ステイフーリッシュ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
POGウォッチリストに登録すると、ウマニティPOGのPOGリストに追加できます。
今すぐ会員登録
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
写真一覧
現役 牡3 鹿毛 2015年2月22日生
調教師矢作芳人(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績 3戦[1-0-1-1]
総賞金2,517万円
収得賞金400万円
英字表記Stay Foolish
血統 ステイゴールド
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
カウアイレーン
血統 ][ 産駒 ]
キングカメハメハ
シルバーレーン
兄弟 ジッパーレーンエクスプレスレーン
前走 2018/02/11 共同通信杯 G3
次走予定

ステイフーリッシュの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/02/11 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 12795.7210** 牡3 56.0 中谷雄太矢作芳人438(-12)1.48.5 1.134.1⑩⑩⑩オウケンムーン
17/12/28 中山 11 ホープフルS G1 芝2000 1771322.983** 牡2 55.0 中谷雄太矢作芳人450(0)2.01.6 0.235.9⑬⑬⑪⑧タイムフライヤー
17/12/10 中京 5 2歳新馬 芝2000 9555.231** 牡2 55.0 中谷雄太矢作芳人450(--)2.03.7 -0.433.8④⑤アイスバブル

ステイフーリッシュの関連ニュース

 ◆ミナリク騎手(エイムアンドエンド3着) 「いいリズムで走れた。直線は手応えがよく、ワクワクしたほど。最後まで諦めないで走ってくれたね」

 ◆田辺騎手(ゴーフォザサミット4着) 「ゲートを出て寄られて、行き脚がつかなかったが、ゴーサインを出してからの反応はよかった」

 ◆内田騎手(カフジバンガード5着) 「長くいい脚を使ったが、最後は力でねじ伏せられた感じ」

 ◆松永幹調教師(ブラゾンダムール6着) 「上手に流れに乗れていたが、直線は左にもたれて追いづらそうだった」

 ◆柴田大騎手(コスモイグナーツ8着) 「ハミを替えて、道中も我慢できていた。内容は悪くない」

 ◆浜中騎手(アメリカンワールド9着) 「初めての左回りで、コーナーを逆手前で走ったり、直線でもたれたりしていた」

 ◆中谷騎手(ステイフーリッシュ10着) 「反応がなかった。体も(12キロ)減っていたし、目に見えない疲れがあるのかも…」

 ◆丸田騎手(トッカータ11着) 「メンバーは強かったが、今までの中で一番上手に走れていた」

 ◆吉原寛騎手(リュウノユキナ12着) 「初めての左回りに戸惑っていた」

★11日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら

【共同通信杯】グレイルが1番人気/13:00時点 2018年2月11日() 13:07

 東京の日曜メインレースには、3歳重賞・共同通信杯(2月11日、GIII、芝1800メートル)が組まれている。



 近年はゴールドシップイスラボニータリアルスティールディーマジェスティといった勝ち馬がのちにGIを制しており、過去にさかのぼればクラシック三冠馬となったナリタブライアンもここをステップに飛躍を遂げているように、屈指の出世レース。



 3歳クラシック戦線、さらにその後のGI戦線まで見据える意味でも注目の一戦だ。単勝1番人気はデビュー2連勝で京都2歳Sを制している出走メンバー唯一の重賞ウイナー・グレイルで2.0倍、GIホープフルSで3着に善戦しているステイフーリッシュが5.3倍で続き、3番人気はR.ムーア騎手騎乗のサトノソルタスで5.9倍となっている。13:00時点での単勝オッズは以下の通り。

(左から)枠番-馬番 馬名 単勝オッズ1- 1 サトノソルタス    5.92- 2 カフジバンガード  26.63- 3 アメリカンワールド  8.34- 4 エイムアンドエンド 96.75- 5 コスモイグナーツ  71.85- 6 オウケンムーン   14.46- 7 ブラゾンダムール  54.06- 8 トッカータ    303.67- 9 ステイフーリッシュ  5.37-10 ゴーフォザサミット  7.78-11 リュウノユキナ  155.88-12 グレイル       2.0



共同通信杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【共同通信杯】グレイルが単勝1.6倍で1番人気 2018年2月10日() 17:59

