注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ヴァーミリアン(競走馬)

注目ホース
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2002年4月10日生
調教師石坂正(栗東)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地早来町
戦績34戦[15-5-1-13]
総賞金38,685万円
収得賞金48,500万円
英字表記Vermilion
血統 エルコンドルパサー
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
Saddlers Gal
スカーレットレディ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
スカーレットローズ
兄弟 サカラートソリタリーキング
前走 2010/12/05 ジャパンカップダート G1
次走予定

ヴァーミリアンの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
10/12/05 阪神 11 JCダート G1 ダ1800 165109.2414** 牡8 57.0 武豊石坂正516(+2)1.52.1 3.239.1⑥⑤⑦⑫トランセンド
10/06/30 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 15--------9** 牡8 57.0 福永祐一石坂正514(--)2.05.3 1.9----フリオーソ
10/01/27 川崎 11 川崎記念 G1 ダ2100 11--------1** 牡8 57.0 武豊石坂正514(--)2.12.7 -0.1----フリオーソ
09/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 14--------2** 牡7 57.0 武豊石坂正519(--)2.05.9 0.0----サクセスブロッケン
09/12/06 阪神 11 JCダート G1 ダ1800 16243.728** 牡7 57.0 武豊石坂正520(+9)1.51.1 1.237.6⑦⑦⑧⑧エスポワールシチー
09/11/03 名古 10 JBCクラシ G1 ダ1900 12--------1** 牡7 57.0 武豊石坂正511(--)2.00.2 -0.0----マコトスパルビエロ
09/06/24 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 13--------1** 牡7 57.0 武豊石坂正515(--)2.03.6 -0.5----フリオーソ
09/02/22 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 16594.126** 牡7 57.0 武豊石坂正522(0)1.35.1 0.535.6⑦⑦サクセスブロッケン
08/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 10--------2** 牡6 57.0 武豊石坂正522(--)2.04.5 0.0----カネヒキリ
08/12/07 阪神 11 JCダート G1 ダ1800 16362.213** 牡6 57.0 岩田康誠石坂正524(+12)1.49.3 0.136.2⑪⑩⑨⑤カネヒキリ
08/11/03 園田 10 JBCクラシ G1 ダ1870 12--------1** 牡6 57.0 武豊石坂正512(--)1.56.7 -0.1----サクセスブロッケン
08/03/29 アラ 7 ドバイWC G1 ダ2000 12--------12** 牡6 57.0 武豊石坂正---- ------CURLIN
08/02/24 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 168152.411** 牡6 57.0 武豊石坂正520(+7)1.35.3 -0.335.9ブルーコンコルド
08/01/30 川崎 10 川崎記念 G1 ダ2100 10--------** 牡6 57.0 武豊石坂正---- --------
07/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 15--------1** 牡5 57.0 武豊石坂正513(--)2.03.2 -0.7----フリオーソ
07/11/24 東京 11 JCダート G1 ダ2100 16472.311** 牡5 57.0 武豊石坂正510(-5)2.06.7 -0.236.2⑪⑪⑨⑦フィールドルージュ
07/10/31 大井 11 JBCクラシ G1 ダ2000 16--------1** 牡5 57.0 武豊石坂正515(--)2.04.8 -0.7----フリオーソ
07/03/31 アラ 7 ドバイWC G1 ダ2000 7--------4** 牡5 57.0 C.ルメー石坂正---- ------INVASOR
07/01/31 川崎 10 川崎記念 G1 ダ2100 13--------1** 牡5 57.0 C.ルメー石坂正510(--)2.12.9 -1.3----アジュディミツオー
06/12/20 名古 10 名古屋GP G2 ダ2500 11--------1** 牡4 57.0 C.ルメー石坂正508(--)2.44.3 -1.3----レッドストーン

⇒もっと見る


ヴァーミリアンの関連ニュース

 2月1日(水)の川崎競馬11Rで行われた第66回川崎記念(交流GI、4歳以上オープン、選定馬、定量、ダート・左2100メートル、12頭立て、1着賞金=6000万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の5番人気オールブラッシュ(牡5歳、栗東・村山明厩舎)が鞍上の絶妙なリードで逃げ切り勝ちをおさめた。タイムは2分14秒6(良)。3馬身差の2着には中団追走から直線鋭く差を詰めたサウンドトゥルー(1番人気、JRA所属)、さらに1馬身半遅れた3着に好位で粘ったコスモカナディアン(6番人気、JRA所属)。

 ◆クリストフ・ルメール騎手(1着 オールブラッシュ)「ちょうどいいペースでした。彼は逃げるのが大好きです。今回は川崎で完璧なタクティクス(戦法)でした。ハナに立って気分良く進めて、ゴールまで止まらない、楽に勝ちました。スタンド前で外の馬(ミツバ)のプレッシャーがありましたが、オールブラッシュの反応が良く、いい頑張りをみせてくれました。今日は大きなステップアップだったけど、能力があるので自信はありました。今日、GIホースになりました。素晴らしいですね」

 川崎記念を勝ったオールブラッシュは、父ウォーエンブレム、母ブラッシングプリンセス、母の父クラフティプロスペクターという血統。北海道白老町・社台コーポレーション白老ファームの生産馬で、社台レースホースの所有馬。通算成績は20戦6勝(うち地方1戦1勝)。重賞は初制覇。川崎記念は、村山明調教師は初優勝、クリストフ・ルメール騎手は2007年ヴァーミリアン、2009年カネヒキリに次いで3勝目。

【今日のキラ星】エイダイコンドル2017年01月14日() 05:00

 【中山6R】父ヴァーミリアンはダートGI9勝馬だが、2歳時には芝重賞をV。母エイダイクインクイーンCなど計4勝で、エリザベス女王杯でも3着に入った。「男馬としては小さいが、体はできている。ゲートが速くて、芝の方が良さそう」と堀井調教師。母で新馬、赤松賞と2勝を挙げた江田照騎手を背に、デビュー勝ちを狙う。

