報知杯フィリーズレビュー2017

2017年3月12日(

報知杯フィリーズレビュー G2

阪神競馬場/芝/1400m

最新出走予定馬情報 〜報知杯フィリーズレビュー2017〜

  • 新着ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 第51回フィリーズレビュー(12日、阪神11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝・内1400メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬に桜花賞の優先出走権 =出走18頭)2番人気のカラクレナイが、直線一気を決めて重賞初勝利。3連勝で桜の舞台に向け弾みをつけた。ミルコ・デムーロ騎手(38)=栗・フリー=は、6週連続で日曜メインレース勝利と勢いが止まらない。タイム1分21秒0(良)はレースレコード。2着レーヌミノル、3着ゴールドケープまでが桜花賞(4月9日、阪神、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。

 鮮やかだった。大外から突き抜けたカラクレナイが、重賞初勝利で桜花賞の出走権をゲット。6週連続で日曜メインVとなったM・デムーロ騎手は、自身の快記録に「本当にうれしいです」と声を弾ませ、パートナーの切れ味を絶賛した。

 「素晴らしいですね。ちょっと後ろ過ぎるかなと思ったけど、直線はいい脚だった。新馬戦(4着)は負けてしまって悔しかったけど、そこからどんどん勝って、よくなっていますね」

 (16)番枠で道中は後方で折り合いに専念。直線で大外に持ち出すと、ため込んでいたパワーを一気に放出。メンバー最速タイの上がり3ハロン34秒4の末脚を繰り出し、先に抜け出していたレーヌミノルをゴール前できっちり捕らえた。インパクト十分の勝ちっぷりで3連勝。チューリップ賞を勝った無敗の2歳女王ソウルスターリングの打倒に名乗りをあげた。

 3カ月ぶりだった今年初戦で成長を示した。開業3年目で平地重賞初勝利を挙げた松下武士調教師(36)は「パドックを落ち着いて回れたことに成長を感じますね。以前はテンションが高かった。今はスイッチが入っても制御できないことはなくなった。数字(馬体重2キロ増)はそこまで変わらないけど、体にも幅が出た」と充実ぶりを証言。「ジョッキーの勢いに乗せてもらいました。僕で連勝を止めないでホッとしました」と笑ったが、この強さは本物だ。

 M・デムーロ騎手はアドマイヤミヤビとコンビを組むため、本番の鞍上は未定。それでも確かな手応えを得た陣営は自信を隠さない。松下調教師は「1ハロン延びる距離には対応できると思う。(ソウルスターリングと)戦っていないので楽しみはある」と締めくくった。

 強烈な末脚で、この日の阪神競馬場は唐紅(濃い紅色)一色となった。1カ月後の桜の舞台も、自身の色に染め上げてみせるか。 (川端亮平)

★12日阪神11R「フィリーズレビュー」の着順&払戻金はこちら

【Fレビュー】桜届いた!ゴールドケープ3着3月13日(月) 05:02

 第51回フィリーズレビュー(12日、阪神11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝・内1400メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬に桜花賞の優先出走権 =出走18頭)6番人気のゴールドケープが3着で、桜の切符を手にした。出遅れて最後方を追走。4コーナーでは大外を回る厳しい展開となったが、勝ち馬と同じメンバー最速の上がり3ハロン34秒4の末脚で浮上した。

 丸山騎手は「ゲートで待たされ、その影響でスタートが遅れた。でも、それで逆に(道中は)脚をためて運べたし、いい脚を使ってくれた」と納得の様子だった。

★12日阪神11R「フィリーズレビュー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【Fレビュー】レーヌ斜行2着、浜中騎乗停止に3月13日(月) 05:02

 第51回フィリーズレビュー(12日、阪神11R、GII、3歳牝馬オープン国際(指)、馬齢、芝・内1400メートル、1着本賞金5200万円、1〜3着馬に桜花賞の優先出走権 =出走18頭)1番人気のレーヌミノルは2着。中団から直線で抜け出したが、ゴール前でカラクレナイの急襲に屈した。ラスト300メートルあたりで先頭に立つ際に内に斜行し、ジューヌエコールなどの進路を妨害。浜中騎手は18日から25日(開催日4日間)まで騎乗停止となった。

 浜中騎手は昨年11月のマイルCSミッキーアイルで外に斜行)以来の騎乗停止。パトロールビデオを確認した後はショックを隠せず、険しい表情で無言のまま競馬場を後にした。

★12日阪神11R「フィリーズレビュー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【Fレビュー】レースを終えて…関係者談話3月13日(月) 05:01

 ◆北村友騎手(ジューヌエコール4着) 「テンションが高かった。(直線で)徐々に踏んで行って、これから、というときに不利があったのは痛かった」

 ◆国分優騎手(ヤマカツグレース5着) 「久々でも落ち着いていた。追い切りが足りなかったようですが、地力は見せてくれた」

 ◆福永騎手(フラウティスタ6着) 「不利が痛かった。脚があったのに残念」

 ◆幸騎手(クインズサリナ7着) 「(直線)入り口で手綱を引っ張るロス。もう少し前に来られた」

 ◆和田騎手(ビーカーリー8着) 「邪魔されて競馬にならなかった」

 ◆高倉騎手(ステラルージュ9着) 「直線で追えなかった。追えていたら掲示板(5着)はあった。僕のミス」

 ◆川島騎手(スリーミスヨハネス10着) 「将来的にはもっとやれると思う」

 ◆松若騎手(アカカ11着) 「勝負どころで走りがばらばらになった」

 ◆山口勲騎手(ラーナアズーラ12着) 「力を余した。(直線で)スペースがなかった」

 ◆鮫島良騎手(アンジュデジール13着) 「4角でゴーサインを出したときに内から来られて振られた」

 ◆菱田騎手(タガノカトレア14着) 「(初めての)芝で少し硬さがあった」

 ◆石橋騎手(アズールムーン15着) 「全体的にペースが速く厳しかった」

 ◆池添騎手(ベルカプリ16着) 「行くつもりだったが、行けなかった」

 ◆藤岡康騎手(シグルーン17着) 「2着馬が来たときに(一緒に)行こうと思ったが行けなかった」

 ◆田中学騎手(アルミューテン18着) 「センスは感じた」

★12日阪神11R「フィリーズレビュー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【Fレビュー】M・デムーロ騎乗のカラクレナイが快勝 3月12日() 15:44

 3月12日の阪神11Rで行われた第51回フィリーズレビュー(3歳オープン、牝馬、GII、芝・内1400メートル、馬齢、18頭立て、1着賞金=5200万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の2番人気カラクレナイ(栗東・松下武士厩舎)が差し切って重賞初制覇を果たした。同騎手は日曜メインで6連勝。タイムは1分21秒0(良)で、2005年ラインクラフトの1分21秒2(良)を0秒2更新するレースレコード。2着レーヌミノル(1番人気)、3着ゴールドケープ(6番人気)までの3頭が桜花賞(4月9日、阪神、GI、芝1600メートル)の優先出走権を獲得した。

