マイネルサージュ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
マイネルサージュ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2012年4月13日生
調教師鹿戸雄一(美浦)
馬主株式会社 サラブレッドクラブ・ラフィアン
生産者レイクヴィラファーム
生産地洞爺湖町
戦績23戦[5-3-2-13]
総賞金9,127万円
収得賞金2,250万円
英字表記Meiner Sage
血統 ハービンジャー
血統 ][ 産駒 ]
Dansili
Penang Pearl
サオヒメ
血統 ][ 産駒 ]
サンデーサイレンス
ハルカゼ
兄弟 ティアップサニークラールハイト
前走 2017/11/05 アルゼンチン共和国杯 G2
次走予定

マイネルサージュの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/05 東京 11 アルゼンチン G2 芝2500 161275.21111** 牡5 54.0 柴田大知鹿戸雄一500(0)2.31.3 1.336.9スワーヴリチャード
17/09/24 中山 11 オールカマー G2 芝2200 1761151.21214** 牡5 56.0 松岡正海鹿戸雄一500(-2)2.15.3 1.534.8⑩⑩⑩⑩ルージュバック
17/09/03 札幌 11 丹頂S OP 芝2600 146916.784** 牡5 55.0 木幡初也鹿戸雄一502(-4)2.44.4 0.237.2⑬⑫⑩⑧プレストウィック
17/05/28 東京 12 目黒記念 G2 芝2500 1861173.21612** 牡5 55.0 柴田大知鹿戸雄一506(+6)2.32.1 1.236.2フェイムゲーム
17/05/06 東京 10 メトロポリタ OP 芝2400 13225.737** 牡5 56.0 柴田大知鹿戸雄一500(0)2.24.7 0.635.9ヴォルシェーブ
17/03/25 中山 11 日経賞 G2 芝2500 1647143.9128** 牡5 56.0 柴田大知鹿戸雄一500(-6)2.33.6 0.836.1⑥⑥⑦⑤シャケトラ
17/01/05 京都 10 万葉S OP 芝3000 128112.517** 牡5 55.0 柴田大知鹿戸雄一506(+2)3.07.5 1.438.9タマモベストプレイ
16/12/10 阪神 10 オリオンS 1600万下 芝2400 9115.121** 牡4 55.0 柴田大知鹿戸雄一504(0)2.26.3 -0.234.5サラトガスピリット
16/11/05 東京 9 南武特別 1000万下 芝2400 11223.411** 牡4 57.0 柴田大知鹿戸雄一504(+4)2.26.3 -0.334.2エイシンアロンジー
16/07/16 福島 10 信夫山特別 1000万下 芝2600 108102.112** 牡4 57.0 柴田大知鹿戸雄一500(-4)2.41.8 0.034.5⑧⑧④サトノフェアリー
16/06/19 東京 9 芦ノ湖特別 1000万下 芝2400 9222.412** 牡4 56.0 柴田大知鹿戸雄一504(+4)2.25.9 0.133.5⑦⑥⑦⑦アルター
16/05/01 東京 9 陣馬特別 1000万下 芝2400 161110.151** 牡4 54.0 松岡正海鹿戸雄一500(+4)2.24.1 -0.234.6⑥⑥⑥⑥ドラゴンズタイム
16/04/02 中山 10 安房特別 1000万下 芝2500 143312.233** 牡4 54.0 柴田大知鹿戸雄一496(-6)2.34.6 0.334.4⑪⑫⑪⑩サブライムカイザー
16/03/06 中山 9 潮来特別 1000万下 芝2500 96610.856** 牡4 56.0 柴田大知鹿戸雄一502(-6)2.36.2 0.434.6⑦⑦⑥⑥ディスキーダンス
16/01/24 中山 10 東雲賞 1000万下 芝2000 14465.939** 牡4 56.0 F.ベリー鹿戸雄一508(+6)2.01.3 1.035.0⑫⑫⑩⑦ツクバアズマオー
16/01/11 中山 12 4歳以上500万下 芝2200 168159.251** 牡4 56.0 F.ベリー鹿戸雄一502(+2)2.15.1 -0.233.7⑯⑯⑭⑭ブライトバローズ
15/12/13 中山 12 3歳以上500万下 芝1800 162415.575** 牡3 56.0 丹内祐次鹿戸雄一500(+4)1.49.5 0.235.7⑤⑤⑤ラブユアマン
15/11/14 福島 12 高湯温泉特別 500万下 芝2000 16119.452** 牡3 55.0 丹内祐次鹿戸雄一496(-2)2.04.8 0.337.5⑮⑬⑩⑥ハッピーウィルス
15/10/25 新潟 9 3歳以上500万下 芝2000 138123.824** 牡3 55.0 丹内祐次鹿戸雄一498(+4)2.00.9 0.434.7⑩⑦トーホウスペンサー
15/09/26 中山 7 3歳以上500万下 芝2000 178175.437** 牡3 54.0 戸崎圭太鹿戸雄一494(0)2.02.0 0.434.5⑩⑩⑧⑧キズナエンドレス

