ヒシアマゾン(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  黒鹿毛 1991年3月26日生
調教師中野隆良(美浦)
馬主阿部 雅一郎
生産者Masaichiro Abe
生産地
戦績20戦[10-5-0-5]
総賞金69,894万円
収得賞金16,300万円
英字表記Hishi Amazon
血統 Theatrical
血統 ][ 産駒 ]
Nureyev
Tree of Knowledge
Katies
血統 ][ 産駒 ]
Nonoalco
Mortefontaine
兄弟 ヒシピナクルヒシアリダー
前走 1996/12/22 有馬記念 G1
次走予定

ヒシアマゾンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
96/12/22 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 14459.555** 牝5 54.0 河内洋中野隆良500(+8)2.35.0 1.237.0⑬⑬⑬⑬サクラローレル
96/11/10 京都 10 エリザベス杯 G1 芝2200 166119.057** 牝5 56.0 中舘英二中野隆良492(+10)2.14.3 0.034.2ダンスパートナー
96/06/09 東京 11 安田記念 G1 芝1600 175109.8410** 牝5 56.0 中舘英二中野隆良482(-6)1.33.9 0.835.4⑨⑩トロットサンダー
95/12/24 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 12673.015** 牝4 55.0 中舘英二中野隆良488(+4)2.34.6 1.035.7⑨⑨⑧⑥マヤノトップガン
95/11/26 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 157124.322** 牝4 55.0 中舘英二中野隆良484(0)2.24.8 0.234.7⑭⑭⑬⑩ランド
95/10/08 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 13681.411** 牝4 57.0 中舘英二中野隆良484(+4)2.25.3 -0.434.6⑬⑬⑪⑪タマモハイウェイ
95/09/18 中山 11 オールカマー G2 芝2200 10222.011** 牝4 57.0 中舘英二中野隆良480(0)2.16.3 -0.134.9⑧⑧アイリッシュダンス
95/07/09 中京 11 高松宮杯 G2 芝2000 13571.515** 牝4 57.0 中舘英二中野隆良480(+2)2.03.0 0.437.6マチカネタンホイザ
94/12/25 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 1458--62** 牝3 53.0 中舘英二中野隆良478(-2)2.32.7 0.535.2⑧⑧④ナリタブライアン
94/11/13 京都 10 エリザベス杯 G1 芝2400 1836--11** 牝3 55.0 中舘英二中野隆良480(0)2.24.3 -0.034.8⑯⑭⑦⑥チョウカイキャロル
94/10/23 阪神 11 ローズS G2 芝2000 1558--11** 牝3 55.0 中舘英二中野隆良480(+2)2.00.0 -0.235.3⑫⑨④アグネスパレード
94/10/02 中山 11 クイーンS G3 芝2000 1167--11** 牝3 54.0 中舘英二中野隆良478(+14)2.02.9 -0.235.8⑩⑨ジョウノバタフライ
94/06/05 東京 11 NZT4歳S G2 芝1600 944--11** 牝3 54.0 中舘英二中野隆良464(-10)1.35.8 -0.134.3マチカネアレグロ
94/04/16 中山 11 クリスタルC G3 芝1200 1446--11** 牝3 53.0 中舘英二中野隆良474(0)1.08.5 -0.234.7⑧⑦タイキウルフ
94/01/30 東京 10 クイーンC G3 芝1600 1356--11** 牝3 55.0 中舘英二中野隆良474(+4)1.35.3 -0.135.9エイシンバーモント
94/01/09 中山 11 京成杯 G3 芝1600 811--12** 牝3 55.0 中舘英二中野隆良470(-4)1.34.2 0.335.9⑤⑤④ビコーペガサス
93/12/05 阪神 11 阪神3歳牝S G1 芝1600 1523--21** 牝2 53.0 中舘英二中野隆良474(0)1.35.9 -0.836.5ローブモンタント
93/11/13 東京 11 京成杯3歳S G2 芝1400 989--62** 牝2 53.0 中舘英二中野隆良474(-4)1.22.9 0.034.7ヤマニンアビリティ
93/10/24 東京 9 プラタナス賞 500万下 ダ1400 11810--32** 牝2 53.0 江田照男中野隆良478(+4)1.26.3 0.138.5ミツルマサル
93/09/19 中山 6 2歳新馬 ダ1200 1133--11** 牝2 53.0 中舘英二中野隆良474(--)1.13.7 -0.038.7ノボリリュウ

