2017年3月26日()メイダン競馬場 ダート2000m

レース結果 〜ドバイワールドカップ 2017〜

  • 出走予定馬
  • 出馬表
  • レース結果



馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 オッズ 人気
1 9 9   アロゲート 牡4 57.0 M.スミス B.バファート 1.2 1
2 5 5   ガンランナー 牡4 57.0 F.ジェルー S.アスムッセン 14.3 3
3 11 11   ネオリシック 牡4 57.0 J.ヴェラスケス T.プレッチャー 93.9 12
4 14 14   ムブタヒージ 牡5 57.0 C.スミヨン M.デコック 23.2 6
5 7 7   アウォーディー 牡7 57.0 武豊 松永幹夫 10.4 2
6 12 12   ホッパーチュニティ 牡6 57.0 F.プラ B.バファート 40.7 8
7 10 10   キーンアイス 牡5 57.0 J.カステリャーノ T.プレッチャー 80.8 11
8 4 4   ラニ 牡4 57.0 R.ムーア 松永幹夫 31.5 7
9 1 1   アポロケンタッキー 牡5 57.0 C.ルメール 山内研二 20.4 5
10 6 6   ムーヴアップ 牡4 57.0 A.デフリース S.ビン・スルール 61.2 9
11 2 2   ロングリバー 牡7 57.0 M.バルザローナ S.ビン・ガデイヤー 76.8 10
12 13 13   スペシャルファイター 牡6 57.0 F.ハラ M.リッチー 99.4 13
13 8 8   フリアクルサーダ 牝5 55.0 A.フレス E.シャルピー 192.1 14
14 3 3   ゴールドドリーム 牡4 57.0 J.モレイラ 平田修 16.3 4

■払戻金

単勝9 120円
複勝9 110円
5 180円
11 520円
馬連5-9 450円
ワイド5-9 220円
9-11 760円
5-11 2,680円
馬単9-5 450円
3連複5-9-11 3,430円
3連単9-5-11 5,170円

予想一覧を見る

会員登録(無料)すると予想を登録して予想コロシアム(予想大会)に参加できます。

※レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。

最新出走予定馬情報 〜ドバイワールドカップ 2017〜

 2016年のドバイシーマクラシックドゥラメンテを破って優勝するなどGI・4勝を挙げたポストポンド(イギリス・R.ヴェリアン厩舎、牡6歳)が引退すると英国の複数の競馬メディアが報じた。疲労骨折によるものとされている。前走のドバイシーマクラシックはジャックホブスの3着だった。

【ドバイWC】怪物アロゲート、GI4連勝!03月27日(月) 05:02

 米国の怪物アロゲート(米ケンタッキー州産、米=B・バファート、牡4、父アンブライドルズソング)が、桁違いの強さを見せた。スタート直後に挟まれて最後方に下がったものの、3コーナーからロングスパート。最後は楽々と引き離し2馬身1/4差をつけた。「慌てず馬を落ち着かせ、レースに集中させた。とてつもないストライドで飛び立ったときは信じられない気持ちだったよ」とスミス騎手が驚く強さ。バファート調教師も「感動したよ。まるでハリウッド映画のようだった」とたたえた。

 アロゲートはデビュー戦3着後7連勝で、GIは4勝目。獲得賞金は1808万4600ドルとなり、世界の歴代賞金ランキングのトップに立った。この後はBCクラシック連覇を目指す。

 ◆武豊騎手(アウォーディー5着) 「タフなレースでも食らいつき、最後に盛り返した。負けたのは残念だけど、馬はベストを尽くしてくれた」

 ◆ムーア騎手(ラニ8着) 「馬の状態は良かったし、馬場も問題なかったが、2000メートルは忙しい。もう少し長い距離の方がいい」

 ◆ルメール騎手(アポロケンタッキー9着) 「この馬にはペースが速すぎたし、すごく忙しい競馬だった。内枠で外にも出せなかった」

 ◆モレイラ騎手(ゴールドドリーム14着) 「スタートが遅かった。バックストレッチでもう手応えが怪しかったし、最後は無理をしなかった」

[もっと見る]

