注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

トウカイテイオー(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  鹿毛 1988年4月20日生
調教師松元省一(栗東)
馬主内村 正則
生産者長浜牧場
生産地新冠町
戦績12戦[9-0-0-3]
総賞金62,563万円
収得賞金14,855万円
英字表記Tokai Teio
血統 シンボリルドルフ
血統 ][ 産駒 ]
パーソロン
スイートルナ
トウカイナチユラル
血統 ][ 産駒 ]
ナイスダンサー
トウカイミドリ
兄弟 トウカイオーザトウカイエリート
前走 1993/12/26 有馬記念 G1
次走予定

トウカイテイオーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
93/12/26 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 1434--41** 牡5 56.0 田原成貴松元省一474(+14)2.30.9 -0.135.0⑧⑧④④ビワハヤヒデ
92/12/27 中山 9 有馬記念 G1 芝2500 1635--111** 牡4 57.0 田原成貴松元省一460(-10)2.34.8 1.335.5⑬⑬⑬⑫メジロパーマー
92/11/29 東京 10 ジャパンカッ G1 芝2400 14814--51** 牡4 57.0 岡部幸雄松元省一470(-2)2.24.6 -0.136.3④⑤④⑤ナチュラリズム
92/11/01 東京 10 天皇賞(秋) G1 芝2000 18715--17** 牡4 58.0 岡部幸雄松元省一472(-8)1.59.1 0.538.0レッツゴーターキン
92/04/26 京都 10 天皇賞(春) G1 芝3200 14814--15** 牡4 58.0 岡部幸雄松元省一480(0)3.21.7 1.7--⑧⑨メジロマックイーン
92/04/05 阪神 11 産經大阪杯 G2 芝2000 822--11** 牡4 58.0 岡部幸雄松元省一480(+20)2.06.3 -0.3--ゴールデンアワー
91/05/26 東京 9 東京優駿 G1 芝2400 20820--11** 牡3 57.0 安田隆行松元省一460(+4)2.25.9 -0.536.0⑥⑥⑥レオダーバン
91/04/14 中山 10 皐月賞 G1 芝2000 18818--11** 牡3 57.0 安田隆行松元省一456(-4)2.01.8 -0.236.7⑤⑦④シャコーグレイド
91/03/17 中山 10 若葉ステーク OP 芝2000 1044--11** 牡3 56.0 安田隆行松元省一460(0)2.03.6 -0.335.4アサキチ
91/01/19 京都 9 若駒ステーク OP 芝2000 988--11** 牡3 55.0 安田隆行松元省一460(0)2.01.4 -0.4--⑤⑤イイデサターン
90/12/23 京都 9 シクラメンス OP 芝2000 966--31** 牡2 54.0 安田隆行松元省一460(0)2.03.8 -0.3--⑥⑥⑤イイデサターン
90/12/01 中京 4 2歳新馬 芝1800 1322--11** 牡2 54.0 安田隆行松元省一460(--)1.52.9 -0.737.9⑨⑦⑤カラーガード

トウカイテイオーの関連ニュース

【小倉2歳S】レース展望

2016年08月29日(月) 18:14

 夏の小倉開催最終週の日曜メインは、第36回小倉2歳S(9月4日、小倉、GIII、芝1200メートル)。競走馬としてのキャリアが浅く、各馬の対戦経験も少ない2歳戦だけに波乱の要素は十分で、過去10年で1番人気は2勝、2着3回とやや苦戦傾向にある。一方、6番人気以下の伏兵が5連対し、いずれも小倉で勝ち星を挙げている点には注目だ。

 クインズサリナ(栗東・西村真幸厩舎、牝)は6月12日の阪神芝1200メートル新馬戦、8月13日の小倉芝1200メートル・フェニックス賞と2連勝。前走は幼さも解消して、スキのないレースぶりを見せた。4キロ増の420キロと、小柄だけに少しでも体重が増えていた点には好感がもてる。中間は小倉に滞在。さらにパワーアップした姿で出走してくるはずだ。

