オウケンブルースリ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
抹消  栗毛 2005年2月24日生
調教師音無秀孝(栗東)
馬主福井 明
生産者ノーザンファーム
生産地早来町
戦績27戦[5-5-2-15]
総賞金50,386万円
収得賞金15,450万円
英字表記Oken Bruce Lee
血統 ジャングルポケット
血統 ][ 産駒 ]
トニービン
ダンスチャーマー
シルバージョイ
血統 ][ 産駒 ]
Silver Deputy
Joy of Myrtlewood
兄弟 バリーバーンネオシーサー
前走 2012/12/23 有馬記念 G1
次走予定

オウケンブルースリの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
12/12/23 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 16612116.61514** 牡7 57.0 田辺裕信音無秀孝486(+2)2.34.4 2.537.5⑭⑭⑫⑯ゴールドシップ
12/11/25 東京 11 ジャパンC G1 芝2400 1759207.81714** 牡7 57.0 浜中俊音無秀孝484(0)2.24.9 1.834.5⑦⑥⑥⑦ジェンティルドンナ
12/11/04 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 15587.347** 牡7 58.0 浜中俊音無秀孝484(-4)2.31.1 1.234.9⑫⑬⑫⑫ルルーシュ
12/10/08 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 146924.172** 牡7 57.0 浜中俊音無秀孝488(+4)2.23.4 0.035.2⑦⑧⑤メイショウカンパク
12/03/18 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 1281172.578** 牡7 57.0 安藤勝己音無秀孝484(-6)3.14.4 2.639.5⑩⑩⑦⑥ギュスターヴクライ
12/02/18 東京 11 ダイヤモンド G3 芝3400 16126.2314** 牡7 58.5 田辺裕信音無秀孝490(+2)3.38.1 1.335.3⑪⑬⑭⑭ケイアイドウソジン
11/11/27 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 162446.01210** 牡6 57.0 蛯名正義音無秀孝488(0)2.25.0 0.834.1⑪⑭⑮⑭ブエナビスタ
11/11/06 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 186124.312** 牡6 58.5 田辺裕信音無秀孝488(0)2.31.7 0.235.1⑮⑮⑭⑫トレイルブレイザー
11/10/09 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 8446.633** 牡6 58.0 浜中俊音無秀孝488(+2)2.24.3 0.233.1⑤⑤④⑤ローズキングダム
11/05/01 京都 11 天皇賞(春) G1 芝3200 1881677.21210** 牡6 58.0 浜中俊音無秀孝486(-2)3.21.9 1.335.8⑭⑭⑮⑰ヒルノダムール
11/03/20 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 147124.928** 牡6 58.0 浜中俊音無秀孝488(-10)3.05.4 1.035.5⑫⑫⑨⑧ナムラクレセント
11/02/13 京都 11 京都記念 G2 芝2200 12118.747** 牡6 58.0 内田博幸音無秀孝498(+6)2.15.1 1.235.2⑫⑫⑪⑪トゥザグローリー
10/12/26 中山 10 有馬記念 G1 芝2500 1671324.9811** 牡5 57.0 横山典弘音無秀孝492(0)2.33.7 1.135.4ヴィクトワールピサ
10/11/28 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 1871415.867** 牡5 57.0 C.ルメー音無秀孝492(-12)2.25.4 0.533.8⑰⑰⑯⑯ローズキングダム
10/10/10 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 11793.312** 牡5 58.0 内田博幸音無秀孝504(+22)2.25.1 0.134.7⑨⑨⑧⑧メイショウベルーガ
09/11/29 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 185104.722** 牡4 57.0 内田博幸音無秀孝482(0)2.22.4 0.034.1⑯⑯⑮⑰ウオッカ
09/11/01 東京 11 天皇賞(秋) G1 芝2000 187158.034** 牡4 58.0 内田博幸音無秀孝482(-8)1.58.0 0.833.6⑫⑫⑪カンパニー
09/10/11 京都 11 京都大賞典 G2 芝2400 14224.931** 牡4 59.0 内田博幸音無秀孝490(+6)2.24.3 -0.134.1⑩⑪⑫⑬スマートギア
09/03/22 阪神 11 阪神大賞典 G2 芝3000 128122.617** 牡4 58.0 内田博幸音無秀孝484(+2)3.14.4 1.239.5⑥⑤⑥⑤アサクサキングス
08/11/30 東京 10 ジャパンC G1 芝2400 18117.345** 牡3 55.0 内田博幸音無秀孝482(-2)2.25.8 0.334.2⑧⑦⑥⑥スクリーンヒーロー

⇒もっと見る


オウケンブルースリの関連ニュース

 第52回共同通信杯(11日、東京11R、GIII、3歳オープン国際(特指)、別定、芝1800メートル、1着本賞金3800万円=出走12頭)北村宏司騎乗で6番人気のオウケンムーンが直線鋭く伸びて差し切り勝ち。3連勝で重賞初制覇を果たした。2008年の菊花賞を制した父オウケンブルースリにとっても、産駒初の重賞出走でいきなりのV。タイム1分47秒4(良)。3/4馬身差の2着には3番人気サトノソルタスが入り、1番人気グレイルは見せ場を作れず7着に終わった。

 重賞ウイナーもGI3着馬もディープ産駒も一蹴した。過去10年の勝ち馬からクラシック連対馬が5頭出ている出世レースを制したのは、2008年の菊花賞オウケンブルースリを父に持つオウケンムーン。堂々の3連勝で重賞初勝利を挙げた。

 「坂下での反応が良かったですし、よく伸びてくれました。前走の中山より、東京の方が合うと思っていましたね」

 北村宏騎手が満足げに振り返る。逃げたコスモイグナーツが軽快に飛ばす縦長の流れを3、4番手でスムーズに追走。3コーナー過ぎから前との差を徐々に詰め、残り400メートル手前でゴーサインを出す。上がり3ハロン33秒5の末脚で前2頭をあっさりかわし、外から迫る2着サトノソルタスも封じてフィニッシュ。着差こそ3/4馬身だったが、危なげのない完勝だ。

 血のロマンも実った。ムーンのオーナーは、父オウケンブルースリも所有していた福井明氏。父の生まれ故郷でもあるノーザンファームに依頼して提示してもらった花嫁候補の中から、オーナーが選んだのが母ムーンフェイズだった。現在、JRAに登録されているオウケンブルースリ産駒はわずか7頭。オーナーの情熱が実を結んで、スター候補が誕生した。

