ムスカテール(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
ムスカテール
ムスカテール
ムスカテール
ムスカテール
写真一覧
抹消  黒鹿毛 2008年4月18日生
調教師友道康夫(栗東)
馬主吉田 勝己
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績39戦[7-3-2-27]
総賞金21,969万円
収得賞金9,450万円
英字表記Mousquetaire
血統 マヤノトップガン
血統 ][ 産駒 ]
ブライアンズタイム
アルプミープリーズ
シェリール
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ジェドゥーザムール
兄弟 デルカイザーエトランドル
前走 2017/05/28 目黒記念 G2
次走予定

ムスカテールの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/05/28 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 18714259.31814** 牡9 56.0 吉田豊友道康夫480(-2)2.32.4 1.535.1⑮⑮⑮⑭フェイムゲーム
17/05/07 新潟 11 新潟大賞典 G3 芝2000 1671492.1147** 牡9 56.0 丸山元気友道康夫482(-6)1.59.2 0.634.8サンデーウィザード
17/02/18 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 1522134.5128** 牡9 56.0 中谷雄太友道康夫488(-4)3.36.1 0.934.8⑩⑩⑦⑤アルバート
16/12/25 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1623202.31614** 牡8 57.0 中谷雄太友道康夫492(+2)2.34.9 2.337.1⑭⑭⑬⑭サトノダイヤモンド
16/12/03 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 1311147.6127** 牡8 56.0 中谷雄太友道康夫490(+8)2.00.1 0.433.7⑥⑥⑥⑤ヤマカツエース
16/11/06 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 1581542.71011** 牡8 57.0 A.シュタ友道康夫482(0)2.34.2 0.834.9シュヴァルグラン
16/09/04 新潟 11 新潟記念 G3 芝2000 18816103.1167** 牡8 57.0 津村明秀友道康夫482(-6)1.57.8 0.333.6⑩⑪アデイインザライフ
16/07/10 中京 11 プロキオンS G3 ダ1400 1546208.11514** 牡8 57.0 藤岡康太友道康夫488(0)1.23.9 1.837.8⑧⑨ノボバカラ
15/05/31 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1861221.3107** 牡7 57.5 吉田豊友道康夫488(+6)2.30.4 0.735.1⑪⑪⑩⑨ヒットザターゲット
15/04/25 東京 11 メトロポリタ OP 芝2400 122218.871** 牡7 57.0 吉田豊友道康夫482(-12)2.24.8 -0.034.3⑨⑨⑨⑨ニューダイナスティ
15/04/05 阪神 11 産経大阪杯 G2 芝2000 1458312.81311** 牡7 56.0 四位洋文友道康夫494(+12)2.05.2 2.337.5⑬⑬⑭⑭ラキシス
15/01/28 川崎 11 川崎記念 G1 ダ2100 12--------8** 牡7 57.0 岩田康誠友道康夫482(--)2.19.8 2.9----ホッコータルマエ
14/09/28 新潟 11 オールカマー G2 芝2200 182339.91110** 牡6 56.0 北村友一友道康夫488(+4)2.12.7 0.535.1マイネルラクリマ
14/06/25 大井 12 帝王賞 G1 ダ2000 11--------6** 牡6 57.0 岩田康誠友道康夫484(--)2.05.6 2.1----ワンダーアキュート
14/06/01 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1681514.176** 牡6 57.5 内田博幸友道康夫482(+4)2.31.2 0.234.8⑩⑨⑨⑦マイネルメダリスト
14/03/19 船橋 11 ダイオライト G2 ダ2400 14--------5** 牡6 56.0 岩田康誠友道康夫478(--)2.36.5 1.9----ニホンピロアワーズ
14/01/29 川崎 11 川崎記念 G1 ダ2100 11--------2** 牡6 57.0 岩田康誠友道康夫479(--)2.13.9 0.1----ホッコータルマエ
13/11/30 中京 11 金鯱賞 G2 芝2000 14338.046** 牡5 57.0 M.デムー友道康夫496(+16)2.00.6 1.034.8⑬⑬⑩⑩カレンミロティック
13/11/03 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 18484.628** 牡5 57.5 U.リスポ友道康夫480(-4)2.31.8 0.935.9⑦⑥④アスカクリチャン
13/09/22 中山 11 オールカマー G2 芝2200 16356.639** 牡5 57.0 内田博幸友道康夫484(+4)2.12.7 0.734.7⑩⑩⑩⑪ヴェルデグリーン

⇒もっと見る


ムスカテールの関連ニュース

 2013年の目黒記念・GII優勝馬ムスカテール(牡9歳、栗東・友道康夫厩舎、父マヤノトップガン、母シェリール、母の父サンデーサイレンス)が6月3日付でJRAの競走馬登録を抹消する。今後はJRA馬事公苑で乗馬になる予定。