 鹿児島産の関東馬カシノマスト(美浦・蛯名利弘厩舎、牡)は、7月31日の九州産限定新馬戦を除外されたものの、同日に一般馬相手の新馬戦(芝1200メートル)に回って圧勝。続くフェニックス賞はクインズサリナの1馬身1/2差の2着だったが、8月27日の九州産限定戦ひまわり賞(芝1200メートル)を7馬身差で圧勝した。タイムも1分9秒1(良)と、開催5週目としては上々だ。ただ、420キロと牡馬としてはかなり小柄なだけに、連闘がどう出るか。小倉に滞在しているとはいえ、馬体のキープが大きなポイントになる。

 メイソンジュニア(栗東・渡辺薫彦厩舎、牡)は8月14日の小倉芝1200メートル新馬戦を快勝。タイム1分10秒1(良)も開催半ばなら悪くなく、それ以上に勝ちっぷりに余裕があった点を評価したい。492キロの馬体も迫力があり、時計もまだまだ詰められるはずだ。管理する渡辺調教師には重賞初Vの期待がかかる。

 レーヌミノル(栗東・本田優厩舎、牝)は8月7日の小倉芝1200メートル新馬戦をセンス十分のレースぶりで勝ち上がった。タイム1分9秒3(良)も上々。ここでも好勝負を見込んでいい。先週までに26勝をマークして関西リーディング5位と躍進著しい厩舎の勢いにも注目だ。

 シゲルベンガルトラ(栗東・服部利之厩舎、牡)は7月31日の小倉芝1200メートル未勝利戦を1分9秒1(良)で快勝。デビュー3戦目だったが、その前は重馬場の阪神芝の新馬戦で3着、不良馬場の中京芝で2着と晴雨兼用タイプなのが頼もしい。過去10年で未勝利戦を勝って挑んだ馬が4勝、2着2回と活躍している点も強調できる。

 キョウヘイ(栗東・宮本博厩舎、牡)は7月30日の小倉芝1200メートルの未勝利戦を勝っての挑戦。当時のタイム1分9秒0(良)は登録15頭中、最速だ。早くも5頭が勝ち上がるなど注目を集めるリーチザクラウン産駒という点からも注目したい。

 その他、中間の調整が意欲的なオールポッシブル(栗東・高橋亮厩舎、牝)、トウカイテイオーの近親にあたるハルクンノテソーロ(美浦・高木登厩舎、牡)、函館2歳S5着のドゥモワゼル(美浦・粕谷昌央厩舎、牝)、福島未勝利戦で5馬身差の圧勝劇を演じたダイイチターミナル(美浦・高市圭二厩舎、牡)なども上位争いを演じて不思議はない。

★小倉2歳Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

マジェスティ、皐月賞疲れなんの驚きのタフさ 2016年04月19日(火) 05:03

 皐月賞を制したディーマジェスティ(美・二ノ宮、牡3)は、激戦から一夜明けた18日、茨城県美浦トレーニングセンターの自厩舎で過ごした。

 「いつもの月曜と変わらない。レース後からびっくりするくらいケロッとしているね」と島田調教厩務員は愛馬のタフさに驚き、2012年エリザベス女王杯(レインボーダリア)以来となる担当馬のGI勝利に、笑みがこぼれた。

 大外の(18)番枠から皐月賞を制したのは91年トウカイテイオー、97年サニーブライアンに続く3頭目で、前記2頭は春2冠を達成。また、平成に入ってから4月17日の皐月賞を制したのはナリタブライアンディープインパクトの2頭で、どちらも3冠馬に輝いた。“吉兆”が感じられるVだ。

 この後は在厩して調整され、ダービー(5月29日、東京、GI、芝2400メートル)で、昨年のドゥラメンテに続く史上24頭目の春2冠を目指す。

ディーマジェスティの競走成績はこちら

[もっと見る]

