注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます!⇒いますぐ会員登録(無料)

ハートレー(競走馬)

注目ホース
ハートレー
写真一覧
現役 牡4 鹿毛 2013年4月11日生
調教師手塚貴久(美浦)
馬主有限会社 サンデーレーシング
生産者ノーザンファーム
生産地安平町
戦績 3戦[2-0-0-1]
総賞金7,247万円
収得賞金3,650万円
英字表記Hartley
血統 ディープインパクト
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ウインドインハーヘア
ウィキッドリーパーフェクト
血統 ][ 産駒 ]
Congrats
Wickedly Wise
兄弟 キングリオ
前走 2016/02/14 共同通信杯 G3
次走予定

ハートレーの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
16/02/14 東京 11 共同通信杯 G3 芝1800 108101.919** 牡3 57.0 横山典弘手塚貴久486(+2)1.48.9 1.536.5⑦⑥⑤ディーマジェスティ
15/12/27 中山 9 ホープフルS G2 芝2000 13567.431** 牡2 55.0 H.ボウマ手塚貴久484(0)2.01.8 -0.234.3⑧⑨⑨⑦ロードクエスト
15/11/14 東京 6 2歳新馬 芝2000 11671.511** 牡2 55.0 R.ムーア手塚貴久484(--)2.04.5 -0.233.8⑦⑨⑥オーダードリブン

ハートレーの関連ニュース

 日曜の中山メインは菊花賞トライアルのセントライト記念(18日、GII、芝2200メートル)。白百合S2着以来となるメートルダールは2月の共同通信杯で、皐月賞馬ディーマジェスティに肉薄した経歴が光る。夏場を順調に過ごして仕上がりは文句なし。V実績がある中山へのコース替わりも好材料だ。

 春の大舞台には立てなかったが、残してきた戦績を見れば侮れない。メートルダールは京成杯、共同通信杯でともに3着の実力馬。白百合S2着後は充電して成長をうながし、秋の飛躍を目指して調整されてきた。

 「普段の様子を見ても、気持ちの面で子供っぽさが抜けてきました。馬体も大きな変化はないですが、少しボリュームが出ています」

 斎藤助手が着実な成長の跡を伝える。全休日明けの13日は雨の美浦坂路を軽快に駆け上がった。春に470キロ前後だった馬体はグンとたくましくなったように映る。

 2歳時に2勝を挙げ、クラシックへの期待は大きかったが、その後の重賞では脚を余す形で負ける不完全燃焼の競馬が続いた。それでも共同通信杯ではのちの皐月賞馬ディーマジェスティに猛然と迫った。1番人気のハートレー(9着)をマークしたことが裏目に出たことや当時伸びにくかった馬場の外めを通ったことを考えれば、着順以上に強い内容だった。

 今回は久々に中山が舞台。昨年12月の葉牡丹賞で後方一気の差し切りを演じている相性のいいコース。斎藤助手も「瞬発力というより長く脚を使うタイプ。中山なら3〜4コーナーで勢いをつけていける」と歓迎する。初コンビの北村宏騎手にも1日、8日と2週連続で追い切りに騎乗してもらい、「先週は長めからビッシリやってもらった。特徴、感触をつかんでもらっています」。同レース最多タイの4勝を挙げる鞍上は頼もしいかぎりだ。

 「相手はそろっていますが、しまいの脚は世代の上位馬とも遜色ないと思います」と斎藤助手は期待を込める。3カ月半ぶりの実戦でも準備は万端。メートルダールの反撃の秋が始まる。(板津雄志)

★鞍上はセントライト記念男

 メートルダールが新コンビを組む北村宏司騎手(36)=美・フリー=は、セントライト記念で抜群の成績を残している。2005年キングストレイル(8番人気)、08年ダイワワイルドボア(9番人気)、13年ユールシンギング(3番人気)、15年キタサンブラック(6番人気)で優勝。4勝は郷原洋行元騎手、加賀武見元騎手、蛯名正義騎手と並ぶ最多。勝率も30.8%と高い。

★セントライト記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

ハートレーが左前脚球節部を骨折2016年04月23日() 19:31

 左前脚の跛行で皐月賞を回避したハートレー(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)は、レントゲン検査の結果、左前脚球節部の骨折が判明した。

