トーセンビクトリー(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
トーセンビクトリー
トーセンビクトリー
トーセンビクトリー
写真一覧
現役 牝5 鹿毛 2012年4月23日生
調教師角居勝彦(栗東)
馬主島川 隆哉
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績21戦[6-2-3-10]
総賞金14,489万円
収得賞金4,600万円
英字表記Tosen Victory
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
トゥザヴィクトリー
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
フェアリードール
兄弟 トゥザグローリートゥザワールド
前走 2017/11/12 エリザベス女王杯 G1
次走予定 2017/12/24 有馬記念 G1

トーセンビクトリーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/12 京都 11 エリザベス杯 G1 芝2200 182386.71110** 牝5 56.0 A.アッゼ角居勝彦472(-6)2.14.9 0.634.4⑦⑦⑦⑦モズカッチャン
17/10/14 東京 11 府中牝馬S G2 芝1800 144514.575** 牝5 54.0 福永祐一角居勝彦478(+10)1.48.4 0.333.7クロコスミア
17/07/30 札幌 11 クイーンS G3 芝1800 131114.762** 牝5 55.0 福永祐一角居勝彦468(0)1.46.1 0.434.4⑥⑦⑥⑤アエロリット
17/06/11 阪神 11 マーメイドS G3 芝2000 12554.819** 牝5 56.0 武豊角居勝彦468(-8)2.00.2 0.735.4マキシマムドパリ
17/04/08 阪神 11 阪神牝馬S G2 芝1600 163514.756** 牝5 54.0 武豊角居勝彦476(0)1.35.4 1.135.0⑩⑩ミッキークイーン
17/03/12 中山 11 中山牝馬S G3 芝1800 162412.551** 牝5 53.0 武豊角居勝彦476(+6)1.49.4 -0.034.5マジックタイム
16/11/19 京都 11 アンドロメダ OP 芝2000 18593.418** 牝4 53.0 川田将雅角居勝彦470(+6)1.59.5 0.435.9レッドソロモン
16/10/10 京都 10 ジェンティM 1600万下 芝2000 10229.061** 牝4 55.0 武幸四郎角居勝彦464(+10)1.59.4 -0.033.9ステイインシアトル
16/06/05 阪神 11 垂水S 1600万下 芝1800 8662.117** 牝4 55.0 戸崎圭太角居勝彦454(+8)1.46.5 0.835.0⑤⑤マイネグレヴィル
16/05/15 東京 11 ヴィクトリア G1 芝1600 18817114.71617** 牝4 55.0 内田博幸角居勝彦446(-2)1.34.3 2.836.4⑤⑦ストレイトガール
16/04/17 阪神 11 難波S 1600万下 芝1800 11554.321** 牝4 55.0 武幸四郎角居勝彦448(+2)1.46.6 -0.035.1⑤⑥レッドオリヴィア
15/11/22 東京 10 ユートピアS 1600万下 芝1600 188163.725** 牝3 54.0 柴田善臣角居勝彦446(-8)1.34.0 0.434.0⑧⑧レッドセシリア
15/10/18 京都 11 秋華賞 G1 芝2000 18477.548** 牝3 55.0 武豊角居勝彦454(0)1.57.4 0.534.9⑩⑩⑩⑪ミッキークイーン
15/09/20 阪神 11 ローズS G2 芝1800 177136.423** 牝3 54.0 武豊角居勝彦454(-4)1.45.6 0.434.6⑬⑨タッチングスピーチ
15/08/23 小倉 10 西部スポニチ 1000万下 芝1800 128112.511** 牝3 52.0 武豊角居勝彦458(+10)1.47.9 -0.234.7④④⑤キリシマホーマ
15/07/11 中京 9 茶臼山高原特 500万下 芝2000 15474.531** 牝3 52.0 武豊角居勝彦448(-2)2.01.8 -0.034.8⑨⑨⑨⑨スティーグリッツ
15/06/20 阪神 8 3歳以上500万下 芝1800 16592.313** 牝3 52.0 M.デムー角居勝彦450(+4)1.47.4 0.434.1⑩⑪テイコフトウショウ
15/05/23 東京 9 カーネーショ 500万下 芝1800 12224.037** 牝3 54.0 武豊角居勝彦446(0)1.48.3 0.833.9⑥⑥⑥レトロクラシック
14/10/18 京都 3 2歳未勝利 芝1800 10781.311** 牝2 54.0 武豊角居勝彦446(-8)1.48.4 -0.234.4アンバーグリスキー
14/09/27 阪神 2 2歳未勝利 芝1800 18232.412** 牝2 54.0 武豊角居勝彦454(-6)1.47.1 0.334.0⑪⑪クラリティスカイ

⇒もっと見る


トーセンビクトリーの関連ニュース

【有馬記念】特別登録馬

2017年12月10日() 17:30

【有馬記念】キタサンブラックなど16頭が登録 2017年12月10日() 16:58

 12月24日(日)に中山競馬場で行われる第62回有馬記念(3歳以上オープン、GI、芝2500メートル、定量、フルゲート16頭、1着賞金=3億円)の特別登録馬が10日、発表された。



 このレースで引退となることが発表されているファン投票1位のキタサンブラック、ジャパンCの覇者・シュヴァルグラン、宝塚記念に続く春秋グランプリ制覇がかかるサトノクラウンなど全16頭が登録しており、全馬が出走可能となっている。



 登録馬16頭は以下の通り。



カレンミロティック 57.0kg(セン9歳、栗東・平田修厩舎)

キタサンブラック  57.0kg(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)

クイーンズリング  55.0kg(牝5歳、栗東・吉村圭司厩舎)

サウンズオブアース 57.0kg(牡6歳、栗東・藤岡健一厩舎)

サクラアンプルール 57.0kg(牡6歳、美浦・金成貴史厩舎)

サトノクラウン   57.0kg(牡5歳、美浦・堀宣行厩舎)

サトノクロニクル  55.0kg(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎)

シャケトラ     57.0kg(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)

シュヴァルグラン  57.0kg(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)

スワーヴリチャード 55.0kg(牡3歳、栗東・庄野靖志厩舎)

トーセンビクトリー 55.0kg(牝5歳、栗東・角居勝彦厩舎)

ブレスジャーニー  55.0kg(牡3歳、栗東・佐々木晶三厩舎)

ミッキークイーン  55.0kg(牝5歳、栗東・池江泰寿厩舎)

ヤマカツエース   57.0kg(牡5歳、栗東・池添兼雄厩舎)

ルージュバック   55.0kg(牝5歳、美浦・大竹正博厩舎)

レインボーライン  57.0kg(牡4歳、栗東・浅見秀一厩舎)



