注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

グレープブランデー(競走馬)

注目ホース
グレープブランデー
グレープブランデー
グレープブランデー
写真一覧
現役 牡9 黒鹿毛 2008年4月11日生
調教師安田隆行(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績39戦[7-6-4-22]
総賞金30,965万円
収得賞金11,820万円
英字表記Grape Brandy
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
ワインアンドローズ
血統 ][ 産駒 ]
ジヤツジアンジエルーチ
ランフォアロージス
兄弟 ワインアドバイザーグッドチョイス
前走 2017/01/29 根岸ステークス G3
次走予定

グレープブランデーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/01/29 東京 11 根岸S G3 ダ1400 1636196.11513** 牡9 58.0 柴田善臣安田隆行524(-9)1.24.6 1.636.3⑫⑬カフジテイク
16/12/28 園田 10 兵庫GT G3 ダ1400 12--------6** 牡8 58.0 武豊安田隆行533(--)1.27.6 1.8----ニシケンモノノフ
16/12/11 中山 11 カペラS G3 ダ1200 162427.597** 牡8 58.0 柴田善臣安田隆行524(--)1.11.2 1.036.4⑮⑫ノボバカラ
16/09/11 韓国 8 コリアスプリ G ダ1200 16--------3** 牡8 56.0 吉原寛人安田隆行--1.12.2 0.8----スーパージョッキー
16/07/10 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 152320.485** 牡8 58.0 和田竜二安田隆行526(+2)1.22.6 0.536.9ノボバカラ
16/04/06 大井 11 東京スプリン G3 ダ1200 15--------2** 牡8 58.0 武豊安田隆行524(--)1.11.9 0.5----コーリンベリー
16/02/21 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1651056.21111** 牡8 57.0 F.ヴェロ安田隆行530(-4)1.34.9 0.935.8⑦⑥モーニン
16/01/31 東京 11 根岸S G3 ダ1400 161243.2103** 牡8 58.0 F.ヴェロ安田隆行534(-2)1.22.4 0.435.7モーニン
15/12/06 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 1651046.3108** 牡7 57.0 R.ムーア安田隆行536(+8)1.51.3 0.938.3⑥⑧⑧⑨サンビスタ
15/11/14 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 145718.245** 牡7 58.0 T.ベリー安田隆行528(+2)1.35.6 0.937.0⑤⑤ノンコノユメ
15/08/16 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 13458.552** 牡7 58.0 C.ルメー安田隆行526(0)1.43.0 0.037.0ジェベルムーサ
15/07/12 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 1681617.165** 牡7 58.0 C.ルメー安田隆行526(0)1.23.1 0.635.8⑨⑦ベストウォーリア
15/04/08 大井 11 東京スプリン G3 ダ1200 14--------4** 牡7 58.0 北村宏司安田隆行526(--)1.11.4 0.8----ダノンレジェンド
15/02/22 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 164746.8114** 牡7 57.0 北村宏司安田隆行536(-4)1.36.6 0.336.3④⑤コパノリッキー
15/02/01 東京 11 根岸S G3 ダ1400 1651033.81010** 牡7 58.0 北村宏司安田隆行540(+4)1.24.0 0.636.4エアハリファ
14/12/07 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 163647.3139** 牡6 57.0 北村宏司安田隆行536(+12)1.51.7 0.736.9④④ホッコータルマエ
14/11/15 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 162343.9113** 牡6 58.0 北村宏司安田隆行524(+3)1.35.8 0.637.3ワイドバッハ
14/09/23 船橋 11 日本テレビ盃 G2 ダ1800 10--------5** 牡6 57.0 浜中俊安田隆行521(--)1.51.9 1.8----クリソライト
14/07/27 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 134522.578** 牡6 58.0 北村友一安田隆行526(-12)1.43.8 1.937.3⑫⑫⑪⑪ローマンレジェンド
14/01/26 中京 11 東海S G2 ダ1800 16126.728** 牡6 58.0 浜中俊安田隆行538(+14)1.51.4 1.038.5⑤⑤④④ニホンピロアワーズ

