会員登録はこちら
デイリー杯クイーンC G3   2017年2月11日() 15:45 東京/芝1600m

デイリー杯クイーンCのニュース&コラム

【クイーンC】桜一直線!ミヤビ重賞イッキ獲り
 第52回クイーンカップ(11日、東京11R、GIII、3歳牝馬オープン国際(特指)、別定、芝1600メートル、1着本賞金3500万円=出走16頭)中団外めから力強く伸びた1番人気アドマイヤミヤビが、レース史上2番目となる1分33秒2(良)の好時計で快勝。3連勝で重賞初制覇を飾った。騎乗したクリストフ・ルメール騎手は昨年のメジャーエンブレムに続く連覇となった。今後は桜花賞(4月9日、阪神、GI、芝1600メートル)、オークス(5月21日、東京、GI、芝2400メートル)へと進む。2着にはアエロリット、3着にフローレスマジックが入った。 ハイレベルな3歳牝馬戦線に新たなスター候補が現れた。アドマイヤミヤビが未勝利戦、百日草特別に続く3連勝で重賞タイトルを奪取だ。 「マイルで外枠という難しい条件でも、いいレースができた。逃げた馬もチャンスのある馬だったので残り200メートルまでどうなるか分からなかったけど、最後にいい瞬発力を使ってくれた。GIを取れる力があるし、桜花賞もチャンスがある」 4戦すべてで手綱を取るルメール騎手が改めて能力の高さを口にした。適性より短めのマイル戦だけに反応はいつもほど鋭くはなかったが、エンジンがかかってからは驚異の破壊力。中団からメンバー最速となる上がり3ハロン33秒6の豪脚でライバルをねじ伏せた。 友道調教師は「血統は全然違うけど、性格が似ている。普段はおとなしくてもレースで走るところがね」と2012年の勝ち馬で、のちにGI2勝を挙げたヴィルシーナとイメージを重ねる。「数字(2キロ増)はそう変わらなかったけど、ひと回り大きくなった印象」と成長も実感したようだ。 この後は桜花賞、オークスのローテを歩む。ルメール騎手は無敗の2歳女王ソウルスターリングというお手馬がおり鞍上は流動的だが、将来が楽しみであることは確か。昨年のメジャーエンブレムなど、過去10年の優勝馬から4頭のGI馬が出ている出世レースを制したアドマイヤミヤビからますます目が離せない。 (板津雄志)★発馬機が破損 11日の東京11RクイーンCの発走直前に発馬機(ゲート)の一部が破損するアクシデントがあった。(5)サクセスラインが枠入りの際に後肢で(3)番枠の後扉の掛け金(後扉をロックするもの)を蹴ったため破損。部品をとり替えて事なきを得たが、定刻より4分遅れでの発走となった。★11日東京11R「クイーンC」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載アドマイヤミヤビ 父ハーツクライ、母レディスキッパー、母の父クロフネ。芦毛の牝3歳。栗東・友道康夫厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は近藤利一氏。戦績4戦3勝。獲得賞金5364万円。重賞初勝利。クイーンCは、友道康夫調教師が2012年ヴィルシーナに次いで2勝目、クリストフ・ルメール騎手は06年コイウタ、16年メジャーエンブレムに次いで3勝目。馬名は、「冠名+優雅な」。
2017年2月12日() 05:03

