東京優駿(日本ダービー)2017

2017年5月28日(

東京優駿(日本ダービー) G1

東京競馬場/芝/2400m

攻略
メニュー

最新出走予定馬情報 〜東京優駿(日本ダービー)2017〜

  • 新着ニュース
  • 直前追い切り情報
  • データ分析
  • 展望コラム
  • 口コミ情報

 5月28日に東京競馬場で行われる競馬の祭典「第84回日本ダービー(東京優駿)」(GI、東京10R、3歳、牡、牝、オープン、定量、芝2400メートル、1着賞金2億円)の枠順が確定した。

 2冠制覇狙う皐月賞アルアインは4枠7番、同2着ペルシアンナイトは6枠11番、同3着ダンビュライトは1枠1番、同4着クリンチャーは3枠5番、同5着レイデオロは6枠12番、トライアルの青葉賞勝ち馬アドミラブルは8枠18番、共同通信杯優勝馬スワーヴリチャードは2枠4番にそれぞれ決まった。

 勝ち馬投票券は5月26日にウインズ後楽園、新宿、梅田、難波の4カ所で、金曜日発売(午後2時から午後7時)を実施し、27日からは全国のJRA競馬場、ウインズ等で前日発売する。なお、金曜日発売では27日に京都競馬場で行われる京都ハイジャンプ(8R)、ダービー当日の目黒記念(12R)もあわせて発売する。

 ダービーは5月28日、東京都競馬場(10R)で、午後3時40分にスタートが切られる。

日本ダービーの枠順はこちら 調教タイムも掲載

【日本ダービー】音無師、三本の矢で悲願成就だ5月25日(木) 11:57

 競馬の祭典「第84回日本ダービー」(28日、東京、GI、芝2400メートル)に、音無秀孝調教師(62)が素質馬3騎を送り込む。ミルコ・デムーロ騎手が選んだ3連勝中の青葉賞アドミラブル武豊騎手が跨る皐月賞3着ダンビュライト、愛弟子の松若風馬騎手が手綱を取るきさらぎ賞アメリカズカップと、いずれも力が入る“三本の矢”だ。開業から23年目、ついにホースマンの夢舞台を射抜けるか。

 −−最高の舞台に3頭出し

 音無秀孝調教師「僕らにとってはダービーに出すことが大変。今年はうまくいきました」

 −−一番の注目はアドミラブル。のどの手術を克服して大舞台を迎える

 「当歳で初めて見たときから、ディープインパクトの子でこういうタイプがいるのかっていうくらい、馬が素晴らしかった。だから2歳の夏、のど鳴りが判明したときはただただショックで…。でも、初戦(9着)を走っただけで手術に踏み切ったのは正解だったね」

 −−復帰後の3連勝はすべて強烈

 「3月の未勝利戦を信じられない時計(阪神芝1800メートル1分45秒8)で勝った時点で、ダービーまで逆算して、中3週が続く今のローテを組んだ。普通の馬ならこんなことは考えませんよ」

 −−青葉賞はダービー級のレースレコード

 「スタートで後手を踏んで自分で競馬を難しくして、道中は物見をしていたし、さらに早めに仕掛けられながら、本当によく粘ってくれた。長距離輸送をした東京で結果を出せたのもよかった」

 −−24日はデムーロ騎手を背に坂路4F52秒9

 「青葉賞のときは馬なりだったけど、今回はダービーなのでミルコと相談して、初めてしまいだけ気合をつけた。スッと併走馬(レコンダイト)を引き離したね」

 −−もし勝てば青葉賞からは初の王者

 「中3週が続くことをみなさん、心配してくれるけど、自分としては調整はすごくやりやすい。馬体も23日が526キロ。もしダメージが残っていたらこうは増えない。メンバーは強くなるし、そう簡単じゃないかもしれないけど、この馬は能力がものすごく高いと思っているからね。今度はスタートを決めてほしい」

 −−ダンビュライト皐月賞で0秒1差3着

 「3戦連続3着でも、前走は値打ちが違う。小さい不利もあったし、スムーズなら着差は半馬身くらいだったかも。短期放牧で体も戻ったので、調教でも攻めてます」

 −−武豊騎手はダービー6勝目がかかる

 「皐月賞が初めてのコンビだったけど、本当にうまく乗ってくれた。何度も勝っているんだし、前走からイメージして乗ってもらえればいい。返し馬でテンションが高いけど慣れも見込めるし、距離を延ばしていい結果が出ているから」

 −−アメリカズカップ皐月賞で大敗

 「1コーナーで(ハミを)噛んでしまったのがすべて。10キロくらい馬体も減っていた。今回も体重は同じくらいだけど」

 −−松若騎手はダービー初騎乗

 「緊張するから何も言わないけど、前走を反省して、2400メートルを意識して競馬してほしいね」

 −−ライバルはやはり皐月賞

 「レイデオロが強いのかなとか思うけど、正直、相手関係とかを考える余裕はないよ。出てくる馬、すべてがライバルです」

 −−三本の矢で頂点獲りを狙う

 「あまり縁がなかった舞台に、今年は有力馬を送り出せる。出すことが夢なら勝つことはもっと夢だけど、悲願のダービー制覇があればいいね」

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】アドミラブル音無師「いつもどおり」 5月25日(木) 11:55

 3連勝中のアドミラブルは栗東で運動のみのメニューで汗を流し、「変わりはないよ。いつもどおりだね」と音無調教師。「3月から3回使ってきたけど、(2走前の)アザレア賞がキツい競馬ではなかった分、そんなにダメージもなかった。当日も、512キロとか514キロとかで出せるはずです」。恵まれたフィジカルを駆使して、史上初の“青葉賞→ダービーV”へ一直線だ。

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】アルアイン池江師「ガラッと良化」 5月25日(木) 11:55

 2冠を狙う皐月賞アルアインは、栗東の厩舎周辺の運動を1時間ほど消化した。「本当に順調だ。この1カ月でまたガラッと良くなった。けいこの動きも重心が下がるようになったし、この時期の3歳牡馬は変わるね」と池江調教師。

 初の東京コースも「輸送に慣れているから心配ない。ゲートの出もまだ遅いときがあるけど、出して行っても掛かる馬じゃないからね。力は出せるよ」と、11年オルフェーヴル以来の戴冠へ手応え十分だ。

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】レイデオロ絶好の雰囲気 5月25日(木) 11:54

 藤沢和厩舎ダービー初Vの期待を一身に背負うレイデオロはけさ、美浦北馬場の運動場からCコースへ、単独で登場した。雨でしっとりと濡れた好馬体を周囲に見せつけるかのように、ゆったりとしたフォームで前日の追い切りの疲れを取った。

 「穏やかなのがいい。昨年に比べて馬体の成長を感じるし、どの点から見ても上積みは大きい」と、調整役の津曲助手がベタ褒めする絶好の雰囲気を醸し出している。

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】アドミラブル極限追い!ミルコ太鼓判 5月25日(木) 05:07

 競馬の祭典・日本ダービー(28日、東京競馬場、GI、芝2400メートル)の追い切りが24日、滋賀県の栗東トレセンで行われた。前哨戦の青葉賞を勝ったアドミラブル(栗東・音無秀孝厩舎、牡)は、坂路での併せ馬で力強く先着。大一番に向けて勝負仕上げを施してムードは最高潮。3連勝中の上がり馬が、一気に頂点まで駆け上がる。25日に枠順が確定、26日に金曜発売が実施される。

 3歳馬の頂上に向かって、まっしぐらだ。薄曇に覆われた坂路で、アドミラブルが迫力満点の動きを披露。手綱を取ったミルコ・デムーロ騎手の頬は自然と緩んだ。

 「動きはよかったね。とてもいい感じ。コンディションはよさそうですね。テンションも問題なかった」

 朝一番の追い切りラッシュが一段落した時間帯に登場し、レコンダイト(OP)を追走する形でスタート。序盤から人馬がピタリと呼吸を合わせ、ジワジワと加速していく。直線に向いて徐々に馬体を併せ、ラスト1ハロンで促されると鋭く呼応。先に追い出した僚馬をあっさりかわし、1馬身半先着した。4ハロン52秒9−12秒5と時計は目立たないが、3連勝中の充実ぶりと状態のよさは十分伝わる内容。音無調教師は「気合をつけたらすぐに相手を突き放した。最後に(強く)やっただけで余力があった。(最初から)やれば52秒を切っただろうね」と満足げに振り返った。

