キタサンブラック(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
キタサンブラック
キタサンブラック
キタサンブラック
キタサンブラック
キタサンブラック
キタサンブラック
キタサンブラック
キタサンブラック
キタサンブラック
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2012年3月10日生
調教師清水久詞(栗東)
馬主有限会社 大野商事
生産者ヤナガワ牧場
生産地日高町
戦績19戦[11-2-4-2]
総賞金157,348万円
収得賞金55,625万円
英字表記Kitasan Black
血統 ブラックタイド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
シュガーハート
血統 ][ 産駒 ]
サクラバクシンオー
オトメゴコロ
兄弟 ショウナンバッハアークペガサス
前走 2017/11/26 ジャパンカップ G1
次走予定 2017/12/24 有馬記念 G1

キタサンブラックの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/26 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 17242.113** 牡5 57.0 武豊清水久詞542(0)2.23.9 0.235.3シュヴァルグラン
17/10/29 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 18473.111** 牡5 58.0 武豊清水久詞542(0)2.08.3 -0.038.5⑪⑤サトノクラウン
17/06/25 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 118101.419** 牡5 58.0 武豊清水久詞542(+6)2.12.7 1.336.9サトノクラウン
17/04/30 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 17232.211** 牡5 58.0 武豊清水久詞536(-4)3.12.5 -0.235.3シュヴァルグラン
17/04/02 阪神 11 大阪杯 G1 芝2000 14452.411** 牡5 57.0 武豊清水久詞540(+4)1.58.9 -0.134.3ステファノス
16/12/25 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 16112.722** 牡4 57.0 武豊清水久詞536(0)2.32.6 0.035.8サトノダイヤモンド
16/11/27 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 17113.811** 牡4 57.0 武豊清水久詞536(-2)2.25.8 -0.434.7サウンズオブアース
16/10/10 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 10111.811** 牡4 58.0 武豊清水久詞538(+2)2.25.5 -0.033.6アドマイヤデウス
16/06/26 阪神 11 宝塚記念 G1 芝2200 17235.023** 牡4 58.0 武豊清水久詞536(+12)2.12.8 0.036.8マリアライト
16/05/01 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 18114.521** 牡4 58.0 武豊清水久詞524(0)3.15.3 -0.035.0カレンミロティック
16/04/03 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 11676.252** 牡4 58.0 武豊清水久詞524(-2)1.59.3 0.033.6アンビシャス
15/12/27 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 166118.443** 牡3 55.0 横山典弘清水久詞526(-4)2.33.1 0.135.1ゴールドアクター
15/10/25 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 182413.451** 牡3 57.0 北村宏司清水久詞530(-2)3.03.9 -0.035.0⑤⑤⑩⑧リアルスティール
15/09/21 中山 11 セントライト G2 芝2200 1571312.561** 牡3 56.0 北村宏司清水久詞532(+12)2.13.8 -0.134.9ミュゼエイリアン
15/05/31 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 1881720.7614** 牡3 57.0 北村宏司清水久詞520(+10)2.25.5 2.336.8ドゥラメンテ
15/04/19 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 15479.743** 牡3 57.0 浜中俊清水久詞510(+6)1.58.8 0.635.2ドゥラメンテ
15/03/22 中山 11 スプリングS G2 芝1800 121112.351** 牡3 56.0 北村宏司清水久詞504(0)1.49.1 -0.034.4リアルスティール
15/02/22 東京 7 3歳500万下 芝2000 145748.491** 牡3 56.0 北村宏司清水久詞504(-6)2.01.4 -0.534.7サトノラーゼン
15/01/31 東京 5 3歳新馬 芝1800 167147.931** 牡3 56.0 後藤浩輝清水久詞510(--)1.52.3 -0.234.2⑨⑨⑪ミッキージョイ

キタサンブラックの関連ニュース

 今年はGIに昇格したホープフルSが28日に行われるため、“大トリ”の座は奪われてしまった。しかし注目度は昨年までと変わらないどころか、それ以上かも。3歳だった一昨年から人気&実力の両面で競馬シーンを牽引してきた、キタサンブラックの引退レースとなるからだ。

