注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

トウカイテイオー(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  鹿毛 1988年4月20日生
調教師松元省一(栗東)
馬主内村 正則
生産者長浜牧場
生産地新冠町
戦績12戦[9-0-0-3]
総賞金62,563万円
収得賞金14,855万円
英字表記Tokai Teio
血統 シンボリルドルフ
血統 ][ 産駒 ]
パーソロン
スイートルナ
トウカイナチユラル
血統 ][ 産駒 ]
ナイスダンサー
トウカイミドリ
兄弟 トウカイオーザトウカイエリート
前走 1993/12/26 有馬記念 G1
次走予定

トウカイテイオーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
93/12/26 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 1434--41** 牡5 56.0 田原成貴松元省一474(+14)2.30.9 -0.135.0⑧⑧④④ビワハヤヒデ
92/12/27 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 1635--111** 牡4 57.0 田原成貴松元省一460(-10)2.34.8 1.335.5⑬⑬⑬⑫メジロパーマー
92/11/29 東京 10 ジャパンカッ G1 芝2400 14814--51** 牡4 57.0 岡部幸雄松元省一470(-2)2.24.6 -0.136.3④⑤④⑤ナチュラリズム
92/11/01 東京 10 天皇賞(秋) G1 芝2000 18715--17** 牡4 58.0 岡部幸雄松元省一472(-8)1.59.1 0.538.0レッツゴーターキン
92/04/26 京都 10 天皇賞(春) G1 芝3200 14814--15** 牡4 58.0 岡部幸雄松元省一480(0)3.21.7 1.7--⑧⑨メジロマックイーン
92/04/05 阪神 11 産經大阪杯 G2 芝2000 822--11** 牡4 58.0 岡部幸雄松元省一480(+20)2.06.3 -0.3--ゴールデンアワー
91/05/26 東京 9 東京優駿 G1 芝2400 20820--11** 牡3 57.0 安田隆行松元省一460(+4)2.25.9 -0.536.0⑥⑥⑥レオダーバン
91/04/14 中山 10 皐月賞 G1 芝2000 18818--11** 牡3 57.0 安田隆行松元省一456(-4)2.01.8 -0.236.7⑤⑦④シャコーグレイド
91/03/17 中山 10 若葉ステーク OP 芝2000 1044--11** 牡3 56.0 安田隆行松元省一460(0)2.03.6 -0.335.4アサキチ
91/01/19 京都 9 若駒ステーク OP 芝2000 988--11** 牡3 55.0 安田隆行松元省一460(0)2.01.4 -0.4--⑤⑤イイデサターン
90/12/23 京都 9 シクラメンス OP 芝2000 966--31** 牡2 54.0 安田隆行松元省一460(0)2.03.8 -0.3--⑥⑥⑤イイデサターン
90/12/01 中京 4 2歳新馬 芝1800 1322--11** 牡2 54.0 安田隆行松元省一460(--)1.52.9 -0.737.9⑨⑦⑤カラーガード

トウカイテイオーの関連ニュース

 GI6連戦の幕開けを飾るのは、伝統の古馬長距離王決定戦「第155回天皇賞・春」(30日、京都、芝3200メートル)。重賞4連勝中のサトノダイヤモンドがGI3勝目を狙う。キタサンブラックを再び破れば、紛れもない“王者”に。秋のフランスも見据えながら、頂点を獲りにいく。

 サトノダイヤモンドは盤石のスタートを阪神大賞典で飾った。疲れを残さず2着シュヴァルグランに1馬身半差の完勝。菊花賞有馬記念馬が今年も輝きを放っている。

 「以前は背腰が甘かったのが芯が通ってきた。休み明けは動けないほうだが、前走の内容は悪くなかったね」と、池江調教師も目を細める。

 先週20日のCWコースも豪快な動き。外ダノンシーザーを5馬身、中プロフェットを3馬身追いかけて直線で内から楽にかわすと、中を2馬身、外を3馬身突き放した。

 「動き、息の入り方、反応とトータルで良くなった」とトレーナー。見守ったルメール騎手も、「跳びがスムーズで反応もいい。天皇賞でトップコンディションになりそう」と言い切った。

 最大のライバルは大阪杯を勝った年度代表馬キタサンブラック。戦前はシンボリルドルフvsミスターシービーメジロマックイーンvsトウカイテイオーのようなムードが漂う。有馬記念に続きキタサンを退ければ、ダイヤモンドの“最強”を疑う声はなくなるだろう。

 「キタサンブラックは強くなっているし、シャケトラも入れた3強か。春の天皇賞は秋より重みを感じるし、ステイヤーがいなくなった今、厩舎の力を試されるだけに勝ちたい」と、気を引き締めるトレーナー。秋には凱旋門賞(10月1日、仏シャンティイ、GI、芝2400メートル)も控えているだけに、5連勝で完全王座をつかみたい。(夕刊フジ)

