トップディーヴォ(競走馬)

注目ホース
会員登録(無料)して注目ホースに登録すると、出走情報やレース結果がメールで届きます。
今すぐ会員登録
トップディーヴォ
トップディーヴォ
写真一覧
現役 牡5 鹿毛 2012年2月10日生
調教師昆貢(栗東)
馬主有限会社 コオロ
生産者細川農場
生産地新冠町
戦績26戦[6-5-3-12]
総賞金12,301万円
収得賞金3,300万円
英字表記Top Divo
血統 キングカメハメハ
血統 ][ 産駒 ]
Kingmambo
マンファス
セクシーザムライ
血統 ][ 産駒 ]
Deputy Minister
Powder
兄弟 エポックネクストステップ
前走 2017/11/05 みやこステークス G3
次走予定 2017/12/03 チャンピオンズカップ G1

トップディーヴォの競走成績

[ 競走データ ] [ 繁殖データ ]
マークが付いたメニューはウマニティ会員専用のコンテンツになります。メールアドレスがあれば登録は簡単!今すぐ会員登録(無料)しよう!
成績 条件別 競馬場別 距離別 重量別 騎手別 タイム別
開催日

R 競走名 コース









指数

負担
重量
(kg)
騎手調教師馬体重
(kg)




(秒)

3F
通過順 1(2)着馬
17/11/05 京都 11 みやこS G3 ダ1800 1624----** 牡5 56.0 横山典弘昆貢490(+2)0000 ------テイエムジンソク
17/09/30 阪神 11 シリウスS G3 ダ2000 1681514.474** 牡5 56.0 横山典弘昆貢488(0)2.04.3 0.437.4⑥⑤⑤⑤メイショウスミトモ
17/08/26 新潟 11 BSN賞 OP ダ1800 151111.361** 牡5 55.0 横山典弘昆貢488(+2)1.51.5 -0.137.0マスクゾロ
17/08/12 小倉 11 阿蘇S OP ダ1700 134514.475** 牡5 55.0 浜中俊昆貢486(+10)1.45.5 0.337.6⑩⑪コパノチャーリー
17/06/24 函館 11 大沼S OP ダ1700 1471217.576** 牡5 56.0 四位洋文昆貢476(-14)1.44.2 1.438.1⑦⑦⑤④テイエムジンソク
17/02/05 京都 9 北山S 1600万下 ダ1800 15118.631** 牡5 57.0 福永祐一昆貢490(+4)1.48.8 -0.136.1④④④テイエムジンソク
17/01/22 中山 10 アレキサンド 1600万下 ダ1800 168166.4310** 牡5 57.0 津村明秀昆貢486(-8)1.54.2 1.139.8⑨⑨⑦⑧ディアドムス
16/11/12 京都 10 観月橋S 1600万下 ダ1800 138136.949** 牡4 57.0 四位洋文昆貢494(-2)1.51.8 2.438.1⑫⑫⑫⑪オールブラッシュ
16/10/30 京都 10 御陵S 1600万下 ダ1800 15463.4110** 牡4 57.5 四位洋文昆貢496(+8)1.51.6 0.737.1⑪⑪⑧⑧マイティティー
16/10/08 京都 11 平城京S 1600万下 ダ1800 12557.653** 牡4 57.0 四位洋文昆貢488(-2)1.50.7 0.435.9⑩⑩⑩⑩タムロミラクル
16/05/21 京都 11 平安S G3 ダ1900 1571326.587** 牡4 56.0 四位洋文昆貢490(+6)1.57.3 1.137.6⑦⑦⑦⑦アスカノロマン
16/04/16 阪神 11 アンタレスS G3 ダ1800 164738.788** 牡4 56.0 四位洋文昆貢484(0)1.51.0 1.137.4⑬⑭⑫⑫アウォーディー
16/02/06 京都 11 アルデバラン OP ダ1900 138135.122** 牡4 54.0 川田将雅昆貢484(-2)1.58.0 0.336.8⑥⑥⑤⑤ダブルスター
15/12/19 阪神 10 摩耶S 1600万下 ダ1800 13564.621** 牡3 55.0 川田将雅昆貢486(+4)1.51.1 -0.237.1⑨⑨⑨⑥エノラブエナ
15/12/06 阪神 10 堺ステークス 1600万下 ダ1800 13115.334** 牡3 56.0 四位洋文昆貢482(-2)1.51.8 0.236.0⑨⑨⑧⑧メイショウウタゲ
15/11/15 京都 8 3歳以上1000万下 ダ1800 147112.211** 牡3 55.0 四位洋文昆貢484(+4)1.49.3 -0.136.7⑫⑫⑧ピグマリオン
15/10/24 京都 12 3歳以上1000万下 ダ1900 9773.412** 牡3 55.0 四位洋文昆貢480(0)1.59.6 0.635.8⑥⑥⑥ダノングッド
15/10/10 京都 9 愛宕特別 1000万下 ダ1800 168167.848** 牡3 55.0 四位洋文昆貢480(0)1.51.6 0.636.8⑦⑨⑦⑥テイエムグンカン
15/05/17 京都 6 3歳500万下 ダ1800 9891.611** 牡3 56.0 四位洋文昆貢480(+2)1.51.9 -0.036.7⑦⑦④ココ
15/04/18 阪神 6 3歳500万下 ダ1800 12553.922** 牡3 56.0 四位洋文昆貢478(+4)1.52.7 0.037.0⑩⑩⑧⑧スマートボムシェル