 揺るがぬ国民的ヒーローとなってからは、「キタサンブラックが出るレースは現場での売り上げが伸びる傾向にあり、そういう売れ方をするレースは、こちらの想定よりも売り上げが多いんですよ」。そう語るのはJRAお客様部事業統括室の渡辺丈和専門役だ。

 ジャパンCホースとなりさらに箔をつけた昨年の有馬記念も、売り上げは前年比107・9%の449億257万2000円と大幅にアップ。今年は大阪杯、春秋の天皇賞とGI制覇を3つ上積みして、おまけに「お別れセレモニー」も最終レース後に控えているのだから、大幅な入場人員アップが望め、売れ行きも伸びるだろう。過去(3)(2)着に敗れているだけに北島三郎オーナー、武豊騎手にとってはまさに悲願。そんなストーリーも後押しする。

 あとにホープフルSが控えていても、左右されないのが国民的行事たる有馬記念だ。「ホープフルSのための“買い控え”とか、給料日前の24日ということが売り上げに響くのでは…という声もありますが、それらの要因はあまり考えていません。28日と、23日と24日のファンの財布は別だと思っています。あえていえば昨年が売れすぎだったのではという見立てがあるのと、ファン投票上位馬があまり出走してこないことでしょうか」と渡辺専門役。

 今年の中央競馬は秋のGI当日に大雨や台風にたたられたものの、12月10日現在で前年比102・6%と堅調な売り上げを示している。その原動力となったキタサンブラックは“今年の漢字”に「北」が選ばれた理由のひとつにもあげられており、競馬の域を越え、今年の世相を象徴する存在だ。ラストランは今年の競馬シーンを象徴するレースとなるだろう。(夕刊フジ)

有馬記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【有馬記念】キタサン引退レースに向けて着々と調整2017年12月16日() 13:40

 2017年の中央競馬の総決算「有馬記念」(24日、中山、GI、芝2500メートル)でラストランを迎えるキタサンブラック(栗・清水久、牡5)が16日、CWコースで6ハロン86秒3−11秒9をマークした。僚馬のシャルルマーニュ(2歳500万下)に1/2馬身遅れたが、余力を残してのもの。引退レースに向けて、着々と調整を整えている。「けさは上がり重点の調整でした。特に指示したわけではありませんが、とにかく予定通りにきていますね」と清水久調教師は順調さをアピールした。



有馬記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

キタサンブラック、有馬後お別れセレモニー 2017年12月15日(金) 05:01

 JRAは14日、有馬記念でラストランを迎えるキタサンブラック(栗・清水久、牡5)のお別れセレモニーと引退式の実施を発表した。

 お別れセレモニーは有馬記念当日の24日に、中山最終レース終了後の午後4時50分ごろから芝コース内で。北島三郎オーナーも登場する。引退式は年明けの1月7日に、京都競馬場で実施。最終レース終了後の午後4時30分ごろから行われる。

 現役屈指の人気馬は、東西でファンに別れを告げることになった。



キタサンブラックの競走成績はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【有馬記念】JC馬シュヴァルグラン順調 2017年12月14日(木) 11:46

 06年ディープインパクト以来のジャパンC→有馬連勝を狙うシュヴァルグランが、順調ぶりをアピールした。

 栗東CWコースで僚馬2頭を追走し、6F82秒6−65秒9−51秒3−37秒8−12秒5(強め)をマーク。中エタリオウ(2歳500万下)には半馬身遅れ、外タピゾー(3歳1000万下)とは併入でフィニッシュした。以前からそれほど攻め駆けはしないタイプ。これだけの時計で動けていれば十分だろう。

 「中山に替わることを考えて調整を工夫しています。前走のダメージはまったくない。馬体に張りがあって毛ヅヤもいいですね。自信を持って送り出せる」と、友道調教師は好ムード。ラストラン・キタサンブラックの前に再び立ちはだかるか。(夕刊フジ)