★天皇賞・春の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

【BLOOD】ダイワキャグニー中山と好相性 2017年03月01日(水) 14:35

★弥生賞

 弥生賞と聞くと、もう春だなあと思うのは競馬好きの性。最近は共同通信杯の勝ち馬がクラシックに直結することが多いが、正式なTRとしての威厳を保つような馬が今年は出てくるか、注目したい。

 本命はダイワキャグニー。東京で2連勝したが、キングカメハメハ産駒は年によってばらつきがあるとはいえ、中央4場(東京、中山、京都、阪神)では中山が最も成績がいい。

 今年はやたらと東京で走っているが、まだ始まったばかり。全体的に産駒の調子がいいと考えれば、中山でさらなる快走も期待できよう。

 対抗は同舞台の京成杯を勝ったコマノインパルス。バゴの産駒は時計がかかる馬場のほうが得意な気がするだけに、先週、時計が速かった今の中山が合うかという心配はあるものの、元をたどればブラッシンググルームからナスルーラにさかのぼる系統。極端なスピード馬場でなければ、対応は可能だろう。

 ▲はマイスタイル。前走で内回りの京都を勝ち切ったように、ハーツクライ産駒にしては器用に映るのは、小脚を使えるフォーティナイナー×ダンジグの母系が寄与しているのかもしれない。その母系から距離が微妙にも思えるが、父ハーツクライがどっしりしているので心配は無用とみる。

 ◇

 土曜の夕刊フジ賞オーシャンSブレイブスマッシュが本命。気性的なものもあろうが、スプリントに矛先を向けてきたのは好感。母父トウカイテイオーで、距離短縮はいいと思う。 (アサカ・リョウ)

(夕刊フジ)

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【3歳戦結果】アダムバローズ、若駒Sを制す 2017年01月22日() 05:01

 【中山】9R若竹賞(500万下、芝・内1800メートル)=ウインブライト(美・畠山、牡、父ステイゴールド

 ◆松岡騎手 「脚の使いどころを覚えてくれたのが収穫。体に緩い面はあるが、まだまだ良くなる」

 *弥生賞(3月5日、中山、GII、芝2000メートル)、フジテレビ賞スプリングS(同19日、中山、GII、芝1800メートル)を視野に。

 4R新馬(ダ1800メートル)=サイドチェンジ(栗・高橋忠、牡、父バトルプラン)

 ◆田辺騎手 「もまれて気持ちが抜けるのが嫌だったので、ある程度、積極的な競馬をした。ペースが遅くて展開に恵まれたけど、勝ててよかった」

 6R新馬(ダ1200メートル)=シャムロック(美・小笠、牡、父ダイワメジャー

 ◆吉田隼騎手 「子供っぽい体つきだし、使って良くなっていきそう」

 【京都】10R若駒S(OP、芝・内2000メートル)=アダムバローズ(栗・角田、牡、父ハーツクライ

 ◆池添騎手 「ハナに行ってほしいという指示だったので、その通りの競馬を。苦しい展開でしたが、最後までしぶとく走ってくれました」

 *トウカイテイオー(1991年)、ディープインパクト(05年)、マカヒキ(16年)などが勝っている出世レース。次走は弥生賞の予定。

 4R新馬(牝馬、ダ1400メートル)=ビップキャッツアイ(栗・清水久、父シンボリクリスエス

 ◆福永騎手 「内の馬を気にしていたので、行き切ることにした。マイペースで運べたし、スピードの持続力が高い馬なので、最後まで脚いろは衰えなかった」

 *次は芝のレースに出走する可能性もある。

 6R新馬(ダ1800メートル)=ホーリーブレイズ(栗・佐藤正、牡、父フリオーソ)

 ◆松田騎手 「馬がしっかりしていて、古馬みたいなレースをしてくれた。いいものを持っているし、これからも楽しみ」

 *新種牡馬フリオーソ産駒はJRAの新馬初勝利。

 2R未勝利(ダ1800メートル)=エジステンツァ(栗・藤岡、牡、父キングカメハメハ

 ◆藤岡佑騎手 「先行力もあり、素直な気性。もうひと伸びするようになれば、昇級しても楽しみです」

 *母は08年エリザベス女王杯優勝馬リトルアマポーラ(父アグネスタキオン

 【中京】10Rなずな賞(500万下、芝1400メートル)=ジョーストリクトリ(栗・清水久、牡、父ジョーカプチーノ

 ◆松山騎手 「二の脚が速くて前に行くことができました。強い内容だったと思います」

[もっと見る]

【小倉2歳S】レース展望 2016年08月29日(月) 18:14

 夏の小倉開催最終週の日曜メインは、第36回小倉2歳S(9月4日、小倉、GIII、芝1200メートル)。競走馬としてのキャリアが浅く、各馬の対戦経験も少ない2歳戦だけに波乱の要素は十分で、過去10年で1番人気は2勝、2着3回とやや苦戦傾向にある。一方、6番人気以下の伏兵が5連対し、いずれも小倉で勝ち星を挙げている点には注目だ。

