レジネッタ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  鹿毛 2005年5月11日生
調教師浅見秀一(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者追分ファーム
生産地新冠町
戦績28戦[4-1-5-18]
総賞金27,390万円
収得賞金4,975万円
英字表記Reginetta
血統 フレンチデピュティ
血統 ][ 産駒 ]
Deputy Minister
Mitterand
アスペンリーフ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
マクダヴィア
兄弟 リヴェレンテアエローザ
前走 2010/12/19 愛知杯 G3
次走予定

レジネッタの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
10/12/19 小倉 11 愛知杯 G3 芝2000 182437.6149** 牝5 56.0 中舘英二浅見秀一444(+4)2.00.5 1.035.1⑯⑭⑭⑬セラフィックロンプ
10/11/14 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1823101.91311** 牝5 56.0 幸英明浅見秀一440(-4)2.14.2 1.735.3⑬⑬⑫⑫スノーフェアリー
10/08/15 札幌 9 クイーンS G3 芝1800 1471118.874** 牝5 55.0 池添謙一浅見秀一444(-6)1.47.9 0.334.6⑪⑨⑧⑨アプリコットフィズ
10/06/20 阪神 10 マーメイドS G3 芝2000 161214.4815** 牝5 56.0 岩田康誠浅見秀一450(+10)2.02.0 2.537.5⑥⑤⑤④ブライティアパルス
10/04/24 福島 11 福島牝馬S G3 芝1800 16489.351** 牝5 54.0 中舘英二浅見秀一440(-2)1.48.9 -0.035.7⑩⑪⑦⑨ブラボーデイジー
10/03/14 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 164721.3115** 牝5 55.0 吉田豊浅見秀一442(-4)1.47.8 0.234.2⑯⑮⑮⑫ニシノブルームーン
10/01/31 京都 11 京都牝馬S G3 芝1600 1571316.786** 牝5 54.0 四位洋文浅見秀一446(+2)1.36.8 0.434.2⑬⑬ヒカルアマランサス
10/01/16 中山 11 ニューイヤー OP 芝1600 162411.838** 牝5 54.0 後藤浩輝浅見秀一444(+2)1.33.9 0.936.1⑤⑤⑤レッドスパーダ
09/12/06 中山 11 ターコイズS OP 芝1600 14346.225** 牝4 56.0 三浦皇成浅見秀一442(-4)1.33.5 0.534.4⑫⑫⑪ウェディングフジコ
09/11/14 京都 11 アンドロメダ OP 芝2000 1761117.069** 牝4 55.0 岩田康誠浅見秀一446(0)2.01.4 0.935.2⑬⑫⑮⑭ナムラクレセント
09/10/18 東京 11 府中牝馬S G3 芝1800 185946.5113** 牝4 55.0 後藤浩輝浅見秀一446(+2)1.45.1 0.534.3⑮⑮⑮ムードインディゴ
09/10/04 阪神 10 ポートアイS OP 芝1600 1881812.0611** 牝4 54.0 池添謙一浅見秀一444(-2)1.34.4 1.034.7⑤⑤クラウンプリンセス
09/08/16 札幌 9 クイーンS G3 芝1800 14225.8310** 牝4 55.0 四位洋文浅見秀一446(-2)1.48.8 0.635.3⑪⑪⑩⑧ピエナビーナス
09/07/26 札幌 9 函館記念 G3 芝2000 161111.579** 牝4 55.0 小牧太浅見秀一448(0)2.01.3 0.735.7⑦⑦⑦⑨サクラオリオン
09/05/17 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 1881720.0516** 牝4 55.0 小牧太浅見秀一448(0)1.34.6 2.234.8⑯⑬ウオッカ
09/04/11 阪神 10 阪神牝馬S G2 芝1400 184720.485** 牝4 57.0 小牧太浅見秀一448(+12)1.22.2 0.834.5⑩⑨ジョリーダンス
08/11/16 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 1881828.2712** 牝3 54.0 小牧太浅見秀一436(-8)2.13.5 1.435.2⑧⑩⑬⑪リトルアマポーラ
08/10/19 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 188174.028** 牝3 55.0 小牧太浅見秀一444(0)1.58.9 0.534.8⑬⑭⑪⑫ブラックエンブレム
08/09/21 阪神 10 ローズS G2 芝1800 186112.713** 牝3 54.0 小牧太浅見秀一444(+4)1.47.4 0.135.6⑦⑥マイネレーツェル
08/08/17 札幌 9 クイーンS G3 芝1800 14583.112** 牝3 53.0 小牧太浅見秀一440(0)1.48.4 0.335.0⑪⑪⑩⑧ヤマニンメルベイユ