 頂点を狙うための勝負仕上げだ。同じ中3週の青葉賞の最終追い切りは馬なりでの調整だったが、今回はしっかりと負荷をかけた。指揮官は「これまではビシビシやってこなかったけれど、ダービーだから味付けをした。23日に量って馬体重は526キロ(前走時510キロ)と体もしっかりあるからできる」と意図を説明する。

 レースレコードで完勝した前走の反動やデキ落ちはなく、長距離輸送が続くことも心配ない。担当の蛭田助手は「カイバ食いがよくて回復が早いですね。普段から余計な力を使わないから、消耗も少ないんでしょう」とタフネスぶりを証言。鹿毛の馬体はさらに研ぎ澄まされている。

 喘鳴症(のど鳴り)を抱えていた昨年9月の新馬戦は9着に敗れたが、のどを手術してからは未勝利−アザレア賞(500万下)−青葉賞(GII)と3連勝。青葉賞の勝ち馬は2着(6回)が最高ながら、指揮官は「能力は素晴らしいものがある。うまくいけば、悲願のダービー制覇もあるんじゃないかと思っています」と意に介さない。

[もっと見る]

東京優駿の新着ニュースをもっと見る

 3連勝中のアドミラブルは栗東で運動のみのメニューで汗を流し、「変わりはないよ。いつもどおりだね」と音無調教師。「3月から3回使ってきたけど、(2走前の)アザレア賞がキツい競馬ではなかった分、そんなにダメージもなかった。当日も、512キロとか514キロとかで出せるはずです」。恵まれたフィジカルを駆使して、史上初の“青葉賞→ダービーV”へ一直線だ。

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【日本ダービー】アルアイン池江師「ガラッと良化」 5月25日(木) 11:55

 2冠を狙う皐月賞アルアインは、栗東の厩舎周辺の運動を1時間ほど消化した。「本当に順調だ。この1カ月でまたガラッと良くなった。けいこの動きも重心が下がるようになったし、この時期の3歳牡馬は変わるね」と池江調教師。

 初の東京コースも「輸送に慣れているから心配ない。ゲートの出もまだ遅いときがあるけど、出して行っても掛かる馬じゃないからね。力は出せるよ」と、11年オルフェーヴル以来の戴冠へ手応え十分だ。

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】レイデオロ絶好の雰囲気 5月25日(木) 11:54

 藤沢和厩舎ダービー初Vの期待を一身に背負うレイデオロはけさ、美浦北馬場の運動場からCコースへ、単独で登場した。雨でしっとりと濡れた好馬体を周囲に見せつけるかのように、ゆったりとしたフォームで前日の追い切りの疲れを取った。

 「穏やかなのがいい。昨年に比べて馬体の成長を感じるし、どの点から見ても上積みは大きい」と、調整役の津曲助手がベタ褒めする絶好の雰囲気を醸し出している。

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】アドミラブル極限追い!ミルコ太鼓判 5月25日(木) 05:07

 競馬の祭典・日本ダービー(28日、東京競馬場、GI、芝2400メートル)の追い切りが24日、滋賀県の栗東トレセンで行われた。前哨戦の青葉賞を勝ったアドミラブル(栗東・音無秀孝厩舎、牡)は、坂路での併せ馬で力強く先着。大一番に向けて勝負仕上げを施してムードは最高潮。3連勝中の上がり馬が、一気に頂点まで駆け上がる。25日に枠順が確定、26日に金曜発売が実施される。

 3歳馬の頂上に向かって、まっしぐらだ。薄曇に覆われた坂路で、アドミラブルが迫力満点の動きを披露。手綱を取ったミルコ・デムーロ騎手の頬は自然と緩んだ。

 「動きはよかったね。とてもいい感じ。コンディションはよさそうですね。テンションも問題なかった」

 朝一番の追い切りラッシュが一段落した時間帯に登場し、レコンダイト(OP)を追走する形でスタート。序盤から人馬がピタリと呼吸を合わせ、ジワジワと加速していく。直線に向いて徐々に馬体を併せ、ラスト1ハロンで促されると鋭く呼応。先に追い出した僚馬をあっさりかわし、1馬身半先着した。4ハロン52秒9−12秒5と時計は目立たないが、3連勝中の充実ぶりと状態のよさは十分伝わる内容。音無調教師は「気合をつけたらすぐに相手を突き放した。最後に(強く)やっただけで余力があった。(最初から)やれば52秒を切っただろうね」と満足げに振り返った。

 頂点を狙うための勝負仕上げだ。同じ中3週の青葉賞の最終追い切りは馬なりでの調整だったが、今回はしっかりと負荷をかけた。指揮官は「これまではビシビシやってこなかったけれど、ダービーだから味付けをした。23日に量って馬体重は526キロ(前走時510キロ)と体もしっかりあるからできる」と意図を説明する。

 レースレコードで完勝した前走の反動やデキ落ちはなく、長距離輸送が続くことも心配ない。担当の蛭田助手は「カイバ食いがよくて回復が早いですね。普段から余計な力を使わないから、消耗も少ないんでしょう」とタフネスぶりを証言。鹿毛の馬体はさらに研ぎ澄まされている。

 喘鳴症(のど鳴り)を抱えていた昨年9月の新馬戦は9着に敗れたが、のどを手術してからは未勝利−アザレア賞(500万下)−青葉賞(GII)と3連勝。青葉賞の勝ち馬は2着(6回)が最高ながら、指揮官は「能力は素晴らしいものがある。うまくいけば、悲願のダービー制覇もあるんじゃないかと思っています」と意に介さない。

[もっと見る]

【日本ダービー】アドミラブル・ミルコトーク 5月25日(木) 05:06

 −−追い切りを終えて

 「いつも1カ月に1回のローテーションで、馬が(レースが近づいていることを)分かっている感じですね」

 −−青葉賞は快勝

 「とても強くて楽勝でした。でも、今回は相手が強くなるから難しいレースになると思う」

 −−気になる相手は

 「皐月賞馬(アルアイン)はレコード勝ちですごく強かったし、僕が乗っていた2着のペルシアンナイトもいいですね。レイデオロもずっと使っていなかったけど、ラストはいい脚を使っていた。スワーヴリチャードも東京コースが得意ですからね」

 −−こちらを選んだ

 「アドミラブルの未勝利戦勝ちのときの2着馬に乗っていて、すごく強いと思った。そのときに(音無調教師から)『次はお願い』と言われてうれしかった。そのアザレア賞も強かったからね。ペルシアンナイトも強いから、両方とも乗りたかったけどね」

 −−日本ダービーは2勝

 「目の前のレースは全部勝ちたいけど、やっぱりダービーは特別ですね。頑張ります」

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【日本ダービー】レイデオロ、皐月賞5着から逆転王者いける! 5月25日(木) 05:05

 日本ダービーの追い切りが24日に東西のトレセンで行われ、美浦ではレイデオロが鋭い反応を見せた。栗東では皐月賞アルアイン、同2着のペルシアンナイトも順調な仕上がり。スワーヴリチャードが余力十分に先着し、サンケイスポーツ調教評価で最上級の『S』となった。

 皐月賞5着のレイデオロが、鋭い反応で好気配をアピール。世代の頂点に向けて万全の態勢を整えた。

 「先週のオークスもうまくいったけど、男の子の方も順調だね」

 藤沢和調教師が目を細めた。オークスでは桜花賞で3着に敗れたソウルスターリングがV。今週も皐月賞5着から巻き返しを狙う。

 Wコースでレッドレイヴン(OP)とシャドウチェイサー(1600万下)を追走する。直線で内に入れ、仕掛けられるとスッと反応。ゴールでは併入だったが、その後に突き放したのは、1週前のソウルスターリングとダブる。余裕たっぷりに5ハロン68秒4、3ハロン38秒2−12秒4をマークした。

 「リラックスして直線もいい反応。皐月賞は休み明けだったし、もっとよくなってダービーはチャンスがあります」

 2週連続で美浦に駆けつけて騎乗したルメール騎手が順調ぶりを口にした。

 3カ月ぶりの皐月賞は後方から追い上げて5着に敗れたが、藤沢和師は「最後はいい脚を使っているからね」と悲観していない。「休み明けを使ったし、先週、今週とルメールに乗ってもらって、息遣いもよくなったよ」と、トレーナーは上昇気流を実感している。