有馬記念の特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【エリザベス杯】レースを終えて…関係者談話2017年11月13日(月) 05:04

 ◆藤岡佑騎手(マキシマムドパリ4着) 「スタートが決まれば好位を取るつもりだった。いい感じでレースができたが、4着で残念です」

 ◆川田騎手(スマートレイアー6着) 「スムーズにヴィブロスの後ろが取れて“いいな”と思いました。しまいもしっかり伸びていたのですが、結果を出せずに申し訳ありませんでした」

 ◆C・デムーロ騎手(クイーンズリング7着) 「スローで動くに動けなかった。直線もじりじりと伸びていただけに、スローペースが響きました」



 ◆福永騎手(リスグラシュー8着) 「スローになるのはわかっていたし、スタートを出せなかったのが全てです」

 ◆ムーア騎手(ルージュバック9着) 「外枠でスタートが速くないから、いい位置を取れなかった。ペースも遅く、全てがかみあわなかった」

 ◆アッゼニ騎手(トーセンビクトリー10着) 「流れが遅くて、少し掛かった。距離も1ハロン長いような気がする」



 ◆四位騎手(エテルナミノル11着) 「外枠もあって外々を回らされる形になった。でも見せ場を作って頑張ってくれましたよ」

 ◆岩田騎手(ディアドラ12着) 「もう少し中団にいればね。流れに乗れなかったし、思ったより進んで行かなかった」

 ◆蛯名騎手(デンコウアンジュ13着) 「京都では東京のように伸びることができなかった」

[もっと見る]

【エリザベス杯】最新ナマ情報2017年11月12日() 05:08

◆巻き返しへ自信〔1〕クインズミラーグロ

 京都競馬場に到着して、すぐにカイバを食べるなど元気な姿をみせた。平井厩務員は「日本中にいっているからね。輸送は順調でした。絶好調ですよ。前走は途中でやめちゃったようなものだからね」と巻き返しを狙っていた。

◆母Vの再現狙う〔3〕トーセンビクトリー

 坂路で4ハロン65秒4−15秒6をマーク。「順調に、問題なくこれました。前は、頭を上げて走っていたが、今は収まっています。条件もいいと思う」と角居調教師。母トゥザヴィクトリーが、同じ5歳時にGI初制覇を成し遂げたレースで、勝利をつかむことができるか。

◆師「成長著しい」〔4〕クロコスミア

 坂路を4ハロン73秒4でゆったりと駆け上がった。西浦調教師は「体は少し大きくなっているけど、それ以上に大きく見せている。牝馬にとっては大事なこと。成長著しいね。あとは強い相手にどこまでやれるかだね」と楽しみにする。

◆好枠から激走だ〔5〕モズカッチャン

 坂路を4ハロン64秒7−15秒9で駆け上がり、決戦のときを待つ。鮫島調教師は「いつも通り変わらないよ。全体的に良くなっている感じ。馬場は問わないし、内めの枠でよかった。操縦性がよく距離も問わないと思う」と上昇ムードを漂わせた。

◆陣営「いい感じ」〔6〕リスグラシュー

 坂路で力強く4ハロン66秒0−15秒8をマーク。北口厩務員は「天気が回復しそうだし、いい馬場でやれそう。枠もいいところだし、いい感じできているね。坂路を上がったあともいい感じだよ」と決戦前日も好調ぶりをアピールした。

◆仕上げは「完璧」〔8〕タッチングスピーチ

 2年前の3着馬は4ハロン66秒9−15秒6で登坂。桑村助手は「ここ最近では一番いい。これ以上求めることはできないくらいで完璧だと思う。外回りもいい。まずは無事に、と思うけど、一発頑張ってほしいという思いもある」と復活を期待する。

◆上積みに太鼓判〔9〕デンコウアンジュ

 4ハロン63秒7−15秒7で登坂し、最終調整を終えた。8日の最終追い切りは坂路で4ハロン52秒−12秒8をマーク。田倉厩務員は「状態は悪くないよ。今週はそんなに(強く)やってないのに、あれだけの時計が出たからね」と胸を張った。叩いた上積みが望めそうだ。

◆いざ昨年の雪辱〔10〕ミッキークイーン

 気持ちよさそうに、4ハロン65秒9−15秒5で登坂。池江調教師は「特に変わりなくこれています。(馬場は)あしたなので、乾くだろうけど、パンパンの馬場よりはいいと思う」と淡々。昨年3着の雪辱を果たす。

◆「止まらず成長」〔11〕ディアドラ

 秋華賞馬は、坂路で4ハロン63秒9−15秒1と活気十分だ。橋田調教師は「前走後も順調にきて上積みはありますよ。止まらずに成長しているのがこの馬のいいところ。このクラスの年長馬とは対戦していないので想像の領域になるけど、楽しみを持って行けますね」とGI連勝をにらむ。

◆悲願へ雰囲気◎〔12〕スマートレイアー

 角馬場で体をほぐしてから坂路を4ハロン67秒8で上がった。大久保調教師は「スムーズに調整できた。テン乗りでも結果を残してきているタイプ。仕掛けのタイミングだけだけど、今なら差し切ってくれる雰囲気がある」と、悲願のGI制覇に期待を込めた。

◆精神面で好気配〔13〕ジュールポレール

 坂路で4ハロン72秒5を計時。塩満助手は「具合はいいですよ。春は頑張っていたけど、精神的にイライラしていた。放牧からいい形で帰ってきて、今は落ち着きがある中でも気合が乗っている」と好気配を伝えた。

◆叩いて状態UP〔15〕マキシマムドパリ

 ほどよい気合乗りで坂路を4ハロン69秒9で上がった。田代助手は「雰囲気がいいね。叩いて状態は上がってきている。少し外枠を引いたけど、そこはジョッキー(藤岡佑騎手)が考えてくれているでしょう」と締めた。

◆充実期ボディー〔16〕ヴィブロス

 坂路を4ハロン67秒0−16秒6でゆったりと駆け上がった。友道調教師は「前走もある程度いい仕上がりだったけど、使ったことで筋肉の張りが違ってきている。体もデビュー時は小さかったが、大きくなって、今はちょうどいい馬体重」と充実期を迎えたといってよさそうだ。

◆泰然自若〔17〕ルージュバック

 午後1時前に決戦の地に到着した。イライラせず落ち着き払っており、輸送は順調でスムーズだったようだ。柄澤助手は「無事に輸送ができました。若いときは気を使いましたが、今は大人になりましたからね」と笑顔。精神的にもたくましくなった。