ヒシアマゾンの関連ニュース

 悲願のGIタイトルを狙うためにも、ここでは負けられない。5歳牝馬ルージュバックが、そんな思いを示すかのように、美浦Wコースで圧巻のパフォーマンスを披露。まずは、秋初戦で1年ぶりの勝利を目指す。

 追い切りは、1馬身ほど先行する2頭の僚馬を追いかける形でスタート。4コーナーを抜群の手応えで回ると、直線に入ってすぐに反応し、中ストリートオベロン(500万下)を3馬身、外アウトオンアリム(3歳未勝利)を半馬身突き放した。前脚を高く振り上げる独特の豪快なフォームは健在。タイムも馬なりで4ハロン51秒2−12秒4と文句なしで『S』評価ゲットだ。

 「先週の追い切りは時計以上にかなりの負荷がかかっているので、きょうは反応を見るような追い切りで。ステッキを抜いてから反応するまでに2、3完歩ある感じで、若干もたつきはありましたが、休み明け初戦としては合格点ですね」

 見届けた大竹調教師が納得の表情を浮かべる。今年は、昨年と違う走りを見せる態勢を整えてきた。昨秋は毎日王冠を制し、中2週で天皇賞・秋に向かったが、7着に敗れて悲願のGI初制覇は果たせず。そこで今年はレース間隔をじっくりとあけ、エリザベス女王杯(11月12日、京都、GI、芝2200メートル)を秋の最大目標に置く。

 また、昨夏は福島・ノーザンファーム天栄で過ごしたが、今年は北海道・苫小牧のノーザンファーム空港へ放牧。しっかりと立て直し、春2戦の疲れを癒やした。さらに従来の放牧明けより早く、8月30日に美浦トレセンへ帰厩。乗り込みも十分に消化してきた。

 「昨年の毎日王冠のときは体重の維持に苦労したが、帰厩後もカイバを食べている」と指揮官。仕上がり、体調は昨秋の毎日王冠以上といえる。

 春2戦は、消化不良の内容。しかし、牡馬を相手に重賞を3勝し、オークスでも2着に入った実績馬だけに、スムーズならあっさり巻き返す力はある。5勝中4勝を非根幹距離で挙げている点も見逃せない。

 今回は北村宏騎手との初コンビで、勝ち鞍がない中山だが、「乗り替わりは大丈夫だし、坂は割引だけど、外回りはプラス」。トレーナーは大きな不安はないとの見立てだ。GI初勝利という大きな収穫の秋を迎えるために−。ルージュバックが、春の鬱憤を晴らし、重賞4勝目で女王の座に王手をかける。 (花田隆)

★牝馬V→GIで連対

 産経賞オールカマーは1995年にGIIに昇格後、3頭の牝馬が優勝している。95年ヒシアマゾン、97年メジロドーベル、そして一昨年のショウナンパンドラだ。このうちメジロドーベルは秋華賞を、ショウナンパンドラはジャパンCを同年に制した。ヒシアマゾンもジャパンCで2着に好走しており、産経賞オールカマーで牡馬相手に勝った牝馬は、その後のGI戦線でも目が離せない存在になる。



★産経賞オールカマーの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

ヒシアマゾンの関連コラム

閲覧 119ビュー コメント 0 ナイス 58

G汽瓮皀螢▲襦 1996年 エリザベス女王杯

 皆さんに問う。
 全財産をひとつのレースに賭けたことはありますか?
 僕はあります。
 そう、あるのだ。人生でたった一度だけ、持っているお金をすべてひとつのレースに突っ込んだことがある。無茶を承知の1点買い。しかも、単勝や複勝ではなく馬連。買った2頭がワンツーフィニッシュを決めなければ的中しない、一か八かの大勝負を敢行した。

