は以下の通り。アカカ 牝3アズールムーン 牝3アルミューテン 牝3アンジュデジール 牝3エンゲルヘン 牝3カラクレナイ 牝3クインズサリナ 牝3ゴールドケープ 牝3シグルーン 牝3ジューヌエコール 牝3ステラルージュ 牝3スリーミスヨハネス 牝3スリーランディア 牝3タガノカトレア 牝3デスティニーソング 牝3ドロウアカード 牝3ビーカーリー 牝3ビップキャッツアイ 牝3フラウティスタ 牝3ベルカプリ 牝3モズカッチャン 牝3ヤマカツグレース 牝3ラーナアズーラ 牝3レーヌミノル 牝3ヴィルデローゼ 牝3◆報知杯フィリーズレビュー(GII)の重賞攻略はこちら。
3月5日() 17:30

 4,088

【ファルコンS】レース展望
 土・月曜の飛び石開催となる中京は、土曜メインで3歳馬によるファルコンS(18日、GIII、芝1400メートル)が組まれている。過去10年の優勝馬では2009年のジョーカプチーノがNHKマイルCを制し、13年インパルスヒーローは同2着と活躍。今年も好メンバーがそろい、NHKマイルC(5月7日、東京、GI、芝1600メートル)に向けて注目したい一番だ。 ボンセルヴィーソ(栗東・池添学厩舎、牡)は初勝利に3戦かかったが、その後はデイリー杯2歳S2着、朝日杯フューチュリティS3着と素質の高さをアピールしている。未勝利勝ちは1400メートルだったので、距離短縮は歓迎。デビュー当時は幼さを見せていたが、だいぶ心身とも成長してきた。初めての左回りとなるが、前に行けるスピードに加え、馬場状態も不問。3カ月ぶりの実戦でも調教量が豊富で太め感なく仕上がりそうだ。オーナーが、地元の名古屋友豊(株)でもあり、陣営にとって力が入る一戦だ。 ナイトバナレット(栗東・矢作芳人厩舎、牡)はジュニアCで直線一気の脚を発揮して優勝。まだ、発馬が不安定で出遅れの懸念があるが、展開がはまれば差し切っていい。関西に拠点を移してから成績が上昇している中谷雄太騎手にとって、待望の重賞初勝利もかかるだけに注目したい。 ジャッキー(美浦・高橋祥泰厩舎、牡)は新馬、500万下と連勝中。中京は初めてだが、新馬戦は同じ左回りの1400メートルだったので条件はいい。勝ち方は地味だが、勝負強さが光るタイプ。引き続き内田博幸騎手が騎乗するだけに期待は大きい。 コウソクストレート(美浦・中舘英二厩舎、牡)は新馬、500万下・くるみ賞と連勝後、京王杯2歳Sで4着と上位に入ったが、続くシンザン記念で14着に惨敗。道悪で大外枠と不利な条件が重なったうえ、道中も折り合いを欠いて消化不良の結果となった。中京コースは未経験だが、2勝は新潟、東京とともに左回り。さらに今回は鞍上が、乗り慣れた戸崎圭太騎手に戻る。冬場に絞れなかった体も、ここ2週のハード調教でシェイプアップ。うまく流れに乗れれば、好勝負できる。 ジョーストリクトリ(栗東・清水久詞厩舎、牡)は2走前に中京芝1400メートルの500万下・なずな賞を勝利。初めてのマイル戦だった前走のアーリントンCは離された5着に終わったが、舞台替わりで見直せる。父がファルコンSの覇者ジョーカプチーノという点も強調材料。前走からコンビを組む武豊騎手が先週の中山牝馬Sをトーセンビクトリーで制しているのも心強い。 デスティニーソング(栗東・松下武士厩舎、牝)は、2走前のなずな賞で1/2馬身差の2着に入り、前走のかささぎ賞で2勝目をマーク。ジョーストリクトリを物差しにすれば、互角の戦いが可能だ。松下厩舎は先週のフィリーズレビューをカラクレナイで制して勢いもある。 メイソンジュニア(栗東・渡辺薫彦厩舎、牡)は福島2歳Sを快勝。初ダートだった前走の全日本2歳優駿は、距離も長かったため離された5着に終わったが、馬体減も敗因として考えられる。距離短縮で輸送距離も短くなり、福島2歳Sと同じ菱田裕二騎手の騎乗。巻き返しの材料は十分にある。 ジョーストリクトリと同じジョーカプチーノ産駒のマイネルバールマン(美浦・栗田博憲厩舎、牡)、東京芝1400メートルの500万下・春菜賞を制しているライズスクリュー(美浦・小野次郎厩舎、牝)など伏兵陣も多士済々だ。★ファルコンSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
3月13日(月) 18:37

 3,892

Fレビューのニュースをもっと見る >

Fレビューの直前追い切り情報をもっと見る >

Fレビューの口コミ情報をもっと見る >

会員登録はこちら

●報知杯フィリーズレビュー 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜報知杯フィリーズレビュー2017〜