⇒もっと見る


グレープブランデーの関連ニュース

 ◆藤岡佑騎手(キングズガード4着) 「道中はリズムよく走れていたが、左回りだと直線の最後200メートルで内にモタれてしまう。3着には残したかったが…」

 ◆庄野師(ニシケンモノノフ5着) 「左回りがどうかと思っていたが、横山典騎手は大丈夫だと言っていた。よく頑張ってくれたが、もう少し馬場が軽いほうがよかった」

 ◆丸山騎手(モンドクラッセ6着) 「1400メートルでもいいペースで行けた。直線半ばまで頑張っていたし、いい内容でした」

 ◆石川騎手(ブライトライン7着) 「3コーナーからすごい勢いでハミを取って、前に取りついたところで息が入った。そのぶん、最後もジリジリ伸びた」

 ◆田辺騎手(ラストダンサー8着) 「自分のリズムで走れなかった」

 ◆蛯名騎手(グレイスフルリープ9着) 「自分の形で競馬して、よく頑張っている」

 ◆山本聡騎手(ラブバレット10着) 「中央馬相手でも、スピードは通用するところを見せてくれました」

 ◆秋山騎手(ブルミラコロ11着) 「初めての重賞でペースも速かったからね。慣れてくれば…」

 ◆ルメール騎手(ベストマッチョ12着) 「ずっと外を回されて厳しかった。相手も強かったし、この経験がステップアップにつながればいい」

 ◆柴田善騎手(グレープブランデー13着) 「体がぶれて走っているので伸びていけなかった」

 ◆北村宏騎手(タールタン14着) 「いい感じだったが、もう少し湿った馬場のほうがいいのかも」

 ◆松山騎手(コーリンベリー15着) 「スタートでつまずいたので、こんな結果になってしまった」

 ◆柴田大騎手(ノボバカラ16着) 「ゲートがあくときに、滑るような感じになって、うまく出られなかった」

★29日東京11R「根岸ステークス」の着順&払戻金はこちら

【根岸S】厩舎の話2017年01月27日(金) 05:06

 ◆エイシンバッケン・中尾師 「具合は最近で一番いい。今の状態で重賞でどこまで通用するか、楽しみ」

 ◆カフジテイク・湯窪師 「変わらずいい状態。賞金を加算しなくては、フェブラリーSに出られないので」

 ◆グレイスフルリープ・橋口師 「いつも使うと(体が)硬くなるが、今回はそれもなくいい状態。東京も合っている」

 ◆グレープブランデー・安田師 「前走の内容は老いを感じた。気分転換の障害練習が実戦につながれば」

 ◆コーリンベリー・小野師 「前走と変わりなくいい状態。前走は消極的で消化不良の競馬だったので改めて期待」

 ◆タールタン・吉村師 「そんなに使っていないので馬も若い。条件は合うし展開がかみ合えば」

 ◆ニシケンモノノフ・庄野師 「しまい重点。右回りの方がスピードに乗りやすいが、広い東京なら左回りでも」

 ◆ノボバカラ・天間師 「1400メートルは実績(重賞2勝)があるし、ハナにはこだわらない。ダートスタートが鍵」

 ◆ブライトライン・鮫島師 「気持ちは若々しく体も充実している」

 ◆ブルミラコロ・大久保師 「本当にいい動きだった。フェブラリーSが目標なので結果を出したい」

 ◆ベストウォーリア・石坂師 「乗り込みも入念で、今週もしっかりと反応していた。59キロ(の斤量)で勝っている馬なので58キロもいい」

 ◆ベストマッチョ・手塚師 「去年と比べて、ずいぶん力強くなった。休み明けがマイナスにはならない」

 ◆モンドクラッセ・清水英師 「1400メートルの方が能力を出しやすいと思う」

 ◆ラストダンサー・久保田師 「兄(2008年優勝ワイルドワンダー)とタイプは違うけど、成長力のある血統で、力をつけている感じがある」

根岸Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【根岸S】追って一言2017年01月26日(木) 05:08

 ◆エイシンバッケン・中尾師 「いつもラスト1ハロン13秒台だったが、今週は12秒6。具合は最近で一番いい。今の状態で重賞でどこまで通用するか楽しみ」

 ◆キングズガード・寺島師 「けさはしまいだけだったが、動きは悪くなかった。1400メートルはベスト」

 ◆グレイスフルリープ・橋口師 「動きは良かった。いつも使うと(体が)硬くなるが、今回はそれもなくいい状態。東京コースも合っている」

 ◆グレープブランデー・安田師 「動き自体に年齢的な老いは感じないが、前走の内容は老いを感じた。気分転換の障害練習が実戦につながれば」

 ◆コーリンベリー・小野師 「馬は硬くならず柔らかみをキープしているし、前走と変わりなくいい状態。前走は消極的で消化不良の競馬だったので、改めて期待」

 ◆タールタン・吉村師 「変わりありません。調整しやすいですし、そんなに使ってないので馬も若い。条件は合うし展開がかみ合えば」

 ◆ニシケンモノノフ・庄野師 「しまい重点。そんなにやらなくても動ける。前走は厳しい内容でも勝ってくれた。右回りの方がスピードに乗りやすいが、広い東京なら左回りでも」

 ◆ブライトライン・鮫島師 「行きっぷりがすごかった。気持ちは若々しく体も充実している。年齢を感じさせない」

 ◆ブルミラコロ・大久保師 「本当にいい動きだった。いい状態を維持している。フェブラリーSが目標なので結果を出したい」

 ◆モンドクラッセ・清水英師 「併走相手のスケールアップも動く馬だし、(同部屋でお互い高め合う)稀勢の里と高安みたいな感じで、ちょうどいい稽古になった。千八だと微妙に長いので千四の方が能力を出しやすいと思う」

[もっと見る]

【根岸ステークス】特別登録馬2017年01月22日() 17:30

[もっと見る]

【兵庫ゴールドT】JRA出走予定馬が決定2016年12月21日(水) 21:38

 12月28日(水)に園田競馬場で行われる兵庫ゴールドトロフィーのJRA所属の出走予定馬が決定した。

 「第16回兵庫ゴールドトロフィー」(園田競馬場、交流GIII、3歳以上オープン、ハンデ、ダート・右1400メートル)

【JRA所属の出走予定馬】4頭グレープブランデー(牡8歳、栗東・安田隆行厩舎、武豊騎手)ドリームバレンチノ(牡9歳、栗東・加用正厩舎、岩田康誠騎手)ニシケンモノノフ(牡5歳、栗東・庄野靖志厩舎、横山典弘騎手)ノボバカラ(牡4歳、美浦・天間昭一厩舎、内田博幸騎手)

[もっと見る]

【兵庫ゴールドT】JRA出走予定馬が発表2016年12月11日() 18:58

 12月28日(水)に園田競馬場で行われる兵庫ゴールドトロフィーのJRA所属の出走予定馬および補欠馬が12月11日、発表された。

 「第16回兵庫ゴールドトロフィー」(園田競馬場、交流GIII、3歳以上オープン、ハンデ、ダート・右1400メートル)

【JRA所属の出走予定馬】4頭グレープブランデー(牡8歳、栗東・安田隆行厩舎、騎手未定)トウショウドラフタ(牡3歳、美浦・萱野浩二厩舎、騎手未定)ドリームバレンチノ(牡9歳、栗東・加用正厩舎、岩田康誠騎手)ノボバカラ(牡4歳、美浦・天間昭一厩舎、内田博幸騎手)

【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.ニシケンモノノフ2.サウンドスカイ3.リッカルド4.グレイスフルリープ5.ブラゾンドゥリス

[もっと見る]