⇒もっと見る


マイネルサージュの関連ニュース

 ◆池添騎手(カレンミロティック5着) 「瞬発力勝負ではつらいので、ペースが落ちないように前を突きながら。かわされてからも盛り返そうと頑張ってくれた」

 ◆北村宏騎手(トウシンモンステラ6着) 「ロスなく上手に立ち回れた。3着はあるかと思ったけど…」

 ◆吉田隼騎手(シホウ7着) 「勝負どころで置かれたけど、そこからしぶとく伸びてくれた」



 ◆田辺騎手(デニムアンドルビー8着) 「後ろでじっとしていた割に、最後は脚が上がった」

 ◆シュミノー騎手(プレストウィック9着) 「“何で?”と思うぐらい馬に行く気がなかった」

 ◆津村騎手(ハッピーモーメント10着) 「リズム良く走れていたが、3〜4コーナーで苦しくなった」

 ◆鹿戸師(マイネルサージュ11着) 「(ハナに)行く形は良くないね」

 ◆三浦騎手(ヒットザターゲット12着) 「内枠なら、もう一列前で運べたんですが…」



 ◆勝浦騎手(カムフィー13着) 「しまいはもう少し来られるかと思ったが」

 ◆江田照騎手(トルークマクト14着) 「手応えは良かったので、もっと我慢できると思ったけど…」

 ◆北村友騎手(レコンダイト15着) 「外を回された。ゲートをポンと出すぎたのがあだになったかも」

 ◆内田騎手(サラトガスピリット16着) 「4コーナー手前で手応えがなかった」



★5日東京11R「アルゼンチン共和国杯」の着順&払戻金はこちら

【アルゼンチン】スワーヴリチャードが年長馬を一蹴 2017年11月5日() 15:44

 11月5日の東京11Rで行われた第55回アルゼンチン共和国杯(3歳以上オープン、GII、芝2500メートル、ハンデ、16頭立て、1着賞金=5700万円)は、ダービー2着馬スワーヴリチャード(牡3歳、栗東・庄野靖志厩舎)がミルコ・デムーロ騎手に導かれ、初対戦となった年長馬を一蹴。単勝2.0倍の断然の人気に応えた。3歳馬の勝利は1984年メジロシートン、94年マチカネアレグロ、97年タイキエルドラドに次ぐ4頭目。タイムは2分30秒0(良)。

 マイネルサージュが逃げ、カレンミロティックセダブリランテスハッピーモーメントソールインパクトなどが続く展開で、スワーヴリチャードは6〜7番手を追走。アルバートはその後ろにつけた。直線では、最内で粘るマイネルサージュをその外からスワーヴリチャードがかわして先頭へ。後続を突き放した。ソールインパクト(7番人気)が2馬身1/2差の2着。デビューから3連勝中だった3歳馬セダブリランテス(3番人気)がさらに1馬身1/4差の3着に入り、昨年の2着馬アルバート(2番人気)は4着だった。

 スワーヴリチャードは、父ハーツクライ、母ピラミマ、母の父アンブライドルズソングという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(株)NICKS。通算成績は7戦3勝。重賞は2017年共同通信杯・GIIIに次いで2勝目。アルゼンチン共和国杯庄野靖志調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。



 ◆ミルコ・デムーロ騎手「(初コンビだが)自信を持っていましたし、馬の気持ちを一番大事に思って乗りました。ずっと落ち着いていて、スタートでいい位置につけられましたね。(直線では)すごい手応えでした。こんな勝ち方ができたんですから、大人(年長)の馬と走っても全然問題なかったということです。能力の高い馬ですよ」



★5日東京11R「アルゼンチン共和国杯」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【アルゼンチン】スワーヴが1番人気/前日最終オッズ 2017年11月4日() 18:22

