ラインルーフ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
写真一覧
現役 牡6 栗毛 2012年3月27日生
調教師松永昌博(栗東)
馬主大澤 繁昌
生産者村田牧場
生産地新冠町
戦績15戦[5-2-0-8]
総賞金7,837万円
収得賞金2,100万円
英字表記Rhein Ruf
血統 フレンチデピュティ
血統 ][ 産駒 ]
Deputy Minister
Mitterand
サルトリーガール
血統 ][ 産駒 ]
スペシャルウィーク
アイレスバリーヒル
兄弟 マヤノカデンツァカシノエベレスト
前走 2018/01/07 ポルックスステークス OP
次走予定

ラインルーフの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
18/01/07 中山 10 ポルックスS OP ダ1800 1671315.872** 牡6 56.0 森一馬松永昌博522(+4)1.52.6 0.238.9アルタイル
17/11/12 京都 10 観月橋S 1600万下 ダ1800 1233124.9121** 牡5 57.0 森一馬松永昌博518(+2)1.50.7 -0.237.7クリノリトミシュル
17/10/29 京都 10 御陵S 1600万下 ダ1800 162457.01215** 牡5 56.0 秋山真一松永昌博516(0)1.53.6 3.539.3⑬⑬⑯⑯マイネルバサラ
17/10/07 京都 11 平城京S 1600万下 ダ1800 1671356.61216** 牡5 57.0 森一馬松永昌博516(-2)1.52.1 3.239.2⑤④④⑦タガノヴェリテ
16/11/12 京都 10 観月橋S 1600万下 ダ1800 134423.3613** 牡4 57.0 森一馬松永昌博518(+24)1.55.4 6.041.9⑨⑨⑩⑪オールブラッシュ
16/05/21 京都 11 平安S G3 ダ1900 155955.21014** 牡4 56.0 武幸四郎松永昌博494(-8)1.59.3 3.139.6⑦⑦⑦⑧アスカノロマン
16/02/28 阪神 10 伊丹S 1600万下 ダ1800 12671.611** 牡4 56.0 武豊松永昌博502(-2)1.51.4 -0.136.7ミツバ
16/02/13 京都 12 4歳以上1000万下 ダ1800 128124.631** 牡4 56.0 武豊松永昌博504(+14)1.51.5 -0.435.7オールブラッシュ
15/08/02 小倉 10 響灘特別 1000万下 ダ1700 166114.525** 牡3 54.0 武幸四郎松永昌博490(+6)1.44.6 0.438.2⑥⑥④⑤グレナディアーズ
15/06/21 東京 11 ユニコーンS G3 ダ1600 161129.3710** 牡3 56.0 武幸四郎松永昌博484(-6)1.37.4 1.537.7④④ノンコノユメ
15/05/24 京都 10 鳳雛S OP ダ1800 1081012.052** 牡3 56.0 武幸四郎松永昌博490(+12)1.51.4 0.137.4ライドオンウインド
15/03/07 阪神 6 3歳500万下 ダ1800 15586.941** 牡3 56.0 武幸四郎松永昌博478(-18)1.53.5 -0.037.5サージェントバッジ
14/12/07 阪神 2 2歳未勝利 ダ1800 167135.741** 牡2 55.0 武幸四郎松永昌博496(-2)1.54.2 -0.537.6デブリン
14/11/22 京都 4 2歳未勝利 芝2000 172327.988** 牡2 55.0 武幸四郎松永昌博498(0)2.01.5 0.435.7ドラゴンマジック
14/11/09 京都 5 2歳新馬 芝2000 10339.764** 牡2 55.0 武幸四郎松永昌博498(--)2.05.0 0.935.0⑤④④④シャイニングレイ

ラインルーフの関連ニュース

<今日の出来事>

■第5回東京第3日(11月12日(土))

●出走取消
8R6番 ウェルブレッド号(M.デムーロ騎手)
右前肢フレグモーネのため

●競走中止
6R3番 シゲルバッファロー号(武士沢 友治騎手)
疾病を発症したため、3コーナーで競走を中止
馬:左肩跛行
騎手:異状なし


<明日の取消・変更等>

■第5回東京第4日(11月13日(日))