⇒もっと見る

グレープブランデーの関連コラム

閲覧 667ビュー コメント 0 ナイス 5

 今年のトゥインクルナイター開幕後の最初のダートグレードとなる東京スプリント。このレースはダートグレードとしては歴史が浅く、今回が9回目。かつて4月に行われていたJRAのプロキオンS(阪神ダ1400m)が夏場へと移行し、スプリント路線の馬が3月の黒船賞から5月のかきつばた記念まで出走するレースがないという状況から、3月に行われていた東京シティ盃を「東京スプリント」と改名してこの時期に行われるようになりました。

 つまり、4月に行われる短距離のグレードレースはここしかないため、前年のJBCスプリントの上位馬をはじめとするトップクラスのスプリンターが集います。確かに前年のJBCスプリントの勝ち馬でありながら、2012年のこのレースで11着に敗れたスーニーのように、なかには休養で調子を崩してしまう馬もいますが、能力の裏づけがある前年のJBCスプリントの上位馬が優勢。

 特に、前年のJBCスプリントで3着以内の能力の裏付けと、始動戦の黒船賞でも1着と順調さをアピールできていた馬というのは信頼できます。このレースの過去8年で、前年のJBCスプリントで3着以内かつ、前走の黒船賞1着だった馬の成績は【2・2・1・0】(2011年は、黒船賞中止)。該当馬は、2012年セイクリムズン・1着、2013年セイクリムズン・2着、2014年セイクリムズン・2着、2015年ダノンレジェンド・1着、2016年ダノンレジェンド・3着。競走馬の好走は、能力と勢いのバランスで成立しているところがあるので、このパターンを信頼してもいいでしょう。

 逆にこのレースで穴を開けるのは、マイル〜中距離路線組です。2011年に8番人気で勝利したセレスハントは、前々走の佐賀記念で3着入線するなど、近走で中距離路線を使われていた馬でした。また、昨年4番人気で2着とダノンレジェンドに先着したグレープブランデーも、前年のチャンピオンズCや同年のフェブラリーSに出走するなど、マイル〜中距離路線を主体に使われており、遡ればフェブラリーS勝ちの実績もありました。

 このコーナーで何度も綴っているように、日本の場合はスプリント適性が高いからスプリンターになるというよりは、マイル〜中距離路線で通用しなかった馬がスプリンターになることが多いので、スプリント路線よりも中距離路線のほうがレベルが高いです。よって、マイル〜中距離路線で凡退していたとしても、相手弱化のスプリント路線で浮上する場合があることは、覚えておいて損はないでしょう。これひとつで高配当が取れる場合もあります。

 さらにこのレースは、2013年に笠松のラブミーチャンが勝利したり、2010年、2012年に大井のフジノウェーブが2着入線したりと、地方勢の活躍がとても目立ちます。確かにこの2頭は、G2の東京盃でも勝利した実績馬であり、そのレベルであれば、近走の勢いの後押しひとつで巻き返しが可能でしょう。注目すべきは、2011年コアレスピューマ(12番人気)、2012年スターボード(7番人気)、2014年アルゴリズム(10番人気)がこのレースで3着入線し、3連単の波乱の立役者となったことです。

 特に2011年は、勝ち馬が8番人気のセレスハントだったこともあり、3連単1,355,570円のウルトラ高配当が飛び出しました。特に今年は、スプリント王ダノンレジェンドが引退し、ダノンレジェンドに歯が立たなかった旧勢力が盛り返しを見せているという状況下。つまり、メンバー質が低くなっているので、地方馬でも付け入る隙があります。

 そこでコアレスピューマ、スターボード、アルゴリズムの3頭を分析すると、アルゴリズムは中央のオープンで上位の実績がありながら、長らく障害レースを使われ、そこで結果を出せないまま地方へ移籍した馬。つまり、障害を5戦して未勝利に終わったことが人気の盲点となった馬です。他、コアレスピューマ、スターボードは前々走の南関東限定重賞や準重賞で3着以内、前走勝利という共通項がありました。フジノウェーヴがこのレースで2度目の2着入線した2012年も、全盛期の勢いがないことから5番人気という低評価でしたが、前走・東京スプリング盃で1着になるなど、この馬なりの勢いは見せられていました。南関東限定重賞で3着以内、準重賞で2着以内の実績と勢いがあれば、一発の魅力が潜みます。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前年のJBCスプリントで3着以内かつ、前走の黒船賞で1着の馬。

 ●穴馬候補
 ・中距離路線組。(中距離のダートグレードで3着以内の実績があることが条件】
 ・前走勝ちの地方馬。(南関東限定重賞で3着以内、準重賞で2着以内の実績があることが条件)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年12月10日() 09:51 藤田将大
【香港国際競走】香港スプリント〜出走馬全頭の短評
閲覧 576ビュー コメント 0 ナイス 0

続いて香港スプリント

(1)エアロヴェロシティ
2014年の香港スプリント(G機砲鰺ゾ,掘高松宮記念(G機砲鮠,辰燭里昨年の3月。そこから今までは、昨年10月のプレミアボウル(香G供砲妊譟璽甲罎某緩失抛阿魑こし、連覇のため来日した今年3月の高松宮記念は疝痛で回避した。体調面の不安は気になるところだが、それでも心房細動発症後に今年1月のセンテナリースプリントC(G機⊆1200m)に優勝。今シーズンも前哨戦のジョッキークラブスプリント(G供砲泙2戦連続3着と、まずまずのステップでここまで来ている。

(2)ラッキーバブルズ
今年4月のスプリントC(香G供砲能転渊蘋覇を達成し、5月のチェアマンズスプリントプライズ(G機砲香港馬最先着の2着。今シーズンに入ってからもプレミアボウル(G供砲僕ゾ,掘∩袷ジョッキークラブスプリント(G供砲任2着と、香港のスプリント路線で今最も勢いに乗っている1頭だ。昨シーズンは好位でレースをすることもあったが、今シーズンは後方に控えてその末脚に磨きをかけている。

