サウンドトゥルー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
サウンドトゥルー
サウンドトゥルー
サウンドトゥルー
サウンドトゥルー
写真一覧
現役 セ8 栗毛 2010年5月15日生
調教師高木登(美浦)
馬主山田 弘
生産者岡田スタツド
生産地新ひだか町
戦績47戦[10-11-13-13]
総賞金25,738万円
収得賞金23,560万円
英字表記Sound True
血統 フレンチデピュティ
血統 ][ 産駒 ]
Deputy Minister
Mitterand
キョウエイトルース
血統 ][ 産駒 ]
フジキセキ
キョウエイヨシノ
兄弟 ルールソヴァールツインクルスター
前走 2018/01/31 川崎記念 G1
次走 2018/02/18 フェブラリーS G1

サウンドトゥルーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/02/18 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 -- 163540.3----** セ8 57.0 F.ミナリ高木登-- --------
18/01/31 川崎 11 川崎記念 G1 ダ2100 10--------5** セ8 57.0 大野拓弥高木登481(--)2.16.4 1.5----ケイティブレイブ
17/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 16--------2** セ7 57.0 大野拓弥高木登479(--)2.04.8 0.6----コパノリッキー
17/12/03 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 167145.4211** セ7 57.0 大野拓弥高木登478(+1)1.50.7 0.635.5⑭⑭⑬⑬ゴールドドリーム
17/11/03 大井 9 JBCクラシ G1 ダ2000 13--------1** セ7 57.0 大野拓弥高木登477(--)2.04.5 -0.2----ケイティブレイブ
17/09/27 船橋 11 日本テレビ盃 G2 ダ1800 11--------2** セ7 58.0 大野拓弥高木登475(--)1.52.9 0.0----アポロケンタッキー
17/06/28 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 16--------4** セ7 57.0 大野拓弥高木登473(--)2.05.4 1.0----ケイティブレイブ
17/02/19 東京 11 フェブラリー G1 ダ1600 161113.678** セ7 57.0 柴田善臣高木登474(-1)1.35.7 0.635.8⑭⑬ゴールドドリーム
17/02/01 川崎 11 川崎記念 G1 ダ2100 12--------2** セ7 57.0 大野拓弥高木登475(--)2.15.2 0.6----オールブラッシュ
16/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 14--------3** セ6 57.0 大野拓弥高木登475(--)2.06.1 0.3----アポロケンタッキー
16/12/04 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 155815.961** セ6 57.0 大野拓弥高木登474(0)1.50.1 -0.035.8⑭⑭⑭⑬アウォーディー
16/11/03 川崎 11 JBCクラシ G1 ダ2100 14--------3** セ6 57.0 大野拓弥高木登474(--)2.15.6 0.3----アウォーディー
16/09/28 船橋 11 日本テレビ盃 G2 ダ1800 13--------3** セ6 58.0 大野拓弥高木登477(--)1.53.0 1.0----アウォーディー
16/06/29 大井 11 帝王賞 G1 ダ2000 12--------3** セ6 57.0 大野拓弥高木登475(--)2.05.2 1.7----コパノリッキー
16/05/05 船橋 11 かしわ記念 G1 ダ1600 12--------5** セ6 57.0 大野拓弥高木登461(--)1.40.3 1.1----コパノリッキー
16/01/27 川崎 11 川崎記念 G1 ダ2100 13--------2** セ6 57.0 大野拓弥高木登472(--)2.14.1 0.0----ホッコータルマエ
15/12/29 大井 10 東京大賞典 G1 ダ2000 14--------1** セ5 57.0 大野拓弥高木登473(--)2.03.0 -0.3----ホッコータルマエ
15/12/06 中京 11 チャンピオン G1 ダ1800 161212.653** セ5 57.0 大野拓弥高木登472(-2)1.50.7 0.336.6⑮⑮⑯⑯サンビスタ
15/11/03 大井 10 JBCクラシ G1 ダ2000 16--------2** セ5 57.0 大野拓弥高木登474(--)2.04.9 0.5----コパノリッキー
15/10/07 船橋 11 日本テレビ盃 G2 ダ1800 12--------1** セ5 56.0 大野拓弥高木登471(--)1.50.2 -0.6----クリソライト

⇒もっと見る


サウンドトゥルーの関連ニュース

◆マイルの方が◎〔1〕ニシケンモノノフ

 JBCスプリントの勝ち馬は午後3時41分に東京競馬場に到着し、落ち着いて馬房へ収まった。「輸送は慣れたもの。調子が良かった昨年(5着)ほどではないけど、順調にきた。気分良く走らせた方がいいので、1600メートルの方が競馬しやすい」と大野助手は期待を寄せる。

◆集中力増した〔2〕ケイティブレイブ

 川崎記念の勝ち馬は午後3時41分に到着した。「輸送は慣れているし、状態も安定」と北谷助手。昨年6着だが「一年で、より集中して走れるようになった。ずっと在厩で調整してきた馬。先生(目野調教師)にとっても僕にとっても最後のGIなので、無事に走って、驚かせてくれたら」と快走を期待する。

◆テンション高め〔3〕ノボバカラ

 土曜出走の3頭と一緒に金曜午後に東京入り。レース前日はダートコースを1周して最後の調整を終えた。「元気いっぱいだね。(早めに)競馬場に来ているので少しテンションが上がっていたが、それがいい方に出てくれれば…」と天間調教師。