[もっと見る]

【今日のキラ星】ダノンロッソ2017年01月07日() 05:00

 【京都3R】母系には、ヴァーミリアンダイワメジャーダイワスカーレットなどGIウイナーがズラリと名を連ねている。坂路を中心にじっくりと乗り込んで仕上がりは上々。3日の追い切りも栗東CWでシャープな伸びを見せた。「父親(ダノンシャンティ)似の体形で、初戦から動けると思う」と松田調教師は自信を見せる。

[もっと見る]

【名古屋グランプリ】アムールブリエが連覇で有終の美2016年12月15日(木) 16:50

 12月15日(木)の名古屋競馬11Rで行われた第16回名古屋グランプリ(交流GII、3歳以上オープン、選定馬、別定、ダート・右2500メートル、12頭立て、1着賞金=3100万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の2番人気アムールブリエ(牝5歳、栗東・松永幹夫厩舎)が連覇で有終の美を飾った。タイムは2分41秒7(重)。マイペースの逃げに持ち込んだ1番人気のケイティブレイブアムールブリエは2番手でマーク。2周目の4コーナーで外から並びかけて、直線はあっさりとかわして2着に3馬身差をつけて快勝した。アムールブリエはこれがラストラン。来春、キズナを種付けした後、アメリカに渡って繁殖生活に入る予定。

 2着にJRAのケイティブレイブ(1番人気)、さらに5馬身離れた3着には5番手追走から脚を伸ばした地元名古屋のカツゲキキトキト(7番人気)。

 名古屋グランプリの勝ち馬アムールブリエは、父スマートストライク、母ヘヴンリーロマンス、母の父サンデーサイレンスという血統。鹿毛の牝5歳。アメリカ・ノースヒルズCo.Ltd.の生産馬で、前田幸治氏の所有馬。通算成績は25戦10勝(地方13戦6勝)。重賞は2015年エンプレス杯・交流GII、ブリーダーズゴールドカップ・交流GIII、名古屋グランプリ・交流GII、2016年エンプレス杯・交流GII、ブリーダーズゴールドカップ・交流GIIIに次いで6勝目。名古屋グランプリ松永幹夫調教師は昨年に続いて2勝目、クリストフ・ルメール騎手は2006年ヴァーミリアンに次いで2勝目。

[もっと見る]

【今日のキラ星】スプレンダークラン2016年12月10日() 05:00

 【阪神6R】GI9勝馬ヴァーミリアンなど兄4頭がダート重賞勝ち馬と、砂適性は抜群の母系だ。7日の追い切りでは併走馬にクビ差遅れたが、計4本の併せ馬を行い、態勢は整っている。ゲート試験合格には時間がかかったが「今は気持ちが乗ってきているし、ちゃんと出てくれると思う。調教はしっかりと積めているし、力は出せそう」と池添学調教師は期待を寄せている。

[もっと見る]

【カトレア賞】モンサンレガーメが横綱相撲でV 2016年11月26日() 14:36

 11月26日の東京9Rカトレア賞(2歳500万下、ダート1600メートル)は、木幡巧也騎手騎乗の3番人気モンサンレガーメ(牡、美浦・牧光二厩舎)が快勝した。タイムは1分37秒8(重)。

 モンサンレガーメは道中、2番手を追走。逃げた1番人気ブランエクラに4コーナーで並びかけると直線で突き放し、3、4番手から伸びてきた2着コーカス(2番人気)に1馬身1/4差をつけてゴールを駆け抜けた。ブランエクラはさらに2馬身1/2離れた3着。

 モンサンレガーメは、父ケイムホーム、母ジュリアビコー、母の父ジェイドロバリーという血統。近親にジャパンCダート、フェブラリーSなどダートGI・9勝のヴァーミリアンがいる。

 カトレア賞は「JAPAN ROAD TO THE KENTUCKY DERBY」の対象レース。合計ポイント最上位馬が2017年5月6日(土)にチャーチルダウンズ競馬場で行われるケンタッキーダービー(GI)に出走できる日本馬に向けたケンタッキーダービー出走馬選定ポイントシリーズ。

 カトレア賞は1着40P(ポイント)、2着16P、3着8P、4着4P。もうひとつの対象レースは2017年第1回東京競馬のヒヤシンスS(3歳オープン、ダート1600メートル(予定)で、1着50P、2着20P、3着10P、4着5Pが付与される。

 ◆木幡巧也騎手「ゲートは速いので前めで競馬するつもりでした。逃げている馬に並んだときも手応えが違ったし、あとは追い出しを我慢して手綱を放すだけでしたからね。こんなに強い競馬をするなんてびっくりしました」

★26日東京9R「カトレア賞」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴァーミリアンの関連コラム

閲覧 1,259ビュー コメント 0 ナイス 8

 ダートのG1では、最長距離の2100mで行われる川崎記念。このレースは前年の東京大賞典組が多く出走してきますが、東京大賞典から2月のG1・フェブラリーSに直行する馬も少なくありません。一昨年のように東京大賞典の勝ち馬ホッコータルマエは川崎記念へ、2着馬コパノリッキーフェブラリーSへと、勢力が二分化することが多く、G1としてはメンバーが揃わないこともままあります。

 しかし、昨年のように東京大賞典の勝ち馬サウンドトゥルー、2着馬ホッコータルマエとともにこの舞台に駒を進めてくる場合も稀にあり、昨年の川崎記念の結果はどうなったか…。みなさんもご存知のように、サウンドトゥルーホッコータルマエの着順が入れ替わっただけの結果でした。また、2013年に東京大賞典の2着馬ハタノヴァンクールと3着馬ワンダーアキュートが出走してきたこともありましたが、これも着順がスライドする形でのワン、ツー決着。