 ムスカテールは通算成績39戦7勝。獲得賞金は2億4229万3000円。先週の日曜日の目黒記念(14着)がラストランになった。

ムスカテールの競走成績はこちら

【目黒記念】追って一言2017年05月25日(木) 05:01

 ◆アルター・古賀慎師 「けいこ駆けする相手にいい追い切りができた。地元での競馬でハンデも手ごろ。楽しみ」

 ◆ヴォルシェーブ・友道師 「間隔が詰まっているが、脚元は大丈夫。前走は着差以上の強い勝ち方。今回も好勝負」

 ◆カフジプリンス・甲斐助手 「体が締まってきた。派手に動くタイプではないが反応は上々」

 ◆クリプトグラム・藤原英師 「順調に調教ができている。あとは1年ぶりがどうかだけ」

 ◆サラトガスピリット・友道師 「無理をせずに動きは良かった。レースでは相手なりに走るので、ここも期待」

 ◆シルクドリーマー・黒岩師 「この季節になり、馬体が締まっていい感じ。流れに乗れれば」

 ◆トルークマクト・尾関師 「動きは良かったし、今回の方が疲れが抜けるのも早かった。うまく展開がはまれば…」

 ◆ハッピーモーメント・辻野助手 「前走は太め。叩いた今回はもう少しやれていい」

 ◆ヒットザターゲット・清生助手 「もう少しガツンときてほしかったが、けいこは動かないタイプだから…」

 ◆フェイムゲーム・永楽助手 「ここ目標にきっちりできている。ベストの条件」

 ◆マイネルサージュ・鹿戸師 「前走は案外だったが、ここ目標に仕上がりはいい。脚をためる競馬でどこまで」

 ◆ムスカテール・友道師 「調教はいつもこんな感じ。善戦はしてくれそう」

 ◆メイショウカドマツ・藤岡師 「馬場の悪い時間帯にもかかわらず、動きは上々。叩いて良くなっている」

 ◆モンドインテロ・内田騎手 「動きが良く、状態は上向き。チャンスはあっていい」

 ◆レコンダイト・音無師 「ラスト1ハロンだけ伸ばした。この馬なりに動けている」

 ◆ワンアンドオンリー・橋口師 「ブリンカーをつけた効果はあった。ゴール前も止まろうとしなかったからね」

[もっと見る]

【目黒記念】レース展望 2017年05月22日(月) 19:21

 日本ダービーと同日の東京12Rで実施されることが恒例となった伝統のハンデGII、第131回目黒記念(28日、芝2500メートル)。昨年の2着馬マリアライトは、続く宝塚記念ドゥラメンテをはじめとする強豪牡馬を蹴散らし、11年ぶり3頭目の牝馬制覇を果たした。サマーグランプリの前哨戦として重要なレースだ。

 前年覇者のクリプトグラム(栗東・藤原英昭厩舎、牡5歳)はそれ以来1年ぶりの出走となる。左前のトウ骨遠位端骨折で休養を余儀なくされ、調教でのアクシデントや熱発などもあって復帰がここまで延びた。それでも栗東での17日の1週前追い切りではCWコースでステファノスと併せて一杯に追われ、6ハロン80秒0、3ハロン37秒1−11秒8の好時計をマーク。今週のひと追いで十分な仕上がりにもっていけそうだ。「ずっと乗り込んでいるので状態はいい。あとは久々なので実戦勘がどうかだけ」と荻野調教助手も動きには合格点を与えている。前年より2キロ重い56キロのハンデを克服できるかがポイントになる。

 前走のメトロポリタンSでオープン初勝利を挙げて勢いに乗っているのがヴォルシェーブ(栗東・友道康夫厩舎、牡6歳)だ。重賞未勝利とはいえ、3着に入った昨秋のアルゼンチン共和国杯ではシュヴァルグランアルバートと僅差の勝負をしてGIIレベルの能力は示している。当時より1.5キロ重い56.5キロのハンデが鍵だが、東京で【3・1・1・0】、2400〜2500メートルで【3・1・2・1】という好成績からも東京芝2500メートルはベストといえる舞台で、元大リーガーの佐々木主浩オーナーの所有馬から新たな重賞馬が誕生するかもしれない。

 モンドインテロ(美浦・手塚貴久厩舎、牡5歳)は重賞で【0・0・2・4】だが、昨年のステイヤーズS、今年の日経新春杯でともに3着と、GIIに手が届くところまできている。ハンデは昨秋のアルゼンチン共和国杯(4着)と同じ56.5キロで、ヴォルシェーブとの比較では優位に立っているといえるかもしれない。前走の大阪杯で初めてGIを経験したことでひと皮向ければ、最後のもうひと押しが利くはずだ。

 実績ではメンバー唯一のGIホースで、3年前のダービー馬ワンアンドオンリー(栗東・橋口慎介厩舎、牡6歳)がトップ。2014年の神戸新聞杯を最後に勝ち星から見放されているが、2400〜2500メートルのレースでは着順は悪くても、大きくは負けていない。ここ2戦の阪神大賞典(7着)、天皇賞・春(11着)は距離が長すぎた。トップハンデタイの58キロでも、適距離なら目が離せない。