 2月2週目の中央競馬は今年2度目の3日間開催。日曜は東京競馬場で3歳馬によるGIII共同通信杯(11日、芝1800メートル)が行われる。クラシックとの関連が強いレースで、過去10年の勝ち馬では2012年ゴールドシップ皐月賞菊花賞、14年イスラボニータ、16年ディーマジェスティ皐月賞を制し、2着馬も12年ディープブリランテがダービー、15年ドゥラメンテ皐月賞、ダービーを勝っている。昨年Vのスワーヴリチャードもダービーで2着に好走しており、今年も目が離せない。



 前日最終オッズは以下のとおり。デビュー2連勝で京都2歳Sを制している出走メンバー唯一の重賞ウイナー・グレイルが単勝1.6倍で1番人気、キャリア1戦で挑んだホープフルSで3着に善戦しているステイフーリッシュが単勝4.9倍で2番人気、新馬Vに続きこのレースが2戦目となるサトノソルタスが単勝6.8倍で3番人気、未勝利→500万下と連勝中のゴーフォザサミットが単勝7.3倍で4番人気、同じく連勝中のオウケンムーンが単勝7.3倍で5番人気となっている。



 共同通信杯は2月11日、東京競馬場(11R)で、午後3時45分にスタートが切られる。



(左から)枠番-馬番 馬名 単勝オッズ1- 1 サトノソルタス    6.82- 2 カフジバンガード  43.73- 3 アメリカンワールド 19.94- 4 エイムアンドエンド106.35- 5 コスモイグナーツ  98.15- 6 オウケンムーン   16.36- 7 ブラゾンダムール  59.76- 8 トッカータ    354.27- 9 ステイフーリッシュ  4.97-10 ゴーフォザサミット  7.38-11 リュウノユキナ  193.08-12 グレイル       1.6



共同通信杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【共同通信杯】夕刊フジ・調教チェッカーズ 2018年2月10日() 11:37

 今月で引退する岩元市三調教師といえば、やはりテイエムオペラオーの印象が強烈だ。交流がなかった関東の我々がいつ厩舎を訪ねても常に笑顔で受け答えしてくれた。それは今思えば、オペラオーの強さと重なる気もする。どうせなら全部◎にしとけばよかった。大体当たってたのに。

 1番手はグレイル

 クラシックを見据えつつの今年初戦だが、動きはシャープ。武豊騎手を背にした今週は軽く促されただけでジワッとギアを上げ、古馬1000万下に余裕で2馬身先着した。体幹が強いのかフォームにブレがなく、グッドルッキングホースが一段とパワーアップした印象だ。

 ゴーフォザサミットは馬なりで併せ馬を重ねるスタイル。しまい重点の今週も無理なく誘導役に並びかけ、歩調を合わせて併入した。動きが滑らかで好仕上がり。

 ステイフーリッシュは前走時も動きは目立ったが、今週も素軽さ十分。活気にあふれ、暮れの強行軍のダメージは感じられない。(夕刊フジ)



共同通信杯の出走馬詳細はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【共同通信杯】重賞覇者グレイル8枠12番 枠順確定 2018年2月9日(金) 10:15

 2月11日に東京競馬場で行われる「第52回共同通信杯」(GIII、東京11R、3歳オープン、別定、芝1800メートル、1着賞金3800万円)の枠順が9日に確定した。



 デビュー2連勝で京都2歳Sを制している出走メンバー唯一の重賞ウイナー・グレイルは大外8枠12番、キャリア1戦で挑んだホープフルSで3着に善戦しているステイフーリッシュは7枠9番、未勝利→500万下と連勝中のゴーフォザサミットは7枠10番、オウケンムーンは5枠6番、新馬Vに続いて連勝での制覇を目指すサトノソルタスは1枠1番にそれぞれ決まった。



 共同通信杯は2月11日、東京競馬場(11R)で、午後3時45分にスタートが切られる。



共同通信杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【共同通信杯】厩舎の話2018年2月9日(金) 05:09