有馬記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【有馬記念】キタサン、有終Vへ猛時計78秒7 2017年12月14日(木) 05:07

 有馬記念(24日、中山、GI、芝2500メートル)の1週前追い切りが13日、東西トレセンで行われた。ファン投票で1位に選ばれたキタサンブラック(栗・清水久、牡5)は、栗東のCWコースで一杯に追われて6ハロン78秒7の猛時計。ラストランでのGI7勝目に向けて、順調な仕上がりをアピールした。

 集大成の一戦へ、究極の仕上げだ。キタサンブラックがCWコースで一杯に追われ、6ハロン78秒7の猛時計。ラストランとなる来週のグランプリへ向けて、意欲的なスパーリングを行った。

 「結構ハードにやりました。全体のラップもいいし、しまいまでいい動き。ここまでは思い通りにきているので、あとはレースまで無事にいってくれれば」

 清水久調教師が好ムードを伝える。CWコースに登場し、僚馬のアキトクレッセント(OP)を3馬身ほど追走。道中はしっかり折り合い、直線半ばで外からジワッと並びかける。ゴール前はビシッと追われ、ラスト1ハロン12秒3で併入した。

 「最後なので、目いっぱいにやっておきました。前を捕まえに行くときの反応は鋭かったし、いい状態で迎えられると思います」と黒岩騎手(レースは武豊騎手)は順調さを伝えた。

 昨年の宝塚記念から、ファン投票1位に選出されたグランプリでは3連敗。「ファン投票1位で、なかなか1着になっていないので、何とか最後は期待に応えていい結果で終わりたい」と清水久調教師は力を込める。

 勝てば、JRA・GI7勝目となり、シンボリルドルフテイエムオペラオーディープインパクトウオッカと並び歴代最多。過去2年の有馬記念は3、2着だったが、泣いても笑っても今回がラスト。“3度目の正直”で、花道を飾る。(斉藤弘樹)

[もっと見る]

【有馬記念】気合満点!キタサンブラック12秒2 2017年12月13日(水) 14:26

 最後の“まつり”を有馬記念で迎えるキタサンブラックが、秋3戦目の疲れを見せない猛スパーリングを披露した。

 午前10時前に栗東CWコースへ。長めから一杯に7F95秒1−79秒0−64秒4−50秒8−37秒8−12秒2で駆け、内アキトクレッセント(古馬OP)にクビ先着した。以前より攻め駆けはしないが、最後に先導馬を捕らえたあたりはさすがだ。



 「あとのことは考えずに目いっぱい。前を捕まえるときは鋭く反応してくれた」と黒岩騎手(レースは武豊騎手)。清水久調教師も「1週前はしっかりとやりたかった。いい動きだったと思う。(ファン投票は)1位ばかりで1着になれていない。最後は期待に応えたい」と気合満点だ。

 12日に今年の世相を表す一文字が「北」と発表されたが、キタサンブラックの活躍も理由のひとつ。「験良きことと励みにして頑張りたい」と北島三郎オーナーは喜んでいる。やはり、17年の締めくくりはこの馬か。(夕刊フジ)

