注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

カジノドライヴ(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  栗毛 2005年3月7日生
調教師藤沢和雄(美浦)
馬主山本 英俊
生産者Shell Bloodstock
生産地
戦績11戦[4-1-1-5]
総賞金6,938万円
収得賞金2,105万円
英字表記Casino Drive
血統 Mineshaft
血統 ][ 産駒 ]
A.P. Indy
Prospectors Delite
Better Than Honour
血統 ][ 産駒 ]
Deputy Minister
Blush With Pride
兄弟
前走 2011/05/29 被災地支援 つばさ賞 OP
次走予定

カジノドライヴの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
11/05/29 東京 12 つばさ賞 OP ダ1400 16122.518** 牡6 55.0 安藤勝己藤沢和雄534(-2)1.23.9 0.237.2⑤⑤トーホウオルビス
11/05/01 東京 10 アハルテケS OP ダ1400 16484.123** 牡6 55.0 安藤勝己藤沢和雄536(+4)1.24.3 0.436.2ブライトアイザック
11/03/06 阪神 10 仁川S OP ダ2000 147114.029** 牡6 55.0 藤田伸二藤沢和雄532(--)2.05.6 1.939.0ワンダーアキュート
09/03/28 アラ 7 ドバイWC G1 ダ2000 14--------8** 牡4 57.0 安藤勝己藤沢和雄---- ------WELL ARMED
09/02/22 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 167145.032** 牡4 57.0 安藤勝己藤沢和雄518(+10)1.34.6 0.035.6サクセスブロッケン
09/01/24 中山 11 アレキサンド 1600万下 ダ1800 118101.211** 牡4 56.0 安藤勝己藤沢和雄508(-22)1.49.9 -0.635.3ダイワルビア
08/12/07 阪神 11 JCダート G1 ダ1800 166117.136** 牡3 56.0 安藤勝己藤沢和雄530(--)1.49.7 0.536.9⑤④カネヒキリ
08/10/25 アメ 9 BCクラシッ G1 ダ2000 12--------12** 牡3 55.0 V.エスピ藤沢和雄---- ------RAVEN’S PASS
08/10/12 アメ 8 アローワンス ダ1700 7--------1** 牡3 52.5 V.エスピ藤沢和雄--1.42.1 ------DAKOTA PHONE
08/06/07 アメ 11 ベルモントS G1 ダ2400 9--------** 牡3 57.0 E.プラー藤沢和雄---- --------
08/05/10 アメ 9 ピーターパン G2 ダ1800 9--------1** 牡3 52.5 K.デザー藤沢和雄--1.47.8 ------MINT LANE
08/02/23 京都 4 3歳新馬 ダ1800 13681.211** 牡3 56.0 武豊藤沢和雄522(--)1.54.4 -2.337.2コパノアコチャン

カジノドライヴの関連ニュース

 【サンディエゴ(米カリフォルニア州)24日(日本時間25日)】第51回レッドカーペットH(デルマー、GIII、3歳上牝馬、芝2200メートル、1着賞金6万ドル=約681万円)に岩田騎手とのコンビで出走し、3番人気に推されたヌーヴォレコルト(美・斎藤誠、牝5)は、直線外から伸びてゴール寸前で差し切り、ハナ差で優勝。ブリーダーズCフィリー&メアターフ11着のリベンジを果たし、昨年のGII中山記念以来の勝利を飾った。タイム2分15秒56(良)。

 岩田騎手は「枠順((1)番)もよかったし、理想の展開でした。香港でもいいレースができればと思っています」と選出されている次走の香港ヴァーズ(12月11日、シャティン、GI、芝2400メートル)に向けて意気込んだ。日本調教馬の海外重賞勝ちは、9月のニエル賞を制したマカヒキ以来で、今年6頭目。米国では2008年のGIIピーターパンSを制したカジノドライヴ以来となる。

ヌーヴォレコルトの競走成績はこちら

【うわさの2歳馬】マルヨシャバーリー万全2016年10月21日(金) 11:41

 【京都4R】カジノドライヴ産駒のレッドアトゥは、坂路&CWコースでしっかり乗り込まれて仕上げに抜かりはなさそう。「先週の時点でいい動きだったし、今週はパワフルで躍動感が出てきた。チャンスはある」と松田国調教師 血統的にもダートの7Fは合いそうだ。

