注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

コパノリッキー(競走馬)

注目ホース
コパノリッキー
コパノリッキー
コパノリッキー
コパノリッキー
写真一覧
現役 牡7 栗毛 2010年3月24日生
調教師村山明(栗東)
馬主小林 祥晃
生産者ヤナガワ牧場
生産地日高町
戦績29戦[14-2-2-11]
総賞金28,376万円
収得賞金34,320万円
英字表記Copano Rickey
血統 ゴールドアリュール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ニキーヤ
コパノニキータ
血統 ][ 産駒 ]
ティンバーカントリー
ニホンピロローズ
兄弟 コパノチャーリーラブミーニキータ
前走 2017/05/05 かしわ記念 G1
次走予定

コパノリッキーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 10--------1** 牡7 57.0 武豊村山明536(--)1.39.9 -0.4----インカンテーション
17/02/19 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16249.0614** 牡7 57.0 武豊村山明544(-1)1.36.5 1.437.3ゴールドドリーム
16/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 14--------5** 牡6 57.0 戸崎圭太村山明545(--)2.07.5 1.7----アポロケンタッキー
16/12/04 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 156116.3313** 牡6 57.0 C.ルメー村山明544(+9)1.51.6 1.538.8サウンドトゥルー
16/11/03 川崎 11 JBCクラシ G1 ダ2100 14--------5** 牡6 57.0 田辺裕信村山明535(--)2.16.0 0.7----アウォーディー
16/10/10 盛岡 11 MCS南部杯 G1 ダ1600 13--------1** 牡6 57.0 田辺裕信村山明539(--)1.33.5 -0.3----ベストウォーリア
16/06/29 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 12--------1** 牡6 57.0 武豊村山明547(--)2.03.5 -0.7----ノンコノユメ
16/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 12--------1** 牡6 57.0 武豊村山明532(--)1.39.2 -0.7----ソルテ
16/02/21 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16237.947** 牡6 57.0 武豊村山明532(0)1.34.6 0.635.6⑦⑥モーニン
15/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 14--------4** 牡5 57.0 武豊村山明532(--)2.04.5 1.5----サウンドトゥルー
15/12/06 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 16473.317** 牡5 57.0 武豊村山明534(+10)1.51.2 0.838.7サンビスタ
15/11/03 大井 10 JBCクラシ G1 ダ2000 16--------1** 牡5 57.0 武豊村山明524(--)2.04.4 -0.5----サウンドトゥルー
15/10/07 船橋 11 日本テレビ盃 G2 ダ1800 12--------3** 牡5 58.0 武豊村山明524(--)1.52.2 2.0----サウンドトゥルー
15/02/22 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16242.111** 牡5 57.0 武豊村山明536(-2)1.36.3 -0.136.2インカンテーション
15/01/25 中京 11 東海S G2 ダ1800 14462.511** 牡5 58.0 武豊村山明538(+11)1.50.9 -0.737.5グランドシチー
14/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 16--------2** 牡4 57.0 田辺裕信村山明527(--)2.03.8 0.8----ホッコータルマエ
14/12/07 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 167143.0112** 牡4 57.0 田辺裕信村山明536(+1)1.52.2 1.236.9⑧⑩⑪⑩ホッコータルマエ
14/11/03 盛岡 10 JBCクラシ G1 ダ2000 16--------1** 牡4 57.0 田辺裕信村山明535(--)2.00.8 -0.5----クリソライト
14/06/25 大井 12 帝王賞 G1 ダ2000 11--------2** 牡4 57.0 田辺裕信村山明534(--)2.03.9 0.4----ワンダーアキュート
14/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 8--------1** 牡4 57.0 田辺裕信村山明537(--)1.39.2 -0.4----セイクリムズン