 4月23日に同馬を所有するサンデーサラブレッドクラブのホームページで発表された。同馬は22日に福島県のノーザンファーム天栄に移動済み。今後は回復に努める。

ハートレーの競走成績はこちら

[もっと見る]

ハートレー、秋に備え春シーズン全休へ2016年04月21日(木) 04:00

 昨年のホープフルS勝ち馬で、左前脚の跛行(はこう=歩様の乱れ)で皐月賞を自重したハートレー(美・手塚、牡3)は、春シーズンを全休して秋に備えることになった。今後は22日に福島県のノーザンファーム天栄に放牧に出る。「走れる状態に戻ってこない」と手塚調教師は話した。

ハートレーの競走成績はこちら

[もっと見る]

ハートレーが左前脚跛行のため皐月賞を断念2016年04月03日() 13:15

 昨年末のGII・ホープフルSを勝ち、年明け初戦のGIII・共同通信杯で9着に敗れたハートレー(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)は皐月賞への登録を見送った。

 管理する手塚調教師は3日、「31日に放牧先(ノーザンファーム天栄)から帰厩して乗り出したが、左前脚に跛行の症状が見られた。メンバーもメンバーだし、万全の状態でなければ太刀打ちするのは難しい。残念だけど、ここは先のことも考え、大事を取ることにした」と状況を説明。今後については厩舎で様子を見ながら検討していく。

ハートレーの競走成績はこちら

[もっと見る]

【スプリングS】レース展望 2016年03月14日(月) 19:40

 中央競馬3月第3週は阪神&中京(19日=土)、中山&阪神(20日=日)、中山&中京(21日=月・祝)の変則3日間開催で、中山では日曜メーンにフジテレビ賞スプリングS(中山、GII、芝1800メートル)が行われる。1〜3着馬に皐月賞(4月17日、中山、GI、芝2000メートル)への優先出走権が与えられるトライアルだ。

 近年はステップレースの多様化で、多くのレースが本番と結びつくようになっている。スプリングSも、過去10年の優勝馬では2006年メイショウサムソンが皐月賞&ダービーの2冠、09年アンライバルドが皐月賞、11年オルフェーヴルが3冠、13年ロゴタイプが皐月賞、昨年のキタサンブラックは菊花賞を制覇。2、3着馬からもドリームパスポートフローテーションローズキングダムベルシャザールディープブリランテリアルスティールなどがクラシックで上位に食い込んでおり、非常に重要な一戦になる。

 注目されるのはロードクエスト(美浦・小島茂之厩舎、牡)。昨年夏、新馬に続いて新潟2歳Sを圧勝した時点でクラシックの有力候補に浮上したが、4カ月の休み明けで臨んだホープフルSではハートレーから1馬身1/4差の2着に敗退。ハートレーが次走の共同通信杯で9着と凡走した事情もあり、ロードクエストの評価もやや下がっている印象だが、今回の内容と結果次第では本番でも脚光を浴びるだろう。

 この春はダービー(5月29日、東京、GI、芝2400メートル)まで池添謙一騎手と新たにコンビを組むことが決定。美浦での1週前追い切りに騎乗し、「イメージよりも乗りやすい」と好感触を得ている。今週の最終追い切りにまたがることも決まっており、初コンビでも不安はない。いずれにしても、今回は真価を問われるレースだ。

 ドレッドノータス(栗東・矢作芳人厩舎、牡)は新馬に続いて京都2歳Sを勝って以来、約4カ月ぶりの実戦となる。9日には主戦の武豊騎手がまたがり、栗東CWコースで6ハロン81秒4−65秒4、3ハロン37秒7−12秒7とハードに攻められた。このひと追いで態勢は整うはずだ。母ディアデラノビア、姉ディアデラマドレという良血馬でもあり、無傷の3連勝を飾って皐月賞に駒を進める可能性も十分にあるだろう。

 未勝利、あすなろ賞と連勝しているマウントロブソン(美浦・堀宣行厩舎、牡)の上昇度も見逃せない。いくぶん相手関係に恵まれた部分があるにせよ、2戦ともに余裕のあるレース内容。初勝利に3戦を要したが、デビュー2戦の勝ち馬がリスペクトアース(京都2歳S2着)とディーマジェスティ(共同通信杯優勝)なら、酌量の余地もある。一戦ごとにレースを覚え、馬が自信をつけていることも間違いない。徐々に体が増えて決め手に鋭さが出ているのも心強い材料。アンドレアシュ・シュタルケ騎手との新コンビで、一気に主役の座を奪っても不思議はない。