⇒もっと見る


レジネッタの関連ニュース

 1月8日の美浦トレセンでは9頭の3歳馬がゲート試験に合格。2008年の桜花賞を制したレジネッタを全姉にもつ、アキトホウオウなどがデビューへの関門を突破した。

★1月8日(木)美浦

アキトジュピター(母ソングバード、牝、伊藤大) おばにマイルCSなど重賞2勝のブルーメンブラット、おじに交流GIII・北海道スプリントCを制したジョイフルハート

アキトホウオウ(母アスペンリーフ、牡、伊藤大) 全姉レジネッタ桜花賞など重賞2勝

キリョウヨシ(母エアデヴォン、牝、菅原泰) おじエアセレソン新潟大賞典・GIIIの勝ち馬

コスモヴェルフェン(母アイアイサクラ、牡、手塚貴)

サスナーアディーン(母リトゥルスター、牡、伊藤大) 祖母はマーメイドS・GIII3着のタイキトゥインクル。おじヒットジャポット富士S・GIII3着など

サンタエスメラルダ(母アンジュトウショウ、牝、尾形充) 祖母ヌエボトウショウは京都牝馬特別などGIII5勝

ニーマルゴールド(母レッドステラーノ、牡、田村康) 祖母ロンドンブリッジ桜花賞2着、ファンタジーS・GIIIの勝ち馬。おばダイワエルシエーロオークスなど重賞4勝、おじビッグプラネットは京都金杯などGIII2勝

レイディルアレナ(母プラセンティア、牡、高橋文) おじにジャパンCダートを制したアロンダイト。いとこにGI・ジャパンDダービーなど交流重賞2勝のクリソライトパリュアットリスクの2012(牡、新開幸) 祖母ディスコホールは報知4歳牝馬特別・GIIなど重賞2勝

08年の桜花賞馬レジネッタが引退2010年12月23日(木) 05:01

 08年の桜花賞レジネッタ(栗・浅見、牝5)が、22日付で競走馬登録を抹消された。19日のGIII愛知杯9着がラストランとなった。通算28戦4勝。総獲得賞金は2億7390万4000円。重賞勝利は桜花賞と、今年の福島牝馬S(GIII)の2勝。今後は北海道安平町の追分ファームで繁殖牝馬となる。

[もっと見る]

08年桜花賞馬レジネッタが引退 繁殖牝馬に 2010年12月22日(水) 15:09

 JRA(日本中央競馬会)は22日、08年の桜花賞(GI)を勝ったレジネッタ(牝5歳、栗東・浅見秀一厩舎)が競走馬登録を抹消したことを発表した。

 レジネッタは07年9月、デビュー2戦目で初勝利。翌年の桜花賞では12番人気の低評価を覆し、見事にGIのタイトルを獲得した。4歳時は低迷が続いたが、5歳春の福島牝馬S(GIII)で復活の重賞2勝目を挙げた。

 父フレンチデピュティ、母アスペンリーフ、母の父サンデーサイレンスという血統で、JRA通算28戦4勝、2着1回3着5回。重賞は08年桜花賞、10年福島牝馬Sの2勝で、獲得賞金は2億7390万4000円(付加賞含む)。

 同馬は今後、北海道勇払郡安平町の追分ファームで繁殖馬となる予定。

[もっと見る]

【クイーンS】ヒカルアマランサス満点2010年8月10日(火) 05:02

 *過去10年が対象

 ★重賞連対必要

 連対20頭中16頭に重賞2着以内の実績があった。残る4頭のうち、01年2着ダイヤモンドビコー、02年1着ミツワトップレディ、04年2着エルノヴァは前走条件戦Vと勢いがあった。

 ★6歳以上不振

 4歳8連対と5歳7連対で計15連対と大半を占める。3歳も4連対と健闘しているが、6歳以上は1連対と不振。重賞ウイナーでも、6歳では06年にマイネサマンサが8着、07年ディアチャンスも3着だったことから、ウェディングフジコと、ピエナビーナスには厳しいデータだ。

 ★芝千八以上でV歴は強み

 14頭に芝1800メートル以上でV歴があった。残る6頭のうち、01年1着ヤマカツスズラン、07年1着アサヒライジングはともに秋華賞(芝2000メートル)で2着、08年2着レジネッタオークス(芝2400メートル)で3着。06年1着デアリングハートも、芝1600メートルだがNHKマイルCで2着と好走していた。GI実績でカバー可能だが、距離実績は重要だ。

 ★前走は芝千六以上の馬が有利

 連対全馬が前走は芝1600メートル以上だった。芝1400メートル以下や、ダートからの参戦は大きく割り引き。前走着順は、7頭が掲示板外から巻き返しているのでそう気にしなくていい。ただし、そのうち6頭の前走が重賞だったことから、OP特別以下での大敗は割り引きが必要。

 ★久々問題なし

 2カ月半以上の休養明けで連対したのは8頭もいる。

 ◆結論

 すべての項目をクリアしたヒカルアマランサスがトップ評価。前走着順の差で1点減点のレジネッタだが、GI桜花賞勝ちの実績はトップ。逆転は十分可能だ。クイーンC勝ちのアプリコットフィズは、芝1800メートル以上での実績がなく割り引いた。(データ室)

