グレープブランデー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
グレープブランデー
グレープブランデー
グレープブランデー
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2008年4月11日生
調教師安田隆行(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者社台ファーム
生産地千歳市
戦績39戦[7-6-4-22]
総賞金30,965万円
収得賞金11,820万円
英字表記Grape Brandy
血統 マンハッタンカフェ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
サトルチェンジ
ワインアンドローズ
血統 ][ 産駒 ]
ジヤツジアンジエルーチ
ランフォアロージス
兄弟 ワインアドバイザーグッドチョイス
前走 2017/01/29 根岸ステークス G3
次走予定

グレープブランデーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/01/29 東京 11 根岸S G3 ダ1400 1636196.11513** 牡9 58.0 柴田善臣安田隆行524(-9)1.24.6 1.636.3⑫⑬カフジテイク
16/12/28 園田 10 兵庫GT G3 ダ1400 12--------6** セ8 58.0 武豊安田隆行533(--)1.27.6 1.8----ニシケンモノノフ
16/12/11 中山 11 カペラS G3 ダ1200 162427.597** 牡8 58.0 柴田善臣安田隆行524(--)1.11.2 1.036.4⑮⑫ノボバカラ
16/09/11 韓国 8 コリアスプリ G1 ダ1200 16--------3** セ8 56.0 吉原寛人安田隆行--1.12.2 0.8----スーパージョッキー
16/07/10 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 152320.485** 牡8 58.0 和田竜二安田隆行526(+2)1.22.6 0.536.9ノボバカラ
16/04/06 大井 11 東京スプリン G3 ダ1200 15--------2** セ8 58.0 武豊安田隆行524(--)1.11.9 0.5----コーリンベリー
16/02/21 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 1651056.21111** 牡8 57.0 F.ヴェロ安田隆行530(-4)1.34.9 0.935.8⑦⑥モーニン
16/01/31 東京 11 根岸S G3 ダ1400 161243.2103** 牡8 58.0 F.ヴェロ安田隆行534(-2)1.22.4 0.435.7モーニン
15/12/06 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 1651046.3108** 牡7 57.0 R.ムーア安田隆行536(+8)1.51.3 0.938.3⑥⑧⑧⑨サンビスタ
15/11/14 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 145718.245** 牡7 58.0 T.ベリー安田隆行528(+2)1.35.6 0.937.0⑤⑤ノンコノユメ
15/08/16 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 13458.552** 牡7 58.0 C.ルメー安田隆行526(0)1.43.0 0.037.0ジェベルムーサ
15/07/12 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 1681617.165** 牡7 58.0 C.ルメー安田隆行526(0)1.23.1 0.635.8⑨⑦ベストウォーリア
15/04/08 大井 11 東京スプリン G3 ダ1200 14--------4** セ7 58.0 北村宏司安田隆行526(--)1.11.4 0.8----ダノンレジェンド
15/02/22 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 164746.8114** 牡7 57.0 北村宏司安田隆行536(-4)1.36.6 0.336.3④⑤コパノリッキー
15/02/01 東京 11 根岸S G3 ダ1400 1651033.81010** 牡7 58.0 北村宏司安田隆行540(+4)1.24.0 0.636.4エアハリファ
14/12/07 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 163647.3139** 牡6 57.0 北村宏司安田隆行536(+12)1.51.7 0.736.9④④ホッコータルマエ
14/11/15 東京 11 武蔵野S G3 ダ1600 162343.9113** 牡6 58.0 北村宏司安田隆行524(+3)1.35.8 0.637.3ワイドバッハ
14/09/23 船橋 11 日本テレビ盃 G2 ダ1800 10--------5** セ6 57.0 浜中俊安田隆行521(--)1.51.9 1.8----クリソライト
14/07/27 札幌 11 エルムS G3 ダ1700 134522.578** 牡6 58.0 北村友一安田隆行526(-12)1.43.8 1.937.3⑫⑫⑪⑪ローマンレジェンド
14/01/26 中京 11 東海S G2 ダ1800 16126.728** 牡6 58.0 浜中俊安田隆行538(+14)1.51.4 1.038.5⑤⑤④④ニホンピロアワーズ

⇒もっと見る


グレープブランデーの関連ニュース

 2013年のフェブラリーS(GI)、東海S(GII)を勝ったグレープブランデー(栗東・安田隆行厩舎、騙9歳)が30日付で競走馬登録を抹消した。JRA通算32戦6勝、獲得賞金3億965万6000円。11年にはジャパンダートダービー(大井・交流GI)を制した。今後は北海道千歳市の社台ファームで乗馬となる予定。



グレープブランデーの競走成績はこちら

グレープブランデーの関連コラム

閲覧 2,125ビュー コメント 0 ナイス 8

 3歳馬のダートチャンピオンを決めるジャパンダートダービー。南関東の馬にとっては羽田盃、東京ダービーから続く、クラシックの最終戦となります。また、このレースは東京ダービーと同舞台で行われることや、JRA勢よりも地方勢のほうがレース経験が豊富なため、南関東馬の活躍がなかなか目立っています。