武豊におまかせ〔4〕アウォーディー

 渋滞もなくスムーズに到着した。「若い頃に比べるとカイ食いは細くなったが、もともとうるさい馬ではないからね。今回は芝スタートになるけど、乗り慣れた(武豊)ジョッキーに任せるだけ」と柳助手。

◆“パサパサ”望み〔5〕サウンドトゥルー

 GI3勝馬は坂路をゆったりと2本。「順調にきています。パサパサしたダートの方がいいですね。東京コースは合っているし、本来は中央のダートの方が走りやすいと思います。勢いをつけて4コーナーを回ってくれれば」と高木調教師は期待を込めた。

◆田辺で一発狙う〔8〕メイショウスミトモ

 近親に2000年のこのレースの覇者ウイングアローがいる。「輸送で体が減るのを見越して、余裕を持たせて運んできた。状態面に関してはまずまず。今回は乾いた良馬場で走れるし、枠順や鞍上もいいからね」と永戸助手は代打の田辺騎手に一発に期待を寄せる。

◆カイバばりばり〔10〕テイエムジンソク

 到着後はカイバおけに顔を突っ込み、食欲旺盛な姿をみせた。初めての東京競馬場への輸送にも「馬運車の中はおとなしいですからね。いつもと変わらない感じ」と吉永厩務員。近走の充実ぶりに「競馬を使っても、腰の疲れが残らないようになった」と成長を実感していた。

◆輸送経験は豊富〔11〕ロンドンタウン

 東京コースでも500万下でダ1400メートルのV経験がある。「(韓国など)いろいろなところへ行っているし、馬運車の中でもカイバを食べていたよ。追い切り後の状態に関しては問題ないし、力はある」と中川助手。

根岸Sより上昇〔12〕ノンコノユメ

 根岸Sの覇者は坂路で4ハロン64秒8。「根岸Sの前日は息が重い感じがしましたが、比べものにならないくらい違います。総合的に見たら、2年前(のフェブラリーS)より今の方が強いと思います。本当にデキはいいです」と浅利助手は状態面に太鼓判を押した。

【フェブラリー】ゴールドドリームが単勝2.6倍で1番人気 2018年2月17日() 18:01

 東京開催は最終週を迎え、日曜メインに今年最初のJRA・GIフェブラリーS(18日、ダート1600メートル)が行われる。歴代最多のGI・11勝を挙げたコパノリッキーは引退したものの、ダートの頂上決戦にふさわしい好メンバーが顔をそろえた。



 前日最終オッズは以下のとおり。



 連覇がかかる昨年のJRA賞最優秀ダート馬ゴールドドリームが単勝2.6倍で1番人気、悲願のGI初制覇を狙うテイエムジンソクが単勝3.3倍で2番人気、唯一の4歳馬サンライズノヴァが単勝7.0倍で3番人気、前走の根岸Sで復活を遂げたノンコノユメが単勝9.4倍で4番人気、初のマイル挑戦となる実力馬アウォーディーが単勝14.9倍で5番人気となっている。

 フェブラリーSは2月18日、東京競馬場(11R)で、午後3時40分にスタートが切られる。



(左から)枠番−馬番 馬名  単勝オッズ

1− 1  ニシケンモノノフ  87.3

1− 2  ケイティブレイブ  15.3

2− 3  ノボバカラ    203.3

2− 4  アウォーディー   14.9

3− 5  サウンドトゥルー  41.6

3− 6  インカンテーション 25.7

4− 7  ララベル     109.9

4− 8  メイショウスミトモ153.7

5− 9  キングズガード   63.0

5− 10 テイエムジンソク   3.3

6− 11 ロンドンタウン   34.7

6− 12 ノンコノユメ     9.4

7− 13 レッツゴードンキ  34.4

7− 14 ゴールドドリーム   2.6

8− 15 ベストウォーリア  35.1

8− 16 サンライズノヴァ   7.0



フェブラリーSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【東西現場記者走る】“三拍子”そろったノンコノユメ 2018年2月17日() 05:04

 東西サンスポの精鋭記者が、1週間の密着取材でGIの勝ち馬を探し出す『東西現場記者走る』。今年最初のGIフェブラリーSは大阪サンスポの山口大輝記者(26)が担当する。4日目は美浦に乗り込み、前哨戦の根岸Sを勝ったノンコノユメ陣営を直撃。〔6〕枠(12)番の好枠をゲットし、上昇度はメンバー中一番だ。

 金曜は美浦トレセンに取材の場を移し、フレッシュな気持ちで臨んだ。狙いは2016年の2着馬ノンコノユメ。前走の根岸Sは1分21秒5のコースレコード決着を、メンバー最速の上がり3ハロン34秒2の末脚で差しきった。時計の出やすい重馬場だったとはいえ、驚異の鬼脚。ただ、展開に左右される馬でもあるため、枠順が重要だ。

 午前9時の枠順発表を狙って投票所に向かうと、加藤征調教師の姿があった。枠順が決まっていく中、数えること10番目。指揮官自ら抽選器を回すと、出たのは〔6〕枠(12)番。師は右手の親指をグッと立て、“サムズアップ”をしてみせた。

 「いい並びになったね。先行馬が外に固まると様子を見合ってそんなに(ペースが)速くならないけど、内に固まったからね。そんなにスローにはならないだろうね。平均やや速めの、理想の流れになりそう」

 確かに「できれば逃げたい」と庄野調教師が話していたニシケンモノノフが最内に入り、先手を主張。ケイティブレイブインカンテーションなども内に入ったことで、包まれないようポジションを取りにいくはずだ。