 クインズサリナ(栗東・西村真幸厩舎、牝)は6月12日の阪神芝1200メートル新馬戦、8月13日の小倉芝1200メートル・フェニックス賞と2連勝。前走は幼さも解消して、スキのないレースぶりを見せた。4キロ増の420キロと、小柄だけに少しでも体重が増えていた点には好感がもてる。中間は小倉に滞在。さらにパワーアップした姿で出走してくるはずだ。

 鹿児島産の関東馬カシノマスト(美浦・蛯名利弘厩舎、牡)は、7月31日の九州産限定新馬戦を除外されたものの、同日に一般馬相手の新馬戦(芝1200メートル)に回って圧勝。続くフェニックス賞はクインズサリナの1馬身1/2差の2着だったが、8月27日の九州産限定戦ひまわり賞(芝1200メートル)を7馬身差で圧勝した。タイムも1分9秒1(良)と、開催5週目としては上々だ。ただ、420キロと牡馬としてはかなり小柄なだけに、連闘がどう出るか。小倉に滞在しているとはいえ、馬体のキープが大きなポイントになる。

 メイソンジュニア(栗東・渡辺薫彦厩舎、牡)は8月14日の小倉芝1200メートル新馬戦を快勝。タイム1分10秒1(良)も開催半ばなら悪くなく、それ以上に勝ちっぷりに余裕があった点を評価したい。492キロの馬体も迫力があり、時計もまだまだ詰められるはずだ。管理する渡辺調教師には重賞初Vの期待がかかる。

 レーヌミノル(栗東・本田優厩舎、牝)は8月7日の小倉芝1200メートル新馬戦をセンス十分のレースぶりで勝ち上がった。タイム1分9秒3(良)も上々。ここでも好勝負を見込んでいい。先週までに26勝をマークして関西リーディング5位と躍進著しい厩舎の勢いにも注目だ。

 シゲルベンガルトラ(栗東・服部利之厩舎、牡)は7月31日の小倉芝1200メートル未勝利戦を1分9秒1(良)で快勝。デビュー3戦目だったが、その前は重馬場の阪神芝の新馬戦で3着、不良馬場の中京芝で2着と晴雨兼用タイプなのが頼もしい。過去10年で未勝利戦を勝って挑んだ馬が4勝、2着2回と活躍している点も強調できる。

 キョウヘイ(栗東・宮本博厩舎、牡)は7月30日の小倉芝1200メートルの未勝利戦を勝っての挑戦。当時のタイム1分9秒0(良)は登録15頭中、最速だ。早くも5頭が勝ち上がるなど注目を集めるリーチザクラウン産駒という点からも注目したい。

 その他、中間の調整が意欲的なオールポッシブル(栗東・高橋亮厩舎、牝)、トウカイテイオーの近親にあたるハルクンノテソーロ(美浦・高木登厩舎、牡)、函館2歳S5着のドゥモワゼル(美浦・粕谷昌央厩舎、牝)、福島未勝利戦で5馬身差の圧勝劇を演じたダイイチターミナル(美浦・高市圭二厩舎、牡)なども上位争いを演じて不思議はない。

★小倉2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

マジェスティ、皐月賞疲れなんの驚きのタフさ 2016年04月19日(火) 05:03

 皐月賞を制したディーマジェスティ(美・二ノ宮、牡3)は、激戦から一夜明けた18日、茨城県美浦トレーニングセンターの自厩舎で過ごした。

 「いつもの月曜と変わらない。レース後からびっくりするくらいケロッとしているね」と島田調教厩務員は愛馬のタフさに驚き、2012年エリザベス女王杯(レインボーダリア)以来となる担当馬のGI勝利に、笑みがこぼれた。

 大外の(18)番枠から皐月賞を制したのは91年トウカイテイオー、97年サニーブライアンに続く3頭目で、前記2頭は春2冠を達成。また、平成に入ってから4月17日の皐月賞を制したのはナリタブライアンディープインパクトの2頭で、どちらも3冠馬に輝いた。“吉兆”が感じられるVだ。

 この後は在厩して調整され、ダービー(5月29日、東京、GI、芝2400メートル)で、昨年のドゥラメンテに続く史上24頭目の春2冠を目指す。

ディーマジェスティの競走成績はこちら

[もっと見る]

【産経大阪杯】レース展望 2016年03月28日(月) 21:04

 中京競馬が終了し、4月第1週は2場開催。阪神では日曜メーンに産経大阪杯(4月3日、阪神、GII、芝2000メートル)が行われる。皐月賞&ダービーの2冠馬コダマ、春2冠に加え、ジャパンC、有馬記念を制したトウカイテイオー、菊花賞、天皇賞・春連覇、宝塚記念とGI・4勝のメジロマックイーン、3冠などGI・6勝のオルフェーヴルなど数多くの歴史的名馬が勝っている由緒あるレース。1着馬に優先出走権が与えられる天皇賞・春(5月1日、京都、GI、芝3200メートル)はもちろん、安田記念(6月5日、東京、GI、芝1600メートル)、宝塚記念(6月26日、阪神、GI、芝2200メートル)に加え、海外GIにも結びつくだけに、今年も登録12頭中、GIホースが5頭という豪華版になった。