 東京の日曜メインはハンデGIIのアルゼンチン共和国杯(芝2500メートル)が組まれている。過去10年の勝ち馬を見ると、2007年アドマイヤジュピタは翌08年天皇賞・春を制覇。08年スクリーンヒーローは次走のジャパンCも優勝。10年トーセンジョーダンは翌11年の天皇賞・秋、15年ゴールドアクターは続く有馬記念を制するなど、GIに直結するレースになっている。09年ミヤビランベリ(11番人気)、13年アスカクリチャン(7番人気)と人気薄で勝った馬もいるが、それ以外の8頭は1〜3番人気で、トップハンデの好走例も多い。

 今年もジャパンCや、ステイヤーズS、有馬記念を見据えたスタミナ自慢の馬たちが集まった。前日最終オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名      単勝オッズ1−1 セダブリランテス    7.31−2 マイネルサージュ   80.32−3 デニムアンドルビー  11.12−4 スワーヴリチャード   1.93−5 トウシンモンステラ 205.33−6 プレストウィック   18.04−7 ソールインパクト   15.14−8 カレンミロティック  38.85−9 シホウ        55.35−10 サラトガスピリット 91.26−11 アルバート      4.66−12 トルークマクト   85.97−13 ハッピーモーメント 55.87−14 レコンダイト    20.98−15 ヒットザターゲット 35.28−16 カムフィー    246.3



アルゼンチン共和国杯の枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アルゼンチン】追って一言2017年11月2日(木) 05:09

 ◆カムフィー・池上和師 「年齢の割には元気。大きな変わり身はないけど、ハンデ差を生かして」

 ◆カレンミロティック・平田師 「前回より動けていたね。気配は安定している。まだ元気ですよ」

 ◆サラトガスピリッツト・友道師 「動きは良かった。先週、今週としっかりやっている。ハンデも軽い」

 ◆シホウ・笹田師 「1回叩いて素軽さが増しているね。距離は延びればいいタイプだし、上積みにも期待したい」

 ◆ソールインパクト・戸田師 「状態はすごくいい。前走は開幕週で時計が速く、ヨーイドンの競馬も合わなかった。力が要る今の馬場なら」

 ◆デニムアンドルビー・辻野助手 「前走の内容は悪くないし、条件がよくなる今回に期待したい」

 ◆トウシンモンステラ・村山師 「順調にきている。長くいい脚が使えるしスタミナを生かしたい」

 ◆トルークマクト・江田照騎手 「3頭併せの真ん中でしっかり追った。状態はいい。時計がかかる馬場の方がいい」

 ◆ハッピーモーメント・辻野助手 「前回は久々の右回り。3、4コーナーでトモ(後肢)が流れた。状態はいい」

 ◆ヒットザターゲット・清生助手 「春に比べると復調気配だし、体調はいい」

 ◆プレストウィック・武藤師 「柔らかみがあっていい動き。スタミナの持続力がかなりついてきている」

 ◆マイネルサージュ・鹿戸師 「イメージ通りの動き。いいけいこができた」

 ◆レコンダイト・音無師 「調子がいいね。距離は少し長いかもしれないが、ハンデは55キロ。どこまでやれるか」

★AR共和国杯の出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【アルゼンチン共和国杯】特別登録馬2017年10月29日() 17:30

[もっと見る]