 一昨年のチャンピオンズCのレース前にも「差し決着になりそう」と加藤征師から聞いた。結果、ノンコノユメは6着だったが、サウンドトゥルーが差し切りV。“実績”があるだけに、無視できないアドバイスだ。

 馬も充実期に入っている。「体の張りがよくなってきたよね。輸送で体重が減らなくなってきた」と指揮官。馬体減りの心配がなくなり、これまでハッキング程度だった金曜に坂路&プール調整など、調教を強められるようになった。もともとの素質馬が、完成の域に入りつつある。

 枠よし、展開よし、馬よし。“三拍子”そろったノンコノユメが、かなり怖い存在に思えてきた。あとは土曜に東京競馬場で関西馬の到着を取材し、最終ジャッジを下すのみ。頭をフル回転させて、予想を仕上げたい。 (山口大輝)

[もっと見る]

【フェブラリー】最新ナマ情報 2018年2月17日() 05:03

◆望み通りの内枠〔1〕ニシケンモノノフ

 昨秋のJBCスプリントの覇者で昨年の5着馬は、〔1〕枠(1)番の最内枠をゲットした。庄野調教師は「内が欲しかった。ロスがないほうがいいし、スタートが決まれば先行してもいい」と納得の表情で話した。

◆ユーイチに託す〔2〕ケイティブレイブ

 2つ目のGI勝ちとなる川崎記念を制して勢いに乗っている。枠順は〔1〕枠(2)番に決定。「外がよかったけどね。かぶされてしまうかもしれないから、気合をつけて行くつもりで。そのあたりはジョッキーに任せます」と目野調教師は福永騎手に託した。

◆外枠欲しかった〔3〕ノボバカラ

 Dコースでキャンターを行った。枠番は〔2〕枠(3)番に決まった。「本当は外枠が欲しかった。内枠は仕方ないね。ただ、テンの速いニシケンモノノフより外枠は良かったと思うよ。前々で競馬をしたいね」と天間調教師は先行策を示唆した。

◆偶数番にニヤリ〔4〕アウォーディー

 マイル戦初出走となるジャングルポケット産駒は〔2〕枠(4)番からの発走となった。松永幹調教師は「偶数が良かったからね。内なら外の出方を見ながら運べる。前走と変わらない状態で送り出せる」と仕上がりの良さをアピールした。

◆府中で切れ増す〔5〕サウンドトゥルー

 厩舎周りで運動を消化。GI3勝馬は〔3〕枠(5)番からスタートする。「いい枠だと思いますね。スムーズに外に出して、加速していければ東京の方が切れは増すと思います」と高木調教師はいつも通り末脚にかける構えだ。

◆ハナに行っても〔6〕インカンテーション

 東京大賞典7着からの巻き返しを図るスタートは〔3〕枠(6)番から。「極端な枠じゃなければよかった。行きたい馬を見ながらでも、ハナに行ってもいい。ジョッキーに任せますよ」と羽月調教師は三浦騎手に一任する構えだ。

◆田辺の腕に期待〔8〕メイショウスミトモ

 南井調教師は真ん中の〔4〕枠(8)番にも「内めが欲しかったね。うまく内にためて、外に出す方がいいから」と渋い表情。それでも「ジョッキーもこの馬のことは見てくれていると思うから」と新コンビ、田辺騎手の手腕に期待した。

◆末脚勝負に徹す〔9〕キングズガード

 末脚の破壊力なら上位の存在は〔5〕枠(9)番に決まった。寺島調教師はこの枠順を耳にして「真ん中でちょうどいいですね」とにっこり。「腹をくくって、ためて行ってもらえたら。ひと脚は使ってくれるからね」と期待を込めた。

◆泰然自若〔10〕テイエムジンソク

 悲願のGI制覇を狙って〔5〕枠(10)番からのスタート。木原調教師は「中より外が欲しいと思ってたし、いいんじゃないか。遅いと思えば行くだろうし、行く馬がいれば行かせていいだろうし」と泰然自若としている。

[もっと見る]

【フェブラリー】武が引き出すアウォーディーの新味 2018年2月16日(金) 05:09

 フェブラリーSの追い切りが15日、東西トレセンで行われた。栗東では、川崎記念3着のアウォーディーがCWコースで確かな伸びを披露。初めてのマイル戦で一昨年のJBCクラシック以来の復活Vを狙う。美浦では、サウンドトゥルーに新コンビのミナリク騎手が騎乗し、坂路で態勢を整えた。

 もうひと花咲かせる。気温5度と寒さが少し和らいだ栗東で、8歳を迎えたアウォーディーが活気ある走りを披露。動きを見届けた松永幹調教師は、満足げに切り出した。

 「いい動きだったね。しまいをやる予定だったけど、テンから行きっぷりがよかった。乗っている助手も『いい』と。肉体的な衰えは感じない」

 CWコースで序盤から軽快にピッチを刻んだ。スムーズなコーナリングで直線に向くと、一杯に追われてもうひと伸び。最後まで脚いろは鈍らず、6ハロン80秒8、3ハロン38秒5−12秒0でまとめた。3着だった前走の川崎記念(1月31日)から間隔は詰まっているが、しっかり負荷をかけて仕上げた。

 2015年秋にダートに転じて覚醒。6連勝を飾って翌16年のJBCクラシックでGIウイナーの仲間入りを果たした。だが、それ以降は7戦して全て掲示板を確保しながら勝ち切れていない。武豊騎手は「最近は集中力の持続があれっという感じ。気持ちの部分だと思う」と敗因を分析する。