 もう1頭の58キロが重賞4勝のフェイムゲーム(美浦・宗像義忠厩舎、セン7歳)。昨夏に去勢してから成績がひと息だが、そろそろ走れる状態に戻ってくる頃。東京芝2500メートルは14年にアルゼンチン共和国杯を勝った舞台。2週連続GI制覇と絶好調モードのルメール騎手と新コンビを組む点も注目される。

 3番目に重い57.5キロが一昨年の覇者ヒットザターゲット(栗東・加藤敬二厩舎、牡9歳)。重賞4勝は5番人気、6番人気、11番人気、11番人気と意外性のある馬だ。目黒記念は15年以外にも13年4着、16年3着と好走しているように、時期も舞台もぴったりなのだろう。ここ3戦連続2桁着順で人気落ち必至だが、侮れない存在だ。

 今回のメンバーで最も気になるのはラニ(栗東・松永幹夫厩舎、牡4歳)=56キロ=かもしれない。ダートを主戦場にUAEダービー制覇、ベルモントS3着など世界でも知られる存在になった馬が、デビュー戦(4着)以来となる芝レース挑戦だ。2走前のドバイワールドC8着後、ムーア騎手は「重賞を勝てる力はある。2400メートル以上あった方がいい」と言っていた。母ヘヴンリーロマンスが2005年の秋の天皇賞馬で、芝適性を備えていても不思議はない。

 前走で1600万下を勝ち上がったアルター(美浦・古賀慎明厩舎、セン5歳)=55キロ、ウムブルフ(美浦・堀宣行厩舎、牡4歳)=55キロ、サラトガスピリット(栗東・友道康夫厩舎、牡5歳)=54キロ=や、日経新春杯5着、ダイヤモンドS3着と重賞で掲示板に載っているカフジプリンス(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳)=55キロ、つかみどころがないが、13年の優勝馬ムスカテール(栗東・友道康夫厩舎、牡9歳)=56キロ=も上位争いは可能だ。

 ホームストレッチの坂下からのスタートで2度の坂越えが要求されるタフな東京芝2500メートル。名物のハンデ重賞を制するのはどの馬か−。

目黒記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【目黒記念】特別登録馬2017年05月21日() 17:30

[もっと見る]

【古馬次走報】シャケトラ、宝塚記念へ2017年05月11日(木) 05:00

 ★天皇賞・春9着のシャケトラ(栗・角居、牡4)は、ルメール騎手との新コンビで宝塚記念(6月25日、阪神、GI、芝2200メートル)へ。

 ★ブリリアントSを勝ったミツバ(栗・加用、牡5)は、帝王賞(6月28日、大井、交流GI、ダ2000メートル)。4着ラニ(栗・松永幹、牡4)は、目黒記念(28日、東京、GII、芝2500メートル)でデビュー戦以来の芝に参戦。新潟大賞典7着ムスカテール(栗・友道、牡9)も同レースへ。

 

[もっと見る]

【新潟大賞典】厩舎の話2017年05月05日(金) 05:02

 ◆ウインインスパイア・高橋祥師 「相手は強いが状態は良い。ハンデを生かせれば」

 ◆サンデーウィザード・山口助手 「充実している。展開の助けがあれば」

 ◆シャイニープリンス・栗田博師 「納得できるいい動き。1回使って良くなっている」

 ◆ジュンヴァルカン・友道師 「ゲートを五分に出てくれれば。動きは申し分ない」

 ◆トルークマクト・尾関師 「ここが目標。前走より状態はいい」

 ◆トーセンレーヴ・池江師 「馬が加減している感じ。気持ちも入っていないので…」

 ◆パリカラノテガミ・清水英師 「動きはすごく良かった」

 ◆バロンドゥフォール・久保田師 「馬体が締まって動ける体になっている」

 ◆フルーキー・辻野助手 「気合が入ってきた。能力的にはやれていい」

 ◆マイネルフロスト・高木師 「反応が良くなっているが、叩き良化型で」

 ◆ムスカテール・友道師 「左回りはいいし、善戦してほしい」

 ◆メートルダール・石井助手 「リラックスしていい動き。決め手もしっかりしてきました」

 ◆モズライジン・矢作師 「リフレッシュして良くなっているが…」

 ◆レッドソロモン・庄野師 「追い切りはしっかり反応していたし、気配もいい」

 ◆ロンギングダンサー・田村師 「体調はいい。気持ちを切らさなければ」

新潟大賞典の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

⇒もっと見る

ムスカテールの関連コラム

閲覧 1,108ビュー コメント 0 ナイス 9

 ダートグレードでは名古屋グランプリに次ぐ、長距離2400mで行われるダイオライト記念。主に川崎記念の上位馬やフェブラリーSでは、距離不足の実績馬が集います。また、地方で行われるダートグレードと言えば、総体的に堅く収まる傾向にあります。しかし、ダイオライト記念は、けっこう荒れる!?