⇒もっと見る


トップディーヴォの関連ニュース

 12月3日(日)に中京競馬場で行われる第18回チャンピオンズカップ(3歳以上オープン、GI、ダート1800メートル、定量、フルゲート16頭、1着賞金=9700万円)の特別登録馬が19日、発表された。



 マイルチャンピオンシップ南部杯で日本競馬史上最多タイとなるGI10勝目を挙げたコパノリッキー、海外GIコリアカップを制したロンドンタウン、昨年に続く連覇がかかるサウンドトゥルー、前哨戦のみやこS覇者・テイエムジンソクなどが出走を予定している。



 他にもアウォーディー、アポロケンタッキー、ケイティブレイブといったGIウイナーが名を連ねており、熱い戦いとなりそうだ。



 登録馬23頭は以下の通り。



アウォーディー 57.0kg(牡7、栗東・松永幹夫厩舎)

アポロケンタッキー 57.0kg(牡5、栗東・山内研二厩舎)

カフジテイク 57.0kg(牡5、栗東・湯窪幸雄厩舎)

キングズガード 57.0kg(牡6、栗東・寺島良厩舎)

グレンツェント 57.0kg(牡4、美浦・加藤征弘厩舎)

ケイティブレイブ 57.0kg(牡4、栗東・目野哲也厩舎)

コパノリッキー 57.0kg(牡7、栗東・村山明厩舎)

ゴールドドリーム 57.0kg(牡4、栗東・平田修厩舎)

サウンドトゥルー 57.0kg(せん7、美浦・高木登厩舎)

テイエムジンソク 57.0kg(牡5、栗東・木原一良厩舎)

ノンコノユメ 57.0kg(せん5、美浦・加藤征弘厩舎)

ミツバ 57.0kg(牡5、栗東・加用正厩舎)

メイショウスミトモ 57.0kg(牡6、栗東・南井克巳厩舎)

モルトベーネ 57.0kg(牡5、栗東・松永昌博厩舎)

ロンドンタウン 57.0kg(牡4、栗東・牧田和弥厩舎)

ローズプリンスダム 56.0kg(牡3、美浦・畠山吉宏厩舎)



【以下除外対象】(※繰り上がり順)

1.サンライズノヴァ 56.0kg(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)

2.メイショウウタゲ 57.0kg(牡6、栗東・安達昭夫厩舎)

3.サンライズソア 56.0kg(牡3、栗東・河内洋厩舎)

4.アスカノロマン 57.0kg(牡6、栗東・川村禎彦厩舎)

5.トップディーヴォ 57.0kg(牡5、栗東・昆貢厩舎)

6.ピオネロ 57.0kg(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)

7.スリータイタン 57.0kg(セン8、栗東・村山明厩舎)



(※出走馬決定順はレーティング順位によって変動の可能性あり)

★チャンピオンズCの特別登録馬はこちら 調教タイムも掲載

【チャンピオンズカップ】特別登録馬2017年11月19日() 17:30

[もっと見る]