⇒もっと見る


コパノリッキーの関連ニュース

5日、船橋競馬場の第11Rに行われた第29回 かしわ記念(Jpn1)(指定交流)4上オープン(ダート 左1600m サラブレッド系4才以上 定量)は武豊騎手騎乗の2番人気・1番コパノリッキー(牡7)が優勝した。
勝ちタイムは1分39秒9(良)。さらに2馬身差の2着に5番人気・2番インカンテーション(牡7)、そこからクビ差の3着に3番人気・3番モーニン(牡5)が入った。
コパノリッキーは、父ゴールドアリュール、母コパノニキータ、母の父ティンバーカントリーという血統で村山明厩舎の所属馬。生産は沙流郡日高町・ヤナガワ牧場。馬主は小林祥晃。通算成績は29戦14勝。
「かしわ記念(Jpn1)(指定交流)4上オープン」の着順&払戻金はこちら

【かしわ記念】今日は差し切りコパノリッキーGI9勝目 2017年05月05日(金) 16:52

 5月5日(祝・金)の船橋競馬11Rで行われた第29回かしわ記念(交流GI、4歳以上オープン、選定馬、定量、ダート・左1600メートル、10頭立て、1着賞金=6000万円)は、武豊騎手騎乗の2番人気コパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎)が6番手追走から鮮やかな差し切り勝ち。タイムは1分39秒9(良)。コパノリッキーはかしわ記念は2014年、2016年に次いで3度目の制覇。ダートGIは9勝目。オーナーであるDr.コパこと小林祥晃(こばやし さちあき)氏の70歳の誕生日に、リッキー&ユタカがビッグなプレゼントを贈った。

 ◆武豊騎手(1着 コパノリッキー)「スタートが悪ければ差す競馬になると思っていました。3年前にこのレースを勝ったときも今日と同じ形で競馬をしたので、いろいろと考えてはいました。前が引っ張ってくれたので、いい流れになったし、道中の走りも良かった。いい形で直線に向けました。つかみどころのない馬ですが、久しぶりにこの馬らしい走りができたと思います」

 2馬身差の2着には4番手追走から直線内から伸びたインカンテーション(5番人気)、さらにクビ差遅れた3着に逃げ粘ったモーニン(3番人気)。1番人気のベストウォーリアは3番手追走から最後のひと伸びを欠き、4着に敗れた。

 かしわ記念を勝ったコパノリッキーは、父ゴールドアリュール、母コパノニキータ、母の父ティンバーカントリーという血統。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産馬で、馬主は小林祥晃氏。戦績は29戦14勝。重賞は2013年兵庫チャンピオンシップ・交流GII、2014年フェブラリーS・GI、かしわ記念・交流GI、JBCクラシック・交流GI、2015年東海S・GII、フェブラリーS・GI、JBCクラシック・交流GI、2016年かしわ記念・交流GI、帝王賞・交流GI、南部杯・交流GIに次ぐ11勝目。かしわ記念は村山明調教師は2014年&16年コパノリッキーに次ぐ3勝目、武豊騎手は1997年バトルライン、2016年コパノリッキーに次ぐ3勝目。

[もっと見る]

【かしわ記念】JRA出走予定馬が決定2017年04月27日(木) 20:04

 5月5日(祝・金)に船橋競馬場で行われるかしわ記念のJRA所属の出走予定馬および騎乗予定騎手が決定した。 「第29回かしわ記念」(船橋競馬場、交流GI、4歳以上オープン、定量、ダート・左1600メートル)【JRA所属の出走予定馬】6頭インカンテーション(牡7歳、栗東・羽月友彦厩舎、岩田康誠騎手)コパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎、武豊騎手)ブラゾンドゥリス(牡5歳、美浦・尾形和幸厩舎、内田博幸騎手)ベストウォーリア(牡7歳、栗東・石坂正厩舎、戸崎圭太騎手)モーニン(牡5歳、栗東・石坂正厩舎、クリストフ・ルメール騎手)リッカルド(セン6歳、美浦・黒岩陽一厩舎、大野拓弥騎手)

[もっと見る]