 昨年、大きく飛躍したラブリーデイ(栗東・池江泰寿厩舎、牡6歳)が今年初戦として出走する。昨年は中山金杯で重賞初制覇を飾り、その後、京都記念、鳴尾記念、宝塚記念、京都大賞典、天皇賞・秋と重賞を計6勝し、JRA賞最優秀4歳以上牡馬に輝いた。最後の2戦、ジャパンCは3着、有馬記念は5着と連敗したが、本質的には2000メートルあたりがベストのタイプ。乗り込みも順調で、力を十分に発揮できそうだ。次走に予定されている香港のクイーンエリザベス2世C(4月24日、シャティン、GI、芝2000メートル)に向けて、弾みをつけるか注目される。今回はミルコ・デムーロ騎手との初コンビ。次走の香港ではジョアン・モレイラ騎手が騎乗することが決まっている。

 昨年のジャパンCを制したショウナンパンドラ(栗東・高野友和厩舎、牝5歳)は有馬記念を目指していたが、最終追い切り後の息遣いに違和感があったため回避。今回は4カ月の休み明けになるが、仕上がりは順調に進んでいる。昨年のこのレースでは不良馬場の影響もあって9着に敗れたものの、当時と違って芯が入った今なら、たとえ道悪になっても期待できるだろう。牡馬相手に56キロを背負うのは楽ではないが、昨年後半からの充実ぶりを考えると、克服しても何ら不思議はない。

 キタサンブラック(栗東・清水久詞厩舎、牡4歳)は、菊花賞を制した後の有馬記念でも勝ったゴールドアクターから0秒1差の3着と地力の高さをアピールした。スタートでつまずいて14着に敗れたダービーを除けば【5・0・2・0】と安定している。立ち回りのうまいタイプだけに、初めての阪神内回りコースも問題ないだろう。今回は武豊騎手が初騎乗。北島三郎&武豊というエンターテイナーのタッグに期待が集まる。

 2014年のオークス馬のヌーヴォレコルト(美浦・斎藤誠厩舎、牝5歳)は昨秋、産経賞オールカマーに続いてエリザベス女王杯でも2着となった後、GI香港Cでも逃げ切ったエイシンヒカリの1馬身差2着に好走。海外遠征明けとなるが、美浦に滞在している岩田康誠騎手とコミュニケーションを取り、調整過程は順調そのものだ。別定重量の規定に基づき、今回は54キロで戦える。他のGI馬との比較では明らかに有利な印象で、好勝負になりそうだ。

 同年の皐月賞馬イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡5歳)は昨秋、天皇賞、マイルチャンピオンシップともに3着と惜敗したが、トップクラスの力量があるのは間違いない。ただ、前走の中山記念9着は負けすぎの印象。叩き2戦目で再び2000メートルに距離が延びる今回は、2戦続けて出遅れているゲートの克服も含め、正念場となる。

 アンビシャス(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)は今年GI制覇が期待される一頭だ。前走の中山記念で2冠馬ドゥラメンテにクビ差2着と好走。3着だったリアルスティールが26日のドバイターフで海外GI制覇を果たしており、力量は前出のGI馬たちと比べもヒケを取らない。横山典弘騎手との新コンビも魅力たっぷりだ。

 タッチングスピーチ(栗東・石坂正厩舎、牝4歳)は昨年のエリザベス女王杯でタイム差なしの3着に好走するなど、GI級の決め手を持っている。ただ、エンジンのかかりが遅いタイプだけに、内回りの攻略がポイント。先週の高松宮記念をビッグアーサーで制するなど、前2週で重賞3勝と波に乗っている福永祐一騎手の手綱さばきが興味深い。

★産経大阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

トウカイテイオーの関連コラム

閲覧 2,660ビュー コメント 0 ナイス 3


クラシック三冠レースの第一関門となる皐月賞。瞬発力勝負のダービーと比較して、持続力を試されるレースではあるのだが、2歳、3歳競馬としてはむしろ皐月賞こそが異端。なぜなら2歳、3歳のクラシック路線はスローペースになりやすく、全体的にどのレースも“スローの瞬発力勝負”になりやすいからだ。古馬のG1で必要とされる能力は、ダービーよりも皐月賞や菊花賞に集約されるのだが、2歳戦、3歳戦においての皐月賞は、それが異端となる。


■2017春シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8644


瞬発力より持続力の勝負。とは言っても、それは“究極の瞬発力勝負”であるダービーと比較してのことであって、とくに近年では“瞬発力のない馬”が皐月賞を制覇することは皆無と言っても良い状況。ちょうど良い機会なので、拙作・ラップギアでフィルタを作ってお見せしよう。