 フリージア賞を4馬身差で圧勝したマイネルハニー(美浦・栗田博憲厩舎、牡)も侮れない。控える競馬を試みて結果が出なかったが、積極策に戻した前走は得意の荒れ馬場(稍重)も手伝って楽勝した。重馬場の新馬戦も7馬身差で圧勝した実績があり、道悪になれば再度の楽勝劇を演じるかもしれない。

 京王杯2歳S2着、京成杯4着と重賞で好走実績があるアドマイヤモラール(美浦・上原博之厩舎、牡)も、前走で距離のめどを立てた。桜花賞、オークスとも2着だったエフティマイアの弟で、距離の融通性はありそうだ。

 他では、キャリアを重ねつつレースぶりに幅が出てきたハレルヤボーイ(美浦・田村康仁厩舎、牡)、素質は重賞級と評価されるプランスシャルマン(美浦・斎藤誠厩舎、牡)、1勝馬ながら連対率100%のミッキーロケット(栗東・音無秀孝厩舎、牡)も、相手なりに走れるタイプだけに注意が必要だ。

★スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【スプリングS】レース展望 2016年03月14日(月) 19:40

 中央競馬3月第3週は阪神&中京(19日=土)、中山&阪神(20日=日)、中山&中京(21日=月・祝)の変則3日間開催で、中山では日曜メーンにフジテレビ賞スプリングS(中山、GII、芝1800メートル)が行われる。1〜3着馬に皐月賞(4月17日、中山、GI、芝2000メートル)への優先出走権が与えられるトライアルだ。

 近年はステップレースの多様化で、多くのレースが本番と結びつくようになっている。スプリングSも、過去10年の優勝馬では2006年メイショウサムソンが皐月賞&ダービーの2冠、09年アンライバルドが皐月賞、11年オルフェーヴルが3冠、13年ロゴタイプが皐月賞、昨年のキタサンブラックは菊花賞を制覇。2、3着馬からもドリームパスポートフローテーションローズキングダムベルシャザールディープブリランテリアルスティールなどがクラシックで上位に食い込んでおり、非常に重要な一戦になる。

 注目されるのはロードクエスト(美浦・小島茂之厩舎、牡)。昨年夏、新馬に続いて新潟2歳Sを圧勝した時点でクラシックの有力候補に浮上したが、4カ月の休み明けで臨んだホープフルSではハートレーから1馬身1/4差の2着に敗退。ハートレーが次走の共同通信杯で9着と凡走した事情もあり、ロードクエストの評価もやや下がっている印象だが、今回の内容と結果次第では本番でも脚光を浴びるだろう。

 この春はダービー(5月29日、東京、GI、芝2400メートル)まで池添謙一騎手と新たにコンビを組むことが決定。美浦での1週前追い切りに騎乗し、「イメージよりも乗りやすい」と好感触を得ている。今週の最終追い切りにまたがることも決まっており、初コンビでも不安はない。いずれにしても、今回は真価を問われるレースだ。

 ドレッドノータス(栗東・矢作芳人厩舎、牡)は新馬に続いて京都2歳Sを勝って以来、約4カ月ぶりの実戦となる。9日には主戦の武豊騎手がまたがり、栗東CWコースで6ハロン81秒4−65秒4、3ハロン37秒7−12秒7とハードに攻められた。このひと追いで態勢は整うはずだ。母ディアデラノビア、姉ディアデラマドレという良血馬でもあり、無傷の3連勝を飾って皐月賞に駒を進める可能性も十分にあるだろう。

 未勝利、あすなろ賞と連勝しているマウントロブソン(美浦・堀宣行厩舎、牡)の上昇度も見逃せない。いくぶん相手関係に恵まれた部分があるにせよ、2戦ともに余裕のあるレース内容。初勝利に3戦を要したが、デビュー2戦の勝ち馬がリスペクトアース(京都2歳S2着)とディーマジェスティ(共同通信杯優勝)なら、酌量の余地もある。一戦ごとにレースを覚え、馬が自信をつけていることも間違いない。徐々に体が増えて決め手に鋭さが出ているのも心強い材料。アンドレアシュ・シュタルケ騎手との新コンビで、一気に主役の座を奪っても不思議はない。