【産経大阪杯】レース展望 2016年03月28日(月) 21:04

 中京競馬が終了し、4月第1週は2場開催。阪神では日曜メーンに産経大阪杯(4月3日、阪神、GII、芝2000メートル)が行われる。皐月賞&ダービーの2冠馬コダマ、春2冠に加え、ジャパンC、有馬記念を制したトウカイテイオー、菊花賞、天皇賞・春連覇、宝塚記念とGI・4勝のメジロマックイーン、3冠などGI・6勝のオルフェーヴルなど数多くの歴史的名馬が勝っている由緒あるレース。1着馬に優先出走権が与えられる天皇賞・春(5月1日、京都、GI、芝3200メートル)はもちろん、安田記念(6月5日、東京、GI、芝1600メートル)、宝塚記念(6月26日、阪神、GI、芝2200メートル)に加え、海外GIにも結びつくだけに、今年も登録12頭中、GIホースが5頭という豪華版になった。

 昨年、大きく飛躍したラブリーデイ(栗東・池江泰寿厩舎、牡6歳)が今年初戦として出走する。昨年は中山金杯で重賞初制覇を飾り、その後、京都記念、鳴尾記念、宝塚記念、京都大賞典、天皇賞・秋と重賞を計6勝し、JRA賞最優秀4歳以上牡馬に輝いた。最後の2戦、ジャパンCは3着、有馬記念は5着と連敗したが、本質的には2000メートルあたりがベストのタイプ。乗り込みも順調で、力を十分に発揮できそうだ。次走に予定されている香港のクイーンエリザベス2世C(4月24日、シャティン、GI、芝2000メートル)に向けて、弾みをつけるか注目される。今回はミルコ・デムーロ騎手との初コンビ。次走の香港ではジョアン・モレイラ騎手が騎乗することが決まっている。

 昨年のジャパンCを制したショウナンパンドラ(栗東・高野友和厩舎、牝5歳)は有馬記念を目指していたが、最終追い切り後の息遣いに違和感があったため回避。今回は4カ月の休み明けになるが、仕上がりは順調に進んでいる。昨年のこのレースでは不良馬場の影響もあって9着に敗れたものの、当時と違って芯が入った今なら、たとえ道悪になっても期待できるだろう。牡馬相手に56キロを背負うのは楽ではないが、昨年後半からの充実ぶりを考えると、克服しても何ら不思議はない。

 キタサンブラック(栗東・清水久詞厩舎、牡4歳)は、菊花賞を制した後の有馬記念でも勝ったゴールドアクターから0秒1差の3着と地力の高さをアピールした。スタートでつまずいて14着に敗れたダービーを除けば【5・0・2・0】と安定している。立ち回りのうまいタイプだけに、初めての阪神内回りコースも問題ないだろう。今回は武豊騎手が初騎乗。北島三郎&武豊というエンターテイナーのタッグに期待が集まる。

 2014年のオークス馬のヌーヴォレコルト(美浦・斎藤誠厩舎、牝5歳)は昨秋、産経賞オールカマーに続いてエリザベス女王杯でも2着となった後、GI香港Cでも逃げ切ったエイシンヒカリの1馬身差2着に好走。海外遠征明けとなるが、美浦に滞在している岩田康誠騎手とコミュニケーションを取り、調整過程は順調そのものだ。別定重量の規定に基づき、今回は54キロで戦える。他のGI馬との比較では明らかに有利な印象で、好勝負になりそうだ。

 同年の皐月賞馬イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡5歳)は昨秋、天皇賞、マイルチャンピオンシップともに3着と惜敗したが、トップクラスの力量があるのは間違いない。ただ、前走の中山記念9着は負けすぎの印象。叩き2戦目で再び2000メートルに距離が延びる今回は、2戦続けて出遅れているゲートの克服も含め、正念場となる。