 次走は皐月賞(4月15日、中山、GI、芝2000メートル)に直行する見込み。「調教では動かないタイプですが、徐々にまとまってきました。あとは順調に行ってくれれば」と鞍上が言えば、国枝調教師も「つかみどころがなくて、面白い馬だよ。いいものを持っているし、バリバリやらずに臨みたい」と意気込みを口にした。

 クラシックの登竜門で父の名を高めたオウケンムーン。その未来は月明かりのように輝かしいはずだ。 (花田隆)

★11日東京11R「共同通信杯」の着順&払戻金はこちら

オウケンムーン 父オウケンブルースリ、母ムーンフェイズ、母の父エリシオ。鹿毛の牡3歳。美浦・国枝栄厩舎所属。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬。馬主は福井明氏。戦績4戦3勝。獲得賞金5175万5000円。重賞初勝利。共同通信杯は、国枝栄調教師は初勝利、北村宏司騎手は2004年マイネルデュプレに次いで2勝目。馬名は「冠名+母名の一部」。

【共同通信杯】新星誕生!オウケンムーンが重賞初V 2018年2月11日() 16:00

 2月11日の東京11Rで行われた第52回共同通信杯(3歳オープン、GIII、芝1800メートル、別定、12頭立て、1着賞金=3800万円)は、北村宏司騎手騎乗の6番人気オウケンムーン(牡、美浦・国枝栄厩舎)が好位追走から直線は馬場の3分どころを伸びて重賞初制覇。タイムは1分47秒4(良)。オウケンブルースリ産駒はJRA重賞初出走、初制覇。

 3/4馬身差の2着には中団から差してきたR.ムーア騎手騎乗のサトノソルタス(3番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に2番手追走から内めを伸びたF.ミナリク騎手騎乗のエイムアンドエンド(10番人気)。1番人気のグレイルは中団の後ろを追走、直線伸びを欠き7着に敗れた。

 共同通信杯を勝ったオウケンムーンは、父オウケンブルースリ、母ムーンフェイズ、母の父エリシオという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は福井明氏。通算成績は4戦3勝。重賞初制覇。共同通信杯は、国枝調教師は初優勝、北村宏司騎手は2004年マイネルデュプレに次いで2勝目。

 ◆北村宏司騎手(1着 オウケンムーン)「坂下での反応が良かったですし、よく伸びてくれました。中山の前走の方が心配していましたし、東京の方が合うと思っていました。調教では動かないタイプですが、徐々にまとまってきました。フォームが若いですが、そういうタイプなのかな。あとは順調に行ってくれればですね」





★【共同通信杯】払い戻し確定!! 全着順も掲載

[もっと見る]

【共同通信杯】オウケンムーン、対応力に自信 2018年2月7日(水) 05:03

 15頭がデビューし、3頭が勝ち上がっているオウケンブルースリ産駒のオウケンムーンは、連勝中と勢いは十分だ。「(オウケンブルースリを管理した)音無調教師に文句を言われないように、しっかり走らせないと」と国枝調教師は冗談を交えつつも、「競馬が上手でどうにでも対応できるから、(初の)東京は大丈夫そう。ここでうまく走ってくれれば」と期待を込めた。



★共同通信杯の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【菊花賞】リアファル音無師「逃げ馬なのに瞬発力がある」 2015年10月22日(木) 11:56

 牡馬3冠最終戦「第76回菊花賞」(25日、京都、GI、芝3000メートル)が、あと3日に迫った。春の2冠馬ドゥラメンテの骨折リタイアで混戦のなか、最も魅力的に映るのが、芝に転向していきなり連勝してきたリアファルだ。それもTR神戸新聞杯で、ポスト・ドゥラの1番手リアルスティールを完封した。08年オウケンブルースリ以来のVがかかる音無秀孝調教師(61)も、“無傷V3”での戴冠に自信をのぞかせている。

 −−リアファルの最終追い(21日)は坂路で4F51秒6、ラスト1F12秒9。先週とは違った

 音無秀孝調教師「先週の坂路は入りの1Fが12秒台で、馬場が悪かったこともあって、最後(ラスト1F)は14秒もかかってしまった。まったく気にはしてないけど、今週は全体の時計も速かったし、最後も12秒台で収まった。うまくいったね」

 −−一気に距離が延びるが、調整方法は変えていない

 「調教だけで3000メートル仕様にするのは難しいでしょう。だけど、レースのなかでそういう風にしていっているから大丈夫。だから、前々走、前走のような調整でいいんだ」

 −−芝に切り替えてからマレーシアC→神戸新聞杯と連勝中

 「2走前は馬場が悪かったので“行くな”と言ったのに、ハナを切って勝ってしまった。こりゃ道悪がうまいだけかなと思っていたら、良馬場の前走も同じような競馬で押し切ってしまった。またうまくいったと喜んでいたら、周りの人に『いや、強いよ』と言われて自分もそうかな、と思いはじめた(笑)」

 −−芝路線に行こうと思ったきっかけは

 「デビュー前は特にトモの後部が緩くて、兄がクリソライト(13年ジャパンダートダービー)という血統だったので、トモがしっかりしてから芝に行こうと。若葉Sをソエで使えなかった分、転向するのが遅くなってしまったけどね。ここまで走るとは、ハッキリ言ってこちらの想像を超えていた。こんなに適性があるのを早くから知っていれば、ダービーも目指せたかもしれない」

 −−2戦ともに逃げ切り勝ち。今回もハナを切りそう

 「ここ2戦は押っつけているわけでもなく、何もしないのにハナに立っているだけ。ダートでは好位差しだったし、先行する競馬もできないことはない。確かに2、3番手になった場合、前の馬を追いかけたりしないかという心配はあるけど。ただ、この馬の先に(他の馬が)行くとペースが速くなるし、どの馬にとってもお得ではないはずだ」

 −−前走はリアルスティールとの上がりがわずか0秒1差。決してスピードだけの馬ではない

 「そう。ハナに立っても瞬発力が残っているのがすごいところ。直線を向いてヨーイドンの瞬発力勝負だったら強い。問題は消耗戦になったときかな。さすがにこればっかりはやってみないと分からない」