 そこで今回は新味を求め、芝、ダート含めて初めてのマイル戦に矛先を向けてきた。トレーナーは「スタートは遅くないので、マイル戦でもついていけないことはない。集中して気を抜くことなく走れるんじゃないかな。芝スタートもいいと思う」と意図を説明。武豊騎手も「力はあるから1600メートルで集中できれば。血統的には府中の申し子。血が騒いで目覚めてほしいね」と期待を込めた。

 砂替わりで変身したように、潮目で力を発揮してきたアウォーディー。歴戦のベテランが不気味な気配を漂わせている。 (川端亮平)

フェブラリーSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

★8歳馬のGI

 フェブラリーSの8歳馬では、2008年ブルーコンコルドと13年エスポワールシチーの2着が最高着順。JRAの平地GIで8歳馬のVは、09年天皇賞・秋とマイルCSカンパニー、10年スプリンターズSのウルトラファンタジー(香港)、11年高松宮記念キンシャサノキセキと芝で3頭の例がある。交流GIではタイムパラドックスブルーコンコルドエスポワールシチーワンダーアキュートヴァーミリアンの5頭が8歳で優勝。ワンダーアキュートは15年かしわ記念を9歳で制している。

[もっと見る]

【フェブラリー】サウンドトゥルーにミナリク好感 2018年2月16日(金) 05:05

 GI3勝のサウンドトゥルーは、新コンビのミナリク騎手が騎乗して坂路へ。先行するディアシューター(500万下)の内に併せ、馬なりで4ハロン54秒7−12秒5で併入した。「落ち着いていたね。個人的にこの馬に合いそうだし、GIで流れが速くなるから無理についていかず、最後に脚を使いたい」と、ミナリク騎手は好感触。高木調教師も「間隔が詰まっているのであまり強くやりたくなかった。ちょうどいい」と状態面に不安はない様子だ。

フェブラリーSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

サウンドトゥルーの関連コラム

閲覧 1,448ビュー コメント 0 ナイス 10



先週末が結局4日間開催となったため、週末が来るのが早い(その変則開催のおかげでテイエムジンソクに古川吉騎手は騎乗停止になるも乗れるという)感じがしますね。昨年12月のチャンピオンズC同様帯封ゲットといきたいところ。

私が競馬をはじめた頃は、G3のハンデ戦でナリタハヤブサが今では滅多に見ない61kgを背負ったりしていましたが、今ではダート路線がしっかり整備されて、真の強豪が集うダートのチャンピオン決定戦として定着。近年では若い馬のスピードが古豪を圧倒しています(多くの人がそう考えると案外高齢馬の一発があるかもしれませんが)。勝ち馬のイメージとしては、スタート後に長く芝の部分を走れる外枠から前に行って、終いもうひと伸びというタイプでしょうか。

それでは恒例の全頭診断を。

1番人気想定 テイエムジンソク
古川吉騎手が騎乗停止になるも乗れるという強運もあり、実力的にもそろそろ頂点が見えてきた現況。先行力があり、安定感のある取り口で、あとは芝スタートがダメでないかくらいか。当然有力。

2番人気想定 ゴールドドリーム
昨年の覇者で、その後ややしばらくスランプが続くも、私自身本命を打った8番人気のチャンピオンズCでズドンと差し切ってくれた。やや太目との情報も流れているが、栗東坂路で50秒を切る猛時計を出しており、ゴールドアリュールの正当な後継者として勝って種牡馬入りへの態勢は整った。中京より差しやすい東京でR・ムーア騎手騎乗なら今回も最有力では。

3番人気想定 サンライズノヴァ
同距離同コースのユニコーンS勝ち馬ながら昨秋の武蔵野Sではボロ負けしたり(更に12月の中山ではディアデルレイあたりにころっと4馬身も負けるなど)、ややムラのある馬だが(そのせいで松若騎手は、鳳雛S後にとばっちり降板)、明け4歳で大駆けもあるのでは。

4番人気想定 ノンコノユメ
去勢してからの使いだしが早過ぎて、しぼんだ身体も闘争心もなかなか戻らなかったが、ようやく復活の兆しみせた前走では+10kgと身体も増え、サンライズノヴァとの激しい追い比べを制した。闘争心も戻り、より大きい馬券狙うならここから狙うのもありでは。

5番人気想定 ケイティブレイブ
川崎記念を制して、交流重賞で上位を毎度にぎわす働き者だが、調教師引退を控え秋から6戦休みなく走っており、調教は普通に動けているがそろそろ疲れが出ておかしくない頃でもある。昨年6着時より適性がもっと長めにシフトしてきている感じもあり、人気サイドで消すとしたら、大一番で勝負弱い騎手込みでこの馬か。

6番人気以降想定
インカンテーション:昨年は重賞3勝と復活を見せたが期待した東京大賞典ががっかりな内容で武蔵野S勝ち馬ではあるがちょっと厳しいのでは。

アウォーディー:元々芝で走っていたので芝スタートは歓迎だろうが、コパノリッキーと違って短い距離は向かないタイプで、この年齢でのスピード比べはきつい。

ベストウォーリア:右後肢フレグモーネで前走を取り消したように順調さを欠く高齢馬で、かつては強かったが今回来るイメージ湧かない。

サウンドトゥルー:芝スタートがどうにも苦手で、左回りや距離的にはいいのだろうが東京マイルは向かない。

カフジテイク:昨年は1番人気3着と津村騎手惜しかったが、昨年より末脚の迫力が無くなりピーク過ぎた感じあり。

レッツゴードンキ:JBCレディスクラシック2着がありダートもこなせるのだが、牡馬相手に対等以上だったダイカツジョンヌ(古いか)やホクトベガほどの砂適性は感じない。