 こういう決着になると当然、配当は堅いのですが、逆にそれだけ東京大賞典の上位馬は信頼できるということ。川崎記念の過去10年で、前走の東京大賞典で連対した馬の成績は【8・2・0・0】。さらに東京大賞典の3着馬の成績は【0・1・2・0】。東京大賞典の連対馬と東京大賞典の3着馬との間に新興勢力が割って入ってくる場合もあれば、前記したワンダーアキュートのように、東京大賞典3着から着順を繰り上げてくる場合もあります。

 基本的に実績重視。川崎記念の連対馬20頭中16頭がそれまでのG1で連対実績のある馬でした。実績馬が少ないレースになりがちだからこそ、実績がより重要になってくるのです。2007年の2着馬アジュティミツオーや2009年-2010年の2着馬フリオーソ、2015年の2着馬カゼノコのように、前走チャンピオンズCや東京大賞典で4着以下からこのレースで巻き返すパターンも多いので、相手次第ではこのタイプを積極的に狙いましょう。

 その他の路線で活躍が目立つのは、前走の名古屋グランプリで3着以内だった馬。対象馬は2007年の勝ち馬ヴァーミリアン、2007年の3着馬ドンクール、2008年の勝ち馬フィールドルージュ、2014年の3着馬トウショウフリーク、2016年の3着馬アムールブリエ。名古屋グランプリの勝ち馬は当然、ここでも人気になりますが、2着、3着馬となるとそれほど人気がありません。

 前記したドンクールはそれまでにG1で連対実績がなく、前年の名古屋大賞典以降は勝ち星がなかったために、このレースでは6番人気でした。しかし、この年は、東京大賞典の連対馬が不在だったために3着に入線することができました。

 さらに大穴を狙うのであれば、コーナーがきつい川崎らしく、内枠の先行馬の一発でしょう。昨年のJBCレディスクラシックでも1番枠のトーセンセラヴィが距離損の少ない立ち回りで3着入線しましたが、2012年の川崎記念でも5番人気のランフォルセが2着入線しています。この年のランフォルセは中間頓挫があって、満足な追い切りも出来ずに前走から馬体重20堊。けっして好気配ではありませんでしたが、1番枠から内々を立ち回って2着入線しました。過去10年の川崎記念で、もっとも荒れたのがこの年でした。


 ●まとめ
 
 ・本命候補
 前走の東京大賞典の連対馬。3着馬も信頼度が高い。

 ・穴馬候補
 前走名古屋グランプリで2着、3着だった馬。勝ち馬の活躍も目立っていますが、G1で連対実績のない2着、3着馬ならば高配当が見込める。

 ・川崎ならではの穴馬候補。
 内枠の逃げ、先行馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2016年11月02日(水) 16:55 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】〜JBCクラシック2016〜
閲覧 560ビュー コメント 0 ナイス 4

 下半期の古馬ダート中距離路線では、最初のG1となるJBCクラシック。一応、中距離路線のチャンピオン決定戦というくくりですが、実績馬はこの先のチャンピオンズカップや東京大賞典を見据えて休養明けでぶつけてくること(前哨戦の意味合いで使ってくること)がしばしばあります。しかし、今年はノンノユメを除く実績馬がすべて前哨戦を使って来ました。現在、中距離路線は王者不在で混沌とした様相。どの馬も不安を持っている証でしょう。

 JBCクラシックは、今回が休養明けでも2007-2009年のヴァーミリアンや2012年のワンダーアキュート、2014年のコパノリッキーなど、意外と勝利しています。しかし、それらはG1で連対実績のある馬ばかり。よっぽど絶対的な存在でない限り、前哨戦を使われている馬を本命馬にするのが無難でしょう。

 このレースで最有力なのは、前走・日本テレビ盃の勝ち馬。馬インフルエンザのために、交流重賞で行われなかった2007年を除く過去9年で【1・6・0・2】。勝ち馬は2011年のスマートファルコンのみですが、2006年のシーキングザダイヤ、2009年のマコトスパルビエロ、2010年のフリオーソ、2013年のワンダーアキュート、2014年のクリソライト、2015年のサウンドトゥルーの6頭が2着入線しています。

 逆に4着以下だったのは、2008年のボンネビルレコードと2012年のソリタリーキングでした。ボンネビルレコードが勝った年は、前に行った3頭が競り合って、前半4F45秒4-後半4F50秒3のオーバーペースが発生した年。ボンネビルレコードはかなり展開に恵まれての勝利でしたので、本番・JBCクラシックで8着に凡退したのはある意味、当然の結果。ソリタリーキングは4着に来れてはいるので、日本テレビ盃の勝ち馬も連軸としてならば信頼できるでしょう。

 次に有力なのは、同年の帝王賞の勝ち馬。過去10年の成績は【2・1・2・1】。勝ち馬は2009年のヴァーミリアン、2011年のスマートファルコン。唯一、取りこぼしたのは、2008年のフリーオソですが、ヴァーミリアンなどの強豪相手に4着には来れています。こちらもなかなか信頼できるでしょう。

 穴馬は日本テレビ盃で逃げた馬です。日本テレビ盃で逃げた馬の成績は、【2・1・1・1】。唯一、連対を外したのは、2012年のマグニフィカですが、この年は前半4F48秒9-後半4F50秒1とこのレースとしてはスローペースになった年。また、中央の馬は実績を積まなければここへ出られないこともあり、中央の馬が日本テレビ盃で逃げた馬はけっこう信頼できます。前走でタフな競馬をしていることが、距離が長くなるこの舞台で生かせるのでしょう。


●まとめ

・本命候補
前走の日本テレビ盃の勝ち馬。
同年の帝王賞の勝ち馬。

・穴馬候補
前走の日本テレビ盃で逃げた馬。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2016年06月28日(火) 10:45 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】〜帝王賞2016〜
閲覧 1,383ビュー コメント 0 ナイス 7