[もっと見る]

【マーメイドS】レジネッタ連勝期待!2010年6月17日(木) 05:04

 福島牝馬S快勝以来のレジネッタは、坂路でラスト1ハロンだけ追われて4ハロン59秒2−42秒5−12秒2。馬場の内めをシャープに伸びた。「日曜(13日)に坂路である程度、速い追い切り(4ハロン54秒1)をやっているし、状態もいいので、上がり重点でいいでしょう」と浅見調教助手。福島牝馬Sでゲート再審査を課されてヴィクトリアMは出走できなかったが、先週木曜にゲート試験を合格。「ゲートは何の問題もありませんでした。距離が延びるので、折り合い次第でしょうね」と浅見助手。前走で復活Vを飾った一昨年の桜花賞馬が重賞連勝を決めるか。

[もっと見る]

【マーメイドS】レジネッタ馬なり12秒82010年6月11日(金) 05:02

 《栗東》福島牝馬Sを勝った後、ゲート再審査の制裁を受けていたレジネッタ(浅見、5)は、ゲート試験をかねてEコースで追われ、マイルから108秒4−92秒4−77秒8−64秒5−51秒4−38秒9−12秒8(馬なり)。試験は合格した。「ゲートは何ともありませんでした」と岩田康騎手。

 ヴィクトリアマイル8着のブラボーデイジー(音無、5)は坂路4ハロン51秒8−37秒8−13秒0(一杯に追う)で、外サバース(牡5、1000万下)に1/2馬身先着。「具合はいいし、時計も速い。来週はもう控えめで十分。道悪にでもなれば」と音無調教師。

 2頭出しの五十嵐厩舎勢は坂路で単走。マイネレーツェル(5)は4ハロン52秒4−38秒2−12秒5(1ハロン追う)、テイエムオーロラ(4)は4ハロン51秒4−36秒3−12秒4(馬なり)。「レーツェルは相変わらずやれば動く馬。オーロラは来週で準オープンに下がるけれど、今の充実ぶりなら楽しみ」と五十嵐調教師。

[もっと見る]

⇒もっと見る

レジネッタの関連コラム

閲覧 221ビュー コメント 0 ナイス 6

第254話 「秋華賞


08年 35.0-48.0-35.4 =1.58.4 ▼4△3△3 平坦戦
09年 34.0-49.0-35.2 =1.58.2 ▼2▼4±0 平坦戦
10年 34.8-49.8-34.6 =1.58.4 ▼9▼4△6 瞬発戦
11年 34.6-47.8-35.8 =1.58.2 △2▼4△3 平坦戦
12年 36.5-48.7-35.2 =2.00.4 ▼1△2△9 平坦戦

過去5年で4度の平坦戦というのがやはり秋華賞のポイントでしょう。
阪神JF→(チューリップ賞)→桜花賞オークスローズS
と王道ローテは外回りで直線が長いコースばかりで秋華賞が唯一内回りで行われるレース。
とはいえ4年連続1&2番人気が馬券になってるので「格の違い」があるのも確か。
今年はどうなる?というレースです。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
ブラックエンブレム 【瞬1平2消0】
レッドディザイア  【瞬4平0消1】
アパパネ      【瞬5平1消1】
アヴェンチュラ   【瞬2平2消0】
ジェンティルドンナ 【瞬4平2消0】
2着馬
ムードインディゴ  【瞬1平1消1】
ブエナビスタ    【瞬5平1消0】※2番手入線→3着に降着
アニメイトバイオ  【瞬2平3消1】
キョウワジャンヌ  【瞬1平1消1】
ヴィルシーナ    【瞬5平1消0】

レッドディザイア以外の連対馬には平坦戦実績がありました。
瞬発タイプの馬でも平坦戦実績が1度でもあれば問題ないと言えるかもしれません。
つまり平坦戦がポイントになるレースですが平坦戦特化した馬が決して有力という訳ではないということ。
…んがしかし。
過去5年の牝馬路線のレース結果を見てみると

【08年】
阪神JF 1着トールポピー    2着レーヴダムール
桜花賞  1着レジネッタ     2着エフティマイア
オークス 1着トールポピー    2着エフティマイア
ローズS 1着マイネレーツェル  2着ムードインディゴ
【09年】
阪神JF 1着ブエナビスタ    2着ダノンベルベール
桜花賞  1着ブエナビスタ    2着レッドディザイア
オークス 1着ブエナビスタ    2着レッドディザイア
ローズS 1着ブロードストリート 2着レッドディザイア
【10年】
阪神JF 1着アパパネ      2着アニメイトバイオ
桜花賞  1着アパパネ      2着オウケンサクラ
オークス 1着アパパネ      1着サンテミリオン
ローズS 1着アニメイトバイオ  2着ワイルドラズベリー
【11年】
阪神JF 1着レーヴディソール  2着ホエールキャプチャ
桜花賞  1着マルセリーナ    2着ホエールキャプチャ
オークス 1着エリンコート    2着ピュアブリーゼ
ローズS 1着ホエールキャプチャ 2着マイネイサベル
【12年】
阪神JF 1着ジョワドヴィーヴル 2着アイムユアーズ
桜花賞  1着ジェンティルドンナ 2着ヴィルシーナ
オークス 1着ジェンティルドンナ 2着ヴィルシーナ
ローズS 1着ジェンティルドンナ 2着ヴィルシーナ

