東京新聞杯2017

2017年2月5日(

東京新聞杯 G3

東京競馬場/芝/1600m

最新出走予定馬情報 〜東京新聞杯2017〜

  • 新着ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 第67回東京新聞杯(5日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、別定、芝1600メートル、1着本賞金3900万円 =出走10頭)好スタートを切ったミルコ・デムーロ騎乗の3番人気ブラックスピネルが、超スローペースに持ち込んでまんまと逃げ切り、重賞初制覇を果たした。タイム1分34秒9(良)。次走はマイラーズCの予定で、安田記念が春の大目標となる。クビ差2着は5番人気のプロディガルサン。1番人気エアスピネルが3着で、4歳馬が上位を独占した。

 東京の長い直線を先頭のまま加速していった。3ハロン37秒2のウルトラスローペースを、ブラックスピネルが上がり3ハロン32秒7で逃げ切りV。京都金杯ハナ差2着の雪辱を果たして、重賞初Vを飾った。

 「京都でも音無先生の馬が勝っていたからね。返し馬からずっと手応えがよかったし、いい馬です。大好きですよ」

 今年重賞初勝利のミルコ・デムーロ騎手が満面の笑みを見せた。少頭数で逃げ馬不在。スローペースは覚悟していたが、「ハナを切ることは考えていなかった」。それでも、好スタートを切ったことで思い切って逃げの手で勝負に出た。

 「物見して息が入っていた。ずっと(柴田)大知の馬(マイネルアウラート)が来ていたのもよかったね」

 リラックスと、ほどよい緊張感が最後の爆発力につながった。プロディガルサンの猛追もクビ差しのいでフィニッシュ。きさらぎ賞で1、3着に入った厩舎の勢いはここでも止まらなかった。

 京都でテレビ観戦した音無調教師は「前につけてほしい、とは言ったけど、まさか逃げるとは」と驚きを隠せない。昨年の最優秀短距離馬ミッキーアイルが引退した厩舎に、新たなスター候補が誕生。この日、馬を引いていたのは、アイルを担当していた平井助手だ。今回だけの担当だったようだが「代打だからこそ勝負のつもりでした。体も絞ってつくりましたから」と胸を張った。

 この後はマイラーズC(4月23日、京都、GII、芝1600メートル)を予定。もちろんその先には安田記念(6月4日、東京、GI、芝1600メートル)という大目標が控えている。逃げても豪脚が繰り出せるブラックスピネルに、マイル王への道が開けた。 (柴田章利)

★「ドキドキしちゃった」60万円ゲット

 クラブ法人サンデーサラブレッドクラブでブラックスピネルに出資(40分の1)しているタレント、カンニング竹山(45)が5日、フジテレビ系「みんなのKEIBA」に出演。愛馬の重賞初Vを見届けた。「放心状態で、ただドキドキしちゃった…。(M・デムーロは)うまいね〜」と満面の笑み。他の出演者から祝福された。

 竹山はブラックスピネルが初めての出資馬。同馬は総額2800万円(1口70万円×40口)で募集され、すでに1億4000万円以上を獲得している。東京新聞杯は1着本賞金が3900万円。進上金やクラブ手数料、消費税などが引かれ、約60万円が竹山の手元に入る計算だ。キタサンブラックを所有する歌手、北島三郎(80)に続き、芸能界と競馬界が活気づいている。

★5日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちら

【東京新聞杯】エアスピネル、まさかの3着2月6日(月) 05:08

 第67回東京新聞杯(5日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、別定、芝1600メートル、1着本賞金3900万円 =出走10頭)単勝1・8倍の1番人気に推されたエアスピネルはまさかの3着。直線は外を伸びたが、勝ち馬を捕らえきれず、2着馬にもかわされた。「折り合いはバッチリついていた。今後のことを考えると、(自分から)動くのはね。あそこまでペースが遅いとは…」と武豊騎手。それでも笹田調教師は「あのペースで折り合ったのは収穫だった」と前を向いた。今後は勝ち馬同様、マイラーズCから安田記念に向かう予定だ。

★5日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【東京新聞杯】プロディガルサン、収穫十分2着2月6日(月) 05:08

 第67回東京新聞杯(5日、東京11R、GIII、4歳上オープン国際、別定、芝1600メートル、1着本賞金3900万円 =出走10頭)デビュー戦以来のマイル戦だった5番人気のプロディガルサンが2着。直線では鋭く伸びて勝ち馬に迫ったが、クビ差及ばなかった。「誰も絡んでいかなくて緩い流れ。それでも上がりの速い競馬に対応できた。マイルは良かったですね」と田辺騎手は新たな一面に収穫を得た様子。プラス22キロと大幅な馬体増だったが、国枝調教師は「筋力がついて、まっすぐ走ってくれたね」と満足げな表情を浮かべた。上がり3ハロン32秒0は東京のマイル戦で史上最速。レースの選択肢も増え、今後が楽しみだ。

★5日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【東京新聞杯】レースを終えて…関係者談話2月6日(月) 05:07

 ◆柴田大騎手(マイネルアウラート4着同着) 「(勝ち馬に)行かれて2番手から。早めにつついていきましたが、この上がりでは厳しかったです」

 ◆江田照騎手(ストーミーシー4着同着) 「うまく内で折り合いがついた。しっかりと脚を使っているし、内容もよかった」

 ◆戸崎騎手(ヤングマンパワー6着) 「久々のぶん、力んでいた。この馬らしい脚を使えなかった」

 ◆北村宏騎手(ダイワリベラル7着) 「ブリンカー効果で集中できていたのは収穫」

 ◆内田騎手(ブラックムーン8着) 「上がりが速くて、持ち味を生かす展開にならなかった」

 ◆吉田隼騎手(タガノブルグ10着) 「速い上がりに対応できなかった」

★5日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【東京新聞杯】ブラックスピネルが逃げ切って重賞初制覇! 2月5日() 15:58

 2月5日の東京11Rで行われた第67回東京新聞杯(4歳以上オープン、GIII、芝1600メートル、別定、10頭立て、1着賞金=3900万円)は、ミルコ・デムーロ騎手騎乗の3番人気ブラックスピネル(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)が好スタートからハナを切り、上がり3ハロンを32秒7でまとめて逃げ切り勝ち。待望の重賞初制覇を飾った。タイムは1分34秒9(良)。クビ差の2着は中位から馬群を割って伸びたプロディガルサン(5番人気)で、さらに1/2馬身離れた3着にエアスピネル(1番人気)が入った。この日の音無秀孝厩舎は管理馬のアメリカズカップで、きさらぎ賞・GIIIも制しており、東西重賞制覇となった。

 ブラックスピネルは、父タニノギムレット、母モルガナイト、母の父アグネスデジタルという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は14戦4勝。重賞は初制覇。東京新聞杯は、音無秀孝調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。