 砂の上半期の総決算・帝王賞。上半期のグランプリを決める格の高いレースだけあって、JRAのトップクラスが集結します。また、地方競馬は中距離の番組が少ないこともあり、中距離馬が育たず、現役馬のソルテを代表するようにトップクラスは距離1400〜1600mがベストの馬ばかり。よって、帝王賞に限らずですが、中距離のG1戦は、JRA勢の独壇場という図式が作られがちです。

 確かにちょっと前に遡れば、アジュディミツオ―、ボンネビルレコード、フリオーソなどの南関東勢が帝王賞を勝利したこともありました。しかし、それらはジャパンダートダービーで上位入線したことで徹底して中距離路線を使われていた馬たち。ジャパンダートダービーで上位の結果を出さなければ、番組が豊富な短距離やマイル戦を主体に使われていくことになるので、同レースがJRAの独壇場となっている近年では、地方勢がこの路線で結果を出すのはなかなか難しいものがあるでしょう。おそらく今年もJRA勢が優勢と見ています。

 さて、そのJRA勢のなかでもどの馬が優勢かというと、同年のフェブラリーSで3着以内の馬が過去10年で【0・3・3・0】と安定した走りを見せています。1着馬がゼロなのは、マイル戦では距離が短い馬がここを大目標として出走してくるからでしょう。1着馬は距離1800m以上で高いパフォーマンスを見せている馬ばかりです。

 さらに細かく分析すると、2008年フリオーソ、2009年ヴァーミリアン、2011年スマートファルコン、2014年ワンダーアキュート、2015年ホッコータルマエなど、前年のJBCクラシックか東京大賞典の連対馬が大半を締めます。2010年に休養明けで挑んだ前年のJBCクラシック1着、東京大賞典2着のヴァ―ミリアンがこのレースで9着に凡退したこともありましたが、前年のJBCクラシック、東京大賞典で連対かつ、同年の2月以降に出走していた馬に限れば、過去10年で勝率100%を誇ります。該当馬は2009年ヴァ―ミリアン、2011年スマートファルコン、2014年ワンダーアキュートです。そのタイプが出走していれば、本命馬として信頼に足るでしょう。

 逆に穴馬は、4番人気以下で連対した2010年フリオーソ(1着)、2010年カネヒキリ(2着)、そして昨年のクリソライト(2着)の直近の成績を見れば一目瞭然。同年の川崎記念の連対馬かダイオライト記念の勝ち馬でした。前走でかしわ記念などの不適距離を使われて能力を出し切れなかった馬が、最適距離のこの舞台で巻き返す傾向があるようです。ダイオライト記念はG2。また、川崎記念は時期的にメンバーが揃わないため、「G1であってG1にあらず」などと言われていますが、メンバーがしょっぱい年は、そのレベルでも勝負になるようです。果たして、今年はどうか?


●まとめ

・本命候補
→前年のJBCクラシック、東京大賞典で連対かつ、同年の2月以降に出走していた馬。

・相手候補
→フェブラリーSで3着以内の馬。
→前年のJBCクラシック、東京大賞典のどちらかで連対していた馬。

・穴馬候補
→同年の川崎記念の連対馬かダイオライト記念の勝ち馬。


山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2016年05月06日(金) 16:00 みんなの競馬コラム
【NHKマイルカップ】血統考察 byうまカレ
閲覧 3,197ビュー コメント 0 ナイス 6

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。地元が新潟で、GWに成人式がありました。楽しかったです!

今週は3歳マイル王決定戦、NHKマイルカップです。
NHKマイルカップは、「3歳春のマイル戦」ということで、ある程度の早熟性≒パワーも求められます。中でも注目の血が、フレンチデピュティとノーザンテースト。(フレンチデピュティの父父Vice Regentとノーザンテーストは血統構成が似ているので、この2つの血が好相性というのは納得がいく)

【過去10年でフレンチデピュティの血を持っていた馬】
・2015年
1着 クラリティスカイ(父クロフネ
3着 ミュゼスルタン(母父フレンチデピュティ)
・2013年
1着 マイネルホウオウ(母父フレンチデピュティ)
2着 インパルスヒーロー(父クロフネ
・2008年
2着 ブラックシェル(父クロフネ
・2007年
1着 ピンクカメオ(父フレンチデピュティ)

【過去10年でノーザンテーストの血を持っていた馬】
・2013年
2着 インパルスヒーロー(母母父)
3着 フラムドグロワール(父ダイワメジャーの母父)
・2012年
1着 カレンブラックヒル(父ダイワメジャーの母父)
2着 アルフレード(母母父)
・2011年
1着 グランプリボス(父サクラバクシンオーの母父)
2着 コティリオン(母母父)
2009年
3着 グランプリエンゼル(母母父)

今年フレンチデピュティとノーザンテースト持ちはというと・・・
【フレンチデピュティ】
シャドウアプローチ(母父)
レインボーライン(母父)

【ノーザンテースト】
ティソーナ(父ダイワメジャーの母父)
メジャーエンブレム(父ダイワメジャーの母父)
レインボーライン(ノーザンテースト3×5)
ペルソナリテ(ノーザンテースト3×4)
ブレイブスマッシュ(ノーザンテースト4×4)
ロードクエスト(3代母父)

これらの馬たちの短評から書きはじめたいと思います。

フレンチデピュティとノーザンテースト、どちらも持っているアーリントンCの覇者レインボーラインは馬体重が430キロ台というのが気になります。。典型的な走るステイゴールド産駒で、夏を越えて馬体がグンと成長することが予想されます。逆にいえば現状で、GIでの勝ち負けは難しく、大外枠では軽視せざるを得なさそうです。

ペルソナリテもやはり410キロに満たない小柄な馬体が気になりますが、小柄でもドリームジャーニーと同じように非力さを感じさせない力強い全身運動が出来るタイプで、ここまで人気を落とすのであれば一考してみても良いかもしれません。