●騎手変更
1R10番 リョウランプリーモ
横山 和生騎手(55.0kg)⇒横山 典弘騎手(55.0kg)
2R5番 ハノハノボーイ
横山 和生騎手(55.0kg)⇒菅原 隆一騎手(55.0kg)
3R9番 マスタング
横山 和生騎手(55.0kg)⇒松岡 正海騎手(55.0kg)
4R4番 ミルクチョコ
横山 和生騎手(54.0kg)⇒菅原 隆一騎手(54.0kg)
5R3番 ワカダンナ
横山 和生騎手(55.0kg)⇒津村 明秀騎手(55.0kg)
6R12番 ミハテヌユメ
横山 和生騎手(54.0kg)⇒横山 典弘騎手(54.0kg)
11R5番 ショウナンアチーヴ
横山 和生騎手(55.0kg)⇒野中 悠太郎騎手(55.0kg)

落馬負傷のため




<今日の出来事>

■第5回京都第3日(11月12日(土))

●競走中疾病
10R4番 ラインルーフ号(森 一馬騎手)
競走中に心房細動を発症

●福永 祐一騎手 JRA年間100勝達成!

11Rで、6番ジューヌエコール号に騎乗し第1着となった福永 祐一騎手(栗東:フリー)は、7年連続8回目となるJRA年間100勝を達成しました。
本年の年間100勝達成は、戸崎 圭太騎手・C.ルメール騎手・M.デムーロ騎手・川田 将雅騎手に続く5人目となります。

コメント

あと2勝というところで今日を迎えましたが、区切りの勝利を重賞レースで達成できてうれしいです。7年連続というのも、たくさんのいい馬に乗せてもらえているおかげです。今年はケガで年明けから騎乗できなかったので、勝利数よりも中身の濃い1年にしようと思っていましたが、まさか達成できるとは思いませんでした。これからも大きいレースが続きますので、皆さん競馬場に来ていただいて一緒に盛り上がりましょう。




<明日の取消・変更等>

■第5回京都第4日(11月13日(日))

取消・変更等はございません(17時30分現在)


<今日の出来事>

■第3回福島第3日(11月12日(土))

●競走除外
11R7番 ディグニファイド号(中谷 雄太騎手)
発馬機内で立ち上がって転倒し、左後肢挫創を発症したため

●競走中止
11R10番 ロトラトゥール号(横山 和生騎手)
3コーナーで前の馬に触れてつまずき、騎手が落馬したため競走を中止
馬:異状なし
騎手:頭部打撲

●騎手変更
12R10番 ピュアリーソリッド
横山 和生騎手(55.0kg)⇒伊藤 工真騎手(55.0kg)

落馬負傷のため



<明日の取消・変更等>

■第3回福島第4日(11月13日(日))

取消・変更等はございません(17時30分現在)


(情報元:JRA

【平安S】追って一言2016年5月19日(木) 05:02

 ◆アムールブリエ・井上助手 「体がふっくらとして、調整は問題なく行えています」

 ◆クリソライト・東田助手 「調子はいい。100メートルでも延びるのはプラス。外枠を引いて先手を奪えるようなら」

 ◆クリノスターオー・鵜木助手 「先週、今週といい動き。粘り強さを発揮できる競馬なら」

 ◆サンマルデューク・武士沢騎手 「しまいまでよく伸びていた。100メートル延びるのはいいし、京都も合いそう」

 ◆ショウナンアポロン・古賀史師 「全体の時計が遅い。ハナに行けても、マークも厳しくなるので強気には…」

 ◆シンゼンレンジャー・飯田祐師 「調整は順調。モタモタする面があるので、久々がどうか。ペースに慣れてくれば」

 ◆ストロングサウザー・池内助手 「いい状態に仕上がった。強い相手にどれだけ通用するか」

 ◆ドコフクカゼ・杉村助手 「力を出せる状態に持って行けたと思う。前回が少しチグハグな競馬になったから、スムーズな競馬を」

 ◆トップディーヴォ・昆師 「トモ(後肢)の状態を立て直しながら調整してきた。今の状態なら、前回よりはやれる」

 ◆トラキチシャチョウ・目野師 「馬なりでサッと。自分の競馬に徹してどこまで」

 ◆ブライトアイディア・宮師 「調子は上がってきた。メンバーは強いが、もまれずに自分の競馬ができれば」

 ◆マジェスティハーツ・松永昌師 「具合はすごくいい。以前からダートは試したかった」

 ◆マスクゾロ・横井助手 「使って見栄えが良くなり、いい感じ。重賞でも楽しみはある」

 ◆ラインルーフ・松永昌師 「調教の遅れは相手が動く馬だから仕方がない。相手が強くなるので、どこまでやれるか」

 ◆ロワジャルダン・戸田師 「状態は変わりない。大崩れしていないし、展開次第でチャンスはある」

[もっと見る]