■1990年以降、皐月賞馬の皐月賞出走時ラップギア適性値
2016年 皐月賞 ディーマジェスティ 【瞬3平1消0】
2015年 皐月賞 ドゥラメンテ 【瞬4平0消0】
2014年 皐月賞 イスラボニータ 【瞬4平1消0】
2013年 皐月賞 ロゴタイプ 【瞬3平1消0】
2012年 皐月賞 ゴールドシップ 【瞬4平1消0】
2010年 皐月賞 ヴィクトワールピサ 【瞬3平2消0】
2009年 皐月賞 アンライバルド 【瞬3平0消0】
2008年 皐月賞 キャプテントゥーレ 【瞬2平0消0】
2007年 皐月賞 ヴィクトリー 【瞬2平1消0】
2006年 皐月賞 メイショウサムソン 【瞬5平2消0】
2005年 皐月賞 ディープインパクト 【瞬3平0消0】
2004年 皐月賞 ダイワメジャー 【瞬1平0消1】
2003年 皐月賞 ネオユニヴァース 【瞬2平1消1】
------
2002年 皐月賞 ノーリーズン 【瞬1平1消0】
2001年 皐月賞 アグネスタキオン 【瞬2平1消0】
2000年 皐月賞 エアシャカール 【瞬2平2消0】
1999年 皐月賞 テイエムオペラオー 【瞬2平1消1】
1998年 皐月賞 セイウンスカイ 【瞬1平2消0】
1997年 皐月賞 サニーブライアン 【瞬3平0消0】
1996年 皐月賞 イシノサンデー 【瞬3平1消0】
1995年 皐月賞 ジェニュイン 【瞬3平1消1】
1994年 皐月賞 ナリタブライアン 【瞬4平3消0】
1993年 皐月賞 ナリタタイシン 【瞬2平3消1】
1992年 皐月賞 ミホノブルボン 【瞬1平3消0】
1991年 皐月賞 トウカイテイオー 【瞬3平0消1】
1990年 皐月賞 ハクタイセイ 【瞬1平5消1】

※ラップギアについての説明はこちら→http://saikyo.k-ba.com/members/lapgear/about.html

2000年より以前の皐月賞は【瞬2平2消0】のようなラップギア適性値の馬が上位を占めるようなレースだったのだが、そういった傾向も時代とともに薄れはじめ、【瞬1平2消0】のような完全平坦タイプは1998年セイウンスカイ、【瞬2平2消0】のような瞬発・平坦同数タイプの皐月賞馬も2002年ノーリーズンを最後に姿を消してしまった。


もう少し掘り下げて、・・・

続きは、VIPクラブ会員登録でご覧頂けます。
※限定公開期間終了後は、一般会員の方もご覧頂けます。
続きを読む
登録済みの方はこちらからログイン

2017年02月23日(木) 22:42 横井顕
【ダビマスプレイ日記】2017年2月23日(木)
閲覧 3,970ビュー コメント 0 ナイス 3

「決戦! トウカイテイオー」の報酬は
最低でもファン獲得(女性ファン)以上らしい。

BC報酬でしか入手できない
ロドリゴデトリアーノ、
ゼンノエルシド
ノボトゥルーなどなど。

始めたばかりでまだ持っていない人は
簡単に獲得できるチャンスですね。




翌日の日記へ


★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版

[もっと見る]

2017年02月21日(火) 22:08 横井顕
【ダビマスプレイ日記】2017年2月21日(火)
閲覧 3,475ビュー コメント 0 ナイス 5

銅の報酬から
トウカイテイオー1993が!

話には聞いていたけど
本当に出るんだな……と。

もっともらっておきたいね。




翌日の日記へ


★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版

[もっと見る]

2017年02月20日(月) 23:44 横井顕
【ダビマスプレイ日記】2017年2月20日(月)
閲覧 3,136ビュー コメント 0 ナイス 3

「決戦! トウカイテイオー」再び。

相変わらず銅の報酬ばかりだけど。

うちの馬じゃ「封殺」が発動しない模様。

今のところまだ1勝のみです。




翌日の日記へ


★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版

[もっと見る]

2017年01月17日(火) 20:31 横井顕
【徹底攻略26】速力と長距離型のクロスを同時に使う(1)
閲覧 12,626ビュー コメント 0 ナイス 4



スピードとスタミナが両方高い馬……というのは、なかなか生まれません。スピードはBやAまで跳ねた仔がときどき生まれますが、スタミナはDやEというケースが多いように思います。

今回は、スピードとスタミナの両方を高める配合を追及してみたいと思います。



クロスでスピードとスタミナを同時に補強

産駒のスピードとスタミナには、父の距離適性や実績・安定、母の能力、それに配合理論などさまざまな要素が影響しますが、今回はクロスによる補強に主眼を置きました。





これまでの『ダビスタ』シリーズのシステムからすると、スピードアップは「短距離型」や「速力」のクロス、スタミナアップは「長距離型」のクロスが該当すると思われます。これらを同時に成立させた配合が狙いになります。