 フリージア賞を4馬身差で圧勝したマイネルハニー(美浦・栗田博憲厩舎、牡)も侮れない。控える競馬を試みて結果が出なかったが、積極策に戻した前走は得意の荒れ馬場(稍重)も手伝って楽勝した。重馬場の新馬戦も7馬身差で圧勝した実績があり、道悪になれば再度の楽勝劇を演じるかもしれない。

 京王杯2歳S2着、京成杯4着と重賞で好走実績があるアドマイヤモラール(美浦・上原博之厩舎、牡)も、前走で距離のめどを立てた。桜花賞、オークスとも2着だったエフティマイアの弟で、距離の融通性はありそうだ。

 他では、キャリアを重ねつつレースぶりに幅が出てきたハレルヤボーイ(美浦・田村康仁厩舎、牡)、素質は重賞級と評価されるプランスシャルマン(美浦・斎藤誠厩舎、牡)、1勝馬ながら連対率100%のミッキーロケット(栗東・音無秀孝厩舎、牡)も、相手なりに走れるタイプだけに注意が必要だ。

★スプリングSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

ハートレーの関連コラム

閲覧 569ビュー コメント 0 ナイス 3

 本日登場してもらうのは、「少ない投資で高配当をつかむ」をモットーに掲げ、3連単で数々のビッグヒットを飛ばしてきた実績を持つ、ウマニティ公認プロ予想家のいっくんさんです。狙いを定めたのは共同通信杯。ふだんは穴予想が基本ながらも、「このレースは堅そうで当てやすいとみて選択した」とのこと。いったいどんな結論を導き出してくれたのでしょうか?

 本命はハートレー「スタートがイマイチだが、先行力も勝負根性もある。スタートが決まればさらに突き放せる」と、この馬のポテンシャルを高く評価しました。
 対抗は「メンバー中最速の上がりを記録した前走内容が秀逸で、良馬場なら突き抜けてもおかしくない」スマートオーディン。単穴は「上がりが速く東京向き」と判断したメートルダール。馬券は3連単1・2着流し→、↓きΝと1・3着流し→↓きΝ→,脳”蕕任后

 本レース以外のいっくんプロの予想は、ウマニティのプロ予想MAXでご確認ください!

(ウマニティ編集長・岡田大)


------------------------------------------------
プロ予想MAX四天王の決断!」とは・・・ウマニティが日曜のサンケイスポーツ競馬面にてお届けする連載コラムで、プロ予想MAX最強プロ予想家陣の中でも売上ランキング(前月の月間予想売上)で頂点に君臨する四天王の中から毎週1名の予想家が登場し、重賞予想を掲載しています。
------------------------------------------------

ウマニティ公認プロ予想家の予想はここが違う!
プロ予想家の予想は、予想の収支が完全公開されているガチンコ勝負の予想です。 予想収支を出さない他の予想サイトとは一線を画しています。

【プロ予想家の提供する予想】
1.予想印(◎◯▲△×)による評価
2.コメントで予想根拠を提示※1
3.資金配分をした買い目(予算最大1万円)
※1:コメントの無い予想もあります。コメントの有る無しは購入前に確認できます。

【予想例】覆面ドクター・英プロの安田記念予想
3連単12万7190円を7点買いで的中!178万1400円払戻


「競馬プロ予想MAX」には総勢25名のウマニティ公認プロ予想家がいます!
プロ予想家の収支はリアルタイムで完全公開されています。
まずは、どんな予想家がいるかあなたの目で確かめて下さい。
>>詳しくは競馬プロ予想MAXへ<<


登録済みの方はこちらからログイン

2016年02月10日(水) 19:00 本命ドリパス
『競馬』という名の推理小説 〜第338話共同通信杯(謎解き編)
閲覧 1,264ビュー コメント 0 ナイス 3

第338話 「共同通信杯」


11年 36.8-37.3-34.4 =1.48.5 ▼12▼2△9 瞬発戦
12年 37.3-37.4-33.6 =1.48.3 ▼12△1△7 瞬発戦
13年 36.0-36.0-34.0 =1.46.0 ▼ 5▼1△3 瞬発戦
14年 36.7-38.0-33.4 =1.48.1 ▼16±0△7 瞬発戦
15年 35.2-37.4-34.5 =1.47.1 ▼ 8▼8△7 瞬発戦

