最新競馬ニュース

  • 新着

 安田記念(6月4日、GI、東京競馬場、芝1600メートル)に出走するため、5月23日に来日したコンテントメント(セン7歳、香港・J.サイズ)とビューティーオンリー(セン6歳、香港・A.クルーズ厩舎)は、24日朝には千葉県白井市にあるJRA競馬学校のダートコースで、それぞれ軽めのキャンターで調教を消化した。

◎コンテントメント

 シンホン・パン調教助手「日本に着いてから1日がたちましたが、疲れもないようですし食欲もあります。今日の調教は初日なので体をほぐす程度でしたが、動きも良く満足しています。今後も香港のシャティン競馬場で行う調教と同じ内容で調整していきます」

◎ビューティーオンリー

 ワイキャット・モー調教助手「到着して1日がたちましたが、体調は良好です。カイバもよく食べています。今日は初めての馬場入りでしたので馬体はフレッシュな状態でした。2周目に入ったときはすでにリラックスして走っていました。明日(25日)、4ハロンの追い切りをする予定です。左回りで走るという以外は本国の調教と違いはありません。香港でも週に一度、左回りの調教を行っているので問題ありません」

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【安田記念】香港馬コンテントメント、ビューティオンリーが日本に向けて出発2017年05月23日(火) 12:36

6/4(日)に行われる安田記念(G1・芝1600m)に出走予定の香港馬コンテントメント(J.サイズ厩舎)、ビューティオンリー(A.クルーズ厩舎)の2頭が、5/23香港シャティン競馬場を出発した。
※写真はコンテントメント

(HKJC提供)

[もっと見る]

【安田記念】香港馬2頭の来日スケジュールが発表2017年05月12日(金) 17:11

 安田記念(6月4日、東京、GI、芝1600メートル)の選出馬となっていた香港馬2頭の来日が決定。そのスケジュールがJRAから発表された。

 来日が決まったのは以下の2頭。

◎ビューティーオンリー(セン6歳、香港・A.クルーズ厩舎)=32戦10勝、GI実績=2016年香港マイル・香港GI優勝

◎コンテントメント(セン7歳、J.サイズ)=29戦10勝、GI実績=2016年クイーンズシルバージュビリーカップ・香港GI優勝、2017年チャンピオンズマイル・香港GI優勝、2016年安田記念に出走して12着

 香港馬2頭は5月23日(火)のCX006便(キャセイパシフィック航空)で6時20分に成田空港に到着予定。その後千葉県白井市にあるJRA競馬学校に移動し、検疫を受ける。

 安田記念の選出馬となっていたイギリス調教馬2頭、クールカンパニー(牡5歳、R.ハノン厩舎)とストーミーアンタークティック(牡4歳、E.ウォーカー厩舎)は出走を辞退した。

[もっと見る]

【香港チャンピオンズマイル】ラッパードラゴンが競走中止2017年05月07日() 17:48

 5月7日、香港・シャティン競馬場で『第17回チャンピオンズマイル』(GI、3歳以上、右・芝1600メートル)がイギリス調教馬2頭を含む7頭立てで行われた。

 J.モレイラが騎乗し、単勝1.4倍と断然の人気を集めたラッパードラゴン(セン4歳、香港・J.ムーア厩舎)は3コーナー過ぎに競走を中止した。今シーズンは、史上初の「香港4歳シリーズ」完全制覇を成し遂げ、前哨戦のチェアマンズトロフィー・香港GIIでは2016年香港マイルの優勝馬ビューティーオンリーをくだした地元のニュースター、ラッパードラゴン。バランスを崩し、競走を中止した瞬間にはライブモニター越しにスタンドの悲鳴とどよめきが伝わってきた。

 香港ジョッキークラブは、「ラッパードラゴンは右後肢のけが疑われる。彼は自分自身で馬の救急車に乗り込み、病院に向かった」とChris Riggs獣医師のコメントとして発表している。

 優勝したのはB.プレブル騎手騎乗の4番人気コンテントメント(セン6歳、J.サイズ厩舎)。勝ちタイムは1分35秒23(GF=良馬場)。コンテントメントは2016年クイーンズシルバージュビリーC・香港GIの勝ち馬で、同年にモーリスが勝ったチャンピオンズマイルの2着馬。

 そのひとつ後のレースとして行われた『第39回チェアマンズスプリントプライズ』(GI、3歳以上、右・芝1200メートル、10頭立て)はH.ボウマン騎手騎乗の2番人気ラッキーバブルス(セン5歳、香港・K.リュイ厩舎)が優勝。勝ちタイムは1分8秒96(良)。ラッキーバブルスは2016年のこのレースの2着馬で、同年の香港スプリントの2着馬。

