会員登録はこちら
京都新聞杯2017

2017年5月6日(

京都新聞杯 G2

京都競馬場/芝/2200m

最新出走予定馬情報 〜京都新聞杯2017〜

  • ニュース
  • 直前追い切り情報
  • 口コミ情報
京都新聞杯Vプラチナムバレットが骨折
 5月6日の京都新聞杯・GIIで重賞初制覇を飾り、ダービー出走を確実にしていたプラチナムバレット(牡3歳、栗東・河内洋厩舎)が、右橈(とう)骨遠位端骨折のアクシデントに見舞われていたことが7日、JRAから発表された。休養期間は未定。★プラチナムバレットの競走成績はこちら
2017年5月7日() 16:36

 1,994

【京都新聞杯】プラチナム末脚一閃!河内師「うれしい」
 第65回京都新聞杯(6日、京都11R、GII、3歳オープン国際(指)、馬齢、芝・外2200メートル、1着本賞金5400万円 =出走12頭)浜中俊騎乗で2番人気のプラチナムバレットが大外から豪快に差し切って重賞初Vを飾り、ダービー出走を確実なものとした。クラブ法人のノルマンディーサラブレッドクラブはJRA重賞初勝利。タイム2分15秒2(良)。頭差2着が1番人気のサトノクロニクルだった。 薄曇りの淀のターフをプラチナムバレットが、豪脚で突き抜けた。メンバー中で最速の上がり3ハロン33秒6で、大舞台への扉をこじ開けた。 「うまく誘導できずどうかなと思っていたけど、よく最後まで走ってくれました。勢いがあったし、ゴール前はかわしたんじゃないかと思っていました」 浜中騎手が興奮気味に振り返る。外枠が響き、向こう正面では中団を追走したが、結果的に直線での爆発力につながった。大外からぐんぐん加速するとサトノクロニクルをアタマ差かわしてフィニッシュした。 5年7カ月ぶりのJRA重賞制覇となった河内調教師は「一気によくなるというより、一歩一歩良くなってきましたね」と喜びの表情だ。2005年の厩舎開業以来、ダービー初出走がかかっていた。「出るだけでもうれしいけれど、出す以上は勝ちたい」と力を込める。 騎手時代には17回目の挑戦となった00年のアグネスフライトでダービーを制覇した。当時も京都新聞杯Vからのステップだった。浅からぬ縁に導かれ、いざ東上。一世一代の大舞台で“プラチナ”の輝きを放つ。 (山口大輝)★6日京都11R「京都新聞杯」の着順&払戻金はこちら
2017年5月7日() 05:01

 1,662

【京都新聞杯】レースを終えて…関係者談話
 ◆川田騎手(サトノクロニクル2着) 「3コーナーから動かざるを得ない状況になったのが…。最後は盛り返してくれたんですけどね。申し訳ないです」 ◆和田騎手(ダノンディスタンス3着) 「現時点でやれることはやれた。この感じでやれたら先々が楽しみ」 ◆池添騎手(サトノリュウガ4着) 「(3角過ぎの)下りでペースアップしたときにもたつきました。休み明けの影響なのかな」 ◆菊沢騎手(ミッキースワロー5着) 「いい位置で運べました。ただ動くのが早かったので、そのぶん、止まりました」 ◆武豊騎手(ゴールドハット6着) 「勝てると思ったが、脚いろが同じに。少し距離が長いかも」 ◆ルメール騎手(インヴィクタ7着) 「出遅れて、いいポジションを取れなかった。勝った馬より(直線の)反応も遅かった」★6日京都11R「京都新聞杯」の着順&払戻金はこちら
2017年5月7日() 05:01