【みやこS】圧勝!テイエムジンソクが重賞初制覇 2017年11月5日() 15:56

 11月5日の京都11Rで行われた第8回みやこステークス(3歳以上オープン、GIII、ダート1800メートル、別定、15頭立て、1着賞金=3800万円)は、古川吉洋騎手騎乗の2番人気テイエムジンソク(牡5歳、栗東・木原一良厩舎)が道中4番手追走から4コーナー手前で早めに先頭に立ち、後続を完封。チャンピオンズC(12月3日、中京競馬場、GI、ダート1800メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは1分50秒1(良)。

 2馬身半差の2着には好位追走から内めを進出したルールソヴァール(9番人気)、さらに1馬身1/4差遅れた3着に大外一気に追い込んだキングズガード(3番人気)。1番人気のエピカリスは中団追走から直線半ばで3番手まで押し上げたが、ラストの伸びを欠き8着に敗れた。なお、トップディーヴォは馬場入場後の『暴走による疲労が激しいため』として出走取消となった。

 みやこSを勝ったテイエムジンソクは、父クロフネ、母マイディスカバリー、母の父フォーティナイナーという血統。北海道日高町・日高テイエム牧場の生産馬で、馬主は竹園正繼氏。通算成績は23戦8勝。重賞初制覇。みやこSは、木原一良調教師、古川吉洋騎手ともに初優勝。

 ◆古川吉洋騎手(1着 テイエムジンソク)「自信を持って乗りました。スタートも速いので何も心配することがありませんでした。直線でも自分からハミを取ってくれました」

★5日京都11R「みやこS」の着順&払戻金はこちら

[もっと見る]

【みやこS】エピカリスが1番人気/前日最終オッズ 2017年11月4日() 18:21

 京都競馬場では日曜メインにダートGIIIみやこステークス(11月5日、1800メートル)が行われる。チャンピオンズC(12月3日、中京、GI、ダート1800メートル)の前哨戦(1着馬に優先出走権)としても、3歳馬と古馬が本格的に激突するレースとしても、毎年クローズアップされる一戦だ。



 前日最終オッズは以下の通り。



枠番−馬番 馬名      単勝オッズ1−1 モルトベーネ      8.61−2 サルサディオーネ   83.42−3 タガノヴェリテ    16.52−4 トップディーヴォ   14.53−5 アスカノロマン    12.03−6 タガノディグオ    25.24−7 リーゼントロック   77.64−8 モンドクラッセ    77.65−9 シャイニービーム   93.15−10 ルールソヴァール  64.96−11 ローズプリンスダム 16.66−12 キングズガード    8.97−13 マイネルクロップ  68.37−14 タムロミラクル   78.28−15 エピカリス      2.78−16 テイエムジンソク   3.8



みやこSの枠順はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【みやこS】追って一言2017年11月2日(木) 05:06

 ◆アスカノロマン・川村師 「2週連続で長めからびっしりやって今週は調整程度。リフレッシュして、いい状態」

 ◆サルサディオーネ・羽月師 「前走で減った体は戻っている。もまれない競馬を」

 ◆シャイニービーム・福島師 「久々になるけど、動ける態勢に仕上がっている」

 ◆タガノヴェリテ・本田師 「動きはまずまずだったし、変わりなく順調にきている」

 ◆タガノディグオ・宮師 「しまいを伸ばす感じで予定通り。時計も動きもよかった」

 ◆タムロミラクル・西園師 「(坂路4ハロン)51秒台で動けたし、状態はいい」

 ◆テイエムジンソク・木原師 「やり過ぎないようにしまい重点の調整。余裕を持って帰厩させて、順調にきている」

 ◆トップディーヴォ・昆師 「併せ馬でしっかり負荷をかけた。順調に調整できた。重賞をいつ勝ってもいい力はある」

 ◆マイネルクロップ・畠山師 「攻めは動かないタイプ。きっかけをつかみたい」

 ◆モンドクラッセ・清水英師 「体調は悪くないが、近走は迫力不足で…」

 ◆リーゼントロック・矢作師 「牧場で乗り込んできたし、動きは悪くなかった」

 ◆ルールソヴァール・高木師 「休み明けだが、力を出せる状態。競馬センスがいいし、もっと上でやれる馬」

 ◆ローズプリンスダム・畠山師 「仕上がりは早いタイプ。しまいの脚を生かすイメージで」

みやこSの出馬表はこちら 調教タイムも掲載

[もっと見る]

【みやこステークス】特別登録馬2017年10月29日() 17:30

[もっと見る]

⇒もっと見る

トップディーヴォの関連コラム

閲覧 512ビュー コメント 0 ナイス 2



みなさんこんにちは!