(3)ペニアフォビア
昨年の香港スプリント(G機砲陵ゾ’蓮昨年のこのレースではスタートでハナを主張すると、直線を向いたところで2番手のミッキーアイル以下を突き放して勝負を決めた。だた、今シーズンはここまで3連敗。直線・芝1000mのナショナルデイC(G掘3着後は、プレミアボウル(G供7着、前走のジョッキークラブスプリント(G供砲7着と苦戦している。前2走が他馬より斤量を背負っていたことを考えれば、今回はゴール前の粘りが違ってくる可能性はある。

(4)ノットリスニントゥーミー
前走のジョッキークラブスプリント(G供⊆1200m)の優勝馬。香港では直線・芝1000mを6戦して(3-0-2-1)、芝1200mが10戦で(2-0-2-6)となっており、芝1000mをより得意にしている。昨年もこの時期は調子が良かったようで、ジョッキークラブスプリント(G供3着から本番の香港スプリント(G機砲任皀撻縫▲侫ビアの3着に入っている。前哨戦の勝ち馬は2010年以降2着に3頭来ているが、勝利には至っていない。

(5)アメージングキッズ
昨シーズンは重賞初挑戦だった4月のスプリントC(香G供砲5月のシャティンヴァーズ(香G掘砲任2着があり、今シーズン初戦のナショナルデイC(G掘砲能転渊蘊〕を挙げた。続くプレミアボウル(G供砲任呂靴鵑り追走から上がり400mをメンバー最速の21.93秒で追い込んで2着。前走のジョッキークラブスプリント(G供砲話羂未らのレースで5着に敗れた。

(6)ビッグアーサー
12着に惨敗したスプリンターズS(G機砲楼半紊諒 ̄糞骸蠎身も認める、いただけない騎乗がすべて。実力を十分発揮できれば、ここで香港馬を負かしてもおかしくない。高松宮記念(G機砲筌好廛螢鵐拭璽Sのように好位、もしくはその直後でレースをし、早めに抜け出す競馬が理想的だ。

(7)レベルデイン
前走のマニカトS(G機砲任蝋グ未ら内をピッタリと回り、ムーニーヴァレー競馬場の短い直線を味方につけて勝利。2013年9月のサールパートクラークS(G機飽瞥茵2度目のG祇覇だった。破った相手に今年ドバイでアルクォズスプリント(G機砲鮠,辰織丱奪侫.螢鵐亜6着)や、5月に香港のチェアマンズスプリントプライズ(G機砲鮠,辰織轡礇函璽ア(7着)がおり、レースレベルは決して低くない。

(8)サインズオブブレッシング
今年からG気忙伽錣垢襪茲Δ砲覆蝓⊇蘋錣魯ぅリスに遠征してダイヤモンドジュビリーS(G機⊆1200m)を逃げて3着。フランスに戻り8月のモーリスドゲスト賞(G機⊆1300m)を逃げ切ってG汽Εぅ福爾箸覆辰拭その後は再びイギリスに向かいブリティッシュチャンピオンズスプリントS(G機⊆1200m)で逃げて4着に入っている。出走した3つのG気呂垢戮督樟コースだったが、右回りは3戦して2勝を挙げている。

(9)レッドファルクス
今年の前半まではダート、それも左回りに特化して良績を残していたが、7月のCBC賞(G供砲紡海、スプリンターズS(G機砲砲睛ゾ,靴拭G麓身の素質が開花しただけでなく、M.デムーロ騎手とも手が合っていると見る。香港馬が馬群の中団につけて末脚勝負に持ち込む展開が予想されるなかで、ダート1400mをこなすこの馬のスタミナが活きるような流れになれば、さらにチャンスが増すだろう。

(10)ストラスモア
重賞は未勝利だが、今年の元日に行われたボーヒニアスプリントトロフィー(香G掘⊆1000m)で2着し、5月のチェアマンズスプリントプライズ(G機砲任呂泙辰燭の人気薄ながら3着に飛び込んだ。今シーズンは前哨戦のジョッキークラブスプリント(G供砲ら始動して6着。中位もしくは後方から末脚を活かす競馬を得意とする。

(11)グラウル
2歳時にミルリーフS(G供⊆1200m)で2着になるなど早くから重賞で活躍。昨年4月のパヴィリオンS(G掘砲7着を最後にしばらく重賞戦線から遠ざかっていたが、今年10月のブリティッシュチャンピオンズスプリントS(G機砲暴个討て2着に好走した。続く前走の準重賞ウェントワースS(芝1200m)を勝って、香港に乗り込む。右回りのレースは今回が初めて。

(12)テイクダウン
オーストラリアからの参戦馬。2歳時、3歳時ともに重賞勝ちがあり、4歳になった今シーズンは9月のザショーツ(G供⊆1100m)と10月のプレミエールS(G供⊆1200m)を連勝する好スタートを切った。G靴任2着、5着を経て、前走のウィンターボトムS(G機⊆1200m)でG欺蘊〕を達成。その前走は2番手から逃げ馬をゴール前で際どく交わし、そこに追い込んできた馬も加わって4頭ほどが横に並ぶ大激戦だった。

(13)ピュアセンセーション
ダート競馬が本場のアメリカ馬だが、今年5戦はすべて芝のレースを使われて3勝。初戦こそ5着に敗れるも、6月のジャイパー招待S(G掘⊆1200m)と7月のパークスダッシュS(G掘⊆1000m)をどちらも逃げ切って重賞連勝。10月のベルモントターフスプリント招待S(芝1200m)にも勝って3連勝で迎えた前走BCターフスプリント(G機砲任蓮⊂,辰織ブヴィアスリーを2番手から追いかけて3着に踏ん張った。右回りのレースは今回が初めてになる。

(14)スーパージョッキー
9月のコリアスプリント(韓G機▲1200m)で日本のグレープブランデーミリオンヴォルツに完勝しているように、ダート適性の高いスプリンター。そのほかにも昨年3月にはドバイゴールデンシャヒーン(G機▲1200m)で2着になった実績もある。香港での芝の実力はというと、昨年10月のナショナルデイC(香G掘砲任2着など重賞勝ちにはもう一歩足りない程度。芝G気諒匹倭蠹厚そうだ。