【平安S】レース展望 2016年5月16日(月) 18:21

 京都では土曜メーンにダートGIIIの平安S(5月21日、1900メートル)が組まれている。3年前に施行時期が1月から5月に移り、距離も100メートル延びた。勝ち方次第では帝王賞(6月29日、大井、交流GI、ダ2000メートル)など後半戦のダートGI路線の勢力図にも変化を及ぼすはずで、注目の一戦だ。

 時期が変わってからは4月中旬のアンタレスS組の活躍が目立ち、今年もその上位馬が多く出走を予定し、なかでも主力はアウォーディー(栗東・松永幹夫厩舎、牡6歳)だ。アンタレスSで重賞3連勝を飾り、勢い十分。今週末(日本時間22日朝)は半弟のラニ(父タピット)が米国3冠2戦目のプリークネスSに出走予定。今後、兄弟対決が実現する可能性もあり、そのためにも負けられない一戦だ。主戦がともに武豊騎手のため、今回はクリストフ・ルメール騎手と新コンビを組むが、乗り難しいタイプではないだけに問題はないだろう。

 アスカノロマン(栗東・川村禎彦厩舎、牡5歳)はアンタレスSで1/2馬身差の2着だったが、未勝利の阪神から4勝している京都に替わるのは好材料。アウォーディーは初コースになるだけに、引き続き相手より1キロ重い58キロだが、逆転の可能性はある。

 ドコフクカゼ(栗東・友道康夫厩舎、牡6歳)は重賞に7度挑戦して3着(2回)が最高着順だが、勝てるだけの実力はある。前走のブリリアントS4着は、3角先頭という力任せで強引な競馬。スタミナを要求される東京の2100メートルでは末脚がもたなかった。今回は8度コンビを組んで2勝、2着2回の岩田康誠騎手が4戦ぶりに騎乗するため、新たな一面が引き出される可能性もある。

 末脚一手の脚質で展開次第の面があるが、チャンピオンズC4着、フェブラリーS5着とGIでも好走歴のあるロワジャルダン(美浦・戸田博文厩舎、牡5歳)にも注意が必要。前が競り合う流れになれば勝機も十分だ。

 その他では、ともに京都コースに実績があり、近走の内容も安定しているクリソライト(栗東・音無秀孝厩舎、牡6歳)とクリノスターオー(栗東・高橋義忠厩舎、牡6歳)の2頭も争覇圏内。穴っぽいところでは、京都ダート【3・3・0・1】で、この距離でも2戦2着2回のトップディーヴォ(栗東・昆貢厩舎、牡4歳)、勢いがあるラインルーフ(栗東・松永昌博厩舎、牡4歳)、トラキチシャチョウ(栗東・目野哲也厩舎、牡5歳)あたり。

平安Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら

[もっと見る]

【平安ステークス】特別登録馬2016年5月15日() 17:30

[もっと見る]

【ユニコーンS】レースを終えて…関係者談話2015年6月22日(月) 05:03

 ◆北村宏騎手(ノボバカラ2着) 「3コーナーで前の馬が入れ替わるのを見て、掛かっているわけではないが、グッとハミを取った。それでも直線では一瞬、いけるかと思ったが…」