 −−芝無傷V3での戴冠が見えている

 「とにかく逃げ馬なのに瞬発力があるから、前半は折り合いに専念して最後の直線に賭ける。この2戦がうまくいったので、またうまくいくかな、というイメージは持っているよ」

 ■音無秀孝(おとなし・ひでたか) 1954年6月10日生まれ。宮崎県出身。79年に騎手デビューし、JRA通算1212戦84勝。重賞は6勝でGIは85年オークスノアノハコブネ)の1勝。93年に騎手を引退し、調教助手を経て95年に調教師免許を取得。同年6月の開業以降、10年に最多勝利調教師賞を獲得するなどリーディングの上位に名を連ねる。重賞は08年菊花賞オウケンブルースリ)などGI7勝を含む53勝で、JRA通算5310戦645勝。

神戸新聞杯Vは本番に直結

 神戸新聞杯V馬は過去に11頭が本番でも勝利を収めている。特に阪神芝2400メートルで行われるようになった07年以降は、3勝2着1回の好成績を残している。後続に2馬身差をつけて逃げ切ったリアファルは、V最右翼といっていい存在だ。

★夏の上がり馬が数多く頂点

 菊花賞では過去、多くの夏の上がり馬が頂点に立っている。1984年のグレード制導入以降、特に有名なのは90年メジロマックイーン、95年マヤノトップガン、01年マンハッタンカフェ、02年ヒシミラクルなど。過去10年でも優勝馬の半数の5頭が春2冠には出走しておらず、夏に弾みをつけてラス冠を獲得した。昨年のトーホウジャッカルリアファルと同じ音無厩舎の08年オウケンブルースリもそうだった。今年は春の2冠馬ドゥラメンテが不在で、さらにチャンスが広がっている。(夕刊フジ

菊花賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

オウケンブルースリ、登録抹消…種牡馬に 2013年1月21日(月) 05:00

 19日に京都競馬場で引退式を行った2008年のGI菊花賞オウケンブルースリ(栗・音無、牡8)は、20日付で登録を抹消された。通算27戦5勝。獲得賞金は5億386万3000円。重賞はほかに09年GII京都大賞典。昨年12月の有馬記念14着が最後のレースとなった。今後は北海道浦河町のイーストスタッドで種牡馬となる。

 サンスポ、エイト、夕刊フジ、Gallop 業界最大のボリュームを誇る『100人予想』! ★PCはこちらから ★スマホはこちらから

 「サンスポ予想王TV」入会案内 ★PCはこちらから ★スマホはこちらから

[もっと見る]

オウケンブルースリ引退式、今後は種牡馬 2013年1月20日() 05:00

 2008年の菊花賞オウケンブルースリ(栗・音無、牡8)の引退式が19日、京都競馬場で行われた。浜中俊騎手を背に、ブルース・リー主演の映画「燃えよドラゴン」のテーマ曲に乗って芝コースに登場。直線を駆け抜けると、ファンから拍手が送られた。今後は北海道浦河町のイーストスタッドで種牡馬となる。

[もっと見る]

⇒もっと見る

オウケンブルースリの関連コラム

閲覧 4,123ビュー コメント 0 ナイス 10

エアレーションは2013年の夏開催から本格導入された。

この情報をJRAホームページでキッチリ公開するようになったのは、2014年の秋開催(冬開催?)から。

いつからエアレーションが実施されているのか、今になっては関係者以外はわからないのかも知れない。

ただ馬場の高速化による馬の脚への負担軽減策として、もしかしたら5年くらい前から実施されていたのかも知れない。

※エクイターフ本格導入が2009年の福島。そこから全場展開。もしかしてこの情報が伏線か?

仮に、エクイ導入で高速化してしまった馬場を柔らかくするためにエアレーションを取り入れたとする。

だとすれば、2012年頃からエアレーションは試験的に導入されていたのかも知れない。

そして今開催の東京と京都だが、東京にはエクイが導入されているが、京都にはエクイは導入されていない。

また、東京ではエアレーションは実施されていないが、京都では実施された。

ここからは憶測である。本当に推測でしかない。

☆エクイが導入されている東京はエアレーションを実施していない。

☆エクイ未導入の京都でエアレーション実施。

【妄想】…京都では上に書いたように2012年頃から試験的にエアレーションが導入されていた…?

さて。

では実際に検証してみよう。

まずは、2012年の京都大賞典から、決着タイムと上位3頭の血統を調べてみる。

2012年
2.23.4
1着メイショウカンパクグラスワンダー × ダンスインザダーク
2着オウケンブルースリジャングルポケット × シルバーデピュティ)
3着ギュスターヴクライハーツクライ × Fabulous Dancer(ND系))

2013年
2.22.9
1着ヒットザターゲットキングカメハメハ × タマモクロス
2着アンコイルド   (ジャイアンツコーズウェイ × アルザオ)
3着トーセンラー   (ディープインパクト × リシウス)

2014年
2.24.2
1着ラストインパクト (ディープインパクト × ティンバーカントリー)
2着タマモベストプレイフジキセキ × ノーザンテースト)
3着トーセンラー   (ディープインパクト × リシウス)

2015年
2.23.6
1着ラブリーデイ   (キングカメハメハ × ダンスインザダーク
2着サウンズオブアースネオユニヴァース × ディキシーランドバンド)
3着カレンミロティックハーツクライ × エーピーインディ)

パッと見、共通項は無いように見える。

タイム差もその時の展開やらでアゲ・サゲはあるだろう。

ひとつ、共通項があるとするならば、2011年以前は2.23台の決着は無かったということ。

で、だ。

ここで馬場バイアスの分析を入れてみる。

今年の馬場バイアスの傾向は「菊花賞に向くような血統」と考えた。

ダンスインザダークハーツクライサウンズオブアース菊花賞2着馬…

…おっと?