使う種牡馬・繁殖牝馬は……

速力(または短距離型)と長距離型の因子を両方持っている馬は数多くいますが、その因子がクロスしやすい祖先馬であることが大事です。

速力ならサンデーサイレンスや Mr.Prospector、長距離型なら Nijinsky や Sadler's Wells など、比較的新しい祖先馬がおすすめです。代重ねをして繁殖牝馬を作る際、因子を血統表内に残しやすいからです。


さらに欲張って、見事な配合や完璧な配合も狙える種牡馬を……と考えた結果、★4のラブリーデイを使うことにしました。

この馬は、速力因子として Mr.Prospector やサンデーサイレンスなど、長距離型因子として Kingmambo や Nijinsky を血統表内に持っています。かつパラメータも揃っていて、見事な配合を成立させやすい血統構成も強みです。





見事な配合を成立させるために

ラブリーデイの見事な配合用の系統は、下図のようにRoyal Charger系、Herod系、Nearctic系の3種類です。見事な配合を成立させるには、これらの系統を使って繁殖牝馬を構成します。

ラブリーデイの見事な配合用系統




Royal Charger系とNearctic系は該当する種牡馬が多数いるので、よりどりみどりですね。問題はHerod系で、これに属する種牡馬は★5のトウカイテイオーメジロマックイーンだけです。繁殖牝馬はミームセンスやヨロコビノウタをはじめ数頭はいるのですが……。

貴重な★5種牡馬は気軽には使えないので、下図のようにHerod系を組み込むのが順当でしょう。





例2のほうは、母父にHerod系を持つ種牡馬を使うパターンです。これなら★4以下の種牡馬でも行けます。

なお、上記の例ではNearctic系が重複していますが、Royal Charger系を重複させてもOKです。また、両者はどちらがどの位置に入っても構いません。



次回の記事では、実際に行なった配合について紹介します。



★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオン供戮慮式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオン形棺顱戞淵▲好ー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。

[もっと見る]

2017年01月09日(月) 20:08 横井顕
【徹底攻略22】「豪脚」は孫まで受け継がれるか?
閲覧 7,153ビュー コメント 0 ナイス 3



前々回はトウカイテイオー1993の仔を生産しました。この仔は非凡な才能「豪脚」を武器に、皐月賞有馬記念で爽快な差し切り勝ちを決めてくれました。





今回はこの「豪脚」がさらにその仔にも受け継がれるか、調べてみました。トウカイテイオー1993の仔はすべて牝馬だったので、繁殖牝馬側からの遺伝になります。



ラブリーデイを付けて配合検証

配合検証は★4種牡馬のラブリーデイを付けて行ないました。父ラブリーデイ、母父トウカイテイオーという組み合わせは、見事な配合やよくできた配合を作りやすいパターンのひとつです。

ラブリーデイ×トウカイテイオーで見事な配合を作る例




Royal Charger系とNearctic系という、とくに主流の種牡馬を2代前と3代前に使うだけで見事な配合になります。両方Royal Charger系でも構いません。また、2代前と3代前は逆でも構いません。

今回行なった配合では他の系統も混ざっているため、よくできた配合までになっています。





実際に生まれた産駒は以下のとおりです。

■産駒の能力

※コメント
タイトル:将来はいくつかのタイトルも狙えるでしょうね
G   :将来はG気眩世┐襪任靴腓



全31頭の仔のうち8頭が「豪脚」を受け継いでいました。遺伝率は約1/4というところでしょうか。トウカイテイオー1993の直仔と違って、確実には遺伝しないようです。

それにしても、いちばん能力が高い繁殖牝馬Bの仔たちにまったく受け継がれない、という残念な結果になりました。単に確率の問題かとは思いますが、生涯1頭も遺伝しないで終わることもある、と考えておいたほうが良さそうです。



ちなみにひ孫の代まで伸ばしてみたところ、産駒が10頭生まれてそのうち1頭だけが「豪脚」を持っていました。遺伝率がさらに下がったのか、前述の1/4の誤差の範囲内なのか、このあたりはまだ不明です。



隔世遺伝

一方、「豪脚」を受け継げなかった仔の次の代で再び「豪脚」が復活する例も確認できました。「隔世遺伝」として非凡な才能を受け継ぐようです。





非凡な才能が消えてしまっても、次の代でまた復活する可能性に賭けて、血統を伸ばしていく価値はありそうです。



★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオン供戮慮式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオン形棺顱戞淵▲好ー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。

[もっと見る]

⇒もっと見る

トウカイテイオーの口コミ


口コミ一覧

「天と地」の決戦

 グリーンセンスセラ 2017年04月24日(月) 14:40

閲覧 22ビュー コメント 0 ナイス 2

天才・武豊と帝王・岡部幸雄の意地がぶつかり合った「天と地」の決戦。天皇賞・春(G1)に25年の時を経て再び訪れた「世紀の対決」─Gambling Journal ギャンブルジャーナル  / 2017年4月24日 13時15分 http://biz-journal.jp/gj/2017/04/post_3202.html