 と、大仰に書いてはみたものの、その実、投じた金額はわずか3000円。当時はまだ実家に住んでいたので、寝る場所と食べ物は確保されている。たとえこの勝負に敗れたとしても、路頭に迷うことはない。言うなれば、著しく危機感に欠けた全財産勝負。おかれている環境に甘えまくっていたのは明白で、“背水の陣”からは遠くかけ離れた状況であった。
 とはいえ、全財産は全財産である。貯金はゼロで、あろうことか親に借金までしている身。サイフに入っている3000円が、文字通り“すべて”だった。バイトの給料日までは2週間ちょい。個人的には“絶対に負けられない戦い”だったのだ。

 1996年11月10日の昼過ぎ。運命の大勝負に挑む決意を固めた。もう、これしかない。地球を何周回っても、この2頭で決まる。そうとしか思えなかった。ほかの馬が一角を崩すことはありえない。外れたら悪い冗談だ。ふだんまともに当たった試しがないのに、このときだけは説明不能の絶対的な自信があった。
 2頭の馬連オッズは十数倍。これは、競馬の神様が与えてくれた千載一遇のチャンスだ。ほかのレースにはいっさい手を出さず、エリザベス女王杯の馬連に全財産をぶち込めばいい。そうすれば、明るい未来が待っている!

 番ダンスパートナー。前年のオークス馬で、春は牡馬の一線級相手に宝塚記念3着。秋初戦の京都大賞典は、プラス18キロという余裕のある体ながら、無敵状態が続いていたマーベラスサンデーのコンマ1秒差4着。実績、臨戦過程ともに文句なし。牝馬同士ならば勝ち負けに加わってくる可能性は極めて高い。1番人気でも、逆らわずに買うしかない。

 番ヒシアマゾン。2年前のこのレース(3歳戦時代)の勝ち馬で、有馬記念2着、JC2着、牡馬混合のG僑馨,覆鼻△修寮鑪鬚聾事の一語。牝馬限定戦はここまで5戦5勝。久々に加え、状態は完調手前という報道があったことから5番人気に甘んじていたが、実績面ではダントツの存在。つまりは格上中の格上。この馬もまた、買わないという選択肢は存在しない。

 珍しく、競馬狂の実弟と見解がかぶった。まったく同じことを考えていた。いつもは互いの馬券下手ぶりを罵り合う間柄だが、このときだけは共闘ムードに包まれた。
 エリ女の馬券のみを買い、ほかには見向きもせずに家に帰ってくる。
 意見が一致したふたりは、一路クルマでウインズ立川へ。車内で弟に千円札3枚を渡し、買いに走らせた。
 数分後、弟が帰ってくる。素早く助手席に乗せると、会話もそこそこに発車。ダンスパートナーヒシアマゾンがワンツーを決める瞬間をしかとテレビで見届けるべく、もと来た道を引き返した。

 最後の直線、狭い我が家のリビングに絶叫がこだました。
「行け! 差せ!」
「よし! そのまま!」
「なんも来んな!」
「ウオッシャー!!!」
 おそらく、人生最初で最後になるであろう、兄弟によるハイタッチ。何度も「よーし!」と叫び、その都度握りこぶしをつくった。馬連の最終オッズは16.4倍。約5万の払戻金を手にする自分を満面の笑みで想像し、換金に向かうための身支度を整えにかかる。審議のランプは目に入ったが、上位2頭はまったく関係がないと思っていた。

 ダンスパートナーが先頭でゴール板を通過してから約1分後。スローVTRが流れる。ゴールまで残りわずかのところで、ヒシアマゾンの後ろにいた馬が行き場を失い、騎手が手綱を引っ張っている。
 続けて、テレビから聞こえてくる場内アナウンスの声。
「決勝線手前での出来事について審議をいたします」
 いや〜な予感がした。約1カ月半前、ユニコーンSで経験した“バトルライン事件”の悪夢が脳裏にふとよみがえる。
 これ以上俺のことをいじめないでくれ……。
 焦点が定まらない目で画面を見つめ、到達順位通りに確定してくれることを祈り続けた。

