注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

チョウカイキャロル(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  栗毛 1991年3月26日生
調教師鶴留明雄(栗東)
馬主新田 嘉一
生産者谷川牧場
生産地浦河町
戦績12戦[4-4-1-3]
総賞金29,105万円
収得賞金5,900万円
英字表記Chokai Carol
血統 ブライアンズタイム
血統 ][ 産駒 ]
Roberto
Kelley's Day
ウイットワタースランド
血統 ][ 産駒 ]
Mr. Prospector
Sleek Belle
兄弟 ショウナイ
前走 1995/06/04 宝塚記念 G1
次走予定

チョウカイキャロルの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
95/06/04 京都 10 宝塚記念 G1 芝2200 1771428.91012** 牝4 54.0 小島貞博鶴留明雄462(0)2.11.6 1.435.6⑬⑧⑪⑧ダンツシアトル
95/05/13 京都 11 京阪杯 G3 芝2000 138133.332** 牝4 55.0 小島貞博鶴留明雄462(-2)1.59.1 0.235.2⑤⑤④④ダンツシアトル
95/03/19 中京 11 中京記念 G3 芝2000 13562.411** 牝4 56.5 小島貞博鶴留明雄464(+2)2.01.2 -0.036.5⑦⑧⑧⑧メイショウレグナム
95/02/12 京都 11 京都記念 G2 芝2200 8773.424** 牝4 55.0 小島貞博鶴留明雄462(+8)2.12.0 0.234.8ワコーチカコ
94/12/25 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 14813--98** 牝3 53.0 小島貞博鶴留明雄454(-8)2.33.6 1.436.0⑥⑧ナリタブライアン
94/11/13 京都 10 エリザベス杯 G1 芝2400 18817--22** 牝3 55.0 小島貞博鶴留明雄462(+6)2.24.3 0.034.9⑥⑦④④ヒシアマゾン
94/09/24 中京 11 サファイヤS G3 芝2000 922--12** 牝3 54.0 小島貞博鶴留明雄456(+6)2.01.8 0.335.1テンザンユタカ
94/05/22 東京 10 優駿牝馬 G1 芝2400 1823--21** 牝3 55.0 小島貞博鶴留明雄450(-2)2.27.5 -0.137.7④⑤④ゴールデンジャック
94/04/10 阪神 7 忘れな草賞 OP 芝2000 14610--11** 牝3 54.0 小島貞博鶴留明雄452(+2)2.02.7 -0.736.3⑥④ダンツヒスイ
94/03/19 中山 11 フラワーC G3 芝1800 1178--13** 牝3 53.0 小島貞博鶴留明雄450(-12)1.50.9 0.335.7⑧⑧⑧⑥オンワードノーブル
94/01/31 東京 9 セントポーリ 500万下 芝1800 15815--22** 牝3 53.0 小島貞博鶴留明雄462(0)1.48.7 0.435.7⑤④オフサイドトラップ
94/01/05 阪神 3 3歳新馬 ダ1800 13813--11** 牝3 53.0 小島貞博鶴留明雄462(--)1.57.6 -2.038.8エミネントバイオ

チョウカイキャロルの関連ニュース

 皐月賞は“速い馬”“完成が早い馬”が勝つと言われている。昨年の皐月賞はそれが顕著に出たレース。2歳10月のデイリー杯2歳S(京都、芝1600メートル)で1、2着だったキャプテントゥーレタケミカヅチがそのままワンツーを決めた。

 今年は2頭のネオユニヴァース産駒が03年の父に続く父子制覇を狙う。ロジユニヴァースの母系はスピードが豊富。3代母ソニックレディーは86年英GIサセックスSなどマイルGIを3勝した。近親のモンローブロンド(父アドマイヤベガ)はGIIIファンタジーS2着、ノットアローン(父アグネスタキオン)は若葉S勝ちと早い時期から活躍。現時点での完成度、スピードからして皐月賞はベストの条件だ。

 もう1頭のアンライバルドは96年のダービー馬フサイチコンコルドの半弟で、近親に一昨年の皐月賞馬ヴィクトリーとクラシック血統だ。ただ、本質的には2400メートル前後がベスト。昨年のようなスピード能力が結果に直結する皐月賞では少し減点が必要。

 桜花賞馬ブエナビスタを出したスペシャルウィークリーチザクラウンで2週連続GI制覇を狙う。祖母クラシッククラウンは米GIガゼルH(ダ1800メートル)など2勝。母系にはシアトルスルー、ミスタープロスペクター、セクレタリアトと米国の名種牡馬ばかりが配合され、底力は十分だ。もう1頭のスペシャル産駒トライアンフマーチの母は97年の桜花賞馬キョウエイマーチ。母はスプリンターに近いマイラーだっただけに、2000メートルは微妙だ。

 リーディングサイアーのマンハッタンカフェ産駒は桜花賞でレッドディザイアが2着となっている。ベストメンバーの母は芝の1400メートルと1600メートルで2勝、母系を遡るとオークス馬チョウカイキャロルがいる。距離は2000メートルくらいがベストで、一瞬の切れ味は魅力的だ。シンザン記念の覇者アントニオバローズは、祖母の半兄に大種牡馬ノーザンダンサーがいる。母の父もキングマンボで血統面のスケールは大きい。

 サンカルロがNZTを勝ち、マンハッタンカフェを急追するのがシンボリクリスエス産駒だ。ミッキーペトラは母系に無敗の3冠馬ディープインパクトがいる。一気の相手強化だった前走でも正攻法の競馬で2着と底力十分で、今回も同様の競馬ができればチャンスはある。リクエストソングは母の父トニービンの影響が強く出ているようで、直線が短いコースは割り引き。(血統取材班)

チョウカイキャロルの関連コラム

閲覧 2,055ビュー コメント 0 ナイス 3



オークスが行われる東京芝2400mは、JRA全競馬場の中でも有数の瞬発コース。勝負どころから区間タイムにして1秒以上の瞬間的な加速が特徴で、先団からジリジリと伸びる馬よりも、後方から一気に加速できる馬が有利。道中の位置取りはあまり関係なく、騎手がGoサインを出してから、ものの10秒ほどの瞬発力で勝負が決まる。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


もはや誰も「オークスはタフなレース」なんて言わなくなったし、オークスがタフなレースになったのは、22年前のチョウカイキャロルが最後だろうか。それはサンデーサイレンス産駒登場以前の話。それでも1997年以前のオークスは瞬発力のない馬でもソコソコ勝負になっていたのだが、現代のオークスは絶対的な瞬発力勝負。

ほとんど全馬が初距離となる2400mで、2000m勝ちの実績などが注視される傾向にあるレースだが、実は2000m実績の何倍も、瞬発戦実績のほうが重要だと思われる。

ただ、・・・

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

チョウカイキャロルの口コミ


口コミ一覧
口コミ情報はありません。

チョウカイキャロルの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

チョウカイキャロルの写真

投稿写真はありません。

チョウカイキャロルの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

チョウカイキャロルの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。