「(メジロ)マックイーンに対して作戦なんて別にない。とにかく自分の競馬をするだけというか......特に長距離レースの場合には、自分の馬を先にコントロールすること。そっちの方に一生懸命ですよ」
 1992年の天皇賞・春(G1)を前にした記者会見で、トウカイテイオーの主戦・岡部幸雄はそう語った。
 トウカイテイオーVSメジロマックイーン。「世紀の対決」と名付けられた現役王者同士の決戦を前に当時のメディアやファンは何日も前から色めき立ったが、注目の岡部から告げられた言葉はまるで素っ気ないものだった。
 今でこそ武豊が競馬のイメージ大きく変えた結果、騎手がまるで芸能人のように扱われているが、当時、つまりは岡部時代の騎手たちのイメージは「寡黙な職人」といったところ。まだ競馬がファンやメディアの要求に合わせて、それほど気の利いた言葉を発信せずともよかった時代だった。
 だからこそ、まだ23歳の若者に過ぎなかったメジロマックイーンの主戦・武豊も「まず自分自身、メジロマックイーン自身の闘い。出走馬全部との戦い」と当時の競馬界の"帝王"岡部の主張に合わせるように「2強対決」を否定。「まあ、結果として2頭の決着になるんじゃないかというのはある」と言うに留めた。
 だが、公式の記者会見の場では「冷戦」を貫いても、それぞれが東西に分かれた追い切りでは熱い火花が散る一幕があった。
 東でトウカイテイオーの調教をつけた岡部が「地の果てまで走りそう」と、キャリア初の長距離戦に強い自信を示せば、西でメジロマックイーンの調教をつけた武豊が「あっちが地の果てなら、こっちは天まで昇りますよ」と応酬。両者はお互いのプライドを懸け、激しく意識し合っていた。
 岡部がトウカイテイオーとコンビを組んだのは前走の大阪杯(当時G2)が初めてだったが、その強さに対しては絶対的な自信があった。


▶▶▶次のページ 武豊「天に昇ってでも勝つ」という強い意志があった
 それは本馬が無敗で日本ダービー(G1)を制覇し、未だ負けなしの7連勝中だったという事実もあるが、それ以上に岡部は前年のダービーでトウカイテイオーの怪物じみた強さを肌で感じていたからだ。
 トウカイテイオーは、岡部が「史上最強馬」に挙げるシンボリルドルフの仔として、無敗による日本ダービー制覇を父子で達成。単勝1.6倍に応えて、後続を3馬身以上突き放す楽勝劇だった。
 その時の2着馬レオダーバンに騎乗していたのが岡部である。
 ダービートライアルとなる青葉賞(当時OP)を1番人気に応えて完勝したレオダーバンと、確固たる"野望"を持って頂上決戦に挑んだ岡部。しかし2番人気に支持されたものの、トウカイテイオーの前に手も足も出ないまま完敗。その後、岡部とレオダーバンは"主役不在"となっていた菊花賞(G1)を制覇したことで、ますますトウカイテイオーの恐ろしいまでの強さを実感することとなった。
 そこで自身とのコンビを組むこととなったトウカイテイオーが約10カ月ぶり、それも+20圓箸いη和僚鼎任離譟璽垢砲發かわらず、ほぼ馬なりで大阪杯を完勝。普段は寡黙で冷静な男から「地の果てまで走りそう」と、珍しくメディア向けの表現が飛び出したのも当然か。
 いずれにせよ、岡部はトウカイテイオーに対して、それだけ大きな自信を持っていたのである。
 だが、対するメジロマックイーンの武豊にもあちらが地の果てなら、こちらは「天に昇ってでも勝つ」という強い意志があった。

▶▶▶▶次のページ この舞台だけは落とすわけにはいかなかった

前年の春、メジロアサマ、メジロティターンから続く天皇賞・春の父子3連覇の偉業を担った「平成の盾男」武豊。それは自身がイナリワンとスーパークリークで天皇賞・春を連覇していたからこそ託された、メジロ軍団の悲願そのものだった。
 父子3連覇こそあっさりと達成した武豊だったが"重責"から解放されたのも束の間、宝塚記念(G1)では、これまで何度も退けてきた同僚メジロライアンにまさかの敗北。それはまだ"軽傷"だったが、迎えた天皇賞・秋(G1)で単勝1.9倍の人気に応えるように後続を6馬身突き放してゴールするも、まさかの斜行降着処分。
 G1では初となる1位入線馬の降着劇だった。
 本件に激怒したメジロ軍団はJRAの処分を不当とし、一時はメジロマックイーンのジャパンCと有馬記念の出走を拒否する構えを見せる事態に発展。最終的にはどちらにも出走したが、史上初の惨劇をやらかしてしまった武豊の手綱は冴えず(実際に当時の武豊は11月末からずっと連敗中だった)、本来の走りを見失ったマックイーンは連敗を喫した。
 その後、年が替わり始動戦の阪神大賞典(G2)を圧勝していた武豊だったが、やはり「この舞台で、メジロマックイーンが負けるわけにはいかない」という信念があった。決して順風満帆とは言えないコンビだが、この舞台だけは落とすわけにはいかなかった。
 戦前の盛り上がりとは対照的に肝心のレースは、あっさりと決着がついた。