 ◆松岡騎手(アルタイル3着) 「控えて前に人気馬を見る形。直線で(内に)モタれるのは気にならなかったし、最後はよく詰めている」

 ◆吉田豊騎手(イーデンホール6着) 「多少、ハミをかんだが、許容範囲内。ラストはもっと伸びてほしかったが…」

 ◆柴田大騎手(マイネルオフィール7着) 「ブリンカー着用で集中して走れていた。脚をためて待って追い出したぶん、反応してくれた」

 ◆内田騎手(クワドループル8着) 「前残りの展開で、しぶとく伸びて頑張っている」

 ◆川田騎手(ミッキーシーガル9着) 「現状では、精いっぱい頑張っています」

 ◆武幸騎手(ラインルーフ10着) 「ずっと追いっぱなしだった」

 ◆田中勝騎手(ダイワインパルス11着) 「直線は前があかずに、追い出しが遅れた」

 ◆浜中騎手(アキトクレッセント12着) 「枠内で脚を開いて、体が沈んで出たからね。精神的にしんどい時期なのかな」

 ◆福永騎手(タップザット13着) 「差すタイプじゃないので、きょうはゲート(出遅れ)がすべて」

 ◆嘉藤騎手(マイネルサクセサー14着) 「ゲートのタイミングが合わなかったが、ダートの走りはいい」

 ◆吉田隼騎手(ピンストライプ15着) 「出たなりであの位置(2番手)に。直線でうまく手前を替えたが、ノボバカラがきたときに反応できなかった」

★21日東京11R「ユニコーンステークス」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【ジャパンダートダービー】JRA出走予定馬が発表2015年6月21日() 17:04

 7月8日(水)に大井競馬場で行われる「ジャパンダートダービー」のJRA所属の出走予定馬および補欠馬が発表された。 「農林水産大臣賞典第17回ジャパンダートダービー」(交流GI、3歳オープン、ダート・右2000メートル) 【JRA所属の出走予定馬】6頭クロスクリーガー(牡3歳、栗東・庄野靖志厩舎、岩田康誠騎手)タップザット(牡3歳、栗東・池江泰寿厩舎、騎手未定)ディアドムス(牡3歳、美浦・高橋裕厩舎、騎手未定)ノンコノユメ(牡3歳、美浦・加藤征弘厩舎、騎手未定)ポムフィリア(牝3歳、美浦・高橋裕厩舎、騎手未定)ライドオンウインド(牡3歳、栗東・木原一良厩舎、古川吉洋騎手) 【JRA所属の補欠馬】5頭(補欠順位順)1.マイネルサクセサー2.カラパナビーチ3.ダノングッド4.ミッキーシーガル5.ラインルーフ

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラインルーフの関連コラム

閲覧 952ビュー コメント 0 ナイス 6

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「平安ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ロワジャルダンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のドコフクカゼまで2頭。
第2グループ(黄)は 、クリノスターオーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアスカノロマンまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、マジェスティハーツ1頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

パッと見では上位4頭が抜けていて、以下は芝での指数が基になっているマジェスティハーツを除いて考えると実際にはここに2.0ポイント以上の差があると見て良さそうな印象の配置です。しかし、ダート戦の場合近走地方競走出走しているケースも多く、久しぶりに中央ダート戦(U指数評価対象レースへの出走)となる馬や近走地方戦使いが多いような馬には注意が必要です。
今回で言えば、アムールブリエストロングサウザークリソライトクリノスターオーといったあたりが当てはまるでしょうか。

今回の◎は総合評価4位のアスカノロマンに期待します。前走大外枠から58キロを背負ってここに出ていれば1番人気だったであろうアウォーディーと差の無い競馬を演じた点を素直に評価。3着以下も0.5秒差離しており今回も有望とみています。
○はクリノスターオー。はい、最近やられっぱなしの凄馬出馬表第3位馬だからです(笑)。冗談はさておき、前走も58キロを考えれば悪くないと思っていますし、昨年のこのレース(2着)で記録した指数はメンバー中最上位のものですし、人気妙味も出そうなので狙ってみたいと思います。
▲にクリソライト。上位4頭から少し離されてはいるものの先に書いた通り、この馬も近走が地方戦ばかりで凄馬出馬表的には“昔の名前で出ています”状態なので額面以上に評価してもいいのかなと考えています。前走内容は、揉まれたくない同馬からすると最悪と言っていい最内枠引いて、スタートから出ムチで押して押して行っても好位取れず、砂被る形になった中での4着。見方によっては大健闘と言ってもいい部類ではないでしょうか。とりあえず今回最内枠ではないですし、あとはスタートから楽にとは言いませんが消耗せずにそこそこの位置取りが取れるか。
以下印は、☆ロワジャルダン、△ドコフクカゼサンマルデュークラインルーフトップディーヴォトラキチシャチョウアムールブリエと回し、今回の私の馬券は◎→○▲ラインの3連単と○▲→◎の馬単で勝負としたいと思います。