朝日杯3着のシャドウアプローチは昨年3着のミュゼスルタンと同牝系(母母が同じマルカコマチ)で、父ジャングルポケットの母父Nureyevや、母系のディクタスから前向きな気性を受け継いでいます。パワーが優先した1400型ですが、これくらいガッチリした馬の方が3歳春のマイルGIでは好走しやすく、朝日杯から直行というローテーションも気性を考えれば悪くないのではないかと思います。

マーガレットSを制したティソーナディープインパクトの半姉でスプリンターズS4着のレディブロンドを母母に持ち、母ラドラーダも4勝を挙げオープンまで出世しました。こちらもダイワメジャーにSeeking the Goldだから1400がベスト、勝利は難しいだろうけれど好枠を活かせれば馬券圏内の可能性は十分でしょう。

サウジアラビアRCの勝ち馬で、ファルコンS2着のブレイブスマッシュはノーザンテースト4×4、ダイワメジャーヴァーミリアンらでお馴染のスカーレットインク一族で母系にRobertoも持つので非常にパワーがあるといえるでしょう。小刻みなピッチ走法で走るので道悪も巧いですが、東京だと最後は足が鈍るタイプではないかと思います。

桜花賞で苦汁を嘗めたメジャーエンブレムはHyperionとLadyJurorをベースにしたダイワスカーレットのような馬で、母母Her Ladyshipがナスキロ(NasrullahとPrincequillo)のクロスなので、ダート馬も多く輩出するスカーレットインク牝系のダイワスカーレットよりもゴツゴツした走りではなくしなやかさのあるフットワークで走る(望田先生によると、Blushing Groomの影響と考えられ、テイエムオペラオールージュバックホエールキャプチャが“しなやかに”斬れていたのと同じ原理)。クイーンCのレベル云々言われているが、血統を見ている側としては逆らいたくないほど1つ1つの血の良点が現れています。再度の内枠だがルメール騎手も同じ轍は踏まないだろうから信頼したいです。

ということで、フレンチデピュティ、ノーザンテースト持ちの中ではメジャーエンブレムシャドウアプローチを推奨したいです。


毎日杯2着のアーバンキッドは、ハーツクライ×Swain(キングジョージ連覇)という字面以上に距離適性が短めに出たのは母のRibot5×6のパワーに因る影響ないかと考えられます。将来的にジャスタウェイのように化ける可能性を秘めた馬だと思いますが、ここは好枠を活かしてどこまでやれるか。

新潟2歳Sの覇者ロードクエストは、Bold Bidder≒Secretariat4×5と父の持つナスキロ血脈をクロスしているので、中山巧者だった父とはタイプが異なり、大飛びで東京向きです。母系のRobertoやノーザンテーストの影響か、皐月賞出走馬と並べてみるとガチッとした馬体でやはり距離は2000<マイル。ここは前半の位置取りがポイントとなりそう。

ファルコンSを制したトウショウドラフタは、スイープトウショウを輩出したサマンサトウショウの牝系で、アンライバルド×ジェイドロバリーだからSadler’s Wells≒Number3×3というすごい配合。前向きな気性や道悪を苦にしないパワーはここから受け継いだと思われます。サマンサトウショウはトウショウボーイにチャイナロックだからHyperionが濃く、持続力が持ち味のHyperionは、マイルで活きることが多くある(エリモピクシーダイワメジャーなど)。ここは、ベストは1400だろうし、渋った馬場の方が良いのも確かだから勝ち切るとなると疑問符が付く。

共同通信杯2着のイモータルは、マンハッタンカフェ×Acatenangoという血統通りの中距離馬で、筋力不足でマイラーに比べると一瞬の反応が遅い。ここは潜在能力でどこまでやれるか。舞台はダービーの方が合っている。

NZTを制したダンツプリウスもブライアンズタイム産駒だからやはり東京<中山で、東京替わりでのパフォーアンスアップは考えにくく、勝ち切ることはないのではないか。

【まとめ】
再度の内枠に一抹の不安は残るも、血統をみている身としては、血統表に存在する1つ1つの血の良点が表現されているメジャーエンブレムに逆らいたくない。ロードクエストはコース、距離ともに舞台替わりは歓迎。トウショウドラフタダンツプリウスイモータルは頭までは考えにくい。穴ではシャドウアプローチティソーナ




【参考】
日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

----------

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。


【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
Twitter  https://twitter.com/derby6_1
ブログ http://derby6-1.hatenablog.com/


執筆者:うまカレ(MYコロシアム>最新予想にリンク)

------------------------------------------------
あなたも「みんなの競馬コラム」コーナーでコラムニストデビューしてみませんか!
>>応募方法など詳しくはこちら<<
------------------------------------------------

[もっと見る]

2016年04月08日(金) 18:08 みんなの競馬コラム
【桜花賞】血統考察 byうまカレ
閲覧 1,585ビュー コメント 0 ナイス 5

学生団体うまカレ副代表の金沢ユウダイです。ブログを見ていただければ分かると思いますが、先週の大阪杯の印は◎アンビシャス、〇ショウナンパンドラ。こういう時に限ってコラムをお休みしてしまいました(^^;)

