2017年5月7日()シャティン競馬場 芝1600m

最新出走予定馬情報 〜香港チャンピオンズマイル 2017〜

 5月7日、香港・シャティン競馬場で『第17回チャンピオンズマイル』(GI、3歳以上、右・芝1600メートル)がイギリス調教馬2頭を含む7頭立てで行われた。

 J.モレイラが騎乗し、単勝1.4倍と断然の人気を集めたラッパードラゴン(セン4歳、香港・J.ムーア厩舎)は3コーナー過ぎに競走を中止した。今シーズンは、史上初の「香港4歳シリーズ」完全制覇を成し遂げ、前哨戦のチェアマンズトロフィー・香港GIIでは2016年香港マイルの優勝馬ビューティーオンリーをくだした地元のニュースター、ラッパードラゴン。バランスを崩し、競走を中止した瞬間にはライブモニター越しにスタンドの悲鳴とどよめきが伝わってきた。

 香港ジョッキークラブは、「ラッパードラゴンは右後肢のけが疑われる。彼は自分自身で馬の救急車に乗り込み、病院に向かった」とChris Riggs獣医師のコメントとして発表している。

 優勝したのはB.プレブル騎手騎乗の4番人気コンテントメント(セン6歳、J.サイズ厩舎)。勝ちタイムは1分35秒23(GF=良馬場)。コンテントメントは2016年クイーンズシルバージュビリーC・香港GIの勝ち馬で、同年にモーリスが勝ったチャンピオンズマイルの2着馬。

 そのひとつ後のレースとして行われた『第39回チェアマンズスプリントプライズ』(GI、3歳以上、右・芝1200メートル、10頭立て)はH.ボウマン騎手騎乗の2番人気ラッキーバブルス(セン5歳、香港・K.リュイ厩舎)が優勝。勝ちタイムは1分8秒96(良)。ラッキーバブルスは2016年のこのレースの2着馬で、同年の香港スプリントの2着馬。

 クビ差の2着には前哨戦のスプリントカップ・香港GIIを勝ったJ.モレイラ騎乗の1番人気ミスタースタニング。

【香港チャンピオンズマイル】日本馬が予備登録03月23日(木) 14:01

香港ジョッキークラブは3月22日、5月7日(日)香港シャティン競馬場で行われるチャンピオンズマイル(G1・芝1600m)の登録馬を発表した。登録した日本馬は下記の通り。

ソルヴェイグ(栗東・鮫島一歩厩舎、牝4歳)
ネオリアリズム(美浦・堀宣行厩舎、牡6歳)
リアルスティール(栗東・矢作芳人厩舎、牡5歳)
レッツゴードンキ(栗東・梅田智之厩舎、牝5歳)

[もっと見る]

口コミ情報 〜香港チャンピオンズマイル 2017〜

香港競馬…詳しくはないですが、主要レースは結構見てる程度として、今回出走する2頭について自分の思うところを書いてみます。

まず、この2頭に関して重要視したいレースは去年の香港マイルと今年のチャンピオンズマイル。

香港マイルはビューティーオンリーが直線一気を決めて快勝。
このレースは差し馬優勢と言った感じで、出遅れたロゴタイプでもしっかり5着に来れるほどの差しレースでした。

チャンピオンズマイルはコンテントメントが前に行って、ビューティーオンリーを抑えての勝利。
しかしこのレースで思ったのはやはりビューティーオンリーのしっかりとした決め手。

負けて強し…とまでは行きませんが、マイル戦では本当に安定して差してくる印象です。
パートン騎手曰く、良馬場では本当にいいパフォーマンスをするということで、高速馬場になるとわかりませんが脚質的にも東京良馬場ならチャンスありそう。
何よりこの馬の安定感は香港でも素晴らしいですね。

ちなみに香港マイルは荒れるのわかってたんで、この馬を軸に三連単一頭軸マルチで10万馬券をゲットしました(・ω・)bちょっと自慢

当日の馬場次第ですが、外差し馬場なら本命に打つまでありそうです。

コンテントメントは去年の安田記念で最下位…しかしこの負けの原因も割とハッキリしてます。
とにかくこの馬は使い詰め過ぎ…確か去年も安田記念までで月一ペースで走ってて、さらに安田記念の前走はあのモーリスが勝ったチャンピオンズマイルの2着激走…どう考えても反動のある中での出走でした。

で、今年はというと…やはり月一出走(笑)
厳しいのかな…

しかし今回はあのマジックマン、モレイラ騎手騎乗のようです。先行力のある強みもあるし、反動さえなければ好走は十分に考えられます。

現時点で2頭とも侮れません。
取りこぼしも多いですが、大レースではしっかり上位に食い込みますし、何より現在の香港マイル戦線でのトップ2ですからね、ワンツーだってありえます。
決して軽視できる馬ではありません。
まあどちらか、と言われたら今のところビューティーオンリーかな(ー_ー;)