 クビ差の2着には前哨戦のスプリントカップ・香港GIIを勝ったJ.モレイラ騎乗の1番人気ミスタースタニング。

[もっと見る]

【QE2世C】ネオリアリズム香港制圧2017年05月01日(月) 05:03

 第43回クイーンエリザベス2世カップ(30日、香港シャティン、8R、GI、3歳上、定量、芝・右2000メートル、優勝賞金1140万香港ドル=約1億5960万円=出走8頭)唯一の日本馬ネオリアリズムが、早め先頭から後続の追撃を振り切り、悲願のGI初制覇。このレースを日本馬が制したのは2002、03年のエイシンプレストン、12年のルーラーシップ以来、4度目。日本調教馬の海外GI35勝目となった。

 わき起こる“敵地”の歓声が称賛の嵐に変わった。ネオリアリズムが昨年12月以来、2度目の香港遠征で、6歳にしてついに国内外通じ、初のGIタイトルを獲得した。

 「途中から動いていく流れになって、難しさはあったけど、馬が頑張ってくれました。本当に、ビッグハート(強い気持ち)を持った馬だね」

 マジックマンの異名通りに変幻自在の騎乗を見せたモレイラ騎手が声を弾ませる。前半1000メートルの推定タイムが67秒3と日本では考えられないスローペース。だが、名手が判断よく“ひとまくり”で3コーナー手前で先頭へ。ここでリズムを取り戻すと、直線でも後続との差が詰まることなく、まんまと押し切った。

 初の海外遠征だった昨年12月の香港マイルは9着と大敗。堀調教師は「馬の学習能力に助けられました。前回よりもいい状態だった」と苦い経験を勝因のひとつにあげた。今回の勝利でJRAでは単独トップとなる海外GI6勝目となったトレーナーは「日本に帰って馬の状態を把握した上で、日本だけでなく、いろいろなレースを視野に入れたい」と今後について示唆した。

 2015年に豪GIのジョージライダーSを制した兄のリアルインパクトに続き、日本調教馬では初の“きょうだい海外GI制覇”のおまけもついた。同い年で同厩舎だった香港GI3勝馬モーリスは昨年引退。今度は遅咲きの大器が世界を席巻していく。(山口大輝)

★香港売り上げ

 今年のJRA・海外馬券発売第2弾となったクイーンエリザベス2世Cの売り上げは、7億9847万4700円だった。昨年12月に同じ香港で行われた香港スプリントの5億5326万200円より多く、香港マイルの8億9661万8800円には及ばなかった。JRAは「今回は少頭数のレースでもあり(売り上げの)苦戦も想定していました。中央競馬の発売が終了してからの売り上げがすごく伸びて、この数字になったのは健闘したといえるでしょう」と見解を示した。

ネオリアリズム 父ネオユニヴァース、母トキオリアリティー、母の父メドウレイク。栗毛の牡6歳。美浦・堀宣行厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は(有)キャロットファーム。戦績18戦8勝(うち海外2戦1勝)。獲得賞金3億9315万9000円(海外1億5960万円)。重賞は2016年GII札幌記念、17年GII中山記念に次いで3勝目。クイーンエリザベス2世Cは堀宣行調教師、ジョアン・モレイラ騎手ともに初勝利。馬名は、「新現実主義。父、母名より連想」。

[もっと見る]

【QE2世C】日本馬ネオリアリズムが制す!香港でGI初制覇2017年04月30日() 17:52

 4月30日に香港・シャティン競馬場で行われた第43回クイーンエリザベス2世カップ(GI、3歳以上、芝・右2000メートル、別定、8頭立て、優勝賞金1140万香港ドル=約1億6070万円)は、J・モレイラ騎手騎乗の日本馬で2番人気のネオリアリズム(牡6歳、美浦・堀宣行厩舎)が快勝。GI初制覇を達成するとともに、日本馬として2002、03年エイシンプレストン、12年ルーラーシップに次ぐ延べ4勝目を挙げた。タイムは2分04秒59(良)。

 ザユナイテッドステイツがハナを奪い、2番手に一昨年の覇者ブレイジングスピード、3番手にパキスタンスターが続く展開。昨年の勝ち馬ワーザーは4番手につけていた。5〜6番手にいたネオリアリズムは、3コーナー手前の残り約1000メートルで一気に外から先頭に立つと、直線でも脚いろが衰えることはなく、後続の追撃をしのぎ切った。パキスタンスター(3番人気)がクビ差の2着で、3着はワーザー(1番人気)。ブレイジングスピード(5番人気)は4着だった。