 特に最近は、波乱の傾向が顕著で、2010年のフリオーソ、2012年のワンダーアキュート、2013年のハタノヴァンクール、2014年のムスカテールなど、単勝オッズ1.0倍台の馬がことごとく人気を裏切っているのです。2010年、2012年は、断然1番人気のフリオーソ、ワンダーアキュートがともに4着凡退により、馬連6千円台の高配当が出現。さらに2012年は2番人気のフリーオソも5着に惨敗したために、3連単13万5060円の超高配当が出現しました。

 さて、ダイオライト記念で断然の1番人気馬がことごとく人気を裏切るのはなぜでしょう? 実は、答えは簡単! 前走でG1の川崎記念やフェブラリーSを大目標とし、そこで結果を出した後の一戦となるからです。前記した馬たちは、すべて前走の川崎記念2着以内か、前走のフェブラリーSで3着以内だった馬でした。

 2011年のスマートファルコンこそ単勝オッズ1.0倍の人気に応えて勝利していますが、同馬は連勝記録を続行中だった馬。遡れば2008-2009年のフリオーソも、ともに前走川崎記念2着からこのレースで勝利していますが、この頃の同馬は、強豪相手の他G1でも連対するなど、勢いがありました。つまり、今回のメンバーにおいて力量がひとつ抜けた存在の馬でない限り、過信は禁物。前走のG1で通用したからと言って、G2のここでお釣りのない状態で通用するほど競馬は甘くはないのです。

 しかし、実績のない馬も容易に通用しないのが競馬。過去10年の連対馬20頭中、9頭が過去1年以内の距離2000m以上のG1で連対実績のある馬でした。該当馬は、2007年クーリンガー(2着)、2008年フリオーソ(1着)、ボンネビルレコード(2着)、2009年フリオーソ(1着)、2011年スマートファルコン(1着)、2012年ランフォルセ(1着)、2013年ハタノヴァンクール(2着)、2014年ニホンピロアワーズ(1着)、2015年クリソライト(1着)です。

 ランフォルセのみが前走の川崎記念以外にG1連対実績のなかった馬ですが、同馬は川崎記念時は感冒で満足な追い切りが出来ずに、プラス20堊で出走した馬。つまり、実質、川崎記念が目標ではなかったため、ここでも通用したのでしょう。まとめると、前走の川崎記念、フェブラリーSを除く、過去1年以内の距離2000m以上のG1で連対実績のある馬は、このレースでかなり信頼できます。

 また、しばしば人気薄で穴を開けるパターンは、前年の名古屋グランプリで3着以内だった馬。2013年にオースミイチバンが6番人気で1着、2014年トウショウフリークが3番人気で2着とこの舞台で活躍を見せています。当然、前年のダイオライト記念で結果を出した馬も活躍を見せているのですが、2008-2009年のこのレースの覇者フリオーソは、このレース3度目の挑戦となった2010年で5着、4度目の挑戦となった2011年も5着というように、3連発が利いていないのが特徴。

 かつて舛添要一元都知事が所有していた(政治家になる手前に転売)の船橋インテリパワーは、同レースで2着、2着、1着と3連発したことがありましたが、その頃は中央のトップクラスが遠征して来なかった時代。中央のトップクラスが積極的に遠征し、より実力が拮抗していることや競走馬が年齢とともに衰えていくことを考えると、3度、4度とリピート好走することは厳しそうです。

 さらにこのレースでは、2011年にカキツバタロイヤルが8番人気で2着に好走、他2013年に6番人気のトーセンルーチェ、2014年に7番人気のサミットストーン、2016年に5番人気のユーロビートが3着に入線するなど、地方馬が度々、穴を開けています。この4頭の共通項は、過去半年以内に地元のダ2100m以上の重賞で3着以内の実績があること。

 カキツバタロイヤルは前年10月の東京記念競走で3着、トーセンルーチェは同年1月の報知オールスターCで3着、サミットストーンは前年12月の中日杯(金沢)で1着、ユーロビートは前年9月の東京記念で1着、同年金盃で2着です。地方にはダ2100m以上の長距離番組がほとんどないために、強豪が集結する傾向があります。そこで上位争いをした馬というのはやはり強いし、長距離適性もあるのでしょう。


 ●まとめ

 ・本命候補
 過去1年以内のG1で連対実績がある馬。(前走の川崎記念で2着以内だった馬や、フェブラリーSで3着以内だった馬を除く)

 ・穴馬候補
 前年の名古屋グランプリで3着以内だった馬。
 地方馬。(半年以内に地元のダ2100m以上の重賞で3着以内の実績があることが条件)

山崎エリカさんのダートグレード競走最新予想(「競馬プロ予想MAX」)はこちらからご覧いただけます!!


登録済みの方はこちらからログイン

2017年02月18日() 14:00 競馬プロ予想MAX
第246回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜ダイヤモンドステークス G3
閲覧 466ビュー コメント 0 ナイス 1

みなさんこんにちは!

