モーリス(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
モーリス
モーリス
モーリス
モーリス
モーリス
写真一覧
抹消  鹿毛 2011年3月2日生
調教師堀宣行(美浦)
馬主吉田 和美
生産者戸川牧場
生産地日高町
戦績18戦[11-2-1-4]
総賞金53,624万円
収得賞金50,450万円
英字表記Maurice
血統 スクリーンヒーロー
血統 ][ 産駒 ]
グラスワンダー
ランニングヒロイン
メジロフランシス
血統 ][ 産駒 ]
カーネギー
メジロモントレー
兄弟 ピッツバーグシゲルアンズ
前走 2016/12/11 香港カップ G1
次走予定

モーリスの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/12/11 香港 8 香港カップ G1 芝2000 12--------1** 牡5 57.0 R.ムーア堀宣行513(--)2.00.9 -0.5----シークレットウェポン
16/10/30 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 15583.611** 牡5 58.0 R.ムーア堀宣行514(+4)1.59.3 -0.233.8⑤⑤④リアルスティール
16/08/21 札幌 11 札幌記念 G2 芝2000 168151.612** 牡5 57.0 J.モレイ堀宣行510(-4)2.02.0 0.336.3⑧⑨⑨⑦ネオリアリズム
16/06/05 東京 11 安田記念 G1 芝1600 12681.712** 牡5 58.0 T.ベリー堀宣行514(-4)1.33.2 0.234.0ロゴタイプ
16/05/01 香港 8 Cマイル G1 芝1600 12--------1** 牡5 57.0 J.モレイ堀宣行518(--)1.34.0 -0.4----コンテントメント
15/12/13 香港 7 香港マイル G1 芝1600 14--------1** 牡4 57.0 R.ムーア堀宣行507(--)1.33.9 -0.1----ジャイアントトレジャー
15/11/22 京都 11 マイルCS G1 芝1600 188165.741** 牡4 57.0 R.ムーア堀宣行508(-2)1.32.8 -0.233.1⑨⑧フィエロ
15/06/07 東京 11 安田記念 G1 芝1600 17363.711** 牡4 58.0 川田将雅堀宣行510(+2)1.32.0 -0.034.5ヴァンセンヌ
15/04/05 中山 11 ダービーCT G3 芝1600 165103.111** 牡4 55.0 戸崎圭太堀宣行508(-2)1.32.2 -0.633.0⑭⑮⑬クラリティシチー
15/03/07 中山 10 スピカS 1600万下 芝1800 11111.511** 牡4 57.0 戸崎圭太堀宣行510(+6)1.50.2 -0.133.8⑩⑩⑪⑪ダイワリベラル
15/01/25 中山 10 若潮賞 1000万下 芝1600 16471.911** 牡4 56.0 F.ベリー堀宣行504(+2)1.33.7 -0.534.6⑤⑥⑤サクラダムール
14/05/31 京都 10 白百合S OP 芝1800 12117.143** 牡3 56.0 浜中俊吉田直弘502(+4)1.45.2 0.133.5⑩⑩ステファノス
14/05/10 京都 11 京都新聞杯 G2 芝2200 1881713.177** 牡3 56.0 川田将雅吉田直弘498(+4)2.11.5 0.535.8⑨⑨⑥ハギノハイブリッド
14/03/23 中山 11 スプリングS G2 芝1800 153519.854** 牡3 56.0 川田将雅吉田直弘494(+2)1.48.8 0.435.1⑫⑫⑫⑪ロサギガンティア
14/01/12 京都 11 シンザン記念 G3 芝1600 137116.435** 牡3 56.0 内田博幸吉田直弘492(-2)1.34.9 1.134.9ミッキーアイル
13/12/23 阪神 9 万両賞 500万下 芝1400 11781.511** 牡2 55.0 川田将雅吉田直弘494(0)1.22.7 -0.135.1⑤④フェルメッツァ
13/11/09 東京 11 京王杯2歳S G2 芝1400 14581.516** 牡2 55.0 R.ムーア吉田直弘494(-8)1.23.5 0.433.1⑪⑪カラダレジェンド
13/10/06 京都 3 2歳新馬 芝1400 12444.311** 牡2 55.0 内田博幸吉田直弘502(--)1.20.6 -0.533.8⑤⑤インヴォーク

モーリスの関連ニュース

【若駒ピカイチ】ルーカス

2017年8月22日(火) 05:05

 《戦評》道中は中団を追走。1000メートル過ぎに、鞍上がスローペースとみるや促して進出し、馬なりで4コーナーで3番手に。直線早め先頭から押し切った。勝ちタイム1分50秒6は過去8年の同舞台の新馬戦で最速。