 予想には上手い下手がある。馬券にも上手い下手がある。しかし、降着や失格により天国と地獄を行き来するケースは、実力によってもたらされるものではない。運の良し悪しが大きく影響する。運が人々に平等に与えられているものであれば、天国行き、地獄行きの回数は本来イーブンに近くならなければならない。
 これまで、降着や失格により、入線順位通りなら当たっていたはずの馬券が外れになったことは10回近くある(5回目くらいまでは数えていたが、以降はもうわからない)。対して、繰り上がりによる“逆転的中”は生涯一度しか経験したことがない。
 予想が下手で、馬券も下手で、運もない男の“全財産勝負”の結末は最初から決まっていたのだろう。
 ヒシアマゾンの降着が伝えられた瞬間に味わった絶望感は、なにがあっても忘れることはない。いつまでも、いつまでも……。


登録済みの方はこちらからログイン

ヒシアマゾンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 117ビュー コメント 2 ナイス 4

【オルフェーヴルが大阪杯を勝つ根拠】





大阪杯で、オルフェーヴルがどういう競馬をするのか、

みなさん、知りたいところだと思います。





結論から言えば、勝ち切るでしょう。






競馬はタイムトライアルではなく、相手があって競走する競技。






出走馬にオルフェーヴルに勝てる馬がいないから結果的にオルフェが勝つことになる。






高松宮記念のロードカナロアと同じパターンです。






ロードカナロアは、サンカルロ、マジンプロスパー、ダッシャーゴーゴー、ドリームバレンチノとは完全に

勝負付けが済んでいました。






未知の魅力でサクラゴスペルを推す競馬予想家も多かったのですが、

G3を勝ったばかりの馬では格が違いすぎました。






セントウルSでロードカナロアを差し切ったエピセアロームも東スポで清水成駿氏が推して穴人気になりま

したが、32秒台の脚は使えない。






32秒台の脚が使えるスギノエンデバー、ツルマルレオンは上手くハマればロードカナロアを差し切る可能

性もありましたが、絶対能力が不足していました。






結論として、

ロードカナロアに勝てる馬はいない→結果、ロードカナロアが勝ってしまう。


となったワケです。(3・24ブログ参照)