本日は阪神11R「シリウスステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。




第1グループ(橙)は、マスクゾロピオネロの2頭。
第2グループ(黄)は、ブライトアイディアから1.0ポイント差(約1馬身差)内のキクノソルまで4頭。
第3グループ(薄黄)は、トップディーヴォから1.0ポイント差(約1馬身差)内のタガノゴールドまで5頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

凄馬出馬表を見渡すと第1グループ〜第2グループに1.2の溝がありますが、大きな差ではなく混戦の分布となっています。

昨年の1着、2着、4着馬が出走してきた今年のシリウスステークス
3着馬のアポロケンタッキーが東京大賞典を制覇し、よりクローズアップされてしまいますが、昨年のシリウスステークスは間違いなくハイレベルなレース。昨年からの伸びしろがポイントになると見ています。

私の本命は◎ミツバとしたいと思います。
昨年は緩い流れで後方の大外、4角の時点でノーチャンスといえるほどの差がありました。1年経った今、近走のレースでは完全に1ランク上の強さを見せ、本格化を迎えている印象。脚質も終い一辺倒から自在性が加わりました。今年もメンバー的にそれほどペースは流れなさそうですが、今のミツバなら抑え込んでくれると期待しています。

以下、○ピオネロ、▲マスクゾロ、△モルトベーネに印を打ちます。

【3連単フォーメーション】

12

3,6,13

3,5,6,11,13

12

3,5,6,11,13

3,6,13

3,6,13

12

3,5,6,11,13


計36点


登録済みの方はこちらからログイン

2017年8月29日(火) 10:00 競馬プロ予想MAX
先週の回顧〜(8/26〜8/27)夢月プロがBIGヒット連発で土曜計102万払戻しを記録!
閲覧 810ビュー コメント 0 ナイス 4



先週は、27(日)に札幌競馬場でG3キーンランドCが、新潟競馬場でG3新潟2歳Sが行われました。それでは、いつものようにレース結果と競馬予想の達人・ウマニティプロ予想家陣のスマッシュヒットを振り返っていきたいと思います。
 
G3キーンランドCは、ナックビーナスソルヴェイグの2頭が好発を決めて出を窺うと、積極的に出していったナックビーナスがハナに立ち単独先頭。3番手にシュウジが続き、1番人気のモンドキャンノは中団に控え、前半3F33.5秒(推定)と平均やや速めのラップを刻んだ馬群は、4コーナーを回ります。迎えた直線、内ラチ沿いを逃げるナックビーナスと、3〜4頭分空けて迫るソルヴェイグが1、2番手そのままの態勢で直線半ばを通過。外を回したモンドキャンノは脚色鈍く苦しい展開。ここで馬群を割って鋭い伸びを見せて迫ったのは、単勝12番人気のエポワスでした。ナックビーナスソルヴェイグの間に進路を取ると、ゴールまでひと際目立つ末脚を維持し鮮やかな差し切りを決め、9歳にして重賞初Vを挙げています。クビ差の2着には2番人気ソルヴェイグが入り、そこから1/2馬身差の3着には5番人気ナックビーナスが入っています。 
公認プロ予想家ではサウスプロサラマッポプロ河内一秀プロ山崎エリカプロ西野圭吾プロほか計15名が的中しています。
 