▶▶▶▶▶次のページ 『春の盾は絶対に渡せないメジロマックイーン』『春の盾こそ絶対にほしいトウカイテイオー』

『春の盾は絶対に渡せないメジロマックイーン』
『春の盾こそ絶対にほしいトウカイテイオー』
 勝負所の第3コーナー「淀の坂」を走り抜けた際、早くも先頭に立とうとするメジロマックイーンと、それをマークするトウカイテイオーに対して、実況の杉本清氏がそんな言葉を贈った。メジロマックイーンにはチャンピオン・ステイヤーとしての意地があり、トウカイテイオーとしてはこの距離でマックイーンを倒してこそ「現役No.1」を名乗る資格があった。
 しかし、両雄による意地のぶつかり合いは最後の直線に入るまで。4角先頭からの横綱相撲に出たメジロマックイーンとは対照的に、脚色を失い後退を余儀なくされるトウカイテイオーは結局5着に沈んだ。
 あれから25年。キタサンブラックの主戦・武豊は、今度はC.ルメールとサトノダイヤモンドを相手に「世紀の対決」へ挑むこととなる。
 歴史は変わるのか、それとも繰り返されるのか――。淀の長丁場で再び、王者同士の意地が激突する。
(敬称略)            

 landr 2017年03月31日(金) 09:51
2017_大阪杯枠順確定
閲覧 48ビュー コメント 0 ナイス 7

そういえば、高校野球も桐蔭と履正社の大阪対決になりましたな。サインにしては出来過ぎている(笑

マルターズアポジーが外から脚使って前を取りに行って、キタサンブラックはらくらく追走。ミッキーロケットは出遅れて終了濃厚な最内枠。
そして、問題の大外マカヒキ。ただ、スプリングSも大外強襲なのだから、問題にはならんとは思う。
ただ、アンビシャスも、去年ドゥラメンテに迫った中山記念やキタサン下した大阪杯とか、やたら外枠成績がいいのだよね(小頭数だったが)。もっと言えば、外枠に入ったアンビシャスは無条件で買い。
天候が怪しいものの、重馬場で怖いのはサトノクラウンか。

今のところ、マカヒキ復権に賭けてみたい気が満々。

ちなみに、ダービー馬の大阪杯制覇で印象深いのは、復活トウカイテイオー。ただ、トウカイテイオーの時の時計って、今見ると、遅すぎて唖然とする。テイオーvsマックイーンの天皇賞が競馬に惹かれた最初のインパクトでしたが、当時に時計とかラップを気にしたら、とてもじゃないが、叩かれた伸びしろ以外の要素でテイオーは買えなかっただろうなあ。

[もっと見る]

 グラニースミス 2016年12月21日(水) 10:10
ビギナーズヘル
閲覧 69ビュー コメント 2 ナイス 24

おはようございます!
グラスミです

昨日は競馬を始めるきっかけとなった92年有馬記念のことを書きました

実は続きがあって、
翌93年の有馬記念で、トウカイテイオーと本命にしました
前走が有馬記念の中12カ月の休み明けです
その1年は、ナリタタイシン、ウイニングチケット、ビワハヤヒデの3強のクラシックなど
とにかく馬券が当たりまくっていました
またまた先輩たちが 「ブランク1年は…」なんて言われました

その先輩たちの中に、私とほぼ同時に競馬を始めた方がいました
が、その先輩の当たったという話を聞いたことがありませんでした

そんな先輩と一度、東京競馬場に勝負に行きました

がしかし、
先輩が購入した後、単勝1倍台のガチガチ人気馬が馬群に沈みまくり
先輩が購入した後、出走直前に放馬後、けがなく出走するも着外
先輩が購入した後、4コーナー過ぎで落馬、競争中止
先輩が購入した後、連続して鼻差の4着
先輩が購入したそばを、おばちゃんの手が滑りひっくり返し
先輩の競馬新聞がずぶ濡れになった

また別の日は積雪で翌日に代替競馬となるなど

ホントにマンガみたいに、何かがあるように強く感じました(;^_^A

その先輩のあだ名は " ヘル "でした

社内では、G汽Εークの金曜日はヘル先輩のお告げを
みんなで聞いて、その馬を馬券対象から外す 
なんてことが流行ってました(;^_^A

時が流れ、転職したので 
ヘル先輩のその後については知りませんが…

今年の有馬記念、彼はどの馬を指名するんだろう?

では

[もっと見る]

トウカイテイオーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

トウカイテイオーの写真

投稿写真はありません。

トウカイテイオーの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

トウカイテイオーの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。