◆粘り込みに期待〔18〕エテルナミノル

 力をため込むように坂路を4ハロン81秒9で上がった。鈴木助手は「仕上がりはいいですよ。前走も悪くなかったけど、休み明けでまだよくなりそうな感じがあった。切れるタイプじゃないので、前々でどれだけ粘れるか」と語った。

エリザベス女王杯の枠順はこちら 調教タイム&レース前談話も掲載

[もっと見る]

【エリザベス杯】ヴィブロスが1番人気/前日最終オッズ 2017年11月11日() 17:49

 京都の日曜メインは、秋の女王決定戦・エリザベス女王杯(12日、GI、芝2200メートル)。外国馬の参戦は今年もないが、牡馬相手の路線に進んだソウルスターリングを除けば、すべてのスター牝馬がエントリーしてきたと言っても過言ではない。まさに百花繚乱の様相。前日最終オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名      単勝オッズ1− 1 クインズミラーグロ 125.9 1− 2 ハッピーユニバンス 210.8 2− 3 トーセンビクトリー  86.7 2− 4 クロコスミア     27.0 3− 5 モズカッチャン     8.2 3− 6 リスグラシュー    11.9 4− 7 クイーンズリング   16.8 4− 8 タッチングスピーチ 175.1 5− 9 デンコウアンジュ   99.8 5−10 ミッキークイーン    8.5 5−11 ディアドラ       7.1 5−12 スマートレイアー   11.3 7−13 ジュールポレール   27.7 7−14 ウキヨノカゼ    172.8 7−15 マキシマムドパリ   89.6 8−16 ヴィブロス       2.9 8−17 ルージュバック     6.0 8−18 エテルナミノル   138.6

[もっと見る]

【エリザベス杯】最新ナマ情報 枠順確定…各陣営の悲喜こもごも2017年11月11日() 05:02

◆“女ブラック”再び〔1〕クインズミラーグロ

 来年2月に定年を迎える和田道調教師。手塩にかけた愛馬は〔1〕枠(1)番からスタートを切る。「去年の暮れから今年の春まで(カウントダウンS→愛知杯中山牝馬S)〔1〕枠(1)番が続いていたので、そのときは『女(キタサン)ブラック』だと思っていたし、きょうもそうだと思ったよ。この流れに乗り、運命に従って自然体でいく」と笑顔を見せた。

◆希望の外枠ならず〔2〕ハッピーユニバンス

 〔1〕枠(2)番に大橋助手は「他の馬にじゃまされることなく外枠で、スムーズな競馬がよかったんだけど」と希望通りとはならず。それでもこの日は、4ハロン63秒6で登坂し、「ピリッとしてきていい感じ」と好気配だった。

◆母子Vへ「いい枠」〔3〕トーセンビクトリー

 2001年に制したトゥザヴィクトリーと母子制覇を狙う。昨年Vの〔2〕枠(3)番をゲットした。辻野助手は「いい枠だと思います。コースロスなくいける枠ですからね。コーナーリングも上手なので、最短距離で加速できる」と笑みを浮かべた。

◆内枠歓迎勢いあり〔4〕クロコスミア

 府中牝馬Sを勝ち勢いに乗る。内めの〔2〕枠(4)番が当たった。西浦調教師は「内にこしたことはない。(4)から(8)番の偶数枠が欲しかったからね。距離延長もこなしてくれると思う」と好枠を歓迎していた。

◆泰然「自在性ある」〔5〕モズカッチャン

 秋華賞3着馬は〔3〕枠(5)番に入った。鮫島調教師は「自在性があるので、与えられたところでやるだけです。スタートしてから1コーナーまでの直線も長いからね」とうなずいた。

◆絶好枠に福永満足〔6〕リスグラシュー

 これまで最多タイの5勝(第1回から)を挙げる(6)番に決まった。福永騎手は「ゲートに入るとスイッチが入ってしまうので、偶数枠でいいところだと思う。内めなのもよかった」と満足げだった。

◆2年前3着と同枠〔8〕タッチングスピーチ

 2年前に3着したときと同じ〔4〕枠(8)番に入った。松山騎手は「枠はどこでもよかったですよ。真ん中ぐらいならいいんじゃないかと思います。出たなりの競馬になると思う」とレースをイメージした。

◆外に出して勝負を〔9〕デンコウアンジュ

 〔5〕枠(9)番に佐藤助手は「内で包まれるより外めの方がいい。外に出さないと脚を使えないタイプだからね。うまくハマってくれれば」と期待を込めた。

◆GI3勝目に期待〔10〕ミッキークイーン

 昨年の3着馬は、角馬場で体をほぐした。〔5〕枠(10)番に入り、「最近はゲートは安定しているけど(後入れの)偶数枠にこしたことはない。確実に去年よりはいい」と兼武助手。GI3勝目に向け視界は良好だ。

◆古馬撃破へ好状態〔11〕ディアドラ

 秋華賞馬は、栗東の坂路を4ハロン63秒7で駆け上がった。〔6〕枠(11)番に込山助手は「枠はどこでもよかった。状態はキープできていると思う。現時点で年長馬相手にどこまでやれるか」。現役最強牝馬の座へ、順調そのものだ。

◆乗り替わり大丈夫〔12〕スマートレイアー

 1996年以降、3勝を挙げる〔6〕枠(12)番。大久保調教師は「いいところじゃないかな。内が荒れてきているから、外がよかった。今は折り合いがつくし、どんなレースでもできる」と急な乗り替わりでも問題はなさそうだ。