近年ではゴールドシップディープブリランテイスラボニータリアルスティールドゥラメンテが連対しているレースでトライアルレースではありませんが春のクラシックに向けてはかなり重要なレースといえるでしょう。
過去5年は全て瞬発戦で皐月賞というよりもダービーに向けて同じ府中でどれだけ斬れるのか?というテーマを持った馬が多く出走する(と思われる)のでいわゆる「スローの瞬発戦」というレース内容がほとんどです。
末脚が斬れる馬が勝ちやすいレースとなりますがスローペースになりやすいため先行有利の展開にもなりやすいです。
過去5年ではレースの上り1位の馬の成績は0-2-1-2となっていて複勝率60%と好走確率は高くはなっていますが勝ち馬は出ていません。
これら全馬は中団以降のポジションにいた馬でした。
つまり、上り最速と2着3着は差し馬達にくれてやるが1着だけは我ら先行勢が頂くぜ、とまぁそんな感じのレース傾向です。
では過去の連対馬のラップギアを見てみましょう。

【1着馬】
ナカヤマナイト   【瞬5平0消0】▼ 9▼ 2△ 2 ▼10▼ 2△ 9
ゴールドシップ   【瞬3平1消0】▼ 5▼ 4△ 8 △ 1▼11△ 7
メイケイペガスター 【瞬1平0消0】▼10▼ 8△ 5
イスラボニータ   【瞬3平1消0】▼ 3▼ 4△ 4 ▼18▼ 9△ 5
リアルスティール  【瞬1平0消0】▼17▼ 5△10
【2着馬】
ユニバーサルバンク 【瞬4平0消0】▼ 9▼ 3△ 4 ▼12▼ 7± 0
ディープブリランテ 【瞬2平0消0】▼10▼ 7△ 7 ▼ 9▼ 4△14
ゴットフリート   【瞬2平0消0】△ 1▼ 5△ 4 ▼ 1▼ 7△ 1
ベルキャニオン   【瞬2平0消1】△ 1△ 1△ 3 ▼13▼ 4△ 3
ドゥラメンテ    【瞬1平1消0】▼ 1▼13△ 6 ▼ 4▼ 9△ 1

ゴットフリート以外の連対馬には
・▼10以上の大きな加速レースでの実績
・連続加速実績
の2つがありました。
ここはあった方がベターでしょう。
但し、新潟コースはこの手のレースラップになりやすいので新潟コースのみしか実績のない馬は割り引きが必要だと思われます。
今年の登録メンバーでは
イモータル、キングオブアームズスマートオーディンピックミータッチファイアクリスタルメートルダールリスペクトアース
の7頭が該当します。

近年では春のクラシックを意識した馬が多く出走してくる(=レースレベルが高い)ので前走OPクラス以上に出走した馬が多く好走しています。

【前走クラス別成績】
前走OP以上 4-4-3-20 勝率12.9% 連対率25.8% 複勝率35.5%
前走OP未満 1-1-2-23 勝率 3.7% 連対率 7.4% 複勝率14.8%

前走OPクラス未満で連対した馬は昨年の1&2着馬リアルスティールドゥラメンテリアルスティールは前走新馬戦を3馬身半差で圧勝、ドゥラメンテは前走500万下クラスを5馬身差で圧勝。
OPクラス未満の場合はそれぐらいのレースパフォーマンスが必要かもしれません。
上記の7頭の中で前走OPクラス以上だった馬は
スマートオーディンメートルダールリスペクトアース
の3頭です。

スマートオーディンは前走極上の斬れを発揮して重賞勝利。
但し、前々走の平坦戦ではブラックスピネルに負けているのでスロー専門の瞬発馬=マイラーという可能性も考えられます(父がダノンシャンティだからというのももちろんあります)
流れが少し速くなると不安があるかなと思います。
メートルダールはここ2走は追い込みで位置取りに不安あり。
リスペクトアースは全2走ともスローの瞬発戦を逃げて連対。
スケールはあまり感じませんが展開的には穴はこの馬かなと思います。