 東京2400メートルにも不安はない。調教師が「デビュー戦で東京は上手に走ったし、距離もいいと思う。スタンド前発走も問題ないでしょう」と自信を見せれば、騎手も「絶対いける。リラックスして走れば、最後はいい脚を使います」と太鼓判を押す。

 現役ただ一人の1000勝トレーナーが、まだ手にしていないダービー。「そろそろ(勝って)いいかな。僕も(2022年2月の定年まで)そんなに先がないからね」。普段どおりジョークで笑わせるが、スペイン語で「黄金の王」と名付けられた、この馬は頂点に立てると信じている。今年こそダービーを−、それが現実になろうとしている。 (柴田章利)

日本ダービーの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 684ビュー

覆面ドクター・英

いよいよ日本ダービーがやってきました。POGも区切りとなるし、ここからはのんびり夏競馬という感じにもなるし、ダービーはしっかり当てて、この世代の力関係把握が出来ていたと思いたいところでもあります。実際に馬に携わる人たちにとっては、ここを目指して配合を考え、種付けをして、生産、育成、オーナーがついて、調教師と厩務員、騎手とバトンをつないでのレースとなるので、四位騎手が「(軽々しく)他のG1と一緒とか言ってほしくない」、「(ダービー)勝ってから言えよ」というような発言をしていたことがいつも思い起こされます。本当にたくさんのホースマンが携わっての頂上決戦ということが、エージェントを通しての騎乗依頼だけだと若手には見えにくくなっている現状なのかもしれませんね。あとはダービー馬が種牡馬としてイマイチと言われないように常に種牡馬の王道であってほしいものです。

例年は皐月賞からの直行組が優勢でトライアル組は劣ることが多いのですが、今年は青葉賞だけでなくプリンシパルSもなかなか強い勝ち馬で、京都新聞杯はやや劣る(しかも勝ち馬は故障で出走できず)結果だったと思います。

それでは恒例の全頭診断を。

1番人気想定 アドミラブル ノド鳴り手術後は豪快な3連勝でダービーに間に合った。キャリア浅いがフサイチコンコルドのように十分やれるレベルの力がある。デムーロ騎手も皐月賞2着のペルシアンナイトではなくこちらを選んだように強い馬で楽しみ。大味な競馬をするがやれるのでは。血統背景的にもダービー馬にふさわしく、母父シンボリクリスエスは活躍馬続出でもある。

2番人気想定 レイデオロ 年末のホープフルSを余裕勝ちしての休み明けぶっつけで臨んだ皐月賞は、もっさり後方から最後に差を詰めての5着だったが、ここ狙ってのローテとはいえダービー向きの瞬発力足りない感じと成長いまひとつな感もあり、人気過剰と個人的には思っている一頭。消しもありでは。

3番人気想定 スワーヴリチャード 共同通信杯が周囲を見渡してから追い出す余裕の勝ち方で皐月賞も外から末脚を延ばしてきたが、いまいち成長感じなかった前走でもあり東京2400向きだろうが先週ソウルスターリングが巻き返したようにはいかないのでは。

4番人気想定 アルアイン 皐月賞馬にしては人気にならなそう。マイラーじゃないかという意見も結構あるが、皐月賞で4角で接触あって少し下がってきてから盛り返してきたのはスタミナもある証。妙味ある一頭。

5番人気想定 ペルシアンナイト 皐月賞では向こう正面で内がぽっかり空いているところをグイグイ上がっていき最内から2着まで来たが他の騎手があんなところ開けてたのは間抜け過ぎただけで(福永騎手は抜かりなく最内でペルシアンナイトの後ろをついて上がっていってたが)、あそこまで恵まれることはもう無さそうで、アルアインより、こちらこそマイラー寄りなのでは。消しもありか。

6番人気想定 サトノアーサー 年初は、この世代のダービー最有力候補という評価だったのがきさらぎ賞ではアメリカズカップに負け、毎日杯では末脚延ばすもアルアインに負けたが、折り合って末脚を伸ばせるようになってきており好勝負も可能では。ただ川田騎手とはあってない感じもあり微妙でもある。

7番人気想定 カデナ 京都2歳Sと弥生賞を勝ってはいるが皐月賞では3番人気9着と初めて連対を外した。ただゆったり追走して末脚を延ばす形の今回の方が良さそうで、再度好走も十分ありそう。

8番人気想定 ダンビュライト POGで指名したようにルーラーシップ産駒で期待していたのだが寄られるとカニのように逃げたりと期待はずれな内容が続いて迎えた皐月賞ではファンディーナの横で妙にやる気を出しての3着と父親似で強豪相手の3着惜敗が得意なよう。ここはそこそこ人気にもなりそうで妙味ないのかもしれないがナイスネイチャ(古い)のようにまた3着というのもあるかも。

それ以降の人気となりそうな馬達。

ベストアプローチ 父はあまり見ないがサドラー系のガリレオの仔でダーレーの馬らしく、母系もしっかりしているので、じわじわ強くなってきた。勝ったアドミラブルの派手さに隠れているが、この馬も圏内の実力があり楽しみな一頭。

ダイワキャグニー トライアルのプリンシパルSを完勝してきての参戦。前哨戦での仕上がり過ぎで調子落ちにならなければ本番でも通用するレベル。

ウインブライト スプリングS勝ち馬だが下した相手が揃ってその後さっぱりで、ステイゴールド産駒でもあまり距離延びて良さそうでもなく厳しいのでは。

クリンチャー ディープスカイ産駒はダートでの活躍ばかりだったが、ようやく芝の大物が現れた感じ。すみれSが強い勝ち方で皐月賞も厳しい流れで直線一旦先頭と頑張った。ただ瞬発力いまひとつなステイヤーな感じはあり、成長途上でもあり菊花賞で面白いのでは。

トラスト 皐月賞13着、NHKマイルC8着と距離短縮良さそうでここは要らない。

サトノクロニクル 京都新聞杯2着だが故障で出走できなくなった勝ち馬プラチナムバレット含めレースレベル自体いまひとつでもあり、この馬自身も常に1番人気で1勝しか出来ていないようにこの大一番では要らない。

マイスタイル 弥生賞2着は横山典騎手の絶妙のスロー逃げで東京2400では要らない。

キョウヘイ シン故障で出走できなくなったザン記念は道悪で追い込みはまったが以降さっぱりなように力不足。

アメリカズカップ 少頭数での淡々とした競馬が得意なマンハッタンカフェ産駒だけにきさら故障で出走できなくなったぎ賞のようにはいかない。

マイネルスフェーン 青葉賞9着は引っかかったのでノーカウントとしても、京成杯(3着)自体上位2頭がその後さっぱりな事や、ホープフルSでレイデオロの2着に来れたのはシュミノー騎手のイン強襲のファインプレーによるものとみられ力が落ちる。

ジョーストリクトリ 血統的には決して短距離馬ではないと思うが今年6戦目とそろそろお疲れでは。


<まとめ>
最有力馬 アドミラブル
有力馬 アルアインサトノアーサーカデナ
人気だが少し評価下げたい馬 レイデオロスワーヴリチャードペルシアンナイト
人気薄だがヒモで狙いたい馬 ダイワキャグニーベストアプローチ

05月24日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年05月24日号】
閲覧 1,075ビュー

伊吹雅也

週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年05月27日(土) 京都10R 白百合ステークス
【“東京か京都、かつ芝のレース”における連対経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [3-3-3-16](複勝率36.0%)
●なし [0-0-0-10](複勝率0.0%)
→近年は東京や京都のレースに実績のある馬が優勢。なお、前走の着順が8着以下だった馬は2014年以降[0-0-0-10](複勝率0.0%)、前走の距離が1800m未満だった馬は2014年以降[0-0-0-7](複勝率0.0%)と、それぞれ苦戦しています。

<<さらにプラス1!>>
【『血統大全』このコースの“買い”】
京都芝1800m外×ハービンジャー×前走9着以内
→複勝率41.3%、複勝回収率171%


▼2017年05月27日(土) 東京11R 欅ステークス
【前走のコース別成績(2010年、2012〜2016年の欅ステークス、2011年のつばさ賞)】
●“ダ1400〜1600mのコース” [7-7-7-44](複勝率32.3%)
●“ダ1400〜1600mのコース”以外 [0-0-0-46](複勝率0.0%)
→2010年、2012〜2016年の欅ステークスと2011年のつばさ賞で好走を果たしたのは、前走がダ1400〜1600mのレースだった馬ばかり。ちなみに、前走のコースが“ダ1400〜1600mのコース”、かつ前走の着順が4着以内だった馬は[5-7-3-14](複勝率51.7%)とより堅実でした。