 カラクレナイは16番枠から後方2番手を追走。一方、小倉2歳Sの覇者レーヌミノルは好スタートを切った後、中団の外に控えたが、徐々に外から進出。直線で早めに先頭に立った後、内にササるようにして最内へ切れ込み、粘り込みを図った。しかし、カラクレナイが外から一気に脚を伸ばし、ゴール前で1/2馬身差で差し切った。最後方から伸びてきたゴールドケープが、さらに1馬身1/4差の3着。4着は3番人気ジューヌエコールだった。

 カラクレナイは、父ローエングリン、母バーニングレッド、母の父アグネスタキオンという血統。北海道千歳市・社台ファームの生産馬で、馬主は吉田照哉氏。通算成績は4戦3勝。フィリューズレビューは、松下武士調教師は初勝利。ミルコ・デムーロ騎手は15年クイーンズリングに次いで2勝目。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手「レーヌミノルも強いけど、僕の馬も1400メートルはバッチリ。自信を持っていました。速いペースになるから中団でと思っていたら、(位置取りが)後ろ過ぎたんですけど、外枠でもあったので安全策を取りました。桜花賞が本当に楽しみ。(自身は日曜メイン6連勝で)とてもうれしいです」

★12日阪神11R「フィリーズレビュー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【Fレビュー】夕刊フジ・調教チェッカーズ 3月11日() 11:53

 ボールを捕っちゃった少年、ほめちゃいけないけどキャッチングのセンスは間違いないね。だってナマで野球を観ると打球はかなり怖い。勝って良かったよ、ホントに。

 1番手はレーヌミノル

 これまでレース当週はラストまで流すだけの追い切りが多かったが、今回は大きく先行した僚馬2頭を目標に、直線で豪快に突き放してフィニッシュ。フワフワした面が薄れてきた印象で、パワーを増した感がある。

 カラクレナイは久々だけにCWコースでしっかり。単走で、直線はスッとギアを上げシャープに伸びた。走りのタッチが軽く、いい切れ味を秘めていそうなムード。

 ジューヌエコールは折り合い重視で終始持ったままだったが、後半は余力十分にスッと反応した。身のこなしにも切れがあり、11着大敗のショックはなさそう。

(夕刊フジ)

フィリーズレビューの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

Fレビューの新着ニュースをもっと見る

 阪神JF11着のジューヌエコールは、坂路を馬なりで4ハロン53秒2−12秒0。キビキビとした動きが目を引いた。北村友騎手は「掛かるところはあるけれど、追い切りは大丈夫でした」と話した。デイリー杯2歳S勝ちの実績は上位。安田隆調教師は「(ペースが速く)流れてほしい。いかにリズムよく走れるか」と、折り合いをポイントに挙げた。

フィリーズレビューの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【Fレビュー】カラクレナイ、粘って11秒83月9日(木) 05:02

 2連勝で重賞に駒を進めてきたカラクレナイはCWコースで6ハロン82秒2、3ハロン38秒7−11秒8。仕掛けられると、しぶとく伸びた。松下調教師は「スッとは反応しないけれど、加速してからは長くいい脚を使いますね」と納得の表情。3カ月ぶりでも仕上がりは上々だ。「今回もゲートが鍵。前走ぐらい出てくれたら」。日曜メイン5連勝中のM・デムーロ騎手が騎乗するのも魅力だ。

フィリーズレビューの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【Fレビュー】レーヌミノル、スッと加速し最先着 3月8日(水) 14:06

 クイーンC4着から巻き返したいレーヌミノルは、栗東CWコース3頭併せでスムーズな動きを見せた。

 メイショウマトイメイショウミツボシを2馬身追走し、ゆったりした前半から4角で最内へ。気合が入ったラスト1Fでスッと脚を伸ばし、11秒6をマークした。2馬身以上の差をつけ最先着ときっちり仕上がった。

 「全体を速くしたくなかったので、前2頭を見ながらラスト100メートルを追うように指示。時計的にもいいし、叩いて着実に良くなっている。思いどおり」と本田調教師。

 小倉2歳Sで6馬身差圧勝したように、マイルの阪神JF(3着)&前走からの1F短縮はプラス。「距離も直線も短くなるのはいい。結果を出して本番(桜花賞)へ向かいたい」と、3走ぶりの勝利を信じている。(夕刊フジ)

フィリーズレビューの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【Fレビュー】ジューヌエコール反撃態勢 3月8日(水) 11:57

 ジューヌエコールは新馬→ききょうS→デイリー杯2歳Sと無傷3連勝から阪神JFに挑んだが、11着。「引っ掛かったことに尽きる」と安田調教師は振り返る。

 「いかにリズム良く走れるかがポイント」だけに、けいこも折り合えるかが課題。栗東坂路で単走。馬なりの前半は気負うことなくスムーズに動き、ラスト1Fで気合をつけられると歯切れ良く12秒0。好仕上がりがうかがえた。

 「ジョッキーに感触をつかんでもらう感じで上がり重点。ラスト1F12秒0なら満足がいく。2週前に行きたがるところを見せていたが、先週はフワッと行けた。マイルより1400メートルのほうがいいし、この距離でも流れてほしいね」とトレーナー。巻き返しへ、現状での態勢は整っている。(夕刊フジ)

フィリーズレビューの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【Fレビュー】カラクレナイ3連勝へ11秒7 3月8日(水) 11:56

 芝7Fを舞台に未勝利→万両賞を連勝してきたカラクレナイは栗東CWコースで単走。十分に余力を残してラスト1F11秒7をマークした。

 「いい動き。1週前には(デムーロ)ジョッキーに感触を確かめてもらったし、順調にきた。スパッと切れる脚はないけど、けいこでもそうだったように、いい脚を長く使えるのがいいところ」と松下調教師。前走は、前2走に比べゲートと行きっぷりが大幅に良化。「制御できていたし安定している」と、3連勝でのG獲りへ好ムードだ。(夕刊フジ)

フィリーズレビューの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【Fレビュー】アズールムーン半馬身先着 3月8日(水) 11:55

 芝7F2戦2勝のアズールムーンは、石橋騎手を背に美浦坂路でレコンキスタを2馬身追走。ラスト1Fの地点でも先行を許していたが、最後にしっかり反応し、12秒4と内から伸びて半馬身先着した。

 「1週前が本来の動きじゃなかったから少し心配したけど、良くなっていた」と、ジョッキーは良化カーブにひと安心した様子。「逃げて2回勝っているけど、2回目はテンが控え気味でもいい内容で走れたし、あれなら控える競馬もできる。本番につなげたい」と、桜花賞出走権確保へ気合十分だ。(夕刊フジ)

フィリーズレビューの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 432ビュー

凄馬プロジェクトチーム

みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「報知杯フィリーズレビュー G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、レーヌミノルのみ1頭。
第2グループ(黄)は、タガノカトレアから1.0ポイント差(約1馬身差)内のジューヌエコールまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、ベルカプリから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアンジュデジールゴールドケープまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、1位レーヌミノルが2位以下に大差をつけその下にも0.5〜1ポイント前後の開きが見られます。ただ、1→2位間の差は別として、キャリア2〜9戦と各馬の戦歴に差のある3歳牝馬の争いですし頭数が揃っての一戦。下位勢の台頭にも注意したいと思います。