G3新潟2歳Sは、フロンティアコーディエライトテンクウマイネルサイルーンと、好スタートを決めた4頭が先頭グループを形成。外からコーディエライトがこれを制して先頭に立ち、馬群は3コーナーへ。ゆったりとしたラップを刻んだため馬群は密集し、最後方集団からの競馬からとなった1番人気ムスコローソを含め、ひと塊の状態で4コーナーを回ります。馬場の3分どころを通ったフロンティアコーディエライトに並び掛け、内ではテンクウがしぶとく食い下がる構え。後方勢からはこれら3頭に迫る脚色の馬は見当たらず、勝負の行方は完全にこの3頭に絞られます。結局、前半4F49.3秒と近年で最もスローで前が止まらない流れとなった新潟2歳Sを制したのは、2番手から上がり32秒9の末脚を披露して駆け抜けた2番人気フロンティアでした。好発を決めてなだめて、行く馬に行かせて2番手から力強く抜け出すというセンスの光る内容で、世代2頭目の重賞ウィナーに輝いています。3/4馬身差の2着には5番人気コーディエライトが入り、さらにそこからアタマ差の3着には2番人気テンクウが入っています。
 公認プロ予想家では、サウスプロくりーくプロマカロニスタンダーズプロほか計12名が的中しています。
 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
☆☆☆注目プロ →夢月プロ
26(土)小倉1Rで11万7000円払戻しの好スタートを切ると、続く札幌1Rで◎ラヴバインド(単勝13.8倍)○グランエクシト(単勝33.4倍)▲ディアバビアナのパーフェクト的中を披露し単勝・馬連・3連複計24万2100円、札幌9Rで◎エクセレントミスズから計16万8680円、小倉11Rで◎ナムラアラシ−○クールオープニングの印で計11万3920円と、10万オーバー払戻しだけで4本、ほかに5万オーバーも4本的中するなど、この日一日で計102万4480円の払戻しをマーク!。週末トータル回収率186%、収支57万1100円プラスを記録しています!
 
☆☆☆注目プロ →馬っしぐらプロ
26(土)札幌9Rで◎エクセレントミスズの単勝を的中。27(日)札幌12Rでは、◎ルグランフリソン、▲ケージーキンカメ(単勝93.9倍)からの3連複45万510円含む計52万1540払戻しのホームランを披露!真骨頂ともいえるフォーメーション馬券で見事大勝をおさめた先週は、土日トータル回収率612%、収支47万5960円プラスをマークしています!
 
☆☆☆注目プロ →サラマッポプロ
26(土)は新潟2Rの◎ハイヤーアプシス新潟11Rの◎トップディーヴォと、走法から先週の新潟馬場への適性を見出した2頭でこの日のプラスを決定付けると、27(日)は札幌1R小倉8Rで推奨馬が勝利。さらに極めつけはG3 キーンランドCで「頭が高い走法で洋芝巧者。」と狙った◎エポワス(単勝21.2倍)の単複的中!計8万5600円を払戻し、土日トータル回収率293%、収支15万3050円払戻しの好成績で先週を終えています。
 
☆☆☆注目プロ →くりーくプロ
27(日)は新潟5Rでの◎○▲パーフェクト的中、新潟12Rでの的中、さらにはG3 新潟2歳Sを◎フロンティアコーディエライトテンクウでパーフェクト的中するなど好調予想を連発!週末トータル回収率191%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →スガダイプロ
27(日)は新潟10Rの馬連&3連単的中など、後半にかけて調子を上げていくと、新潟12Rで◎マンゴジェリー(単勝51.9倍)を狙い、馬連・ワイド・3複計12万520円払戻しの大逆転アーチ!週末トータル回収率122%を達成しています。
 
☆☆☆注目プロ →岡村信将プロ
27(日)新潟9Rで◎メイショウオワラ(単勝17.9倍)の1万円一点勝負的中を披露するなどの活躍を見せた先週は、土日トータル回収率115%をマークしています。
 
☆☆☆注目プロ →河内一秀プロ
26(土)に新潟3Rなどで◎単勝精度を示し回収率104%を達成。翌27(日)には、G3 キーンランドCで◎エポワスソルヴェイグナックビーナスのパーフェクト的中を披露するなどの活躍をみせています。
 
☆☆☆注目プロ →いっくんプロ
26(土)新潟5Rの◎△○3連単(183.7倍)的中で18万3700円払戻しのスマッシュヒット!さらには、27(日)小倉2Rの◎○△3連単(149.9倍)的中で14万9900円、新潟6Rの◎○▲3連単(183.1倍)的中で18万3100円払戻しと、週末計3本の10万オーバーを披露しています。
 
 
この他にも、エース1号プロ(122%)、伊吹雅也プロ(117%)、セイリュウ1号プロ(106%)、KOMプロ(103%)、“帰ってきた”凄馬勝子プロ(101%)らが週末トータル回収率100%超の活躍を見せています。
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
※全レースの結果速報はこちら