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーセンビクトリーの関連コラム

閲覧 683ビュー コメント 0 ナイス 6



先週は、12(日)に京都競馬場でG1エリザべス女王杯が行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G1エリザべス女王杯は、ほぼ一斉に揃ったスタートから最内枠を利してクインズミラーグロがハナを叩き単独先頭へ。2番手にクロコスミア、3番手にマキシマムドパリと続いて、1番人気ヴィブロスは直後の4番手。モズカッチャンが続き、スマートレイアートーセンビクトリーデンコウアンジュエテルナミノルクイーンズリングジュールポレールと中団にかけて追走。2番人気ルージュバックと、その内に3番人気ミッキークイーンが併走で続き、以下リスグラシュータッチングスピーチハッピーモーメントディアドラウキヨノカゼとなって全18頭が1コーナーを通過していきます。
前はクインズミラーグロクロコスミアが少し差を広げて向こう正面へ。スローな流れとなって、前半1000mを62秒0(推定)で通過した馬群は、その隊列に大きな変化がないまま坂を上って3コーナーから下り坂へ。4コーナーで手応えいっぱいとなったクインズミラーグロに代わって、こちらは余裕の手応えのクロコスミアが2番手から単独先頭に立って直線を迎えます。直後からは、マキシマムドパリモズカッチャンら好位追走組も脚色良く追撃の構え。1番人気ヴィブロスはその後ろ5、6番手から、3番人気ミッキークイーンは直線入り口で外へ膨れたところからそのまま外を通って後方から、2番人気ルージュバックはさらに後ろから大外を通して末脚勝負に賭けます。
残り100mを過ぎて、依然先頭で粘る9番人気クロコスミア。これに徐々に迫ったのはM・デムーロ鞍上の5番人気モズカッチャンでした。1完歩ごとにその差を詰め、そのままの勢いでゴール直前クロコスミアをクビ差捉えてV!単独先頭に立った残り50mから交わされて涙を飲んだ前走秋華賞の敗戦(3着)から4週間。鮮やかな差し切り勝ちで自身初のG1勝ちを決めています。2着クロコスミアからアタマ差の3着には、上り最速の脚で外から猛追を見せた3番人気ミッキークイーンが入っています。
公認プロ予想家では、霧プロ蒼馬久一郎プロが的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
12(日)東京1Rを、◎タイプムーン−▲ラヴベローナで、馬単574倍含む計22万5,300円払戻しのビッグヒット!11(土)東京5Rでの12万3,290円払戻しや、G2デイリー杯2歳Sでの◎○的中、G3武蔵野Sでの◎インカンテーション的中、G1エリザべス女王杯の◎的中等々......絶好調予想を連発!週末トータルでは、回収率176%、収支25万5,500円プラス(トップ)をマークし、自身4開催日連続のプラス収支を達成しています!
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
11(土)東京4Rで◎アースビヨンド(単勝31.0倍)を的中。他にも、勝負予想東京12Rや、G3武蔵野Sの◎インカンテーション−△サンライズソア的中などで、この日221%の高回収率をマーク。翌12(日)は、G3福島記念の○◎△的中、東京10Rの◎オースミナイン(単勝96.7倍)からの3連複的中を筆頭に、連日の量産モードを披露。週末のトータル回収率はトップの196%、収支は18万2,530円の大幅プラスで終えています。
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
11(土)をG2デイリー杯2歳Sでの◎ジャンダルム的中などでプラス収支を決めると、12(日)は東京7Rでの○ラテールプロミーズトゥルーラヴキッス的中などで2日連続のプラスをマーク!週末トータルでは回収率171%を記録しています。
 
☆☆☆注目プロ →マカロニスタンダーズプロ
11(土)G3武蔵野Sの◎サンライズソア、12(日)東京1Rの◎タイプムーン東京10Rの◎オースミナインなどの好調予想を披露した先週はトータル回収率154%、収支14万7,980円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
11(土)は京都4Rでの◎アイトーン(単勝27.2倍)、福島10Rでの○ジャーミネイトリリーモントルー的中などの活躍を披露。12(日)は勝負予想G3福島記念(◎ウインブライト)を筆頭に、東京3R東京4Rでの連続◎○▲パーフェクト的中などの好調予想で連日のプラス収支を記録!週末トータルでは、回収率134%をマークしています。
 
 
 
この他にも、ろいすプロ(129%)、蒼馬久一郎プロ(114%)、佐藤洋一郎プロ(110%)、河内一秀プロ(109%)、くりーくプロ(108%)、ゼット1号プロ(108%)、【U指数】3連複プリンセスプロ(107%)、【U指数】馬単マスタープロ(100%)、馬券生活プロ(100%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月15日(水) 17:30 凄馬プロジェクトチーム
『凄馬出馬表&馬券検討』11/11〜12の結果(エリザベス女王杯,デイリー杯2歳S)
閲覧 427ビュー コメント 0 ナイス 1

11月12日(日)に行われました京都11Rの「エリザベス女王杯 G1」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【17位】△モズカッチャン(7.7倍)
2着:総合ポイント【8位】△クロコスミア(26.4倍)
3着:総合ポイント【2位】○ミッキークイーン(7.2倍)

第4グループ・総合ポイント17位のモズカッチャンが1着、第4グループ・総合ポイント8位のクロコスミアが2着、第1グループ・総合ポイント2位のミッキークイーンが3着という結果でした。


穴で狙った◎トーセンビクトリーは、内・先行有利な馬場で当日もチャンスは広がったかなー、と思って見ていたんですが、結果は終始7番手辺りからの競馬でコンマ4秒差10着敗退。もう1列前で競馬してくれないかと期待したのですが甘かったですね。悔いが残るのは、2着した△クロコスミア。前走時は当コラムでもお世話になった馬で警戒はしていたのですが、乗り替わりも相まって重い印を打つことができませんでした。“2匹目のドジョウ”は無いだろうと、逆に自分で自分に余計な勘繰りを掛けてしまいました。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
3=10,12,17=4,5,6,7,9,10,12,15,16,17(24点)

【馬連ながし】
○=▲☆△(5,7,15)
10=5,7,12,15,17(5点)

計29点 払い戻し0円


続いて、11月11日(土)に行われました東京11Rの「デイリー杯2歳ステークス G2」です。

レース結果(着順)の凄馬出馬表(画像)をご覧ください。



1着:総合ポイント【5位】△ジャンダルム(7.3倍)
2着:総合ポイント【6位】◎カツジ(5.4倍)
3着:総合ポイント【7位】☆ケイアイノーテック(5.2倍)

第4グループ・総合ポイント5位のジャンダルムが1着、第4グループ・総合ポイント6位のカツジが2着、第4グループ・総合ポイント7位のケイアイノーテックが3着という結果でした。


カツジはよく頑張ってくれたんですが、レース後談話にもあった通り外に外に行ってしまい若さを見せてしまいましたね〜。残念ですが、若駒ですしこればかりは仕方ないですね。券種と、相手選びのセンスの無さに反省です。


【3単フォーメーション】
◎→○→印
8→4→1,2,3,5,6(5点)
◎→印→○
8→1,2,3,5,6→4(5点)
○→◎→印
4→8→1,2,3,5,6(5点)

計15点 払い戻し0円

[もっと見る]

2017年11月12日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第312回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜エリザベス女王杯 G1
閲覧 1,026ビュー コメント 0 ナイス 1



みなさんこんにちは!