タイム面や血統の字面が似た年がある。

2012年だ。

1着から3着まで菊花賞に向くような血統。

2着のオウケンブルースリなんか、菊花賞馬じゃないか。

これはもしや、2012年にもエアレーションが実施されたのかも知れない。

もう少し、掘ってみる。

2012年〜2014年の秋華賞菊花賞の決着タイムと上位馬の血統を書いてみる。

秋華賞

2012年
2.00.4
1着ジェンティルドンナ(DI × Bertolini(ダンジグ系))
2着ヴィルシーナ   (DI × マキャヴェリアン)
3着アロマティコ   (キングカメハメハ × SS)

2013年
1.58.6
1着メイショウマンボスズカマンボ × グラスワンダー
2着スマートレイアー(DI × ホワイトマズル)
3着リラコサージュ (ブライアンズタイム × キングマンボ)

2014年
1.57.0
1着ショウナンパンドラ(DI × フレンチデピュティ)
2着ヌーヴォレコルト (ハーツクライ × スピニングワールド(ヌレイエフ系))
3着タガノエトワール (キングカメハメハ × SS)

京都大賞典のタイムを感覚で言うと、

普通→早い→遅い(→普通)

だったのが、秋華賞の場合、

遅い→普通→早い

となっている。

次は菊花賞

2012年
3.02.9
1着ゴールドシップ  (ステイゴールド × メジロマックイーン
2着スカイディグニティ(ブライアンズタイム × ノーザンテースト)
3着ユウキソルジャー (トーセンダンス(ダンスインザダーク) × オースミタイクーン

2013年
3.05.2
1着エピファネイア  (シンボリクリスエス × SW)
2着サトノノブレス  (DI × トニービン)
3着バンデ      (オーソライズド × ND系)

2014年
3.01.0
1着トーホウジャッカル(SW × アンブライドルズソング(ミスプロ系))
2着サウンズオブアースネオユニヴァース × ディキシーランドバンド)
3着ゴールドアクター (スクリーンヒーロー × アリダー系)

菊花賞のタイムを感覚で言うと

普通→遅い→早い

って感じ。

京都大賞典の感覚タイムは
普通→早い→遅い(→普通)

秋華賞の感覚タイムは
遅い→普通→早い

うーん、共通項的なモノが一見しては分からんなぁ。。。

と血統表を見てみると、

2012年は秋華賞は王道血統(DI × キンカメ とか)で大賞典・菊花賞は、THE菊花賞向きの血統が好走している感じ。

2013年はLyphardが四代表に入っている馬が好走している感じ。

2014年はSS系に砂を走る母系や短距離系母系というマイナーな組み合わせが好走してる?

こんな感じか。

で、今年の大賞典はTHE菊花賞向き血統が好走した。

ならば、秋華賞は王道血統で攻めればいいのか。

というか、一旦題名に戻るが、エアレーションの効果と馬場バイアスだ。

今開催の京都はエアレーションされている。

仮に2012年も試験的に、もしくはふつうにエアレーションされた馬場だったとすれば、どうだ。

これで本当に秋華賞で王道血統が来れば、菊花賞もそういうことじゃないのか。


秋華賞の王道血統馬は、

DI産駒のミッキークイーンタッチングスピーチディープジュエリーテンダリーヴォイスアンドリエッテ
ハーツクライ × キングマンボ という組み合わせのディアマイダーリン
キンカメ × トゥザヴィクトリー のトーセンビクトリー
抽選通れば、キンカメ × SS のマキシマムドパリ

この辺りか。

2012年に倣うならば、DIにND系牝馬とミスプロ系(キンカメ)にSS系牝馬で上がりの速い馬。

今年のDI × ND系牝馬は、ミッキークイーンタッチングスピーチ

上がりの速いキンカメ × SS系牝馬は、マキシマムドパリ

トーセンビクトリーも、もうひと押しで上がりの速いキンカメ × SS系牝馬に昇格。

現状だと、

ミッキークイーン
タッチングスピーチ
マキシマムドパリ
トーセンビクトリー

という印となる。

また、この結果が見事ハマった場合、菊花賞の狙い目も自ずと見えてくる。

今週はそういう意味でも、個人的に大注目の週末となりそうだ。

執筆者:K-MCS(MYコロシアム>最新予想にリンク)


登録済みの方はこちらからログイン

2012年10月19日(金) 15:29 ウマニティ編集長
勝ちたきゃウマいヤツに聞け! 〜2012年 菊花賞〜
閲覧 183ビュー コメント 0 ナイス 18

ディープブリランテのまさかの回避により、ゴールドシップ1強ムードが漂い始めた菊花賞。果たして、順当に収まるのか? それとも、波乱は起こるのか? 今週もウマニティ公認プロに、レースの攻略ポイントを聞いていきたいと思います。今回登場してもらうのは、昨年の菊花賞を的中させたプロのなかから3人+先週大爆発した1人の計4人です。質問事項は前回同様この3つ。

菊花賞の傾向・特徴
∈Gの馬券攻略上のポイント
C輒槐蓮推奨馬(できれば穴馬)

公認プロが教えてくれる貴重な情報を、ぜひともご自身の予想に活かしていってください。では早速、この方からいってもらいましょう!


昨年、◎○▲が上位3着を独占!
サラマッポ



.ラシック最長の3000mでスタミナが問われるレースです。加えて、コーナーを6回も回るのでコーナリングの上手さも必要だと思います。

ゴールドシップのレースぶりが一番のポイントになります。これまで後ろから来た馬に一度も交わされたことがない。ダービーでキレ負けした。以上のことから、多少強引にでもスタミナ勝負に持ち込んでくるはずです。具体的には2周目3コーナーの下り坂から勢いをつけていくと思われるので、早めに来られる先行馬にはかなり厳しい流れになると予想できます。外に出しづらい最内枠に入ってしまいましたが、折り合いの心配もなく、かなり操作性の高い馬なので、勝負所までに動きやすい位置を確保するのは容易でしょう。したがって、馬券的に面白そうなのはゴールドシップの後ろから競馬をする馬、ということになりますね。

ラニカイツヨシに注目しています。トモが甘いので直線平坦な京都コースは合うはずです。好枠に加えて、先に述べたような展開利も見込め、面白い穴馬になりそうです。

昨年、馬連4点予想でズバリ的中!
山崎エリカ



菊花賞は春のクラシック上位馬vs夏の上がり馬の図式となります。そして、例年上位人気に支持されるのが春のクラシック上位馬です。ディープインパクトオルフェーヴルのように、春のクラシックで後続を何馬身もぶっち切っているような馬がいれば話は別ですが、どんなに指数やレース内容が平凡でも、とりあえずクラシックで上位に入線していれば人気になります。上がり馬が夏の間にどんなに高指数をマークしても、どんなにいいレース内容だったとしても、それほど人気にならないのが菊花賞です。過去のレースが上がり馬有利の傾向を示していても、人はクラシックというブランドに弱く、成績が汚れた馬を嫌う……そういった傾向を露呈しているレースと言えるでしょう。