第51回 報知杯フィリーズレビュー G2

2017年3月12日()阪神11R 芝1400m 18頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 8 16 84.0 カラクレナイ 牝3 54.0 M.デムー 松下武士 栗東 478(+2) 3.8 2 1.21.0
2 7 15 92.9 レーヌミノル 牝3 54.0 浜中俊 本田優 栗東 468(0) 1.8 1 1.21.1 1/2
3 7 13 84.9 ゴールドケープ 牝3 54.0 丸山元気 荒川義之 栗東 432(+4) 24.1 6 1.21.3 1 1/4
4 3 6 87.0 ジューヌエコール 牝3 54.0 北村友一 安田隆行 栗東 488(0) 7.0 3 1.21.6
5 6 11 81.7 ヤマカツグレース 牝3 54.0 国分優作 池添兼雄 栗東 452(+4) 81.8 11 1.21.8 1 1/4
6 2 4 81.8 フラウティスタ 牝3 54.0 福永祐一 中内田充 栗東 412(-4) 45.9 8 1.21.9 1/2
7 3 5 82.3 クインズサリナ 牝3 54.0 幸英明 西村真幸 栗東 420(-10) 114.8 13 1.21.9 ハナ
8 7 14 85.8 ビーカーリー 牝3 54.0 和田竜二 西村真幸 栗東 454(-4) 114.4 12 1.22.1
9 2 3 82.6 ステラルージュ 牝3 54.0 高倉稜 渡辺薫彦 栗東 400(+2) 63.7 9 1.22.1 クビ
10 1 1 77.1 スリーミスヨハネス 牝3 54.0 川島信二 加藤敬二 栗東 436(+2) 433.7 18 1.22.2 3/4
11 8 17 77.9 アカカ 牝3 54.0 松若風馬 音無秀孝 栗東 476(-4) 152.6 16 1.22.2 クビ
12 5 10 84.6 ラーナアズーラ 牝3 54.0 山口勲 畠山吉宏 美浦 470(0) 119.1 14 1.22.2 ハナ
13 8 18 85.1 アンジュデジール 牝3 54.0 鮫島良太 昆貢 栗東 474(-2) 131.7 15 1.22.3 クビ
14 4 7 87.6 タガノカトレア 牝3 54.0 菱田裕二 岡田稲男 栗東 422(-4) 16.8 4 1.22.3 クビ
15 1 2 84.5 アズールムーン 牝3 54.0 石橋脩 斎藤誠 美浦 518(+6) 19.4 5 1.22.6
16 5 9 85.8 ベルカプリ 牝3 54.0 池添謙一 西浦勝一 栗東 458(+2) 25.7 7 1.22.7 クビ
17 6 12 82.3 シグルーン 牝3 54.0 藤岡康太 宮徹 栗東 438(-2) 67.1 10 1.23.1 2 1/2
18 4 8 84.2 アルミューテン 牝3 54.0 田中学 南田美知 美浦 458(-4) 178.2 17 1.23.2 3/4
ラップタイム 12.0-10.2-11.3-12.0-11.8-11.7-12.0
前半 12.0-22.2-33.5-45.5-57.3
後半 58.8-47.5-35.5-23.7-12.0

■払戻金

単勝16 380円 2番人気
複勝16 140円 2番人気
15 110円 1番人気
13 310円 5番人気
枠連7-8 390円 1番人気
馬連15-16 450円 1番人気
ワイド15-16 220円 1番人気
13-16 1,330円 16番人気
13-15 550円 3番人気
馬単16-15 1,070円 3番人気
3連複13-15-16 2,220円 4番人気
3連単16-15-13 9,570円 19番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜報知杯フィリーズレビュー2017〜

Fレビューのコラムをもっと見る >

ツイてる奴の予想に乗れ!【的中情報】 〜報知杯フィリーズレビュー2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!
会員登録(無料)すると無料でご覧いただける予想がたくさんあります。

  • すべて
  • 無料公開有りのみ
3月12日の勝ち組
3/12 16:33更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 報知杯フィリーズレビュー
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 まこっちゃん21号 まこっちゃん21号 Lv 53 50% 755% 124,550円
2位 M@RVELOUS M@RVELOUS Lv 84 12% 166% 53,000円 なし
3位 taiger00 taiger00 Lv 94 10% 133% 33,000円 なし
4位 ピースライト ピースライト Lv 65 50% 617% 96,240円 なし
5位 ミッキーウェーブ ミッキーウェーブ Lv 15 66% 530% 129,000円 なし
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
3月12日の勝ち組
3/12 16:33更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 報知杯フィリーズレビュー
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 まこっちゃん21号 まこっちゃん21号 Lv 53 50% 755% 124,550円
2位 うまごん うまごん Lv 63 50% 535% 87,000円
3位 た〜か た〜か Lv 94 50% 294% 77,750円
4位 はじめつこ はじめつこ Lv 102 10% 100% 1,900円
5位 マニック2017 マニック2017 Lv 52 50% 275% 35,000円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
新規会員登録