過去5年では09年、10年、12年にはブエナビスタレッドディザイアジェンティルドンナヴィルシーナという格がワンランク上と思われる実績馬の存在が大きい秋華賞だったと思います。
08年に関してはトールポピーがG2勝しているものの好走の幅が狭く凡走も多い馬でしたし、桜花賞レジネッタも押し出された人気馬でいわゆる混戦模様の世代でした。
混戦模様となると展開一つで着順が大きく変わる可能性もあるし適性でも大きく左右することになります。
結局、この08年は3連単1000万オーバーの大波乱となった訳です。
11年も実は混戦模様で波乱となる可能性も十分ありました。
大波乱とならなかった大きな要因は春のクラシック不出走だった2番人気アヴェンチュラの存在でしょう。
内回りコース&平坦戦実績も十分あって適性的には問題ありませんでした。
そして今年です。

かなりの混戦模様になってると感じます。
これまでのG気2回以上馬券になった馬は1頭もいません。
オークス3着→ローズS1着のデニムアンドルビーがおそらくは1番人気になると思われますが09年10年12年の先輩達には及ばない実績なのは明らか。
ならば今年は08年の再現あるとみて予想してもいいかもしれません。
08年のポイントになったのは何か?
・平坦戦実績
・内回り(小回り)コース実績
・内枠(内ラチ沿い)
・OP以上のクラスでの実績
この4点にあると思われます。

ブラックエンブレムの再現となればウォーエンブレム産駒で岩田J騎乗予定のローブティサージュか…?
いや、これは罠なんじゃないかと…。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
セキショウサクラプレジールローブティサージュ
紫苑S組がイマイチなのは重々承知ですがセキショウは逃げたら2戦2勝でハナ切れそうなメンバー構成。
結構シブトイ気がします。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2013年4月3日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第230話桜花賞(謎解き編)〜
閲覧 222ビュー コメント 0 ナイス 3

第230話 「桜花賞


08年 34.6-23.9-35.9 =1.34.4 ▼4▼ 1△10 平坦戦
09年 34.9-24.2-34.9 =1.34.0 ▼5▼ 1± 0 瞬発戦
10年 35.6-23.3-34.4 =1.33.3 ▼3± 0△11 平坦戦
11年 34.6-23.9-35.4 =1.33.9 ▼5△ 7△ 1 瞬発戦
12年 34.9-24.4-35.3 =1.34.6 ▼1▼11△12 瞬発戦

瞬発力が問われやすいコースなので最重要ファクターは瞬発力となるのですが過去5年ではラップ的には結構バラつきがあります。
一般的な流れだったのは09年と11年で、テンからしっかり流れていて中盤若干溜めての瞬発戦。
08年と10年は平坦戦でしたが08年は上がり掛かった平坦戦で(上位馬のその後の成績からも分かる通り)G気砲靴討麓禊劃礇譽戰襪。
10年はテン緩くロングスパートっぽい流れの平坦戦で桜花賞が外回りコースになって唯一先行馬独占だったレース。
12年はそれまでとは別な流れでラスト2F目で▼11という大きな加速が生じた瞬発戦。
俊敏性というかこの瞬時の加速に対応出来た馬がワンツーとなったレース。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

1着馬
レジネッタ     【瞬1平1消0】▼ 5▼ 4± 0 △ 5▼ 4△ 1
ブエナビスタ    【瞬3平0消0】▼ 5▼11△ 8 ▼ 4▼ 6△11 ▼ 1±0▼6
アパパネ      【瞬4平0消0】▼ 6▼ 6△ 8 ▼ 5▼ 7△13 ▼14▼4▼1
マルセリーナ    【瞬2平0消0】▼ 6▼ 3△ 7 ▼14△ 2△ 2
ジェンティルドンナ 【瞬2平1消0】△ 3▼ 2△ 2 ▼10▼ 6△ 8 ▼ 2▼9△5
2着馬
エフティマイア   【瞬2平1消0】▼ 6▼ 9△14 ▼ 5▼10△ 4 △ 4▼3△6
レッドディザイア  【瞬2平0消0】▼ 2▼ 7△ 8 ▼ 4▼ 7△ 1
オウケンサクラ   【瞬3平0消0】▼ 6▼ 4▼ 4 ▼ 2▼ 6△ 5 ▼ 7△4▼9
ホエールキャプチャ 【瞬4平1消0】▼11▼ 5△11 ▼10▼ 5△ 4 ▼ 4▼4△5
ヴィルシーナ    【瞬3平0消0】▼15▼ 5△ 4 ▼ 4▼ 5△ 8 ▼11▼6△5