 過去10年で南関東馬が勝利したのは、2007年フリオーソ、2010年マグニフィカ。2着入線馬は、2007年アンパサンド、2014年ハッピースプリント。この4頭の共通項は、マグニフィカを除いては前走の東京ダービーで2着以内ということ。

 しかし、マグニフィカが勝利した2010年は、JRA勢が手薄の上に、東京ダービーの1,2着馬が不出走という背景がありました。東京ダービーの勝ち馬マカニビスティーは、主催元のルールにひっかっかり出走叶わず。2着馬ガナールは枠順決定後に疾病で競走除外になったのです。マグニフィカは東京ダービーの3着馬。逃げるとしぶとい馬ではありましたが、東京ダービーの上位2頭が開けた穴を埋める形で勝利した感もあります。

 他に東京ダービーの3着馬は、2008年のこのレースでコラボスフィーダが7番人気で3着入線したこともありましたが、その年もレベルが低い年。南関東馬を狙うに当たっての一応の基準は、「前走の東京ダービー2着以内」と考えたほうがいいでしょう。

 逆にJRA勢は、どのような馬が有力かというと、当たり前だと言われてしまいそうですが、デビューからこれまでのダート戦で連対を外したことがない馬です。しかし、地方馬に加えて、キャリアが浅い中央馬は、そのタイプが何頭か出走しています。当然ダートで2戦2勝だったとしても、G1のこの舞台でオープン勝ちの実績さえもない馬を本命にするのはさすがに危険でしょう。

 しかし、「デビューからダート戦の連対率100%で、一度はJRAのダ1800mのオープン勝ち」という条件を加えると、対象馬はかなり絞れます。前記の該当馬の過去10年のこのレースでの成績は【3・0・0・1】。1着の該当馬は2008年サクセスブロッケン、2011年グレープブランデー、2012年ハタノヴァンクール、2013年クリソライト。遡れば2006年のフレンドシップもこのパターンで勝利しています。

 唯一の4着以下馬は、昨年のストロングバローズでこのレースでは7着に凡退しました。前記した勝ち馬との大きな違いは、前走ユニコーンSに出走していたこと。重賞レースを大目標とし、そこで好走すれば当然、疲れが出るもの。確かに一昨年のノンコノユメのように、ユニコーンSの勝ち馬でありながら、このレースで強い勝ち方をする場合もあります。

 しかし、その半面で2010年のバーディバーディ、2012年のストローハット、2013年ベストウォーリア、昨年のゴールドドリームは、ユニコーンSの勝ち馬でありながら、このレースで人気を大きく裏切りました。バーディバーディは6着、ストローハットは7着、ベストウォーリアは5着。昨年のゴールドドリームはよくがんばりましたが、それでも勝ち馬から離された3着が精一杯でした。

 これまでダ1600m路線を中心に使われている馬は、おおむねユニコーンSが目標。ダ1800m路線を中心に使われている馬は、おおむねジャパンダートダービーが目標。『ニ頭を追う者は、一頭も得ず』であるように、両レース狙いはストロングバローズのよう両方勝てないことが多いもの。ノンコノユメのように両方勝つには、その世代において断然の実力馬である必要性があります。

 ユニコーンSの勝ち馬はお決まりのように過剰人気になるので、JRAのダ1800m勝ちの実績のないタイプは、いっそぶった切って穴狙いするのもひとつの手段でしょう。いや、どちらかというと、ユニコーンSの勝ち馬を本命にすることのほうが、実はギャンブル的な打ち回しだったりするのです。

 実は一番手堅い方法は、JRAのダ1800m路線を中心に使われて来た馬を狙うこと。特に一度はダ1800mのオープンを含むダ1800m以上で3勝以上を挙げた馬のこのレースでの成績は、過去10年で【5・1・0・1】。1着の該当馬は、2011年のグレープブランデー、2012年のハタノヴァンクール、2013年のクリソライト、2014年のカゼノコ、2016年のキョウエイギア。2着の該当馬は、2015年のクロスクリーガー

 唯一の4着以下は、2010年のトーセンアレスですが、7頭中5頭もこのレースを勝利しているとなると、けっこう信頼できるのでは? それにこのタイプは昨年のキョウエイギアのように、これまでに4着以下に敗れたことが何度かあると、人気薄になることがあります。ユニコーンSの勝ち馬の回収率の悪さを考えれば、こちらのタイプを狙ったほうがお得でしょう。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・デビューからダート戦での連対率100%で、一度はJRAのダ1800mのオープン勝ちを含む馬。(前走ユニコーンS出走馬を除く)
 ・一度はダ1800mのオープンを含む、ダ1800m以上で3勝以上を挙げた馬。

 ●穴馬候補
 ・東京ダービーで2着以内だった馬。

ジャパンダートダービー特集はこちら

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年10月7日(金) 11:26 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】〜マイルチャンピオンシップ南部杯2016〜
閲覧 602ビュー コメント 0 ナイス 7

 マイルCS南部杯は、あのメイセイオペラを送り出した岩手最大のレース。JBCスプリント、JBCクラシックの最後の前哨戦ですが、さすがG1のマイル戦だけのことはあって、同年のフェブラリーS上位馬やかしわ記念の上位馬が集います。休養明けの実績馬vs上り馬の図式が作られますが、実績馬に軍配が挙がることが大半です。