【オールカマー】レースを終えて…関係者談話2017年9月25日(月) 05:07

 ◆柴田大騎手(マイネルミラノ4着) 「自分の形でハナへ行って、4コーナーでは“勝つか”と思ったぐらい。最後まで集中していたし、久々にミラノらしい走りでした」

 ◆柴田善騎手(ショウナンバッハ5着) 「だいぶ体に柔らかみが出て調子がいいね。しまいも切れる脚を使ってくれた」

 ◆柴山騎手(ディサイファ6着) 「最後までやめずに頑張って走れていた。まだまだやれる」

 ◆石橋騎手(アルバート7着) 「3〜4コーナーでスピードに乗ったときのアクシデントが痛かった」

 ◆吉田隼騎手(デニムアンドルビー8着) 「前半は脚をためて、しまいの競馬。ペースが落ち着いてしまったが、着順ほどは負けていない」

 ◆田辺騎手(モンドインテロ9着) 「後ろから行くのはこの馬の競馬だが、上がっていける手応えがなかった」

 ◆内田騎手(ブラックバゴ10着) 「もう少しペースが流れてほしかった」

 ◆田中勝騎手(パリカラノテガミ11着) 「もう少し前でレースを運びたかった」

 ◆吉田豊騎手(ツクバアズマオー12着) 「もう少し伸びてほしかった」

 ◆丸田騎手(カフジプリンス13着) 「結果的に早めに動いた方がよかった」

 ◆松岡騎手(マイネルサージュ14着) 「(4コーナーの)不利がすべて」

 ◆津村騎手(グランアルマダ15着) 「ハナへ行く指示だったが、なかなか行けなかった」

 ◆大野騎手(トルークマクト16着) 「外枠で内にもぐり込めなかった」

 ◆三浦騎手(マイネルディーン17着) 「道中はいいリズムだったが、不利がすべて」



★24日中山11R「産経賞オールカマー」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルサージュの関連コラム

閲覧 516ビュー コメント 0 ナイス 4

先週は、3(祝金)に京都競馬場でG3ファンタジーSが、4(土)に東京競馬場でG2京王杯2歳Sが、5(日)に東京競馬場でG2アルゼンチン共和国杯、京都競馬場でG3みやこSがそれぞれ行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3ファンタジーSは、コーディエライトがハナを奪い一団のままスローな流れで3〜4コーナーを通過。迎えた直線、粘り込みを図るコーディエライトアルモニカモズスーパーフレアあたりが追撃を始め、残り200mを過ぎます。依然、先頭はコーディエライトで、後続からは代わってペイシャルアスアマルフィコーストベルーガが進出。残り50mを過ぎ、ひと際目立つ末脚を披露したのは大外のベルーガでした。そのまま、5番人気ベルーガが差し切って連勝で重賞初制覇!1/2馬身差の2着に3番人気コーディエライト、さらにそこからハナ差の3着に1番人気アマルフィコーストが入っています。
公認プロ予想家ではサウスプロほか計4名が的中しています。
 
G2京王杯2歳Sは、2番人気タイセイプライドを先頭に直線へ。2番手はアサクサゲンキで、直後からはカシアスも迫り、単勝1.8倍の1番人気に推されたタワーオブロンドンはその後ろの外の5番手あたり。直線半ばを過ぎて、タイセイプライドが苦しくなり代わって先頭に立ったアサクサゲンキに、2頭の間を割ってカシアスが並び掛けますが、これを残り100mで一瞬にして外からまとめて交わし去ったタワーオブロンドンがV。2馬身差の2着に5番人気カシアス、さらにそこから1/2馬身差の3着に4番人気アサクサゲンキが入っています。
公認プロ予想家では岡村信将プロきいいろプロ山崎エリカプロマカロニスタンダーズプロろいすプロほか計16名が的中しています。
 
G2アルゼンチン共和国杯は、スタート直後から横並びでなかなか先頭が決まらない中、マイネルサージュが押し出される形でハナへ。1番人気に推された3歳馬スワーヴリチャードは中団のインを追走。先頭のマイネルサージュと2番手カレンミロティックが後続をやや引き離す形で、隊列は向こう正面を通過していきます。3〜4コーナーでその差が縮まって馬群ひと塊の態勢で直線勝負へ。内を割って早々スワーヴリチャードが先頭を窺うと、馬群からはソールインパクトアルバートセダブリランテスといったところが伸びを見せます。抜け出したスワーヴリチャードのリードは3馬身ほど。ここからなかなか差が詰まらずの状態が続き、結局そのまま内ラチ沿いを悠々と駆け抜けたスワーヴリチャードが先頭でゴール。得意の府中で重賞2勝目を挙げています。2馬身1/2差の2着に7番人気ソールインパクト、さらにそこから1馬身1/4差の3着に3番人気セダブリランテスが入っています。
公認プロ予想家ではdream1002プロほか計4名が的中しています。
 
G3みやこSは、サルサディオーネが引っ張る展開を、4角手前で楽な手応えのテイエムジンソクが並び掛け、2番手にルールソヴァールの態勢で直線へ。直線に入り、この2頭が後続との差を広げると、1番人気エピカリスタムロミラクルキングズガードあたりが離れた3番手グループから伸び脚を披露。しかし、前は既に大勢決した構えで、セーフティーリードを早々築いた2番人気テイエムジンソクが勝利。重賞初勝利を挙げています。2馬身1/2差の2着も直線入り口で後続との差を確保した9番人気ルールソヴァールが粘り込み、そこから1馬身1/4差の3着に3番人気キングズガードが入っています。
公認プロ予想家では導師嵐山プロ岡村信将プロ河内一秀プロほか計8名が的中しています。
 