その他では前走朝日杯FS9着もここは見直したいイモータル。
元々ムーアJ騎乗予定だったが騎乗停止のため武幸Jへ急遽乗り替わりでレースでは引っ掛かって不発。
マンカフェ産駒でおそらくはマイルよりは中距離の今回の方がプラスでしょうし今回は乗り慣れた戸崎Jへの乗り戻りもプラスで前進必至でしょう。
(頭数的には今回は少頭数になりそうなので9着以下ってことは多分ないんですけど…)
そしておそらく2戦2勝で1番人気になりそうなハートレー
前走中山2000mのホープフルSで勝利してますが東京1800mはおそらく歓迎のクチ。
賞金は足りているだけにここは横山Jへの乗り替わりでどう騎乗するのかが見ものでしょう。
勝ち負けはもちろん可能ですが馬券的にはここから入りたいとは感じませんね。

「本命ドリパスの3連単1点予想(水曜時点)」
イモータルリスペクトアーススマートオーディン
ここは期待を込めて◎イモータル
まーここ2走とも◎を打ったという私の意地もあるかも(笑)

(補足)
「▼4▼2△6」や「平坦戦」などの表記はラップギアを使用しています。
数値などは岡村信将プロより提供して頂いています。
表記の意味などの詳細は岡村信将プロのマイページをご覧下さい。

[もっと見る]

2015年12月23日(水) 17:26 上海こうぞう
コウゾウメン〜今週末の調教注目馬〜 有馬記念編
閲覧 4,012ビュー コメント 0 ナイス 22

コラムは超久しぶりですが、こっそり再開です^^;

今年の有馬記念はウチパク騎乗のゴールドシップに注目が集まりそうですが、
個人的には馬券は別の馬から狙います。

1、有馬記念の調教注目馬
ゴールドアクター
 先週ウッドで破格の時計を出し、今週も好時計。終いの伸びも良く、菊花賞3着時と比べると馬体も成長しており、一発の魅力十分。
ルージュバック
 中間、ウッドで好時計連発。ローテにも余裕があり、馬なりで時計が出ており、好仕上がり。叩いた上積みも大きく、3歳牝馬でも狙ってみたい1頭。
リアファル
 坂路で好時計連発。終い切れる調教ではないが、これで結果を出しており、展開も向くのではないか。
マリアライト
 中間ウッドで馬なりで好時計を出しており、今週もウッドで軽快な動き。ただ、いい時はもっと時計が出ていたので、このメンバーでは3着候補かも。
サウンズオブアース
 今週のCWの時計は、いい頃と比べると物足りない気がするが、前走時よりは良くなっている。

2.その他のレースの調教注目馬
ハートレー(ホープフルS)
 ウッドで好時計連発。強い2勝馬はいるが、個人的にPOG指名馬でもあり応援
キャノンストーム(土曜阪神7R)
 坂路で好時計連発、終いの伸びも上々。
サンライズサーカス(土曜阪神4R)
 CWで好時計、叩き3戦目の変わり身期待。
ヤマニンボアソルチ
 CWで好時計連発、休養前の成績からは狙いづらいが、変わり身大。

3.個人的応援馬
 日本帰国後は一口馬主で楽しんでます。今週、3頭出走します^^;
コメットシーカー(日曜阪神7R)
 1年7か月ぶりで転厩初戦。右前脚の局部不安のためビッシリ追えてないが、まずは無事に完走しますように(祈)
クリプトグラム(土曜9R江坂特別)
 CWでまずまずの動き。昇級緒戦で相手はクラス好走馬がズラリ。ウチパクはメインのクラレントではなく、この馬に騎乗しに行くと信じて、少しでも上位に。
プルメリアスター(ハッピーエンドCかサンクフルHC)
 今週坂路で時計は出ているが、どっちのレースに出ても厳しいか。ハンデが魅力の阪神の方に出走希望だが。
 


日本帰国後は一旦実家に戻り、病気の母親の介護もあり、二人暮らし。
しかし、今年は母親が他界し、追うように祖母も他界。大忙しの1年でした。
今年も思うように競馬を楽しめませんでしたが、来年からは時間的な余裕も出来そうで、
競馬を楽しんでいきたいと思います。

それでは皆様、良いお年を!