 ◆アメリカンワールド・浜中騎手 「一戦ごとに力がついてきて、しっかりしてきた印象」

 ◆エイムアンドエンド・佐々木助手 「ゆったり運べる東京に替わるのはいいが、まだキャリアが浅いので…」

 ◆オウケンムーン・国枝師 「もともとけいこは動かないタイプ。まずまずの動きだね」

 ◆カフジバンガード・金折助手 「左回りは結果を出している。ゲートをちゃんと出れば」

 ◆グレイル・野中師 「目いっぱいではないけど、いい調教ができた」

 ◆コスモイグナーツ・高橋祥師 「追い切りはいい動き。乗り方は枠や馬場次第で考えたい」

 ◆ゴーフォザサミット・田辺騎手 「休み明けでも息遣いはいい。調教では乗りやすい」

 ◆ステイフーリッシュ・中谷騎手 「体はできあがっているから、単走でサラッと。時計的にも十分だね」

 ◆トッカータ・和田雄師 「休み明けを使って上積みを感じる。1800メートルの適性もある」

 ◆ブラゾンダムール・松永幹師 「前回はテンションが高かったけど、今回はずっと落ち着いていて状態はいい」

 ◆リュウノユキナ・斉藤敏師 「タイムはそれほど出ていないが、ほぼ予定通りの調教だった」

共同通信杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステイフーリッシュの関連コラム

閲覧 750ビュー コメント 0 ナイス 2



 変則3日間開催中日の本日は、東西それぞれに重賞が組まれています。今回、勇躍登場してくれるのは“予想界のファンタジスタ”の異名をとるウマニティ公認プロ予想家の霧さんです。ターゲットに指定したのは共同通信杯。昨年、2歳・3歳限定戦を1692レース予想し、回収率102.8%を記録した“世代限定戦のスペシャリスト”が、渾身の予想を披露してくれます。
 霧さんが本命に推したのは③アメリカンワールド。「ひと息入れたあとの未勝利勝ちが別馬のような好内容。同じ父からは同舞台のエプソムC勝ち馬ダッシングブレイズが出ており、本馬も適性は高いはず」と推奨根拠を挙げてくれました。対抗は「走法からは左回りでさらに良さが出そう」な⑫グレイル。単穴は⑨ステイフーリッシュ。以下、②、①の順に押さえ、馬券は単勝③、馬連流し③→①②⑨⑫、馬単マルチ③→②⑨⑫、3連複2頭軸流し③⑫→①②⑨で勝負します。本レース以外の霧プロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<


登録済みの方はこちらからログイン

2017年12月29日(金) 17:45 競馬プロ予想MAX
先週の回顧~(12/23~12/28)西野圭吾プロが有馬記念3連単的中など計8万1,780円払戻し!
閲覧 721ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、24(日)に中山競馬場でG1有馬記念が、28(木)にG1ホープフルSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1有馬記念は、引退戦となったキタサンブラックが単勝1.9倍の1番人気に推され、2番人気に3歳馬スワーヴリチャード(単勝4.5倍)、3番人気にJC覇者シュヴァルグラン(単勝6.7倍)、4番人気に春秋GP制覇を狙うサトノクラウン(単勝9.8倍)が続き、発走時刻を迎えます。スタートはほぼ出揃う中、ダッシュつかずのブレスジャーニールージュバックあたりは後方から。好スタートを決めたキタサンブラックが、そのままスタート後の先手争いを制して単独先頭へ。2番手にはシャケトラが収まり、以下はヤマカツエースカレンミロティッククイーンズリングトーセンビクトリーと先行集団を形成。後れを挽回しブレスジャーニーが先団に取り付き、サトノクロニクルサクラアンプルールも中団前方の追走。サトノクラウンシュヴァルグランが中団にかけて続き、後方にはレインボーラインミッキークイーンスワーヴリチャードルージュバックサウンズオブアースの態勢。
各馬4コーナーを回って、1週目のスタンド前を通過。極端なスローにはならず、淡々としたペースでキタサンブラックが率いる馬群は、切れ目なく一団となって1コーナーへ突入していきます。ここで若干のペースダウンを図ったキタサンブラックが、13秒台のラップを2つ並べてレースは徐々に後半戦へ入っていきます。隊列には大きな動きが見られない中、シュヴァルグランは中団外目、直後のインにサトノクラウン、外にスワーヴリチャードといったところが続き、2週目の3コーナーへ。外からカレンミロティックが、2番手シャケトラに並び掛けるように進出を開始すると、連れてトーセンビクトリークイーンズリングサクラアンプルールらも徐々に押し上げていき、さらに後方からシュヴァルグランスワーヴリチャードもスパートへ。
直線に入って、逃げるキタサンブラックのリードは2馬身ほど。徐々に後続との差を広げていきます。2番手争いに目を向けると、シャケトラが苦しくなったところへ、クイーンズリングスワーヴリチャードシュヴァルグランの外人ジョッキー騎乗の3頭が手応えよく坂を駆け上がってくる展開。ここで、スワーヴリチャードが内に切れ込み、シュヴァルグランらがヒヤリとする場面も。しかし、前を悠々と走る王者キタサンブラックは既に勝利を手中にした構えで、観衆の視線をさらに集めながらのラストスパート。さすがにラストは後続の勢いに差を詰められはしたものの、1馬身1/2差での完勝V。引退戦を勝利で飾り、見事生涯獲得賞金歴代トップに輝いています。8番人気クイーンズリングが馬群をさばいて伸びて2着確保、そこからハナ差3着には3番人気シュヴァルグランが入っています。
公認プロ予想家では、西野圭吾プロ馬っしぐらプロ河内一秀プロほか、計8名が的中しています。 
 