ロンドンタウン:昨年夏の札幌でテイエムジンソクをダート1700mなのに1分40秒9という恐ろしい時計で(湿った馬場にしても)破っている。韓国でも重賞を勝ってくるなど、かなり安かった購入価格なのに大活躍しているが、この2走ぱっとせず、暖かくなってきてからか。

キングズガード:同じ左回りのプロキオンSを勝っている、がここのところもたれる面など巧くレースを運べず。前走も折角の得意距離への短縮だったのに、伸びる外でなく内へ入っていって終了と流れがきていない。遅ればせながら前へ行く意識で一皮むけた感ある藤岡佑騎手自体は楽しみだが......。

ニシケンモノノフ:斤量を気にしてか、鞍上の進言もあったようだが芝のシルクロードSに向かって惨敗した前走。1400mがベストなのだろうが昨年も5着に来ており、穴としてはこの馬あたりに期待か。

ララベル:JBCレディスクラシックでは、武豊騎手のプリンシアコメータに体当たりしてかなり怒らせた(決まり手は押し出し)。牝馬でも550kg前後ある巨漢馬で、ゴールドアリュール×ティンバーカントリーでそもそもが社台Fの良血馬。6歳だが激走ゼロではないのでは。

メイショウスミトモ:これまたゴールドアリュール産駒で、昨秋にシリウスSと名古屋GPと2000mや2500mでの実績がある馬。ステイヤー色が強く、出番はここではない。

ノボバカラ:補欠からの繰り上がっての参戦だが1400mまでがベストで、マイルだとちょっと長い。

モンドクラッセ:昨年は得意の北海道シリーズでも活躍できず、衰え顕著。


<まとめ>
上位人気馬(1〜5番人気あたり)の競馬となりそう。あとはどう点数を絞ったり、頭をどの馬にして妙味を見出すかどうかでは。
穴なら芝使いが実は芝スタートの練習のため、という深読み込みでニシケンモノノフあたりか。


登録済みの方はこちらからログイン

2018年2月12日(月) 15:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2018年02月12日号】特選重賞データ分析編(85)〜2018年フェブラリーステークス〜
閲覧 1,750ビュー コメント 0 ナイス 4



次週の注目重賞を、伊吹雅也プロが様々なデータを駆使していち早く分析! もっとも重要と思われる<ピックアップデータ>に加え、<追い風データ/向かい風データ>や<注目馬チェック>など、貴重な情報が満載なウマニティ会員専用コラムとなっております。ぜひ皆様の予想にお役立て下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


<次週の特選重賞>

G1 フェブラリーステークス 2018年02月18日(日) 東京ダ1600m


<ピックアップデータ>

【出走数別成績(2012年以降)】
○25戦以下 [6-4-5-38](複勝率28.3%)
×26戦以上 [0-2-1-40](複勝率7.0%)

 若い馬を重視したい一戦。単純に馬齢が7歳以上だった馬は2012年以降[0-2-1-35](複勝率7.9%)と勝ち切れていませんし、キャリア26戦以上の馬は6歳以下だった馬を含め苦戦しています。たとえ実績上位であっても、高齢馬は過信禁物です。

主な「○」該当馬→ゴールドドリームテイエムジンソクノンコノユメ
主な「×」該当馬→アウォーディーケイティブレイブサウンドトゥルー


<他にも気になる! 追い風データ/向かい風データ>

【向かい風データ】

×「“東京ダ1600mの重賞かオープン特別”において3着以内となった経験がない」馬は2012年以降[0-2-1-44](複勝率6.4%)
主な該当馬→ケイティブレイブテイエムジンソク

[もっと見る]

2018年1月30日(火) 13:45 山崎エリカ
【山崎エリカのダートグレード攻略】〜川崎記念2018〜
閲覧 1,428ビュー コメント 0 ナイス 15

 ダートのG1では、最長距離の2100mで行われる川崎記念。このレースの位置付けは、フェブラリーSの前哨戦であり、ドバイワールドCの前哨戦。しかし、フェブラリーSを目指す馬は、長距離のこのレースよりも、1800mの東海Sに出走することがほとんど。

 また、ドバイワールドCを本気で目指す馬ほど、昨年のアウォーディーアポロケンタッキーのように、前年の東京大賞典からドバイワールドCへ直行する傾向があり、その場合はメンバーが一気に手薄となり、新興勢力にもチャンスが巡ってきます。

 しかし、前年の東京大賞典の上位馬がドバイワールドCを目指さずに、ここへ出走してきた場合は当然有力。前年の東京大賞典で連対した馬の川崎記念での成績は、過去10年で【8・2・0・0】。さらに前年の東京大賞典の3着馬の成績も、過去10年で【0・2・2・0】と上々の成績が収められています。前年の東京大賞典の3着馬でありながら、このレースで連対したのは、2013年のワンダーアキュートと昨年のサウンドトゥルーですが、2013年は東京大賞典の勝ち馬が不在、昨年は東京大賞典の連対馬が不在でした。

 つまり、川崎記念は、基本的には実績重視。実際に過去10年の川崎記念の連対馬20頭中16頭がそれまでのG1で連対実績のある馬でした。実績馬の出走が少ないからこそ、実績がより重要になってくるのでしょう。新興勢力よりも、2009年-2010年の2着馬フリオーソ、2015年の2着馬カゼノコのように、G1ウイナーが前走チャンピオンズCや東京大賞典で4着以下から巻き返すケースのほうが目立っています。東京大賞典の連対馬が不在の年ほど、このタイプを積極的に狙いましょう。