今週も競馬予想の達人・ウマニティ公認プロ予想家陣の予想にご注目下さい。

[もっと見る]

2017年7月12日(水) 17:00 伊吹雅也
【伊吹雅也のピックアップ競馬データ2017年07月12日号】週末メイン「1点」分析EXTRA編(55)
閲覧 2,187ビュー コメント 0 ナイス 5



週末の注目レースを伊吹雅也プロが「1点」の傾向に注目して分析するウマニティ会員専用コラム。「さらにプラス1!」として挙げている種牡馬別成績も含め、ぜひ予想にご活用下さい。

■【伊吹雅也のピックアップ競馬データ】コラム内容について詳しくはこちらをご覧ください。
http://umanity.jp/racedata/columndet_view.php?cid=7321


▼2017年07月16日(日) 福島11R バーデンバーデンカップ
【“福島芝1200mか小倉芝1200mのレース”における優勝経験の有無別成績(2014年以降)】
●あり [3-3-2-16](複勝率33.3%)
●なし [0-0-1-18](複勝率5.3%)
→近年は北海道を除くローカル場、かつ右回りのレースに実績のある馬が優勢。各馬のコース適性に注目すべきだと思います。


▼2017年07月16日(日) 中京11R 名鉄杯
【“同年、かつJRA、かつ1600万下から上のクラスのレース”における連対経験の有無別成績(2012〜2016年のジュライステークス)】
●あり [5-4-4-13](複勝率50.0%)
●なし [0-1-1-39](複勝率4.9%)
→年明け以降の戦績を素直に評価したい一戦。特別登録を行った馬のうち、“2017年、かつJRA、かつ1600万下から上のクラスのレース”において連対経験があるのは、オウケンワールドキクノソルコパノチャーリースリータイタンセンチュリオンタガノゴールドデビルズハーツトップディーヴォマイネルクロップの9頭です。

<<さらにプラス1!>>

[もっと見る]

2016年5月21日() 14:00 凄馬プロジェクトチーム
第187回『凄馬出馬表分析&馬券検討』〜平安ステークス G3
閲覧 909ビュー コメント 0 ナイス 6

みなさんこんにちは!

本日は京都11R「平安ステークス G3」の『凄馬出馬表』を分析したいと思います。

今回も「U指数」だけでなく、U指数のポイントに【調教評価】、【厩舎評価】、【斤量補正】を数値化し加算減算しU指数を補正することで「総合ポイント」を算出しました。
★「U指数」について詳しくはこちらをご覧ください→U指数についてページ

U指数1.0ポイントは約1馬身差にあたるので、これを目安に以下のような重み付けをしました。
【調教評価】は競馬エイトの調教評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「5」・・・「−1.0ポイント」
「6」・・・「±0.0ポイント」
「7」・・・「+1.0ポイント」
「8」・・・「+2.0ポイント」
【厩舎評価】は競馬エイトの厩舎コメントの評価を参考にしました。
重み付けは以下の通りです。
「△」・・・「−1.0ポイント」
「○」・・・「±0.0ポイント」
「◎」・・・「+1.0ポイント」
【斤量補正】は1.0kg=「0.5ポイント」として以下の基準体重との差分に乗算しました。
「牡馬」・・・「57.0kg」
「牝馬」・・・「55.0kg」


上記の補正を行った『凄馬出馬表』(画像)をご覧ください。






第1グループ(橙)は、ロワジャルダンから1.0ポイント差(約1馬身差)内のドコフクカゼまで2頭。
第2グループ(黄)は 、クリノスターオーから1.0ポイント差(約1馬身差)内のアスカノロマンまで2頭。
第3グループ(薄黄)は、マジェスティハーツ1頭となっていて、以下は第4G(灰)となっています。

パッと見では上位4頭が抜けていて、以下は芝での指数が基になっているマジェスティハーツを除いて考えると実際にはここに2.0ポイント以上の差があると見て良さそうな印象の配置です。しかし、ダート戦の場合近走地方競走出走しているケースも多く、久しぶりに中央ダート戦(U指数評価対象レースへの出走)となる馬や近走地方戦使いが多いような馬には注意が必要です。
今回で言えば、アムールブリエストロングサウザークリソライトクリノスターオーといったあたりが当てはまるでしょうか。