G1ホープフルSは、大外のナスノシンフォニーが逸走しどよめきの中でのスタート。単勝4.2倍の1番人気に推されたタイムフライヤーは、7番枠から周りの出を窺いながら馬群の最後方にスッと下げての追走を選択。ハナはトラインが奪い、ジュンヴァルロサンリヴァルが併走する形で馬群を引っ張り、軽快なペースで向う正面へ向かいます。
2番人気のルーカスは中団、その後ろに3番人気フラットレー、4番人気ジャンダルムが続き、依然タイムフライヤーは後方で、大きく離れてポツンと最後方にワークアンドラブの態勢となり、全17頭が3コーナーへ。トラインがズルズルと後退し(故障発生により決勝線手前で競走を中止)、変わって先頭はサンリヴァルとなり後続各馬は横に大きく広がって4コーナーを通過していきます。
先頭をうかがう勢いでルーカスが3分どころを通って追い出されますが、そこから思うように伸びず。対して、外から前を射程圏に入れたジャンダルムタイムフライヤーは、ぐいぐいと坂を駆け上がりながらの力強い伸び。直後を通ってはステイフーリッシュも末脚発揮で4番手まで浮上します。内ラチ沿いを粘るサンリヴァルと、外を伸びるジャンダルムタイムフライヤーステイフーリッシュの4頭の争いとなる中、タイムフライヤーがこの争いから抜け出し単独先頭へ。内で馬体を併せて応戦するジャンダルムでしたが、ゴール手前で力尽き及ばず。タイムフライヤーが人気に応えて先頭でゴール!重賞初制覇を飾っています。1馬身1/4馬身差2着のジャンダルムからクビ差の3着には8番人気ステイフーリッシュが入っています。
公認プロ予想家では、おかべプロきいいろプロ霧プロマカロニスタンダーズプロ河内一秀プロほか、計17名が的中しています。
 
 
※全レースの結果情報はこちら


本年も『プロ予想MAX』をご利用頂きまことにありがとうございました。
2018年も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想に是非ともご注目下さい。

[もっと見る]

2017年12月29日(金) 15:00 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』12/23~28の結果(有馬記念,ホープフルS,阪神C)
閲覧 683ビュー コメント 0 ナイス 3

12月24日(日)に行われました中山11Rの「有馬記念 G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】▲キタサンブラック(1.9倍)
2着:総合ポイント【12位】△クイーンズリング(33.1倍)
3着:総合ポイント【3位】△シュヴァルグラン(6.7倍)

第1グループ・総合ポイント1位のキタサンブラックが1着、第4グループ・総合ポイント12位のクイーンズリングが2着、第2グループ・総合ポイント3位のシュヴァルグランが3着という結果でした。


キタサンブラックに勝たれ完敗。◎サトノクロニクルは、押して押して出て行ってはくれたものの、結果的に内のヤマカツエースクイーンズリングに来られて好位集団後方になって苦しい展開に。直線でも窮屈な競馬になってしまいました。流れが悪い感じの競馬で終わってしまい残念ですが、まだまだ3歳馬。直線での伸びや、この馬のズブイところを考えればよく頑張っていたと思いますし、のびのびと早めスパートの競馬が叶えば来年以降楽しみな存在となってくれるのではないかと期待しています。


【3連複流し】
◎=○▲=印
6=2,7=1,2,3,5,7,8,10,11,12,13

計17点 払い戻し0円


続いて、12月23日(土)に行われました阪神11Rの「阪神C G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】☆イスラボニータ(4.1倍)
2着:総合ポイント【3位】◎ダンスディレクター(21.7倍)
3着:総合ポイント【8位】△サングレーザー(4.5倍)

第1グループ・総合ポイント1位のイスラボニータが1着、第3グループ・総合ポイント3位のダンスディレクターが2着、第4グループ・総合ポイント8位のサングレーザーが3着という結果でした。


こちらは先週では唯一の的中。本当は、「阪神Cなんて外れてもいいから有馬記念を当てたい!」というのが本音だったんですが^^;、それでも◎ダンスディレクターで的中出来たのでまずまず。今年最終週としては一応プラス収支で終えることが出来て良かったです。