【かしわ記念】JRA出走予定馬が発表2017年04月16日() 17:50

 5月5日(祝・金)に船橋競馬場で行われるかしわ記念のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が4月16日、発表された。 「第29回かしわ記念」(船橋競馬場、交流GI、4歳以上オープン、定量、ダート・左1600メートル)【JRA所属の出走予定馬】6頭インカンテーション(牡7歳、栗東・羽月友彦厩舎、騎手未定)グレンツェント(牡4歳、美浦・加藤征弘厩舎、騎手未定)コパノリッキー(牡7歳、栗東・村山明厩舎、武豊騎手)ブラゾンドゥリス(牡5歳、美浦・尾形和幸厩舎、内田博幸騎手)ベストウォーリア(牡7歳、栗東・石坂正厩舎、騎手未定)モーニン(牡5歳、栗東・石坂正厩舎、騎手未定)【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.リッカルド2.カゼノコ3.キクノソル4.ブライトアイディア5.バスタータイプ

[もっと見る]

【古馬次走報】ベストウォーリア、かしわ記念へ2017年02月23日(木) 05:02

 ★フェブラリーS2着ベストウォーリア(栗・石坂、牡7)は、かしわ記念(5月5日、船橋、交流GI、ダ1600メートル)に向かう。14着コパノリッキー(栗・村山、牡7)も同レースに。6着ケイティブレイブ(栗・目野、牡4)は、名古屋大賞典(3月30日、名古屋、交流GIII、ダ1900メートル)へ。7着ノンコノユメ(美・加藤征、セン5)は、山元トレセンで放牧。8着サウンドトゥルー(美・高木、セン7)は、放牧を挟んで帝王賞(6月28日、大井、交流GI、ダ2000メートル)が目標。9着ホワイトフーガ(美・高木、牝5)は、さきたま杯(5月31日、浦和、交流GII、ダ1400メートル)を目指す。

[もっと見る]

【フェブラリー】吉田俊介氏、ゴールドは「文句なし」 2017年02月20日(月) 05:08

 第34回フェブラリーステークス(19日、東京11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、ダ1600メートル、1着本賞金9700万円=出走16頭)ゴールドドリームは個人馬主の共同所有馬で、代表名義の吉田勝己氏(ノーザンファーム代表)は豪州出張で不在。代理で長男の吉田俊介氏(サンデーレーシング代表)が表彰台に立った。

 「坂を上がるまで(手綱を)持ったままでしたからね。状態も良かったし、本当に強かった。文句なしです」と報道陣の輪の中でコブシを握りしめた。

 18日に急死した父ゴールドアリュールに話が及ぶと、「(ゴールドドリームコパノリッキーの)どちらかが勝つんじゃないかと思っていた。この馬にとって東京のマイルは最も合っている舞台。全力できましたから」と話した。今後は、ドバイから招待状がくるのは間違いなく、また、米国のブリーダーズカップ協会の関係者からも声をかけられている。

 同じ平田厩舎で、3歳の半弟ペルランヴェール(父スマートファルコン)は12月に新馬戦を勝ち上がったが、2歳の半妹(父ヘニーヒューズ)は池添学厩舎に入厩予定。そして1歳の半妹はオルフェーヴルの子で注目を浴びそうだ。

★19日東京11R「フェブラリーS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

コパノリッキーの関連コラム

閲覧 951ビュー コメント 0 ナイス 4

 ゴールデンウィークのダートグレード第3弾は、船橋で行われるG1・かしわ記念。このレースは、上半期の大一番・帝王賞を目指す実績馬が集うレース。いかにもG1戦らしく、上がり馬よりもG1勝ちの実績馬が活躍するのが特徴です。

 実際にこのレースの過去10年の勝ち馬10頭を見て行くと、出走当時4歳だった2009年のエスポワールシチー、2013年ホッコータルマエを除く8頭全てに、過去1年以内にG1勝ちの実績がありました。基本的に本命馬は、過去1年以内にG1勝ちの実績があるか、前記したエスポワールシチーホッコータルマエのように、目下3連対以上(一度は、ダートグレードを含む)4歳馬を選出したいものです。

 また、同年のフェブラリーSで先行した馬も有力。特にフェブラリーSで4コーナー5番手以内でレースをした馬は、着順に関係なくかしわ記念で活躍しています。該当馬は、2007年アジュディミツオー(2着)、2008年のブルーコンコルド(2着)、2009年のカネヒキリ(2着)、2010年のエスポワールシチー(1着)、2012年のエスポワールシチー(1着)、2013年のエスポワールシチー(2着)、2014年のコパノリッキー(1着)です。