 アンビシャス(栗東・音無秀孝厩舎、牡4歳)は今年GI制覇が期待される一頭だ。前走の中山記念で2冠馬ドゥラメンテにクビ差2着と好走。3着だったリアルスティールが26日のドバイターフで海外GI制覇を果たしており、力量は前出のGI馬たちと比べもヒケを取らない。横山典弘騎手との新コンビも魅力たっぷりだ。

 タッチングスピーチ(栗東・石坂正厩舎、牝4歳)は昨年のエリザベス女王杯でタイム差なしの3着に好走するなど、GI級の決め手を持っている。ただ、エンジンのかかりが遅いタイプだけに、内回りの攻略がポイント。先週の高松宮記念をビッグアーサーで制するなど、前2週で重賞3勝と波に乗っている福永祐一騎手の手綱さばきが興味深い。

★産経大阪杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【スプリングS】血統診断2016年03月16日(水) 05:04

 血統面から狙ってみたいのはマツリダゴッホ産駒2頭だ。現役時代は有馬記念など、中山のみで重賞6勝をマークしたコース巧者。産駒にもコース適性は受け継がれているとみていい。

 マイネルハニーの母の父ナリタブライアンは1994年の3冠馬。このレースの勝ち馬でもあり、文句なしの首位評価だ。ロードクエストは母の父がチーフベアハート。スタミナ豊富なパワー型の種牡馬で、天皇賞・春を勝ったマイネルキッツの父としても知られている。こちらも血統背景は上々だ。

 ドレッドノータスはノーザンダンサーの流れをくむデインヒル系ハービンジャーの産駒でパワー型。母の父がスピードと切れ味に秀でたサンデーサイレンスで、バランスの取れた配合。この舞台に対応する力はある。

 ディープインパクト産駒のマウントロブソンは、伯父に芝、ダート両分野でGIを勝ったクロフネ。母の父ミスターグリーリーはダート色が濃い種牡馬だが、今の時期の力の要る芝には向いている。

 父母ともに非SS系のプレイヤーサムソンミッキーロケットも面白い。前者の父メイショウサムソンは2006年の勝ち馬。母の父トウカイテイオーともに皐月賞&ダービーの2冠馬という点も強調材料になる。

 後者は父が万能型種牡馬キングカメハメハで、パワーも十分。一族に青葉賞勝ちのカーネギーダイアンなどがおり、3歳春に力を付ける血統だ。 (血統取材版)

[もっと見る]

【報知杯弥生賞】血統診断2016年03月02日(水) 05:05

 過去10年の勝ち馬の父系を見ると、非SS系が5勝と大健闘。SS系はスピードと瞬発力に秀でた血統だが、ゴール前に急坂のある中山は直線も短く、比較的上がりがかかるため、他のコースほど優位性を保っていられないのだろう。

 4頭の登録があるキングカメハメハ産駒に注目。スタミナとパワー、底力を産駒に伝える種牡馬で、舞台適性十分だ。

 なかでもリオンディーズをトップに評価する。オークス、アメリカンオークスを制覇した母シーザリオは中山内回りでも2戦2勝。半兄エピファネイア(父シンボリクリスエス)はこのレースこそ急な乗り替わりも影響して4着に敗れたが、皐月賞、ダービーいずれも2着と好走し、菊花賞、ジャパンCをともに圧勝。母系に底力、成長力がある。

 一昨年の覇者トゥザワールドと同じキンカメ×SSの配合がエアスピネル。母エアメサイアは同世代のシーザリオに2戦2敗だったが、その後秋華賞を制したように、底力は伝わる。

 SS系の代表格ディープインパクト産駒は2頭が登録。こちらは13年にカミノタサハラがV。同馬は母の父がパワー型のフレンチデピュティだった。マカヒキも母の父がフレンチデピュティ。全姉ウリウリがスピードタイプだけに、2000メートルでタフな戦いになったときに一抹の不安は残るが、勝ち馬になるだけの下地はある。もう1頭のディープ産駒イマジンザットも母系の活力が十分だ。