 過去10年で同年のフェブラリーS・5着以内だった馬のマイルCS南部杯での成績は、【8・4・3・3】。2006年-2008年はブルーコンコルドが、2009年、2012年‐2013年はエルポワールシチーが、2014年−2015年はべストウォーリアが勝利する一方、2006年フェブラリーS・2着のシーキングザダイヤ、2007年フェブラリーS・2着のサンライズバッカス、2013年フェブラリーS・1着のグレープブランデーが4着以下に敗れていることも特徴。

 シーキングザダイヤは、マイルCS南部杯が始動戦ではなく、休養明けの日本テレビ盃を勝利した後の一戦。強く反動が出たのでしょう。また、サンライズバッカスグレープブランデーは、マイルCS南部杯が始動戦でしたが、差し、追い込み有利の展開に恵まれてフェブラリーSを勝利という共通項がありました。今回が始動戦かつ、フェブラリーSで、逃げ、先行策で5着以内の馬ならば積極的に狙えるでしょう。

 また、同年のかしわ記念の連対馬も【7・2・1・0】と活躍を見せています。つまり、同年のフェブラリーSで5着以内、かしわ記念で連対の条件を満たせば、かなり信頼できるでしょう。

 ただし、こういったマイル路線の実績馬が圧倒的に強いという傾向があるからこそ、ちょっとした上り馬が馬券に絡むだけで高配当になります。2010年の勝ち馬オーロマイスターは、前走エルムSの2着馬でしたが4番人気。2着に単勝オッズ1.0倍のエルポワールシチーが入線しても、馬連配当2020円もつきました。

 また、2012年は勝ち馬エルポワールシチーを除いては、マイルの実績馬が不在。そこで前走JRAのオープンで2着のナムラタイタンが2番人気に勝利しましたが、2着は前走・日本テレビ盃4着で6番人気のダイショウジェットでした。このレースではナムラタイタンの競走中止による影響もありましたが、前走中距離路線組がマイル路線で穴を開けるケースはよくあります。かつて中距離路線で活躍していたでエルポワールシチーが、そこで通用しなくなるとダ1400m〜1600mに転向して活躍の場を広げて行ったように、マイルよりも中距離路線のほうがレベルが高いからです。


 ●まとめ
 本命候補
 ・同年のフェブラリーSで5着かつ、かしわ記念で2着以内の馬。
 ・今回が始動戦かつ、フェブラリーSで逃げ、先行策で5着以内の馬。
 ・同年のかしわ記念の連対馬。

 穴馬候補
 ・近走不振の馬よりも上り馬。
 前走、重賞連対馬や前走で中距離重賞を使われていた馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2016年2月19日(金) 14:00 みんなの競馬コラム
【フェブラリーステークス】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,643ビュー コメント 0 ナイス 3

京都記念は都合により書けなかったので2週振りとなります。うまカレ副代表の金沢ユウダイです。前回の東京新聞杯では、エキストラエンドを推奨し6番人気2着と好走。今週もよろしくお願いします。(東京新聞杯コラムはこちら


今週はGIフェブラリーステークスです!

このレースは大きく分けて次の2つのタイプの馬が好走しているといえるでしょう。
 ‥ソく前で粘り込むタイプ
◆仝紊蹐ら差してくるタイプ(軽いダート向き)
コパノリッキートランセンドが前者に、テスタマッタサンライズバッカスなどが後者に当てはまります。

血統的にみると、,魯肇法璽咼鵝Hyperion5×3・5)やNureyev(Hyperion4×4)に代表されるHyperionが濃い血統。△A.P.Indy(母がSecretariat≒Sir Gaylord1×3)やStorm Cat(母父Secretariat)に代表されるSecretariatを含む血統です。
コパノリッキートランセンドもトニービン、Nureyevを持っているので前で泥臭く粘る競馬で栄冠を掴みました。この2頭にいえることは、GIを何勝もするチャンピオン級の馬であるということ。力の違いで勝利したともいえます。一般的に東京ダートは砂が軽く、時計が速いため血の方が適性としては高いといえます。

近年のSecretariat持ちの好走馬を列挙してみると、
インカンテーション(A.P.Indy)
ベストウォーリア(A.P.Indy)
ベルシャザール(セレクト)
ワンダーアキュート(A.P.Indy)
テスタマッタ(A.P.Indy)
カジノドライヴ(A.P.Indy)
サンライズバッカス(Storm Cat)
シーキングザダイヤ(Storm Cat)
特に昨年はA.P.Indy系の2着3着と分かりやすい結果となりました。