どんな流れになろうとも
・瞬発戦実績
・連続加速実績
の2点は必要不可欠で
・▼10以上の大きな加速実績
レジネッタ以外の勝ち馬には全てあり連対馬10頭中7頭にあったのでこれは重視したい項目です。
アユサンウインプリメーラクラウンロゼクロフネサプライズコレクターアイテムサクラプレジールジーニマジックプリンセスジャックメイショウマンボ
これらの項目に該当するのは上記の9頭。

そして今年も各ステップレースの前半ー中盤ー後半に分けた1F平均ラップを書いてみました。

桜花賞平均   11.6-12.0-11.7 △4▼3

フラワーC   12.2-12.6-11.8 △4▼8
クイーンC   12.0-12.2-11.4 △2▼8
チューリップ賞 12.0-12.2-11.6 △2▼6
アルテミスS  11.5-12.2-11.6 △7▼6
フェアリーS  11.9-12.0-11.7 △1▼3
エルフィンS  12.1-12.0-11.7 ▼1▼2
アネモネS   11.7-11.9-11.9 △2±0
フィリーズR  11.6-11.8-11.8 △2±0
クロッカスS  11.5-11.8-11.8 △3±0
紅梅S     11.7-12.0-12.2 △3△2
阪神JF    11.4-11.9-12.1 △5△2

今年の世代が混沌としてる大きな理由は最も重要な位置付けとなるはずの阪神JFが各ステップレースの中で最も前傾度の高いレースだからだと思えます。
その勝ち馬ローブティサージュが後傾ラップの瞬発戦だったチューリップ賞で惨敗したのはレースの流れが全く違っていたのも要因の一つだと思われます。
本番に最も近い流れのレースだったのはフェアリーSでその勝ち馬はクラウンロゼ
上記の9頭の中にクラウンロゼも入っているので有力候補になるでしょう。

展開が全く異なる阪神JFチューリップ賞を連対したのがクロフネサプライズ
こちらも十分候補になるがクラウンロゼ同様脚質が先行なのがどうか。
過去5年では後傾ラップになった10年(アパパネ)以外の年の勝ち馬は全て4角10番手以下の差し馬でした。
展開や馬場もポイントになるでしょう。
ちなみに桜花賞の週は外差しになるケースが多く過去5年の枠順別の成績は以下の通り。

1〜3枠 0-0-0-30 勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率 0.0%
4〜6枠 4-1-2-22 勝率13.8% 連対率17.2% 複勝率24.1%
7〜8枠 1-4-3-22 勝率 0.3% 連対率16.7% 複勝率26.7%

差し馬で加えたいのはメイショウマンボ
フィリーズR自体のレースラップはあまり本番では参考にならないと思いますが内の先行馬が2着3着というレースで上がり最速で抜け出した脚はかなりのもので桜花賞でも十分通用するでしょう。
前々走のこぶし賞(500万下)では▼3▼11±0という中盤緩む瞬発戦をこれまた突き抜けての快勝で阪神JF時とは別馬です。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
クラウンロゼメイショウマンボクロフネサプライズ
三浦J&武幸J、父ロサードスズカマンボ、という騎手と血統がG気妊錺鵐帖悉侏茲襪どうかが勝負。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2012年3月7日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第176話フィリーズR(謎解き編)〜
閲覧 215ビュー コメント 0 ナイス 7

第176話 「フィリーズR」

フィリーズRが開催される日は3月11日です。
JRAではこの日「東日本大震災被災地支援競馬」として開催し売り上げの一部を被災地支援のために拠出するそうです。
私は土曜日よりも日曜日に多めに馬券を買いたいと思いますね。


07年 34.8-11.7-35.3 =1.21.8 ▼3△3△5 平坦戦
08年 34.8-11.9-35.8 =1.22.5 ▼3△2△6 平坦戦
09年 34.3-12.0-36.1 =1.22.4 △2▼2▼1 平坦戦
10年 35.0-12.1-35.7 =1.22.8 ▼3△2▼1 平坦戦
11年 34.1-11.8-36.4 =1.22.3 △2▼2△8 平坦戦

過去5年は全て平坦戦で最大加速は▼3という様にあまり瞬発力は問われないレース。
瞬発コースである阪神外回りの本番とは明らかに舞台設定が違うのではっきりいってこのレースに出走してきた時点で桜花賞の有力候補からは一歩後退した可能性は高いです。
1-0-0-26 勝率3.7% 連対率3.7%
これが次走桜花賞での成績でレジネッタが唯一馬券になった馬です。
今年の場合チューリップ賞で伏兵ハナズゴールが勝利したことでジョワドヴィーヴルが絶対的存在ではなかったという感じにもなっています。
付け入る隙はあるはずで今年のフィリーズRのメンバーにレジネッタがいるかどうか?