本日は京都11R「エリザベス女王杯 G1」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、スマートレイアーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のミッキークイーンまで2頭。
第2グループ(黄)は、ルージュバック1頭。
第3グループ(薄黄)は、ヴィブロスから1.0ポイント差(約1馬身差)内のクイーンズリングまで2頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、第2グループ→第3グループ間にある2.7ポイント、これが非常に目立つ配置となっています。やはり、JRAで牡馬一線級に交じっての好戦歴を誇る3頭が指数的には抜け出していて、過去のエリザベス女王杯を考えてみても、この3頭の正しい評価というのが今年のエリザベス女王杯攻略の最重要ポイントと言えそうです。一方、その下(4位以下)にはほとんど目立った“溝”が見られず僅差の状況となっています。

総合評価上位の3頭については、当初は、当然能力は認めつつもどれも「どうせ人気だし」と高を括っていて、本命◎はここからは選べないだろうなと考えていました。ところが、原稿執筆時点(土曜午後)でルージュバック6倍台、ミッキークイーン8倍台、スマートレイアー11倍台と思った以上に妙味あり。当日にはもう少し売れてきているのかもしれませんが、うーん......想定よりも甘いオッズに思わず飛びついてしまいそうです。なんだかんだと頭を悩ませたのですが、これは妙味ではなくやはり実力馬に隙ありの“相場観”とみて、初心に帰ることにしました。先に言うと、今回の馬券(3連複フォーメーション◎=○▲☆=印)の2列目評価、○ミッキークイーンスマートレイアールージュバックという位置付けとしました。さすがにここから1〜2頭馬券には絡むだろうと。
◎はトーセンビクトリー。前走は明らかなトライアル仕上げの+10kg出走で、稍重も上りの速い決着も、コース形態も合わなかった印象。2走前にマークした指数は高く、昨秋のジェンティルドンナメモリアルも10頭立てのマイペース逃げと楽が出来たことは事実でも、倒した相手は牡馬も交じってのそこそこのメンバーでした。その2走と同様のコーナー4つのこの条件で内枠なら。“牡馬混合(重賞)実績”に否応なしに目が向く今回、準オープンといえどその後重賞で1、2着する牡馬らをねじ伏せての勝利を昨秋の京都でマークしたこの馬に、終わってみれば“隠れ牡馬混合実績馬だった”というオチを期待。
他、久々に良馬場でレースを迎えられそうで不利もあった2年前のエリザベス女王杯を除けば京都では崩れていない△クイーンズリング、京都の長距離戦では頼もしい鞍上の△マキシマムドパリ、落鉄のあった秋華賞では勝ちに等しい内容だったとみている△モズカッチャンといったところを重視し、先にも触れた通り◎から○▲☆への3複フォーメーションを中心とした馬券で勝負とします。


【3複フォーメーション】
◎=○▲☆=印
3=10,12,17=4,5,6,7,9,10,12,15,16,17(24点)

【馬連ながし】
○=▲☆△(5,7,15)
10=5,7,12,15,17(5点)

計29点

[もっと見る]

2017年11月12日() 12:00 ROBOTIPプロジェクトチーム
〜重賞予想〜かんたん予想ロボット『ROBOTIP』(エリザベス女王杯 G1)
閲覧 690ビュー コメント 0 ナイス 0



みなさんこんにちは!ROBOTIPプロジェクトチームです。当コラムはウマニティが開発した新サービス『ROBOTIP(予想ロボット)』の重賞予想&運用レポートをお届けしています!

※新予想ツール『ROBOTIP』とは?・・・誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットを作ることが出来るサービスです。「U指数」をベースにした6つの能力指数と5つの適性を自由に配合してあなただけの最強ロボットを完成させましょう!詳しくはコチラ

では早速ですが、本日は『エリザベス女王杯 G1』のロボ予想をお届けしたいと思います。予想ロボットは競走馬重視・血統重視・騎手重視の3体です。まずは、各ロボのセッティングをご確認ください。





それでは1体目、競走馬ロボの印(勝率)、買い目を見てみましょう!

【競走馬ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



本命は◎スマートレイアーで、勝率は20.4%。2位○ミッキークイーンが勝率12.2%ですから少し開きがありますね。人気もそこそこですから買い目的にも妙味もありますね。


続いて血統ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【血統ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらも本命◎はスマートレイアー。やや勝率を下げ、その分の2位○ヴィブロスとの差が詰まっていますね。他では、人気薄×トーセンビクトリーも浮上してきていますね。


最後に騎手ロボです。下記の勝率&印、買い目画像をご覧ください。

【騎手ロボ】

<勝率&印>



<買い目>



こちらも本命◎スマートレイアー、○ヴィブロスの2強態勢となっています。人気の一角×ディアドラもここで浮上。


【まとめ】
今回は、全てのロボが本命視した◎スマートレイアーが中心との結論になりました。しかし、指数の算出されていないドバイターフを勝利したヴィブロスも競走馬ロボ評価は致し方ないとしてその他のロボでは双璧をなす形と、なかなかの高評価のようですね。また、ミッキークイーンリスグラシューといったところも毎回名を連ねている状況で、これら4頭で構成される“2+2”が当コラムの見立てとなりました。
豪華メンバーが揃った最強牝馬決定戦、エリザベス女王杯のスタートを今から楽しみにしています(^^♪


--『ROBOTIP』--
「ロボットの便利さ」と「自分で予想する楽しさ」を兼ね備えた、新聞とも従来の競馬ソフトとも異なる、まったく新しい競馬予想ツール。誰でも簡単に、無料で自分の予想ロボットが作成可能です!ROBOTIPはウマニティに会員登録(無料)するだけでご利用いただけます!

○ウマニティ会員登録はこちらからどうぞ

[もっと見る]

2017年11月8日(水) 16:45 覆面ドクター・英
エリザベス女王杯・2017
閲覧 4,372ビュー コメント 0 ナイス 16

私が競馬をはじめた頃は、秋華賞が無くて、エリザベス女王杯が牝馬三冠の最終戦という位置付けながら、桜花賞オークスほどは陣営はここを目標としていない感じで、ダート馬だろうが、短距離馬だろうが出られる賞金持っている馬達が勢いだったり惰性で出てくる「ごった煮」要素が強い感じでした。

最低人気(20番人気)のサンドピアリスの激走が有名ですが、私が馬券買いだした頃ではタケノベルベット(藤田騎手)が17番人気で3馬身半も突き抜けて、メジロカンムリ(2番人気)との馬連が700倍超えたり(当時は馬単や三連単が無かったので獲れたんだと思います。スプリンターだと思って消したニシノフラワーが能力でハナ差3着に来て冷や冷やしたのを今でも覚えています。サンエイサンキュー事件と呼ばれるもめ事があったりと競馬がなんせ盛り上がっていた時代でした)、とにかく荒れるレースとして楽しかったものです。