さて、いよいよ今週からクラシックが開幕!血統好きな私にとって、クラシックは最も楽しみな舞台ですので力が入ります。

稀代の名牝ダイワスカーレットは、父アグネスタキオン×母スカーレットブーケという血統でした。あの圧倒的なスピードと、持続力はどこからきていたのか。それは、父アグネスタキオンの母母アグネスレディーのLady Juror5×5とHyperion5×5、そして母スカーレットブーケの父ノーザンテーストのHyperion4×3、このLady JurorとHyperionによるものだと考えられます(どちらも遺伝力が強く、Lady Jurorは「前向きな気性≒スピード」と粘り腰、Hyperionは強靭な持続力を伝える)。このLady Jurorのスピードと、Hyperionの持続力の塊がダイワスカーレットでした。
大本命のメジャーエンブレムは、父がダイスカーレットの3/4兄ダイワメジャーですから、スカーレットブーケを持ち、母父オペラハウスはSadler’s Wells×High Topという配合。Sadler’s Wellsの母母SpecialはNureyevらを産んだ、言わずと知れた名繁殖牝馬で、その父ForliはLady Juror4×4、前向きな気性とスピードを強く伝える種牡馬です。High TopもFair Trial(母Lady Juror)産駒のCourt Martialを持ちますから、オペラハウスはLady Jurorが豊富です。 スカーレットブーケの父ノーザンテーストのHyperionと母キャッチータイトルのLady Juror、やっていることはダイワスカーレットと同じようなことです。
ダイワスカーレットメジャーエンブレムの違いを探すのであれば、メジャーエンブレムの方が、より日本の芝向きということでしょう。私が思うに、ダイワスカーレットヴァーミリアンなども輩出するスカーレットインク牝系で、Alibhaiの影響か非常にパワーも発現していたような気がしています。しかしメジャーエンブレムは3代母Her Ladyshipがボールドラッド(USA)、Mill Reelを通じてNasrullahとPrincequilloのクロスを持ちますし、自身もHalo≒Red God≒Past Example3×5・5とHalo的なスピードを増幅させています。ダイワスカーレットはパワーでドスンドスンと進んでいく走りでしたが、メジャーエンブレムには望田先生も述べられていますが、しなやかさをも感じさせる走りをします 。まさに「手のすけられないスピード」といったところで、いくら外差し馬場になろうとも、ダイワスカーレットを彷彿とさせる配合に、さらに日本向きの要素が加わっているというのであれば、もうあらさがしをするのではなく素直に◎を打ちたい。そんなことを思わせる駿馬です。

桜花賞は2007年に阪神外回りコースで施行されるようになってから、より一層オークスとの結びつきが強くなり、「末脚」がポイントとなりました。その恩恵を受けたのがディープインパクト産駒であり、桜花賞におけるディープインパクト産駒の強さは周知の通りです。 しかし、ひとえに「末脚」といっても、2つの種類に分別できると思うのです。「瞬発型」と「持続型」です。

「瞬発型」の代表例は、ジェンティルドンナ。陸上の100mの選手とマラソン選手を見ても分かるように、硬派なパワーを源にする馬の方がトップスピードに乗るのが速い(=瞬発力)です。ジェンティルドンナの母ドナブリーニは、Coutly DeeとMy Bupersという名牝を併せ持つパワー型で、 パワーによる加速力が持ち味でした。まさにスローペースが多い現代競馬の申し子といってよい存在でした 。しかし持続力が求められる流れとなった2014年のジャパンカップでは4着に敗退しました。もちろん、ドナブリーニに、ディープインパクトという日本向きの軟質なスピードを伝える種牡馬を配され、芝向きの体質を手に入れたこと、手脚の長さなど、体系的に恵まれていたことなども名馬に上り詰めた理由ではあります。ダートの短距離馬に出てもおかしくないほどパワーに寄った繁殖牝馬との間の仔をも、芝のマイラーにしてくるのがディープインパクトという種牡馬です。

「持続型」で取り上げたいのはマルセリーナでしょうか。NasrullahとPrincequilloの2頭は、「Nasrullahの軟質なスピードと、Princequilloのスタミナ、長手の体型」でニックスの関係にあり、Mill Reelなどを送り出しました。 このニックスは、柔らかな体質と長手の体型による持続力が魅力です。マルセリーナは母母父Distant Relative→母父Marju→父ディープインパクトと、NasrullahとPrincequilloを継続して配されており、自身はSir Gaylord6×6というクロスも持っています。まさに外回りでこそ活きる末脚といえるでしょう。

もちろん、ジェンティルドンナであれば母のパワーと父の柔らかさのバランスが、マルセリーナであれば、Nasrullah、Princequilloとともにパワー血脈もしっかりとあり、そのバランスが絶妙だったからこそ頂点を極められたわけではあります。また、面白いのはジェンティルドンナに代表される「瞬発型」の方が完成が早いけれども、外回りは不向きであるという点です。今考えるとジェンティルドンナは「モノの違い」で完勝でしたが、本質的に桜花賞で狙いたいのは、ここでいう「瞬発型」よりも「持続型」です。

今回の有力馬の中で、「瞬発型」に該当する末脚の質なのは、シンハライトアットザシーサイドでしょう。シンハライト の母シンハリーズはForli6×4、ForliはFair Trial≒Riot3×3という硬派なスピードを伝える血で、まさに父ディープインパクトの軟質なスピードとのバランスが良いジェンティルドンナに近い馬といえます。池添騎手ですから、そんなことは無いと思うのですが、勝ちを急いでメジャーエンブレムの流れを追いかける形となったら危険でしょう。3強の力は抜けていると思いますが、崩れるとすればこの馬だと思います。アットザシーサイド はラブリーデイのように肩が立ったピッチ走法だから、やはりベストは距離を考えても、前走フィリーズレビューの内回り1400m。しかし能力上位は間違いなく、同世代が相手ならば、無欲の騎乗が出来たならば3着の可能性はあるかと思います。

逆に「持続型」に該当する馬はデンコウアンジュラベンダーヴァレイブランボヌール。 デンコウアンジュ の父メイショウサムソンは自信もそうだったように、広いコース向きの産駒を多く輩出していますし、母父マリエンバードはCaerleon×Darshaanという2つのNasrullahとPrincequillo血脈による配合馬。まだ非力なところがあるので、重い阪神の馬場だとアルテミスSほどバッキューンと弾けませんが、外回りのマイルコースが合っていることは確かです。 ラベンダーヴァレイ はお馴染ボレアスカミノタサハラらの全妹。ボレアスを輩出しているようにパワーも兼備している名牝系なのですが、母母父がCaerleon、母父フレンチデピュティも母MitterandがRoyal Cherger(≒Nasrullah)とPrincequilloを持ちますから、舞台は合っています。ただ、こちらもデンコウアンジュ同様ややパワー不足な感は否めませんね。 ブランボヌール は、ディープインパクト×サクラバクシンオーという配合で、母母アジアンミーティアは種牡馬Unbridled’s Songの全妹で叔父にダコールがいるという良血馬。サクラバクシンオーは名短距離馬でしたが、母系に入るとキタサンブラックアデイインザライフのように、Nasrullah3×4の父サクラユタカオーの柔らかさ≒怠慢さを伝えることもあり、効率の良い走法で距離適性は直仔よりも長めになることが多いです 。前走チューリップ賞は詰まって追えずの参考外、阪神JFの内容からやはりこの舞台は合っています。