∈春のクラシックでは「ダービーの決着タイムがオークスの決着タイムより0.2秒遅かった」ことが話題となりました。確かに先日の秋華賞で三冠を達成したジェンティルドンナオークスで強い競馬をしたこともありましたが、今年のダービーはその決着タイムが示すように、私が指数を算出し始めてから15年という歴史のなかで、最も低いものでした。

しかし、その低レベル3歳世代(この場合は総体的な評価を示します)を補うかのように、この夏は3歳馬が大活躍しました。私は未知の魅力よりも、過去の裏付けにこだわって予想しているので、今年のローカル前半は未知の魅力の3歳馬が勝つのを、指を加えて見ているだけでした。ぶっちゃけ、それが災いして絶不調でしたね。

でも、途中からそれまでに素質の片鱗を見せていた3歳馬を重視して予想を組み立てるようにしたら、流れが一転しました。つまり、この夏はそれだけ3歳馬が活躍したということなのです。その結果が先日の秋華賞で春のクラシック上位の2着ヴィルシーナと6着アイムユアーズとの間に、3頭の上がり馬が食い込んできた理由であり、この夏の3歳馬の傾向を熟知していたので、ジェンティルドンナヴィルシーナ以外は上がり馬にしか印を打ちませんでした。

また、菊花賞トライアル神戸新聞杯セントライト記念も、勝ち馬を除いては上がり馬が上位を占めています。しかし、トライアルで自己ベストの指数をマークした馬というのは、本番で指数をダウンさせる傾向にありますから、むしろ力を出し切れていない上がり馬の巻き返しを狙うほうが好ましいでしょう。今年のポイントは前走不発の上がり馬です。

人気薄で買いたい馬が何頭かいるので、どの馬をあげるか悩みましたが、ここではミルドリームを取り上げます。同馬は新潟芝1600mの新馬戦で3コーナー手前から動いて、上位3頭が32秒台の末脚を使った究極の瞬発力勝負で2着に好走しました。

このことから、この馬は高速馬場の瞬発力勝負に強いイメージがあったのですが、徐々に距離を延ばし、京都芝2400mの梅花賞ではその当時としては圧倒的な強さを見せました。そのときの引き離された3着馬がのちの青葉賞で2着となり、トライアルのセントライト記念で4着となるエタンダールです。距離延長で一気に指数をアップさせました。

08年の菊花賞ではオウケンブルースリを◎としました。阪神芝2400mの生田特別で指数を一気にアップさせたこと、前々走の新潟の1000万下(阿賀野川特別)が強い勝ち方だったことが、本命に推した根拠です。ミルドリームは前々走の弥彦特別ではオウケンブルースリほどの指数は出ていませんが、菊花賞というスタミナも問われる舞台で、好転する予感がします。上がり3F32秒7の末脚も強烈でした。

先週の収支はプラス117万と絶好調!
きいいろ



。該于看呂菊花賞は、各馬が未経験の3000m戦です。最近の3着までの入着を見ると逃げ馬が逃げ切れない、先行・差しが決まる傾向にあります。とくに京都3000mはゴール前に急坂がないので、差し馬に注目です。

過去6年の好成績馬の特徴は次の通りです。

(1)馬体重460〜499キロ
(2)展開 先行〜中団
(3)関西馬
(4)神戸新聞杯

出走する多くの馬が上記条件を満たしているので、今年の菊花賞は過去事例では絞りきれません。ここは、実績のある神戸新聞杯組上位3頭を推奨します。ゴールドシップロードアクレイムマウントシャスタは、3頭ともに神戸新聞にて中団後方から差す競馬をしました。脚質的に過去好成績の特徴を満たしています。 さらに、変わり身を期待し、大穴候補としてベールドインパクトコスモオオゾラを推奨します。

芝転向で3連勝中、前走1000万を勝ったタガノビッグバンです。菊花賞での先行競馬と距離延長に心配はありますが、まだ伸びシロを持っている可能性はあり、単穴で狙ってみたいと思っています。もう1頭 先行しスタミナがありそうなセントライト記念2着のスカイディグニティにも注目しています。 以上、名前のあがった7頭が 本命〜大穴の菊花賞推奨馬です。

昨年、◎→○→△で馬単・3連単を的中!
☆まんでがん

※☆まんでがんさんは、こちらが用意した´↓の質問に答えるのではなく、自身の思いを文章にまとめる形で回答してくれました。以下、全文を転載します。☆まんでがんワールドをご堪能ください!


不思議な【菊】の歴史がある。
3冠馬=7頭
皐月賞→ダービーの「2冠馬」=15頭
皐月賞菊花賞の「2冠馬」=7頭
が、
ダービー→菊花賞の「2冠馬」=1頭(1973年タケホープ)のみ

必ずしも3000mの菊花賞は、2000mの皐月賞馬より2400mのダービー馬が有利ではないのである。スタミナだけではなく総合力を求められると解釈できよう。この事実が「菊花賞は最も強い馬が勝つ!」との言い伝えを証明しているのかもしれない。

今年は久しぶりに皐月賞馬とダービー馬の対戦を楽しみにしていたが、ダービー馬は木曜日時点で回避。歴史が教えてくれている皐月賞馬断然有利をさらに加速する1強なった。馬券攻略上のポイントは上記特徴からも、やはり皐月賞ゴールドシップの取捨となろう。ステップレースも神戸新聞杯が圧倒的で、単勝1倍台の人気になるのではないか……。

しかし、気になる傾向として近年、神戸新聞杯菊花賞の連勝馬は、05年ディープインパクトと昨年オルフェーヴルの3冠馬のみ。となれば 配当を考えて喧嘩する手も。。。

時計評価のできない皐月賞オークスより時計が遅いダービーだったことも忘れたくはない。穴党ならば「2冠馬」の出現よりも新たなスター出現に期待したい!