 これはフェブラリーSが前がきつい流れになることが多いのに対して、かしわ記念はそれほどテンが速い馬が出走していないことが多く、前が残りやすいからです。2007年のアジュディミツオーは、フェブラリーSで先バテ14着に失速したことで、このレースではやや人気を落としましたが、このレースで楽勝Vを決めました。つまり、過去1年以内にG1勝ちの実績があり、同年のフェブラリーSで4コーナー5番手以内で競馬をした馬は、かなり信頼が出来るでしょう。

 また、人気薄で3着以内に入線したのは、2007年のディープサマー(7番人気・3着)、2010年のフリオーソ(5番人気・2着)、2011年のラヴェリータ(5番人気・2着)、2015年のハッピースプリント(5番人気・3着)、2016年のソルテ(6番人気・2着)、ベストウォーリア(5番人気・3着)となっており、それ以外の3着以内馬は、全て4番人気までの上位人気馬たちによって占められています。スパイラルカーブで実力上位馬が能力を発揮しやすい船橋らしい結果とも言えるでしょう。

 人気薄で3着以内に好走した馬たちを見ていくと、地方馬の名前が目につきます。2007年のディープサマーは中央から地方に移籍した初戦、休養明けでの好走でした。中央時代にほとんど芝のレースしか使われていなかったことが人気の盲点となっての好走でした。

 2010年のフリオーソや2015年のハッピースプリントは、過去1年以内にG1連対実績のある馬ですから、地方馬=弱いというイメージで人気がなかったようにしか思えません。2016年のソルテは近7走で連勝中の上がり馬。それまでの対戦比較からダートグレードでも通用の余地がありましたが、その時点ではダートグレードでの実績がまだなかったために人気はありませんでした。

 また、地方馬たちにとって、今回のレースで前目のポジションにつけてレースを進めるためには、前走で速い流れとなりやすいJRAの競馬を使われているか、前走が地方のレースならば逃げ、もしくは4コーナー先頭のような前目の競馬をしていることが望ましいと言えるでしょう。前記したディープサマー、ハッピースプリントは前走JRA出走馬、フリオーソやソルテは、前走で地方のレースを使われ、4コーナー先頭のレースをしている馬でした。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 過去1年以内にG1勝ちの実績があり、同年のフェブラリーSで4コーナー5番手以内の競馬をしている馬。

 ●穴馬候補
 前走で速い流れとなりやすいJRAの競馬を使われているか、前走が地方のレースならば逃げ、もしくは4コーナー先頭のような前目の競馬をしている地方馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2017年05月03日(水) 15:20 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】〜兵庫チャンピオンシップ2017〜
閲覧 404ビュー コメント 0 ナイス 4

 ゴールデンウィークのダートグレード第2弾は、3歳ダート路線の最初の交流重賞となる兵庫チャンピオンシップ。年明けに結果を出してきた馬が第一目標とするダートグレードではありますが、2013年のコパノリッキーのように、その後の活躍馬を輩出することもあれば、その後さっぱりのナンヨーリバー(2008年)のような馬を輩出することもあります。

 年によってレベルの高低差がとても激しいレースですが、2013年コパノリッキー、2015年クロスクリーガー、2016年ケイティブレイブなどのように、このレースを6馬身差以上の圧勝を飾った馬というのは、その後のダートグレードでも活躍をしています。また、このレースをいかに強い勝ち方をしても、後の活躍馬を頻繁に生み出していないことから、翌年のフェブラリーSで16頭立ての16番人気だったコパノリッキーのように舐められることがしばしば。このレースを圧勝した馬は、マークを外さずにこの先の高配当ゲットに繋げましょう。

 さて、このレースの対戦図式はというと、例年、全日本2歳優駿の上位の馬vsJRAの年明けのオープン上位馬になります。しかし、全日本2歳優駿の上位馬は、年明けのオープンでも勝ち負けしている馬でないと、容易に通用していません。JRAの年明けのオープンの中でも距離1600m以上のヒヤシンSや伏流Sの勝ち馬が優勢。過去10年のヒヤシンSの勝ち馬のこのレースでの成績は【3・1・1・0】、伏流Sの勝ち馬のこのレースでの成績は【3・2・0・0】。つまり、ヒヤシンスSの勝ち馬か伏流Sの勝ち馬を本命にすれば、かなり的中に近づけるレースです。