 

 【京都5R】準OPで活躍するマルヨバクシンの半弟マルヨシャバーリーは、岩田騎手が乗った19日の坂路で4F51秒6の好時計をマークした。仕上がりの良さをしっかり印象づけて、「じっくり乗り込んできたし、時計も出ている。けいこどおりなら楽しみだね」と、牧田調教師の期待も大きい。

[もっと見る]

【2歳戦結果】シャイニードライヴ、新馬戦V2016年08月15日(月) 05:01

 【新潟】5R新馬(芝・外1600メートル)=シャイニードライヴ(美・尾形充、牡、父カジノドライヴ

 ◆木幡巧騎手 「ゲートが遅いと聞いていましたが、すんなり出てくれました。仕掛けたらしっかり反応してくれました」

 6R新馬(ダ1800メートル)=エピカリス(美・萩原、牡、父ゴールドアリュール

 ◆ルメール騎手 「とてもいいスタートが切れました。その後は物見をしたりしたのですが、楽に勝てました。走りそうです」

 *半兄に2013年小倉記念、14年七夕賞を制覇したメイショウナルト(父ハーツクライ

 【小倉】5R新馬(芝1200メートル)=メイソンジュニア(栗・渡辺、牡、父メイソン)

 ◆松山騎手 「スピードの違いでハナへ。まだ子供っぽいところもあるけど、強かったですね。現状では1200メートルが合っています」

 【札幌】5R新馬(芝1800メートル)=コリエドール(美・堀、牡、父クロフネ

 ◆モレイラ騎手 「すごくいい馬。精神的にまだ若さがあるけど、(最後で)差し返したように、ゴール前で負けたくないという強い気持ちがある。成長すれば、さらに強くなる」

 *半兄に15年京成杯優勝馬ベルーフ(父ハービンジャー)

[もっと見る]

【2歳新馬】新潟5R 12番人気シャイニードライヴがV 2016年08月14日() 12:52

 8月14日の新潟5R・2歳新馬(芝1600メートル)は、木幡巧也騎手騎乗の12番人気シャイニードライヴ(牡、美浦・尾形充弘厩舎)が2番手から直線で抜け出し、中団から内で脚を伸ばしてきた1番人気フローレスマジックにハナ差で競り勝った。タイムは1分36秒2(良)。さらに1馬身1/4差の3着は7番人気アビラウンケン

 シャイニードライヴは、父カジノドライヴ、母ブライティアナイル、母の父アドマイヤベガという血統。

 ◆木幡巧也騎手「ゲートは遅いと聞いていましたが、すんなり出てくれました。前で流れに乗って、ペースを握りながら走れましたね。最後もしっかり反応してくれて、よく踏ん張ってくれました」

★14日新潟5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【うわさの2歳馬】藤沢和厩舎の一番矢レッドオーガー2016年06月18日() 14:11

 【東京5R】レッドオーガーは今年の藤沢和厩舎の新馬第1号で、16日には坂路で年長馬2頭に2馬身先着するなど好仕上がりだ。父カジノドライヴ(米GIIピーターパンS)はダート専門だったが、こちらは芝でデビュー。「芝も良さそうな走りだからね。怖がる面も薄れてきたし楽しみ」と、千島助手も好感触だ。

 【東京6R】クインズアイザは、おばにダート重賞2勝のケイアイガーベラがいる。15日のWコースでは同期に馬なりで半馬身先着し、「ひと追いごとに動きが素軽くなってきました。スピードタイプで距離は短いほうが良さそう。ゲートもしっかり練習しているので出遅れはないはず」と、和田郎調教師は期待する。

(夕刊フジ)

レッドオーガーの競走成績はこちら 調教タイムも掲載★クインズアイザの競走成績はこちら

[もっと見る]

【米ベルモントS】ラニ大健闘3着!武「勝てると思えた」 2016年06月13日(月) 05:03

 【ニューヨーク11日(日本時間12日)】米3冠最終戦のベルモントステークス(GI、ダ2400メートル)がベルモントパーク競馬場で行われ、日本のラニ(栗・松永幹、牡3)は武豊騎手(47)とのコンビで臨み、見せ場十分の3着と健闘した。次走は未定だが、19日に帰国する予定。勝ったのはラニと同じタピット産駒のクリエイターだった。