【馬連流し】
◎=印
12=1,2,5,7,9,10,11,15,17,18

計10点 払い戻し4,040円


最後に、12月28日(木)に行われました中山11Rの「ホープフルS G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【1位】◎タイムフライヤー(4.2倍)
2着:総合ポイント【2位】ジャンダルム(6.2倍)
3着:総合ポイント【10位】ステイフーリッシュ(22.9倍)

第1グループ・総合ポイント1位のタイムフライヤーが1着、第1グループ・総合ポイント2位のジャンダルムが2着、第4グループ・総合ポイント10位のステイフーリッシュが3着という結果でした。


タイムフライヤーは強い競馬を見せてくれましたが、相手が……(+_+)思えば、日曜に誰よりも馬場を掴んでいたであろう武豊騎手を軽視したのが痛恨でした。せっかく、◎が気持ちよく勝ってくれたので獲りたかったです。。。


【馬連流し】
7→8,10,11

【ワイド】
7-8

計4点 払い戻し0円



今年は、いまいち会心の的中を記録することが出来ず、苦戦の一年となってしまいました。それでもラストはプラスで終えることが出来ましたし、何とか一時期のような“超低空飛行”続きにならないよう、来年も続けていけたらと思っています。今年一年、最後までお付き合いいただき本当にありがとうございました。2018年も、少しでも参考になる情報を発信していきればと思っております。皆さまにとって、2018年の競馬LIFEがより良いものとなりますように・・・(^_-)-☆

[もっと見る]

2017年12月26日(火) 15:00 くりーく
くりーくの中間調教チェック 2017ホープフルS
閲覧 1,622ビュー コメント 0 ナイス 12



こんにちは、公認プロ予想家のくりーくです。このコラムでは、今週行われるG1出走予定馬の中間の調教内容を中心に分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
前走からの中間の調整内容(評価はA~F)を中心に、各馬コメントをしていきたいと思います。
尚、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください


◇賞金順◇

ジャンダルム(新馬戦の印▲)A
変則日程となるこの中間も、1週前追い切りはCWを長めから追われ好時計で先着と引き続き仕上がりは良さそう。

タイムフライヤー(新馬戦の印◯)C
月1戦のローテーションできていて、20日の追い切りではジョッキー騎乗で追い切られた。軽めとはいえ、まだ力強さに欠ける感じで、上積みまではないか。

ルーカス(新馬戦の印△)B ※回避予定
前走時の追い切りはまだモタモタした感じがあったが、1週前は前走より素軽い感じで上積みがありそう。

ジュンヴァルロ(新馬戦の印△)B
今回が3戦目で1週前追い切りも終いまで良い時計が出ており、引き続き調子は良さそう。

マイハートビート(新馬戦の印無印)E
使い詰めでこの中間の調教内容は物足りない時計。

ワークアンドラブ(新馬戦の印▲)F
20日は芝での追い切りを行うも、首を使わない走りで芝での競馬は厳しそう。

ウォーターパルフェ(新馬戦の印無印)D
初勝利から間隔を空けての今回だが、乗り込み量は多いものの20日の動きは重い感じで物足りず。

シャフトオブライト(新馬戦の印×)D
今回が12月3戦目。さすがに直前で強い追い切りができず状態維持が最優先。

シャルルマーニュ(新馬戦の印▲)C
使い詰めできているが、この中間は前走時と比較して調教内容も悪くない。

ステイフーリッシュ(新馬戦の印×)B
今回が2戦目。デビュー戦はまだ余裕のある馬体で、一度使われての上積みがありそう。

トライン(新馬戦の印◯)B
新馬戦の前も好時計が出ていたが、20日の追い切りでも好時計が出ていて引き続き調子は良さそう。

トーセンクリーガー(新馬戦の印▲)C
5戦目になるが、この中間も美浦の坂路で好時計が出ていて悪くない内容。

ナスノシンフォニー(新馬戦の印△)A
休み明けの前走を使われて、この中間も余裕のあるローテーションで乗り込みが豊富。20日の追い切りでも3頭併せの外を楽に先着と、仕上りは良さそう。