★有馬記念の特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

キタサンブラックの関連コラム

閲覧 424ビュー コメント 0 ナイス 7



先週は、26(日)に東京競馬場でG1ジャパンカップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1ジャパンカップは、連覇に挑むキタサンブラックが単勝2.1倍の1番人気に支持され、2番人気に今年のダービー馬レイデオロ。3番人気サトノクラウン、4番人気ソウルスターリングと、G1馬4頭が単勝ひと桁台で続くオッズを形成し、詰めかけた10万人の観衆に見守られ全17頭がゲートイン。
大きな出遅れはなく、横に広がった中からキタサンブラックがスムーズにハナを奪うと、積極的にハナ争いを繰り広げる馬は見られず隊列はすんなりと決定。そのまま1〜2コーナーを回って、2番手以下はディサイファ、ギニョール、ワンアンドオンリーシュヴァルグランシャケトラソウルスターリング、ブームタイム、ラストインパクトレイデオロヤマカツエースサトノクラウンマカヒキ、アイダホ、サウンズオブアース、イキートス、レインボーラインと続き向こう正面へ。前半1000mは60.2秒(推定)で通過していきます。
単独先頭キタサンブラックの態勢は変わらずのまま、やや馬群が凝縮して3コーナーに突入。外を回して、シャケトラサトノクラウンあたりが早めに進出を開始しさらに隊列はひと塊になっていきます。人気各馬は、好位のインにシュヴァルグランソウルスターリングレイデオロは中団馬群となって直線勝負へ。
迎えた直線、いつものように追い出される前から後続との差を広げ始めるキタサンブラックに、2番手グループから間を割ってシュヴァルグランの伸び。残り400mを過ぎて、キタサンブラックが満を持して追い出されると、外からはレイデオロも迫ります。キタサンブラックシュヴァルグラン間の1馬身ほどの差が徐々になくなり、残り100mでH・ボウマン騎手の右ムチに応えてついにシュヴァルグランが先頭へ。そのまま力強い伸び脚でシュヴァルグランが先頭でゴール板を駆け抜けゴール!並みいるG1馬を退け初G1制覇を飾っています。1馬身1/4差の2着はレイデオロ。最後クビ差交わされたキタサンブラックは3着に敗れています。
公認プロ予想家では、シムーンプロ西野圭吾プロKOMプロほか、計15名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
26(日)G1ジャパンカップでは、◎シュヴァルグランの単勝1点勝負で的中!他にも、東京10Rでの11万3,760円払戻し、25(土)東京9Rなどで勝負予想的中を披露!
週末2日間トータルでは、回収率168%、収支11万5,880円プラスを記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
先週は26(日)G1ジャパンカップを▲○◎3連複1点、25(土)東京7Rを馬連1点で仕留めるなどの活躍を披露。週末2日間トータルでは、回収率176%のトップ成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
25(土)を京都12Rなどでの的中でプラス収支で終えると、26(日)はG1ジャパンカップ東京1Rなどの的中を重ね連勝を決めました。週末トータル回収率163%、収支11万1,820円プラスの好成績をマークしています。
 
 
 
この他にも、kmプロ(161%)、セイリュウ1号プロ(160%)、KOMプロ(144%)、サラマッポプロ(132%)、☆まんでがんプロ(121%)、ろいすプロ(114%)、スガダイプロ(110%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。
 


登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月28日(火) 18:45 競馬プロ予想MAX
最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.37・G1チャンピオンズカップ2017編〜
閲覧 3,103ビュー コメント 0 ナイス 13



前回の〜ジャパンカップ編〜では、「G1を勝つ力を持っている馬」(kmプロ)や「枠順とか展開次第ではここでも勝つ力がある馬」(スガダイプロ)といったシュヴァルグランへの期待の声をお届け。2着レイデオロへの「古馬相手でも十分通用する馬」(くりーくプロ)、3着キタサンブラックへの「昨年のJCはこの馬が最も恵まれたレース」(スガダイプロ)などと合わせて、1〜3着各馬への見解をご紹介。貴重なプロの事前見解を、今週末のG1予想に是非ともお役立てください。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ https://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125

本日のターゲットは、12/3(日)G1チャンピオンズカップ
ウマニティ公認プロ予想家のスガダイサラマッポ河内一秀くりーくkmの5人にアノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て11/27(月)時点のものです。


●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近10年中9年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
kmプロ・・・情報収集を重視した独特の思考フィルターで近3走の内容分析を中心に予想を展開する。穴馬を狙い撃ちするスタイルで、ウマニティ公認プロ予想家中300万超払戻し本数歴代トップの記録を保持している。

