エピファネイア(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
エピファネイア
写真一覧
抹消  鹿毛 2010年2月11日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主有限会社 キャロットファーム
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績14戦[6-2-1-5]
総賞金68,779万円
収得賞金20,950万円
英字表記Epiphaneia
血統 シンボリクリスエス
血統 ][ 産駒 ]
Kris S.
Tee Kay
シーザリオ
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
キロフプリミエール
兄弟 リオンディーズグローブシアター
前走 2015/03/28 ドバイワールドカップ G1
次走予定

エピファネイアの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
15/03/28 アラ 9 ドバイWC G1 ダ2000 9--------9** 牡5 57.0 C.スミヨ角居勝彦---- ------プリンスビショップ
14/12/28 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 167134.025** 牡4 57.0 川田将雅角居勝彦494(+2)2.35.5 0.234.6ジェンティルドンナ
14/11/30 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 18248.941** 牡4 57.0 C.スミヨ角居勝彦492(+2)2.23.1 -0.735.0ジャスタウェイ
14/11/02 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 18358.046** 牡4 58.0 福永祐一角居勝彦490(+7)1.59.9 0.234.1⑨⑩⑨スピルバーグ
14/04/27 香港 8 QE2世C G1 芝2000 10--------4** 牡4 57.0 福永祐一角居勝彦483(--)2.01.7 0.7----DESIGNS ON ROME
14/04/06 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 8441.913** 牡4 58.0 福永祐一角居勝彦484(-2)2.00.6 0.334.4⑥⑥⑥⑤キズナ
13/10/20 京都 11 菊花賞 G1 芝3000 18231.611** 牡3 57.0 福永祐一角居勝彦486(+6)3.05.2 -0.835.9サトノノブレス
13/09/22 阪神 11 神戸新聞杯 G2 芝2400 185101.411** 牡3 56.0 福永祐一角居勝彦480(+2)2.24.8 -0.434.3⑧⑧⑨④マジェスティハーツ
13/05/26 東京 10 東京優駿 G1 芝2400 18596.132** 牡3 57.0 福永祐一角居勝彦478(-8)2.24.4 0.133.9⑨⑨⑩⑩キズナ
13/04/14 中山 11 皐月賞 G1 芝2000 187143.922** 牡3 57.0 福永祐一角居勝彦486(-8)1.58.1 0.135.6⑦⑦⑤ロゴタイプ
13/03/03 中山 11 報知杯弥生賞 G2 芝2000 128122.314** 牡3 56.0 W.ビュイ角居勝彦494(+8)2.01.1 0.135.3カミノタサハラ
12/12/22 阪神 11 ラジNIK杯 G3 芝2000 7771.911** 牡2 55.0 福永祐一角居勝彦486(-2)2.05.4 -0.134.4バッドボーイ
12/11/24 京都 9 京都2歳S OP 芝2000 10111.211** 牡2 55.0 福永祐一角居勝彦488(-2)2.03.0 -0.333.7ダンツアトラス
12/10/21 京都 5 2歳新馬 芝1800 14222.911** 牡2 55.0 福永祐一角居勝彦490(--)1.48.9 -0.533.5⑧⑨レッドジゼル

エピファネイアの関連ニュース

関連ニュースはありません。

エピファネイアの関連コラム

関連コラムはありません。

エピファネイアの口コミ


口コミ一覧
閲覧 50ビュー コメント 0 ナイス 5

ラスティングソング17(ロードカナロア)
10,000 KTレーシング

あんまりピンとこなかったが1億超え。
ロードカナロア産駒凄いなぁ。


コンドコマンド17(ディープインパクト)
17,000 KTレーシング

後躯に力がある感じで良く見えた。
肉付き・骨格はディープなのでそのあたりがどう変わるか。


マイジェン17(ゴールドシップ)
5,000 里見治

動きは硬めで母イメージかもしれないが、
血統的には柔らかくするより
硬いスピードを入れる方がよいかもしれない。


サトノジョリー17(エピファネイア)
3,600 了徳寺健二

エピファネイアの仔で注目。
ざっくり大きくなりそうな骨格の馬が多い。
動きはまちまちなので、まだ判断できない。
この馬は動きに目立つ印象はない。


ドナブリーニ17(ディープインパクト)
37,000 DMM.com

一口馬主ビジネス参入らしいので、
話題のある馬確保か。
価格はともかく、馬は良く見える。


パレスルーマー17(オルフェーヴル)
10,500 猪熊広次

この馬の動きは好み。
無理なく後ろから前への移動ができている。
1歳セリが低調だったオルフェーヴル産駒だが
当歳はまあまあの結果かな。
とはいえ、ロードカナロアとは随分差があった。


イルーシヴウェーヴ(ディープインパクト)
58,000 近藤利一

価格はともかく、動きやバランスはとてもよく見える。
どんな成長をするか楽しみ。


フーハイナ17(ハーツクライ)
16,000 NICKS

ハーツにしては骨格肉付きあり、しっかりした印象。
運動神経もありそうで魅力的。

 銀色のサムライ 2017年3月30日(木) 19:49
【2014年大阪杯】キズナ圧巻の差し切り勝ちも・・・
閲覧 58ビュー コメント 2 ナイス 7

名古屋競馬の名物レース・名古屋大賞典(G3)が本日行われました。

勝ったのは4歳で58kgという厳しい斤量を背負ったケイティブレイブ。
条件が合わないフェブラリーSでも6着に入っていましたし、
先行馬有利な名古屋の小回りコースも合っていたと思います。