★香港国際競走 出走馬全頭の短評コラム一覧
===================
香港ヴァーズ〜出走馬全頭の短評
香港マイル〜出走馬全頭の短評
香港カップ〜出走馬全頭の短評
===================

藤田将大プロの香港国際競走予想一覧はこちらから。
※予想は12/11(日)午前中公開の予定です。

[もっと見る]

2016年12月07日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2016年12月07日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(24)
閲覧 2,417ビュー コメント 0 ナイス 3

週末のメイン競走を、伊吹雅也プロがある一つのデータに注目して分析する人気コーナー。
<<さらにプラス1!>>データも交え今週末のあなたの予想をバックアップする、ウマニティ会員専用コラムを是非ご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2016年12月10日(土) 中山11R ラピスラズリステークス
【前走の着順別成績(2011年以降)】
●8着以内 [4-5-4-22](複勝率37.1%)
●9着以下 [1-0-1-37](複勝率5.1%)
→基本的に大敗からの一変は期待できないレース。また、前走の馬体重が500坩幣紊世辰診呂2011年以降[0-1-0-12](複勝率7.7%)と苦戦していました。


▼2016年12月10日(土) 阪神11R チャレンジカップ
【“同年、かつ京都芝外回りか阪神芝外回り、かつ1600万下から上のクラスのレース”において3着以内となった経験の有無別成績(2012年以降)】
●あり [4-5-3-23](複勝率34.3%)
●なし [0-0-0-30](複勝率0.0%)
→右回り、かつゴール前の直線が長いコースのレースに実績のある馬を重視したい一戦。また、前走の着順が9着以下だった馬は2012年以降[0-0-0-24](複勝率0.0%)なので評価を下げるべきでしょう。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2016年12月02日(金) 16:00 山崎エリカ
【山崎エリカのG1ナビゲーション】〜2016チャンピオンズカップ〜
閲覧 1,916ビュー コメント 0 ナイス 4

一昨年はどスローも、本質はハイペースになりやすい舞台
________________________

 米国の鎖国競馬に伴って国際招待競走が廃止され、ジャパンカップダートから、チャンピオンズカップへ名称変更されて今年で3回目。1回目は唯一無二の逃げ馬コパノリッキー(1番人気)の衝撃の大出遅れで、どこまで行ってもペースが上がらず、前半4F50秒4のスローペースが発生しました。これによって行った、行ったが決まったわけですが......。

 よくよく考えてみれば、コパノリッキーはそれまでスタートしてずぐに坂を上る阪神ダ1800mや中山ダ1800mでは、百発百中で出遅れていていた馬。同じ上り坂スタートのこの舞台で出遅れないという保証はどこにもありませんでした。しかし、そのときはなぜ、「今のコパノリッキーならば大丈夫」と考えてしまったのか、己の甘さを反省するばかりです。(当時、コパノリッキーが本命ではなかったものの、コパノリッキーが外枠から逃げることで、ある程度レースが流れると判断したため。)


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


 ひと昔前にも、スタートしてすぐに坂を下る東京ダ1600mの秋嶺Sでは、逃げて圧勝の実績がありながら、すぐに坂を上るコースでは百発百中で出遅れていたイジゲンという馬がいました。そういう馬は、必ずいます。現役馬なら10月末にダ2100mのブラジルCを逃げて圧勝したミツバがその典型。ダート馬の場合は芝馬よりも脚質が極端になるので、特に対象馬が展開のカギを握る馬だった場合には、注意したほうがいいでしょう。油断は禁物です。

[もっと見る]

2016年11月18日(金) 11:00 岡村信将
【ラップギア岡村信将のスペシャルG1展望】〜2016マイルチャンピオンシップ〜
閲覧 1,611ビュー コメント 0 ナイス 2

2012年スプリンターズS勝ち馬 ロードカナロア
2013年スプリンターズS勝ち馬 ロードカナロア
2014年スプリンターズS勝ち馬 スノードラゴン

2012年マイルCS勝ち馬 サダムパテック
2013年マイルCS勝ち馬 トーセンラー
2014年マイルCS勝ち馬 ダノンシャーク

さらには安田記念リアルインパクトヴィクトリアマイル・ホエールキャプチャフェブラリーSでのグレープブランデー。これらG1勝ち馬の共通点をご存知だろうか? 年齢を付け加えればピンと来る方もいるかも知れない。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807



2012年スプリンターズS勝ち馬 ロードカナロア(牡4)
2013年スプリンターズS勝ち馬 ロードカナロア(牡5)
2014年スプリンターズS勝ち馬 スノードラゴン(牡6)

2012年マイルCS勝ち馬 サダムパテック(牡4)
2013年マイルCS勝ち馬 トーセンラー (牡5)
2014年マイルCS勝ち馬 ダノンシャーク(牡6)

これらのG1ホースは、すべて2008年生まれ、同一世代の短距離G1勝ち馬だったのだ。

[もっと見る]

2016年10月07日(金) 11:26 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】〜マイルチャンピオンシップ南部杯2016〜
閲覧 490ビュー コメント 0 ナイス 6

 マイルCS南部杯は、あのメイセイオペラを送り出した岩手最大のレース。JBCスプリント、JBCクラシックの最後の前哨戦ですが、さすがG1のマイル戦だけのことはあって、同年のフェブラリーS上位馬やかしわ記念の上位馬が集います。休養明けの実績馬vs上り馬の図式が作られますが、実績馬に軍配が挙がることが大半です。