 718

【クイーンC】レースを終えて…関係者談話
 ◆菊沢師(アエロリット2着) 「スタートは今ひとつだったが、あの位置(中団)で折り合って我慢できたのはよかった。(勝ち馬に)並ばれてからもしぶとかった」 ◆戸崎騎手(フローレスマジック3着) 「体重(18キロ増)は戻っていたし、落ち着いていて、リラックスしてレースを運べた。最後も頑張っている」 ◆浜中騎手(レーヌミノル4着) 「スタートが速かったので結果的に行く形に。途中も息が入ったし、最後も反応していたが…」 ◆石橋騎手(ハナレイムーン5着) 「落ち着いて馬場入りして、しっかりとゲートも出た。まだ2戦目だし、これから良くなる」 ◆柴田大騎手(パフォーム6着) 「うまく内に入れてさばいて来られた。最後も伸びているし、脚をためる方がいいのかも」 ◆大野騎手(スズカゼ7着) 「道中はスムーズで直線も反応してくれましたが、上がりが速くなったぶん、厳しかった」 ◆吉田豊騎手(モリトシラユリ8着) 「どちらかといえば、力の要るような芝の方がいい」 ◆柴田善騎手(トーホウアイレス9着) 「もう少し体重が増えて、中身が入ってくればいい」★11日東京11R「クイーンC」の着順&払戻金はこちら レース後談話も掲載
2017年2月12日() 05:02

 885

【クイーンC】アドマイヤミヤビが3連勝で重賞初V
 2月11日の東京11Rで行われた第52回クイーンカップ(3歳オープン、牝馬、GIII、芝1600メートル、別定、16頭立て、1着賞金=3500万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気アドマイヤミヤビ(栗東・友道康夫厩舎)が中団追走から、直線は馬場の外めを力強く伸びてV。2歳9月の未勝利戦(阪神芝1600メートル)→11月の百日草特別(2歳500万下、東京芝1800メートル)に続いて3連勝での重賞初勝利となった。タイムは1分33秒2(良)。 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 アドマイヤミヤビ)「休み明けだったけど、すごくいい状態だったし、とてもいいレースができた。リードホース(レーヌミノル)もチャンスがある馬だったのでラスト200メートルまでどうなるかわからなかったが、そこからいい瞬発力を使ってくれた。3歳を迎えて馬は良くなっていたし、パワーもあるのでマイルもいける。桜花賞もチャンスがあると思う」 半馬身差の2着には好位追走から、直線は勝ち馬の内から伸びたアエロリット(5番人気)、さらに2馬身遅れた3着に中団から脚を伸ばしたフローレスマジック(2番人気)。 クイーンカップを勝ったアドマイヤミヤビは、父ハーツクライ、母レディスキッパー、母の父クロフネという血統の芦毛の牝3歳。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は近藤利一氏。通算成績は4戦3勝。重賞初勝利。クイーンCは、友道康夫調教師が2012年ヴィルシーナに次いで2勝目、クリストフ・ルメール騎手は2016年メジャーエンブレムに次いで2勝目。★11日東京11R「クイーンカップ」の着順&払戻金はこちら
2017年2月11日() 15:57

 660

【デイリー杯クイーンカップ】入線速報(東京競馬場)
東京11R・デイリー杯クイーンカップ(1回東京5日目 東京競馬場 芝・左1600m サラ系3歳オープン)は、1番手15番アドマイヤミヤビ(単勝2.9倍/1番人気)、2番手11番アエロリット(単勝8.8倍/5番人気)、3番手6番フローレスマジック(単勝3.2倍/2番人気)で入線しています。 想定オッズは以下の通り。 馬連11-15(13.3倍) 馬単15-11(21.3倍) 3連複6-11-15(11.7倍) 3連単15-11-6(68.2倍) 更に詳しい情報はこちら→http://umanity.jp/racedata/race_8.php?code=2017021105010511 ※着順・払戻金等の確定情報は、レース結果確定後にレース結果ページにてご覧頂けます。 (注=上記は確定前情報を含みます。成績、払戻金など正確な情報につきましては、必ず今後JRA(日本中央競馬会)から発表されるものと照合してください。)
2017年2月11日() 15:51

 327

デイリー杯クイーンCのニュースをもっと見る >

【クイーンC】フローレスマジック、好感触12秒4
 初コンビの戸崎騎手が騎乗したフローレスマジックは、Wコースで3頭併せ。直線では外のラカリフォルニー(500万下)、内シルヴァーコード(1000万下)の真ん中で仕掛けられると4ハロン52秒5−12秒4をマーク。外を2馬身置き去りにして、内と併入した。 戸崎騎手は「強い相手とやってきた馬で、乗るのを楽しみにしていました。全身を使って走るし、瞬発力がありそうですね」と好感触。木村調教師は「先につながればと思うけど、今回もどんな走りをするか楽しみはある」と期待の高さを口にしていた。★クイーンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年2月9日(木) 05:03