 これだとガチガチの決着のイメージを受けるかもしれませんが、2014年はヒヤシンスSの勝ち馬エキマエや伏流Sの勝ち馬ランウェイワルツを差し置いて、デビューから3着以内を外していないエスメラルディーナが1番人気に支持されたこともありました。これまで強豪と戦って成績がボロボロになって、やっとオープンを勝ったエキマエランウェイワルツに夢はありませんが、エスメラルディーナには夢があります。特に2歳、3歳春のレースは、この希望的観測によってオッズが形成されることも多いので、案外と配当が付くこともあります。

 最後にこのレースの過去10年の連対馬20頭の傾向をまとめると、ヒヤシンスSや伏流Sの勝ち馬が9頭。伏流Sで3着以内だった馬が2頭、ダートの500万下の勝ち馬が5頭。クラシック戦線から目先を変えた前走皐月賞組が1頭(ただし、同馬は船橋の交流戦ベストホイップ特別勝ち)。今回が初ダートだった馬が2頭。園田所属馬が1頭です。

 このレースが初ダートだったエーシンブランが勝利し、園田のホクセツサンデーが2着だった2011年は、東日本大震災の影響を受けて伏流Sが行われず、ヒヤシンSの勝ち馬ラヴィアンクレールがぶっつけ本番になった年。低レベルの決着だったために初ダートの馬でも通用しましたが、大きな傾向としては通用していません。ウイントリガーが2着入線した2008年も、あまりレベルが高くない年でした。

 また、ホクセツキングは、近年では一番の園田最強世代と言われ、あのオオエライジンのライバルとして活躍してきた馬ですが、その馬でさえも千載一遇のチャンスをものに出来なかった…。つまり。この中距離王道路線においては、地方勢を狙うのはなかなか厳しいものがあるでしょう。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 同年のヒヤシンスS、伏流Sの勝ち馬。

 ●穴馬候補
 東日本大震災の影響でJRAの番組が不十分だった2011年のみ、園田の馬が穴を開けているものの、基本的には穴が開かない。平場の500万下の勝ち馬が、特別戦組よりも嫌われて人気以上に走っている程度。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2017年02月23日(木) 11:27 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(2/18〜2/19)霧プロ、くりーくプロが京都最終で波乱レースを的中!
閲覧 692ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は19(日)に東京競馬場でG1フェブラリーステークスが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1フェブラリーステークスの1番人気はカフジテイクで4.5倍、2番人気ゴールドドリーム5.0倍、3番人気モーニン5.4倍、続いてノンコノユメ7.1倍、ベストウォーリア7.6倍、6番人気コパノリッキー9.0倍とここまでが10倍を切る形で上位人気を形成しました!
 
注目のスタートは外からダッシュ決まったインカンテーションニシケンモノノフがお互い手綱を緩めず激しいハナ争い、そこから3馬身ほど間があいてコパノリッキーケイティブレイブモーニンアスカノロマンと先行集団を形成、中団からはホワイトフーガベストウォーリアゴールドドリームキングズガードノンコノユメブライトラインが追走。後方からはエイシンバッケンサウンドトゥルーカフジテイクと追走して最後方にデニムアンドルビーの態勢。前半600m通過は34秒0(参考)の厳しい流れも3〜4コーナーでペースが緩むと後方各馬も差を詰めて馬群がギュッと凝縮!インカンテーションが先頭で直線コースへ入ります!
 