このあたりに注目して、各馬の見解を書いていきたいと思います。

●東京マイルはベストだが・・・
3連覇を目指すコパノリッキーは、父ゴールドアリュールの母父Nureyev、母父ティンバーカントリーの母Fall Aspen、母母父トニービンのHyperionをベースとする持続力を、中距離よりも厳しいペースになるマイルで活かしているという、スタイルとしてはダイワメジャーのようなイメージ。だから東京マイルはベストだろうし、この舞台ならそう簡単には止まらないでしょう。スタートが得意ではない馬なので、出負けして内で包まれたら〜だとか、近2年よりペースが速くなりそうな点など不安材料もありますが、昨年と比べてここを狙い澄ましたローテでない(昨年は東海S1着から参戦)ということから状態面が1番気になります。昨年も同じ2枠からの競馬で出遅れながらも、持ち前のスピードを活かして砂を被らない外目2番手の競馬が出来ましたが、2年連続で昨年のように上手くいくかどうか不安でもあります。

このようにコパノリッキーは、砂を被りたくないのでハナを切るか、外目を追走したいタイプ。ですからこの枠だとハナを切る可能性が高いですし、加えてモンドクラッセ陣営もハナをきることを意識させるコメントを出していますので、息を入れて運ぶことができるかどうか。フェブラリーSに出走した3年間で最も厳しい条件が揃っているといえるでしょう。

●東京ダートなら差し切り濃厚
ノンコノユメは種牡馬Green Desertの母母でもあるCourtly Dee直仔の父トワイニングに、ハーツクライミッキーアイルMy Bupers牝系の母ノンコという組み合わせ。パワーは文句なしでしょうが、母ノンコはアグネスタキオン×母母父Lyphard、なので、同じ父を持つキャプテントゥーレダイワスカーレットのようにHyperionとLady Jurorを増幅する形にもなっているため、持続力も担保されています。軽い馬場の方が良いタイプですから、チャンピオンズカップサンビスタが勝つようなダートの質としては真逆だった中京ダートであれだけやれていれば、東京でどれほど斬れるのか、末恐ろしささえ覚えます。距離はやや短いと思いますが、コパノリッキーがいる限り前残りはないという見立てなので、差し切り濃厚とみます。

●適性がズレている
昨秋から力を付け、チャンピオンズカップでは4着と好走したロワジャルダンは、母母スキーパラダイスに父キンカメなので、スキーパラダイスはLyphardやAlibhaiの影響で、キャプテントゥーレのような前に行っての粘り強さを伝える馬で、だからロワジャルダンも小回りを捲るのがベストな走りにうつります。ハイペースだったチャンピオンズカップは、持続力があるのでずっとバテずに一定の脚を使い続けていたら4着まで来ちゃった、というトーセンジョーダンの天皇賞秋のようなレースでした。差し馬有利の流れになって、再び持ち前の持続力で好走することはあるでしょうが、捲り&粘りがベストの馬だからGIを勝つならば先行してそういう競馬をした時だろうし、今回は初めての距離でそういう競馬は出来ないだろうから勝ち切ることは無いのではないかと思います。

●東京向きの同厩2頭
石坂厩舎の2頭、ベストウォーリアは、父マジェスティックウォリアーと母父Mr.Greeleyが、Secretariat、Mr.Prospector、Broadwayなど非常に共通な血が多く、マジェスティックウォリアー≒Mr.Greeley1×2といえるようなすごい配合で、ダート馬にしては体質が柔らかく、いかにも東京でこその差し馬。モーニンサンライズバッカスと同じStorm Cat→ヘネシーの父系で、母系のCozzeneの影響もありこちらも東京向きの差し馬。しかし距離延長というのが気になります。

●東京替わり&距離短縮でパフォーマンスアップ
ホワイトフーガはDeputy Minister系×フジキセキのニックスで、母母父がMr.Prospector×SecretariatのGone West系(先述したMr.Greelyもこの系統)のZafonicです。牝系はSingspealやDevil’s Bag、ヴィルシーナダノンシャンティでお馴染の名門Ballade牝系。この牝系はスピードが魅力ですし、Ballade牝系×フジキセキダノンシャンティと同じでもあります。気性的にも距離短縮はプラスだし、馬場も軽い馬場の方が合っていると思うので久しぶりの東京ならかなりのパフォーマンスアップが見込めるのではないかと思います。高木師がコメントしているように砂を被っても平気で、馬群から抜け出す競馬が出来るのも良いですね。
・4代血統表(ホワイトフーガ


●今年も侮れない
3年前の勝ち馬で、昨年は11番人気4着だったグレープブランデーは、母父ジャッチアンジェルーチからスピードを供給されていますが、父のAllegedと母のPleasant Colonyを通じるRibotのクロスがあるのでマイル前後の厳しいペースでこそ持ち味が活きています。しかし母母がNasrullahとPrincequilloのクロス(SecretariatもNasrullah×Princequillo)なので東京向きの斬れも兼備しており、ベストの条件といえるでしょう。

●前哨戦ワンツーのアグネスデジタル産駒
前哨戦の東海Sでワンツーを決めたアグネスデジタル産駒は、Secretariat5×5を持つ広いコース向きのアスカノロマンと、いかにもダ1700が得意そうな走り方をするモンドクラッセ、タイプが全く異なります。アスカノロマンは母父が、母父Sauce Boad(Ribot系)の影響で厳しいペースでこそ持ち味が活きるタバスコキャットで臨戦過程も血統もグレープブランデーに似ています。ただ今回は先述しているようにコパノリッキーの存在が厄介になりそうです。一方モンドクラッセは、東京ダートだと条件戦でも手こずるほどで、東海Sはスローペースに落とせたのが何よりの好走の要因。ここは厳しいでしょう。