●各馬へのコメント
サウンドトゥルー
 くりーく 昨年の勝ち馬で能力の高い馬ですが、後方から終いの脚を活かす馬なので展開に左右されることが多く、連勝することがあまりない馬ですね。調教面では、勝っている時は比較的軽め(馬なり)での最終追い切りが多く、逆にビシビシ追われている時は勝ち切れないことが多い印象です。今回の1週前追い切りは、昨年のように一杯ではないので既にある程度仕上がっている状態だと思います。直前を動き良く馬なりで仕上げられれば、勝ち負けまで期待できるでしょう。
 km 自分の型にハマれば強いので、前走のような展開になれば昨年の再現も可能です。さすがにピークは過ぎていますが、多少衰えてもなお一線級の力があるとみています。ただ、先行有利な流れが想定されるので、連覇達成に関しては昨年時同様ハードルは高いといえます。
 サラマッポ 差し切り勝ちの昨年は、やはり展開が向いたことが大きな勝因ですね。後ろから行く馬らしく、本質的には広いコースが合うタイプです。中京コースの多頭数では、末脚不発のシーンも大いにありえるでしょう。近走内容から年齢的な衰えはなさそうですね。
 スガダイ 前走のJBCクラシックで久々の勝利。年齢的にそろそろ(パフォーマンスが)怪しくなってきたかなあ、と思っていたけど、あれならまだまだやれそうだな。連覇の可能性も十分にあるんじゃないか。ただ、昨年のこのレースは展開が向いたし、全くロスなく運んだ完璧な騎乗だったから。あんな乗り方はデムーロとかムーアだって5回に1回も出来ないと思うよ。そのくらい見事な騎乗だった。今年もあんなに上手くいくかな?自分で競馬を作れる馬じゃないから、あんまり人気するようだと馬券的にはちょっと買い辛い感じもあるね。
 河内一秀 フェブラリーS、帝王賞と凡走が続いたけど、2走前の日本テレビ盃の2着好走でG1レベルの指数に回復し、前走のJBCクラシックではチャンピオンズカップ以来の勝利を上げ指数的にも上々の数字を記録しているね。かつては直線だけの競馬が多く、昨年の勝利もみんなも指摘している通り展開が上手くハマった印象もあったけど、近走は脚質的にも幅が出てきていて大崩れする可能性は低いんじゃないかな。

アウォーディー
 km 能力が高いのは疑いようがありません。外めの枠を引ければ復権できるでしょう。この馬に関しても懸念される衰えについてはないとみています。ただ、この馬は気持ちで走る面があるので成績にばらつきがあります。負け始めると止まらないのもその影響と思われます。昨年のJBCクラシック以降、チャンピオンズカップを除き重馬場で戦っていますが、本来はパサパサのダートが合っていると思いますよ。
 河内一秀 昨年のJBCクラシック以降は勝ち星から遠ざかり、特に近2走は指数的にも不満の残る内容だった。ただ、ドバイ遠征以降、3ヵ月ぶり、4ヵ月ぶりと順調に使えていなかったのに対して、今回は久しぶりに中3週と短い間隔で使えるからね。ひと叩きの効果で状態が上向いてくれば、昨年も2着に好走している舞台だし、復活の可能性はあるだろうね。
 くりーく 昨年のJBCクラシックまではダートで負けなしで勢いもあったと思いますが、その後は勝ち切れないレースが続いていますね。調教に関しては、連勝していた頃は直前に併せ馬で追い切られていましたが、勝てなくなってからはすべて単走で追われています。もともと首の高い走りで、調教駆けする馬ではないのでレースでも乗り難しそうですが、堅実に走ってはくるので人気にはなります。ダート転向が遅かった馬で年齢的にもこれから成長するタイプの馬ではないので、今回は厳しい戦いになるのではないでしょうか。

[もっと見る]

2017年11月28日(火) 18:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』11/25〜26の結果(ジャパンカップ,京都2歳S)
閲覧 397ビュー コメント 0 ナイス 1

11月26日(日)に行われました東京11Rの「ジャパンカップ G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【5位】○シュヴァルグラン(13.3倍)
2着:総合ポイント【6位】△レイデオロ(3.8倍)
3着:総合ポイント【1位】△キタサンブラック(2.1倍)