 1,525

【京都新聞杯】プラチナムバレットが東上最終便でV
 5月6日の京都11Rで行われた第65回京都新聞杯(3歳オープン、GII、芝・外2200メートル、馬齢、12頭立て、1着賞金=5400万円)は、浜中俊騎手騎乗の2番人気プラチナムバレット(牡、栗東・河内洋厩舎)が快勝し、重賞初制覇を達成するとともに、ダービーへの“東上最終切符”を獲得した。タイムは2分15秒2(良)。 レースはウインベラシアスが大逃げを打ち、ダノンディスタンス、カケルテソーロ、サトノクロニクル、サトノリュウガなどが先行集団を形成。プラチナムバレットは8番手あたりを進み、インヴィクタは後方2〜3番手に控えた。3〜4コーナーにかけて、逃げていたウインベラシアスと2番手以下の距離が縮み、直線でいったんダノンディスタンスが先頭へ。すぐに内からサトノクロニクル(1番人気)が抜け出してきたが、ゴール寸前に、外から一気に脚を伸ばしてきたプラチナムバレットがアタマ差で差し切った。さらにクビ差の3着にダノンディスタンス(6番人気)が入り、サトノリュウガ(5番人気)が4着。インヴィクタ(3人気)は7着だった。 プラチナムバレットは、父マンハッタンカフェ、母スノースタイル、母の父ホワイトマズルという血統。北海道新ひだか町・岡田スタッドの生産馬で、馬主は(株)ノルマンディーサラブレッドレーシング。通算成績は6戦3勝。京都新聞杯は、河内洋調教師、浜中俊騎手ともに初勝利。なお、河内調教師は騎手時代に1978年(メジロイーグル)、2000年(アグネスフライト)と2度優勝している。 ◆浜中俊騎手「前で競馬をしたかったんですが、後手に回る形になりました。でも、(直線で)外に進路を取ってから伸びてくれましたね。勢いがあったので、ゴールではかわしたかなと思いました。注文のつかない馬で、一戦一戦強くなっています。自在性があるのが長所で、ダービー(に出走した場合)でも一生懸命走ってくれると思いますよ」★6日京都11R「京都新聞杯」の着順&払戻金はこちら
2017年5月6日() 15:41

 1,662

【京都新聞杯】レース展望
 京都の土曜メインは、ダービー(28日、東京、GI、芝2400メートル)への東上最終便となる京都新聞杯(6日、GII、芝・外2200メートル)。出走予定馬はいずれも、ここで賞金を加算しないと、ダービー出走はかなわない。遅れてきたクラシック候補たちによる注目のバトルだ。 インヴィクタ(栗東・友道康夫厩舎、牡)は前走の若葉Sで3着。過去4走して、馬券圏内を外れたのは札幌2歳Sの7着の一戦だけで、当時はトラストが逃げ切る展開だった。小回りで出遅れて後手に回ったもので、度外視していい。前走はアダムバローズが2番手から早め先頭で押し切る展開の中、後方からよく脚を伸ばしたが、内回りが不向きだった印象だ。今回はゆったり走れる外回り。身上の末脚勝負にかけられるだろう。いとこにヴィルシーナ、ヴィブロスのGI姉妹がいる血統。この血筋を知り尽くす厩舎でもあり、夢舞台への切符をつかみ取る可能性は高いとみる。 サトノクロニクル(栗東・池江泰寿厩舎、牡)は水仙賞で2着。まだ1勝馬ながらも大崩れがない。半兄は2015年にこの京都新聞杯を勝ち、ダービーでも2着に好走したサトノラーゼン。舞台設定はばっちりだ。新馬2着、未勝利勝ちは芝1800メートルだったが、父がハーツクライでもあり、距離延長は歓迎。兄に次ぐ重賞制覇を飾って、ダービーに駒を進めたいところだ。 ダノンディスタンス(栗東・佐々木晶三厩舎、牡)は前走のすみれSで5着に敗退したが、2走前の若駒Sではアダムバローズとハナ差の接戦(2着)を演じている。過去にカデナ、ベストアプローチといった強いメンバーと戦ってきた実績は軽視できない。こちらも祖母がトゥザヴィクトリーという良血。新種牡馬ルーラーシップとしても重賞初Vがかかる一戦だ。 プラチナムバレット(栗東・河内洋厩舎、牡)ははなみずき賞で2勝目をマーク。使いながら体も引き締まって、素軽さが増している。半姉スマートレイアーと違い、こちらは父がマンハッタンカフェで距離が延びていいタイプ。前々でレース運びができる器用さも魅力だ。はなみずき賞組が過去3年連続で連対しているデータも強調できる。 関東馬ミッキースワロー(美浦・菊沢隆徳厩舎、牡)はひめさゆり賞で2勝目をゲット。初勝利を中山の芝2200メートルで挙げており、距離にも不安はない。父トーセンホマレボシは5年前のこのレース勝ち馬で、ダービーでも3着に好走した。祖母は桜花賞2着馬ツィンクルブライドという血統で、決め手勝負なら侮れない。デビュー2年目、菊沢一樹騎手の手綱さばきにも注目だ。 サトノリュウガ(栗東・平田修厩舎、牡)は4カ月ぶりの実戦になるが、未勝利−福寿草特別と連勝して地力を示した。京都コースは2戦2勝と相性がいい。休み明けだけに最終追い切りの動きがポイントになるが、3代母には女傑エアグルーヴがいる良血馬。能力的にはここでも互角以上に戦える。 ゴールドハット(栗東・角居勝彦厩舎、牡)は、現役時に角居厩舎で活躍したハットトリックを父に持つ米国産馬。1600メートルから2200メートルへの距離延長が鍵になるが、レースセンスの良さと切れ味は魅力だ。前走は案外だったが、好時計で圧勝劇を演じた2走前を見ても、馬場のいい京都に戻るのは歓迎だろう。 ほかにもダートで2勝して芝に戻るカケルテソーロ(栗東・吉村圭司厩舎、牡)やメルヴィンカズマ(栗東・西浦勝一厩舎、牡)も侮れない。★京都新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年5月1日(月) 16:06