ドバイWCデーの売り上げ合計25億円 WCは13億円03月26日() 11:03

 JRAの今年の海外馬券発売第1弾となったドバイワ−ルドカップデー諸競走の売り上げ総額は、25億8107万500円だった。内訳はターフが5億7121万9400円、シーマクラシックが6億3023万900円、ワールドカップが13億7962万200円。

 昨年は、初の海外馬券発売として注目された10月の仏GI凱旋門賞が41億8599万5100円で、11月の豪GIメルボルンCが6億9737万1200円、米GIブリーダーズCフィリー&メアターフが8億596万3400円。12月の香港GI香港国際競走は38億2070万6800円(ヴァーズ4億8756万900円、スプリント5億5326万200円、マイル8億9661万8800円、カップ18億8326万6900円)だった。

[もっと見る]

【ドバイWC】日本勢アウォーディーの5着が最高03月26日() 05:07

 【ドバイ(UAE)25日】メインのドバイワールドカップ(GI、ダ2000メートル、1着賞金600万米ドル=約6億7800万円)は、マイク・スミス騎乗のアロゲート(米=B・バファート、牡4、父アンブライドルズソング)が道中の厳しい位置取りをあっさりと克服して圧勝。世界NO・1ホースの底力を誇示した。タイム2分2秒15(重)。日本馬は4頭が参戦したが、アウォーディーの5着が最先着だった。

[もっと見る]

【ドバイWC】アロゲート、落ち着いて上々03月25日() 05:07

 米GI3連勝中の大本命は、ダートコースを迫力あふれるキャンターで勢いよく駆け抜けた。見守ったバファート調教師は「軽く流した程度だけど、前に馬がいるとそれをターゲットにして動くから、少し速くなったかもしれないね。でも馬は落ち着いて、ベリーハッピーな状態だよ。私は(取材が多くて)もう疲れているけどね」とユーモアたっぷりに好調をアピールした。

[もっと見る]

【ドバイWC】アロゲート、落ち着いて上々03月25日() 05:07

 米GI3連勝中の大本命は、ダートコースを迫力あふれるキャンターで勢いよく駆け抜けた。見守ったバファート調教師は「軽く流した程度だけど、前に馬がいるとそれをターゲットにして動くから、少し速くなったかもしれないね。でも馬は落ち着いて、ベリーハッピーな状態だよ。私は(取材が多くて)もう疲れているけどね」とユーモアたっぷりに好調をアピールした。

[もっと見る]

【ドバイWC】ゴールドドリーム、モレイラと発馬の確認03月25日() 05:07

 初コンビのモレイラ騎手を背にダートをキャンターで周回。その後、ゲートで発馬の確認を行った。平田調教師は「ゲートをシャープに出ないことをジョッキーに確認してもらった。ただマイルの前走でも少し出負けしながら位置を取れたからね。あとは五分に出てくれれば。馬場についてはやってみないと分からないが、グリップが利くようにスパイク鉄を使おうと思う」と語った。

[もっと見る]

【ドバイWC】アウォーディー、不安なし!03月25日() 05:07

 松永幹厩舎の2頭はいつも通り一緒にダートコース入りし、1周半をやや速めのキャンターで流した。松永幹調教師はアウォーディーについて「何も不安はない。去年は8月からずっと厩舎にいたし、終盤は使い詰めで疲れがあったのかも。今はリフレッシュしていい状態。力を出せるデキ」と具合はかなり良さそうだ。ラニについては「ずっとメイダンにいるので、この馬なりに落ち着いている。去年来たときよりも集中力が増している。うまく調整できたね」と満足げ。

[もっと見る]

【ドバイWC】アウォーディー、不安なし!03月25日() 05:07

 松永幹厩舎の2頭はいつも通り一緒にダートコース入りし、1周半をやや速めのキャンターで流した。松永幹調教師はアウォーディーについて「何も不安はない。去年は8月からずっと厩舎にいたし、終盤は使い詰めで疲れがあったのかも。今はリフレッシュしていい状態。力を出せるデキ」と具合はかなり良さそうだ。ラニについては「ずっとメイダンにいるので、この馬なりに落ち着いている。去年来たときよりも集中力が増している。うまく調整できたね」と満足げ。