[もっと見る]

ハートレーの口コミ


口コミ一覧
閲覧 37ビュー コメント 0 ナイス 3

素質馬・ハートレーが復帰間近!? 「ホープフルSの呪い」を超えて再びの活躍なるか─Gambling Journal ギャンブルジャーナル/ 2017年3月8日 19時3分 http://biz-journal.jp/gj/2017/03/post_2786.html


 ターフから遠ざかっていた競走馬が、また1頭戻ってくるようだ。
 2015年にホープフルS(当時、G2)を制した素質馬・ハートレー(牡4歳/美浦・手塚厩舎)が、先日帰厩したと一部で報じられた。
 ハートレーは2歳新馬戦を1/4差で勝利し、ホープフルSに参戦。同レースでは3番人気に押され、新潟2歳Sを制したロードクエスト、後に重賞を制するブラックスピネルらを押さえ込み見事に制覇。騎乗したH・ボウマン騎手はレース後のインタビューで、「飛んでいました。すごい馬です。頭のいい馬で、すべきことを理解しています。ディープインパクトの仔で走る馬はこういうタイプが多いです」と絶賛。その年のクラシックの候補の筆頭かともささやかれていた。
 しかし次戦の共同通信杯(G3)では、ダントツの一番人気に推されるも9着に終わる。飛ぶようだと称された走りはナリを潜め、直線で追い始めても無反応。さらに残り300mでは、ウチに寄れるなど苦しい姿を見せた。前走とはまるで違う走りに対し、鞍上の横山典弘騎手、手塚調教師ともに首をひねったとスポーツ紙で伝えられている。
 今にして思えば、この頃から不調が始まっていたのかもしれない。共同通信杯後、ハートレーは戸崎圭太騎手とのコンビで皐月賞・日本ダービーへ挑むことが発表されていたものの、4月に左前跛行が発覚。さらに左前脚球節部を骨折したことも判明した。全治に至るまでは6カ月かかるとされ、春のクラシック出走は叶わなかった。この故障に対し、前年の覇者であるシャイニングレイも故障しているため「ホープフルSの呪い」という憶測まで出ている。
次のページ 素質馬・ハートレーが待望の復帰へ!?

 それから月日が経ち、当初予定されていた6カ月を過ぎてもハートレーの名前は音沙汰なし。このまま忘れられていく存在かと思われていたが、先日ようやく吉報が舞い込んできた。
「一時は今年の頭から復帰すると見られていましたが、どうやら5月6日のメトロポリタンS(芝2400m/OP)で復帰する予定とのこと。1年以上レース場から離れていますが、脚の状態が当時に戻っていれば面白い存在になるのではないでしょうか。同レースで一定の成績を残すことができれば、今後への期待もできます」(記者)
 ハートレーが故障前に見せた "飛ぶような走り"は戻っているのだろうか? 完全復活を期待したい。

 レオ様 2016年02月11日(木) 22:30
共同通信杯追い切り注目馬。
閲覧 154ビュー コメント 0 ナイス 3

共同通信杯は楽しみにしていましたが10頭立てと少しさみしい頭数ですね。
注目していたのは人気を集めるだろうハートレーでしたが
柵が邪魔をして走りが良く見えない映像でした^^;
けど時計も出していますし併せて先着していますし順調と思っています。
あとの出走馬からは目を引いたのはリスペクトアース。
体を使った伸びのある走りだと思いました。
あとやや気性的に難しさがありそうも
坂路の走りが良く見えたスマートオーディン。
ハートレー以外は上の2頭に注目としたいです。

[もっと見る]

 take9174 2016年02月10日(水) 19:26
共同通信杯展望
閲覧 141ビュー コメント 4 ナイス 21

最近、
共同通信杯からの
クラシック馬が続出しているイメージ。
大注目のレースですねぇ。

2頭。

1.ハートレー
前走かなりの
強さでしたのでね。
距離短縮でも期待です。

2.リスペクトアース
久々でも一発候補でしょうなぁ。
栃木産馬、頑張ってほしいねぇ。

[もっと見る]

ハートレーの掲示板

コメント投稿
コメント一覧
1:
  ヴッダさん   フォロワー:0人 2015年7月7日(火) 15:38:08
取り敢えず今年一押しのダービー有力馬として見ている。
人間も馬もそうだが、名前と活躍には何かしら因縁めいたものが有るようだ。

ハートレーの写真

ハートレー

ハートレーの厩舎情報 VIP

2016年2月14日共同通信杯 G39着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ハートレーの取材メモ VIP

2016年2月14日 共同通信杯 G3 9着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。