 《血統》天皇賞・秋、香港マイルなどGI6勝を挙げたモーリスの全弟。本格化するのは4歳以降だろうが、現時点の完成度は兄以上で、3歳春の時点でも活躍が期待できる。

 《将来性》モレイラ騎手が「最初の競馬とは思えないほど落ち着いていた。反応が非常に良くて、能力がある」と絶賛。落ち着いたレースぶりから、2000メートル超の距離にも対応できそうだ。

ルーカスの競走成績はこちら

ルーカス初陣V!モレイラ騎手が向こう正面まくって魅せた 2017年8月21日(月) 05:02

 20日の札幌5R新馬(芝1800メートル)は、国内外でGI6勝を挙げたモーリスの全弟で、2番人気のルーカス(美・堀、牡、父スクリーンヒーロー、母メジロフランシス)が力強く末脚を伸ばして初陣を飾った。タイム1分50秒6(良)。道中は後方3番手を追走し、向こう正面から馬群の外を回って進出開始。場内がどよめく中で3番手まで押し上げて最後の直線に向くと、メンバー最速の上がり3ハロン34秒4をマークして鮮やかに差し切った。

 モレイラ騎手は「初めての競馬とは思えないほどレース前から落ち着いていた。直線が短いコースだから早めに上がっていったけど、無理して押すこともなくて、直線で仕掛けたときの反応もよかった」と笑顔で語った。兄の背中も知る鞍上は「モーリスと比べてどうかはまだ分からないけど能力はある。次の挑戦を楽しみにしているよ」と締めた。次走は未定。

★20日札幌5R「新馬戦」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【2歳新馬】札幌5R ルーカスが楽々初戦を突破!  2017年8月20日() 12:45

 8月20日の札幌5R・2歳新馬(芝1800メートル)は、ジョアン・モレイラ騎手騎乗の2番人気ルーカス(牡、美浦・堀宣行厩舎)が余裕たっぷりの手応えでデビュー勝ち。タイムは1分50秒6(良)。道中は9頭立ての後方3番手から進み、3コーナー過ぎに馬任せに進出。持ったままで4コーナーで前を射程に入れて、直線は内の2頭を楽々とかわした。

 1馬身半差の2着には好位から伸びたリシュブール(1番人気)、さらにクビ差遅れた3着に逃げ粘ったマイスターシャーレ(3番人気)。

 ルーカスは、父スクリーンヒーロー、母メジロフランシス、母の父カーネギーという血統。全兄のモーリスは2015年JRA賞年度代表馬で日本と香港でGIを6勝。

 ◆ジョアン・モレイラ騎手(1着 ルーカス)「最初の競馬とは思えないくらい落ち着いていて、返し馬の感触も良かった。直線が短いし、ヨーイドンになるのも良くないと思って早めに上がる形。無理することなく、反応は非常に良かったし、直線で仕掛けてからの反応も良かった。非常に能力がある」

★20日札幌5R「2歳新馬」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【うわさの2歳馬】モーリスの全弟ルーカス登場2017年8月19日() 13:38

 【札幌5R】ルーカスは16年天皇賞・秋、香港カップなどGIを6勝した名馬モーリスの全弟。10日には函館芝コース5F65秒0でネオリアリズムと併入し、16日も同期に1馬身先着した。「10日に初めてトップスピードに入れたけど、まずまず動けていた。子供っぽいところはあるけど、レースで集中して走れれば」と、渡辺助手も好発進を期待する。(夕刊フジ)

[もっと見る]

【札幌記念】モレイラも合格点!ロブソン1馬身半先着 2017年8月18日(金) 05:07

 夏競馬最大のレース、札幌記念が17日に確定した。ただ一頭の木曜追いとなったマウントロブソンには、来日したばかりのジョアン・モレイラ騎手(33)=ブラジル出身、香港拠点=が騎乗。僚馬にあっさりと1馬身半先着した。この動きには“マジックマン”も合格点のジャッジ。復調気配の素質馬が、心強い相棒を得て飛躍を果たそうとしている。

 北の大地から、人馬ともに飛躍へ。9カ月ぶりで福島テレビOPを快勝したマウントロブソンが、モレイラ騎手を背に札幌のダートコースで力強い走りを披露した。香港の名手も、手綱から伝わる感触にご満悦だ。

 「すごくいいフィーリング。テンションが高くなったけど、困るほどではない。元気がいいという感じだね。併せてからの反応も良かった」

 朝5時半の馬場開場直後に登場。涼しげな風が吹き込む中、半マイルからサトノヴィクトリー(3歳未勝利)を2馬身追いかける。リズムのいい脚取りで、4コーナーで内へ。馬なりで僚馬を抜き去ると、4ハロン54秒8、3ハロン39秒6−12秒6で1馬身半先着した。