 過去10年で同年のフェブラリーS・5着以内だった馬のマイルCS南部杯での成績は、【8・4・3・3】。2006年-2008年はブルーコンコルドが、2009年、2012年‐2013年はエルポワールシチーが、2014年−2015年はべストウォーリアが勝利する一方、2006年フェブラリーS・2着のシーキングザダイヤ、2007年フェブラリーS・2着のサンライズバッカス、2013年フェブラリーS・1着のグレープブランデーが4着以下に敗れていることも特徴。

 シーキングザダイヤは、マイルCS南部杯が始動戦ではなく、休養明けの日本テレビ盃を勝利した後の一戦。強く反動が出たのでしょう。また、サンライズバッカスグレープブランデーは、マイルCS南部杯が始動戦でしたが、差し、追い込み有利の展開に恵まれてフェブラリーSを勝利という共通項がありました。今回が始動戦かつ、フェブラリーSで、逃げ、先行策で5着以内の馬ならば積極的に狙えるでしょう。

 また、同年のかしわ記念の連対馬も【7・2・2・0】と活躍を見せています。つまり、同年のフェブラリーSで5着以内、かしわ記念で連対の条件を満たせば、かなり信頼できるでしょう。

 ただし、こういったマイル路線の実績馬が圧倒的に強いという傾向があるからこそ、ちょっとした上り馬が馬券に絡むだけで高配当になります。2010年の勝ち馬オーロマイスターは、前走エルムSの2着馬でしたが4番人気。2着に単勝オッズ1.0倍のエルポワールシチーが入線しても、馬連配当2020円もつきました。

 また、2012年は勝ち馬エルポワールシチーを除いては、マイルの実績馬が不在。そこで前走JRAのオープンで2着のナムラタイタンが2番人気に勝利しましたが、2着は前走・日本テレビ盃4着で6番人気のダイショウジェットでした。このレースではナムラタイタンの競走中止による影響もありましたが、前走中距離路線組がマイル路線で穴を開けるケースはよくあります。かつて中距離路線で活躍していたでエルポワールシチーが、そこで通用しなくなるとダ1400m〜1600mに転向して活躍の場を広げて行ったように、マイルよりも中距離路線のほうがレベルが高いからです。


 ●まとめ
 本命候補
 ・同年のフェブラリーSで5着かつ、かしわ記念で2着以内の馬。
 ・今回が始動戦かつ、フェブラリーSで逃げ、先行策で5着以内の馬。
 ・同年のかしわ記念の連対馬。

 穴馬候補
 ・近走不振の馬よりも上り馬。
 前走、重賞連対馬や前走で中距離重賞を使われていた馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

⇒もっと見る

グレープブランデーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 66ビュー コメント 0 ナイス 1

天気予報
雨の心配はなさそうで良馬場かな。

過去5年の1着馬の傾向
前走:1着馬5頭中、東海S1着の馬が2頭、根岸Sで3着以内の馬が2頭。
時計:1分35秒台の決着に対応できると無難かな。
展開:どちらかいうと持久力勝負になりやすい。
脚質:近年は馬場状態に関係なく、先行勢が強い。
血統:1着馬5頭中、ゴールドアリュール産駒が2頭。
年齢:1着馬5頭中、4歳が2頭、5歳が2頭。(7歳以上の1着なし)
性別:1着馬5頭中、牡馬が5頭。
枠順:1着馬5頭中、7枠が2頭、1・2・8枠が1頭。
人気:どちらかいうと上位人気馬が強いけど、人気薄も警戒必要。

予想
前日オッズとはいえ、1番人気が4倍台でオッズもかなり割れてるように、いろんな馬に1着のチャンスがありそうな混戦模様のレースっぽいんで、人気薄の馬にも少なからずチャンスがありそうですけど、その反面どの馬を本命にしても大丈夫かな〜?と不安になっちゃう感じで予想はすごく難しいです。

というわけで、過去5年の1着馬の傾向を見つつ、消去法的に予想していくと、

年齢的には、4歳2勝、5歳2勝、6歳1勝。
しかも、4年連続で4歳馬か5歳馬が勝ってるし、3年連続で4歳馬か5歳馬しか連対してないというデータがあるんで、4・5歳馬中心でよさそう。

ちなみに、フェブラリーSに出走した7歳以上の馬は(0.1.1.30)でほぼ着外で、2・3着が精一杯の成績。
JRAのGI勝ってたエスポワールシチー、ニホンピロアワーズ、テスタマッタ、グレープブランデーなどの実績馬でも7歳以上では勝ててないんで、単勝的には7歳以上はバッサリ消していいかな。
このデータで、ベストウォーリア、コパノリッキー、サウンドトゥルーなどは単勝的には消せますね。

1着馬の前走を見てると、1800mの東海Sも1400mの根岸Sからも1着馬が出てるけど、
重馬場の去年を除くと、前走1800mの馬が3勝、前走1400mの馬が1勝。
良馬場の時の勝ち馬見てると、1800mの重賞以上で好走実績ある馬が多いんで、良馬場の場合は1800m以上での重賞以上での実績が重要かも。
過去5年の1〜3着馬で見ても、前走1800m以上のレースを使ってた馬多いんで、前走から距離短縮になる馬の方が高いパフォーマンス出しやすいのかもしれませんね。

あとは、直線長いコースで持久力勝負になりやすいのに、先行馬が勝ちやすい傾向が続いてるんで、先行馬を優先したいです。

まとめると、
・4歳馬か5歳馬
・1800m以上の重賞以上での実績
・前走で1800m以上のレースに出走
・持久力勝負になっても対応可能
・先行力
この5つを満たすような馬を中心に絞り込んでいきましょう。

☆結論☆
◎ケイティブレイブ
・4歳馬
・1800m以上の重賞以上での実績(3.3.0.1)
・前走が川崎記念なので1800m以上のレースに出走
・持久力勝負になっても対応可能
・8走連続で道中3番手以内の競馬。逃げ・先行脚質。
4歳・5歳馬を見ていった結果、5つの項目をほぼ完璧に満たした馬は、この馬しかいなかったのですんなり本命で。
前走の川崎記念は5着に負けたけど、2000m以上だとスタミナ的に不安あるんで前走からの距離短縮は大歓迎。
逃げてもOKなぐらい先行力はバッチリあるし、8枠引いて芝コースを長く走れるのも脚質的においしいかな〜。
東海Sを勝ったグレンツェントを相手に去年のレパードSでは逃げて0.0差の2着と接戦してたし、兵庫CS(園田ダ1870m)では逃げてゴールドドリーム相手に1.2差の圧勝してたんで、JRAのGIでも上位争いできるだけの能力はあっていいかも。
川崎記念から中1週半というローテは気にはなるけど、そこは4歳の若さでカバーしてくれるかな?