ノーザンテースト4×3を持つステイゴールド産駒、3連勝のフェデラルホールディープインパクト×レディパステルの良血ロードアクレイム。双方魅力があるが穴人気になろう。

☆まんでがん語録(クラシック)のなかで、

<牝馬>は血統 <牡馬>は展開

なるものがある。
そもそも【菊】はステイヤーの冠だ。スローからのヨーイ・ドンの現代競馬には飽きてきた。ゴールドシップの脚質はズバリ<まくり>であり、【抑えて下る】が基本である淀の坂との相違も感じる。2度の坂を超え、2400mを過ぎてから進化する血の背景を持つ注目の馬がいる。

競馬はスポーツではない。
博打だ。
信念を持って予想をし、命の次に大切なお金を賭ける。第73回菊花賞はその馬に何枚の福澤諭吉をぶち込むか?を考えるレースなのである。


いかがだったでしょう? 今週も密度の濃い情報をたっぷりお伝えすることができました。協力してくれたプロ予想家の皆さん、どうもありがとう! そして、ユーザーの皆さんはここで得た情報をフル活用してください。また、今回登場してもらったプロ予想家軍団の最終結論にも注目してくださいね。レース当日は、プロ予想MAXを要チェックです!

[もっと見る]

2012年10月9日(火) 14:00 【ウマニティ】
先週の回顧〜導師嵐山プロ筆頭に4名が3日間トータル収支+20万超の好成績!
閲覧 170ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は舞台を東京競馬場、京都競馬場に移して3日間開催で行われた秋競馬。6(土)には京都競馬場でG2デイリー杯2歳Sが行われました。好スタートを決めたのは3番人気クラウンレガーロ。2番手にフジノストロングが付け、カオスモスマイネルエテルネルといったところが好位に続きました。1番人気に推されたメイケイペガスターは後方からの競馬。隊列が定まったかに思えたところでテイエムイナズマが仕掛けて出ていき一気に先頭へ。坂を下って迎えた直線入り口でその差を少し広げると、詰め寄ってきた最内のクラウンレガーロ、さらに中団から馬場の真ん中を渋太く伸びたマイネルエテルネル、最後方から大外を鋭く伸びたコレクターアイテムらの追撃を振り切ってテイエムイナズマが先頭でゴール板を駆け抜けました。3/4馬身差の2着はクラウンレガーロ、そこからクビ差の3着にはマイネルエテルネルが入っています。公認プロ予想家の中では、仲谷光太郎プロ霧プロ導師嵐山プロ、我らが3連単プリンスプロ3連複プリンセスプロが的中しています。
7(日)東京競馬場で行われたG2毎日王冠は、G1馬6頭が名を連ねる豪華メンバーとなって16頭がゲートイン。スタート後、最内枠からシルポートがハナを奪い、2番手にカレンブラックヒルと大方の予想通りの展開。スンナリ決まるかに思えた隊列は、2番手争いにグランプリボスが積極策で絡んでいきやり合う形に。結局シルポートグランプリボスカレンブラックヒルという位置取りに決まり、そこから4番手以下は離されて縦長の展開で3コーナーを迎えました。前半1000mは57秒8の速い流れ。直線入り口を迎えても隊列に大きな変化はなく依然縦長のままレースは残り3Fの直線勝負に。リアルインパクトダノンシャークといった4番手グループの各馬が徐々に進出を開始すると、詰め寄ってくる各馬を尻目に3番手のカレンブラックヒルもスパートを開始。一旦は詰め寄られたカレンブラックヒルでしたが、気合いを付けられエンジンを再点火すると残り100mを切って前の2頭を交わし、さらに後続の追い上げを封じてV。無傷の5連勝を飾りました。2着には、中団から馬場の2分どころを鋭く伸びてクビ差まで迫ったジャスタウェイ。3着には、そのジャスタウェイの内を併せ馬の形で伸びたタッチミーノットが入っています。このレースでは、佐藤洋一郎プロ☆まんでがんプロサラマッポプロが的中予想を披露しています。
8(月)に京都競馬場で行われたG2京都大賞典は、ビートブラックがザ石により出走を取り消して13頭立てとなってスタートを迎えました。まず先手を奪ったのは、内からレックスパレードグラスゴッドマルカボルトが続き、ここから馬群は大きく開いてローズキングダムオウケンブルースリギュスターヴクライといったところが追走。後方にフミノイマージンメイショウカンパクが位置取り、縦長のまま淡々と流れていきます。坂を下って直線に入ると、ギュスターヴクライが内、オウケンブルースリが中を伸びて一気に先頭へ。後方集団からは大外を回したフミノイマージンメイショウカンパクが馬体を併せて猛追を開始。一旦はオウケンブルースリが、ギュスターヴクライを交わして先頭に立ったかに見えたところに、この2頭が一気に迫り、最後はメイショウカンパクオウケンブルースリをクビ差差し切って重賞初Vを収めました。3着は内で粘ったギュスターヴクライ。このレースでは、導師嵐山プロ霧プロが的中を記録しています。
他にも先週は、kmプロdream1002プロ仲谷光太郎プロ、>、岡村信将プロが活躍を見せています。

☆☆☆注目プロ → 導師嵐山プロ
7(日)東京4 Rは馬連&3連複各5頭ボックスで見事的中させ計66万8580円の高額払い戻しをマーク。8(月)のG2京都大賞典の馬連&3連複的中(14万20円払戻し)、6(土)の12万オーバー(東京10R)、23万オーバー(京都8R)と合わせて10万超払戻し4本の大活躍を見せています!週末3日間で120万超えの払戻しをマークした先週は、回収率180%、収支57万4440円の大幅プラスを達成しています。

☆☆☆注目プロ → 仲谷光太郎プロ
8(月)は京都9Rを◎▲△の予想で3連単的中!20万850円の払戻しに成功すると、続く東京10Rでは○◎の本線決着で3連単45万2120円馬券を見事的中!週末のトータルは、回収率232%、収支48万3330円の大幅プラスとなりました。

☆☆☆注目プロ → ☆まんでがんプロ
7(日)は京都4Rで◎△△の3連単300円分的中で計28万2540円のビッグヒットを飛ばすと、G2毎日王冠でも◎ジャスタウェイからの馬連・3連複を的中させ計13万4970円の払戻しと絶好調!週末3日間のトータルでも回収率132%、収支22万9960円の大幅プラスをマークしています。