今回は素直に◎レーヌミノルとし、対抗○に一頭狙いたい馬がいますのでその馬と組んで買ってみようと思います。
レーヌミノルは、前走も含めハイセンス・ハイレベルな競馬を続けてきた馬。1400m戦替わりは持ち味のスピードを活かすには持って来いで、他馬に休み明けが多い中でこの馬は休み明けでもなし。特段減点材料が見当たりませんので、人気でも普通に馬券の軸として信頼したいと思います。
そして○にクインズサリナ。舞台は違えど2走前のファンタジーSの内容と、阪神での新馬戦(1200m)を余力たっぷりに快勝した戦歴を評価。当時の相手もそこまで悪くない面々でしたし、自身初のマイル挑戦でG1出走となった前走大敗は度外視して狙ってみます。原稿執筆時点の土曜の未勝利戦(1400m)でもダノンシャンティ産駒のウインペイザージュが中穴を開けていましたし、ファンタジーS3着馬ディアドラアネモネSで2着と好戦。この辺りの“追い風”にも乗っての一発に期待します。
以下、▲ベルカプリ、☆ジューヌエコールあたりを上位評価としますが、今回の私の馬券は◎○からの3複総流しで勝負としたいと思います。


【3複2頭軸総流し】
◎○=総
5,15=総(16点)

03月08日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年03月08日号】
閲覧 3,243ビュー

伊吹雅也

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年03月11日(土) 中京11R 金鯱賞
【前走の4コーナー通過順別成績(2014〜2016年の中日新聞杯)】
●5番手以内 [3-2-2-13](複勝率35.0%)
●6番手以下 [0-1-1-32](複勝率5.9%)
→この時期に中京芝2000mで施行されていた2014〜2016年の中日新聞杯は、前走で先行していた馬が優勢。昨年までとは格が異なるものの、極端に先行力が低い馬は評価を下げるべきかもしれません。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
中京芝2000m×キングカメハメハ×前走12着以内
→複勝率37.5%


▼2017年03月11日(土) 阪神11R 仁川ステークス
【前走が“国内のレース”だった馬の、前走の馬体重別成績(2009年以降)】
●480kg未満 [0-0-1-16](複勝率5.9%)
●480〜499kg [0-2-3-33](複勝率13.2%)
●500kg以上 [8-6-4-34](複勝率34.6%)
→馬格を重視したい一戦。また、馬齢が7歳以上だった馬は2009年以降[1-0-1-33](複勝率5.7%)と安定感を欠いています。

<<さらにプラス1!>>

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

[もっと見る]

03月06日(月) 10:29 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】フィリーズレビュー2017・
閲覧 695ビュー

【ウマニティ】

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。

■今週の注目重賞レース/第51回 フィリーズレビュー GIIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

03月05日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年03月05日号】
閲覧 2,310ビュー

伊吹雅也

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G2 報知杯 フィリーズレビュー 2017年03月12日(日) 阪神芝1400m内


<ピックアップデータ>

【前走の4コーナー通過順別成績(2012年以降)】
○6番手以内 [4-4-4-39](複勝率23.5%)
×7番手以下 [1-1-1-30](複勝率9.1%)

 2012年以降のフィリーズレビューで好走を果たした馬の大半は、前走の4コーナー通過順が6番手以内だった馬。一方、7番手以下だった馬は安定感を欠いています。2016年は前走の4コーナーを12番手で通過したアットザシーサイドが単勝1番人気に推されたものの、勝ったソルヴェイグ(単勝8番人気)から1馬身1/4差の2着止まりでした。先行有利とまでは言えないレースですが、極端に先行力のない馬は評価を下げた方が良さそうです。

主な「○」該当馬→ゴールドケープジューヌエコールレーヌミノル
主な「×」該当馬→ウインシャトレーヌカラクレナイシグルーン


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

○「“中央場所、かつ500万下から上のクラスのレース”において3着以内となった経験がある」馬は2012年以降[5-5-5-40](複勝率27.3%)
主な該当馬→ゴールドケープレーヌミノル

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 44ビュー

浜中俊騎手「再び」池添謙一騎手に美味しいところを......レーヌミノルの前に持っていかれたあの「JCホース」─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年4月10日 8時0分 
http://biz-journal.jp/gj/2017/04/post_3083.html


 9日の桜花賞を池添謙一騎手で制したレーヌミノル。同馬の主戦は、デビューから桜花賞前まで浜中俊騎手だった。
 デビュー2連勝、2戦目の小倉2歳S(G3)では6馬身差という短距離戦では異例の大差をつけて完勝。この時点で翌年の牝馬クラシックをすでに期待されており、浜中騎手も期待を口にしていた。
 しかしその後、京王杯2歳S2着、阪神JF3着、クイーンC4着と好走するも勝ち切れず、桜花賞前哨戦となったフィリーズレビューでは、直線で浜中騎手が斜行騎乗で制裁を喰らった上、最後の最後にカラクレナイに差し切られての敗戦。踏んだり蹴ったりの内容の末、乗り替わりとなってしまった。
 そして、乗り替わり初戦となった池添謙一騎手の手綱で、これまでの鬱憤を晴らすような快勝。
 ライバルはソウルスターリングにリスグラシュー、カラクレナイとハイレベルだっただけに、この勝利の価値は非常に高い。父ダイワメジャー、母父タイキシャトルという血統から、雨で重くなった馬場がプラスに働いた部分もあるだろう。
 無論、追い出しのタイミングや積極的な早め先頭など、大舞台に強い池添騎手の度胸が勝利に結びついた部分は否定できない。



次のページ 2015年のジャパンC馬ショウナンパンドラ

 しかし、主戦だった浜中騎手からすれば、やはりフリーズレビューでの乗り替わりは悔やんでも悔やみ切れないものではなかったのでは......。浜中騎手はサロニカで桜花賞出走予定だったが、直前で回避となりレースにも出られていない。
 昨年、マイルCSでのミッキーアイルの斜行騒動に続き、レーヌミノルでも同じミスをしてしまった浜中騎手。世間の風当たりは厳しく、今回桜花賞を逃したことに関しても「自業自得」の声は多い。
 実は以前も「浜中→池添」の乗り替わりで大レース勝利をしてしまった馬がいる。2015年のジャパンC馬ショウナンパンドラだ。
 ショウナンパンドラと浜中騎手は14年の秋華賞で、見事な騎乗ぶりを見せつけG1初制覇。ただ、その後3戦は掲示板に入ることもできず、夏のグランプリ宝塚記念で池添騎手に乗り替わってしまう。その後宝塚記念3着、オールカマー1着、天皇賞・秋4着、そしてジャパンC制覇と、かなりいい成績を収めてしまったのだ。無論、浜中騎手が騎乗していたのが本来の得意距離ではないマイルもあった点は否定できないのだが......。
 こうして池添騎手に美味しいところをとられたのは2度目。浜中騎手は今、何を思うのか......。