本日は東京11R「ダイヤモンドステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、アルバートフェイムゲームファタモルガーナの3頭。
第2グループ(黄)は、カフジプリンスラブラドライトの3頭。
第3グループ(薄黄)は、ムスカテールサイモントルナーレの2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表をご覧いただくと上位間で目立つのは総合ポイント3位のファタモルガーナカフジプリンス間の2.1の溝、その他では大きな溝はない分布となっています。

私の本命は◎カフジプリンスにしたいと思います。ご存知の方も多いと思いますが、とにかく出脚、反応が鈍く置かれてしまう馬ですが、一方で札幌の阿寒湖特別で見せた持続力、ラストの坂でもグイグイ伸びてくるパワー、スタミナは素晴らしいものがあります。今回の3400mへの距離延長と広い東京コース変わりは間違いなく絶好の条件です。

以下、○アルバート、▲フェイムゲーム、△ファタモルガーナムスカテールジャングルクルーズプレストウィック、☆フェスティヴイェルと印を打ちます。

【3連単】
8

7,12

1,2,6,7,9,11,12

8

1,2,6,7,9,11,12

7,12

計24点

アルバートフェイムゲームは58キロですし、ここは強気に頭固定でいきたいと思います!

[もっと見る]

2016年12月28日(水) 18:20 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(12/24〜12/25)はははふほほほプロが回収率141%、収支プラス29万超!
閲覧 718ビュー コメント 0 ナイス 9

先週は25(日)に中山競馬場でG1有馬記念が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1有馬記念サトノダイヤモンドが2.6倍で1番人気、2番人気がキタサンブラックで2.7倍、3番人気ゴールドアクター7.9倍、4番人気サウンズオブアース8.7倍とここまでが10倍を切って上位人気を形成しました。
 
注目のスタートはムスカテールが出遅れますが、その他各馬はきれいな出だし。大方の予想通り中からマルターズアポジーが先頭に立ってホームストレッチに入ります。先頭はマルターズアポジーでリードは4馬身、2番手にキタサンブラック、そこから2馬身ほど間があいてゴールドアクターアドマイヤデウスサムソンズプライドマリアライトと続いて先行集団を形成。中団からはミッキークイーンヤマカツエースサトノダイヤモンドサウンズオブアースサトノノブレスシュヴァルグランアルバートと追走。後方からはデニムアンドルビームスカテールが並走してそこから3馬身ほど間があいて最後方にヒットザターゲットの態勢。
 
前半の1000m通過は1分1秒0(参考タイム)の平均的な流れ。向こう正面でサトノダイヤモンドがポジションを取りに行って3番手、キタサンブラックを見る形でレースを進めます。残り1000mを通過、ここでサトノノブレスが仕掛け気味に上がっていくとこれに反応したのがキタサンブラック、ここでペースが一気に上がって直線コースへ差し掛かります。マルターズアポジーを交わしたキタサンブラックが先頭、これに併せる形でゴールドアクター、その外にはサトノダイヤモンド、後続も差なく前の3頭を追います。
 
残り200mを通過、逃げるキタサンブラックゴールドアクターを突き放して逃げ込み態勢、直後のサトノダイヤモンドも追い込みますが、反応やや鈍くなかなか差を詰められません!
 
残り100m、坂を上がってゴールドアクターはやや一杯、キタサンブラックの粘り込み濃厚かと思われた直後、ここでサトノダイヤモンドがグングン加速!内キタサンブラック、外サトノダイヤモンド!1、2番人気馬による激しい叩き合いとなりましたが、僅かに外サトノダイヤモンドキタサンブラックをクビ差捉えて有馬記念を制しました!勝ちタイムは2分32秒6(良)。クビ差の2着にキタサンブラック、そこから半馬身差の3着にゴールドアクターが入っています。
 
公認プロ予想家ではおかべプロほか7名が的中しています。

------------------------------------------------------------------------------

☆☆☆注目プロ →はははふほほほプロ
25(日)阪神12Rで『血統からは初ダートは望むところ。15日、21日と坂路で好調教連発。発馬を決めて逃げ〜先行。一発あるならこの馬。』と狙った◎タガノエスプレッソ(43.5倍)の単複を仕留め、15万6600円を払い戻し!阪神7Rでは単勝28.7倍のサブトゥエンティの単複を仕留め、11万8200円を払い戻しました!この他にも24(土)中山3Rアダマンティン(19.7倍)、中山9Rディオスコリダー(18.1倍)など鋭い予想を3日間に渡り披露!週末トータル回収率141%、収支プラス29万4900円をマークしています。