【3単フォーメーション】
◎→○▲→印
14→6,11→2,4,6,8,9,11,12,13,15(16点)

【馬単フォーメーション】
○▲→◎(2点)
6,11→14

計18点


登録済みの方はこちらからログイン

2015年5月19日(火) 20:00 伊吹雅也
伊吹雅也の週末メイン「1点」分析 2015年05月19日号
閲覧 894ビュー コメント 0 ナイス 3

▼2015年05月24日(日) 東京11R 優駿牝馬(オークス)
【血統別成績(2009年以降)】
●父がサンデーサイレンス系種牡馬 [6-4-5-52](複勝率22.4%)
●父がサンデーサイレンス系以外の種牡馬 [1-1-1-37](複勝率7.5%)
→近年は好走馬の大半が父にサンデーサイレンス系種牡馬を持つ馬です。なお、前走の単勝人気順が6番人気以下だった馬は2009年以降[0-0-1-44](複勝率2.2%)、前走がG機G彊奮阿離譟璽垢世辰診呂2009年以降[1-0-0-30](複勝率3.2%)と、それぞれ苦戦していました。

▼2015年05月23日(土) 京都11R 平安ステークス
【馬齢が5歳以上だった馬の、前走の着順別成績(2010〜2012年の東海ステークス、2013年以降の平安ステークス)】
●5着以内 [3-3-4-22](複勝率31.3%)
●6着以下 [0-0-1-21](複勝率4.5%)
→現在とほぼ同じ時期に京都ダ1900mで施行された2010〜2012年の東海ステークスを含め、大敗から一変した馬の大半は馬齢が4歳だった馬。5歳以上の馬を比較する際は、前走好走馬を素直に重視すべきでしょう。

▼2015年05月23日(土) 東京11R モンゴル大統領賞
【前走の着順別成績(2012〜2014年のメイステークス)】
●7着以内 [3-3-3-11](複勝率45.0%)
●8着以下 [0-0-0-28](複勝率0.0%)
→ハンデキャップ競走となった2012〜2014年のメイステークスは前走好走馬が優勢。また、6〜8枠の馬が[1-0-0-21](複勝率4.5%)と安定感を欠いています。

▼2015年05月24日(日) 京都10R 鳳雛ステークス
【前走の着順別成績(2012年の端午ステークス、2013年の昇竜ステークス、2014年以降の鳳雛ステークス)】
●1着 [3-3-2-8](複勝率50.0%)
●2着以下 [0-0-1-23](複勝率4.2%)
→この時期に京都ダ1800mで施行された3歳のオープン特別は、前走で2着以下に敗れていた馬が不振。特別登録を行った馬のうち、前走の着順が1着なのは、シンゼンガンプスマートボムシェルニホンピロシナバーピアレスピンクラインルーフの5頭です。

▼2015年05月24日(日) 新潟11R 韋駄天ステークス
【新潟芝1000m直、かつ1600万下から下のクラスのレースにおける連対経験の有無別成績(2014年)】
●あり [0-0-0-5](複勝率0.0%)
●なし [1-1-1-6](複勝率33.3%)
→2014年から登場したレースですが、その昨年は新潟芝1000m直、かつ条件クラスのレースにおいて連対経験のある馬が上位に食い込めませんでした。コース適性が高そうな馬よりも、オープンクラスのレースに実績がある馬を重視すべきかもしれません。

■執筆者プロフィール
伊吹 雅也(いぶき・まさや)
 埼玉県桶川市在住のフリーライター、競馬評論家。JRAホームページ内『今週の注目レース』で「データ分析」のコーナーを担当しているほか、グリーンチャンネル、JRAのレーシングプログラムなどさまざまなメディアを舞台に活動している。近著に『現在(いま)の勝負気配が分かる 騎手×調教師 黄金タッグ』(ガイドワークス)、『一口馬主の愉しみ(競馬道OnLine新書)』(スタンダードマガジン)、『本当に儲かる騎手データブック 馬券の勝ち組は騎手を野次らない(競馬王新書EX008)』(ガイドワークス)、『門外不出! 投票データから分かった! WIN5の鋭い買い方』(東邦出版)、『WIN5(五重勝)ほど儲かる馬券はない!! 少点数で驚愕配当をモノにする絶対的セオリー(競馬王新書)』(白夜書房)。昨年12月5日には監修を務めた人気シリーズの最新刊『ウルトラ回収率 2015-2016』(ガイドワークス)が発売された。

[もっと見る]

ラインルーフの口コミ


口コミ一覧

今開催の傾向?