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →佐藤洋一郎プロ
4(土)福島4Rで、◎ヤマタケジャイアン(単勝82.8倍)−○タガノアーバニティからの3単5,014倍を含む計58万4,240円の高額払戻しを記録。2週連続のホームラン的中を披露した先週はトータル回収率122%、収支12万5,900円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
3(金)福島3Rを◎トーホウリーガルで仕留め10万4,720円の払戻し。翌4(土)福島5Rを◎○で仕留め21万円払戻し、と連日のスマッシュヒットを記録!他にもヒットを量産した先週はトータル回収率111%で終えています。
 
☆☆☆注目プロ →覆面ドクター・英プロ
4(土)東京6Rで3連単的中、12万4,350円払戻しをマークすると、5(日)には東京3R(3連単的中14万20円払戻し)、京都3R(3連単的中ほか計24万2,980円払戻し)で連続スマッシュヒットを披露!週末のトータルでは回収率116%、収支12万80円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →☆まんでがんプロ
3(金)福島7Rでの◎▲○パーフェクト的中(計12万3,180円払戻し)、5(日)京都3Rでの計12万5,400円払戻しなどの活躍を見せ2週連続のプラス達成!週末トータルでは回収率113%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →霧プロ
4(土)東京10Rでの◎○▲的中、5(日)東京10Rでの馬単514倍含む計18万600円払戻しのビッグヒットなどの活躍を披露。週末のトータル回収率135%、収支11万4,440円プラスをマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →西野圭吾プロ
4(土)は福島11R(計11万9,900円払戻し)、勝負予想福島12R(○◎的中)などの的中で回収率351%を記録!週末のトータルでは回収率141%をマークしています。
 
 
 
この他にも、dream1002プロ(151%)、エース2号【予想マイレージクラブ限定】プロ(146%)、エース1号プロ(123%)、くりーくプロ(107%)、岡村信将プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果情報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。


登録済みの方はこちらからログイン

2017年11月5日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第310回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜アルゼンチン共和国杯 G2
閲覧 804ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は東京11R「アルゼンチン共和国杯 G2」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。





第1グループ(橙)は、カレンミロティックから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアルバートレコンダイトまで3頭。
第2グループ(黄)は、デニムアンドルビーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のヒットザターゲットまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、トウシンモンステラから同差内のサラトガスピリットマイネルサージュスワーヴリチャードまで4頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと、ハンデ戦らしく最大でも0.9ポイント差となっていて、最上位から最下位までが5.4ポイント差内にひしめく全馬拮抗の状況です。

そんな中、今回の私の本命は◎デニムアンドルビーとしました。牝馬は馬券どころか、出走自体も近年では見られないレースではあるのですが、この馬自体はコース替わりと田辺騎手への乗り替わりが魅力的。過去10年で馬券圏外に敗れた牝馬たちは、みな2ケタ人気の人気薄でしたし、単勝11倍程度(原稿執筆時点)のこの人気で牝馬が出走してくること自体傾向には当てはまっていないので狙ってみる価値はありそうです。乗り替わりの好走馬が多いレースですし、先週700勝達成の田辺騎手も短期免許の外人J二人よりはよっぽど信頼できるとみています。土曜の東京芝中長距離戦はスローばかりでアテにならないかもしれませんが、外を伸びて差してくるシーンもありましたので、持ち前の末脚さえ発揮できればアタマまで十分狙えるのではないでしょうか。陣営も「条件好転」を強調している今回、府中長距離でのスローからのキレ味勝負での牡馬一蹴を期待します。

以下、東京長距離得意な鞍上と近走で条件戦勝ち上がり組の活躍が目立つレース傾向から○セダブリランテス、この距離ではペースによっては過信禁物な印象でムーア騎手ではない今回1枚割り引いた▲アルバート、5か月ぶりで一本被りの☆スワーヴリチャード、それぞれ違う理由で◎が来るようなレースへの適性という意味で割り引いた△プレストウィック、△ソールインパクトまで印を回し、今回の私の馬券は◎の単勝と馬連で勝負とします。


【単勝】
3

【馬連流し】
◎=印
3=1,4,6,7,11(5点)

計6点

[もっと見る]