日本馬に人気が集まりそうですが、僕的には日本vs香港だと現時点では思っています。

過去10年の結果 〜香港チャンピオンズマイル 2017〜

開催日 勝ち馬 性齢 調教国 タイム 騎手 調教師
2016/05/01 モーリス 牡5 日本 1:34.0 J.モレイラ 堀宣行
2015/05/03 Able Friend セ5 香港 1.35.4 J.Moreir J.Moore
2014/05/04 Variety Club 牡6 香港 1.34.1 A.Marcus M.de Kock
2013/05/05 Dan Excel セ5 香港 1.33.4 W.Marwing J.Moore
2012/05/06 Xtension 牡5 香港 1.35.2 J.McDonald J.Moore
2011/04/25 Xtension 牡4 香港 1.34.7 D.Beadman J.Moore
2010/04/25 Able One セ8 香港 1.33.7 D.Beadman J.Moore
2009/04/26 Sight Winner セ5 香港 1.35.0 B.Prebble J.Size
2008/04/27 Good Ba Ba セ6 香港 1.33.5 O.Doleuze A.Schutz
2007/04/29 Able One セ5 香港 1.34.5 M.Kinane J.Moore

歴史・概要 〜香港チャンピオンズマイル 2017〜

香港チャンピオンズマイルは香港・沙田競馬場の芝1600mで行われる国際GIレースで、2001年に香港域内のGIとして創設されたのがはじまり。2005年には国際競走(国際グレードなし)に昇格し、シリーズ戦・アジアマイルチャレンジ(2011年に休止)に組みこまれた。2007年になると国際GIに格付け。これに伴ってアジアマイルチャレンジのシリーズ全競走が国際G1となった。

2008年〜2010年にはアメリカ国外で優先出走権が得られる新ブリーダーズカップ・チャレンジの一環として同レースが登録された。2014年に南アフリカのバラエティクラブが海外調教馬で初優勝を飾っている。

日本調教馬では2005年にコスモバルクが初出走したが、10着に敗れた。その後、2008年マイネルシーガル(10着)、2014年マイネルラクリマ(10着)と計3頭が出走したが、まだ勝ち馬は出ていない。 レースレコードは2013年にダンエクセルがマークした1分33秒42。最高齢馬の優勝は2010年に優勝したエイブルワン(8歳)。

過去の優勝馬には、レッドペッパー、ジェウーンキングプローン、エレクトリックユニコーン、フィグレス、ブリッシュラック、エイブルワン、グッドババ、サイトウィナー、エクステンション、ダンエクセル、バラエティクラブが名を連ねる。

挑戦した日本馬 〜香港チャンピオンズマイル 2017〜

コスモバルク 10着(2005年)
血統
父:ザグレブ
母:イセノトウショウ(トウショウボーイ)
成績
48戦10勝
6億4129万1500円
主な勝ち鞍
シンガポール航空インターナショナルカップ(G1)
弥生賞(G2)
セントライト記念(G2)
挑戦し続けた道営のエース

 ホッカイドウ競馬に所属しながら中央競馬や海外レースに挑戦し、2006年のシンガポール航空インターナショナルカップ(国際G1)制覇など重賞戦線で活躍したスターホース。種牡馬として成功していなかった父サグレブ、兄弟に活躍馬がいなかった母という血統背景から400万の安値で取引されたが、持ち前のスピードと勝負根性で果敢にレースに挑戦する姿は多くのファンを魅了した。
 キャリアスタートは旭川競馬場のフレッシュチャレンジ、2着に敗れたものの、次戦で勝利を飾ると門別のオープン特別で2着となり、中央競馬へ参戦。初戦の百日草特別(500万)では単勝9番人気の低評価を受けたが、これを覆すコースレコードV。その後、重賞初挑戦となったラジオたんぱ杯2歳ステークス(G3)、弥生賞(G2)と連勝、一躍クラシックの主役に躍り出た。しかし、続く皐月賞では1番人気に支持されるも、先に抜け出したダイワメジャーを捉えることができず、2着に惜敗。巻き返しが期待されたダービーだったが、超ハイペースを強気に先行し、8着に敗れた。
 その後、立て直しを図ったコスモバルクはセントライト記念(G2)を勝利し、菊花賞(G1)4着、ジャパンカップ(G1)2着と古馬相手にも奮闘。翌年に日本馬初となるチャンピオンズマイルへの出走を表明した。迎えたレースではスタートで痛恨の出遅れ、レース中盤あたりからまくり気味に進出するも4コーナーではすでに手応えはなく、直線で後退。日本馬の初チャンピオンズマイル挑戦は10着に終わった。レース後、鞍上の千葉騎手は『前に行きたかったのですが、スタートがつかず、思い通りにはならなかったです、馬場が良い状態では無く、残念な結果になりました。』と無念の表情で語った。

施行年馬名性齢騎手調教師着順
2005年コスモバルク牡4千葉津代士田部和則10着
2008年マイネルシーガル牡4蛯名正義国枝栄10着
2014年マイネルラクリマ牡6柴田大知上原博之10着
2016年モーリス牡5J.モレイラ堀宣行1着
会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

特集
バックナンバー