 ◆ミルコ・デムーロ騎手「ペースは遅くなると考えていたけれど、ハナまではね。いいスタートだったし、行きましょうと。ずっといい手応えだった。逃げたのが初めてで、物見をして息を入れて走っていたのでバテなかった。とてもいい馬。この距離も問題ないし、面白い存在。馬場も良馬場、問題なかった」

★5日東京11R「東京新聞杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【東京新聞杯】夕刊フジ・調教チェッカーズ 2月4日() 11:52

 “狂犬”で思いだすのはプロレスラーのディック・マードック。狂犬なのにそれほど狂暴そうじゃなく、よくパンツを下げられて半ケツになる不思議な狂犬だった。

 1番手はブラックスピネル

 以前から坂路では動くが、一段とパワーアップしたのか、ミルコを背にした今週は推進力にあふれた走りで併走馬を3馬身突き放し、4F49秒8の強烈なタイムを叩き出した。ラストはまだ余裕があり、見事な排気量。

 プロディガルサンも調教で動く。美浦Wコースのかなり内めを回る楽な併せ馬だったが、直線はスッとギアを上げ、貫禄の半馬身先着。シャープな脚さばきだった。

 3頭併せのヤングマンパワーは体重の軽い騎手が跨り、軽く気合をつけられただけでラスト1F11秒9でフィニッシュした。坂路とWコースを併用し調教量は十分。馬体も太め感なしだ。(夕刊フジ)

東京新聞杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 404ビュー

凄馬プロジェクトチーム

みなさんこんにちは!

本日は「東京新聞杯 G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、エアスピネルブラックスピネルの2頭。
第2グループ(黄)は、ヤングマンパワーブラックムーンまでの2頭。
第3グループ(薄黄)は、ダイワリベラルタガノブルグの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間では総合ポイント2位のブラックスピネルヤングマンパワー間に2.2の溝、総合ポイント6位のタガノブルグマイネルアウラート間に1.4の溝が生まれています。

私の本命は◎エアスピネルとします。前走は厳しい流れを引っ掛かりながら押し切る強い内容。着差以上に強い競馬でした。久々のマイル戦を一度使われた今回は慣れも見込めますし、懸念される降雨も問題ない馬。ある程度折り合えれば圧勝まであると思っています。対抗には○マイネルアウラート。馬場予想が難しいですが、本日の傾向なら内を通る馬にアドバンテージがある状態で昨年以上も十分です。以下、出来絶好で距離短縮が面白そうな▲プロディガルサンブラックスピネルと印を打ちます。

【馬単流し】
7

2,3,5

1番人気からですし、ここは配当を考えて馬単で勝負します!

02月05日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/東京新聞杯 G3(いっくん
閲覧 492ビュー

競馬プロ予想MAX

 本日登場してもらうのは、1月に特大ホームランを何本もかっ飛ばし、プラス400万円超というとてつもない月間収支を叩き出したウマニティ公認プロ予想家のいっくんさんさんです。大穴予想家とは思えないほどの抜群の安定感は驚異の一語。毎週どこかのレースで大きい的中を決めていますので、今回のターゲットの東京新聞杯で炸裂することに期待しましょう。
「少頭数ゆえに隊列が短くなり、追い込みも届きそう」と展開を予想したいっくんさんの本命はロイカバード。「速い上がりの脚を持ち、東京にも実績がある。雨で多少馬場が重くなっても大丈夫」と評価しました。
 対抗は「折り合いが課題だが、能力は断然」のエアスピネル。単穴は「東京コース功者で、過去3戦3勝の戸崎に鞍上が戻る」ヤングマンパワー。以下、ブラックスピネルマイネルアウラートの順に押さえ、馬券は3連単FM→Б↓と→↓→Г脳”蕕靴泙后K椒譟璽弘奮阿いっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢29名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

02月01日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年02月01日号】
閲覧 2,223ビュー

伊吹雅也

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年02月04日(土) 京都10R エルフィンステークス
【“中央場所、かつ芝1600m以上のレース”における優勝経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [4-5-3-15](複勝率44.4%)
●なし [1-0-2-28](複勝率9.7%)
→距離適性がポイント。また、出走数が5戦以上だった馬は2012年以降[0-0-0-14](複勝率0.0%)と苦戦しています。


▼2017年02月04日(土) 京都11R 大和ステークス
【馬齢別成績(2011〜2016年のすばるステークス)】
●4歳 [2-0-0-4](複勝率33.3%)
●5歳 [2-3-2-12](複勝率36.8%)
●6歳 [1-3-3-27](複勝率20.6%)
●7歳 [1-0-1-24](複勝率7.7%)
●8歳以上 [0-0-0-7](複勝率0.0%)
→今回とほぼ同時期に施行されていた昨年までのすばるステークスは、基本的に若い馬が優勢。高齢馬は評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
京都ダ1200m×エンパイアメーカー×無条件
→複勝回収率254%


▼2017年02月05日(日) 京都11R きさらぎ賞

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

[もっと見る]

01月30日(月) 10:16 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】東京新聞杯2017・GIII
閲覧 888ビュー

【ウマニティ】

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。

■今週の注目重賞レース/第67回 東京新聞杯 GIIIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

01月29日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年01月29日号】
閲覧 2,685ビュー

伊吹雅也

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G3 東京新聞杯 2017年02月05日(日) 東京芝1600m


<ピックアップデータ>

【“東京芝1400〜1800m、かつ1000万下から上のクラスのレース”における連対経験の有無別成績(2010年以降)】
○あり [7-6-4-55](複勝率23.6%)
×なし [0-1-3-32](複勝率11.1%)

 2010年以降の優勝馬7頭は、いずれも東京芝マイル前後のレースに十分な実績があった馬。昨年は該当馬8頭のうち4頭が1〜4着を占め、3連複7万6830円、3連単35万3160円の高額配当決着となりました。年々このファクターの重要度が上がっている印象もあるので、ぜひ注目してみてください。

主な「○」該当馬→

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 8ビュー

【フェブラリーS(G1)回顧】ゴールドドリームが亡き父ゴールドアリュールに捧げる「魂」の走り!連覇達成デムーロ騎手は「飛行機ポーズ」で喜び爆発!━ gambling journal ギャンブルジャーナル/2017年02月19日 20時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2628.html

 まさに、亡き父に捧げる会心の勝利だった。

 19日、東京競馬場で行われた今年最初のJRA・G1第34回フェブラリーS(G1)。年末のアウォーディーやアポロケンタッキーがドバイ遠征を選択したこともあり「主役不在の大混戦」といわれていた。

 前日、自身もフェブラリーSを制し、幾多のダート活躍馬を送り出した名種牡馬ゴールドアリュールの訃報に包まれた競馬界。そんなかつてのダート王を弔うかのように、最後の直線力強く抜け出したのが、父からその血と「ゴールド」の名を引き継いだゴールドドリーム(牡4歳、栗東・平田修厩舎)だった。