 穴っぽいところでは、過去10年で父母ともに非SS系が3勝2着3回の実績から、プレイヤーサムソンをピックアップする。父メイショウサムソン、母の父トウカイテイオーともに皐月賞&ダービーの2冠馬。2頭は弥生賞には出走していないが、このレースが春の2冠との関連性が深い点から注目が必要だろう。 (血統取材班)

★弥生賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【若駒S】驚異の末脚!マカヒキ、出世レースで無傷連勝 2016年01月24日() 05:01

 若駒ステークス(23日、京都10R、3歳オープン(混)(特指)、別定、芝・内2000メートル、1着本賞金1900万円=出走8頭)クラシックに関連が深いオープン特別は、ルメール騎乗の1番人気マカヒキ(栗・友道、牡、父ディープインパクト)が、中団の少し後ろからメンバー最速の上がり3ハロン32秒6で伸び、新馬に次ぐ連勝を飾った。タイム2分2秒4(良)。後続を離して逃げた5番人気ノーブルマーズが1馬身1/4差の2着だった。

 マカヒキは一昨年の京都牝馬S、昨年のCBC賞と重賞2勝のウリウリの全弟。姉よりも距離の融通が利き、ルメール騎手が「強かったですね。ストライドが大きくて、いい脚が長く使える。何もいうことはないね」と笑顔で語れば、友道調教師は「少しイレ込んだけど、すぐに落ち着いたので距離も大丈夫」とうなずいた。

 若駒Sは1991年にトウカイテイオー(皐月賞、ダービー、ジャパンC、有馬記念)、2005年にマカヒキの父ディープインパクト(3冠、天皇賞・春、宝塚記念、ジャパンC、有馬記念)など多くの名馬が制している出世レース。マカヒキの今後は未定だが、前途洋々だ。

★23日京都10R「若駒ステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

トウカイテイオーの関連コラム

閲覧 2,795ビュー コメント 0 ナイス 3



前々回はトウカイテイオー1993の仔を生産しました。この仔は非凡な才能「豪脚」を武器に、皐月賞有馬記念で爽快な差し切り勝ちを決めてくれました。





今回はこの「豪脚」がさらにその仔にも受け継がれるか、調べてみました。トウカイテイオー1993の仔はすべて牝馬だったので、繁殖牝馬側からの遺伝になります。



ラブリーデイを付けて配合検証

配合検証は★4種牡馬のラブリーデイを付けて行ないました。父ラブリーデイ、母父トウカイテイオーという組み合わせは、見事な配合やよくできた配合を作りやすいパターンのひとつです。

ラブリーデイ×トウカイテイオーで見事な配合を作る例




Royal Charger系とNearctic系という、とくに主流の種牡馬を2代前と3代前に使うだけで見事な配合になります。両方Royal Charger系でも構いません。また、2代前と3代前は逆でも構いません。

今回行なった配合では他の系統も混ざっているため、よくできた配合までになっています。





実際に生まれた産駒は以下のとおりです。

■産駒の能力

※コメント
タイトル:将来はいくつかのタイトルも狙えるでしょうね
G   :将来はG気眩世┐襪任靴腓



全31頭の仔のうち8頭が「豪脚」を受け継いでいました。遺伝率は約1/4というところでしょうか。トウカイテイオー1993の直仔と違って、確実には遺伝しないようです。

それにしても、いちばん能力が高い繁殖牝馬Bの仔たちにまったく受け継がれない、という残念な結果になりました。単に確率の問題かとは思いますが、生涯1頭も遺伝しないで終わることもある、と考えておいたほうが良さそうです。



ちなみにひ孫の代まで伸ばしてみたところ、産駒が10頭生まれてそのうち1頭だけが「豪脚」を持っていました。遺伝率がさらに下がったのか、前述の1/4の誤差の範囲内なのか、このあたりはまだ不明です。