 3,538

【京都新聞杯】厩舎の話
 ◆インヴィクタ・友道師 「動きは良かった。距離延長で外回りなら」 ◆ウインベラシアス・西園師 「使うごとに良くなっているが、展開利がないと…」 ◆カケルテソーロ・吉村師 「芝は大丈夫だと思うが、時計が速くなるのはどうか」 ◆ゴールドハット・辻野助手 「2週続けて単走で。距離はこなせると思う」 ◆サトノクロニクル・池江師 「徐々に良化。京都替わりはプラス」 ◆サトノリュウガ・池添騎手 「動きは良かった。素質は高い」 ◆ダノンディスタンス・佐々木師 「前走は心房細動みたい。改めて」 ◆ハギノアレス・鮫島師 「徐々に良くなっている。前走の勝ち時計も悪くなかった」 ◆プラチナムバレット・河内師 「動きはいい。距離延長はプラス」 ◆ミッキースワロー・菊沢師 「輸送もあるのでこれでいい。前走もいい脚を使った」 ◆メルヴィンカズマ・西浦師 「調教は走らない。スムーズなら」 ◆ユキノタイガ・富田騎手 「抜け出してからの反応は良かった」★京都新聞杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載
2017年5月5日(金) 05:03

 2,850

【京都新聞杯】追って一言
 ◆ウインベラシアス・西園師 「使うごとに良くなっているが展開利がないと…」 ◆カケルテソーロ・吉村師 「芝は大丈夫だと思うが、時計が速くなるのはどうか」 ◆ゴールドハット・辻野助手 「テンションが上がりやすいので、2週続けて単走で。距離はこなしてくれると思う」 ◆サトノクロニクル・池江師 「少しシャープさに欠けるが徐々に良化。京都替わりはプラス」 ◆サトノリュウガ・池添騎手 「最後で手前を替えて欲しかったが、動きはよかった」 ◆ダノンディスタンス・佐々木師 「状態はすごくいい。前走は直線で心房細動。改めて」 ◆ハギノアレス・鮫島師 「徐々によくなっている。前走は2400メートルで勝ったし、勝ち時計も悪くなかった」 ◆プラチナムバレット・河内師 「動きはいい。距離が延びるのはプラス」 ◆ミッキースワロー・菊沢師 「輸送もあるのでこれでいい」 ◆メルヴィンカズマ・西浦師 「時計は遅いが調教は走らない。スムーズなら」 ◆ユキノタイガ・富田騎手 「抜け出してからの反応はよかった」★京都新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年5月4日(木) 05:03

 2,780

【京都新聞杯】ダービーへ!良血インヴィクタ必勝態勢
 京都では6日、「第65回京都新聞杯」(GII、芝2200メートル)が行われる。ダービー(28日、東京、GI、芝2400メートル)への“東上最終便”で中心となるのは、良血インヴィクタだ。 同じ元大リーガー・佐々木主浩氏が馬主の、ヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル連覇)、ヴィブロス(秋華賞、ドバイターフ)、そして天皇賞2着のシュヴァルグランがいとこ。若葉Sでは3着に敗れ皐月賞には出られなかったが、今度はスッキリと結果を出したい。 先週27日は坂路4F54秒8で半馬身先着。「目立つ時計を出す馬ではないが、動きは良かった。勝っている京都外回りは歓迎。精神的に成長し、折り合いがつくので距離が延びるのはいい」と、友道調教師は好感触だ。 佐々木氏にとっては念願のダービー出走が実現するかどうかの勝負どころ。豪快な“シャットアウト”を決めたい。(夕刊フジ)★京都新聞杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年5月1日(月) 17:00