今回の◎は総合評価4位のアスカノロマンに期待します。前走大外枠から58キロを背負ってここに出ていれば1番人気だったであろうアウォーディーと差の無い競馬を演じた点を素直に評価。3着以下も0.5秒差離しており今回も有望とみています。
○はクリノスターオー。はい、最近やられっぱなしの凄馬出馬表第3位馬だからです(笑)。冗談はさておき、前走も58キロを考えれば悪くないと思っていますし、昨年のこのレース(2着)で記録した指数はメンバー中最上位のものですし、人気妙味も出そうなので狙ってみたいと思います。
▲にクリソライト。上位4頭から少し離されてはいるものの先に書いた通り、この馬も近走が地方戦ばかりで凄馬出馬表的には“昔の名前で出ています”状態なので額面以上に評価してもいいのかなと考えています。前走内容は、揉まれたくない同馬からすると最悪と言っていい最内枠引いて、スタートから出ムチで押して押して行っても好位取れず、砂被る形になった中での4着。見方によっては大健闘と言ってもいい部類ではないでしょうか。とりあえず今回最内枠ではないですし、あとはスタートから楽にとは言いませんが消耗せずにそこそこの位置取りが取れるか。
以下印は、☆ロワジャルダン、△ドコフクカゼサンマルデュークラインルーフトップディーヴォトラキチシャチョウアムールブリエと回し、今回の私の馬券は◎→○▲ラインの3連単と○▲→◎の馬単で勝負としたいと思います。


【3単フォーメーション】
◎→○▲→印
14→6,11→2,4,6,8,9,11,12,13,15(16点)

【馬単フォーメーション】
○▲→◎(2点)
6,11→14

計18点

[もっと見る]

トップディーヴォの口コミ


口コミ一覧
閲覧 34ビュー コメント 0 ナイス 7

チャンピオンズカップ 1週間前追い切り

アウオーディー 長め、単走、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、一叩きした効果はある

アポロケンタッキー 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き、推進力あり、時計優秀

カフジテイク 坂路、単走、動き軽快、前向き

グレンッエント 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ

ケイティブレイブ 坂路、併せ馬、動き軽快、集中して前向き、ビッシリ、やや置かれ

コパノリッキー 長め、単走、動き軽快、集中して、リズミカル

ゴールドドリーム 坂路、単走、動き軽快、集中して前向き

サウンドトゥルー 坂路、単走、動き軽快、集中して、リズミカル

スリータイタン 坂路、単走、動き軽快、集中して

テイエムジンソク 長め、単走、動き軽快、集中して前向き、推進力あり

トップディーヴォ 長め、単走、動き軽快、集中して

ミツバ 坂路、単走、動き軽快、前向き

メイショウスミトモ 長め、併せ馬、動き軽快、集中して、ビッシリ、先着

モルトベーネ 坂路、単走、動き軽快、集中して、時計優秀

ローズプリンスダム 坂路、単走、動き軽快、集中して

ロンドンタウン 長め、単走、動き軽快、集中して



 

 アリアリ 2017年11月6日(月) 21:42
回答
閲覧 54ビュー コメント 2 ナイス 8


みやこsで、ルールソヴァールを「買って獲った人」は、おそらく血統屋で、かつ馬券が上手い人だろう、と思ったので、理由を書いときます。

まず、Fデピュティ産駒の中央重賞勝利は、

2歳4勝、3歳3勝、5歳13勝、ほか(4、6歳以上)5勝となり、圧倒的に5歳です。

ほか、おおまかに分けると、

芝馬は、牡馬が11勝中、5〜6歳で9勝、牝馬が2歳3歳で3勝づつ、5歳7勝。

ダート馬は、牡馬サウンドトゥルー6歳時のチャンピオンCのみ。

牝馬は早熟型と晩成型に分かれ、芝の牡馬は晩成、ダートは得意とは言えないという感じです。

しかし、今回のルールソヴァール含め、ダート重賞で馬券になった3頭は、いづれも5歳時の1800m戦でした。

5歳時に走った9頭中7頭の牡馬のうち、3頭ですから、如何にこの時期、充実するかということでしょう。

頭数が少ないので、あんまり参考にならないという面もありますが、サウンドトゥルーの全弟で同厩舎ですから、買った人は普通に買えたでしょうな。

こういうのは終わってから気づくもの、という意見はそのとおりですが、重賞初挑戦で好走したのは、全兄より優れているのですから、フロック視はできない、と考えるべきです。