隔世遺伝

一方、「豪脚」を受け継げなかった仔の次の代で再び「豪脚」が復活する例も確認できました。「隔世遺伝」として非凡な才能を受け継ぐようです。





非凡な才能が消えてしまっても、次の代でまた復活する可能性に賭けて、血統を伸ばしていく価値はありそうです。



★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオン供戮慮式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオン形棺顱戞淵▲好ー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年01月05日(木) 21:49 横井顕
【徹底攻略20】配合実践〜トウカイテイオー1993
閲覧 3,194ビュー コメント 0 ナイス 4



今回は★5種牡馬「トウカイテイオー1993」を使った配合例の紹介です。

この馬はイベント「決戦! トウカイテイオー」(終了済)の報酬でもらえる種牡馬で、通常のトウカイテイオーと同じパラメータ・血統に加えて非凡な才能「豪脚」を持っているのが特徴です。





トウカイテイオーは2013年に他界しており、『ダビスタ』シリーズでは2008年発売の『ダビスタDS』に収録されたのが最後です。それが『ダビマス』ではスペシャル種牡馬として、パラメータも大幅にパワーアップして再登場。

現実では後継種牡馬を残せなかったトウカイテイオーですが、『ダビマス』ではぜひ優秀な跡継ぎを生産してみたいところです。



パラメータの高さを生かした配合

トウカイテイオーは血統表内の祖先が古く、クロスを使いにくい点がまず挙げられます。

また見事な配合やよくできた配合に関しては、系統の構成がPhalaris系・Fairway系・Herod系・Herod系と傍流の血ばかりで、成立させるのは至難です。

そこで今回はこれらの配合理論には頼らず、無難にアウトブリード配合にしてみました。トウカイテイオー1993自身パラメータが高く、能力の高い繁殖牝馬を作って配合すれば、それだけでも十分に産駒の能力は期待できます。

繁殖牝馬は、ロドリゴデトリアーノ → ティンバーカントリー → トウケイヘイローと、パラメータのいい★3種牡馬で代重ねをして作りました。



以下が繁殖牝馬作りの際のデータです。その前の代で8頭の牝馬を用意し、すべてにトウケイヘイローを種付けして大量生産をしました。

■産駒の能力

※コメント
タイトル:将来はいくつかのタイトルも狙えるでしょうね
G   :将来はG気眩世┐襪任靴腓
重賞  :将来は重賞も狙えると思いますよ



繁殖牝馬Fの仔がいちばん優秀な感じでした。母がスピードD・スタミナBというスタミナ型のため、産駒もスタミナ豊富な仔ばかりです。その分、スピードはやや低めですが。

最終的に赤線で囲んだ仔を採用しました。





貴重なトウカイテイオー1993を種付け

そしてトウカイテイオー1993を種付け。手持ちの3回分の権利を、すべて前述の牝馬との配合に投じました。





生まれた仔は以下の3頭です。





スピードとスタミナは母と同じCでしたが、アウトブリード配合だけに体質や健康はなかなかの安定ぶり。そしてトウカイテイオー1993から受け継いだ非凡な才能「豪脚」もあり、見た目以上の活躍をしてくれました。

引退後は、この「豪脚」をさらに仔に受け継がせることができます。このあたりについては、次回詳しく見ていきたいと思います。



★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオン供戮慮式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオン形棺顱戞淵▲好ー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。

[もっと見る]

2016年12月28日(水) 23:18 横井顕
【ダビマスプレイ日記】2016年12月28日(水)
閲覧 2,176ビュー コメント 0 ナイス 0

運営からのお詫びで
トウカイテイオー1993が来た!

さて、どう使ったものか。

周りの種牡馬・繁殖牝馬と時代が違うせいもあり
血統表内は非常に古い祖先馬ばかりでクロスは至難。

見事な配合もPhalaris、Fairway、Herod、Herodと、
まあ「そんな種牡馬いないよね」的な系統構成。

ここは相性のいい(ニックス)配合を
狙うのが一手か!?