第3グループ・総合ポイント5位のシュヴァルグランが1着、第3グループ・総合ポイント6位のレイデオロが2着、第1グループ・総合ポイント1位のキタサンブラックが3着という結果でした。


あっちへ行っちゃあ前が塞がり、こっちへ行っちゃあ詰まってブレーキ。あ、◎イキートスの話です(苦笑)。もちろん妙味込みでの本命視でしたから覚悟の上ではあったのですが、それにしてもD.ポルク......。去年のゴール前での脚や、レースでの手応えを見ると、残り300mディサイファワンアンドオンリーの間で急ブレーキを踏んだシーンがもったいなかったですね。残念です。


【3複フォーメーション】
◎=○▲△(2,4)=印
6=1,2,4,8=1,2,4,8,11,12,13,16

計22点 払い戻し0円


続いて、11月25日(土)に行われました京都11Rの「ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス G3」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【4位】▲グレイル(4.8倍)
2着:総合ポイント【1位】○タイムフライヤー(1.7倍)
3着:総合ポイント【2位】ケイティクレバー(18.1倍)

第3グループ・総合ポイント4位のグレイルが1着、第1グループ・総合ポイント1位のタイムフライヤーが2着、第2グループ・総合ポイント2位のケイティクレバーが3着という結果でした。


こちらは完全にハーツクライ産駒の○▲にやられてしまいました。予想編でもそのことを指摘してるんですけどね〜。またいつもの悪いクセで穴探ししてしまいました(+_+)「素直さが足りない」これを肝に銘じて来週に向かいたいと思います......さて、今週はどの馬に穴を期待しようかな〜(あれ?何が足りないんだっけ??)


【3複フォーメーション】
◎=○▲=印
7=2,6=2,3,4,6,8

計7点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年11月26日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第316回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜ジャパンカップ G1
閲覧 1,106ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「ジャパンカップ G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、キタサンブラック1頭。
第2グループ(黄)は、サトノクラウンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のマカヒキまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、イキートスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のシュヴァルグランレイデオロまで3頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、1位→2位間の1.5ポイント差が少し目立つ程度の拮抗状態。キタサンブラックはともかくとして、その下はオッズが示すほどの差は感じられない、そんな印象のメンバー構成です。

そんななか今回の私の本命は◎イキートスとしました。昨年で日本の馬場への適性は証明済み。鞍上も、ワールドクラスの名手ではないもののD.ポルク騎手への乗り替わりで昨年よりは強力(国内リーディング順位くらいしか、正直判断材料はありませんが)。真っ直ぐ走れずに上り2位の脚でキタサンブラックから0.6秒差ならチャンス十分とみました。最終追い切りも軽めとはいえ、好調を伝えるものだったと思いますし昨年以上を期待します。
○はシュヴァルグラン。昨年は大外17番枠から外を伸びて3着。2400m〜2500mでは安定感のある戦績と末脚を誇り、最内枠となった今年は先行策をほのめかすコメントも出ていて好感。馬券は別にしても、この馬の出方次第でレースの質も変わってくるとみていて、その意味でも注目の存在。
3番手は▲ソウルスターリング。前日を見ると時計が結構出る馬場になってきていてあまり時計が速くなり過ぎるようだと心配ですが、平均ペースまででこの枠から好位からの競馬が叶えば怖い存在と見ています。この条件(東京2400m)で3回連続馬券内(※近3年)の心強い鞍上も魅力。
以下、枠は痛恨でも☆ヤマカツエース。栗東CWで全体好タイムで終いも速いこのレースで好走例の多い最終追い切りパターンに好感。スッと内に付けられて4角であまり外々を回らされない競馬なら、枠に目を瞑ってでも狙う価値ありとみて穴で期待。
以下、△キタサンブラック、△レイデオロ、△サトノクラウン、△マカヒキ、△シャケトラまで印を回します。
キタサンブラックは当然有力でしょうが、前走で見せた(ゲートの)出の悪さが少し気掛かりななか今回も内枠を引いたこと、残りあと1戦2500m戦を残しての極悪馬場の天皇賞(秋)明けであることなどから、あくまで結果的にですが5〜6番手評価となりました(なってしまいました?(^^;)
そして、今回の私の馬券は◎の単複勝負となる予定ですが、当コラム買い目としては◎からの3複で勝負とします。