[もっと見る]

【ドバイWC】アポロケンタッキー、順調03月25日() 05:07

 トラックには入らず、ダートコース入り口の引き込み部分でハッキングの調整。山内調教師は「順調にきているよ。軽めの調整だけど、やりすぎてもよくないからね。馬場は見た感じ内が硬くなりそうだから、内枠は良かった。ジョッキー(ルメール騎手)は初めてだが、乗りやすい馬だから気にならない」と気配を伝えた。

[もっと見る]

⇒もっと見る

厳選コラム 〜ドバイワールドカップ 2017〜

今年で22回目を迎えたドバイワールドカップ(G1)。出走全馬を見渡して、最も目を引くのがアロゲートであることに論はまたない。3着に敗れたデビュー戦以後は、ここまで6連勝中で、そのなかには「ミッドサマーダービー」とも呼ばれるトラヴァーズS(G1)、アメリカ最強馬を決めるBCクラシック(G1)、今年新設された世界最高賞金レースのペガサスワールドCがある現役のアメリカダート最強馬だ。

アロゲートのレーティングは出走馬トップの134ポンド(61kg)で、2番手グループはアウォーディーと米国のガンランナーの118ポンド(53.5kg)。つまりアロゲートとその他の馬の力差をレーディングから単純に考えると、ハンデ戦で好勝負を演じるには7.5kg以上のハンデ差が必要になるほどアロゲートが1頭だけ抜けているということ。この米国から乗り込んできた芦毛の怪物に、日本の4頭を含めた13頭が挑戦する構図のレースと言っていい。

レース展開は、逃げても好位に控えてもレースのできるアロゲートの出方次第で流れが変わってきそう。
前走のペガサスワールドCのようにアロゲートが好位で競馬をするようなら、ハナを切るのは、逃げてG1とG3を連勝したガンランナー、前哨戦のマクトゥームチャレンジラウンド3(G1)を逃げ切ったロングリバーのいずれか。その後ろで昨年のドバイワールドC2着馬ムブタヒージ、同じく昨年4着のスペシャルファイター、ペガサスワールドC3着のネオリシックがアロゲートとともに好位グループを形成することが予想される。

日本のアウォーディーアポロケンタッキーゴールドドリームは中位からのレースになるだろう。そのほか中団グループになりそうなのが、2015年のトラヴァーズSで米三冠馬アメリカンファラオを下した実績があるキーンアイス、トルコで芝G2勝ち歴のあるムーヴアップ、マクトゥームチャレンジラウンド2(G2)を勝ったチリ産の牝馬フリアクルサーダあたりか。
昨年のドバイワールドCでも3着に追い込んできたホッパーチュニティは後方待機策が濃厚。ラニも後方からの競馬が予想されるが、前走に続いて再び手綱を取るR.ムーア騎手なら、昨年のUAEダービー(G2)の時のように、向こう正面でポジションを上げる策を選択する可能性もあるとみている。

★藤田将大のドバイワールドカップデー展望コラム一覧
―――――――――――――――――――
バイターフ〜展望コラム
バイシーマクラシック〜展望コラム

―――――――――――――――――――


===================
★2016年凱旋門賞38万馬券を的中させた海外馬券のエキスパート藤田将大プロ。ドバイターフドバイシーマクラシックドバイワールドカップ3レースの予想公開中!予想はこちらから。

★”2016年香港カップも的中!”藤田将大プロ、過去の海外競馬予想はこちら
===================

■藤田将大(ふじた・まさひろ)プロフィール
某大手商社に勤める現役の商社マン。仕事以外の時間はほぼ競馬に費やし、国内外の馬やレースの情報をくまなくチェックする日々を送る。
ヨーロッパ、アメリカ、オセアニア、アジアの競馬主要国におけるビッグレース観戦歴は豊富で、その前後に行われる一般レースや平開催でも馬券勝負には余念がない。
「名勝負を見て得られる感動と、馬券を獲って得られる感動は別物」を理念に掲げ、国内外を問わず「いかにして馬券で勝つか」を常に研究している。
国内での海外レースの馬券発売開始を機に、雑誌『競馬最強の法則』で華々しくメディアデビュー。海外馬券発売レースの第一弾となった凱旋門賞で3連単38万馬券をいきなり的中させ、競馬ファン・関係者の度肝を抜いた。

【ドバイワールドカップデー】現地よりナマ情報!甘粕代三プロと文傑(ぶん・けつ)プロのドバイ3レースの予想提供が決定!