☆☆☆注目プロ → dream1002プロ
7(日)京都2Rは鮮やかな◎○▲のパーフェクト的中を披露!900円分の購入で42万9840円の払戻しとなりました。週末トータルでは回収率150%、収支26万630円の大幅プラスをマークしています。

☆☆☆注目プロ → 佐藤洋一郎プロ
7(日)G2毎日王冠は上位評価3頭▲◎○の決着で複勝・枠連・3連複を見事的中!計18万5440円のスマッシュヒットを記録しています。

☆☆☆注目プロ → kmプロ
6(土)東京8Rマツリダジャパンを本命◎に指名し、3連単400円分の的中で16万1120円の払い戻しに成功!週末3日間のトータルでは、回収率173%、収支9万5220円のプラスを達成しました。

他にも先週は、霧プロ岡村信将プロが週末トータル回収率100%オーバーの好成績を残しています。


※全レースの結果速報はこちら


来週は3冠をかけていよいよ秋華賞ジェンティルドンナが登場!
この秋注目のG1もウマニティが誇る公認プロ予想にご期待下さい。


「ユータ」

[もっと見る]

2010年11月26日(金) 21:18 上海こうぞう
コウゾウメン〜今週末の調教注目馬〜 11月27・28日分
閲覧 131ビュー コメント 0 ナイス 15

みなさん、こんにちは!

今週も先週に引き続き欲張り版です^^;


1.重賞の調教重視予想

<土曜・京都11R> 京阪杯
栗東坂路組で全体の時計が優秀な馬の好走が目立つレース。
ダッシャーゴーゴー
スカイノダン
トウカイミステリー
ストリートスタイル
本命は素直に栗東坂路で好時計連発のダッシャーゴーゴー。人気でも軸で。
対抗はスカイノダン。ここ2戦は坂路で53秒台しか出ていなかったが、今回は51秒台を出し、好調時の出来に戻った感じがする。
単穴は以前より坂路で動くようになったトウカイミステリー。好時計連発で一発の期待。
穴で狙いたいのは中間の坂路の動きがいいストリートスタイル

<日曜・東京10R> ジャパンカップ
ローズキングダム
ブエナビスタ
ペルーサ
オウケンブルースリ
関西馬は栗東坂路組が優勢。関東馬はコースを問わないが、馬なりで終いもしっかり時計を出した馬が好走する傾向。
本命は栗東坂路組からローズキングダム。中間自己ベストの時計も出し、好調維持。
相手本線は人気でもブエナビスタ。CWでいつも通り終い重点の稽古。多分勝つと思いますが、3歳馬の逆転の方に賭けたい。
単穴は関東馬のペルーサ。中間の時計は前走以上で、良馬場なら末脚炸裂するはず。出遅れないことを祈る。
あとは傾向通りに栗東坂路組のオウケンブルースリ


2.今週の新馬戦の調教評価ランキング
時計・ラップ・内容で評価しました。

土曜東京5R
1位 マリーシア
2位 シルクスローン
3位 ダハシュール
4位 ディアフォルティス
5位 カネトシリープイン

土曜東京6R
1位 ヘニーハウンド
2位 サンデンマックス
3位 ロンスヴォー
4位 キョウエイバトラー
5位 ダイワシンシア

土曜京都5R
1位 ソニックフリート
2位 メインアヴェニュー
3位 メイショウツガル
4位 ディナーラッシュ
5位 マルブツマスター

土曜京都6R
1位 スターコレクション
2位 オーヴァージョイド
3位 ナリタキングロード
4位 シルヴァースプーン
5位 メデタシ

日曜東京4R
1位 ダノンウィスラー
2位 シンボリドンナー
3位 ルイーザシアター
4位 ドーチェスター
5位 キャッチザウェーブ

日曜東京5R
1位 ラヴェルソナタ
2位 キングロンシャープ
3位 ローレルソラン
4位 ロングスローイン
5位 ワイズチェアマン

日曜京都5R
1位 ペニーブラック
2位 ミリオネアワルツ
3位 メイショウムース
4位 ラディアーレ
5位 テイクアベット

日曜京都6R
1位 アサクサショパン
2位 メイショウテッサイ
3位 ホッコーゴールド
4位 ナムラバンケット
5位 メイショウカイオウ


3.今週の幸くん
先週は予想通り日曜に大活躍!ナイス騎乗連発!
今週は2場開催の関係で、騎乗数も少なめでチョット残念(><)

<土曜京都1R> △ホワイトアルバム
それほど上積みは見込めないが、3着候補で。

<土曜京都7R> ▲アイウォントユー
有力馬が1頭取消したことで△予定だったが▲に。調教は目立たないが叩いた上積みに期待。

<土曜京都8R> △ツルマルシルバー
出来は平行線だが、こちらも上位の馬が強力で3着候補で。

<土曜京都10R> △プレンティフェスタ
久しぶりにこの馬らしい動き。52Kgのハンデなら一発ありそう。

<日曜京都1R> ○ショウナンタスク
調教は前回より動いていないので若干割り引きたいが、ここはメンバーに恵まれた。

<日曜京都7R> △オーミレイライン
中1週だが、調教はCWで馬なりで好時計。中央のこの距離で一発に期待。

<日曜京都10R> ◎リバプールサウンド
坂路で素晴らしい時計。トップハンデだが、叩いた上積みもあり、期待したい。


今週は土曜の京都2歳SにPOG指名馬が3頭出走(サンビーム、ダノンバラードプレイ
個人的に今週一番楽しみなレースです。
◎はサンビームで♪

それでは、今週末も競馬を楽しみましょう!