 各馬まずまず揃ったスタートが切られた中、急遽の乗り替わりが不安視されていたサウンドトゥルーとカフジテイクの2頭がやや立ち遅れるが、脚質的に大きな問題はなかった。インカンテーションが外から果敢にハナを主張するも、内で「秘策」を匂わせていた横山典弘騎手のニシケンモノノフが抵抗する。

 結局インカンテーションがハナを切り、ニシケンモノノフが2番手。武豊騎手騎乗のコパノリッキーは3番手に控えた。それを見るような形で前年の覇者モーニン、アスカノロマンなどが好位を形成。ベストウォーリアやゴールドドリーム、ノンコノユメなどが中団に構えてそれらに続いた。スタートでやや遅れたサウンドトゥルーとカフジテイクの2頭は、いつも通り後方待機の競馬を試みている。

 最初の600mが34.0秒と速い流れで飛び出したが、レースはじょじょに落ち着きを取り戻し1000m通過は59.0秒と平均ペースとなった。

 インカンテーションが先頭のまま最後の直線に入ると、まずコパノリッキーが抜け出しを図るが後続がそれを許さない。すると中団にいたゴールドドリームが外から先頭集団を強襲。内で必死の抵抗を試みるニシケンモノノフを捕らえて先頭に躍り出た。

 その直後、今度はベストウォーリアが馬群を割って先頭のゴールドドリームを捕らえる勢いで飛び出す。一瞬、脚色の上回るベストウォーリアが先頭に立つかと思われたが、M.デムーロ騎手の"激"に応えたゴールドドリームが、父ゴールドアリュールに背中を押されているかのような驚異的な粘りを発揮。

 ラスト100mは内ベストウォーリア、外ゴールドドリームに分かれた壮絶な叩き合いが繰り広げられた。だが、結局最後まで粘り切ったのは後者だった。

「最後は物見して危なかったけど、それだけ余裕があった。素晴らしい馬」

 勝ったゴールドドリームをそう称えたのは、これで昨年に次ぐ連覇を達成したデムーロ騎手だ。これで先々週の東京新聞杯、先週の京都記念と合わせ、これで3週連続の重賞勝利と絶好調。ゴール板通過後には喜びのあまり両手を大きく広げ、ファンにお馴染みの"飛行機ポーズ"まで飛び出した。

 クビ差の2着には、最後までデムーロ騎手との叩き合いを演じた戸崎圭太騎手のベストウォーリア。1番人気のカフジテイクは最後方から猛然と追い上げたが、3着までが精一杯だった。

「これからのG1は全部勝ちたい」と、勝利騎手インタビューを力強い言葉で締めくくったデムーロ騎手。競馬には「死んだ種牡馬の仔は走る」という古い格言があるが、まさにその通りの結果となった。

グリーンセンスセラさん 2月16日(木) 14:50
アドマイヤミヤビが桜花賞 
閲覧 12ビュー

打倒ソウルスターリングへ「ルメール→デムーロ」でアドマイヤミヤビが桜花賞(G1)参戦! 屈指の素質馬に最強の鞍上━ Gambling Journal ギャンブルジャーナル /2017年02月16日 08時00分00秒 http://biz-journal.jp/gj/2017/02/post_2600.html

11日に開催されたクイーンC(G3)を勝利したアドマイヤミヤビ(牝3 栗東・友道厩舎)の次走が、M.デムーロ騎乗で桜花賞(G1)となることがわかった。

 すでに「空前のハイレベル」という声も聞こえる今年の牝馬クラシック路線。その中でもトップクラスの評価を受けているのがこのアドマイヤミヤビだ。新馬戦こそ2着に破れたが、その後は3連勝で重賞も勝利。安定したレースぶりは、桜の舞台でもそうそう崩れることはない印象を受ける。

 これまで全戦で手綱を取ってきたのはC.ルメール騎手だったが、同騎手は2歳女王にして牝馬クラシックの中核となるソウルスターリングに騎乗することが濃厚。そこで、同じくJRA所属の外国人騎手であるM.デムーロ騎手に白羽の矢が立ったわけだ。

 今回が初騎乗となるデムーロ騎手だが、重賞戦における勝負強さは誰もが知るところ。今年も先週の京都記念、先々週の東京新聞杯と重賞を連勝中だ。

 何より桜花賞は、昨年ジュエラーでデムーロ騎手が勝利しているレース。昨年は娘の誕生日ということでより気合が入った部分もあったのだろうが、当然今年も制覇の期待がかかる。

 管理する友道調教師も「スポーツニッポン」の取材も「G1では頼りになるジョッキーですから」と今回の乗り替わりにも一切の不安はない模様。前評判の高い素質馬だけに、クラシック第一戦を白星で飾りたいところだろう。

 打倒ソウルスターリングへ。3歳牝馬クラシックはすでに激戦必至の様相だ。

[もっと見る]

たまさん 2月15日(水) 21:16
次走報
閲覧 33ビュー

★エンプレス杯(3月1日・川崎、ダート2100メートル)
ヴィータアレグリア
タイニーダンサー
タマノブリュネット
ブランシェクール
ワンミリオンス



★マクトゥームチャレンジラウンド3(3月4日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
ラニ ムーア(栗・松永幹)チャンピオンズC9着



★オーシャンS(3月4日・中山、芝1200メートル)
サクラゴスペル(美・尾関)阪神C12着
スノードラゴン(美・高木)阪神C14着



★G掘.船紂璽螢奪彎 (3月4日、芝1600メートル)
ソウルスターリング・牝 藤沢和雄(美浦) 阪神ジュベナイルフィリーズ優勝
リスグラシュー・牝 武豊 矢作芳人(栗東)
アロンザモナ(栗・西浦)紅梅S優勝
シグルーン
エントリーチケット・牝 宮徹(栗東)
ワールドフォーラブ 松若 音無(栗東)
アドマイヤローザ


★3歳500万下(3月5日)
プラチナムバレット 河内洋(栗東)福寿草特別3着


★G供〔鐇絃沺複碍遑菊、中山、芝2000メートル)
ブレスジャーニー 本間忍(美浦)G掘‥豕スポーツ杯2歳S、G掘.汽Ε献▲薀咼▲蹈ぅ筌襯ップ
コマノインパルス 菊川正達(美浦) 京成杯優勝
カデナ 福永 中竹和也(栗東)
グローブシアター 角居勝彦(栗東)
ベストアプローチ 藤原英昭(栗東)
ダイワキャグニー(美・菊沢)セントポーリア賞優勝
キングズラッシュ 蛯名(美・久保田)東スポ杯2歳S4着
ダンビュライト 音無秀孝(栗東)