◆プロフィール
文傑(ぶん・けつ)
香港最大の日刊紙『蘋果日報(アップルディリー)』首席競馬記者を務め、今秋より同じく大手日刊紙『星島日報』に移籍。競馬記者経験は20年以上。香港で最も経験と知識を有する競馬記者の一人。

甘粕代三(あまかす・だいぞう)
東京新聞記者、テレビ朝日記者、同ディレクター、同台北開設支局長などを務める。94年ミッドナイトベット香港カップ制覇に立ち会ったことから香港の競馬にのめり込む。現在、新報馬業(『新報馬簿』『新報馬経』)駐日代表、北京市馬術運動協会高級顧問。


甘粕 今年の日本と香港の顔ぶれ見てどう思う?寂しくないかい?

文傑 そうだね。香港は3頭だけ。<編集部注:香港馬の出走はダンドネル、ノットリスニントゥーミー(ドバイゴールデンシャヒーン)、アメージングキッズ(アルクオーツスプリント)の3頭。なお、前記2レースは日本での馬券販売はなし>日本も頭数はそろっているけど、前回のドバイ出張の時に比べると大物がいなくなったね。

甘粕 日本は今年から大阪杯がG1に昇格になったからね。

文傑 香港は調教師、馬主がドバイ遠征後の状態を憂慮するようになってね。年度代表馬だったデザインズオンロームがドバイ遠征の後、なかなか復調できなかった。デザインだけじゃないよ、ドバイ遠征後に調子を崩した馬は枚挙に暇がない。今年だって去年の年度代表馬、ワーザーが長期休養明け2戦目を勝ち上がってドバイへいったん名乗りを上げたんだけど、すぐに香港専念を決めてしまった。

甘粕 ドバイから香港春の祭典、クイーンエリザベス2世カップまでは1カ月だものね。

文傑 酷暑のドバイからの航空輸送を挟んでのローテーションは確かにきつい。

甘粕 ターフ連覇を目指していたリアルスティールが鼻出血で直前に回避したのは残念でならない。一番期待していた一頭だけにね。でも同じくターフで、香港の雷神さま(モレイラ騎手の香港での異名)、モレイラが騎乗するヴィブロスがリアルの無念を果たしてくれるんじゃないか、と期待してるんだ。

文傑 モレイラが騎乗すれば3馬身は違う。

甘粕 それどころじゃない。5馬身違うんじゃない(笑)

文傑 日本代表の馬に香港を代表する騎手が載るなんてちょっと前じゃ考えならないコラボレーションだよね。モレイラはモーリスでも香港で大きな勲章をいくつも上げているし、今度は舞台をドバイに変えて日本と香港のコラボレーションを再現ってことか。

甘粕 十分可能性はあるね。ウマニティの予想はドバイターフドバイシーマクラシックドバイワールドカップの3レース。香港勢の出走はないんだけど、しっかり予習してくれてるだろうね。

文傑 当たり前じゃないか!香港は日本よりも欧米、オセアニアのレースをサイマル発売してるんだぜ。日本のレースの発売は少ないけど、しっかりとチェックしてるよ。海外勢との比較は任せてくれよ。あと1日ある。夜明け前からメイダン競馬場に出かけて各馬の直前の状態をチェックして秘中の秘を日本の皆さんに提供しようじゃないか。


★”日本と香港を股にかけて活躍する海外プロ”甘粕代三プロと、”競馬記者歴20年超!香港競馬界の博学多識”文傑(ぶん・けつ)プロが、今年も海外馬券販売レースのドバイターフドバイシーマクラシックドバイワールドカップ3レースの予想提供をいたします。現地ならではの直前ナマ情報にご期待ください。