【3複フォーメーション】
◎=○▲△(2,4)=印
6=1,2,4,8=1,2,4,8,11,12,13,16(22点)

[もっと見る]

2017年11月26日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/ジャパンカップ G1(サラマッポプロ)
閲覧 1,357ビュー コメント 0 ナイス 4

 今年のジャパンカップは豪華メンバーが揃いました。現役古馬最強のキタサンブラックにダービー馬のレイデオロ。ほかにもG1ホースがズラリと並び、ひと癖ありそうな外国馬も来日しました。なんとも予想のしがいのある一戦ですね。この大注目のレースを予想してくれるのは、ウマニティ公認プロ予想家のサラマッポさん。馬体と走法から競走馬の真の適性を見抜くことのできる相馬の天才は、どんな結論を下したのでしょうか。
 サラマッポさんの本命はマカヒキです。「ディープインパクト産駒らしい、軽くて伸びのあるフットワークの馬。良馬場がベストなタイプで、今回は前走以上に走れそう。胸が深くスタミナも豊富ゆえに距離延長はプラス。ダービーを勝った舞台で、本領を発揮する」と前年ダービー馬の復活を予想しました。対抗はキタサンブラック。印を打ったのはこの2頭のみで、馬券は単複、馬連きで勝負します。本レース以外のサラマッポプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!


(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年11月26日() 12:00 ROBOTIPプロジェクトチーム
〜重賞予想〜かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(ジャパンカップ G1)
閲覧 723ビュー コメント 0 ナイス 3



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『ジャパンカップ G1』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎レイデオロで勝率は15.3%。注目のキタサンブラックは、3番手で10.6%の勝率と算出されています。比較的、人気どころがしっかりと上位評価となっている印象ですね。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらも本命◎レイデオロ(勝率20.6%)で、2位も○マカヒキ(勝率15.3%)で同様の結果に。ただし、こちらは3位以下との差が大きくなっていて、2頭が抜け出した格好となっています。人気薄のヤマカツエースが買い目に含まれていて、好配の使者を期待といったところでしょうか。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



またまた本命◎レイデオロ(勝率21.5%)、2位も○マカヒキ(勝率10.5%)となりました。1位→2位間の差が今回最大となっているように、騎手ロボ評価では◎レイデオロ一強に近い状況のようです。


【まとめ】
今回は、◎レイデオロだけでなく○マカヒキまで、1位・2位評価が全ロボ一致の見解となりました。一方、1番人気キタサンブラックは最高でも3番手(▲)評価までで、買い目に組み込まれていないロボがみられるほど、世間評価とは少し差があるロボ評価となりました。全体的には、あっても中波乱までかなという印象の今年のラインナップですが、このロボ評価通りなら、2連系馬券などでひょっとしたらおいしい馬券にありつけるかもしれませんね。果たして結果やいかに!?今からレースが楽しみです(^^♪


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

⇒もっと見る

キタサンブラックの口コミ


口コミ一覧
閲覧 310ビュー コメント 0 ナイス 3

予想印
◎タワーオブロンドン
…前走の京王杯2歳Sではスローの上がり勝負を33.2秒の末脚で完勝し2走前のハイペースだったききょうSは1頭違う脚で圧勝!今回距離延長は?もこれまでのレースっぷりを見る限り坂のあるコースは間違いなく向くと思われ内枠に入れて折り合いの心配はなく最短コースを回ってこれそうなのも大きくプラスで調教も前走の調教時よりタイムも動きも格段に良くなって!!