僕は54kgのピオネロ本命で2着まで来てくれたんですけど、
相手に選んだオールブラッシュ撃沈でハズレ…(ToT)

名古屋の英雄・カツゲキキトキトが3着でしたから、
キトキトとのワイド、という応援馬券的なもので大丈夫だったんだ…と反省しています^ ^;

2022年度には弥冨トレセンへと移転する事が決定した名古屋競馬。
移転まであと5年ありますけど、1回でも多く名古屋競馬場まで足を運んで、
名古屋競馬場ならではのクラシカルな雰囲気を満喫できれば、と思っています。


今日のお題は2014年の大阪杯。
ダービー馬・キズナと菊花賞馬・エピファネイアが顔を合わせたレースでした。

僕は過剰な「キズナ信者」ですから、キズナが勝つもの、と思っていたんですけど、
世間はエピファネイアの方を高く評価していて、
レースではエピファネイアに1番人気の座を譲ってしまいました。

「エピファネイアを返り討ちにする!」と勝手に意気込んでいたところ、
TV越しのパドック映像で見たキズナのたくましい馬体にビックリ!

凱旋門賞以来で半年ぶりのレースでしたから、太め残りだったのは明らかだったんですが、
ダービーを勝った時よりも馬体が良い意味で成長していて、
「この状態なら負けるはずがない!」とパドックの時点でキズナの勝利を確信したのを今でも覚えています。

レースは終始エピファネイアの動きをマークする形で進んでいって、
直線でエピファネイアをあっさり交わし、先行していたトウカイパラダイスを悠々と差し切って見せました。

今後のG1戦線での活躍を予感させるだけじゃなく、
前年凡退した凱旋門賞でのリベンジを大きく期待させるレースっぷりを見せてくれたものの、
天皇賞春後に骨折が判明…。

翌年に戦列復帰しますが、全盛期の末脚を披露する事はなく、
現役引退に追い込まれてしまいました。

ケガがキズナの競走馬生活を大きく変えてしまったのは間違いないんですけど、
今振り返ってみると、ベスト距離はもっと短かったのかな?と思っています。

同じ血統背景のリアルスティールやプロディガルサンは距離を短くして好結果を残していますし、
マイル路線に舵を切っていたら、とんでもない怪物になっていたのかもしれません。


順調ならば2年後の2019年にキズナの産駒がデビューする事になります。

サンデーサイレンス系の種牡馬はかなりの数存在していますので、
その中で確固たる地位を築いていくのは大変な事だと思います。

でも、ダービーや大阪杯で圧巻の差し切り勝ちを決めたキズナであれば、
日本の競馬界を支えられるようなスターホースを輩出してくれる!と信じて、
キズナの産駒デビューを心待ちにしていたいです。

[もっと見る]

 グリーンセンスセラ 2017年3月5日() 23:06
ジュエラー引退!! 桜花賞馬 牝4歳 
閲覧 56ビュー コメント 0 ナイス 3

ジュエラー引退!! 次代に託された真の「牝馬3強」決定戦─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/2017年3月3日 21時30分 http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2740.html

 桜花賞馬ジュエラー(牝4歳/栗東・藤岡厩舎)が、左後第2指骨骨折のため現役を引退したという。
 ジュエラーは昨年、4着に終わった秋華賞後に左足の歩様が悪くなり休養を取っていたが、改めて検査したところ骨折が発覚。今後は繁殖牝馬入りする予定だ。
 ジュエラーは3歳時にチューリップ賞(G2)で、シンハライトに次いで2着に入るなど活躍。牝馬クラシックではシンハライト、2歳時に阪神ジュベナイルフィリーズを制したメジャーエンブレムらと「牝馬3強」を形成。空前の戦いが行われると予想されていた。
 だがこの「牝馬3強」が揃い踏みしたレースは第76回桜花賞(G1)のみ。このときは激戦をジュエラーがハナ差で勝利。
 その後、シンハライトは左前浅屈腱炎が判明し引退、メジャーエンブレムも左後肢にアクシデント、左前肢の蹄のダメージなどトラブルが相次ぎ「競走能力喪失」として引退している。そして今回のジュエラーの引退で、「牝馬3強」と呼ばれた馬たちはすべてターフを去ることになってしまった。
 引退後、3頭はすべて繁殖牝馬入りしている。シンハライトにはエピファネイア、モーリス、ルーラーシップが種付け候補。メジャーエンブレム、ジュエラーはまだ種付け候補馬すら聞こえてこない状況だが、シンハライト同様に有力馬が選ばれることだろう。
「牝馬3強」と呼ばれながらも、1度しか同じレースに出走することがなかった3頭。この結果だけではどの馬が本当に強かったかを語るには不充分であることは間違いない。
 これから生まれるであろう「牝馬3強」の産駒たちには母親以上の活躍を、そして母親の世代では見ることができなかった真の最強決定戦を繰り広げてもらいたい。

[もっと見る]

⇒もっと見る

エピファネイアの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

エピファネイアの写真

エピファネイア

エピファネイアの厩舎情報 VIP

2014年12月28日有馬記念 G15着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

エピファネイアの取材メモ VIP

2014年12月28日 有馬記念 G1 5着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。