 人参好 2018年1月8日(月) 02:08

閲覧 42ビュー コメント 0 ナイス 4

フェアリー賞は惜しい感じ。レッドが2着まで来てくれれば・・中山向きな感じではなく直線長い方が向いてそうです。

昨日の傾向?らしきものを簡単に

京都芝
 調教師 万葉Sで1,3着が東所属 これ以外はすべて西 ですが出走数少ないのでどうかも
     万葉Sは長距離、高齢馬で輸送に強かった例外と見ても良いのかもしれませんね

 枠順  3枠が目立ちますね。これと1番白帽 7日は大外8枠が目立ちましたが今回は3着以内ゼロ
     ペースが落ち着くと内優位と言えそう

 脚質  先行優位で逃げもそれなりに、枠順とあわせペースが寄与と考えられそう。
     H以外大外はばっさり切っても良さそうではあります


京都ダート
 調教師 西所属のみ1-3着

 枠順  大外枠もそれなりに絡んでいます 若干外枠の方が良いのかも 

 脚質  逃げ、先行優位 ペースHならないと4コーナ10番手以降は用なしかも

中山芝 
 調教師 5戦中3頭が3着以内。3/15となります 出走頭数からするとこんなもの?

 枠順  昨日に引き続き大外8枠馬券なし。6,7枠が大変好成績です。白1枠も馬券になってませんね  

 脚質  昨日に引き続き 逃げ が1頭も馬券になっていません。先行優位ですが差しも効く馬場

中山ダート
 調教師 昨日同様 1頭馬券に(ラインルーフ) 昨日もダートの最後のレースで西馬が絡む。3→2着ときているので明日は勝ち?

 枠順  特に傾向はあさそうですが、強いて言えば 2枠、3枠、5枠、7枠 で馬番でいえば2,3,5,6,14
     14は明日もありかな

 脚質  先行絶対優位 逃げもそれなりにという感じ

明日は雨予報ですので傾向は変わるかも知れませんが、馬券で使えるのであれば中山芝
11R にあてはめると
 逃げは壊滅 ナックビーナスが先手取りそうなメンバー 危うし?
 大外枠は壊滅 ロードクエスト、オウノミチは危うし?

 西所属の馬は芝レースでは馬券内にきても1頭。ということからして(ほぼオカルト・・・)東所属かつ危うく?ない馬は  ペイシャフェリシタ コスモドームのただ2頭
 ここからですかね?この2頭から西所属馬へ3複流しで 
 いいんだろうか・・

 たぶお統括本部長 2018年1月6日() 15:58
コロガシ&推奨馬・日曜日(1/7)
閲覧 105ビュー コメント 1 ナイス 0

《コロガシ&推奨馬》
土曜日からの繰越金10200円からスタートします

★中山10R・ポルックスS
推奨馬◎哀札鵐船絅螢ンで勝負!!
相手は○アドマイヤロケット、▲ブレスアロット、△▲▲襯織ぅ襦□きラインルーフ、△┘織ノヴェリテの5頭
馬連
唖各2700円
唖↓┳1600円
これが的中したら全額を
 ↓↓
★中山11R・フェアリーS(G)
馬連
唖Л各30%
唖´キ┃各10%

※途中で外れたらまた5千円からスタートします。

[もっと見る]

 銀色のサムライ 2017年11月13日(月) 20:06
馬券メモ(2017/11/11・12)
閲覧 80ビュー コメント 0 ナイス 12

先週予想したレースの本命馬回顧をしていきます。

【5回京都3日】

■7R ショパン 2人気2着

アドマイヤロブソンとの一騎打ちムードでしたが、地力の違いで押し切られてしまいました。
でも、1000万下なら実力上位なのは明らかですから、近いうちに現級を突破する日が来ると思います。