 ネオリアリズムは、父ネオユニヴァース、母トキオリアリティー、母の父メドウレイクという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)キャロットファーム。通算成績は18戦8勝(うち海外2戦1勝)。重賞は16年札幌記念・GII、17年中山記念・GIIに次ぐ3勝目。クイーンエリザベス2世Cは、堀宣行調教師、J・モレイラ騎手ともに初勝利。

 ◆J・モレイラ騎手「先手をとるつもりでしたが、スタートがよくなかったので、我慢させなくてはなりませんでした。向こう正面でペースが遅くなったので、(残り約1000メートルで)外に出して前に行かせました。なかなかトップスピードに乗りませんでしたが、直線ではいい脚を(長く)使う自信があり、実際にそうなりました」

 ◆堀宣行調教師「昨年の12月(香港マイル=9着)に続いて2回目の香港遠征になりましたが、今回は馬の学習能力にも助けられ、前回よりいいコンディションで出走させることができ、いいレースをお見せすることができました。今後については、日本に帰ってからの馬の状態を見て、レースを選択していきたいと思います」

[もっと見る]

⇒もっと見る

レース情報

2017年5月28日()シャティン競馬場
R 発走時間 レース名 クラス 距離 トラック 頭数
日本 香港
1 13:30 12:30 プレシジョン・ハンディキャップ C3 2000m 8頭
2 14:00 13:00 チアーズホンコン・ハンディキャップ C4 1000m 14頭
3 14:30 13:30 マイティハイ・ハンディキャップ C4 1600m 14頭
4 15:15 14:15 パッキングウィナー・ハンディキャップ C3 1400m 13頭
5 16:05 15:05 ヴィヴァパタカ・ハンディキャップ C2 1400m 12頭
6 16:35 15:35 リベレーター・ハンディキャップ C4 1400m 14頭
7 17:05 16:05 チャンピオンズ&チャターカップ G1 2400m 7頭
8 17:40 16:40 シャティンヴァーズ(ハンディキャップ) G3 1200m 10頭
9 18:15 17:15 ミスターメディチ・ハンディキャップ C3 1400m 14頭
10 18:50 17:50 カリフォルニアメモリー・ハンディキャップ C2 1200m 14頭

予想コロシアム【最新予想家ランキング】

開催日1日あたり1R以上、1ヶ月間で合計8R以上の予想を登録すると、デイリーと月間のランキングに掲載されます。

予想家レベルランキングは月の最終開催日の翌日に更新されます。⇒ルールをチェックしてみよう!

順位 予想家名 予想家
レベル
予想数 最高払戻額 レース
勝率
ナイス
覆面ドクター・英 覆面ドクター・英
103 1,219R 1,076,395円 26% 82
有紀は何色? 有紀は何色?
102 1,186R 692,230円 22% 333
暴君アッキー 暴君アッキー
101 269R 23,500円 38% 95
4位
ジ ョ ア ジ ョ ア
96 421R 178,000円 41% 229
5位
サウス サウス
94 830R 372,960円 14% 141

⇒もっと見る

順位 予想家名 予想
偏差値
予想数 的中率 回収率 収支 ナイス
vaduz vaduz
74.2 62R 4% 631% 3,293,180円 4
競馬の鉄人 競馬の鉄人
71.5 62R 11% 253% 949,000円 1
たけロータス たけロータス
69.9 62R 41% 177% 477,835円 56
4位
左衛門佐 左衛門佐
68.6 9R 44% 224% 111,834円 0
5位
Namurakokuou Namurakokuou
68.6 62R 16% 174% 450,765円 24

⇒もっと見る

順位 予想家名 予想
偏差値
予想数 的中率 回収率 収支 ナイス
競馬の鉄人 競馬の鉄人
72.6 8R 12% 477% 302,000円 1
音速の奇行師2 音速の奇行師2
69.0 8R 12% 277% 136,586円 1
ジ ョ ア ジ ョ ア
65.1 4R 75% 163% 25,250円 2
4位
アイアンモア アイアンモア
65.1 8R 37% 134% 27,350円 3
5位
牛カレー 牛カレー
64.7 3R 100% 148% 14,500円 0

⇒もっと見る

ゲスト

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

香港競馬予想家ランキング

JRA競馬レース情報