[もっと見る]

オウケンブルースリの口コミ


口コミ一覧
閲覧 43ビュー コメント 0 ナイス 2

JRA牡馬クラシックに「異常事態」発生!? 競馬の常識を覆す「第2のキタサンブラック」怪物オウケンムーンが皐月賞(G1)に"内定"!─ Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2018年2月12日 8時26分 http://biz-journal.jp/gj/2018/02/post_5813.html

 昨年の2歳王者ダノンプレミアムを筆頭に、ワグネリアン、オブセッションなど早くもハイレベル世代と評される3歳牡馬クラシック戦線に「異彩」を放つ大物が名乗りを上げた。

 11日に東京競馬場で行われた共同通信杯(G3)の最後の直線。単勝1.8倍に支持された武豊騎手のグレイルが伸びあぐねる中、中団から鋭く突き抜けたのが6番人気のオウケンムーン(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)だった。

 デビュー戦こそ4着に敗れたものの、未勝利と500万下を連勝中だったオウケンムーン。特に未勝利戦は2歳のコースレコードを更新する6馬身差の圧勝だったが、それでも12頭中の6番人気に留まったのは、何よりその「地味な血統」のせいだろう。

 父は2008年の菊花賞馬オウケンブルースリ。2012年の有馬記念を最後に種牡馬入りしたが、通算27戦5勝。G1勝ちは菊花賞のみと、当然ながら厳しい種牡馬生活のスタートとなった。

 初年度産駒はわずか13頭。その内JRAに登録された産駒は9頭に過ぎず、新種牡馬としてデビューを迎えた一昨年は、結局未勝利に終わってしまった。現在でもJRAの産駒勝利は、わずか5勝。その内、3勝が本馬オウケンムーンであり、今回の共同通信杯はブルースリ産駒の重賞初出走、初勝利というオマケまで付いた。

 父が菊花賞馬で、母の父も凱旋門賞馬で重厚なエリシオということで、果たしてスピードが要求される東京1800mで通用するのかという、いわば「競馬の常識」がもたらす懸念もあった。だが、いざフタを開けてみれば、上がり3ハロン33.5秒の末脚で突き抜ける見事なレースぶり。想像以上の対応力に、度肝を抜かれた関係者も少なくなかったようだ。

🏇次のページ 思い出されるのが3歳時のキタサンブラック

「レース後、元JRA騎手の安藤勝己さんも『連勝中やったとはいえ、重賞でも勝ち切ったことに驚いた』とツイートされていましたが、競馬に詳しい人ほど今回の驚きは強かったでしょうね。まさに規格外の走りではないでしょうか。

血統面だけでなく、レースの走りもまだまだ幼いですし、調教も"もっさり"したタイプで、如何にも『長距離向き』といった感じでしたが、それであれだけ走るんですから将来が楽しみ。今年のクラシックの中でも面白い存在になりそうです」(競馬ライター)

 地味な血統を跳ね返す力強い走り、そして何よりも主戦が北村宏司騎手といえば、思い出されるのが3歳時のキタサンブラックだ。

 武豊騎手とのコンビで競馬界を席巻し、昨年引退した歴史的スターホースだが、実はデビュー当初はオウケンムーンと同じく地味な血統が邪魔をして、結果を残しても残しても注目されない「目立たない存在」だった。

 実際にキタサンブラックが初めて1番人気に推されたのは、4歳秋の京都大賞典(G2)。デビューから12戦目のことであり、すでに菊花賞と天皇賞・春を勝っていた。

 そんな偉大な先輩と比較すれば、すでに2度の1番人気があるオウケンムーンは、まだ"恵まれた"存在なのかもしれない。しかし、冒頭で挙げたダノンプレミアム、ワグネリアン、オブセッションといった同世代の大物は、いずれもディープインパクト産駒。そういった中でのオウケンブルースリ産駒は、やはり異色の存在だ。

 そして、何よりもオウケンムーンが制した共同通信杯は、ここ6年間で3頭の皐月賞馬を輩出している出世レースだ。それも2012年のゴールドシップ、2014年のイスラボニータ、2016年のディーマジェスティと、いずれも偶数年に皐月賞を勝利。法則的に今年は「皐月賞内定」の年である。

🏇次のページ 今度こそ、その手綱を離すつもりはないはず

2015年、北村宏騎手はキタサンブラックとのコンビで菊花賞を制覇。しかし、そこから自身の落馬負傷なども重なり、相棒は競馬界を代表するレジェンド武豊騎手と共にスターダムへ。その手綱が戻ってくることはなかった。

 あれから3年。キタサンブラックはターフを去り、北村宏騎手の手には、またも「地味な」オウケンムーンの手綱が握られている。かつての相棒が届かなかったクラシック春2冠を前に「あとは順調に行ってくれれば......」と前を向いた主戦騎手。

 今度こそ、その手綱を離すつもりはないはずだ。

 ネアルコとハイペリオ 2018年2月11日() 15:56
オウケンブルースリ産駒オウケンムーン勝利!
閲覧 37ビュー コメント 0 ナイス 3

オウケンブルースリ(Wikipediaから)

菊花賞馬の例に漏れず種牡馬としては不人気で、初年度から23頭と種付け数は少なく、2年目12頭、3年目には9頭と一桁まで落ちこんだ。4年目の2016年から産駒がデビュー。同年の6月にシュヴァルミニョンが金沢の新馬戦で勝利して、産駒初勝利。翌2017年8月12日、未勝利戦でプリモガナドールが勝利し、産駒JRA初勝利

4年目は種付け数は8頭・5年目には遂に1頭にまで落ち込み、早くも種牡馬廃用の危機を迎えている。


つまり2年目の12頭の中から重賞勝ちが出ちゃったんだね。種牡馬廃用されないといいなあ

[もっと見る]

 ユウキ先生 2017年10月20日(金) 21:36
☆菊花賞パート4(重賞未勝利馬の勝利)☆
閲覧 223ビュー コメント 0 ナイス 7

重賞未勝利馬がいきなり大舞台!菊花賞を勝利(^^)/

そんなドラマは!?

それが意外に多いみたいです〜

過去10年でも初重賞Vが菊花賞になった馬が実に4頭もいます☆4割!!40パーセント!!!

オウケンブルースリ・スリーロールス・ビッグウィーク・トーホウジャッカル(^^♪

その中でオウケンブルースリとビッグウィークとトーホウジャッカルは神戸新聞杯3着からの巻き返し☆☆

今年の菊花賞も超混戦模様☆(台風の影響もあって超超混戦模様かな〜〜)

今年の神戸新聞杯3着馬はサトノアーサー(^^♪

データー的には面白い存在になってくれそうです(*^-^*)

[もっと見る]

⇒もっと見る

オウケンブルースリの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  のりちゃん   フォロワー:0人 2009年4月4日() 06:19:56
天皇賞で優勝して下さい。

オウケンブルースリの写真

投稿写真はありません。

オウケンブルースリの厩舎情報 VIP

2012年12月23日有馬記念 G114着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

オウケンブルースリの取材メモ VIP

2012年12月23日 有馬記念 G1 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。