それでは恒例の登録馬の全頭診断を。

ヴィブロス:活躍馬を続々と輩出する母系で、大魔神ががっちり抑えている打ち出の小槌のような血統なのですが、この馬は小さいし、スケール的にそうでもないかと思いきや、昨秋は秋華賞を勝ち、今年3月にはモレイラ・マジックあったにしてもドバイターフを制し、この前哨戦の府中牝馬Sもプラス体重で逃げ馬に残られるもきっちり2着して、友道厩舎らしく本番は馬体絞ってきて好走させるのだろう。当然有力。

スマートレイアー:脚質も追い込みや逃げ、距離も短いところから、最近は長いところでも7歳秋でも第一線で活躍を続ける丈夫さで、京都大賞典も勝っちゃったが、期待されると案外なタイプか。

ミッキークイーン:昨年はこのレースで3着(一昨年は秋華賞を制した後にJCに向かい不出走)で、当然実力あるのだが、エンジンの掛かりが遅くもたついたりもあり。宝塚記念3着と牡馬相手にもやれる力がある反面、そう強くない相手にも負ける、あまり信頼できないタイプ。

ルージュバック:非根幹距離(400の倍数でない距離)に実績が集中しており、3歳時にもこのレースで4着に来ており、臨戦過程としてもオールカマーで勝利をもぎとって(斜行で騎手は騎乗停止)、指数的にも横ばいで力は落ちてきていない。ただG1で北村宏騎手はかなり微妙、と思ったら、なんとR・ムーア騎手のようで、激走ありそうだが人気過剰にもなりそうで難しい。

ディアドラ:かなり使い込んでいるが、デビュー時より38kg増やして、とうとう秋華賞勝ちまでみせた。晩成傾向はハービンジャーらしさなのだろうし、3歳牝馬今年は強くないと思っているが、この馬はやれるのでは。

リスグラシュー阪神JF桜花賞秋華賞とG1で2着3回と堅実駆け見せているが、データ的には当然有力視すべきなんだろうが、個人的には今年の3歳牝馬は弱いと思っているので、人気だろうしあまり買いたくない馬。

モズカッチャンオークス2着、秋華賞3着と結果を残しており、リスグラシュー同様、過去傾向からは重視すべきなんだろうが、これも同様に世代レベルに疑問で、人気だろうしあまり買いたくない馬。

クイーンズリング:昨秋は府中牝馬Sエリザベス女王杯を連勝してみせたが、以降さっぱりでピーク過ぎたか。

クロコスミア:逃げるとしぶといタイプで府中牝馬Sも勝ってしまった。同型プリメラアスールとのハナ争いがポイントか。距離不問で粘って3着あたりには来れるかも。

ジュールポレール:やっと準オープンを勝ったばかりだし、マイルCS勝ち馬のサダムパテックの下だけにマイラーと思われて人気にならなそうだが、阪神牝馬Sヴィクトリアマイルでともに3着に来ており、また小倉の2000m戦でも結果は出なかったものの走り自体は悪くなく距離もこなせそう。ヒモ穴にぴったりなタイプ。

マキシマムドパリ:1月に愛知杯、6月にマーメイドSと2つG3を制するも、あまりここでの大仕事は期待できないタイプか。

デンコウアンジュ:アルテミスSでメジャーエンブレムを差した2歳時の激走はフロックかと思っていたが、5月にヴィクトリアマイルで2着激走と、東京だと激走期待できるのかもしれないが、ここは無いのでは。

トーセンビクトリー:3月の中山牝馬Sを勝ち夏のクイーンSも2着と先行して安定した力を見せており、頭は無いがヒモには入れたい。

クインズミラーグロ:体重の増減激しく、オープンでは3着が多く、前哨戦の府中牝馬Sでの完敗みると期待薄か。

エテルナミノル:牝馬重賞では壁あるようで3度の5着が最高という程度だが、準オープンとはいえ牡馬もいる中、5馬身差の圧勝を見せており、エンパイアメーカーらしく気性が問題なのだろうが気分が乗れば大仕事あるか。

プリメラアスール:かなり少なくなったスペシャルウィークの活躍馬だが、牝馬重賞でも壁に当たっており好走は難しそう。

ウキヨノカゼ:見ていて楽しいすごい末脚を持っているが4月の福島牝馬S勝ちを最後にもうしぼんでしまったようで活躍は期待薄。

タッチングスピーチ:一昨年のこのレースで3着した実績あるのだがここ8戦掲示板外しており、旬は過ぎた感じで、良血だけにもう引退して繁殖入りが良いのでは。

ハッピーユニバンス:夏の札幌の準オープン勝ちでオープン入りし、前走の府中牝馬Sでも最後方からいい脚で追い込んできたが、ここではまだ荷が重い。

プロレタリアト:オープン実績無く、穴厩舎だが騎乗数かなり少ない杉原騎手含め期待薄。


<まとめ>
有力馬:ヴィブロススマートレイアールージュバックディアドラ
ヒモ穴候補:エテルナミノルトーセンビクトリージュールポレールクロコスミア

[もっと見る]

2017年10月14日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第302回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス G2
閲覧 807ビュー コメント 0 ナイス 4



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、アドマイヤリード1頭。
第2グループ(黄)は、アスカビレンクロコスミアクインズミラーグロの3頭。
第3グループ(薄黄)は、トーセンビクトリーからバンゴールまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

私の本命は◎クロコスミアにしたいと思います。先週までは上がり上位馬が大活躍した馬場でしたが、降雨の影響でその傾向は変わりそうですし、メンバー的にも楽に単騎逃げできるメンバー構成。血統的にも馬場悪化は追い風と見ました。あっと言わせる逃げ切りを期待しています。

以下、対抗に○アドマイヤリード、▲クイーンズリング、△ワンブレスアウェイ、☆ゲッカコウまで印を回します。ヴィヴロスは馬場適性、長期休養明けで評価を下げました。

【単勝】
11

【馬連】
11

4,6,7,12

【ワイド】
11

4,6,7,12

計9点

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーセンビクトリーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 283ビュー コメント 0 ナイス 0

netkeiba.comのマイルチャンピオンシップの出走馬を馬・騎手の両面から、
過去5年の1着馬の傾向やいろんなデータなどに照らし合わせて好材料・不安材料をチェックし、
単勝予想オッズに対してのお買い得度を採点し、お買い得度上位3頭の単勝が当たるか外れるかを楽しむGI恒例のお遊び企画の1日目ですが、1日で18頭は多く長文になりすぎるので、今回は省略バージョンでいきます。



--------------------------------------------------------------------------------

前回のエリザベス女王杯は
7着クイーンズリング(8番人気 15.1倍)
8着リスグラシュー(7番人気 15.0倍)
10着トーセンビクトリー(11番人気 86.7倍)
3頭も選んで、全て掲示板圏外は企画存続の危機かもしれませんね(笑)