[もっと見る]

過去10年の結果 〜ドバイワールドカップ 2017〜

開催日 勝ち馬 性齢 調教国 タイム 騎手 調教師
2016/03/26 カリフォルニアクローム 牡5 アメリカ 2:01.8 V.エスピノーザ A.シャーマン
2015/03/28 プリンスビショップ セ8 UAE 2.03.2 W.ビュイック S.ビン・スルール
2014/03/29 アフリカンストーリー セ7 UAE 2.01.6 S.デソウサ S.ビン・スルール
2013/03/30 アニマルキングダム 牡5 アメリカ 2.03.2 J.ロザリオ G.モーション
2012/03/31 モンテロッソ 牡5 UAE 2.02.7 M.バルザローナ M.アル・ザルーニ
2011/03/26 ヴィクトワールピサ 牡4 日本 2.05.9 M.デムーロ 角居勝彦
2010/03/27 グロリアデカンペオン 牡6 フランス 2.03.8 T.ペレイラ P.バリー
2009/03/28 ウェルアームド セ6 アメリカ 2.01.0 A.グライダー E.ハーティー
2008/03/29 カーリン 牡4 アメリカ 2.00.2 R.アルバラード S.アスムッセン
2007/03/31 インヴァソール 牡5 アメリカ 2.00.0 F.ハラ K.マクローリン

歴史・概要 〜ドバイワールドカップ 2017〜

ドバイワールドカップは、1995年に同国の王族で世界有数のオーナーブリーダーでもあるシェイク・モハメドが、当時世界最高賞金レースだったアメリカのブリーダーズカップ・クラシックを超える賞金の競馬の競走を設立を考案し、誕生した国際レースである。
ドバイワールドカップの出走条件はサラ系北半球産は4歳以上、南半球産は3歳以上。負担重量は南半球産の3歳馬が54.5キロ、それ以外が57キロ、牝馬は2キロ減と定められている。
総額賞金は世界最高金額の1000万ドルで1着賞金600万ドル、以下2着から6着までにそれぞれ200万ドル、100万ドル、50万ドル、30万ドル、20万ドルの賞金が与えられる。
その名に相応しく世界各国の最強馬クラスの競走馬が参戦する世界最高峰のサラブレッド種による競走とされる。
ドバイワールドカップは、1998年に国際リステッドから国際GIに認定。翌1999年から2002年までワールドシリーズ・レーシングチャンピオンシップに参加していたが、2003年同シリーズから撤退した。
2009年までは同じドバイのナド・アルシバ競馬場のダート2000mで施行されており、アメリカのケンタッキーダービーやブリーダーズカップクラシックと並ぶダートの世界最高峰の競走として位置づけられた。2010年にメイダン競馬場に移行し、オールウェザー(AW)2000m競走に生まれ変わった。2015年からはオールウェザー(AW)からダートに変更された。
ドバイワールドカップの主なステップレースは、マクトゥームチャレンジラウンド2・マクトゥームチャレンジラウンド3(ドバイ)、二聖モスクの守護者カップ(サウジアラビア)、サンアントニオハンデキャップ・ドンハンデキャップ・サンタアニタハンデキャップ(アメリカ)などで、日本からは有馬記念・東京大賞典・川崎記念・フェブラリーステークスをステップに参戦するケースが見られる。
過去の日本馬の好走例は、2001年トゥザヴィクトリーの2着以降しばらくなかったが、2011年にヴィクトワールピサが日本馬として初優勝。2着にもトランセンドが入るワンツーフィニッシュで被災直後の日本に多くの感動と勇気を与えた。
過去の優勝馬にはシガー、シングスピール、ドバイミレニアム、キャプテンスティーヴ、ストリートクライ、ムーンバラッド、ロージズインメイ、カーリン、グロリアデカンペオン、モンテロッソなどが名を連ねる。

挑戦した日本馬 〜ドバイワールドカップ 2017〜

ヴィクトワールピサ 1着(2011年)
血統
父:ネオユニヴァース
母:ホワイトウォーターアフェア(Machiavellian)
成績
15戦8勝
10億8502万円
主な勝ち鞍
ドバイワールドカップ(GI)
有馬記念(GI)
皐月賞(GI)
日本に勇気を与えた歴史的快挙