 内から抜け出した2頭の芦毛馬に、外から日本の芦毛馬が襲いかかる。米3冠レースを皆勤したラニは猛追したが、惜しくも3着に敗れた。

 「もう少しだったね。状態はかなり良かったし、力は出せたと思う。直線に向いて“勝てる”と思えた瞬間もあった。いいレースだったね」

 悔しさの中にも充足感を漂わせて、武豊騎手は振り返った。五分のスタートから後方を追走し、外からじわっと位置を上げる。勝負どころから懸命に押して、直線では外から伸び場内を沸かせた。しかし、そつなく立ち回った上位2頭に最後は引き離され、1馬身半差の3着。日本馬初のベルモントS挑戦で“銅メダル”を獲得し、日本からドバイ、米国へと渡航した約2万キロにおよぶ壮大なチャレンジは終わった。

 「この経験を積ませてくれたラニと関係者には感謝の気持ちしかありません。また一緒にアメリカに来たいですね」

 ユタカがパートナーに最敬礼すれば、松永幹調教師も「また海外にチャレンジしてみたいです」と再度の挑戦を誓った。

 今後は19日に帰国予定。次走は未定だが、再度の渡米も考えられる。現地でも人気者になったラニの今後が大いに楽しみになった。

ラニの競走成績はこちら

藤沢和雄調教師(2008年にカジノドライヴでベルモントSに登録も出走取消)「素晴らしいチャレンジだったと思いますよ。アメリカの3冠は短期間のうちに3回も走るし、ものすごく過酷。だからこそ、将来の種牡馬を選定するレースとして非常に価値が高い。そういう中で大きなトラブルもなく、無事に走り切ったのは立派だったと思う。いつかまた、こういう馬に巡り合えたら私も挑戦したいですね」

ラニと同じ父タピット、クリエイターV

 優勝したクリエイターは米ケンタッキー州産の芦毛の牡馬で父タピットと、ラニと全く同じ。通算10戦3勝で、2走前のアーカンソーダービーに次ぐGI2勝目。前走はケンタッキーダービーで13着だった。S・アスムッセン調教師はベルモントS初勝利、I・オルティス・ジュニア騎手は3冠レース初制覇となった。

 オーナーのウインスターファームはもう1頭の所有馬ゲティズバーグをT・プレッチャー厩舎からアスムッセン厩舎に転厩させ、ペースメーカー的な役割をさせて流れを緩めなかった。この作戦も成功したようだ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

カジノドライヴの関連コラム

閲覧 1,108ビュー コメント 0 ナイス 3

週末使える強力データを、伊吹雅也プロ監修の「大全奥義! 全買いデータ」プロジェクトからご紹介するコーナー。取り上げるデータは馬券内率は勿論、その回収率も垂涎のデータとなっているため、ウマニティVIPクラブ会員限定公開とさせて頂いております。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<コース別「大全奥義! 全買いデータ」>

先週も超人気薄が激走! 東京ダ1400mは○○○○○○○○○○○○の産駒に注目

【対象コース】
東京ダ1400m

【集計期間】
2013年11月02日〜2016年10月30日

【条件】

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2016年01月10日() 09:30 みんなの競馬コラム
【フェアリーステークス】血統考察 byうまカレ
閲覧 2,395ビュー コメント 0 ナイス 3

コラムを開いていただいた皆さん、はじめまして!学生団体「うまカレ」で副代表をやっている金沢ユウダイと申します。「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/


さて月曜日にはフェアリーステークスが行われます。3歳牝馬による争い、そしてトリッキーな中山マイルコースということで毎年のように荒れるこのレース。私は血統が大好きなので、簡単に全頭の血統配合をまとめてみます。「とにかく来る馬を教えろ!」という方は1番下の【まとめ】だけ読んでみてください(^^;)



ボーアムルーズ
ダイワチャームは芝1400m〜1800mで3勝を挙げた。Vice Regentらが入るからパワーが優っていて、新馬戦では加速力の違いで抜け出した。中山も合うだろうが能力が足りるかどうか。

ポロス
バトルプラン×マヤノトップガンの字面通りのダート馬の筋肉で、芝の重賞では手が出ない。

コパノマリーン
キタサンブラックコパノリッキーらと同じヤナガワ牧場の生産馬で、母ヴォークリンデはダ1200mで1勝を挙げた。父のHaloクロスを継続する形でHalo4・5×4、母母父もウォーニングだし、母系の奥にはMy Busherというパワー血脈もあり父のように中山向きの機動力があるタイプで舞台は抜群に合う。