前回までの収支は
・収支:−42000P
・投資額:51000P
・払戻額:9000P
・指名馬の着順(1.6.2.42)
・的中率:2%
・回収率:18%
で、登校中に犬のウンチを踏んでしまった時のような恥ずかしい成績です(笑)


--------------------------------------------------------------------------------

☆採点時の確認事項☆
・一応、netkeiba.comの単勝予想オッズと実際の単勝オッズで差が出るのを考慮して採点。

・「点数が高い=勝つ可能性が高い」ではなく、「点数が高い=この単勝オッズで買えるのならお買い得かも?」

・予想オッズ10倍未満の馬は、好材料が多くて当たり前なので加点せず、不安材料があるごとに減点する方式。

・予想オッズ10倍以上の馬は、不安材料では減点せず、一発の可能性を秘めた好材料があるごとに加点する方式。

・あくまでお遊びなので好きな馬や狙ってる馬が点数低くても温かい目で見て見ぬふりをしてください。




--------------------------------------------------------------------------------

イスラボニータ(単勝予想オッズ 3.4倍)
善戦型で勝ち切れないことが多いし、7年連続で1番人気馬が勝ててないレースやし、いろんな馬にチャンスありそうな混戦模様のメンバーですからね〜。
単勝3倍台しかつかないなら、お買い得度は76点

エアスピネル(単勝予想オッズ 4.0倍)
善戦型でGI未勝利なのにこの人気だと、血統とムーア騎乗で過剰に人気してるかな〜。
単勝4倍前後しかつかないなら、お買い得度は74点

レッドファルクス(単勝予想オッズ 5.0倍)
MデムーロからCデムーロに乗り替わりでGI信頼度ダウンやし、1600mは守備範囲ですが1200mより得意距離とは思わないんで・・・。
単勝5倍前後しかつかないなら、お買い得度は76点

サトノアラジン(単勝予想オッズ 5.8倍)
極悪馬場の天皇賞秋から中2週で疲労が心配なのと、展開次第で取りこぼしやすい追い込み馬なんで・・・。
単勝5倍台だと、お買い得度は75点

ペルシアンナイト(単勝予想オッズ 6.4倍)
休み明けとはいえ前走の富士Sが古馬相手に0.8差5着の完敗なんで、現時点では古馬相手のGIだと力不足かも?
単勝6倍前後しかつかないなら、お買い得度は73点

マルターズアポジー(単勝予想オッズ 13.4倍)
好材料だけを探すと、
勝つか着外って馬なんで単勝向きのキャラなのと、去年逃げ馬が1着なんで去年から傾向が変わった可能性に期待ってとこかな?
単勝10倍以上つくなら、お買い得度は83点

サングレーザー(単勝予想オッズ 16.3倍)
好材料だけを探すと、
4戦ともメンバー中最速の上がり3Fで4連勝中で勢いある若い3歳馬のディープインパクト産駒。
福永とのコンビも2戦2勝で相性いいですね〜。
単勝12倍以上つくなら、お買い得度は94点

グランシルク(単勝予想オッズ 33.0倍)
好材料だけを探すと、
マイルでの安定感は抜群なんで、運や展開など何らかの要素でもうひと押しあった場合は・・・。
田辺が人気薄の馬でGI勝つ騎手なのも不気味です。
単勝25倍以上つくなら、お買い得度は92点

ウインガニオン(単勝予想オッズ 35.6倍)
好材料だけを探すと、
マイル重賞で連続連対中の勢いはいいですね〜。
単勝30倍以上つくなら、お買い得度は82点

クルーガー(単勝予想オッズ 42.5倍)
好材料だけを探すと、
富士S3着からの休み明け2走目と、外人騎手への乗り替わり効果で・・・。
単勝35倍以上つくなら、お買い得度は87点

レーヌミノル(単勝予想オッズ 46.1倍)
好材料だけを探すと、
秋華賞からの距離短縮はいいし、今年の桜花賞馬ですからね〜。
単勝35倍以上つくなら、お買い得度は91点

ヤングマンパワー(単勝予想オッズ 71.2倍)
好材料だけを探すと、
マイル重賞3勝してるし、毎日王冠0.3差5着からの距離短縮もいいですね〜。
単勝50倍以上つくなら、お買い得度は86点

ガリバルディ(単勝予想オッズ 98.2倍)
好材料だけを探すと、
マイル〜中距離こなせるし、ディープインパクト産駒で速い上がり3Fも出せるタイプなのもいいですね〜。
今年重賞7勝で復活傾向の岩田というのも不気味。
単勝70倍以上つくなら、お買い得度は93点

アメリカズカップ(単勝予想オッズ 121.1倍)
好材料だけを探すと、
きさらぎ賞勝ってるのはいいし、前走が3馬身半差の快勝で勢いあるし、伸びしろいっぱいの若い3歳馬、前走から距離短縮なのもいいですね。
単勝80倍以上つくなら、お買い得度は90点

ブラックムーン(単勝予想オッズ 264.2倍)
好材料だけを探すと、
マイルはベストっぽいし、速い上がり3Fが出せる馬なのもいいし、外人騎手への乗り替わり効果で激変に期待かな。
単勝100倍以上つくなら、お買い得度は88点

ジョーストリクトリ(単勝予想オッズ 301.4倍)
好材料だけを探すと、
マイル重賞1着経験あるし、休み明け2走目の上昇度も見込めるし、3歳なんで伸びしろもあるし、荻野から武豊に替わって騎手超強化です。
単勝100倍以上ついたとしても、お買い得度は76点

ダノンメジャー(単勝予想オッズ 339.5倍)
好材料だけを探すと、
2000mの重賞連対経験があるのはいいですね。
単勝100倍以上ついたとしても、お買い得度は73点

ムーンクレスト(単勝予想オッズ 563.2倍)
好材料だけを探すと、
う〜ん・・・。2走前に1600mのOP勝ってるってとことぐらいかな〜?
単勝100倍以上ついたとしても、お買い得度は70点


--------------------------------------------------------------------------------

☆マイルチャンピオンシップのお買い得馬 上位3頭☆
94点サングレーザー(想定単勝オッズ 16.3倍)
93点ガリバルディ(想定単勝オッズ 98.2倍)
92点グランシルク(想定単勝オッズ 33.0倍)

この3頭がどんな結果を残してくれるか楽しみです。


--------------------------------------------------------------------------------

☆おまけ☆
日馬富士はどうなるんでしょうね。

 人参好 2017年11月12日() 02:42
エリザベス女王杯、福島記念
閲覧 292ビュー コメント 0 ナイス 6


福島は小雨の影響ですかね 差が効いている馬場で時計もちょっと掛かっています。明日はちょっと読みづらいですが
差馬場のような感じがします
逆に京都は内優位ぽいですねえ