 11日の輸送まで、美浦トレセンで入念な乗り込み。「順調に仕上がっています。休養明けを使った後も反動はなく、前走より状態もいい」と小林厩務員も自信のデキだ。

 手綱を託されたモレイラ騎手は、3季連続のリーディングに輝いた香港のNO・1ジョッキー。日本でも【26・19・8・36】で勝率29・2%、連対率50・6%と破格の数字を残すなど、その技量は世界中に知られている剛腕だ。

 日本馬の海外挑戦でもGI4勝。サトノクラウン(香港ヴァーズ)、ネオリアリズム(クイーンエリザベス2世C)をGI初制覇に導くなど、その“神騎乗”ぶりは日本のファンにも浸透している。「カミキジョウ? ナイスなニックネームだね。ありがたい」と名手は笑顔を見せつつ、切なる思いもある。「昨年はモーリスに乗って2着。悔しかった。札幌記念は勝ちたいレースになった。日本ではまだ重賞を勝っていないし、今回は取りたい」と雪辱&初タイトルへ意欲を燃やす。

 「しまいの脚がすごくいいし、非常にポテンシャルは高い。スムーズに流れに乗れれば、チャンスはある」。マウントロブソンの持ち味を生かし切り、札幌のファンを魅了する。 (千葉智春)

★札幌記念の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

モレイラ・メモ

 ◆連勝 昨年の8月27日・札幌12Rから翌28日の札幌9Rまで、騎乗した7頭ですべて1着。JRAでは武豊騎手に次ぐ、史上2人目の騎乗機会7連勝を成し遂げた。今年3月5日には、香港・シャティンで一日8勝を記録している。 ◆毎年記録更新 現在の拠点である香港では、2014/15シーズンに145勝を挙げて従来の年間最多勝記録(114勝=ホワイト騎手)を大幅に更新。15/16シーズンは168勝、16/17シーズンは171勝を挙げ、自身の記録を次々と塗り替えている。 ◆雷神 “マジックマン”のニックネームがついているが、香港では漢字で「雷神」というあだ名も。すさまじい勝ちっぷりと、モレイラの漢字表記である「莫雷拉」が由来とされる。

ジョアン・モレイラ(Joao Moreira)

 1983年9月26日生まれ、33歳。ブラジル出身。2000年に同国でデビューし、13年からは香港を拠点。“マジックマン”と呼ばれる鮮やかな手綱さばきで、香港で14/15シーズンから3年連続リーディング首位。日本馬ではモーリス(16年チャンピオンズマイル)、サトノクラウン(16年香港ヴァーズ)、ヴィブロス(17年ドバイターフ)、ネオリアリズム(17年クイーンエリザベス2世C)でGI4勝。15年にワールドオールスタージョッキーズ優勝。JRA89戦26勝。1メートル65、52キロ。

[もっと見る]

【新馬戦スター発見伝】ルーカス2017年8月18日(金) 05:01

 GI6勝馬モーリスの全弟。先週は併せ馬でGI馬ネオリアリズムに食い下がり、16日は函館芝コースで余力を残し5ハロン67秒9−13秒0をマークした。「いい雰囲気があるが、まだ子供っぽい。モーリスのようにどっしりとした感じがない」と渡辺助手は慎重だが、「やるごとに良くなっている。チークピーシズを着けて先週より集中して、しまいも動けるようになった」と話し、臨戦態勢は整った印象だ。

ルーカスの競走成績はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

モーリスの関連コラム

関連コラムはありません。

モーリスの口コミ


口コミ一覧
閲覧 31ビュー コメント 0 ナイス 5

今日は、POG2017−2018シーズンの人気馬を物色して、いいな〜と思う馬がいたらいろんなところで開催されてるPOG大会の指名馬に決定しようと思います。

2歳馬に関しての知識は本当に少ないので、ただただPOG初心者が知識もないまま指名馬を探ってるだけという、読んでも何も得しない非常に薄っぺらい内容ですが許してくださいね。