ニシノベースマン(新馬戦の印△)※回避予定

フラットレー(新馬戦の印◎)B
この中間も坂路、南Wで乗り込まれ20日の追い切りでは内に併せて楽に先着。前走を叩いての上積みがありそう。

リュヌルージュ(新馬戦の印×)B
間隔はそれほどないが、前走時のパドックでもまだ絞れるくらい余裕のある馬体でまだおつりはある感じ。20日の追い切りでは、終いラチ沿いに寄っていくところはあったものの、母父マックイーンに少し似たような感じもあり前走の走りを見ても牝馬ながら距離が長い方が断然良さそう。

ロードアクシス(新馬戦の印×)C
新馬戦の時には目立つ時計は出ていなかったが、前走→今回と使われるごとに調教の時計が良くなっていて、調教面での上積みはありそう。



ホープフルSが今年からG1レースに昇格して行われることになります。長く競馬を観ていると、有馬記念の日に行われるオープン特別というイメージが強く、無理に重賞にすることもないのではとも思います。今の感じだとメインの料理(2歳牡馬牝馬G1)でお腹が一杯になった後に、もう一つ料理(ホープフルS)を出されているような印象で、昔のようにメイン料理(2歳牡馬牝馬G1)のあとは、デザート(ラジオNIKKEI杯)とドリンク(ホープフルS)で十分満足だったと思うのですが......。2歳G1の行われた後の12月最終週に、中山でホープフルS、阪神でラジオNIKKEI杯2歳Sがそれぞれオープン、G3で行われていた頃は、それはそれで来年に夢を膨らませるという意味での楽しさがありましたけど^^;(頭数が少なくてもワクワクして見ていたものでした)。
整理していかなければならないところはあると思いますが、絶妙なバランスで成り立っていてそれが良い味を出しているところもあるので、その辺りについては大事にしていってもらいたいものです。
今年のJRA開催もいよいよ28日で最終日。有馬記念のあとに競馬がまだ行われるということにも賛否がありますが、皆さんも競馬が好きだと思いますので開催される以上はもう1日競馬が楽しめると思って、今年最後のJRA開催を是非とも楽しんでいきましょう。
それでは次回、第2回ウマニティ杯くりーく賞編(今年も12/31笠松競馬にて『第2回ウマニティ杯くりーく賞』を開催する運びとなりました\(^o^)/)でお会いしましょう。


ホープフルS出走各馬の最終追い切り評価については、最終予想内でコメントする予定です。

※最終結論はレース当日のくりーくプロページでチェックしてください。

[もっと見る]

2017年12月26日(火) 14:00 覆面ドクター・英
ホープフルS・2017
閲覧 2,393ビュー コメント 0 ナイス 14

いよいよG1も開催もオーラスとなります。今年一年このコラムにもお付き合いいただき、ありがとうございました。春はイマイチでしたが秋はまあまあだったつもりです。今の状況だと、プロ予想家入れ替え戦に回る可能性もありますが、しぶとく来春のG1コラムに帰ってきたいと思っています。競馬新刊ほぼ全部に目を通して、そこから学んだ事をいろいろ仮説を立てて、取り入れを試してみたり常に向上心をもってやっているのですが、今年はかみ合わない事も多かったので、まためげずに試行錯誤していきたいと思います。

有馬記念キタサンブラックがスロー逃げからあっさり勝ってしまい(予測はできましたが……)、本命を打ったシュヴァルグランはミルコの斜行の影響で2着にも上がれず残念。木曜日にまたG1であるホープフルSがやってくるのは嬉しいものですが、かなりメンバー的には層が薄く、昨年みたいにダービー馬を輩出するレースとはならなそうです。2歳にとっての中山2000mは想像以上に過酷で、スタミナを問われるレース。あのキングカメハメハですら、3歳1月の京成杯での中山2000mで唯一3馬身半差の3着と最後は脚があがっており、軽いスピードタイプには厳しく、皐月賞と同じ舞台でも、この時期だとよりステイヤー寄りのスタミナタイプを狙いたいところです。

それでは恒例の全頭診断へ。

タイムフライヤー:京都2歳Sでは完全に勝ったかという直線先頭からグレイルの強襲の前に屈したが、その前の萩Sでの完勝も含め、実力本物。最有力。

ルーカス:偉大な兄のモーリスと比べて正直そんなに強くないのではと思っていたが、東スポ杯2歳Sではワグネリアンには完敗とはいえ、まだゆるい感じの仕上がりの中できっちり2着。マイルから2000mでの活躍した兄より長いところ向きのようで、ここを選んできた陣営の判断は正しそう。