■8R(京都ジャンプS)スズカプレスト 3人気3着

タマモプラネットが大逃げを打った中、冷静にレースを進めていたと思います。
まずまずのレースができましたけど、もっと距離が伸びた方が良いかもしれません。

■9R インフェルノ 1人気1着

スタートが少し悪かったんですけど、
二の脚の速さで楽に2番手の位置を取り、直線入り口先頭からそのまま押し切りました。
休み休みレースを使っている馬ですが、能力は高いので、1600万下に昇級しても即通用すると思います。

■10R ノーブルマーズ 4人気2着

楽な形で3番手の位置を確保。
直線入り口で一気に先頭に立ちましたが、内からクィーンチャームに出し抜けを食らってしまいました。

■11R(デイリー杯2歳S)カツジ 4人気2着

スムーズな形で先行して、道中の折り合いもまずまず。
直線に向いた時に良い手応えで、そこから一気に突き抜けるか…と思ったところ、
内からジャンダルムの強襲に遭ってしまい2着。相手が一枚上手でしたね。

■12R クールゼファー 競走除外


【5回東京3日】

■7R クインズサン 6人気4着

中団の内で脚を溜める競馬から差し切りを狙いましたが、4着まで。
もうちょっとレースが流れていたら、馬券圏内に入れたかもしれません。

■8R ホウオウパフューム 4人気4着

中団待機から直線での末脚勝負に懸ける競馬に。
展開が向かなかった中でも3着には入って欲しかったんですけどね…。

■9R アントーニオ 1人気7着

全く良いところがなかったですね…。
新馬戦のレベルが低かった、と解釈するしかなさそうです。

■10R バリス 2人気2着

1番人気・モズアスコットよりも後ろの位置になってしまったのが痛かったです。
でも、6歳の年齢を感じさせない走りを見せていますので、いずれ勝ち上がるチャンスがやってくると思います。

■11R(武蔵野S)モーニン 4人気9着

前残りの展開になる、という予想はバッチリだったんですが、スタートでまさかの出遅れ…。
道中で引っ掛かり気味に上がってしまいましたし、何もかもが裏目に出たレースでした。
復活を期待するのはもう難しいのかもしれませんね。

■12R ジュンザワールド 5人気10着

終始馬群の外を回る、というロスの多い競馬になったとはいえ、直線での伸びがサッパリ。
1000万下で即通用するほどの器ではなかったですね。


【3回福島3日】

■7R ジャポニカーラ 3人気1着

道中の位置取りがポイントでしたが、好スタートから楽な形で絶好位を確保できたのが良かったです。
直線入り口で先頭に立ってからもしぶとい脚を使っていましたし、順当勝ちだと思います。

■8R メイショウラバンド 2人気6着

中団の内から差し切りを狙いましたけど、馬群を上手くさばけず圏外に敗れました。
もう1列前にいけると思っていたので、道中の位置取りの悪さが最大の敗因だと思います。

■9R タイセイマルス 3人気2着

好位の外から上手く立ち回ったんですけどね…。
勝ったブレイヴバローズが強すぎました。

■10R ジャーミネイト 2人気1着

中団やや前めのインで脚を溜める競馬に。
勝負どころで迷わず馬群の外に出し、直線でもしっかりと末脚を披露しました。
文句ない勝ちっぷりでした。

■11R タマモアタック 2人気10着

レース序盤までは良い位置にいたんですけど、
ディグニファイドが一気の捲っていき、ペースアップしたところで置かれてしまいました。
定量の57kgになると、1000万下では厳しいのかもしれません。

■12R ルイ 4人気15着

トーセンアルバータとの激しいハナ争いに巻き込まれ、シンガリ負け。
ルイの楽な単騎逃げを予想していましたが、全然違うレース展開になってしまいました。


【5回京都4日】

■7R ユラノト 2人気2着

好位追走から直線で馬群の外に出し、
先に抜け出したザイディックメアを追いかけましたけど、もう一押しがききませんでした。

■8R デリスモア 3人気3着

52kgなら勝ち切れる、と考えていたんですけどね…。
ハンデが見込まれたトゥザクラウンに負けちゃいましたから、僕の見立てが甘かった、という事でしょう。

■9R マイスターシャーレ 1人気8着

ブラゾンダムールが押し上げていった時に対応できず、
直線で伸びそうな雰囲気もありましたが、最後はバタバタになってしまいました。

■10R クリノリトミシュル 2人気2着

ハイペースになり、差し脚堅実なクリノリトミシュルが台頭する、という見立て通りの結果だったんですけど、
1着のラインルーフは拾えなかったです…。

■11R(エリザベス女王杯)モズカッチャン 5人気1着

好位の内で脚を溜め、直線で逃げるクロコスミアめがけて一気に追い上げ、最後の最後で差し切りました。
枠や展開に恵まれたとはいえ、クロコスミアが押し切る展開を差し切るのですから、大したものです。