☆☆☆注目プロ →シムーンプロ
23(金)阪神4Rで『初戦は外に張って走っていたようで競馬がチグハグだった。チーク着用で改善されれば変わっても。』と狙った大穴マスターコード(78.4倍)を本命に抜擢!馬連289.8倍、ワイド68.4倍、複勝23.9倍を仕留めました!24(土)中山6Rでは◎サウンディングベルの単勝43.1倍、複勝8.5倍を的中!この他にも25(日)中山1Rリオファンク(42.7倍)、中山9RホープフルステークスG2の◎マイネルスフェーン(47.3倍)など穴の激走馬を次々と推奨!週末トータル回収率122%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →おかべプロ
25(日)中山7Rで◎ステイブラビッシモ×ステイパーシスト×ブライトバローズの印で3連複1点勝負!34万9000円を払い戻しました!さらに中山10R有馬記念G1では◎サトノダイヤモンドキタサンブラックの馬連を1点勝負で仕留め、4万4000円の払い戻し!週末トータル回収率189%、収支プラス23万4340円をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
25(日)阪神1Rで『硬さがありパワータイプ。条件替わりで良さが出そう。』と本命に推した◎アッティーヴォスマートニンバスの馬単21倍を2000円仕留め、4万2000円を払い戻し!中山2Rでは◎○の馬連13.8倍を2000円的中させ、2万7600円を払い戻しました!週末トータル回収率172%をマークしています。
 
この他にもKOMプロ(140%)、山崎エリカプロ(126%)、伊吹雅也プロ(120%)、kmプロ(119%)、ろいすプロ(113%)、蒼馬久一郎プロ(108%)、加藤拓プロ(100%)が回収率100%超えの活躍を見せています。

※全レースの結果速報はこちら
 
今年も1年間誠にありがとうございました!来年もウマニティ競馬プロ予想MAXをどうぞ宜しくお願い致します!

[もっと見る]

2016年12月22日(木) 22:00 くりーく
【くりーくの前回→今回調教チェック!】〜2016有馬記念〜
閲覧 1,933ビュー コメント 0 ナイス 5

こんにちは、くりーくです。このコラムでは、今週行われるG1を中心に出走予定馬の前走と今走の調教を比較分析してご紹介します。私の予想の基幹部分でもある調教分析術を是非あなたの予想にお役立て下さい。
尚、シューナカコラムで取り上げている競走馬については同コラム内でコメントしていますのでそちらでご確認ください。


■最速プロ予想『シューナカ☆』〜プロ予想家陣がアノ注目馬の見解を語る!Vol.18・G1有馬記念編〜はこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=8301
■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


各馬に対する評価の見方は、上段が前走時評価(レースでの着順/調教評価は最終追い切りまで含めた調整過程総評/パドック評価とコメント/前走時短評)、下段が今回評価(1週前までの中間調整過程評価/今回短評)となっています。


前回の朝日杯FS編では、調教評価の良かった馬、調教注目馬とまったく結果を出せずすみませんでした。ただ、経験上こういった馬たちはいつ走ってもおかしくないので、次走出走した時もしくは2、3戦は追いかけてみるといいことがあるかもしれません。特に、人気のない時には是非狙ってみて下さい。
それでは、今年の競馬の総決算・有馬記念へと張り切ってまいりましょう!


◇ファン投票上位順◇

ゴールドアクター
<前走時>4着  調教B  パドックB(イレ込む手前で我慢できている感じ)
動きは悪くないが、もう少し迫力と力強さほしい。
<今回>調教A
1週前追い切りでは一杯に追われて先着も、ゴール板を過ぎてからさらにムチが入る究極の仕上げ。当日にテンションが高くなる馬なので、直前は軽めで十分な感じあり。

マリアライト
<前走時>6着  調教B  パドックB(トモの筋肉が少し寂しく映る)
強く追う訳でもなく折り合いをつける訳でもなく中途半端。
<今回>調教B
1週前追い切りを見ると、前回よりは良い動きにはなってきている。ただ、良い時はもっと外を回って、勢いがあって、時計も出ていただけに......。

[もっと見る]

2016年12月22日(木) 16:00 夢月
【各馬の前走と妙味】〜2016有馬記念〜
閲覧 2,264ビュー コメント 0 ナイス 3

中山芝2500m右回りで行われる有馬記念
簡単にレースの特徴を説明したうえで出走馬の前走を踏まえた妙味について書いていきたいと思います。


■2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラムについて詳しくはこちら
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7807


■レースの特徴■
コーナーを回る回数が多く、とにかくロスのない競馬を心掛けたいコース。
ただでさえタフさを求められるので、いかにスタミナを節約するかが鍵になります。
よって何らかで失速した際に立て直すのに時間がかかる馬や、コーナーを回るのが下手な馬などには厳しいレースになるでしょう。
経済コースを上手に立ち回ることが勝利に直結する以上、枠は内にいくほど有利に。
基本的には強い馬より、完璧にレースをこなした馬が勝つ、技巧的な舞台と言えます。