 また、G1以外の路線で川崎記念での活躍が目立つのは、前走の名古屋グランプリで3着以内だった馬。対象馬は2008年の勝ち馬フィールドルージュ、2014年の3着馬トウショウフリーク、2016年の3着馬アムールブリエ。もう少し遡れば、2007年の勝ち馬ヴァーミリアン、2007年の3着馬ドンクールなど。名古屋グランプリの勝ち馬は当然、ここでも人気になりますが、2着、3着馬となるとそれほど人気がありません。

 前記のドンクールはそれまでにG1で連対実績がなく、一年前の名古屋大賞典以降は勝ち星がなかったために、このレースでは6番人気でした。しかし、この年は、東京大賞典の連対馬が不在だったために3着に入線することができました。

 さらに大穴一発を狙うのであれば、コーナーがきつい川崎らしく、内枠の先行馬の一発でしょう。2012年の川崎記念では5番人気のランフォルセが、1番枠から距離損のない立ち回りで2着入線しています。前走で距離が短い南部杯を使われて6着だったことや休養明けで馬体重20堊が人気の盲点となった嫌いはありますが、あっさりと巻き返したのは、レースをロスなく運べたのも大きかったでしょう。過去10年の川崎記念で昨年に次ぐ2番目に荒れたのが2012年でした。


 まとめるとこうなります!

 ●本命候補
 ・前走の東京大賞典の連対馬。
 3着馬も3連複の軸馬ならば有力。

 ●穴馬候補
 ・前走の名古屋グランプリで2着、3着だった馬。
 勝ち馬の活躍も目立つもののG1で連対実績のない2着、3着馬ならば高配当が見込める。

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想はこちらからご覧いただけます!!

[もっと見る]

2017年12月7日(木) 18:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(12/2〜12/3)覆面ドクター・英プロ、岡村信将プロらが大幅プラスをマーク!!
閲覧 651ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、3(日)に中京競馬場でG1チャンピオンズカップが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1チャンピオンズカップは、アポロケンタッキーが当日に出走取り消しとなって15頭立てで発走時刻を迎えます。初G1挑戦のテイエムジンソクが単勝4.8倍で1番人気に推され、以下サウンドトゥルーケイティブレイブアウォーディーカフジテイクまでが単勝ひとケタ台。ノンコノユメロンドンタウンゴールドドリームコパノリッキーと、ここまでが単勝10倍台で続く混戦オッズを形成して全馬ゲートイン。
先手争いは最内枠を利してコパノリッキーが楽々制して1コーナーへ。2番手にはやや行きたがりながらテイエムジンソクが被せていき、ケイティブレイブモルトベーネがその直後。ロンドンタウンが掛かり気味に押し上げてこれに続き、グレンツェントアウォーディーローズプリンスダムメイショウスミトモカフジテイクゴールドドリームミツバサウンドトゥルーノンコノユメキングズガードとなって向こう正面に出ていきます。前半1000mを61.6秒(推定)の比較的ゆったりとしたペースで通過。依然マイペースで運ぶ先頭のコパノリッキーを目がけて、各馬が差を詰めにかかり徐々に馬群は凝縮していきます。
3〜4コーナーを通過して、内コパノリッキー、外テイエムジンソクの2頭横並びの態勢で、ケイティブレイブアウォーディーらも好位から徐々に進出を開始。2番人気サウンドトゥルーは最後方の馬群の中から進路を探す展開となって、直線の攻防を迎えます。
前を行く2頭の叩き合いはどちらも譲らず。食い下がるコパノリッキー、これを捉えんとテイエムジンソクの白熱のバトルが続きます。2番手グループのケイティブレイブアウォーディーあたりはこの2頭との差をなかなか詰められずのまま残り100mを通過していきます。ここで、鋭い伸び脚で迫ったのは8番人気に甘んじていたフェブラリーS覇者のゴールドドリームでした。鞍上R・ムーアの激しいアクションに応えるようにグイグイと伸びて、ゴール前で内の2頭をまとめて飲み込むとそのままクビ差差し切ってV!今年のJRAダートG1を連勝で飾っています。2着にはゴール直前でコパノリッキーを交わしたテイエムジンソクが入り、同じくクビ差の3着には9番人気のコパノリッキーが逃げ粘っています。
公認プロ予想家では、覆面ドクター・英プロ西野圭吾プロイータン育成プロ蒼馬久一郎プロほか、計8名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
3(日)G1チャンピオンズカップを、◎サウンドトゥルーテイエムジンソクコパノリッキーの3連単1584.9倍含む的中で、計15万9780円の払戻しを記録。週末2日間トータルでは、回収率309%、収支19万460円プラスのトップ成績をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
2(土)阪神7Rの◎フリーフリッカー的中、3(日)中京1Rの◎クォーターバック的中、同阪神11Rでの◎サトノアリシア的中など、随所に◎高精度予想を披露。週末トータル回収率120%、収支10万590円プラスの大幅プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
3(日)阪神9Rでは◎ヒシコスマーからの3連単3265.6倍を含め、計35万9,460円払戻しのビッグヒットをマーク!週末トータルでは回収率114%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
2(土)の中京11Rで13万2,000円、3(日)中山2Rで12万6,200円、同阪神9Rで23万9,800円と3本のスマッシュヒットを披露!週末トータルでは回収率111%を達成しています。
 
 
 