【まとめ】
GI3連覇の難しさは歴史が証明している通りで、昨年と比べて臨戦過程の不安もあることから、ベストコースとはいえコパノリッキーは3番手評価としたい。ローテーション、成長力、東京替わりと強調材料が多い4歳馬2頭ノンコノユメのと牝馬ホワイトフーガに期待したい。あとは石坂厩舎の2頭と、グレープブランデーも要注意。



【参考】
『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

----------

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年2月2日(火) 18:50 【ウマニティ】
先週の回顧〜(1/30〜1/31)dream1002プロが京都6R3連単4381倍を的中!
閲覧 560ビュー コメント 0 ナイス 3

先週は、31(日)に東京競馬場でGIII根岸ステークスが、京都競馬場でGIIIシルクロードステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
GIII根岸ステークスシゲルカガが先頭で直線コースへ。シゲルカガのリードは半馬身、2番手タガノトネール、最内にレッドファルクス、外からは1人気のモーニンが追走する形。残り300mを通過、ここで脚色一杯となったシゲルカガが後退すると変わってタガノトネールモーニンの2頭が抜け出し、後続からはグレープブランデータールタンが前を追います。残り100mを通過、タガノトネールを競り負かしたモーニンが先頭に立って粘り込みを図りますが、外からタールタンも脚を伸ばして差を詰めてきます。ゴール前では2頭の激しい叩き合いとなりましたが、これを制したのは先に抜け出したモーニン。待望の重賞初制覇となりました。半馬身差の2着にタールタン、そこから1馬身3/4差の3着にグレープブランデーが入っています。
 
公認プロ予想家では河内一秀プロいっくんプロきいいろプロサラマッポプロ霧プロスガダイプロはははふほほほプロ岡村信将プロシムーンプロが的中しています。
 
GIIIシルクロードステークスローレルベローチェが先頭で直線コースへ。ローレルベローチェのリードは4馬身、離れた2番手にセカンドテーブル、3番手にはダンスディレクターと続き、1人気のビッグアーサーは中団の大外から直線勝負に賭けます。残り200mを通過、粘るローレルベローチェ、追うダンスディレクターの2頭が抜け出して叩き合いへ、後続は離されて完全に2頭のマッチレースの様相。残り100m、ここでダンスディレクターローレルベローチェを捉えるとゴール前まで力強く伸びて完勝!嬉しい重賞初制覇となりました!1馬身半差の2着にローレルベローチェ、そこから1馬身半差の3着にワキノブレイブが入っています。
 
公認プロ予想家ではきいいろプロジョアプロが的中しています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →dream1002プロ
30(土)京都6Rで△◎▲の印で3連単を的中!43万8190円を払い戻しました!翌日の31(日)京都4Rでも◎○▲のパーフェクト予想を披露!3連単96.5倍を1000円的中させ、9万6500円を払い戻しました!週末トータル回収率161%、収支プラス36万2360円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →伊吹雅也プロ
勝負レースに指定した30(土)東京11Rで『白富士ステークスは若い馬が強いレース。7歳以上の高齢馬はほとんど好走例がない』と本命に抜擢した◎ケツァルテナンゴからの3連複を2400円的中させ、2万3760円を払い戻しました!東京10Rでも○◎×の大本線的中!3連複13.7倍を3600円的中させ、4万9320円を払い戻し!週末トータル回収率146%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
31(日)東京11R根岸ステークスGIIIで◎モーニンタールタングレープブランデーのパーフェクト予想を披露!3連複114.8倍を1000円、3連単344倍を300円それぞれ仕留め、21万8000円を払い戻しました!週末トータル回収率119%、収支プラス8万600円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
勝負レースに指定した30(土)東京9Rで『道悪巧者。ムラのある馬だが能力確かで気分を害さなければ。』と狙った◎ジャッカスバークの単勝を的中させ、7万2160円を払い戻し!東京8Rでも『近走は芝スタートだが明らかに加速がついておらず不得手の印象。』と本命に推した◎オニノシダブルの単勝を1点勝負で的中!5万6000円を払い戻しました!週末トータル回収率138%、収支プラス5万4160円をマークしています。
 
この他にもサラマッポプロ(146%)、ろいすプロ(124%)、シムーンプロ(120%)、霧プロ(109%)、岡村信将プロ(102%)、蒼馬久一郎プロ(101%)が週末トータル回収率100%超の活躍を収めています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら

[もっと見る]

2015年11月14日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第137回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス GIII
閲覧 262ビュー コメント 0 ナイス 0

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「東京中日スポーツ杯武蔵野ステークス GIII」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。