 日本馬史上初のドバイワールドカップ制覇、2010年度最優秀3歳牡馬に選出されたヴィクトワールピサ。デビュー前から多くの期待を集め、それに応えて続けたネオユニヴァース産駒の傑作である。1人気の支持を集めた新馬戦では後のジャパンカップ勝ち馬ローズキングダムに惜敗したものの折り返しの未勝利戦を難なく勝利で飾ると続く京都2歳ステークス、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスと3連勝。翌年の弥生賞も直線詰まり気味で正味100mほどしか追えなかったが、エイシンアポロンを抑え込んで完勝した。迎えた皐月賞では最内を通る形でレースを進めると直線では絶望的な位置取りも僅かなスペースをこじ開けて優勝。父・ネオユニヴァースとの父子2代の皐月賞優勝となった。続く東京優駿では3着に敗れ、秋には海外遠征を敢行したが、ニエル賞(GII)で4着、凱旋門賞では7着に敗れた。帰国後初戦のジャパンカップでは3着となり、挑んだ有馬記念では好位を追走し、鞍上ミルコ・デムーロの強気のスパートに応えて早めに先頭に立つとブエナビスタらの追撃を振り切って優勝した。この年の皐月賞、有馬記念のGI2勝を挙げた実績を評価され、最優秀3歳牡馬に輝いた。
年が明けると選出されたドバイワールドカップへの出走に向け、ステップレースとして出走した中山記念を4馬身差の勝利。迎えたドバイワールドカップではスタートで後手を踏み、最後方からの競馬となるが、ペースが遅いと見るや向こう上面で一気の大まくりで2番手に進出。直線では今でも語り継がれるトランセンドとの日本馬2頭による激しい叩き合いを制して優勝。日本馬史上初のドバイワールドカップ制覇となった。鞍上のミルコ・デムーロは『震災で大変なこの時期、日本の皆様のためにも絶対に勝ちたかった』と馬上インタビューで涙ながらに答えた。日本に大きな勇気、希望を与えた日本競馬史に残る快挙としてファンに語り継がれている。

施行年馬名性齢騎手調教師着順
1996年ライブリマウント牡5石橋守柴田不二男6着
1997年ホクトベガ牝7横山典弘中野隆良競走中止
1998年キョウトシチー牡7松永幹夫中尾謙太郎6着
2000年ワールドクリーク牡5加藤和宏新井仁6着
2001年トゥザヴィクトリー牝5武豊池江泰郎2着
レギュラーメンバー牡4松永幹夫山本正司9着
2002年アグネスデジタル牡5四位洋文白井寿昭6着
トゥザヴィクトリー牝6O.ペリエ池江泰郎11着
2004年アドマイヤドン牡5安藤勝己松田博資8着
リージェントブラフ牡8吉田豊大久保洋吉9着
サイレントディール牡4武豊池江泰郎12着
2005年アジュディミツオー牡4内田博幸川島正行6着
2006年カネヒキリ牡4武豊角居勝彦4着
スターキングマン牡7O.ペリエ森秀行7着
2007年ヴァーミリアン牡5C.ルメール石坂正4着
2008年ヴァーミリアン牡6武豊石坂正12着
2009年カジノドライヴ牡4安藤勝己藤沢和雄8着
2010年レッドディザイア牝4C.スミヨン松永幹夫11着
2011年ヴィクトワールピサ牡4M.デムーロ松田博資1着
トランセンド牡5藤田伸二安田隆行2着
ブエナビスタ牝5R.ムーア松田博資8着
2012年エイシンフラッシュ牡5C.ルメール藤原英昭6着
スマートファルコン牡7武豊小崎憲10着
トランセンド牡6藤田伸二安田隆行13着
2014年ベルシャザール牡6C.ルメール松田国英11着
ホッコータルマエ牡5幸英明西浦勝一16着
2016年ホッコータルマエ牡7幸英明西浦勝一9着
会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!