○ステルヴィオ
…前走は敗れはしたものの上がり最速の末脚で2着確保。距離ももう少しあっても大丈夫そうでスローの上がり勝負でもハイペースのスタミナ勝負どちらでもキッチリ差してきそう、、

▲▲侫蹈鵐謄ア
…今回展開のカギを握りそう。前走は故障馬の影響を少なからずうけたようで2走前の新潟2歳Sではスローの上がり勝負を2番手から上がり2位の脚を使って勝ちきり長く脚を使えるタイプかも。ダイワメジャー産駒は阪神マイルのG気任藁廟咾發△蠧┐欧討睫滅鬚修Α◆

※1番人気のダノンプレミアムはポテンシャルもここまでのパフォーマンスもメンバーNo.1でアッサリ勝ってしまうかもしれませんが今回1枠1番で難しい競馬になる可能性も、、押し出されて逃げの手は避けたいと思うし、かといって控えてどスローのヨーイドンは嫌な感じがします。調教の動きは良かったですが1週前調教のタイムと動きが抜群すぎてそこがピークだった可能性も、、
抜けた1番人気で狙う妙味も少なく今回は嫌ってみます(。>д

 まっちゃんGT7 2017年12月15日(金) 22:26
しばらく競馬お休み 
閲覧 64ビュー コメント 0 ナイス 2

とは言えG気聾るんですけどねー(´・ω・`)

でもお金は使いません。

たまーに予想コロシアムにUPします。当たらない予想を(笑)



今は遊び金と言いますかお小遣いと言いますか、余剰金は全て仮想通貨へ流します。



株やFXと違って、チャート分析に左右されない点が夢あるし、今はとにかくアゲアゲなので。
でもまあもう落ち着くと思いますが…落ち着いたら落ち着いたでチャートなりの値動きにはなると思います。
でもそれはビットコインだけね。
他の通貨はまだまだ夢あるね(・ω・)

とにかく今は週末もいろんな通貨のチャートを見る日々が続いてます。
FXとは全く違う醍醐味があります。
本当にもっと早く気づくべきだったと思う反面、多分まだ早い方なんちゃうかなと思うくらいまだまだ伸びそうな市場です。

まあ…お金の話はこの辺にしとくとして…
競馬は変わらず続けますよ(・ω・)

リッキーの引退式もキタサンブラックの引退式も淀!
毎年この時期に淀でカレンダー買うし、引退式と重なるならそれだけは本当に楽しみです。

来週は有馬記念ですね、キタサンブラックの買い時は…当日には分かるでしょう。
この馬ほどON・OFFのはっきりしている馬はそうそういないと思います。
戦闘モードなら、当然買いです(`・ω・´)

答えはパドックにあり。
有馬記念当日、この馬をとにかく知りたいなら、今までのパドックと比較してみてください。

[もっと見る]

 ユウキ先生 2017年12月15日(金) 22:07
☆有馬記念パート2(サトノクラウン)☆
閲覧 87ビュー コメント 0 ナイス 8

今年の宝塚記念を勝ったサトノクラウンが最終的に有馬記念へ出走すると決まったそうです☆

しかも鞍上は世界的名騎手・R・ムーア(^^♪

2歳時の東京スポーツ杯2歳S(1着)以来のコンビ!!

もちろんその時とは実力も戦績も全然違う☆

前々走の天皇賞(秋)でも負けはしましたがキタサンブラックと差のない競馬!!

今回、逆転もあり得ます☆

[もっと見る]

⇒もっと見る

キタサンブラックの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
4:
  mata   フォロワー:0人 2016年6月26日() 01:42:23
◎複勝
3:
  ヨッシー   フォロワー:4人 2015年10月16日(金) 19:10:12
追いかける価値あり
2:
  キタノかちどき   フォロワー:0人 2015年3月24日(火) 15:33:42
G兇鮴覇・・・

この勢いでG気盂佑辰舛磴う!

さぶちゃんのなま歌を聴きたいね〜

⇒もっと見る

キタサンブラックの写真

キタサンブラックの厩舎情報 VIP

2017年11月26日ジャパンカップ G13着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

キタサンブラックの取材メモ VIP

2017年11月26日 ジャパンカップ G1 3着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。