U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。



第1グループ(橙)はモーニン1頭。
第2グループ(黄)はグレープブランデーアドマイヤロイヤルニシケンモノノフの3頭。
第3グループ(薄黄)はナガラオリオンツクバコガネオーベルゲンクライフィールザスマートタガノトネールの5頭で、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと第1グループ・総合ポイント1位のモーニングレープブランデー間の1.2の溝が目立ちますが、その他には上位グループで大きな溝はない分布となっています。注目を集める3歳馬ノンコノユメゴールデンバローズはまだ古馬とのハイレベルレースに出走していませんので指数は出ていませんが、跳ね上げてくる可能性は十分に考えられますのでその点も警戒しつつ、馬券を組み立てたいところです。

本命は素直に◎モーニンとしたいと思います。ここまでの4連勝の内容は強烈ですし、順調に使われている点も他の人気馬と比べて有利です。軸には最適ではないでしょうか。対抗には○グレープブランデー、今年に入り復調気配、鞍上も魅力的です。そして交流戦の内容から十分通用しそうな▲タガノトネール、以下△ニシケンモノノフベルゲンクライアドマイヤロイヤル、☆ノンコノユメゴールデンバローズと印を打ちます。

【3連単フォーメーション】
5

2,3,7,8,10,11,13

2,3,7,8,10,11,13

計42点

ノンコノユメは58キロと次を見据えた仕上げ、ゴールデンバローズは近走の内容から人気過剰と見ました。2頭が飛べば配当は期待できそうです(^^♪

[もっと見る]

2015年8月19日(水) 18:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜(8/15〜8/16)シムーンプロが単勝63倍◎ヴァンヌーヴォーなど的中連発!
閲覧 225ビュー コメント 0 ナイス 6

先週は、16(日)に新潟競馬場でG3関屋記念が、札幌競馬場でG3エルムステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3関屋記念はスタートで立ち遅れたレッドアリオンが外から先手を奪って直線コースへ。先頭はレッドアリオンでリードは2馬身、2番手グループからはスマートオリオンヤングマンパワーシャイニープリンスエールブリーズがこれを追います。残り200mを通過、ここで先頭のレッドアリオンスマートオリオンヤングマンパワーが並びかけて3頭が横一線、後続はシャイニープリンスカフェブリリアント、大外からエキストラエンドの態勢。残り100m、ここでレッドアリオンが二の脚をつかってスマートオリオンヤングマンパワーを再度突き放すとリードを2馬身ほどに広げて逃げ込みを図ります。ゴール前、外からマジェスティハーツが一気の脚で迫りますが、3/4差の2着まで。レッドアリオンがマイラーズカップに続く重賞2勝目をあげました。2着から半馬身差の3着にヤングマンパワーが入っています。
 
公認プロ予想家では馬券生活プロジョアプロ岡村信将プロスガダイプロシムーンプロが的中しています。
 
G3エルムステークスエーシンモアオバーが先頭でレースを引っ張ります。レース中盤、残り1000m付近で後方に位置していたジェベルムーサが早めに進出を開始すると、一気にレースが動きます。先頭を行くエーシンモアオバーにまくるジェベルムーサ、連れて上がっていったクリノスターオーを含めて激しい先頭争いとなり、直線コースへ。先頭はまくりきったジェベルムーサでリードは半馬身、直後に逃げていたエーシンモアオバー、やや離れて内から脚を伸ばすグレープブランデークリノスターオーはやや脚色悪く伸びきれません。残り100mを通過、3番手グレープブランデーエーシンモアオバーを交わして2番手に浮上するとジェベルムーサに一完歩ごとに差を詰めていきます。ゴール前、前を行くジェベルムーサ目掛けて懸命に追い込むグレープブランデーですが、僅かに及ばずジェベルムーサが初重賞制覇を飾りました。クビ差の2着にグレープブランデー、そこから1馬身1/4差の3着にエーシンモアオバーが入っています。
 
公認プロ予想家ではサウスプロ蒼馬久一郎プロ河内一秀プロ霧プロろいすプロらが的中しています。
 
 
☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
16(日)新潟11R関屋記念GIIIで『この頭数の大外枠なら競馬しやすい。新潟替わり、ハンデ戦から別定戦に替わるのも歓迎。上位争い。』と狙った◎レッドアリオンと『左回りの方が走りやすい感。直線一気も。』とコメントした○マジェスティハーツと大本線の予想を披露。単勝、馬連、ワイドを的中させました!15(土)小倉11Rでは『ダ1700は初になるが、捲れる脚あり小回りは向きそう。変わるならここだろう。』とコメントした単勝63.8倍の大穴◎ヴァンヌーヴォーの単複を的中!この他にもコンスタントに的中を重ね、週末トータル的中率35%、回収率147%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくん
15(土)札幌8Rで◎サンシカゴ1着固定の3連単500円流しで勝負!◎▲×の印で31万9900円を払い戻しました!この他にも札幌1Rで◎△○の印で3連単280.1倍を1000円的中させ、28万100円を払い戻しました!週末トータル回収率128%、収支プラス20万2800円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →ろいすプロ
15(土)新潟12Rで『ハナを切れなくてもこのクラスなら能力上位、このコースは3回走って2着1着1着と非常に適性高い』と◎ヴァーノンからの3連複109.4倍を的中!16(日)新潟12Rでも△◎△の印で3連複164.6倍を的中!この他にもコンスタントに的中を重ね、週末トータルでは的中率34%、回収率129%の安定した予想を披露しました。
 
☆☆☆注目プロ →山崎エリカプロ
16(日)札幌12Rで『休養明け2戦目の前走・大通特別では前が止まらない流れを、外枠から外々を追走するロスがありながらも、メンバー最速の上がり3Fで4着入線しました。能力の一端は示した』と◎サクラエールを本命に抜擢!△モルトベーネとの馬連48.8倍を本線で的中させ、9万7600円を払い戻しました!
 