いろいろ思案中です。




翌日の日記へ


★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版

[もっと見る]

2016年12月26日(月) 23:44 横井顕
【ダビマスプレイ日記】2016年12月26日(月)
閲覧 2,031ビュー コメント 0 ナイス 0

「決戦! トウカイテイオー」の報酬で
もらえる才能「重圧」を付けてみた。

とりあえずBCで走らせてみたけど
発動しているのかどうか
いまいち実感できない。

とくに実況コメントもないしね。

まあコメント出ない才能は多いし
地味に効果があるのかもしれない。

「集団でこそ真価」というところを見ると
この才能を持った馬が集団になったときに
大きな力を発揮する可能性も。




翌日の日記へ


★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版

[もっと見る]

2016年12月26日(月) 16:40 横井顕
【徹底攻略17】非凡な才能「封殺」について
閲覧 4,857ビュー コメント 0 ナイス 2



メジロマックイーン1992の持つ非凡な才能「封殺」。

これはイベント「決戦! トウカイテイオー」にてトウカイテイオーの豪脚を封じる対処法として登場しました。メジロマックイーン1992で配合をすると、産駒に必ずこの「封殺」が受け継がれます。





ところがなかなか思ったように発動せず、使い方がよくわからないという部分もあるかと思います。そこでこの「封殺」について、少し調べてみました。



発動するレース

説明文に「大舞台で」とあるだけに、G気筌屮蝓璽澄璽坤ップが対象になるのは間違いなさそうです。今のところブリーダーズカップ(中山芝2500m)で発動を確認しているほか、育成中に皐月賞でも発動しました。

ただ、NHKマイルCや日本ダービー宝塚記念に出走したところ、これらのレースでは発動しませんでした。



脚質による違い

逃げと先行でそれぞれBC登録して、ブリーダーズカップで走らせてみました。すると先行だとちょくちょく発動するのですが、逃げだと今のところまったく発動していません。

単に位置取りの問題なのかもしれませんが、先行脚質で挑んだほうが少なくとも有利と思われます。



条件判定のタイミング

発動するのは、いつも決まって残り200m付近でした。この地点での位置取りや通過順位などが、発動条件になっている可能性が高そうです。





相手との位置関係

「決戦! トウカイテイオー」のレースではまだ発動できていないのですが、「ひとりでレース」のときは大概発動します。

残り200mの地点で自分が相手より前にいないと発動しないのかもしれません。トウカイテイオーの前を行くにはかなりの能力が必要になりそうですが、条件さえ満たせば「ひとりでレース」のときのようにしっかりと発動してくれるのではないでしょうか。

うちの「封殺」持ちは以下のような能力でした。とりあえず牧場にいた牝馬にメジロマックイーン1992を配合しただけなので、大した能力でもなく……。ちょっともったいなかったですね。





イベント終了後も「封殺」は有効な才能だと思いますので、この才能を持ちつつできるだけ強い馬の生産を目指したいところです。



★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版




○執筆者プロフィール
横井 顕(よこい・けん)
 ゲームが趣味かつ仕事のフリーライター。1994年に『ダービースタリオン供戮慮式全国大会で優勝し、以後ゲーム攻略記事に携わる。『ダービースタリオン形棺顱戞淵▲好ー出版)、『ダービースタリオン96全書』(アスペクト)など90年代の作品から、最近の『ダービースタリオンGOLD全書』(KADOKAWA)まで、シリーズ全般の攻略記事を執筆。現在は最新作『ダービースタリオンマスターズ』をプレイし、本サイトで攻略コラムを公開中。

[もっと見る]

2016年12月25日() 23:17 横井顕
【ダビマスプレイ日記】2016年12月25日(日)
閲覧 1,949ビュー コメント 0 ナイス 3

「決戦! トウカイテイオー」の報酬。
金メダルじゃなくても、銀や銅から
トウカイテイオー1993が出るらしい。

うちは……一向に出ないけど。

トウカイテイオーを負かしたときの
銀や銅じゃないとダメなのかな。


まああと2日間挑んでみます。




翌日の日記へ


★ダビスタ名人・横井顕もリアルタイムで遊んでいる「ダービースタリオン マスターズ」をいますぐダウンロード →
iOS版 / Android版

[もっと見る]