▼2017年05月28日(日) 京都10R 安土城ステークス
【馬齢別成績(2012年、2014〜2016年の安土城ステークス、2013年のディープインパクトカップ)】
●4歳 [0-1-0-11](複勝率8.3%)
●5歳 [5-4-3-13](複勝率48.0%)
●6歳以上 [0-0-2-38](複勝率5.0%)
→馬齢別の成績が異様に偏っているレース。今年も5歳の馬を重視しましょう。

<<さらにプラス1!>>

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

[もっと見る]

05月24日(水) 16:00 夢月
【各馬の前走と妙味】〜2017日本ダービー〜
閲覧 1,211ビュー

夢月

東京芝2400m左回りで行われる日本ダービー
簡単にレースの特徴を説明したうえで、出走予定馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


■レースの特徴■

直線を迎えるとすぐに急坂があり、そのまま長い直線のため瞬発力と持続力を同時に求められるコース。
内をロスなく立ち回って、どれだけスタミナを温存出来るかが鍵となります。
求められるものが多く地力を発揮しやすいので荒れにくいレースと言えるでしょう。
力を出しやすいということは、極端なペースになりにくいということでもあるので、前にしろ後ろにしろ極端な脚質は軽視が安全策。
BコースからCコースに替わるので穴が来やすいのはやはり内枠なのですが、今年に限りそうとは言えない印象。それは、Bコースの馬場が思ったより悪くなってしまい、先週の時点でCコースの馬場をバンバン走ってしまっていること。ダービーまでにさらにダメージを受けているようだと、この穴パターンの基本線となる考え方はもう通用しなくなってくるでしょう。
以上のことから、今年の日本ダービーは枠に関係なく単純に強い馬が勝ちそうで、予想する側はどれだけ各馬の地力を正確に把握出来ているかにかかっていると言えます。
オーソドックスながらも大変難しいレースになるのではないでしょうか。


■前走の分析■

アドミラブル
●前走青葉賞 G2 1着 (経由3頭)
最後方で折り合いに専念し、大外を回すロスをものともせず先頭を射程圏に入れ、楽に突き放して快勝。
直線は遊びながら走って着差を広げており相当な器だろう。
本番までに・・・

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

[もっと見る]

05月24日(水) 12:15 【ウマニティ】
【U指数的分析】日本ダービー
閲覧 2,074ビュー

【ウマニティ】

日本ダービー

過去5年間の傾向から、U指数的"買い"データをお届するU指数分析コラム。

今週の対象レースは日本ダービーです。では早速参りましょう!

○U指数についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらをどうぞ
●新連載・U指数公認攻略&本格検証系コラム『【U指数コラム】活用法を伝授!予想力・回収率UP大作戦!』も好評連載中!!

<ポイント 
・U指数下位の人気薄が1頭絡んでのちょい荒れはたまにあるが、基本的に指数上位馬を信頼できるレース。指数1位は単勝回収率118.0%、複勝回収率80.0%。指数2位は単勝回収率170.0%、複勝回収率110.0%。

<ポイント◆
・低指数馬の激走はほとんどない。指数90未満は【0 0 0 12】。指数10位以下は【0 1 1 43】。指数10以下の低指数馬同士の組み合わせは期待薄。絡めるとしてもヒモまで。

<ポイント>
・ちょい荒れの年は3着に指数下位の人気薄が食い込むパターンが多く、上位2頭は指数上位が占める傾向にある。指数1〜2位+指数1〜5位というフォーメーションを購入した際の馬連回収率256.3%、馬単回収率366.7%。


日本ダービーの予想U指数はこちら⇒(日本ダービー重賞特集ページ)で無料会員向けに出走馬全頭のU指数を無料公開中!
会員登録(無料)でご覧いただけますので、会員登録がまだの方は是非ご登録のうえご覧になってください!
次回更新は安田記念となります。

--------------------------------------------------------------------------------
U指数に関する、『シミュレート結果』『予想U指数と結果U指数』『馬齢・クラス別考察』などの詳細情報はこちらのページでご紹介しています⇒『U指数について』ページ
--------------------------------------------------------------------------------

[もっと見る]

05月23日(火) 18:40 伊吹雅也
伊吹雅也のPOG分析室 (2017) 〜第1回POG的データ
閲覧 1,006ビュー

伊吹雅也

 一年間に渡って激戦が繰り広げられてきた「ウマニティPOG 2016」もいよいよ残り1週。日本ダービー開催日の5月28日(日)をもって優勝争いに決着がつきます。

 今年も私はスペシャルワールドに参加させていただきましたが、残念ながら中位をキープするのが精いっぱいという体たらく。重賞ウイナーがファンディーナ(ドリームオブジェニーの2014)だけというのも寂しいですね。そろそろ「ウマニティPOG 2013から3シーズン連続でG汽Εぅ福爾鮖慳勝廖屮Ε泪縫謄POG 2014のスペシャルワールドで優勝」といった看板も色褪せてきて、来シーズンは真価を問われる一年になりそう。私と同じく捲土重来を期している皆さんも一緒に頑張りましょう。

 通算5シーズン目となる「ウマニティPOG 2017」は来週から本格的にスタート。5月30日(火)12:00から第1回の入札がスタートし、6月2日(金)には最初の仮想オーナー馬が確定します。昨シーズンと同じく、第1回の本稿では指名馬の選択や絞り込みに役立ちそうなデータをまとめてみました。

 以下の表組で紹介しているのは、現3〜5歳の過去3世代における主要な種牡馬、生産者、調教師の勝ち馬率や1頭あたり本賞金です。なお、POG期間全体を対象にすると一部の活躍馬が1頭あたり本賞金を大きく左右してしまうため、集計対象は「JRA、かつ2〜3歳歳限定、かつ新馬が行われている週(例年の2回中山ならびに1回阪神閉幕週)までのレースのみ」としています。

 まずは種牡馬別成績(表A)をご覧いただきましょう。掲載対象としたのは集計対象レースにおける出走頭数ランキングの上位20種牡馬。順位は1頭あたり本賞金が高い順です。



 トップは当然ながらディープインパクト。勝ち馬率の高さも突出していました。今年はオルフェーヴルロードカナロアといった新種牡馬が注目を集めているものの、さすがにこういったレベルの好成績を収める可能性は低いはず。無理に逆らう必要はありません。
 ディープインパクト以外の勢力図をまとめてみると、二番手グループがキングカメハメハダイワメジャー、それに次ぐ存在がキンシャサノキセキハーツクライマンハッタンカフェあたりといったところでしょうか。集計対象レースへの出走頭数がやや少ない種牡馬の中では、ヴィクトワールピサ(勝ち馬率26%/1頭あたり本賞金411万円)、ルーラーシップ(同28%/423万円)あたりも悪くない成績を収めています。

 生産者別成績(表B)は下記のような構図。こちらも種牡馬別成績と同じく、集計対象レースに出走した馬の頭数で上位20生産者を抽出し、1頭あたり本賞金が高い順に並べました。



 勝ち馬率が40%を超えているのはノーザンファームだけ。当然ながら、1頭あたり本賞金も断然のトップです。データを出すまでもなく存在感は圧倒的であり、その分だけ注目度も高いわけですが、生産馬の数が多いので人気の盲点になる馬は必ずいるはず。可能な限りチェックしておくべきでしょう。
 他の生産者では、社台ファームと同等かそれ以上の好成績をマークしたグランド牧場、社台コーポレーション白老ファーム、フジワラフアームあたりも面白い存在だと思います。

 最後に紹介するのは(JRA初出走時の)調教師別成績(表C)こちらは集計対象レースに出走した馬の頭数が30頭以上だった調教師のうち、1頭あたり本賞金の上位20名を掲載対象としました。




 1頭あたり本賞金が一千万円以上なのは池江泰寿調教師、藤沢和雄調教師、堀宣行調教師の3名。勝ち馬率の高さも考慮すると、角居勝彦調教師や友道康夫調教師までが“トップクラス”と言えるでしょう。
 ちなみに、美浦所属でランクインしているのは前出の藤沢和雄調教師、堀宣行調教師を除くと国枝栄調教師、小島茂之調教師、手塚貴久調教師の3名だけで、ベスト10圏内には届いていません。有力厩舎の絶対数が少ない分、レース選択などの面でもメリットがあるはずですから、今後も藤沢和雄調教師と堀宣行調教師は積極的に狙っていきたいところです。