過去10年の結果 〜報知杯フィリーズレビュー2017〜

2016年 フィリーズレビュー 2016年3月13日() 阪神11R 芝1400m 良 18頭

報知杯フィリーズレビュー2016

1着 2 ソルヴェイグ 27.2倍(8人気) 川田将雅 1:22.1 94.0
2着 9 アットザシーサイド 3.3倍(1人気) 福永祐一 1 1/4 92.2
3着 7 キャンディバローズ 4.8倍(2人気) 武豊 ハナ 92.2
単勝 2 2,720円(8人気) 3連複 2−7−9 4,950円(11人気)
馬連 2−9 3,940円(14人気) 3連単 2→9→7 47,890円(132人気)

2015年 フィリーズレビュー 2015年3月15日() 阪神11R 芝1400m 良 18頭

報知杯フィリーズレビュー2015

1着 17 クイーンズリング 3.6倍(1人気) M.デムーロ 1:22.5 94.9
2着 13 ペルフィカ 17.4倍(7人気) 菱田裕二 3/4 94.0
3着 10 ムーンエクスプレス 4.6倍(2人気) 松山弘平 1/2 93.2
単勝 17 360円(1人気) 3連複 10−13−17 4,790円(10人気)
馬連 13−17 3,260円(11人気) 3連単 17→13→10 23,720円(55人気)

2014年 フィリーズレビュー 2014年3月16日() 阪神11R 芝1400m 良 16頭

報知杯フィリーズレビュー2014

1着 1 ベルカント 5.6倍(2人気) 武豊 1:22.3 91.2
2着 12 ニホンピロアンバー 186.5倍(13人気) 秋山真一郎 1 1/4 89.4
3着 14 エスメラルディーナ 11.7倍(6人気) E.ペドロサ アタマ 89.4
単勝 1 560円(2人気) 3連複 1−12−14 253,310円(236人気)
馬連 1−12 76,030円(66人気) 3連単 1→12→14 1,750,540円(1,355人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/03/10
フィリーズレビュー
阪神 16 メイショウマンボ 4.4倍 3 川田将雅 1:22.1 95.8
2012/03/11
フィリーズレビュー
阪神 16 アイムユアーズ 3.5倍 1 N.ピンナ 1:22.8 95.3
2011/03/21
フィリーズレビュー
阪神 16 稍重 フレンチカクタス 7.7倍 3 北村宏司 1:22.3 94.1
2010/03/14
フィリーズレビュー
阪神 16 サウンドバリアー 26.2倍 9 渡辺薫彦 1:22.8 92.9
2009/03/15
フィリーズレビュー
阪神 16 ワンカラット 18.5倍 6 藤岡佑介 1:22.4 100.2
2008/03/16
フィリーズレビュー
阪神 16 マイネレーツェル 53.1倍 11 池添謙一 1:22.5 93.9
2007/03/11
フィリーズレビュー
阪神 16 アストンマーチャン 1.1倍 1 武豊 1:21.8 96.4
会員登録はこちら

●報知杯フィリーズレビュー 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜報知杯フィリーズレビュー2017〜

フィリーズレビューは、1967年に牝馬限定のクラシック競走の桜花賞の前哨戦として4歳(現3歳)牝馬限定の桜花賞トライアルの重賞競走、阪神4歳牝馬特別として創設。第1回阪神4歳牝馬特別は阪神競馬場芝1400mで施行され、上位5着までに入賞した競走馬には桜花賞の優先出走権が与えられた。

1975年からフィリーズレビューは施行距離を芝1200mに変更。1979年に施行距離を芝1400mに戻した。1984年からはグレード制施行によりGIIに格付け。1991年には優先出走権の見直しにより、上位3着までに入賞した競走馬に桜花賞の優先出走権が与えられるように変更された。2001年には現在のフィリーズレビューに名称変更された。

桜花賞トライアルで最も格の高いGIIに格付けされ、更に桜花賞と同じ阪神競馬場で施行されることから栗東の有力馬が多く出走し、チューリップ賞やフラワーカップと並び桜花賞を占う重要な競走に位置付けされている。

GII格付け以後の優勝馬には、メジロラモーヌゴールデンジャックキョウエイマーチローズバドサクセスビューティヤマカツリリーラインクラフトアストンマーチャンワンカラットアイムユアーズなどがいる。


☆フィリーズレビューの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

競馬番組表

2017年7月29日(
1回札幌1日目
2回新潟1日目
2回小倉1日目
2017年7月30日(
1回札幌2日目
2回新潟2日目
2回小倉2日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 サトノクラウン 牡5
42,494万円
10 サトノアラジン 牡6
42,366万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
32,277万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 レーヌミノル 牝3
21,509万円
4 アルアイン 牡3
20,273万円
5 アエロリット 牝3
14,744万円
6 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
7 リスグラシュー 牝3
12,726万円
8 アドミラブル 牡3
12,407万円
9 サトノアレス 牡3
12,363万円
10 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
» もっと見る