ではエリザベス女王杯

大外ぶん回しだとまずは届かなさそう。逃げるクロコスミアは・・和田Jですか、大逃げはちょっとないか。
ややスローに近い平均ペースくらいまでと見ます。

先行・内突き が馬券の中心と見たい。

クインズミラーグロ
G3で3着までとここでは一枚足りない感じ

ハッピーユニバンス
新潟と函館、札幌で実績があり。新潟の速い上りタイムありますが長い脚を使うのが向いている感じかも
京都外で展開が遅いときは切れ負けしそうです。

トーセンビクトリー
ちょっと掴みどころがない感じのタイプ 内枠はプラス。調教は動いてますね
G1には力が足りない感じがします

クロコスミア
前走はうまく展開作りました 2200はちょっと長い感じがします

モズカッチャン
秋華賞はこの馬が一番強い競馬をしていましたね。枠もよしで内突けるタイプ
前走ダメージがないかどうか

リスグラシュー
安定して最後の脚を使えるタイプ 今回は馬場がちょっと向かないか

クイーンズリング
前走はちょっと出遅れ 前哨戦としてはいい感じでした 枠もよし

タッチングスピーチ
いろいろ距離変えて刺激を与えている感じ。スランプから抜けた感じはしなそう

デンコウアンジュ
4歳世代 今は府中専用機の感じ

ミッキークイーン
秋華賞以来は阪神牝馬しか勝ないんですね 古馬牡馬混合G1で検討してますのでここでは力が上と思います
が、外差しのタイプ。位置取りが前目ならば

ディアドラ
今回で岩田に戻るのですね。ノーザンは露骨だなあ
外捲りで前回は恵まれています(強いですが)馬場向いてなさそう

スマートレイヤー
前走は内突いて サトノクラウン シュヴァルグランを押さえての勝ち
同じ競馬ができるかがどうか。シュヴァルグランとヴィブロスどっちが強いですかね

ジュールボレール
前々で競馬しそう ちょっと距離はながそうですね

ウキヨノカゼ
外一気だけにここは厳しい

マキシマムドパリ
今回前につけそうです G1だと足りない感じ ちょっとどうかな

ヴィブロス
人気してますねえー ドバイと秋華賞とG1勝なんですが、秋華賞はちょっと実力が怪しい4歳世代
ドバイは13頭立と少ない、前走の府中牝馬は最内、スローのよーいドンでクロコスミアを捕まえきれず。
こう書いてみると結構恵まれてが続いての今回の全世代のG1で外枠と条件が一気に厳しくなってきました。先行脚質なので
馬場は向いている感じではあります

ルージュバック
前走は内突いて差し切り勝。このレースはドスローで牝馬のキレが功を奏した感じです。
ムーアなので内突きそうですが、人気してますね
この枠でイン突きはどうでしょうか となりのエテルナミノルがちょっと邪魔かも

エテルナミノル
前目につかますかね エンパイヤメーカは前哨戦強くて本番はイマイチというイメージあり(芝)



まとめると
逃げはクロコスミアで、他馬で特に行きたいタイプもいなそうですんなり番手か。大逃げもちょっと考えにくく
ややスロー。切れが必要
イン突きが望ましい

◎スマートレイヤー
 56圓世肇ぅ泪ぅ繊∪酖弔前走と同じようにエスコートできるかなど不安点が多いのですが
 鳴尾→京都大賞典と連帯。牡馬含めた中でも一線級の実績
 
〇クイーンズリング
 切れ脚と枠がうまく働くとみて

▲ミッキークイーン
 前前にいそう

△トーセンビクトリー
 内でじっっとしているはず。

△モズカッチャン
 内でじっとしてくれれば

△ヴィプロス
 この枠は厳しい 実力抜けていると思えないので
 

福島記念
Hペースかまわないタイプの逃げ、先行が揃いましたね。ペースが速く捲れるタイプが優勢とみて

◎マサハヤドリーム 久々気にせず 前走と展開似るとみて
〇サンマルティン  展開向きそう
▲フェルメッツァ  先行目で残るのならば
△ショウナンバッハ そろそろきても
△ベルーフ     マイネルスフェーンとスズカデヴィアスと迷いましたがハービンジャーの方が良さそうと見て

[もっと見る]

 しんすけ46 2017年11月11日() 18:47
エリザベス女王杯内定
閲覧 187ビュー コメント 2 ナイス 20

まだまだ色々見たり考えたりするんで調整は入る可能性はあるんだども。

◎スマートレイアー
〇ゥ皀坤ッチャン
△トーセンビクトリー
△Дイーンズリング
△哀凜ブロス
△吋襦璽献絅丱奪

馬連ー・ァΝАΝ亜Ν韻悗裡掬世悖隠娃娃葦漾
馬単ー・ァΝАΝ亜Ν韻悗裡掬世悖械娃葦漾
三連複ァΝー・АΝ亜Ν韻悗裡甘世悖械娃葦漾

年齢と56kgは正直気にはなるけどね。ここを取りに来ている陣営を信じることにした。
京都大賞典でのパフォーマンスを見れば牝馬GIは勝っても不思議無いでしょ?
今年に入って何度も牡馬相手の重賞で好走してるのもこの馬だけ。今年になって一皮むけたかも。
出来れば中段か前目につけて欲しいな。

一時は本命も考えてたモズカッチャンが対抗。内枠も良いし前走は落鉄に早仕掛け。強い競馬でした。
後は週中からトーセンビクトリーとクイーンズリングの評価をアップ。

逆にミッキークイーンとディアドラの評価をダウン。
前者は休み明けと浜中が不安なんで。鉄砲は効くと言っても病み上がりで去年より面子は揃ってるんで。
後者は成長は感じるにしても流石に休みなく使われて来ての前走の道悪での激走。
秋華賞を取る為のローテを組んで来てるんで条件変わりは大きなマイナスだと思う。
これで好走したら脱帽ッス。

今日は大当たりでウハウハ出来たんで明日もウハウハ期待だーね。

[もっと見る]

⇒もっと見る

トーセンビクトリーの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
1:
  ヨッシー   フォロワー:4人 2015年11月23日(月) 19:19:44
追いかける価値あり!

トーセンビクトリーの写真

トーセンビクトリー
トーセンビクトリー
トーセンビクトリー

トーセンビクトリーの厩舎情報 VIP

2017年11月12日エリザベス女王杯 G110着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トーセンビクトリーの取材メモ VIP

2017年11月12日 エリザベス女王杯 G1 10着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。