グリーンセンスセラさん 4月10日(月) 15:29
仮面女子リーダー参上   ジェィソンみたいなウマ嬢 
閲覧 26ビュー

【桜花賞(G1)特別企画】"最強の地下アイドル"・仮面女子のリーダー桜のどかがギャンブルに首ったけ!? アイドルとギャンブルの危険な関係性とは?Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年4月8日 8時0分 http://biz-journal.jp/gj/2017/04/post_3061.html


仮面女子のリーダー・桜のどかがGJに登場!!
 "最強の地下アイドル"を自称し、アイドルシーンに君臨している仮面女子。メディア出演も増え、勢いは衰えることなく増すばかりだが、そんな彼女たちのリーダーである桜のどかさんが最近、ギャンブルにハマっているという話を聞きつけた。『まさか本業そっちのけで楽しんでいるのでは?』事の真相を知るべくギャンブルジャーナル編集部では、桜さんを直撃してインタビューを敢行。話を聞けば聞くほど、どっぷりとハマっている現状が見えてきた!?
――お越しいただきありがとうございます。まず、簡単な自己紹介をしてもらっていいでしょうか?
>桜のどか(以下、桜) 京都府出身で今は仮面女子のリーダーとして活動している桜のどかです。年間1,000本以上のライブを行う日々を過ごしています。いま、ギネス・ワールド・レコーズにも申請中なんですよ。それで趣味なんですけど、もともとは料理など女の子らしいものだったのですが、気づけば競馬・パチンコがメインとなってしまいました。
――趣味がそちらに移ってしまった理由は?
桜 お仕事がきっかけですね。まず、パチンコは数年前に『CR海物語』で全国ミスご当地マリンちゃんキャンペーンというものがあり、そこのとき仮面女子が「マリンロード」という楽曲を提供させてもらったんです。
 それからパチンコの営業などにも行かせていただくようになり、はじめは打ち方も全然わからなかったんですけど、回数をこなすごとに徐々に興味を持ちはじめ、気がついたらハマっちゃいました。それからは毎日のようにパチンコホールへと足を運んでいます。今ではライブがはじまるギリギリまで打っていたりも......。
――どっぷりとハマっていますね。好きな台はどちらでしょう?
桜 『CRエヴァンゲリオン』シリーズが大好きなんですよ〜。アニメの影響も大きいんですけどね。あと、動物が好きなので『CR獣王』、『CRわんわんパラダイス』などの機種もよく打ちましたね。どれも何回も泣かされているんですけど。
――好き以外に自身が座る台を選ぶ基準はありますか?
桜 ちゃんとした目は持っていないですが、釘は見ますね! あとはデータを見ながら『昨日は当たったから今日は厳しいかも』『一昨日、当たっているからそろそろかも』とか考えています。そして実際に打ってみて、続行するか、台移動するか、はたまた帰宅するかを判断しています。
――1日に使う限度額の上限は決めているんですか?
桜 その月の収支状況によります。もともとは勝った金額分だけ楽しもうとしていたんですけど、気づけばついつい使うことも......。一応、1万円以上は使わないようにするのが目標ではあります。
――ちなみに過去最悪の負けは?
桜 ●万円くらい......。
――ずいぶん使いましたね。では、これまで最高の勝ち額は?
桜 二桁ちょっと勝ちました! その時はCR『ルパン三世 消されたルパン』でしたね。すごく連チャンしてくれたんですよ!!


次のページ 競馬も愛しすぎてしまっている!?


――お仕事がきっかけで楽しみ始めたとのことですが、もしかして競馬も同様ですか?
桜 そうですね。数年前に新潟競馬場でレース終了後にパドックでライブをさせてもらったんです。そのときはじめて馬券を購入してレースを観戦したんですけど、競馬場を走る馬の姿が本当に迫力あってかっこよかったんです!! その魅力にとりこになってしまい、それからは毎週のようにネットを通じて馬券を購入しています。私たちは土日、劇場で15時から無料ライブも行っている関係上、なかなか競馬場まで足を運ぶこともできないんです。ライブ中はレースのことが気になって仕方ないんですよ!
――ちなみにそちらの収支は?
桜 競馬の収支は全体で見ればマイナスです。まだ、万馬券も手にしたことがないし......。なので、まずは、三連単を当てることにこだわっています。3頭すべてを当てるのは本当に難しいです。
――馬券を購入する際に注目するところはありますか?
桜 できることならば、テレビでもいいのでパドックをちゃんと見たいんですよ。その時の機嫌や毛艶、筋肉の付き方までも見ちゃいます。特に太腿の筋肉とツヤ感には注目して、それも予想の参考にしていますね。
――Twitterでは、先週の大阪杯(G1)も負けてしまったとツイートされていましたね。
桜 キタサンブラックを本命にして、サトノクラウン、アンビシャス、サクラアンプルール、マカヒキ、これを5頭ボックスで三連単を購入していました。特に前走の中山記念(G2)で、昨年の大阪杯(当時、産経大阪杯(G2))を制したアンビシャスよりも先着したサクラアンプルールには頑張ってもらいたかったんですけどねぇ。
――今週末の桜花賞はそのリベンジですね。
桜 そうなんです! 桜花賞は、まず無敗のソウルスターリングは鉄板だと思っています。また同馬を管理している藤沢和雄厩舎は現時点で重賞99勝。今週の重賞を勝てば、見事に100勝を達成するんです。ぜひとも、ソウルスターリングで決めてほしいです。また騎乗予定のルメール騎手は昨年、一番人気だったメジャーエンブレムで負けちゃいましたからね。今年は相当な気合が入っているはずです。
 またアドマイヤミヤビは、前走まで3連勝と調子は上向き。騎乗するのは現在リーディングの1位をデムーロ騎手ですし、3着内は堅いのではないかと思っています。
 そしてカラクレナイ。差し馬ですし、前走のフィリーズレビュー(G2)では強い競馬をして勝ちましたからね。ただ前走のデムーロ騎手から田辺裕信騎手に替わっているのが気になりますが、それでも頑張ってくれると信じています。
――それにしても、平日はパチンコ、週末は競馬となってしまうとアイドル活動に支障が出てしまうのでは?
桜 そんなことはないですよ。行くまでにみっちりと練習もお仕事もしていますし、あくまで空いている時間で楽しんでいるんです! 趣味ですから!! でもメンバーからは常に心配されていますね......。
 あと、興味がなかったファンの方が私と同じように競馬やパチンコはまったんです。そうしたら、そちらが忙しくなってしまったようでライブの会場に足を運んでくれなくなっちゃいました......。趣味の仲間は増えるのはうれしいんですけど、アイドルとしてはマイナスですよね。その人は、『おかげさまで楽しんでいるよ』って言ってくれるんですけど、私としてはどっちも楽しんでもらいたいなぁ。

 また「いつか私の名前のさくら、もしくはあいさつとして使っている『おぱろんた』という言葉を馬の名前に付けたい」という夢を語ってくれた桜さん。彼女が名付けた競走馬「おぱろんた」は誕生する日が来るのか? 今後の活動に注目したい。
(取材・撮影=編集部)
■【最強の地下アイドル】仮面女子
■桜のどかオフィシャルブログ「桜ワンさか のどかな毎日」
■Twitter @nodokasakura

[もっと見る]