 993

【クイーンC】追って一言
 ◆アエロリット・菊沢師 「週末にやっているので今週はサラッと。体が締まってきたし、桜花賞に出したいので」 ◆アルミューテン・南田師 「落ち着いて競馬ができれば、このメンバーでも遜色ないので、当日の気配が鍵」 ◆ヴィーナスアロー・河津裕師 「初芝でもこなせると思う」 ◆キャナルストリート・田辺騎手 「追い切りは新馬に併せる形で併入。牝馬同士なら」 ◆コマノレジーナ・菊川師 「テンションも上がらずに我慢できているし、体重も維持できている。いい状態」 ◆シンボリバーグ・藤沢和師 「動きは良かった。前走は少しモタモタしていたけど、外に出してから伸びていた。広い東京で改めて」 ◆スズカグラーテ・柄崎師 「千六の距離はもつと思うので初芝が鍵」 ◆スズカゼ・伊藤正師 「順調に調整できている。相手なりに競馬ができるし、競馬に向かう闘志がある」 ◆セイウンキラビヤカ・池上和師 「楽に時計が出ているし、しまいもしっかりしていた。現状では文句なし」 ◆ディアドラ・橋田師 「攻めは相変わらずいい動き。中京で負けた(新馬戦以外の)2度はともに詰まったもの。左回りも不安はありません」 ◆ディヴァインハイツ・石坂師 「状態はすごくいい。この中間に絞れたぶんの上積みもあると思う」 ◆トーホウアイレス・柴田善騎手 「追い切りの動きはまずまず。ちゃんと走れれば能力的に足りる」 ◆ニシノストーリー・田中助手 「具合はいい。瞬発力があるので東京コースはいいと思う」 ◆ハナレイムーン・森助手 「休み明けでも動きは良く、仕上がりはいい。相手は強いけど、素質はヒケを取らない」 ◆パフォーム・相沢師 「前走もそれほど負けていないし、変わりなく順調」 ◆モリトシラユリ・鈴木助手 「気持ちの面はコントロールできているし、調子は悪くない」
2017年2月9日(木) 05:03

 1,590

【クイーンC】レーヌミノル、軽快に12秒5
 阪神JF3着以来となるレーヌミノルは、浜中騎手を背にCWコースを軽快に駆け抜けて6ハロン85秒6、3ハロン40秒6−12秒5をマーク。先週1日には坂路で4ハロン52秒0−11秒8の好時計で、併走馬を4馬身ちぎっている。 「今週は息を整える程度。いい意味で変わりなく、順調です」と浜中騎手は納得の表情で、「前走がマイルで、東京も経験(京王杯2歳S2着)済み。今年のいいスタートを切りたい」と底力を信頼する。★クイーンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年2月9日(木) 05:03

 743

【クイーンC】戸崎絶賛フローレスマジック
 アルテミスS2着以来のフローレスマジックが、新コンビの戸崎騎手を背に美浦Wコースで3頭併せを行った。4F53秒0−38秒8−12秒5(馬なり)で内シルヴァーコード(古馬1000万下)と併入し、外ラカリフォルニー(古馬500万下)に3馬身先着。素軽い身のこなしで反応の良さは相変わらずだ。 「乗るのを楽しみにしていて、そのとおりの感触。全身を使って走れているし、跳びが軽く瞬発力がありそう」と鞍上は絶賛。「順調でしょう。今年初戦でいい競馬ができれば」と、クラシックへの好発進を誓った。(夕刊フジ)★クイーンCの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載
2017年2月8日(水) 11:49

 1,150

デイリー杯クイーンCの直前追い切り情報をもっと見る >

デイリー杯クイーンCの無料予想&プロ予想【的中情報】

最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開!
レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。

今すぐ会員登録(無料)する!