大阪杯のオルフェーヴルも同じ。






ダービー馬で天皇賞馬のエイシンフラッシュは有馬記念、宝塚記念でオルフェーヴルとは勝負付けが済んで

るし、ダークシャドウはオルフェに全く歯が立たないルーラーシップにも勝てないG2クラスの馬です。







昨年の優勝馬ショウナンマイティは3歳クラシックでオルフェに完敗、4歳の宝塚記念でも完敗しているやは

りG2クラスの馬。








ジェンティルドンナ、ゴールドシップクラスのG1ホースでないとオルフェには太刀打ち出来ないでしょ

う。















【データ上、優勢な4歳馬ヴィルシーナをどう見るか】



大阪杯は4歳馬が過去10年で、6勝2着3回3着2回と優勢ですが、


今回唯一の4歳は牝馬のヴィルシーナ。






牝馬で大阪杯を勝ったのは4歳で有馬記念を勝った歴史的名牝のダイワスカーレット(4歳時)だけ。






ちなみにダイワスカーレットは全成績が14戦全連対【8・4・0・0】とパーフェクト。コレは牝馬歴代

1位の記録で牡馬を入れても、

シンザンの19戦全連対【15・4・0・0】に次ぐ歴代2位の記録です。







日本史上最強馬のシンボリルドルフとディープインパクトですら連対を外しています。しかも牝馬による有

馬記念優勝はトウメイ以来、37年ぶりの快挙であり、牝馬の有馬記念優勝は史上4頭目ですが、1番人気

での優勝はダイワスカーレットだけ。







ダイワスカーレットは4歳時と5歳時にドバイワールドカップを目指しましたが、いずれの年も脚部不安で

出走回避。出走してたら日本初の優勝馬はヴィクトワールピサでなくダイワスカーレットだったでしょう、

とか天皇賞秋のウオッカとの死闘と言った話はまた後日…






…話が脱線しました。

ダイワスカーレットの話になるとついつい熱が入ってしままいます…。






話を戻します。


格上G2の大阪杯は、無敗の5連勝でオークス、秋華賞の2冠馬になった(エリ女は1着入線も12着降

着。※現行制度なら降着はなかった)カワカミプリンセスですら3着が精一杯。






G1無冠のヴィルシーナではココは家賃が高過ぎます。






JCでオルフェに勝ったジェンティルドンナに秋華賞でハナ差まで詰め寄った実績を評価する方がいるかも

しれませんが、それは違います。






ヴィルシーナは、ジェンティルドンナがいないエリ女を取りこぼしているように、勝ち切れない弱さがあ

る。






強い相手にも2着するが、弱い相手でも2着になってしまう。

アタマまで突き抜ける強さが決定的に欠けています。






かつて歴史的名牝ヒシアマゾンにエリ女でハナ差まで迫ったオークス馬チョウカイキャロルは次走の有馬記

念では牡馬相手に全く歯が立たず8着惨敗。


一方、ヒシアマゾンはその有馬記念で、3冠馬ナリタブライアンの2着。

しかも、3着以下には2馬身半差を付けています。






チョウカイキャロルと違って牝馬限定のG1タイトルすらないヴィルシーナはG1馬エイシンフラッシュに

は当然のコト、ダークシャドウ、ショウナンマイティ、さらには、トウカイパラダイスやヒットザターゲッ

トにすら先着出来ないと見ます。













【オルフェーヴルは2度ピークを迎える】



オルフェーヴル以前の3冠馬6頭の内、セントライト、シンザン、ディープインパクトは4歳で引退。





5歳以降も現役を続けた3冠馬はシンボリルドルフが5歳時にレース中故障発生→6着に負けた米G1サン

ルイレイSで引退。







ミスターシービーは5歳で大阪杯2着→天皇賞春5着で引退。







ナリタブライアンは5歳時は阪神大賞典1着→天皇賞春2着→高松宮杯(名称は当時)4着で引退と、3冠

馬にしては成績が今イチ。






しかしオルフェーヴルは血統的にもう1度ピークを迎える可能性があります。






全兄ドリームジャーニーは、2歳時に朝日杯FSを勝っているように早くから能力を発揮していましたが、

5歳で本格化し大阪杯と宝塚記念と有馬記念を勝っています。(4歳時は今イチとはいえ、ダービー5着、

神戸新聞杯1着、菊花賞5着とそれなりの成績は残している)






父ステイゴールドも7歳時、引退レースの香港ヴァーズでGI初制覇。







オルフェーヴルにとって最盛期がもう一度訪れても全く不思議じゃないです。






いやむしろ5歳の今年こそ、「新怪物伝説第2章」の幕開けだと言えます。






ちなみに、クラシック3冠達成した同一年に有馬記念を優勝したのは、

3冠馬6頭中、ナリタブライアンとシンボリルドルフ、そしてオルフェーヴルだけ。あのディープインパク

トですら成し得てない偉業なのです。






オルフェーヴルは血統的裏付け、そして絶対能力が違い過ぎます。






並の重賞クラス馬から素直に2着、3着候補を探しましょう。






2着候補はエイシンフラッシュ、ダークシャドウ、ショウナンマイティ






3着候補はトウカイパラダイス、ヒットザターゲット

















明日は、

ダイワファルコンが「ダービー卿チャレンジT」を圧勝するワケを書きます。





ダイワファルコンの伯父がダイワメジャー(父サンデー)、叔母がダイワスカーレット(父アグネスタキオ

ン)、祖母がスカーレットブーケという日本屈指の「華麗なるスカーレット一族」







今年の有馬記念を狙える良血馬(オルフェ、ジェンティル、ゴールドシップ以外には負けない、ハズ)で

す。






ちなみに、「華麗なる一族」には、エアグルーヴからルーラーシップ、アドマイヤグルーヴと続く一族もい

ますが、その話はまた後日…。

ヒシアマゾンの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ヒシアマゾンの写真

投稿写真はありません。

ヒシアマゾンの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

ヒシアマゾンの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。