ダイワドレッサー
母リバティープリントは芝1200mで新馬勝ち、続くダ1200mの呉竹賞も制した。母母エアリバティージャングルポケットと同じトニービン×Nureyevという配合で、Hyperionの血が濃い。父ネオユニヴァースの母ポインテッドパスもHyperionが濃い配合だから、血統表の半分がHyperionが凝縮されていることになる。Hyperionは持続力が武器だが、その持続力はダイワメジャークラレント、直近の例だとダイワリベラルがマイルに短縮して勝利したように短い距離で活かされることが多い。本馬は母父がフォーティナイナー系スウェプトオーヴァーボードなのでパワーが優って肩が立ったピッチ走法で走るからコーナリングも巧いはずだし、前走の葉牡丹賞は前が詰まってほとんど追えずの競馬で参考外。思えば昨年も距離短縮のノットフォーマルローデッドで決まり、今年の距離短縮馬(芝限定)はこの馬のみだ。

ダイワダッチェス
母ファルネーゼはダ1200m〜1400mで3勝を挙げた。母母ユーキャンドゥイットはMr.Prospector≒Native Royalty2×2(Raise a NativeとNasrullahが共通)という強いクロスを持ちアメリカのGIIIを2勝した。本質はダート短距離血統というべきだが、3代母→母母→母とNasrullahを継続して取り組んでいるから芝のスピード決着に対応できているのだろう。とはいえパワーが優りピッチ走法で走る馬だから中山替わりはプラスだ。

ビービーバーレル
父パイロは中央ではシゲルカガワディなど短距離馬もいるが、他にもエンキンドルブルーボサノヴァや地方で活躍しているパーティメーカーなどがおり、Pulpit×Wild Againらしく持続力のある中距離血統。本馬がパイロ×Silver Hawkの字面以上にスピードがあるのは4代母のFlaming Page≒Dinner Partner2×2(Menow、Bull Dog、Blue Larkspurが共通)というクロスの影響のように思える。このスピードをパイロ×Silver Hawkで持続させているというイメージだ。母父の代表産駒であるグラスワンダーを彷彿とさせるような掻き込み走法だから中山は合うはずで、ここを狙い澄ましたローテションにも好感が持てる。

ラシーム
母は最近アンビシャスを輩出したカーニバルソングの姉で、父がブラックタイドだからアンビシャスとは3/4同血(父ブラックタイドディープインパクト、母母カルニオラが共通)ということになる。母父がCaerleonだからか、筋肉量は豊富で同じ母父を持つダノンシャークのような外回り向きのマイラーのように思える。前走はドーヴァー→アーバンキットというハイレベルな1戦の6着は好内容といえ、人気以上に実力のある馬だとは思うが先述したように外回りが合うタイプだろう。

フジマサアクトレス
ステファニーチャンは1200m時代のフェアリーSで3着、報知杯4歳牝馬特別で2着、4歳の夏にOPのバーデンバーデンカップを制するなど活躍した。血統的にも魅力があり、Nothern Dancer3×3、Buckpasser4×3、Nasrullah5×5という父母相似配合をしている。新潟2歳S2着のツクバホクトオーが代表産駒だが、他にも地方6勝馬なども輩出しており優秀な繁殖牝馬といえる。前走の京王杯はスローペースを追い込んでの9着で内容的には評価できるが、父母ともに流れるフランス血統の影響か、どちらかというとストライドで走るので外回り向きで中山替わりはどうか。

レッドシルヴィ
母父Highest Honorはその父KenmareがNasrullah4×4、母がRiverman×Sir GaylordとNasrullah血脈を強く持っているのでレーヴドスカーの産駒に代表されるように斬れ味が魅力。本馬もヴィクトワールピサ産駒にしては体質が柔らかいが、前走のようにマイルだとやや置いて行かれて俊敏な反応が出来ないのがどうか。