人参好さん 4月10日(月) 00:37
桜花賞回顧
閲覧 28ビュー

本日の阪神芝はトラックバイアスが発生
内は午後のレースは不利な感じでしたね。
カワキタエンカは7着でしたがよくここまで残った感じ。次人気になりそうですが
こういうレースの後はまずはハナ切ると思いますので展開やコース次第では積極的に狙いたいです。

しかしレーヌミノル激走でした。戦前の予想ではレーヌミノルを千切った馬で組み立ててましたので
レーヌミノルがくるとは・・・
リスグラシューはある程度前つけた武兄の判断もよかったでしたね。後ろから分回しはまず馬券にならないと
みていましたが、アエロリット、アドマイヤミヤビが該当するとは・・・ミヤビは追走もままならずずっと
動かしてましたし鞭も速かったでしたね、
これでオークスは分からなくなりました。

本日のレースラップは以下のとおり
12.7-10.9-11.1-11.8-11.8-11.5-11.9-12.8
カワキタエンカが飛ばしてますので全頭がそうとも言えませんがとりあえず。

46.5-48.0
前半後半4Fで分けると上記のとおりで後半が1.5秒かかっている前傾レースとなります。

他距離と比較しやすよう46.5/4x5 のように1Fあたりのラップ平均を求めて5でかけてみます。
と以下の数字
58.125-60とすると1.75くらいの値になります。

今回出走馬の過去レースをこの比較をやってみると

阪神芝外1600 ミスエルテ 晴れ 良 4 60.4 58.88
京都芝外1400 ミスエルテ 晴れ 良 1 59.1 57.5
阪神芝外1600 ミスエルテ 曇り 稍重 1 62.8 58.75
 後傾ラップのみ


中山芝外1600 ライジングリーズン 晴れ 良 1 58.3 60.13
中山芝外1600 ライジングリーズン 雨 良 1 57.6 60.75
東京芝 1600 ライジングリーズン 曇り 良 13 61.0 58.38
中山芝外1600 ライジングリーズン 曇り 稍重 1 60.4 59.63
 前傾ラップからの差し馬で今回は枠に泣いたよう


阪神芝外1600 リスグラシュー 晴れ 良 3 58.0 58.5
阪神芝外1600 リスグラシュー 晴れ 良 2 58.4  59.13
東京芝 1600 リスグラシュー 曇り 良 1 61 58.38
阪神芝外1800 リスグラシュー 晴れ 良 1 59.5 58.38
新潟芝外1600 リスグラシュー 曇り 良 2 63.0 58.25
 ソールスターリングと同じように阪神で後半ラップが落ちるレースは経験あり
 


阪神芝 1400 カラクレナイ 晴れ 良 1 56.9 59.17
阪神芝 1400 カラクレナイ 晴れ 良 1 57.5 60.17
京都芝内1400 カラクレナイ 晴れ 良 1 58.1 59
京都芝内1400 カラクレナイ 曇り 良 4 58.8 59.33
  1400主体でしたが前傾ラップが得意といえそう


阪神芝 1400 レーヌミノル 晴れ 良 2 56.9 59.17
東京芝 1600 レーヌミノル 晴れ 良 4 58.5 58
阪神芝外1600 レーヌミノル 晴れ 良 3 58.4 59.13
東京芝 1400 レーヌミノル 晴れ 良 2 59.6 57
小倉芝 1200 レーヌミノル 曇り 良 1 55.5 57.83
小倉芝 1200 レーヌミノル 晴れ 良 1 56.0 59.5
 前傾ラップに適性が高いといえそうでクイーンからフィリーズレビューとラップの大きな差があるも
 適用しています



東京芝 1600 アエロリット 晴れ 良 2 58.5 58
中山芝外1600 アエロリット 雨 良 2 57.6 60.75
中山芝外1600 アエロリット 晴れ 良 2 58.4 60.25
東京芝 1400 アエロリット 曇り 良 1 61.4 56.17
 フェアリーでの前傾ラップからクイーン経由でまた前傾が応えたのか?適性範囲の高く
先行してと思ったのですが


阪神芝外1600 ソウルスターリング 晴れ 良 1 58.0 58.5
阪神芝外1600 ソウルスターリング 晴れ 良 1 58.4 59.13
東京芝 1800 ソウルスターリング 曇り 良 1 62.0 58.63
札幌芝 1800 ソウルスターリング 晴れ 良 1 64.5 58.63
 リスグラシューと同じ
 

東京芝 1600 アドマイヤミヤビ 晴れ 良 1 54 58.5 58
東京芝 2000 アドマイヤミヤビ 晴れ 良 1 54 63.8 59.6
阪神芝外1600 アドマイヤミヤビ 晴れ 稍重 1 54 60.1 58.38
中京芝 1600 アドマイヤミヤビ 曇り 良 2 54 61.1 58.38
 後傾ラップのみのでの参戦、前半力のいる馬場もあって対応できていませんでした。


ということでまとめると
トラックバイアス発生し内が不利に
前半ある程度流れれば後半遅くなる前傾ラップ化
時計がかかる馬場ということもあって余程のスローでないと後半ラップタイムが落ちる前傾ラップ化
前傾ラップ適性高い+外枠で前々で競馬できるタイプが上位へ

ではなかったかと思われます。
前傾ラップだけにオークスへは直結しない結果となりそう。

しかし難解なレースでしたね。
フランケルは前半後半差がない平均ペース向きだったのかもしれません





 

[もっと見る]

浪花のクマさん 4月9日() 22:31
桜花賞他、今週の重賞予想結果
閲覧 48ビュー


1/2馬身届かず・・


桜花賞(G機
1 ☆ レーヌミノル (8番人気)
2 ◎ リスグラシュー (3番人気)
3 ○ ソウルスターリング (1番人気)

ニュージーランドT(G供
1 ー ジョーストリクトリ (12番人気)
2 ー メイソンジュニア (8番人気)
3 △ ボンセルヴィーソ (5番人気)
10 ◎ ナイトバナレット (7番人気)

阪神牝馬S(G供
1 ▲ ミッキークイーン (1番人気)
2 ー アドマイヤリード (3番人気)
3 △ ジュールポレール (4番人気)
6 ◎ トーセンビクトリー (5番人気)


フィリーズレビュー2着のレーヌミノル、直線4番手
から馬場の真ん中を・・最後まで渋太かった
ですね・・私の1着固定、リスグラシュー追い上げた
が・・半馬身さの2着、ソウルスターリングの2着、
3着付けは正解だが・・馬券の選定がまずかった!
予想 http://naniwa0505.at.webry.info/201704/article_6.html

[もっと見る]

やすの競馬総合病院さん 4月9日() 21:58
桜花賞・ニュージーランドT・阪神牝馬Sの感想の巻
閲覧 48ビュー

☆桜花賞の感想☆
前略、
ソウルスターリングの単勝に4000万円ぶっこんだ方、お元気でしょうか・・・

って、無敗のソウルスターリングが負けるだけでも驚きなのに、連対すらできず、3着に負けるとか、競馬怖すぎるんですけど〜〜〜。

終わってみれば、
阪神JFの1着・2着・3着馬の3頭が桜花賞でも上位3頭でしたが、阪神JFの3着馬が1着で、阪神JFの2着馬は今回も2着、阪神JFの1着馬が3着と、1〜3着がそのままひっくり返った着順でしたね〜。