このレースに限らず1400mという距離が一番の曲者でスプリント戦ほどスピードは必要ないしマイル戦ほど瞬発力も必要ない。
・スピードのある瞬発馬(フジキセキ産駒など)
・瞬発力の足りない持続力のある馬(ダンスインザダーク産駒など)
それに加えて阪神の急坂ということで
・パワーと粘りのある馬(ファルブラヴ産駒やダート馬など)
辺りが好走しやすいレースといえるでしょう。

では勝ち馬のラップギアとその増減を見てみましょう。


アストンマーチャン 【瞬1平0消4】▼3▼5△ 7 △ 1△2△3 △ 5△2△13
マイネレーツェル  【瞬0平1消2】▼2▼3△ 7 △ 4△4△7 △ 4△3△ 4
ワンカラット    【瞬1平1消0】△6▼3△10 ▼ 6▼9±0
サウンドバリアー  【瞬1平1消1】△3▼7▼ 3 △ 6±0△6 △ 7△5▼ 4
フレンチカクタス  【瞬2平1消0】▼1▼3△ 4 ▼10▼7△8 ▼13▼6△11

となっていてフレンチカクタス以外はそれほど大きな加速が生じた瞬発戦実績がない馬ばかりです。
やはり平坦戦実績が最も重要なファクターになるでしょう。

今年の登録メンバーを見ると人気が予想される馬の多くは条件を満たしていて難解なレースになりそうです。
但し、毎年ソコソコ荒れるレース傾向なので敢えて人気馬から入らなくてもいいかもしれません。
例えば前走阪神JF組の成績は2-1-1-0(勝率22.2%、連対率33.3%)と好成績ですが阪神JFでもフィリーズRでも好走したのはアストンマーチャンラナンキュラスぐらい。
ワンカラットレディルージュは二桁着順からの巻き返しだったし阪神JFで3着に好走したエイムアットビップ&ルミナスハーバーはここでは惨敗しています。
つまり阪神JF組はレース質が全く異なるのでそこでの着順は特に気にする必要はないということです。
とはいえ1400mのファンタジーSの1&2着馬アイムユアーズとアンチュラスは小雨が降る若干荒れた馬場での結果なのでパワーもあって適性的に大きなマイナスにはならない印象です。
私の穴はプレノタート
瞬発戦は全敗ですが平坦戦は2戦2勝、斬れはあまりないので出来れば前に付けたいが…。
(ジャンポケ産駒も1400m戦は好成績です)

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
アンチュラスプレノタートアイムユアーズ

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2010年11月13日() 01:18 上海こうぞう
コウゾウメン〜今週末の調教注目馬〜 11月13・14日分
閲覧 125ビュー コメント 0 ナイス 20

みなさん、こんにちは!

多忙により、今週は縮小版です(><)


1.重賞の調教重視予想

<土曜・東京11R> 京王杯2歳S
リアルインパクト
オルフェーヴル
ライステラス
△スカラブレイ
人気ですが、調教の良かったリアルインパクトオルフェーヴルの2頭は抜けた存在。
単穴は牝馬でも坂路で破格の時計を出したライステラス
あとは出来は平行線だが、スカラブレイの巻き返し。

<土曜・京都8R> 京都ジャンプS
トーワベガ
ショウリュウケン
テイエムハリアー
△スーパーヴァイザー

<日曜東京11R> 武蔵野S
ユノゾフィー
ダノンカモン
ケイアイガーベラ
スズカコーズウェイ
中間坂路で猛時計を出したケイアイガーベラだが、勝った時は最終追い切りで時計を出すのが好走パターンなので▲評価で。
本命は好走パターンの追い切りで、叩いた上積みも見込めるユノゾフィー。がんばれ、典!
相手はこの馬としてはCWの時計が出たダノンカモン
あとは引き続き坂路で動いているスズカコーズウェイの末脚も見限れない。


<日曜京都11R> エリザベス女王杯
メイショウベルーガ
リトルアマポーラ
レジネッタ
コロンバスサークル
本命は中間の時計も目立つメイショウベルーガ。一昨年の秋華賞、昨年のエリ女も本命でしたが、今年も本命で♪
相手は木曜追いだがポリトラックで鋭く伸びたリトルアマポーラ
単穴はレジネッタ。中間時計を出して最終追い切りは調整程度の方が好走する。
人気先行の気もするが、引き続き調教は動いているコロンバスサークルも魅力。
3歳馬は調教の動きが思ったより目立たなかったので、古馬中心に勝負です♪


今週は出張者の対応や仕事の関係で予習が出来ていないので、
新馬評価&幸くんコーナーはお休みさせていただきます(><)
来週ガンバリマス。

では、今週末も競馬を楽しみましょう♪

[もっと見る]