■12R ジョーアラビカ 5人気7着

好位の外で行きたがる面を我慢させていたんですが、直線の末脚は不発。
もっと上がりが掛かる展開にならないと厳しいかもしれません。


【5回東京4日】

■7R オールデン 1人気8着

道中で折り合いがついていなかったように見えたので、
直線半ばで脚がパッタリと止まってしまいました。

■8R ノーフィアー 2人気10着

差し馬が上位に来ていますから、結果的には展開が向かなかった、という事になるんでしょう。
1400mも長いかもしれません。

■9R ヒストリア 4人気1着

後方待機から馬群の外に持ち出して、一気の差し切り勝ち。
低調なメンバーだったとはいえ、昇級初戦でいきなり勝ち切るのは能力が高い証拠だと思います。

■10R スターオブペルシャ 1人気2着

中団の位置で折り合いに専念し、直線で上手く馬群の外に持ち出せたんですけど、
ストーミーシーの末脚の方が一枚上手でしたね。

■11R トウショウピスト 5人気1着

果敢にハナを奪い、マイペースの逃げを打ち、そのまま粘り切りました。
同型不在のレースだったにしても、強い勝ち方でした。
快速馬・シーイズトウショウを母に持つ良血馬が、ようやく軌道に乗ってきたようです。

■12R シルバーポジー 1人気2着

前走6着から着順を上げた形になりましたけど、
ナムラミラクル相手に完敗し、3着馬にも詰め寄られる、という微妙なレースになってしまいました。


【3回福島4日】

■7R イタリアンホワイト 1人気1着

中団待機から楽な手応えのまま先頭集団に並びかけ、直線入り口で先頭に立ち、そのまま押し切りました。
馬群の内でどん詰まり、という結果に終わった前走から一気の変わり身を見せてくれました。

■8R マッタナシ 4人気6着

スタートで出遅れて、急いで前に取り付いたものの、折り合いを欠く、という形に。
最悪なパターンになりながら、勝ち馬と0.3秒差ですから、500万下では地力上位の存在だと思います。

■9R メイショウオルソ 1人気1着

スムーズに先行し、直線でも持ったままの手応えで勝ち切ってみせました。
今回の内容なら、1000万下に昇級しても即通用すると思います。

■10R アンヴァル 1人気1着

9Rに引き続いて、こちらも北村友騎手が持ったままの手応えで圧勝。
中1週プラス長距離輸送、という難しい条件でしたが、能力が違いすぎました。
アルーリングボイスの子供ですから、今後も短距離路線で頑張ってくれる事でしょう。

■11R(福島記念)スズカデヴィアス 3人気2着

折り合いを欠くサンマルティンを見ながらのレース。
勝ち馬のウインブライトが3〜4角でスムーズに進出したのに対し、
スズカデヴィアスは3〜4角でポジションを下げてしまったのが痛恨でした。
でも、前走からの変わり身を見せる好内容でしたから、次走以降もチャンスだと思います。

■12R ショウナンサスケ 3人気2着

縦長の展開になったおかげで、外枠特有のコースロスを極力減らす事ができました。
直線でも良い脚を使っているんですけど、終始楽な手応えだったオブリゲーションには及びませんでした。


日曜は、秋華賞のモズカッチャン1着、福島記念のスズカデヴィアス2着、と重賞の本命馬が頑張ってくれたんですが、馬券はハズレ…(>

[もっと見る]

⇒もっと見る

ラインルーフの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

ラインルーフの写真

投稿写真はありません。

ラインルーフの厩舎情報 VIP

2018年1月7日ポルックスステークス2着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

ラインルーフの取材メモ VIP

2018年1月7日 ポルックスステークス 2着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。