 2,613

京都新聞杯のニュースをもっと見る >

京都新聞杯の直前追い切り情報をもっと見る >

京都新聞杯の口コミ情報をもっと見る >

●京都新聞杯 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜京都新聞杯2017〜

第65回 京都新聞杯 G2

2017年5月6日()京都11R 芝2200m 12頭

天候:
馬場:
  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 8 11 90.3 プラチナムバレット 牡3 56.0 浜中俊 河内洋 栗東 480(+2) 4.2 2 2.15.2
2 3 3 88.2 サトノクロニクル 牡3 56.0 川田将雅 池江泰寿 栗東 456(+6) 3.9 1 2.15.2 アタマ
3 2 2 87.0 ダノンディスタンス 牡3 56.0 和田竜二 佐々木晶 栗東 522(+10) 17.9 6 2.15.2 クビ
4 5 5 83.9 サトノリュウガ 牡3 56.0 池添謙一 平田修 栗東 478(0) 6.8 5 2.15.3 1/2
5 6 8 87.2 ミッキースワロー 牡3 56.0 菊沢一樹 菊沢隆徳 美浦 488(0) 6.3 4 2.15.3 ハナ
6 5 6 84.4 ゴールドハット 牡3 56.0 武豊 角居勝彦 栗東 412(+4) 19.5 8 2.15.4 クビ
7 4 4 91.6 インヴィクタ 牡3 56.0 C.ルメー 友道康夫 栗東 472(-2) 4.3 3 2.15.6 1 1/4
8 7 9 86.2 メルヴィンカズマ 牡3 56.0 北村友一 西浦勝一 栗東 468(+2) 18.5 7 2.15.7 クビ
9 8 12 83.7 ウインベラシアス 牡3 56.0 松山弘平 西園正都 栗東 488(+4) 83.8 11 2.15.9 1 1/4
10 6 7 82.3 ハギノアレス 牡3 56.0 四位洋文 鮫島一歩 栗東 484(-6) 56.4 10 2.16.0 3/4
11 1 1 80.8 カケルテソーロ 牡3 56.0 幸英明 吉村圭司 栗東 548(0) 33.5 9 2.17.1
12 7 10 80.1 ユキノタイガ 牡3 56.0 富田暁 木原一良 栗東 506(+2) 186.1 12 2.17.2 クビ
ラップタイム 12.7-11.1-12.8-12.4-13.1-13.1-12.7-12.6-11.6-11.5-11.6
前半 12.7-23.8-36.6-49.0-62.1
後半 60.0-47.3-34.7-23.1-11.6

■払戻金

単勝 11 420円 2番人気
複勝 11 170円 3番人気
3 150円 1番人気
2 350円 7番人気
枠連 3-8 770円 1番人気
馬連 3-11 880円 1番人気
ワイド 3-11 350円 1番人気
2-11 970円 14番人気
2-3 1,150円 19番人気
馬単 11-3 1,700円 2番人気
3連複 2-3-11 3,690円 14番人気
3連単 11-3-2 15,190円 52番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

展望コラム〜京都新聞杯2017〜

京都新聞杯のコラムをもっと見る >

過去10年の結果 〜京都新聞杯2017〜

2016年 京都新聞杯 2016年5月7日() 京都11R 芝2200m 良 14頭

京都新聞杯2016

1着 2 スマートオーディン 2.0倍(1人気) 戸崎圭太 2:12.6 97.5
2着 11 アグネスフォルテ 41.5倍(9人気) 松山弘平 3/4 97.0
3着 9 ロイカバード 7.2倍(4人気) 池添謙一 1 1/2 95.9
単勝 2 200円(1人気) 3連複 2−9−11 7,230円(26人気)
馬連 2−11 4,120円(15人気) 3連単 2→11→9 33,810円(119人気)