でも、阪神JFの1〜3着馬が桜花賞でも1〜3着にくるんなら、なおさら、ソウルスターリングが3着に負けて、レーヌミノルが勝つのが不思議で仕方ないですが、それが事実なので桜花賞の結果をきちんと受け止めてオークスへの糧にしなきゃいけませんね。

勝ち時計は、1.34.5で例年より少し時計かかる程度だったんで道悪適性やパワーはそんなに問われてなかったと思うけど、メンバー中最速の上がり3Fが最後方から競馬したディアドラの34.9で、他は35.0以上の上がり3Fだったんで、見た感じ以上に持久力が要求されるタフな競馬だったような気はします。

ということで、1頭ずつコメントいきましょう。

1着レーヌミノル
この馬って、スピード能力の高さと持久力が武器だと思ってたんで、タフな競馬には対応できてもスタミナ足りないと思ってたから、1600mで持久力勝負になったのに勝ったのは驚きました。
もちろん、テン乗りで勝たせた池添の技術と勝負強さは素晴らしいですが、フィリーズレビューの時に中団で我慢する競馬させてたのが桜花賞1着にかなり役立ったと思うんで、陣営の育て方も素晴らしいな〜と思いました。
オークスだとさすがに距離長そうな気がしますがどうなんでしょうね〜。

2着リスグラシュー
もっと後ろからの競馬になるのかな?と思ったけど、好位集団で流れに乗ってスムーズないい競馬してたし、最後までしっかり伸びてて、文句ない競馬してたんで、あれで負けたら仕方ないし、勝った馬をほめるしかないかも。
距離伸びるのは全然大丈夫だと思うし、東京らしい超高速馬場になっても対応できる軽快さある馬なんで、オークスも引き続き有力馬の1頭だと思います。

3着ソウルスターリング
無敗の2歳女王が3着は予想外でしたけど、好位集団でスムーズな競馬してたし、何の問題もなかったと思うんですけど、思ったほど伸びなかったのは馬場が原因なのかな〜?
敗因はよくわかりませんが、ここまで文句のつけようがない完璧な競馬してたんで3着はショックでした。
同世代相手なら距離伸びても大丈夫かな?って気はするけど、オークスどうなんでしょうね〜。

4着カラクレナイ
後方からメンバー中2位の上がり3F35.0で0.2差の4着まで詰めてきたけど、持久力勝負向きの追い込み馬だけあって、持ち味が存分に活かせる展開と馬場でした。
オークスは距離や馬場的に合わないかもですがどこまでやれるかな?

5着アエロリット
この馬の持ち味って瞬発力も持久力もあって展開・コース問わず安定して走るところだと思うんで、後方からの競馬じゃ持ち味出ないと思うんですけど、どうなのかな〜?
0.2差の5着なんで、十分に持ち味出てたのかもしれませんが。
オークスはどうかな〜?少し距離長い気もしますが。

6着ディアドラ
1勝馬なんでGIじゃ辛いかな〜と思ったけど、展開利もあって最後方から6着まで詰めてきてよく頑張ってました。

7着カワキタエンカ
積極的に逃げたけど、踏ん張り切れず7着。
このメンバー相手に逃げ切りは大変だと思うけど、3月に2走してた疲れなんかもあったのかな〜?

11着ミスエルテ
位置取りは良かったと思うけど、直線半ばで力尽きちゃった感じ。
朝日杯FS以来の競馬だったり、デビューから馬体が減り続けてたり、いいパフォーマンスが出せる状態じゃなかった可能性もあるんで今日は参考外かも。

12着アドマイヤミヤビ
ここまで負けると思ってなかったけど、持久力勝負は未経験だったし、少し時計のかかる馬場、クイーンCからの直行ローテなどなど、今日はいろんな意味で持ち味を出せなかったのかな?
距離伸びるのはプラスっぽいし、東京で超高速馬場になったら持ち味の瞬発力が存分に活きるし、桜花賞使われた上澄みも見込めそうなんで、オークスは狙いたい馬の1頭です。

16着ミスパンテール
チューリップ賞2着は一体何だったのか?という大敗でしたが、長期休養明けを好走した反動なのか、馬場なのか、原因はわからないけど、全く今日は力出せずに負けてました。

☆桜花賞 馬券結果☆
宣言通り、単勝 6(リスグラシュー) 馬連 6−14・15を買いましたがハズレ・・・。

収支は−7000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆ニュージーランドTの感想☆
1着ジョーストリクトリ
2着メイソンジュニア
3着ボンセルヴィーソ

今年の3歳世代の牡馬は、レベルのあまり高くないレベルでの混戦なんで、その時のコース形態、展開、馬場状態、仕上がり状態などでゴロゴロ着順が変わっちゃうのかもですが・・・。
強いのかな?と思った馬が次走でアッサリ凡走したり、あまり強くなさそうと思った馬が次走で勝ったり、いったいどの馬が強いんですか?と聞きたいぐらい混戦で予想がすごく困ります。

勝ったのは、よく名前をネタにしてるジョーストリクトリでしたが、好位のインから抜けてきてましたね〜。
本番のNHKマイルCを勝ったりした場合は、スポーツニュースで誰か1人ぐらい放送で言っちゃいけない卑猥な用語を言っちゃいそうでワクワクします(笑)

☆ニュージーランドT 馬券結果☆
宣言通り、単勝 12(スズカメジャー)を買いましたがハズレ・・・。

収支は−1000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------

☆阪神牝馬Sの感想☆
1着ミッキークイーン
エンジンがかかるまでに少しもたついたようにも見えたけど、最後はいい脚で伸びてきましたね〜。
1600mだと少し距離短いですけど、さすが2015年の二冠牝馬だけあって強かったです。
秋華賞以来というのが意外ですけど、久しぶりの1着でよかったですね〜。

2着アドマイヤリード
負けたけど、インからいい伸びっぷりだったし、4着以下には3馬身以上付けてるんで、重賞やGIでも全然やっていけそうです。

3着ジュールポレール
メンバー中最速タイの上がり3Fで伸びてきた1・2着馬に差されちゃいましたが、見せ場十分の競馬してたし、良馬場だったら勝てたかも?っていうぐらい期待感のある走りしてたんで、ヴィクトリアマイルでぜひ買いたい馬ですけど、出れるのかな?