☆フェブラリーS 買い目☆
ケイティブレイブから馬連・ワイドを買うにしても、2・3着に何くるか全然わからないし、相手選びミスってハズレのパターンは本命馬が人気薄だけに絶対避けたいから・・・。
ケイティブレイブの1着を期待した単勝と、保険で3着以内でも許される複勝を買っておきましょうか。

単勝 15 2000P
複勝 15 3000P 合計5000P


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(土曜日の結果報告)☆
京都牝馬S エテルナミノル・・・15着

先行してくれると思ったのに中団より後ろにいたし、直線では前が壁で外にも出せずという八方ふさがり・・・。
池添はテン乗りだったとはいえ、そこまで下手に乗ることないやろ〜っていう残念な競馬でした。

投資1000Pが0Pになっちゃいました。


--------------------------------------------------------------------------------
☆複勝ころがし企画(日曜日分)☆
小倉大賞典 マイネルハニー

この馬は先行力と持久力が持ち味で距離は1800mがベストだと思うんで、小回りコースの1800mで3枠6番という内めの枠引いたなら、もう文句なし!
ここで買わずにいつ買うの?という気持ちです。

☆買い目☆
複勝 6 1000P


--------------------------------------------------------------------------------
☆超おいしい単勝選手権☆
小倉大賞典 マイネルハニー

前日とはいえ、この馬で単勝6倍台もついてるなんて夢みたいなんで指名します。



--------------------------------------------------------------------------------
☆ブログ企画の参加者大歓迎!!☆
・超おいしい単勝選手権
・複勝ころがし大会


どちらの企画も
枠順発表からレースの発走予定時間の1分前までまでの間、指名馬を受け付けております。


ルールの詳細や指名馬の書き方は、左側のメニュー欄のルールのリンクをご覧ください。
指名馬の書き込みは、コメント欄に書いてくださってもOKです。

参加者は誰でも大歓迎ですし、気が向いた時だけの参加も全然OKな自由すぎる環境なので、常連の方も初めての方もお気軽にご参加ください。

このブログは、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」のバックアップ用として内容を転載しているだけなので、ブログ上の買い目、ブログ上の年間の収支、複勝ころがしなど、いろいろな記録については、このブログの転載元である、ぼくの本家ブログ「やすの競馬総合病院」に書いてあるので、よろしかったらご覧く ださい。

アドレスは、http://blog.livedoor.jp/yasu05impact/です。
ツイッターは、https://twitter.com/yasukeibasougouです。

また、コメントなども本家ブログの方に書いていただけると返事が書きやすいのでありがたいです。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
2017年最初のJRAGIフェブラリーSももちろん楽しみなんですが・・・。

明日は、毎年3歳のダート上位ランクの馬が集結するヒヤシンスSもあるんですよね〜。

エピカリス、アディラートの2頭が人気の中心になりそうですけど、
どっちが強いのか、この2頭の初対決がすごく楽しみですし、
まだまだ底を見せてない馬達が他にもいるんで、ハイレベルなレースを期待したいです。

 やすの競馬総合病院 2017年02月14日(火) 20:39
フェブラリーSの過去5年の1着馬の傾向の巻
閲覧 68ビュー コメント 0 ナイス 3

☆フェブラリーSの過去5年の1着馬の傾向☆
過去5年の1着馬
2016年:1着モーニン(重)
2015年:1着コパノリッキー(良)
2014年:1着コパノリッキー(良)
2013年:1着グレープブランデー(良)
2012年:1着テスタマッタ(良)
良馬場の1着馬は4頭全てが1800m以上の重賞(JRAの重賞または地方交流重賞)を勝ってるんで、1600mのGIですけど良馬場の場合は中距離(1800m以上)での好走実績あった方がいいのかな。

過去5年の1着馬の前走と着順
2016年:根岸S 1着(重)
2015年:東海S 1着(良)
2014年:フェアウェルS 9着(良)
2013年:東海S 1着(良)
2012年:根岸S 3着(良)
東海S1着か、根岸Sで3着以内の馬がいいのかな。

過去5年の勝ち時計
2016年:1.34.0(重)
2015年:1.36.3(良)
2014年:1.36.0(良)
2013年:1.35.1(良)
2012年:1.35.4(良)
1分35秒台の決着に対応できる方が無難かな。

過去5年のレースの上がり3F
2016年:35.6(重)
2015年:36.3(良)
2014年:35.4(良)
2013年:36.5(良)
2012年:36.7(良)
どちらかいうと持久力勝負になりやすいです。

過去5年の1着馬の道中の位置取り
2016年:(4→4)(16頭立て・重)
2015年:(2→2)(16頭立て・良)
2014年:(2→2)(16頭立て・良)
2013年:(7→7)(16頭立て・良)
2012年:(13→13)(16頭立て・良)
近年は馬場状態に関係なく、先行勢が強いです。

過去5年の1着馬の上がり3F
2016年:35.2(重)
2015年:36.2(良)
2014年:35.3(良)
2013年:35.9(良)
2012年:35.7(良)
中団よりも前(できれば4番手以内)から35秒台か36秒台前半の上がり3Fでまとめられる馬がよさそう。