★大阪城S(3月5日・阪神、芝1800メートル)
マキシマムドパリ(栗・松元茂)愛知杯優勝
レコンダイト
ガリバルディ

★ポラリスS(3月5日、阪神、OP、ダ1400メートル)
タールタン(栗・吉村)根岸S14着
ポイントブランク(栗・松下) 銀蹄S1着


★阪神大賞典(3月9日、阪神、GII、芝3000メートル)
◎サトノダイヤモンド(栗・池江)有馬記念優勝
タマモベストプレイ(栗・南井)万葉S優勝
トーセンバジル
タンタアレグリア(美・国枝)AJCC優勝


★アネモネS (3月11日、中山、芝1600メートル)
ライジングリーズン(美・奥村武)フェアリーS優勝





★金鯱賞(3月11日・中京、芝2000メートル)
ヤマカツエース(栗・池添兼)有馬記念4着
ルージュバック(美・大竹)ジャパンC9着
ステファノス 川田(栗・藤原英)香港C3着
スズカデヴィアス(栗・橋田)白富士S優勝
リアファル(栗・音無)AJCC13着


★東風S (3月12日)
ダイワリベラル



★フィリーズレビュー(3月12日、阪神、GII、芝1400メートル)
ジューヌエコール 北村友(栗・安田)
レーヌミノル・牝 本田優(栗東)



★中山牝馬S(3月12日、中山、GIII、芝1800メートル)
マジックタイム(美・中川)ターコイズS優勝
ビッシュ(美・鹿戸)ジャパンC16着
クインズミラーグロ(美・和田)愛知杯 3着
サンソヴール(美・和田)愛知杯 2着
ヒルノマテーラ
パールコード
ハピネスダンサー



★ダイオライト記念 (3月15日、川崎、芝2100メートル)
ワンミリオンス
クリソライト

★ファルコンS(3月18日、中京、GIII、芝1400メートル)
ボンセルヴィーソ(栗・池添学)朝日杯FS3着
ライズスクリュー(美・小野)春菜賞優勝
メイソンジュニア
コウソクストレート 戸崎 中舘英二(美浦) シンザン記念14着



★若葉S(3月18日、阪神、OP、芝2000メートル)
アダムバローズ 角田晃一(栗東) 若駒S



★スプリングS(3月19日、中山、GII、芝1800メートル)
サトノアレス 藤沢和雄(美浦) G 朝日杯
モンドキャンノ 大野 安田隆行(栗東) 朝日杯FS2着
アウトライアーズ 小島茂之(美浦)ひいらぎ賞優勝
トラスト  中村均(栗東)




★阪神大賞典(3月19日、阪神、GII、芝3000メートル
シュヴァルグラン(栗・友道)有馬記念6着
トーセンバジル(栗東・藤原英)ジャパンC11着
カレンミロティック(栗・平田)メルボルンC23着
ヤマカツライデン

★千葉S (3月19日
エイシンヴァラー


★フラワーC(3月20日、中山競馬場、GIII、芝1800メートル)
ホウオウパフューム (美・奥村武)寒竹賞優勝



★日経賞(3月25日、中山、GII、芝2500メートル)
ゴールドアクター(美・中川)有馬記念3着
ツクバオアズマオー(美浦・尾形充)中山金杯1着
シャケトラ(栗・角居)日経新春杯2着
タンタアレグリア (美・国枝)アメリカジョッキーC1着
アドマイヤデウス
アクションスター

★毎日杯(3月25日、阪神、GIII、芝1800メートル)
ガンサリュート 安田隆行(栗東)


★ミモザ賞 (3月25日)
ルヴォワール



★ドバイワールドC(3月25日、メイダン、GI、ダ2000メートル)
アポロケンタッキー ルメール(栗・山内)東京大賞典優勝
アウォーディー (栗・松永幹)東京大賞典2着


★ドバイ・ターフ(3月25日、メイダン、GI、芝1800メートル)
リアルスティール(栗・矢作)ジャパンC5着
ヴィブロス (栗東・友道)


★ゴドルフィンマイル(25日・メイダン、ダート1600m)
カフジテイク



★マーチS(3月26日、中山、GIII、ダ1800メートル)
トップディーヴォ(栗・昆)北山S優勝
マイネルクロップ
ショウナンアポロン





★高松宮記念(3月26日、中京、GI、芝1200メートル)
ビッグアーサー 藤岡康(栗・藤岡)香港スプリント10着
レッドファルクス(美・尾関)香港スプリント12着
ダンスディレクター 浜中(栗・笹田)シルクロードS優勝
フィエロ 内田(栗・藤原英)京都金杯3着
セイウンコウセイ
ソルヴェイグ(栗・鮫島)シルクロードS6着


★名古屋大賞典
モルトベーネ


★ダービー卿CT(4月1日・中山・芝1600メートル)
グランシルク(美・戸田)ニューイヤーS2着


★マーガレットS (4月2日、阪神、芝1400メートル)
ファンタジステラ 音無秀孝(栗東)




★大阪杯(4月2日、阪神、GI、芝2000メートル)
キタサンブラック 武豊(栗・清水久)有馬記念2着
サトノクラウン(栗・友道)京都記念優勝
マカヒキ ルメール(栗・友道)京都記念3着
ミッキーロケット(栗・音無) 京都記念4着


★阪神牝馬S (4月8日、阪神、GI、芝2000メートル)
ジュエラー
ミッキークイーン


★桜花賞(4月9日・阪神、芝1600m)
アドマイヤミヤビ ミルコ(栗・友道)クイーンC優勝
アエロリット(美・菊沢)クイーンC2着
ミスエルテ 川田 (栗・池江)


★アンタレスS(4月15日、阪神、GIII、ダ1800メートル)
グレンツェント(美・加藤)東海S優勝
カゼノコ


★皐月賞(4月16日・中山・芝2000メートル)
レイデオロ 藤沢和雄(美浦) ホープフルS優勝
アメリカズカップ 音無秀孝(栗東) きさらぎ賞優勝
スワーヴリチャード 庄野靖志(栗東) 共同通信杯優勝
サトノアーサー 池江泰寿(栗東) きさらぎ賞2着





★マイラーズC(4月23日・京都、芝1600メートル)
イスラボニータ(美浦・栗田博)阪神C2着
ブラックスピネル(栗・音無)東京新聞杯優勝
エアスピネル(栗・笹田)東京新聞杯3着
ヤングマンパワー
ダッシングブレイズ



★天皇賞・春(4月30日、京都、GI、芝3200メートル)


★かしわ記念(5月5日・船橋、ダート1600m)
ベストウォーリア



★宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)

★帝王賞(6月28日・大井、ダート2000m)
サウンドトゥルー

[もっと見る]