☆阪神牝馬S 馬券結果☆
宣言通り、単勝 8(ジュールポレール) ワイド 6−8を買ったら、ワイド3.5倍が的中!!!
馬連にしてたら、1・3着で外れてたんで、ワイドにしておいて助かりました。

収支は+4000Pでした。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
桜花賞 リスグラシュー・・・2着

勝てなかったけど、馬券圏内しっかりキープで成功しました。
今年初めてようやく2倍以上の複勝でころがせましたね(笑)

投資1100Pが2600Pに増えました。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会


どちらの企画も枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄でも投票所でもどこに書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

※このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
春GIで相性いいのって、桜花賞と天皇賞春の2つしかないんで、天皇賞春は春GIラストチャンスぐらいの意気込みで当てたいです。

来週は皐月賞なんですけどね・・・。

[もっと見る]

ファストタテヤマださん 4月9日() 20:15
桜花賞回顧
閲覧 64ビュー

12.7 - 10.9 - 11.1 - 11.8 - 11.8 - 11.5 - 11.9 - 12.8

2〜3F目はカワキタエンカが飛ばしてのラップで
後続は序盤を平均的な流れでの追走。
道中は淀みなく進んで残り600から前を捕まえにいく競馬だが、

公式ラップ通りだと後続勢がみんな残り600で
かなりの脚を使ってることになるので、
たぶんこの辺は時計に少しズレがあるような気がする。


1着レーヌミノル

レースの流れとしては1400適性を問われるような形だったし、
展開としてはうまく噛み合ったのかなと思う。
内目で包まれた阪神JFとは違い、
視界がクリアな状態で思い通りに加速できたのも良かった。

フィリーズレビューでもカラクレナイが完璧にハマっただけで
この馬自身は最後までよく粘っていたし、
末脚勝負の流れにならなければ案外しぶとく脚を伸ばせるのかもしれない。

今回は適性の差で他馬を上回れた感じなので、条件が替わると苦しくなりそう。


2着リスグラシュー

スタート後に綺麗に前が空いたことで難なく中団の好位をキープ。
本来なら外枠でと考えた馬だが、今回は運良く内枠が向く形に。
道中は手応えが怪しかったが、直線ではしっかり伸び切っての2着。

正直、この流れで好走してしまうと
実は短い距離のほうが合っているのかと考えてしまう部分もあるが、
決してスピードに乗れているわけではなかったし、
距離延長でもやれる可能性はまだ残っているのかなと思う。
オークスでも一応は押さえておきたい印象。


3着ソウルスターリング

淀みない流れで十分に脚が溜まらないまま
勝負所での加速を要求され伸び切れない競馬。
結果的にこの馬にとっては忙しい展開だったか。

オークスに向けてとくに悲観する負け方ではないが、
この辺りから勝ち切れないキャラに変貌しないかが心配。


4着カラクレナイ

淀みなく流れたことで展開としては絶好。
器用さに欠ける馬なので仕方ないが、
直線入口での進路取りがスムーズなら3着争いはもっと際どかったか。

今回は展開がハマっているので次走は危険な気がするが、
今後末脚のキレが見られるようなら秋華賞で狙ってみたい印象。


5着アエロリット

好位に付けてくれるだろうと軸にしたら
最初から後方待機を意識したようなソロっとした出方。

終いが掛かった分、追い込んでこれたが
決して後方有利とも言えない展開だったし、
正直にいって不満が残る騎乗。

オークスでも狙いたいとは思うが、
鞍上がいまいち信用しきれないし、
ゴール前の脚を見ると距離は1600前後がベストかなとも思う。


7着カワキタエンカ

公式ラップ通り、6F目で11.5の加速ができて
この結果なら見所のある内容だが、
実際この部分は怪しさを感じるので何とも言えない。

ただ、それでも内容としては悪くなく、
決して強くはないけど、弱くもない馬といった印象。
なかなかハマる条件が難しそうだが、
末脚の要求度が下がる展開ならローズS辺りで穴をあけても。


12着アドマイヤミヤビ

クイーンCのように中弛みがなければ1600はきつそうではあったが、
思った以上に追走に苦しんでしまう競馬。

今回の結果は度外視していいと思うし、
次走はもちろん巻き返してきそうではあるが、
ちょっと能力が過大評価されている部分は感じるので、
オークスでもあくまで3〜4番手候補かなとは思う。


16着ミスパンテール

勝ちを意識した騎乗で悪くはなかったが、
結果的にはオーバーペースになってしまったし、
淀みない流れで終始外目を回る苦しい競馬。

こちらも次走での巻き返しは期待できるが、
能力的にG1では心もとなくも映る。

[もっと見る]

会員登録はこちら

●報知杯フィリーズレビュー 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜報知杯フィリーズレビュー2017〜

  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 8 16 84.0 カラクレナイ 牝3 54.0 M.デムー 松下武士 栗東 478(+2) 3.8 2 1.21.0
2 7 15 92.9 レーヌミノル 牝3 54.0 浜中俊 本田優 栗東 468(0) 1.8 1 1.21.1 1/2
3 7 13 84.9 ゴールドケープ 牝3 54.0 丸山元気 荒川義之 栗東 432(+4) 24.1 6 1.21.3 1 1/4
4 3 6 87.0 ジューヌエコール 牝3 54.0 北村友一 安田隆行 栗東 488(0) 7.0 3 1.21.6
5 6 11 81.7 ヤマカツグレース 牝3 54.0 国分優作 池添兼雄 栗東 452(+4) 81.8 11 1.21.8 1 1/4
6 2 4 81.8 フラウティスタ 牝3 54.0 福永祐一 中内田充 栗東 412(-4) 45.9 8 1.21.9 1/2
7 3 5 82.3 クインズサリナ 牝3 54.0 幸英明 西村真幸 栗東 420(-10) 114.8 13 1.21.9 ハナ
8 7 14 85.8 ビーカーリー 牝3 54.0 和田竜二 西村真幸 栗東 454(-4) 114.4 12 1.22.1
9 2 3 82.6 ステラルージュ 牝3 54.0 高倉稜 渡辺薫彦 栗東 400(+2) 63.7 9 1.22.1 クビ
10 1 1 77.1 スリーミスヨハネス 牝3 54.0 川島信二 加藤敬二 栗東 436(+2) 433.7 18 1.22.2 3/4
11 8 17 77.9 アカカ 牝3 54.0 松若風馬 音無秀孝 栗東 476(-4) 152.6 16 1.22.2 クビ
12 5 10 84.6 ラーナアズーラ 牝3 54.0 山口勲 畠山吉宏 美浦 470(0) 119.1 14 1.22.2 ハナ
13 8 18 85.1 アンジュデジール 牝3 54.0 鮫島良太 昆貢 栗東 474(-2) 131.7 15 1.22.3 クビ
14 4 7 87.6 タガノカトレア 牝3 54.0 菱田裕二 岡田稲男 栗東 422(-4) 16.8 4 1.22.3 クビ
15 1 2 84.5 アズールムーン 牝3 54.0 石橋脩 斎藤誠 美浦 518(+6) 19.4 5 1.22.6
16 5 9 85.8 ベルカプリ 牝3 54.0 池添謙一 西浦勝一 栗東 458(+2) 25.7 7 1.22.7 クビ
17 6 12 82.3 シグルーン 牝3 54.0 藤岡康太 宮徹 栗東 438(-2) 67.1 10 1.23.1 2 1/2
18 4 8 84.2 アルミューテン 牝3 54.0 田中学 南田美知 美浦 458(-4) 178.2 17 1.23.2 3/4
ラップタイム 12.0-10.2-11.3-12.0-11.8-11.7-12.0
前半 12.0-22.2-33.5-45.5-57.3
後半 58.8-47.5-35.5-23.7-12.0