兄は冬の方が調子がいいという特徴もあり、弟も、と予想するは自然ですな、今年の休養も夏場を避けたということでしょう。

話は戻りますが、そういった血統的背景があった、とは言え、持ちタイムは良馬場の1800mで1分52秒ジャストですから、単純に考えれば力が足りないと判断しても間違いではなく、実際10番人気も仕方がないところでしょう。

一方、この馬を条件戦からマークしてきた人にとっては、前走からブリンカー着用、前走54kgとは言えタイムを更新してきた、といったあたりは、オープンに上がっても期待を持たせる内容でしょう。

そして、当日起きた4つの事象が影響した、と思います。

1つ目はトップディーヴォの除外、5番人気の内枠先行馬が消えたということは、先行勢が1頭分、楽になったということです。

ただし、テイエムが早仕掛けしテイエムより前にいた馬は総崩れしたので、結果的にテイエムのすぐ後ろにつけた幸騎手の位置取りが上手かったです。

これが、2つ目、3つ目の事象です。

最後はエピカリスの凡走です、ガス欠ですが、これは仕方がありません。

古馬初挑戦ですので、やってみないと分からない、というのが正直なところです。

1番人気という評価が妥当だったかどうかは、これから先の成績でしか判断できないからです。

エピカリスがもし垂れずにルールと馬体を併せる展開になれば、ルールがバテて3着以下になったと思われます。

ちなみに、ゴールドアリュールの大物は、3歳時にたいていどこかで凡走してます。

10番人気の激走の影には、3つの他動的条件と、1つの騎手のファインプレーが重なった結果とも言えます。

能力があっても条件がそろわないと、10番人気くらいの穴馬は馬券にならないと言うことでもありますな。

上手い人は、そのあたりを、ルールの能力評価と比較して、うまく折り合いつけて、買っているのでしょう。

キングズガードについては、某予想家の件もありますので、また次回に。

[もっと見る]

 シャルロット 2017年11月5日() 17:27
スワーヴリチャード、テイエムジンソク
閲覧 74ビュー コメント 0 ナイス 1

スワーヴリチャードは私の思っていたよりもかなり強かったみたいです。今回はアルバート安定だと思っていましたが斤量のことを踏まえても負けすぎです。アルバートはもうあまり走らないかもですね。来て3着か。スワーヴリチャードは底が知れない勝ち方でした。先行有利の中あのタイムであの着差ですからね。
みやこのテイエムジンソクはまあ勝つだろうなあとはおもってました。エピカリスは地雷だと思っていたのでよかったです。単勝3倍ついてよかったのではないでしょうか。トップディーヴォが除外になったのが痛かったですね。トップディーヴォこの条件ならかなりの確率で好走しますので狙い目だったのですが…
エピカリスを外した理由は3歳のダート路線のレベルの低さですね。確かにエピカリスは3歳では抜けてますが古馬に混ざると?となりましたので。たた馬券は私は2着が抜けてましたので外れちゃいましたが笑笑
来週はエリザベス女王杯ですね。楽しみなメンバーなので予想するのも楽しそうです〜!
ではまた来週〜!

[もっと見る]

⇒もっと見る

トップディーヴォの掲示板

コメント投稿
コメントの投稿は会員登録(無料)が必要です。

コメント一覧
コメントはありません。

トップディーヴォの写真

トップディーヴォ
トップディーヴォ

トップディーヴォの厩舎情報 VIP

2017年11月5日みやこステークス G3除外
厩舎の
自信
厩舎の
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。

トップディーヴォの取材メモ VIP

2017年9月30日 シリウスステークス G3 4着
レース短評 こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。
レース後
コメント
こちらのコンテンツはウマニティVIP会員になるとご覧いただけます。

ウマニティVIP会員のご入会はこちらから。


レース結果・払戻金・オッズなどのデータは、必ず主催者(JRA)発行のものと照合してください。