先頭のインカンテーションのリードは1馬身、直後にニシケンモノノフコパノリッキーケイティブレイブの3頭、外からはアスカノロマンゴールドドリームが追い出しにかかります。残り200m、ここでインカンテーションを交わしたニシケンモノノフが単独先頭に変わって後続を離しますが、内からベストウォーリア、外ゴールドドリームが力強い脚で猛追、3頭が内、中、外で競り合うか形で追い比べ!残り100m、ここでニシケンモノノフが一杯となるとベストウォーリアゴールドドリームの2頭の叩き合い!一旦先頭に立ったゴールドドリームを差し返すベストウォーリア!2頭の激しい追い比べはゴールまで続きましたが僅かに外ゴールドドリームベストウォーリアをクビ差抑えて優勝しました!2着にベストウォーリア、そこから3/4差の3着にゴール前急追したカフジテイクが入っています。
  
公認プロ予想家では他伊吹雅也プロ他5名が的中しています。
 
 
------------------------------------------------------------------------------
☆☆☆注目プロ →霧プロ
19(日)京都12Rで単勝39倍の◎バーサーカーからの馬連691.6倍、3連複950.7倍を仕留め、23万3390円を払い戻しました!18(土)京都6Rでは▲◎○の印で本線的中!6万7310円を払い戻しました!週末トータル回収率145%、収支プラス14万7460円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
勝負レースとした19(日)京都12Rで調教A評価とした○レッドヴェルサス、B評価▲のアチーヴが馬券に絡み、3連複950.7倍、枠連117.1倍を的中!10万6780円を払い戻しました!週末トータル回収率192%、収支プラス6万4860円をマークしています。
  
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
19(日)東京4Rで◎アルチレイロを頭固定、○ミルキークォーツを2,3着に置いた3連単で勝負!見事3連単479.3倍を1000円的中させ、47万9300円を払い戻しました!さらに同日の京都7Rでも◎○△の印で20万2540円を払い戻し!週末トータル回収率137%、収支プラス27万3440円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
18(土)東京5Rで『前走好内容。外枠からスンナリならさらに伸びる。』と評した◎ドリームマジックが見事1着!◎○△の印で単勝7.6倍、馬単104.6倍、3連単859.1倍を本線で仕留め、10万170円を払い戻しました!週末トータル回収率148%、収支プラス4万970円をマークしています。
 
この他にも西野圭吾プロ(130%)、おかべプロ(129%)、覆面ドクター・英プロ(113%)、馬っしぐらプロ(105%)、ジョアプロ(102%)が回収率100%超の活躍を見せています。
 
※全レースの結果速報はこちら
 
来週も競馬プロ予想MAXにご期待ください!

[もっと見る]

2017年02月19日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第247回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜フェブラリーステークス G1
閲覧 838ビュー コメント 0 ナイス 2

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「フェブラリーステークス G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ベストウォーリアから1.0ポイント差(約1馬身差)内のモーニンカフジテイクノンコノユメニシケンモノノフの5頭。
第2グループ(黄)は、コパノリッキーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のゴールドドリームデニムアンドルビーアスカノロマンの4頭。
第3グループ(薄黄)は、エイシンバッケンから同差内のキングズガードインカンテーションブライトラインまでの4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、全般的に1.0ポイント未満差が多く、結果大半の馬がトップから3.0ポイント以内に配置される状況となりました。
ただし、以前にも触れたようにダート重賞の場合、直近の戦歴に地方交流重賞が含まれるケースが多々あり、これらU指数が算出されないレース結果が今回の予想U指数にどういった影響を与えているかにも注意が必要です。

そんな中、今回の私の◎はケイティブレイブとしました。凄馬出馬表的には最下位でどうしたものかと迷いましたが、先にも書いた通りこの馬の近走は地方交流重賞ばかり。さらに、この馬の場合は明け4歳馬ということでこの低評価も致し方なしと考えています。それでいて、今回人気の同世代ゴールドドリームとはオッズは雲泥の差。さらにここに出てきていたら、おそらく上位人気の一角を占めたであろう、東海S覇者であり同じく4歳世代のグレンツェントとはレパードSで差のない競馬と、展開ひとつでこのメンバーに入っても上位に来れる力はあるように思います。正直、東京コースでのパフォーマンスには疑問符が付きますが、このオッズなのでそこには目を瞑って思い切って狙ってみます。外枠からスムーズに先行策が打てれば、あっと驚かせてくれるシーンも十分と見ています。
サウンドトゥルーは芝スタートに不安、△ゴールドドリームは鞍上共々ゲートに課題があって内枠、△モーニンは中間フレグモーネ明けで若干急ピッチ仕上げ、他にも乗り替わり等々......。今年のフェブラリーSを取り巻く“不穏”な状況から、人気薄からの勝負としてみましたが果たして!?