■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)

 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『コース別 本当に儲かる騎手大全 2016秋〜2017』(ガイドワークス)など。2016年12月02日には監修を務める人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2017-2018』(ガイドワークス)を、2017年04月12日には最新刊『コース別 本当に儲かる血統大全 2017-2018』(ガイドワークス)をリリース。POG関連メディアの制作にもさまざまな形で携わっており、ウマニティPOG 2014では最高位クラスのスペシャルワールドにおいて優勝を果たした。

[もっと見る]

05月23日(火) 18:30 競馬プロ予想MAX
最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解
閲覧 2,071ビュー

競馬プロ予想MAX

前回の〜オークス編〜では、勝利したソウルスターリングへの「総合力で世代トップの能力に疑いはない」(河内一秀プロ)や「桜花賞の敗因は馬場。出走馬で最も幅広の蹄をしており、渋った馬場では走りづらかったはず」(サラマッポプロ)といった声や、3着アドマイヤミヤビへの「直前に強く追ってくるようだとかなり危険。逆に、百日草特別やクイーンC時のような馬なりであれば狙える」(くりーくプロ)などのコメントをご紹介。貴重な情報が詰まった当コラムを、是非予想の参考にお役立てください。それでは、今週も馬券的中へのヒントを探しにプロ予想家に迫って参りたいと思います。
○コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。⇒ http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7125


本日のターゲットは、5/28(日)G1日本ダービー
ウマニティ公認プロ予想家のスガダイサラマッポ河内一秀くりーく加藤拓のオリジナルメンバーに加え、新たにkmを加えた6人の中から5人に登場してもらい、アノ注目馬3頭を中心に、その他の特注馬も含め見解を直撃!
※見解は全て5/22(月)時点のものです。

●今回のプロ予想家陣
スガダイプロ・・・ウマニティ「プロ予想MAX」No.1予想家。タイム理論(主にオリジナルのスピード指数)と血統をベースに、調教や展開などあらゆるファクターをそこに加味し総合的に判断して結論を出すスタイルで「プロ予想MAX」のエースとして活躍中。
サラマッポプロ・・・独自の馬体・走法分析から未知の適性を見抜き、厳選したレース&穴馬を狙い撃ちするスタイルで毎年プラス収支をマーク(近10年中9年で年間プラス達成!)。
河内一秀プロ・・・自身が開発した競馬予想ソフト「カツラギ」ウマニティ特別版を採用し予想を展開。
くりーくプロ・・・調教中心に予想を展開。関西の新馬戦+重賞が主戦場で、全頭調教評価コメントにも定評。
kmプロ・・・情報収集を重視した独特の思考フィルターで近3走の内容分析を中心に予想を展開する。穴馬を狙い撃ちするスタイルで、ウマニティ公認プロ予想家中300万超払戻し本数歴代トップの記録を保持している。


●各馬へのコメント
アドミラブル
 サラマッポ 休養明け後に3連勝。全て余裕のある勝ちっぷりで、まだ底を見せてない印象です。500キロ超の雄大な馬体、体幹のしっかりした走り、前さばきの硬さから、パワーも十分あり、仮に道悪でも問題ないですね。今年の牡馬クラシックは混戦で、青葉賞からというローテーションも気にする必要はなさそうです。
 スガダイ 青葉賞は強かったな。あの時計は立派だよ。ただ相手がかなり弱かったのは事実。今回は大幅に相手が強くなるし、頭数も増える。前走のように出遅れて大外を回すような競馬になるとどうかな。そんな競馬でも勝ってしまいそうな可能性は感じる馬だけどね。青葉賞組は勝てないってジンクスはあまり気にする必要はないと思うよ。青葉賞のレベルが高い年はダービーでもしっかり好走しているし、フェノーメノなんかは勝ちに等しい競馬だった。ただ、青葉賞馬がダービーを勝ったら、藤沢先生は悔しいだろうね......。
 km そうですね。能力上位は判っていても、後ろから競馬をするのであれば脚質的に取りこぼす可能性がありますよね。そういう意味で“鉄板”ではありませんよね。
 河内一秀 青葉賞勝ちの指数は近年の中ではかなりのハイレベルで、匹敵するのは2012年のフェノーメノまで遡る。そのフェノーメノはダービーで2着に入線しているのだから、当然今回も勝ち負けの期待ができるし、ノド鳴りが完治した2戦目以降は順調に指数を伸ばしている点も好印象だね。
 くりーく この馬のポイントとして必ず出てくることがノドの手術。手術の結果に関して詳しくは分かりませんが、新馬戦と手術後の未勝利戦の調教過程がほぼ同じなので、どこが変わったのか比較してみると終い4F、3Fの時計がガラリと良くなりました。手術前と手術後の追い切り映像を見ても、普通に走っていちばん苦しくなる後半の数百メートルの走りが楽になりました。ノドの状態が悪くなれば調教での走りも悪くなるハズですが青葉賞時、ダービー1週前の動きを見ても悪くなっているようには見えないので、今のところレースに悪い影響を与えることはないと思います。また、トライアル的なレースをする印象がないデムーロ騎手が青葉賞で「ダービーを勝つための練習」と言っていたこと、皐月賞2着馬を断ってこの馬に乗ることを考えてもこの馬の能力の高さが分かると思います。休み明けの未勝利戦を驚異の時計で勝ち上がったのが3月5日。そこからギリギリのローテーションの中ここまで順調に結果を残してダービーに出走できることは運があってこそ。ダービーを勝つための運を持っているのかもしれません。

スワーヴリチャード
 km 元からダービーを目標に進んできた馬ですから、臨戦過程には好感が持てます。距離は合いますし、東京替わりも問題ありません。…が、管理する庄野厩舎は絶不調。昨年29勝に対して、今年は未だ3勝(原稿執筆時点)です。ここが非常に気になるポイントです。
 くりーく この馬は新馬戦でも◎にしたくらい調教では時計の出る馬で、毎回好時計を出しています。ただ右にササるところがある馬なので、右回りのレースだと慎重に乗らなくてはならず力を発揮できないところがあります。皐月賞でも直線で一番左ムチを入れたいところで右からしかムチを入れていませんでした。今回は左回りの東京コースなので、この中間は前走時ほど真っ直ぐ走らせることを気にした調整ではなく乗り込み量も豊富です。1週前には四位騎手騎乗で強めに追われており、いつも通りの追い切りを消化できていますし、今回は変わり身が十分あると思います。
 河内一秀 クラシックと相性の良い共同通信杯の勝ち馬ということで、皐月賞では2番人気に推されたわけだけど、特に見せ場もないまま6着敗戦。ただ・・・

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

[もっと見る]

05月22日(月) 10:30 【ウマニティ】
【U指数競馬新聞(特別登録版)】東京優駿2017・GIのネッ
閲覧 1,146ビュー

【ウマニティ】

ウマニティが誇るスピード指数=「U指数」の上位馬を最大18頭掲載!ネット競馬新聞【U指数競馬新聞(特別登録版)】を下記からダウンロードできます。

■今週の注目重賞レース/第84回 東京優駿(日本ダービー) GIの新聞はこちら(PDFファイル)

[もっと見る]

05月21日() 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年05月21日号】
閲覧 2,192ビュー

伊吹雅也

次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 日本ダービー 2017年05月28日(日) 東京芝2400m


<ピックアップデータ>

【前走の単勝人気順別成績(2012年以降)】
○5番人気以内 [5-5-3-36](複勝率26.5%)
×6番人気以下 [0-0-2-38](複勝率5.0%)

 2012年以降の連対馬は前走で上位人気に推されていた馬ばかり。1999〜2016年の過去18回まで集計対象を広げても、前走の単勝人気順が6番人気以下だった馬は[2-1-4-121](複勝率5.5%)とあまり優勝争いに食い込めていません。前哨戦で穴をあけたばかりの馬は過信禁物と見るべきでしょう。ちなみに、数少ない例外である2006年1着のメイショウサムソン、2010年1着のエイシンフラッシュ、2011年2着のウインバリアシオンは、それぞれ高齢になるまでG1戦線の主役を張った歴代屈指の実力馬でした。

主な「○」該当馬→アドミラブルカデナレイデオロ
主な「×」該当馬→アルアインクリンチャーダンビュライト


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【追い風データ】

続きは、ウマニティ会員登録(無料会員)でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、非会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

[もっと見る]

⇒もっと見る

閲覧 3ビュー


アドミラブルは大外18番!