と、最初に毎回恒例の言い訳のような謝罪を済ませたので、早速やっていきましょう。


--------------------------------------------------------------------------------

牡馬 レイエンダ(父キングカメハメハ 母ラドラーダ 藤沢和厩舎)
2017年のダービー馬レイデオロの全弟、厩舎も同じく藤沢和雄厩舎、馬主もキャロットファームなんで勝負服も兄と同じ。
全兄レイデオロが今年のダービーを勝ったんで、この馬への期待はかなり高くなっちゃっいましたが、陣営のコメントによると「現時点では兄レイデオロよりもしっかりしてるし、いいものを持っている」と高評価されてるみたいなんで兄と同じように大活躍できるといいですね〜。
すでに入厩して順調に調教もこなしてて、7月30日の札幌でルメール騎乗でデビューするそうです。

牡馬 ルーカス(父スクリーンヒーロー 母メジロフランシス 堀厩舎)
日本と香港のマイル界を統一したアジアのマイル王モーリスの全弟。
兄モーリスは転厩して堀厩舎にきてから大活躍しましたが、この馬は最初から堀厩舎ってことでデビューからガンガン活躍できるといいですね〜。
距離的に2400mのダービーは未知数でわからないけど、モーリスが天皇賞秋を勝ってるんで皐月賞までは全然問題ないかも。
当初は秋デビューの噂があったんですが、8月の札幌デビューの可能性もあるそうで楽しみですね。

牡馬 プロトスター(父ネオユニヴァース 母マルバイユ 戸田厩舎)
半姉に桜花賞馬マルセリーナ、半兄にスプリングSなど重賞3勝のグランデッツァと、クラシック戦線で活躍した兄・姉がいるのはいいですね〜。
ネオユニヴァース産駒って中距離の持久力勝負に強いイメージなんで皐月賞が1番向いてるのかな〜?
父・兄・姉から想像すると、距離は2000mまでかな〜って感じで、ダービーは距離がやや長いかも?
調教の時計などはあまりぱっとしない感じらしいですが、8月13日の新潟芝1600mでデムーロ騎乗でデビュー予定ってことで、なんだかんだで社台ファームもけっこう期待してる感じなのかな〜。
個人的には、直線長いコースのマイルよりも小回りの札幌か中山の1800m辺りで見たかったですが・・・。

牝馬 エルディアマンテ(父キングカメハメハ 母ディアデラノビア 国枝厩舎)
母はGI勝てませんでしたがGI3着が3回、重賞3勝など活躍したし、極上の切れ味と言っていいぐらいキレキレの末脚を持っていたディアデラノビア。
産駒もまだGIは勝ってませんけど、全姉のディアデラマドレがGI3着1回、重賞3勝と活躍したし、半兄のドレッドノータスは京都2歳Sで重賞勝ちあり。
ここ3年はハービンジャーとの配合の仔がデビューしてましたが、久しぶりのキングカメハメハとの配合でしかも全姉のディアデラマドレと同じ牝馬なんですごく楽しみです。
関係者のコメントによると、「秋のデビューに向けて馬体的にも精神的にも成長してるし、瞬発力もあって切れる脚を使いそう。」ということで、母や姉と同等もしくはそれ以上の活躍が期待できるかもしれませんね。

牝馬 ミカリーニョ(父ハーツクライ 母ミスエーニョ 木村厩舎)
去年の朝日杯FSで牝馬なのに1番人気に支持されたミスエルテの半妹。
姉はGI勝てませんでしたけど、父がフランケルからハーツクライに替わったんでまた全然違った感じになるのかな?
ハーツクライ産駒はスタミナと瞬発力があるイメージなんで、能力が高かった場合は桜花賞もオークスも楽しみかも。
調教も順調にこなしてて8月の札幌でデビュー予定だそうです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆今回のまとめ☆
POG2017−2018の指名決定馬
・シーリア(毎年の固定枠)
・ダイワメモリー(毎年の固定枠)
・シーイズドーター(2歳戦からバリバリ活躍してほしい馬枠)
・タニノフランケル(なんでも選べる自由枠)
・?????(クラシック制覇を期待する牡馬枠)
・?????(クラシック制覇を期待する牡馬枠)
・イルーシヴグレイス(クラシック制覇を期待する牝馬枠)
・?????(クラシック制覇を期待する牝馬枠)
・?????(新種牡馬のロマン枠)
・?????(なんでも選べる自由枠)

今回は、即決で指名!!って馬はいなかったので指名馬は5頭のまま変わらずですが、まあ、ボチボチ行きましょう。

グランデッツァは好きな馬だったし、ネオユニヴァース産駒っていうのも渋いし、皐月賞に参戦できれば楽しめそうなプロトスター。

ディアデラマドレの全妹ということで、オークスに参戦できれば楽しめそうなエルディアマンテ。

この2頭はキープしておきます。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
ホテルのフロント係の女性の指をなめたとして、兵庫県警は静岡県焼津市議会議員69歳を強制わいせつの疑いで逮捕されたそうです。

ほんとにもう・・・。なめたことしやがって!