「瞬発型」と「持続型」の中間点に位置するのがジュエラーだと思っています。母バルドウィナは異系血脈が多く、Fair Trial7・7×6のクロスを持つのでこのスピードを伝えているのかもしれません。異系の血が影響しているかは定かではありませんが、非常に体質が柔らかいのが印象的です。しかし、前脚の可動域がさほど大きくないようにうつります。これはブエナビスタによく似ています。今年の牝馬路線、メジャーエンブレムの相手はこの馬だと持っています。

他では出走馬の中では非力さを感じさせないウインファビラスレッドアヴァンセはAlzao≒ダンシングブレーヴともいえる興味深いクロスを持った素質馬ですが、非力さが目立ち、タフな阪神コースではまだ厳しいという見立てです。

【まとめ】
血統、配合、走法を見てメジャーエンブレムを逆らう気にはなれなし、むしろダイワスカーレット以来ともいえる「手の付けられないスピード」を見せてもらいたい。相手筆頭はジュエラー。3強決着が濃厚とみるが、崩れるとしたらシンハライトか。3着候補は「持続型」の末脚を持つ デンコウアンジュラベンダーヴァレイブランボヌール と、ウインファビラス 、アットザシーサイド までか。中でも枠順を考慮するとブランボヌールデンコウアンジュが良さそう。配当面を考えれば、ジュエラーから「3着候補」へのワイドなどが面白いか。

----------

【参考】

『日本サラブレッド配合史―日本百名馬と世界の名血の探究』(笠雄二郎著)
望田潤さんのブログ http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo
栗山求さんの連載「血統SQUARE」http://www.miesque.com/motomu/works.html
『覚えておきたい 日本の牝系100』(平出貴昭著)

「うまカレ」とは、競馬の魅力を同世代を中心に発信していこう、競馬界を若い力で持ち上げようと、関東の競馬を愛する大学生が集まり6年前に結成された学生団体です。テレビ出演や、フリーペーパー制作など様々な活動をしています。詳しくは以下のブログやSNSをご覧ください。

【うまカレBlog】http://umacollege.blog.fc2.com
【Twitter】https://twitter.com/umacolle
【Facebook】https://ja-jp.facebook.com/umacolle

金沢ユウダイ
【Twitter】https://twitter.com/derby6_1
【ブログ】http://derby6-1.hatenablog.com/

[もっと見る]

2016年03月08日(火) 12:06 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】〜ダイオライト記念2016〜
閲覧 591ビュー コメント 0 ナイス 5

 交流重賞では名古屋グランプリに次ぐ長距離2400mで行われるダイオライト記念。主にフェブラリーS(1600m)では、距離不足の実績馬が集います。また、交流重賞と言えば、総体的に堅く収まる傾向にありますが、ダイオライト記念は、過去10年で馬連4000円を越える配当が3回、3連単万馬券が7回と中波乱が期待できるレースです。あわよくば高配当ゲットも夢ではありません。

 しかしながら、実績馬が連対しないレースというわけでもありません。近1年以内に2000m以上の交流G1で勝利実績があった馬の連対は、全20頭中5頭、近1年以内に2000m以上の交流G1で連対実績があった馬の連対は9頭と、基本的には実績馬が活躍しています。該当馬は、2007年クーリンガー(2着)、2008年フリオーソ(1着)、ボンネビルレコード(2着)、2009年フリオーソ(1着)、2011年スマートファルコン(1着)、2012年ランフォルセ(1着)、2013年ハタノヴァンクール(2着)、2014年ニホンピロアワーズ(1着)、2015年クリソライト(1着)です。

 また、残る連対馬11頭中、近1年以内に交流G2で連対実績のあった馬は5頭。該当馬は、2006年ヴァーミリアン(1着)、パーソナルラッシュ(2着)、2010年マイネルアワグラス(2着)、2013年オースミイチバン(1着)、2014年トウショウフリーク(2着)です。特に2400m以上の前年のダイオライト記念や名古屋GPの連対馬が、この舞台での活躍を見せています。パーソナルラッシュやフリオーソ、マイネルアワグラスがこのレースで2年連続連対しているように、比較的リピーターが多いというのが、ステイヤー適性も問われる何よりの証拠です。

 ただし、近1年以内の交流G1、G2の連対馬を狙うだけではそれほど高配当が狙えません。実績馬というカテゴリーに該当しない残る6頭、2007年の1着馬キクノアロー、2009年の2着馬マイネルアワグラス、2010年の1着馬フサイチセブン、2011年の2着馬カキツバタロイヤル、2012年の2着馬ピイラニハイウェイ、2015年の2着馬トウシンイーグルに高配当GETのヒントが隠されていそうです。

 この6頭中、キクノアローは前走JRAの準オープン1着、フサイチセブンは前走JRAのオープン2着、ピイラニハイウェイは前走佐賀記念1着という上がり馬。ピイラニハイウェイこそ、前走佐賀記念ということが舐められたのか(佐賀記念のコラムにも記載したように、佐賀記念は実は意外とレベルが高いです)、5番人気という人気薄でしたが、このあたりは普通に狙える馬ではないでしょうか。