2010年4月26日(月) 21:03 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第22話福島牝馬S(解決編)〜
閲覧 153ビュー コメント 0 ナイス 0

12.6-10.8-11.9-12.7-12.3-11.9-12.2-11.7-12.8=1.48.9
(35.3-36.9-36.7) △3▼5△11 瞬発戦

走破時計が若干遅いことからも分かる通り、今年の福島の芝は時計が掛かる馬場となっていました。
天候不順による芝の生長の遅れが主な原因だと思われます。
それに加えて先週の降雪によるダメージというのも大きかったでしょう。
ではその辺りを頭に置いて見てみます。

逃げ馬3頭のうちの1頭キシュウグラシアが出遅れたがそれでも速い馬が2頭残っている。
よってテンの3Fの35.3秒はやや速め。
但しガンガンに逃げまくるのではなく隊列が整った2コーナー〜向正面にかけて緩みが入り一旦脚を溜めます。
残り800mの3コーナーから各馬スパート開始で想定通りのロングスパート戦に突入します。
▼5の加速で瞬発戦にはなっていますがこれは逃げていたブライティアパルスが4コーナーで一旦緩みを入れたための数字で他の馬の脚の使い方は瞬発レースというよりは平坦レースだったと思われます。
実際平坦巧者のワンツースリーの結果となっていました。
レース内容は逃げた2頭からやや離れて単独3番手を追走していたブラボーデイジーが直線入って手応えよく先頭に立ちそのまま押し切るかと思いきや、外からレジネッタが見事差しきって桜花賞以来の勝利というもの。
3着には4番手で先行していたウェディングフジコでした。

結局このレースは「謎解き編」で書いた通り問われたものはロングスパート適性でした。
瞬発力ではなく長く使える脚です。
ラップバランス的に脚質の有利さというのはあまりなかったと思われます。
以外に必要だったのはやはり馬場適性でしょう。
時計の掛かる馬場ということである程度のパワーも必要でした。
出走メンバー中、札幌福島函館の芝1800m以上のレースで連対経験があったのは
ブラボーデイジーアルコセニョーラレジネッタピエナビーナスチェレブリタダイワジャンヌ
の6頭となっていて実にこの内の4頭が5着以内に入った結果となっています。
残る1頭は3着のウェディングフジコとなる訳ですがダート戦での連対率が5割を超える馬でパワーがないはずはありません。

このレースはヴィクトリアMの前哨戦の一つという位置付けなので現段階でのヴィクトリアMに向けての見解は以下の通り。
・復活したレジネッタはゲート再審査が義務付けられてしまったためヴィクトリアMは参戦出来なくなってしまった。残念。
ブラボーデイジーは昨年のヴィクトリアM2着馬ですが昨年は強風のためパワーも必要となったレースで今年も馬場状態などこの馬に味方する要素があればチャンスありだと思いますが高速決着や瞬発力決着となると厳しいかも
ウェディングフジコフジキセキ×トニービンの配合でブラボーデイジーよりも府中の瞬発戦にも対応可能ですがやや小粒感があるのも確かで2強が参戦となれば厳しいのでは
ジェルミナルマイネレーツェル辺りは賞金的に出走ゲートにすら入れないのではないか?


(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2010年3月10日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第9話フィリーズR(謎解き編)〜
閲覧 170ビュー コメント 0 ナイス 0

第9話 「フィリーズレビュー

まずはいつもの通り近年のラップから。

05年 34.4-11.7-35.1 =1.21.2 ▼2▼2△10 平坦戦
06年 34.8-11.7-36.6 =1.23.1 △1△4△4 消耗戦 稍重
07年 34.8-11.7-35.3 =1.21.8 ▼3△3△5 平坦戦
08年 34.8-11.9-35.8 =1.22.5 ▼3△2△6 平坦戦
09年 34.3-12.0-36.1 =1.22.4 △2▼2▼1 平坦戦
(05〜06年は阪神改装前のため参考)

最大加速が▼3というのが特徴的なレース。
平坦コースなので当たり前といえば当たり前かもしれません。
とにかく平坦戦になりやすいレースで問われる適性は「スピードの持続」ということです。

スプリンタータイプの馬が多く出走してくるのであまり緩いペースにはならない。
かといってガンガンに飛ばせば1Fの延長と最後の坂で止まる可能性が高い。
という2点がこのレースの流れを決める大きな要因でしょう。
スタートダッシュ→3〜4コーナー中間で一旦キープ→4コーナー〜直線でラストスパートというのが基本的な流れ。
緩める箇所があまり存在しないためラストスパートもせいぜい▼3程度の加速しか生まれません。
こんな流れになると後方の馬は脚を溜めることが出来ないため末脚不発に終わるケースが多く先行馬有利のレースと言えるでしょう。
過去10年を見ても4角4番手以内の馬が実に7回も勝利しています。
但し、差し馬が勝利したそれ以外の3回には興味深い傾向があります。