 すにく 2017年6月4日() 12:57
安田記念 波乱予想
閲覧 119ビュー コメント 0 ナイス 3

「波乱気味」

ルメールの4週連続G1制覇なるか?
来られても納得の馬に騎乗できる幸運である。

イスラボニータは好走するも詰めの甘さで中々1番人気にならなかったが、鞍上効果、ようやく勝ち切れた前走のおかげで1番人気に躍り出た。

ちなみに前回の1番人気時は一昨年前のマイルCS。
モーリスが半年の休み明けだった事もあり、押し出されて1番人気になった格好。
その時も詰めの甘さ露呈で3着。

強いが、基本の詰め甘は残っているとし対抗扱いにする。勝たれては仕方ない。

本命はどうしようかと。

ぶっ飛ばす逃げ馬も見当たらないし、かといってスロー目当ての前残りばかり狙っても長い直線に飲み込まれる事必至だし、追い込みは届かないだろうし。

ある程度の位置で競馬出来、更に東京で速い上がりも使え、勝負根性も持ち合わせるこの馬で。

◎ブラックスピネル。

4歳になってからのレースの幅がとても広く、まだ奥行き(伸び代)がありそうだ。

3走前、京都金杯では開幕週の速いペースを内で追走し、前が開いた瞬間エアスピネルを捕える所がゴールだった。

前々走、ミルコマジックと言うのだろうか。
誰も行かないのを見て初の逃げを敢行。
道中緩めるだけ緩めて究極の上がり勝負に持ち込んだ。逃げ馬が上がり32.7ってあまり見ないね。

前走、一転後方からのレースに徹して、前が残る流れを大外ぶん回しの4着。ゴール前は優勝馬イスラボニータと同格の脚。上がり32.8。

時計は違うが、逃げても差しても上がり32秒台で上がってきた格好だ。
ハイペースの遅い上がりでも好走したしね。

鞍上の格はグンと落ちたが、今年勢いのある松山が
120%の騎乗をしてくれれば勝ちも拾える。

ブラック、イスラの優勝争い。

[もっと見る]

 あらすぺ 2017年6月4日() 00:10
混戦!ドーする?!安田記念
閲覧 101ビュー コメント 0 ナイス 2

ダービーが終わるとなんだか気が抜けてしまいます。
同じG1なのに安田記念はあまり目立ちません。

そんな中、今回の安田記念はなかなかの混戦で予想が難しそうです。
去年の安田記念はロゴタイプが途中から先頭に立ちペースを作って直線で粘りこんで勝利しました。
田辺騎手の作戦勝ちといったところでしょう。モーリスもかかり気味でしたし。
そのため去年の着順はあまり参考にならない気がします。
今年はモーリスのような基準になりそうな馬がいないので、じっくり強さの比較をしなければいけません。

予想は後でじっくりするとして簡単にグループ分けしておきましょう。

*去年も出走した馬
ロゴタイプ、サトノアラジン、イスラボニータ、ディサイファ、クラレント、コンテントメント

*前走が京王杯スプリングカップ組
レッドファルクス、クラレント、トーキングドラム、サトノアラジン

*前走が読売マイラーズカップ組
イスラボニータ、エアスピネル、ヤングマンパワー、ブラックスピネル、サンライズメジャー

*前走が大阪杯組
ステファノス、アンビシャス、ディサイファ

*香港から参戦
コンテントメント、ビューティーオンリー

*前走がその他
グレーターロンドン(東風ステークス)
ロンギングダンサー(メイステークス)
ロジチャリス(ダービー卿チャレンジトロフィー)
ロゴタイプ(中山記念)

こう分けると少しは予想がしやすくなったような気がします。
馬券当てたいなあ。

※ タイトルは朝まで生テレビ風にしてみました(笑)

[もっと見る]

⇒もっと見る

モーリスの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  花太郎18   フォロワー:147人 2016年10月31日(月) 21:11:08
2016.10.30(日)
前走は勝ち馬に完全に展開が向いており後方から外を回し2着に食い込んできたモーリスが一番強い競馬をした。
スムーズさを欠いても2000mに余裕で対応出来るのならこの舞台で普通に期待出来るはず。
鞍上も強力で万全の態勢だろう。
1:
  花太郎18   フォロワー:147人 2014年9月21日() 09:09:55
内枠と距離短縮

モーリスの写真

モーリスの厩舎情報 VIP

2016年10月30日天皇賞(秋) G11着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

モーリスの取材メモ VIP

2016年10月30日 天皇賞(秋) G1 1着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。