過去10年4勝のラッキー枠に、伏兵ダンビュライトが
・・2勝で複勝率5割の3番は横山典のマイスタイルが
怖いベテラン2人が好枠を引き当てましたね・・
反対に人気が予想されるアドミラブル、スワーヴ
リチャード、サトノアーサーがそれぞれ死に番に・・
馬番が全てでは無いですが、愈々予想が、難しく
なってきましたね(汗)

東京優駿(GI)

ダンビュライト (武豊)
アメリカズカップ (松若)
マイスタイル (横山典)
スワーヴリチャード (四位)
クリンチャー (藤岡佑)
サトノアーサー (川田)
アルアイン (松山)
トラスト (丹内)
マイネルスフェーン (柴田大)
ベストアプローチ (岩田)
ペルシアンナイト (戸崎圭)
レイデオロ (ルメール)
カデナ (福永)
ジョーストリクトリ(内田博)
ダイワキャグニー(北村宏)
キョウヘイ (高倉)
ウインブライト (松岡)
アドミラブル (Mデムーロ)

過去10年馬番別成績
4- 2- 1- 3
1- 0- 0- 9
2- 0- 3- 5
0- 0- 0-10
1- 0- 0- 9
0- 0- 0-10
0- 1- 2- 6
0- 2- 0- 8
0- 1- 0- 9
1- 0- 1- 8
0- 1- 1- 8
0- 1- 0- 9
0- 1- 0- 9
1- 0- 2- 7
0- 0- 0-10
0- 1- 0- 9
0- 0- 0-10
0- 0- 0- 9

automnenocさん 5月25日(木) 14:38
ダービー枠順
閲覧 12ビュー

またしても武が、ダンビュライトで1枠1番。
これは切るかどうか悩みどころですね。

[もっと見る]

馬券のエースさん 5月25日(木) 12:30
日本ダービー♪≪データ攻略ポイント≫その2 
閲覧 74ビュー

日本ダービー【攻略ポイント】≪その2≫

まずは『4強』含むハイレベル世代と言われた昨年の皐月賞【1分57秒9】を上回る
【1分57秒8】のタイムで終えた今年の皐月賞メンバー。
近年高速傾向になっているのはテンの2F目がマイル戦の
ような10秒台になってる点が原因。
その現状から皐月賞のLAPとダービーの関連性を・・・
という日記にしようと思ったのですが、昨日から降り続く雨。。。。
東京がどうかはわかりませんが、予報では木曜も70%になっているので、
土日晴れても表面だけ乾き、地盤は緩くなると見て、
瞬発力指数による予想は取りやめます。

今年のダービーは「昔に戻る」

添付した資料は1992年以降で、2分25秒以上かかった年をピックアップした資料。
稍重の年が5年、良でもタイムの遅い年が10年◆15年分のデータ◆

まず稍重の年は
◎1番人気がすべて1着
そして15年全部のデータを見ても
◎1番人気【10−3−2−0】3着以下ナシ 今年はアドミラブル?
◎ダービーでの上がり最速馬【12−2−3−0】3着以下ナシ(同タイムを含む)
今年は??
えっ、こんなに簡単!?(笑)
私が今回日記に書きたかったポイントはココ♪
LAPが緩む年の方が「後方から上がりの速い馬がくる」ということ(=^o^=)b
要はどの馬が「上がり最速」を出せるのか!?を当てるレース。

その他の項目でダービー3着以内馬をまとめると
皐月賞での
上がり最速馬【15頭中12頭】※該当出走無
上がり2位馬【15頭中3頭】※レイデオロ
上がり3位馬【15頭中7頭】※ペルシアンナイト
皐月賞の着順
1着馬【15年で10頭】※アルアイン
2着馬【15年で4頭】※ペルシアンナイト
3着馬【15年で7頭】※ダンビュライト
4着以下【15年で9頭】

枠順は
1枠【6頭】
2枠【6頭】
3枠【6頭】
4枠【5頭】
5枠【2頭】
6枠【3頭】
7枠【11頭】
8枠【5頭】
稍重馬場の場合は3枠・7枠がラッキー枠

15年中14年でここまでの戦歴
・3着以内率100%馬・・・〇ペルシアンナイト〇サトノアーサー〇サトノクロニクル
・上がり3F3位以内率100%馬・・・〇ペルシアンナイト〇サトノアーサー〇レイデオロ
の馬が絡んでいます。

【見解】
昔はほぼ2分25秒以上はかかっていたダービー、馬場と馬の進化でタイムが
ドンドン速くなっている傾向にありますが、馬場が渋ればLAP傾向は同じ。
12秒以上かかる区間が増え、それによって位置取りが後ろの馬も
前との距離を詰める事ができる。15年中8年が上がり1・2・3位で決着しているように
ヨーイドンで直線速い馬が有利という訳です。

データからは1番人気◎アドミラブル
上がり最速馬→≪LAP一致度≫から割出し
ここまでは完璧データ♪

・ペルシアンナイト・サトノアーサー・サトノクロニクル・レイデオロが高確率候補馬で
上がり3位以内を1回だけ外した馬
・カデナ・スワードリチャード・ダイワキャグニー・ベストアプローチが穴(人気の面ではなく)
という形になります。
≪その1≫と照らし合わせて「3着以内条件」に当て嵌まるかは確認して下さいね。

個人的な感想でいえば、ペルシアンナイトは前走公開の◎にしましたが、4コーナーの
デムーロの捌き方はまるでワープヽ( ̄д ̄;)ノ1.5馬身ほど得した感があり、あれで
上がり3位を評価するのは騎手替えの今回、どうかなぁ〜と。
素直に上がり2位のレイデオロを評価すべきですかね!?
あとは過去馬の傾向でも東京コースで−0.2秒以上上がりで差をつけて勝った経験馬が
ダービーの上がり最速馬になるケースが多いので、今回メンバーでは該当1頭。
スワーヴリチャードです。

【ラッキータイム指数?】
 近7年で・イスラボニータ・マイネルフロスト・オルフェーブル・エイシンフラッシュ
・ヴィクトワールピサ・ドゥラメンテの6頭がタイム指数〔71.6〕v(//∇//)vで3着以内
会員さんは重賞タイム指数で是非チェックして下さいv(^_^v)♪

★過去10年枠番成績と騎手成績
1 ダンビュライト(4-2-1-3) 武【1-1-1-6】
2 アメリカズカップ(1-0-0-9) 松若【0-0-0-0】初
3 マイスタイル(2-0-3-5) 横典【2-0-0-6】
4 スワーヴリチャード(0-0-0-10) 四位【2-0-0-3】
5 クリンチャー(1-0-0-9) 藤岡佑【0-0-0-4】
6 サトノアーサー(0-0-0-10) 川田【1-0-0-8】
7 アルアイン(0-1-2-6) 松山【0-0-0-3】
8 トラスト(0-2-0-8) 丹内【0-0-0-0】初
9 マイネルスフェーン(0-1-0-9) 柴田大【0-0-0-4】
10 ベストアプローチ(1-0-1-8) 岩田【1-1-2-5】
11 ぺルシアンナイト(0-1-1-8) 戸崎【0-0-0-4】
12 レイデオロ(0-1-0-9) ルメ【0-1-1-0】
13 カデナ(0-1-0-9) 福永【0-2-0-8】
14 ジョーストリクトリ(1-0-2-7) 内田【1-0-0-7】
15 ダイワキャグニー(0-0-0-10) 北村宏【0-0-0-3】
16 キョウヘイ(0-1-0-9) 高倉【0-0-0-0】初
17 ウインブライト(0-0-0-10) 松岡【0-0-1-6】
18 アドミラブル(0-0-0-9) デム【1-0-0-1】

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

個人サイト:【馬券Aエースの≪超抜≫競馬】|馬指数・坂路調教・重賞攻略
http://relax-myodani.jp 馬券Aで〔検索〕も可

「なんとなく」から「自信」を持って買い目を選べるレベルへ!
データ・馬能力・LAPレベルの3方向から自分で【根拠】を見つける予想理論

[もっと見る]