■払戻金

単勝16 380円 2番人気
複勝16 140円 2番人気
15 110円 1番人気
13 310円 5番人気
枠連7-8 390円 1番人気
馬連15-16 450円 1番人気
ワイド15-16 220円 1番人気
13-16 1,330円 16番人気
13-15 550円 3番人気
馬単16-15 1,070円 3番人気
3連複13-15-16 2,220円 4番人気
3連単16-15-13 9,570円 19番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

ツイてる奴の予想に乗れ!【的中情報】 〜報知杯フィリーズレビュー2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!
会員登録(無料)すると無料でご覧いただける予想がたくさんあります。

  • すべて
  • 無料公開有りのみ
3月12日の勝ち組
3/12 16:33更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 報知杯フィリーズレビュー
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 まこっちゃん21号 まこっちゃん21号 Lv 21 50% 755% 124,550円
2位 M@RVELOUS M@RVELOUS Lv 83 12% 166% 53,000円 なし
3位 taiger00 taiger00 Lv 93 10% 133% 33,000円 なし
4位 ピースライト ピースライト Lv 50 50% 617% 96,240円 なし
5位 ミッキーウェーブ ミッキーウェーブ Lv 15 66% 530% 129,000円 なし
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
3月12日の勝ち組
3/12 16:33更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 報知杯フィリーズレビュー
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 まこっちゃん21号 まこっちゃん21号 Lv 21 50% 755% 124,550円
2位 うまごん うまごん Lv 78 50% 535% 87,000円
3位 た〜か た〜か Lv 101 50% 294% 77,750円
4位 はじめつこ はじめつこ Lv 91 10% 100% 1,900円
5位 マニック2017 マニック2017 Lv 53 50% 275% 35,000円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
新規会員登録

過去10年の結果 〜報知杯フィリーズレビュー2017〜

2016年 フィリーズレビュー 2016年3月13日() 阪神11R 芝1400m 良 18頭

報知杯フィリーズレビュー2016

1着 2 ソルヴェイグ 27.2倍(8人気) 川田将雅 1:22.1 94.0
2着 9 アットザシーサイド 3.3倍(1人気) 福永祐一 1 1/4 92.2
3着 7 キャンディバローズ 4.8倍(2人気) 武豊 ハナ 92.2
単勝 2 2,720円(8人気) 3連複 2−7−9 4,950円(11人気)
馬連 2−9 3,940円(14人気) 3連単 2→9→7 47,890円(132人気)

2015年 フィリーズレビュー 2015年3月15日() 阪神11R 芝1400m 良 18頭

報知杯フィリーズレビュー2015

1着 17 クイーンズリング 3.6倍(1人気) M.デムーロ 1:22.5 94.9
2着 13 ペルフィカ 17.4倍(7人気) 菱田裕二 3/4 94.0
3着 10 ムーンエクスプレス 4.6倍(2人気) 松山弘平 1/2 93.2
単勝 17 360円(1人気) 3連複 10−13−17 4,790円(10人気)
馬連 13−17 3,260円(11人気) 3連単 17→13→10 23,720円(55人気)

2014年 フィリーズレビュー 2014年3月16日() 阪神11R 芝1400m 良 16頭

報知杯フィリーズレビュー2014

1着 1 ベルカント 5.6倍(2人気) 武豊 1:22.3 91.2
2着 12 ニホンピロアンバー 186.5倍(13人気) 秋山真一郎 1 1/4 89.4
3着 14 エスメラルディーナ 11.7倍(6人気) E.ペドロサ アタマ 89.4
単勝 1 560円(2人気) 3連複 1−12−14 253,310円(236人気)
馬連 1−12 76,030円(66人気) 3連単 1→12→14 1,750,540円(1,355人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/03/10
フィリーズレビュー
阪神 16 メイショウマンボ 4.4倍 3 川田将雅 1:22.1 95.8
2012/03/11
フィリーズレビュー
阪神 16 アイムユアーズ 3.5倍 1 N.ピンナ 1:22.8 95.3
2011/03/21
フィリーズレビュー
阪神 16 稍重 フレンチカクタス 7.7倍 3 北村宏司 1:22.3 94.1
2010/03/14
フィリーズレビュー
阪神 16 サウンドバリアー 26.2倍 9 渡辺薫彦 1:22.8 92.9
2009/03/15
フィリーズレビュー
阪神 16 ワンカラット 18.5倍 6 藤岡佑介 1:22.4 100.2
2008/03/16
フィリーズレビュー
阪神 16 マイネレーツェル 53.1倍 11 池添謙一 1:22.5 93.9
2007/03/11
フィリーズレビュー
阪神 16 アストンマーチャン 1.1倍 1 武豊 1:21.8 96.4
会員登録はこちら

●報知杯フィリーズレビュー 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜報知杯フィリーズレビュー2017〜

フィリーズレビューは、1967年に牝馬限定のクラシック競走の桜花賞の前哨戦として4歳(現3歳)牝馬限定の桜花賞トライアルの重賞競走、阪神4歳牝馬特別として創設。第1回阪神4歳牝馬特別は阪神競馬場芝1400mで施行され、上位5着までに入賞した競走馬には桜花賞の優先出走権が与えられた。

1975年からフィリーズレビューは施行距離を芝1200mに変更。1979年に施行距離を芝1400mに戻した。1984年からはグレード制施行によりGIIに格付け。1991年には優先出走権の見直しにより、上位3着までに入賞した競走馬に桜花賞の優先出走権が与えられるように変更された。2001年には現在のフィリーズレビューに名称変更された。

桜花賞トライアルで最も格の高いGIIに格付けされ、更に桜花賞と同じ阪神競馬場で施行されることから栗東の有力馬が多く出走し、チューリップ賞やフラワーカップと並び桜花賞を占う重要な競走に位置付けされている。

GII格付け以後の優勝馬には、メジロラモーヌゴールデンジャックキョウエイマーチローズバドサクセスビューティヤマカツリリーラインクラフトアストンマーチャンワンカラットアイムユアーズなどがいる。


☆フィリーズレビューの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年4月29日(
テレビ東京杯青葉賞 G2
2017年4月30日(
天皇賞(春) G1

競馬番組表

2017年4月29日(
1回新潟1日目
2回東京3日目
3回京都3日目
2017年4月30日(
1回新潟2日目
2回東京4日目
3回京都4日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
119,049万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
74,266万円
3 ゴールドアクター 牡6
68,258万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
54,091万円
6 ミッキークイーン 牝5
44,943万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 ディサイファ 牡8
41,166万円
10 ヒットザターゲット 牡9
40,466万円
» もっと見る

3歳
1 レーヌミノル 牝3
21,509万円
2 アルアイン 牡3
18,273万円
3 ソウルスターリング 牝3
15,173万円
4 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
5 リスグラシュー 牝3
11,726万円
6 カデナ 牡3
10,012万円
7 サトノアレス 牡3
9,945万円
8 レイデオロ 牡3
9,477万円
9 モンドキャンノ 牡3
8,601万円
10 カラクレナイ 牝3
8,368万円
» もっと見る