2月11日 15:44更新
予想家名
予想家レベル・クラス
配当 払戻 予想
Lv109 

1,330円
1,170円
8,060円
Lv108 
290円 29,000円
Lv107 

1,330円
1,170円
17,340円
Lv107 
290円 29,000円
Lv106 
2,130円 10,650円

的中情報をもっと見る >

デイリー杯クイーンC過去10年の結果

2016年2月13日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
2015年2月14日() 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:
1着 キャットコイン 柴田善臣 1:34.0 4.4倍 92.3
2着 ミッキークイーン 浜中俊 クビ 8.5倍 92.3
3着 ロカ 和田竜二 クビ 3.2倍 91.6
2014年2月18日(火) 東京競馬場/芝1600m 天候: 馬場:稍重

過去10年の結果をもっと見る >

※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。

U指数とは?

U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!

U指数コラムを見る

デイリー杯クイーンCの歴史と概要

クイーンカップは、1966年に関東地区の牝馬のクラシックへの登竜門として4歳(現3歳)牝馬限定の別定重賞競走、クイーンCとして創設されたのが始まり。第1回クイーンカップは中山競馬場の芝1800mで施行された。
1981年からは施行場を現在の東京競馬場に移し、1984年のグレード制施行によりGIIIに格付けされた。
クイーンカップから桜花賞のトライアルレースを経由、または直行で桜花賞に向かう傾向があるが、メジロラモーヌを最後にクイーンカップ出走馬でのちに桜花賞を制覇した馬はいない。しかしながら、このレース勝ち馬でウメノファイバーダイワエルシエーロ優駿牝馬を制覇しており、その他の勝ち馬にも好走した出走馬は多数いることから、むしろ優駿牝馬を占うためのレースといえる。 クラシック以外のGI勝ち馬を含めれば、タカラスチールヒシアマゾンコイウタリトルアマポーラホエールキャプチャといった馬が名を連ねている(グレード制導入後を対象)。
上記以外の過去の優勝馬には、スカーレットブーケシャイニンルビーライラプスアプリコットフィズヴィルシーナウキヨノカゼなどが名を連ねる。

☆クイーンカップの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

まだウマニティ会員ではない方へ

会員登録するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。

収支100万円超えの猛者がズラリ

全国トップ予想家たちの予想閲覧

予想に必携の高精度スピード指数

「U指数」を重賞で全頭公開

勝率40%超えを誇る堅軸候補

「凄馬」をメールでお知らせ

TVでも紹介!設定は10万通り以上

あなただけの予想ロボが作れる

この他にも20以上のサービスを無料で提供!

会員登録(無料)する

会員登録(無料)でできること

今週の重賞レース

2017年12月16日(
ターコイズステークス G3
2017年12月17日(
朝日フューチュリティ G1

競馬番組表

2017年12月16日(
5回中山5日目
4回中京5日目
5回阪神5日目
2017年12月17日(
5回中山6日目
4回中京6日目
5回阪神6日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
157,348万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
74,324万円
4 シュヴァルグラン 牡5
73,372万円
5 イスラボニータ 牡6
68,375万円
6 ミッキークイーン 牝5
51,131万円
7 サトノクラウン 牡5
48,604万円
8 スマートレイアー 牝7
47,984万円
9 レッドファルクス 牡6
45,915万円
10 サウンズオブアース 牡6
45,645万円
» もっと見る

3歳
1 レイデオロ 牡3
49,882万円
2 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
3 モズカッチャン 牝3
23,440万円
4 ペルシアンナイト 牡3
23,051万円
5 レーヌミノル 牝3
23,009万円
6 アルアイン 牡3
22,505万円
7 キセキ 牡3
21,316万円
8 スワーヴリチャード 牡3
20,545万円
9 ディアドラ 牝3
20,361万円
10 アエロリット 牝3
18,391万円
» もっと見る