今回の私の馬券は◎の単複勝負の予定ですが、当コラムでは◎から○カフジテイク、▲サウンドトゥルー、☆アスカノロマンの3頭ラインへの3複で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
15=1,5,10=1,3,4,5,6,9,10,11,12,13,14,16(30点)

[もっと見る]

2017年02月19日() 13:00 スガダイ
「プロ予想MAX四天王の決断!」/フェブラリーステークス G1(スガダイプロ)
閲覧 1,116ビュー コメント 0 ナイス 2

本日は中央競馬の今年最初のG1フェブラリーが行われます。古豪、前年覇者、新興勢力などバラエティ豊かなメンバーが揃い、予想のしがいのあるレースになりましたね。この注目の一戦を攻略すべく、今回はウマニティ公認プロ予想家の不動のエース・スガダイさんに登場してもらいます。大舞台に強い“持っている”男は、いったいどんな結論を導き出したのでしょうか?

本命はケイティブレイブ。「最近は長目の距離にばかり使われているが、3歳時のヒヤシンスSでは前半3Fが同日のフェブラリーSとほぼ同じという厳しいラップで先行して見せ場十分だった。血統的にマイルは十分対応可能で、外枠から自分のリズムで先行できれば粘り込める」と期待を寄せています。

対抗はゴールドドリーム、単穴はコパノリッキー、押さえはホワイトフーガ。馬券は単複、馬連・3連複ボックス↓きで勝負します。
本レース以外のスガダイプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

2017年02月18日() 11:00 みんなの競馬コラム
【外厩】今週の重賞レース(フェブラリーS)byもっしゅ
閲覧 1,470ビュー コメント 0 ナイス 1

先週はクイーンCアドマイヤミヤビ共同通信杯スワーヴリチャードと注目度◎を打った2頭が勝利。
京都記念に至っては外厩帰りの3頭(サトノクラウン、スマートレイア―、マカヒキ)で決着するなど、外厩が非常に威力を発揮しました。
さて、いよいよ今週は本年最初のGIフェブラリーSが行われます。
馬券を仕留めるために、今回もしっかり外厩帰りの馬をチェックしておきましょう。


◇2/19(日) 東京11R フェブラリーS ダ1600m

<外厩帰りの主な出走予定馬>

コパノリッキー (栗)村山 宇治田原優駿S
ゴールドドリーム (栗)平田 NFしがらき
ノンコノユメ (美)加藤征 ムラセファーム
モーニン (栗)石坂 NF天栄



<注目の外厩―調教師コンビ>
(データは2016年〜 30例以上対象)

◆平田厩舎+NFしがらき
11-5-6-73(勝率11.6/複率23.2)
単回値 175円/複回値 90円

平田厩舎は主にNFしがらきと吉澤ステーブルWESTを多用している厩舎。
どちらの回収率も優秀で、上手く外厩を使いこなす調教師の一人です。
そして今回出走のゴールドドリームは、しがらき帰りが(3.1.0.0)のパーフェクト連対と相性抜群。
スタートで後手を踏んだチャンピオンズCは度外視し、態勢が整った今回が狙い時かもしれません。

【参考】
平田厩舎+吉澤ステーブルWEST
6-3-4-61(勝率8.1/複率17.6)
単回値 143円/複回値 72円



<危険な外厩―調教師コンビ>
(データは2016年〜 30例以上対象)

◆村山厩舎+宇治田原優駿S
4-3-3-82(勝率4.3/複率10.9)
単回値 32円/複回値 32円

宇治田原優駿Sといえば、今年の京都開催で大活躍の外厩。
ただ村山厩舎とのコンビは全調教師中4番目に多い件数ながら、成績はかなり低調。
更にコパノリッキーは昨年のフェブラリーSとチャンピオンズCが宇治田原帰りでの敗戦。
近走を見ても外厩帰りでの実戦はこの2戦しかなく、どうも波長が合わない印象です。
能力的にも峠を越えた感があるだけに、過度な期待は禁物です。



<外厩―調教師コンビ評価順>
※印は注目度で付けています

ゴールドドリーム
モーニン
コパノリッキー

執筆者:もっしゅ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

⇒もっと見る

コパノリッキーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 44ビュー コメント 0 ナイス 7

昨日行われた地方のG1『かしわ記念』(^^♪

武豊騎手騎乗のコパノリッキーが勝利、連覇を飾りこれで史上4頭目のG1・9勝目(うち中央G1は2勝)を達成しました☆

キタサンでも豊マジック!!