ラブリーアモン
遡ればライスシャワーと同じユートピア牧場の牝系で、3代母クリヤングがNearctic≒Hell’s Fury2×3の3/4同血クロス、そこにバイアモンを配された母母クリアモンはNearctic5×4・6、更にメジロライアンを配された母ミスアモンはNothern Dancer=ノーザンネイティヴ4×3という興味深い配合をしている。父ソングオブウインドは血統好きなら誰もが唸る「あの」エルコンドルパサー産駒で、牝系は社台の名門ファンシミン、母父はメジロライアンという実に日本らしい血統だ。血統だけでなく、前走は2着ウムブルフがいなければ3着馬を6馬身離した圧勝で、現にウムブルフは次走未勝利戦を楽勝している。エルコンドルパサーらしいピッチ走法だから中山替わりは歓迎で、これといった先行馬がいなければ逃げても良い。ちなみに昨年もエルコンドルパサーの仔、ヴァーミリアン産駒のノットフォーマルが逃げ切っている。穴ならこれだろう。

シーブリーズラブ
フルーキーの半妹。母サンデースマイル兇Buckpasserの母として有名なBusandaで、父カジノドライヴはStriking=Busher=Mr. Busher7・7×5だから、Striking=Busher=Mr. Busher≒Busanda8・8・6×6とLa Troienne+War Admiral血脈を4本持つことになる。体質はサンデーサイレンスが入ることなどにより柔らかいが、やはり肩が立った強烈なピッチ走法で東京の未勝利を加速力の違いで勝ち上がってきた。中山替わりは歓迎だが、内枠で脚を貯めて一瞬の脚で抜け出したいタイプなのでこの枠はマイナスだろう。

リセエンヌ
母父Monsunを1/4異系に使っているが、母母がIn The Wingsなど重厚な血脈が続き、全兄サトノダイレンサほどではないが、やはりエンジンの掛かりが遅いタイプ。こういうタイプでもローデッドのように能力があれば来れるが果たしでどこまで。緩いストライドで走るから、このコースでも外枠は歓迎だろう。

クードラパン
グランシルクの3/4妹で、叔父にブレイクランアウトがいる血統。母母キューはNothern Dancer4×4、Bold Ruler4×4、Prince John5×5など相似配合になっていて切れを伝える繁殖といえる。本馬の場合は母父に重厚なDynaformerが入るため、体質は柔らかいが、追ってもストライドが伸びず、どこの競馬場でも器用に走れるタイプ。とはいえ外回りでディープ産駒と瞬発力勝負では厳しいから中山替わりはプラス。内枠が欲しかった。

アルジャンテ
ナイキフェイバーは芝1200mで2勝を挙げたスプリンター。産駒はPromised Landのクロスになるから筋肉量は多いものの、3/4兄ナイフリッジのように柔らかく外回りで斬れる馬になりやすい。距離延長は問題なく、柔らかく斬れるから外枠も歓迎で、騎手も含め昨年のローデッドのようなイメージだ。

ルミナスティアラ
ルミナスウォリアーの全妹だが、兄より脚が短くピッチ走法で走るから距離短縮は歓迎。ただこの枠だと手が出ない。

ハマヒルガオ
テンダリーヴォイスの半妹で、その姉は昨年のフェアリーSで3着。姉のようにディープインパクト×キングカメハメハだとAlzao≒ラストタイクーンというニアリークロスになるので、ダニムアンドルビーに代表されるように斬れが増幅される。本馬は母母ブロードアピールクロフネだから姉以上にパワー型。芝の重賞で勝ち負けとなるともう少し柔らかさがほしいところだ。


【まとめ】
陸上の短距離選手とマラソン選手を見れば分かるように、パワー型の方が瞬間的な加速力に優れます。トリッキーな中山コース、特に1600mとなればそんな瞬間的な脚を使えるタイプを選びたいですが、重賞レベルになってくると一定の持続力も問われます。その中で今回穴として推したいのはラブリーアモン。父父エルコンドルパサーらしいピッチ走法で器用さもあり、ユートピア牧場の牝系にメジロライアンと配され持続力もあるタイプです。フェアリーステークスはノットフォーマル(父ヴァーミリアン)、ニシノアカツキ(父オペラハウス)、ウキヨノカゼ(父オンファイア)のように地味目の血統が好走するレースでもあります。

ビービーバーレルは母父Silver Hawkの代表産駒グラスワンダーを彷彿とさせる掻き込み走法で走るため中山は間違いなく合うタイプ、ダイワダッチェスシーブリーズラブもピッチ走法で走るので中山は問題ありません。