ちびざるさん 2月12日() 14:02
共同通信杯の予想
閲覧 11ビュー

◎:ぅ燹璽凜競錙璽襯
○:.好錙璽凜螢船磧璽
△:タイセイスターリー
△:ゥ┘▲Εンザー
×:チャロネグロ


【買い目】
3連複フォーメーション
き、アキ


個人的には、ぅ燹璽凜競錙璽襯匹亡待したいですね。
タッチングスピーチの下という血統的な裏付けもあり
前走の東京スポーツ杯2歳Sも鋭い決め手で接戦も演じるも
クビ、ハナ差の3着でしたが、今の東京の馬場もこの馬にとってプラスだと思います。
前走でハナで負けた.好錙璽凜螢船磧璽匹盻个討い泙垢、逆転可能だと思います。

あとは、ゥ┘▲Εンザーですね。先週、東京新聞杯3着のエアスピネルの下。
今の東京の馬場がどうなのか。先週、エアスピネルは取りこぼしたので気になります。
距離は問題ないと思います。
このメンバーでどんな競馬をするのか見てみたい1頭ですね。

[もっと見る]

人参好さん 2月12日() 02:20
共同通信杯と京都記念
閲覧 42ビュー


本日は休日出勤・・・クイーンCはスマホから参戦
アドマイヤ、フローレスから先行ではアエロリット、差し組でハナレイ、モリト流しで
3複のみ 3単はアドマイヤ、フロから1,2着でしたので外し・・・
アエロがレーブ競り落としたところで後ろからと思ってたんですが
アエロはペース早い分落ち着いてキレ脚だしましたね。
フローレスはいかにもトライアル仕様。
サクラはアエロがあいそうでオークスはアドマイヤとフローレスの方がという感じでした

先週の結果は
東京新聞杯
◎ブラックスピネル スロー合うはず
〇マイネルアウラート 展開利大
▲ヤングマンパワー 位置取り次第では頭も
△エアスピネル 府中適性は? ここで負けて安田も負けてマイルCSでウマー希望
△ロイカバード 3着までなら・
京都金杯と東京新聞杯の連覇はハットトリックまで遡らないとない。
G1はハット、エイシン、ダノンと3頭出ているわけですが京都→東京マイルの
重賞連続好走が少ないですねー というか散々ですね。実際。

といいこと書いてます。エアは使える脚短かそう

きさらず賞
◎アメリカズカップ
〇プラチナヴォイス
▲サトノアーサ
△タガノアシュラ

サトノが飛べばおいしそうですがあっさりもありえそう。
なにせディープだしなーー

アメリカズカップは朝日杯で直線2回ほど弾き飛ばされも踏ん張りも評価して
多頭数だと多分いらないですが今回少頭数が幸いするとしてです。



珍しく東西重賞◎が勝・・・・・も口座少ない都合上3複、3単が中心でして・・・あー
アメリカズカップは単は結構ついてましたので押さえないといけませんね。


では

京都記念

天気は曇りときどき雪ということで積もるまで降るか?が焦点。
ひょっとして降らないかもしれませんね。
土曜芝をみるとやや外差し優位も、展開遅いと展開利で内という感じでした。

明日はあまり降らずという前提。
展開はヤマカツが逃げそう。前半1分1秒くらいのペース(かドスローもありえる)
瞬発力勝負。
さて3強対決となっているわけですが

マカヒキ
凱旋門賞ダメージも大きいがHペースで先行。フランスに比べれば軽い日本の芝。
瞬発力ならここでは1番か。

サトノクラウン
かなり悩ましい存在 ここ1年だと上りのかかる時しか結果がでていません。
ハイランドリース物差しだとマカヒキの上なのですが・・・58圓盖い砲覆蠅泙垢
ただ香港での勝ち方みると覚醒した感もあり

ミッキーロケット
キレよりも持続する脚って感じですね。
ある程度ペース流れた方が良さそう。

サトノ、ミッキーが切れ切れの脚ではなさそうで他に探すとすれば

スマートレイヤー
距離も怪しいですがスローで切れだけの勝負ならば面白そう

ガリバリディ
距離怪しいがキレはあり。

アングライフェン
このメンバーの中ではきつそう。


印を回すならば
◎マカヒキ
〇サトノクラン
▲ミッキーロケット
△スマートレイヤ
△ガルバリティ 

3強できっちり決まりそうな気がしそうで強いていうならば
スマートレイヤーが溜められならば1角崩し淡く期待できるか?という感じ





続いて共同通信杯

東京芝はやや内優位という感じ大外分回しは届かなそう

逃げは地方からきたサイバーエレキングですんなりか
展開遅そう。

今回ルメールはタイセイスターリーに、ムーブザワールドは戸崎へ
なんでですかね?

ここで結論だすと
◎ムーブザワールド   
〇エアウィンザー 
▲タイセイスターリ
△スワーブリチャード 出遅れで一番後ろかも
△エトルディーニュ  前残りまでペースが落ちるとこれかも

ムーブとエアで固そうと思っています

[もっと見る]

藤沢雄二さん 2月11日() 01:38
目指せ“グランドスラム”!〜POG第37節〜
閲覧 19ビュー

今週のPOG戦線。我が軍からは精鋭牝馬の4騎が出走です。
狙うはもちろん4戦4勝に決まっているじゃないの!

【出走】
・2月11日 東京6R
☆サリネロ(クリストフ・ルメール騎手)
昨秋に京都の新馬戦を勝ったサリネロが、引き続きルメール騎手とのコンビで東京の平場戦に出走です。

サリネロ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト美南W良 70.1 54.1 40.1 13.6[6]馬なり余力
 宮崎北 ■美南W稍 53.3 39.3 13.2[5]馬なり余力
 助 手 1.29美南W良 68.3 53.3 39.4 12.9[5]馬なり余力
       オリンピアスカイ(古500万)強目の内を1.8秒追走同入
★助 手 2. 1美南W良 67.4 52.3 38.8 13.0[5]G前仕掛け
       ワンパーセント(古1000万)馬なりの内を1.8秒追走同入
 助 手 2. 5美南W良 69.5 54.4 40.4 13.7[7]馬なり余力
       ウエヲムイテアルコ(古500万)馬なりの内を2.1秒追走同入
☆菅原隆 2. 8美南W良 67.4 51.9 38.6 13.3[7]馬なり余力
       ウエヲムイテアルコ(古500万)強目の内を追走同入

正直なところ、京都の1200mから東京の1400mに替わるのは微妙だと思いますよ。
ただね『吉田和美さんの外国産馬が新馬戦を勝った直後に東京の1400の平場を使う』というのはアルビアーノと同じという点で期待せずにはいられません。
それに東京の芝は開幕週よりも2週目の方が内を通った馬に有利な印象だったので、4番枠からインの3番手にでも収まればスコーンと突き抜けるシーンはあると思います。
相手本線は逃げるファンタジステラに、インで脚を溜められそうなクリノヤマトオー。決め手あるニシノストーリーに、ボーダーオブザライフ辺りまででしょうか。
ハウメアに印が回らなかったのが完全にフラグっぽいですがw
とにかくサリネロが勝てばいいんです!