シャルルマーニュ:オープンの1800mでも2着、3着と善戦しており、頭は無くても、そこそこやれそうではある。

トライン:新馬戦では逃げて3馬身差の完勝で、ディープインパクト×キングマンボという配合で、2戦目でここはちょっと厳しいかもしれないが先々まで楽しみな素質馬。

ジャンダルム:2戦2勝で、ビリーヴの仔(父はサドラー系のキトゥンズジョイ)で新馬勝ちの武豊騎手はマイルから2000mくらい、デイリー杯2歳S勝ちの際のアッゼニ騎手はマイルくらいがいいと言っており、スタミナ勝負の中山2000mの適性はあまり高くなさそう。

ナスノシンフォニー:長くいい脚を使えてジリジリ伸びるタイプで、デビュー戦は福島で序盤もたついてのまくり勝ち、百日草特別(500万下)はラチ沿いをじわじわ伸びての2着とスタミナ問われるここはちょうど良い舞台では。

ジュンヴァルロ:2戦2勝でともに逃げ切り勝ちだが、サドラー系の父ニューアプローチからもスタミナ勝負は望むところ。

マイハートビート:2000mをデビュー2戦目から続けて使って3戦2勝で臨んだ京都2歳Sだったが、出遅れて早めに動くも脚があがる。コメントでも幼いと言われているように、まだ良くなるのは先か。

ステイフーリッシュ:新馬戦を完勝しての2戦目だが、現在の中山芝はステイゴールドにぴったりの状態で、母もキンカメ×シルバーホークとスタミナ勝負ドンと来いという配合。

ワークアンドラブ:ダートで連勝してきての初芝となるが、前走も少頭数とはいえ最後方からの直線一気で、父シニスターミニスターからはいかにもダート馬な印象・ただ母はサドラー系×サンデーサイレンスでもあるし、コパさんの馬で馬係が芝でやれると踏んでの参戦なのかもしれない。

サンリヴァル:2戦2勝した後に3か月また鍛え直しての参戦。ルーラーシップ産駒でスタミナもありそうだし、スローからの上り勝負だっただけに指数系では評価が高く出ず、穴としては楽しみもある。

ロードアクシス:思った以上に結果出ないブレイクランアウト産駒で、未勝利勝ちもそれほどインパクトが無く、ちょっと厳しそう。

シャフトオブライト:父ディープスカイはダートか芝長距離向き産駒を出しており、舞台はいいのだろうが連闘に近い10日程度での出走。まだ力的にも厳しい。

トーセンクリーガーディープインパクトの7つ下の半弟(父ダイワメジャー)である父トーセンロレンスに初勝利をもたらした馬だが、未勝利勝ちでいきなりここは荷が重い。

ウォーターパルフェ:5戦目でやっと勝ち上がったが、7月から6戦目でそろそろお疲れでは。

フラットレー:様々な父で結果を出している優秀な母にハーツクライをつけた馬で、初戦楽勝の藤沢和厩舎だけにアイビーSでも1番人気に推された。が、7頭中1頭落馬しての5着とビリから2番目と期待を裏切った。ただひどい馬場だったのもあり、ノーカウントとして素質にかけてみる手はある。

リュヌルージュ:日本で結果の出ないドバウィの系統の父とマックイーン牝馬との組み合わせだが未勝利をやっと勝ち上がっただけで、血統の字面はスタミナがありそうでも厳しい。

ニシノベースマン:6月から8戦使って頭打ち状態で特に買える要素が無い。


<まとめ>
有力:タイムフライヤー

ヒモで:ステイフーリッシュジュンヴァルロルーカスナスノシンフォニートラインシャルルマーニュ

穴で:フラットレーサンリヴァルワークアンドラブ

[もっと見る]

ステイフーリッシュの口コミ


口コミ一覧

【GⅠ】皐月賞の予想

 ちびざる 2018年4月15日() 13:05

閲覧 220ビュー コメント 0 ナイス 2

◎:⑮ステルヴィオ
〇:③ジャンダルム
▲:②ワグネリアン
△:①タイムフライヤー
△:⑫グレイル
×:⑤キタノコマンドール


【買い目】

馬連
③→⑮


◎は⑮ステルヴィオにしました。
迷いましたが、この馬にしました。
まずは、枠順ですね。
内が荒れてきていて、馬場の悪化が予想されます。
枠の⑮は良いと思います。
やや重くらいなら、我慢できそうな気がします。
ロードカナロア産駒ですが、キングカメハメハが内包されているので
ギリギリ行けそうな気がします。