2015年 京都新聞杯 2015年5月9日() 京都11R 芝2200m 良 16頭

京都新聞杯2015

1着 4 サトノラーゼン 4.6倍(2人気) 川田将雅 2:11.3 99.4
2着 2 ポルトドートウィユ 4.1倍(1人気) 武豊 1/2 98.9
3着 15 アルバートドック 10.4倍(6人気) 藤岡康太 ハナ 98.9
単勝 4 460円(2人気) 3連複 2−4−15 2,860円(5人気)
馬連 2−4 1,110円(1人気) 3連単 4→2→15 13,160円(19人気)

2014年 京都新聞杯 2014年5月10日() 京都11R 芝2200m 良 18頭

京都新聞杯2014

1着 3 ハギノハイブリッド 7.1倍(3人気) 秋山真一郎 2:11.0 94.1
2着 11 サウンズオブアース 13.7倍(8人気) 浜中俊 1 1/4 93.0
3着 5 ガリバルディ 8.9倍(5人気) 福永祐一 ハナ 93.0
単勝 3 710円(3人気) 3連複 3−5−11 9,240円(35人気)
馬連 3−11 3,700円(18人気) 3連単 3→11→5 55,130円(209人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/05/04
京都新聞杯
京都 16 キズナ 1.4倍 1 武豊 2:12.3 95.4
2012/05/05
京都新聞杯
京都 13 トーセンホマレボシ 10.8倍 5 C.ウィリアムズ 2:10.0 98.2
2011/05/07
京都新聞杯
京都 15 クレスコグランド 9.2倍 3 武豊 2:13.5 95.5
2010/05/08
京都新聞杯
京都 17 ゲシュタルト 5.5倍 3 池添謙一 2:12.8 97.0
2009/05/09
京都新聞杯
京都 16 ベストメンバー 3.4倍 1 四位洋文 2:13.0 100.1
2008/05/10
京都新聞杯
京都 16 稍重 メイショウクオリア 3.6倍 2 岩田康誠 2:18.4 96.3
2007/05/05
京都新聞杯
京都 15 タスカータソルテ 3.9倍 2 岩田康誠 2:13.5 94.0
会員登録はこちら

●京都新聞杯 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜京都新聞杯2017〜

京都新聞杯は、1953年にクラシック競走である菊花賞の前哨戦として4歳(現3歳)限定別定重賞競走、京都盃として創設されたのが始まり。第1回は現在とは違い京都競馬場の芝外回り2400mで施行された。その後数度の施行距離変更を経て1967年からは菊花賞トライアルに指定、上位5着までに入賞した競走馬には菊花賞の優先出走権が与えられるようになり菊花賞トライアルとして定着していた。

1971年からは現在の京都新聞杯に変更。1984年からはグレード制施行によりGIIに格付け、施行距離を芝2200mに変更した。2000年からは施行距離を芝2000mに、負担重量を別定に、施行時期を5月に変更し、菊花賞トライアルから指定が外され、東京優駿(日本ダービー)の前哨戦として位置付けされるようになった。2002年からは施行距離を再び芝2200mに戻して行われている。

過去の優勝馬には、ミホシンザンヤエノムテキメジロライアンミホノブルボンウイニングチケットダンスインザダークスペシャルウィークアドマイヤベガアグネスフライトハーツクライタスカータソルテなどが名を連ねる(グレード制導入後を対象)。

京都新聞杯の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

今週の重賞レース

2017年10月21日(
富士ステークス G3
2017年10月22日(
菊花賞 G1

競馬番組表

2017年10月21日(
3回新潟3日目
4回東京6日目
4回京都6日目
2017年10月22日(
3回新潟4日目
4回東京7日目
4回京都7日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
58,301万円
6 ミッキークイーン 牝5
48,776万円
7 スマートレイアー 牝7
47,984万円
8 レッドファルクス 牡6
45,915万円
9 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
10 サトノアラジン 牡6
45,090万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
37,778万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 アルアイン 牡3
22,505万円
4 レーヌミノル 牝3
21,509万円
5 ディアドラ 牝3
20,361万円
6 アエロリット 牝3
18,391万円
7 リスグラシュー 牝3
17,854万円
8 スワーヴリチャード 牡3
14,731万円
9 モズカッチャン 牝3
13,758万円
10 アドミラブル 牡3
12,407万円
» もっと見る