 ちょっと狙いづらいのは、前走平安S(当時はフェブラリーSの前哨戦)6着のマイネルアワグラスと前走アルデバランS5着のトウシンイーグル。この2頭の共通項は、隠れステイヤータイプで、中距離では追い込み馬でしたが、前半のペースが遅い長距離では先行することが出来たために2着に浮上しました。マイネルアワグラスはデビューから距離を伸ばして好成績を挙げられるようになったことからなんとなくでもステイヤーの感があります。しかし、トウシンイーグルは、後方からズブズブのイメージで、あまり推測がつかないのが正直なところです。

 しなしながら、トウシンイーグルは6歳夏にして初めて準オープンに勝利し、ダートを勝利した実績があります。こういったタイプはダートのキャリアが浅いゆえに適性が表面化されていない部分が往々にしてあります。また、ダートに慣れてどんどん上昇していく可能性もあるので、初ダートで準オープンやオープン特別を勝つなど強いレースをした馬は、ノーマークにはしないほうがいいでしょう。

 最後に8番人気で2着入線した南関東のカキツバタロイヤル。この馬はどのような馬だったかというと、笠松でデビューし、船橋に移籍した馬。そこで南関東限定の重賞戦線に名乗りを挙げ、このレースで2着となる前年の東京記念(2400m)では3着の実績がありました。距離2100mを越える南関東限定の古馬重賞は、当時も今も年間で3レースのみで、例年、トップクラスのメンバーが集いハイレベルな決着になります。よって、インフレ気味に行われる短距離重賞で上位入線するよりも価値があることが多いのです。

 また、南関東勢は、2013年にトーセンルーチェが3着、2014年サミットストーンが3着になるなど、3連単の波乱の立役者となることがしばしば。トーセンルーチェは同年の報知オールスターCで3着、サミットストーンは前年に金沢の重賞・中日杯(距離2300m)で勝利した実績がありました。南関東に限らず、地方競馬は距離2100mを越えるレースは本当に数が少ないので、近1年以内に距離2100m以上の地区限定重賞で上位入線している馬は、穴馬としての資格があります。南関東ならば3着以内、他地区ならば1着がおおよその目安です。

 さらに昨年から大井で行われる金盃が距離2000mから2600mに生まれ変わりました。これによりダイオライト記念に向けての前哨戦の意味合いがより濃くなったのです。昨年も前走の金盃を1番人気で2着のドラゴンエアルがこのレース4着に善戦したように、今後はここから激穴が生まれる可能性が高いかもしれません。金盃で上位入線した馬や上位人気に支持されながらも人気を裏切った実績馬は、波乱含みのダイオライト記念では狙って妙味と言えそうです。


 まとめるとこうなります!
 ●本命候補
 ・近1年以内の2000m以上の交流G1で連対した馬。
 ・近1年以内の2000m以上の交流G1で連対した馬。
 (特に距離2400m以上の連対馬は注意)
 ●穴候補
 ・隠れステイヤータイプ。
 (距離が伸びて成績を挙げた馬やダートのキャリアが浅い馬)
 ・近1年以内に距離2100m以上の地区限定重賞で上位入線している馬。
 (南関東なら3着以内、他地区ならば1着が目安)


山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

⇒もっと見る

ヴァーミリアンの口コミ


口コミ一覧
閲覧 55ビュー コメント 0 ナイス 10

筆頭オーナー馬の カムカム君

次走は12月24日(土曜日) 冬桜賞に出走予定に成ってます。

血統的にはヴァーミリアン産駒と母父はアドマイヤベガでその母にベガというそのまた父には

トニービンという爆発力を秘めた血統を継いでいる。

血統的にも悪くない馬だと思います。

それまで怪我無く 無事に参戦できることを思ってます。

かなり混戦のレースに成りそうですが あの脚力を生かして 勝って貰いたい物だ

残り400で 4〜5番の位置からなら 充分に差せる馬だと思います。

それと芝では新馬戦で余り良い結果が無かったのですが・・・

ダートに変えて 2歳未勝利戦で13番人気2着には実力的にはかなりな物を持って居ると思います。

そして前走は2番人気1着と着実に実力を付けていると思います。それも武豊騎手騎乗のゼセルに

差しきって1 1/2馬身差で勝ったのも 脚力が有ることを 示してます。

是非とも 怪我無く参戦して出来れば1着をと思ってます。

欲張りなのだろうか(^▽^;)

この写真はnetkeiba.comから掲載させて頂きました

 tntn 2016年11月03日(木) 17:49
武会長には敵わない!? 
閲覧 241ビュー コメント 39 ナイス 293

JBCでは、JRA馬が強さを見せました!(^-^*)/
 
おめでとうございまーす。
 
*****************************
  
JBCレディス・ホワイトフーガ(蛯名騎手)
 
JBCスプリント・ダノンレジェンド(デムーロ騎手)
 
JBCクラシック・アウォーディー(武豊騎手)
 
*****************************

武豊騎手は、今回でJBCクラシック8勝目〜!
 
重ねておめでとうございます。
 
レースでも大人なレース振りで、「武豊会長には敵わない!」と皆が言ったかどうか???
 
ポスターからも「ホワイトフーガ」「レギュラーメンバー(=松永幹夫騎手)」
 
そして堂々と「武豊」!って書いてありますもの。。。(/ω\)
 
スマートファルコン・ヴァーミリアン・ワンダーアキュートと、かつて騎乗した馬ばかり。。。
 
踏まえての勝負は、「2勝」でした。V(^^)V
 
が、レディスの「レッツ初ダートンキ」が来るなんて。。。岩田さんやりますね!(・・。)ゞ
 
*****************************

レディスの優勝賞金4,100万円と、クラシックの半分とは。。。「(゚ペ)
 

[もっと見る]

ヴァーミリアンの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
コメントはありません。

ヴァーミリアンの写真

投稿写真はありません。

ヴァーミリアンの厩舎情報 VIP

2010年12月5日ジャパンカップダート G114着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ヴァーミリアンの取材メモ VIP

2010年12月5日 ジャパンカップダート G1 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。