○は③ジャンダルムにました。
調教評価が、サンスポともう1紙で最高評価で
出来は良いと思います。
GⅠのホープフルステークスで2着。(レースレベルに疑問がありますが。)
メンバー的にプレ皐月賞だった弥生賞では3着でした。
どんなメンバーでも上位に来るので、安定感はあります。
今回、上位人気馬よりは前で競馬ができるのはプラスだと思います。
内枠ですが、前で競馬をする分、馬場の良いところを通れると思います。


▲は②ワグネリアンにしました。
実力は一級品だと思います。
ただ、目標がダービーに置いているように見えます。
調教もソフトな仕上げでこの一戦に臨んでいます。
テンションが上がらないようにとの配慮かもしれませんんが・・・。
あとはこの枠順をどう判断するか。
スタートを五分で出ると引っかかる可能性がありますし、
それならいっそのこと出遅れて、後ろから行くと
鞍上の腹が決まった方が競馬がしやすくなると思います。
この馬が、一番競馬がしくにくいと思います。

△以下では、①タイムフライヤーに注目しています。
GⅠホープフルステークスの勝ち馬で、その底力に期待ですね。
そのホープフルステークスのレースレベルが低いという話もありますが、
そうかもしれません。
1着のタイムフライヤーは、若葉ステークスで5着
2着のジャンダルムは、弥生賞で3着
3着のステイフーリッシュは、共同通信杯で10着。
ジャンダルムだけが結果を残したことを考えると
レースレベルが低いと言われても仕方ないところです。
ただ、ステイフーリッシュがなぜ、共同通信杯を使ったのかが疑問に残ります。
ステイゴールド産駒なので、スプリングステークスから始動だと思っていました。
そういう意味では、参考外でもいいのかもしれませんが・・・。
話をタイムフライヤーに戻しますが、
前走の若葉ステークスの結果が案外でした。
負けるにしても負けすぎの感じがしますが、
ハーツクライ産駒なので、使われつつ状態が上がってくる産駒が多いことを考えると
前走よりは、良い状態で出走してくると思います。
ただ、前走が不調の始まりだとすると脱出するのに時間がかかる産駒の欠点もあり
どちらなのかを見極めるには良いレースかもしれません。

 あらすぺ 2018年4月5日(木) 20:20
波乱の予感がする
閲覧 704ビュー コメント 0 ナイス 8

① ダノンプレミアムは皐月賞回避
→無理して出すよりは体制を整えてダービーで活躍してほしい。
これで一気に混戦ムードになった。弥生賞組ではジャンダルムは怪しいと思っています。
特にジャンダルム。
ホープフルS組は年明けからパッとしていない成績が目立ちます。
ステイフーリッシュ然り、タイムフライヤー然り、ただホープフルSと同舞台となるので見直しか迷うところ。
皐月賞本番はワグネリアンが良さそうな感じがします。

②ラッキーライラック最内枠
→データ上で最内枠は不利とのことですが、実力的にはカバーが効きそうな気がします。
むしろ心配なのは当日の馬場状態。土曜日雨らしい。
重馬場になるとアーモンドアイが人気するんだろうなあ。

今回の桜花賞と皐月賞は波乱の予感がします。
勝負レースには向かないように思います。

[もっと見る]

 あらすぺ 2018年3月18日() 23:09
短評6 若葉ステークス
閲覧 81ビュー コメント 0 ナイス 2

先日の共同通信杯でステイフーリッシュが大敗したのを見て、
ホープフルステークスってどうなんだろうと思い始めていました。

弥生賞でジャンダルムは3着を確保しましたがダノンプレミアムには完全に実力負けでした。

そんなわけでホープフルステークスのレースレベルは思ったより高くないかもしれないと思っていたのです。

そして若葉ステークス。
本命はタイムフライヤーでアイトーンを入れるかどうかで迷って切りました。
結果はアイトーンが勝ってタイムフライヤーが負けるという、なんという結果。

3着に入ったロードアクシスなんてホープフルステークスで大敗しているのに。(鞍上は乗り替わりになっているが)

このメンバー相手にタイムフライヤーは負けてはいけなかったでしょう。

ただ、この様子だとジャンダルムも実は強くないような気がしてきました。

[もっと見る]

⇒もっと見る

ステイフーリッシュの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ステイフーリッシュの写真

ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ
ステイフーリッシュ

ステイフーリッシュの厩舎情報 VIP

2018年2月11日共同通信杯 G310着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ステイフーリッシュの取材メモ VIP

2018年2月11日 共同通信杯 G3 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。