この他にも、イータン育成プロ(116%)、河内一秀プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年12月3日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第318回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜チャンピオンズカップ G1
閲覧 970ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は中京11R「チャンピオンズカップ G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、アウォーディーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のゴールドドリームまで2頭。
第2グループ(黄)は、ノンコノユメから1.0ポイント差(約1馬身差)内のカフジテイクまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、テイエムジンソクから同差内のキングズガードコパノリッキーアポロケンタッキーサウンドトゥルーまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

上位には各グループ間にみられる1.0ポイント程度の差が目立つ程度。ハッキリとした力差は、この凄馬出馬表からは認められないといった印象です。加えて、いつも言うように、ダートG1の場合U指数に含まれない交流重賞での結果が存在しますので、あくまでJRAでの成績のみを反映したものとして捉えたいところです。

そんななか今回の私の本命は◎ノンコノユメとしました。ここ2年は差しの決まる展開となっているチャンピオンズカップ。今年もある程度流れるとみて内枠の差し勢から◎に期待しました。8ヶ月ぶりだった前走の武蔵野Sはここに向けていかにもな敗戦。去勢以降は以前ほどの爆発力は感じられなくなっていましたが、58キロを背負ってのそのレースぶりにここでの好走を感じさせるものがありました。道中も近2年のチャンピオンズカップで見せたような手応えの悪さがなく、前走ではいつになくスムーズに追走できていましたし、本調子が窺える今回、昨年と違い継続騎乗で臨む◎ノンコの夢成就を期待します。さすがにそろそろ落ち目かと感じていた同じセン馬の△サウンドトゥルーが、前走で鮮やかに復活を見せたのなら、今度はこちらのセン馬の出番かと。
○はカフジテイク。昨年は展開的に向いたとはいえ、4角では大外を回る大きなロスがあったのも事実。直線では大外を通すのが正解の馬だとは思うのですが、コーナリングという点では痛かった印象でした。今年は頼もしい鞍上を配しての挑戦で昨年以上の結果を期待します。
▲はケイティブレイブ。前に行く馬の中では、枠的にも、行けなければ無理に行かなくても競馬ができるという点でも、一歩リードの存在とみています。想定の差し展開であっても、アタマまであっても。
☆はコパノリッキー。過去3年このレースでは良いところなしですが、気持ち良く運べた時の強さは折り紙付き。中京1800mも東海Sで勝利経験もありますし、この鞍上で、このオッズなら、期待してみたくなります。
以下、先に挙げた△サウンドトゥルーを筆頭に、△アウォーディー、△テイエムジンソクと印を回し、今回の私の馬券は◎から馬単マルチで勝負とします。

【馬単流しマルチ】
◎⇔印
4⇔1,2,11,12,13,14(12点)

[もっと見る]

2017年12月3日() 13:00 競馬プロ予想MAX
「プロ予想MAX四天王の決断!」/チャンピオンズカップ G1(いっくんプロ)
閲覧 1,133ビュー コメント 0 ナイス 5



 JRAの下半期のダート王決定戦であり、暮れの東京大賞典に直結する大注目の一戦、チャンピオンズカップが本日のターゲットです。予想を担当してくれるのは、ウマニティ公認プロ予想家のいっくんさん。3連単のミリオン馬券を何本もかっ飛ばしているウマニティきっての長距離砲の結論にご注目ください。
 いっくんさんが本命を打ったのはケイティブレイブです。「中京ダートは内枠先行有利。この馬は先行力があるので、好枠を引いたここはすんなり行ける。似たような脚質のテイエムジンソクは、枠がマイナスになりそう」と分析しました。対抗は「差し・追い込みタイプのなかでは比較的先行力があり、いつも確実に追い込んでくる前年覇者」のサウンドトゥルー。単穴は「切れる脚はないが、前々で粘れる脚はあるアウォーディー。以下、А↓、 ↓の順に押さえ、馬券は3連単FM□⇔´Лで勝負します。本レース以外のいっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)

------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】いっくんプロの皐月賞予想
3連単106万4360円を10点買いで的中!1063万4360円払戻し!


「競馬プロ予想MAX」には総勢31名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<

[もっと見る]

⇒もっと見る

サウンドトゥルーの口コミ


口コミ一覧

テイエムジンソク(o・ω・´)o尸

 麻里 2018年2月18日() 05:24

閲覧 17ビュー コメント 0 ナイス 2

明日ゎ遂にフェブラリーS
まず予想(`・ω・´)キリッ

◎テイエムジンソク
○ノンコノユメ
▲ゴールドドリーム
△ぅ▲Ε―ディ
×ゥ汽Ε鵐疋肇ゥ襦
×▲吋ぅ謄ブレイブ

三連複 各10K リアル予想です ´ω`*
裏本命はF ミナリク騎手とサウンドトゥルー今回ゎ
脅威な末脚で上位に(^ω^)

此方も期待のレース

東京12R 大島特別 ◎ キタサンサンバ
京都11R 大和S ◎ コウエイエンブレム

本日の結果

東京開催
久しぶりに中央ダイヤモンドS 三連複34.6倍的中´ω`*
佐賀開催
10R 向春特別 最低人気 ティエムトッピモン連対ではずれw
11R 大観峰賞(S2)三連複3.5倍的中
12R 雨水賞 はずれ

成績 4戦2勝2敗

と、いう内容んんっ(―''―;)余りすっきりしない内容に
午後からネイルしてもらいました( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!
ちょっと派手だったかも…( ̄▽ ̄;)

今日ゎお友達の誕生日 おめでとうございます☆ミ(*´∇`)
良い歳にしてくださいね♪

と言う理由で明日ゎダート戦満載^_-☆

 浪花のクマ 2018年2月17日() 23:05
フェブラリーS 最終決断
閲覧 159ビュー コメント 0 ナイス 4


此処を目標に調整してきた、インカンテーション
逃げ一辺倒の馬でない、周りの状況を見定め
マイペースで走れば・・勝ち負けになる!