■前走の分析■

アドマイヤデウス
●前走天皇賞(秋) G1 6着 (経由1頭)
中団の外目を追走するも、上がり勝負となり決め手で屈した。
この時の馬体重が調教後496kg、当日476kgと明らかに状態面が万全ではなく、輸送減りも起こしていた。
キレ負けというより動きがもっさりして伸びきれていない様子で、それでモーリスと0.6秒差なら着順以上に評価して良いのでは。
前々走はキタサンブラックの方が良い位置にいながらもクビ差まで詰めていたし、地力は疑いようがないだろう。
昨年の有馬記念は前残りだったことを考えれば良く頑張っており、日経賞もハイレベルな一戦でコース適性は文句なし。
スムーズな競馬が出来れば有力馬をまとめて負かすシーンも十分考えられる。

アルバート
●前走ステイヤーズS G2 1着 (経由2頭)
内をスムーズに立ち回り、ロングスパートから追い比べを制した。
スタミナ豊富で本質的にはステイヤーなのだろうけど、それなりに距離があれば結構強い印象。
昨年の有馬記念はどうしようもないコース取りで不利が大きすぎたし、スムーズならそこまで負けていない内容で一応の力は示している。
脚質的に不利を受けやすいし相手が相手なので厳しいことには変わりないが、全てが噛み合えば見せ場があっても良さそう。

キタサンブラック
●前走ジャパンカップ G1 1着 (経由5頭)
終始楽逃げで、直線では余裕を持って突き放す圧勝劇。
さすがに前走は恵まれすぎたが、安定して実力を発揮出来る脚質で隙は一番少ない。
ただ前走を圧勝したファン投票1位の馬が過剰人気にならないわけがなく、妙味は皆無と言っていいだろう。
明確なマイナス材料がある馬ではないが、まだ絶対的という存在ではないし過信は禁物。

[もっと見る]

2016年12月21日(水) 18:00 スガダイ
【スガダイのG1番付&今週の注目馬情報先取りV.I.Pパック】〜2016有馬記念〜
閲覧 4,364ビュー コメント 0 ナイス 7

さぁ、今週はいよいよ有馬記念だ。今年の中央競馬を締めくくる大一番だけあって、注目度は文句なし。JRAも宣伝に力を入れているから、否応なしに盛り上がるよね。「2016秋シーズン 『競馬プロ予想MAX』presents連載コラム」も今回がラスト。是が非でも当てたい一戦なので、気合いを入れて出走馬の能力分析に臨んだ。その結果、「これでバッチリ」と自信を持って言える番付をつくり上げることができた。皆さんは、これを参考に納得のいく結論を導き出してほしい。有馬を獲ると獲らないとでは大違い。しっかり馬券をゲットして、素晴らしい年末年始を迎えよう!

※資金稼ぎR、もうひと勝負R情報を更新しました。(12/24)

[もっと見る]

⇒もっと見る

ムスカテールの口コミ


口コミ一覧

目黒記念

 エロボン 2017年05月26日(金) 10:40

閲覧 40ビュー コメント 0 ナイス 8

28日(日曜日)


東京12R目黒記念

◎ヴォルシェーブ
〇モンドインテロ
▲サラトガスピリット
☆ウムブルフ
△カフジプリンス
△クリプトグラム
△アルター
△ハッピーモーメント
フェイムゲーム
ムスカテール


あくまでも現時点での予想です。
ポイント次第で印の入れ換えはあるかもですが、上位4頭の面子の入れ換えは無いと思います。

 ムーンホーセズネック 2017年05月22日(月) 22:59
競馬検討 目黒記念
閲覧 78ビュー コメント 0 ナイス 14

目黒記念

アルター 堅実で

ヴォルシェーブ 底力?

ウムブルフ もう一つ?

カフジプリンス もう一つ?

クリプトグラム ブランク長く?

サムソンプライド さて?

サトラガスピヒット 安定して

シルクドリーマー うーん?

トルークマクト さて?

トレジャーマップ さて?

ハッピーモーメント 再度?

ヒットザターゲット 得意の舞台

フェイムゲーム 力はある

ブレストウィック 再度?

マイネルサージュ さて?

ムスカテール さて?

メイショウカドマツ さて?

モンデインテロ チャンスも

ラニ 芝で

レコンダイト ハマれば

ワンアンドオンリー 気持ち戻らない

[もっと見る]

 人参好 2017年05月07日() 11:34
NHKと新潟大賞典
閲覧 72ビュー コメント 0 ナイス 1

土曜は東京、新潟ともに3単3着が嵌らずでした。

東京は高速馬場、京都は雨影響で高速まではいかない馬場でしたが明日は時計速いレースと見込んでいます
新潟はやや時計が掛かる馬場も明日は回復してきそう。

ではNHK杯
高速馬場で大外回しは届かずになりそう
一貫したスピードは要求される。今回のメンバーからHペースではなく
平均ペースで後半がやや加速気味か?中盤は緩まず。息の長い脚が必要と判断


モンドキャンノ
 阪神JF,京王杯ともにどう評価するかがポイントか。ある程度中盤緩んでキレ勝負となっている
 といえども函館スプリントで実績あるように力は上位も中盤締まった函館2歳でレバンテライオンに
 差し切られたように本質的には溜めてキレが良さそう。距離ぎりぎりで今回はペース次第では危ない