コパノでも豊マジック!!

名物オーナー馬での勝利の連続♪♪♪

止まりませんね〜〜〜(*^-^*)

 銀色のサムライ 2017年05月05日(金) 21:37
リッキー3連覇&京都新聞杯予想
閲覧 53ビュー コメント 2 ナイス 8

【かしわ記念】

中央馬たちがオッズ通りの力を示した一戦でしたが、
そんな中でベストパフォーマンスを発揮したのは古豪・コパノリッキー!

スタートで後手を踏みましたけど、
中団待機から力強い末脚で他馬を差し切っていく姿はカッコよかったですし、
コパノリッキーの長所も短所も知り尽くしている武豊騎手のレース運びも見事だったと思います。

これでコパノリッキーはかしわ記念3連覇で、G1も9勝目。
多頭数でハイペースになりやすい中央のG1よりも地方のG1の方が勝負になるはずですから、
秋の南部杯でG1・10勝の大台に達する可能性も十分あるのではないでしょうか。

本命・インカンテーションは2着。
勝ったコパノリッキーが予想以上に強かったんですけど、
インカンテーションも復調気配を感じさせる素晴らしい走りを見せてくれました。

1番人気のベストウォーリアは直線で伸びを欠いて4着どまり。
実績上位であっても、調整過程に狂いが生じている状況だと凡走してしまう、
という競馬の難しさを実感させられました。


【京都新聞杯】

◎インヴィクタ

古馬になってから本物になる馬だと思っていますけど、
今年の京都新聞杯のメンバー構成ならば上位争い可能、と考えてインヴィクタを本命にします。

同じ佐々木主浩オーナーのシュヴァルグランの3歳時にそっくりで、
道中でのズブさが仇になって、思うような結果を残せていない、という現状にあります。

今回も位置取りが悪くなる可能性がありますし、
雨が降った場合に対応できるのかどうか不透明ですが、
持っているポテンシャルはメンバー中ナンバーワンですので、
ルメール騎手の手綱さばきで最悪でも3着までには入ってきてほしいです。

最終追い切りは明日の東京10Rに出走するヴォルシェーブと併せ、まずまずの動きを見せました。
1週前にも終い重点の追い切りでそこそこの時計を出していますし、走れる状態にある、と判断しています。

(注目馬)

・ダノンディスタンス

先行できなきゃサッパリな馬ですが、
スムーズに先行できれば、最後の最後まで粘れるはず。
雨の影響を強く受ける状況になったら好走の確率も上がる事でしょう。

・ハギノアレス

追い切りの映像を見る限り、まだ幼い面が残っているようです。
本格化するのは先になると思いますが、追い切りで見せた力強い脚に高いセンスを感じました。
人気薄のうちに先物買いしておきたいので、一気の相手強化でも買い目には加えておきたいです。

[もっと見る]

 コーセイ大好き 2017年05月05日(金) 21:16
コパノリッキー
閲覧 16ビュー コメント 0 ナイス 1

かしわ記念はコパノリッキーやったね
豊マジック炸裂しましたね
私は戸崎騎手を買ってたので惨敗しましたけど・・・
昼寝してレース録画したから後で見たいと思います

さあ週末競馬です
今週末もガッツリ儲けましょう!!
では私は予想タイムに・・・

[もっと見る]

コパノリッキーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

コパノリッキーの写真

コパノリッキーの厩舎情報 VIP

2017年2月19日フェブラリーS G114着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

コパノリッキーの取材メモ VIP

2017年2月19日 フェブラリーS G1 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。