・2月11日 小倉10R あすなろ賞
△モーヴサファイア(北村友一騎手)
小倉のあすなろ賞には上記のサリネロと同じ勝負服の△モーヴサファイアが出走します。

モーヴサファイア
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 8ベスト 栗坂良 1 回 52.3 37.7 24.4 12.3 末強目追う
 大 下 ■ 栗CW良 85.8 69.2 54.0 39.5 11.8[7]馬なり伸る
 大 下 ◇ 栗CW良 86.0 69.7 54.4 39.6 12.0[8]馬なり余力
★北村友 2. 2 栗CW不 84.9 68.7 54.1 39.4 12.3[8]馬なり余力
       ズアー(三500万)直強目の外を1.7秒先行0.5秒先着
 助 手 2. 5 栗坂稍 1 回 57.3 42.0 27.0 13.3 馬なり余力
☆助 手 2. 8 栗坂重 1 回 52.6 38.9 25.6 12.6 馬なり余力

牝馬がコーナー4回の競馬で牡馬を相手にするのは骨ではありますけど、馬柱の横の比較だと「戦ってきた相手が違う」と胸を張れますね。
新潟2歳S、野路菊Sと1番人気に推されていたことを考えれば『500万下で1番人気にならない』というだけで十分美味しいですし、野路菊Sでは先週のきさらぎ賞を勝ったアメリカズカップと0.1秒差。前走の福寿草特別でこそ4着ですけど、そこで6着だったダノンキングダムがゆりかもめ賞を勝っているわけで、その比較でも500万下の特別なら大威張りできるんじゃないの?
それに先週の東京新聞杯では半兄のブラックスピネルが重賞初制覇と母系の勢いもあります。
さらに、小倉芝2000mのここ2年での種牡馬成績はハービンジャー産駒が最多の10勝を挙げているのも心強い材料。
これだけ材料が集まれば十分に頭から狙えるというものですw
ワンダープチュック、ロードアルバータ、ウインガナドル辺りが相手候補ですけどジャコマルに抜けてくれるとお財布に優しくなるかな。

・2月11日 東京11R クイーンC
△アエロリット(横山典弘騎手)
土曜日の重賞のクイーンCには△アエロリットが出走します。

アエロリット
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 17. 1ベスト美南坂良 1 回 52.9 38.7 25.6 12.7 馬なり余力
 調教師 ■美南坂良 1 回 52.9 38.7 25.6 12.7 馬なり余力
 助 手 1.29美南坂良 1 回 59.3 42.9 28.1 14.0 馬なり余力
★横山典 2. 1美南坂良 1 回 55.3 40.2 26.1 12.6 馬なり余力
 調教師 2. 4美南坂良 1 回 51.7 38.2 25.4 12.6 馬なり余力
☆助 手 2. 8美南坂良 1 回 54.0 39.4 25.5 12.5 馬なり余力

引いた枠が6枠11番とちょっと外かな〜という気はするけど、そこまでテンにバカっ速い馬もいないので、この枠でもラチ沿いに入ることはできるかと。後は坂下ぐらいまで番手で我慢できればスルッと抜け出して歓喜のゴールへ一直線…というのが自分が描いているシナリオ。
サリネロのところでも触れたけど開幕週よりは2週目の方が内を通った馬に有利な印象があるので、よほど力量差がないと外からは届かないと思うのよね。
夜中の今の時点でアエロリットの単勝が11.7倍なんていいオッズだね♪w
ディープインパクト産駒など何するものぞ!
仕事人・横山典弘が魅せてくれるハズです。

・2月5日 東京1R
☆ミンネザング(クリストフ・ルメール騎手)
日曜日は東京の朝イチに☆ミンネザングが出走します。

ミンネザング
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 助 手 ◇美南坂良 1 回 54.2 39.5 25.7 12.7 馬なり余力
  11. 8 美プール
  11.10 美プール
 助 手12. 4美南W良* 58.6 42.2 13.0[9]馬なり余力
 助 手 1.28美南坂良* 1 回 54.2 40.1 26.1 12.9 馬なり余力
★助 手 2. 1美南W良 84.3 68.1 53.8 40.3 13.9[8]一杯に追う
       ブラスロック(古500万)一杯の内を0.8秒追走0.8秒先着
 助 手 2. 5美南W良 55.7 40.0 13.4[8]馬なり余力
       ヨシノザクラ(古500万)馬なりの内を0.5秒追走同入
☆助 手 2. 8美南W良 71.5 55.0 41.6 13.8[6]馬なり余力
       ヨシノザクラ(古500万)馬なりの内を0.6秒追走3F併同入

ディープインパクト産駒でダートを使うのはどうなのよ?ってところなんでしょうけど、未勝利戦ぐらいならダート適性よりも絶対能力の方が色濃く出ると思うんですよね。
土曜日の夜の時点で東京のダートは良馬場発表だけど、木曜日に天気が崩れているからそこまでパサパサのダートってことはないでしょう。比較的脚抜きのいい軽いダートなら問題はないのでは。
実際、先週の日曜日のダートの未勝利戦は初ダート組が頑張っていたしね。
もちろんダートを使うことの不安はありますよ。それでも“調教試験”ぐらいの感覚で突破してもらわないと困るかな。
余談ですけど、このレースで優先出走権持ちは7頭います。仮にこの7頭を好調馬と括ったとしても、黙っていても2頭は未勝利戦での次走の優先出走権を失うわけですよ。こういう時は優先出走権のない組の出番なんですよ。というわけで休み明けのミンネザング、十分にチャンスはありますよ。


【近況】
・在厩
☆ペルシアンナイト(2月25日のアーリントンCへ)
☆ファームフェイス(2月4日の未勝利戦は2着)
☆トワードポラリス(1月5日の中山の未勝利戦は7着→2回中山の1〜2週目のダート1800mの未勝利戦へ)
△オールポッシブル(2月18日の京都芝1400mの500万下or19日のダート1200m)
△モアナ(2月4日の未勝利戦を快勝)
△アルテーロ(2月4日の未勝利戦は3着→3月4日の小倉芝1800mの牝馬限定の未勝利戦へ)
△オーシャンティ(12月11日の未勝利戦は4着)
★ダンビュライト(3月5日の弥生賞へ)
★ラボーナ(2月19日の東京ダート2100mの未勝利戦をルメール騎手で予定)

・放牧
☆アドマイヤウイナー(1月21日の若駒Sは5着)
☆オメガドラクロワ(12月3日の未勝利戦は4着)
☆ファヴール(12月10日の未勝利戦は14着)
△ドロウアカード(白菊賞は3着)
△アーザムブルー(ゆりかもめ賞は5着)
△テンペスト(1月7日の未勝利戦は10着)
★アンティノウス(1月29日の未勝利戦は5着→2月26日の中山ダート1800mの未勝利戦へ)