マイネルサージュの口コミ


口コミ一覧
閲覧 136ビュー コメント 2 ナイス 7

昨日の東京6RでDMMドリームクラブのディープシャインという馬がデビュー。
結果は3着でした。

最終追い切りの動きがかなり良かったので、
「初戦向きのタイプなのかな?」という印象を持っていましたが、
直線で伸びあぐねる形になってしまいました。

次走以降に変わり身を見せられるのかどうか、というところがポイントになってきそうです。


【アルゼンチン共和国杯】

◎スワーヴリチャード
○セダブリランテス
▲レコンダイト
△マイネルサージュ、プレストウィック、アルバート

人気しすぎな感じがしますけど、
ダービー2着・スワーヴリチャードが共同通信杯以来となる重賞Vを決めてくれる、と考えて◎にしました。

56kgというハンデはさすがに見込まれましたが、
得意の左回りで追い切りの動きも上々、という状況なら、
厳しい条件を克服してくれるのではないでしょうか。

セダブリランテスはスワーヴリチャードよりも斤量が2kg軽くなっている点がかなりの魅力。
でも、追い切りの動きはちょっと微妙だったので、対抗評価としました。

追い切りの動きだけを見れば、古豪・レコンダイトの栗東坂路での動きはとても凄かったです。
外枠に入ってしまいましたけど、今のデキなら上位争いに食い込んできても不思議ありません。


【みやこS】

◎モルトベーネ
○トップディーヴォ
▲キングズガード
△ルールソヴァール、エピカリス

叩き2戦目、コース替わり、距離短縮、という要素が全てプラスに働くモルトベーネから勝負します。

前走の最終追い切りは軽めだったんですけど、
今回の最終追い切りはしっかりと負荷をかけてきていますので、前走よりも体調が良いのか明らか。
あとは、今回のメンバー相手に通用する地力があるのかどうか、というところだけでしょう。

待望の内枠を引いたトップディーヴォが脅威。
キングズガードも展開が紛れれば、一気の差し切り勝ちを決めるかもしれません。

エピカリスはぶった切りたいところなんですが、
前走は直線でスムーズさを欠いた分の負けですので、
外枠からスムーズなレース運びをする今回は巻き返し必至、だと考えています。

 ムーンホーセズネック 2017年11月5日() 00:17
競馬検討 追い切り 7
閲覧 79ビュー コメント 0 ナイス 10

アルゼンチン共和国

セダブリランテス 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

マイネルサージュ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

デニムアンドルビー 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

スワーヴリチャード 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、突き放し

トウシンモンテラス 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き

プレストウィック 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ソールインパクト 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

カレンミロティック 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、時計優秀

アルバート 長め、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ

トルークマクト 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ハッピーモーメント 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

レコンダイト 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、時計優秀

ヒットザターゲット 坂路、単走、動き軽快、集中して

カムフィー 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ


みやこステークス

モルトベーネ 坂路、単走、動き軽快、集中して、時計優秀

タガノヴェリテ 長め、単走、動き軽快、集中して

トップディーヴォ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、やや置かれ

アスカノロマン 長め、単走、動き軽快、集中して

タガノディグオ 坂路、単走、動き軽快、集中して、時計優秀

リーゼントロック 長め、併せ馬、動き軽快、前向き、ビッシリ

モンドクラッセ 長め、単走、動き軽快、集中して

シャイニービーム 坂路、単走、動き軽快、前向き

ルールソヴァール 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

ローズプリンスダム 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、先着

キングズガード 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

マイネルクロップ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

タムロミラクル 坂路、単走、動き軽快、集中して、時計優秀

エピカリス 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

テイエムジンソク 長め、単走、動き軽快、集中して前向き、リズミカル

[もっと見る]

 エロボン 2017年11月2日(木) 23:07
アルゼンチン共和国杯
閲覧 204ビュー コメント 0 ナイス 4

5日(日曜日)


東京11Rアルゼンチン共和国杯

◎スワーヴリチャード
〇アルバート
▲セダブリランテス
☆ソールインパクト
△マイネルサージュ
△プレストウィック
カレンミロティック
デニムアンドルビー
ヒットザターゲット



あくまでも現時点での予想です。

[もっと見る]

⇒もっと見る

マイネルサージュの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

マイネルサージュの写真

マイネルサージュ

マイネルサージュの厩舎情報 VIP

2017年11月5日アルゼンチン共和国杯 G211着
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

マイネルサージュの取材メモ VIP

2017年9月24日 産経賞オールカマー G2 14着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。