01年 ローズバド
05年 ラインクラフト
08年 マイネレーツェル (同タイム3着 レジネッタ

これがその3回になります。
ローズバド桜花賞には不出走でフローラS3着→オークス2着となっています。
ラインクラフト桜花賞を勝利してます。
マイネレーツェル桜花賞6着と敗退しますがレジネッタが勝利しています。
つまり、例年通りの平坦戦になって差し馬が勝利した年はフィリーズR組にも桜花賞制覇のチャンスは十分あると言えます。
先行馬が勝利した場合はスピードが勝った馬であり桜花賞では苦戦が予想されますが、差し馬が勝利した場合は溜めなくても差せるということを意味していて08年の桜花賞の様に中盤あまり緩まない流れになればチューリップ賞組をまとめて料理しても不思議はありません。
このレースではペースと脚質の結果の方にも注目してみるといいかもしれません。

さて、確率的には先行馬の方なのでそちらから見つけ出す術を考えたいと思います。
近年の連対馬の実績を見てみると
・1200mの平坦戦で勝利
・1600mのOPクラスで掲示板
・ダート1200〜1400mで先行して勝利(平坦戦がベター)
・前走大敗の巻き返しは困難(阪神JFは別)
こんなところでしょうか。

上記の条件に当てはまりそうなのは・・・
エリモエポナ、カレンチャンケイアイデイジー、ナイトオブザオペラ、ニシノモレッタ、モトヒメ、ラナンキュラス、ラブミーチャン、レディアルバローザ
というところです。
中でも同コースの勝ち馬ということはありますがニシノモレッタ、レディアルバローザはラップ的にもばっちりな気がします。

レディアルバローザは登録メンバー中唯一のキンカメ産駒ですが「またしても!?」なのでしょうか。

注目のラブミーチャンですが逃げしか経験がないというのが不安です。
このレースは先行馬有利ですが逃げ馬にとっては相性の悪いレースなのです・・・。

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

レジネッタの口コミ


口コミ一覧
閲覧 119ビュー コメント 0 ナイス 7

どの馬が勝ってもおかしくない今年の秋華賞!

時に大波乱を巻き起こす秋華賞!

2008年の秋華賞の結果にはホント驚いた〜☆

1着ブラックエンブレム=11番人気

2着ムードインディゴ=8番人気

3着プロヴィナージュ=16番人気

3連複は約190万(^^♪

3連単に至ってはなんとなんと!!1000万越え〜〜(*^-^*)

どうしたら当てられるんだ〜

馬番が4→1→15だったので平成4年1月15日生まれのお子様やお孫様がおられる方がたまたま買ったとか!?!?

当時の1番人気はオークス馬・トールポピーの単勝3・6倍!

続く2番人気は桜花賞馬・レジネッタの単勝4・0倍!

そういえばレジネッタが勝った桜花賞も3連単700万越えでしたね〜!!

オークスのトールポピーが勝利した時も進路妨害があったと話題になりました!

2008年3歳牝馬路線はある意味波乱の予兆があったのかもしれませんね☆

今年はどんな3歳牝馬達の最終章が待っているのか楽しみです(^_-)-☆

 スペースマン 2017年5月31日(水) 02:48
裏競馬へ!第2段?
閲覧 67ビュー コメント 0 ナイス 3

第2段は、前前走、2着、から前走3着をレースした馬を狙え!

このパターンは、50%の確率で来るよ!

前前走、重賞で2着に入って、重賞賞金の半分が加算させて、トライアルで3着して、G1で勝つことある!

例をあげると、桜花賞のレジネッタ、菊花賞のソングオブウインド、ダービーのディープブリランテが、そうだった!

レジネッタとソングオブウインドは、人気なかったからね!

この2頭は、社台だよね!

試してみては、どうかな?


林先生!知ってました?初耳?

[もっと見る]

 スペースマン 2017年4月9日() 06:20
レジネッタの再来か?
閲覧 26ビュー コメント 0 ナイス 2

桜花賞は、レジネッタ以来の大波乱の予感がする!

データや血統なんて意味がない!
過去のことなんて意味がない!

今の状態が、大事でしょう!

それに、見えない力が、今回あるわけ何だからね!

レジネッタの時に、似ている!

リトルアマポーラが、人気だったかな?
転けたよね!

ダイナカールも一番人気で、転けたよね!

社台の一番人気は、信用できない!

あえて本命は、言わないけど、レジネッタのような馬から買います!

単勝万馬券だ!

[もっと見る]

⇒もっと見る

レジネッタの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

レジネッタの写真

投稿写真はありません。

レジネッタの厩舎情報 VIP

2010年12月19日愛知杯 G39着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

レジネッタの取材メモ VIP

2010年12月19日 愛知杯 G3 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。