※全レースの結果速報はこちら

今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

「TCK007」

[もっと見る]

⇒もっと見る

グレープブランデーの口コミ


口コミ一覧

プロキオンS 最終決断

 浪花のクマ 2016年7月9日() 22:46

閲覧 95ビュー コメント 0 ナイス 10


中京 11r 第21回プロキオンS(G掘

◎ グレープブランデー
○ ノボバカラ
▲ ニシケンモノノフ
△ キングズガード
× タガノトネール
☆ ポメグラネイト

8歳になっても、衰え知らずのグレープブランデー
今年に入って根岸S、3着・・東京スプリント2着と
好調キープ、調教の動きもいい・・

馬単マルチ

 やすの競馬総合病院 2016年4月6日(水) 22:17
桜花賞の単勝お買い得馬を調査する(調査1日目)の巻
閲覧 51ビュー コメント 0 ナイス 2

今日は、今回のGI桜花賞でどんな単勝お買い得馬がいるかをnetkeiba.comの予想オッズ(単勝オッズ)をもとにして探していき、最終的に、お買い得の点数が高かった上位3頭ほど挙げて、その3頭がどういう結果になるかで楽しんでみようというGI恒例の企画です。

この企画は、少しずるくて「点数が高い=勝つ可能性が高い」ではなくて、「点数が高い=この単勝オッズで買えるのならお買い得」というだけなので、得点低いから上位争いのチャンスがないとか、そういうのではないです。

前回の高松宮記念は
9着ウリウリ(4番人気 7.9倍)
11着ハクサンムーン(7番人気 20.0倍)
13着ウキヨノカゼ(12番人気 42.5倍)
終わってみれば3.9倍で1番人気だった2頭が1・2着というガチガチ決着で穴馬の出番ありませんでしたね。

前回までの収支は
・収支:−600P
・投資額:600P
・払戻額:0P
・0勝6敗
・的中率:0%
・回収率:0%
と、鼻血のように真っ赤っかです(笑)

それでは、想定1番人気馬から順に見ていきますが、ぼくはオッズの読みがド下手なので、netkeiba.comの予想オッズを参考にしています。
※netkeiba.comの予想オッズは、下位人気馬になるほどすごいオッズになっちゃうんで、オッズが想定よりかなり安くなることも考慮しています。

あと、お買い得馬を探す企画なので、基本的にオッズの安い上位人気馬は厳しめの採点になりやすいです。

(想定単勝オッズ 1.9倍)メジャーエンブレム
2歳女王やし、前走クイーンCの圧勝を見たら強い本格派の逃げ・先行馬にも見えるし、ルメール騎乗もGIで頼りになるし、普通に勝っちゃうかもですけど・・・。
過去5年の桜花賞は、追い込み馬が強い、クイーンC組は2着まで、ダイワメジャー産駒は過去5年で連対なし、と過去の傾向とはあまり合ってない感じもするんで・・・。
この単勝オッズに見合うほどの信頼度あるかは微妙かも?
お買い得度は82点

(想定単勝オッズ 3.2倍)シンハライト
チューリップ賞が上がり最速タイで1着、ディープインパクト産駒、3戦無敗とデータ的には文句ないんですけど・・・。
2戦連続で後方から競馬してハナ差の1着という勝ち方がギリギリすぎるから、展開・コースロス・道中の不利などいろんな要因で差し届かない可能性は全然あるんで・・・。
この単勝オッズに見合うほどの信頼度あるかは微妙かも?
お買い得度は85点

(想定単勝オッズ 3.6倍)ジュエラー
チューリップ賞が上がり最速タイでハナ差の2着なんでデータ的には合うし、デムーロ騎乗もGIで頼りになるんですけど・・・。
後方から競馬する馬はいろんな要因で差し届かない可能性が全然あるし、能力高いとはいえまだ1勝馬なんで・・・。
この単勝オッズに見合うほどの信頼度あるかは微妙かも?
お買い得度は83点

(想定単勝オッズ 18.2倍)レッドアヴァンセ
チューリップ賞は最後方から競馬して上がり3F33.1で0.6差の8着なんで普通に力不足なだけかもですが、馬体重−14kgだったんで馬体重次第では巻き返す余地もあるかも。
エルフィンSを上がり最速で勝ってるディープインパクト産駒で近年の桜花賞に向いてそうやし、半兄がクラレント、リディル、レッドアリオンとマイルで重賞勝ってるだけに血統的にもバッチリ。
今回馬体重が回復しても、単勝10倍以上ついてたらかなりおいしいかも?
お買い得度は96点