過去5年の1着馬の血統
2016年:父ヘニーヒューズ(重)
2015年:父ゴールドアリュール(良)
2014年:父ゴールドアリュール(良)
2013年:父マンハッタンカフェ(良)
2012年:父Tapit(良)
マンハッタンカフェ以外は、芝よりもダートで勝ち馬を出してる種牡馬なんで、ダートに強い種牡馬の産駒がよさそう。

過去5年の1着馬の年齢
2016年:4歳(重)
2015年:5歳(良)
2014年:4歳(良)
2013年:5歳(良)
2012年:6歳(良)
4・5歳が中心ですけど、6歳までは勝ち負けできそう。
連対馬で見ても7歳以上で連対したのは過去5年で1頭だけなんで、6歳までがよさそうです。

過去5年の1着馬の性別
牝馬:0頭
牡馬:5頭
牡馬から選べばよさそう。

過去5年の1着馬の枠順
2016年:7枠(重)
2015年:2枠(良)
2014年:7枠(良)
2013年:1枠(良)
2012年:8枠(良)
最初が芝スタートで芝部分を多く走れる外枠が有利なんで、7・8枠の馬が3勝してるのも納得ですけど、意外と1・2枠の馬が2勝してるんで、イメージほど大きな差はないのかな?

過去5年の1着馬の単勝人気
2016年:2番人気(重)
2015年:1番人気(良)
2014年:16番人気(良)
2013年:3番人気(良)
2012年:7番人気(良)
どちらかいうと上位人気馬が強いけど、人気薄の出番もそれなりにあるんで警戒必要ですね。

フェブラリーSの過去5年の1着馬の傾向のまとめ
前走:1着馬5頭中、東海S1着の馬が2頭、根岸Sで3着以内の馬が2頭。
時計:1分35秒台の決着に対応できると無難かな。
展開:どちらかいうと持久力勝負になりやすい。
脚質:近年は馬場状態に関係なく、先行勢が強い。
血統:1着馬5頭中、ゴールドアリュール産駒が2頭。
年齢:1着馬5頭中、4歳が2頭、5歳が2頭。(7歳以上の1着なし)
性別:1着馬5頭中、牡馬が5頭。
枠順:1着馬5頭中、7枠が2頭、1・2・8枠が1頭。
人気:どちらかいうと上位人気馬が強いけど、人気薄も警戒必要。
こんなところかな。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
バレンタインデーに渡したり、もらったりするものと言えば、「チ〇コ」ですが・・・。

3文字のたった1部分を隠すだけで、すごく卑猥な物に見えてしまったぼくの心はお風呂の排水溝ぐらい汚れています。

[もっと見る]

 人参好 2017年01月29日() 02:27
根岸S
閲覧 66ビュー コメント 0 ナイス 4

根岸S

 あんまりリピータがこないレース、58圓3着にはくる、案外先行が絡むレース。
 カフジテイクが人気になってますね。前走チャンピオンシップでも〇で大変お世話になっている馬。
ですが1人気となると・・・・
 そのチャンピオンシップですが、カフジテイクはコーナリングがうまくない馬。コーナで前々ができず
直線勝負というタイプですので捌きに時間がかかると取りこぼしも発生するタイプです。
 チャンピオンシップも7,8枠引いていれば違ったかも知れませんね。 

 
  ちょっと人気おかしいのが 
  1人気カフジテイク、2人気ベストマッチョ の重賞未勝利組 エイシンバッケンも4人気ですね。
 
  重賞実績でいえば ベストウォーリア、ノボバカラとグレープブランデーが中央重賞2勝。
 コーンベリーは地方実績が抜群です。
  こうなると実績組が気になります。


 展開は
 コーリンベリー、ノボバカラが先手争い。
 モンドクラッセも行きたいくちか
 前々につけるのが4、7、8,9,15,16と中外と隣接。ペースは速くなりそうなんですが
何が何でもハナは不在。

 ノボバカラはスタートが芝の方が良いタイプで砂スタートだとちょっともったりしています。逆に砂スタートだと
コーリンベリーがすっと行きそう。これにニシケンモノノフがつづくか。
 カフジテイクはここで福永乗り換えがどうでるか?津村で良かったと思いますが・・それほど実績ある厩舎でもないので
軸にはしにくい。
 また展開からして後ろから来た馬ですべて決着もちょっと考えにくいですね。
 
 展開枠順も考えると
 
 ◎ニシケンモノノフ 4,5番手つけて抜け出ししそう
 〇カフジテイク   掲示板に乗るでしょうが頭は?
 ▲ベストウォーリア 他馬比較で58がどうでるかだけ軸にはこっちか?
 △プルミラコロ   内でじっとして最後ちょろりはやりそう
 △キングズガード  藤岡戻しは良さそう
 △ノボバカラ    うまく逃げれれば前残りありそう



シルクロードS
 ネロが人気していますが展開は・・ここではネロが先手を取れそう。続いてラインスピリットか
 それほど早い流れにはならず前、内通った馬が上にくるか?

 ◎ソルヴェイグ
 〇ラインスピリット
 ▲ネロ
 △ブランボヌール
 △セカンドテーブル



長篠S
 少頭数のスプリント戦で逃げ不在
 中京芝はやや打ち不利も時計は出る馬場。
 後ろからになりそうなオーヴィレールは危険な感じがします。
 
 これだけ頭数少ないと前絶対優位とみて

 ◎フィドゥーシア
 〇マルヨバクシン
 ▲デンコウウノ
 △キタサンらぶコール、オーヴィレール 

[もっと見る]

グレープブランデーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
2:
  mata   フォロワー:0人 2016年7月10日() 09:21:31
◎複勝
1:
  ワクワク   フォロワー:2人 2012年9月29日() 09:11:05
トリプル1達成馬

グレープブランデーの写真

グレープブランデー
グレープブランデー
グレープブランデー

グレープブランデーの厩舎情報 VIP

2017年1月29日根岸ステークス G313着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

グレープブランデーの取材メモ VIP

2017年1月29日 根岸ステークス G3 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。