・故障者リスト
☆ヴァナヘイム(左前脚第三手根骨骨折で全治6ヶ月以上の診断)
☆レッドラシーマ(喉鳴りで手術)
△ダンスウィズユー(骨折で全治3ヶ月)
★ルタンデュボヌール(種子骨骨折で全治9ヶ月)
★アンジュシャルマン(新潟2歳S後に右膝骨折で全治6ヶ月の診断)

【調教】
ペルシアンナイト
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 8ベスト 栗坂良 1 回 54.7 39.5 25.3 12.5 馬なり余力
 助 手 ■ 栗CW良 53.7 38.5 11.6[7]一杯に追う
 助 手 ◇ 栗CW良 54.4 39.5 12.2[7]馬なり余力
☆助 手 2. 9 栗坂重 1 回 64.2 45.9 29.5 14.4 馬なり余力

トワードポラリス
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 6ベスト美南W稍 68.7 53.6 39.3 13.5[6]強目に追う
 助 手 ■美南W良 53.8 40.2 13.9[5]一杯に追う
 助 手 ◇美南W良 53.5 39.0 13.6[7]G前仕掛け
★助 手 2. 5美南W良 59.7 44.8 15.6[4]馬なり余力
☆助 手 2. 8美南W良 89.0 72.9 57.4 41.6 15.6[6]一杯に追う
       ハートリッチ(三未勝)馬なりの内を0.4秒追走2.5秒遅れ

オールポッシブル
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.11ベスト 栗CW稍 82.6 65.9 50.3 36.5 11.9[5]一杯追伸る
 助 手 ■ 栗CW不 87.4 69.8 53.0 37.9 12.1[5]馬なり余力
 助 手 ◇ 栗坂重 1 回 54.1 39.3 25.3 12.3 馬なり余力
  1.25 栗プール 2 周
  1.26 栗プール 1 周
  1.28 栗プール
★ 2. 1 栗プール 2 周
☆助 手 2. 8 栗CW不 82.2 66.5 51.2 37.5 12.0[6]馬なり余力

ラボーナ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16.10ベスト美南W良 53.5 39.8 13.6[7]強目に追う
 五十雄 ◇美南坂良 1 回 56.3 41.0 26.5 13.1 馬なり余力
 助 手 1.31美南坂良 1 回 63.7 47.0 30.9 14.8 馬なり余力
★杉 原 2. 2美南W良 69.9 53.9 39.9 13.4[9]強目に追う
 助 手 2. 5美南坂良 1 回 57.6 41.0 26.2 12.8 馬なり余力
       デルカイザー(古1600万)馬なりを0.3秒先行同入
☆助 手 2. 8美南W良 54.6 39.9 13.0[8]G前仕掛け
       ファーブルトン(新馬)馬なりの内を0.4秒追走0.2秒先着

オーシャンティ
1哩 7F 6F 5F 半哩 3F 1F
 16. 9ベスト美南坂重 2 回 55.6 41.1 27.2 14.0 馬なり余力
 田中勝 ◇美南W良 73.1 57.0 41.6 14.2[6]馬なり余力
☆助 手 2. 8美南坂良 2 回 57.1 41.9 27.8 13.9 馬なり余力


来週以降で馬券的に面白そうなのはオーシャンティかな。宗像厩舎はここ2週で3頭の3歳馬が初勝利を挙げているので流れもいいですね。それに島川さんは春菜賞でライズスクリューが大穴を開けたし。
あれを見ているとファヴールも諦めちゃいけませんねw

そしてアーリントンCのペルシアンナイトは今度こそ!
ただね個人的にはアーリントンCとの相性が今一つなのが…(^^;

3年前のミッキーアイルこそ1番人気に応えているものの…
2008年 ポルトフィーノ 8着(1番人気)
2012年 ダローネガ 9着(1番人気)
2013年 ラブリーデイ5着(3番人気)
2015年 ネオルミエール 9着(3番人気)

と5回も上位人気馬を送り込んでいながら3回も掲示板を外しているのが…(白目)

まあミルコならキッチリと仕事をしてくれると思いますけどね。

とにもかくにも月末に繋げるためには今週ですよ、今週。
4つ勝つよ!

[もっと見る]

●東京新聞杯 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

レース結果:「U指数」無料公開(会員限定) 〜東京新聞杯2017〜

  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 所属 馬体重
(kg)
オッズ 人気 タイム 着差
1 2 2 97.8 ブラックスピネル 牡4 56.0 M.デムー 音無秀孝 栗東 506(-6) 6.4 3 1.34.9
2 5 5 93.6 プロディガルサン 牡4 56.0 田辺裕信 国枝栄 美浦 512(+22) 11.4 5 1.34.9 クビ
3 7 7 101.1 エアスピネル 牡4 57.0 武豊 笹田和秀 栗東 484(+4) 1.8 1 1.35.0 1/2
4 3 3 95.6 マイネルアウラート 牡6 57.0 柴田大知 高橋裕 美浦 472(0) 10.4 4 1.35.3 1 3/4
4 4 4 92.5 ストーミーシー 牡4 56.0 江田照男 斎藤誠 美浦 524(-6) 183.1 10 1.35.3 1 3/4
6 8 10 97.0 ヤングマンパワー 牡5 57.0 戸崎圭太 手塚貴久 美浦 518(+6) 4.8 2 1.35.3 ハナ
7 1 1 96.1 ダイワリベラル 牡6 56.0 北村宏司 菊沢隆徳 美浦 534(+2) 89.5 8 1.35.6 1 3/4
8 6 6 97.9 ブラックムーン 牡5 56.0 内田博幸 西浦勝一 栗東 498(-6) 12.5 6 1.35.8 1 1/4
9 8 9 94.3 ロイカバード 牡4 56.0 横山典弘 松永幹夫 栗東 456(+4) 14.1 7 1.35.8 アタマ
10 7 8 96.5 タガノブルグ 牡6 56.0 吉田隼人 鮫島一歩 栗東 458(+4) 147.3 9 1.36.2 2 1/2
ラップタイム 12.8-12.0-12.4-12.6-12.4-10.9-10.8-11.0
前半 12.8-24.8-37.2-49.8-62.2
後半 57.7-45.1-32.7-21.8-11.0

■払戻金

単勝2 640円 3番人気
複勝2 160円 3番人気
5 240円 6番人気
7 110円 1番人気
枠連2-5 2,890円 11番人気
馬連2-5 3,150円 13番人気
ワイド2-5 870円 13番人気
2-7 230円 2番人気
5-7 390円 5番人気
馬単2-5 5,190円 20番人気
3連複2-5-7 1,610円 7番人気
3連単2-5-7 15,460円 59番人気
U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
詳しくはこちら