今回のディープインパクト産駒2頭(リセエンヌアルジャンテ)は、緩いストライド(一歩が大きい)で走るので、教科書的な「内で脚を貯めて抜け出す」という競馬には向きません。エンジンの掛かりが遅いので、距離ロスがあったとしても、昨年のローデッドのように外から惰性を付けて上がっていく形がベストです。2頭の外枠はプラスでしょう。

最後に大穴でダイワドレッサーラシームを挙げておきます。

【参考】
日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html



執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2010年02月22日(月) 00:13 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第4話フェブラリーS(解決編)〜
閲覧 132ビュー コメント 0 ナイス 0

12.1-11.0-11.7-12.2-12.2-12.1-11.6-12.0=1.34.9
(34.8-24.4-35.7) ▼1▼5△4 瞬発戦

逃げ先行馬がこれだけ揃ったにも関わらずテンの3Fは34.8秒と平均ペース。
これが競馬の恐ろしいところだなぁと改めて実感しました。
スタートダッシュの1Fが12.1秒と速くここでローレルゲレイロ@藤田Jが難なくハナを取り切っちゃったことが全てだったかもしれません。
中盤の2Fも24.4秒とやや緩め。
例年のフェブラリーSの傾向からすればスローペースと言ってもいいでしょう。
ローレルゲレイロから2馬身ほど遅れて2番手追走のエスポワールシチーにとっては楽な展開でした。
直線に入ってのラップが12.1-11.6-12.0
ラスト2F目に▼5の加速が生じて瞬発力勝負となりました。
ここでエスポワールシチーが抜け出した時点で勝負あり。
ラスト1Fも12.0秒と流して走ったように見えたにも関わらずあまり脚は止まっていない。
時計以上の圧勝だったと言っていいでしょう。

このレースで問われたのは瞬発力
逃げ馬なので分かりにくいですがエスポワールシチーは瞬5平3消2という瞬発タイプの馬でこれでは負けようがない。
昨年のフェブラリーSでは自身が逃げて刻んだラスト3Fのラップが11.3-12.1-12.4
スパートをかけたのが1F早かったのが分かります。
昨年と違ったのは人気という立場。
昨年は5番人気で、すぐ後ろには1番人気のカネヒキリや3番人気のカジノドライヴが追走していました。
勝つために早く動かざるを得ない状況にあったのです。
結局は3頭に交わされて4着に沈んだのですがそれでも0.2秒差だったので実は昨年の時点でも上位馬とはあまり差はなかったと判断できます。
このレース後5連勝しパワーアップした今年のエスポワールシチーならばこの着差も当然の結果でした。
ドバイでの鍵はもちろんAWの馬場でしょうがそんなのは関係なく圧勝を期待したいです。
(個人的にはここでこそ単勝馬券を買いたい・・・)

2着のテスタマッタはラスト2F目からの末脚が切れました。
それでも大勢が決まってからの突っ込みなのでどうやってもエスポワールシチーは交わせなかったでしょう。
瞬発力はかなりのものがありそうで今後も楽しみです。
但し、中距離で瞬発力を問わない流れになったり短距離で後方に置かれすぎると凡走する可能性もあるので買うべきレースかどうかの見極めはが重要な馬だと思われます。
(元々ダートは瞬発戦の方が少ないですから)
意外とブロードアピールのような馬になったりして。

3着のサクセスブロッケンは完敗ですね。
エスポワールシチーを捕まえにいって並ぶことすら出来ませんでしたから。
但し、勝ちに行っての3着なのでこのレースだけでテスタマッタより下と決め付けてしまうのは危険だと思います。

4着以下の馬はダートの瞬発力ではかなりの差があったという結果になりました。
芝馬達も全て惨敗でしたがダート馬達の威厳は保てたということでしょう。
芝馬のトップにいるウオッカがドバイでどうなるのか今から楽しみですねぇ。


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

カジノドライヴの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

カジノドライヴの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
1:
  韓孝珠   フォロワー:5人 2011年4月26日(火) 06:18:46
左まわり東京では
復活するはず

カジノドライヴの写真

投稿写真はありません。

カジノドライヴの厩舎情報 VIP

2011年5月29日被災地支援 つばさ賞8着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

カジノドライヴの取材メモ VIP

2011年5月29日 被災地支援 つばさ賞 8着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。