第35回 フェブラリーステークス(GI)

◎ インカンテーション
○ テイエムジンソク
▲ ゴールドドリーム
△ サウンドトゥルー
× ベストウォーリア
☆ アウォーディー


単勝

馬単マルチ
◎⇒○▲△×☆

[もっと見る]

 馬券のAエース 2018年2月17日() 21:28
【日曜の格上馬】+フェブラリーS 
閲覧 163ビュー コメント 0 ナイス 6

////////////

【メモリアル】あと1勝で○○○勝♪
川島 信二≪騎手≫〔通算299勝〕
尾形 充弘≪調教師≫〔通算799勝〕
高木 登≪調教師≫〔通算199勝〕まさかサウンドトゥルーで?
大竹 正博≪調教師≫〔通算199勝〕
粕谷 昌央≪調教師≫〔通算99勝〕

///////////////

【日曜の格上馬】
東京4R…エルディアマンテ
京都5R…ムーンレイカー
東京6R…エスティーム
京都7R…エイシンスレイマン
東京8R…ブラックプラチナム
小倉10R…エレクトロニカ

【厩舎&騎手】高確率メソッド
東京3R :◆メイショウタイシ  福永&安田〔複勝率〕44.3%
東京3R :◆レピアーウィット  ムーア&堀〔複勝率〕52.6%
東京4R :◆エルディアマンテ  ルメ&国枝〔複勝率〕 66.7%
東京4R :◆ロンギングファロー  ムーア&堀〔複勝率〕52.6%
東京6R :◆ヴァンクールシルク  ルメ&木村〔複勝率〕65.6%
東京7R :◆レイダー  ムーア&堀〔複勝率〕52.6%
東京9R :◆スマハマ  藤岡&高橋〔複勝率〕42.9%
東京9R :◆ダークリパルサー  戸崎&金成〔複勝率〕48.3%
東京10R :◆プロディガルサン  ルメ&国枝〔複勝率〕66.7%
東京11R :◆アウォーディー  武&松永〔複勝率〕40.0%
東京12R :◆キタサンガンバ  戸崎&小笠〔複勝率〕48.7%
京都5R :◆ネプチュナイト  デム&友道〔複勝率〕57.8%
京都7R :◆ウインシャトレーヌ  デム&大久保〔複勝率〕51.1%
京都10R :◆ロライマ  デム&松田〔複勝率〕 61.2%
小倉3R:◆ハイドラン  浜中&奥村〔複勝率〕45.8%
小倉3R:◆グレートウォリアー  川田&藤原〔複勝率〕56.5%
小倉5R:◆コンテント  川田&藤原〔複勝率〕56.5%
小倉7R:◆キラーコンテンツ  川田&藤原〔複勝率〕56.5%

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【フェブラリーS】東京ダ1600m

≪馬指数≫
1位:〔93〕テイエムジンソク
2位:〔90〕ゴールドドリーム
3位:〔85〕哀汽鵐薀ぅ坤離凜

≪タイム指数≫
1位:〔70.6〕キングズガード
2位:〔70.7〕ノンコノユメ
3位:〔70.8〕Εぅ鵐ンテーション
※近3走JRA対象のレースのみなので今回は地方出走馬が多く比較できません。

≪LAP一致度≫
テイエムジンソク ベストウォーリア

※≪攻略ポイント≫2/15に更新済み
今日の馬場はワンターンでも全然スピードに乗れない馬場でしたよねぇ(((^ω^*)
そのままなら後続勢は苦戦するはずですが、1日経ったら馬場が変わってるということも
よくあることなので。大人の事情で今夜散水もある?(笑)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【小倉大賞典】小倉1800m

≪馬指数≫
1位:〔87〕Ε瀬奪轡鵐哀屮譽ぅ
2位:〔84〕ウインガニオン
3位:〔83〕トリオンフ Д劵奪肇競拭璽殴奪

≪タイム指数≫
1位:〔69.4〕.好坤デヴィアス
2位:〔69.5〕トリオンフ
3位:〔69.6〕タイセイサミット 哀インズミラーグロ

≪LAP一致度≫
.坤デヴィアス ぅ好肇譽鵐献ォーク トリオンフ

※≪攻略ポイント≫2/16に更新済み
ありゃ〜、3項目にトリオンフヽ( ̄д ̄;)ノ
いつも記事書いてる時に気付く(〃゚д゚〃)
ハイペースなら外、ミドル・スローは内を狙えがセオリーなので内から入ったけど
小倉実績のある4歳馬やし、来るんかな?

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今年初のG気任垢韻鼻⊇藜妊好拭璽箸稜呂篏薺離の馬や
なんか同じ土俵で比較しづらいですね^^;
拾う嫌うは感性になりそう。
小倉大賞典の方が個人的には燃える♪

[もっと見る]

⇒もっと見る

サウンドトゥルーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

サウンドトゥルーの写真

サウンドトゥルーの厩舎情報 VIP

2018年2月18日フェブラリーS G1
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

サウンドトゥルーの取材メモ VIP

2017年12月3日 チャンピオンズカップ G1 11着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。