ツイてる奴の予想に乗れ!【的中情報】 〜東京新聞杯2017〜

今まさに絶好調な勝ち組の予想を参考にしよう!
会員登録(無料)すると無料でご覧いただける予想がたくさんあります。

  • すべて
  • 無料公開有りのみ
2月5日の勝ち組
2/5 16:33更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 東京新聞杯
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 ヴァンパイアメーカー ヴァンパイアメーカー Lv 23 8% 890% 1,897,000円 なし
2位 zztop zztop Lv 19 50% 1340% 248,120円 なし
3位 フェルビナク フェルビナク Lv 63 50% 651% 216,160円 なし
4位 高橋家 高橋家 Lv 100 20% 172% 171,090円 なし
5位 9f581bff90 9f581bff90 Lv 84 25% 139% 95,300円 なし
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
2月5日の勝ち組
2/5 16:33更新
順位 予想家名 予想家
レベル
予想家
ランク
本日の成績 東京新聞杯
の予想
無料
公開
的中率 回収率 収支
1位 桜井(*∩ω∩) 桜井(*∩ω∩) Lv 95 25% 352% 202,000円
2位 た〜か た〜か Lv 97 20% 310% 104,800円
3位 カルカール カルカール Lv 72 25% 281% 69,820円
4位 スママサ スママサ Lv 68 42% 233% 93,750円
5位 UMA源氏 UMA源氏 Lv 73 25% 203% 40,900円
無料公開について
=会員全員に無料公開 =ウマフレンドと注目予想家にしている人に無料公開
=注目予想家にしている人に無料公開 =ウマフレンドに無料公開
=ゴールド(G)利用者のみに販売
新規会員登録

過去10年の結果 〜東京新聞杯2017〜

2016年 東京新聞杯 2016年2月7日() 東京11R 芝1600m 良 14頭

東京新聞杯2016

1着 6 スマートレイアー 9.6倍(5人気) 吉田隼人 1:34.1 103.3
2着 3 エキストラエンド 11.0倍(6人気) 岩田康誠 101.0
3着 10 マイネルアウラート 66.7倍(11人気) 柴田大知 1 1/4 99.5
単勝 6 960円(5人気) 3連複 3−6−10 76,830円(168人気)
馬連 3−6 4,690円(20人気) 3連単 6→3→10 353,160円(762人気)

2015年 東京新聞杯 2015年2月8日() 東京11R 芝1600m 稍重 16頭

東京新聞杯2015

1着 6 ヴァンセンヌ 6.0倍(3人気) 福永祐一 1:35.7 100.3
2着 13 アルフレード 36.9倍(9人気) 柴山雄一 クビ 100.3
3着 10 フルーキー 4.2倍(1人気) 岩田康誠 クビ 99.6
単勝 6 600円(3人気) 3連複 6−10−13 19,820円(61人気)
馬連 6−13 14,690円(35人気) 3連単 6→13→10 155,940円(427人気)

2014年 東京新聞杯 2014年2月17日(月) 東京11R 芝1600m 重 16頭

東京新聞杯2014

1着 7 ホエールキャプチャ 20.6倍(8人気) 蛯名正義 1:33.2 102.0
2着 11 エキストラエンド 5.3倍(3人気) C.デムーロ 100.5
3着 12 クラレント 7.5倍(5人気) 川田将雅 アタマ 100.5
単勝 7 2,060円(8人気) 3連複 7−11−12 12,170円(54人気)
馬連 7−11 6,710円(33人気) 3連単 7→11→12 96,300円(383人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/02/03
東京新聞杯
東京 16 クラレント 5.1倍 2 岩田康誠 1:32.9 103.8
2012/02/05
東京新聞杯
東京 16 ガルボ 16.8倍 8 石橋脩 1:32.8 103.9
2011/02/06
東京新聞杯
東京 16 スマイルジャック 11.5倍 5 三浦皇成 1:32.5 103.8
2010/01/30
東京新聞杯
東京 16 レッドスパーダ 4.5倍 2 横山典弘 1:32.1 106.0
2009/01/31
東京新聞杯
東京 16 不良 アブソリュート 11.7倍 5 田中勝春 1:36.9 105.0
2008/02/02
東京新聞杯
東京 16 ローレルゲレイロ 10.2倍 6 藤田伸二 1:32.8 100.1
2007/01/27
東京新聞杯
東京 16 スズカフェニックス 2.8倍 1 武豊 1:32.7 103.4

●東京新聞杯 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 結果払戻
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜東京新聞杯2017〜

東京新聞杯は、1951年に、5歳(現4歳)以上の別定重賞競走、東京盃として創設され、第1回東京新聞杯は東京競馬場の芝2400mで施行された。
1966年には中日新聞東京本社から優勝杯を贈呈される事を機に東京新聞盃に改名。1984年から現在の芝1600mで施行されるようになり、2004年からは国際競走に指定された。
本競走は高松宮記念ヴィクトリアマイル安田記念へと続く古馬短距離路線の関東における開幕戦として位置付けられており、過去の優勝馬にはギャロップダイナトロットサンダーキングヘイローアドマイヤコジーンハットトリックスズカフェニックスローレルゲレイロといった短距離・マイルGI競走優勝馬が名を連ねる。

また、現行の芝1600mになる以前の当競走優勝馬にはオートキツ、ハクチカラ、コマツヒカリ、タケシバオー、アカネテンリュウ、モンテプリンスといった旧八大競走優勝馬が名を連ねている。


東京新聞杯の過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

ダビマス
初めての方へ
会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年2月25日(
アーリントンカップ G3
2017年2月26日(
中山記念 G2
阪急杯 G3

競馬番組表

2017年2月25日(
2回中山1日目
1回阪神1日目
1回小倉5日目
2017年2月26日(
2回中山2日目
1回阪神2日目
1回小倉6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
106,750万円
2 ゴールドアクター 牡6
67,588万円
3 サトノダイヤモンド 牡4
67,496万円
4 イスラボニータ 牡6
59,751万円
5 ロゴタイプ 牡7
52,480万円
6 ヌーヴォレコルト 牝6
45,672万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 メイショウマンボ 牝7
43,520万円
10 ディサイファ 牡8
41,166万円
» もっと見る

3歳
1 サトノアレス 牡3
9,135万円
2 ソウルスターリング 牝3
8,950万円
3 モンドキャンノ 牡3
8,601万円
4 レイデオロ 牡3
8,477万円
5 レーヌミノル 牝3
7,515万円
6 ブレスジャーニー 牡3
7,350万円
7 リスグラシュー 牝3
6,381万円
8 タイムトリップ 牡3
6,176万円
9 ジューヌエコール 牝3
6,156万円
10 アメリカズカップ 牡3
6,149万円
» もっと見る