単複勝負.comさん 5月25日(木) 10:18
【競馬予想】日本ダービー2017 ダンビュライト
閲覧 34ビュー

日本ダービー2017 ダンビュライトの分析をしました。

前走は正直、びっくりしました。思っていた以上にタフでしぶとい印象を受けました。
今回は舞台が東京競馬場に変わり中山よりも東京向きだと思っているので正直怖いのですが
さすがに前走の反動もあると思うので軽視したいと思っています。ここで好走するようだと
本当に強い馬なので今後、楽しみな1頭になることでしょう。

もし宜しければ見ていってください。

よろしくお願いします。

http://tanpukushoubu.com

【お願い!!!】
ウマフレ随時どしどし募集しています。お気軽にリクエスト下さい。よろしくお願いします

[もっと見る]

単複勝負.comさん 5月25日(木) 09:30
【競馬予想】日本ダービー2017 カデナ
閲覧 28ビュー

日本ダービー2017 カデナの分析をしました。

弥生賞では単勝推奨馬にして皐月賞では無印にしましたのでだいたいこの馬の
特徴はつかんでいるつもりです。もともとダービー向きだと思っていましたので
前走から前進はあっても後退はないと思っています。巻き返して欲しいです。

もし宜しければ見ていってください。

よろしくお願いします。

http://tanpukushoubu.com

【お願い!!!】
ウマフレ随時どしどし募集しています。お気軽にリクエスト下さい。よろしくお願いします

[もっと見る]

エルモ コヲタさん 5月25日(木) 06:56
【ヲカルト予想】日本ダービー(3)
閲覧 48ビュー

今日は2頭目の候補を探すために、改めて『KINGDOM』について考察してみようかと。『KINGDOM』は英語で『王国』という意味。イギリスを表す『UNITED KINGDOM』なんかが有名だよね。『王国』がサインであるならば、「王様の名前が付けられた馬が勝つのかもしれない」と考えてみた。

んで、探し当てたのが2頭。もしかすると、もっと多いのかもしれないけど、とりあえず僕が見つけたのは2頭だけ。1頭は超有名な“アーサー王”の名を持つ『サトノアーサー』で、もう1頭はスペイン語で“黄金の王”という意味の『レイデオロ』だ。ここで少し気になるのが、JRA公式の表記なんだ。アーサーの由来は『人名』となっているのに対し、レイデオロの由来は『王』である点。レイデオロの父馬は“キング”カメハメハなので、血統的に『王族』って感じがする。ただ、サトノアーサーの母馬はキングスローズ(王様の薔薇)なので、ローズ(薔薇)はイギリス王家の紋章だった気がするから、こちらもダービー馬には相応しいような気もする。鞍上が川田将雅騎手なので『KINGDOM』で主人公の『信』が目指す“大将軍”の『将』の字を持つ騎手という点も見逃せないよね。

昨日、一昨日は『ペルシアンナイト(騎士)』を推してたんだけど、ここに来て『サトノアーサー』と『レイデオロ』も気になってきた。いずれも実力を伴った人気馬なので、どの馬が勝っても不思議ではないと思う。むしろ、人気馬だからこそ絞って狙わないと儲からないのよね(笑)明日はGIヘッドラインを考察してみようと思ってるので、『運命』とか『宿命』という言葉が使われるのか?その点に注目してみたいと思ってるよ!

※この日記は妄想なので、ハズレても責任は取りませんよぉ〜!

[もっと見る]

会員登録はこちら

●東京優駿(日本ダービー) 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

出馬表:「U指数」無料公開(会員限定) 〜東京優駿(日本ダービー)2017〜

会員登録(無料)でご覧頂けます。

  • 特別登録
  • 出馬表
  • レース結果



予想U指数
(順位)
My
予想印
馬名 性齢 負担
重量
(kg)
騎手 調教師 前走 予想
オッズ
1 1 ** ダンビュライト 牡3 57.0 武豊 音無秀孝 17.04.16
皐月賞 G1 3着
----
1 2 ** アメリカズカップ 牡3 57.0 松若風馬 音無秀孝 17.04.16
皐月賞 G1 18着
----
2 3 ** マイスタイル 牡3 57.0 横山典弘 昆貢 17.04.16
皐月賞 G1 16着
----
2 4 ** スワーヴリチャード 牡3 57.0 四位洋文 庄野靖志 17.04.16
皐月賞 G1 6着
----
3 5 ** クリンチャー 牡3 57.0 藤岡佑介 宮本博 17.04.16
皐月賞 G1 4着
----
3 6 ** サトノアーサー 牡3 57.0 川田将雅 池江泰寿 17.03.25
毎日杯 G3 2着
----
4 7 ** アルアイン 牡3 57.0 松山弘平 池江泰寿 17.04.16
皐月賞 G1 1着
----
4 8 ** トラスト 牡3 57.0 丹内祐次 中村均 17.05.07
NHKマイル G1 8着
----
5 9 ** マイネルスフェーン 牡3 57.0 柴田大知 手塚貴久 17.04.29
青葉賞 G2 9着
----
5 10 ** ベストアプローチ 牡3 57.0 岩田康誠 藤原英昭 17.04.29
青葉賞 G2 2着
----
6 11 ** ペルシアンナイト 牡3 57.0 戸崎圭太 池江泰寿 17.04.16
皐月賞 G1 2着
----
6 12 ** レイデオロ 牡3 57.0 C.ルメー 藤沢和雄 17.04.16
皐月賞 G1 5着
----
7 13 ** カデナ 牡3 57.0 福永祐一 中竹和也 17.04.16
皐月賞 G1 9着
----
7 14 ** ジョーストリクトリ 牡3 57.0 内田博幸 清水久詞 17.05.07
NHKマイル G1 12着
----
7 15 ** ダイワキャグニー 牡3 57.0 北村宏司 菊沢隆徳 17.05.06
プリンシパル 1着
----
8 16 ** キョウヘイ 牡3 57.0 高倉稜 宮本博 17.05.07
NHKマイル G1 14着
----
8 17 ** ウインブライト 牡3 57.0 松岡正海 畠山吉宏 17.04.16
皐月賞 G1 8着
----
8 18 ** アドミラブル 牡3 57.0 M.デムー 音無秀孝 17.04.29
青葉賞 G2 1着
----

会員登録(無料)でご覧頂けます。

※「みんなの人気」とは、ユーザー予想を数値化して表したものです(実際のオッズとは異なります)。
 会員登録(無料)で全レースの「みんなの人気」が閲覧いただけます。

U指数とは?
U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。
走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。
軸馬選びで迷った時など予想検討する際の能力比較に最適です!
U指数の詳しい説明を見る
U指数コラムを見る

ステップレース 〜東京優駿(日本ダービー)2017〜

2017年4月16日(皐月賞  中山 芝2000m 良 18頭

1着 11 アルアイン 22.4倍(9人気) 松山弘平 1:57.8 100.5
2着 7 ペルシアンナイト 8.1倍(4人気) M.デムーロ クビ 100.5
3着 10 ダンビュライト 56.1倍(12人気) 武豊 3/4 99.9
4着 16 クリンチャー 76.7倍(13人気) 藤岡佑介 1 1/4 98.7
5着 5 レイデオロ 10.4倍(5人気) C.ルメール クビ 98.1
⇒全着順を見る

2017年4月29日(テレビ東京杯青葉賞  東京 芝2400m 良 12頭

1着 10 アドミラブル 1.5倍(1人気) M.デムーロ 2:23.6 101.6
2着 9 ベストアプローチ 11.7倍(4人気) 岩田康誠 2 1/2 99.7
3着 6 アドマイヤウイナー 20.2倍(8人気) 秋山真一郎 1 1/4 98.7
4着 4 ポポカテペトル 9.1倍(3人気) C.ルメール ハナ 98.7
5着 2 サーレンブラント 55.4倍(10人気) 柴山雄一 1 3/4 97.2
⇒全着順を見る

2017年5月6日(プリンシパルS 東京 芝2000m 良 12頭

1着 8 ダイワキャグニー 3.3倍(1人気) 北村宏司 1:58.3 97.3
2着 1 レッドローゼス 4.7倍(2人気) 蛯名正義 2 1/2 94.9
3着 7 ロードアルバータ 14.8倍(8人気) 戸崎圭太 3/4 94.3
4着 3 エトルディーニュ 12.9倍(7人気) 柴山雄一 クビ 93.7
5着 9 ニシノアップルパイ 58.1倍(9人気) 大野拓弥 ハナ 93.7
⇒全着順を見る