キョウヘイ
 今のところは重巧者か。スタミナありそうで距離伸ばしてもよさそう
 洋芝で見てみたい。

アウトライアーズ
 皐月賞は距離か?潜在能力高そうもここで大幅な変わり身は厳しそうも

カラクレナイ
 スピードタイプ。今回はデムーロが前々で競馬できるかが焦点
 掛かるタイプでそれはないとみる。後方から差し切れるまでの実力と距離適性はなさそうだが

プラチナヴォイス
 皐月賞10着に終わるも大きく離されてない。それなりに先頭集団に追走
 坂ダメなタイプなのかもしれない。スピードタイプの馬だけに府中でどうかはもう一度押さえたい

ボンセルヴィーソ
 スピードレースの対応力に優れている。前走は荒れ馬場と枠に泣いたくちでここはチャンス 
 年明け5走は気になるが・・・調子のいいダイワメジャーだけに心配はないか・・・

ジョーストリクトリ
 ボンセルと比べ荒れ馬場が嵌った感じもある 高速馬場でどこまでできるかは未知数

タイムトリップ
 スピードタイプも距離は未知数
 NZは大外で厳しい展開も踏ん張る。戸崎だけに押さえ要か
タイセイスターリー
 ここでは厳しいか

ディバインコード
 相手なりに走るタイプ。前優位なときはなだれ込みするので要注意かも


オールザゴー
 ここは向きそうも力関係次第 


ミスエルテ
 戦歴からは中盤緩んでキレ勝負が良さそうだが・・・もうちょっと桜花賞でいいところあれば・・


トラスト
 高速馬場への適性があやしい 


リエノテソーロ
 ダートの方が良さそう

レッドアンシェル
 アーリントンで2着で押さえ必要か? ただ後ろからになりそうでここがどうか?
 
アエロリット
 高速馬場でのクイーンCで適性あり。能力はここではNo1と思えるが・・前走がちょっと不可解
 左回りで

ナイトバナレット
 勢いなくなる 冬で力のいる馬場があうのか


ガンサリュート
 ここでは厳しそう



まとめると

 ◎ボンセルヴィーノ
  ここはいい枠で展開と馬場が向きそう。
 〇アエロリット
  8枠がどう影響するか?能力は高いはず
 ▲タイムトリップ
  高速馬場適性がきになるがNZでは大外でよく詰めていた
 △ディバインコード
  3着ならば
 △プラチナヴォイス
  馬場あいそうで
 △プラチナヴォイス

 迷って消しは アウトライアーズとレッドアンシェル 後からは届かずと見て





新潟大賞典

 土曜は雨の影響かこの日記記載時点でもまだ重ですね
 内が不利で外優位。ただこのメンバーだと展開遅そうで逃げ、先行が馬場良いところを選べそうですが
 直線入ってからの追い出し競争、スロー瞬発力勝負と見ます


トルークマクト
 前々走大阪城Sでスローで2着 大荒れ立役者 重賞ではちょっと足りないか?

サンデーウィザード
 人気して切りたいですがw ペース対応の幅が広いですね
 問題は位置取りが後ろになるかどうか? 条件戦では好位につけてましたが・・
 

モズライジン
 ダートから ここでは? 

シャイニープリンス
 高速馬場で平均からスローが合いそうです ここでも


パリカラノテガミ
 重い芝のほうがあいそう


マイネルフロスト
 こちらも重い馬場があいそう

ジュンヴァルカン
 力は上位ですが距離短縮がどうでますか?2400くらいが良さそうです


フルーキー
 昨年のこの時期以来馬券になっていません。衰えたのかどうか?
 和田Jがわざわざ来てるので押さえてもいいオッズかも

ロンギングダンサー
 新潟専用機ですが8歳はさずがに・・・もダンスパートナーの仔ですしね
 

バロンドゥフォール
 展開の助けが今は必要そう


メートルダール
 ここにきて充実期ですね。人気でも素直に従った方が良さそう
 馬場展開ともに問題なさそう

ウインインスパイア
 今は上りが掛かったほうがよさそう

レッドソロモン
 速い上りへの対応力が厳しいとみます
 
ムスカテール
 さすがに厳しいか


シャドウウィザード
 格上挑戦で厳しいか

トーセンレーヴ
 9歳得意条件でもなく厳しい


 まとめると

◎メートルダール   この馬相当強そうでここは通過点
〇フルーキー     この馬場は合いそう
▲サンデーウィザード あまり後ろでなければ
△シャイニープリンス 前走叩いてここは良さそう
xトルークマクト   超スローで浮上
xロンギングダンサー 休明け新潟は好走パターン 8歳は?

[もっと見る]

ムスカテールの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ムスカテールの写真

ムスカテールの厩舎情報 VIP

2017年5月28日目黒記念 G214着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ムスカテールの取材メモ VIP

2017年5月28日 目黒記念 G2 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。