⇒もっと見る

トウカイテイオーの口コミ


口コミ一覧

ビギナーズヘル

 グラニースミス 2016年12月21日(水) 10:10

閲覧 51ビュー コメント 2 ナイス 24

おはようございます!
グラスミです

昨日は競馬を始めるきっかけとなった92年有馬記念のことを書きました

実は続きがあって、
翌93年の有馬記念で、トウカイテイオーと本命にしました
前走が有馬記念の中12カ月の休み明けです
その1年は、ナリタタイシン、ウイニングチケット、ビワハヤヒデの3強のクラシックなど
とにかく馬券が当たりまくっていました
またまた先輩たちが 「ブランク1年は…」なんて言われました

その先輩たちの中に、私とほぼ同時に競馬を始めた方がいました
が、その先輩の当たったという話を聞いたことがありませんでした

そんな先輩と一度、東京競馬場に勝負に行きました

がしかし、
先輩が購入した後、単勝1倍台のガチガチ人気馬が馬群に沈みまくり
先輩が購入した後、出走直前に放馬後、けがなく出走するも着外
先輩が購入した後、4コーナー過ぎで落馬、競争中止
先輩が購入した後、連続して鼻差の4着
先輩が購入したそばを、おばちゃんの手が滑りひっくり返し
先輩の競馬新聞がずぶ濡れになった

また別の日は積雪で翌日に代替競馬となるなど

ホントにマンガみたいに、何かがあるように強く感じました(;^_^A

その先輩のあだ名は " ヘル "でした

社内では、G汽Εークの金曜日はヘル先輩のお告げを
みんなで聞いて、その馬を馬券対象から外す 
なんてことが流行ってました(;^_^A

時が流れ、転職したので 
ヘル先輩のその後については知りませんが…

今年の有馬記念、彼はどの馬を指名するんだろう?

では

 グラニースミス 2016年12月20日(火) 11:24
有馬記念で思い出すこと
閲覧 77ビュー コメント 8 ナイス 63

おはようございま〜す!

なんだかんだで、
もう今年も残り10日あまりとなりました

このサイトも2年目のシーズンが終わろうとしています
(2年前の有馬記念からの参戦です)

プロフィールにも少し書いていますが、
私と競馬というと、どうしても 有馬記念 です

1992年の有馬記念が馬券購入の始まりです
社会人1年目で、それまで全く競馬とは無縁でした
月に200時間位の残業をしていた頃です
たしか前日の土曜日は冬期休暇の調整で、全員出勤でした

先輩たち数人が、新橋WINSに行くとのことで
運転手として連行されました(笑)
馬券を買う予定はなかったのですが、
ある先輩から、半ば強制的に買うように勧められました
仕方なく メジロパーマーの単勝を1万円購入しました
競馬の知識はほぼなく、新聞の見方も知らずに
ただ、同年の宝塚記念1着馬なのに全然人気がなかったからでした

当然先輩たちからは 笑いものにされました
結構会社の色んな人たちに広がり バカにされました
1番人気はトウカイテイオーだったと思います

結果はまさかの1着でした
まだ携帯電話が普及していない時代でしたから
翌日のレース後
家の電話が鳴りっぱなしになりました
先輩たちから、祝福とおごれとの指令でした

たしか50万円近い払い戻しだったと思います

これが競馬との始まりで
このビギナーズラックから
ドップリとこの世界にはまることになりました
わからないものですね

今年はどうなりまかね

GOOD LUCK !

[もっと見る]

トウカイテイオーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

トウカイテイオーの写真

投稿写真はありません。

トウカイテイオーの厩舎情報 VIP

厩舎情報はありません。

トウカイテイオーの取材メモ VIP

取材メモはありません。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。