(想定単勝オッズ 24.2倍)ラベンダーヴァレイ
チューリップ賞が休み明け+20kgで0.2差の3着とはいえ、減った馬体が回復してた+20kgやし、1勝馬やから権利取るためにバッチリ仕上がってたかもですけど・・・。
ディープインパクト産駒で全兄達が重賞などで活躍してた良血馬なんで、前走使ってさらに上澄みあった場合は一発あるかもしれない不気味な存在。
単勝で15倍以上つくのならけっこうおいしいかな。
お買い得度は93点

(想定単勝オッズ 26.4倍)アットザシーサイド
短距離向きって感じはしないけど、1400mでしか好走してないのは気になるし、前走からの上澄みあったとしても阪神JFの0.6差を逆転できるほどの上昇まではどうかな〜?
牝馬の福永ですけど、高松宮記念を勝ったばっかりやし・・・。
お買い得度は78点

(想定単勝オッズ 44.8倍)ウインファビラス
阪神JF0.3差2着は頑張ったけど、1勝馬やし、チューリップ賞10着やし、瞬発力の質の高さもそこまでないし、雨が降るのも期待薄なんで辛いかな〜?
お買い得度は74点

(想定単勝オッズ 46.1倍)デンコウアンジュ
ここ2走は阪神JF0.9差7着、チューリップ賞0.3差5着と着外続きやし、メイショウサムソン産駒っていうのもクラシックには地味すぎるけど・・・。
アルテミスSはメンバー中最速の上がりでメジャーエンブレムを負かして1着でしたが、メジャーエンブレムを負かした唯一の馬が単勝20倍以上もつくのならおいしいかな。
お買い得度は92点

(想定単勝オッズ 118.6倍)ソルヴェイグ
フィリーズレビュー1着で勢いあるけど、ダイワメジャー産駒で全5戦が1400m以下のレース使ってるんでマイルGIでは距離的に厳しいかな?
ずっと乗ってた川田が別の馬に乗ってるし・・・。
お買い得度は72点

この続きはまた明日。


--------------------------------------------------------------------------------
☆おまけ☆
東京スプリントは
1着コーリンベリー
2着グレープブランデー
3着ダノンレジェンド
4着ブルドッグボス

3連複は790円と安い払い戻し額でしたが、単勝1.4倍の1番人気ダノンレジェンドが出遅れて3着を確保するのが精一杯というまさかの結果もあって、3連単は1万4320円とかなりいい払い戻し額になりましたね〜。

ツイッターの宣言通り、3連単4−12−11、3連単4−11−7の2点を買いましたが、
1着固定のダノンレジェンドは3着やし、消してたグレープブランデーに2着にこられるし、予想は全然ダメで大ハズレでした・・・。

[もっと見る]

 ジ ョ ア 2016年2月21日() 17:50
フェブラリーS(G1)の調教評価と結果の検証
閲覧 118ビュー コメント 0 ナイス 12

フェブラリーS(G1)の調教評価とレース結果について
まとめました。
調教3位評価の7番人気アスカノロマンが3着に食い込みました。
パドック雰囲気も良くこれからの活躍が楽しみです。

ホワイトフーガはパドックで馬体が細く見えました。
疲れが溜まっているのかも知れません。

グレーブブランデーは調教もパドックも悪くなかったので、
年齢的なものでしょうか。


フェブラリーS(G1)

1位ノンコノユメS     1人気 2着 複120円
2位ベストウォーリアA  3人気 4着
3位アスカノロマンA   7人気 3着 複420円
4位ホワイトフーガA 5人気10着
5位グレープブランデーA 11人気11着
6位モーニンA       2人気 1着 単510円 複180円
7位ローマンレジェンドA 13人気 9着
8位コパノリッキーA    4人気 7着
9位ロワジャルダンA   6人気 5着
10位スーサンジョイB   8人気12着
11位モンドクラッセB   10人気 8着

パドック気配メモ

パッションダンスややちゃかつく
ホワイトフーガ 馬体細く見せる
コパノリッキー 特に目立たない
アスカノロマン 気合乗り元気
ベストウォーリア柔らか味あり
ロワジャルダン 気合乗り動きも良い
ノンコノユメ 柔らか味あり
コーリンベリー 悪いところはない
モンドクラッセ やや動きが硬い
グレープブランデーなかなか力強い
スーサンジョイ おちついている。やや細く見える
マルカフリート 歩幅せまい
タガノトネール 力強さに欠ける
モーニン 気合乗り動きいい
サノイチ 気合乗る、ややちゃかつく
ローマンレジェンドいつもよりちゃかつく

[もっと見る]

⇒もっと見る

グレープブランデーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
2:
  mata   フォロワー:0人 2016年7月10日() 09:21:31
◎複勝
1:
  ワクワク   フォロワー:2人 2012年9月29日() 09:11:05
トリプル1達成馬

グレープブランデーの写真

グレープブランデー
グレープブランデー
グレープブランデー

グレープブランデーの厩舎情報 VIP

2017年1月29日根岸ステークス G313着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

グレープブランデーの取材メモ VIP

2017年1月29日 根岸ステークス G3 13着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。