2017年5月6日(京都新聞杯  京都 芝2200m 良 12頭

1着 11 プラチナムバレット 4.2倍(2人気) 浜中俊 2:15.2 93.9
2着 3 サトノクロニクル 3.9倍(1人気) 川田将雅 アタマ 93.9
3着 2 ダノンディスタンス 17.9倍(6人気) 和田竜二 クビ 93.9
4着 5 サトノリュウガ 6.8倍(5人気) 池添謙一 1/2 93.4
5着 8 ミッキースワロー 6.3倍(4人気) 菊沢一樹 ハナ 93.4
⇒全着順を見る

2017年5月7日(NHKマイルカップ  東京 芝1600m 良 18頭

1着 16 アエロリット 5.8倍(2人気) 横山典弘 1:32.3 101.3
2着 14 リエノテソーロ 37.5倍(13人気) 吉田隼人 1 1/2 99.8
3着 6 ボンセルヴィーソ 14.4倍(6人気) 松山弘平 2 1/2 96.7
4着 15 レッドアンシェル 14.5倍(7人気) 福永祐一 クビ 96.7
5着 11 オールザゴー 57.1倍(16人気) 内田博幸 3/4 96.0
⇒全着順を見る

マークは出走予定馬、タイムの右の数字は結果U指数

過去10年の結果 〜東京優駿(日本ダービー)2017〜

2016年 東京優駿(日本ダービー) 2016年5月29日() 東京10R 芝2400m 良 18頭

東京優駿(日本ダービー)2016

1着 3 マカヒキ 4.0倍(3人気) 川田将雅 2:24.0 102.0
2着 8 サトノダイヤモンド 3.8倍(2人気) C.ルメール ハナ 102.0
3着 1 ディーマジェスティ 3.5倍(1人気) 蛯名正義 1/2 101.5
単勝 3 400円(3人気) 3連複 1−3−8 850円(1人気)
馬連 3−8 700円(1人気) 3連単 3→8→1 4,600円(5人気)

2015年 東京優駿(日本ダービー) 2015年5月31日() 東京10R 芝2400m 良 18頭

東京優駿(日本ダービー)2015

1着 14 ドゥラメンテ 1.9倍(1人気) M.デムーロ 2:23.2 101.3
2着 1 サトノラーゼン 18.7倍(5人気) 岩田康誠 1 3/4 99.8
3着 11 サトノクラウン 6.3倍(3人気) C.ルメール ハナ 99.8
単勝 14 190円(1人気) 3連複 1−11−14 3,950円(9人気)
馬連 1−14 1,980円(5人気) 3連単 14→1→11 15,760円(36人気)

2014年 東京優駿(日本ダービー) 2014年6月1日() 東京10R 芝2400m 良 18頭

東京優駿(日本ダービー)2014

1着 2 ワンアンドオンリー 5.6倍(3人気) 横山典弘 2:24.6 100.7
2着 13 イスラボニータ 2.7倍(1人気) 蛯名正義 3/4 100.2
3着 3 マイネルフロスト 108.0倍(12人気) 松岡正海 1 1/2 99.2
単勝 2 560円(3人気) 3連複 2−3−13 27,470円(73人気)
馬連 2−13 850円(2人気) 3連単 2→13→3 103,300円(304人気)
開催日 場名 頭数 馬場 勝ち馬 オッズ 人気 騎手 勝ちタイム 結果U指数
2013/05/26
東京優駿
東京 18 キズナ 2.9倍 1 武豊 2:24.3 99.7
2012/05/27
東京優駿
東京 18 ディープブリランテ 8.5倍 3 岩田康誠 2:23.8 100.1
2011/05/29
東京優駿
東京 18 不良 オルフェーヴル 3.0倍 1 池添謙一 2:30.5 104.4
2010/05/30
東京優駿
東京 18 エイシンフラッシュ 31.9倍 7 内田博幸 2:26.9 101.9
2009/05/31
東京優駿
東京 18 不良 ロジユニヴァース 7.7倍 2 横山典弘 2:33.7 99.1
2008/06/01
東京優駿
東京 18 ディープスカイ 3.6倍 1 四位洋文 2:26.7 97.4
2007/05/27
東京優駿
東京 18 ウオッカ 10.5倍 3 四位洋文 2:24.5 103.4
会員登録はこちら

●東京優駿(日本ダービー) 関連リンク

  • 出馬表
  • U指数新聞
  • 予想登録
  • 予想を見る
  • プロ予想MAX
  • 馬券購入

歴史・レース概要 〜東京優駿(日本ダービー)2017〜

日本ダービーは、イギリスのクラシック競走の一つダービーステークスを模範に、1932年に設立された三歳馬限定のクラシック競走。1948年(昭和23年)からは名称を「優駿競走」に変更、1950年(昭和25年)からは名称を現在の「東京優駿」に変更、また「日本ダービー」という副称も付けられ正式名称を超える競馬の代名詞となるに至った。

日本ダービー皐月賞に続く二冠目のレースで、「もっとも運の強い馬が勝つ」などとも言われていた。4月の皐月賞、秋に行われる菊花賞と合わせて三冠競走と呼ばれ、旧レース名時代も含めて過去に三冠馬となったのは、セントライト、シンザン、ミスターシービーシンボリルドルフナリタブライアンディープインパクトオルフェーヴル7頭のみである。

過去の優勝馬は誰もが知る名馬が勢揃い。第一回優勝馬ワカタカにはじまり、カブトヤマ、セントライト、クリフジ、トキノミノル、シンザン、タケホープ、カブラヤオー、ミスターシービーシンボリルドルフメリーナイスアイネスフウジントウカイテイオーミホノブルボンウイニングチケットナリタブライアンフサイチコンコルドスペシャルウィークジャングルポケットタニノギムレットネオユニヴァースキングカメハメハディープインパクトメイショウサムソンウオッカロジユニヴァースエイシンフラッシュオルフェーヴルディープブリランテなど。

ダービーのトライアルレースは皐月賞青葉賞、プリンシパルSだが、京都新聞杯やNHKマイルCなどからの出走も少なくない。過去にキングカメハメハディープスカイの2頭が、NHKマイルCとの変則二冠を達成している。

日本ダービーの過去の成績はコチラ

執筆者:ウマニティ競馬研究所(略してウマケン)

ウマニティ会員でない方へ

あなたは損をしていませんか!?
ウマニティ会員は無料会員でも20以上の情報サービスを無料で利用できることをご存知ですか?

Q
ウマニティに会員登録(無料)するとどんなメリットがありますか?
A
たとえば以下のサービスが無料で利用できるようになります。
  • 無料予想

    毎週約8,000件

  • U指数

    全重賞の競走馬走力値

  • メルマガ

    勝率40%超の確勝馬

この他にも予想的中に役立つ20以上のサービスが無料で利用できます。

会員登録(無料)する

もっと詳しい説明を見る

会員登録(無料)でできること
ようこそゲストさん

今すぐ会員登録

※パスワードを忘れた場合

いつものアカウントが使えます!

  • Yahoo! JAPAN ID
  • Twitterアカウント
  • Facebookアカウント

今週の重賞レース

2017年5月28日(
目黒記念 G2
東京優駿 G1

競馬番組表

2017年5月27日(
2回東京11日目
3回京都11日目
2017年5月28日(
2回東京12日目
3回京都12日目
総賞金ランキング
JRA競走馬総賞金ランキング
4歳以上
1 キタサンブラック 牡5
134,414万円
2 サトノダイヤモンド 牡4
78,119万円
3 ゴールドアクター 牡6
68,258万円
4 イスラボニータ 牡6
65,730万円
5 ロゴタイプ 牡7
54,091万円
6 ミッキークイーン 牝5
44,943万円
7 サウンズオブアース 牡6
44,545万円
8 ラストインパクト 牡7
44,359万円
9 シュヴァルグラン 牡5
41,291万円
10 ディサイファ 牡8
41,166万円
» もっと見る

3歳
1 ソウルスターリング 牝3
27,718万円
2 レーヌミノル 牝3
21,509万円
3 アルアイン 牡3
18,273万円
4 アエロリット 牝3
14,744万円
5 リスグラシュー 牝3
12,726万円
6 ペルシアンナイト 牡3
11,950万円
7 モズカッチャン 牝3
11,403万円
8 カデナ 牡3
10,012万円
9 サトノアレス 牡3
9,945万円
10 レイデオロ 牡3
9,477万円
» もっと見る